close

Enter

Log in using OpenID

Tableau Server ヘルプ - Tableau Public Gallery Redirect

embedDownload
Tableau Server ガイド
Version 8.3; Last Updated in 2014
Copyright © 2014 Tableau Software, Incorporated and its licensors. All rights reserved.
This product is Client Software as defined in Tableau Software’s End User Software License
Agreement.
へようこそTableau Server
Tableau Desktop Professional Edition と合わせてTableau Server を使用すると、情報の共有
やインタラクティブで協力的な Web 体験を実現できます。Tableau Desktop を使用すると、単純
な質問から複雑な質問まで答えられるように、データを視覚的に表現できます。このような表現
をビューと呼びます。Tableau Server では、作成者は他のユーザーがデータを表示して操作でき
るように、多くのビューを含んだワークブックをパブリッシュできます。
ヘルプの使 用 方 法
サポートが必要な場合は、ページ上部の[ヘルプ] メニューをクリックします。表示しているページに
関連するトピックのあるヘルプメニューが開きます。
バージョン: 8.3 | 更新日: 12/1/2014
-3-
サインイン
ほとんどの場合、Tableau Server ではパブリッシュと参照の両方にユーザーアカウントが必要で
す。また、ビューアーまたはインタラクターのライセンスレベルを割り当てられている必要があります。
ユーザーアカウントは管理者によって設定されます。アカウントは Active Directory を使用する
Windows ユーザーアカウントに基づくものか、または Tableau Server 内部のユーザー管理システ
ムに基づくもののいずれかです。自分のユーザー名とパスワードがわからない場合は、管理者に連
絡してください。
サーバーの設定によっては、自動的にサインインされる場合があります。間違ったアカウントで自
動的にサインインされた場合、ページの右上隅にあるサーバーのメニューで[サインアウト] をクリッ
クして、自分のアカウントに切り替えることができます。
サインインを要求された場合、自分のユーザー名とパスワードを入力して[サインイン] をクリックし
ます。
ユーザー名 の保 存
サインインページの[ユーザー名を保存する] チェックボックスをオンにすると、Tableau Serverサー
バーにアクセスするたびにユーザー名が自動的に挿入されます。このオプションにより、アカウント
にすばやく簡単にアクセスできます。サインインするには、アクセスのたびにパスワードを入力する
必要があります。サインイン時に[ユーザー名を保存する] を選択すると、同じコンピューターからサ
イトに戻った時にユーザーを識別するユーザー名 cookie がTableau Server によって作成されま
す。ユーザー名が自動的に挿入されないようにするには、ブラウザーのcookie をクリアします。
Tableau Serverサインイン時に、[ユーザー名を保存する] の選択の有無にかかわらず、常にセッ
ションcookie を保持します。このような理由から、ファーストパーティのcookie を許可するようにブ
ラウザーを構成しておく必要があります。
-4-
サイトへのサインイン
Tableau Server 上の単一サイトのメンバーである場合は、サインイン時にサイトを選択しなくても
自動的に選択されます。サーバーページの上部は、次のような表示になります。
複数のサイトに属する場合、現在のサイトの名前が[サイト] メニューに表示されます。
SAML でのサインイン
Tableau Server がSAML 認証用に構成されている場合、[Tableau Server サインイン] プロンプ
トは表示されません。代わりに、外部のアイデンティティプロバイダー(IdP) からのプロンプトが表示
されます。例は次のとおりです。
SAML でのサインインが有効になった後、Tableau Server のユーザーメニューには [サインアウト]
コマンドが表示されません。これは、サインインがTableau Server ではなくIdP によって処理される
ためです。Tableau Server からサインアウトするには、IdP も使用する必要があります。
-5-
参照Tableau Server
Tableau Serverへ初めてサインインすると、ビューの一覧が表示されます。ビューは名前のアルファ
ベット順に並べられています。ページには、サーバーでのビューの閲覧や検索に役立つツールが含
まれています。
サーバー 内 の移 動
Tableau Server を参照するには、左側のナビゲーションリンクを使用する方法と、ページコント
ロールを使用する方法があります。
ナビゲーションリンク
左側のナビゲーションエリアは、[管理] タブと[コンテンツ] タブに分かれています。[管理] タブはシス
テム管理者とサイト管理者のみに表示され、[コンテンツ] タブはすべてのサーバーユーザーに表示
されます。
管理者
システム管理者の場合は、サーバー上のすべてのページを表示でき、すべての権限を持ちます。
サイト管理者は、[サイト] と[ライセンス] ページ以外の管理者が表示できるすべてのエリアを表示
できます。管理者が表示できるエリアでは、一般的にサイト管理者の権限はほとんどありません。
サイトにユーザーを追加するサイト管理者の権限は、システム管理者が許可または拒否すること
ができます (サイトの追加または編集 ページ209を参照)。
コンテンツ
[プロジェクト] エリアは、サーバー上のプロジェクトのリストにリンクされています。プロジェクトは関連
するワークブックのコレクションです。管理者はプロジェクトの作成と管理を行います。詳細につい
-6-
ては、プロジェクトページ190を参照してください。
ページ コントロール
複数のページがある場合、ページの下部にある[次へ] および[戻る] リンクを使用してページ間を
移動できます。あるいは、テキストボックスにページ番号を入力してEnter キーを押すことで、特
定のページにジャンプすることもできます。
各ページに表示されるアイテムの数は、表示するアイテムの数を入力し、Enter キーを押すことに
よって増減できます。各ページに表示されるアイテム数が増えると、サーバーユーザーが閲覧する
際にパフォーマンスが低くなる場合があります。
-7-
シートタブ
ワークブックには多くの場合、個々のビュー、ダッシュボード、およびストーリーなど、複数のシートが
含まれています。作成者は必要に応じて、ページ上部にシートがタブとして表示されるようにこれ
らのワークブックをパブリッシュできます (Tableau Desktop オプション[シートをタブとして表示] を使
用)。タブ付きのワークブックを操作する場合、シートタブを使用してシートを簡単に切り替えるこ
とができます。
ページを進 める
一部のビューには複数のページがあり、特定のフィールドの値に基づいてデータを分割していま
す。一般的な例としては、年、四半期、月ごとの個別のページを示すビューがあります。ページ
は、データを比較して外れ値を見つけるときに便利です。各ページで同じ軸範囲を使用している
ため、ページ間を移動すると、データがどのように変化しているかを簡単に把握できます。
-8-
ビューにページがある場合、ページコントロールが表示され、ページ間を移動できます。左右の矢
印を使用して各ページをスクロールしたり、中央のドロップダウンメニューを使用して特定のページ
にジャンプしたりできます。また、スライダーを使用してページをスクラブできます。
たとえば、下のビューでは、ページは年ごとに定義されています。ページコントロールを使用して、
各年のGDP およびインターネット使用率を見ることができます。
ページコントロールの[履歴の表示] を選択すると、ページ間を移動したときやマークを選択したと
きに、前のページからのマークが含まれるようになります。ビューの作成者は、履歴マークをどのよう
に表示するかを指定できます。
-9-
ユーザー設 定 ページ
[ユーザー設定] ページのオプションは、Tableau Server Web セッションに影響を与えます。オプショ
ンを使用して、サブスクリプション設定の管理、スタートページの指定、Tableau Serverの言語お
よびロケールの変更、データ接続パスワードのcookie 削除、パスワードの変更を実行します。この
ページを使用して、自分がパブリッシュしたアイテムをすばやく参照することもできます。
[ユーザー設定] ページにアクセスするには、ページの上部にあるユーザー名をクリックして、ドロップ
ダウンメニューから[ユーザー設定] を選択します。
電 子 メール アドレスの変 更
Tableau Server ビューまたはワークブックをサブスクライブしている場合、サブスクリプションを受信
する電子メールアカウントが[ユーザー設定] ページにリストされます。
- 10 -
Tableau Server がサブスクリプションを送信する電子メールアドレスを入力または変更するには、
[電子メール] テキストボックスに新しい電子メールアドレスを入力し、[電子メール アドレスの確
認] テキストボックスに再度入力して、[設定] を選択します。
サブスクリプション設 定 の管 理
[サブスクリプション] オプションを使用して、受信するサブスクリプションのスケジュールを変更しま
す。
サブスクリプションスケジュールを変更するには、以下を実行します。
1. [スケジュール] で、異なるスケジュールを選択します。
2. [更新] をクリックします。
ここで、ビューやワークブックのサブスクリプションを解除することもできます。詳細については、ビュー
またはワークブックからのサブスクリプションの解除 ページ37を参照してください。
スタートページのカスタマイズ
Tableau Serverすべてのユーザーに対し、ビューを既定のスタートページとしてインストールしてい
ますが、管理者は異なるスタートページを指定できます。スタートページを表示するには、[スター
トページに移動] をクリックします。
- 11 -
[ワークブック] などのサーバーページに移動して、右上のドロップダウンメニューから[このページを
スタートページに設定] コマンドを選択し、異なるスタートページを指定することができます。
管理者が指定したスタートページの使用に戻るには、[ユーザー設定] ページで[既定にリセット]
をクリックします。
言 語 とロケール
[言語] 設定は Tableau Server ユーザーインターフェイスに表示される言語をコントロールし、[ロ
ケール] は数値の書式や使用する通貨など、ビューの内容に影響を与えます。すべてのサーバー
ユーザーに対して管理者がこれらの設定を行うことができますが、ここで自分専用に設定を変更
することができます。設定を変更する場合は、サポートされている言語でのみ変更が有効になる
ことに注意してください。詳細については、言語とロケールページ247 を参照してください。
[言語] および[ロケール] を選択した後、[設定] をクリックします。
次回サインインしたときに、サーバーセッションに設定内容が使用されます。
パスワードの変 更
Active Directory ではなく、内部ユーザー管理システム(ローカル認証) を使用するようにサーバー
が構成されている場合は、[パスワードの変更] をクリックしてTableau Server パスワードを変更で
きます。このリンクをクリックすると、現在のパスワードおよび新しいパスワード(2 回) の入力が要求
されます。必要な情報を入力した後、[変更] をクリックして変更を保存します。
- 12 -
データ接 続 パスワードのクリア
稼働中のデータベース接続のあるビューまたはワークブックにアクセスして認証を要求する場合、
Tableau ではパスワードの保存が提供されます。同意すると、クレデンシャルがcookie に保存され
ます。[保存されているデータ接続パスワード] の下にある[すべてをクリア] をクリックして、Tableau
Server からcookie を削除します。
パブリッシュ済 みアイテムの参 照
ユーザーアカウントページには、自分がパブリッシュしたすべてのワークブック、タグ、およびコメント
がリストされます。このページを使用して、サーバーでの自分のアクティビティをすばやく参照しま
す。
- 13 -
クレデンシャルの管 理
サーバー管理者は、ユーザーが認証用のOAuth スタンダードを使用するクラウドデータプロバイ
ダーからのアクセストークンを保存するよう許可できます。これらのトークンは Tableau への限られ
た目的のデータアクセスに使用されます。また、これらのトークンにより、データプロバイダーととも
にデータベースのクレデンシャルを保護しやすくします。この種類の認証の詳細については、
OAuth データ接続 ページ337を参照してください。
サーバー管理者によってOAuth 接続用のアクセストークンの保存が許可されている場合、[ユー
ザー設定] ページの[クレデンシャルの管理] でそれらを検索して管理できます。このセクションが表
示されない場合、管理者によりユーザー単位でのアクセストークンの保存が許可されていませ
ん。
アクセストークン(クレデンシャル) を管理するには、以下のタスクのいずれかを実行できます。
l
クレデンシャルを追加します。ワークブックまたはデータソースのパブリッシュとは関係なく、ク
ラウドデータソースプロバイダーからアクセストークンを取得できます。データへのアクセスが
必要な場合、認証は既に実施されています。
Salesforce.com、Google BigQuery、およびGoogle Analytics データソースのアクセストー
クンを追加できます。
l
トークンを削除してTableau のデータへのアクセスを取り消します。
アクセストークンの作成と同様に、削除するとそのトークンを通じてデータに接続するすべて
のワークブック全体のアクセスが取り消されます。
l
保存されているアクセストークンの接続をテストします。
- 14 -
l
ユーザーアカウントを使用して、保存されているすべての管理済みクレデンシャルを削除し
ます。
新 しいクレデンシャルの追 加
1. Tableau Server にサインインし、ブラウザーウィンドウの右上にあるユーザー名をクリックして
[ユーザー設定] を選択します。
2. [クレデンシャルの管理] セクションで、接続するデータソースの種類のとなりにある[追加] を
クリックします。
新しいウィンドウが表示され、データプロバイダーのサイトにリダイレクトします。
3. 新しいウィンドウで、データベースのクレデンシャルを使用してサインインします。
既にサインインしているためデータプロバイダーがサインインフォームを回避する場合、適
切なアカウントを使用していることを確認してください。たとえば、個人アカウントにサインイ
ンしている場合、フォームを使用してまずサインアウトしてから、データアクセス用の適切な
クレデンシャルを使用してサインインします。
4. [同意] または [承認] をクリックして、Tableau Serverのデータへのアクセスを確認します。
クレデンシャルがデータプロバイダーの名前の下に表示されます。
新しいクレデンシャルを追加した後、有効であることを確認するために[テスト] リンクを使用する
場合があります。
管 理 済 みのクレデンシャルの削 除
アカウントのクレデンシャルを保存しない場合、管理済みのクレデンシャルエリアから簡単に削除で
きます。
- 15 -
データに再度アクセスするための1 つのオプションは、上で説明しているように新しいクレデンシャル
を追加して、Tableau Serverとのみ関連付けられている新しいトークンを取得することです。
サーバー管理者がすべてのユーザーに対して選択する可能性のあるもう1 つのオプションは、デー
タに接続するための共有アカウント指定することです。この場合、クレデンシャルはすべてのユー
ザーのデータソースや接続と関連付けられます。また、クレデンシャルは [ユーザー設定] ページの
[クレデンシャルの管理] の下に表示されません。
クレデンシャルを削除できない場合、サーバー管理者がアクセストークンの保存 オプション
を無効にしている可能性があります。クレデンシャルを正常に削除するには、管理者が再
びオプションを有効にする必要があります。
管 理 済 みクレデンシャルの接 続 のテスト
1. Tableau Server にサインインしている間、[ユーザー設定] ページが表示されます。
2. [クレデンシャルの管理] セクションで、テストする保存された接続のとなりにある[テスト] リン
クをクリックします。
このテストにより、クレデンシャルがOAuth 接続に対して承認されていることを確認し、アクセス
トークンを使用できます。テストに成功したにもかかわらずこの管理済み接続によってデータにアク
セスできない場合、この接続用に提供されているクレデンシャルがデータにアクセスできることを確
認します。
- 16 -
たとえば、誤って個人のGmail アカウントを使用して接続を作成したのに、異なるアカウントを使
用してGoogle Analytics データベースにアクセスしている場合、クレデンシャルを削除して再作成
する必要があります。
管 理 済 みクレデンシャルの削 除
[すべてのクレデンシャルとパスワードの削除] を選択すると、ユーザーアカウントから以下の項目が
削除されます。
l
アカウントに保存されているOAuth 接続のすべてのアクセストークン。
注意: これらのトークンのいずれかがパブリッシュ済みワークブックやデータソースで保
存されている場合、これらのトークンを削除するとデータソースへのアクセスもそれら
の場所から削除されます。事実上、これはまるで影響を受けたトークンが使用され
るあらゆる場所で「鍵を変える」ようなものです。
l
パブリッシュ済みのデータ抽出やそれらに接続するワークブックへのアクセスに使用している
パスワード。
アクションの実 行
インタラクターのライセンスレベルを与えられている場合、または管理者である場合は、多くのサー
バーのページの最上部にあるコマンド、たとえばパーミッションの設定、タグの追加、ビューまたは
ワークブックの削除などにアクセスできます。
コマンドは、リスト内の各アイテムの横に表示されるチェックボックスと組み合わせて使用できま
す。アイテムを個別に選択する代わりに、ドロップダウンを使用してすべてのアイテムまたは現在の
ページのアイテムを選択することも、アイテムを選択しないこともできます。
- 17 -
ドロップダウンメニューを使用しなくても、リストの上部のチェックボックスを複数回クリックして、これ
らのオプションを切り替えることができます。チェックボックスが更新され、どのアイテムが選択されて
いるかが示されます。
複数のページにわたってすべて 現在のページだけですべての アイテムが選
のアイテムが選択されています アイテムが選択されています 択されていませ
ん
アイテムを選択した後、パーミッションの設定やタグの追加などの関連アクションを適用できます。
コンテンツの検 索
ページの左にある検索ボックスとその下にあるフィルターを使用して、ビューやその他のアイテムをす
ばやく検索できます。検索のために入力する検索属性および演算子を使用することもできます。
フィルターされた検 索 の使 用
[プロジェクト]、[所有者]、および[タグ] のドロップダウンは、サーバーでの既存の定義を表示し、
[次のタイミング以前/以降で変更]、[お気に入り]、および[最近使用したもの] フィルターで、検
索をさらに絞り込むことができます。
- 18 -
フィルターを削除するには、フィルター値の右にあるX をクリックします。
すべてのフィルターを削除するには、上にある[すべてクリア] をクリックします。
検 索 での属 性 の使 用
通常の検索に加えて、Tableau Serverでの検索を名前、ワークブック、データソースなどの特定
の属性に制限できます。たとえば、「name:sales projections」(コロンの両側にはスペースなし) と
入力すると、名前にsales または projections の単語が含まれるアイテムのみが返されます。検索
演算子は、実行する検索のタイプを指定するのに役立ちます。
属性の完全なリストを次に示します。
- 19 -
属性
後ろに続けるも
返される内容
の
name:
検索用語
検索用語に一致する名前を持つアイテム
title:
検索用語
検索用語に一致するタイトルを持つビュー
caption:
検索用語
検索用語に一致するキャプションを持つ
ビュー
ユーザー名
指定のユーザーによって所有 (パブリッシュ) さ
れたアイテム
注: 8.2 より前までは、所有者はパブリッシャー
としてTableau Server でリストされていまし
た。publisher 検索属性は引き続きサポート
され、owner 属性と同じ結果を返します。
所有者:
publisher: ユーザー名
(上の所有者を参照)
project:
検索用語
検索用語に一致する名前を持つプロジェクト
に含まれるアイテム
comment:
検索用語
検索用語に一致するコメントを持つビュー
tag:
検索用語
検索用語に一致するタグを持つアイテム
field:
検索用語
行、列、詳細レベル、ページ、エンコードシェ
ルフに一致するフィールドを持つビュー
type:
workbook,
view,
一致するタイプを持つアイテム
datasource,
project
ビュー、ダッシュ
sheettype: ボード、または
ストーリー
一致するシートタイプを持つビュー
class:
データソースの
データソースの一致するタイプに関連付けら
タイプ(mysql な
れているビューおよびデータソース
ど)
dbname:
データベースの
名前
tablename: 検索用語
nviews:
数値
一致するデータソースに関連付けられている
ビューおよびデータソース
一致するテーブル名に関連付けられている
ビューおよびデータソース
特定の数のビューを含んでいるワークブック
検索用語で大文字と小文字は区別されません。
- 20 -
複数の属性を使用して、検索をさらに絞り込むことができます。たとえば、Smith によって所有さ
れたすべてのダッシュボードを検索するには、検索フィールドに次のように入力します。
sheettype:dashboard publisher:smith.
検 索 演 算 子 の使 用
必要に応じて、Tableau Serverで論理演算を使用した検索を作成することができます。たとえ
ば、特定の用語に一致しないすべてのアイテムを検索する場合や、ある用語または別の用語に
一致するが、両方に一致する必要はないという条件でアイテムを検索する場合です。and、
or、not、および* を使用して検索式を作成します。
演
算
子
定義
例
and
両方の検索用語に一致
するアイテムを返します。
sales and marketing、pens and paper
or
どちらかの検索用語に一
致するアイテムを返しま
す。
west or east、soccer and football
この演算子の後にある検
not 索用語に一致するアイテ not sheettype:dashboard
ムを除外します。
*
検索用語の後にあるか、
その一部であるその他すべ
ての文字または単語の代
替としての役割を果たしま
す。この演算子は単独で
使用することも、検索用
dev* sales*
語の末尾で使用することも
できます。この演算子は、
検索対象の用語が正確
にわからない場合に役立
ちます。
スペースと検 索
検索用語にスペース、句読点、または実際の単語 and、or、not が含まれる場合、検索用語
を引用符で囲みます。
リストの使 用
Tableau Server を参照するとき、項目がサムネイルまたはリストとして表示されます。ワークブック
およびビューページの上部にあるアイコンにより、コンテンツをリストまたはサムネイルのどちらで表示
するかを指定できます。
- 21 -
リストおよびサムネイルアイコンをクリックすると、この2 つの状態をすばやく入れ替えることができま
す。
サムネイルの並 べ替 え
リストに表示されているアイテムの種類に応じて、名前、プロジェクト、シート数、前回の更新日
時、およびパブリッシャーで並べ替えることができます。並べ替えの方法は、サムネイルが目的なの
かテキストリストが目的なのかによって異なります。並べ替えられたリストは、タイトルに異なるグ
ループが表示された状態で、選択したカテゴリーでグループ化されます。たとえば、下のサムネイル
表示はアルファベットで昇順 (A〜Z) に並べ替えられています。並べ替え矢印は上を指していま
す。
- 22 -
リストの並 べ替 え
テキストリストでは、列見出しを使用してリストを並べ替えることができます。また、矢印は項目の
並べ替えが昇順 (上矢印) であるか降順 (下矢印) であるかを示しています。リストを並べ替える
には、使用する列見出しをクリックします。
リストのビューでは、[編集] 列を使用できる場合があります。サーバーでビューを変更するには、
ビューを選択し、[編集] をクリックします。これらの手順の詳細については、ビューの編集と作成
ページ65を参照してください。
ワークブック、ビュー、プロジェクトのリストに対する並べ替えを変更し続けると、サーバーは
最後の3 回分の並べ替えオプションを記憶し、これらを複数列の並べ替えとして適用しま
す。たとえば、更新日時で並べ替えた後にプロジェクトで並べ替えた場合、そのリストはプ
ロジェクトでグループ化され、各プロジェクト内でワークブックまたはビューが更新日時で並べ
替えられます。
- 23 -
お気 に入 りの保 存
ビューまたはワークブックを後ですばやく見つけられるように、お気に入りとしてマークして保存でき
ます。お気に入りは右上隅にある[お気に入り] メニューに保存されます。
[お気に入り] メニューでは、ビューのアイコンは、 ワークブックのアイコンは です。お気に入りの
数が多い場合は、右側のスクロールバーを使用するとすべてを表示できます。
上部の検索ボックスを使用すると、特定のお気に入りをすばやく検索できます。
お気 に入 りの追 加
[ワークブック] および[ビュー] ページのサムネイルまたはリストのビューからお気に入りを作成できま
す。サムネイルビューでは、ビューまたはワークブックの上にカーソルを合わせ、表示されるツールヒ
ントでお気に入りの星印を選択して、お気に入りを作成します。
- 24 -
リストビューでは、お気に入りとして保存するビューまたはワークブックの横にある星をクリックしてお
気に入りを作成します。
ビューまたはワークブックは、[お気に入り] メニューに追加されます。
お気 に入 りの削 除
[お気に入り] リストからビューまたはワークブックを削除するには、ツールヒントの上にマウスを合わ
せて、星印をクリックします。
- 25 -
リストのビューでは、星印をクリックするだけでビューまたはワークブックを削除できます。
パスワードの保 存
ビューでデータベースのユーザー名とパスワードを要求される場合があります。データベースへのアク
セス権を持っている場合は、適切なテキストボックスにユーザー名とパスワードを入力してくださ
い。[パスワードを保存する] オプションを選択した場合、ビューを表示するたびに自動的にサイン
インされます。サインイン情報はサーバーに暗号化して保存されるため、ブラウザーのセッション間
や複数のコンピューターからビューにアクセスした場合でも、自動的にサインインされます。これは、
頻繁にアクセスするビューが複数ある場合に便利です。
注:
管理者は、データベースのパスワードの保存をユーザーに許可するかどうかを制限できます。管理
者である場合、詳細については、メンテナンスの設定 ページ231を参照してください。
- 26 -
保 存 済 みパスワードのクリアとリセット
パスワードが保存されている場合 ([メンテナンス] ページで[保存済みパスワード] が有効になって
いる場合)、保存されているパスワードをクリアできます。これを行うと、次回サーバーにアクセスし
たときに、ユーザー名とパスワードの入力を要求されます。新しいクレデンシャルを使用および保存
できるように、ユーザー名とパスワードを変更する場合、この方法を使用してください。
1. 右上のドロップダウンメニューから[ユーザー設定] ページを開きます。
2. [保存されているデータ接続パスワード] の下にある[すべてクリア] をクリックします。
管理者も、[メンテナンス] ページにある[すべてのユーザーの保存済みパスワードをクリアす
る] リンクを使用して、サーバーに保存されているすべてのパスワードをクリアできます。
- 27 -
ビューの操作
対象のビュー、ダッシュボード、またはストーリーを見つけた後、さまざまな方法でデータを表示し、
操作できます。その方法は、ビューの作成者によって設定されたライセンスレベルとパーミッション
によって決まります。詳細については、パーミッションの操作 ページ86を参照してください。
ビューの共 有
パブリッシュされたすべてのビューおよびワークブックは、電子メールで共有したり、別のWeb ペー
ジ、ウィキ、Web アプリケーションに埋め込んだりできます。共有されたビューを表示するユーザーに
は、Tableau Server上のアカウントとビューにアクセスするためのパーミッションが必要です。
ビューの電 子 メール送 信
1. ビューの左上隅にある[共有] リンクをクリックします。
2. 表示されたリンクをコピーして電子メールメッセージに貼り付けます。
ビューの埋 め込 み
ビューは、ウィキ、ブログ、Web アプリケーションなど、他のWeb ページに埋め込むことで共有でき
ます。
1. ビューの左上隅にある[共有] リンクをクリックします。
2. 表示されたHTML コードをコピーし、ビューを埋め込むページのソースコードに貼り付けま
す。
- 28 -
注: Tableau が生成した埋め込みコードは、自動的に現在のビューを参照します。
Tableau での埋め込みカスタムビューの表示方法についての詳細は、「カスタムビューの埋
め込みコード」を参照してください。
埋め込みビューの外観の調整
埋め込みビューの外観は、[表示オプション] を調整して変更できます。[表示オプション] では、固
定幅や高さを指定したり、ツールバーを表示するかタブを表示するかを指定したりできます。
- 29 -
ツールヒントによるデータの調 査
ツールヒントは、ビュー内の1 つ以上のマークにポインターを合わせたときに表示されるデータの詳
細です。
ツールヒントは、マークのフィルターや削除、データの表示などを簡単に行うことができる便利な手
段です。
- 30 -
l
選択したデータのみを保持: ビューで選択したものだけを表示します。
l
除外: ビューで選択したものを削除します。
l
データの表示: データを表示するウィンドウが開きます。要約データまたは参照元データを
表示することができます。
マークのグループをフィルターまたは除外するには、そのマークを選択し、実行するアクションをクリッ
クします。
要約データまたは参照元データを表示するには、そのデータを選択し、[データの表示] アイコンを
クリックします。
- 31 -
[サマリー] タブのデータには、ビュー内またはビュー内の選択内容の集計データが表示されます。
[参照元] のデータには、データソースの各行の値が表示されます。これは、選択したマークによっ
て制限されます。
[すべての列を表示] をオンにすると、ビュー内のデータの有無にかかわらず、参照元のデータソー
スのすべての列が表示されます。
- 32 -
表の上下にある[すべての行をテキストファイル形式でダウンロードする] リンクを使用して、すべて
の行をテキストファイル形式でダウンロードします。
ビューのサブスクライブ
Tableau Server 上でビューを表示でき、右上隅にサブスクリプションアイコン( ) がある場合、管
理者によってサイトのサブスクリプションがすでに設定され、ビューをサブスクライブできるということで
す。つまり、Tableau Serverにサインインしなくても、規則的に電子メールの受信箱にビューのス
ナップショットが自動配信されるということです。ワークブックもサブスクライブすることができます。1 つ
のビューを受信する代わりに、1 つの電子メールでワークブックの各ビューを一度に受信することも
できます。受信しないサブスクリプションの登録を解除できます。詳細については、下記を参照し
てください。
[ユーザー設定] ページでサブスクリプション設定を変更できます。詳細については、サブスク
リプション設定の管理 ページ11を参照してください。
ビューのサブスクライブ
ビューまたはワークブックをサブスクライブするには
- 33 -
1. [ビュー] ページまたは [ワークブック] ページを選択します。
2. ビューまたはワークブックをクリックします。
3. 右上隅のサブスクリプションアイコンをクリックします。
- 34 -
4. Tableau Server アカウントが電子メールアドレスに関連付けられていない場合、電子メー
ルを入力するよう求めるプロンプトが表示されます。電子メールのアドレスを入力し、[次へ]
をクリックします。
サブスクリプションの送信先である電子メールアドレスを変更することができます。詳細につ
いては、電子メール アドレスの変更 ページ10を参照してください。
5. 次のダイアログボックスで、サブスクリプションスケジュールを選択します。既定では、
Tableau Server には、平日の朝、および月曜の朝というスケジュールが用意されていま
す。Tableau Server 管理者は、カスタムのサブスクリプションスケジュールを作成できます。
- 35 -
6. 次に、1 つのビュー([このシート]) または全ワークブック([ワークブックのシート]) をサブスクライ
ブするかを選択し、[サブスクライブ] をクリックします。
7. 電子メールでサブスクリプションを受信した後、ビューのスナップショットをクリックして、
Tableau Serverで開きます。
- 36 -
ビューまたはワークブックからのサブスクリプションの解 除
ビューまたはワークブックからサブスクリプションを解除するには
1. サブスクリプションメールの下にあるリンクをクリックして、Tableau Serverの[ユーザー設定]
ページを開きます。
- 37 -
Tableau Server のドロップダウンメニューから[ユーザー設定] ページを開くこともできます。
2. サブスクリプションを解除するビューの横にある[サブスクリプションの解除] チェックボックスを
- 38 -
オンにします。
ここでサブスクリプションを変更することもできます。詳細については、サブスクリプション設定
の管理 ページ11を参照してください。
3. [更新] をクリックします。
データの並 べ替 え
軸、フィールドラベル、ヘッダーの並べ替えボタンを使用すると、ビュー内のアイテムの並べ替え順
序を簡単に変更できます。たとえば、次のビューには油井ごとの産油量が示されています。垂直
軸にマウスカーソルを合わせると、並べ替えボタンが表示されます。このボタンには、クリックしたと
きに実行される並べ替えが表示されます (この場合は昇順の並べ替え)。
並べ替えを行った後、並べ替えアイコンは垂直軸にそのまま表示されます。
並べ替えアイコンを再びクリックすると、産油量が最も少ない油井から最も多い油井へ降順に並
べ替えられます。
- 39 -
もう一度 (3 回目) クリックすると、棒グラフが元の状態に戻ります。
ツールバーの[すべて元に戻す] ボタンを使用すると、いつでもビュー全体を元の状態に戻すことが
できます。
データのフィルター
インタラクターライセンスレベルを持っている場合、ビューのデータをフィルターして、関心のあるデー
タに表示を絞り込むことができます。たとえば、地域別売上高レポートに複数の地域の売上高が
表示される場合があります。フィルターを使用すると、自分の担当地域の状況に注目できます。
その後、フィルターを取り消して元のビューに戻り、自分の担当地域を他の地域と比較できます。
ビューをフィルターするには、クイックフィルターと[選択したデータのみを保持] および[除外] ツール
チップコマンドの2 つの方法があります。
クイックフィルターの種 類
クイックフィルターにはさまざまな種類があります。ビューの作成者は、フィルターする値を最もよく
示すフィルターの種類を選択します。各種のフィルターとその操作方法を以下に示します。
- 40 -
クイックフィルターの種類
説明
複数値リスト
チェックボックスのリストが表示されます。含める値を
選択します。
単一値リスト
ラジオボタンのリストが表示されます。含める値を1 つ
ずつ選択します。
コンパクトリスト
値のドロップダウンリストが表示されます。含める値を
1 つずつ選択します。
スライダー
範囲に沿って値が表示されます。スライダーをドラッグ
するか矢印を使用して、含める値を1 つ選択しま
す。定量的な値の場合は、2 つのスライダーを使用
して値の範囲を指定します。
ワイルドカード照合
テキストフィールドが表示されます。特定の文字の
セットを含んでいるすべての値を含めます。ワイルド
カード文字としてアスタリスク記号 (*) を使用できま
す。
入力
テキストフィールドが表示されます。値を入力し、+
記号をクリックしてフィルターにその値を含めます。また
は、値のリストをコピーしてテキストフィールドに貼り付
けます。
日付フィルター
日付フィルターは、上記のほとんどの種類のフィルター
で表示できますが、日付に特有の種類がいくつかあ
ります。たとえば、相対的な日付フィルターを使用す
ると、「過去 3 週間」や「過去 1 年間」などの一般的
な日付範囲を含めることができます。または、[1 日
間]、[1 週間]、[3 か月間] などのあらかじめ定義され
- 41 -
クイックフィルターの種類
説明
た期間のコレクションから選択することもできます。
複数値リスト(階層)
ビューで多次元データソースが使用されている場合
は、複数値リストに階層レベルが表示されます。一
番上のレベルセレクターを使用すると、特定レベルの
すべての値を選択できます。
フィルター オプション
多くのクイックフィルターには、ページのフィルターエリアをポイントすると表示されるその他のオプショ
ンがあります。たとえば、表示するものをすべて選択するよりも、表示しないものを選択する方が
簡単な場合があります。複数値リストのドロップダウンメニューのオプションを使用して、[包含] と
[除外] のフィルターを切り替えることができます。各種類のフィルターには、フィルターエリアの右上
隅にあるドロップダウンメニューで使用できるオプションがあります。これらのオプションを使用できる
かどうかは、ビューの作成者によって制御されます。
さらに、フィルターに多数の値が含まれている場合は、検索を使用すると探している値をすばやく
見つけて選択できます。クイックフィルターをポイントしたときに表示される[検索] ボタンをクリックし
ます。次に、探している値を入力します。検索ボックスの真下に結果が表示され、簡単に選択で
きます。
- 42 -
また、[多くの値を表示] および [少ない値を表示] ボタンを使用して、クイックフィルターに表示さ
れる値を制限できます。多くの値を表示するときは、フィールドのすべての値が表示されます。少
ない値を表示するときは、他のアクティブなフィルターが考慮されます。すべてのフィルターを通過し
た値のみが表示されます。たとえば、西部地域および中部地域で売上高が5,000 ドルを超える
ものを示すように、ビューをフィルターできます。多くの値を表示するときは、[地域] フィルターではす
べての地域が表示されます。少ない値を表示するときは、[地域] フィルターでは売上高が5,000
ドルを超える地域のみが表示されます。
フィルターの取 り消 し
ビューがパブリッシュされたときの状態にフィルターを戻す場合はいつでも、[すべて元に戻す] ボタン
を使用します。
ビューのエクスポート
イメージまたは PDF としてビューをエクスポートできます。あるいは、クロス集計またはコンマ区切り
値ファイル(データ) としてデータをエクスポートできます。ビューの一番上にあるツールバーで、[エク
スポート] メニューのオプションを選択します。
ダッシュボードをPDF にエクスポートする際、そのダッシュボードにWeb ページオブジェクトが
含まれる場合、Web ページオブジェクトは含まれません。また、エクスポートオプションを選
- 43 -
択したときは、イメージ、PDF、またはデータファイルを生成する必要があります。生成が完
了すると、メッセージが表示されます。その後、ファイルのダウンロードを続行できます。
ビューを PDF としてエクスポートするには:
1. ビューを開き、[エクスポート] ツールバーボタンから[PDF] を選択します。
2. [縦] または [横] 方向のいずれか、そして[用紙サイズ] を選択します。
3. ワークブック全体、選択ダッシュボードまたはストーリー、あるいは特定のシートのみを印刷
するかを選択します。ハイライトされているシートのサムネイルをクリックすると、そのサムネイ
ルはエクスポートされません。
- 44 -
4. [OK] をクリックし、[PDF をエクスポート] ダイアログボックスで[ダウンロード] をクリックします。
PDF ファイルが表示され、印刷することができます。
- 45 -
マップのズームとパン
地図を含んでいるビューでの移動には、ビュー内の地図をマウスでポイントしたときに表示される
ズームツールバーが役立ちます。このツールバーを使用すると、拡大と縮小やマークの選択だけで
なく、地図を初期状態に戻したり、パンしたりすることができます。
- 46 -
ワークブック作成者がズームコントロールを表示しないように選択した場合 (Tableau Desktop で
は [ビュー] > [ズーム コントロール] > [非表示])、ズームツールバーは表示されません。
各モードの説明は次のとおりです。
ズーム: マップビューにズームインし、詳細を表示します。Tableau Server
では、クライアント側レンダリングモードがオンになっていない場合、ズーム
してもすぐにマップタイルが表示されない可能性があります。詳細について
は、「クライアント側レンダリングについて」を参照してください。
選択: マップビューのマークを選択し、データのサブセットを識別します。
ホーム: マップビューを元の状態に戻します。
パン: 数秒間マウスボタンを押したままにします。マウスを移動し、マップの
ビューを上下左右にパンできます。パンするとき、カーソルアイコンは、通
常のポインターではなく手を握った形に見えます。マップのパンは、ビューに
ズームインしているときや、他のエリアが表示されるようにビューを移動する
ときに特に便利です。
自 動 更 新 の一 時 停 止
サーバー上のビューを操作するとき、ビュー内のデータを更新するためにデータソースにクエリを送
信する必要がある場合があります。大量のデータや大規模なデータソースがある密度の高い
ビューで作業している場合は、自動更新に長時間かかることがあります。いくつかの変更を行うと
きに各更新の完了を待たなくてもよいように、ツールバーの[自動更新の一時停止] をクリックでき
ます。
- 47 -
同じツールバーボタンを使用して[自動更新の再開] を行うと、データソースへのクエリを1 回待
つだけで済みます。
データの更 新
新しいフィールドの追加や、データ値およびフィールド名の変更など、データソースが変更された
場合、次回ページをロードしたときに、これらの変更がビューに反映されます。ただし、ツールバー
の[データの更新] ボタンを使用してビューを手動で更新することが必要になる場合があります。
データを更新するときに、存在している可能性があるすべてのキャッシュをクリアし、データソースか
ら最新のデータを取得します。このオプションは、キャッシュされたデータに基づいてビューをロードで
きる、自動更新の一時停止 前のページのオプションとは異なります。データソースとビューのサイ
ズに応じて、データの更新は、キャッシュされているデータに対するその他のクエリよりも時間がかか
る場合があります。
ワークブックのダウンロード
ワークブックは、ビューの右上隅にある[ダウンロード] リンクを使用してダウンロードできます。ダウン
ロードしたワークブックは、Tableau Desktop のバージョンで開くことができます。サーバーからワーク
ブックをダウンロードするには、デスクトップアプリケーションで[サーバー] > [ワークブックを開く] を選
択します。ワークブックは、サーバーに既にパブリッシュされている場合にのみ開くことができます。
- 48 -
このオプションは、ワークブック作成者または管理者によって[ダウンロード/名前を付けて Web に
保存] パーミッションが与えられている場合にのみ使用できます。詳細については、パーミッションの
操作 ページ86 を参照してください。
ハイパーリンクのアクセス
多くのビューには、外部 URL や他のシートへのハイパーリンクが含まれています。これらのハイパー
リンクは作成者によって追加され、一連のデータポイントに関する詳細情報を入手するときに便
利です。ビューがどのように作成されたかに応じて、次の3 つの方法のいずれかでハイパーリンクを
起動できます。
l
選択 - ビュー内のマークをクリックします。
l
ポイント- ビュー内のマークにポインターを合わせます。
l
画面ヒント- 選択するマークにポインターを合わせたときに表示される画面ヒント内でハイ
パーリンクを使用できます。
Web ページへのリンク
ビューは、データに関する詳細情報を示す外部 Web ページにリンクしている場合があります。たと
えば、衛星写真を示すために、特定の場所からマップビューにリンクしている場合があります。あ
るいは、内部イントラネット上の現在の在庫状況を示すために、選択した製品から売上高レポー
トにリンクしている場合があります。リンクをクリックすると外部 Web ページに移動しますが、これは
Tableau Server の外部のページです。Web ページをダッシュボードに埋め込むこともできます。こ
の場合は、リンクをクリックすると、同じウィンドウにWeb ページがロードされます。
他 のビューへのリンク
一部のビューには、外部 Web ページへのリンクだけでなく、Tableau Serverの他のビューへのハイ
パーリンクがあります。これらのリンクは、ソースビューでの選択内容に基づいて、ターゲットビューで
- 49 -
データをフィルターします。たとえば、下のダッシュボードでは、「Top Selling Products (ベストセラー
製品)」のリストで製品を選択すると、マップビューがフィルターされて、その製品が販売されている
地域が表示されます。
マーク、凡 例 、アクションのハイライト
ハイライトを使用すると、ビュー内のデータのサブセットへの注意を喚起することができます。
Tableau Server でのハイライトには 3 つの方法があります。マーク、凡例、アクションです。
マークを使 用 したハイライト
ビューで1 つまたは複数のマークを選択すると、選択したマークが目立つように他のすべてのマーク
が薄く表示されます。個々のマークを選択するか、ポインターをクリックアンドドラッグして一連の
マークを選択します。キーボードのCtrl キーを押したまま、ビューで複数のマークを選択できます。
- 50 -
凡 例 を使 用 したハイライト
凡例 (色、形状、およびサイズ) を使用して、凡例の各アイテムに対応するマークをハイライトでき
ます。たとえば、ビューが製品カテゴリー別に色分けされている場合、凡例のハイライトを使用して
特定の種類の製品をすばやくハイライトできます。凡例のハイライトを有効にするには、次の手
順を行います。
1. 凡例にポインターを合わせたときに右上隅に表示される[ハイライト] ボタンをクリックしま
す。
2. 凡例でアイテムを選択します。
- 51 -
3. キーボードのCtrl キーを押したまま、凡例の複数のアイテムを選択できます。もう一度 [ハ
イライト] ボタンをクリックすると、凡例のハイライトがオフになります。
ハイライトアクション
一部のビューではハイライトアクションを使用できます。これは、ソースビューでの選択内容に基づ
いて、1 つまたは複数のビューで関連データをハイライトするものです。ハイライトアクションは、複
数のビューを一度に表示するダッシュボードビューで主に使用されます。たとえば、下のダッシュ
ボードビューでは、地域をハイライトするようにハイライトアクションが設定されています。散布図
で"West (西部)" を選択すると、他のすべてのビューで"West (西部)" カテゴリーがハイライトされま
す。
- 52 -
ビューがどのように作成されたかに応じて、マークを選択するか、マークにポインターを合わせるか、
またはマークにポインターを合わせると表示される画面ヒントによって、ハイライトアクションを起動
できます。
ビューのタグ
タグは、ビューを説明するキーワードで、ビューの分類や検索に役立ちます。ビューをパブリッシュし
たら、作成者はタグをビューに追加できます。ビューがTableau server にパブリッシュされると、タグ
は、アクセス可能なサーバー上のすべてのビューに追加できます。また、追加したタグは削除でき
ます。パブリッシュされたビューでは、[タグ] テキストボックスはビューの下にあります。
タグの追 加
タグは、ユーザーがアクセスパーミッションを持っているサーバー上のすべてのビューに追加できま
す。タグに大文字と小文字の区別はありません。追加するときに小文字に変換されます。
1 つのビューにタグを追加するには
ビューの下の[タグ] テキストボックスに1 つまたは複数の単語を入力し、[追加] をクリックします。
単語はスペースまたはコンマで区切ってください。
- 53 -
複数のビューにタグを追加するには
インタラクターライセンスレベルを持っている場合は、複数のビューに一度にタグを追加することも
できます。
1. ビューまたはワークブックのリストに移動します。
2. タグ付けするビューを選択し、ページ上部の[タグ] をクリックします。タグが存在しない場
合、タグを追加できます。
- 54 -
タグが存在する場合、タグを選択します。
タグの削 除
作成したタグを削除できます。
1. タグ付きのビューを開きます。
2. ビューの下の[タグ] テキストボックスまでスクロールします。
3. 削除するタグの横の'x' をクリックします。
ビューのコメント
Tableau Server でアクセス権を持つビューにコメントを追加できます。特定のビューに関連付けら
れているコメントを表示することもできます。
ビューの下部の[コメント] テキストボックスにテキストを入力し、[追加] をクリックします。
- 55 -
ハイパーリンク、太字、斜体、下線を挿入してコメントに書式を設定できます。それぞれの書式の
追加方法の例を次の表に示します。
書式設定
ハイパーリン
ク
太字
斜体
下線
入力内容
「マイリン
ク」:http://www.tableausoftware.com
*太字にするテキスト*
_斜体にするテキスト_
+下線を付けるテキスト+
例
マイリンク
太字にするテキスト
斜体にするテキスト
下線を付けるテキス
ト
カスタム ビュー ([変 更 を保 存 する])
あるビューを開くたびに同じ変更を行う場合があります。たとえば、自分に関係のあるデータのみ
が含まれるようにフィルターを適用したり、パブリッシュされた状態とは異なる順序にビューを並べ替
えたりすることがあります。2 つのフィルターを選択したビューと1 つのフィルターのみを選択した
ビューなど、同じビューの異なるバージョンを維持したいこともあります。インタラクターライセンスレ
ベルがあれば、ビューを開くたびにこのような変更を行うのではなく、1 つまたは複数のカスタム
ビューとして変更を保存できます。また、カスタマイズされたビューを他のユーザーと共有または「ア
ドバタイズ」することもできます。インタラクターライセンスまたはビューアーライセンスを持つユーザー
は、他のユーザーがアドバタイズしたビューを見ることができます。
詳細については、次のトピックを参照してください。
[変 更 を保 存 する] へのアクセス
[変更を保存する] 設定は、パブリッシュされたビューを最初に見たときにビューの上 (埋め込み
ビューを見ているときは下) に表示されます。
ビューのカスタムバージョンがある場合は、パブリッシュされたビューを最初に見たときに[元の
ビュー] と表示されます。ドロップダウンメニューをクリックし、いずれかのカスタムビューを選択する
と、そのビューの名前が表示されます。
- 56 -
カスタム ビューの保 存
ビューのフィルター、並べ替え、操作を行うと、[変更を保存する] メニューまたはビュー名の横に灰
色の点が表示されます。この点は、変更が加えられたことを示します。このメニューを使用して、
変更をカスタムビューとして保存します。
- 57 -
自分が作成したビューも他のユーザーが作成したビューも、すべてのカスタムビューは常に元の
ビューに関連付けられています。元のビューが更新されたり再パブリッシュされたりすると、カスタマ
イズされたバージョンのビューも更新されます。サーバーから元のビューが削除されると、関連したカ
スタムビューも削除されます。元のビューからフィルターを削除して再パブリッシュすると、そのフィル
ターはカスタマイズされたバージョンのビューでは使用できなくなります。フィルターが復元されて
ビューが再パブリッシュされると、カスタマイズされたバージョンのビューは復元されます。
カスタムビューの保存方法の詳細を示します。
1. カスタマイズするビューを開きます。
2. データのフィルター、並べ替え順の変更、ハイライト、ズームイン、ズームアウトなどを行い
ます。
[変更を保存する] リンクまたはカスタムビュー名をクリックします。カスタムビューの名前を入
力し、[保存する] をクリックします。
3.
