close

Enter

Log in using OpenID

第2四半期事業報告書(4.3MB)

embedDownload
証券コード:8566
はじめての人でもすぐわかる
リコーリースを徹底解剖
トップメッセージ
事業のご報告
2012年3月期第2四半期
(2011年4月1日∼2011年9月30日)
独自のフィナンシャルサービスで
さらなる企業価値の増大に
努めてまいります。
最前線レポート
1 小型風力発電機リース
2 医療機器リース
3 集金代行サービス
連載第2回
リコーリース CSRの取り組み
はじめての人でもすぐわかる
リコーリースを
Q
徹底 解剖
リコーリースの事業領域は ?
「リース・割賦事業」と
「金融サービス事業」
の2つの事業を軸に
総合的なフィナンシャルサービスをご提供しています。
お客様の設備導入を支援する
幅広いサービスを提供
金融
サービス
事業
リース・
割賦事業
お客様の経営や業務効率化を
支援する金融サービスを提供
●
ファイナンス・リース ● オペレーティング・リース
●
集金代行サービス ● 請求書発行代行サービス
●
割賦
●
カード事業 ● ビジネスローン 自融枠 ● 職域ローン ドクターサポートローン
●
P oint
P oint
リコー関連の取り扱い約5割
その他、
重点分野を定めて、
分野毎の営業戦略
を展開しています。
お客様の利便性を高めるサービスで、
収益基盤を強化しています。
その他
車両及び輸送用機器
営業車、電気自動車
医療用検診車
フォークリフトなど
商業用及びサービス業用機器
リコー関連
取扱高の
分野別内訳
複写機・複合機
プリンター
ファクシミリ
ソフトウェア製品
デジタル印刷機
など
レジ、
ガスメーター
タイムレコーダー
計量器、包装機
ラベルプリンター
など
事務用機器・情報関連機器
パソコン、
ホストコンピューター
サーバー、会計システム、通信機器
ルーター、
ソフトウェアなど
産業工作機械
印刷機械、部品製造機械など
医療機器 心電計、血圧計
AED、内視鏡
レセプトコンピュータ−
X線撮影装置
MRIなど
WEB
サービスの詳細はこちらをご覧ください。
www.r-lease.co.jp/service/
リコーリース コンサルティングサービス
1
事業のご報告
検索
Q
リコーリースの特長・強みは ?
リスク分散が経営の安定と成長に大きく寄与しています。
特長
強み
少額・大量契約で
大量の契約を
高効率・高品質で
貸倒れリスクが分散された
優良な営業資産を形成
取引先企業
処理する体制を構築
平均取引単価
40
年間契約件数
180
万社
40
万円
万件
(業界平均250万円)
(中小企業※1比率98%)
P oint
P oint
紙を使用しない審査システムなどのIT活用
と継続的な改善活動で、高効率・高品質を
追求しています。
多数の企業とお取引することでリスクを
分散しています。
評価
第三者機関から高い格付 を取得
※2
S&P
R&I
(Standard & Poor’
s)
高い格付を取得することで
好条件の資金調達を実現
しています。
JCR
(格付投資情報センター)
A+
P oint
(日本格付研究所)
A+
AA−
※1 中小企業の定義:製造業の場合、資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社ならびに常時使用する従業員の数が300人以下の会社および個人を指します。
(中小企業庁)
※2 格付:格付は公正な第三者である格付会社が、資金調達者の債務履行能力または個別債務
(社債、ローン、CP等)
の履行確実性を判定・表示したものです。
格付は、格付会社が独自に定める格付記号によって表現され、比較可能となります。なお、上記は2011年9月30日現在のものです。
数字で見るリコーリース( 2012 年 3 月期第 2 四半期累計) 注)億円未満は切り捨て表示しています。
取扱高 ※
1,409
売上高
億円
前年同期比
1,151
億円
11.5%増
UP
前年同期比
(億円)
(億円)
1,500
1,500
1,222
1,263
当期純利益
1,409
51
億円
0.1%増
UP
前年同期比
15.6%増
UP
(億円)
60
1,143
1,150
51
1,151
1,000
1,000
40
500
500
20
44
30
0
0
2009/9
2010/9
2011/9
0
2009/9
※ 取扱高:リース、割賦および融資を契約実行した金額の総額
2010/9
2011/9
→詳しくはこちら
2009/9
2010/9
2011/9
P15∼ 16の連結財務諸表のページをご覧ください。
事業のご報告
2
トップメッセージ
独自の
フィナンシャルサービスで
さらなる企業価値の増大に
努めてまいります。
代表取締役
社長執行役員
代表取締役
会長執行役員
CEO
吉田 勝美
有川 貞広
Q 2012年3月期第2四半期累計期間の
Q 4月に発表した新・中期経営計画の
A 厳しい経営環境のなか、第2四半期
A 「目指す姿」の実現に向けて、事業基盤の
当第2四半期累計期間は、東日本大震災やそ
当社は、2011年4月からスタートした中期経営
の後の電力不安、デフレや急激な円高、新リース
計画に基づき、目指す姿である「利益ある成長を
会計基準による利益前倒し効果の低減など、依
続けるフィナンシャルサービス事業※1会社」を実
然として厳しい経営環境が続きました。
現するため、一歩一歩着実に歩みを進めていま
連結業績は?
累計で過去最高益を更新しました。
進捗状況は?