最初にビューを開いたときにカスタムビューが既定で表示されるようにするには、[既定を<カスタ
ムビュー名> に変更] を選択します。カスタムビューの名前の右側に、このバージョンのビューが既
定であることを示す (既定 ) が表示されます。
- 58 -
カスタム ビューのアドバタイズ
既定では、カスタムビューはプライベートであり、ユーザー本人のリストにのみ表示されます。ライセ
ンスレベルがインタラクターである場合は、他のユーザーへのアドバタイズを選択することができま
す。パブリッシュされた元のビューにアクセスできれば、誰でもアドバタイズされたカスタムビューを表
示できます。
注:
カスタムビューをアドバタイズしなくても、URL をコピーしたり[共有] ボタンをクリックしたりして共有
することもできます。
1. カスタムビューを表示中にアドバタイズする場合は、ビューの名前をクリックし、[カスタム
ビューの管理] をクリックします。
- 59 -
2. [カスタムビューの管理] で、ビューの名前の横にあるアイコンをクリックして、アドバタイズとプ
ライベートを切り替えます。1 人のユーザーのアイコン はビューがプライベートであることを
示し、2 人のユーザーのアイコン はビューがアドバタイズされていることを意味します。
3. [完了] をクリックします。
- 60 -
他 のカスタム ビューへのアクセス
ビューを閲覧するときに、[元のビュー] リンクをクリックすると、他のユーザーが保存およびアドバイズ
したカスタムビューにアクセスできます。[元のビュー] リンクが使用できる場合、カスタマイズされた
バージョンのビューが使用可能であるということです。他のユーザーのカスタムビューは、ドロップダウ
ンメニューの[その他のカスタムビュー] セクションに一覧表示されます。
ビューのプライベート化
アドバタイズしたビューをプライベートに戻すことができます。カスタムビューがプライベートになると、
他のユーザーのドロップダウンリストには表示されなくなり、自分のリストにのみ表示されるようにな
ります。
1. カスタムビューを表示中にアドバタイズを中止する場合は、ビューの名前をクリックし、[カス
タム ビューの管理] をクリックします。
- 61 -
2. [カスタムビューの管理] で、ビューの名前の横にあるアイコンをクリックして、共有とプライ
ベートを切り替えます。2 人のユーザーのアイコン
を示し、1 人のユーザーのアイコン
はビューがアドバタイズされていること
はビューがプライベートであることを意味します。
3. [完了] をクリックします。
- 62 -
カスタム ビューの削 除
カスタムビューはいつでも削除することができます。カスタムビューを削除しても、元のビューに影
響はありません。
1. カスタムビューを表示中に削除する場合は、ビューの名前をクリックし、[カスタム ビューの管
理] をクリックします。
2. [カスタムビューの管理] で、カスタムビューの名前の右側にあるx をクリックします。
- 63 -
3. カスタムビューを削除した後でも、[元に戻す] をクリックするとカスタムビューが復元されま
す。[完了] をクリックすると、[元に戻す] ボタンは使用できなくなります。
4. [完了] をクリックします。カスタムビューが削除されます。
- 64 -
ビューの編集と作成
Web 作成環境の適切なパーミッションを持つユーザーは、既存のワークブックを編集したり、新し
いワークブックを作成したりすることができます。
Tableau Server にサインインすると、[ビュー] セクションが既定で表示されます。アクセスするビュー
は、次のどちらかのプロセスの結果としてここに表示されます。
l
l
Tableau Desktop ユーザーがTableau Server に対するビューを含むワークブックをパブリッ
シュする。
ユーザーがビューを作成し、Tableau ServerのWeb 編集環境にワークブックを直接保存す
る。
ワークブックの作 成 とビューの構 築
既存のワークブックで新しいシートを作成したり、新しいワークブックを作成したりして、新しい
ビューを構築することができます。このトピックでは、新しいワークブックにビューを構築する方法を
示します。
次の手順では、Tableau Desktop に付属しており、Tableau Serverにパブリッシュされる
"Superstore (スーパーストア)" サンプルデータソースを使用して、カテゴリーや地域別の売上に
関する情報を組み込むビューを構築します。"Superstore (スーパーストア)" サンプルデータソース
にアクセスする場合、手順内のステップを実行できます。
1. [コンテンツ] タブで、[データソース] を選択します。
2. [データソース] リストで、視覚化するデータソースの横にあるチェックボックスをオンにして
[新しいワークブック] を選択します。
- 65 -
新しい空白のビューがTableau Server 作成環境で開きます。
注: データソースがキューブ型のデータベース用である場合、新しいワークブックオプ
ションは利用できません。詳細については、多次元 (キューブ) データソースページ
237を参照してください。
3. [メジャー] ペインから、"Sales (売上高)" を[列] シェルフにドラッグします。
- 66 -
4. [ディメンション] ペインから"Product (製品)" を展開してサブカテゴリーを表示してから、
"Category (カテゴリー)" を[行] シェルフにドラッグします。
Tableau には現在、データを視覚化 (ビュー) に変換する(この場合は水平棒グラフ) のに
十分な情報があります。
5. [ディメンション] ペインから、[行] シェルフに"Region (地域)" をドラッグします。
現在、ビューにはデータの別のレイヤーが含まれており、カテゴリーは地域別に分類されて
います。
ここで、1 つの地域におけるカテゴリ別の売り上げを表示して比較するとします。フィルターを
使用することでこれを実現できます。
- 67 -
6. [ディメンション] ペインから、[フィルター] シェルフに"Region (地域)" をドラッグします。
[フィルター] シェルフをポイントすると、フィールドの左側にある小さな三角形がシェルフに
"Region (地域)" をドロップできることを示します。
フィルターコントロールがページの右端に表示されます。
7. 分析する1 つの地域以外のすべてのチェックボックスをオフにしてから、もう一度すべてオン
にします。
8. 色を使用して、視覚化を向上させることができます。"Region (地域)" を[マーク] カードの
[色] プロパティにドラッグします。
- 68 -
地域全体で異なる製品カテゴリーの売上高を比較できる便利なビューが表示されます。
ヒント: バーのさまざまなカラーパレットの選択やサイズ変更については、[マーク]
カードページ79 を参照してください。
9. 製品ごとの地域別売上高に注目する代わりに、地域の製品全体の売上高をもっと簡単
に分析したいとします。[行] シェルフで、"Region (地域)" を"Category (カテゴリー)" の左
側にドラッグします。
ビューが更新され、地域別にすべての製品の売上高が表示されます。
- 69 -
10. 以前のバージョンのビューを表示する場合は、ツールバーの[元に戻す] をクリックします。
11. 2 番目のワークシートを作成する場合は、ビューの下部にある[新しいワークシート] タブを
選択します。
ワークシートタブを選択して[ワークシート名の変更] を選択し、よりわかりやすい名前を付
けます。
12. ワークブックを保存するために[保存] をクリックします。[ワークブックを保存する] ダイアログ
ボックスで、次の手順を完了します。
- 70 -
l
l
l
l
ワークブック名を指定して、[プロジェクト] を[既定] に設定したままにします。
複数のシートを作成していて、タブをビューの下部に表示する場合は、[シートをタブ
として表示] を選択します。
データベースにアカウントがないユーザーがビューを表示できるようにする場合は、
[データソースのパスワードを埋め込む] を選択します。
完了したら、[保存] をクリックします。
ビューの編 集
[ビュー] セクションでは、次の2 つの方法のどちらかで編集のためにビューを開くことができます。
l
サムネイルビューをポイントすると表示されるツールヒントの[編集] をクリックします。
l
ビューを選択して表示してから、ビューの上部にある[編集] をクリックします。
ワークブックのパブリッシャーがデータベースのクレデンシャルを埋め込まなかった場合、それを
入力するように求めるプロンプトが表示されます。
変 更 の保 存 または破 棄
ビューを編集している間、ビューエリアの上にあるリンクを使用して、いつでも変更を保存または破
棄できます。
- 71 -
作業を保存すると、1 つのビューから作成環境に入った場合でも、編集したまたは編集していな
いその他のビューを含むワークブック全体が保存されます。
l
[保存] を選択すると、元のワークブックが上書きされます。
l
[名前を付けて保存] を選択すると、同じプロジェクトに新しいワークブックが作成されます。
ビューの元のバージョンと編集したバージョンの両方を維持する場合は、[名前を付けて保
存] を使用して新しいワークブックを作成します。
[シートをタブとして表示] を選択する場合、ワークブックパーミッションはタブなしでワークブッ
クがもう一度保存されるまで、ワークブック内で個々のビューのパーミッションをオーバーライド
します。
l
l
[元に戻す] を選択すると、編集内容を破棄して最後に保存したワークブックのバージョン
に戻ります。
[完了] を選択すると、作成環境を終了します。
保存していない変更がある場合は、保存するように求めるプロンプトが表示されます。変
更を保存しないと、現在のサーバーセッションにサインインしたままの状態でビューの作成
モードに戻った場合、保存していない変更内容がまだ存在しています。
ワークブックを保存できる方法は、管理者が与えるパーミッションによって異なります。詳細につい
ては、編集パーミッションと保存パーミッションの付与 ページ97を参照してください。
Tableau Server 作 成 環 境
Web 作成環境は Tableau Desktop に似ています。[データ] ウィンドウが左側に表示され、ワーク
ブックに含まれるデータソースの名前と、アクティブなデータソースに含まれるフィールド、パラメー
ター、セットを表示します。
- 72 -
同様に、主なエリアで[ツールバー] が上部に、[マーク] カード、[ページ]、および[フィルター] シェル
フはビューの左側に、[行] と[列] のシェルフはビューの上に表示されます。ワークブックに含まれる
任意のシートタブはビューの下部に表示されます。
- 73 -
編集のためにビューを開く際、同じワークブック内の他のビューは編集できますが、ダッシュボードや
ストーリーは編集できません。[新しいシート] タブを選択して、新しいビューの作成を開始すること
もできます。
ツールバー
ビューを編集する際、ビューの上部にあるツールバーを使用して共通のアクションを実行できま
す。
元に戻す/やり直す
アクションまたは一連のアクションを元に戻したり、やり直したりします。次のツールバーボタンを選
択して、ビューにおけるほとんどすべてのタイプの変更を元に戻したりやり直したりすることができま
す。
更新の一時停止
シェルフにフィールドを配置すると、Tableau はデータソースに対してクエリを実行してビューを生成
します。ビューの編集中に更新が遅い場合、編集中に更新を一時停止して、再度オンにするこ
とができます。
- 74 -
スワップ
This moves the fields on the Rows shelf to the Columns shelf and vice-versa. ほとんどは x 軸と
y 軸に基づくタイプのビューで使用されます。
合計
ビュー内のデータの総計と小計を自動的に計算することができます。[合計] を選択して4 つのオ
プションを表示します。
l
l
l
l
列の総計を表示では、ビューのすべての列の合計を表示する行を追加します。
行の総計を表示では、ビューのすべての行の合計を表示する列を追加します。
すべての小計を追加では、列または行に複数のディメンションがある場合、ビューに小計
行と小計列を挿入します。
すべての小計を削除では、小計行または小計列を削除します。
ラベルの表示/非表示
ビューのマークラベルを表示したり非表示にしたりするために選択します。
ビューのサイズ
ブラウザーウィンドウ内のビューの縦横比を変更するには、[ビューのサイズ] の下にあるオプションを
使用します。視覚化のタイプによって、[セルのサイズ] コマンドの結果が異なります。
ワークシート
ワークシートレベルで変更を実行するためのオプションがあります。ワークシートの作成、シート名
の変更、シートの書式設定のクリア、またはシート全体のクリアを実行します。
エクスポート
[エクスポート] の下にあるオプションを使用して、他のアプリケーションで使用するためにビューの部
分を取得します。
l
l
l
l
イメージ: 新しいブラウザータブにビュー、ダッシュボード、またはストーリーをイメージとして表
示します。
データ: ビューからのデータを2 つのタブがある新しいブラウザーウィンドウに表示します。[サ
マリー] は、ビューに表示されたフィールドの集計データを表示し、[参照元] は視覚化で選
択されたマークの参照元データを表示します。新しいウィンドウが開かない場合は、ブラウ
ザーのポップアップブロッカーを無効にする必要があります。
クロス集計: 視覚化で選択されたマークの参照元データを、後でMicrosoft Excel で開くこ
とのできるCSV (コンマ区切り値) ファイルに保存します。
PDF: 現在のビューをPDF として新しいブラウザーウィンドウで開きます。ここから、ファイル
に保存することができます。新しいウィンドウが開かない場合は、ブラウザーのポップアップブ
ロッカーを無効にする必要があります。
表示形式
Tableau で使用可能な視覚化タイプの範囲を示すコントロールを開きます。[表示形式] リストが
表示されると、現在のビュー内で使用されているデータは選択できる視覚化タイプを決定します。
利用できるタイプのうち、データに最適と判断されるアウトラインの周辺に、異なる色のアウトライ
ンを描画します。
また、視覚化タイプをポイントして、その視覚化タイプを使用するために必要なフィールドのタイプ
を表示することもできます。
- 75 -
[データ] ウィンドウ
[データ] ウィンドウの一番上には、ワークブックで利用できるデータソースのリストが表示されます。
既存のワークブックを編集する場合は、複数のデータソースがある可能性があります。データソー
スを選択して、そのデータソースに対するディメンションおよびメジャーを表示します。新しいワーク
ブックを作成している場合は、ワークブックを作成しているデータソースのみが表示されます。
すべてのデータソースにはフィールドが含まれています。これらのフィールドは、[データ] ウィンドウの
データソースのリストの下に表示されます。ディメンションおよびメジャーは常に表示されます。他の
フィールドのタイプは、データソースに存在する場合に表示されます。
l
l
l
l
ディメンションは、不連続の定性的データが含まれているフィールドです。ディメンションの例
には、日付、顧客名、顧客区分などがあります。
メジャーは、集計可能な数値データが含まれているフィールドです。メジャーの例には、売
上高、収益、従業員数、温度、頻度、圧力などがあります。
セットは、いくつかの条件に基づいてデータのサブセットを定義するカスタムフィールドです。
セットは計算された条件または値の定数リストに基づきます。この条件はデータが変更され
ると更新されます。セットは編集するワークブックに存在する可能性がありますが、セットを
作成することはできません。
パラメーターは、計算、フィルター、およびリファレンスラインで定数値を置換できる動的な
値です。パラメーターは編集するワークブックに存在する可能性がありますが、パラメーター
を作成することはできません。
視覚化を構築するには、[データ] ウィンドウから[行] シェルフと[列] シェルフ、[マーク] カード、また
は他の使用可能なシェルフにフィールドをドラッグします。デモについては、ワークブックの作成と
ビューの構築 ページ65を参照してください。
行 と列 のシェルフ
フィールドを[列] シェルフにドラッグして表の列を作成、または [行] シェルフにドラッグして表の行を
作成します。複数のフィールドをいずれかのシェルフにドラッグできます。
[列] または [行] シェルフでは、不連続値 (通常はディメンション) は青色表示され、連続値 (通常
はメジャー) は緑色表示されます。
[列] シェルフまたは [行] シェルフに配置したフィールドの右端にはドロップダウンメニューがあり、ディ
メンションまたはメジャーを設定できます。
- 76 -
使用可能なオプションは、フィールドのタイプによって異なります。オプションの完全なリストを次に
示します。
l
[ツールヒントに含める]
既定では、[列] シェルフまたは [行] シェルフのフィールドはすべて、ビューのマークにマウスを
移動すると表示されるツールヒントに含まれます。このオプションのオフにして、ツールヒント
からフィールドを削除します。
l
[フィルターの表示]
このオプションを選択して、このフィールドのフィルターをビューに追加します。このディメンショ
ンまたはメジャーに対し、どのデータを含めてどのデータを除外するかを指定できます。
l
[不連続/連続]
これらのオプションを使用して、値の連続範囲を不連続値のセットに、または不連続セット
を連続範囲に変換します。
l
[ディメンション/属性/メジャー]
このオプションの範囲を使用して、ディメンションをメジャーに、またはメジャーをディメンション
に変換します。
このオプションを属性として定義することもできます。この属性はグループ内のすべての行が
同じ値を持つ場合にのみ、指定された式の値を返します。それ以外の場合はアスタリスク
(*) 文字を表示します。NULL 値は無視されます。
l
[簡易表計算]
値に対するマークの意味を再定義するオプションのセットを提供します。
l
削除
[列] シェルフまたは [行] シェルフから値を削除します。
- 77 -
日付ディメンションのオプション
日付ディメンションに対しては、オプションの追加セットが使用できます。
上部グループのいずれかのオプションを選択し、データの詳細を不連続値として定義します。たと
えば、[月] を選択すると、ビューでは年全体にわたるデータの各名前付き月のデータが結合され
ます。
データには 12 個のマークが、各月に1 つずつあります。たとえば、11 月のマークは、2008 年 11
月と2009 年 11 月からデータを結合します。
- 78 -
低グループからいずれかのオプションを選択し、データの詳細を連続値として定義します。たとえ
ば、[月] を選択すると、使用可能な月の範囲で、データを連続して表示します。
この場合、データには 48 個のマークがあります。2008 年 11 月からの各月に1 つずつです。
[マーク] カード
フィールドをビューにドラッグすると、データはマークを使用して表示されます。各マークは、ビュー内
のすべてのディメンションの交差点を示します。たとえば、"Region (地域)" ディメンションと"Year
(年)" ディメンションがあるビューでは、それらの2 つのフィールドのすべての組み合わせについて1 つ
のマーク("East 2011"、"East 2012"、"West 2011"、"West 2012" など) があります。
マークは、線、形状、棒、マップなど、さまざまな方法で表示できます。色、サイズ、形状、ラベル
などのマークプロパティを使用すると、データに関する追加情報を表示できます。使用するマーク
タイプとマークプロパティは、[マーク] カードによって制御されます。[マーク] カードにフィールドをド
ラッグすると、詳細なデータが表示されます。たとえば、上と同じビューが下に示されていますが、
今回は "Profit (収益)" が[色] に配置されています。この追加情報によって、2010 年に
"Southern (南部)" 地域では利益が上がらなかったことがわかります。
- 79 -
[マーク] カードを使用すると、ビュー内のマークを制御できます。ドロップダウンメニューを使用し
て、表示するマークの種類を指定します。[マーク] カードにフィールドをドラッグし、ドロップダウンコ
ントロールを使用して詳細な情報をビューに追加したり、ビュー内のマークの色、形状、サイズ、ラ
ベル、数を制御したりします。
マークタイプ
マークタイプは [マーク] カードのドロップダウンメニューから選択できます。
マークプロパティ
ビューでマークの色、サイズ、形状、および他のプロパティを制御できます。フィールドを[マーク]
カードのプロパティにドラッグして、データを使ってマークをエンコードします。
- 80 -
使用できるプロパティはマークタイプによって異なります。たとえば、[形状] プロパティは [形状] マー
クタイプでのみ、[角度] プロパティは [円グラフ] マークタイプでのみ使用できます。
プロパティは次のとおりです。
プロパティ
色
説明
フィールドの値に基づいてデータビュー内のマークにさまざまな色を割り
当てることによって、データをエンコードします。
定量的 カラーパレットは "Profit (収益)" メジャーなどの連続フィールドに
適用されます。カテゴリー パレットは、地理的地域を示すフィールドなど
の不連続フィールドに適用されます。
色を選択した後、パレットコントロールとスライダーを使用してカラーパ
レットや透明度を変更します。
サイズ
ディメンション内のメンバーに従ってマークが分類され、各メンバーに固
有のサイズが割り当てられます。サイズには固有の順序 (小さなものか
ら大きなものへ) があるので、年度や四半期など、順序があるデータに
はカテゴリー別のサイズが最適です。
- 81 -
ビュー内のマーク全体のサイズを変更するには、[サイズ] を選択してスラ
イダーをドラッグします。
ラベル/テキスト
マークにテキストラベルを割り当てることによって、データをエンコードしま
す。テキストテーブルで作業している場合、このプロパティはテキストと
呼ばれ、データビューに関連付けられた数字を示します。
マークのラベルを表示または非表示にするには、[ラベル] を選択してか
らチェックボックスをオンまたはオフにします。
詳細
ツールヒント
パス
[行] シェルフまたは [列] シェルフにディメンションを配置すると、カテゴリー
メンバーによって表のヘッダーが作成されます。ヘッダーによってデータ
ソースの行が特定のカテゴリーに分割されるので、ヘッダーは詳細レベル
を表します。メンバー名で各カテゴリーを識別することができます。
また、[詳細] のプロパティを使用すると、ディメンションのメンバー(詳細
レベル) に応じて、データビュー内でマークを分割できます。ただし、[行]
および[列] シェルフとは異なり、このプロパティでは表の構造は変更され
ません。
各マークのツールヒントにフィールド名と値を追加します。
特定の描画順序を使用してマークを接続することでデータをエンコード
できます。ディメンションまたはメジャーを使用してデータをパスエンコード
できます。[パス] にディメンションを配置すると、ディメンション内のメン
バーに従ってマークが連結されます。ディメンションが日付の場合、描画
順序は日付順になります。ディメンションに顧客名や製品タイプなどの
単語が含まれている場合、描画順序はデータソース内のメンバーの順
序になります。[パス] にメジャーを配置すると、メジャーの値に従ってマー
クが連結されます。
[パス] プロパティは、[マーク] メニューから線または多角形のマークタイプ
を選択した場合にのみ利用できます。
- 82 -
形状
ディメンション内のメンバーに従ってマークが分類され、各メンバーに固
有の形状が割り当てられます。
[フィルター] シェルフ
[フィルター] シェルフを使用して、ディメンションまたはメジャーに対し、どのデータを含めてどのデータ
を除外するかを指定します。たとえば、各顧客区分の収益を分析する際に、特定の出荷コンテ
ナーと配達時刻のみを考慮したいとします。"Container (コンテナー)" ディメンションを[フィルター]
シェルフに置くことにより、どのコンテナーを含めるかを指定できます。同様に、"Delivery Date (配
達日)" フィールドを[フィルター] シェルフに置くことにより、含める配達時刻を定義できます。
ディメンションまたはメジャーを[フィルター] シェルフにドラッグすると、Tableau は、表示する値を選
択するためのフィルターコントロールを自動的にビューに挿入します。例は次のとおりです。
フィルターコントロールは、ディメンションに対して上記のように不連続値を表示します。コントロー
ルは、メジャーに対して連続する範囲を表示します。
フィルターコントロールのタイトルの右側をポイントし、表示するコントロールの値を指定します。
- 83 -
[ページ] シェルフ
ディメンションまたはメジャーを[ページ] シェルフにドラッグし、ビューを一連のページに分割して、特
定のフィールドがビュー内の他のデータにどのような影響を与えているかをより詳しく分析できま
す。[ページ] シェルフにディメンションをドラッグすると、ディメンションの各メンバーに新しい行を追加
するのと同じことになります。[ページ] シェルフにメジャーをドラッグすると、個別のページに分割でき
る不連続のメジャーに自動的に変換されます。
[ページ] シェルフにディメンションまたはメジャーをドラッグすると、Tableau は自動的にビューにコント
ロールを挿入し、ビューでページをナビゲートできます。例は次のとおりです。
次のいずれかの方法で、連続するページを手動で進めることができます。
l
l
l
ドロップダウンメニューを使用して、値を選択します。
ドロップダウンリストの両側にある進むボタンと戻るボタンを使用して、1 ページずつ移動し
ます。
ページスライダーを使用して、連続するページをすばやく前後に移動します。
[履歴を表示] を選択して、現在のページのマークに加えて、前のページからのマークも表示しま
す。
ツールヒント
ビューのマークの上にカーソルを置き、そのマークのツールヒントを表示します。
ツールヒントは、選択したマークのディメンションおよびメジャーの値についての情報を提供します。
ツールヒントは、次のオプションも提供します。
l
選択したデータのみを保持
このマーク以外のマークをビューから除外します。
l
除外
このマークのみを除外します。
l
メンバーのグループ化
- 84 -
ペーパークリップアイコンを選択して、選択したマークからのディメンションである新しいグルー
プを作成します。通常、複数のマークを選択して、グループを作成します。たとえば、地域
というディメンションで値が東西南北の場合、南と西を選択してグループを作成できます。
l
データの表示
テーブルアイコンを選択して、新しいブラウザーウィンドウを開き、次の2 つのタブを表示し
ます。現在のマークのデータのみを表示する[サマリー] と、ビュー全体のデータを表示する
[参照元] です。
- 85 -
パーミッションの操作
Tableau Server 上のビュー、ワークブック、プロジェクト、およびデータソースで何ができるかは、
ユーザーのライセンスレベル(管理者が指定する) とビューやデータソースの作成者が指定した
パーミッションによって制御されます。
インタラクターライセンスレベルを持っているユーザーは、次の条件のうち少なくとも1 つが当てはま
る場合、アイテムのパーミッションを変更できます。
l
そのワークブックまたはデータソースの所有者である(自分でサーバーにパブリッシュした)。
l
[パーミッションの設定] を行うパーミッションが割り当てられている。
l
l
アイテムを含んでいるプロジェクトに対する[プロジェクトリーダー] パーミッションが割り当てら
れている。
管理者権限が与えられている。
詳細については、次のトピックを参照してください。
パーミッション決 定 のしくみ
下の図は、パーミッションがどのように評価されるかを示しています。
- 86 -
ワークブックのシートをタブとして表示するように設定されている場合、個々のビューに異な
るパーミッションが指定されていても、すべてのビューはワークブックのパーミッションを継承し
ます。
ワークブックとビューのパーミッションの設 定
次の手順に従って、ワークブックまたはビューのパーミッションを設定します。
1. 1 つ以上のワークブックまたは 1 つ以上のビューを表示するページから、1 つ以上のワーク
ブックまたはビューをクリックして選択し、[パーミッション] をクリックします。
- 87 -
2. [パーミッションの追加/編集] を、[パーミッション: ワークブック] ページまたは [パーミッション:
ビュー] ページでクリックします。
[コンテンツにパーミッションを割り当て] オプションは、ビューではなく、ワークブックに対
して表示されています。
3. [パーミッションの追加/編集] ウィンドウで、左側のリストからユーザーまたはグループを選択し
ます。
- 88 -
ユーザー、グループ、または両方を表示するように、リストを構成できます。
4. [役割] ドロップダウンメニューから事前に定義されている役割を選択するか、下部のエリア
で個々のパーミッションを指定します。パーミッションと定義済み役割のリストは、ワークブック
またはビューのパーミッションを設定しているかどうかに応じて多少異なります。さまざまな
パーミッションとそれが適用される項目を定義する表については、パーミッションの参照 ペー
ジ95を参照してください。
ワークブックとビューの使用可能な役割は次のとおりです。
役割
ビューアー
適用先... 説明
ワークブック サーバー上のワークブックまたはビューの表示をユー
ザーまたはグループに許可します。
ビュー
インタラクター
ワークブック サーバー上のワークブックまたはビューの表示、ワーク
ブックビューの編集、フィルターの適用、参照元デー
ビュー
タの表示、イメージのエクスポート、およびデータのエ
クスポートをユーザーまたはグループに許可します。
他のすべてのパーミッションは、ユーザーまたはグルー
プのプロジェクトパーミッションから継承されます。
ワークブック ユーザーまたはグループにすべてのパーミッションを許
可します。
ビュー
エディター
データソースコネクタ ビュー
サーバー上のデータソースへの接続をユーザーまたは
グループに許可します。このパーミッションは、データ
ソースに接続するビューにアクセスする際のビューに
適しています。
- 89 -
データソースエディ
ター
ビュー
サーバー上のデータソースへの接続をユーザーまたは
グループに許可します。また、データソースのパーミッ
ションをパブリッシュ、編集、ダウンロード、削除、およ
び設定し、パブリッシュするデータソースの更新をスケ
ジュールできます。このパーミッションは、データソース
に接続するビューにアクセスする際のビューに適して
います。
5. 単一のユーザーやグループ、または複数のユーザーやグループに対してパーミッションを構成
できます。完了したら、[送信] をクリックします。
データソースのパーミッションの設 定
次の手順に従って、データソースのパーミッションを設定します。
1. [データソース] ページで、1 つまたは複数のデータソースをクリックして選択し、[パーミッショ
ン] をクリックします。
2. [パーミッションの追加/編集] を、[パーミッション: データソース] ページでクリックします。
3. [パーミッションの追加/編集] ウィンドウで、左側のリストからユーザーまたはグループを選択し
ます。
- 90 -
4. [役割] ドロップダウンメニューから事前に定義されている役割を選択するか、下部のエリア
で個々のパーミッションを指定します。さまざまなパーミッションとそれが適用される項目を定
義する表については、パーミッションの参照 ページ95を参照してください。
データソースの使用可能な役割は次のとおりです。
役割
データソースコネクタ
説明
サーバー上のデータソースへの接続をユーザーまたはグループに
許可します。
データソースエディター サーバー上のデータソースへの接続をユーザーまたはグループに
許可します。また、データソースのパーミッションをパブリッシュ、編
集、ダウンロード、削除、および設定し、パブリッシュするデータ
ソースの更新をスケジュールできます。
注: Microsoft Analysis Services や Oracle Essbase 接続用といったキューブデータ
ソースは、ローカルで使用する必要があります。パブリッシュされたデータソースを
Tableau Desktop にダウンロードするには、[ダウンロード/名前を付けて Web に保
存] パーミッションが必要です。[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッ
ションはデータソースコネクタの役割によって提供されないため、それを明示的に付
与する必要があります。詳細については、多次元 (キューブ) データソースページ
237を参照してください。
5. 単一のユーザーやグループ、または複数のユーザーやグループに対してパーミッションを構成
できます。完了したら、[送信] をクリックします。
プロジェクトのパーミッションの設 定
管理者とプロジェクトリーダーはプロジェクトパーミッションを指定できます。新しく作成したプロジェ
クトには、[既定] プロジェクトと同じパーミッションがあります。プロジェクトのパーミッションを設定し
- 91 -
て、そのプロジェクトにアクセスするための各ユーザーおよびグループのパーミッションを許可または拒
否できます。プロジェクトパーミッションを指定するには、次の手順を行います。
1. [管理] > [プロジェクト] の順にクリックします。
2. 1 つまたは複数のプロジェクトをクリックして選択し、[パーミッション] をクリックします。
3. [パーミッションの追加/編集] を、[パーミッション: プロジェクト] ページでクリックします。
4. [パーミッションの追加/編集] ウィンドウで、左側のリストからユーザーまたはグループを選択し
ます。
- 92 -
ユーザー、グループ、または両方を表示するように、リストを構成できます。
5. [役割] ドロップダウンメニューから事前に定義されている役割を選択するか、下部のエリア
で個々のパーミッションを指定します。さまざまなパーミッションとそれが適用される項目を定
義する表については、パーミッションの参照 ページ95を参照してください。
プロジェクトの使用可能な役割は次のとおりです。
役割
ビューアー
説明
プロジェクト内のワークブックおよびビューの表示をユーザーまたは
グループに許可します。
インタラクター
プロジェクト内のワークブックおよびビューの表示、ワークブック
ビューの編集、フィルターの適用、参照元データの表示、イメー
ジのエクスポート、およびデータのエクスポートをユーザーまたはグ
ループに許可します。
エディター
ユーザーまたはグループにすべてのパーミッションを許可します。
データソースコネクタ プロジェクト内のデータソースへの接続をユーザーまたはグループ
に許可します。
データソースエディター プロジェクト内のデータソースへの接続をユーザーまたはグループ
に許可します。また、データソースのパーミッションをパブリッシュ、
- 93 -
プロジェクトリーダー
パブリッシャー
編集、ダウンロード、削除、および設定し、パブリッシュするデータ
ソースの更新をスケジュールできます。このパーミッションは、デー
タソースに接続するビューにアクセスする際のビューに適していま
す。
プロジェクト内のすべてのアイテムに対するパーミッションの設定を
ユーザーまたはグループに許可します。
サーバーにワークブックをパブリッシュする際に必要なすべてのパー
ミッションをユーザーまたはグループに許可します。
指定したパーミッションはそのプロジェクト自体に適用されます。そのプロジェクト内のワークブック、
ビュー、データソースに設定されている明示的なパーミッションは影響を受けません。ただし、プロ
ジェクト内のすべてのワークブック、ビュー、データソースにそのプロジェクトのパーミッションを割り当
てることもできます。その場合、ワークブックとビューに対する既存のパーミッションはこれらのパーミッ
ションでオーバーライドされます。たとえば、カスタムパーミッションでパブリッシュされたワークブックが
いくつかあり、それらをグループ化して新しいプロジェクトにまとめ、新しいパーミッションを設定したと
します。[パーミッション] ページの[コンテンツにパーミッションを割り当て] をクリックすると、各ワーク
ブックに新しいパーミッションを適用できます。
ユーザー パーミッションの確 認
特定のビュー、ワークブック、プロジェクト、またはデータソースに対するユーザーのパーミッションをい
つでも確認できます。パーミッションを設定できるページの[ユーザー パーミッションの確認] ドロップ
ダウンリストからユーザーを選択します。
表示されるパーミッションは、選択したビュー、ワークブック、データソース、またはプロジェクトに固
有です。
- 94 -
パーミッションの参 照
管理者およびその他の権限を持つユーザーは、Tableau Serverで実行できるアクションに対する
パーミッションを許可または拒否することができます。Tableau Server にワークブックまたはデータ
ソースをパブリッシュする際に、パーミッションをTableau Desktop で設定することもできます。
管理者は常にTableau Server 上のすべての資産を完全に制御でき、サイト管理者はサイト上
のすべての資産を完全に制御できます。Tableau Serverにワークブックまたはデータソースをパブ
リッシュする場合、ユーザーはその資産の所有者であり、その資産を完全に制御できます。
次の表では、Tableau Serverのアイテムに適用されるパーミッションを示し、各パーミッションで実
行できるアクションについて説明します。
パーミッショ 影響...
ン
ビュー
ワークブック
データソース
ビュー
Web 編集
プロジェクト
ワークブック
ビュー
プロジェクト
書き込み
/Web に保
存
ワークブック
データソース
ビュー
プロジェクト
許可された場合に実行できる内容
Tableau Server 上のアイテムを表示します。ユーザーがビュー
にアクセスし、そのビューがデータソースに接続する場合、この
ユーザーにはワークブックの[表示] パーミッションとデータソース
の[接続] パーミッションの両方が必要です。
ワークブック内のビューを編集します。編集パーミッションと保存
パーミッションの付与 ページ97を参照してください。
Tableau Desktop からワークブックをパブリッシュするときに、ワー
クブック内のワークシート(ビュー) に対するパーミッションは、ワー
クブックのパーミッションからコピー(上書き) されます。また、これ
は [パーミッション: ワークブック] ページの[コンテンツにパーミッショ
ンを割り当て] をクリックした場合もコピーされます。ワークブック
の保存時に[シートをタブとして表示] を選択すると、タブが無
効になるまで、ワークブック内のすべてのワークシート(ビュー) に
対するパーミッションは、ワークブックのパーミッションで上書きさ
れます。
すべてのユーザーグループに関する特別な考慮事項: 所有者
のコンテンツが別のユーザーによって上書きされる(Tableau
Desktop からパブリッシュするか、Web で編集されたワークブック
をTableau Server で保存することによって) ことを防ぐために、
ユーザーが、すべてのユーザーグループがパーミッションを持つプ
ロジェクトにパブリッシュする場合、既定では、すべてのユーザー
グループの書き込み/Web に保存 パーミッションが[許可] から
[継承] に変更されます。ワークブックとビューのパーミッションの設
定 ページ87 で次の手順を実行して、このパーミッションを手動
で[継承] から[許可] に変更できます。
サーバー上のアイテムを上書きします。許可された場合、ユー
ザーは Tableau Desktop からワークブックまたはデータソースを
再パブリッシュできるようになるため、所有者になってすべての
パーミッションを取得します。その後、ワークブックに対する元の
所有者のアクセス権は、このユーザーのグループのパーミッション
- 95 -
パーミッショ 影響...
ン
許可された場合に実行できる内容
と新しい所有者が設定するパーミッションによって決定されま
す。
ダウンロー
ド/名前を
付けて
Web に保
存
削除
ワークブック
データソース
プロジェクト
ワークブック
このパーミッションは、サーバーで編集した後にユーザーまたはグ
ループがワークブックを上書きできるかどうかについても決定しま
す。編集パーミッションと保存パーミッションの付与 次のページを
参照してください。
許可されている場合、ユーザーはサーバーからアイテムをダウン
ロードし、編集したワークブックを新しいワークブックとしてサー
バーに保存することもできます。詳細については、ワークブックの
ダウンロードページ48と編集パーミッションと保存パーミッション
の付与 次のページを参照してください。
アイテムを削除します。
データソース
ビュー
フィルター
プロジェクト
ワークブック
ビュー
コメントの
追加
コメントの
表示
サマリー
データの表
示
参照元
データの表
示
プロジェクト
ワークブック
クイックフィルター、選択したデータのみを保持するフィルター、
およびデータの除外を変更します。詳細については、ビューのコ
メントページ55を参照してください。
ワークブック内のビューにコメントを追加します。
ビュー
プロジェクト
ワークブック
ワークブック内のビューに関連付けられたコメントを表示します。
ビュー
プロジェクト
ワークブック
ビュー
プロジェクト
ワークブック
ビュー
プロジェクト
ワークブック
集計データをビューまたはビュー内のユーザーの選択項目に表
示し、そのデータをテキストファイルとしてダウンロードします。
ユーザーが選択したマークによって制限された、ビューの各行の
背後にあるすべての生データを表示し、テキストファイルとして
ダウンロードします。
イメージの
エクスポート ビュー
各ビューをイメージとしてエクスポートします。詳細については、
ビューのエクスポートページ43を参照してください。
プロジェクト
カスタマイズ ワークブック
保存されているビューのカスタマイズ内容を他のユーザーに公
- 96 -
パーミッショ 影響...
ン
の共有
ビュー
プロジェクト
移動
ワークブック
許可された場合に実行できる内容
開できます。ユーザーは Tableau Server の[変更を保存する]
オプションを使用してカスタムビューを作成できます。詳細につ
いては、カスタマイズされたビューページ255を参照してくださ
い。
ワークブックをプロジェクト間で移動できます。
ビュー
プロジェクト
パーミッショ ワークブック
ンの設定
データソース
アイテムにパーミッションを指定します。ワークブックの場合、この
パーミッションはワークブックのビューにも適用されます。
ビュー
接続
プロジェクト
データソース
ビュー
プロジェクト
プロジェクト プロジェクト
リーダー
データソースに接続します。ユーザーがビューにアクセスし、その
ビューがデータソースに接続する場合、このユーザーにはビュー
の[表示] パーミッションとデータソースの[接続] パーミッションの
両方が必要です。
プロジェクトの各アイテム、およびプロジェクト自体に対してパー
ミッションを設定します。
編 集 パーミッションと保 存 パーミッションの付 与
このトピックでは、管理者が以下を含む一般的なワークブックのタスクのパーミッションを設定する
方法を示します。
l
l
l
既存のワークブックを編集する。
既存のワークブックへの変更を保存して、前のバージョンを上書きする。
新しいワークブックへの変更を保存して、新しいワークブックの作成を許可するが、既存の
ワークブックの上書きは許可しない。
また、パーミッション構造内の別のエリアの明示的なパーミッションを不注意に上書きすることを防
ぐ方法についても説明します。
ユーザー ライセンスおよびパブリッシュレベルの設 定
管理者は、ユーザーの作成または変更時にライセンスレベルとユーザー権限を割り当てます。
ユーザーによるワークブックの編集を許可するには、まず次のようにプロビジョニングします。
l
ユーザーにはインタラクターライセンスレベルが必要です。
l
ユーザーにパブリッシュユーザー権限が与えられている必要があります。
詳細については、ユーザーページ166およびライセンスとユーザー権限 ページ181を参照してくだ
さい。
- 97 -
ワークブックの編 集 および保 存 の許 可
ユーザーまたはグループの設定、ライセンスレベルの設定、およびパブリッシュ権限の付与を行った
後、許可する編集のタイプに応じてプロジェクトおよびワークブックレベルでパーミッションを設定す
る必要があります。ビューの編集および保存のプライマリパーミッションには以下が含まれます。
l
l
l
[Web 編集] は、ユーザーがWeb 作成を通じてワークブックのビューを編集できるかどうかを
決定します。
[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] は、ビューの編集時にユーザーが[保存] と[名
前を付けて保存] コマンドを表示するかどうか、および変更を新しいワークブックに保存でき
るかどうかを決定します。また、ユーザーがTableau Desktop を使用してサーバー上のワー
クブックを開くことができるかどうかも決定します。
[書き込み/Web に保存] は、ユーザーがサーバー上の既存のワークブックへの変更を保存
できるかどうかを決定します (ワークブックの上書き)。
ユーザーまたはグループによる、既存のワークブックまたは新しいワークブックへの変更の保存を許
可するには、次のセクションの表に従って3 つのタスクレベルパーミッションを設定してください。
ユーザーによる、既存のワークブックと新しいワークブックへの変更の保存許可
パーミッション
Web 編集
ダウンロード/名前
を付けて保存
書き込み/保存
プロジェクト
に対して
許可
許可
プロジェクト内の適切な
ワークブックに対して
許可
許可
許可
許可
このシナリオでは、パーミッションはプロジェクトとワークブックの両方に対して同じように設定
されているため、プロジェクト内のすべてのワークブックにプロジェクトレベルのパーミッションを
提供する場合は、[コンテンツにパーミッションを割り当て] を[パーミッション: プロジェクト]
ページでクリックします。
ユーザーによる新しいワークブックの保存の許可と、既存のワークブックへの上書きの拒否
パーミッション
Web 編集
ダウンロード/名前
を付けて保存
書き込み/保存
プロジェクト
に対して
許可
許可
プロジェクト内の適切な
ワークブックに対して
許可
許可
許可
拒否
- 98 -
重要: このシナリオでは、パーミッションをワークブックごとに手動で設定する必要があります。
ユーザーによる、既存のワークブックと新しいワークブックへの変更の保存許可 前のページ
の説明に従って、[コンテンツにパーミッションを割り当て] を選択する場合、プロジェクトの
パーミッションはワークブックのパーミッションに上書きされ、その結果既存のワークブックへの
変更を保存するためにユーザーアクセスを許可します。
ワークブック内のビューのパーミッション
ユーザーがTableau Desktop からワークブックをパブリッシュするときに、ワークブック内のビューに対
するパーミッションはワークブックパーミッションから継承されます。
Tableau Desktop からワークブックをパブリッシュするとき、または Tableau Server に保存するときに
ユーザーが[シートをタブとして表示] を選択する場合、ワークブックパーミッションはタブなしでワー
クブックがもう一度保存されるまで、個々のビューのパーミッションをオーバーライドします。
詳細については、パーミッションの参照 ページ95とナレッジベース記事「プロジェクトベースのパー
ミッションの作成」を参照してください。
例 : Web 作 成 の無 効 化
ユーザーに対し、Tableau Serverのパブリッシュされたワークブックは表示するものの、サーバー作
成環境にはアクセスさせない場合、サイトレベルの設定を使用して作成を無効化できます。
たとえば、精鋭集団のデータアナリストがTableau Desktop を使用してワークブックの構築やパブ
リッシュを行う一方、販売管理者のグループは Tableau Desktop を使用したりデータ分析を行わ
ないものの、Web 作成環境からパブリッシュされたダッシュボードを表示し、共有する必要がある
かもしれません。
作成を無効化するには、次の手順を実行します。
1. Web ブラウザーで管理者としてサーバー環境にサインインします。
2. [管理者] タブで、[サイト] を選択します。
3. [サイト] ページで、作成を無効にするサイトのチェックボックスを選択し、[編集] をクリックし
ます。
4. [サイトの編集] ダイアログボックスで[このサイトの Web 作成を許可する] のチェックボックス
をクリアし、[OK] をクリックします。
- 99 -
[サイト] ページでWeb 作成が無効化されていることを確認します。
5. サイトがすでに稼働中で、すぐに変更を有効にする場合は、サーバーを再起動します。
あるいはサーバーセッションでキャッシュの有効期限が切れるのを待ちます。それまでの間、
ビューで[編集] リンクを表示したり、ビューの編集モードのURL を入力したりすると、アクセ
スして作成できる可能性があります。たとえば、以前編集のためにビューを開き、URL を
ブックマークしていた場合です。
Web 作成を無効にして新しいサイトを作成する場合、キャッシュが残っているセッションは
存在せず、設定はすぐに有効になります。
- 100 -
所有権の管理
Tableau Server 上でデータソースやワークブックをパブリッシュする場合、またはプロジェクトを作成
する場合は、その所有者となります。所有権は変更することができます。たとえば、元の所有者
である従業員がいない場合、管理者は所有権を別のユーザーに再び割り当てることができます。
所有権を変更すると、元の所有者にはアイテムへの特別な接続がありません。アイテムにアクセ
スする機能は Tableau Server パーミッションによって決定されます。
ユーザーがアイテムを所有している場合は Tableau Server ユーザーを削除できません。
ユーザーを削除しようとすると、ライセンスレベルが[ライセンスなし] に設定されます。まずア
イテムの所有権を変更し、それからユーザーを削除する必要があります。詳細について
は、「Tableau Server からのユーザーの削除」を参照してください。
所有権を変更したり受け取ったりできるかどうかは、パーミッションとアイテムとの関係によって異な
ります。
アイテムのタイプ 所有権を変更できる人物
プロジェクト
システム管理者
ワークブックと
データソース
所有権を受け取ることのできる人物
システム管理者
サイト管理者
システム管理者
サイト管理者
システム管理者
サイト管理者
サイト管理者
アイテムを含んでいるプロジェクトの ゲスト以外のライセンスを持つ、アイテム
プロジェクトリーダー
を含むサイトのメンバー
アイテムの所有者
詳細については、次のトピックを参照してください。
ワークブックの所 有 者 の変 更
既定ではワークブックのパブリッシャーがそのワークブックの所有者となります。管理者、プロジェクト
リーダー、およびワークブックの現在の所有者はワークブックの所有権を変更できます。新しい所
有者はシステム管理者やサイト管理者であるか、ワークブックと同じサイトでゲスト以外のライセン
スレベルを持つ必要があります。
ワークブックの所有者を変更するには、次の手順を実行します。
1. [コンテンツ] タブで、[ワークブック] を選択します。
2. [ワークブック] ページで1 つ以上のワークブックを選択してから[所有者の変更] をクリックしま
す。
- 101 -
3. ユーザー名を入力するか、リストからユーザーを選択します。
4. [OK] をクリックして所有者を変更します。
データソースの所 有 者 の変 更
既定ではデータソースのパブリッシャーがそのデータソースの所有者となります。管理者、プロジェ
クトリーダー、および現在のデータソース所有者は所有者を変更できます。新しい所有者はシス
テム管理者やサイト管理者であるか、データソースと同じサイトでゲスト以外のライセンスレベル
を持つ必要があります。
データソースの所有者を変更するには、次の手順を実行します。
1. [コンテンツ] タブで、[データソース] を選択します。
2. 1 つ以上のデータソースを選択してから、[所有者の変更] をクリックします。
- 102 -
3. ユーザー名を入力するか、リストからユーザーを選択します。
4. [OK] をクリックして所有者を変更します。
プロジェクトの所 有 者 の変 更
既定ではプロジェクトの作成者がそのプロジェクトの所有者となります。管理者はプロジェクトの所
有者を変更できます。新しい所有者はシステム管理者であるか、プロジェクトのサイト管理者で
ある必要があります。
プロジェクトの所有者を変更するには、次の手順を実行します。
1. [管理者] タブで、[プロジェクト] を選択します。
2. 1 つ以上のプロジェクトを選択してから、[所有者の変更] をクリックします。
- 103 -
3. ユーザー名を入力するか、リストからユーザーを選択します。
4. [OK] をクリックして所有者を変更します。
- 104 -
管理者ガイド
『管理者ガイド』は、Tableau Server での管理タスクの処理に関する完全なリファレンスです。
インストールする前 に...
Tableau Server をインストールするコンピューターが次の要件を満たしていることを確認してくださ
い。
l
l
サポートされているオペレーティングシステム—Tableau Server は 32 ビットおよび64 ビット
バージョンで使用できます。Tableau Server は、Windows Server 2003 R2 SP2 またはそ
れ以降、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、
Windows Server 2012 R2、Windows 7、Windows 8、または Windows 8.1 にインストール
できます。64 ビットのオペレーティングシステム上で64 ビット版のTableau Server を使用す
ることが推奨されています。仮想プラットフォームまたは物理プラットフォームにTableau
Server をインストールできます。
推奨するメモリ、コア、およびディスク領域 - Tableau Server のシステム要件は、多くの要
因によって異なります。次は、サーバー上のユーザー数に基づく最小 推奨事項です。
配置タ
イプ
評価/概
念実証
(64 ビッ
ト
Tableau
Server)
評価/概
念実証
(32 ビッ
ト
Tableau
Server)
小規模
中規模
エンター
プライズ
サーバー ユーザー数
CPU
RAM
空きディスク領域
1-2
4 コア
8 GB
1.5 GB
1-2
2 コア
4 GB
1.5 GB
<25
<100
>100
4 コア
8 コア
16 コア
8 GB
5 GB
32 GB
50 GB
32 GB 以上 50 GB 以上
64 ビットのTableau Server を実行するための最小要件は 4 コアおよび8 GB RAM です。
l
l
管理者アカウント— Tableau Server をインストールするアカウントは、ソフトウェアとサービ
スをインストールできるパーミッションを持っている必要があります。
オプション: 実行アカウント— データソースを含むNT 認証を使用する場合や、SQL
Server の偽装を行う予定である場合、Tableau Server サービスを実行ユーザーアカウント
で実行すると便利です。詳細については、実行ユーザーページ346 およびSQL Server
- 105 -
の偽装 ページ355を参照してください。
l
IIS とポート80 — Tableau Server のゲートウェイはポート80 でリッスンし、既定では
Internet Information Services (IIS) によっても使用されます。IIS も実行しているマシン上
にTableau Server をインストールする場合、IIS との競合を避けるためにTableau のゲート
ウェイのポート番号を変更する必要があります。詳細については、TCP/IP ポートページ
360および既定のポートの編集 ページ362を参照してください。
構成情報
Tableau Server をインストールして構成するときに、次の情報を求められる場合があります。
オプション
説明
サーバーアカ サーバーには、そのサーバーが使用できるユーザーアカウ
ウント
ントが必要です。既定では、ビルトインのWindows
Network Service アカウントです。特定のユーザーアカウ
ントを使用する場合は、ドメイン名、ユーザー名、および
パスワードが必要です。
Active
Tableau のビルトインのユーザー管理システムを使用する
Directory
代わりに、Active Directory を使用して認証できます。こ
の場合、完全修飾ドメイン名が必要です。
Windows ファ 選択すると、Tableau Server は Windows Firewall ソフト
イアウォール ウェアのhttp 要求で使用されるポートを開いて、ネットワー
でポートを開 ク上のその他のマシンがサーバーにアクセスできるようにし
く
ます。
あなたの情報
ユーザー名:
パスワード:
ドメイン:
Active Directory ドメ
イン:
__ - はい
__ - いいえ
ポート
既定では、Tableau Server はいくつかのTCP/IP ポートをTableau Server で使用できるようにす
る必要があります。すべてのインストールと分散インストールまたはフェールオーバー対応のインス
トールで使用しなければならないポートを含む完全なリストについては、TCP/IP ポートページ
360のトピックを参照してください。競合が発生する場合は、既定のポートを変更できます。変更
方法は、既定のポートの編集 ページ362を参照してください。
ドライバー
追加のデータベースドライバーのインストールが必要になる場合があります。ドライバーは
www.tableausoftware.com/support/drivers からダウンロードできます。
インストールと構 成
Tableau Server のインストールと構成を行うために必要となる主なステップは次のとおりです。
サーバーのセットアップの実 行
Tableau Server インストールファイルをダウンロードしたら、次の手順に従ってサーバーをインス
トールします。
- 106 -
1. インストールファイルをダブルクリックします。
2. 画面の手順に従ってセットアップを完了し、アプリケーションをインストールします。
3. インストールが完了したら、[次へ] をクリックしてプロダクトキーマネージャーのウィンドウを開
きます。
Latin-1 以外の文字セットをサポートする必要がある場合は、[コントロール パネル] > [地
域と言語のオプション] からWindows 言語パックをインストールします。この言語パックは、プ
ライマリサーバーとワーカーマシンにインストールする必要があります。
Tableau をアクティブにする
Tableau Server には、サーバーをアクティブにし、ユーザーに割り当て可能なライセンスレベルの
数を指定するプロダクトキーが少なくとも1 つ必要です。プロダクトキーには、Tableau カスタマー
アカウントセンターからアクセスできます。サーバーのインストールおよび構成後、プロダクトキーマ
ネージャーが自動的に開き、プロダクトキーを入力して製品を登録できます。オフラインのコン
ピューターで製品をアクティブにする必要がある場合は、オフラインでの Tableau のアクティブ化 次
のページを参照してください。
- 107 -
1. [アクティブ化] を選択し、プロダクトキーに貼り付けます。
2. 順を追った説明については、Web サイトのダウンロードヘルプページを参照してください。
オフラインでの Tableau のアクティブ化
オフラインで作業している場合は、次の手順に従ってオフラインでアクティブ化できます。
1. プロダクトキーマネージャーが開いている場合は、[製品をアクティブにする] をクリックしま
す。
サーバーのプロダクトキーを対応するテキストボックスに貼り付け、[アクティブ化] をクリックし
ます。Tableau のカスタマーポータルからプロダクトキーを取得することができます。
2. オフラインの場合はアクティブ化に失敗し、オフラインでのアクティブ化に使用できるファイル
を保存するオプションが表示されます。[保存] をクリックします。
3. ファイルの場所を選択し、[保存] をクリックします。offline.tlq という名前でファイルが保存
されます。
4. Tableau に戻り、[終了] をクリックして[アクティブ化] ダイアログボックスを閉じます。
5. インターネットへアクセスできるコンピューターから、Web ブラウザーを開きTableau Web サイ
トの[プロダクトアクティベーション]ページへアクセスします。手順に従いoffline.tlq ファイルを
送信します。
offline.tlq ファイルをオンラインで送信した後、ブラウザーがまだ[プロダクトアクティベーション]
ページを表示している間に、activation.tlfという名前のファイルが作成され、Tableau によ
りこのファイルをコンピューターに保存するよう要求されます。
- 108 -
6. activation.tlf ファイルを保存して、Tableau Server をインストールするコンピューターにこの
ファイルを移動します。コンピューターにTableau Desktop がインストールされている場合
は、新しいファイルをダブルクリックしてアクティブ化を実行します。Tableau Desktop がインス
トールされていない場合は、手順7へ進んでください。
7. Tableau Server をインストールしているコンピューターで、管理者としてコマンドプロンプトを
開き、次のコマンドを実行します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
8. 次に、「tabadmin activate --tlf <path>\activation.tlf」と入力しま
す。ここで、<path> は [プロダクトアクティベーション] ページから保存した応答ファイルの場
所です。例は次のとおりです。
tabadmin activate --tlf \Desktop\activation.tlf
[コマンドプロンプト] ウィンドウを開いたままにします。
9. ライセンスを初期化すると、再度プロダクトをアクティブにするようプロンプトが表示されま
す。Tableau Server で、[スタート] > [すべてのプログラム] >[Tableau Server]8.3 をクリック
します。
10. [プロダクトキーの管理] を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
Tableau Server コンピューターに管理者としてログインしている場合でも、登録時にエラー
が発生しないようこれを行う必要があります。
11. [プロダクトをアクティブにする] をクリックします。
12. 再度プロダクトキーを入力します (手順 1 で入力したプロダクトキーと同じキー) 。
13. .tlq ファイルを保存します。
14. インターネットへアクセスできるコンピューターから、Web ブラウザーを開きTableau Web サイ
トの[プロダクトアクティベーション] ページへ再度アクセスします。手順を完了します。
Tableau によりactivation.tlf という名前のファイルが再度作成され、保存するよう要求さ
れます。
15. ファイルを保存して、Tableau Server をインストールするコンピューターにこのファイルを移動
します。
16. Tableau Server のコマンドプロンプトウィンドウに戻り、「tabadmin activate --tlf
<path>\activation.tlf」と入力します。ここで、<path> は [プロダクトアクティベー
ション] ページから保存した2 つ目の応答ファイルの場所です。例は次のとおりです。
tabadmin activate --tlf \Desktop\activation.tlf
これで、Tableau Server はアクティブになりました。ご不明な点がございましたらTableau カ
スタマーサービスまでご連絡ください。
サーバーの構 成
セットアップ中に、[構成] ダイアログが表示されます。設定後に、Windowsの[スタート] メニューで
[全てのプログラム] > [Tableau Server] 8.3> [Tableau Server の設定] を選択すると開くことが
- 109 -
できます。構成を変更する前に、サーバーを停止する必要があります。手順については、サー
バーの再構成 ページ126を参照してください。
[構成] ダイアログボックスで指定する設定について留意すべき点が2 つあります。
l
l
設定はシステム全体に適用: 入力する設定は、サーバー全体に適用されます。サーバー
が複数のサイトを実行している場合、これらの設定は各サイトに影響します。
ユーザー認証は "永久的"です。設定はすべて、セットアップ後にサーバーを停止して、再
構成することで変更できます。例外は、[ユーザー認証設定] ([全般] タブ) です。これが"
永久的"なのは、[ローカル認証を使用する] から[Active Directory を使用する] に変更
するためにまずサーバーをアンインストールしてから再インストールする必要があるという意
味です。
異なった[構成] タブの詳細については、次のトピックを参照してください。
全般
次の手順を使用して、[全般] タブのオプションを構成します。
1. 既定では、Tableau Server はネットワークサービスアカウントで実行されます。NT 認証に
データソースを提供するアカウントを使用するには、ユーザー名とパスワードを指定します。
ユーザー名にはドメイン名を含める必要があります。特定のユーザーアカウントの使用の詳
細については、実行ユーザーページ346 を参照してください。
2. サーバーでのユーザー認証にActive Directory を使用するかどうかを選択します。
Tableau Server のビルトインのユーザー管理システムを使用してユーザーの作成とパスワー
ドの割り当てを行うには、[ローカル認証を使用する] を選択します。後でActive Directory
とローカル認証を切り替えることはできません。
3. Active Directory を使用する場合:
l
必要に応じて自動ログオンを有効にすることができます。自動サインインを有効にす
ると、Microsoft SSPI が使用され Windows ユーザー名とパスワードに基づき自動的
にユーザーへサインインします。これにより、シングルサインオン(SSO) のような操作
がもたらされます。Tableau Server を、SAML、信頼できる認証、またはプロキシ
- 110 -
サーバーを使用するよう設定する予定がある場合は、[自動ログオンを有効にする]
を選択しないでください。
l
完全修飾ドメイン名 (FQDN) とニックネームを必ず入力してください。
FQDN を調べるには: [スタート] > [ファイル名を指定して実行] を選択し、[ファイル
名を指定して実行] テキストボックスに「sysdm.cpl」と入力します。[システムのプ
ロパティ] ダイアログボックスで[コンピュータ名] タブを選択します。ダイアログボックス
の中央付近にFQDN が表示されます。初めてユーザーがサインインする時は、完
全修飾ドメイン名を使用する必要があります (myco.lan\jsmith など)。次回の
サインインからは、ニックネーム(myco\jsmith) を使用することができます。
4. Tableau Server へのWeb アクセス(HTTP 経由) の既定のポートは 80 です。ポート80 で
別のサーバーが実行されていたり、その他のネットワーク関連のニーズがある場合は、ポート
番号を変更する必要があります。たとえば、Tableau Server ホストの前にハードウェアファ
イアウォールやプロキシがある場合、ポート80 でバックエンドシステムを実行するのは望まし
くありません。
5. Windows ファイアウォールでポートを開くかどうかを選択します。このポートを開かない場合
は、他のコンピューター上のユーザーがサーバーにアクセスできない場合があります。
6. サンプルデータおよびユーザーを含めるかどうかを選択します。サンプルデータは、特に製品
の試用版をインストールしている場合、Tableau Server に慣れるために役立ちます。初め
に、サンプルユーザーは 1 つのインタラクターライセンスを使用します。ライセンスレベルを再
利用するために、このユーザーをライセンスなしに変更できます。手順については、ライセン
スとユーザー権限 ページ181 を参照してください。サンプルユーザーを含めるように選択し
た場合は、1 人のユーザーがインストールされます。ユーザー名とパスワードは次のとおりで
す。
ユーザー名
パスワード
Tableau Software test
7. 必要に応じて次のページに進み、キャッシュと初期 SQL のオプションを設定します。これら
のオプションを設定しない場合は、[OK] をクリックします。
ドメイン
サーバーにActive Directory 認証を使用している場合は、使用されるドメインのリストを表示し、
ドメイン名とニックネームを編集できます。たとえば、Tableau Server がSSPI 認証用の正しいニッ
- 111 -
クネームまたは正しいドメイン名を使用していることを確認するには、この作業を行う必要がありま
す。
ドメイン名の変更
ドメイン名を変更するには、次の手順を行います。
1. ページ左側の[管理] エリアにある[ユーザー] リンクを選択します。
2. ユーザーリストの下部にある[ドメイン] リンクをクリックします。ドメインのリストには、各ドメイ
ンからサーバーに追加されたユーザーおよびグループの数が表示されます。
3. ドメインに属するユーザーのリストを表示するには、そのドメイン名をクリックします。
4. ドメイン名またはニックネームを変更するには、[編集] リンクをクリックし、新しい完全修飾ド
メイン名またはニックネームを入力し、[変更] をクリックします。
サーバーが使用しているドメインのニックネームは変更可能です。通常、サインインに使用
したものを除き、いずれのドメインの完全修飾ドメイン名も変更できます。ただし、現在サ
インインしているユーザー名が現在のドメインと新しいドメインの両方に存在する場合は、
現在のドメインのフルネームを変更できます。
データ接続
[データ接続] タブのオプションを使用して、キャッシュを設定し、データソースからの初期 SQL ス
テートメントの処理方法を指定します。
キャッシュ
Tableau Server にパブリッシュされたビューはインタラクティブであり、データベースとライブ接続され
ている場合があります。Web ブラウザーでユーザーとしてビューを操作すると、クエリされたデータが
キャッシュに格納されます。それ以降のアクセスでは、キャッシュを使用できる場合、そのキャッシュ
のデータが使用されます。[データ接続] タブでは、すべてのデータ接続に適用されるキャッシュの内
容を設定します。
- 112 -
キャッシュを設定するには、次のいずれかのオプションを選択します。:
l
l
l
[更新頻度を次よりも減らす] — データがキャッシュにいつ追加されたかに関係なく、データ
が使用可能なときは必ずキャッシュされ、再使用されます。このオプションでは、データベー
スに送信されるクエリの数を最小限にします。データが頻繁に変更されない場合は、このオ
プションを選択します。[更新頻度を次よりも減らす] にすることで、パフォーマンスが改善す
ることがよくあります。
[バランス] — 指定した時間 (分単位) が経過すると、データはキャッシュから削除されま
す。指定した時間範囲内にデータがキャッシュに追加された場合は、キャッシュされたデー
タが使用されます。追加されない場合は、新しいデータがデータベースからクエリされます。
[更新頻度を次よりも増やす] — ページをロードするたびに、データベースがクエリされます。
データはキャッシュされ、ユーザーがページをリロードするまで再使用されます。このオプション
を使用すると、ユーザーには最新のデータが表示されますが、パフォーマンスは低下しま
す。
キャッシュがどのように設定されていても、ユーザーがツールバーの[データの更新] ボ
タンをクリックすると、サーバーからクエリが送信され、新しいデータが取得されます。
- 113 -
初期 SQL
Teradata データソースに接続するビューに対して、ワークブック作成者はワークブックをブラウザー
にロードするときに1 回実行されるSQL コマンドを指定できます。これを初期 SQL ステートメント
と呼びます。パフォーマンスやセキュリティ上の理由から、管理者はこの機能を無効にすることが必
要な場合があります。これを行うには、[データ接続] タブを使用します。
初期 SQL 機能を無効にするには、[すべてのデータソースの初期 SQL ステートメントを無視す
る] チェックボックスをオンにします。初期 SQL ステートメントが指定されたワークブックは開きます
が、初期 SQL コマンドは送信されません。
アラートとサブスクリプション
Tableau Server は、システム障害が発生した場合に電子メールでアラートを送信することができ
ます。また、Tableau Server のユーザーに、お気に入りのビューのスナップショットであるサブスクリプ
ションを電子メールで送信できます。Tableau Server が電子メールの送信に使用するSMTP
サーバーは [アラートとサブスクリプション] タブで指定します。
アラートとサブスクリプションの両方については、暗号化されていないSMTP 接続はサポート
されていません。
- 114 -
電子メール アラートの構成
アラートを設定すると、Tableau Server はデータエンジン、リポジトリ、またはゲートウェイサーバー
のプロセスが停止または再起動するたびに、またはプライマリTableau Server が停止または再起
動するたびに[電子メールの送信先] に設定された受信者に電子メールを送信します。単一
サーバーへのインストール(同じマシン上にすべてのプロセス) を実行している場合、DOWN (ダウ
ン) アラートはサーバー全体が停止していることを意味し、後続のUP (アップ) 電子メールアラート
はサーバーが再起動したことを意味します。フェールオーバーのために構成された分散インストー
ルを実行している場合 (フェールオーバーおよび複数のゲートウェイの構成 ページ153を参照)、
DOWN (ダウン) アラートはアクティブなリポジトリまたはデータ·エンジンのインスタンスに障害が発生
していることを意味し、後続のUP (アップ) アラートはプロセスのスタンバイインスタンスが引き継が
れ、アクティブになっていることを意味します。
電子メールアラートを構成するには
1. [サーバーの正常性に関する問題が発生したときに電子メール アラートを送信] を選択し
ます。
2. [SMTP サーバー] で、SMTP サーバーの名前を入力します。必要な場合にのみ、SMTP
サーバーアカウントの[ユーザー名] と[パスワード] を入力します (必要な場合と必要ない
場合があります)。既定のSMTP ポート値は 25 です。[電子メールの送信元] で、システム
障害が発生した場合にアラートを送信する電子メールアドレスを入力します。入力する
電子メールアドレスは有効な構文 (たとえば、[email protected] または
[email protected]) でなければなりませんが、Tableau Server 上の実際の電子メールアカウ
ントである必要はありません。
- 115 -
メールサーバーへの接続が暗号化されないよう、[TLS を有効にする] チェックボックスをオフ
のままにします。
3. [電子メールの送信先] で、アラートを受け取る電子メールアドレスを少なくとも1 つ入力し
ます。複数の電子メールアドレスを入力する場合は、コンマで区切ります (セミコロンでは
ありません)。
4. [OK] をクリックします。サーバーを起動すると、電子メールアラートが起動し、アラートが正
しく設定されたことが確認されます。
電子メール サブスクリプションの構成
サブスクリプションを送信するためにSMTP サーバーを設定するには、次の手順を行います。
1. [電子メール サブスクリプションを有効にする] を選択します。
2. [SMTP サーバー] で、SMTP サーバーの名前を入力します。必要な場合にのみ、SMTP
サーバーアカウントの[ユーザー名] と[パスワード] を入力します (必要な場合と必要ない
場合があります)。既定のSMTP ポート値は 25 です。[電子メールの送信元] で、Tableau
Server ユーザーにサブスクリプションを送信する電子メールアドレスを入力します。
入力する電子メールアドレスは有効な構文 (たとえば、[email protected][email protected] などの<text>@<text>) でなければなりませんが、実際の電子メール
アカウントである必要はありません(ただし、実際の電子メールアカウントを必要とする
SMTP サーバーもあります)。各サイトにつき、サブスクリプション向けにシステム全体の[電
子メールの送信元] アドレスをオーバーライドすることもできます。詳細については、サイトの
追加または編集 ページ209を参照してください。
- 116 -
メールサーバーへの接続が暗号化されないよう、[TLS を有効にする] チェックボックスをオフ
のままにします。
3. Tableau Server URL で、http://または https:// を入力し、次にTableau Server
の名前を入力します。この名前は、サブスクリプション電子メールのフッターに使用されま
す。
4. [OK] をクリックします。
SSL
すべてのHTTP トラフィックに対してSSL 暗号化通信を使用するようにTableau Server を構成
できます。SSL を設定すると、Tableau Server へのアクセスのセキュリティを確保し、Web ブラウ
ザーとサーバー間や Tableau Desktop とサーバー間でやり取りされる機密情報を確実に保護でき
ます。まず、認証機関から証明書を入手し、この証明書ファイルをTableau Server にインポート
する必要があります。Tableau Server クラスタを実行し、SSL を使用する場合、下記のクラスタ
の SSL を設定 次のページを参照することが推奨されます。
SSL の設定
SSL を使用するようにTableau Server を設定するには
1. Apache SSL 証明書を認証機関 (Verisign、Thawte、Comodo、GoDaddy など) から入
手します。自社が発行する社内証明書も使用できます。SSL を同じドメイン内の多数の
ホスト名で使用できる、ワイルドカード証明書もサポートされています。
ブラウザーによっては、特定のプロバイダーからの証明書を受け入れるように追加構成する
必要があります。認証機関から提供されているドキュメントを参照してください。
2. SSL という名前のフォルダー(Tableau Server 8.3 フォルダーと同じ階層にあります) に証明
書ファイルを保存します。例は次のとおりです。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SSL
この場所に保存することによって、Tableau Server を実行するアカウントに、ファイルに対す
る必要なパーミッションが与えられます。
3. [スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server]8.3 > [Tableau Server の構成] を
選択して、Tableau Server 構成ユーティリティを開きます。
4. [Tableau Server の構成] ダイアログボックスで[SSL] タブを選択します。
5. [サーバー通信に SSL を使用] を選択し、次の各証明書ファイルの保存場所を指定しま
す。
SSL 証明書ファイル- 拡張子 .crt が付いた有効な PEM 暗号化 x509 証明書を指定し
ます。
SSL 証明書キー ファイル- ファイル拡張子 .key が付いた、埋め込まれたパスフレーズがあ
るパスワード保護されていない有効な RSA キーまたは DSA キーを指定します。
SSL 証明書チェーンファイル (オプション) - 証明書プロバイダーによっては、Apache 用に2
つの証明書を発行する場合があります。2 つ目の証明書はチェーンファイルです。これは、
- 117 -
サーバー証明書の証明書チェーンを構成するすべての証明書を連結したものです。ファイ
ルのすべての証明書は、PEM 暗号化 x509 証明書を指定し、ファイルには .crt 拡張子
(.pem ではない) が付いている必要があります。
6. [OK] をクリックします。変更は次回、サーバーを再起動したときに有効になります。
SSL 用にサーバーを構成すると、非 SSL ポート(既定のポートは 80) に対する要求は受
け入れられ、SSL ポート443 に自動的にリダイレクトされます。SSL エラーは、インストール
ディレクトリの次の場所に記録されます。検証や暗号化に関する問題をトラブルシューティ
ングするには、このログを使用してください。
C:\ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\httpd\error.log
Tableau Server では、ポート443 のみがセキュアポートとしてサポートされています。
別のアプリケーションがポート443 を使用しているコンピュータ上でTableau Server を
実行することはできません。
クラスタの SSL を設定
Tableau Server クラスタを設定してSSL を使用することができます。プライマリTableau
Server が、ゲートウェイプロセスを実行する唯一のノードである場合 (既定で実行)、その
- 118 -
場所でしかSSL の設定は必要ありません。手順については、上記を参照してください。
SSL と複数のゲートウェイ
可用性の高いTableau Server クラスタには、ロードバランサーが転送した複数のゲート
ウェイを含めることができます (詳細について)。このタイプのクラスタでSSL を設定する場
合、2 通りの方法があります。
l
l
ロードバランサーで SSL を設定する。クライアントWeb ブラウザーからロードバラン
サーへのトラフィックが暗号化されます。ロードバランサーからTableau Server ゲート
ウェイプロセスへのトラフィックは暗号化されません。Tableau Server でSSL の設定
は必要ありませんが、すべてロードバランサーで処理されます。
Tableau Server で SSL を設定する。クライアントWeb ブラウザーからロードバラン
サーへのトラフィック、およびロードバランサーからTableau Server ゲートウェイプロセ
スへのトラフィックが暗号化されます。詳細については、下記の手順を参照してくださ
い。
Server クラスタで SSL を設定
Tableau Server クラスタを設定してSSL を使用する場合、ゲートウェイプロセスを実行し
ているすべてのコンピュータにSSL 信頼書とキーファイルを配置します。SSL を使用するよ
うにTableau Server クラスタを設定するには
1. ロードバランサーでSSL パススルーを設定する。ご不明な点がございましたら、ロー
ドバランサーのドキュメンテーションを参照してください。
2. 使用するSSL 信頼書が、ロードバランサーのホスト名に対して発行されていること
を確認します。
3. 上記の手順に従って、プライマリTableau Server を設定します。
4. プライマリに対して使用したのと同じSSL 信頼書およびキーファイルを、ゲートウェイ
プロセスを実行しているそれぞれのTableau ワーカーに配置します。プライマリで使
用したワーカーの同じフォルダーの場所を使用します。ワーカーで追加構成を行う
必要はありません。
たとえば、プライマリTableau Server と3 つのワーカーを含むクラスタを使用するとし
ます。ゲートウェイプロセスがプライマリ、ワーカー2、ワーカー3 上で実行していま
す。この状況で、プライマリTableau Server でSSL を設定し、同じSSL 信頼書お
よびキーファイルをワーカー2 とワーカー3 に複製します。これらのファイルは、プライマ
リでは C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SSL フォルダに配置されているた
め、ワーカー2 とワーカー3 でも同じ場所に配置します。
SAML
Tableau Server を設定すると、外部 ID プロバイダー(IdP) を使用し、SAML に対してTableau
Server ユーザーの認証を行うことができます。すべてのユーザー認証は、Tableau Server で
Active Directory またはローカル認証を使用しているかに関係なく、Tableau の外部で行われ、
Tableau Server 上のユーザーアカウントが管理されます。これにより、組織のすべてのアプリケー
ションでシングルサインオンが実現します。
Tableau Server にSAML を設定する前に、SAML 要件 ページ266を満たしていることを確認し
てください。
- 119 -
SAML の設定
SAML を使用するようにTableau Server を設定するには
1. Tableau Server8.3 フォルダーと同じ階層にあるSAML という名前のフォルダーに証明書
ファイルを保存します。例は次のとおりです。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SAML
この場所に保存することによって、Tableau Server を実行するアカウントに、ファイルに対す
る必要なパーミッションが与えられます。
2. SAML 構成は、Tableau Server の設定中に表示されるSAML タブで行います。Tableau
Server 設定後にSAML を設定する場合は、Tableau Server 構成ユーティリティ(スタート
> 全てのプログラム > Tableau Server 8.3> Tableau Server の設定) を開き、SAML タ
ブをクリックしてSAML タブへアクセスします。
3. SAML タブで、[シングル サインオンに SAML を使用する] を選択し、次のそれぞれのため
の場所を入力します。
Tableau Server リターンURL - Tableau Server のユーザーがアクセスされる
http://tableau_server などのURL です。http://localhost の使用はお勧めしません。また、
末尾にスラッシュがあるURL (http://tableau_server/ など) はサポートされていません。
SAML エンティティID - エンティティID は、IdP へのTableau Server のインストールを一意
的に識別します。必要であればここでTableau Server のURL を再度入力することができ
ますが、必ずしもTableau Server のURL である必要はありません。
SAML 証明書ファイル- ファイル拡張子 .crt が付いたPEM 暗号化 x509 証明書です。こ
のファイルは IdP ではなくTableau Server によって使用されます。
SAML 証明書キー ファイル- パスワード保護されていないRSA または DSA の秘密キー
ファイルで、ファイル拡張子 .key を持ちます。このファイルは IdP ではなくTableau Server に
よって使用されます。
4. 今は [SAML IdP メタデータファイル] テキストボックスには何も入力せず、[メタデータファイ
ルのエクスポート] をクリックします。
- 120 -
5. ダイアログが開き、Tableau Server のSAML 設定をXML ファイルとして保存することができ
ます。この時点では、IdP のメタデータは含まれていません。
XML ファイルに名前を付けて保存します。
6. IdP のWeb サイトまたはアプリケーション上
l
l
Tableau Server をサービスプロバイダーとして追加します。この方法に関しては、
IdP のドキュメントを参照する必要があります。この一環として、手順 5 で保存した
ファイルをインポートします。
IdP が検証のためにユーザー名を属性要素として使用することを確認します。
7. まだIdP 内のまま、IdP のメタデータXML ファイルをエクスポートします。
8. IdP のメタデータXML ファイルを、Tableau Server コンピュータの次のフォルダーへコピーしま
す。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SAML
9. [Tableau Server の構成] ダイアログボックスのSAML タブで、[SAML IdP メタデータファイ
ル] テキストボックスにファイルへの場所を入力します。
- 121 -
10. [OK] をクリックします。これで、Tableau Server にSAML 認証が設定されました。
SAML 向け Server クラスタの設定
SAML を使用するようにTableau Server クラスタを設定する場合、同じSAML 証明書、SAML
キー、およびSAML IdP メタデータファイルを、Tableau アプリケーションサーバープロセス
( wgserver とも呼ばれる を実行中のすべてのコンピューターに配置します。SAML を使用するよ
うにTableau Server クラスタを設定するには、以下を行います。
1. 上記の手順に従って、プライマリTableau Server を設定します。
2. プライマリに対して使用した同じSAML 証明書、SAML キー、およびSAML IdP メタデータ
ファイルを、アプリケーションサーバープロセスを実行している各 Tableau ワーカーに配置し
ます。プライマリで使用したワーカーの同じフォルダーの場所を使用します。ワーカーで追加
構成を行う必要はありません。
たとえば、プライマリTableau Server と3 つのワーカーを含むクラスタを使用するとします。ア
プリケーションサーバープロセスはプライマリ、Worker 2、Worker 3 で実行しています。この
状況では、SAML 向けにプライマリTableau Server を設定します。次に同じSAML 証明
書、SAML キー、およびSAML IdP メタデータファイルをWorker 2 とWorker 3 にコピーしま
す。これらのファイルは、プライマリのC:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SAML
フォルダーにあるため、Worker 2 とWorker 3 の同じ場所にあります。
構成のテスト
新しくWeb ブラウザーインスタンスを開き、URL ウィンドウへTableau Server 名を入力して、
SAML 構成をテストします。
- 122 -
サインインプロンプトがTableau Server からではなくIdP から表示されることに注意しなければな
りません。
Kerberos の設定
Kerberos を使用するようにTableau Server を構成することができます。これにより、組織のすべ
てのアプリケーションでシングルサインオンが実現します。
Kerberos 用にTableau Server を構成する前に
l
l
l
Kerberos を構成する前に、Tableau Server の初期設定を行い、同様にTableau Server
がActive Directory 認証とAD サービスアカウントを使用するよう構成します。
Kerberos の要件 ページ276を満たしていることを確認してください。
Kerberos を使用してMS SQL や MSAS を認証する場合、または Cloudera Impala への
SSO の委任を構成する場合、オペレーティングシステムの一部として機能するために実行
ユーザーを有効にする必要があります。詳細については、オペレーティングシステムとして動
作するように実行ユーザーを有効化するページ280を参照してください。
注: 外部ロードバランサーまたはリバースプロキシーを使用している場合、Kerberos を構
成する前にこれらの構成を完了する必要があります。構成しない場合は、Tableau
- 123 -
Server 構成ユーティリティが生成した構成スクリプトは誤ったホスト名を使用するかもしれま
せん。詳細については、ロードバランサーの追加 ページ160およびプロキシ サーバーを使
用するための Tableau の構成 ページ327を参照してください。
Kerberos の設定
1. Tableau Server 構成ユーティリティの[Kerberos] タブでKerberos を構成します。Tableau
Server 構成ユーティリティを開き([スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server]
8.3 > [Tableau Server の構成]) 、[Kerberos] タブをクリックします。
2. [Kerberos] タブで[Kerberos でシングル サインオンを有効にする] を選択します。
3. Tableau Server でKerberos を使用するようActive Directory を構成する際に使用できる
バッチスクリプトを生成するには、[Kerberos 構成スクリプトのエクスポート] をクリックしま
す。
構成スクリプトは、Tableau Server でKerberos を使用するようActive Directory ドメインを
構成します。詳細については、Kerberos 構成スクリプトページ279を参照してください。
注: スクリプトのsetspn 行にあるホスト名を確認します。外部ロードバランサーまた
はリバースプロキシーを使用する場合、ホスト名はロードバランサーまたはプロキ
シーのためにTableau Server を構成する時に使用する名前と一致する必要があり
ます。プロキシーまたは外部ロードバランサー用にTableau Server を構成していな
い場合は、構成を行った後で正しいホスト名であることを確認するためにKerberos
構成スクリプトを再度エクスポートします。
4. Active Directory ドメインアドミニストレーターが構成スクリプトを実行し、サービスプリンシパ
ル名 (SPN) と.keytab ファイルを作成します。ドメインアドミニストレーターは、ドメイン内の
いずれかのコンピューターのコマンドプロンプトでスクリプトを実行する必要があります。ドメイ
ンアドミニストレーターは、それを含む値を確認するためにスクリプトを読み取る必要があり
ます。そして、 Windows Explorer でスクリプトをダブルクリックせずに スクリプト名を入力す
ることでコマンドプロンプトでそれを実行します。スクリプトは、スクリプトが実行された場所の
\keytabs フォルダーにkerberos.keytab ファイルを作成します。
5. スクリプトが作成した.keytab ファイルをコピーし、Tableau Server コンピューターに保存しま
す。.keytab ファイルへのパスを入力するか、ファイルを検索するために[参照] ボタンをクリッ
クします。keytab ファイルは、[OK] をクリックして変更した構成を保存する時に、Tableau
Server インストレーションのすべてのゲートウェイノードにコピーされます。
- 124 -
注: .keytab ファイルの名前を変更しないでください。スクリプトに
kerberos.keytab という名前のファイルが作成され、この名前を使用してファイ
ルを保存する必要があります。
6. 必要に応じて、[構成のテスト] をクリックして、Tableau Server でKerberos を使用するた
めの環境が適切に構成されているかを確認します。
SPN が正しく構成されている場合、"OK"が表示されます。Kerberos 委任用に構成した
データソースの数が一覧表示されます。いずれのデータソースもKerberos 委任用に構成
しない場合、"0" が表示されます。
7. [OK] をクリックしてKerberos 構成を保存します。
構成のテスト
Tableau Server を再起動したら、URL ウィンドウでTableau Server 名を入力することで、異なる
コンピューターのWeb ブラウザーからKerberos 構成をテストします。
Tableau Server を自動的に認証する必要があります。
管 理 者 アカウントの追 加
Tableau Server のアクティブ化の最終ステップは、管理者アカウントの追加です。管理者には、
ユーザー、グループ、プロジェクトの管理機能など、サーバーに対するすべてのアクセス権が与えら
れます。管理者アカウントの追加方法は、Active Directory を使用しているか、ローカル認証を
使用しているかによって異なります。
Active Directory
Active Directory を使用している場合は、管理者となる既存のActive Directory ユーザーのユー
ザー名とパスワードを入力します。[ユーザーの追加] をクリックします。
- 125 -
注:
管理者アカウントがサーバーと同じドメインに属している場合は、ドメインなしでユーザー名のみを
入力します。それ以外の場合は、完全修飾ドメイン名を含めてください。たとえば、
「test.lan\username」と指定してください。
ローカル認証
ローカル認証を使用している場合は、希望のユーザー名、表示名、パスワード(2 回) を入力して
管理者アカウントを作成します。[ユーザーの追加] をクリックします。
サーバーの再 構 成
Tableau Server の構成の設定の入力はセットアップの一部ですが、セットアップ後に[構成] ダイア
ログボックスを開いて変更できます。詳細については、次の手順を参照してください。tabadmin
- 126 -
ページ386 コマンドラインツールを使用して構成を変更することもできます。変更方法にかかわら
ず、新しい設定内容は config ディレクトリにある構成ファイルtabsvc.yml に書き込まれます。
注:Active Directory とローカル認証を切り替えることはできません。これらのオプションは、セット
アップ中にのみ構成できます。
[Tableau Server の構成] ダイアログボックスの設定を変更するには、次の手順を行います。
1. Windows の[スタート] メニューで[すべてのプログラム] > [Tableau Server]8.3 > [Stop
Tableau Server (Tableau Server の停止)] を選択して、サーバーを停止します。
2. 次に、Windows の[スタート] メニューで[Tableau Server の構成] を選択します。
3. サーバーの実行ユーザーアカウントにActive Directory アカウントを使用している場合は、
[全般] タブにパスワードを入力します。
4. 構成を変更します。
5. [OK] をクリックします。
6. Windows の[スタート] メニューで[すべてのプログラム] > [Tableau Server]8.3 > [Start
Tableau Server (Tableau Server の起動)] を選択して、サーバーを起動します。
再構成プロセス
プロセスを1 つのサーバーインストール用に設定する方法を変更するには、次の手順を行いま
す。プロセスをワーカー用に設定する方法を変更する場合は、ワーカー サーバーのインストールと
構成 ページ143 を参照してください。
1. この構成を変更するには、Tableau Server を停止する必要があります。[スタート] メニュー
から、[すべてのプログラム] > [Tableau Server 8.3] > [Tableau Server の停止] をクリック
します。
2. [すべてのプログラム] > [Tableau Server]8.3 > [Tableau Server の構成] に移動して、
[スタート] メニューから[Tableau Server の構成] ダイアログボックスを開きます。
3. 必要に応じて[全般] タブに[パスワード] を入力し、[サーバー] タブをクリックします。
- 127 -
4. This Computer をハイライトし、[編集] をクリックします。
5. [Tableau Server を編集] ダイアログボックスで、プロセスの数を変更します。
6. VizQL サーバー、アプリケーションサーバー、データサーバー、またはバックグラウンドプロセ
スの最大 8 つのインスタンスを実行できますが、この制限値は必要に応じて変更できま
す。詳細については、サーバー プロセスの制限についてページ138を参照してください。ま
た、Tableau Server が機能するには、データエンジンとリポジトリのアクティブなインスタンス
が常に1 つ必要です。これらを別のマシンに移動する方法については、データエンジンおよ
びリポジトリのプロセスの移動 ページ138を参照してください。これらのスタンバイインスタン
スを設定する方法については、高可用性 ページ148を参照してください。
変更を行った後、[OK] をクリックし、[OK] を再びクリックして[Tableau Server の構成] ダイ
アログボックスを終了します。
7. Tableau Server をもう一度起動します。[スタート] メニューから、[すべてのプログラム] >
- 128 -
[Tableau Server 8.3] > [Tableau Server の起動] をクリックします。
Tableau Server プロセス
さまざまな結果を得るために変更できる既定の設定を持つTableau Server プロセスは 6 つありま
す。サーバーのパフォーマンスの向上 ページ287 および高可用性 ページ148 の各トピックでは、
採用できるいくつかの方法を説明します。各プロセスの詳細なステータスはサーバーの[メンテナン
ス] ページに表示され、バックグラウンドプロセスなどプロセスに関連したより詳細な情報は 管理
ビューページ248 のトピックに表示されます。
構造的に、64 ビットバージョンのTableau Server はネイティブの64 ビットプロセスを使用し、32
ビットバージョンのTableau Server は 32 ビットプロセスを使用します。例外はデータエンジンで
す。32 ビットバージョンのTableau Server が64 ビットオペレーティングシステムにインストールされ
ている場合、64 ビットバージョンのデータエンジンプロセスが使用されます。
これらのプロセスで生成されたログファイルについては、「サーバー ログファイルの場所 ページ426」
を参照してください。
プロセス
ファイル名
アプリケーショwgserver.exe
ンサーバー
複数
スレッ
目的
ドかど
うか
Web アプリケーショはい
ンを処理し、閲覧
と検索をサポート
する
パフォーマンス特性
抽出によってワークブック
をパブリッシュしたり、
ビューの静止イメージを生
成したりするような使用
頻度の少ない処理中に
のみ、大きなリソースを消
費します。そのロードは、
ブラウザーベースの操作と
tabcmd によって作成でき
ます。
バックグラウンbackgrounder.exe 抽出の更新、「今 いいえ 複数のプロセスをクラスタ
ド
すぐ実行」タスク、
のいずれかまたはすべて
tabcmd から開始
のマシンで実行し、キャパ
したタスクなどの
シティを拡大できる単一
サーバータスクを
スレッドプロセス。バックグ
実行する
ラウンダーは通常、大量
のプロセスメモリを消費し
ませんが、用意された
ワークロードの性質に応
じてCPU、I/O、または
ネットワークリソースを消
費する場合があります。
たとえば、大量の抽出の
更新を実行すると、ネット
ワーク帯域幅を使用して
データを取得できます。
- 129 -
複数
スレッ
プロセス
ファイル名
目的
パフォーマンス特性
ドかど
うか
CPU リソースは、データの
取得または複雑な
tabcmd タスクによって消
費される場合がありま
す。
データエンジ tdeserver64.exe データ抽出を保存 はい
データエンジンのワーク
ン
し、
ク
エリ
に応答す
ロードは、VizQL Server
tdeserver.exe
る
プロセスからの要求によっ
て生成されます。このワー
クロードは、抽出をメモリ
にロードし、クエリを実行
するコンポーネントです。
メモリ消費量は、主に
ロードされるデータ抽出の
サイズに基づきます。32
ビットのTableau Server
がインストールされている
場合でも、64 ビットのバイ
ナリは、64 ビットのオペ
レーティングシステムで既
定として使用されます。
データエンジンは、一度
に複数の要求を処理す
るマルチスレッドです。負
荷がかかりすぎている場
合は、CPU、I/O、および
ネットワークリソースが消
費され、負荷時にパ
フォーマンスボトルネックと
なる可能性があります。
負荷が高いと、要求を処
理するためにデータエン
ジンの1 つのインスタンス
でCPU リソースがすべて
消費される場合がありま
す。
データサー dataserver.exe Tableau Server の はい
これはプロキシであるた
バー
データソースへの
め、通常は、ネットワーク
接続を処理する
のみにバインドされます
が、十分な数の同時ユー
- 130 -
プロセス
ファイル名
リポジトリ
postgres.exe
VizQL
Server
vizqlserver.exe
複数
スレッ
目的
パフォーマンス特性
ドかど
うか
ザーセッションが作成され
ている場合は、CPU でバ
インドされる場合がありま
す。この負荷は、ブラウ
ザーおよびTableau
Desktop ベースの操作
と、Tableau Server デー
タソースの抽出の更新
ジョブによって生成されま
す。
Tableau Server の N/A
通常は、リソースをほとん
データベースはワー
ど消費しません。ユー
クブックとユーザー
ザーごとにすべてのワーク
のメタデータを保存
ブックを表示したり、権限
する
を変更したりするような操
作を実行中に、極めて
大きな配置 (何千のユー
ザー) でまれにボトルネック
になることがあります。
ビューをロードして はい
ビューのロード中とWeb
レンダリングし、クエ
ブラウザーからのインタラク
リを計算して実行
ティブな使用時に大量の
する
リソースを消費します。
CPU バインド、I/O バイン
ド、またはネットワークバ
インドに指定できます。プ
ロセス負荷は、ブラウザー
ベースの操作によっての
み作成できます。プロセス
メモリが不足する場合が
あります。
サーバー プロセスの制限について
wgserver、データエンジン、データサーバー、およびVizQL Server のプロセスは、マルチスレッドか
つマルチプロセスになるように設計されています。単一のプロセスインスタンスで16 を超えるスレッ
ドを実行できます。既定では、Tableau Server は各サーバープロセスに最高 2 つのインスタンス
をインストールします。
64 ビットバージョンの Tableau Server を実行している場合 (バージョン8.1 で初めから利用可
能)、最も実行する必要があるのはプロセスの2 つのインスタンスです。
- 131 -
32 ビットバージョンの Tableau Server を実行しており、既定の設定が十分でない場合は、セッ
トアップ中 (アップグレードのみ) またはセットアップ後に、[Tableau Server の構成] ダイアログボック
スを使用して、最大 8 インスタンスまでに変更することができます。プロセスの既定の上限は 8 イ
ンスタンスです。マシンに十分な RAM およびCPU コアがある場合は、service.max_procs
tabadmin 設定を使用して、この上限を変更することができます。Tableau では、プロセスインスタ
ンスごとに、プロセスを実行するマシンに1 GB のRAM および1 論理 CPU コア以上を確保するこ
とをお勧めします。
使用可能な最大プロセス数を変更するには、次の手順を行います。
1. セットアップ後にサーバーを停止します。
2. Tableau Server のbin ディレクトリで、次のコマンドを入力します。ここで、number は許可
するプロセスインスタンスの最大数です。
tabadmin set service.max_procs number
例は次のとおりです。
tabadmin set service.max_procs 10
3. サーバーを起動して変更を有効にします。
8.3 へのアップグレード
Tableau Server ソフトウェアをバージョン8.3 にアップグレードするには、次のトピックを参照してくだ
さい。8.3より前のバージョンからアップグレードする場合は、Tableau ナレッジベースを参照してくだ
さい。
アップグレード前 のチェックリスト
以下は、Tableau Server をバージョン8.3.x にアップグレードする前に確認すべき項目と、実行す
る手順です。
注: 新しいバージョンのtabcmd は Tableau Server がリリースされるたびにリリースされます。
Tableau Server を実行していないコンピュータ上にコマンドラインユーティリティをインストー
ルする場合、Tableau Server をアップグレードする際にそれらのコンピューター上のtabcmd
をアップグレードする必要である場合があります。詳細については、tabcmd のインストール
ページ366を参照してください。
クレデンシャル、セットアップ ファイル、およびカスタマイズ
アップグレードの前に、以下があることを確認します。
l
l
ユーザー アカウントのクレデンシャル: アップグレードする各コンピュータに対して、ローカル管
理パーミッションを持つユーザーアカウントのクレデンシャルが必要になります。
実行アカウントのクレデンシャル: Tableau Server の実行アカウントのユーザー名とパスワー
ドを確認します。NT AUTHORITY\NetworkService (既定) を使用する場合、パスワード
は必要ありません。
- 132 -
l
セットアップファイル: 実行するアップグレードの.exe に加えて、現在稼働中のサーバーバー
ジョンのSetup.exe を探して再度ダウンロードする必要があります (Tableau 製品のダウン
ロードを参照してください)。アップグレード中に予期しない問題が発生した場合、これによ
り迅速に復元できます。
Tableau ではアップグレード中に構成設定が維持されますが、ベストプラクティスとして、実行した
カスタマイズをメモして後で確認できるようにすることをお勧めします。これには、SSL の構成、
Tableau の既定のポートおよびタイムアウト値の変更に加え、カスタムロゴの使用が含まれます。
また、最新のTableau Server バージョンをWindows PATH 環境変数に追加した場合、新しい
バージョンのTableau Server を示すよう更新した後にエントリを更新する必要があります。
ビットバージョン
バージョン8.1 からは、Tableau Server は 32 ビットアプリケーションと同様に64 ビットネイティブア
プリケーションとして提供されます。以前のバージョンのTableau Server は、32 ビットとしてのみ使
用することができました。
64 ビットのオペレーティングシステムで32 ビット版のTableau Server を使用していた場合は、64
ビット版のTableau Server へアップグレードすることをお勧めします。最小要件については、インス
トールする前に... ページ105を参照してください。
Tableau ServerTableau の分散インストールをアップグレードしている場合、クラスタ全体は、すべ
て32 ビットバージョン、またはすべて64 ビットバージョンなど、同じビットバージョンのTableau
Server ソフトウェアを実行する必要があります。Tableau Serverを32 ビットバージョンから64 ビッ
トバージョンにアップグレードする際は、64 ビットバージョンのワーカーソフトウェアをインストールす
る前に、まず各ワーカー上の32 ビットバージョンをアンインストールする必要があります。詳細につ
いては、Tableau Server の分散インストールの 32 ビットバージョンから64 ビットバージョンへの
アップグレードページ137を参照してください。
製品のメンテナンス ステータスのチェック
メンテナンスの有効期限が切れたサーバーからTableau Server をアップグレードしようとすると、
Tableau Server がライセンスのないインスタンスになります。
サーバーのメンテナンスの有効期限が切れているかどうかを確認するには
l
[スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server] > [プロダクトキーの管理] を選択
し、[メンテナンスの有効期限] 列の下を確認します。
メンテナンスの有効期限が切れている場合、キーを選択して[更新] をクリックします。メンテナンス
の日付が更新されない場合は、Tableauカスタマーサポートにお問い合わせください。セットアップ
- 133 -
の一環としてプロダクトキーが再度アクティブ化されます。詳細については、Tableau をアクティブ
にするページ107 を参照してください。サーバーにインターネットアクセスがない場合、オフラインで
の Tableau のアクティブ化 ページ108 を参照してください。
「クリーン」バックアップの作成
定期的な Tableau Server バックアップに加え、ベストプラクティスとして、アップグレードの直前に
バックアップを作成することをお勧めします。バックアップを作成する前に、tabadmin cleanup コマン
ドを実行して、バックアップから必要のないファイルを削除します。手順については、クリーンアップ
の実行およびTableau データのバックアップページ413 を参照してください。
分散インストールのみ: バックアップを作成する前にワーカーを削除するかどうか
Tableau バックアップファイル(.tsbak) には構成情報とデータが含まれています。したがって、
Tableau Server の分散インストールのバックアップには、IP アドレスを含めたワーカーに関する構
成情報が含められます。この情報をバックアップに含めない場合 (たとえば、アップグレードの一環
としてワーカーを新しいハードウェアに移行するため)、次のいずれかの方法を実行できます。
l
l
バックアップを作成する前に、Tableau Server 構成からワーカーを削除する。
バックアップファイルを新しいインストール先に復元する際に--no-config オプションを使
用する。このオプションを使用する場合は、プライマリTableau Server の情報を含めた構
成情報は復元されません。
Tableau Server の分散インストールを実行する場合、Windows XP または Windows Server
2003 SP1 またはそれ以降を実行するワーカーがあれば、アップグレードの前に構成から削除しな
ければなりません。これらのオペレーティングシステムは、バージョン8.3 でサポートされていないプ
ラットフォームです。Windows Server 2003 R2 SP2 またはそれ以降 がサポートされています。
Tableau Server の構成からワーカーを削除するには
1. プライマリTableau Server でサーバーを停止します。
2. プライマリサーバーで、[スタート] メニューから[Tableau Server <バージョン>] > [Tableau
Server の構成] を選択して、構成ユーティリティを開きます。
3. [構成] ダイアログボックスで[サーバー] タブを選択します。
4. ワーカーが抽出やリポジトリをホストとしている場合は、これらのサービスを別のマシンに移動
します。手順については、データエンジンおよびリポジトリのプロセスの移動 ページ138 を参
照してください。
5. 次に、ワーカーをハイライトして[削除] をクリックします。
- 134 -
6. [OK] をクリックします。
7. サーバーを起動します。
クリーンアップの実行
tabadmin cleanup コマンドを実行すると、Tableau Server システムからバックアップファイルに必要
のないファイルが削除されます。クリーンアップは、Tableau データベースに対して実行するために
サーバーの実行中に1 回、さらにログファイルを削除するためにサーバーの停止状態で1 回実行
する必要があります。
tabadmin cleanup を実行するには
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
2. Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。例:
cd “C:\Program Files (x86)\Tableau\Tableau Server\8.2\bin”
3. サーバーが実行されていることを確認します。
tabadmin status
4. 次のように入力してクリーンアップを実行します。
tabadmin cleanup
5. サーバーを停止します。
tabadmin stop
6. 再度クリーンアップを実行します。
tabadmin cleanup
バックアップを作成するために(次の手順)、サーバーを停止したままにします。
- 135 -
バックアップファイルの作成
tabadmin backup コマンドによって、リポジトリ、データ抽出、およびサーバー構成のデータを含む
.tsbak ファイルが作成されます。ファイルを作成した後は、別のコンピューターに保存します。手順
については、Tableau データのバックアップページ413 を参照してください。Tableau Server バー
ジョン8.0 またはそれ以前を使用してバックアップを作成している場合、バックアップ作成前にサー
バーを停止させる必要があります。バージョン8.1 からは、初めにサーバーを停止させなくてもバッ
クアップを作成することができます。
分散インストールのみ: バックアップを作成する前にサーバー構成からワーカーを削除した
後、アップグレードの一環として新しいハードウェアに移行しない場合は、ワーカーを再度
構成に戻すことができます。8.3 へのアップグレード下 の手順に従います。あるいは、アップ
グレードの一環として新しいハードウェアに移行する場合は、ワーカーを構成から除外した
ままにします。詳細については、新しいハードウェアへの移行 ページ139を参照してくださ
い。
8.3 へのアップグレード
アップグレード前のチェックリストページ132 を完了した後は、次の手順に従って既存インストール
されたTableau Server をバージョン8.3 にアップグレードします。アップグレードの一環として新しい
ハードウェアに移行する場合は、下記の手順ではなく新しいハードウェアへの移行 ページ139 を
参照してください。
Tableau Server の新しいバージョンをインストールする場合は、以前のバージョンで使用していた
のと同じドライブおよびディレクトリを使用します。これにより、以前のバージョンのデータおよび構成
設定を自動的にインポートすることができます。
Tableau Server を32 ビットバージョンから64 ビットバージョンにアップグレードする場合、新しい
バージョンをインストールする前に既存のバージョンをアンインストールする必要があります。
単一サーバーのインストール
単一サーバーにインストールされているTableau Server をバージョン8.3 または 8.3.x にアップグ
レードするには
1. Tableau Server で[プログラムの追加/削除] を使用して以前のバージョンをアンインストー
ルします。
アンインストールによりサーバーソフトウェアが削除されますが、データと構成設定はそのまま
残ります。
2. Tableau Server をインストールします。Tableau Server のセットアップにより、以前のバー
ジョンのデータと構成設定のインポートが処理されます。
分散インストール
バージョン8.3 へのアップグレードの一環として、クラスタを64 ビットバージョンのTableau Server に
移動する場合、アップグレード前のチェックリストページ132で「ビットバージョン」に関するガイドラ
インを確認してください。
- 136 -
Tableau Server の分散インストールをバージョン8.2 からバージョン8.3 または 8.3.x にアップグレードするには
1. プライマリTableau Server で[プログラムの追加/削除] を使用して以前のバージョンをアンイ
ンストールします。
2. ワーカーサーバーで[プログラムの追加/削除] を使用して以前のバージョンをアンインストー
ルします。
アンインストールによりサーバーソフトウェアが削除されますが、データと構成設定はそのまま
残ります。
3. ワーカーサーバーにTableau ワーカーサーバーをインストールします。
4. プライマリTableau Server にTableau Server をインストールします。
Tableau Server のセットアップにより、以前のバージョンのデータと構成設定のインポートが
処理されます。
Tableau Server の分散インストールをバージョン8.3.x からバージョン8.3.x にアップグレードするには
1. プライマリTableau Server で[プログラムの追加/削除] を使用して以前のバージョンをアンイ
ンストールします。
アンインストールによりサーバーソフトウェアが削除されますが、データと構成設定はそのまま
残ります。
2. プライマリTableau Server にTableau Server をインストールします。「同じバージョン」のアッ
プグレードであるため(バージョン8.3.x から8.3.x)、Tableau ワーカーでサーバーソフトウェア
をアンインストールおよび再インストールする必要はありません。プライマリTableau Server
により、ワーカーサーバーに更新が適用されます。
注: Tableau Server を32 ビットバージョンから64 ビットバージョンにアップグレードす
る場合、アンインストールしてから再インストールする必要があります。以下の
「Tableau Server の分散インストールの32 ビットバージョンから64 ビットバージョンへ
のアップグレード」を参照してください。
Tableau Server のセットアップにより、以前のバージョンのデータと構成設定のインポートが
処理されます。
Tableau Server の分散インストールの 32 ビットバージョンから64 ビットバージョンへのアップグレード
分散インストールを32 ビットバージョンから64 ビットバージョンにアップグレードする場合は、次の
手順を実行する必要があります。
1. プライマリTableau Server で[プログラムの追加/削除] を使用して、プライマリサーバーから
32 ビットバージョンをアンインストールします。
2. Tableau Server ワーカーで[プログラムの追加/削除] を使用して32 ビットバージョンをアン
インストールします。
3. 各ワーカーに64 ビットバージョンのTableau Server をインストールします。
4. プライマリTableau Server に64 ビットのTableau Server をインストールします。
- 137 -
データエンジンおよびリポジトリのプロセスの移動
Tableau Server の構成からワーカーを削除する必要があり、そのワーカーがリポジトリまたはデータ
エンジン(抽出をホストする) の唯一のインスタンスをホストしている場合、まずそのプロセスを別の
マシンに移動する必要があります。これは、リポジトリプロセスとデータエンジンプロセスのインスタ
ンスのいずれかが常にアクティブでなければならないからです。
データエンジンまたはリポジトリのプロセスを移動するには
1. まだプライマリTableau Server を停止していない場合は、これを停止し、プライマリ
Tableau Server で[Tableau Server の構成] ダイアログボックスを開きます ([スタート] >
[Tableau Server]8.3 > [Tableau Server の構成])。
2. [サーバー] タブで、プロセスを移動するコンピューターのIP アドレスまたはコンピューター名を
ハイライトします。別のワーカーまたはプライマリを指定できます (This Computer
(Primary))。
3. [編集] をクリックします。
4. [Tableau Server を編集] ダイアログボックスで、移動するプロセスに対して[データエンジン]
または [リポジトリ] のいずれかのチェックボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
5. [Tableau Server の構成] ダイアログボックスで[OK] タブをクリックします。
6. プライマリTableau Server を起動して変更を有効にします。
7. サーバーを停止し、[Tableau Server の構成] ダイアログボックスを開きます。
8. [サーバー] タブで、プロセスを削除するワーカーのIP アドレスまたはコンピューター名をハイラ
イトして、[編集] をクリックします。
9. 移動したプロセスのチェックボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
10. もう一度 [OK] をクリックし、プライマリサーバーを起動して変更を有効にします。
Tableau Server の構成からワーカーを削除する一環としてこの手順を実行している場合 (アップ
グレード前のチェックリストページ132 を参照)、続行する前にもう一度サーバーを停止してくださ
い。
サーバー プロセスの制限について
wgserver、データエンジン、データサーバー、およびVizQL Server のプロセスは、マルチスレッドか
つマルチプロセスになるように設計されています。単一のプロセスインスタンスで16 を超えるスレッ
ドを実行できます。既定では、Tableau Server は各サーバープロセスに最高 2 つのインスタンス
をインストールします。
64 ビットバージョンの Tableau Server を実行している場合 (バージョン8.1 で初めから利用可
能)、最も実行する必要があるのはプロセスの2 つのインスタンスです。
32 ビットバージョンの Tableau Server を実行しており、既定の設定が十分でない場合は、セッ
トアップ中 (アップグレードのみ) またはセットアップ後に、[Tableau Server の構成] ダイアログボック
スを使用して、最大 8 インスタンスまでに変更することができます。プロセスの既定の上限は 8 イ
ンスタンスです。マシンに十分な RAM およびCPU コアがある場合は、service.max_procs
tabadmin 設定を使用して、この上限を変更することができます。Tableau では、プロセスインスタ
- 138 -
ンスごとに、プロセスを実行するマシンに1 GB のRAM および1 論理 CPU コア以上を確保するこ
とをお勧めします。
使用可能な最大プロセス数を変更するには、次の手順を行います。
1. セットアップ後にサーバーを停止します。
2. Tableau Server のbin ディレクトリで、次のコマンドを入力します。ここで、number は許可
するプロセスインスタンスの最大数です。
tabadmin set service.max_procs number
例は次のとおりです。
tabadmin set service.max_procs 10
3. サーバーを起動して変更を有効にします。
新 しいハードウェアへの移 行
Tableau Server をコンピューター間で移行するには、次の手順を行います。次の手順は、
Tableau Server のデータと構成設定を、稼働中のコンピューターからTableau Server バージョン
8.3 がインストールされている新しいコンピューターに移動する方法を示しています。手順を開始
する前に、.tsbak ファイルの作成を含むアップグレード前のチェックリストページ132 の手順を済ま
せていることを確認してください。
1. 新しいコンピューターにTableau Server をインストールします。
2. .tsbak ファイルを、新しいTableau Server のbin フォルダー(C:\Program
Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin など) にコピーします。
3. 次に、Tableau Server を停止します。
4. 「tabadmin restore <filename>」と入力して(<filename> は .tsbak ファイルの
名前)、稼働中のデータと構成情報を新しいTableau Server インストールに復元します。
例は次のとおりです。
tabadmin restore mybackup.tsbak
構成情報は復元せず、稼働中のTableau Server のデータのみを復元するには、次のよう
に入力します。
tabadmin restore --no-config mybackup.tsbak
5. サーバーを起動します。
6. 分散インストールのみ: Tableau ワーカーのインストーラーを、Tableau Server クラスタに追
加するすべてのコンピューターで実行します。手順については、ワーカー サーバーのインス
トールと構成 ページ143を参照してください。
7. 同じTableau Server プロダクトキーをアクティブ化できるのは 3 回までです。稼働環境、テ
スト環境、およびQA 環境でそれぞれ 1 回ずつです。Tableau Server の新規インストール
をテストし、稼働準備が整ったことを確認したら、Tableau Server の以前の稼働バージョン
を非アクティブ化し、アンインストールする必要があります。以前のバージョンを非アクティブ
- 139 -
にするには
- [スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server] > [プロダクトキーの管理] を選択
します。
- 各プロダクトキーについて、プロダクトキーを選択し、[非アクティブ化] をクリックします。
インターネットに接続していない場合、非アクティブ化プロセスを完了するために、オ
フラインでのアクティブ化ファイルを作成するよう求めるプロンプトが表示されます。手
順については、オフラインでの Tableau のアクティブ化 ページ108を参照してくださ
い。
分散環境
Tableau Server の分散インストールの実行方法の詳細については、次のトピックを参照してくだ
さい。
分 散 環 境 の要 件
Tableau Server クラスタの構成を開始する前に、次の要件を満たしていることを確認してくださ
い。
ハードウェア
クラスタで使用するコンピューターがインストールする前に... ページ105 で説明されている要件を
満たしている必要はありますが、全く同じである必要はありません。
高可用性を得るためのハードウェアのガイドライン
これらは、フェールオーバーと高可用性 を得るために使用するシステムのいくつかのガイドラインで
す。
l
l
l
フェールオーバー —2 台または3 台のコンピューター: データエンジンプロセスとリポジトリプロ
セスにフェールオーバーサポートを提供するクラスタを構成するには、最低 2 台のコンピュー
ターまたは VM が必要です。1 台はプライマリTableau Server で、もう1 台は Tableau ワー
カーです。この構成では、Tableau を実行していないWeb サイトまたはコンピューターも必
要な場合があります (詳細情報)。推奨のフェールオーバー構成には、3 台のコンピューター
または VM が必要です。1 台はプライマリTableau Server で、2 台はワーカーです。
フェールオーバーおよび複数のゲートウェイのサポート—2 台または 3 台のコンピューターお
よびロードバランサー: 上記に加えて複数のゲートウェイのサポートを提供するクラスタを構
成するには、最低 2 台のコンピューターまたは VM、およびクラスタの前面にロードバラン
サーが必要です。複数のゲートウェイのサポートで推奨されるフェールオーバー構成は、3
台のコンピューターまたは VM、およびロードバランサーです。
高可用性 — 4 台のコンピューターおよびロードバランサー: 高可用性を得るための構成で
- 140 -
は、上で説明したリソースに加えて、プライマリTableau Server 用のバックアッププライマリ
に使用する追加のコンピューターが必要です。
l
プライマリコンピューター: 高可用性を得るための構成では、プライマリTableau Server と
バックアッププライマリで実行するTableau Server プロセスを少なくするか、またはなしにす
る必要があります。このため、プライマリおよびバックアッププライマリを実行するコンピュー
ターには、ワーカーサーバーを実行するコンピューターほど多くのコアは必要ありません。た
だし、データベースバックアップおよび復元プロセスの途中にプライマリコンピューターが使用
されるため、バックアップのために十分なディスク領域が必要です。バックアップファイルで必
要な領域の合計に加え、テンポラリファイルのためのディスク領域として、バックアップファイ
ルのサイズのおよそ10 倍が必要です (そのため、バックアップが4 GB の場合、テンポラリファ
イルのためのディスク領域として約 40 GB が必要です)。
ソフトウェア
Tableau Server は、32 ビットおよび64 ビットバージョンで利用できます。Tableau Server クラスタ
を実行している場合、各コンピューターは同じビットバージョンを実行する必要があります (すべて
64 ビットまたはすべて32 ビット)。たとえば、プライマリTableau Server が64 ビットバージョンの
Tableau Server を実行している場合、クラスタのワーカーは 64 ビットバージョンのTableau Server
ワーカーを実行する必要があります。32 ビットバージョンのTableau Server ワーカーを実行するこ
とはできません。
ネットワークとポート
l
l
l
ポート: あらゆる分散システムに該当することですが、使用するコンピューターまたは VM
は、相互に通信できる必要があります。ゲートウェイとワーカーで使用しなければならない
ポートのリストについては、TCP/IP ポートページ360を参照してください。
同じドメイン: クラスタの全てのコンピューターが同じドメインのメンバーである必要がありま
す。プライマリTableau Server で指定されているサーバーの実行ユーザーページ346 アカ
ウントは、同じドメイン内のドメインアカウントである必要があります。
静的 IP アドレス: 単一サーバーへのインストールまたはクラスタの一部であっても、Tableau
Server を実行するいずれのコンピューターも、静的 IP アドレスを持つ必要があります (詳
細情報 。
ベストプラクティス
インストールと構成を開始する前に念頭に置いておくべきことをいくつか挙げます。
l
l
IP アドレスまたはコンピューター名: 作業する各コンピューターまたは VM のIPv4 アドレスま
たはコンピューター名を控えておいてください。Tableau ワーカーのセットアップと構成時に指
定する必要があります。上で説明したように、クラスタの各コンピューターは、構成時にそれ
を識別するためにそのコンピューターの名前を使用する場合であっても、静的 IP アドレスを
使用する必要があります。
CNAME レコード: 高可用性を得るための構成で、ロードバランサーを使用していない場
合は、プライマリTableau Server とバックアッププライマリで同じCNAME レコードを使用
し、1 台のプライマリに障害が起きてももう1 台が引き継ぐように構成して、Tableau Server
- 141 -
ユーザーが円滑に操作できるようにしてください。ロードバランサーを使用している場合、
実際に要求を処理するゲートウェイとは関係なく、ロードバランサー名がTableau Server
URL として使用されます。
l
l
ユーザー アカウントのクレデンシャル: 各コンピューターに対して、ローカル管理パーミッション
を持つユーザーアカウントのクレデンシャルが必要になります。高可用性を得るための構成
では、プライマリTableau Server に使用する実行アカウントがバックアッププライマリ
Tableau Server で使用するものと同じである必要があります。
バックアップ: ベストプラクティスとして、システムに大幅な変更を加える前に、バックアップを
作成しておくことをお勧めします。手順については、Tableau データのバックアップページ
413 を参照してください。
SSL
複数のゲートウェイおよびロードバランサーを使用する高可用性 Tableau Server クラスタのため
にSSL を構成する予定であれば (詳細情報 、使用するSSL 証明書がロードバランサーのホス
ト名で発行されていることを確認してください。他の詳細については、クラスタの SSL を設定 ペー
ジ118 を参照してください。
Tableau Server でのホスト名サポート
バージョン8.1 を開始すると、ホスト名サポートがTableau Server に追加されます。つまり、
Tableau Server を構成して別のコンピュータを操作する場合、静的 IPv4 アドレスでなく、そのコ
ンピュータ名を使用してそれを識別することができます。しかし内部では Tableau Server はまだ
IP アドレスを信頼し、Tableau ワーカーや信頼するホストなど、さまざまなサービスと通信します。
そのため、IP アドレスでなくコンピュータ名を指定しても、そのコンピュータと関連するIP アドレスを
変更したり、一時アドレスにすることはできません。
Tableau Server を実行しているコンピュータが新しいIP アドレスを取得する場合 (たとえば、VM
の再起動後、または DHCP を使用しているネットワーク環境内)、tabadmin config を実行
し、その変更をTableau Server の構成で更新する必要があります。手順に関しては、下記を
参照してください。
DHCP だけでなく、設定後にIP アドレスを変更する可能性がある別の項目としては、Windows
オペレーティングシステムのIPv6 アドレスに関する機能である「一時 IPv6 アドレス」があります。こ
の機能を識別して無効化する方法の詳細については、「ナレッジベース」を参照してください。
Tableau Server の構成を更新するには
1. プライマリTableau Server で管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
2. 次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
3. サーバーを停止します。
tabadmin stop
- 142 -
4. 次のように入力してサーバーの構成を更新します。
tabadmin config
5. サーバーを起動します。
tabadmin start
ワーカー サーバーのインストールと構 成
初期構成を完了した後、複数のコンピューター上で実行するようにTableau Server を設定でき
ます。これを分散インストールまたはクラスタと呼びます。分散インストールを実行する場合は、プ
ライマリTableau Server で追加のポートが使用され、特定のポートがTableau ワーカーサーバー
でセットアップ中にバインド用に使用できるようになっている必要があります。詳細については、
TCP/IP ポートページ360を参照してください。また、分散インストールを実行する時に留意しな
ければならない追加の要件もあります。詳細については、分散環境の要件 ページ140 を参照し
てください。
Tableau ワーカーサーバーのインストールと構成を行うには、次のことを行います。
1. プライマリコンピューター上にTableau Server がインストールされていることを確認します。
2. プライマリ上のサーバーを停止します (手順については、Tableau Server Monitor ページ
232 を参照してください)。
3. Tableau カスタマーアカウントセンターからTableau Server ワーカーソフトウェアをダウン
ロードします。
4. Tableau Server ワーカーの設定を、Tableau Server クラスタに追加したいすべてのコン
ピューターで実行します。
5. インストール時に、プライマリサーバーのIPv4 アドレスまたはコンピューター名の指定が要求
されます。コンピューター名を使用することをお勧めします。
プライマリで複数のネットワークインターフェイスカード(NIC) が有効になっている場合に
IPv4 アドレスを入力する際は、すべてのプライマリのIPv4 アドレスをコンマで区切って入力
します。プライマリを実行しているコンピューターのIP アドレスは静的である必要がありま
す。これは、たとえプライマリを識別するためにコンピューター名を使用している場合であって
も適用されます (詳細情報)。
Windows ファイアウォールが有効な Windows 7 を実行しているワーカーがある場合は、続
行する前にTableau ナレッジベースを参照してください。
6. ワーカーソフトウェアをワーカーコンピューターにインストールしたら、プライマリTableau
Server を停止した状態で、プライマリサーバーに戻り、[スタート] メニューの[Tableau
Server]8.3 > [Tableau Server の構成] を選択して構成ユーティリティを開きます。
7. 構成ユーティリティで[全般] タブにパスワードを入力し、[サーバー] タブを選択して、[追加]
をクリックします。
- 143 -
8. 次に表示されるダイアログボックスで、いずれかのワーカーコンピューターの[IPv4 アドレス]
またはコンピューター名を入力し、そのコンピューターに割り当てる[VizQL]、[アプリケーショ
ンサーバー]、[Data Server]、[バックグラウンド]、および[データエンジン] のプロセス数を
指定します。
64 ビットバージョンのTableau ワーカーサーバーを使用する場合、各プロセスのインスタンス
を最大 2 つまで実行することができます。まれなケースではありますが、サーバーのハード
ウェアでその制限を変更できる場合があります。詳細については、サーバー プロセスの制限
についてページ138およびパフォーマンスページ285を参照してください。
既定では、データエンジン、リポジトリ、およびゲートウェイはプライマリサーバー上でホストさ
れます。これらのプロセスを追加サーバー上で実行すること、またはプロセスをプライマリサー
バーから移動することも、高可用性を設定する方法の1 つです。詳細については、高可
用性 ページ148を参照してください。
9. [OK] をクリックします。更新完了までに数分かかることがあります。
10. 分散環境に追加するコンピューターごとに上記の手順を繰り返します。ワーカーの追加が
終わったら、[OK] を再度クリックして変更内容を保存し、プライマリTableau Server を起
- 144 -
動します。
データベース ドライバー
Tableau Server およびTableau Server ワーカーのインストーラーを実行すると、Oracle および
Oracle Essbase データベースのドライバーが自動的にインストールされます。他のデータベースに
接続するワークブックおよびデータソースをパブリッシュする場合は、プライマリサーバーとワーカー
サーバーの両方に、対応するドライバーがインストールされていることを確認する必要があります。
VizQL、アプリケーションサーバー、データサーバー、バックグラウンドプロセスを実行しているワー
カーには、これらのデータベースドライバーが必要です。たとえば、VizQL サーバー専用のワーカー
と、Extract Storage 専用の別のコンピューターがある場合は、VizQL サーバープロセスを実行す
るコンピューターにのみドライバーをインストールする必要があります。
サーバー プロセス
データベースドライ
バーの必要性
VizQL
はい
アプリケーションサーバー
はい
データサーバー
はい
バックグラウンド
はい
データエンジン(抽出ストレージ)
いいえ
リポジトリ
いいえ
ゲートウェイ
いいえ
ワーカー サーバーの再インストールと構成
Tableau ワーカーサーバーのいずれかを再インストールする必要がある場合があります。再インス
トールするには、以下のいずれかの手順に従ってください。特定の手順は、再インストールする
ワーカーにデータエンジンまたはリポジトリのコンポーネントがあるかどうか、およびインストール中に
他のノード上でそれらが複製されるかどうかによって異なります。
注: 同時に複数のワーカーを再インストールすると、データの損失につながる可能性があり
ます。
次の手順を使用すると、分散インストール環境でデータエンジンまたはリポジトリのみをホストして
いるワーカーノードを再インストールして構成するのに役立ちます。
データエンジンまたはリポジトリインスタンスをホストしているワーカーの再インストール
1. Tableau Server の完全なバックアップを作成します。詳細については、Tableau データの
バックアップページ413を参照してください。
2. Windows の[スタート] メニューで[Tableau Server] 8.3> [Tableau Server の停止] をク
リック、またはコマンドラインからtabadmin stop を実行して、プライマリでTableau
- 145 -
Server を停止します。
3. [スタート] メニューで、[Tableau Server]8.3 > [Tableau Server の構成] を選択します。
4. 構成ユーティリティで、以下を実行します。
l [全般] タ
ブでパスワードを入力します。
l
[サーバー] タブで、ワーカーが別のワーカーまたはプライマリにホストしているデータエ
ンジンやリポジトリコンポーネントを追加します。その後、変更内容を保存します。
たとえば、再インストールしているワーカーがデータエンジンを現在ホストしている場
合、データエンジンを別のノードに追加します。
5. Tableau Server を起動して数分間実行したままにし、再インストールしているワーカーと、
データエンジンやリポジトリコンポーネントを追加したワーカーまたはプライマリ間の同期を完
了します。
6. 再インストールしているワーカーと、データエンジンおよびリポジトリを追加したプライマリや
ワーカー上の以下のフォルダーを比較して、同期が完了していることを確認します。これら
のフォルダーのサイズと内容は同じである必要があります。
l
l
データエンジンフォルダー: ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\dataengine
リポジトリフォルダー: ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\pgsql
注: フォルダーを比較して同期の完了を確認しない場合、継続するとデータ
を損失する可能性があります。
7. Tableau Server を停止します。
8. 構成ユーティリティで、以下を実行します。
l [全般] タ
ブでパスワードを入力します。
l [サーバー] タ
ブで、再インストールするワーカーを選択してから[削除] をクリックしま
す。
l 変更内容を保存します。
9. Tableau Server を起動して、すべてが予測どおりに機能していることを確認します。
10. ワーカー上で、以下を実行します。
l Windows の[コ
ントロールパネル] からTableau Server ワーカーソフトウェアをアンイ
ンストールします。
l 次のフ
ォルダーの削除 (または名前の変更) を実行します。C:\Program
Files\Tableau およびC:\ProgramData\Tableau (\ProgramData は
隠しフォルダーです)。
l 更新さ
れたワーカーソフトウェアをインストールします。
11. Tableau Server プライマリでTableau Server を停止し、ワーカーを構成に戻します。その
後、変更内容を保存します。
- 146 -
注: ワーカーを再度追加している間、データエンジンとリポジトリが少なくとも1 つの
ノード上に残っている必要があります。
12. Tableau Server を起動します。
次の手順を使用すると、データエンジンやリポジトリをホストしていないTableau ワーカーか、コン
ポーネントをホストしつつ同じコンポーネントをホストしている別のノードがあるTableau ワーカーを
再インストールして構成するのに役立ちます。
コンポーネントをホストしていないワーカー ノード、または別のノードにホストされているコンポーネントをホストしている
ワーカー ノードの再インストールと構成
1. Tableau Server の完全なバックアップを作成します。
2. [スタート] メニューで[Tableau Server]8.3 > [Tableau Server の停止] を選択、またはコ
マンドプロンプトでtabadmin stop コマンドを実行して、プライマリでTableau Server を
停止します。
3. [スタート] メニューで[Tableau Server]8.3 > [Tableau Server の構成] を選択して、構成
ユーティリティを開きます。
4. 構成ユーティリティで、以下を実行します。
l [全般] タ
ブでパスワードを入力します。
l [サーバー] タ
ブで、再インストールするワーカーを選択してから[削除] をクリックしま
す。
l 変更内容を保存します。
5. Tableau Server を起動して、すべてが予測どおりに機能していることを確認します。
6. ワーカー上で、以下を実行します。
l [コ
ントロールパネル] からTableau Server ワーカーソフトウェアをアンインストールしま
す。
l 次のフ
ォルダーの削除 (または名前の変更) を実行します。C:\Program
Files\Tableau およびC:\ProgramData\Tableau (\ProgramData は隠し
フォルダーなので、表示されていない場合があります)。
l 更新さ
れたワーカーソフトウェアをインストールします。
7. プライマリノードでTableau Server を停止し、構成ユーティリティを使用してワーカーを構
成に戻します。その後、構成内容を保存します。
注: ワーカーを再度追加している間、データエンジンとリポジトリが少なくとも1 つの
ノード上に残っている必要があります。
8. Tableau Server を起動します。
- 147 -
分 散 環 境 の管 理
分散インストールにプライマリサーバーと1 つまたは複数のワーカーサーバーを設定した後、それ
以降のすべての構成および更新は、プライマリサーバー上でコマンドラインツールと構成ユーティリ
ティを使用して、プライマリサーバーから実行できます。更新内容はワーカーに自動的に送信され
ます。
ワーカーサーバーをインストールする場合、プライマリのIPv4 アドレスまたはコンピューター名を指
定します。そのIP アドレスまたはコンピューター名が変わる場合、ワーカーサーバーを再インストー
ルする必要があります。
Tableau Server クラスタのステータスは、サーバーの[メンテナンス] ページで監視できます。サー
バーのメンテナンスの詳細については、サーバーのメンテナンスページ224を参照してください。
高可用性
Tableau Server による高可用性のサポートの詳細については、次のリンクをクリックしてください。
高可用性について
高可用性が得られるようにTableau Server システムを構成する場合、実行する手順はすべて
冗長性を組み込んで、サーバーシステムの停止の可能性を低減することに関係しています。冗
長性が必要な 4 つの領域は、サーバーのライセンス発行コンポーネントを実行する、データエンジ