強化、
領域拡大を積極的に進めています。
売上高は前年同期とほぼ同水準の1,151億円
す。当第2四半期累計期間においても、設備投資
にとどまりました。利益面では、慎重な審査に加
意欲が低迷するなか、当社は有力ベンダー※2との
えて、政府の中小企業支援策や復興需要もあり、
取引強化や、優良ユーザーへの接点営業強化な
貸倒費用が減少しました。市場金利が低位で推
ど積極的な営業活動を展開しました。
移したことから資金原価も減少しました。また、
再リース収益が増加しました。
その結果、当社の取扱高は1,409億円
(前年同
期比11.5%増)
と、業界全体の取扱高は減少(前
その結果、過去最高益を更新し、営業利益は
年同期比4.2%減)が続くなかで、前年同期比増
87億円(前年同期比12.0%増)、四半期純利益
加を達成しました。また、営業資産残高も5,570
は51億円
(同15.6%増)
となりました。
億円(前期末比2.1%増)と増加に転じ、リーマン
ショック以降の減少に歯止めを掛けました。
3
事業のご報告
リース・割賦事業 取扱高の推移
(億円)
(%)
6.5
-16.1
1,500
1,000
-20.5 -17.5
4.6
-9.4
0.2
-5.7
1.141 1,126 1,193 1,128
9.0
-4.2
取扱高
前年伸率
当社
Q 第2四半期の株主還元は?
A 当第2四半期の配当は、19円50銭と
させていただきました。
0
リース
事業協会
1,301
当社は、リース物件などの購入資金の多くを
金融市場および金融機関から調達するため、安定
した資金調達が重要な経営課題であり、自己資
当社
取扱高
500
本の充実とそれを通じた格付の維持・向上が不
可欠となっています。そのため、財務体質の強
化を図りつつ、長期的に安定した株主還元を基
0
上期
下期
2010/3
上期
下期
2011/3
上期
2012/3
具体的な施策としては、事務用機器・情報関連
機器分野においては、カーボンオフセットリース※3
などリース物件に付帯するサービス提案に注力し
ています。医療機器分野においては、これまで診
療所を主たる顧客としていましたが、中規模病院
や介護・福祉までターゲット層を拡大しています。
また、新規分野などへの取り組みも積極的に進
めました。地域医療格差の解消に寄与するドク
ターヘリ、節電ニーズに応える小型風力発電機な
本方針としております。
この方針のもと、当第2四半期の配当金は、1株
につき19円50銭とさせていただきました。
配当金の推移
(円)
50
40
30
35.0
36.0
19.5
18.5
38.0
39.0
20.0
20.0
39.0
(予想)
19.5
(予想)
期末
配当金
20
10
15.5
17.5
18.0
2009/3
2010/3
19.0
19.5
第2
四半期
配当金
ど、社会的な要請に応える新規分野の開拓を進め
ることで、新たな成長分野を創出していきます。
0
2008/3
2011/3
2012/3
吉田会長の
私の愛読書
2000年代中盤に、新しい通信技術の出現によって、
フラット化する世界
̶経済の大転換と
人間の未来̶
(上)
(下)
トーマス・フリードマン 著
個人の働き方、企業のビジネスモデル、国家のシステ
ムが猛烈な勢いで変わることを「世界のフラット化」
と指摘し、警鐘を鳴らしました。今日のような試練の
時代を生き抜くための示唆に富み、人は日々学ばな
ければならないとの思いを新たにした一冊です。
事業のご報告
4
トップメッセージ
こうした考えのもと、5月には東北支社に
「復興
Q 東日本大震災の復旧・復興に向けた
取り組みは?
支援室」を設置し、被災企業の支援体制を強化し
A 「事業を通じて復旧・復興に貢献する」
という考えのもと、さまざまな取り
組みを進めています。
当社では、義援金やボランティアなどによる支援
ました。また、
「復興支援リース・ローン」の提供
や、建設機械や発電機などの復旧需要への積極
的な取り組みを行っています。今後もきめ細か
に、スピード感を持って対応していきます。
もさることながら、
「企業の設備投資を金融面で支援
する」という自らの本業を通じて、被災企業の再生を
支え、
被災地域の経済復興に貢献していく考えです。
株主の皆様には、今後も温かいご支援、ご指導
を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
復旧・復興支援に向けた主な取り組み
被災企業の支援
●
寄付活動
復興支援室の設置 ● 復興支援リース・ローン
株主優待品変更に伴う義援金寄付
新規契約1件につき、100円の義援金寄付
● 社内中古PCのチャリティー販売による義援金寄付
● リース終了後の複合機などを自治体へ寄付
●
●
2011年5月、東北支社に
「復興支援室」を設置
ボランティア活動
●
株主優待品をクオ・カードに一本化する
ことで削減した費用を、義援金として寄付
本社・支社の社員のボランティア参加
社 内 で 不 要 に なったPCを
社員向けにチャリティー販売
し、売上を義援金として寄付
いわき市や仙台市において、ボランティア活動に参加
語句解説
※1 フィナンシャルサービス事業
「リース・割賦事業」
「 金融サービス事業」より広義で、当社が提供するすべての商品・サービスの総称。
※2 ベンダー
リコーグループの販売会社、リコーの製品を扱う販売店、医療機器を扱う販売会社など、当社とともに営業活動を行う重要なパートナーであり、
直接のお取引先。このように、リース会社とベンダーが一体となって行うリースビジネスを
「ベンダーリース」
と言います。
※3 カーボンオフセットリース
排出量取引によってリース物件から排出されるCO2を相殺し、
環境負荷の低減を可能にするリースのこと。
5
事業のご報告
IR活動ハイライト
リコーリースは、株主の皆様とのコミュニケーションを重視しながら、IR活動の充実を図っています。ここでは、ご要望が
多かった「決算説明会」
「 株主総会」
「 株主優待を通じた寄付」に関する情報をご紹介します。
決算説明会で、業績総括や今後の成長戦略などを報告
当社では年に2回、決算説明会を開催しています。直近では、4月26日
(2011年3月
期)と10月25日( 2012年3月期第2四半期)に実施しました。毎回60∼80名のアナリ
ストにご出席いただき、業績に関しての実績と予想をご説明しています。
なお、決算説明会の様子は、ホームページで動画配信しています。
WEB
決算説明会資料などは、こちらからご覧いただけます。
www.r-lease.co.jp/ir/ir/meeting.html
検索
リコーリース 決算説明会
代表取締役社長執行役員 有川貞広が
アナリストに説明
株主総会で、中期経営計画を中心にリコーリースの中期展望を報告
「第35回定時株主総会」をホテルイースト21東京(東京都江東区)
で開催
6月17日、
しました。約400名の株主様にご参加いただき、業績報告のほか中期経営計画(2011
∼2013年度)を発表しました。一方、株主様からも多数のご質問をいただくなど、貴
重なコミュニケーションの場となりました。
なお、株主総会の開催にあたっては、使用電力や株主様の交通手段などに伴うCO2
排出量を測定し、排出量取引によって相殺しました。
WEB
当社の中期経営計画を発表
株主総会の様子は、ホームページでもご覧いただけます。
www.r-lease.co.jp/ir/stock/shmeeting.html
リコーリース 定時株主総会
検索
株主参加型の社会貢献活動として、募金につながる株主優待を実施
当社では、2004年度から株主の皆様にお配りした株主優待品の使用額に応じて算
出した金額を「緑の募金」
( 主催:公益社団法人 国土緑化推進機構)
に寄付しています。
寄付金は、国内外の緑化活動や森づくりに携わる人材の育成などに活かされていま
す。なお、2010年度は151万円を寄付しました。
WEB
株主優待については、ホームページでもご覧いただけます。
www.r-lease.co.jp/ir/yutai.html
リコーリース 株主優待
連結子会社のご紹介
検索
毎年、
「富士山緑の募金の森」での緑化
活動にも参加
少額の債権回収を得意とする専門サービサー
「リクレス債権回収株式会社」
リクレス債権回収は、法律に基づき、法務大臣の営業許可を得て2002年に設立された
債権回収会社
(サービサー)
です。
リコーリースのお客様がさまざまな事情でリース契約を継続できないときに、回収業
務を行います。お客様の事業の回復や安定化などを最優先に考え、返済を可能にする
ための助言を行うとともに、早期解決の決定をいただけるようサポートします。
事業のご報告
6
事業レビュー
リ
ー
ス
・
割
賦
事
業
リース・割賦事業の売上高は1,124億円(前年同
大 幅に伸 長したことで、全 体では1,301億 円(同
期比0.1%増)
、セグメント利益は81億円(同13.2%
9.0%増)となりました。
増)
となり、増収・増益を達成しました。
単なる機器提供ではなく、有力ベンダーへの付加
分野別の取扱高は、主力となる事務用機器・情報
価値提供の強化に加え、優良ユーザーへの接点営
関連機器が前年同期比6.1 %、医療機器が18.8 %
業強化、ターゲット層の拡大や新規分野の開拓など
増 加 と安 定した 成 長 を 継 続。産 業 工 作 機 械 は
を、積極的に進めました。
20.0%減少したものの、商業用・サービス業用機器
今後も事業基盤の強化と顧客層の拡大により優
が24.2 %増加、車両・輸送用機器が19.2 %増加と
取扱高
売上高
(億円)
1,000 1,118
0
通期 第2
2,244
四半期
2,236
2,000
1,301
1,193
1,141
(億円)
3,000
通期 第2
2,322
四半期
2,267
2,000
1,124
1,122
2011/3
2012/3
3000
2010/3
2011/3
融
サ
ー
ビ
1000
ス
2000
109 通期
第2
105
80
40
2012/3
3000
金
120
81
71
四半期
47
0
0
2010/3
2000
セ グメント 利 益
(億円)
3,000
1,000
良な営業資産の増大を目指します。
2010/3
2011/3
2012/3
120
事
業
80
1000
40
金融サービス事業の売上高は22億円(前年同期
が順調に伸びたことに加え、法人向け融資が伸長し、
比0.4%増)、セグメント利益は9億円
(同1.8%増)
と
融資取扱高が前年同期比53.9%増加しました。これ
なり、増収・増益を達成しました。
らの結果、融資の営業資産は796億円(前期末比
0
0
0
分野別で見ると、受取手数料ビジネスでは、集金
7.0%増)となりました。
代行サービスが順調に伸長したものの、その他の手
今後も既存の商品の取扱高拡大に注力するとと
数料収入が減少したことで、全体では微増収となり
もに、新たな商品の開発・展開を推進することで、
ました。また、融資関連のビジネスでは、住宅ローン
当事業の収益基盤の安定を図ります。
取扱高
売上高
(億円)
セ グメント 利 益
(億円)
180
153 通期 第2
153
107
60
50
69
43
40
四半期
120
81
(億円)
25
20
22
通期 第2
四半期
22
0
0
2010/3
2011/3
2012/3
20
10
2011/3
2012/3
セグメント情報とは、取扱高、売上高、利益その他の財務情報を区分単位(=セグメント)
に分別したものをいいます。
50
20
当社には、リース・割賦事業と金融サービス事業の2つの事業セグメン
トがあります。
●
40
7
9
9
2010/3
2011/3
通期 第2
四半期
9
0
2010/3
180
120
19
16
事業のご報告
30
10
2012/3
1
最前線レポート
小型風力発電機リースで
環境対策をサポート
リース・割賦事業編
開発会社様と
お客様に聞く
風力 + 太陽光のハイブリッド発電機の
リース提供を開始
お 客 様 の 声 株式会社ヨシノ自動車様
発電機らしからぬデザインで
イメージアップに役立っています。
東日本大震災以降、節電対策が重要な経営課
当社はトラックの販売・リース事業を行っています。
題となっています。当社としても、
リース事業を
初めて「TRONC」を紹介されたとき、
まずはその風力
通じて企業の節電対策や環境活動に貢献すべ
く 、ル ー プ ウ イ ン グ 社 の 小 型 風 力 発 電 機
「TRONC(トロン)」に着目し、2011年5月に同
発電機らしからぬデザインに興味を持ち、会社のイ
メージアップと省エネの両方に有効
と考え、厚木の展示場への設置を
決めました。
社と業務提携を結び、
リースを
開始しました。
「TRONC」は風力と太陽光
を組み合わせた
“ハイブリッド
LED照明とウェブカメラの電源と
して使用しており、お客様からの
問い合わせがあるなど、話材と
しての効果も上々です。
発電”
により、外部電源不要で
ヨシノ自動車様の
厚木営業所に設置されて
いる
「TRONC」
昼夜を問わず発電できます。ま
代表取締役社長
中西 俊介様
た、小型で風切り音がないた
め、市街地での設置が可能であり、街路灯や防犯
カメラの電源、災害時の非常用電源としての需
要が見込まれます。最初の契約として、神奈川県
のヨシノ自動車様に導入していただきました。
今後も当社は、環境負荷の低減に貢献するビ
ジネスの拡大を図っていきます。
開発会社様の声
リコーリースさんは自然エネルギーに関す
る知識が豊富で、
営業力も高いことから、
引
き合いが多くあるなかで、
業務
提携を結ばせていただきま
した。今後も関連商品を
次々投入していきます
株式会社ループウイング
プロジェクト
代表取締役会長
が、
リコーリースさんのネットワーク、
販売力
渡部 照雄様
に期待しています。
「TRONC」は潜水艦のスクリュー技術が元
になっているため、従来の風力発電機のよ
うな風切り音がなく静かで、安全性・耐久性
が高いのが特徴。
「暮らしの空間に設置でき
る風力発電機」
として注目を集めています。
事業のご報告
8
2
最前線レポート
最前線レポー
リース・割賦事業編
医療機器リースの
営業担当に聞く
リースから開業支援まで
医療現場を幅広くサポート
Q
医療機器リースの営業で
大切な点はなんですか?