ン、リポジトリ、ゲートウェイプロセス、およびプライマリTableau Server です。データエンジンおよび
リポジトリプロセスで必ず 1 つのアクティブなインスタンスが必要になるため、クラスタの構成は、プラ
イマリTableau Server を停止して、特定の時点で再起動し、設定が有効になるようにすることが
必要な複数フェーズの手順になります。正確な手順については、フェールオーバーおよび複数の
ゲートウェイの構成 ページ153およびバックアッププライマリの設定 ページ162を参照してください。
distrib_requ.htmも参照してください。
以下のトピックでは、高可用性を得るための構成を進めるにつれてサーバーシステムのトポロジが
どのように進化するかをまとめています。推奨される高可用性の最小構成は 3 ノードシステムで
す。これには、ライセンス発行を実行するプライマリサーバーおよびメインプロセスをホストする2
台のワーカーが含まれます。バックアッププライマリとしての役割を果たす 4 つ目のコンピューターを
追加することで、システムの信頼性を高めることができます。すべてのノード上でゲートウェイプロ
セスを実行する場合は、ゲートウェイに対してロードバランサーを使用することもできます。
単一サーバー システム
プライマリTableau Server をインストールすると、すべてのサーバープロセスのインスタンスが少なく
とも1 つ実行されるようになります。これがTableau Server の最も基本的な構成です。冗長性
はありません。
- 148 -
単一サーバーシステムの[メンテナンス] ページの[ステータス] 表は通常、次のような表示になりま
す。
冗長性を組み込むには、アクティブデータエンジンとスタンバイデータエンジンおよびリポジトリプロ
セスをホストするためのサーバーを追加する必要があります。さらにシステムの脆弱性を低減する
ために、複数のゲートウェイを実行し、プライマリを独自のノードに分離させて、実行するサーバー
プロセス数をできるだけ少なくするのが理想的です。これを達成するには最低 3 台のコンピュー
ターが必要ですが(3 ノードシステム次のページを参照してください)、2 台のコンピューターでもい
くらかの冗長性を達成できます。
2 ノードシステム
ハードウェアの制約があり、3 ノードクラスタに手が届かない場合、2 台のコンピューターおよび
Tableau Server クラスタの外部にあるホストを使用していくらかの冗長性を得ることができます。
- 149 -
上記のシステムでは、プライマリTableau Server およびワーカーサーバーが、データエンジン、リポ
ジトリ、およびゲートウェイのアクティブインスタンスおよびスタンバイインスタンスを実行しています。
Tableau Server クラスタの外部にある3 台目のコンピューターは、2 つのゲートウェイの第 3 の連
絡先として使用されています。なぜなら、データエンジンまたはリポジトリを実行しているTableau
Server が他のノードとの接続を失う場合、Tableau Server の外部 (ただし、Tableau Server クラ
スタ内) にあるゲートウェイプロセスを確認して、どのノードにエラーが発生しているか、またアクティ
ブにするために何らかのスタンバイプロセスが必要であるかを判断します。2 ノードクラスタでは接
続が失われると、その他のTableau ゲートウェイプロセスに到達することはできません。これらの
ケースでは Tableau Server クラスタ外部のWeb サイトまたはコンピューターを使用できます。この
設定方法については、外部からのフェールオーバー確認 ページ158 を参照してください。
次に、上記の構成の[ステータス] 表を示します。3 台目のコンピューターは Tableau server では
ないため、表に列挙されていません。
3 ノードシステム
上で説明した2 ノードシステムを使用すると、データエンジンおよびリポジトリプロセスにいくらかの
フェールオーバーサポートが提供されますが、3 ノードシステムを使用すると、次のようにプライマリ
の脆弱性を低減させることができます。
- 150 -
[メンテナンス] ページの[ステータス] 表は、次のような表示になります。
3 ノードクラスタではデータエンジンおよびリポジトリプロセスはプライマリからワーカーに移動され、
プライマリはゲートウェイプロセスのみを実行しています。検索およびライセンス発行機能はプライ
マリに不可欠で削除できないため、[ステータス] 表に表示されません。この構成では、アクティブな
ワーカーに障害が発生すると、スタンバイワーカーが自動的にアクティブになります。ワーカーを追
加してプライマリからプロセスを削除する方法を含め、この3 ノードクラスタを作成する正確な方
法の説明については、フェールオーバーおよび複数のゲートウェイの構成 ページ153を参照してく
ださい。
この3 ノードクラスタの改善のために、次の2 つのことができます。1) 3 つのアクティブゲートウェイ
があるインターフェイスにロードバランサーを追加し、2) 障害点であるプライマリのアドレスを指定
するバックアップを作成します。詳細については、次のトピックを参照してください。
- 151 -
ロードバランサーの追加
この時点で3 つすべてのノードにはゲートウェイがあり、利用できるサーバープロセスに要求を送る
のに使用されます。リポジトリプロセスとは異なり、アクティブゲートウェイおよびスタンバイゲート
ウェイはありません。すべてのゲートウェイはアクティブです。クラスタでダウンタイムが発生する可能
性をさらに低減させるため、ロードバランサーを設定する必要があります。
バックアッププライマリの追加
バックアッププライマリを追加すると、システムに予防措置を提供することができます。バックアップ
プライマリは、プライマリに障害が発生した場合にシステムに追加されるサーバーです。アクティブな
サーバーではありませんが、バックアッププライマリの設定 ページ162の最初の手順を完了すると、
アクティブにする準備が整います。バックアッププライマリはインストール中にライセンスを必要としま
すが、それは Tableau EULA において認められる3 つの環境の1 つとしてみなされません。
バックアッププライマリを追加したシステムは次のようになります。
上記の構成の[ステータス] 表は、3 ノードシステムと同じに見えます。プライマリに障害が発生し
たときにバックアッププライマリが引き継ぐ手順を実行すると、システムは新しいプライマリを使用し
てオンラインに戻ります。
- 152 -
プライマリTableau Server のみがライセンス発行を実行できます。ライセンスチェックは 8 時間ごと
に行われます。プライマリがライセンス発行コンポーネントのみを実行している場合、最後にライセ
ンスチェックが行われたのがいつかによっては、バックアッププライマリがオンラインになるまで最大 8
時間かかります。その間、クラスタは動作を継続します。たとえば、ライセンスチェックが7 時間 50
分前に実行された場合は、あと10 分あります。ライセンスチェックが1 分前に行われた場合は、
あと7 時間 59 分あります。
フェールオーバーおよび複数のゲートウェイの構成
複数のゲートウェイおよびフェールオーバーサポートを提供する3 台のコンピューターのクラスタを構
成するには、次の手順を行います。複数のゲートウェイを実行するのは、ロードバランサーの使
用を計画している場合にのみ適切であることに注意してください。
1. プライマリコンピューターにTableau Server をインストールします。
2. セットアップが完了したら、[メンテナンス] ページで[ステータス] 表を確認します。すべてのプ
ロセスには、緑の「要求を待機中」ステータスが表示されるはずです。
3. プライマリでサーバーを停止します。
4. フェールオーバーおよび追加のゲートウェイサポートを提供する2 台の追加コンピューターま
たは VM でTableau ワーカーのセットアップを実行します。ワーカーのセットアップ中に、プラ
イマリTableau Server のコンピューター名 (推奨です) または IPv4 アドレスを指定する必要
があります。複数のIPv4 アドレスを入力するには、各 IPv4 アドレスをコンマで区切ります。
- 153 -
静的 IP アドレスは、それを識別するためにプライマリのコンピューター名を使用してい
る場合でも、プライマリに割り当てる必要があります (詳細情報)。
5. プライマリサーバーが停止した状態で、その[Tableau Server の構成] ダイアログボックスを
開きます。[スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server] > [Tableau Server の構
成] を選択します。[全般] タブで[実行ユーザー] アカウントのパスワードを入力します。
6. [サーバー] タブで、[追加] をクリックしてワーカーを追加します。
7. ワーカーのIPv4 アドレスまたはコンピューター名を入力し、[データエンジン] に1 を入力し
て、[リポジトリ] チェックボックスをオンにします。現時点では、[ゲートウェイ] チェックボックス
は選択しません。後でこのワーカーにゲートウェイを追加します。
ワーカーで他のサーバープロセスも実行する場合は、1 や 2 などの実行するインスタンス数
を入力します。[OK] をクリックして[Tableau Server を追加] ダイアログボックスを閉じます。
8. プライマリでサーバーを起動します。
9. 重要: サーバーがデータをコピーするための同期化プロセスは数分かかります。インストール
のサイズと抽出数によっては、5 分から15 分ほど(またはそれ以上) かかる場合がありま
す。
10. プライマリと1 台目のワーカーサーバーの次のフォルダーを比較して、同期が完了したことを
確認します。
l
データエンジンフォルダー: ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\dataengine
プライマリと1台目のワーカーにあるこのフォルダーの内容とサイズは同じである必要
があります。
l
リポジトリフォルダー: pProgramData\Tableau\Tableau
- 154 -
Server\data\tabsvc\gsql
プライマリと1 台目のワーカーにあるこのフォルダーのサイズは、同じであるかほぼ同じ
である必要があります。
次の手順でサーバーを停止する前に上記の確認を行わないと、データが失われる
場合があります。
11. 同期が完了したことを確認した後で、プライマリでサーバーを停止します。
12. [構成] ダイアログボックスを開き、[サーバー] タブで[追加] をクリックして別のワーカーを追加
します。
13. 2 台目のワーカーのIPv4 アドレスまたはコンピューター名を入力し、[データエンジン] (0 に
設定) を除くすべてのプロセスで最低 1 を入力します。[リポジトリ] チェックボックスをオフに
し、[ゲートウェイ] をオンにします。
データエンジンとリポジトリでどちらのワーカーをアクティブにし、どちらをスタンバイにするかを
指定する必要はありません。
[OK] をクリックします。
14. [サーバー] タブでこのコンピューター (プライマリ) をハイライトし、[編集] をクリックします。
- 155 -
15. [Tableau Server を編集] ダイアログボックスで[データエンジン] を0 に設定し、[リポジトリ]
チェックボックスをオフにします。[ゲートウェイ] はオンのままにします。プライマリのTableau
Server でゲートウェイプロセス(Apache) のみを実行する場合は、各テキストボックスに
「0」を入力することによって、残りのサーバープロセスをプライマリから削除することができま
す。
コアベースのライセンス発行の観点から言うと、ゲートウェイプロセスはコアを消費しませ
ん。プライマリのTableau Server でゲートウェイだけを実行するように構成するのは、8 コア
サーバーライセンスが1 つあり、4 コアワーカーが2 つある場合などに便利な戦略です。こ
れらの3 台のサーバー(プライマリ1 台、ワーカー2 台) を実行できますが、コアを消費する
のはワーカーサーバーです。
[OK] をクリックします。
16. [サーバー] タブで、1 台目のワーカーを選択して[編集] をクリックし、[ゲートウェイ] チェック
ボックスを選択します。他の設定はそのまま変更しません。[OK] をクリックします。
17. [サーバー] タブで2 台目のワーカーを選択し、[編集] をクリックします。
- 156 -
18. [データエンジン] を1 に設定し、[リポジトリ] チェックボックスをオンにします。
19. [OK] をクリックします。
[サーバー] タブは次のように表示されます。
20. 電子メールアラートを設定し、サーバー障害やデータエンジンとリポジトリプロセスのステー
タスに変化があったときに通知を受信できるようにします。設定するには、[構成] ダイアログ
ボックスで[アラートとサブスクリプション] タブをクリックし、電子メール アラートの構成 ページ
115の手順に従います。
21. [OK] をクリックして[構成] ダイアログボックスを閉じます。
22. プライマリでサーバーを起動します (変更が有効になるまでに数分かかることがあります)。こ
れでデータエンジンプロセスとリポジトリプロセスにフェールオーバーサポートを提供するため
の構成が完了しました。複数のゲートウェイでも構成されます。これで、ロードバランサーを
使用して、ゲートウェイで障害が発生したときにクラスタを利用し、クラスタのワークロードを
配分できます。
[メンテナンス] ページの[ステータス] 表は、次のような表示になります。
- 157 -
薄い緑色のチェックマークは、プロセスがスタンバイ状態で、アクティブプロセス(濃い緑色の
チェックマーク) に障害が発生したときに引き継ぐ準備ができていることを意味します。
外部からのフェールオーバー確認
データエンジンまたはリポジトリを実行する2 台目のサーバーを追加すると、[サーバー] タブの[外
部ホストを使用してフェールオーバーを確認] チェックボックスを使用できます。このオプションを使
用すると、Tableau Server クラスタの外部にある1 つ以上のコンピューターまたは Web サイトがリ
ストにされ、フェールオーバーの際にクラスタの接続状況確認に使用されます。
外部ホストまたは Web サイトの使用によるフェールオーバー確認は、次のような 2 ノードTableau
Server システムを使用するときに非常に便利です。
- 158 -
上記のシステムでは、プライマリTableau Server およびワーカーサーバーが、データエンジン、リポ
ジトリ、およびゲートウェイのアクティブインスタンスおよびスタンバイインスタンスを実行しています。
Tableau Server クラスタの外部にある3 台目のコンピューターは、2 つのゲートウェイの第 3 の連
絡先として使用されています。なぜなら、データエンジンまたはリポジトリを実行しているTableau
Server が他のノードとの接続を失う場合、Tableau Server の外部 (ただし、Tableau Server クラ
スタ内) にあるゲートウェイプロセスを確認して、どのノードにエラーが発生しているか、またアクティ
ブにするために何らかのスタンバイプロセスが必要であるかを判断します。2 ノードクラスタでは接
続が失われると、その他のTableau ゲートウェイプロセスに到達することはできません。このような
場合、Tableau を実行していないコンピューターを使用してシンプルな TCP 接続を行うことができ
ます。上図のワーカーサーバーがプライマリとの接続を失ったものの、まだ外部ホストと接続できる
場合、それがトリガーとなり、データエンジンおよびリポジトリのアクティブインスタンスの実行が開始
されます。
外部ホストまたは Web サイトに到達できない場合、アクティブまたはスタンバイリポジトリは開始さ
れず、データエンジンをホストしているサーバーの2 つのログファイルのうちのどちらかにメッセージが
書き込まれます。
l
tabspawnpg.log—外部サーバーへのアクセスが、Tableau Server の起動時にはできて
も、リポジトリの起動時 (または再起動時) にはできない場合、
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\pgsql\tabspawnpg.log にエラー
が記録されます。
または
- 159 -
l
tabadmin.log—Tableau Server の起動時に外部サーバーに接続できない場合、
Tableau Server は正常に起動せず、ProgramData\Tableau\Tableau
Server\Logs\tabadmin.log にエラーが記録されます。
ログメッセージの例:
2013-11-04 14:42:23.934 -0800 ERROR root: Not "Primary": No
quorum. Cannot reach external failover confirmation host on
myco.example.lan:80 from 10.98.7.65
2013-11-04 14:42:23.945 -0800 ERROR root: Not "Secondary": No
quorum. Cannot reach external failover confirmation host on
myco.example.lan:80 from 10.98.7.65
ロードバランサーの追加
Tableau Server クラスタの信頼性を高めるには、複数のゲートウェイを実行し、ロードバランサー
を構成してゲートウェイに要求を分配します。アクティブまたはスタンバイであるリポジトリプロセスと
は異なり、すべてのゲートウェイプロセスはアクティブです。クラスタの1 台のゲートウェイが使用で
きなくなると、ロードバランサーによりゲートウェイへの要求送信が停止します。選択したロードバ
ランサーアルゴリズムによって、ゲートウェイがクライアント要求を送る方法が決まります。
バックアッププライマリも作成しそのコンピューターでゲートウェイプロセスを実行する場合、ロード
バランサーへのゲートウェイおよび他のすべてのゲートウェイを必ず確認してください。
注: Kerberos 認証を使用する場合、Kerberos 用にTableau Server を構成する前に
ロードバランサー用にTableau Server を構成する必要があります。詳細については、
Kerberos の設定 ページ277を参照してください。
ガイドライン
Tableau Server で作業を行うためにロードバランサーを構成する際は、次に注意してください。
l
l
l
l
l
テストされたロードバランサー: 複数のゲートウェイを使用するTableau Server クラスタは、
アパッチとF5 ロードバランサーでテストされました。
Tableau Server URL: ロードバランサーがTableau Server クラスタの前面にある場合、
Tableau Server ユーザーが使用するURL は、プライマリTableau Server ではなくロードバ
ランサーに属します。
X-Forwarded-For とX-Forwarded-Host ヘッダー: Tableau Server [ユーザーアクティビ
ティ] 管理ビューには、他の情報と共にクライアントIP アドレスが表示されます。このビューで
クラスタのロードバランサーの代わりにクライアントのIP アドレスを表示するには、XForwarded-For とX-Forwarded-Host ヘッダーは、ロードバランサーで明確に有効に
なっている必要があります (ロードバランサーによっては、既定で有効になっています 。
信頼できるホストの設定: ロードバランサーを実行しているコンピューターは、Tableau
Server で信頼できるホストとして認識される必要があります。Tableau Server を構成する
方法については、次の手順を参照してください。
プロキシ サーバーの構成: Tableau Server がロードバランサーを識別するために使用する
- 160 -
設定は、プロキシサーバーを識別するために使用する設定と同じです。Tableau Server ク
ラスタがプロキシサーバーとロードバランサーどちらも必要とする場合、プロキシサーバーと
ロードバランサーは同じマシン上で同じプロセスで処理される必要があります。
ロードバランサーを使用するための Tableau Server の構成
次の手順を実行して、ロードバランサーを使用するためにTableau Server を構成することができ
ます。
1. サーバーを停止します。
2. Tableau Server のbin ディレクトリで、次のコマンドを入力します。ここで、name はロードバ
ランサーを通じてTableau Server に到達するのに使用されるURL です。
tabadmin set gateway.public.host "name"
たとえば、ブラウザーのアドレスバーにtableau.example.com と入力することで
Tableau Server に到達する場合、以下のコマンドを入力します。
tabadmin set gateway.public.host "tableau.example.com"
3. Tableau の既定では、ロードバランサーがポート80 で外部との通信をリッスンしていると想
定しています。異なるポートを使用するには、次のコマンドを入力します。ここで、port_
number はポート番号です。
tabadmin set gateway.public.port "port_number"
4. 次に、次のコマンドを入力します。ここで、server はロードバランサーのIPv4 アドレスまた
はコンピューター名です。
tabadmin set gateway.trusted "server"
server の値は、次のようなコンマ区切りリストです。
tabadmin set gateway.trusted "123.45.67.890, 123.45.67.880,
123.45.67.870"
または
tabadmin set gateway.trusted "proxy1, proxy2, proxy3"
5. 次のコマンドでは、完全修飾ドメイン名や非完全修飾ドメイン名、別名などロードバラン
サーの代替名があれば入力します。これらはユーザーがブラウザに入力する可能性がある
名前です。個々の名前をコンマで区切ります。
tabadmin set gateway.trusted_hosts "name1, name2, name3"
例は次のとおりです。
tabadmin set gateway.trusted_hosts "lb.example.com, lb,
ftp.example.com, www.example.com"
6. config コマンドを実行します。
tabadmin config
7. サーバーを起動して変更を有効にします。
- 161 -
バックアップ プライマリの設定
このトピックの手順に従う前に、フェールオーバーおよび複数のゲートウェイの構成 ページ153の手
順を実行してください。この手順を実行すると、フェールオーバーサポートを提供する2 台のワー
カーサーバーができます。各サーバーが、ロードバランサーを設定できるゲートウェイも実行してい
ます。プライマリTableau Server が、プロセスとして公表も割り当てもされていないゲートウェイプ
ロセスおよびライセンス発行を実行してます。データエンジン、リポジトリ、およびゲートウェイに冗
長性があるため、プライマリTableau Server に対して冗長性を組み込む必要があります。組み
込むには、そのバックアップを作成します。バックアッププライマリはインストール中にライセンスを必
要としますが、それは Tableau EULA において認められる3 つの環境の1 つとしてみなされませ
ん。
ライセンスチェックは 8 時間ごとに行われることを覚えておいてください。プライマリがライセンス発行
コンポーネントのみを実行している場合、最後にライセンスチェックが行われたのがいつかによって
は、バックアッププライマリがオンラインになるまで最大 8 時間かかります。その間、クラスタは動作
を継続します。たとえば、ライセンスチェックが7 時間 50 分前に実行された場合は、あと10 分あ
ります。ライセンスチェックが1 分前に行われた場合は、あと7 時間 59 分あります。最後にライセ
ンスチェックが行われたのがいつかを知るには、ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\licensing folder にあるchecklicense_lic.log ファイルと他のログファイルを
見つけてください。
下記の最初の手順では、プライマリのバックアップの作成方法について説明します。2 つ目の手
順では、現在のプライマリに障害が生じたときの措置について順を追って説明します。
バックアッププライマリの作成
バックアッププライマリを作成するには、次の手順を行います。
1. プライマリTableau Server でサーバーを停止します。
2. プライマリで管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移
動します。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
3. バージョン8.1.3 とそれ以前のバージョン: 次のコマンドを入力します。ここで、
<primary1> は現在のプライマリのIPv4 アドレスまたはコンピューター名、<primary2>
はバックアッププライマリのIPv4 アドレスまたはコンピューター名です。
tabadmin failoverprimary --primary <primary1> --secondary
<primary2>
バージョン8.1.4 とそれ以降のバージョン: 現在のプライマリとバックアッププライマリ(推奨) の
コンピューター名、または現在のプライマリとバックアッププライマリのすべてのIPv4 アドレスを
使用して、次のコマンドを入力します。IPv4 アドレスを入力する場合、各 IPv4 アドレスを
コンマで区切ります。
tabadmin failoverprimary --primary "primary1_name,primary2_
name"
または
tabadmin failoverprimary --primary "primary1_IP,primary2_IP"
- 162 -
たとえば、現在のプライマリのコンピューター名がTABLEAU_SERVER であり、バックアッププ
ライマリのコンピューター名がTABLEAU_SERVER2 の場合、次のように入力します。
tabadmin failoverprimary --primary "TABLEAU_SERVER,TABLEAU_
SERVER2"
IPv4 アドレスを使用するコマンドの例を以下に示します。この例では、ユーザーのプライマリ
(primary1_IP) の単一 IPv4 アドレスは 123.45.67.90 であり、バックアッププライマリ
(primary2_IP) の単一 IPv4 アドレスは 123.45.67.89 と仮定しています。
tabadmin failoverprimary --primary
"123.45.67.90,123.45.67.89"
プライマリおよびバックアッププライマリに複数のIPv4 アドレスがある場合、それをすべて入
力します。例は次のとおりです。
tabadmin failoverprimary --primary
"123.45.67.90,123.45.67.91,123.45.67.89,123.45.67.88"
4. 次にプライマリのtabsvc.yml ファイル(ProgramData\Tableau\Tableau Server\config) のコ
ピーを作成し、このコピーをバックアッププライマリコンピューターの一時的な場所に保存し
ます。
tabsvc.yml ファイルには、サーバー構成設定が含まれています。[Tableau Server の構成]
ダイアログボックスまたは tabadmin から構成設定を変更すると、変更がこのファイルに書き
込まれます。tabsvc.yml が変更されたら、バックアッププライマリのtabsvc.yml のコピーを更
新する必要があります。
5. バックアッププライマリで、tabsvc.yml ファイルを開き、プライマリのIP アドレスまたはコン
ピューター名を、バックアッププライマリ(現在作業中のコンピューター) のIP アドレスまたはコ
ンピューター名に置き換えます。この手順で説明しているように、プライマリがゲートウェイを
実行するだけであれば、worker.hosts 行のみを編集する必要があります。プライマリが
追加プロセスを実行している場合、プライマリのIP アドレスまたは名前をバックアッププライ
マリの表示されているIP アドレスまたは名前に置き換えます。
- 163 -
6. バックアッププライマリコンピューターにTableau Server をインストールします。プライマリで
Tableau Server のセットアップを実行したときに使用したのと同じ実行するアカウント名と
構成設定を使用します。
7. セットアップが完了したら、バックアッププライマリでサーバーを停止します。
8. バックアッププライマリで次のコマンドを入力して、Tableau Server サービスを無効にしま
す。
- 164 -
sc config tabsvc start= disabled
これでバックアッププライマリの作成が完了しました。現在のプライマリで障害が発生した場
合の対処方法については、次の手順を参照してください。テスト環境で作業している場合
は、現在のプライマリの電源を切って構成をテストし、システム障害のシミュレーションを行う
良い機会です。
バックアッププライマリの設定
プライマリで障害が発生した場合は、この2 番目の手順を実行してください。すべての手順をバッ
クアッププライマリコンピューターで実行してください。
1. バックアッププライマリで、前の手順のステップ5 で編集したtabsvc.yml ファイルを使用し
て、ProgramData\Tableau\Tableau Server\config にローカルでインストールしたファイルを
上書きします。
2. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
3. バージョン8.1.3 とそれ以前のバージョン: 次のコマンドを入力します。ここで、primary2
はバックアッププライマリ(まもなく新しいプライマリになる) のIPv4 アドレスまたはコンピュー
ター名であり、primary1 は以前のプライマリ(まもなくバックアップになる) のIPv4 アドレス
またはコンピューター名です。
tabadmin failoverprimary --primary <primary2> --secondary
<primary1>
バージョン8.1.4 とそれ以降のバージョン: バックアッププライマリ(新しいプライマリとなる) のコ
ンピューター名、またはバックアッププライマリ(新しいプライマリとなる) およびプライマリ(バック
アッププライマリとなる) のIPv4 アドレスを使用して、次のコマンドを入力します。IPv4 アドレ
スを入力する場合、各 IPv4 アドレスをコンマで区切ります。
tabadmin failoverprimary --primary "primary2_name,primary1_
name"
または
tabadmin failoverprimary --primary "primary2_IP,primary1_IP"
たとえば、バックアッププライマリのコンピューター名がTABLEAU_SERVER2、以前のプライ
マリ名がTABLEAU_SERVER の場合、次のように入力します。
tabadmin failoverprimary --primary "TABLEAU_SERVER2,TABLEAU_
SERVER"
IPv4 アドレスを使用する例を以下に示します。この例では、バックアッププライマリ
(primary2_IP) の単一 IPv4 アドレスが123.45.67.89、以前のプライマリ
(primary1_IP) の単一 IPv4 アドレスが123.45.67.90 と仮定しています。
tabadmin failoverprimary --primary
"123.45.67.89,123.45.67.90"
- 165 -
バックアッププライマリおよび以前のプライマリに複数のIPv4 アドレスがある場合、それをす
べて入力します。例は次のとおりです。
tabadmin failoverprimary --primary
"123.45.67.89,123.45.67.88,123.45.67.90,123.45.67.91"
4. 次のコマンドを入力します。
sc config tabsvc start= auto
5. サーバーを起動します。これでバックアッププライマリがプライマリになります。[メンテナンス]
ページの[ステータス] 表を確認すると、プライマリのIP アドレスまたはコンピューター名が変
更されていることがわかります。
6. 以前のプライマリをバックアッププライマリにするには、次の手順を実行します。
l
l
l
[プログラムの追加/削除] を使用して、以前のプライマリからTableau Server を削除
します。アンインストールプログラムの最後にバックアップエラーが出ますが、これは無
視して構いません。
以前のプライマリのProgram Files とProgramData 内のTableau フォルダーを削除
します。
このトピックの「バックアッププライマリの作成」のステップ4 以降の手順を繰り返しま
す。
サーバーの操 作
Tableau Server のユーザーインターフェイスを使用してインストールを管理するときには、以下のト
ピックを参照してください。
ユーザーとライセンス
Tableau Server にアクセスする必要のある人は、その目的がパブリッシュ、参照、管理のいずれで
あっても、ユーザーとして追加される必要があります。また、ユーザーにはライセンスレベルを割り当
てる必要があります。
ユーザー
Tableau Server にアクセスする必要のある人は、その目的がパブリッシュ、参照、管理のいずれで
あっても、ユーザーとして追加される必要があります。Tableau Server で複数のサイトを実行して
いる場合、ユーザーの追加はシステム管理者が[すべてのユーザー] ページで行います。それ以外
の場合は、Tableau Server がシングルサイトモードであるときは、システム管理者およびサイト管
理者が[ユーザー] ページでユーザーを追加できます。
- 166 -
既定のユーザー
Tableau Server では自動的に"Tableau Software" ユーザーアカウントを作成し、ユーザーアカウ
ントにインタラクタ― ライセンスの1 つを割り当てます。このアカウントはサンプルワークブックをパブ
リッシュするのに使用されます。既定では、このアカウントにはパスワードがなく、サインインに使用
することはできません。
このアカウントのライセンスレベルを変更して別のユーザーが使用できるようにするか(ライセンスレ
ベルの変更 ページ183を参照してください)、内部ユーザー管理システム(ローカル認証) を使用
するようにサーバーを構成している場合は、アカウントにパスワードを追加してアクセスするようにで
きます (ユーザーの編集 ページ179を参照してください)。
ユーザーを追加した後、そのユーザーの編集および削除、サイトに対する追加または削除、ライ
センスレベルおよびユーザー権限の割り当てを行うことができます。詳細については、次のトピック
を参照してください。
ユーザーの追加
正しいパーミッションを持つシステム管理者とサイト管理者どちらも、[ユーザー] ページからユーザー
を追加できます。
- 167 -
ユーザーを1 人 ずつ追 加 するには
1. [ユーザー] ページで、ユーザーリストの上部にある[追加] リンクをクリックします。
2. [ユーザー名] を入力します。
l
l
ローカル認証: ローカル認証を使用するように構成されているサーバーでは、電子
メールアドレスをユーザー名として使用するのがユーザー名の競合を避けるための最
善の方法です (たとえば、jsmith ではなく[email protected])。ユーザー名を入
力した後、[ユーザーの追加] をクリックします。
Active Directory: サーバーを実行している同じActive Directory ドメインのユー
ザーを追加する場合は、ドメインなしでユーザー名を入力するだけです。サーバーの
ドメインが使用されます。
サーバーが使用しているドメインと別のドメインの間に双方向の信頼関係が設定さ
れている場合は、両方のドメインのユーザーを追加できます。初回に「サーバー以外
のドメイン」からユーザーを追加するときは、完全修飾ドメイン名とユーザー名を使用
します。それ以降のユーザーは、ドメインのニックネームを使用して追加できます。た
とえば、「サーバー以外のドメイン」がmybiz.lan であるとすると、そのドメインの最初
のユーザーは、「[email protected]」または「mybiz.lan\user1」と入力します。その次
のユーザーは、[email protected] や mybiz\user2 などのドメインのニックネームを使用し
て入力できます。
注:インポートプロセスでエラーの原因となるため、このフィールドにはユーザーのフル
ネームを入力しないでください。
3. ローカル認証の場合のみ、次の情報を入力します。
l
フル ネーム- ユーザーの表示名を入力します (John Smith など)。
l
パスワード- ユーザーのパスワードを入力します。
l
確認 - パスワードを再入力します。
4. ライセンスレベル: ライセンスレベルを選択します。詳細については、ライセンスとユーザー権
限 ページ181およびパーミッションの参照 ページ95 を参照してください。
5. ユーザー権限: ユーザーがワークブックをパブリッシュできるかどうかと管理者権限を割り当て
- 168 -
るかどうかを選択します。詳細については、ユーザー権限の許可と拒否 ページ185を参照
してください。
6. [追加] をクリックします。
複数サイトサーバーに関する注:
サイト管理者は、自分が管理するサイトのみのメンバーになっている既存ユーザーのアカウントを
編集できます。たとえば、User Joe がSite A とSite B のメンバーなら、Site B のみを管理するサイ
ト管理者は Joe のフルネームを変更することもパスワードをリセットすることもできません。
サイトへのユーザーの追加
サイトをTableau Server に追加すると、マルチサイトシステムになり、以前の[ユーザー] ページ
が、[すべてのユーザー] および[サイトユーザー] の2 つのページになります。全サーバーシステムに
適用される[すべてのユーザー] ページにアクセスできるのはシステム管理者のみです。複数サイト
に同時にまとめてユーザーを追加および削除できる場所はここだけです。ローカル認証を使用し
ているサーバーでは、ここでユーザーのパスワードをリセットできます。
[サイトユーザー] ページは、現在サインインしているサイトにサインインしているユーザーを見るため
の簡単な方法です。ここからユーザーを追加できますが、このサイトのみに追加されます。
- 169 -
次の手順では、[すべてのユーザー] からユーザーを追加する方法を説明します。追加するには、
次の2 つの方法があります。一度に1 つずつ(下記参照) か、CSV ファイルに依存する(CSV ファ
イルからのユーザーのインポート次のページを参照) インポートコマンドを使用して一括で追加し
ます。
ユーザーを1 人ずつ追加するには
1. [すべてのユーザー] ページで、ユーザーリストの上部にある[追加] リンクをクリックします。
2. [ユーザー名] を入力します。
l
l
ローカル認証 - ローカル認証を使用しているサーバーでは、電子メールアドレスを
ユーザー名として使用するのがユーザー名の競合を避けるための最善の方法です
(たとえば、jsmith ではなく[email protected])。
Active Directory— サーバーを実行している同じActive Directory ドメインのユー
- 170 -
ザーを追加する場合は、ドメインなしでユーザー名を入力するだけです。サーバーの
ドメインが使用されます。
サーバーが使用しているドメインと別のドメインの間に双方向の信頼関係が設定さ
れている場合は、両方のドメインのユーザーを追加できます。初回に「サーバー以外
のドメイン」からユーザーを追加するときは、完全修飾ドメイン名とユーザー名を使用
します。それ以降のユーザーは、ドメインのニックネームを使用して追加できます。た
とえば、「サーバー以外のドメイン」がmybiz.lan であるとすると、そのドメインの最初
のユーザーは、「[email protected]」または「mybiz.lan\user1」と入力します。その次
のユーザーは、[email protected] や mybiz\user2 などのドメインのニックネームを使用し
て入力できます。
注:インポートプロセスでエラーの原因となるため、このフィールドにはユーザーのフル
ネームを入力しないでください。
3. ローカル認証を使用しているサーバーでは、次の情報を入力します。
l
フル ネーム- ユーザーの表示名を入力します (John Smith など)。
l
パスワード- ユーザーのパスワードを入力します。
l
確認 - パスワードを再入力します。
4. サイトのメンバーシップ- そのユーザーがメンバーとなるサイトを選択します。現在サインイン
しているサイトが既定で選択されます。
5. ライセンスレベルとユーザー権限 - ライセンスレベル、管理者役割、ユーザーがワークブック
とデータソースをパブリッシュできるかどうかを選択します。複数のサイトに属するユーザー
は、サイトごとに異なるユーザー権限とライセンスレベルを持つことができます。詳細につい
ては、ライセンスレベルについてページ181、パーミッションの参照 ページ95、およびユー
ザー権限についてページ184を参照してください。
6. [ユーザーの追加] をクリックします。
CSV ファイルからのユーザーのインポート
CSV ファイルを使用することによって、ユーザー追加のプロセスを自動化できます。
要件
l
l
l
l
CSV ファイルは、バイトオーダーマーク(BOM) 付きのUTF-8 形式で保存する必要があり
ます。
BIG-5 などUTF-8 以外でエンコードされた文字は変換する必要があります。この操作は、
[名前を付けて保存] を使用して行うことができます。
列のヘッダーは使用しないでください。列のヘッダー(Username、Password など) を使用
すると、Tableau Serverはファイルの最初のユーザーのリテラルクレデンシャルとしてそのイン
ポートを試みます。
次の2 つの列が常に要求されます。
l
l
Username
Password: Tableau Server がActive Directory ユーザー認証を使用するように設
定されている場合、Password という列のヘッダーが1 つ必要ですが、列自体は空
- 171 -
になっている必要があります。ローカル認証を使用するサーバーでは、新しいユー
ザーのパスワードを指定する必要があります。その他の情報については、「マルチサイ
トモードとインポート元」も参照してください。
l
l
CSV ファイルにはオプションの列を次に示す順序で追加できます (Username 列と
Password 列の後に)。
l
Full Name
l
License Level (Interactor、Viewer、または Unlicensed)
l
Administrator (System、Site、Site または None)
l
Publisher (yes/true/1 または no/false/0)
l
Email Address
列の順序は重要です。最初の列は、Username として、2 番目は Password、3 番目
は Full Name など、列の内容と関係なく処理されます。
マルチサイトモードとインポート元
サーバーで複数のサイトが実行されている場合、システム管理者は 2 つのページからCSV ユー
ザーをインポートできます。それぞれ、既存のサーバーユーザーアカウントに関して異なる機能が
あります。
[すべてのユーザー] ページ: サーバーで複数のサイトが実行されている場合、システム管理
者のみがアクセスできるこのページが表示されます。
l
ここからCSV をインポートすると、新しいサーバーユーザーアカウントを追加できるだけでな
く、既存のサーバーユーザーアカウントを更新できます。たとえば、既存ユーザーの新しい
- 172 -
パスワードを入れたCSV ファイルをインポートすると、既存ユーザーのパスワードがリセットさ
れます。
[サイトユーザー] ページ:
l
このページでは、システム管理者はサイト管理者と同じ権限を持っています。つまり、シス
テム管理者は CSV インポートによる新しいユーザーアカウントの追加ができますが、そのイ
ンポートに既存ユーザーが含まれている場合は、[パスワード] フィールドと[フル ネーム]
フィールドが一致しているか空白になっている必要があります。新しいパスワードまたはフル
ネームが使用されると、インポートは失敗します。
複数サイトサーバーのサイト管理者は、CSV ユーザーインポートを[ユーザー] ページから実行し
ます。
- 173 -
個々のユーザーは同じサーバーシステム上の複数のサイトに属することができますが、各サイトで
同じクレデンシャルを使用する必要があります。これは、サイトには新しいユーザーでもサーバーに
は既知のユーザー(つまり、そのサーバーの他のサイトのメンバー) を追加するときに重要になりま
す。そのような可能性がある場合、Password 列を空にしておきます (ただし、Password 列
ヘッダーは必要です)。サーバーがローカル認証を使用するように設定されていて、新しいサイト
ユーザーがそのサーバーシステムにとっても新しいユーザーである場合は、そのユーザーにパスワー
ドを与えるように指示するメッセージがCSV インポートの画面に表示されます。
CSV ファイルからのユーザーの追加
CSV ファイルからユーザーを追加するには
1. [ユーザー] ページまたは [すべてのユーザー] ページで、[インポート] リンクをクリックします。
2. [参照] をクリックし、ファイルに移動して、[ファイルのチェック] をクリックします。
- 174 -
3. 結果のプレビューが表示されます。個々のアカウントの内容を見るには、[詳細を表示する]
を選択します。
4. 先へ進むには、[ユーザーのインポート] をクリックし、最後のダイアログボックスで[終了] をク
リックします。
グループへのユーザーの追加
ユーザー管理を簡単にする方法の1 つは、ユーザーをグループに割り当てることです。ユーザーを
グループ化すると、個々のユーザーではなくグループ全体にパーミッションを割り当てることができま
す。グループにユーザーを追加するには、グループが既に存在する必要があります。詳細について
はグループの作成 ページ186を参照してください。
グループにユーザーを追加するには
- 175 -
1. [管理者] タブで、[ユーザー] ページを選択します。
複数サイトサーバーのシステム管理者の場合、[サイトユーザー] ページを使用して、サイト
ごとにこの手順を実行する必要があります。
2. 1 人または複数のユーザーを選択します。
3. ユーザーリストの上にある[グループ+] リンクをクリックして、ユーザーを追加するグループを
選択します。
- 176 -
ユーザーの表示、編集、および削除
このトピックでは、Tableau Serverユーザーを表示、編集、および削除する方法について学習しま
す。
ユーザーの表示
Tableau Server で複数のサイトが実行されている場合、[すべてのユーザー] を選択すると、サー
バーシステムのすべてのユーザーがリストされ、[サイトユーザー] を選択すると、現在ログインして
いるサイトのすべてのユーザーが表示されます。
注:
既定では、このユーザーリストはプライベートであり、管理者のみに表示されます。[メンテナンス]
ページの[設定] 領域にある[パブリックユーザーリスト] を有効にして、このユーザーリストをパブリッ
クにすることができます。サーバーで複数のサイトを実行している場合は、この設定を有効にする
と、ユーザーにそのサイトのユーザー名のみが表示されます。
- 177 -
ユーザーは複数のページにわたってリストできます。リストでユーザーを選択すると、左上隅のクイッ
クリストに追加されます。このクイックリストを使用して、選択しているユーザーの人数を確認した
り、選択からユーザーを簡単に削除したりできます。選択からユーザーを削除するには、クイックリ
ストのユーザー名の横の[x" x] ボタンをクリックします。
また、左側の[フィルター] の下にある[検索] ボックスを使用して、リスト内の特定のユーザーをす
ばやく見つけることができます。
ユーザー名の全体または一部を入力し、Enter キーを押します。検索では、ワイルドカードとして
アスタリスク文字 (*) を使用できます。たとえば、John* を検索すると、John で始まるすべての名
前が返されます。
パブリッシュ権 限
管理者はユーザーリストを使用して、パブリッシュ可能なユーザー、および権限が明示的または
暗示的に設定されているかを表示することができます。パブリッシュ権限が明示的に設定されて
いる場合、[パブリッシュ] 列の緑色のチェックマークをポイントすると許可 (付与) ツールヒントが表
示されます。
- 178 -
管理者またはプロジェクトリーダーであるためパブリッシュできるユーザーには、暗示的なパブリッ
シュ権限があります。つまり、権限が役割に付随しています。チェックマークをポイントすると、許可
(暗示的) ツールヒントが表示されます。
ユーザーの編集
内部ユーザー管理システム(ローカル認証) を使用するようにサーバーが構成されている場合は、
ユーザーの追加後にユーザーの表示名とパスワードを編集できます。変更が多い場合は CSV
ファイルからインポートする方法が最も簡単です。多くの変更を行う場合は、CSV ファイルから変
更をインポートする方が簡単です。詳細については、ユーザーの追加 ページ167 を参照してくだ
さい。
ユーザー情報を編集するには、次の手順を行います。
1. ユーザーリストで1 人のユーザーを選択します。
2. リスト上部の[編集] リンクをクリックします。
3. 新しい表示名とパスワードを対応するテキストボックスに入力します。
- 179 -
4. [送信] をクリックします。
複数サイトサーバーに関する注:
サイト管理者は、自分が管理するサイトのみのメンバーになっている既存ユーザーのアカウントを
編集できます。たとえば、User Joe がSite A とSite B のメンバーなら、Site B のみを管理するサイ
ト管理者は Joe のフルネームを変更することもパスワードをリセットすることもできません。
ユーザーの削除
ユーザーを削除するには、次の手順を行います。
1. 削除する1 人または複数のユーザーを選択します。
2. リスト上部の[削除] をクリックします。
3. 確認ダイアログボックスで[はい] をクリックします。
ユーザーがコンテンツ(ワークブック、データソースなど) を所有していない場合、Tableau
Serverからのみユーザーを削除できます。コンテンツを所有しているユーザーを削除するた
めに前に記載した手順を使用する場合、ユーザーはライセンスなしに設定されますが、削
除はされません。
- 180 -
ライセンスとユーザー権限
割り当てるライセンスレベルとユーザー権限により、ユーザーがTableau Server でどれほどのことを
実行できるかが決まります。
ライセンスレベルについて
[ライセンス] ページを開くには、[管理] タブで[ライセンス] リンクをクリックします。
Tableau Server のすべてのユーザーは、レベルにライセンスがない場合でも、ライセンスレベルを
割り当てる必要があります。Tableau Server のライセンスレベルは、Tableau から購入したユー
ザーライセンスという名前のTableau Server に対応していません(コアベース方式の代わりに、
ユーザーベース方式のサーバーライセンスを使用している場合)。これらのライセンスを使用する
と、サーバー上に一定数のユーザーを持つことができます。ライセンスレベルにより、管理者はサイ
ト上のアクセスユーザー数を制御できます。
割り当てることができるライセンスレベルは次のとおりです。
ライセンスレベル
ライセンスなし
ビューアー
説明
ユーザーはサーバーにサイン
インできません。既定では、
すべてのユーザーがライセン
スなしで追加されます。
ユーザーはサーバーにサイン
インし、パブリッシュ済みの
ビューを表示できますが、
ビューを操作することはでき
ません。このレベルのユー
- 181 -
ライセンスレベル
インタラクター
ゲスト
説明
ザーには、ビューの表示、コ
メントの追加、およびコメン
トの表示を行うパーミッショ
ンのみを与えることができま
す。ビューのクイックフィル
ターを操作すること、または
データを並べ替えることはで
きません。
ユーザーはサーバーにサイン
インし、サーバー内を参照
し、パブリッシュ済みのビュー
を操作できます。特定の
ビュー、ワークブックおよびプ
ロジェクトには、ユーザーの
権限を制限するパーミッショ
ンが追加される場合がある
ことに注意してください。
パーミッションの設定は、
ワークブック作成者または
管理者によって編集できま
す。
ゲストライセンスレベルは、
そのサーバーのアカウントを
持っていないユーザーに埋
め込みビューの表示と操作
を許可するために用意され
ています。これが有効になっ
ていると、ユーザーはサイン
インしなくても、視覚化コン
テンツが埋め込まれたWeb
ページを読み込むことができ
ます。このオプションはコア
ベースサーバーでのみ使用
できます。
ユーザーベースのTableau Server ライセンスを持っている場合、これらのライセンスレベルがどのよ
うに割り当てられているかは、[ライセンス] ページで確認できます。
- 182 -
コアベースのTableau Server ライセンスを持っている場合は、ゲスト接続が許可されているかが
[ライセンス] ページに表示されます。
ライセンスを持っているコア数および使用中の数も表示されます。
ライセンスレベルの変更
通常はユーザーを作成する際にライセンスレベルを割り当てます。1 人または複数の既存のユー
ザーのライセンスレベルを変更するには、次の手順に従います。
1. [管理] タブで、[ユーザー] をクリックします。
2. 1 人または複数のユーザーを選択します。
3. リスト上部の[ユーザーのライセンス] をクリックします。
4. 選択したユーザーについて[ライセンスなし]、[ビューアー]、または [インタラクター] のいずれ
かを選択します。
- 183 -
ユーザーリストの[ライセンスレベル] 列が変更を反映して更新されます。
ユーザー権限について
ライセンスレベルに加えて、Tableau Serverでのユーザーの特権はユーザー権限にも影響されま
す。
ユーザー権限
パブリッシュ
管理者
説明
ワークブックやデータソースのパブリッシュ
とダウンロードを行うため、ユーザーは
Tableau Desktop からTableau Server
に接続できます。
ユーザーを管理者に設定します。
管理者には 2 種類あり、サイト管理者
とシステム管理者が存在します。
l
l
サイト管理者はグループ、プロジェ
クト、ワークブック、およびデータ接
続を管理できます。既定では、サ
イト管理者はユーザーを追加して
ユーザー権限とライセンスレベルを
割り当てることもできますが、シス
テム管理者はそれを無効にできま
す (サイトの追加または編集 ペー
ジ209を参照)。
システム管理者は、サイト管理者
のすべての権限に加えて、ライセ
ンスなしのユーザーに対するライセ
ンス付与、サイト管理者がユー
ザーを追加できるかどうかの制
御、追加のシステム管理者の作
成を行うことができるほか、サー
バー自体を管理することもできま
- 184 -
ユーザー権限
説明
す。これにはメンテナンス、設定、
スケジュール、および検索インデッ
クスの管理が含まれます。
管理者権限は、インタラクターラ
イセンスレベルとパブリッシュ権限
を持つユーザーにのみ割り当てる
ことができます。
ユーザー権限の許可と拒否
通常はユーザーを作成する際にユーザー権限を割り当てます。1 人または複数の既存のユー
ザーのユーザー権限を変更するには、次の手順に従います。
1. [管理] タブで、[ユーザー] をクリックします。
2. 1 人または複数のユーザーを選択します。
3. リストの一番上にある[パブリッシュ] または [管理者] リンクをクリックします。
4. [許可] または [拒否] を選択して、選択されたユーザーのパブリッシュ権限を変更します。
- 185 -
5. [管理者] で、[システム]、[サイト]、または [なし] を選択して、選択されたユーザーの管理
者権限を変更します。ユーザーリストの[管理者] と[パブリッシュ] の各列は変更を反映し
て更新されます。
グループとプロジェクト
グループとプロジェクトは、Tableau Serverでワークブックとユーザーを整理するのに役立ちます。
グループ
Tableau Server ユーザーをグループに整理して、複数のユーザーを管理しやすくできます。グルー
プは、サーバーでローカルに作成することも、Active Directory からインポートすることもできます。
サーバー上、またはサーバーが複数のサイトをホストしている場合はサイト上のすべてのグループ
のリストが表示される[グループ] ページで、グループを作成および削除することができます。
グループの作成
サーバーの構成に応じて、内部ユーザー管理システム(ローカル認証) を使用してグループを追加
したり、Active Directory からインポートしたりできます。
ローカル グループの作成
ローカルグループは、内部ユーザー管理システムを使用してTableau Server で作成されたグルー
プです。グループの作成後、ユーザーを追加および削除できます。ローカルグループを作成するに
は、次の手順を行います。
- 186 -
1. グループのリストの上部にある[新規] をクリックします。
2. グループ名を入力し、[グループの追加] をクリックします。
3. グループのリストに戻るには、[グループに戻る] をクリックします。
Active Directory を介したグループの作成
Active Directory からグループをインポートすることもできます。Active Directory のグループをイン
ポートすると、対応するグループがサーバー上に作成され、グループの各メンバーに対応するユー
ザーがサーバー上に作成されます。各ユーザーのライセンスは解除され、パブリッシュのパーミッショ
ンはなくなります。ユーザーが既にサーバーに存在する場合は、新しいグループに追加され、その
パーミッションは変更されません。ライセンスレベルとユーザー権限の詳細については、ライセンスと
ユーザー権限 ページ181 を参照してください。
- 187 -
1. グループのリストの下部にある[Active Directory グループのインポート] をクリックします。
2. インポートするActive Directory グループの名前を入力し、[インポート] をクリックします。
3. グループの正確な名前が不明な場合は、[検索] テキストボックスにグループ名の全体また
は一部を入力して検索することができます。[検索] をクリックします。ワイルドカードとしてア
スタリスク記号 (*) を使用できます。
4. 検索結果のリストからグループを選択します。
5. [インポート] テキストボックスにグループ名が自動的に追加されます。[インポート] をクリック
してTableau Server にグループを追加します。
- 188 -
注: Active Directory からインポートしたグループの名前は変更できません。グループ名は
Active Directory でのみ変更できます。
Active Directory グループの同期
いつでもActive Directory グループをTableau Server と同期して、Active Directory の新規ユー
ザーをサーバーにも追加することができます。グループを1 つずつ同期することも、複数のグループ
を一度に同期することもできます。
1. [グループ] ページで1 つまたは複数のグループを選択します。
2. [同期] をクリックします。
サーバーを実行している同じActive Directory ドメインのグループを追加する場合は、グ
ループ名を入力するだけです。また、サーバーが使用しているドメインと別のドメインの間に
双方向の信頼関係が設定されている場合は、両方のドメインのグループを追加できま
す。サーバーが使用しているドメインとは異なるドメインのグループを初めて追加するとき
は、たとえば、domain.lan\group or [email protected] などのように、完全修飾ドメイン
名とグループ名を含める必要があります。それ以降のグループはドメインのニックネームを使
用して追加できます。ドメイン名の管理の詳細については、ドメイン名の変更 ページ112
を参照してください。
- 189 -
ユーザーの削 除
ユーザーをActive Directory から削除すると、Tableau Server のそのユーザーのグループと同期し
ます。ユーザーには以下の事柄が生じます。
l
同期したTableau Server グループから削除される
l
Tableau Server の[すべてのユーザー] グループに配置される
l
Tableau Server にサインインできない
ユーザーは管理者として引き続きサーバーに残っているため、アカウントを完全に削除する前に
ユーザーのコンテンツを監査して再び割り当てることができます。ユーザーはサーバーにサインイン
することはできません。ユーザーをTableau Server から完全に削除するには、以下を実行するこ
とが必要です。
l
l
ユーザーアカウントのライセンスを解除する(Tableau Server がユーザーベースのライセンス
を使用している場合)
Tableau Server の[すべてのユーザー] ページからユーザーを削除する
グループの削除
サーバーから任意のグループを削除できます。グループを削除すると、ユーザーはグループから削
除されますが、サーバーからは削除されません。
1. [グループ] ページで、削除する1 つまたは複数のグループを選択します。
2. グループリストの上にある[削除] をクリックします。
プロジェクト
プロジェクトは関連するワークブックのコレクションです。管理者の場合、プロジェクトのリストが、[コ
ンテンツ] タブおよび[管理] タブの2 つに表示されます。新しいプロジェクトを作成する場合は、
[管理] タブの[プロジェクト] ページを使用して、パーミッションの割り当てまたはプロジェクトの削除
を行います。
- 190 -
新しいプロジェクトを作成できるのは管理者だけですが、ユーザーやグループにプロジェクトリー
ダーというパーミッションを割り当てることができます。このパーミッションを持つユーザーまたはグルー
プは、プロジェクトのパーミッションを指定し、ワークブックをプロジェクトに移動することができます。
プロジェクトでの作業の詳細については、次のトピックを参照してください。
プロジェクトの追加
1 つまたは複数のプロジェクトを追加するには
1. [追加] リンクをクリックします。
2. プロジェクトの名前と説明を入力し、[追加] をクリックします。プロジェクトの説明には、書
- 191 -
式設定やハイパーリンクを含めることができます。
プロジェクトへのワークブックの移動
すべてのワークブックがプロジェクト内にある必要があります。既定では、ワークブックは既定プロ
ジェクトに自動的に追加されます。独自のプロジェクトを作成した後、ワークブックをあるプロジェク
トから別のプロジェクトに移動できます。インタラクターライセンスレベルを持っているユーザーは、
次の条件のうち少なくとも1 つが当てはまる場合に、ワークブックをプロジェクトに移動できます。
l
そのプロジェクトへの書き込みパーミッションが与えられている。
l
そのプロジェクトに対するプロジェクトリーダーパーミッションが与えられている。
l
管理者権限が与えられている。
ワークブックをプロジェクトに移動するには
1. 1 つまたは複数のワークブックを選択し、ワークブックのリストの上部にある[移動] リンクをク
リックします。
- 192 -
2. ワークブックの移動先のプロジェクトを選択します。
すべてのワークブックはプロジェクトの一部である必要があるので、ワークブックをプロジェクト
から削除する場合は、"既定" プロジェクトに移動します。各ワークブックは 1 つのプロジェク
トにのみ含めることができます。
プロジェクトの削除
プロジェクトを削除できるのは管理者だけです。プロジェクトを削除すると、そのプロジェクトに含ま
れているすべてのワークブックとビューもサーバーから削除されます。プロジェクトを削除するには、
次の手順を行います。
1. プロジェクトリストでプロジェクトを選択します。
2. プロジェクトリストの上にある[削除] をクリックします。
- 193 -
3. 確認ダイアログボックスで[はい] をクリックします。
既定のプロジェクトは削除できません。
更 新 およびサブスクリプションのスケジュール
抽出の更新およびサブスクリプションの配信は、Tableau Serverによって実行されるタスクで、スケ
ジュールはこれらのタスクがいつ実行されるかをコントロールします。
サーバー管理者は、サーバーのタスクとスケジュールに対する最高レベルのコントロールを持ってい
ますが、Tableau Serverユーザーがスケジュール出来るのは、2 種類のタスクです。ワークブックの
作成者は、抽出と共にワークブックまたはデータソースをパブリッシュするときに抽出の更新をスケ
ジュールでき、Tableau Serverユーザーは、スケジュールに基づいて配信されるビューをサブスクラ
イブできます。管理者は、抽出またはサブスクリプションのスケジュール調整、新しいスケジュール
の作成、タスクの更新、タスクの削除を実行できます。また、ワークブック作成者がスケジュールを
設定できるようにするかどうか(スケジュールの有効化 次のページを参照)、サーバーがサブスクリプ
ションを送信するよう設定されるかどうか(サブスクリプションの管理 ページ203を参照) もコントロー
ルします。抽出のスケジュールに対するすべての変更は、作成者が次回パブリッシュするときに
Tableau Desktop の[スケジュール] ダイアログボックスに反映されます。同様に、新しいサブスクリ
プションスケジュールを作成または既存スケジュールを削除すると、Tableau Server ユーザーが
ビューをサブスクライブする際に表示されるスケジュールオプションに反映されます。
詳細については、次のトピックを参照してください。
抽出とスケジュールについて
Tableau Desktop を使用すると、作成者はデータ抽出 (元のデータソースからのデータのコピーま
たはサブセット) を作成できます。抽出データがTableau のビルトインの高速データエンジンにイン
ポートされるため、データ抽出を使用するワークブックの方が、ライブデータベース接続を使用する
ワークブックよりも一般的に高速です。また、抽出によって機能性も向上します。抽出が含まれる
ワークブックまたはデータソースがパブリッシュされると、抽出は Tableau Server に存在します。
- 194 -
Tableau Server での抽出の直接更新:
l
Web ブラウザー: 管理者として抽出を含むワークブックまたはデータソースがパブリッシュ時
に更新スケジュールを指定されたかどうかに関係なく、管理者は抽出更新スケジュールの
変更や再割り当てを行うことができます。Tableau Server でサイトの管理者が行ったスケ
ジュールのすべての変更は、ワークブックまたはデータソースが再びパブリッシュされると、
Tableau Desktop の[スケジュール] ダイアログボックスに反映されます。
また、[今すぐ実行] オプションを使用して、直ちに抽出 を更新することもできます。詳細に
ついては、更新タスクの管理 ページ199とスケジュールの作成または変更 次のページを参
照してください。更新スケジュールを作成する前に、サーバーでスケジュールを有効にする
必要があることに注意してください。詳細については、スケジュールの有効化 下を参照して
ください。
l
tabcmd コマンドラインユーティリティ: tabcmd コマンドラインユーティリティは、コマンドライ
ンから使用できる、または独自のスクリプトに組み込むことができるrefreshextracts コ
マンドを提供します。詳細については、更新タスクの自動化 ページ201を参照してくださ
い。
Tableau Desktop からの抽出の更新:
l
l
l
パブリッシュ時:作成者が抽出を使用するワークブックまたはデータソースをパブリッシュすると
き、Tableau Server で定期的な更新スケジュールを割り当てることができます。更新に
は、完全更新と増分更新があります。増分更新は、日付、日付/時刻、またはタイムスタ
ンプなど整数のデータ型がある抽出の列を参照します。Tableau はこの列を使用して、抽
出に追加する必要がある新しい行を識別します。詳細については Tableau Desktop ヘル
プの「抽出の更新」と「スケジュール」を参照してください。
ユーザー インターフェイス: Tableau Desktop の「ソースから更新」、「ファイルからデータを追
加」、および「データソースからデータを追加」オプションを使用すると、Tableau Serverへの
追加をアップロードしたり、抽出を更新したりできます。Tableau Server に元のデータソー
スからデータを更新するために必要なクレデンシャルがない場合、これを行うことができま
す。アップロード方法の詳細については、Tableau Desktop のオンラインヘルプの「Tableau
Server の抽出の更新」を参照してください。
データ抽出コマンドラインユーティリティ: データ抽出コマンドラインユーティリティは、
Tableau Desktop と共にインストールします。このユーティリティを使用すると、Tableau
Serverの抽出への追加をアップロードしたり、抽出を更新できます。アップロード方法の詳
細については、Tableau Desktop のオンラインヘルプの「Tableau データ抽出コマンドライン
ユーティリティ」を参照してください。
スケジュールの有効化
抽出の更新をスケジュールするには、サーバーでスケジュールを有効にする必要があります。スケ
ジュールを有効にすると、スケジュールへのワークブックおよびデータソースの追加、スケジュールの
作成と編集、スケジュールされたタスクの管理、スケジュール設定の変更を行うことができます。こ
れにより、パブリッシャーはワークブックをスケジュールに割り当てることができますこの設定は、サブ
スクリプションのスケジュールには影響しません。
- 195 -
スケジュールを有効にするには、サーバーの[メンテナンス] ページで[設定] の[スケジュール] チェッ
クボックスをオンにします。
抽出の更新にはデータベースのパスワードが必要な場合があるため、スケジュールを有効
にするには、[埋め込みクレデンシャル] を有効にする必要があります。
スケジュールの作成または変更
[スケジュール] ページには、スケジュールの名前、タイプ、目的 (範囲)、タスク数、動作 (並列処
理または順次処理)、スケジュールされた実行時刻など、スケジュールのリストが表示されます。
1. スケジュールを新規作成するには、[新規] をクリックします。
2. 既存スケジュールを変更するには、選択して[変更] をクリックします。
3. スケジュールにわかりやすい[名前] を指定します (毎週土曜日の朝、月末など)。
- 196 -
4. スケジュールが処理する[スケジュール スコープ] で、抽出の更新またはサブスクリプションの
配信を選択します。
5. オプションで、0 ~ 100 の[既定の優先度] を定義します。この優先度は既定でタスクに割
り当てられます。キューで2 つのタスクが保留中である場合、高い優先度のタスクが最初に
実行されます。タスクの優先度の変更方法の詳細については、更新タスクの管理 ページ
199を参照してください。
6. スケジュールのジョブを同時に(並列実行、既定) 実行するか、順番に(順次実行) 実行
するかを選択します。
7. スケジュールの定義または編集を終了します。毎時、毎日、毎週、または毎月行うように
スケジュールを定義できます。
8. 新規スケジュールの場合は [スケジュールの作成]、既存のスケジュールを変更する場合は
- 197 -
[スケジュールの保存] をクリックします。
スケジュールへのデータソースまたはワークブックの追加
スケジュールを有効にする[ワークブック] リストからスケジュールにワークブックを追加するか、[データ
ソース] リストからデータソースを追加できます。既定では、Tableau Serverには抽出を更新する
ためにビルトインのスケジュールが3 つあります。独自のスケジュールを作成することもできます。詳
細については、スケジュールの作成または変更 ページ196 を参照してください。
1. 抽出更新のためにワークブックをスケジュールする場合、[ワークブック] ページで1 つ以上の
ワークブックを選択し、[スケジュールされたタスク] をクリックします。
抽出更新のためにデータソースをスケジュールする場合、[データソース] ページで1 つ以上
のデータソースを選択し、[スケジュールされたタスク] をクリックします。
2. [完全更新の追加] または [増分更新の追加] を選択し、リストからスケジュールを選択し
ます。
- 198 -
選択したデータソースが抽出に接続する場合にのみ、[完全更新の追加] を使用できま
す。選択したデータソースが、増分更新を定義した抽出データソースに接続する場合に
のみ、[増分更新の追加] を使用できます。Tableau Serverでは、マッピングされたドライブ
上のローカルファイルデータソースに接続するデータソースは更新できません。データソー
スへの完全パスを使用するように接続を更新します。
更新タスクの管理
[タスク] ページには、サーバーによって処理されている完全または増分抽出更新がすべて表示さ
れます。システム管理者およびサイト管理者はこのページを使用s知恵タスクの優先度を変更し
たり、別のスケジュールにタスクを移動したり、タスクの実行や削除を行ったりできます。[管理者]
タブの[タスク] をクリックして、[タスク] ページを開きます。
タスクのスケジュールの編集
以下に従って、抽出更新タスクをあるスケジュールから別のスケジュールに移動します。
1. [タスク] ページで、変更する1 つまたは複数のタスクを選択します。
2. [スケジュールの編集] をクリックします。スケジュールのリストから新しいスケジュールを選択し
- 199 -
ます。
タスクの削除や実行を行うには、リストで1 つまたは複数のタスクを選択し、ツールバーのオプショ
ンを選択します。
今すぐタスクを実行
[今すぐ実行] オプションを使用して、抽出更新タスクなどのタスクを直ちに更新するように強制で
きます。
1. [タスク] ページで、実行するタスクを選択します。
2. [今すぐ実行] をクリックします。
タスクの優先度の変更
抽出更新の優先度を変更するには
1. [タスク] ページで、変更する1 つまたは複数のタスクを選択します。
2. [優先度の編集] をクリックします。
3. 0 ~ 100 の新しい優先度を入力し、[送信] をクリックします。
- 200 -
更新タスクの自動化
抽出更新タスクをTableau Server のスケジュールに関連付けて、データ抽出の更新を自動化で
きます。tabcmd を使用して、抽出の更新を自動化することもできます。Tableau Server に付属
しており、Tableau Server とは別のコンピューターにインストールすることができます。特に、独自
のスクリプト内の他のコマンドと組み合わせて、refreshextracts コマンドを使用できます。
例は次のとおりです。
tabcmd login - http://mytabserver -u jsmith -p [email protected]!