こちらから提案するといった姿勢が求められま
A
医療現場の方々と同じ目線で考え、
最適なリースを提案します。
生から、
「おかげで診療に専念できます」
と喜んで
す。大変ではありますが、
担当している診療所の先
私は現在、
神奈川県の病院や診療所、
介護施設
などへのリース営業を担当しています。医療機器
リースの営業には、金融面の知識はもちろん、最
先端の医療機器や医療関連の制度、法律につい
ての知識が不可欠です。
それ以上に大切なのが、医療現場の方々の想
いただいたときには、
大きな達成感があります。
医療機器リースの流れ
お客様
病院
● 診療所
● 調剤薬局
● 介護施設
医療機器
●
提案
ベンダー
製造会社
販売会社
● 医薬品卸
●
●
など
リース料
商品代金
情報収集
いを理解し、同じ目線で考えること。
「どうすれば
効率よく診察できるか?」
「どうすれば患者様に喜
リコーリース
んでもらえるか?」など、お客様と一緒に考え、時
にはベンダーからの情報をもとに、
必要な機器を
リースに限らず、どんなことでもわからないことがあっ
たら「斎藤さんに聞いてみよう」と相談していただける。
そんな信頼される存在になることが、今の目標です!
医療福祉営業部 首都圏医療福祉営業課
斎藤 康太
斎藤のある1日のスケジュール
Schedule
製造会社や販売会社へのベンダー営業
お客様へ契約訪問(午前の診療が終わる際)
お客様へ契約訪問(午後の診療が始まる前)
病院の院長、事務長へのお礼訪問
新規開拓訪問
製造会社や販売会社へのベンダー営業
直行直帰の日も多いため、営業アシスタントスタッフとのコミュニ
ケーションを密にとりながら、円滑な業務遂行を心掛けています。
9
事業のご報告
保坂有希子(右)
同課で斎藤をサポートしている。
斎藤康太のProfile
入社2年目の2004年から医療機器リースをメインに担当。以来、
「地域医療の発展に貢献したい」
という志を胸に秘めながら、日々の
お客様への提案活動を行っている。
支 援 サ ポ ートを 充 実 さ せ て
Q
医療機器分野における
リコーリースの強み・特徴は?
A
医療機器リースだけでなく
開業支援も行っています。
います。
このような診療所の開業支援によっ
て、
「 医療機器の選定や事業採算の見方など
医療機器を導入する大きな機会の一つが、診
療所の新規開業です。当社では、開業資金を融
の相談もできるリース会社」として、お客様から
評価いただいています。
資する「ドクターサポートローン」など新規開業
開業までの支援フロー
1
ロケーション
調査
9
開業
医療機器リースの中計目標
2
事業計画
顧客層、事業領域を広げ
医療機器取扱高の拡大を目指します。
リース・割賦事業 医療機器分野の取扱高推移
8
3
官庁届出
資金調達
300
4
200
リスク
マネジメント
設計
建築・施工
100
5
人材育成
広告宣伝
医療機器
事務機器
(目標)
400
7
6
400億円
(億円)
316
322
2008/3
2009/3
352
335
2010/3
2011/3
0
2014/3
T O P I C S
緊急時医療に貢献する「ドクターヘリ」のリース
今後成長する分野の探索をしていたところ、
国内でドクターヘリの
需要が高まっているとの情報を得て、
他部署とともに事業リスク
や世の中のニーズなどを調査しました。当社としても初めての取
り組みであり、
実現までは試行錯誤の連続でしたが、
医療や輸送
機器に関する制度やリスクなどに関し
て社内のさまざまな部署に協力して
もらうことで、
なんとか契約することが
できました。今後も新規分野の開拓に
チャレンジしていきたいと思います。
オートリース推進部 輸送機器営業課 岸本 大輔
ドクターヘリ
事業のご報告 10
3
最前線レポート
金融サービス事業
担当チームが
語る
「集金代行サービス」で
事業者様の業務効率向上に貢献
金融機関やコンビニとのネットワーク
を活用し、煩雑な集金業務を代行
商品やサービスの支払いを月ごとに銀行口座
から引き落としたり、
から引
払込用紙をもらってコンビニ
で支払いをしたりすることは、
多くの方々にとって
日常になっています。
このように、
営業担当や店舗
の窓口が直接現金をやりとりすることなく、代金
の窓口
を集金する仕組みを提供するのが
「集金代行サー
ビス」です。当社提携の金融機関、
郵便局、
コンビ
ニエンスストアのネットワークを活用したサービ
スで、お客様となる事業者様は、当社と契約する
だけで「口座振替」や「コンビニ支払い」による集
チーム内のコミュニケーションは抜群!メンバー同士
金が可能となります。
が成功事例や市場動向などを情報交換しながら、
一丸となって最適な提案に取り組んでいます。
決済ソリューション営業部 川村
淳
選ばれるサービスを目指し
サポート体制を充実
他社のサービスとの最大の違いは、
“導入の容
易さ”
です。入金状況などを確認できるインター
集金代行サービスの中計目標
ネットの専用ページを無償で、初期費用なしに導
対象業界を広げることにより、
3年間で
月間取扱件数100万件を目指します。
集金代行サービスの月間取扱件数推移
(万件)
100万件
(目標)
100
安心の価格設定も魅力です。また、1件からでも
利用できるため、新規事業など、
まだ顧客数が少
ない事業者様に好評です。さらに、
専用フリーダイ
ヤルをはじめとした充実のサポート体制も、お客
様からの信頼につながっています。
75
50