refreshextracts --datasource salesq4
抽出の更新アラートの処理
スケジュールされた抽出更新が成功しない場合、Tableau の右上隅に次のような [アラート] メ
ニューが表示されます。
[アラート] メニューは、抽出更新に失敗し、ユーザーが次の場合にのみ表示されます。
l
システムまたはサイトの管理者。
l
更新できなかったワークブックまたはデータソースの作成者。
l
更新できなかったデータソースに接続するワークブックの作成者。
[アラート] メニューを開くと、更新失敗について、次のような詳細情報が表示されます。
- 201 -
データソースが埋め込みとして列挙されている場合、データソースの定義 (データソースクレデン
シャルまたはデータベース名のようなものを含む) が、Tableau Desktop に作成された元のワーク
ブック自体の中に埋め込まれている、またはあることを表します。
データソース名またはワークブック名がデータソース(たとえば、データソース: sales_data) として
列挙されている場合、データソースがTableau Server データソースであることを表します。データ
ソースの定義は Tableau Server にあります。
[データ] ウィンドウで、Tableau Desktop に作成された元のワークブックまたはデータソースを識別
することができます。データソース名の隣には、データベースアイコンの代わりにTableau アイコン
が表示されます。
- 202 -
抽出更新の問題の解決
アラート内の[接続情報の編集] リンクをクリックし、欠けている情報を入力して[保存] をクリックす
ることで、いくつかの抽出更新の問題を解決することができます。
データ接続を編集しても問題を修正することができない場合、Tableau Desktop で問題を解決
しワークブックを再度パブリッシュする必要があります。
ヒント: 管理者は、[アドミン] タブからアクセスする[データ接続] ページでいつでもデータ接続を編
集することができます。
サブスクリプションの管理
サブスクリプションとして、サブスクライブしているユーザーにTableau Server ビューまたはワークブッ
クが定期的に電子メールで送付されます。サブスクライバーが電子メールに含まれるビューまたは
ワークブックのスナップショットをクリックすると、Tableau Serverに開かれます。
サブスクライバーの電子メールアドレスおよび名前、ビューの名前、送付スケジュールなど、各サブ
スクリプションの情報にアクセスするには、[管理] タブの[サブスクリプション] をクリックします。
要件
Tableau Server ユーザーがサブスクリプションを受信するには、次のものが必要です。
l
l
電子メール設定構成: システム管理者として、セットアップ時に表示される[構成] ダイアロ
グボックスの[アラートとサブスクリプション] タブで、サブスクリプションの基本 SMTP サーバー
設定を構成します。これは、サーバーユーザーに電子メールでサブスクリプションを送信する
のに使用される"アカウントから" のTableau Server です。このタブには、セットアップ後もア
クセスできます。手順については、サーバーの再構成 ページ126および電子メール サブスク
リプションの構成 ページ116を参照してください。
埋め込まれたか、必要でないクレデンシャル: Tableau Server のパースペクティブから、サブ
- 203 -
スクリプションにはワークブック、データ、およびスケジュールが含まれます。データの断片を配
信するには、Tableau Server はエンドユーザーの関与なしにデータにアクセスできる必要が
あります。これは、Tableau Server データソースの埋め込まれたデータベースクレデンシャル
を持つワークブックを使用するか、パブリッシュ時にワークブックに含まれるファイルなど、クレ
デンシャルを必要としないデータを使用することで達成できます。稼働中のデータベース接
続用のクレデンシャルを要求するワークブックはサブスクライブできません。
l
l
ユーザー要件: ユーザーがTableau Server 上でビューまたはワークブックを表示でき、右上
隅にサブスクリプションアイコン( ) がある場合、ビューまたはワークブックをサブスクライブで
きます。ビューまたはワークブックを表示する機能は、[表示] パーミッションによって制御され
ます。ユーザーには電子メールアドレスも必要です。Tableau Server にユーザーをサブスク
ライブするための電子メールアドレスがない場合、サブスクリプションのサインアップ時に要求
されます。ユーザーは、[ユーザー設定] ページで、配信オプションの変更、サブスクリプション
の解除、または電子メールアドレスの更新を実行できます。
信頼できる認証がない: Tableau Server が信頼できる認証のために設定されている場
合、サブスクリプションは無効です。信頼できる認証とTableau のローカル認証を組み合わ
せることで、エンドユーザーが"サインインフリー" で認証される体験が実現します。これと同
じ体験を実現し、サブスクリプションを使用するには、ユーザー認証タイプとして、代わりに
Active Directory ([自動ログインを有効にする] を設定) を使用します。セットアップ時には、
ユーザー認証タイプを選択します。手順については、サーバーの構成 ページ109を参照し
てください。
追加のサブスクリプション設定
サブスクリプションが[アラートとサブスクリプション] タブで設定され、Tableau Server が既定設定を
使用している限り、サーバーユーザーは表示されているビューおよびワークブックをサブスクライブで
きます。ユーザーによるサブスクリプションまたはサブスクリプションのカスタマイズを防止するには、以
下の手順に従います。
l
l
l
[サイト] ページ: 既定ではサブスクリプションはすべてのサイトで有効ですが、[サイト] ページ
を使用して各サイトごとにサブスクリプションを無効にするか、カスタマイズすることができま
す。たとえば、[構成] ダイアログボックスで指定したアドレスではなく、サブスクリプションのカ
スタム[送信元アドレス] を入力できます。また、ユーザーが受信するサブスクリプション電子
メールのフッターを作成することもできます。
[スケジュール] ページ: ユーザーが、いつサブスクライブするかを選択するには、1 つ以上のサ
ブスクリプションのスケジュールが必要です。Tableau は、既定で2 つ提供しています。シス
テム管理者として、追加のスケジュールを作成または既定スケジュールを削除できます。
詳細については、スケジュールの作成または変更 ページ196を参照してください。
[サブスクリプション] ページ: このページには、サーバー上 (サイト管理者の場合はサイト上)
のすべてのサブスクリプションがリストされます。システム管理者はこのページを使用して、
サーバーユーザーのサブスクリプションスケジュールの変更、またはサブスクリプションの削除
を実行できます。詳細については、次のトピックを参照してください。
正しくサブスクリプションを設定できているかどうかをテストする方法の手順については、サブスクリプ
ション設定のテスト次のページを参照してください。サブスクリプションに関する問題を経験してい
る場合は、サブスクリプションのトラブルシューティングページ438を参照してください。
- 204 -
サブスクリプションの削除
サブスクリプションを削除するには、削除するサブスクリプションを選択し、[削除] をクリックします。
サブスクリプションスケジュールの編集
サブスクリプションスケジュールを変更するには、サブスクリプションを選択し、[スケジュールの編集]
をクリックして、スケジュールを選択します。
サブスクリプション設定のテスト
管理者として、次の手順を実行してサブスクリプションが正しく設定されているかどうかテストできま
す。
1. ビューをサブスクライブします。
2. [スケジュール] ページで、サブスクリプションが含まれるスケジュールを選択します。
3. [今すぐ実行] をクリックします。
- 205 -
4. しばらくすると、電子メールの受信箱にサブスクリプションが表示されます。
サブスクリプションのトラブルシューティング
"この電子メール内のビュー スナップショットを正しくレンダリングできませんでした。"
このエラーメッセージ付きサブスクリプションを受け取った場合は、いくつかの理由がある可能性が
あります。
l
l
l
クレデンシャルが見つかりません。いくつかのビューは、埋め込みクレデンシャルを使用してパ
ブリッシュされます。埋め込みクレデンシャルが期限切れの場合、または埋め込みクレデン
シャルを使用せずにビューが再度パブリッシュされた場合、上記のエラーが表示される可能
性があります。
データベースが一時的にダウンしています。ビューが稼働中のデータベースと接続しており、
サブスクリプションの生成時にデータベースが一時的にダウンした場合、上記のエラーが表
示される可能性があります。
バックグラウンドプロセスがタイムアウトしました。既定では、バックグラウンドプロセスは 30
分後にサブスクリプションのタイムアウトを処理します。ほとんどの場合、十分な時間があり
ます。しかし、バックグラウンドプロセスが非常に大規模で複雑なダッシュボードを処理して
いる場合は、十分な時間がない可能性があります。時間が十分あるかどうかを判断する
ために、バックグラウンドタスクページ252の管理者ビューを確認できます。タイムアウトのし
きい値を増やすには、tabadmin オプションsubscriptions.timeout を使用します。
サブスクライブできない
ユーザーがTableau Server 上でビューを表示でき、右上隅にサブスクリプションアイコン(
る場合、ビューをサブスクライブできます。
) があ
ビューをサブスクライブするには 2 つのものが必要です。Tableau Server を正しく設定する必要が
あります (サブスクリプションの管理 ページ203を参照)。また、サブスクライブしているビューがデータ
ソースの埋め込みクレデンシャルを持つようにするか、クレデンシャルに依存しないようにする必要
があります。後者の例には、更新していない抽出に接続するワークブック、またはパブリッシュ時に
ワークブックに含まれていたファイル内に、データが置かれているワークブックが含まれます。クレデン
シャルの埋め込みは、Tableau Desktop で発生する1 つの手順です(詳細についてはTableau
Desktop ヘルプを参照)。
サブスクリプションアイコンがない
Tableau Server 上でビューを表示できても、サブスクライブできない可能性があります。これは、
稼働中のデータベースに接続するビューで、ビューを最初にクリックした際にデータベースクレデン
- 206 -
シャルが要求される場合に発生します。サブスクリプションには、ビュー(またはワークブック)、デー
タ、およびスケジュールが含まれます。データの断片を配信するために、Tableau Server は埋め込
みデータベースクレデンシャル、またはクレデンシャルを必要としないデータのいずれかが必要で
す。稼働中のデータベースへの接続が関係している場合、Tableau Server はクレデンシャルを持
たず、各ユーザーのみがクレデンシャルを持ちます。この理由により、サブスクライブできるのは、ク
レデンシャルが必要でないビューか、クレデンシャルが埋め込まれているビューのみです。
また、Tableau Server が信頼できる認証用に設定されている場合、ビューを表示できてもサブス
クライブできない(サブスクリプションアイコンがない) 場合があります。詳細については、「サブスクリ
プション要件」を参照してください。
無効または「壊れた」サブスクリプションの受信
稼動中のインスタンスに加えて、Tableau Server のテストインスタンスまたは開発インスタンスでサ
ブスクリプションを構成した場合は、稼動中でないインスタンスでのサブスクリプションを無効にしま
す。すべてのインスタンスでサブスクリプションを有効に保つことにより、ユーザーは有効だと表示さ
れるが動作しないサブスクリプションを受信したり、ビューまたはワークブックからサブスクリプションを
解除したにもかかわらず、サブスクリプションを受信する可能性があります。
サブスクリプションが届いていない ("電子メール送信エラー。コマンドをSMTP ホストに送信できない。")
サブスクリプションが送信されたように表示され (バックグラウンドタスクページ252の管理者ビュー
に従って)、それでもまだサブスクリプションが届いておらず、SMTP サーバーが暗号化 (SSL) セッ
ションを使用している場合、Windows Event Viewer に上記のエラーが表示される可能性があり
ます。サブスクリプションは暗号化されていないSMTP 接続の場合にのみサポートされます。この
問題の解決策は、暗号化されていないSMTP サーバーを使用することです。
8.1 にアップグレード後にカスタム スクリプトが動作しない
セッション管理の向上をサポートするため、バージョン8.1 より、ハッシュタグ(#) がビューのURL 末
尾に追加されました。カスタムのサブスクリプションが、生成されるビューをPDF または PNG として
スクリプトする場合、スクリプトを更新して、ハッシュタグを許可する必要がある場合があります。
たとえば、バージョン8.1 以前ではビューのURL は次のような状態です:
http://tableauserver/views/SuperStore/sheet1。さらに、ビューをPNG として生
成するには、.png をhttp://tableauserver/views/SuperStore/sheet1.png の
ようにURL 末尾に追加します。バージョン8.1 より、ビューのURL は次のような状態です:
http://tableauserver/views/SuperStore/sheet1#1。PNG を生成するに
は、.png をハッシュタグの前に追加します。たとえば、
http://tableauserver/views/SuperStore/sheet1.png#1 です。
サイト
1 つのサーバーシステム上でさまざまな組織やグループの独立したサイトを作成するには、[サイト]
ページを使用します。それぞれのサイトのワークブック、データ、ユーザーリストは、他のサイトのワー
クブック、データ、ユーザーリストとは切り離されています。すべてのサイトを表示し、サイトの作
成、システム全体の変更などの操作を実行できるのはシステム管理者のみです。詳細について
は、次のトピックを参照してください。
- 207 -
サイトの操作
次のトピックでは、使用する認証の種類や、ユーザーライセンス、管理者の役割について知って
おくべき事項など、複数のサイトの管理について説明します。
認証とサインインクレデンシャル
サーバー上のすべてのサイトでは、同じサーバー実行アカウントとユーザー認証モードを使用しま
す。Tableau Server のインストール時に、これらの両方の設定を選択します。詳細については、
全般 ページ110を参照してください。
同じサーバーシステム上の複数のサイトに属するユーザーは、各サイトに同じクレデンシャルを使
用します。たとえば、Jane Smith のサイトA でのユーザー名がjsmith で、パスワードが
"MyPassword" である場合、サイトB でもこれと同じクレデンシャルを使用します。Jane Smith が
Tableau Server にサインインするときに、どのサイトにアクセスするかを選択できます。
"既定" サイト
シングルサイトサーバーシステムからマルチサイトサーバーシステムへの移行を支援するために、
Tableau Server には "既定" という名前のサイトがインストールされています。シングルサイトモード
で実行する場合は、"既定" サイトが自動的に使用されるので、明示的に使用を選択する必要
はありません。ただし、1 つまたは複数のサイトを追加する場合は、"既定" サイトが、Tableau
Server へのサインイン時にサインインできるサイトの1 つになります。"既定" サイトは、ユーザーが
システムに追加するサイトとは次の点で異なります。
l
l
l
ユーザーが追加するサイトのように削除することはできません。ただし、名前は変更できま
す。
Tableau Server に付属のサンプルおよびデータ接続が格納されています。
"既定" サイトに使用されるURL には、"default" という名前の対応するWeb フォルダーが
ありません。たとえば、"Sales (売上高)" というサイト上の"Profits (収益)" というビューの
URL は http://localhost/t/sales/views/profits です。"既定" サイト上の
これと同じビューのURL は http://localhost/views/profits です。
サイト管理者とシステム管理者の役割
Tableau Server には、システム管理者とサイト管理者という2 種類の管理者があります。システ
ム管理者は、サイト管理者にユーザーの追加と削除を許可するかどうかを、[新しいサイトの追
加] または [サイトの編集] ダイアログボックスで管理できます。
- 208 -
[システム管理者のみ] が選択されると、サイト管理者にはユーザーの追加と削除はできません。
しかし、コンテンツ管理者はサイト内で引き続きグループ、プロジェクト、ワークブック、およびデータ
接続を管理できます。[システム管理者およびサイト管理者] が選択された場合 (既定) は、サイ
ト管理者は上記のすべてに加えてユーザーの追加と削除ができます。
ライセンスとユーザー数の上限
ユーザーは、サイトごとに異なるユーザー権限とライセンスレベルで複数のサイトに属することがで
きます。複数サイトに所属するユーザーは、各サイトに対してライセンスを持つ必要はありませ
ん。各サーバーユーザーに必要なライセンスは 1 つだけです。
システム管理者は、[サイトの最大ユーザー数] <n> 設定を使って個々のサイトのユーザー数の上
限を指定できます。ライセンスを与えられているユーザーのみが数えられ、システム管理者は除外
されます。たとえば、ライセンスを持つユーザーの数が90、ライセンスを持たないユーザーの数が
20、システム管理者数が1 のサイトでは、ユーザー数は 90 になります。[サイトの最大ユーザー
数] が100、に設定されている場合、ライセンスを持つユーザーを10 人追加できます。
サイトの追加または編集
システム管理者の場合は、次の手順に従ってTableau Server にサイトを追加、または既存のサ
イトを編集できます。
- 209 -
1. [管理] エリアの[サイト] をクリックして[サイト] ページを開き、[追加] をクリックします。
サイトを編集する場合は、変更するサイトを選択し、[編集] をクリックします。Tableau
Server にサイトを追加していない場合、サイトは "既定" の1 つしかありません。
2. サイトの[サイト名] および[サイトID] ("既定" サイトを編集する場合は、[サイトID] を変
更できません) を入力します。
URL 内の文字 t (たとえば、http://localhost/t/wsales) は変更できません。マルチサイト
サーバーシステムでは、これは既定サイト以外のサイトのURL で使用されます。
3. ワークブック、抽出、およびデータソースはすべて、サーバーの保存スペースを使用します。
[制限なし] または [容量] を選択し、上限とするGB 数を入力します。容量を設定してサ
イトがそれを超えた場合、パブリッシャーはサイトが制限内に戻るまで、新しいコンテンツを
アップロードできません。システム管理者は、[サイト] ページの[保存容量] および[使用量
(%)] 列を使用して、容量に対するサイトの使用量を管理できます。
4. 次に、ユーザーの追加と削除ができるのは [システム管理者のみ] か[システム管理者とサ
イト管理者] の両者ができるようにするかを選択します。
- 210 -
サイト管理者にユーザー追加の権限を与える場合、サイト管理者がサイトに追加できる
ユーザー数を次の選択によって指定します。
l
l
サーバー キャパシティの上限: ユーザーベースのライセンス発行を使用するサーバー
では、上限はサーバーに接続可能なユーザー単位のライセンス数です。コアベース
のライセンス発行を使用するサーバーでは、追加可能なユーザー数に上限はありま
せん。
[サイトの最大ユーザー数] <n>: サイト管理者が追加できる上限を指定できます。
ライセンス発行とユーザー数の制限については、「サイトの操作」を参照してくださ
い。
5. [パフォーマンスの記録を許可] を選択して、サイトユーザーがロード速度など、ワークブック
のパフォーマンスのメトリックスを収集するのを許可します。
記録を開始するには、サイトのこのチェックボックスをオンにするだけでなく、ワークブックの
URL にパラメーターを追加する必要があります。詳細については、パフォーマンスの記録の
作成 ページ299を参照してください。
6. [このサイトの Web 作成を許可する] をオンのままにするか、クリアしてサーバー上での作成
を完全に無効化します。
Web 作成を無効化すると、ユーザーはパブリッシュされたワークブックをサーバーWeb 環境
から編集できません。サーバーにパブリッシュされたワークブックを更新するには、Tableau
Desktop ユーザーがそれを再度パブリッシュする必要があります。詳細については、
例: Web 作成の無効化 ページ99を参照してください。
7. サイトユーザーがビューをサブスクライブできるようにする場合は、[サイトのサブスクリプション
設定] の下にある[サブスクリプションを有効にする] を常にオンにする必要があります。[構
成] ダイアログボックスでサブスクリプション設定を構成している場合は、このオプションのみが
表示されます。
サブスクリプションのカスタム[送信元アドレス] を入力することもできます。入力するアドレス
は有効な電子メールアドレス構文 (たとえば、[email protected] や
- 211 -
[email protected]) でなければなりませんが、実際の電子メールアカウントに対応する必
要はありません(ただし、実際のアドレスを要求するSMTP サーバーもあります)。
8. [電子メール フッター] で、[カスタム] を選択し、サブスクリプションフッターにあるTableau
Server URL の上に表示するテキストを入力します。たとえば、このテキストを入力する場
合、
電子メールのフッターは、次のように表示されます。
9. [OK] をクリックします。
Tableau Server に初めてサイトを追加する場合、[管理者] タブが変更されます。サーバー上のす
べてのユーザーに関係するため、[ユーザー] は [すべてのユーザー] になり、[サイトユーザー] カテゴ
リが表示されます。
サイトへのユーザーの追加
サイトをTableau Server に追加すると、マルチサイトシステムになり、以前の[ユーザー] ページ
が、[すべてのユーザー] および[サイトユーザー] の2 つのページになります。全サーバーシステムに
- 212 -
適用される[すべてのユーザー] ページにアクセスできるのはシステム管理者のみです。複数サイト
に同時にまとめてユーザーを追加および削除できる場所はここだけです。ローカル認証を使用し
ているサーバーでは、ここでユーザーのパスワードをリセットできます。
[サイトユーザー] ページは、現在サインインしているサイトにサインインしているユーザーを見るため
の簡単な方法です。ここからユーザーを追加できますが、このサイトのみに追加されます。
次の手順では、[すべてのユーザー] からユーザーを追加する方法を説明します。追加するには、
次の2 つの方法があります。一度に1 つずつ(下記参照) か、CSV ファイルに依存する(CSV ファ
- 213 -
イルからのユーザーのインポートページ171 を参照) インポートコマンドを使用して一括で追加し
ます。
ユーザーを1 人ずつ追加するには
1. [すべてのユーザー] ページで、ユーザーリストの上部にある[追加] リンクをクリックします。
2. [ユーザー名] を入力します。
l
l
ローカル認証 - ローカル認証を使用しているサーバーでは、電子メールアドレスを
ユーザー名として使用するのがユーザー名の競合を避けるための最善の方法です
(たとえば、jsmith ではなく[email protected])。
Active Directory— サーバーを実行している同じActive Directory ドメインのユー
ザーを追加する場合は、ドメインなしでユーザー名を入力するだけです。サーバーの
ドメインが使用されます。
サーバーが使用しているドメインと別のドメインの間に双方向の信頼関係が設定さ
れている場合は、両方のドメインのユーザーを追加できます。初回に「サーバー以外
のドメイン」からユーザーを追加するときは、完全修飾ドメイン名とユーザー名を使用
します。それ以降のユーザーは、ドメインのニックネームを使用して追加できます。た
とえば、「サーバー以外のドメイン」がmybiz.lan であるとすると、そのドメインの最初
のユーザーは、「[email protected]」または「mybiz.lan\user1」と入力します。その次
のユーザーは、[email protected] や mybiz\user2 などのドメインのニックネームを使用し
て入力できます。
注:インポートプロセスでエラーの原因となるため、このフィールドにはユーザーのフル
ネームを入力しないでください。
3. ローカル認証を使用しているサーバーでは、次の情報を入力します。
l
フル ネーム- ユーザーの表示名を入力します (John Smith など)。
l
パスワード- ユーザーのパスワードを入力します。
l
確認 - パスワードを再入力します。
4. サイトのメンバーシップ- そのユーザーがメンバーとなるサイトを選択します。現在サインイン
しているサイトが既定で選択されます。
- 214 -
5. ライセンスレベルとユーザー権限 - ライセンスレベル、管理者役割、ユーザーがワークブック
とデータソースをパブリッシュできるかどうかを選択します。複数のサイトに属するユーザー
は、サイトごとに異なるユーザー権限とライセンスレベルを持つことができます。詳細につい
ては、ライセンスレベルについてページ181、パーミッションの参照 ページ95、およびユー
ザー権限についてページ184を参照してください。
6. [ユーザーの追加] をクリックします。
サイトの削除
システム管理者は、Tableau Server に追加されたサイトを削除できます。サイトを削除すると、そ
のサイトにパブリッシュされたワークブックやデータソースもユーザーも削除されます。別のサイトにも
所属しているユーザーは削除されません。ユーザーを永久に削除するには、[すべてのユーザー]
ページを使用する必要があります。
サイトを削除するには
1. [サーバー] セクションの[サイト] ページを開きます。
2. 削除するサイトを選択し、[削除] をクリックします。
- 215 -
3. 表示された確認ダイアログボックスで[はい] をクリックします。
サイトのインポートまたはエクスポート
新しいTableau Server サイトをプロビジョニングするには、既存サイトをファイルにエクスポートし、
そのファイルを新しいサイトにインポートします。エクスポートするサイトはソースサイトと呼びます。
インポートするサイトはターゲットサイトと呼びます。
ソースサイトは、Tableau Online から取得できます。Tableau Online は、Tableau がホストする
Tableau Server のクラウドベースインストールです。または自分で管理しているTableau Server
配置から取得することもできます。サイトをインポートする際、ソースサイトのリソース(ワークブッ
ク、プロジェクト、データソース、ユーザーを含む) もすべて付随します。インポートには、パーミッショ
ン、サブスクリプション、ユーザーが作成したお気に入りリストも含まれます。ソースサイトのサイトに
固有のすべての設定 (サイト容量、サブスクリプション、Web 作成の設定など) はターゲットサイト
に保持されます。
エクスポートする前に...
サイトをエクスポートする前に、以下の点に注意します。
使用していない項目の削除: ソースサイトにはインポートする内容だけが含まれるようにします。
使用していないワークブック、プロジェクト、およびデータソースをすべて削除します。
使用していないユーザーの削除: すべてのユーザーがライセンスを持ち、事実上のユーザーではな
いユーザーをすべて削除します。ソースサイトからエクスポートするすべてのユーザーをターゲットサ
イトにインポートする必要があります。インポート時にユーザーを削除することはできません。
ターゲットサーバー上でのユーザー アカウント作成: サイトのインポートプロセスでユーザーがター
ゲットサイトに割り当てられます。ターゲットサーバーシステム上に、既にユーザーアカウントがある
必要があります。あるサイトを同じTableau Server 上の別のサイトにエクスポートしている場合、
必要なすべてのユーザーアカウントがある必要があります。Tableau Online または異なる
Tableau サーバーからサイトをエクスポートしている場合、インポート実行前にターゲットサーバー
上にユーザーアカウントを作成する必要があります。
ユーザー認証の確認: ユーザー認証はサーバー全体の設定であり、サーバー上のすべてのサイト
で同じ設定を使用する必要があります。異なるユーザー認証方法を使用しているサーバーからの
エクスポートや、そうしたサーバーへのインポートを行うことができますが、インポートに使用するマッ
- 216 -
ピングファイルを変更する必要があります。この手順はインポートプロセスに組み込まれており、サ
イトのマッピングの確認 ページ219で説明されています。Tableau Online サイトではカスタムのユー
ザー認証方法が使用されているため、Tableau Online サイトからのエクスポートではユーザー固有
のマッピングファイルを編集する必要があります。これにより、ターゲットサーバーの設定方法に関
係なくクリーンインポートすることができます。
スケジュールの確認: Tableau Server の[スケジュール] ページには、抽出更新および次のスケ
ジュールに使用する既定のスケジュールが一覧表示されています。
ソースサイトの既定のスケジュールに割り当てられた更新およびサブスクリプションは、ターゲットサ
イトの同じスケジュールに自動的にマッピングされます。ソースサイトにカスタムスケジュールがある
場合はターゲットサイトにインポートされ、マッピングファイルを編集すると、必要に応じて名前を
変更できます。
サブスクリプションを配信するようにターゲットサーバーを設定: サブスクリプションも新しいサイトに
インポートされますが、未設定の場合はサブスクリプションを配信するようにターゲットサーバーを
設定する必要があります。詳細については、アラートとサブスクリプションページ114を参照してくだ
さい。
ターゲットサイトの作成または識別: サイトファイルをインポートするには、既にターゲットサイトが
Tableau Server 上にある必要があります。ターゲットサイトの内容がソースサイトには存在しない
場合、インポート時に削除されます。そのため、空のサイトを使用することをお勧めします。サイト
の作成または変更の詳細については、「サイトの追加または編集」を参照してください。
サイトID の配置: サイトのエクスポートまたはインポートに使用するコマンドには、パラメーターとし
てサイトID が必要です。サイトID は Tableau Server に対してサイトを一意的に識別します。サ
イトにサインインする際、サイトID が次のようにURL のt/ の直後に記載されます。
サイトのエクスポート
プロセスのエクスポートまたはインポートの際にTableau Server を停止する必要はありません。サ
イトのエクスポートを行うには、次のとおりに実行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。
例は次のとおりです。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
- 217 -
2. 次のコマンドを入力します。
tabadmin exportsite <site ID> --file <filename or path>.
たとえば、サイトID wsales のサイトを次のファイルC:\sites\exported_sites\sales_
export.zip にエクスポートするには、次のように入力します。
tabadmin exportsite wsales --file C:\sites\exported_
sites\sales_export.zip
exportsite コマンドを使用する他のオプションの例については、「exportsite ページ
395」を参照してください。
エクスポート中、Tableau Serverではサイトがロックされます。
サイトのインポート
インポートするターゲットサイトがまだない場合、サイトを作成します。手順については、「サイトの
追加または編集」を参照してください。
サイトのインポートプロセスには、3 つの手順があります。まず、tabadmin importsite コマン
ドを実行してインポートするファイルを生成します。次に、サイトのインポート方法を示すファイルを
確認します。最後に、tabadmin importsite_verified コマンドを実行し、インポートを
完了します。
開始前に、エクスポートされたサイトファイルおよびターゲットサイトのサイトID が必要になります。
Tableau Server の既定サイトのサイトID は ""(スペースなしの二重引用符) です。Windows
PowerShell 内でコマンドを実行している場合、既定サイトの二重引用符を単一引用符で区切
ります ('""')。
インポートプロセス中にTableau Server を停止する必要はありませんが、インポートを受信する
サイトはインポートが完了するまでロックされます。
サイトのインポートの開始
サイトのインポートを開始するには、以下のとおり実行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。
例は次のとおりです。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
2. 次のコマンドを入力します。
tabadmin importsite <site ID> --file <filename or path>
ここで、<site ID> はターゲットサイトのサイトID、<filename or path> はエクス
ポートされたサイトファイルの完全パスです。
たとえば、次のファイルC:\sites\exported_sites\sales_export.zip を、サイトID esales のサ
イトにインポートするには、以下のように入力します。
tabadmin importsite esales --file C:\sites\exported_
sites\sales_export.zip
- 218 -
importsite コマンドを使用する他のオプションの例については、「importsite ページ
397」を参照してください。
3. コマンドを入力すると、確認するマッピングファイルが次に配置されます:
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\temp\import_<site ID>_
<datetime>\mappings。次の手順で使用するため、この場所に留意してください。
サイトのマッピングの確認
importsite コマンドでサイトのインポートを開始した後に生成されるマッピングファイルでは、イ
ンポート完了後にサイトのリソースが割り当てられる方法を確認できます。Tableau Server がマッ
ピングすることができず、編集が必要な項目は、CSV ファイル内において疑問符 (???) でマーク
されます。最後にimportsite_verified コマンドを実行するには、疑問符を変更し、ター
ゲットサイト上の有効な割り当てを示すことができるようにします。
変更としてユーザーの追加および削除を行うことはできません。インポートするユーザーのす
べてのユーザー名が、既にターゲットサーバー上に存在する必要があります。
サイトのマッピングファイルを確認するには、以下のとおり実行します。
1. importsite コマンドを入力後に表示された次のディレクトリに移動します。
2. Microsoft Excel (推奨) またはテキストエディターを使用し、マッピングフォルダーにある各
CSV ファイルを開きます。
ターゲットサイトへのインポートが完了すると、各ファイルを使用して、ソースサイトの項目の
マッピング方法または処理方法が表示されます。
3. マッピングが正しいことを確認します。疑問符 (???) で構成されるエントリを有効な値で置
換します。次の表をガイドとして使用します。
CSV ファイル名
列のタイトル
- 219 -
編 説明
集
可
能
か?
mappingsDomainMapperForGroups source_
name
い ソースサイトのユーザーグ
い ループ名。
え
source_
domain_
name
い ソースサイトのユーザー認証
い タイプ。ローカル(ローカル認
え 証の場合) またはドメイン名
(Active Directory の場合)。
target_
domain_
name
は ソースサイトのユーザー認証
い* タイプ。ローカル認証の場合
はローカル、Active Directory
の場合はドメイン名 ( example.com や
example.lan など)。
*[すべてのユーザー] の
target_domain_name の
値を編集しないでください。
ターゲットサーバーでActive
Directory のユーザー認証が
設定されている場合でも、
ローカルの値を保持してくだ
さい。[すべてのユーザー] グ
ループはすべてのTableau
Server に存在する必要があ
る、特別な既定のユーザー
グループです。
mappingsScheduleMapper
source_
name
い ソースサイト上にあるカスタ
い ムおよび既定の抽出または
え サブスクリプションのスケ
ジュール名。
source_
scheduled_
action_type
い スケジュールのタイプ。ソース
い サイトの抽出更新の場合は
え 抽出、またはサブスクリプショ
ン配信の場合はサブスクリプ
ション。
target_name は ターゲットサイト上のカスタム
い スケジュールの名前。この値
は編集することができます。
たとえば、スケジュールがソー
スサイト上で金曜日のアップ
デートと名付けられている場
合、ターゲットサイト上で金
- 220 -
曜日の更新に変更すること
ができます。
target_
scheduled_
action_type
い スケジュールのタイプ。ター
い ゲットサイトの抽出更新の
え* 場合は抽出、またはサブスク
リプション配信の場合はサブ
スクリプション。
*まれなケースではあります
が、この列に疑問符 (???)
が含まれる場合があります。
その場合、抽出またはサブス
クリプションと置換し、
source_scheduled_
action_type に表示される
エントリと一致させます。
mappingsSiteMapper
source_url_
namespace
い ソースサイトのサイトID。
い
え
target_url_
namespace
い ターゲットサイトのサイトID。
い
え
mappingsSystemUserNameMapper source_
name
source_
domain_
name
い ソースサイトのユーザーの
い ユーザー名。
え
い ソースサイトのユーザー認証
い タイプ。ローカル認証の場合
え はローカル、Active Directory
の場合はドメイン名
(example.com や
example.lan など)、または
外部 (Tableau Online サイト
の場合)。
target_name は インポート後にターゲットサイ
い トに割り当てられるユーザー
のユーザー名。
一覧表示されているすべて
のユーザー名がターゲット
サーバーシステム上に存在
し、すべての疑問符 (???)
がターゲットサーバーの有効
なユーザー名で置換されて
- 221 -
いることを確認します。
行をCSV ファイルに追加し
ても、ユーザー名を作成する
ことはできません。同様に、
行を削除してもユーザー名
は削除できません。
target_name 列のユーザー
名を編集してソースのユー
ザー名と別にすることができ
るのは、その異なる名前を
使用しているターゲットサー
バーシステム上に、それが既
に存在している場合です。
たとえば、ユーザーが
source_name 値を
[email protected]、
target_name 値を
[email protected]
とすることができるのは、ター
ゲットサーバー上にユーザー
名
[email protected]
が存在する場合です。
ソースサイトのユーザーを、
ターゲットサイトの1 つ以上
のユーザー名にマッピングす
ることはできません。
target_
domain_
name
は ターゲットサイトのユーザー
い 認証タイプ。ローカル認証の
場合はローカル、Active
Directory の場合はドメイン
名 ( example.com や
example.lan など)。
4. 編集を行う場合、変更を保存し、CSV ファイルの書式設定を保護してください。現在の
場所にあるマッピングファイルは変更しません。
サイトのインポートの完了
サイトのインポートを完了するには、以下のとおり実行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。
例は次のとおりです。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
- 222 -
2. 次のコマンドを入力します。
tabadmin importsite_verified <site ID> --importjobdir <PATH>
ここで、<site ID> はターゲットサイトのサイトID、<PATH> はサイトのマッピングの確認
ページ219で使用したマッピングディレクトリより1 レベル上のディレクトリです。例は次のとお
りです。
tabadmin importsite_verified esales --importjobdir
C:\ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\temp\import_esales_20140409185810071
importsite_verified コマンドを使用できる他のオプションの例については、
「importsite_verified ページ 399」を参照してください。
3. インポートが完了した新しいサイトを開き、予測どおりにすべてインポートされていることを
確認します。
マルチサイトナビゲーション
ここには、サイト間を移動したり、ログインしているサイトを確認したりする方法のヒントを紹介して
います。
サイトのサインイン
複数のサイトのメンバーである場合、サーバーへのサインイン時にサイトの選択が要求されます。
他のサイトへの移動
複数のサイトに属する場合、ページの上部に[サイト] メニューが表示されます。
異なるサイトにサインインする場合、[サイト] メニューをクリックしてサイトを選択します。
- 223 -
サイトの確認
サーバーが複数サイトを実行していても、1 つのサイトにのみ属している場合、サーバーサインイ
ン時にサイトの選択を要求するメッセージは表示されません。サインインした後は、ページの上部
に[サイト] メニューは表示されません。
ただし、Web ブラウザーのURL には、t およびサイトのサイトID が表示されます。
サーバーが複数のサイトを実行していない場合、Web ブラウザーのURL はこのように表示されま
す (t やサイトID なし)。これが表示されると、Tableau のビルトインサイトである"既定" という名前
のサイトを使用していることになります。
サーバーのメンテナンス
システム管理者は、サーバーステータスのチェック、サーバー上のアクティビティの分析と監視、スケ
ジュールされているタスクの管理、検索インデックスの再構築などのメンテナンスを行います。また、
サーバーでのユーザー体験をカスタマイズするための設定もいくつかあります。これらのタスクはすべ
て[メンテナンス] ページで行うことができます。
サーバー プロセス ステータスの表示
[メンテナンス] ページの[ステータス] 表を使用すると、各 Tableau サーバー上でのTableau プロセ
スの状態を表示できます。
VizQL Server プロセスのライセンスなしステータスの詳細については、ライセンスが解除され
た VizQL Server プロセスの処理 ページ435 を参照してください。
- 224 -
[メンテナンス] ページからこの情報の機械可読バージョンを表示するには、自分のURL 内の
status をsysteminfo に置き換えてください(http://jsmith/admin/systeminfo など)。次のような
Web ページが表示されます。
Tableau サービスのステータスは、[OK]、[ビジー]、[停止中]、および[スタンバイ] です。
ステータスへのリモートアクセス
[メンテナンス] ページで[ステータス] 表などのツールを表示できるのは Tableau 管理者だけです。
ただし、たとえばリモート監視プロセスの一環として[ステータス] 表の機械可読バージョンを非管
理者ユーザーや Tableau Server をホストしているマシン以外のコンピューターが利用できるように
することは可能です。Tableau Service ステータスへのリモートアクセスを許可するには、次の手順
を行います。
1. プライマリTableau Server を実行しているコンピューターで、Tableau Server 構成ファイル
を開きます。
ProgramData\Tableau\Tableau Server\config\tabsvc.yml
2. wgserver.systeminfo.allow_referrer_ips: <IP address or name>
という行をtabsvc. yml に追加します。<IP address or name> は、追加するコン
ピューターのIPv4 アドレスまたはコンピューター名です。複数のコンピューターに対するサー
ビスステータスアクセスを許可する場合は、それぞれのエントリをコンマ(スペースなし) で区
切ってください。例:
- 225 -
3. tabsvc.yml を保存して閉じます。
4. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
5. 次のコマンドを使用してTableau Server プロセスを再起動します。
tabadmin restart
IP アドレスまたはコンピューター名がtabsvc.yml に追加されたコンピューターのユーザーは、
ブラウザーまたはコマンドラインから(たとえば、curl
http://jsmith/admin/systeminfo) からURL
http://<server>/admin/systeminfo を入力して、Tableau プロセスステータスを
表示できます。この機能は、自動リモート監視プロセスの一部として使用することもできま
す。
検索インデックスの再構築
何らかの理由で検索インデックスから正しい結果が返されなくなった場合や、結果が欠落してい
る場合は、検索インデックスを再構築する必要があります。また、インデックス機能が長時間にわ
たって停止した場合も、検索インデックスを再構築する必要があります。
- 226 -
1. 検索インデックスを再構築するには、[管理] タブの[メンテナンス] をクリックします。
2. [検索インデックスの再構築] をクリックして開始します。
保存されたデータ接続パスワードのクリア
管理者として、[保存済みパスワード] 設定を有効にした場合、サーバーユーザーは複数のアクセ
スとブラウザーにわたってデータソースのパスワードを保存できます。Tableau Server のすべての
ユーザーのすべてのパスワードをリセットして、ユーザーが次回データベース認証を必要とするビュー
にアクセスしたときに、データソースへのサインインを強制できます。また、サーバーユーザーは
[ユーザー設定] ページを使用して、個別に保存されているデータ接続パスワードをクリアすることも
できます。
すべてのサーバーユーザーの保存されているデータ接続パスワードをクリアにするには
- 227 -
1. ページ左側の[管理] セクションで、[メンテナンス] リンクをクリックします。
2. [アクティビティ] の下で、[すべてのユーザーの保存済みデータ接続パスワードをクリアする] を
クリックします。
[メンテナンス] ページのログのアーカイブ (スナップショット)
コマンドプロンプトを開かずにTableau Server のログファイルのスナップショット(アーカイブ) を作成
したり、Web ブラウザーからダウンロードしたりできます。このzip 形式で圧縮されたスナップショット
には、Tableau Server と任意のワーカーサーバー(分散環境がある場合) からの最大 7 日間のロ
グファイルデータのコピーが含まれます。スナップショットプロセスでは Tableau Server のログファイ
ルや tabadmin で作成されたログアーカイブを変更または削除しません。
注 収集するデータ量や作成しているzip ファイルの名前を指定するには、tabadminを使
用してサーバーログのアーカイブを作成します。詳細については、コマンドラインのログの
アーカイブ(tabadmin) ページ425を参照してください。
サーバーのログファイルのスナップショットを生成するには、以下の手順を実行します。
- 228 -
1. [管理] タブで、[メンテナンス] をクリックします。
2. [アクティビティ] の下で、[ログファイルのスナップショットを生成およびダウンロードする] をクリッ
クしスナップショットオプションを開きます。
3. [スナップショットの作成] をクリックして、Tableau Server ログのスナップショットを作成しま
す。[スナップショットの作成] ボタンは、既存のスナップショットがない場合にのみ利用できま
す。
tabadmin で作成されたログアーカイブは、このオプションの可用性に影響を及ぼし
ません。
4. [スナップショットのダウンロード] をクリックして、ログのスナップショットをWeb ブラウザーの既
- 229 -
定のダウンロード場所にダウンロードします。このオプションは、スナップショットを作成した後
に利用できます。
Google Chrome では、ウィンドウの下にダウンロードが表示されます。
5. 矢印をクリックしてから[開く] をクリックし、スナップショットを解凍するか、[フォルダーを開く] を
クリックしてダウンロードされた場所を参照します。
6. (オプション) ログのスナップショットを削除するには、[スナップショットの削除] をクリックします。
このオプションは、スナップショットを作成した後に利用できます。新しいスナップショットを作
成する前に既存のスナップショットを削除する必要があります。
- 230 -
たとえば、調査するイベントの前に作成したスナップショットを削除することが考えられます。
メンテナンスの設定
サーバーの[メンテナンス] ページの[設定] セクションには、次の設定があります。
設定
埋め
込み
クレデ
ンシャ
ル
スケ
ジュー
ル
保存
済み
パス
ワード
アクセ
ス
トーク
ンを
保存
する
ゲスト
を有
効に
する
説明
パブリッシュされたワークブックにパスワードを付けることで、データソースに接続するWeb
ユーザーを自動的に認証することを許可します。パスワードはワークブックに添付され、
サーバーでのみアクセス可能です。つまり、ワークブックをTableau Desktop で開くとき
は、そのデータソースに接続するためのユーザー名とパスワードを入力する必要がありま
す。この設定をオフにすると、既存の埋め込みパスワードはすべて保存されますが、認
証には使用されません。したがって、この設定を再びオンにしても、ユーザーはパスワード
を再度埋め込む必要はありません。
パブリッシャーがワークブックをスケジュールに割り当てることを許可します。このオプション
は [埋め込みクレデンシャル] が有効な場合にのみ使用できます。この設定が有効な場
合は、[パブリッシュ] ダイアログボックスにスケジュールのオプションが表示されます。
ユーザーが複数のアクセスとブラウザーにわたってデータソースパスワードを保存できるよ
うに許可します。既定では、「ログアウトするまでパスワードを保存する」ように選択で
き、1 回のブラウザーセッションの間、パスワードを保存させることができます。[保存済み
パスワード] 設定を選択すると、ユーザーは [パスワードを保存する] を選択できます。こ
の設定では、複数のアクセスとブラウザーにわたってパスワードが維持され、使用してい
るコンピューターにかかわらずユーザーが自動的に認証されます。管理者はいつでも、す
べての保存済みパスワードをクリアすることができます。また、ユーザーは自分の保存済
みパスワードをクリアできます。
ユーザーがユーザー設定を使用してアクセストークンを保存できるように許可します。ア
クセストークンは OAuth 接続をサポートするクラウドデータソースによって提供されま
す。また、アクセストークンはデータへのアクセスを許可するためにユーザー名とパスワード
の代わりに使用されます。詳細については、OAuth データ接続 ページ337を参照してく
ださい。
Tableau Server アカウントにサインインしなくても埋め込みビューを表示して操作できる
ように許可します。ゲストユーザーアカウントにパーミッションを割り当てて、各ビューに対
して許可する操作を制御できます。このオプションはコアベースのサーバーライセンスで
のみ使用可能です。これは、セットアップ時に選択できる[自動ログインを有効にする] オ
プションでは使用できません。
- 231 -
既定
のス
タート
ペー
ジ
既定
の言
語と
ロ
ケー
ル
すべ
ての
設定
を既
定の
値に
リセッ
トする
すべてのユーザーについてサーバーの現在の既定のスタートページを表示できます。変
更方法のステップについては、すべてのユーザーの既定のスタートページの設定 下を参
照してください。個々のユーザーがこの設定をオーバーライドできます (詳細については、
ユーザー設定ページページ10 を参照してください)。
サーバーのユーザーインターフェイスで使用する言語やビューに使用するロケールを制御
します。ユーザーは自分の[ユーザー設定] ページでこの設定をオーバーライドできます。
なお、言語とロケールの決定に使用される最初の設定は Web ブラウザーの設定です。
詳細については、言語とロケールページ247を参照してください。
セットアップ後に変更されたすべてのサーバー設定が元の状態に戻ります。
すべてのユーザーの既定のスタートページの設定
既定では、Tableau Server は、すべてのユーザーに対する既定のスタートページとして[ビュー]
ページをインストールします。管理者として、[ワークブック] ページなど、すべてのユーザーがアクセス
権を持つ別のページにスタートページを変更することができます。個々のユーザーが管理者の設
定をオーバーライドできます (詳細については、ユーザー設定ページページ10を参照してくださ
い)。
すべてのユーザーの既定のスタートページを設定するには
1. 既定のページに設定するページに移動します。
2. ページの右上隅にある名前をクリックします。
3. [このページをすべてのユーザーのスタートページに設定] を選択します。
Tableau Server Monitor
Tableau Server Monitor は Tableau Server の一部としてインストールされ、Windows のシステム
トレイからアクセスできます。
- 232 -
このツールを使用して、サーバーの起動と停止、Tableau Server を開く、およびサーバーステータ
スの表示を行うことができます。
サーバーを開く
このコマンドは Web ブラウザーでTableau Server を起動します。この方法で、Web アプリケーショ
ンと関連するメンテナンスツールに簡単にアクセスできます。
サーバーの起動/停止
このコマンドを使用して、サーバーの起動と停止を行うことができます。サーバーを停止すると、す
べてのユーザーはサーバーを使用できなくなり、現在進行中のセッションは打ち切られます。サー
バーが停止したときに、ワークブックをパブリッシュ中のユーザーがいる場合、その処理は破棄され
ます。その結果、ワークブック内の一部のワークシートのみがサーバーにパブリッシュされる場合があ
ります。サーバーの停止はユーザーに非常に迷惑をかけるので、事前に必ず予告してください。あ
るいは、業務時間外にメンテナンスを計画してください。
サーバーを再起動
このコマンドはサーバーを再起動します。再起動している途中のサーバーは、どのユーザーも使用
できません。この操作を行う前に、必ずユーザーに予告してください。Tableau Server の構成を
変更した場合は、サーバーを再起動する必要があります。
ステータスを表示
このコマンドは画面ヒントに各プロセスのステータスを表示します。詳しいステータスを確認するに
は、[メンテナンス] ページを参照してください。
プロダクトキーの管理
このコマンドはプロダクトキーを追加および削除できるプロダクトキーマネージャーを開きます。
終了
このコマンドは Tableau Server Monitor を閉じます。このコマンドでTableau Server は停止しませ
ん。このアプリケーションを再び開くには、Windows の[スタート] メニューで[すべてのプログラム] >
[Tableau Server]8.3 > [Tableau Server Monitor] を選択します。
データソース
Tableau Server データソースは再利用可能なデータ接続です。このデータソースには、稼動中
のリレーショナルデータベースに対するパススルー接続のためのデータ抽出または情報を含めること
ができます。また、計算、グループ、またはセットなど、カスタマイズのレイヤーも含めることができま
- 233 -
す。(キューブデータソースには特定の制限があります。詳細については、多次元 (キューブ) デー
タソースページ237を参照してください。)
Tableau Serverデータソースは、Tableau Desktopで作成され、その後サーバーにパブリッシュされ
ます。Tableau Server データソースの作成、ダウンロード、および編集の方法の詳細について
は、Tableau Desktopヘルプを参照してください。
データソースがパブリッシュされると、適切なパーミッションを持っているTableau Serverユーザーは、
そのデータソースを使用してサーバー上でスクラッチからワークブックを作成することができます。詳
細については、ワークブックの作成とビューの構築 ページ65を参照してください。
管理者は、Tableau Serverデータソースで以下のタスクを実行できます。
l
l
データソースのパーミッションの編集および表示: どのユーザーまたはグループがデータソース
に接続できるか、データソースを変更できるか、データソースをダウンロードできるかを指定
するにはパーミッションを使用します。詳細については、データソースのパーミッションの設定
を参照してください。
データソース抽出の更新のスケジュール: データソースに抽出が含まれている場合は、こ
の抽出を更新スケジュールに割り当てることができます。詳細については、タスクのスケ
ジュールを参照してください。
上記のタスクはデータソースをパブリッシュするユーザーがTableau Desktop で実施することもでき
ますが、ベストプラクティスとして通常管理者がこれらのタスクをサーバー上で管理することをお勧
めします。管理者はデータソースの削除や、データソースへのタグの追加もできます。
データソースの管理
ユーザーがTableau Server のデータソースを操作するには、そのデータソースに対する適切な
パーミッションを持っている必要があります。プロキシ接続のデータソースの場合は、データベースに
対するユーザー認証がどのように行われるかと、Tableau Server に適切なドライバーがインストー
ルされているかどうかを知っておく必要があります。詳細については、次を参照してください。
データソースのパーミッションの設定 ページ90
データベースドライバーページ145
データセキュリティページ262
Tableau Data Server について
Tableau のデータサーバーは、Tableau Serverのデータソースを一元的に管理および保存するた
めのサーバーコンポーネントです。データソースは再利用可能なデータ接続です。データは、
Tableau のデータエンジン(抽出) または稼働中のリレーショナルデータベースに配置できます。リ
レーショナルデータベース接続の場合、データソースに保存される情報はパススルー接続に使用
されます。データソースには、Tableau Desktop でフィールドレベルで作成したカスタマイズ(計算、
ディメンションの別名、グループ、セットなど) を含めることもできます。
管理者にとってTableau Server のデータソースを使用することには多くの利点があります。1 つの
データソース抽出を多数のワークブックで使用できるので、サーバーのディスク領域や処理時間を
節約できます。抽出の更新は、ワークブックごとではなく抽出ごとにスケジュールでき、Tableau
Serverのデータソースを使用しているワークブックがダウンロードされた場合、データ抽出はサー
- 234 -
バー上にとどまるのでネットワークトラフィックが減ります。また、接続にデータベースドライバーが必
要な場合、Tableau Serverにドライバーを一度インストールするだけで済みます。すべてのユー
ザーのデスクトップに何度もインストールする必要はありません。
データサーバーを使用するには、すべての作成者は Tableau Desktop のデータに接続する必要
があります。それには、抽出を作成するか、または稼働中のリレーショナルデータベースへの接続
を作成し、これをTableau Server にパブリッシュします。一度パブリッシュすると、再利用可能なこ
れらのデータソースとサーバーに、ワークブック作成者がデータに即座に接続して作成を開始する
のに必要なすべての要素が保存されます。パブリッシュされたデータソースを変更するには、
Tableau Desktop にダウンロードしてから変更および再パブリッシュし、元のデータソースを上書き
します。パラメーターに追加する新しいメンバーまたは既定の並べ替え順序に対するすべての変
更は、データソースの一部ではありません(ワークブックの一部です)。
Tableau Server の分散インストールを実行しており、データソースの頻繁な使用が予想される場
合、いくつかの方法でサーバーの配置を最適化できます。詳細については、分散環境 ページ
140を参照してください。
注:パブリッシュされた多次元 (キューブ) データソースを使用するには、データソースを
Tableau Desktop にダウンロードする必要があるため、上記のメリットの大半は該当しませ
ん。詳細については、多次元 (キューブ) データソースページ237を参照してください。
データソースの使用
ワークブック作成者であれば、新しいワークブックを作成または既存のワークブックを編集するため
にTableau Server のデータソースを使用することができます。Tableau Desktop または Tableau
ServerWeb 作成環境のデータソースを使用できます。
Tableau Desktop のデータソースの使用
Tableau Desktop の[データに接続] ページで[Tableau Server] をクリックし、クレデンシャルを指
定します。
- 235 -
Tableau Server にサインインすると、利用可能なデータソースのリストが右側に表示されます。
注: キューブデータソースに特有の考慮事項については、多次元 (キューブ) データソース
次のページを参照してください。
データソースを表示するには、そのデータソースをパブリッシュするユーザーが、あなたをユーザーと
して[許可] する[接続] パーミッションを設定している必要があります。既定では、すべてのユー
ザーにこのパーミッションが設定されています。
使用するデータソースを選択します。データソースは、ワークブックの[データ] ウィンドウにロードさ
れます。Tableau Serverデータソースには、データベースアイコンではなくTableau アイコンが表示
されます。
- 236 -
Web 作成環境でのデータソースの使用
Tableau Server にサインインした後、左側のナビゲーション列で[データソース] を選択します。管
理者であればこれは [コンテンツ] タブに表示されます。
データソースのリストで、使用するデータソースの横にあるチェックボックスを選択して[新しいワー
クブック] を選択します。
詳細については、ワークブックの作成とビューの構築 ページ65を参照してください。
Tableau Desktop のデータソースのパブリッシュ方法については、Tableau Desktop ヘルプの「デー
タソースのパブリッシュ」を参照してください。
多次元 (キューブ) データソース
多次元 (キューブ) データソースには独特な特性があるため、Tableauでユニークなものとなってい
ます。
キューブデータソースはパススルー接続をサポートしていません。つまり、キューブデータソースがパ
ブリッシュされる場合、そのデータソースを使用してTableau Server からの接続を作成することは
できません。また、Tableau Serverでデータソースを使用してワークブックを作成することもできませ
ん。
キューブデータソースをTableau Server にパブリッシュすると、サーバーにデータソースを保存する
ことができます。ただし、データソースを使用するには、データソースをTableau Desktop にダウン
ロードし、それをローカルで使用する必要があります。パブリッシュされたデータソースをダウンロー
ドするには、次が必要です。
l
l
データソースに対する[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッション。詳細につ
いては、パーミッションの操作 ページ86およびデータソースのパーミッションの設定 ページ90
を参照してください。
Tableau Desktop を実行しているコンピューターで正しいドライバーがインストールされ、
ポートが開かれていること。
- 237 -
データソースのトラブルシューティング
ユーザーがTableau Server のデータソースを操作するには、次の最大 3 つのものが必要です。
l
データソースのパーミッション: データソースに接続するすべてのユーザーには、そのデータ
ソースの[接続] パーミションと[表示] パーミッションが必要です。これはユーザーが、データ
ソースに接続するビューにアクセスする場合も同様です。データソースのパブリッシュと変更
を行うすべてのユーザーには、パブリッシュのライセンス、および[書き込み/名前を付けて保
存] パーミッションと[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッションが必要です。
詳細については、パーミッションの操作 ページ86およびデータソースのパーミッションの設定
ページ90を参照してください。
多次元 (キューブ) データソースをダウンロードしてTableau Desktop で使用する必要があ
るため、[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッションが必要です。Tableau で
のキューブの詳細については、多次元 (キューブ) データソース前のページを参照してくださ
い。
l
l
データベースに対する認証機能: Tableau のデータに接続し、誰が何にアクセスするかを管
理するには、いくつかの方法があります。基本的に、データベースに接続するすべてのエン
ティティは、認証を行うことができる必要があります。このエンティティは、抽出の更新を行う
Tableau Server かもしれません。稼動中のデータベースに接続するデータソースにアクセス
するTableau Desktop ユーザーかもしれません。また、稼動中のデータベースに接続する
ビューにアクセスするTableau Server ユーザーかもしれません。オプションの詳細について
は、データセキュリティページ262を参照してください。
データベースドライバー: Tableau Desktop でデータソースを作成してパブリッシュしたユー
ザーが追加のデータベースドライバーをインストールする必要があった場合、そのドライバー
のインストールがTableau Server でも必要になることがあります。たとえば、データサーバー
プロセスをワーカーサーバー上で実行するTableau Server の分散インストールを行う場
合、必要なデータベースドライバーをワーカーサーバーだけでなくプライマリサーバーにもイ
ンストールする必要があります。他のプロセスでもドライバーが必要になります。詳細につい
ては、データベースドライバーページ145を参照してください。
データソースのエラー メッセージ
ワークブック作成者やその他のユーザーがデータソースやビューを操作する際に発生するエラーが
いくつかあります。
この Tableau Server データソースへのアクセスパーミッションが拒否されました: データソースに
接続するには、[接続] パーミッションが必要です。詳細については、パーミッションの操作 ページ
86およびデータソースのパーミッションの設定 ページ90を参照してください。
データソースが見つかりません: ビューを操作しているとき、データソースがTableau Server から削
除されている場合や、[データに接続] ページを更新する必要がある場合に、このエラーが表示さ
れることがあります。Tableau Desktop で[データに接続] ページを更新するには、[更新] アイコンを
クリックします。
- 238 -
この Tableau Server データソースに接続できません: このエラーは、データソースの接続情報が
変更された(たとえば、データベースサーバー名が変更された) 場合に発生することがあります。
データソースのデータ接続情報を参照し、正しく設定されていることを確認してください。
Tableau Server のデータソースをリストできません: このエラーは、ユーザーがTableau Server の
データソースにアクセスしようとしたときにTableau Server とTableau Desktop の間に接続上の問
題がある場合に発生することがあります。
キューブデータソースに接続できません: パブリッシュされた多次元 (キューブ) データソースを使用
するには、データソースをダウンロードし、Tableau Desktopでそれを使用する必要があります。
データソースに対する[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッションがあることを確認し
ます。Tableau でのキューブの詳細については、多次元 (キューブ) データソースページ237を参
照してください。
データ接 続
Tableau Server にパブリッシュされたすべてのワークブックには 1 つまたは複数の接続が含まれて
います。これらの接続は、[データ接続] ページの[管理] タブの下にリストされます。
- 239 -
データ接続とデータソースの違い
各接続が1 つのワークブックに関連付けられており、データソースへの接続に必要な属性 (サー
バー名やデータベース名など) を記述するという点で、データ接続はデータソースとは異なります。
つまり、同じデータソースに接続するワークブックが3 つある場合、接続ページには 3 つの接続がリ
ストされます。
データ接続の検索
[データ接続] ページの[検索] エリアは、データベースサーバー名、ユーザー名、ポート、一般的な
接続タイプ、またデータベースにクレデンシャルが埋め込まれているかどうかによって接続を検索す
る際に役立ちます。このエリアを使用して接続を検索するには、1 つまたは複数のエリアに入力
し、[検索] をクリックします。
編集可能な接続
稼働中のデータベースの接続、およびTableau Server によって更新される必要がある抽出の接
続情報を編集できます。たとえば、特定のデータベースサーバーのデータベースに接続する多数
のワークブックがあるとします。サーバー名が変更された場合、新しいサーバー名が参照されるよう
にすべてのワークブックを一度に更新できます。また、ワークブックが特定のユーザー名とパスワード
を使用してデータベースに接続されている場合を考えてみます。異なるクレデンシャルを使用する
すべてのワークブックをすばやく更新できます。
データ接続の編集方法の詳細については、次の関連するトピックのリンクを参照してください。
データ接続の編集
[データ接続] ページで、サーバー管理者はパブリッシュされたワークブックの接続情報を管理するこ
とができます。ここで、異なるユーザーアカウントを保存するための接続タイプの変更、またはデー
タソースを使用した認証タイプの変更が行えます。また、埋め込みパスワードを削除することもで
きますが、ユーザーは毎回サインインする必要があります。
たとえば、いくつかのクラウドデータソースの場合、データベースのクレデンシャルの代わりに、事前
構成済み OAuth アクセストークンを使用するために接続したいと仮定します。OAuth 接続に関
する詳細については、OAuth データ接続 ページ337を参照してください。
注 サーバー管理者でなくてもデータソースを編集する権限を持っている場合は、[データ
ソース] ページでデータ接続設定にアクセスできます。
1. 編集するデータ接続を持つサイトにサインインし、[データ接続] をクリックし[データ接続]
ページを表示します。
- 240 -
2. 接続のリストを閲覧するか、または検索を絞り込むためにリストの一番上で検索フィルター
を使用します。
データサーバー名とポート、接続タイプ、そしてデータベースユーザー名で検索をすることが
できます。埋め込みパスワードを持つデータソースを除外または含ませることもできます。
"サーバー" および"データベースユーザー名" フィールドに入力した値は、正規表現
として処理されます。
3. 編集する接続のチェックボックスを選択してから、リストの一番上の[編集] リンクをクリックし
ます。
- 241 -
4. 1 つまたは複数の接続属性に新しい値を入力します。
Google およびSalesforce.com データソースの接続オプションについては、本トピックの後
半にあるGoogle とSalesforce.com の認証オプション下を参照してください。
データベースまたはデータベースドライバーがIP アドレスを使用した接続をサポートしていな
い場合、[サーバー] の値としてデータベース名を入力する必要があります。[変更します
か?] 列で選択したすべての属性は、[送信] をクリックすると更新されます。属性のチェック
ボックスを選択し"新しい値" フィールドを空白にした場合、その属性も空白に設定されま
す。
5. [送信] をクリックします。
6. [データ接続] ページを更新して(F5 キーまたは Ctrl + R を押してください)、変更内容を有
効にします。
Google とSalesforce.com の認証オプション
Google BigQuery、Google Analytics、およびSalesforce.com は、保護された認証オプションを
提供します。このオプションを選択すると、接続は OAuth アクセストークンを介して作成されま
す。データベースのクレデンシャルは Tableau に保存する必要はありません。この接続を使用して
ワークブックを作成または編集したいTableau Desktop ユーザーを含むすべてのユーザーは、この
アクセストークンを介して接続します。
OAuth プロセスの概要については、OAuth データ接続 ページ337を参照してください。
Google 認証オプション
Google BigQuery または Google Analytics 接続を編集する場合、[データ接続の編集] ダイアロ
グボックスから次のいずれかのオプションを選択します。
l
指定されたアカウントを介して認証するために[常にアクセスする…] を選択し、その後リス
トから既存のアカウントを選択するか、[今アカウントを認証する...] を選択して新しいアカウ
ントを追加します。
- 242 -
新しいアカウントを追加する場合、Google サインインページが表示されます。データベース
のクレデンシャルを提供すると、Google はデータへのTableau アクセスを確認するようプロン
プトを表示します。[同意する] をクリックすると、Google はデータへ接続するために使用す
るアクセストークンを返します。
Google データソースの抽出を作成する場合、更新タスクをスケジュールできるようこ
の最初のオプションを選択します。
l
[ユーザーにメッセージを表示] を選択すると、ユーザーは自分のアクセストークンを介して接
続するか、接続するたびに毎回サインインする必要があります。
Salesforce.com 認証オプション
Salesforce.com 接続を編集する場合、[データ接続の編集] ダイアログボックスから次のいずれか
のオプションを選択します。
l
保護されたOAuth 接続を使用し更新タスクをスケジュールするために、[スケジュールされ
た抽出更新の使用を有効にする] を選択します。その後、リストから既存のアカウントを選
択するか、[Salesforce で今アカウントを認証する] をクリックして新しいアカウントを追加し
ます。
新しいアカウントを追加する場合、Salesforce.comサインインページが表示されます。デー
タベースのクレデンシャルを提供すると、Salesforce.comはデータへのTableau アクセスを確
認するようプロンプトを表示します。
- 243 -
Tableau のアクセスを許可すると、Salesforce.comはデータに接続するためのアクセストー
クンを作成します。
l
l
従来の認証方法を使用するには、[ユーザー名とパスワードを埋め込む] を選択します。
ユーザーが接続するたびにSalesforce.com にサインインするようにするためには、[スケ
ジュールされた更新はありません] を選択します。
進行状況の監視
[データ接続の編集] ダイアログボックスでの変更を保存すると、ダイアログは進行状況を表示しま
す。ダイアログボックスを閉じると、変更は完了するまでバックグラウンドで継続されます。Tableau
Server可能な限り多くの変更が行われます。エラーはスキップされますが、他の変更が行われな
いということではありません。たとえば、サーバー名を変更し複数の接続にパスワードを追加しよう
とした場合、サーバー名は変更され、ワークブックのパスワードは変更されます。しかしながら、
データソースにパスワードを追加できないため、データソースのパスワードは変更されません。
これらのタスクの進捗の確認に関する詳細については、バックグラウンドタスクページ252を参照
してください。
サーバーのカスタマイズ
Tableau Server の外観をカスタマイズして、自分の会社やグループ向けにパーソナライズできま
す。たとえば、画面ヒントやメッセージに表示される名前を変更したり、ほとんどのサーバーページ
に表示されるロゴを変更したりできます。
ユーザーとサーバーとの対話方法もカスタマイズできます。たとえば、ワークブックのパブリッシャーが
データソースのクレデンシャルを埋め込んで、稼働中のデータソースに接続されているパブリッシュ
- 244 -
済みのビューをクリックしたときに、そのビューにすぐにアクセスでき、データベースのクレデンシャルを
最初に入力する必要がないようにすることができます。
サーバーのユーザーインターフェイスで使用する言語やビューに使用するロケールを制御すること
もできます。
Tableau Server のカスタマイズの詳細については、次のトピックを参照してください。
名前またはロゴの変更
Tableau Server の外観を次のような点でカスタマイズできます。
名前の変更
ツールヒントやメッセージに表示される名前をカスタマイズして、Tableau Server の外観をカスタマ
イズできます。たとえば、名前を"MyCo" に変更した場合、サーバーのサインインページに
「MyCo ユーザー名とパスワードを入力してログオンしてください」とテキストが表示されます。そし
て、ホームナビゲーションアイコンのツールヒントには、[Tableau Server ホーム] ではなく[MyCo
ホーム] と表示されます。
すべてのサーバーページの下部に表示される著作権情報には、引き続きTableau がリストされま
す (たとえば、©2013, Tableau Software, Incorporated and its licensors. 不許複製・禁無断転
載。)
認証にActive Directory を使用している場合、サインインページで会社名をカスタマイズすること
はできません。
ツールヒントやメッセージに表示される名前を変更するには、次の手順を行います。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
2. 次のように入力して名前を変更します。
tabadmin customize name "new_name"
上記の行で、"new_name"をサーバー名として表示するテキストに置き換えます。例:
tabadmin customize name "Company Server"
3. 次のように入力してサーバーを再起動し、変更内容を有効にします。
tabadmin restart
ロゴの変更
Tableau Server のログオンページや主なサーバーページ([プロジェクト] ページ、[ワークブック] ペー
ジ、[メンテナンス] ページなど) の左側の列に表示される大きなロゴをカスタマイズして、Tableau
Server の外観や操作性をカスタマイズできます。サポートされている大きなロゴサイズは最大 160
x 160 ピクセルで、tabadmin customize logo コマンドを実行して実装します。すべての
ワークブックおよびビューの左上に表示される小さなロゴもカスタマイズできます。サポートされてい
- 245 -
る小さなロゴサイズは最大 32 x 32 ピクセルで、tabadmin customize smalllogo コマンド
を実行して実装します。
イメージが160 x 160 ピクセル(大きなロゴ) または 32 x 32 ピクセル(小さなロゴ) より大きい場合
は、クリップされたように表示されます。通常、使用できるイメージファイルは GIF、JPEG、または
PNG 形式です。サーバーのWeb ブラウザータブ、およびURL アドレスの左側に表示される
Tableau ロゴは変更できません。
ロゴを変更するには、次の手順を行います。
- 246 -
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
2. ロゴを変更するには、"大きいサイズ"のロゴ(最大 160 x 160 px、最小 32 x 32 px) に変更
します。
tabadmin customize logo "C:\My Pictures\logo.png"
ロゴが32 x 32 ピクセル以下の場合、次のコマンドを使用します。
tabadmin customize smalllogo "C:\My Pictures\logo.png"
3. 次のように入力してサーバーを再起動し、変更内容を有効にします。
tabadmin restart
既定の名前またはロゴの復元
次の手順に従って、Tableau Server の既定の外観を復元できます。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
2. 次のように入力してロゴを変更します。
tabadmin customize <parameter> -d
上記のコマンドラインで、<parameter> を、復元するname または logo に置き換えま
す。
3. 次のように入力してサーバーを再起動し、変更内容を有効にします。
tabadmin restart
言語とロケール
Tableau Server は複数の言語にローカライズされています。言語とロケールはユーザーごとに設
定 (ユーザー設定ページページ10を参照) することも、システム全体に対して設定 (メンテナンス
の設定 ページ231を参照) することもできます。[言語] 設定は、メニューやメッセージなどのユー
ザーインターフェイス(UI) 項目を制御します。[ロケール] 設定は、数値の表記形式や通貨など
のビュー内の項目を制御します。
既定の設定
Tableau Server はセットアップ時に既定の言語設定を取得します。ホストコンピューターに設定さ
れている言語がTableau Server でサポートされている場合、その言語でインストールされます。サ
ポートされていない言語の場合、Tableau Server の英語版がインストールされます。
言語とロケールの決定のしくみ
ユーザーがビューをクリックしたときに表示される言語とロケールに影響を与えるもう1 つの要素は
ユーザーのWeb ブラウザーです。サーバーユーザーが[ユーザーアカウント] ページで[言語] 設定
を指定しておらず、Web ブラウザーがTableau Server でサポートされている言語に設定されてい
る場合、その言語が使用されます。これは Tableau Server 自体が別の言語に設定されている
場合も同様です。
- 247 -
たとえば、Tableau Server システム全体のすべてのユーザーに対して[言語] が英語に設定され
ているとします。サーバーユーザーのClaude は Tableau Server の自分の[ユーザーアカウント]
ページで言語を設定していません。Claude のブラウザーではドイツ語 (ドイツ) が言語/ロケールと
して使用されています。
Claude がTableau Server にサインインすると、サーバーのUI はドイツ語で表示され、ビューA を
クリックすると、数値や通貨にはドイツがロケールとして使用されます。Claude が自分のユーザー
アカウントの[言語] と[ロケール] をフランス語 (フランス) に設定している場合、UI とビューはフラン
ス語で表示されます。ユーザーアカウントの設定は Web ブラウザーの設定よりも優先され、両者
は Tableau Server のシステム全体の設定よりも優先されます。
注意が必要なもう1 つの設定は Tableau Desktop の[ロケール] ([ファイル] > [ワークブックロケー
ル]) 設定です。この設定によって、ビューに表示されるデータのロケール(通貨や数値の表記形
式) が決まります。既定では、Tableau Desktop の[ロケール] は [自動] に設定されています。た
だし、作成者は特定のロケールを選択することによって、その設定をオーバーライドできます。上
記の例では、ビューA の作成者が[ロケール] を[ギリシャ語 (ギリシャ)] に設定した場合、ビューA
のデータはギリシャ語 (ギリシャ) ロケールを使用して表示されます。
次にTableau が言語とロケールを決定するために使用する設定を優先度の高い順に示します。
1. ワークブックロケール(Tableau Desktop で設定)
2. Tableau Server の[ユーザーアカウント] の言語/ロケール設定
3. Web ブラウザーの言語/ロケール
4. Tableau Server の[メンテナンス] ページの言語/ロケール設定
5. ホストコンピューターの言語/ロケール設定
管 理 ビュー
Tableau Server には、管理者がTableau Server でのアクティビティを監視するためのビューがいく
つか用意されています。管理ビューは、[メンテナンス] ページの[分析] 表にあります。
詳細については、次を参照してください。
サーバー アクティビティ
[サーバーアクティビティ] 管理ビューには、過去 30 日間のTableau Serverのアクティビティのスナッ
プショットが表示されます。
[一定の期間におけるビューの総数] で、ライン内の任意のポイントにマウスカーソルを合わせる
と、他の情報と共に、その日に開かれたビューの数を示すツールヒントが表示されます。
- 248 -
線上の点をクリックすると下の棒グラフが更新され、その日に参照されたワークブックと最も多く参
照した人物が表示されます。
[一定の期間におけるビューの総数] でマークを選択すると、[24時間の全表示パターン] がフィル
ターされ、特定の日の表示パターンが表示されます。[一定の期間におけるビューの総数] でマー
クを選択しないと、[24 時間の全表示パターン] によって[一定の期間におけるビューの総数] の
データが合計され、24 時間の期間で表示されるため、1 日の典型的なパターンがわかります。
- 249 -
ユーザー アクティビティ
[ユーザーアクティビティ] ビューは、Tableau Serverインストールがどれくらい頻繁に使用されている
かや、追加のライセンスを購入する必要があるかどうかを判断する際に役立ちます。特に、この
ビューには、誰がTableau Serverへサインインしているか、サインインした場所、いつ最後にサー
バーを操作したかが表示されます。
ユーザーが複数のブラウザーからサインインしている場合も表示されます。例は次のとおりです。
ユーザがInternet Explorer から1 回サインインしMozilla Firefox から1 回サインインした場合、そ
のユーザー名は 2 回表示されます。しかし、ユーザーがMozilla Firefox から2 回サインインした場
合は、そのユーザー名は 1 回のみ表示されます。
[現在アクティブ] は、直前の5 分間にユーザーがサーバーを操作したことを意味します。[最近ア
クティブ] は、直前の5 ~ 15 分間にユーザーがアクティブであったことを示し、[アイドル] は、直前
の15 分間にユーザーからのアクティビティがなかったことを意味します。既定では、4 時間アクティ
ブでないとユーザーは Tableau Serverからサインオフされます。tabadmin tabadmin set オプション
ページ406 オプションを使用すると、この設定を変更できます。
- 250 -
[ユーザー アクティビティの詳細] ビューで、丸い印はサインインまたはビューのフィルターなどのアク
ションを表します。バーは、アクティビティがあった合計時間を示しています。詳細を確認するに
は、エリアをポイントすると、ツールヒントが表示されます。
パフォーマンス履歴
[パフォーマンス履歴の表示] を使用すると、サーバーのパフォーマンスに最も大きな影響を与えて
いるビューを確認できます。
ビューに関連付けられている要求には、2 つの異なる要求があります。
l
オレンジ色の[ビューのロード] (初期ロード) 要求
これらは、リポジトリからのデータの抽出およびデータソースへの初期接続を含みます。
l
青色の[ビューの計算] 要求
これらは、メタデータチェック、データ収集要求、ローカル計算、およびワークブックの初期
ロードのビューのレンダリングを含みます。次のフィルタリングとドリルダウンは、これらに影響
を与えません。
- 251 -
外れ値マークは、サーバーのパフォーマンスに最も大きな影響を与えている要求を表します。
下の例では、"USSales01" ワークブック内の"by region" ビューに対する[ビューのロード] 要求は
ワークブックの情報を取得しデータソースへの初期接続を行うまでに0.235 秒かかりました。
同じビューに対する[ビューの計算] 要求は、データクエリ、ローカル計算、および初期表示の
ビューのレンダリングに5.398 秒かかりました。
バックグラウンドタスク
[バックグラウンドタスク] ビューには、サーバーで実行されるタスクが表示されます。最も一般的な
タスクは、ユーザーアクションに関連付けられているタスクです。これらのタスクは、[タスクのタイプ]
で既定により選択されています。
- 252 -
タスクには、成功、エラー、進行中、保留中といったステータスがあります。
アイコン 説明
エラー- サーバーでタスクを完了できませんでした。
成功 - サーバーでタスクが完了しました。
進行中 - サーバーでタスクを現在処理しています。
保留中 - タスクはサーバーでまだ開始されていません。
アイコンをポイントすると、タスクの詳細が表示されます。
- 253 -
Tableau Server複数のバックグラウンドプロセスを並列実行できます。[バックグラウンドタスク]
ビューの[バックグラウンドID] にあるIP アドレスは、バックグラウンドプロセスを実行することが割り
当てられているマシンを示しています。
複数のバックグラウンドプロセスが実行されているマルチコアマシンは、最初のプロセスに<IP
address>:0、2 番目のプロセスに<IP address>:1 が付けられて順番にリストされます。
スペース使用率
[スペース使用率] ビューを使用すると、サーバーで最もディスク領域を使用しているワークブックや
データソースを特定できます。ディスクのスペース使用率は、ユーザー、プロジェクト、およびワーク
ブックやデータソースのサイズごとに表示され、最も近い整数に丸められます。
- 254 -
サイズバー上にカーソルを移動すると、詳しい使用率が表示されます。
また、ツールヒントのリンクにドリルダウンすることもできます。たとえば、そのユーザーの詳細情報に
移動したり、ワークブックを参照したりできます。
カスタマイズされたビュー
ビューを操作するユーザーは [変更を保存する] オプションを使用して、カスタマイズされたビューを
保存できます。パブリッシャーは、カスタマイズされたビューの共有を有効または無効にすることがで
きます。
- 255 -
[カスタマイズされたビュー] 管理ビューには、[変更を保存する] を使用してカスタマイズされたサー
バー上のビューがすべてリストされます。これはビューの使用頻度や重要度を示すインジケーターと
しても使用できます。
カスタム管 理 ビューの作 成
Tableau Server の[メンテナンス] ページで使用できる組み込みの管理ビューに加えて、Tableau
Desktop を使用すると、サーバーアクティビティに関する独自の分析をクエリおよびビルドできま
す。Tableau Server リポジトリには、接続やクエリを実行できるデータベースビュー設定がいくつか
含まれています。tabadmin オプションのauditing.enabled は、Tableau Server がリポジトリ内の
ユーザーアクティビティ履歴やその他の情報を収集するかどうかを制御します。既定では有効に
なっています。tabadmin オプションのwgserver.audit_history_expiration_days は、何日分のイベ
ント履歴をリポジトリに保管するかを制御します。既定では、183 日に設定されています。履歴イ
ベントの収集は Tableau Server のバックアップファイル(.tsbak) のサイズに影響を与えることに注
意してください。
これらのビューにアクセスするには、まずコマンドラインツールを使用してTableau Server データ
ベースへの外部アクセスを有効にする必要があります。次に、Tableau Server データベースに接
続してクエリを行います。
注: "tableau" ユーザーがアクセスできるビューと表への変更を制限します。リポジトリ内の他
の表 "読み取り専用ユーザー" がアクセス可能 は、アプリケーションのサポート用であり、
予告なく変更する場合があります。これにより、これらの表を使用するビューの構築が破壊
される可能性があります。
- 256 -
Tableau Server データベースへの外部アクセスの有効化
特殊ユーザーを使用してTableau Server リポジトリへ接続しクエリを実行することができます。
"tableau"ユーザーは、Tableau Server アクティビティに関する独自の分析の一環として使用でき
るいくつかのデータベースビューにアクセスできます。2 つ目は読み取り専用"詳細分析を行うため
にビューを作成するために使用できる多くのデータベーステーブルへアクセスできます。
Tableau Server リポジトリへアクセスするには、まず tabadmin コマンドラインユーティリティを使用
してデータベースへの外部アクセスを有効にする必要があります。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
2. 次のいずれかのコマンドを使用して、データベースへの外部アクセスを有効にします。
指定したパスワードを持つ"tableau" ユーザーの場合は、 [password] オプションに自分
のパスワードを入力します。
tabadmin dbpass --username tableau [password]
例は次のとおりです。
tabadmin dbpass [email protected]!
または
"readonly"ユーザーの場合、[password] オプションに自分のパスワードを入力します。
tabadmin dbpass --username readonly [password]
3. Tableau Server を再起動します。
データベースへの外部アクセスを有効にすると、Tableau では、正しいパスワードが入力されている
かぎり任意のIP アドレスからデータベースにアクセスできます。Tableau Server データベースへの
接続 下 の手順に従って接続してください。
後で外部アクセスを有効にするには、tabadmin dbpass --disable --username
[user] を実行し、サーバーを再起動します。
例は次のとおりです。 tabadmin dbpass --disable --username readonly
注: ユーザーが指定されていない場合、--disable オプションは "tableau" ユーザーのアクセス
を無効にします。
Tableau Server データベースへの接続
Tableau Server データベースへの外部アクセスを有効にしたら、次の手順に従ってデータベースに
接続してクエリを実行します。
1. Tableau Desktop で[データ] > [データに接続] を選択し、接続先のデータベースとして
[PostgreSQL] を選択します。PostgreSQL データベースドライバーのインストールが必要
になる場合があります。ドライバーは www.tableausoftware.com/driversからダウンロードで
きます。
- 257 -
2. [PostgreSQL 接続] ダイアログボックスに、Tableau Server の名前または URL を入力しま
す。分散型サーバーがインストールされ、ワーカーがリポジトリをホストしている場合は、代
わりにそのワーカーの名前を入力します。
pgsql.port で設定したポート(既定では 8060) を使用して接続してください。ポートの詳細
については、TCP/IP ポートページ360 を参照してください。
3. 接続先のデータベースとして「workgroup」と入力します。
4. 指定した次のユーザーとパスワードのいずれかを使用して接続します。
ユーザー名: tableau または読み取り専用
パスワード: 指定したユーザーにTableau Server データベースへのアクセスを有効にした時
に指定した指定したパスワードです。
5. [接続] をクリックします。
6. 接続する1 つまたは複数の表を選択します。
"tableau" ユーザーは、_ (アンダーライン) とhist_ で始まるすべての表へアクセスすることが
できます。たとえば、"_background_tasks" や "_datasources" などに接続できます。
"historical_" で始まる表は "hist_" の表を指します。"hist_" の表には、ユーザー アクティ
ビティページ250 ビューに現在表示されていないサーバーユーザーに関する情報が含まれ
ます。"読み取り専用" ユーザーは、サーバー使用状況に関する他の情報をクエリするため
に使用できる追加の表にアクセスできます。
- 258 -
7. [OK] をクリックします。
セキュリティ
Tableau Server のセキュリティには主に4 つのコンポーネントがあります。
認証
認証によってユーザーの識別子が確立されます。これにより、Tableau Server への無許可のアク
セスを防ぎ、パーソナライズされたユーザーエクスペリエンスが実現されます。Tableau Server で
は、次の4 つのタイプの認証がサポートされています。
l
Active Directory: Windows のクレデンシャルに基づいてTableau Server ユーザーを認証
します。
- 259 -
l
l
l
ローカル認証: Tableau Server で提供される内部の認証機構を使用します。
SAML: 外部アイデンティティプロバイダー(IdP) を使用してTableau Server ユーザーを認
証します。
信頼できる認証: Tableau Server と1 つ以上のWeb サーバーとの間の信頼関係を通じて
認証を処理します。
Active Directory とローカル認証のどちらを使用するかは、Tableau Server のセットアップ時の選
択によって異なります。セットアップ後に、これら2 つの認証を切り替えることはできません。認証タ
イプを切り替えるには、Tableau Server をアンインストールしてから(データは保持されます)、セッ
トアップを再実行します。
セットアップ中にSAML を構成するよう選択することもできますが、別のときに構成することもでき
ます。SAML がユーザー認証を処理している際、Active Directory またはローカル認証は
Tableau Server ユーザーの認証ではなく管理に使用されます。Tableau Server をアンインストー
ルしてセットアップを再実行せずにSAML を有効または無効にできます。
Active Directory
ユーザー認証にActive Directory を使用する場合、すべてのユーザー名とパスワードは Active
Directory によって管理されます。Tableau Server のサインインでユーザーがクレデンシャルを入力
すると、これらの情報は Active Directory サーバーに渡されます。Tableau は認証プロセスに参加
しませんが、リポジトリにユーザー名を保存します (パスワードは保存しません)。
Active Directory ユーザー認証の場合、管理者も現在のWindows クレデンシャルに基づいて自
動的にユーザーにサインインできます ([自動ログインを有効にする])。つまり、ユーザーのクレデン
シャルは、ユーザーがサインインしている別のシステムまたはポータルからではなく、ローカルコン
ピューターから渡されます。
たとえば、ユーザーが'MSmith' としてローカルコンピューターにサインインした後、'Mary' として
SharePoint ポータルにサインインした場合、Tableau Server に渡されるクレデンシャルは
'MSmith' となります。自動サインインにSharePoint サイトからのクレデンシャル('Mary') を使用す
るには、SharePoint ポータルで信頼できる認証を持つTableau Web パーツを使用する必要があ
ります。
管理者は tabcmd を使用して、手動またはプログラムでActive Directory とグループを同期できま
す。詳細については、tabcmd コマンドページ369 のActive Directory グループの同期 ページ
189 およびsyncgroup group-name を参照してください。
ローカル認証
ユーザー認証にローカル認証を使用する場合、Tableau Server によってユーザー、グループ、パス
ワード、および認証プロセス全体が管理されます。ユーザーリストをTableau Server に簡単にイ
ンポートできるだけでなく、ほとんどのユーザー管理機能をtabcmd ページ365 を通じてプログラム
で実行できます。プロンプトが表示されたときにクレデンシャルを入力することによって、または透過
的な信頼できる認証を通じてポータルのコンテンツにアクセスしたときに、ユーザーは手動でサイン
インできます。
- 260 -
SAML
ユーザー認証にSAML を使用する際、外部アイデンティティプロバイダー(IdP) がTableau
Server ユーザーを認証します。Tableau Server ユーザーを管理したり、ユーザーをTableau
Server に追加したりするには Active Directory かローカル認証のどちらかを使用する必要があり
ますが、認証の一部は IdPが処理します。ユーザーがSAML を使用してTableau Server にサイ
ンインする場合、表示されるサインインは Tableau Server ではなくIdP に属します。サイトで
SAML を設定する方法の詳細については、SAML ページ265を参照してください。
信頼できる認証
信頼できる認証とは、Tableau Server と1 つ以上のWeb サーバーとの間で信頼関係が設定さ
れていることを意味します。たとえば、会社のウィキで信頼できる認証を使用すると、別のログイン
を要求しなくても、ウィキに既にサインオンしている従業員にダッシュボードを表示できます。
Tableau Server が信頼できるWeb サーバーから要求を受け取ると、Tableau Server は Web
サーバーで必要とされる認証は既に処理されていると見なします。Tableau Server は、引き替え
可能なトークンまたはチケットを含む要求を受け取り、ユーザーの役割およびパーミッションを考慮
するパーソナライズされたビューをユーザーに表示します。
サイトで信頼できる認証を設定する方法の詳細については、信頼できる認証 ページ328 を参
照してください。
許可
許可とは、ユーザーの認証後にそのユーザーがアクセスできる内容や実行できる操作を決定する
ことです。Tableau では、許可は次の項目によって処理されます。
l
l
役割とパーミッション: Tableau の特定のオブジェクトでユーザーが実行できる、または実行
できない特定の機能を定義します。役割は、管理者がそのまま使用したり、カスタマイズ
したりできるパーミッションのセットです。詳細については、パーミッションの操作 ページ86 を
参照してください。
ライセンスとユーザー権限:ユーザーが取得できる最大のパーミッションセットを制御します。
ユーザーが取得できる最大のパーミッションセットを制御します。ライセンスとユーザー権限
ページ181およびユーザー権限の許可と拒否 ページ185を参照してください。
上記の項目によって、ユーザーが実行できるアクションとその対象が制御されますが、ビューに表
示されるデータは制御されません。ユーザーに表示されるデータは、データセキュリティの選択に
よって制御されます。
初期パーミッション
プロジェクトの初期パーミッションは、"既定" プロジェクトからコピーされます。ワークブックの初期
パーミッションは、そのプロジェクトのパーミッションからコピーされます。ビューの初期パーミッション
は、そのワークブックのパーミッションからコピーされます。これは、親のパーミッションのワンタイムコ
ピーです。新しいパーミッションがコンテンツにアクティブに割り当てられた場合を除き、親のパーミッ
ションに行った変更は子に自動的に適用されません。
どのような項目でも親とは異なるパーミッションを持つことができます。たとえば、あるグループはプロ
ジェクトX を表示するパーミッションを持っていなくても、プロジェクトX にパブリッシュされたビューを
- 261 -
表示するパーミッションを持つことができます。Tableau Server では、階層型のオブジェクトパーミッ
ションはサポートされませんが、ユーザーおよびグループに対して継承モデルが提供されます。ユー
ザーが[許可] または [拒否] に明示的に設定されたパーミッションを持っていない場合、設定は
ユーザーが属するグループから継承されます。
パーミッションと"既定" プロジェクト
知識と情報の共有が重要であるオープン環境にTableau Server が展開されている場合、役割
が[インタラクター] に設定されている[すべてのユーザー] グループを含むように、"既定" プロジェクト
のパーミッションを設定することを検討してください。ユーザーは新しいプロジェクトに自動的にパブ
リッシュし、新しいプロジェクトからのコンテンツを使用できるようになります。
データセキュリティとアクセス制御が重要である制限された環境にTableau Server が展開されて
いる場合、"既定" プロジェクトのパーミッションを空にする(すべてのユーザーとグループのパーミッ
ションを削除する) ことを検討してください。ユーザーおよびグループが新しいプロジェクトのコンテン
ツをパブリッシュおよび使用するには、パーミッションが明示的に付与される必要があります。
データセキュリティ
Tableau では、どのユーザーがどのデータを表示できるかを制御するための方法がいくつか用意さ
れています。稼働中のデータベースに接続するデータソースの場合、パブリッシュされたビューを
ユーザーがクリックしたときにデータベースのクレデンシャルの指定をユーザーに要求するかどうかも
制御できます。次の3 つのオプションを組み合わせて使用すると、さまざまな結果が得られます。
l
l
l
データベースログインアカウント: 稼働中のデータベースに接続するデータソースを作成す
るときに、データベースへの認証をWindows NT を通じて行うか、データベースのビルトイン
セキュリティ機構を通じて行うかを選択します。
認証モード: 稼働中のデータベース接続を使用してデータソースまたはワークブックをパブ
リッシュするとき、[認証モード] を選択できます。どのモードを使用できるかは、上記のオプ
ションの選択によって異なります。
ユーザー フィルター: ワークブックまたはデータソースにフィルターを設定できます。これによ
り、Tableau Server ログインアカウントに基づいて、パブリッシュされたビューに表示するデー
タを制御できます。
次の表は、上記のオプションのいくつかの依存関係の概要を示しています。
- 262 -
データベース接続のオプション
データベー 認証モード
スログイン
アカウント
で使用す
る認証方
法
データセキュリティの質問
Tableau
ユーザー フィ ユー
Server
ルターが各
ザー間
ユーザーごと ユーザーに表 で Web
にデータセ 示するデータ キャッ
キュリティは を制限する唯 シュは
設定可能 一の方法です 共有さ
ですか?
か?
れます
か?
Windows サーバーの実行アカウント いいえ
はい
はい
NT 統合
セキュリ サーバーの実行アカウント はい
いいえ*
いいえ
ティ
経由での偽装
(Windows ビューアー認証資格情報 はい
いいえ*
いいえ
認証)
ユーザーにメッセージを表
はい
いいえ
いいえ
示 : ビューアーがビューをク
リックすると、データベースの
クレデンシャルの入力を求
ユーザー められます。クレデンシャル
名とパス は保存できます。
ワード
埋め込みクレデンシャル:
いいえ
はい
はい
ワークブックまたはデータ
ソースのパブリッシャーは、
データベースのクレデンシャ
ルを埋め込むことができま
す。
埋め込みパスワード経由 はい
いいえ*
いいえ
での偽装 : 偽装パーミッショ
ンを持つデータベースのクレ
デンシャルが埋め込まれま
す。
* 予期せぬ結果が発生する可能性があるため、ユーザーフィルターと共にこの認証モードを使用
しないことをお勧めします。
ユーザーフィルター、埋め込みクレデンシャルオプション、および偽装モードには、同じような効果
があります。つまり、ユーザーがビューをクリックしたときにデータベースのクレデンシャルの入力は求
められず、そのユーザーに関係するデータのみが表示されます。ただし、ユーザーフィルターは作成
者によってワークブックに適用され、偽装認証モードはデータベース自体の管理者によって定義さ
れるセキュリティポリシーに依存します。
上記の一部のオプションには構成手順が必要です。これらの手順は、Tableau Server のセット
アップ時か、ワークブックまたはデータソースをパブリッシュする前に行う必要があります。詳細につ
いては、次のトピックを参照してください。
- 263 -
l
埋め込みクレデンシャル
l
Kerberos 委任 ページ280
l
OAuth を使用したデータ接続
l
認証資格情報/保存済みパスワードの要求
l
実行ユーザーページ346
l
SQL Server の偽装 ページ355
l
ユーザーフィルターとデータソースフィルター
ネットワークセキュリティ
Tableau Server には 3 つの主要なネットワークインターフェイスがあります。
l
l
l
クライアントからTableau Server へ: クライアントとしてWeb ブラウザー、Tableau
Desktop、または tabcmd ユーティリティを指定できます。
Tableau Server からデータベースへ: データ抽出を更新するか、稼働中のデータベース接
続を処理するには、Tableau Server はデータベースと通信する必要があります。
サーバー コンポーネント通信: これは分散配置の場合にのみ適用されます。
クライアントからTableau Server へ
Tableau Server クライアントとしてWeb ブラウザー、Tableau Desktop、または tabcmd を指定で
きます。Tableau Server とそのクライアント間の通信では、標準のHTTP 要求と応答が使用され
ます。Tableau Server は、HTTPS 用にも構成できます (SSL ページ117 を参照)。Tableau
Server をSSL 用に構成する場合、クライアント間のすべてのコンテンツと通信は SSL を使用し
て暗号化され、要求と応答には HTTPS プロトコルを使用します。
パスワードは、512 ビットの公開/秘密キーの暗号化を使用してブラウザーおよびtabcmd から
Tableau Server に送信されます。Tableau Server は公開キーをブラウザーに送信します。ブラウ
ザーはこのキーを使用してパスワードを送信用に暗号化します。暗号化された各送信では、1 回
使用すると破棄されるワンタイムキーが使用されます。つまり、パスワードは SSL の使用に関係
なく常にセキュリティで保護されます。SSL が有効な場合は、パスワードの512 ビット公開キーの
暗号化に加えてSSL 暗号化が使用されます。
Tableau Server からデータベースへ
Tableau Server はデータベースへの動的接続を行って、結果セットを処理し、抽出を更新しま
す。また、可能な限りデータベースへの接続にネイティブドライバーを使用します。ネイティブドラ
イバーが使用できないときは、汎用 ODBC アダプターを使用します。データベースへのすべての通
信は、これらのドライバーを通じてルーティングされます。この場合、標準以外のポートで通信する
ように、またはトランスポートの暗号化を提供するようにドライバーを構成する作業は、ネイティブ
ドライバーのインストール作業に含まれます。このタイプの構成は Tableau に対して透過的です。
- 264 -
サーバー コンポーネント通信
分散サーバーのインストールでTableau Server コンポーネント間の通信には、信頼と送信という2
つの要素があります。Tableau クラスタ内の各サーバーは、厳格な信頼モデルを使用して、クラス
タ内のその他のサーバーから有効な要求を受け取っていることを確認します。ゲートウェイプロセ
スを実行しているクラスタ内のコンピューターは、負荷分散装置が転送 (この場合、負荷分散装
置が要求を受け取ります) しない限り、サードパーティ(クライアント) からの要求を受け入れます。
ゲートウェイプロセスを実行していないサーバーは、クラスタのその他の信頼できるメンバーからの
要求のみを受け入れます。信頼は、IP アドレス、ポート、およびプロトコルのホワイトリストによって
確立されます。これらのうちいずれかが無効である場合、要求は無視されます。クラスタのすべて
のメンバーは互いに通信できます。ライセンスの検証およびリポジトリへのアクセスを除き、すべての
内部通信の送信は HTTP 経由で実行されます。
ユーザーがTableau Server で外部データソースのクレデンシャルを保存している場合、それらの
情報は Tableau Server の内部データベースに暗号化して保存されます。プロセスがそれらのクレ
デンシャルを使用して外部データソースをクエリする場合、プロセスは内部データベースから暗号
化されたクレデンシャルを取得して、進行中に暗号を解読します。
SAML
SAML (セキュリティアサーションマークアップランゲージ) は、セキュアな Web ドメインがユーザー認
証および許可データを交換できるXML 規格です。Tableau Server を設定すると、外部 ID プロ
バイダー(IdP) を使用して、SAML に対するTableau Server ユーザーの認証を行うことができま
す。すべてのユーザーの認証は、Tableau Server でActive Directory またはローカル認証を使用
しているかに関係なく、Tableau の外部で行われ、Tableau Server 上のユーザーアカウントが管
理されます。これにより、組織のすべてのアプリケーションで、シングルサインインが実現されます。
Tableau Server のSAML サポートはユーザー認証用です。ワークロードなどTableau Server コン
テンツに関係する許可や承認は処理しません。
注:IdP 提供の認証は1度のみ使用することができ、使用期間が限定されたトークンです。
SAML の詳細については、次のリンクを参照してください。
SAML 認 証 のしくみ
SAML は、サービスプロバイダー(この場合は Tableau Server) およびアイデンティティプロバイダー
(IdP) の2 つのグループ間で認証情報を交換するためのXML ベースのオープンスタンダードです。
SAML 向けにTableau Server を構成する場合、サードパーティのIdP はユーザー認証に使用さ
れ、デジタル署名のXML 文書形式でTableau Server に識別情報を渡します。サービスプロバ
イダーが開始する認証だけが成功します。つまり、Tableau にアクセスするユーザーは、IdP URL
ではなく、認証を開始するTableau Server URL を使う必要があります。
- 265 -
ユーザーがTableau Server ワークブッ
クリンクまたは他のリソースにアクセス
しようとします。
IdP がSAML の正常な応答を
Tableau Server に送信します。
Tableau Server が認証プロセスを開
始し、ユーザーをIdP にリダイレクトし
ます。
User がTableau Server のワークブッ
クを開きます。
IdP はユーザーを認証します。
Tableau Server ユーザーアカウント。このユーザー名は IdP がユーザー名とし
て保存しているものと一致する必要があります。
IdP のユーザーアカウント。
SAML 要 件
SAML 向けにTableau Server を構成するには、次が必要です。
証明書ファイル: 拡張子 .crt を持つPEM エンコードされたx509 証明書。このファイルは、IdP で
はなくTableau Server によって使用されます。SSL 証明書を持っている場合、同じ証明書を
SAML で使用できます。詳細については、「証明書ファイルについて」を参照してください。
証明書キー ファイル: パスワードで保護されておらず、ファイル拡張子 .key が付いた、RSA または
DSA プライベートキーファイル。このファイルは、IdP ではなく、Tableau Server で使用されます。
SSL 証明キーファイルを持っている場合、SAML でも使用できます。詳細については、「証明書
ファイルについて」を参照してください。
SAML 2.0 をサポートするIdP アカウント: 外部アイデンティティプロバイダーでのアカウントが必要
です。いくつかの例としてPingFederate、SiteMinder、およびOpen AM があります。IdP は SAML
2.0 をサポートする必要があります。
ユーザー名 という属性: アイデンティティプロバイダーを構成して、ユーザー名という名前の属性を
SAML 応答に返す必要があります。この既定の属性を別の属性に変更するには、tabadmin 設
- 266 -
定 wgserver.saml.idpattribute.username を使用します。グローバルID を使う場合は既定の属
性を変更する必要があります。
ユーザー名の一致: Tableau Server ユーザー名とIdP に保存されているユーザー名は一致する
必要があります。たとえば、Jane Smith のユーザー名がjsmith としてPingFederate に保存される
場合、Tableau Server でもjsmith と保存される必要があります。また、Tableau Server セットアッ
プの一部としてSAML を構成している場合、セットアップの一部にTableau Server 管理者アカウ
ントが作成されます。セットアップを実行する前に、使用する予定のアカウントがIdP に存在する
ことを確認します。
HTTP POST: Tableau Server は SAML 通信でHTTP POST しか受け付けません。HTTP
Redirect がサポートされません。
SP によって開始: Tableau Server はサービスプロバイダー(SP) としてのみ SAML に作用しま
す。
Active Directory 自動ログインなし: SAML を使用していて、Tableau Server がユーザー管理に
Active Directory を使用するよう構成されている場合、[自動ログインを有効にする] を使用しな
いでください。
分散インストールのみ: SAML 用に構成されているクラスタでは、アプリケーションサーバー
プロセスを実行しているそれぞれのTableau Server 上にSAML 証明書、SAML キー、お
よびSAML IdP メタデータファイルがある必要があります。詳細については、「SAML 用の
サーバークラスタの構成」を参照してください。
証明書ファイルについて
SSL でPEM エンコードされたx509 証明書ファイルを使用している場合、同じファイルをSAML
で使用できます。SSL で使用される場合、証明書ファイルはトラフィックを暗号化するために使わ
れます。SAML のために使用する場合、証明書は認証のために使われます。
SAML
Tableau Server を設定すると、外部 ID プロバイダー(IdP) を使用し、SAML に対してTableau
Server ユーザーの認証を行うことができます。すべてのユーザー認証は、Tableau Server で
Active Directory またはローカル認証を使用しているかに関係なく、Tableau の外部で行われ、
Tableau Server 上のユーザーアカウントが管理されます。これにより、組織のすべてのアプリケー
ションでシングルサインオンが実現します。
Tableau Server にSAML を設定する前に、SAML 要件 前のページを満たしていることを確認し
てください。
SAML の設定
SAML を使用するようにTableau Server を設定するには
1. Tableau Server8.3 フォルダーと同じ階層にあるSAML という名前のフォルダーに証明書
ファイルを保存します。例は次のとおりです。
- 267 -
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SAML
この場所に保存することによって、Tableau Server を実行するアカウントに、ファイルに対す
る必要なパーミッションが与えられます。
2. SAML 構成は、Tableau Server の設定中に表示されるSAML タブで行います。Tableau
Server 設定後にSAML を設定する場合は、Tableau Server 構成ユーティリティ(スタート
> 全てのプログラム > Tableau Server 8.3> Tableau Server の設定) を開き、SAML タ
ブをクリックしてSAML タブへアクセスします。
3. SAML タブで、[シングル サインオンに SAML を使用する] を選択し、次のそれぞれのため
の場所を入力します。
Tableau Server リターンURL - Tableau Server のユーザーがアクセスされる
http://tableau_server などのURL です。http://localhost の使用はお勧めしません。また、
末尾にスラッシュがあるURL (http://tableau_server/ など) はサポートされていません。
SAML エンティティID - エンティティID は、IdP へのTableau Server のインストールを一意
的に識別します。必要であればここでTableau Server のURL を再度入力することができ
ますが、必ずしもTableau Server のURL である必要はありません。
SAML 証明書ファイル- ファイル拡張子 .crt が付いたPEM 暗号化 x509 証明書です。こ
のファイルは IdP ではなくTableau Server によって使用されます。
SAML 証明書キー ファイル- パスワード保護されていないRSA または DSA の秘密キー
ファイルで、ファイル拡張子 .key を持ちます。このファイルは IdP ではなくTableau Server に
よって使用されます。
4. 今は [SAML IdP メタデータファイル] テキストボックスには何も入力せず、[メタデータファイ
ルのエクスポート] をクリックします。
- 268 -
5. ダイアログが開き、Tableau Server のSAML 設定をXML ファイルとして保存することができ
ます。この時点では、IdP のメタデータは含まれていません。
XML ファイルに名前を付けて保存します。
6. IdP のWeb サイトまたはアプリケーション上
l
l
Tableau Server をサービスプロバイダーとして追加します。この方法に関しては、
IdP のドキュメントを参照する必要があります。この一環として、手順 5 で保存した
ファイルをインポートします。
IdP が検証のためにユーザー名を属性要素として使用することを確認します。
7. まだIdP 内のまま、IdP のメタデータXML ファイルをエクスポートします。
8. IdP のメタデータXML ファイルを、Tableau Server コンピュータの次のフォルダーへコピーしま
す。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SAML
9. [Tableau Server の構成] ダイアログボックスのSAML タブで、[SAML IdP メタデータファイ
ル] テキストボックスにファイルへの場所を入力します。
10. [OK] をクリックします。これで、Tableau Server にSAML 認証が設定されました。
SAML 向け Server クラスタの設定
SAML を使用するようにTableau Server クラスタを設定する場合、同じSAML 証明書、SAML
キー、およびSAML IdP メタデータファイルを、Tableau アプリケーションサーバープロセス
wgserver とも呼ばれる を実行中のすべてのコンピューターに配置します。SAML を使用するよ
うにTableau Server クラスタを設定するには、以下を行います。
- 269 -
1. 上記の手順に従って、プライマリTableau Server を設定します。
2. プライマリに対して使用した同じSAML 証明書、SAML キー、およびSAML IdP メタデータ
ファイルを、アプリケーションサーバープロセスを実行している各 Tableau ワーカーに配置し
ます。プライマリで使用したワーカーの同じフォルダーの場所を使用します。ワーカーで追加
構成を行う必要はありません。
たとえば、プライマリTableau Server と3 つのワーカーを含むクラスタを使用するとします。ア
プリケーションサーバープロセスはプライマリ、Worker 2、Worker 3 で実行しています。この
状況では、SAML 向けにプライマリTableau Server を設定します。次に同じSAML 証明
書、SAML キー、およびSAML IdP メタデータファイルをWorker 2 とWorker 3 にコピーしま
す。これらのファイルは、プライマリのC:\Program Files\Tableau\Tableau Server\SAML
フォルダーにあるため、Worker 2 とWorker 3 の同じ場所にあります。
構成のテスト
新しくWeb ブラウザーインスタンスを開き、URL ウィンドウへTableau Server 名を入力して、
SAML 構成をテストします。
サインインプロンプトがTableau Server からではなくIdP から表示されることに注意しなければな
りません。
- 270 -
SAML のトラブルシューティング
SAML に関する問題のトラブルシューティングについては、次のトピックを参照してください。
SAML、および自動ログインの有効化
SAML を使用していて、Tableau Server がユーザー管理にActive Directory を使用するよう構成
されている場合、[自動ログインを有効にする] を選択しないでください。[自動ログインを有効にす
る] とSAML を共に使用することはできません。
コマンドラインからのサインイン
Tableau Server がSAML を使用するよう構成されている場合でも、コマンドラインツール
tabcmd ページ365 または Tableau データ抽出コマンドラインユーティリティ(Tableau Desktop で
提供) を使用してTableau Server にサインインする場合、SAML は使用されません。
ログインできない
"ログインできません: ユーザーのアイデンティティプロバイダー認証に成功しました<IdP からのユー
ザー名>。Tableau Server のユーザーを検索できませんでした" というメッセージを受信した場合、
Tableau Server に保存されているユーザー名とIdP に保存されているユーザー名が同一ではあり
ません。これを修正するには、ユーザー名が一致するようにします。たとえば、Jane Smith のユー
ザー名がjsmith としてIdP に保存されている場合、Tableau Server でjsmith として保存す
る必要があります。
SAML エラー ログ
SAML 認証は Tableau Server の外で行われるため、認証問題のトラブルシューティングは難しい
場合がありますが、ログインの試みはすべてTableau Server で記録されます。ログファイルのス
ナップショットを作成して、問題のトラブルシューティングに使用できます。詳細については、ログ
ファイルのアーカイブページ422を参照してください。
注:通常のSAML イベントは、wgserver.log.level がデバッグに設定されている場
合にのみログされます。詳細については、ロギングレベルの変更 ページ432を参照してくだ
さい。
解凍されたログファイルスナップショットにある次のファイルで、SAML エラーを確認します。
\wgserver\wgserver-<n>.log
\wgserver\production.<nnnn>_<yyyy_mm_dd_hh_mm_ss>.log
末尾のスラッシュ
[SAML] タブで、Tableau Server リターンURL が末尾のスラッシュで終わらないことを確認します
(正解: http://tableau_server。間違い: http://tableau_server/)。
- 271 -
接続を確認
構成しているTableau Server で、サーバーとの直接的な 2 方向トラフィックを可能にするルーティ
ング可能な IP アドレスまたは NAT のいずれかがファイアウォールにあることを確認します。
テルネットをTableau Server で実行して、SAML IdP への接続を試みることによって、接続をテス
トすることができます。例: C:\telnet 12.360.325.10 80
上のテストでは、IdP のHTTP ポート(80) に接続され、HTTP ヘッダーを受け取ります。
Kerberos
Kerberos は、キー配布センター(KDC) と呼ばれる信頼できるサードパーティの使用に依存した
3 要素認証プロトコルで、コンピュータの識別子を確認し、クライアントとサービス間の"チケット" の
交換によりセキュアな接続を提供します。これらのチケットによりコンピュータ間またはサービス間
の相互認証を行い、一方に他方へアクセスするパーミッションがあることを確認します。
Tableau Server は Active Directory のKerberos 環境でKerberos 認証をサポートし、Kerberos
がTableau Server への認証を処理します。
注: Tableau Server でのKerberos によるサポートはユーザー認証を行うためのものです。
ワークロードなどTableau Server コンテンツに関係する内部許可や承認は処理しませ
ん。
Kerberos を使 用 したシングル サインオン
現在、Tableau Server は Kerberos ベースのシングルサインオン(SSO) に対応しています。
Kerberos 認証を追加することで、Active Directory を使用したKerberos の有効な環境で、ユー
- 272 -
ザーに対してTableau Desktop およびWeb ブラウザーからTableau Server へのSSO 接続を提
供します。さらにTableau Server は、Kerberos の有効な MS SQL およびMSAS データソースに
対する認証にKerberos を使用できます。そして、Tableau Server でKerberos を構成する場
合、Impala LDAP 認証のサーバー管理認証資格情報を使用してCloudera Impala データベー
スへのSSO 接続を行うことができます。
1 Tableau Server の構成
Tableau Server のインストールおよび構成後、Tableau Server 構成ユーティリティを実行します。
[Kerberos] タブで[Kerberos でシングル サインオンを有効にする] を選択します。
2 構成スクリプトの生成
[Kerberos 構成スクリプトのエクスポート] をクリックし、Tableau Server のActive Directory で
Kerberos を構成するバッチファイルを生成します。
ファイルの保存場所がプロンプトで表示されます。既定の場所は、<install
drive>\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin です。
- 273 -
次のステップでメッセージが表示されます。Active Directory のドメイン管理者に実行する構成スク
リプトを送信します。
3 構成スクリプトの実行
ドメイン管理者は、ドメイン内のいずれかのコンピューターのコマンドプロンプトからスクリプトの名
前を入力してスクリプトを起動する必要があります。規定では、スクリプトは
KerberosConfig.bat と呼ばれています。
ドメイン管理者が構成スクリプトを実行すると、実行ユーザーアカウントを使用してスクリプトによ
りTableau Server のサービスプリンシパル名 (SPN) が登録され、お使いの環境の.keytab ファイ
ルが生成されます。
.keytab ファイルは、スクリプトが実行されたフォルダーにある\keytabs フォルダー内に作成されま
す。ドメイン管理者は、次のステップで使用するためにファイルのコピーを送信する必要がありま
す。
4 .keytab ファイルのコピー
ドメイン管理者がスクリプトを実行し.keytab ファイルのコピーを送信したら、Tableau Server 構成
ユーティリティへ戻り[Kerberos] タブのステップ3 のボックスに.keytab ファイルへのパスを入力しま
す。
このユーティリティにより、Tableau Server のインストールで各ゲートウェイノードにファイルがコピー
されます。
[構成のテスト] をクリックし構成が正しく設定されていることを確認します。SPN が正しく設定され
ている場合は、テスト結果に"OK"と表示されます。委任用に構成されたサービスの数は、次のス
テップで委任を完了している場合を除いて"0" (ゼロ) です。
AD での Kerberos 委任の構成
MS SQL または MSAS データソースでKerberos 認証を使用するには、またCloudera Impala に
SSO 接続を行うには、Active Directory (AD) でKerberos 委任を構成する必要があります。
Kerberos SSO のみを使用してTableau Server に接続するのであれば、委任の手順を完了す
る必要はありません。
このマルチパートプロセスは Tableau 外部にあり、次が含まれます。
l
l
オペレーティングシステムとして動作するように実行ユーザーを有効化します。詳細につい
ては、「オペレーティングシステムとして動作するように実行ユーザーを有効化する」を参照
してください。
AD でKerberos 委任を有効にします。このステップは、Tableau で使用するサポートされて
いる接続に固有のものです。
- 274 -
l
l
l
MS SQL - ナレッジベースの「MS SQL 用にKerberos 委任を有効にする」を参照し
てください。
MSAS - ナレッジベースの「MSAS 用にKerberos 委任を有効にする」を参照してく
ださい。
Impala - ナレッジベースの「Cloudera Impala 用に委任を有効にする」を参照してく
ださい。
注: Impala でのSSO は Kerberos を使用しませんが、Tableau Server で
Kerberos が有効になっている必要があります。
Kerberos 認 証 のしくみ
Kerberos はネットワークパーミッションでノードを指定する"チケット" を作成および交換することで
動作するネットワーク認証プロトコルで、互いに通信して互いにノードの識別子を確認し、両方
のノードが互いの同一性を確認します。
Kerberos がTableau Server で有効にされ、環境が適切に構成されていると、Kerberos は
Tableau Desktop または Web ブラウザーとTableau Server との間でシングルサインオン機構を提
供します。
サポートされているKerberos の有効な接続を使用するワークブック、ダッシュボード、またはデータ
ソースに接続する場合、ユーザーは自動認証されます。
クライアントとTableau Server 間の Kerberos 認証
Active Directory 環境においてTableau Server でKerberos を構成する場合、AD ドメインコント
ローラーもKerberos キー配布センター(KDC) として機能し、そのドメインで他のノードに対するチ
ケットを発行します。KDC により認証されたユーザーは、Tableau Server に接続する際に、さら
に認証を行う必要はありません。
- 275 -
ユーザーは Active Directory ドメイン
にログインします。
Kerberos KDC がそれらを認証し、チ
ケット保証チケット(TGT) を送信しま
す。
ユーザーは Tableau Desktop または
Web ブラウザーを使用してTableau
Server に接続します。
Tableau Server がユーザーを認証し
ます。
Kerberos の要 件
Tableau Server でKerberos 認証を使用するには、以下のものが必要です。
l
l
l
l
l
l
l
Windows Server: Tableau Server は Windows のサーバーバージョンにインストールする
必要があります。非サーバーバージョン(Windows 7 およびWindows 8 を含む) は keytab
ファイルを生成するのに必要な ktpass コマンドをサポートしていません。
Active Directory:
l Tableau Server では認証にActive Directory (AD) を使用する必要があり
ます。
l ドメ
インがAD 2003 以降である必要があります。
実行ユーザー アカウント:
l 実行ユーザーアカウント(Tableau Server サービ
スアカウント) は AD ドメインアカウ
ントである必要があります。NTAUTHORITY\NetworkService などのローカルアカ
ウントが動作しません。
l 実行ユーザーアカウント(Tableau Server サービ
スアカウント) は、委任されるデータ
ベースサービスと同じドメインにある必要があります。
l 制約付き委任: 実行ユーザーアカウント
にはターゲットのデータベースSPN へのアク
セス権を付与する必要があります。
シングル サインオン(SSO): ユーザーがコンピュータにログインする際、ユーザーにActive
Directory からのKerberos TGT を付与する必要があります。この動作はドメインで結合し
たWindows PC、およびネットワークアカウントサーバーとしてAD を使用するMac で標準
的です。Mac およびActive Directory の使用の詳細については、
http://support.apple.com/kb/PH14242 を参照してください。
外部ロードバランサー/プロキシ サーバー: 外部ロードバランサー(ELB) またはプロキシ
サーバーがある環境で、Tableau Server でKerberos を使用する場合、Tableau Server
構成ユーティリティでKerberos を構成する前に、これらを設定する必要があります。詳細
については、ロードバランサーの追加 ページ160およびプロキシ サーバーを使用するための
Tableau の構成 ページ327を参照してください。
スマートカードのサポート: スマートカードは、ユーザーがスマートカードでワークステーションに
ログインし、このログインによりユーザーにKerberos TGT がActive Directory から付与され
る場合にサポートされます。
iOS ブラウザーのサポート: iOS ユーザーは、ユーザーのKerberos ID を指定する構成プロ
ファイルがインストールされている場合、Mobile Safari でKerberos 認証を使用することがで
きます。
- 276 -
委任アクセスを行うには、次が必要です。
l
データソース:
l サポート
されているデータソース(MS SQL、MSAS、およびCloudera Impala) で
Kerberos 認証を構成する必要があります。
l データソースがTableau Server と
同じドメイン上にある必要があります (ユーザーは
異なるドメインにいる可能性があります)。
Tableau Server へのKerberos 接続は次の構成でサポートされます。
l
Tableau Server では、"制約付き委任" が必要ですが、ここで実行ユーザーアカウントには
特にターゲットのデータベースSPN への権限が付与されます。制約のない委任はサポート
されません。
Kerberos の設 定
Kerberos を使用するようにTableau Server を構成することができます。これにより、組織のすべ
てのアプリケーションでシングルサインオンが実現します。
Kerberos 用にTableau Server を構成する前に
l
l
l
Kerberos を構成する前に、Tableau Server の初期設定を行い、同様にTableau Server
がActive Directory 認証とAD サービスアカウントを使用するよう構成します。
Kerberos の要件 前のページを満たしていることを確認してください。
Kerberos を使用してMS SQL や MSAS を認証する場合、または Cloudera Impala への
SSO の委任を構成する場合、オペレーティングシステムの一部として機能するために実行
ユーザーを有効にする必要があります。詳細については、オペレーティングシステムとして動
作するように実行ユーザーを有効化するページ280を参照してください。
注: 外部ロードバランサーまたはリバースプロキシーを使用している場合、Kerberos を構
成する前にこれらの構成を完了する必要があります。構成しない場合は、Tableau
Server 構成ユーティリティが生成した構成スクリプトは誤ったホスト名を使用するかもしれま
せん。詳細については、ロードバランサーの追加 ページ160およびプロキシ サーバーを使
用するための Tableau の構成 ページ327を参照してください。
Kerberos の設定
1. Tableau Server 構成ユーティリティの[Kerberos] タブでKerberos を構成します。Tableau
Server 構成ユーティリティを開き([スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server]
8.3 > [Tableau Server の構成]) 、[Kerberos] タブをクリックします。
2. [Kerberos] タブで[Kerberos でシングル サインオンを有効にする] を選択します。
3. Tableau Server でKerberos を使用するようActive Directory を構成する際に使用できる
バッチスクリプトを生成するには、[Kerberos 構成スクリプトのエクスポート] をクリックしま
- 277 -
す。
構成スクリプトは、Tableau Server でKerberos を使用するようActive Directory ドメインを
構成します。詳細については、Kerberos 構成スクリプト次のページを参照してください。
注: スクリプトのsetspn 行にあるホスト名を確認します。外部ロードバランサーまた
はリバースプロキシーを使用する場合、ホスト名はロードバランサーまたはプロキ
シーのためにTableau Server を構成する時に使用する名前と一致する必要があり
ます。プロキシーまたは外部ロードバランサー用にTableau Server を構成していな
い場合は、構成を行った後で正しいホスト名であることを確認するためにKerberos
構成スクリプトを再度エクスポートします。
4. Active Directory ドメインアドミニストレーターが構成スクリプトを実行し、サービスプリンシパ
ル名 (SPN) と.keytab ファイルを作成します。ドメインアドミニストレーターは、ドメイン内の
いずれかのコンピューターのコマンドプロンプトでスクリプトを実行する必要があります。ドメイ
ンアドミニストレーターは、それを含む値を確認するためにスクリプトを読み取る必要があり
ます。そして、 Windows Explorer でスクリプトをダブルクリックせずに スクリプト名を入力す
ることでコマンドプロンプトでそれを実行します。スクリプトは、スクリプトが実行された場所の
\keytabs フォルダーにkerberos.keytab ファイルを作成します。
5. スクリプトが作成した.keytab ファイルをコピーし、Tableau Server コンピューターに保存しま
す。.keytab ファイルへのパスを入力するか、ファイルを検索するために[参照] ボタンをクリッ
クします。keytab ファイルは、[OK] をクリックして変更した構成を保存する時に、Tableau
Server インストレーションのすべてのゲートウェイノードにコピーされます。
注: .keytab ファイルの名前を変更しないでください。スクリプトに
kerberos.keytab という名前のファイルが作成され、この名前を使用してファイ
ルを保存する必要があります。
6. 必要に応じて、[構成のテスト] をクリックして、Tableau Server でKerberos を使用するた
めの環境が適切に構成されているかを確認します。
- 278 -
SPN が正しく構成されている場合、"OK"が表示されます。Kerberos 委任用に構成した
データソースの数が一覧表示されます。いずれのデータソースもKerberos 委任用に構成
しない場合、"0" が表示されます。
7. [OK] をクリックしてKerberos 構成を保存します。
構成のテスト
Tableau Server を再起動したら、URL ウィンドウでTableau Server 名を入力することで、異なる
コンピューターのWeb ブラウザーからKerberos 構成をテストします。
Tableau Server を自動的に認証する必要があります。
Kerberos 構 成 スクリプト
[Kerberos 構成スクリプトのエクスポート] をクリックすると作成されるKerberosConfig.bat
スクリプトは、Tableau Server のSPN を登録し、Kerberos .keytab ファイルを生成します。
l
l
SPN - このスクリプトは、実行ユーザーアカウントを使用し、setspn ユーティリティを使用して
Tableau Server のSPN を登録します。これらのSPN は .keytab ファイルの生成、および
Tableau Server へのWeb ブラウザー接続の認証に使用されます。
.keytab - このスクリプトは ktpass ユーティリティを使用し、スクリプトが実行されたフォルダー
内の\keytabs フォルダーにkerberos.keytab ファイルを生成します。.keytab ファイルに
は Tableau Server の共有秘密鍵が含まれます。
注: setspn およびktpass により警告またはエラーが生成される場合があります。ユーティリ
ティが完全に実行されている場合、これらのエラーおよび警告は無視できます。
- 279 -
Kerberos 委 任
Kerberos 委任は、ビューアーの代わりにクエリを実行するために、Tableau Server でワークブック
またはビューを参照しているユーザーのKerberos 認証資格情報を使用することができる方法で
す。これは次のような場合に便利です。
l
l
誰がデータにアクセスしているかを知る必要があります (ビューアーの名前はデータソースの
アクセスログに表示されます)。
データソースのセキュリティは行レベルですが、別のユーザーは別の行へのアクセス権があり
ます。
Tableau Server では、特にターゲットのデータベースSPN への委任権限が付与された実行ユー
ザーアカウントを使用した「制約付き委任」が必要です。規定では、委任は Active Directory で
は有効ではありません。Kerberos 委任を構成するには、いくつかの手順が必要です。
Tableau Server 上:
l
すべてのTableau Server ノード上で、オペレーティングシステムの一部として動作するよう
に実行ユーザーを構成します。
Active Directory 内:
l
l
使用するデータソースのSPN を構成します
データソースSPN のKerberos 委任を有効にする
Tableau Server でKerberos 委任用にこれらの種類のデータ接続を構成できます。
l
l
MS SQL - ナレッジベース記事の「SQL Server のKerberos 委任を有効にする」を参照し
てください。
MSAS - ナレッジベース記事の「MSASのKerberos 委任を有効にする」を参照してくださ
い。
Tableau Serverで委任用にImpala データ接続を構成することもできます。この場合、Tableau
Server でKerberos を有効にする必要がありますが、接続では Kerberos を使用しません。
l
Cloudera Impala - ナレッジベース記事の「Cloudera Impala 用に委任を有効にする」を
参照してください。
オペレーティング システムとして動 作 するように実 行 ユーザーを有 効 化 する
Tableau Server でKerberos 委任を使用する場合、それぞれのTableau Server コンピューターの
オペレーティングシステムとして動作するよう実行ユーザーアカウントを構成する必要があります。
これを行うには、次の手順を行います。
1. [スタート] > [コントロール パネル] > [管理ツール] > [ローカル セキュリティポリシー] を選択
します。
2. [ローカルセキュリティ設定] ウィンドウで[ローカルポリシー] を開き、[ユーザー権利の割り当
- 280 -
て] をハイライトして[オペレーティングシステムの一部として動作] を右クリックし、[プロパ
ティ] を選択します。
3. [オペレーティングシステムの一部として動作] の[プロパティ] ウィンドウで、[ユーザーまたはグ
ループの追加] をクリックします。
4. Tableau Server の実行ユーザーアカウントとして<domain>\<username> を入力しま
す (たとえば、MYCO\tableau_server)。次に、[名前の確認] をクリックします。
5. アカウントが正常に解決されると、下線が挿入されます。[OK] をクリックします。
6. [OK] をクリックして、[ローカルセキュリティ設定] ウィンドウを閉じます。
Kerberos のトラブルシューティング
Kerberos に関する問題のトラブルシューティングについては、次のトピックを参照してください。
- 281 -
Tableau Server へのシングル サインオン
Tableau Server へ自動的に接続できません。
クライアントでのトラブルシューティング
Kerberos を使用している時にTableau Server にログインするようユーザーにプロンプトが表示さ
れる場合、ユーザーがWeb ブラウザーまたは Tableau Desktop のいずれかに接続した時にクライ
アント側 (エンドユーザー) からこれらの手順を実行してください。
l
l
l
l
l
アカウントパーミッション- ユーザーの名前とパスワードを使用してログオンしてください。ユー
ザー名とパスワードを使用してTableau Server にログインできない場合、Tableau Server
へアクセスするパーミッションを持っておらず、Kerberos は失敗します。
他のアカウント- 他のユーザーがTableau Server にSSO を使用できるかを確認します。す
べてのユーザーが影響を受ける場合、Kerberos 構成に問題があるかもしれません。
コンピューターの場所 - Kerberos は、ローカルホストから接続する場合動作しません。クラ
イアントは、Tableau Server コンピューター以外の他のコンピューターから接続する必要が
あります。
URL アドレス- IP アドレスを使用して接続することはできないため、Kerberos SSO を使用
します。また、Tableau Server にアクセスするために使用する名前は、Kerberos を構成す
る時に使用した名前と一致する必要があります (次のキーテーブルエントリが見つからない
場合の解決方法を参照してください)。
TGT (チケット交付チケット) - クライアントマシンがActive Directory ドメインのTGT を持っ
ていることを確認します。Kerberos は、ログインするためにTGT が必要です。クライアントコ
ンピューターがTGT を持っていることを確認するには、次を入力します。
l
Windows コンピューターのコマンドプロンプトでklist tgt と入力します。
または
Mac コンピューターのターミナルのプロンプトでklist と入力します。
アウトプットには、Tableau Server を認証しようとするユーザー/ドメインのTGTが表示
- 282 -
される必要があります。
次の場合、クライアントコンピューターがTGT を持っていない可能性があります。
l
l
l
l
l
VPN 接続を使用している
ドメインに参加していない(たとえば、職場で使用している非作業用コン
ピューター)
ユーザーはローカル(非ドメイン) アカウントでコンピューターにログインした
コンピューターは、Active Directory をネットーワークアカウントサーバーとして
使用していないMac である
ブラウザー- どのブラウザーを使用しますか?
l
Internet Explorer (IE) とChrome は、Windows ですぐに使用できます。
l
Safari はMac ですぐに使用できます。
l
Firefox は追加の設定が必要です
サーバーのトラブルシューティング
クライアントから問題を解決することができない場合、次の手順としてTableau Server マシンでト
ラブルシューティングを行います。管理者は、要求 ID を使用してTableau Server のApache ログ
でサインインの試みを検索することができます。認証エラーの原因となる共通の問題点:
l
l
ログファイル- Apache のerror.log でログインに失敗した正確な時間/日付が記されたエ
ラーを確認します。
l
ziplog アーカイブでは、これらのログは \httpd フォルダーにあります
l
Tableau Server では、これらのログは \data\tabsvc\logs\httpd\ にあります。
キー テーブル エントリ- error.log エントリに次のように記載されている場合: "キーテーブルエ
ントリがHTTP/<servername>.<domain>.<org>@ と一致しません"
例:
[Fri Oct 24 10:58:46.087683 2014] [:error] [pid 2104:tid
4776] [client 10.10.1.62:56789] gss_acquire_cred() failed:
Unspecified GSS failure. Minor code may provide more
information (, No key table entry found matching
HTTP/[email protected])
これらのエラーは、次のいずれかの間で一致していない結果です。
l
Tableau Server URL - クライアントがサーバーにアクセスするために使用するURL
これは、Tableau Desktop またはブラウザーのアドレスバーに入力する名前です。
ショートネーム(http://servername) または完全修飾ドメイン名
(http://servername.domain.com) のいずれかです。
- 283 -
l
サーバーIP アドレスのDNS リバースルックアップ(DNS 逆引き)
これは、IP アドレスを使用してDNS 名を検索します。
コマンドプロンプトで次のように入力します。
ping servername と入力します。
そして、サーバーにping して返されたIP アドレスでDNS 逆引きを実行します。
nslookup <ip address> と入力します。
名前が一致する必要があります。
l
.keytab ファイル
l
サーバーのサービスプリンシパル名 (SPN)
構成のテストとtabconfig.log
Tableau Server 構成ユーティリティで[構成のテスト] ボタンを使用します。
SPN がTableau Server でKerberos 用に適切に設定されている場合、[SPN は正しく構成され
ています] は次のように表示されます。"OK"。
いずれかのサービスが委任用に構成されている場合、構成されたサービスの数が表示されます。
"0"(ゼロ) の値は、MS SQL または MSAS に委任およびKerberos 認証を使用している限り、問
題を示すものではありません。
tabcmd.log で問題またはエラーを探します。例は次のとおりです。
2014-10-17 10:58:16.545 -0700 ERROR root: No SPN entries found
テストの結果が良くない場合、構成スクリプトに戻ります。
- 284 -
データソース SSO
委任されたデータソースアクセスの失敗
ログファイル- vizqlserver ログでワークグループ認証モードを確認します。
l
ziplog アーカイブでは、これらのログは \vizqlserver フォルダーにあります。
l
Tableau Server では、これらのログは \data\tabsvc\vizqlserver\*.log にあります。
ログファイルで"ワークグループ認証モード" を見つけます。"現状のまま" ではなく"kerberos 偽装"
と表示されています。。
パフォーマンス
各サーバー環境は一意であり、パフォーマンスに影響する多数の変数が存在します。変数には、
ディスク速度、メモリ、コアなどのハードウェア詳細、配置内のサーバー数、ネットワークトラフィッ
ク、ワークブックの複雑さ、同時ユーザーのアクティビティ、データキャッシュなどの使用要因、
Tableau Server 構成の設定 (実行している各サーバープロセスの数)、データボリューム、データ
型、データ構成などのデータへの配慮などが含まれます。このように複雑であるため、サーバーの
パフォーマンスを向上させる1 つの式は存在しませんが、いくつかの基本的なガイドラインには従う
ことができます。詳細については、次のトピックを参照してください。
一 般 的 なパフォーマンスのガイドライン
ハードウェアとソフトウェア
64 ビットオペレーティングシステムおよび 64 ビット製品の使用: Tableau Server は 32 ビット
Microsoft オペレーティングシステムで正常に実行されますが、最適なパフォーマンスを得るために
は、64 ビットオペレーティングシステムを選択して64 ビットバージョンのTableau Server をインス
トールしてください。
より多くのコアとメモリの追加: Tableau Server を1 台または複数のコンピューター上で実行してい
るかに関係なく、一般的には、CPU コアとメモリの量が多いほど、パフォーマンスも上がります。
Tableau Server が推奨するハードウェアとソフトウェア要件を満たすことを確認し、ワーカーの追
加と再構成の時期 次のページで追加のマシンが必要かどうかを評価します。仮想環境で
Tableau Server を実行している場合は、VM ホスト上の物理 CPU コア数と関連して、vCPU 割
り当てに対してVM のベスト·プラクティスを使用します。
構成
オフピーク時間の更新のスケジュール: バックアップタスクは、バックアップが完了するまで、他のバッ
クグラウンドタスクを停止させる傾向があります。バックグラウンドタスクページ252 管理ビューを
使用して、更新とバックアップのタスクスケジュールを参照します。更新タスクは、バックアップウィン
ドウとオーバーラップしないオフピーク時にスケジュールする必要があります。
キャッシュの確認: キャッシュは、Tableau Server がクライアントの要求にすばやく応答する場合に
役立ちます。特に、ライブデータベースに接続するビューの場合に便利です。[Tableau Server の
- 285 -
構成] ダイアログボックスの[データ接続] タブの[更新頻度を次よりも減らす] が選択されているこ
とを確認します。
2 つのセッションのメモリ設定の変更について検討します。
l
l
VizQL セッションのタイムアウト制限: 既定のVizQL セッションのタイムアウト制限は 30 分で
す。VizQL セッションはアイドル状態でも、メモリとCPU サイクルを消費し続けます。下限
値で済む場合は、tabadmin ページ386 を使用して
vizqlserver.session.expiry.timeout 設定を変更します。
VizQL クリアセッション: 既定では、ユーザーがビューから離れて移動する場合でも、VizQL
セッションはメモリに保存されています。これにより、大量のセッションメモリが消費されます。
代わりに、ユーザーがビューから離れる場合には、vizqlserver.clear_session_
on_unload 設定の値をtrue (既定は false) に変更することで、ユーザーがセッション
を終了することができます。
プロセス構成の評価: Tableau Server は、サーバープロセスと呼ばれる6 つの異なるコンポーネン
トに分けられます。既定の構成は幅広いシナリオに対応できるように設計されていますが、異なる
パフォーマンス目標を達成するように再構成することもできます。特に、プロセスが実行されるコン
ピューターと実行台数を制御できます。1、2、および3 ノードの配置については、サーバーのパ
フォーマンスの向上 次のページガイドラインを参照してください。
ワーカーの追 加 と再 構 成 の時 期
Tableau Server は、ニーズと要件の拡大に応じて、スケールアップおよびスケールアウトを行うこと
ができます。次に、ノードをシステムに追加し、サーバーを再構成するか、またはその両方の操作
を行う時期にあるかどうかの判断に役立ついくつかのガイドラインを示します。
l
l
l
l
100 を超える同時ユーザー: 配置でユーザーを多用する(同時ビューアー数が100 を超え
る) 場合は、十分な VizQL プロセスを持っておくことは重要ですが、ハードウェアの処理能
力を超えるほど多くは必要ありません。また、Tableau Server のゲストユーザーアカウント
を有効にすると、潜在的な同時ビューアーの数が思っていたユーザーリストの数を超える可
能性があります。管理ビューユーザー アクティビティページ250 は、これを判断する際に役
立ちます。配置を構成またはスケールする方法のヒントについては、サーバーのパフォーマ
ンスの向上 次のページを参照してください。
抽出の多用: 抽出を使用すると、大量のメモリとCPU リソースが消費される可能性があり
ます。サイトを抽出集中型とみなす測定方法は存在しません。少数の極めて大きな抽出
を持っているだけで、非常に多数の小さな抽出を持っているのと同じように、サイトはこのカ
テゴリに入る場合があります。抽出が集中的に行われているサイトは、データエンジンプロ
セスを独自のマシンに分離することでメリットがあります。ガイドラインについては、サーバー
のパフォーマンスの向上 次のページを参照してください。
頻繁な抽出の更新: 抽出を更新するタスクは、CPU を大量に使用するタスクです。抽出
が頻繁に更新される(1 日に数回など) サイトは、更新タスクを処理するバックグラウンドプ
ロセスをより強調することで助けられる場合がよくあります。バックグラウンドタスクページ
252 管理ビューを使用して現在の更新率を確認します。スケール方法の詳細について
は、サーバーのパフォーマンスの向上 次のページを参照してください。
トラブルシューティングパフォーマンス: ビューがロードするのに遅い、またはサーバーのパ
- 286 -
フォーマンスが一般的に遅い場合は、いくつかの原因が考えられます。一般的なパフォーマ
ンスのガイドラインページ285 およびサーバーのパフォーマンスの向上 下 を参照してくださ
い。
l
停止する可能性: サーバーシステムがミッションクリティカルとみなされ、高可用性を必要と
する場合は、抽出、リポジトリ、およびゲートウェイを処理するサーバープロセスの冗長性が
確保されるように設定できます。詳細については、高可用性 ページ148 を参照してくださ
い。
サーバーのパフォーマンスの向 上
抽出を集中的に行う、ユーザーを多用する、またはその両方の配置のパフォーマンスを向上させ
る方法については、次のトピックを使用します。
目標は何ですか?