34
25
入できます。運用費の発生もご利用月だけという、
41
54
集金代行サービス 他社比較
19
導入費用 基本料金 請求件数
サポート
当社
0円
利用月
のみ
1件から
専用フリーダイヤルで
安心サポート
A社
3万円
毎月発生
300件
から
お客様負担での
電話サポート
0
2008/3
11 事業のご報告
2009/3
2010/3
2011/3
2014/3
お 客 様 の 声 千葉北部酪農農業協同組合様
専門フリーダイヤルなど、充実したサポート体制で安心して利用しています。
私たちは「八千代牛乳」のブランドで宅配事業を展開しており、
生産者の顔の見えるおいしい牛
乳づくりに取り組んでいます。
4年前、
生協の宅配事業を引き継ぐ際、
販売管理や集金の仕組み
を構築する必要があり、株式会社オシカワシステムの販売管理システム「市乳くん」
と同時に
集金代行サービスを利用し始めました。導入当初は、
システムの扱いに不慣れなところがありま
したが、専用フリーダイヤルに連絡すれば操作方法や請求状況などすぐに回答いただけるな
ど、
サポート体制が充実しているため、
安心して利用しています。
農協事業部 営業課 課長 安藤
口座振替サービス
学様
幅広い業種・業態で
活用いただいています
預金口座から代金を代行回収(口座振替)
します
学習塾
OB会・同窓会
カルチャースクール
学会・協会
協同組合
弁護士・税理士
介護サービス
不動産賃貸
病院・診療所
マンション管理組合
回収結果
回収金
口座より引き落とし
金融機関
集金代行サービス
の仕組み
回収結果
回収金
リコーリース
入金情報
払込金
消費者・法人
(事業者様のお客様)
事業者様
(リコーリースのお客様)
事業者様が発行する
払込用紙で支払い
コンビニ収納サービス
コンビニ
入金情報
払込金
コンビニを窓口に代金を代行回収します
お 客 様 の 声 富士通エフ・オー・エム株式会社様
全国40以上の拠点で簡単に導入でき、初期費用がかからない点が魅力でした。
当社は、
IT研修、
各種資格試験をサービスとして提供しており、
テキスト代や受験料などを全国の
拠点窓口で集金していました。現金は盗難や紛失のリスクがあるため、
集金代行サービスの利用
を検討し、
数社のなかからリコーリースさんに決めました。決め手は、
初期費用がかからず導入作
業が簡単だったこと。入金管理システムがインターネット上にあるため、
管理者がID・パスワードを
拠点の担当ごとに割り当てるだけで、
スムーズに導入できました。現金を扱う必要がなくなり、
拠点
ごとにシステム上で簡単に入金確認ができるため、
業務負担が大幅に減り、
助かっています。
経理部 遅澤
祐介様
事業のご報告 12
一人ひとりがイキイキと
働ける環境づくりのために
リコーリー ス
CSR の 取り組 み
Vol.
2
第2回は、当社が社員のワーク・ライフ・バランスの
サポートに向けて取り組んでいる主な活動と
その成果を紹介します。
社員が育児休業を取りやすい環境整備を進め
厚生労働省が認定する「次世代マーク」を取得
当社では、仕事と家庭の両立に積極的に取り組ん
次世代認定マーク
『くるみん』
でいます。2005年からは次世代育成支援対策推進
法に基づき、出産・育児支援制度の充実を図ってお
子育て支援に会社ぐるみで積極的に
取り組んでいる企業が商品やサービ
スなどに表示できるマーク。厚生労
働省が、女性の育児休業取得率など
の一定基準を定めています。
り、その利用者も年々増加しています。
2010年度は、男性社員向け「出産・育児ガイド」
を作成するなど、男性が育児参加しやすい職場環境
づくりに努めました。その結果、男性社員の育児休
業取得者数は6名に増加し、男女合計で19名が育児
休業制度を利用しました。当社は、
次世代認定マーク
「くるみん」を三期連続※で取得しており、第四期の
VOICE
育児に関する制度が充実していて
本当に助かっています。
取得を目指してまいります。
育児休業を利用する前は、子育ては妻
※ 第一期:2005年4月∼ 2007年3月 第二期:2007年4月∼ 2009年3月
第三期:2009年4月∼ 2011年3月 第四期:2011年4月∼ 2013年3月
も率先して協力するようになりました。
任せでしたが、取得後は家庭内のこと
早く帰れるときは家族一緒に夕食をと
産前産後休業、育児休業の取得者数推移
るなど、家族との時間も大切にしてい
(名)
40
ます。リコーリースは、男女ともに育
30
17
20
11
10
8
0
8
2006
T OPICS
19
育児休業
13
11
10
2007
2008
16
17
2009
2010
産前産後
休業
児に参加するための制度が充実して
いると思います。夫婦共働きなので、
首都圏業務部
契約管理センター
子育てに関してさまざまな制度があっ
て本当に助かっています。
(年度)
ノー残業デーを設けて、ワーク・ライフ・バランスを促進
仕事と個人の時間のメリハリをつけ、健康的に働ける職場環境の実現を目指して、
当社では2007年11月から
「全社一斉ノー残業デー」を設けています。開始当初は
月2回でしたが、定時で退社することで生活のリズムや仕事の進め方に良い変化が
見られたこと、また環境面や経済面でも効果が大きいことから、2008年10月から
は毎週1回とし、ワーク・ライフ・バランスの促進を図っています。
13 事業のご報告
ノー残業デーの啓発ポスター
品田 拓哉
CSRって、何
CSRとは?