1 マシ
ンの
例: 抽
出
実行するプロセスの数
2 マシ
ンの
例: 抽
出
プロセスの構成場所
2 マシ
ンの
例: 表
示
抽出とワークブックの最適化
3 マシ
ンの
例: 抽
出と表
示
ビューの応答性の評価 ページ289
目標は何ですか?
抽出の最適化
データエンジンプロセスは抽出を保存し、クエリに応答します。バックグラウンドプロセスは抽出を
更新します。両方のプロセスは CPU リソースを要求するため、抽出を集中的に行う配置用のパ
フォーマンスを向上させる最適な方法は、これらの2 つのプロセスを互いに、および他のサーバー
プロセスから切り離すという方法です。これには 3 マシンを要することがあります。使用するマシン
が3 台ない場合でも、使用できる戦略はあります (次の配置例を参照)。
ユーザーと表示用に最適化
- 287 -
VizQL サーバープロセスは、Tableau Server ユーザーのビューのロードとレンダリングを処理しま
す。多くのユーザーとビューの操作用に配置を最適化しようとする場合は、このプロセスに注目す
る必要があります。
実行するプロセスの数
このトピックでは、64 ビットオペレーティングシステムでTableau Server の64 ビットバージョンを実
行していると想定します。この状況では、各プロセスの2 つのインスタンスが要件を満たす必要が
あります。マシンがTableau Server に対して8 GB の最小 RAM 要件のみを満たす場合、各プロ
セスから1 つのインスタンスに制限する必要があります。
バックグラウンドプロセス
単一のバックグラウンドプロセスは、1 つのCPU コアを100% 消費することができ、特定のタスクで
はさらに多くを消費する場合があります。このため、実行するインスタンスの合計数は、マシンで使
用できるコアと向上させようとしている対象によって異なります。次の配置例では、N を使用してマ
シンのコアの合計数を表し、それぞれがバックグラウンドプロセスに関連する別々の戦略を提案し
ています。迷った場合は、推奨される範囲の低い部分から始め、パフォーマンスを評価してから
値を上げてください。
データエンジンとリポジトリプロセス
抽出を集中的に行う配置を向上させようとし、抽出の更新よりもクエリを強調する場合などは、
データエンジンプロセスを独自のノードに分離させた方がよい場合があります。配置例には、詳
細が記載されています。データエンジンはリアルタイムデータを保存するため、データを転送するこ
とは複数フェーズの手順になります。データエンジンおよびリポジトリのプロセスの移動 ページ138
では、この方法について説明しています。
データエンジン(およびリポジトリ) を分離するもう1 つの理由は、配置が停止する可能性も最低
限に抑えることにあります。詳細については、高可用性 ページ148を参照してください。高可用
性を設定する場合を除き、リポジトリは通常、プライマリTableau Server に残ることができます。
プロセスの構成場所
[Tableau Server の構成] ダイアログボックスで、マシンが実行するプロセスの種類と数を設定しま
す。新しいマシンを再構成の一部として追加する場合は、Tableau ワーカーソフトウェアがインス
トールされている必要があります。手順については、ワーカー サーバーのインストールと構成 ペー
ジ143 を参照してください。
プライマリまたはスタンドアロンTableau Server でプロセスを再構成する場合は、再構成プロセス
ページ127 を参照してください。
抽出とワークブックの最適化
抽出により迅速なサーバーのパフォーマンスが得られるのは、部分的には抽出とワークブック自体
の機能によるものです。ワークブック作成者は、抽出のデータセットをフィルターまたは集計により
短くし、未使用のフィールドを非表示にして狭くすることで、サーバーのパフォーマンスの向上に役
立ちます。この操作を行うには、Tableau Desktop オプション[使用していないフィールドをすべて
非表示] および[表示可能なディメンションのデータを集計する] を使用します。手順については、
抽出の作成 (Tableau Desktop ヘルプ) を参照してください。パフォーマンスの高いワークブックを構
築するための一般的なヒントについては、Tableau Desktop ヘルプで「パフォーマンス」を検索して
- 288 -
ください。パフォーマンスの記録を作成できるTableau Server にパブリッシュした後、ワークブックの
実行方法を確認してください。詳細については、パフォーマンスの記録の作成 ページ299を参照
してください。
ビューの応答性の評価
ユーザーがビューを開くと、ビューのコンポーネントが最初に取得および解釈され、その後にユー
ザーのWeb ブラウザーに表示されます。ほとんどのビューでは、表示レンダリングフェーズはユー
ザーのWeb ブラウザーで行われ、これによって最速の結果と最高レベルのインタラクティブな応答
性が得られます。クライアントWeb ブラウザーでほとんどの操作を処理すると、帯域幅が減少し、
往復要求の待機時間がなくなります。ビューが非常に複雑である場合、Tableau Server はクラ
イアントWeb ブラウザーではなく、サーバー上でレンダリングフェーズを処理します。ビューに必要
な応答性がないことが判明した場合は、クライアントWeb ブラウザーではなくサーバーでビューの
レンダリングを行うしきい値をテストして、変更することができます。詳細については、クライアント
側レンダリングについてページ294を参照してください。
1 マシンの例: 抽出
抽出使用量が高い64 ビットのTableau Server インストールでは、次のように設定された単一の
64 ビットマシンを実行できます。
上記の構成は、Tableau Server の[メンテナンス] ページでは次のような表示になります。
- 289 -
構成メモ:
l
l
l
l
2 つのVizQL サーバープロセスを実行します。
マシンのコアの合計数を4 で除算して、実行するバックグラウンドプロセスの数の最小を計
算します。最大数を決定する場合は、2 で除算します。
バックグラウンドとデータエンジンプロセスは共にCPU を大量に使用し、両方のバランスは
上記の構成によって保たれます。
オフピーク時間の抽出の更新をスケジュールすると、データエンジンとバックグラウンドプロセ
スは互いにシステムリソースを取り合わずに済みます。
2 マシンの例: 抽出
以下は、高い抽出使用量を処理できるように2 マシンTableau Server の配置を設定する方法
です。この例で注意する最も重要な点は、データエンジンプロセスがバックグラウンドプロセスから
分離されているということです。
上記の構成では、[メンテナンス] ページの[ステータス] 表は次のような表示になります。
- 290 -
構成メモ:
l
l
l
l
1 から2 マシン配置に移動すると、最初のサーバーがプライマリTableau Server になりま
す。
各マシン上で2 つのVizQL サーバープロセスを実行します。
プライマリTableau Server で実行するバックグラウンドプロセスの最小数を判断するには、
マシンのコアの合計数を4 で除算します。最大数を判断する場合は、2 で除算します。
データエンジンをプライマリTableau Server からワーカーに移動することは、複数フェーズの
手順になります。手順については、データエンジンおよびリポジトリのプロセスの移動 ページ
138を参照してください。
2 マシンの例: 表示
抽出使用率が低く、表示使用率が高い2 マシン配置は、次のように設定できます。
上記の構成の[ステータス] 表は次のような表示になります。
- 291 -
構成メモ:
l
l
l
l
l
各マシン上で2 つのVizQL サーバープロセスを実行します。
プライマリTableau Server では、最低 2 つのバックグラウンドプロセスを実行します。実行
する最大数は、マシンのコアの合計数に等しくなります。
抽出の更新頻度が少ない配置では、データエンジンとバックグラウンドプロセスは他のプロ
セスと同じマシンにあることができます。
抽出の更新ジョブがオフピーク時間中にのみ実行される場合は、多数のバックグラウンドプ
ロセスを各マシンに配置して並列処理を最大化できます。
クラスタにあるマシンの数は単にコアの合計数と使用できるメインメモリによって決定されま
す。
3 マシンの例: 抽出と表示
抽出の更新と使用量が高く、同時ユーザーの数が多い場合、最適なパフォーマンスを得るために
は、3 マシン構成が推奨される最小数のマシンです。
- 292 -
次に、上記の構成の[ステータス] 表を示します。
- 293 -
構成メモ:
l
l
l
l
l
2 つのVizQL サーバープロセスを実行します。
バックグラウンドプロセスは独自のマシンに存在するため、個々の作業が他のプロセスの作
業と競合することはありません。マシンはバックグラウンドプロセス専用で、CPU リソースを
100% 消費することができるため、推奨される範囲の低い部分がコアの合計数に等しくな
ります。更新されるデータのサイズによっては、一部の配置でコアよりも最大 2 倍のバックグ
ラウンドプロセスを実行しながら、並列高速化を実現できる場合もあります。
データエンジンプロセスでは、マシンですべてのCPU リソースが消費される可能性があるた
め、独自のマシンに分離されています。
アプリケーションサーバーとデータサーバープロセスのユーザー負荷は通常、それぞれ 1 プロ
セスで処理できますが、冗長性を提供するように2 に設定されています。
ほとんどの場合、プライマリTableau Server とデータエンジンは、十分な CPU サイクルが
存在する限り、システム全体のスループットのボトルネックにはなりません。表示能力を上げ
るには、VizQL Server プロセス専用のマシンを追加します。抽出を更新するために表示
能力を上げるには、バックグラウンドプロセス専用のマシンを追加します。
クライアント側レンダリングについて
ビューのマークやデータは、クライアントWeb ブラウザーに表示される前に、取得、解釈、レンダリ
ングが行われます。Tableau Server では、クライアントWeb ブラウザーまたはサーバー上でこのプ
ロセスを実行できます。レンダリングとすべての操作をサーバー上で処理すると、ネットワークデータ
転送と往復の遅延が発生するため、クライアント側レンダリングが既定のモードです。クライアント
側レンダリングでは、ほとんどの表示操作がクライアントで解釈され、レンダリングされるため、その
操作は高速です。
しかし、計算能力が高いサーバーでは、一部のビューはより効率的にレンダリングされます。イメー
ジファイルが占める帯域幅が、イメージの作成に使用されるデータよりも大幅に少ない限り、サー
バー側レンダリングは複雑なビューに適しています。また、タブレットは通常、PC よりも性能がはる
かに低いため、あまり複雑でないビューしか処理できません。PC のWeb ブラウザーからビューを開
くと、ビューはクライアント側でレンダリングされますが、同じビューをタブレットのWeb ブラウザーから
開くと、サーバー側でレンダリングされる場合があります。
Tableau Server は、Web ブラウザーの代わりにサーバーでビューをレンダリングするためのトリガーと
して、しきい値の計算 次のページを使って、これらのすべての状況を自動的に処理するように設
定されています。管理者として、PC とタブレットの両方でこの設定をテストしたり、微調整できま
す。詳細については、次のトピックを参照してください。
要件
l
Supported browsers: クライアント側レンダリングは、Internet Explorer バージョン9.0 以
降、Firefox、Chrome、Safari でサポートされています。これらのWeb ブラウザーにはすべ
- 294 -
て、HTML 5 <canvas> 要素が含まれており、クライアント側レンダリングで使用されます。
l
多角形、カスタム形状、ページ履歴機能: ビューで多角形、カスタム形状、またはページ
履歴機能が使用されている場合、クライアント側レンダリングが有効になっている場合で
も、サーバー側レンダリングが実行されます。
しきい値の計算
クライアント側レンダリングが有効な場合、Tableau Server はビューの複雑度を調べるために計
算を使用します。複雑度が100 (PC ブラウザー用) または 20 (タブレットブラウザー用) を超える
場合、ビューは Web ブラウザーではなく、サーバー上でレンダリングされます。計算例:
(# of marks) + 3(# of headers) + 3(# of annotations) + 3(# of
reference lines) = view complexity
たとえば、2,000 個のマーク、150 個のヘッダー(ビューに行と列の数を追加することにより、これを
決定できる場合があります)、1 つの注釈、1 つのリファレンスラインを持つビューがある場合、数式
は次のようになります。
2,000 + 3(150) + 3(1) + 3(1) = 2,456
現在のしきい値を取得して100 で割った後、5,000 を掛けます (しきい値を100 で割ったものが
正規化係数で、5000 を掛けたものは Tableau のスケール係数です)。現在のしきい値が100 だ
と仮定すると、数式は次のようになります。
100/100 * 5,000 = 5,000
2 つの合計を比較します。5,000 が100 の複雑度であることがわかれば、2,456 が49 の複雑度
であることがわかります。したがって、PC のブラウザーでこの特定のビューのサーバー側レンダリング
を強制するには、そのしきい値を48 に設定する必要があります。フィルタリングなどの操作によっ
てビューの複雑度が変わることがあり、ビューの複雑度が変わるたびにセッションによってレンダリン
グモードが切り替わる場合があることに注意してください。
クライアント側レンダリングのテストおよび構成の方法については、次のトピックを参照してくださ
い。
URL パラメーターによるテスト
既定では、Tableau Server は要件を満たしている限り、クライアント側レンダリングを実行するよ
うに構成されています。セッションベースでサーバー側レンダリングをテストするには、ビューのURL
の最後に?:render=false を入力します。例は次のとおりです。
http://localhost/views/Supplies/MyView?:render=false
クライアント側レンダリングがTableau Server で無効になっている場合は、?:render=true を
入力してセッションに対して有効にします。
http://localhost/views/Supplies/MyView?:render=true
また、サーバーおよびネットワークの条件に対してサーバー全体のしきい値を調整するのに適切で
あるかどうかを確認するために、個別のビューで特定の複雑度のしきい値をテストすることもできま
す。たとえば、低い複雑度 (80 など) または高い複雑度 (120 など) の転換点により、ユーザー操
- 295 -
作に対する応答性が向上する場合があります。しきい値をテストするには、サーバーの既定の構
成 (クライアント側レンダリングが有効) を維持し、ビューのURL の最後にテストしきい値の数値を
入力できます。例は次のとおりです。
http://localhost/views/Supplies/MyView?:render=80
tabadmin set オプションによる構成
tabadmin オプションvizqlserver.browser.render を使用すると、クライアント側レンダリ
ングの有効/無効を切り替えることができます。vizqlserver.browser.render_
threshold とvizqlserver.browser.render_threshold_mobile を使用すると、ク
ライアント側レンダリングのしきい値を変更できます。詳細については、tabadmin set オプション
ページ406を参照してください。
Tableau Server プロセス
さまざまな結果を得るために変更できる既定の設定を持つTableau Server プロセスは 6 つありま
す。サーバーのパフォーマンスの向上 ページ287 および高可用性 ページ148 の各トピックでは、
採用できるいくつかの方法を説明します。各プロセスの詳細なステータスはサーバーの[メンテナン
ス] ページに表示され、バックグラウンドプロセスなどプロセスに関連したより詳細な情報は 管理
ビューページ248 のトピックに表示されます。
構造的に、64 ビットバージョンのTableau Server はネイティブの64 ビットプロセスを使用し、32
ビットバージョンのTableau Server は 32 ビットプロセスを使用します。例外はデータエンジンで
す。32 ビットバージョンのTableau Server が64 ビットオペレーティングシステムにインストールされ
ている場合、64 ビットバージョンのデータエンジンプロセスが使用されます。
これらのプロセスで生成されたログファイルについては、「サーバー ログファイルの場所 ページ426」
を参照してください。
プロセス
ファイル名
アプリケーショwgserver.exe
ンサーバー
複数
スレッ
目的
ドかど
うか
Web アプリケーショはい
ンを処理し、閲覧
と検索をサポート
する
パフォーマンス特性
抽出によってワークブック
をパブリッシュしたり、
ビューの静止イメージを生
成したりするような使用
頻度の少ない処理中に
のみ、大きなリソースを消
費します。そのロードは、
ブラウザーベースの操作と
tabcmd によって作成でき
ます。
バックグラウンbackgrounder.exe 抽出の更新、「今 いいえ 複数のプロセスをクラスタ
ド
すぐ実行」タスク、
のいずれかまたはすべて
tabcmd から開始
のマシンで実行し、キャパ
したタスクなどの
- 296 -
複数
スレッ
プロセス
ファイル名
目的
パフォーマンス特性
ドかど
うか
サーバータスクを
シティを拡大できる単一
実行する
スレッドプロセス。バックグ
ラウンダーは通常、大量
のプロセスメモリを消費し
ませんが、用意された
ワークロードの性質に応
じてCPU、I/O、または
ネットワークリソースを消
費する場合があります。
たとえば、大量の抽出の
更新を実行すると、ネット
ワーク帯域幅を使用して
データを取得できます。
CPU リソースは、データの
取得または複雑な
tabcmd タスクによって消
費される場合がありま
す。
データエンジ tdeserver64.exe データ抽出を保存 はい
データエンジンのワーク
ン
し、
ク
エリ
に応答す
ロードは、VizQL Server
tdeserver.exe
る
プロセスからの要求によっ
て生成されます。このワー
クロードは、抽出をメモリ
にロードし、クエリを実行
するコンポーネントです。
メモリ消費量は、主に
ロードされるデータ抽出の
サイズに基づきます。32
ビットのTableau Server
がインストールされている
場合でも、64 ビットのバイ
ナリは、64 ビットのオペ
レーティングシステムで既
定として使用されます。
データエンジンは、一度
に複数の要求を処理す
るマルチスレッドです。負
荷がかかりすぎている場
合は、CPU、I/O、および
ネットワークリソースが消
- 297 -
プロセス
ファイル名
データサー
バー
dataserver.exe
リポジトリ
postgres.exe
VizQL
Server
vizqlserver.exe
複数
スレッ
目的
パフォーマンス特性
ドかど
うか
費され、負荷時にパ
フォーマンスボトルネックと
なる可能性があります。
負荷が高いと、要求を処
理するためにデータエン
ジンの1 つのインスタンス
でCPU リソースがすべて
消費される場合がありま
す。
Tableau Server の はい
これはプロキシであるた
データソースへの
め、通常は、ネットワーク
接続を処理する
のみにバインドされます
が、十分な数の同時ユー
ザーセッションが作成され
ている場合は、CPU でバ
インドされる場合がありま
す。この負荷は、ブラウ
ザーおよびTableau
Desktop ベースの操作
と、Tableau Server デー
タソースの抽出の更新
ジョブによって生成されま
す。
Tableau Server の N/A
通常は、リソースをほとん
データベースはワー
ど消費しません。ユー
クブックとユーザー
ザーごとにすべてのワーク
のメタデータを保存
ブックを表示したり、権限
する
を変更したりするような操
作を実行中に、極めて
大きな配置 (何千のユー
ザー) でまれにボトルネック
になることがあります。
ビューをロードして はい
ビューのロード中とWeb
レンダリングし、クエ
ブラウザーからのインタラク
リを計算して実行
ティブな使用時に大量の
する
リソースを消費します。
CPU バインド、I/O バイン
ド、またはネットワークバ
インドに指定できます。プ
ロセス負荷は、ブラウザー
- 298 -
プロセス
ファイル名
複数
スレッ
パフォーマンス特性
ドかど
うか
ベースの操作によっての
み作成できます。プロセス
メモリが不足する場合が
あります。
目的
パフォーマンスの記 録 の作 成
Tableau のパフォーマンス記録機能を使用すると、ワークブックの操作中に主要なイベントのパ
フォーマンス情報を記録できます。その後、Tableau により自動的に作成されるパフォーマンス
ワークブックにパフォーマンスメトリクスを表示できます。パフォーマンス記録を作成して表示する手
順は、Tableau Desktop とTableau Server では多少異なります。ただし、結果として得られるパ
フォーマンスワークブックは、Tableau Desktop、Tableau Server 共に同じ形式となります。
パフォーマンスワークブックを使用して、次のようなパフォーマンスに影響することが知られているさ
まざまなイベントに関するパフォーマンス問題を分析し、トラブルシューティングすることができます。
l
l
l
l
l
l
l
クエリの実行
ジオコーディング
データソースへの接続
レイアウト計算
抽出の生成
データのブレンド
サーバーレンダリング(Tableau Server のみ)
Tableau サポートにより、パフォーマンス問題の診断を支援するためパフォーマンスワークブックの
作成が要請されることがあります。
Tableau Server にパフォーマンスの記録を作成するには
サーバー管理者は、サイトレベルでパフォーマンスの記録を有効にするかどうかを決定します。既
定では、既定のサイトまたは作成したどのサイトでも、パフォーマンスの記録は有効になっていま
せん。サイトのパフォーマンスの記録を有効にするには、次の手順に従います。
1. Tableau Server で[管理者] ボタンを選択します。
2. [サイト] を選択します。
3. サイトを選択します。
4. [編集] を選択します。
5. [サイトの編集] ダイアログボックスで、[パフォーマンスの記録を許可] を選択します。
6. [OK] を選択します。
- 299 -
url に?:record_performance=yes を追加して、特定のビューのパフォーマンスの記録を開始しま
す。例は次のとおりです。
http://localhost/views/Variety/BaseballStatistics?:record_performance=yes
記録が開始されたことを視覚的に確認するには、ツールバーの[パフォーマンスの記録を表示] コ
マンドを使用します。
[パフォーマンスの記録を表示] を選択して、パフォーマンスデータの最新スナップショットであるパ
フォーマンスワークブックを開きます。ビューを継続して操作しながら続けて追加のスナップショット
を取ることができ、パフォーマンスデータが累積されます。ビューから離れるかurl から?:record_
performance=yes を削除すると、記録は停止します。
パフォーマンスの記 録 の解 釈
パフォーマンス記録ワークブックとは、[タイムライン]、[イベント数]、および[クエリ] の3 つのビューを
含むTableau ダッシュボードです。
Tableau Server にパフォーマンスの記録を作成する方法の詳細については、パフォーマンスの記
録の作成 前のページを参照してください。
タイムライン
パフォーマンス記録ダッシュボードの一番上のビューには、記録中に発生したイベントが左から右
へ時系列で配置され表示されます。一一番下の軸には、Tableauが起動してからの経過時間
が秒数で表示されます。
[タイムライン] ビューでは、[ワークブック]、[ダッシュボード]、[ワークシート] の各列にイベントのコンテ
キストが識別されます。[イベント] の列には、イベントの性質が識別され、最終列には各イベント
の期間と他の記録されたイベントとの時系列比較が表示されます。
イベント
パフォーマンス記録ワークブックの中央のビューには、期間 (長時間から短時間) の順にイベントが
表示されます。これは、ワークブックを高速化する場合に最初にどこを見るべきかの識別に役立
ちます。
- 300 -
異なる色は異なるタイプのイベントを表します。記録できるイベントの範囲は、次のとおりです。
l
レイアウトの計算。
レイアウトが長すぎる場合は、ワークブックの簡素化を検討します。
l
データソースへの接続。
遅い接続は、ネットワーク問題またはデータベースサーバー問題が原因として考えられま
す。
l
クエリの実行。
クエリに時間がかかりすぎる場合は、データベースサーバーのドキュメントを参照してくださ
い。
l
抽出の生成。
抽出の生成を高速化するには、元のデータソースからデータの一部だけをインポートするこ
とを検討します。たとえば、特定のデータフィールドでフィルターしたり、指定された行数や
データのパーセンテージに基づいてサンプルを作成したりすることができます。
l
ジオコーディング。
ジオコーディングのパフォーマンスを高速化するには、少ないデータを使用するか、データを
フィルターしてみます。
l
データのブレンド。
データブレンドを高速化するには、使用するデータを少なくするか、データをフィルターして
みます。
l
サーバーレンダリング。
別のマシンで追加のVizQL Server プロセスを実行することで、サーバーレンダリングを高速
化できます。
クエリ
パフォーマンス記録ダッシュボードの[タイムライン] または [イベント] セクションのいずれかで、[クエリ
の実行中] イベントをクリックすると、そのクエリのテキストが[クエリ] セクションに表示されます。例は
次のとおりです。
- 301 -
クエリが切り捨てられている場合は、Tableau ログで完全なクエリを検索する必要があります。ほと
んどのデータベースサーバーでは、インデックスの追加やその他の方法によりクエリを最適化する方
法が提案されています。詳細については、ご使用のデータベースサーバーのドキュメンテーションを
参照してください。
Web ページへのビューの埋 め込 み
Tableau Server からWeb ページ、ブログ、ウィキ、Web アプリケーション、イントラネットポータルに
インタラクティブなビューを埋め込むことができます。埋め込まれたビューは、参照元のデータが変
更されるか、サーバー上のワークブックが更新されると更新されます。埋め込まれたビューは、サー
バーで使用されているライセンスとパーミッションの制限に従います。通常、ビューが埋め込まれて
いるWeb ページをロードするユーザーは、Tableau Server にもアカウントを持っている必要があり
ます。コアベースのライセンスを持っている場合は、[ゲストを有効にする] を選択することもできま
す。このオプションを使用すると、ユーザーはサインインしなくてもビューをロードできます。
ビューの埋め込みは次の方法で行えます。
l
l
l
[共有] の埋め込みコードを使用: 各ビューの上部にある[共有] リンクから埋め込みコードを
Web ページにコピーおよびペーストできます。
独自の埋め込みコードを作成: Tableau で提供される埋め込みコードを拡張したり、独自
のコードを作成したりすることができます。どちらの方法でも、ツールバーやタブなどを制御
するパラメーターを使用できます。
Tableau JavaScript API を使用: 独自のWeb アプリケーションコード内でTableau
JavaScript オブジェクトを使用できます。詳細については、JavaScript API ページ444 を
参照してください。
埋め込みビューをクリックしたときにユーザーが正常に認証されるようにするには、サード
パーティのクッキーを許可するようにブラウザーを構成する必要があります。
埋 め込 みコードの作 成
独自の埋め込みコードを作成する場合は、次の2 つの方法のどちらかを使用できます。
l
l
Tableau JavaScript を使用: この方法をお勧めします。Tableau が生成する埋め込み
コードを基にして、ツールバーやタブなどを制御するオブジェクトパラメーターを追加または
編集し、独自のコードを作成します。Tableau JavaScript ファイルに依存する既定の埋め
込みコードは、埋め込まれた複数のビューのロード順序を制御する唯一の方法でもありま
す。
ビューの URL を指定: ソースがパブリッシュされたビューのURL であるIframe または Image
タグを使用してビューを埋め込みます。Web サイトでJavaScript を使用できない場合は、
この方法を使用してください。SharePoint のページビューアーWeb パーツを使用してビュー
を埋め込む場合など、指定できるのは URL だけの場合もあります。
使用する方法に関係なく、ビューを埋め込む場合は幅と高さを定義する必要があります。
- 302 -
Tableau JavaScript
次のコードは、パブリッシュされたビューの[共有] をクリックしたときに生成される埋め込みコードの
例を示しています。host_url パラメーター内の特殊記号は URL エンコードされており、site_
root パラメーターとname パラメーター内の特殊記号は HTML の数値文字参照として記述され
ています。
<script type='text/javascript'
src='http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js'></script>
<div class='tableauPlaceholder' style='width:800; height:600;'>
<object class='tableauViz' width='800' height='600'
style='display:none;'>
<param name='host_url' value='http%3A%2F%2Fmyserver%2F' />
<param name='site_root' value=&#47;t&#47;Sales' />
<param name='name' value='MyCoSales&#47;SalesScoreCard&#47;'
/>
<param name='tabs' value='yes' />
<param name='toolbar' value='yes' /></object></div>
<script> タグのソースは、Tableau ServerJavaScript ファイルviz_v1.js のURL です。
JavaScript ファイルは、ユーザーに表示されるビューの完全な URL の構成を処理します。name
およびsite_root オブジェクトパラメーターのみが必須のパラメーターです。それ以外のすべての
パラメーターはオプションです。例として、埋め込みパラメーターのリスト下と、「Script タグの例」(例
ページ310セクション) を参照してください。
ソースとしてのビューの URL
IFrame を使用して同じビューを埋め込む方法の例を以下に示します。ここで、ソースはビューの
URL です。
<iframe src="http://myserver/t/Sales/MyCoSales/SalesScoreCard
?:embed=yes&:tabs=yes&:toolbar=yes" width="800"
height="600"></iframe>
embed URL パラメーターを指定する必要があります。ツールバーや元に戻すオプションなどを制
御するパラメーターをオプションで含めることもできます。ビューのロード時に表示される特定のデー
タを制御するフィルターをURL に追加することもできます。例については、埋め込みパラメーターの
リスト下と、例 ページ310セクションの「Iframe タグの例」を参照してください。
ビューのURL をiframe のsrc 属性に使用する場合、URL の最後にあるハッシュタグ(#)
と数字は除外してください。たとえば、MyCoSales/SalesScoreCard#2 ではなく
MyCoSales/SalesScoreCard を使用してください。
埋 め込 みパラメーターのリスト
ビューを埋め込むには、URL パラメーターを使用するIframe タグ、またはオブジェクトパラメーター
を使用するJavaScript タグのどちらかを使用します。次の表は、両方のパラメーターとその使用方
- 303 -
法を示しています。
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
custom- :custo- no
Views mViews
説明
例
[変更を保
存する] オプ
ションを非表
示にします。
<param name="customViews"
value="no"/>
http://tabserver/views/DateTime/DateCalcs?:embed=yes&:customViews=no
:embed yes
http://tabserver/views/DateURL パラ
メーターに必 Time/DateCalcs?:embed=yes
須です。上
部のナビゲー
ションエリア
を非表示に
して、ビュー
をWeb ペー
ジに適切に
結合できま
す。
filter
string ビューを開い <param name="filter"
value="Team=Blue"/>
たときに表
示される内
容をカスタマ
イズします。
また、URL
パラメーター
によるフィル
ターも可能
です。詳細
については、
フィルターの
追加 ページ
310と複数の
フィールドの
フィルター
ページ311の
「Iframe タグ
の例」を参
照してくださ
い。
:format pdf; ビューを
http://tabserver/views/Sales/Q2?:png
PDF ファイル format=pdf
または .png
- 304 -
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
-
-
host_
url
説明
ファイルとし
て表示しま
す。
:highd- fals- 高解像度
pi
e
ディスプレイ
およびデバイ
ス用に標準
的な DPI (1
インチあたり
のドット数)
を使用した
ビューのレン
ダリングを行
います。
:origi- yes
name パラ
nal_
メーターがこ
view
のパラメー
ターを含む
ワークブック
やシートの
URL を参照
する場合 (お
よびカスタム
ビューを明示
的に参照し
ない場合)、
他のカスタム
ビューを使用
できるときは
ビューを[元
のビュー] とし
て表示しま
す。
string URL に表示
されるサー
バー名で
す。
linkta- :linkt- string
rget
arget
外部ハイ
パーリンクの
例
http://tableauserver/views/Sales/Q2?:highdpi=false
<param name="filter"
value=":original_view=yes"/>
<param name="host_url"
value="http://myserver.bigco.com/">
<param name="host_url"
value="http://localhost/">
<param name="linktarget" value="_
blank"/>
- 305 -
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
loadorder
-
name
-
説明
ターゲット
ウィンドウ名
です。
numb- 複数の
er
ビューを埋め
込むと、既
定のロード
順序は
ビューがリス
トされる順
序になりま
す。この設
定を使用す
ると、この順
序がオー
バーライドさ
れます。負
の数を指定
できます。
string オブジェクト
パラメーター
に必須で
す。ワーク
ブックとシート
の名前で
す。必要に
応じてカスタ
ムビュー
([email protected]/
[カスタム
ビュー名]) も
使用できま
す。
Tableau
Server URL
を参照して
name の値
を確認する
場合、URL
の最後にあ
例
http://tabserver/views/DateTime/DateCalcs?:embed=yes&:linkta
rget=_blank
<param name="load-order"
value="2"/>
<param name="name"
value="MyCoSales/Sales"/>
<param name="name"
value="MyCoSales/Sales/[email protected]
o.com/EastCoastSales"/>
- 306 -
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
path
-
説明
例
るハッシュタ
グ(# と数字
を除外しま
す。
string 信頼できる <param name="path"
認証の場合 value="trusted/Etdpsm_Ew6rJY9kRrALjauU/views/workbookQ4/Sales
にのみ、
"ticket" パラ Q4"/>
メーターと共 http://tableauserver/trusted/Etdp
に使用でき sm_Ew6rJYません。
9kRrALjauU/views/workbookQ4/Sales
"name" パラ Q4?:embed=yes:tabs=yes
メーターの値
をオーバーラ
イドし、URL
として使用さ
れます。「信
頼できる認
証の例」を
参照してくだ
さい。
:refreページをレン http://tabserver/views/Datesh
ダリングしま Time/DateCalcs?:embed=yes&:refresす。詳細に h
ついては、
データの更
新 ページ48
を参照してく
ださい。
:render true; クライアント http://tabserver/views/Datefals- 側レンダリン Time/DateCalcs?:render=false
e;
グが有効な
numb- 場合 (既定
er
です 、
false に設
定するとセッ
ションのサー
バー側レンダ
リングが強制
的に実行さ
- 307 -
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
-
site_
root
説明
例
れます。クラ
イアント側レ
ンダリングが
無効な場
合、true に
設定すると
セッションに
対して有効
にします。複
雑度のしき
い値をテスト
するために
数字を使用
することがで
きます。クラ
イアント側レ
ンダリングに
ついてペー
ジ294を参
照してくださ
い。
:revert all; 項目を元の http://tabserver/views/Datefilt- 状態に戻し Time/DateCalcs?:embed=yes&:revert=all
ers; ます。
sorts;
axes;
shelves
string 必須。サイト <param name="site_root"
value="/t/Sales"/>
の名前で
す。既定の <param name="site_root"
サイト値は value=""/>
null
(
value="")
です。サー
バーがマルチ
サイトで、信
頼できる認
- 308 -
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
説明
例
証を使用す
る場合は、
「信頼できる
認証の例」
を参照してく
ださい。
tabs
:tabs
yes; タブの表示 <param name="tabs" value="yes"/>
no
または非表
示を切り替
えます。
ticket
numb- 信頼できる <param name="ticket"
er
認証の場合 value="Etdpsm_Ew6rJY9kRrALjauU"/>
にのみ、
"path" オブ http://tableauserver/trusted/Etdp
ジェクトパラ sm_Ew6rJYメーターと共 9kRrALjauU/views/workbookQ4/Sales
に使用する Q4?:embed=yes:tabs=yes
ことはできま
せん。信頼
できるチケッ
ト引き換え
URL を作成
するには、
"name" オブ
ジェクトと共
に使用する
必要があり
ます。「信頼
できる認証
の例」を参
照してくださ
い。
toolba- :toolb- yes; このパラメー <param name="toolbar"
r
ar
no;
ターが設定 value="top"/>
top
されていない http://tabserver/views/Date場合、ツー Time/DateCalcs?:embed=yes&:toolba
ルバーは下 r=no
部に既定で
表示されま
す。no の場
- 309 -
オブジェ URL パラ 値
クトパラ メーター
メーター
説明
例
合、ツール
バーは埋め
込みビューか
ら除外され
ます。top
の場合、
ツールバーは
ビューの上に
配置されま
す。
例
埋め込みコードをカスタマイズしたり操作したりする方法の例をいくつか以下に示します。
フィルターの追加
対象のデータのみがビューに表示されるように、値をフィルターすることができます。たとえば、Web
アプリケーションの別の部分から、特定地域のみが表示される売上実績の埋め込みビューへのハ
イパーリンクを含めるとします。name パラメーターの値を指定するためまたは Iframe ソースを作成
するために生 URL を使用する場合、URL の最後にあるハッシュタグ(# と数字を除外します。
たとえば、Sales/Sales-Performance#1ではなくSales/Sales-Performance を使
用します。
Script タグの例
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js">
</script>
<object class="tableauViz" width="800" height="600"
style="display:none;">
<param name="host_url" value="http://myserver/" />
<param name="site_root" value="" />
<param name="name" value="Sales/Sales-Performance" />
<param name="filter" value="Region=East" />
</object>
複数のフィルターを通過させるには、各値をコンマで区切ります。例は次のとおりです。
<param name="filter" value="Region=East,West" />
Iframe タグの例
- 310 -
<iframe
src="http://myserver/views/CalculatedFields?:embed=yes&Region=East"width="800" height="600"></iframe>
<iframe src="http://myserver/views/Sales/SalesPerformance?:embed=yes&Region=East,West" width="900px"
height="700px"></iframe>
複数のフィールドのフィルター
元のビューに含まれないフィールドなど、必要なフィールドをいくつでもフィルターできます。
Script タグの例
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js">
</script>
<object class="tableauViz" width="800" height="600"
style="display:none;">
<param name="host_url" value="http://myserver/" />
<param name="site_root" value="" />
<param name="name" value="Sales/Sales-Performance" />
<param name="filter" value="Region=East,West&Customer
Segment=Consumer,HomeOffice" />
</object>
Iframe タグの例
<iframe
src="http://myserver/views/CalculatedFields?:embed=yes&Region=Eas-
- 311 -
t,West&Customer Segment=Consumer,Home Office" width="800"
height="600"></iframe>
フィルター値にコンマなどの特殊文字が含まれている場合、特殊文字を\ (バックスラッ
シュ、%5c) のURL エンコードシーケンスとその特殊文字のURL エンコードシーケンスに置
き換えます。特殊文字をエスケープするには、バックスラッシュが必要です。たとえば、\,
(バックスラッシュ、コンマ) のURL エンコードシーケンスは %5c%2c です。また、name パラ
メーターの値を指定するためまたは Iframe ソースを作成するために生 URL を使用する場
合、URL の最後にあるハッシュタグ(# と数字を除外します。たとえば、Sales/SalesPerformance#1ではなくSales/Sales-Performance を使用します。
日付と時刻のフィルター
日付/時刻フィールドでフィルターを使用する場合は、次に示す既定のTableau 形式を使用して
値を含めます。
yyyy-mm-dd hh:mm:ss
時刻部分では 24 時間制を使用します。多くのデータベースでは、日付時刻フィールドとしてすべ
ての日付値が保存されているため、日付と共に時刻値を通過させることが必要な場合がありま
す。
Script タグの例
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js"></script>
<object class="tableauViz" width="800" height="600"
style="display:none;">
<param name="host_url" value="http://myserver/" />
<param name="site_root" value="" />
- 312 -
<param name="name" value="Sales/Sales-Performance" />
<param name="filter" value="Date=2012-12-01" />
</object>
この例では、日付フィールドと日付時刻フィールドの両方をフィルターします。
<param name="filter" value="2012-12-01%2022:18:00" />
Iframe タグの例
<iframe src="http://myserver/Sales/SalesPerformance?:embed=yes&Date=2008-12-01%2022:18:00" width="800"
height="600"></iframe>
複数の日付をフィルターするには、各日付をコンマで区切ります。
name パラメーターの値を指定するためまたは Iframe ソースを作成するために生 URL を使用する
場合、URL の最後にあるハッシュタグ(# と数字を除外します。たとえば、Sales/SalesPerformance#1ではなくSales/Sales-Performance を使用します。
メジャーのフィルター
1 つまたは複数の値を含めることによって、メジャーをフィルターできます。より大きい、より小さい、
または範囲の指定はサポートされていません。次の例では、$100 と$200 の売上のみを表示する
ようにフィルターします。
Script タグの例
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js">
</script>
<object class="tableauViz" width="800" height="600
"style="display:none;">
<param name="host_url" value="http://myserver/" />
<param name="site_root" value="" />
<param name="name" value="Sales/Sales-Performance" />
<param name="filter" value="Profit=100, 200" />
</object>
Iframe タグの例
<iframe src="http://myserver/Sales/SalesPerformance?:embed=yes&Profit=100,200" width="800"
height="600"></iframe>
name パラメーターの値を指定するためまたは Iframe ソースを作成するために生 URL を使用する
場合、URL の最後にあるハッシュタグ(# と数字を除外します。たとえば、Sales/SalesPerformance#1ではなくSales/Sales-Performance を使用します。
- 313 -
複数のビューのロード順序の制御
ビューを操作するユーザーに対して、複数のビューがロードされる順序を制御できます。Tableau
JavaScript ファイルに依存する埋め込みコードを使用する場合にのみ、この機能にアクセスできま
す。
次の例では、2 つのビューが埋め込まれます。2 番目のビューが最初にロードされ、一番上の
ビューがその次にロードされます。複数のビューを埋め込み、そのすべてに同じロード順序の値を
指定するか、ロード順序パラメーターを指定しない場合、ビューはページに表示される順序でロー
ドされます。
Script タグの例
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js">
</script>
<object class="tableauViz" width="600" height="400"
style="display:none;">
<param name="host_url" value="http://myserver/" />
<param name="site_root" value="" />
<param name ="name" value="MyCoSales/TopPerformers" />
<param name="tabs" value="yes" />
<param name="toolbar" value="yes" />
<param name="filter" value="Salesperson=Top 5" />
<param name="load-order" value="0" />
</object>
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js">
</script>
<object class="tableauViz" width="600" height="400"
style="display:none;">
<param name="host_url" value="http://myserver/" />
<param name="site_root" value="" />
<param name="name" value="MyCoSales/SalesScoreCard" />
<param name="tabs" value="yes" />
<param name="toolbar" value="yes" />
<param name="load-order" value="-1" />
</object>
カスタム ビューの埋め込みコード
カスタムビューを使用できるワークブックやシートのビューを埋め込む場合、以下に注意してくださ
い。
l
l
ビューの埋め込みコードURL がカスタムビューを明示的に参照する場合、既定ではそのカ
スタムビューが表示されます。
埋め込みコードURL がカスタムビューを明示的に参照せず、[既定] のカスタムビューが定
義されている場合、既定では [既定] のカスタムビューが埋め込みビューに表示されます。
- 314 -
l
既定のカスタムビューが定義されていない場合、既定では [元のビュー] は埋め込みビュー
に表示されます。
注: [元のビュー] が既定で埋め込みビューに表示されるようにするには、name パラメーター
の埋め込みコードURL がカスタムビューを明示的に参照しないようにして、次のfilter
パラメーターを埋め込みコードに含めます。<param name='filter'
value=':original_view=yes'/>。
次の例では、filter パラメーターが:original_yes に設定されており、name パラメーターが
シートのURL 内で特定のカスタムビューを参照していないため、埋め込みコードには常に"Profit
Analysis (利益性分析)" ワークブックにある"Profit Analysis (利益性分析)" ワークシートの[元の
ビュー] が表示されます。
<script type='text/javascript'
src='http://mysite.myserver.com/javascripts/api/viz_
v1.js'></script>
<div class='tableauPlaceholder' style='width: 1496px; height:
749px;'>
<object class='tableauViz' width='1496' height='749'
style='display:none;'>
<param name='host_url' value='mysite.myserver.com' />
<param name='site_root' value='' />
<param name='name' value='ProfitAnalysis/ProfitAnalysis' />
<param name='tabs' value='yes' />
<param name='toolbar' value='yes' />
<param name='filter' value=:original_view=yes'
/></object></div>
この例では、name パラメーターの設定が"Furniture (家具)" という名前のカスタムビュー("Profit
Analysis (利益性分析)" ワークブックの"Profit Analysis (利益性分析)" シート内) のURL を明示
的に参照しています。
<script type='text/javascript'
src='http://mysite.myserver.com/javascripts/api/viz_
v1.js'></script>
<div class='tableauPlaceholder' style='width: 1496px; height:
749px;'>
<object class='tableauViz' width='1496' height='749'
style='display:none;'>
<param name='host_url' value='mysite.myserver.com' />
<param name='site_root' value='' />
<param name='name'
- 315 -
value='ProfitAnalysis/ProfitAnalysis/Furniture' />
<param name='tabs' value='yes' />
<param name='toolbar' value='yes' /></object></div>
この例では、name パラメーターはシートのURL 内にある特定のカスタムビューを参照しておら
ず、original_view パラメーターは指定されていません。埋め込みコードには、"Profit
Analysis (利益性分析)" ワークブック内の"Profit Analysis (利益性分析)" シートで[既定] に設
定されているカスタムビューが表示されます。ただし、[元のビュー] が依然として[既定] (他のカス
タムビューが規定に設定されていない) である場合、[元のビュー] は既定のビューとして表示され
ます。
<script type='text/javascript'
src='http://mysite.myserver.com/javascripts/api/viz_
v1.js'></script>
<div class='tableauPlaceholder' style='width: 1496px; height:
749px;'>
<object class='tableauViz' width='1496' height='749'
style='display:none;'>
<param name='host_url' value='mysite.myserver.com' />
<param name='site_root' value='' />
<param name='name' value='ProfitAnalysis/ProfitAnalysis' />
<param name='tabs' value='yes' />
<param name='toolbar' value='yes' /></object></div>
ウィキへのビューの埋め込み
<iframe> タグ内にビューを配置することによって、ウィキやその他のWeb ページにビューを簡単
に埋め込むことができます。
1. ビューを埋め込むウィキページに移動します。
2. ページを編集し、<iframe> を追加します。ここで、ソースは最後にあるハッシュタグ(# と
数字を除外したビューのURL です。例は次のとおりです。
<iframe src="http://tableauserver/views/DateTime/DateCalcs?:embed=yes&:toolbar=no" width="800"
height="600"></iframe>
3. 変更内容を保存します。
ビューがウィキページに埋め込まれます。
Tableau Server とウィキの両方がMicrosoft SSPI を使用するように設定されている場合、
ウィキで埋め込みビューにアクセスするユーザーは自動的にサインインし、ビューを表示でき
ます。
サーバーとウィキで異なる方法が認証に使用されている場合、ユーザーはまずサーバーへ
- 316 -
のサインインを求められ、サインイン後にビューを表示できます。
イメージの埋め込み
<script> または <iframe> タグにビューを埋め込むだけでなく、イメージとしてビューを埋め込
むこともできます。イメージを埋め込むと、ビューはインタラクティブでなくなりますが、ページが完全
にリロードされるたびにイメージは更新されます。この方法では、参照元データが変更された場合
でも、イメージには最新のデータが表示されます。
1. イメージを埋め込むページに移動します。
2. ページを編集し、<img>タグを追加します。ここで、ソースはビューのURL に.png ファイル
拡張子を付けたものです (しかしハッシュタグと数字は除外してください 。例は次のとおり
です。
<img src="http://tableauserver/views/Date-Time/DateCalcs.png"
width="900" height="700">
注:
一時的な製品制限により、埋め込まれたイメージを使用するユーザーもTableau Server でアク
ティブな Web ブラウザーセッションを持っていて、Microsoft SSPI を使用してTableau Server へサ
インインしている場合のみ、上記の方法は有効です。
SharePoint (Microsoft SSPI) へのビューの埋め込み
SharePoint ページにTableau Server ビューを埋め込むことができます。埋め込まれたビューにアク
セスするTableau Server ユーザーを自動的に認証するには、2 つの方法を選択できます。どちら
を選択するかは、Tableau Server のセットアップで選択したユーザー認証方法によって異なりま
す。Active Directory で[自動ログオンを有効にする] を使用してTableau Server ユーザー
(Microsoft SSPI の使用とも呼ばれる) を認証するか、ローカル認証を使用してから信頼できる認
証のためにTableau Server を構成することができます。
- 317 -
このトピックは、Tableau Server とSharePoint の両方でMicrosoft SSPI を使用している最初の
オプションに適用されます。Tableau Server でローカル認証を使用している場合、手順について
はSharePoint へのビューの埋め込み (ローカル認証) ページ320を参照してください。
要件
ライセンスユーザー: 埋め込みビューにアクセスするすべてのユーザーは、Tableau Server のライセ
ンスユーザーである必要があります。
SharePoint のバージョン:[SharePoint] ページにTableau Server ビューを埋め込むには、
SharePoint 2013 を使用する必要があります。このバージョンのSharePoint は、Tableau Server
のセキュリティ要件を満たす Microsoft .NET Framework バージョン4.5 を使用します。
SharePoint へのビューの埋め込み
次の手順に従って、SharePoint のページビューアーWeb パーツを使用してSharePoint ページに
ビューを埋め込みます。
1. ビューを埋め込むSharePoint ページに移動します (ページタイプは Web パーツページであ
る必要があります)。
2. ページ左上隅の[サイトの操作] メニューで、[ページの編集] を選択します。
3. ビューを埋め込むページのセクションで[Web パーツの追加] をクリックします。
4. [カテゴリー] で[その他] または [カスタム] フォルダーにある[TableauEmbeddedView] を選
択し、[追加] をクリックします。
5. SharePoint ページに戻り、新しいWeb パーツの[編集] メニューで[Web パーツの編集] を
選択します。
- 318 -
6. ページの右側で、ページビューアーWeb パーツの属性を指定できます。埋め込むビューの
URL を入力します。その際、URL の一番最後にあるハッシュタグ(# と数字を除外してく
ださい。Web ページへのビューの埋め込み ページ302 で指定されている形式を使用しま
す。たとえば、次のように入力します。
http://tableauserver/views/DateTime/DateCalcs?:embed=yes&:toolbar=no
7. [外観] セクションでは、Web パーツの[タイトル]、[高さ]、および[幅] を指定できます。通常
は、固定の高さ(700 ピクセルなど) を指定し、領域に合わせて幅を調整してください。
- 319 -
8. [OK] をクリックして変更内容を適用し、編集モードを終了します。
作成したWeb パーツにビューが埋め込まれます。ユーザーは Microsoft SSPI を使用して
自動的に認証されるので、埋め込まれたビューを表示するためにTableau Server にログイ
ンする必要はありません。
SharePoint へのビューの埋め込み (ローカル認証)
SharePoint ページにTableau Server ビューを埋め込むことができます。ローカル認証がTableau
Server のユーザー認証方法である場合、ビューの埋め込みを開始する前に追加の手順を行う
必要があります。この手順により、他の情報の中でTableau Server ユーザーがSharePoint に対
して識別されます。Tableau では、TableauEmbeddedView.dll および
TableauEmbeddedView.wsp という補足ファイルを通してこの機能が提供されています。このト
ピックでは、これらのファイルのインストールおよびプロビジョニングの方法、構成のテスト、
SharePoint Web パーツを使用したビューの埋め込みについて説明します。ユーザー認証方法と
してActive Directory を使用する場合、Active Directory とSharePoint の両方がMicrosoft
SSPI を使用するため、これらの追加の手順を行う必要はありません。今すぐに埋め込みを開始
できます。手順については、SharePoint (Microsoft SSPI) へのビューの埋め込み ページ317を
参照してください。
要件
ライセンスユーザーとユーザー名の一致:埋め込まれたビューにアクセスするユーザーは Tableau
Server のライセンスユーザーである必要があり、SharePoint のユーザー名は Tableau Server の
ユーザー名と同じである必要があります。
SharePoint のバージョン: [SharePoint] ページにTableau Server ビューを埋め込むには、
SharePoint 2013 を使用する必要があります。このバージョンのSharePoint は、Tableau Server
のセキュリティ要件を満たす Microsoft .NET Framework バージョン4.5 を使用します。
- 320 -
DLL のセキュリティパーミッションの編集
最初のステップは、オペレーティングシステムのすべてのユーザーが.dll を使用できるように.dll のセ
キュリティパーミッションを編集することです。
1. Tableau Server と共にインストールするTableauEmbeddedView.dll および
TableauEmbeddedView.wsp ファイルを見つけます。
C:\Program Files\Tableau\Tableau
Server\8.3\extras\embedding\sharepoint\
2. ファイルをSharePoint サーバーのルートディレクトリにコピーします。通常、ルートディレクト
リは C:\Inetpub\wwwroot\wss\VirtualDirectories\<port>\bin などの
場所にあります。
C:\Inetpub\wwwroot\wss\VirtualDirectories\80\bin
この手順の残りの部分と次の手順のすべての部分は、.dll ファイルにのみ注目します。
3. TableauEmbeddedView.dll を右クリックし、[プロパティ] > [セキュリティ] の順に選択して、
TableauEmbeddedView.dll のセキュリティパーミッションを編集します。
4. [グループまたはユーザー名] で、[すべての人] を選択し、[編集] をクリックします。
5. [すべての人のパーミッション] で、[フル コントロール] パーミッションの[許可] を選択します。
- 321 -
6. [OK] をクリックします。
WSP ファイルをインストールして配置します。
上記の手順では、すべてのオペレーティングシステムユーザーに.dll ファイルを使用するパーミッショ
ンが付与されました。以下の手順では、.dll ファイルに対する処理について多くの情報を
SharePoint に提供します。これは TableauEmbeddedView.wsp ファイルによって処理されます。
このファイルは、DLL のセキュリティパーミッションの編集 前のページのステップ2 でコピーしまし
た。.wsp ファイルをインストールして配置するには、次を実行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
2. 次のフォルダーに移動します。
C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft Shared\Web
Server Extensions\14\BIN
3. 次のコマンドを実行して、.wsp ファイルを追加します。
stsadm -o addsolution -filename
"C:\Inetpub\wwwroot\wss\VirtualDirectories\80\bin\TableauEmbe
ddedView.wsp"
4. 次に、以下のコマンドを実行して配置します。コマンドで、http://<your
- 322 -
SharePoint site>/ がSharePoint サイトのルートディレクトリである必要があります
(http://mySharePoint/ など)。
stsadm -o deploysolution -name TableauEmbeddedView.wsp
http://<your SharePoint Site>/ -local -force allowgacdeployment
-url
5. 最後に、次のコマンドを実行してWeb パーツの機能をアクティブにします。
stsadm -o activatefeature -name TableauEmbeddedView_Feature1
-url http://<your SharePoint Site>/
Web パーツの配置を確認
TableauEmbeddedView.wsp ファイルをインストールして配置した後、次を実行して設定を確認
します。
1. Web ブラウザーでSharePoint サイトを開きます。サイトが表示されるまでにしばらくかかるこ
とがあります。
2. [サイトの操作] リストから[サイトの設定] を選択します。
3. [ギャラリー] で、[Web パーツ] を選択します。
4. TableauEmbeddedView がリストされていることを確認します。
- 323 -
5. [サイトの設定] に戻り、[サイトコレクションの管理] で[サイトコレクションの機能] を選択し
ます。
TableauEmbeddedView Feature が[アクティブ] の状態になっていることを確認します。
Web パーツを使用したビューの埋め込み
これで、SharePoint ページにビューを埋め込む準備ができました。
1. ビューを埋め込むSharePoint ページに移動します (ページタイプは Web パーツページであ
る必要があります)。
2. ページ左上隅の[サイトの操作] メニューで、[ページの編集] を選択します。
3. ビューを埋め込むページのセクションで[Web パーツの追加] をクリックします。
4. [カテゴリー] で[その他] または [カスタム] フォルダーにある[TableauEmbeddedView] を選
択し、[追加] をクリックします。
5. SharePoint ページに戻り、新しいWeb パーツの[編集] メニューで[Web パーツの編集] を
選択します。
- 324 -
6. ページの右側で、TableauEmbeddedView Web パーツの属性を指定できます。Tableau
Server の名前を入力し、埋め込むビューへのパスを入力します。たとえば、
/views/Date-Time/DateCalcsのように入力します (URL の一番最後にあるハッ
シュタグ(# と数字を除外します 。
7. ツールバーを表示するかどうか、インタラクティブなビューとしてではなくイメージとしてビューを
埋め込むかどうかなど、その他の属性を指定します。
8. [外観] セクションでは、Web パーツの[タイトル]、[高さ]、および[幅] を指定できます。通常
は、固定の高さ(700 ピクセルなど) を指定し、領域に合わせて幅を調整してください。
- 325 -
9. [OK] をクリックして変更内容を適用し、編集モードを終了します。
ビューがページに埋め込まれ、アクセスしたユーザーは SharePoint のユーザー名とパスワー
ドに基づいて自動的にサインインします。埋め込まれたビューにアクセスするユーザーは
Tableau Server のライセンスユーザーである必要があり、SharePoint のユーザー名は
Tableau Server のユーザー名と同じである必要があります。
これは、提供されている.dll ファイルを使用してSharePoint にビューを埋め込む例で
す。他のタイプのWeb アプリケーションにビューを埋め込むこともできます。詳細につ
いては、JavaScript API ページ444 を参照してください。
プロキシ サーバー
Tableau Server はプロキシサーバーと併用できます。この種の環境では、プロキシサーバーは
Tableau Server とTableau Server 上のリソースを要求するクライアントとの間の仲介役をします。
プロキシサーバーを構成する方法は、順行プロキシや逆行プロキシなどいくつかあります。これら
のトピックでは、プロキシサーバーが既に構成されていて、今は Tableau Server がプロキシサー
バーを認識する段階にあると想定されています。
注: Kerberos 認証を使用する場合は、Tableau Server でKerberos を構成する前に、
Tableau Server でプロキシを構成する必要があります。詳細については、Kerberos の設
定 ページ277を参照してください。
詳細については、次のトピックを参照してください。
- 326 -
プロキシ環 境 設 定 の準 備
Tableau Server がプロキシサーバーを使用できるように構成するには、プロキシサーバーに関す
る次の情報が必要です。
l
l
l
l
IP アドレス: プロキシサーバーのIP アドレス。IP アドレスは、IPv4形式で、たとえば
123.45.67.890 のようになります。また、固定 IP である必要があります。
完全修飾ドメイン名: プロキシサーバーの完全修飾ドメイン名。例: bigbox.myco.com。
非完全修飾ドメイン名: プロキシサーバーの非完全修飾ドメイン名。上記の例を使用す
ると、プロキシサーバーの非完全修飾ドメイン名は bigbox のようになります。
別名: プロキシサーバーの別名。別名は CNAME (Canonical Name = 正規名) を使って
定義されます。例としては、CNAMEとしてbigbox.myco.com、別名としてftp.myco.com
とwww.myco.com があるプロキシサーバーが考えられます。
Tableau Server がTableau Server ユーザーの認証にSSPI ([自動ログオンを有効にする]
のあるActive Directory) を使用している場合、Apache リバースプロキシサーバーはサポー
トされません。Tableau Server がActive Directory ([自動ログオンを有効にする] はない)、
ローカル認証、または SAML のあるサーバーユーザーを認証している場合、Apache リバー
スプロキシサーバーがサポートされます。
プロキシ サーバーを使 用 するための Tableau の構 成
プロキシ環境設定の準備 上で説明されている情報を収集した後、次の手順に従ってプロキシ
サーバーをTableau Server で使用できるように構成できます。下の設定の詳細については、
tabadmin set オプションページ406を参照してください。
1. サーバーを停止します。
2. Tableau Server のbin ディレクトリのままで次のコマンドを入力します。ここで、name はプロ
キシサーバーを介してTableau Server にアクセスするために使用するURL です。
tabadmin set gateway.public.host "name"
たとえば、ブラウザーのアドレスバーにtableau.example.com と入力することで
Tableau Server に到達する場合、以下のコマンドを入力します。
tabadmin set gateway.public.host "tableau.example.com"
3. Tableau の既定では、プロキシサーバーがポート80 で外部との通信をリッスンしていると想
定しています。別のポートを割り当てるには、次のコマンドを入力します。ここで、port_
number はポート番号です。
tabadmin set gateway.public.port "port_number"
4. 次に、次のコマンドを入力します。ここで、server はプロキシサーバーのIPv4 アドレスま
たはコンピューター名です。
tabadmin set gateway.trusted "server"
server の値は、次のようなコンマ区切りリストです。
- 327 -
tabadmin set gateway.trusted "123.45.67.890, 123.45.67.880,
123.45.67.870"
または