企業の
C=Corporate
社会的な
S=Social
R=Responsibility 責任
欧州ではSR
(Social Responsibility)
、
アメリカではCC
(Corporate Citizenship)
と呼ばれることもあります。
CSRとは、企業が社会に対して果たすべき
責任のこと。社会が持続的に発展していく上で、
事業を通じた多様な活動とその報告が
求められています。
リコーリースの基本的な考え方と主な取り組み
リコーリースは、社会の一員として
事業活動を展開する上で、まずCSRを考える姿勢̶̶「CSRファースト」を基本に
社会からのさまざまな要請・期待に応えています。その一例を紹介します。
株主・投資家とともに
お客様・
取引先とともに
個人投資家向け
の会社説明会を
開催するなど当
社の事業をご説
明する機会を設
けています。
地域社会とともに
「お客様相談室」に
寄せられたご意見
や苦情内容に真摯
に向き合い、サー
ビスの向上に努め
ています。
従業員の教育機会
の拡大と成長意欲
の啓発によって「自
立型人財」の育成
を図っています。
地球環境とともに
本 社ビ ルにおい
て、年2回の献血会
を実施し、
社員が献
血活動に参加して
います。
CSR報告書のご案内
従業員とともに
リース物件が排出す
るCO2を 相 殺 する
サービス(カーボン
オフセットリース)を
提供し、温暖化防止
に貢献しています。
生物多様性の保全
に貢 献 するため、
支笏湖畔の国有林
で苗木保護のボラ
ンティアを行って
います。
取り組みの詳細は「CSR報告書」で報告しています。
編集担当から一言
当社では、毎年CSR報告書を発行
し、社会・環境側面に関わるさまざま
な活動を報告しています。編集にあ
たっては、はじめてご覧いただく方に
もご理解いただけるよう、わかりやす
い構成や表現を心掛け、会社や社員
WEB
の雰囲気をできるだけお伝えできる CSR本部
CSR報告書は、
ホームページでご覧いただけます。
ように工夫しています。今後は、情報
www.r-lease.co.jp/csr/
発信のみならず、皆様のご意見を伺
リコーリース CSR
検索
※ 環境への配慮から印刷物での発行はしておりません。ご了承ください。
眞砂 亜矢子
う機会も積極的に設けていきたいと
考えています。
事業のご報告 14
連結財務諸表
第2四半期累計連結損益計算書
売上高
割賦売上高が増加し、売上高が増加
(単位:億円)
前第2四半期
当第2四半期
1,150
1,151
968
949
割賦売上高
58
85
ました。一方で割賦売上高は27億円増加し、受取手数
営業貸付収益
10
10
料はほぼ横ばいとなりました。
受取手数料
14
14
売上高の推移
その他の売上高
99
92
1,000
998
845
826
割賦原価
53
80
資金原価
17
11
その他の売上原価
84
79
149
153
販売費及び一般管理費
71
65
営業利益
78
87
経常利益
77
87
税金等調整前当期純利益
76
44
87
51
前年同期比
0.1%増
科目
UP
売上高は、前年同期比微増の1,151億円となりました。
売上高
リース料収入
リース取扱高が109億円増加したものの、前期までの
減少が響き、
リース料収入は前年同期比18億円減少し
(億円)
売上原価
2,330
2,500
(予想)
2,297
2,285
リース料原価
2,000
通期
1,500
1,143
1,000
1,151
1,150
第2
四半期
500
0
2010/3
2011/3
2012/3
営業利益・四半期純利益
前年
同期比
12.0%増
●
四半期純利益
UP
前年
同期比
売上総利益
四半期純利益
貸倒費用、資金調達費用
の減少などにより、2 桁増益を達成
営業利益
2010年4月 1 日∼
2010年9月30日
15.6%増
連結包括利益計算書は、包括利益と四半期純利益との差異が小さいため、当報告書
では省略しています。
UP
営業利益は、前年同期比9億円増の87億円となりまし
た。政府の支援策などによる貸倒費用の減少に加え、
当期連結業績の見通し
再リースの増加や資金調達費用の減少により増益を
達成しました。四半期純利益は、前年同期比6億円増
の51億円となりました。
科目
売上高
営業利益の推移
営業利益
(億円)
200
前期
当期
2011年4月 1日∼
2012年3月31日
2,297
2,330
122
170
70
98
当期純利益
170
150
122
100
78
50
通期
87
第2
四半期
2010/3
WEB
2011/3
2012/3
当期の見通し
欧州の債務問題や円高による輸出業者の不振、中小企業の倒
産増加の可能性など懸念材料があるものの、第2四半期までの
52
0
業績動向を踏まえ、当期の連結業績見通しを上方修正しました。
売上高は前期比1.4%の増加、営業利益は38.8%、当期純利益
は39.6%の増加を予想しています。
詳細は、ホームページをご覧ください。www.r-lease.co.jp/ir/finance/
15 事業のご報告
(単位:億円)
2010年4月 1 日∼
2011年3月31日
(予想)
115
2011年4月 1日∼
2011年9月30日
リコーリース ハイライト
検索
第2四半期末連結貸借対照表
前期末
科目
2011年3月31日
(単位:億円)
当第2四半期末
前期末比
割賦債権
6,035
20
450
6,143
16
456
リース債権及び
リース投資資産
4,180
4,230
776
757
△150
135
84
25
25
6,171
823
769
△151
146
98
23
24
6,290
現金及び預金
営業貸付金
その他
貸倒引当金
固定資産
賃貸資産
社用資産等
投資その他の資産
資産合計
短期借入金・CP
2,946
166
1,641
1年内返済予定の
長期借入金・社債
1,077
667
476
1,957
1,922
35
5,152
471
2,280
2,246
33
5,226
その他
固定負債
長期借入金・社債
その他
負債合計
UP
営業資産残高※は前期末比115億円増加の5,570億円
となりました。リース資産が63億円増加したことに加
え、割賦が5億円、営業貸付金が46億円増加したことに
より、前期末までの営業資産の減少を食い止め、増加
に転じることができました。
※ 営業資産残高と連結貸借対照表の割賦債権・リース債権及びリース投
資資産・営業貸付金・賃貸資産の合計額が異なりますが、営業資産残
高の割賦債権には未実現利益(利息相当分)
が含まれないためです。
営業資産/ ROAの推移 (億円)
6,000
(%)
5,489
5,455
4,500
3,000
1.04
1.13
5,570
1.65
2.0
ROA
(総資産
当期純利益率) 1.5
1.0
営業資産
1,500
0.5
0
2010/3
3,194
174
1,466
支払手形及び買掛金
115億円(2.1%)増
0
負債の部
流動負債
リース資産の増加などによりプラスに転換
2011年9月30日
資産の部
流動資産
営業資産残高
2011/3
2011/9
有利子負債
営業資産の増加に伴い、有利子負債が増加
前期末比
89億円(2.0%)増
UP
有利子負債は前期末比89億円増加し、4,554億円と
なりました。短期借入金・CPは174億円、長期借入金・
社債は324億円増加する一方、1年以内返済予定の長期
借入金・社債は410億円減少しました。
有利子負債/自己資本比率の推移
(億円)
純資産の部
株主資本
その他の包括利益累計額
少数株主持分
純資産合計
負債純資産合計
●
5,000
1,015
1
2
1,018
6,171
1,060
0
2
1,063
6,290
億円未満の数値は切り捨て処理しており、各科目の合計と合計欄の数値が一致しな
い場合があります。
(%)
4,651
4,000
3,000
15.3
4,465
4,554
16.5
16.9
25
20
自己資本比率
15
10
2,000
有利子負債
1,000
0
5
0
2010/3
2011/3
2011/9
語句解説
:当期純利益÷総資産 当社が目指す高収益体質の重要指標と位置付けています。
ROA(総資産当期純利益率)
事業のご報告 16
リコーリースIRひろば
株主の皆様からの声を
IR活動の充実に活かしてまいります。
前回( 2011年3月期事業のご報告)の発行の際に、株主の皆様にI
R活動に関するアンケートを実施したとこ
ろ、2,516名の方々からご回答をいただきました。あらためて感謝申し上げるとともに、これからも一層株主
の皆様のご意見を活かしたI
R活動に取り組んでまいります。
ご意見をいただき改善した点
●
復興支援や節電対策など、東日本大震災への対応を教えてほしい。
当社の取り組みをトップメッセージで報告しています。 P5
● リース・割賦事業で、
社会貢献に関するリース物件が知りたい。
医療サービス向上や省エネに貢献する取り組みを紹介しています。 P8-10
●「
“CSR”
の意味がわからない。
CSRの取り組み」という記事があったが、
P14
“CSR”
の意味について説明しています。
WEB
アンケートの集計結果や株主の皆様から寄せられたさまざまなご意見・ご感想をご覧いただけます。
www.r-lease.co.jp/ir/individual/enquete.html
検索
リコーリース 結果報告
IRページのご紹介
より使いやすく、わかりやすいIRページを目指して、
「IR・財務情報」を充実させました。
IR・財務情報の歩き方
はじめての方でも迷わず閲覧していただける
よう、
IRページ内の情報をわかりやすくご紹介
しています。
IRトピックス
株 主 総 会や 決 算 発 表 など、直 近 のIRスケ
ジュールを掲載しています。
注目ページベスト5
閲覧されているIRページ内のランキングを
ご紹介しています。
WEB
当社のIRページ「IR・財務情報」は、下記からご覧いただけます。
www.r-lease.co.jp/ir/
編
集
後
IR・財務情報の歩き方
リコーリース IR
記
この冊子は、株主の皆様への事業のご報告として年に2回発行しています。また、お取引先への会
社案内としても活用しています。冊子を手に取って、まずは目で楽しんでいただきたいとの思いか
ら、表紙の企画には毎回特に力を入れています。今号ではリコーデジタルカメラを使用し、12月
の季節を感じていただける表紙を目指したのですが、いかがでしょうか。次号でも、業績や活動報
告にとどまらないリコーリースの特徴や魅力をわかりやすくお伝えしていきたいと思います。
経営企画室 上田
17 事業のご報告
絢子
検索
会社情報・株主情報
会社概要 (2011年9月30日現在)
株式の状況 (2011年9月30日現在)
商号
会社が発行する株式の総数
120,000,000 株
発行済株式の総数
31,243,223 株
株主数
9,505名(単元株主数 8,516名)
リコーリース株式会社
(RICOH LEASING COMPANY, LTD.)
本社所在地
〒135-8518 東京都江東区東雲1-7-12
資本金
7,896百万円
上場市場
株式分布状況(所有者別)(2011年9月30日現在)
東京証券取引所市場第一部
(証券コード:8566)
従業員
913名
(連結)
設立
1976年
(昭和51年)
12月
事業内容
リース・割賦事業
金融サービス事業
個人その他
6.7%
金融機関
24.3%
証券会社
0.3%
その他法人等
56.2%
外国法人等
12.5%
(10)
第00286号
財務局ナンバー 関東財務局長
役員 (2011年9月30日現在)
取締役
大株主上位10名 (2011年9月30日現在)
執行役員
株主名
代表取締役
吉田 勝美
会長執行役員 吉田 勝美
代表取締役
有川 貞広
社長執行役員 CEO 有川 貞広
取締役
打込 愛一郎
専務執行役員 打込 愛一郎
取締役
島田 昇次
取締役
長田 泰賢
取締役
我妻 一紀
常務執行役員 清見 純子
監査役
株式会社リコー
所有株式数 所有比率
(千株)
(%)
14,638
46.85
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)
1,742
5.58
専務執行役員 島田 昇次
全国共済農業協同組合連合会
1,233
3.95
常務執行役員 長田 泰賢
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)
1,069
3.42
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)
994
3.18
執行役員
吉川 淳
執行役員
真鍋 求
資産管理サービス信託銀行株式会社(年金信託口)
992
3.18
常勤監査役
重山 荘平
執行役員
中嶌 祥行
リコージャパン株式会社
763
2.44
社外監査役
皆川 邦仁
執行役員
武藤 裕文
三愛石油株式会社
569
1.82
社外監査役
大澤 洋
執行役員
梨木 隆志
執行役員
橋本 知明
コカ・コーラウエスト株式会社
502
1.61
MELLON BANK, N.A. AS AGENT FOR ITS
CLIENT MELLON OMNIBUS US PENSION
364
1.17
社外監査役※ 小林 貞五
※ 印を付した監査役は株式会社東京証券取引所の定める独立役員です。
営業拠点(2011年9月30日現在)
北海道から沖縄まで、リコーリースは日本全国の地域をカバーしています。
北海道
札幌/旭川
東北
仙台/盛岡
関東
東京
(本社・テクノレント)
立川/横浜/千葉
さいたま/宇都宮/水戸
中部
名古屋/静岡/金沢
関西・四国 大阪/神戸/京都/高松/松山
中国
広島/岡山
九州
福岡/熊本/那覇
WEB
各営業拠点の住所と連絡先は、こちらをご覧ください。
www.r-lease.co.jp/info/company/index2.html
リコーリース 事業所一覧
検索
事業のご報告 18
リコーデジタルカメラのご紹介
表紙写真について
フォトコンテストのご紹介
「ポインセチア」
CX3
「 CX3」は、裏面照射型CMOSセンサーの
搭載やノイズリダクション機能の採用によっ
て、夜間や室内などの暗いシーンでもクリア
で美しい撮影を実現。さらに、
1,280×720
画素のHD動画撮影機能も搭載することで、
カメラの楽しみ方を広げます。
鮮やかな赤い包葉が、冬の室内をパッと明
るくしてくれます。
およそ200年前にメキシコで発見された
ポインセチアは、今ではクリスマスを象徴す
る植物として、日本でも季節の訪れを感じさ
せてくれます。
株式会社リコーでは、リコー製デジタルカメ
ラで撮影した皆様の作品の各種フォトコン
テストを開催したり、ユーザーレポートを募
集したりしています。
応募要項や受賞作品、フォトグラファーズ
ギャラリーの作品は、下記リコーのホーム
ページでご覧いただけます。
撮影機種:リコーデジタルカメラ CX3
WEB
www.ricoh.co.jp/dc/photostyle/
リコーフォトスタイル
検索
本冊子は、環境や読者の利便性に配慮した制作を心掛けています。
水なし印刷
VOCフリーインク
廃液が有害物質等を含む現像液や湿し水を使用
しない、環境にやさしい印刷方式「水なし印刷」を
採用しています。
石油系溶剤を植物油成分に100%置
き換えた「 VOC成分ゼロ型インキ」を
使用しています。
カーボンオフセット
FSC認証紙
冊子を制作した際に排出したCO₂:2,424kgは、
一般社団法人日本カーボンオフセットを通じてオ
フセット
(相殺)
され、
地球温暖化防止に貢献します。
カラーユニバーサルデザイン
色覚の個人差を問わず、多くの方に情報がきち
んと伝わるように、配慮されたカラーユニバー
サルデザインの認証を取得しています。
適切に管理された認証森林からの木
材を使用した用紙が使われています。
糊付製本
冊子のページを綴じるのに針金を使用せず、糊付で製本していま
す。不要になった際に、針金と紙を分別せずに資源として回収・リ
サイクルすることができます。
株主メモ
事
毎年4月1日から翌年3月31日
株主名簿管理人及び
大阪市中央区北浜四丁目5番33号
定 時 株 主 総 会
業
年
毎年6月開催
特別口座の口座管理機関
住友信託銀行株式会社※
基
定時株主総会
毎年3月31日
株主名簿管理人
東京都中央区八重洲二丁目3番1号
期末配当金
毎年3月31日
事 務 取 扱 場 所
住友信託銀行株式会社 証券代行部
中間配当金
毎年9月30日
郵 便 物 送 付 先
〒183-8701 東京都府中市日鋼町1番10
準
度
日
そのほか必要があるときは、
住友信託銀行株式会社 証券代行部
あらかじめ公告して定めた日
電 話 照 会 先
単 元 株 式 数
100株
住友信託銀行ホームページ
公 告 の 方 法
当社ホームページに掲載する。
http://www.r-lease.co.jp/
ご案内 株式に関する住所変更などのお届出及びご照会について
上場証券取引所
東京証券取引所市場第一部
証
8566
券
コ ー ド
0120-176-417
http://www.sumitomotrust.co.jp/STA/retail/service/daiko/index.html
証券会社に口座を開設されている株主様は、住所変更などのお届出及びご照会は、口座のある証券
会社宛にお願いいたします。
証券会社に口座を開設されていない株主様は、上記の電話照会先にご連絡ください。
※ 株主名簿管理人および特別口座の口座管理機関である住友信託銀行は、平成24年4月1日付で商号を「三井住友信託銀行」に変更する予定です。
※ 郵便物送付先の住所および電話照会先の電話番号に変更はございません。
〒135-8518 東京都江東区東雲1-7-12
お問合せ先:経営企画室 TEL: 03-6204-0608 E-mail : [email protected]
http://www.r-lease.co.jp/
19 事業のご報告
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
30
File Size
4 437 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content