tabadmin set gateway.trusted "proxy1, proxy2, proxy3"
5. 次のコマンドでは、完全修飾ドメイン名や非完全修飾ドメイン名、別名などプロキシサー
バーの代替名があれば入力します。これらはユーザーがブラウザに入力する可能性がある
名前です。個々の名前をコンマで区切ります。
tabadmin set gateway.trusted_hosts "name1, name2, name3"
例は次のとおりです。
tabadmin set gateway.trusted_hosts "proxy1.example.com,
proxy1, ftp.example.com, www.example.com"
6. サーバーを起動して変更を有効にします。
信 頼 できる認 証
Tableau Server のビューをWeb ページに埋め込むときは、そのページにアクセスするすべてのユー
ザーがTableau Server のライセンスユーザーである必要があります。ユーザーがそのページにアク
セスすると、ビューが表示される前にTableau Server へのサインインを求めるプロンプトが表示さ
れます。Web ページ上または Web アプリケーション内でユーザーを認証する手段が既にある場合
は、このプロンプトを省略し、信頼できる認証を設定することによりユーザーがサインインを2 回行
わずに済むようにできます。
信頼できる認証とは、Tableau Server と1 つ以上のWeb サーバーとの間で信頼関係が設定さ
れていることを意味します。Tableau Server が信頼できるWeb サーバーから要求を受け取ると、
Tableau Server は Web サーバーで必要とされる認証は既に処理されていると見なします。
Web サーバーでSSPI (Security Support Provider Interface) が使用されている場合、信頼でき
る認証を設定する必要はありません。ビューを埋め込むと、ユーザーは Tableau Server のライセン
スユーザーおよびActive Directory のメンバーであれば安全にアクセスできます。[自動ログインを
有効にする] (Microsoft SSPI を使用するセットアップ中に設定されるオプション) と信頼できる認
証の両方の使用はサポートされていません。Active Directory でSSPI を使用しておらず、クレデ
ンシャルを要求することなくユーザーがTableau Server ビューに安全にアクセスできるようにする場
合、信頼できる認証を設定できます。
埋め込みビューをクリックしたときにユーザーが正常に認証されるようにするには、サード
パーティのクッキーを許可するようにブラウザーを構成する必要があります。
信 頼 できる認 証 のしくみ
下の図は、クライアントのWeb ブラウザー、Web サーバー、Tableau Server の間で信頼できる認
証がどのように機能するかを示しています。
- 328 -
ユーザーが Web ページにアク
セス: Tableau Server のビュー
が埋め込まれたWeb ページ
にユーザーがアクセスすると、
そのページのHTML に対する
GET 要求がWeb サーバーに
送信されます。
Web サーバーがブラウザーに URL を渡します。
Web サーバーがビューのURL またはそのオブジェク
トタグ(埋め込みビューの場合) を使用してビューの
URL を構築し、そのページのHTML に挿入しま
す。チケットが含まれています (例:
http://tabserver/trusted/<ticket>/views/requestedv
iewname)。Web サーバーはそのページのすべての
HTML をクライアントのWeb ブラウザーに渡します。
Web サーバーが Tableau
Server に POST を送信しま
す。Web サーバーは、POST
要求を信頼できるTableau
Server (たとえば、
http://tabserver では
なく
http://tabaserver/tr
usted) に送信します。この
POST 要求には username
パラメーターが必要です。
username の値は、
Tableau Server のライセンス
ユーザーのユーザー名でなけ
ればなりません。サーバーで
複数のサイトを実行し、
ビューが"既定" サイト以外の
サイトにある場合、POST 要
求には target_site パラ
ブラウザーが Tableau Server のビューを要求しま
す。クライアントのWeb ブラウザーは、チケット付き
のURL が含まれているGET 要求を使用して、
Tableau Server に要求を送信します。
- 329 -
メーターも含める必要がありま
す。
Tableau Server がチケットを
作成します。Tableau Server
は、POST 要求を送信した
Web サーバーのIP アドレスま
たはホスト名 (上図では
192.168.1.XXX) を確認しま
す。このサーバーが信頼でき
るホストとして設定されている
場合、Tableau Server は一
意の24 文字列形式 (URL
用に安全な、Base64 エン
コード) でチケットを作成しま
す。Tableau Server はこのチ
ケット付きのPOST 要求に応
答します。エラーが発生して
チケットを作成できない場合
は、-1 の値が返されます。
Tableau Server がチケットを引き換えます。
Tableau Server は URL を要求したWeb ブラウ
ザーがチケットを持っていることを確認し、チケットを
引き換えます。チケットは、発行後 3 分以内に引
き換える必要があります。チケットが引き換えられる
と、Tableau Server にユーザーがログインし、URL
からチケットが削除され、埋め込みビューの最終的
な URL が送信されます。
Tableau Server への信 頼 できるIP アドレスまたはホスト名 の追 加
信頼できる認証を設定するための最初のステップは、Tableau Server を1 つ以上のWeb サー
バーからの要求を認識して信頼するように構成することです。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリ(たとえば、
C:\Program Files\Tableau\TableauServer\8.3\bin) に移動します。
2. 次のコマンドを入力してTableau Server を停止します。
tabadmin stop
3. 次のコマンドを入力します。
tabadmin set wgserver.trusted_hosts "<trusted IP addresses or
host names>"
上記のコマンドで、<trusted IP addresses> は使用している1 台以上のWeb サー
バーのIPv4 アドレスまたはホスト名のコンマ区切りリストである必要があります。例は次のと
おりです。
tabadmin set wgserver.trusted_hosts "192.168.1.101,
192.168.1.102, 192.168.1.103"
または
- 330 -
tabadmin set wgserver.trusted_hosts "webserv1, webserv2,
webserv3"
注:
コンマ区切りリストは、引用符で囲まれ、各コンマの後にスペースを1 つ挿入する必
要があります。
ここでホスト名を使用する場合でも、指定するWeb サーバーには静的 IP アドレス
を使用する必要があります (詳細について)。
4. 信頼できるチケットを要求するコンピューター(上の手順 2 で構成されているコンピューター
の1 台) とTableau Server の間に1 台以上のプロキシサーバーが存在する場合、プロキ
シサーバーを信頼できるゲートウェイとして追加する必要もあります。手順については、プ
ロキシ サーバーを使用するための Tableau の構成 ページ327 を参照してください。
5. 次のコマンドを入力して、すべてのサーバー構成ファイルへの変更を保存します。
tabadmin config
6. 最後に、次のコマンドを入力してサーバーを再起動します。
tabadmin start
次に、Web サーバーをTableau Server からチケットを受け取るように構成する必要があります。
Tableau Server からのチケットの取 得
Tableau Server に信頼できるIP アドレスを追加すると、POST 要求を介してTableau Server か
らチケットを受け取るようにWeb サーバーを構成できます (図のステップ3)。POST 要求は
http://tabserv ではなくhttp://<server name>/trusted に送信される必要があり
ます (http://tabserv/trusted など)。
注: SSL が有効になっている場合、http の代わりにhttps を使用する必要があります
(https://tabserver/trusted など)。
Java、Ruby、およびPHP でPOST 要求を作成する場合に使用できるコード例については、以
下を参照してください。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\extras\embedding
次に、Tableau Server へのPOST 要求に使用できるデータを示します。
l
l
username=<username> (必須): Tableau Server のライセンスユーザーのユーザー名。
ローカル認証を使用している場合、ユーザー名は単純な文字列にできます
(username=jsmith など)。複数のドメインを持つActive Directory を使用している場合
は、ドメイン名とユーザー名を含める必要があります (username=MyCo\jsmith など)。
target_site=<site id> (既定サイトにビューがない場合にのみ必要): Tableau
Server で複数のサイトを実行し、ビューが"既定" サイト以外のサイトにある場合は、ビュー
- 331 -
があるサイトを指定します (target_site=Sales など)。<site id> に使用する値
は、サイトが作成されたときに提供された[サイトID] でなければなりません。この値では大
文字と小文字を区別します。[サイトID] がSAlesの場合、target_site=SAles とな
ります。
l
client_ip=<IP address> (オプション): ビューにアクセスするWeb ブラウザーがあるコ
ンピューターのIP アドレスの指定に使用されます (client_ip=123.45.67.891 な
ど)。これは、Tableau Server のPOST 要求を作成するWeb サーバーのIP アドレスではあ
りません。このパラメーターを使用する場合の詳細については、オプション: クライアントIP
照合の設定 ページ334 を参照してください。
POST 要求に対するTableau Server の応答は、固有の24 文字の文字列形式になります (チ
ケット)。Tableau Server で要求を処理できない場合は、-1 が返されます。この修正手順のヒン
トについては、Tableau Server から返されたチケットの値 -1 ページ334 を参照してください。ま
た、ユーザーが埋め込みビューをクリックしたときにそれを正常に認証するには、サードパーティの
クッキーを許可するようにブラウザーを構成する必要もあります。
次に、ビューの場所とチケットを含むビューのURL の構築をWeb サーバーに許可するコードを追
加する必要があります。
チケット付 きビューの表 示
POST 要求を作成したら、ビューの場所とTableau Server からのチケットをWeb サーバーに与え
るコードを作成する必要があります。この情報はビューの表示に使用されます。この指定方法
は、ビューが埋め込まれているかどうかと、Tableau Server で複数のサイトを実行しているかどうか
によって異なります。
Tableau Server ビューの例
次に、ユーザーがTableau Server を介したアクセスのみを行うビューを指定する方法の例を示し
ます (ビューは埋め込まれていません):
http://tabserver/trusted/<ticket>/views/<workbook>/<view>
Tableau Server で複数のサイトを実行し、ビューが"既定" サイト以外のサイトにある場合にの
み、t/<site ID> をパスに追加する必要があります。例:
http://tabserver/trusted/<ticket>/t/Sales/views/<workbook>/<view>
Tableau Server URL に表示されるのと同じ大文字/小文字の設定を使用します。
埋め込まれたビューの例
次に、埋め込まれたビューの指定方法の例をいくつか示します。埋め込みコードを使用して行うこ
とができる方法は 2 つあるので、両方の方法を以下に示します。どちらを使用するかに関係なく、
信頼できる認証に固有の情報がいくつかあり、これらを指定する必要があります。
Script タグの例
この例では、ticket オブジェクトパラメーターを使用しています。
- 332 -
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js"></script>
<object class="tableauViz" width="800" height="600"
style="display:none;">
<param name="name" value="MyCoSales/SalesScoreCard" />
<param name="ticket" value="Etdpsm_Ew6rJY-9kRrALjauU" />
</object>
次に、複数サイトのTableau Server の場合に上記の例がどのようになるかを示します。ここで、
ビューは Sales サイトにパブリッシュされています。
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js"></script>
<object class="tableauViz" width="800" height="600"
style="display:none;">
<param name="site_root" value="/t/Sales" />
<param name="name" value="MyCoSales/SalesScoreCard" />
<param name="ticket" value="Etdpsm_Ew6rJY-9kRrALjauU" />
</object>
ticket を使用する代わりにpath パラメーターを使用することで、ビューの完全パスを明示的に
示すことができます。path を使用する場合は、Tableau JavaScript 埋め込みコードの必須パラ
メーターであるname パラメーターも使用する必要はありません。
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js"></script>
<object class="tableauViz" width="900" height="700"
style="display:none;">
<param name="path" value="trusted/Etdpsm_Ew6rJY9kRrALjauU/views/MyCoSales/SalesScoreCard" />
</object>
次に、複数サイトのサーバーではない場合の同じ例を示します。/t/<site ID> が使用されて
いることに注意してください。
<script type="text/javascript"
src="http://myserver/javascripts/api/viz_v1.js"></script>
<object class="tableauViz" width="900" height="700"
style="display:none;">
<param name="path" value="trusted/Etdpsm_Ew6rJY9kRrALjauU/t/Sales/views/MyCoSales/SalesScoreCard" />
</object>
Iframe タグの例
- 333 -
<iframe src="http://tabserver/trusted/Etdpsm_Ew6rJY9kRrALjauU/views/workbookQ4/SalesQ4?:embed=yes" width="800"
height="600"></iframe>
オプション: クライアントIP 照 合 の設 定
既定では、Tableau Server はチケットの作成または引き換え時に、クライアントのWeb ブラウ
ザーのIP アドレスを考慮しません。これを変更するには、次の2 つの操作が必要です。チケットを
取得するPOST 要求でclient_ip パラメーターを使用してIP アドレスを指定し、以下の手順
に従ってTableau Server がクライアントのIP アドレス照合を実行するように設定します。
1. コマンドウィンドウを開き、Tableau Server のbin ディレクトリの場所にディレクトリを変更し
ます。既定の場所は、C:\Program
Files\Tableau\TableauServer\8.3\bin です。
2. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。
tabadmin set wgserver.extended_trusted_ip_checking true
3. 次のコマンドを入力します。
tabadmin configure
4. 最後に、次のように入力してサーバーを再起動します。
tabadmin restart
信 頼 できる認 証 のトラブルシューティング
信頼できる認証を構成するときに発生する可能性のある一般的な問題とエラーは次のとおりで
す。信頼できる認証情報がProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\vizqlserver\vizql-*.log に書き込まれます。ロギン
グレベルをinfo からdebug に上げるには、tabadmin設定 vizqlserver.trustedticket.log_level
を使用します。
信頼できる認証をテストする方法のヒントの詳細については、「Tableau ナレッジベース」を参照し
てください。
Tableau Server から返されたチケットの値 -1
Tableau Server は、信頼できる認証プロセスの一環としてチケットを発行できない場合に、チケッ
ト値として-1 を返します。このメッセージの理由は、以下のフォルダー内のファイル
production*.log に書き込まれます。
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\wgserver
また、次のフォルダのvizql*.log にも書き込まれます。
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\vizqlserver
以下を確認します。
- 334 -
l
すべての Web サーバーのホスト名または IP アドレスが信頼できるホストに追加されている
POST 要求を送信するコンピューターのIP アドレスまたはホスト名が、Tableau Server の
信頼できるホストのリストにある必要があります。このリストにIP アドレスまたはホスト名を追
加する方法については、Tableau Server への信頼できるIP アドレスまたはホスト名の追
加 ページ330 を参照してください。
l
wgserver.trusted_hosts の値が正しい形式である
wgserver.trusted_hosts の設定を使用して提供される信頼できるホストのリストはコンマ区
切りリストにし、各コンマの後にスペースを1 つ挿入する必要があります。たとえば、リストは
次のIP アドレスと類似している必要があります。192.168.1.101, 192.168.1.102,
192.168.1.103 または bigbox1.example.lan, bixbox2.example.lan,
bigbox3.example.lan。
l
IP アドレスが IPv4 である
信頼できるホストを指定するためにIP アドレスを使用している場合、アドレスは Internet
Protocol version 4 (IPv4) 形式である必要があります。IPv4 アドレスは次のようになりま
す。123.456.7.890。IPv6 アドレス(たとえば、fe12::3c4a:5eab:6789:01c%34) は、信頼で
きるホストを入力する手段としてサポートされません。
l
POST 要求のユーザー名が有効な Tableau Server ユーザーである
POST 要求で送信するユーザー名は、ライセンスレベルがビューアーまたはインタラクターの
Tableau Server ライセンスユーザーでなければなりません。Tableau Server に管理者とし
てサインインし、ページ左側の[ライセンス発行] リンクをクリックして、ユーザーおよびそのライ
センスレベルのリストを確認できます。
l
POST 要求内のユーザー名にドメインが含まれている
Tableau Server がローカル認証を使用するように構成されている場合は、POST で送信
されるユーザー名は単純な文字列です。しかし、サーバーがActive Directory を使用する
ように構成されている場合は、ドメイン名とユーザー名を含める必要があります
(domain\username)。たとえば、username パラメーターは、次のようになります。
username=dev\jsmith
l
コンテンツのタイプが指定されている
ASP.NET または C# アプリケーションの設計を行っている場合、HTTP 要求でコンテンツの
タイプを宣言する必要があります。たとえば、http.setRequestHeader("ContentType","application/x-www-form-urlencoded;charset=UTF-8")。コンテ
ンツのタイプを指定しない場合、Tableau Server により-1 が返される、つまりログファイルに
エラーが含まれます。"missing username and/or client_ip".
HTTP 401 - 承認されていません
"401 - 承認されていません" というエラーが表示された場合は、Tableau Server がActive
Directory とSSPI を使用するように構成されている可能性があります (自動ログインを有効にす
るを参照)。Web サーバーでSSPI が使用されている場合、信頼できる認証を設定する必要は
ありません。ビューを埋め込むと、ユーザーは Tableau Server のライセンスユーザーおよびActive
Directory のメンバーであればアクセスできます。
[自動ログインを有効にする] と信頼できる認証の同時使用はサポートされていません。
- 335 -
HTTP 404 - ファイルが見つかりません
存在しないTableau Server URL をプログラムコードが参照したときに、このエラーが表示される
可能性があります。Web ページが取得しようとしたときに検出できない無効な URL がWeb サー
バーによって構築された場合などです。
無効なユーザー (SharePoint または C#)
Tableau Server で信頼できる認証を構成している場合に、このエラーが発生する可能性があり
ます。
SharePoint .dll のサンプルコードは次のGET 要求を参照しています。
SPContext.Current.Web.CurrentUser.Name
上記の要求によって、現在のWindows Active Directory ユーザーの表示名が返されます。ログイ
ンID を使用する場合は、コードを次のように変更する必要があります。
SPContext.Current.Web.CurrentUser.LoginName
変更後、SharePoint .dll を再コンパイルします。
間違った IP アドレスのチケットを取得しようとしています
Tableau Server で信頼できる認証を構成している場合に、このエラーが発生する可能性があり
ます。
既定では、チケットの引き換え時に、クライアントのWeb ブラウザーのIP アドレスは考慮されませ
ん。クライアントのIP アドレスを照合するようにTableau Server を構成した場合は、POST で
Tableau Server に送信されたクライアントのWeb ブラウザーのIP アドレスが、ブラウザーが埋め込
みビューを取得しようとしたときと同じであることを確認してください。たとえば、信頼できる認証の
図で、ステップ3 のPOST 要求がパラメーターclient_ip=74.125.19.147 を送信した場合、ステッ
プ5 のGET 要求は同じIP アドレスから送られる必要があります。
クライアントのIP アドレスを照合するようにTableau Server を構成する方法については、オプショ
ン: クライアントIP 照合の設定 ページ334 を参照してください。
Cookie 制限エラー
ユーザーがTableau Server にサインインしたとき、セッションCookie はローカルのブラウザーに保存
されています。保存されたCookie は、ユーザーのTableau Server へのサインイン認証とサーバー
へのアクセス許可を管理する方法です。Cookie はブラウザーのアドレスバーと同じドメインまたは
サブドメインで設定されているので、ファーストパーティのCookie とみなされます。ユーザーのブラウ
ザーがファーストパーティのCookie をブロックするように設定されている場合、ユーザーは Tableau
Server にサインインできません。
埋め込みビュー経由で、または信頼できる認証が設定された環境で、ユーザーがTableau
Server にサインインする場合も、同じことが起こります。cookie は保存されます。Cookie は保存
されています。しかし、この場合、ブラウザーは Cookie をサードパーティCookie として扱います。
これは、Cookie がブラウザーのアドレスバーに表示されているものと異なるドメインで設定されて
いることが理由です。ユーザーのWeb ブラウザーがサードパーティのCookie をブロックするように設
- 336 -
定されている場合、Tableau Server の認証は失敗します。失敗しないようにするには、Web ブラ
ウザーがサードパーティのCookie を許可するように構成する必要があります。
サーバーとの通信によるエラーの発生 (403)
Tableau Server が信頼できる認証用に設定されている場合、ブラウザーで新しいビューを開き、
以前に開いたビューに戻ろうとした後に上記のエラーが表示される可能性があります。Tableau
Server では tabadmin set オプションvizqlserver.protect_sessions を通じてVizQL セッションの無
許可の再使用に対する保護を提供します。既定では true に設定されています。Tableau
Server は信頼できる認証向けに設定されているため、vizqlserver.protect_sessions
を有効にする必要がない場合があります。無効にするには、set ページ401 を使用してfalse
に変更します。
OAuth データ接 続
Google BigQuery、Google Analytics、およびSalesforce.com データソースの場合、機密のデー
タベースのクレデンシャルをTableau Server に保存する代わりに、OAuth 2.0 standard を使用し
て接続を作成します。
OAuth 接続を作成するとき、データプロバイダーに対してTableau がデータにアクセスすることを
承認します。次にデータプロバイダーは Tableau からの要求を一意的に識別するアクセストーク
ンをTableau に送信します。詳細については、次のOAuth プロセスの概要 下を参照してくださ
い。
OAuth 接続を使用すると、次のような利点があります。
l
l
セキュリティ: 機密データベースのクレデンシャルは Tableau Server に知られたり保存された
りしません。アクセストークンを使用できるのは Tableau だけです。
利便性: 複数の場所にデータソースID とパスワードを埋め込む代わりに、そのデータプロ
バイダーにアクセスするすべてのパブリッシュ済みワークブックとデータソースの特定のデータ
プロバイダーに対して提供されるトークンを使用できます。
さらに、Google BigQuery データへのライブ接続の場合、各ワークブックビューアーは単一の
ユーザー名とパスワードのクレデンシャルを共有するのではなく、ユーザーを識別する一意の
アクセストークンを持つことができます。
OAuth プロセスの概 要
次の手順では、OAuth プロセスを呼び出す Tableau 環境における1 つのワークフローについて説
明します。
1. クラウドデータソースへのアクセスが必要な行動を取ります。
たとえば、Tableau Serverにパブリッシュされているワークブックを開きます。
2. Tableau により、ホストされているデータプロバイダーのサインインページに移動します。ホス
トされているデータプロバイダーに送信される情報により、Tableau は要求サイトとして識
別されます。
3. ホストされているデータソースにサインインする場合、Tableau Serverのデータへのアクセス
- 337 -
の承認を確認するよう要求されます。
4. 確認されると、データソースプロバイダーがアクセストークンをTableau Server に送り返し
ます。
5. Tableau Server ワークブックとデータが表示されます。
OAuth プロセスを使用する他のワークフローは次のとおりです。
l
l
Tableau Desktop または Tableau Server からワークブックを作成してデータソースに接続
する。
Tableau Desktop からデータソースをパブリッシュする。
クレデンシャルの管 理
ユーザーはユーザー設定で自分のアクセストークンを管理できます。または、データソースコネクタ
の役割を持つ管理者とユーザーのみがデータソースと接続間のアクセストークンを管理するよう許
可できます。
以下は、アクセストークンがパブリッシュされたデータソースの埋め込みクレデンシャルとして使用さ
れるか、または Google BigQuery データへのライブ接続に使用されるかに適用されます。
l
l
l
Tableau Server がアクセストークンで示される接続を通じてデータを要求する場合、データ
ソースプロバイダーはトークンによって承認されているTableau アクセスを確認します。それ
から要求したデータを返します。接続するたびにクレデンシャルを提供する必要はありませ
ん。
トークンがパブリッシュされたデータソースの埋め込みクレデンシャルとして使用される場合、
データにアクセスするたびにサインインしなくても、Tableau Desktop や Tableau Server から
そのデータに接続する新しいワークブックを作成できます。
アクセストークンはユーザーまたはデータプロバイダーがそれらを取り消すまで有効です。
- 338 -
注 データソースプロバイダーが許可するアクセストークンの数を超過する可能性が
あります。そのような場合、データプロバイダーは新しいトークンが作成される際に前
回のアクセスからの時間の長さを使用して、新しいトークンのためのスペースを空ける
ために無効にするトークンを決定します。データプロバイダーは他の理由でトークン
を無効にすることもできます。たとえば、管理者がすべてのアプリケーションプロセスを
取り消す場合です。
OAuth サポートのためのサーバーの構 成
OAuth は、個々のユーザー名とパスワードの代わりに、目的が限定されたアクセストークンを介し
て動作します。Tableau でOAuth 接続を作成するために必要なアクセストークンを取得する前
に、トークンを送るデータプロバイダーがTableau Server を信頼された送信先として認識すること
ができるよう、サーバーを構成する必要があります。次のセクションでは、すべてのデータプロバイ
ダー向けにOAuth の設定の準備方法について説明します。次のトピックは、特定のデータプロバ
イダー向けにサーバーを構成する手順を含みます。
OAuth サポートの構成の準備
特定のデータプロバイダー向けの構成手順を開始する前に、次の必要条件を満たしてくださ
い。
l
このデータソースに接続するビューをホストする各Tableau Serverノードの完全修飾ドメイ
ン名を取得します。例は次のとおりです。
https://sales.your_domain.com
Salesforce.com を使用する場合、https アドレスを提供する必要があります。
l
少なくとも1 つのデータプロバイダーアカウントが、API アクセスに有効なことを確認してくだ
さい。
Google BigQuery とGoogle Analytics の場合、Google Cloud Platform のデベロッパー
コンソールにアクセスする必要があります。
Salesforce.com の場合、Force.com プラットフォームにアクセスする必要があります。
l
データソースのドライバーが最新であることを確認してください。
Google BigQueryの場合は 32 ビットを使用してください。
Tableau Web サイトの[ドライバーとアクティベーション] ページから更新されたドライバーをダ
ウンロードすることができます。
使用しているデータプロバイダーの構成設定
OAuth の準備手順を完了すると、使用しているデータプロバイダーの適切な設定を構成するこ
とができます。
l
l
Google での OAuth の設定 次のページ
Salesforce.com での OAuth の設定 ページ343
- 339 -
Google での OAuth の設 定
このトピックでは、Google BigQuery およびGoogle Analytics データソースでのOAuth の設定方
法を説明します。各Tableau Serverインスタンスでこれらのステップを実行します。
注: これらの手順を完了する前に、OAuth サポートの構成の準備 前のページで説明され
ている必要条件を満たしていることを確認してください。
OAuth を設定するには、次の2 つの手順を実行します。
l
l
Google から必要な情報を取得しAPI アクセスを有効にします。
取得した情報を使用してサーバーを構成します。
クライアントID を取得してGoogle API を有効にする
注: これらの手順は、本書の執筆中にGoogle Cloud Platform コンソールの設定を反映し
ます。詳細については、Google Developers Console Help の「Using OAuth 2.0 for Web
Server Applications (Web サーバーアプリケーションでのOauth 2.0 の使用)」を参照してく
ださい。
1. Google Cloud Platform にサインインし、[Go to my console] をクリックします。
2. [Projects] を選択し、[Project] ページで[Create Project] をクリックします。
3. 表示される新しいプロジェクトフォームで次を実行します。
l
l
プロジェクトに、このプロジェクトを使用するTableau Serverインスタンスを反映するよ
うな意味のある名前を付けてください。
プロジェクトIDを変更するかを決めます。
- 340 -
注: プロジェクトを作成した後はプロジェクトID を変更することができません。
詳細についてはクエスチョンマークのアイコンをクリックしてください。
4. 新しいプロジェクトを開き、[APIs & auth] > [Credentials] へ移動します。
5. [Create a New Client ID] をクリックし、[Create Client ID] ページで次を実行します。
l
l
l
[Web Application] を選択します。
Authorized JavaScript Origins の場合、Tableau Server のローカルコンピューター
名を入力します。
Authorized Redirect URI の場合、既存のテキストをサーバーのインターネットアドレ
スと置換し、末尾にauth/add_oauth_token テキストを追加します。例は次のとお
りです。
https://data.your_server.com/auth/add_oauth_token
6. [Create Client ID] をクリックします。
7. Google が返す次の値をコピーし、使用しているTableau Serverコンピューターからアクセス
することができる場所に貼り付けます。
l
クライアントID
l
クライアントシークレット
l
URI のリダイレクト
8. Google Developer Console では、新しいプロジェクトを開いて[APIs & auth] > [API] を
選択し、[BigQuery API] または [Analytics API] のステータスを[On] に設定します。
- 341 -
Google OAuth のための Tableau Server の構成
クライアントID を取得してGoogle API を有効にするページ340の手順を実行して取得した情
報を使用することで、Tableau Serverを構成します。
1. Tableau Serverコンピューターで管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server
のbin ディレクトリに変更します。
cd C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\<version>\bin
2. 次のコマンドを入力してサーバーを停止します。
tabadmin stop
3. 次のコマンドを入力し、Google から取得したクライアントID とクライアントシークレットなら
びにサーバーURI を使用してサーバーを構成します。各コマンドを入力した後は Enter を
押します。
tabadmin set oauth.google.client_id <your_client_ID>
tabadmin set oauth.google.client_secret <your_client_secret>
tabadmin set oauth.google.redirect_uri <your_server_URI>
4. 次のコマンドを入力し、構成を完了してサーバーを再起動します。
tabadmin config
tabadmin start
ユーザーがアクセストークンを保存できるよう許可する
OAuth 接続は、個々のユーザー名とパスワードの代わりに、アクセストークンを介して行われま
す。
サーバー管理者は Admin インターフェイス(A) を使用して、ユーザーが[ユーザー設定] ページ(B)
でアクセストークンを管理することを許可できます。
これらの設定を有効にするには、次を実行します。
- 342 -
1. Web ブラウザを開きサーバーにサインインします。
2. [Admin] タブで[メンテナンス] ページを表示し、[設定] セクションで次を選択します。
l
l
パスワードの保存 ユーザーは、データソースと共に個々のクレデンシャルを保存する
ことができます。
アクセストークンの保存 ユーザーは OAuth トークンを保存できます。
また、サーバー管理者は、これらのチェックボックスのチェックを外し、データソースがパブリッシュさ
れる時にデータ接続を編集することで、OAuth クレデンシャルを中央管理することもできます。パス
ワードとアクセストークンの保存の設定が有効でない場合、[ユーザー設定] ページに[クレデンシャ
ルの管理] セクションは表示されません。
Salesforce.com での OAuth の設 定
このトピックでは、Salesforce.comデータソースでのOAuth の設定方法を説明します。各
Tableau Serverインスタンスでこれらのステップを実行します。
注: これらの手順を完了する前に、OAuth サポートの構成の準備 ページ339で説明され
ている必要条件を満たしていることを確認してください。
OAuth を設定するには、次の2 つの手順を実行します。
l
l
Salesforce での接続アプリの作成
取得した情報を使用してサーバーを構成します。
Salesforce 接続アプリの作成
1. Salesforce.com 開発者アカウントにサインインし、右上のユーザー名をクリックしその後 [設
定] を選択します。
2. 左側のナビゲーションカラムの[アプリの設定] で、[作成] > [アプリ] を選択します。
- 343 -
3. [接続アプリ] セクションで、[新規] をクリックします。
4. [基本情報] に情報を入力し、[API] セクションで[OAuth 設定の有効化] を選択します。
5. 表示された新しいOAuth 設定で、[コールバックURL] にhttps プロトコルを使用してサー
バーの完全修飾ドメイン名を入力し、次のテキストをURLに追加します: auth/add_
oauth_token
例は次のとおりです。
https://www.your_server.com/auth/add_oauth_token
6. 次の項目を[利用可能な OAuth スコープ] から[選択したOAuth スコープ] に移動します。
l
データへのアクセスおよび管理 (api)
l
基本情報へのアクセス(id)
l
ユーザに代わっていつでも要求を実行 (refresh_token)
7. [保存] をクリックします。
アプリを保存すると、Salesforce のAPI セクションにTableau Server構成に使用する次のID が表
示されます。
l
l
l
コンシューマーキー
コンシューマーシークレット
コールバックURL
- 344 -
Tableau Serverで Salesforce.com OAuth を構成する
1. Tableau Server コンピューターで管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server
のbin ディレクトリに変更します。
cd C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\<version>\bin
2. 次のコマンドを入力してサーバーを停止します。
tabadmin stop
3. Salesforce から取得したコンシューマーID とシークレット、およびコールバックURL を使用し
て次のコマンドを入力しサーバーを構成します。各コマンドを入力した後でEnter を押しま
す。
tabadmin set oauth.salesforce.client_id <your_consumer_ID>
tabadmin set oauth.salesforce.client_secret <your_consumer_
secret>
tabadmin set oauth.salesforce.redirect_uri <your_callback_
URL_>
4.
任意 既定のログインサーバーを変更するには、次のコマンドを入力してください。
tabadmin set oauth.salesforce.server_base_url <URL>
既定では https://login.salesforce.com に設定されています。
5. 次のコマンドを入力し、構成を完了してサーバーを再起動します。
tabadmin config
tabadmin start
ユーザーがアクセストークンを保存できるよう許可する
OAuth 接続は、個々のユーザー名とパスワードの代わりに、アクセストークンを介して行われま
す。
サーバー管理者は Admin インターフェイス(A) を使用して、ユーザーが[ユーザー設定] ページ(B)
でアクセストークンを管理することを許可できます。
- 345 -
これらの設定を有効にするには、次を実行します。
1. Web ブラウザを開きサーバーにサインインします。
2. [Admin] タブで[メンテナンス] ページを表示し、[設定] セクションで次を選択します。
l
l
パスワードの保存 ユーザーは、データソースと共に個々のクレデンシャルを保存する
ことができます。
アクセストークンの保存 ユーザーは OAuth トークンを保存できます。
また、サーバー管理者は、これらのチェックボックスのチェックを外し、データソースがパブリッシュさ
れる時にデータ接続を編集することで、OAuth クレデンシャルを中央管理することもできます。パス
ワードとアクセストークンの保存の設定が有効でない場合、[ユーザー設定] ページに[クレデンシャ
ルの管理] セクションは表示されません。
実 行 ユーザー
Tableau Server サービスを実行する専用のActive Directory (AD) ユーザーアカウントを使用でき
ます。これは、実行ユーザーアカウントと呼ばれます。管理者によっては、Tableau Server でパブ
リッシュされたワークブックがライブデータソースに接続するときに、このアカウントの使用を選択す
る場合があります。サーバーの既定のNetwork Service アカウント(NT
AUTHORITY\NetworkService) には、その他のコンピューターのデータソースに接続するための
適切なパーミッションがありません。適切に構成されたAD アカウントにはそのパーミッションがあり
ます。
Windows (NT) 認証が必要なデータソースの場合、AD アカウントも認証プロセスを自動的に処
理でき、まずは Kerberos を使用して認証を試み、それが失敗する場合には NTLM で試みるた
め、ワークブックがライブデータソースに接続するときに、クレデンシャルのプロンプトはユーザーに表
示されません。つまり、特定のリソース専用の実行ユーザーAD アカウントは多くの場合、特定の
ユーザーに関連付けられているAD アカウントよりも管理上の問題が発生しにくくなります。
実行ユーザーアカウントを使用するようにTableau Server を構成するには、次の手順に従いま
す。Tableau Server の分散インストールを実行している場合、ワーカーに加えてプライマリでこれ
- 346 -
らの手順を行う必要があります。また、実行アカウント設定の確認 ページ350 より下の手順は、
サイトによって異なる場合があります。
注: 実行ユーザーアカウントを使用してTableau Server をインストールした場合、セットアッ
プを実行する前に、Windows Secondary Login サービスの[ログオン] および[スタートアップ]
に正しい値が入力されていることを確認します。詳細については、Tableau Service 設定
の確認 下 を参照してください。
アカウントの指 定
まず、Tableau Server サービスを実行するActive Directory アカウントを指定または作成します。
このアカウントは Tableau Server の実行ユーザーアカウントになります。このアカウントには次の項
目が必要です。
l
l
l
データソースに接続するためのパーミッション(少なくとも読み取りアクセス)。
Tableau Server がNT 認証プロセスにデータソースを提供できるようにするためのクレデン
シャル。Microsoft SQL Server およびMicrosoft Analytical Services (MSAS) を含む
(Access または Excel は含まない) NT 認証を実行するMicrosoft データソース。
ユーザーおよびグループに対してActive Directory のドメインコントローラにクエリするパーミッ
ション。Tableau Server が実行されているローカルマシンで作成されたユーザーアカウント
には、これらのパーミッションはありません。
ドメインの双 方 向 の信 頼 関 係 の確 認
次のいずれかの条件が当てはまる場合は、双方向の信頼関係が存在することを確認します。
l
l
Tableau Server とデータソースをホストするマシンが別々のドメイン上に存在する。
Tableau Server ユーザーがTableau Server またはデータソースからの別々のドメイン上に
存在する。
Tableau Service 設 定 の確 認
Tableau サービスに適切な [ログオン] と[スタートアップ] の値が割り当てられていることを確認しま
す。Tableau Server の分散インストールを実行している場合、ワーカーに加えてプライマリでこれ
らの手順を行います。
1. Tableau Server が実行されているコンピューターに管理者としてログオンします。
2. Tableau Server コンピューターで、[スタート] > [コントロール パネル] > [管理ツール] > [コン
ピューター管理] > [サービスとアプリケーション] > [サービス] を選択します。
3. [サービスとアプリケーション] を開き、[サービス] をクリックします。次のサービスが適切に設定
されていることを確認します。
- 347 -
サービス名
ログオン値
スタート
アップ
値
FLEXnet
Licensing
Service
Local System
手動
Secondary
Login
Local System
自動
Tableau
Server
(tabsvc)
<domain>\<username> これは実行ユーザー
アカウントです。以下を参照してください。
自動
Tablicsrv
Local System
自動
ログオン値の変更
Tableau Server (tabsvc) の[ログオン] の値を実行ユーザーアカウントに変更するには
1. [サービス] ウィンドウで、[Tableau Server (tabsvc)] を右クリックして[停止] を選択し、
Tableau Server サービスを停止します。
2. [スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server] > [Tableau Server の構成] を選
択します。
3. [全般] タブで、Tableau Server の実行ユーザーアカウントのドメイン、ユーザー名、および
パスワードを入力します。
4. [OK] をクリックしてTableau Server (tabsvc) を再起動します。
ローカル セキュリティポリシーの準 備
Tableau Server マシンで実行ユーザーアカウントが管理者でない場合は (分散インストールを実
行している場合はプライマリとワーカー)、Tableau Server の実行ユーザーアカウントでサービスとし
てログオンし、構成を変更できるように、マシンのローカルセキュリティポリシーを準備する必要が
あります。これを行うには次の手順を行います。
1. [スタート] > [コントロール パネル] > [管理ツール] > [ローカル セキュリティポリシー] を選択
します。
2. [ローカルセキュリティ設定] ウィンドウで、[ローカルポリシー] を開き、[ユーザー権利の割り当
て] をハイライトして、[サービスとしてログオン] を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
- 348 -
3. [サービスとしてログオン] の[プロパティ] ウィンドウで、[ユーザーまたはグループの追加] をクリッ
クします。
4. Tableau Server の実行ユーザーアカウントとして<domain>\<username> を入力しま
す (たとえば、MYCO\tableau_server)。次に、[名前の確認] をクリックします。
5. アカウントが正常に解決されると、下線が挿入されます。[OK] をクリックします。
6. これらの手順を繰り返し、実行するアカウント名を[ローカル ログオン許可] ポリシーに追加
します。
7. これらの手順を繰り返し、実行するアカウント名を[ローカル ログオン拒否] ポリシーから削
除します。
8. [OK] をクリックして、[ローカルセキュリティ設定] ウィンドウを閉じます。
データソース接 続 設 定 の構 成
アクセスするワークブックがライブのNT 認証データソースに接続するときに、ユーザーを自動的に
認証するには、[Windows NT の統合セキュリティを使用する] オプションを選択してTableau
データ接続を構成します。
- 349 -
Windows NT 統合セキュリティ
ユーザー名とパスワード
サーバーの実行ユーザーアカウントで認証しま 各 Tableau Server ユーザーにはデータベース
す。
のクレデンシャルが要求されます。
実 行 アカウント設 定 の確 認
実行ユーザーアカウントには、ファイルの読み取りと実行、場合によってはファイルの変更を行うこ
とができるパーミッションが必要です。最初に使用したアカウントに応じて、適切なパーミッションを
既に所有している場合があります。サーバーの実行アカウントを変更するときは必ず、次の要件
を満たしていることを確認してください。分散インストールを実行している場合、これはプライマリお
よびワーカーの両方に適用されます。
読み取りパーミッションと実行パーミッションの付与
Tableau Server サービスを実行するアカウントには、ファイルの読み取りと実行のためのパーミッ
ションが必要です。サーバーの実行ユーザーアカウントが変更されたときは必ず、次のことを確認
または構成してください。
1. Tableau Server をホストしているマシン上で(分散している場合は Tableau ワーカーも)、
Windows Explorer を使用してTableau がインストールされているドライブ(ローカル ディスク
(C:) など) を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
2. [ローカルディスクのプロパティ] ウィンドウで[セキュリティ] タブを選択します。
3. [編集] をクリックし、[追加] をクリックします。
4. [ユーザー、コンピューター、サービスアカウント、またはグループの選択] ダイアログボックス
で、Tableau Server 実行ユーザーアカウントとして<domain>\<username> を入力し
ます。グループアカウントを使用しないでください。
5. [名前の確認] をクリックしてアカウントを解決し、[OK] をクリックして確認します。
6. Tableau Server の実行ユーザーアカウントがハイライトされたら、このアカウントに[読み取
りと実行] パーミッションがあることを確認します。[読み取りと実行] を選択すると、[フォル
- 350 -
ダーの内容の一覧表示] と[読み取り] が自動的に選択されます。
7. [OK] をクリックして終了します。
変更パーミッションの付与
アカウントには、ログファイルの作成などを実行する権限も必要です。次のことを確認または設定
してください。
1. 次のフォルダーに移動します。
C:\Program Files\Tableau
C:\ProgramData\Tableau\
64 ビットのオペレーティングシステムで32 ビットのTableau Server を実行している場
合、C:\Program Files\Tableau の代わりにC:\Program Files
(x86)\Tableau に移動する必要があります。また、上記のドライブおよびパスは
Tableau Server のインストール先に応じて変更される場合があります。
2. フォルダーを右クリックし、[プロパティ] を選択して、[セキュリティ] タブをクリックします。
l
l
l
l
[編集] をクリックし、[追加] をクリックします。
Tableau Server の実行ユーザーアカウントとして<domain>\<username> を入
力します。
[名前の確認] をクリックしてアカウントを解決し、[OK] をクリックして確認します。
Tableau Server の実行ユーザーアカウントがハイライトされたら、このアカウントに
[変更] パーミッションがあることを確認します。[変更] を選択すると、[フル コントロー
- 351 -
ル]と[特殊なアクセス許可] を除くすべてのパーミッションが自動的に付与されます。
3. 上記のステップ1 の各フォルダーで、Tableau の[プロパティ] の[セキュリティ] タブにある[詳
細設定] をクリックします。
- 352 -
4. [Tableau のセキュリティの詳細設定] ウィンドウで、[アクセス許可の変更] をクリックします。
5. [Tableau のセキュリティの詳細設定] ダイアログボックスで、実行ユーザーアカウントをハイラ
イトし、[子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス
許可で置き換える] チェックボックスをオンにします。
- 353 -
6. [OK] をクリックして、すべてのサブフォルダ―とファイルに変更を適用します。この処理には
数分かかる場合があります。これらの変更を適用する際に、Windows からエラーメッセー
ジを受け取ることがよくあります。プロセスをキャンセルする必要はありません。代わりに[続
ける] をクリックしてください。
7. [OK] をクリックして変更を確認し、Tableau の[プロパティ] ダイアログボックスの[OK] をク
リックします。
レジストリ設定の変更
次の手順はオプションであり、ほとんどの環境には該当しません。レジストリのセキュリティが高度に
制約されている場合、Tableau Server 実行ユーザーアカウントの読み取りおよび書き込みパー
ミッションを次に挙げるレジストリブランチに付与します。レジストリキーは、インストールしている
Tableau Server が32 ビットバージョンであるか、64 ビットバージョンであるかにより変わりますが、
32 ビットバージョンのTableau Server の場合、インストールしているオペレーティングシステムが32
ビットバージョンであるか、64 ビットバージョンであるかにより変わります。64 ビットバージョンの
Tableau Server は、64 ビットバージョンのオペレーティングシステムにのみインストールすることがで
きます。
64 ビットバージョンの Tableau Server のインストール
l
HKEY_CURRENT_USER\Software\Tableau
l
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Tableau
32 ビットバージョンの Tableau Server のインストール
l
HKEY_CURRENT_USER\Software\Tableau
- 354 -
および
l
l
32 ビットバージョンのオペレーティングシステム: HKEY_LOCAL_
MACHINE\Software\Tableau
64 ビットバージョンのオペレーティングシステム: HKEY_LOCAL_
MACHINE\Software\Wow6432Node\Tableau
SQL Server の偽 装
偽装とは、あるユーザーアカウントが別のユーザーアカウントの代わりにアクションを実行することで
す。データベースユーザーの偽装を行うようにTableau とMicrosoft SQL Server を構成できます。
これにより、Tableau Server によって使用されるSQL Server データベースアカウントは、Tableau
ユーザーでもあるSQL Server データベースユーザーの代わりにクエリを実行できます。
この機能の主な利点は、管理者がデータセキュリティポリシーを1 か所、つまりデータベースに実
装して制御できることです。Tableau ユーザーがSQL Server データベースへのライブ接続でビュー
にアクセスすると、ビューにはユーザーのデータベースパーミッションで表示が許可されている内容の
みが表示されます。もう1 つの利点は、ユーザーがビューにアクセスするときにデータベースログイン
プロンプトに応答する必要がないことです。また、ワークブックのパブリッシャーは、ビューに表示する
内容を制限するためにユーザー固有のフィルターに依存する必要がありません。
この機能を使用するために必要な詳細情報については、次のトピックを参照してください。
偽 装 の要 件
この機能を使用するための要件は次のとおりです。
l
l
l
l
l
SQL Server へのライブ接続のみ: 偽装は、SQL Server データベースのバージョン2005 以
降にライブ接続されているビューに対してのみ使用できます。
個別のデータベースアカウント: ビューにアクセスする各ユーザーは、ビューの接続先である
SQL Server データベースに明示的な個別のアカウントを持っている必要があります。
Active Directory (AD) グループのメンバーは偽装できません。たとえば、Jane Smith がAD
グループ「Sales (販売)」のメンバーであり、そのデータベース管理者がSQL Server データ
ベースにAD グループ「Sales (販売)」を追加した場合、Jane を偽装することはできませ
ん。
クレデンシャルと認証タイプの一致: 各 Tableau ユーザーアカウントのクレデンシャルおよび
そのTableau ユーザー認証タイプが、SQL Server データベースのクレデンシャルおよび認証
タイプと一致する必要があります。つまり、Jane Smith のTableau Server ユーザーアカウン
トのユーザー名がMyCo\jsmith で、Tableau Server がユーザー認証にActive Directory を
使用している場合、SQL Server データベースでのユーザー名もMyCo\jsmith で、SQL
Server がWindows 統合認証を使用している必要があります。
SQL Server の前提条件: SQL Server では、データセキュリティを確保するビューである
データセキュリティテーブルが必要であり、データベースユーザーがそのビューを使用する必
要があります。
SQL IMPERSONATE アカウント: 上記のデータベースユーザーに対する
- 355 -
IMPERSONATE パーミッションを持つSQL Server データベースアカウントが必要です。こ
れは、sysadmin の役割を持つアカウント、または各ユーザーアカウントに対する
IMPERSONATE パーミッションを与えられているアカウントのいずれかです (EXECUTE AS
に関するMSDN の記事を参照)。さらに、このSQL Server アカウントは Tableau 側の次の
2 つのアカウントのいずれかである必要があります。
l
l
Tableau Server の実行ユーザーアカウント(実行ユーザー アカウントの偽装 下 を参
照)。
ワークブックパブリッシャーのアカウント(埋め込み SQL クレデンシャルの偽装 ページ
359 を参照)。
偽 装 のしくみ
下の図は、データベースユーザーの偽装のしくみを示しています。
上の図で、Jane Smith (MyCo\jsmith) は西海岸の営業担当者、Henry Wilson (MyCo\hwilson)
は東部の営業担当者です。SQL Server データベースで、Jane のアカウントMyCo\jsmith に対す
るアカウントパーミッションでは、西海岸のデータにしかアクセスできません。Henry のアカウント
MyCo\hwilson では、東海岸のデータにしかアクセスできません。
全国のデータを表示するビューが作成されています。このビューは、SQL Server データベースにラ
イブ接続します。この2 人のユーザーがTableau Server にサインインし、ビューをクリックします。
Tableau Server は、各ユーザーのデータベースアカウントに対するIMPERSONATE パーミッショ
ンを持つデータベースアカウントを使用してSQL Server に接続します。このアカウントが各ユー
ザーのデータベースアカウントの代わりにアクションを実行します。
ビューを表示するときは、各ユーザーの個々のデータベースパーミッションによって制限されます。
Jane には西海岸の販売データのみ、Henry には東海岸のデータのみが表示されます。
実 行 ユーザー アカウントの偽 装
偽装を行うときは、実行ユーザーアカウントを介した偽装をお勧めします。実行ユーザーアカウン
トとは、Tableau Server をホストしているマシンでTableau Server サービスを実行できるAD アカ
ウントです (実行ユーザーページ346を参照)。この同じアカウントが、SQL Server のデータベース
- 356 -
ユーザーアカウントに対するIMPERSONATE パーミッションを持っている必要があります。データ
セキュリティの観点から、Tableau Server の実行アカウントを偽装に使用することにより、管理者
はほとんどの制御を行うことができます。
実行ユーザーアカウントの偽装を設定するには
1. セットアップの一環としてTableau Server を構成する場合は、[サーバーの実行ユーザー]
に、ユーザーアカウントに対するIMPERSONATE パーミッションを持つ実行ユーザーAD ア
カウントを入力します。[ユーザー認証] で[Active Directory を使用する] をオンにします。
2. [OK] をクリックして構成を完了します。
3. Tableau Desktop でワークブックを作成します。データ接続を作成するときは、[Windows
NT 統合セキュリティを使用する] をオンにして、ワークブックからSQL Server データベースへ
のライブ接続を行います。
- 357 -
4. Tableau Desktop でワークブックをTableau Server にパブリッシュします ([サーバー] > [ワー
クブックのパブリッシュ])。
5. [パブリッシュ] ダイアログボックスで[認証] をクリックし、[認証] ダイアログボックスでドロップダ
ウンリストから[サーバーの実行アカウント経由での偽装] を選択します。
6. [OK] をクリックします。
7. Tableau Server にユーザーとしてサインインして、接続をテストします。ビューをクリックしたと
きに、データベースのクレデンシャルが要求されず、そのユーザーへの表示が許可されている
データのみが表示される必要があります。
- 358 -
埋 め込 み SQL クレデンシャルの偽 装
ビューをパブリッシュするユーザーにSQL Server アカウントのクレデンシャルをビューに埋め込ませる
ことによって、偽装を行うこともできます。Tableau Server はどのような種類のアカウントでも実行
できますが、パブリッシャーが指定したこのようなクレデンシャルを使用してデータベースに接続しま
す。
偽装を処理するアカウントをAD アカウントにできない場合や、ワークブックのパブリッシャーにSQL
Server の潜在的に高いパーミッションレベルを持つアカウントを与えてもかまわない場合には、こ
の方法が適しています。
注:
この方法を使用するには、Tableau Server で[埋め込みクレデンシャル] が有効である必要があり
ます。
ワークブックのパブリッシャーのSQL アカウントで偽装を行うには
1. Tableau Desktop でワークブックを作成します。データ接続を作成するときは、[特定のユー
ザー名とパスワードを使用する] を選択して、ワークブックからSQL Server データベースへの
ライブ接続を行います。
2. ワークブックをTableau Server にパブリッシュします ([サーバー] > [ワークブックのパブリッ
シュ])。
3. [パブリッシュ] ダイアログボックスで[認証] をクリックし、[認証] ダイアログボックスでドロップダ
ウンリストから[埋め込みパスワード経由での偽装] を選択します。
- 359 -
4. [OK] をクリックします。
5. Tableau Server にユーザーとしてサインインして、接続をテストします。ビューをクリックしたと
きに、データベースのクレデンシャルが要求されず、そのユーザーへの表示が許可されている
データのみが表示される必要があります。
TCP/IP ポート
次の表は、Tableau Server が既定で使用し、バインドに使用できるようになっている必要がある
ポートを示しています。Windows ファイアウォールが有効な場合、Tableau Server は必要なポー
トを開きます。Windows Firewall が有効になっている場合、Tableau Server は必要なポートを
開きます。自分で開く必要はありません(Windows 7 を実行しているワーカーを持つ分散インス
トールの場合は、Tableau ナレッジベースを参照してください)。
ダイナミックポートリマッピング
ダイナミックポートリマッピングが有効の場合 (既定)、Tableau Server はまず既定のポート(定義
されている場合はユーザー構成ポート) にバインドしようとします。ポートが利用できない場合、
Tableau Server はポート8000 から始めて他のポートへのプロセスのリマッピングを試みます。ゲー
トウェイポートとssl ポートはリマッピングされません。次回に再起動したときには、Tableau Server
は既定のポートまたは構成されたポートを使用する状態に戻ります。
ダイナミックポートリマッピングが無効の場合、Tableau Server はプロセスのリマッピングを試みず、
競合が検出されると、Tableau Server は起動しません。
- 360 -
ダイナミックポートリマッピングを無効にするには、tabadmin set service.port_
remapping.enabled コマンドを使用します。詳細については、tabadmin set オプションペー
ジ406 を参照してください。
インストー
ルの種類
ポート このポートを使用するサーバー プロセス
高
す
可
べ 分 用
て 散 性 パラメーター
80
ゲートウェイ。
X
gateway.public.port,
worker0.gateway.port
443
SSL。Tableau Server がSSL 用に設定されてい
る場合、アプリケーションサーバーは要求をこの
ポートにリダイレクトします。
X
--
3729
Tableau Server のセットアップ
X
--
分散および高可用性環境のTableau ワーカー
3730サーバー(プライマリTableau Server はこれらのポー
3731
トをリッスンしません)。
X
アプリケーションサーバー(ベースポートは 8000)。
8000 以降の連続するポートはプロセス数だけ使
8000 用されます。既定では、Tableau Server は 2 つの X
8059
アプリケーションサーバープロセス(ポート8000 およ
び8001) でインストールされます。
X --
wgserver.port
8060
PostgreSQL データベース
X
pgsql.port
8061
Firebird.
X
firebird.port
8062
高可用性用に設定されている分散環境で検出を
行うプロセス
8080
Solr とTomcat HTTP
X
solr.port,
tomcat.http.port1
8250
バックグラウンドタスク。
X
backgrounder.port
8755
Tableau 管理プロセス。
X
tabadminservice.port
9090
高可用性用に設定されている分散環境で複製を
行うプロセス
VizQL サーバー(ベースポートは 9100)。9100 以
9100 降の連続するポートもプロセス数だけ使用されま
9199
す。既定では、Tableau Server は 2 つのVizQL
X pgsql.initport
X rsync.port
X
1これらのパラメーターは同じ値に設定される必要があります。
- 361 -
vizqlserver.port
インストー
ルの種類
ポート このポートを使用するサーバー プロセス
高
す
可
べ 分 用
て 散 性 パラメーター
サーバープロセス(ポート9100 および9101) でイン
ストールされます。
データサーバー(ベースポートは 9700)。9700 以
降の連続するポートもプロセス数だけ使用されま
9700 す。既定では、Tableau Server は 2 つのデータ
X
9899
サーバープロセス(ポート9700 および9701) でイン
ストールされます。
27000 ワーカーサーバーとプライマリサーバーが分散およ
び高可用性環境でライセンス発行情報を通信す
27009 るために使用します。
分散および高可用性環境でライセンス発行情報
を通信するために、ワーカーとプライマリサーバーに
1 つの追加ポートが動的に選択されます。代わり
に、固定ポートを指定できます (27010 が推奨され
ています)。詳細については、「Tableau ナレッジ
ベース」を参照してください。プライマリサーバーが
DMZ 内にある場合のインストールは、これらの指
示を使用する必要があります。
dataserver.port
X
X --
X
X --
データエンジンTableau Server は 1 つのデータエン
ジンプロセスでインストールされます。クラスタ内の
27042
X
最大 2 つのノード上で、ノードごとに最大 2 つの
データエンジンプロセスがある可能性があります。
27043
高可用性用に設定されている分散環境でのデー
タエンジンの初期化。
dataengine.port
X
既 定 のポートの編 集
Tableau Server プロセスが使用する既定ポートの設定をコマンドライン管理ツールのtabadmin
ページ386 を使って変更できます。たとえば、アプリケーションサーバープロセスの既定ポート
(wgserver) は 8000 ですが、tabadmin workerX.wgserver.port のパラメータを使って別
のポートに変更できます。次の手順に従ってTableau Server のポート設定を変更します。サー
バーのJMX ポートを有効にする場合は、JMX ポートの有効化 ページ364を参照します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd “C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin”
- 362 -
2. 次のように入力してポートの値を変更します。
tabadmin set <workerX>.<parameter> <new port value>
上のコマンドでは、<workerX> が変更するポートのあるマシンを示し、<parameter> が
下の表にある値の1 つ(wgserver.port などのサーバープロセスのポート)、<new
port value> がそのサーバープロセスに割り当てる新しいポート番号です。Tableau
Server が1 つのマシンで実行されている場合、<workerX> は worker0 です。クラスタを
実行している場合は、worker0 がプライマリ、worker1 が1 番目のワーカーサーバー、
worker2 が2 番目というようになります。この場合、プライマリのコマンドプロンプトからクラ
スタ内の個々のマシンに対して別々にコマンドを実行する必要があります。
次の例では、プライマリまたはスタンドアロンサーバーでアプリケーションサーバープロセス
(wgserver) 用のポートが8020 に設定されます。
tabadmin set worker0.wgserver.port 8020
次の例では、3 マシンクラスタ(プライマリが1 つとワーカーが2 つ) のVizQL サーバープロセ
ス用のポートが9200 に設定されます。
tabadmin set worker0.vizqlserver.port 9200
tabadmin set worker1.vizqlserver.port 9200
tabadmin set worker2.vizqlserver.port 9200
次のパラメーターを使用して対応するポートを変更できます。tabadmin のパラメーターの詳
しいリストについては、TCP/IP ポートページ360を参照してください。
変更するポート パラメーター
80
gateway.public.port, worker0.gateway.port
8000
wgserver.port
8060
pgsql.port
8080
solr.port, tomcat.http.port1
9100
vizqlserver.port
9700
dataserver.port
3. 必要なポート構成の変更を行った後、次のように入力してTableau Server を再起動しま
す。
tabadmin restart
1これらのパラメーターは同じ値に設定される必要があります。
- 363 -
再起動している途中のサーバーは、どのユーザーも使用できません。この操作を行う前
に、必ずユーザーに予告してください。あるいは、業務時間外にメンテナンスを計画してくだ
さい。
JMX ポートの有 効 化
Tableau Server の操作での問題の解決に役立てるために、Tableau サポートによってサーバーの
JMX ポートの有効化を要求されることがあります。これらのポートは、通常 JConsole のようなツー
ルで監視とトラブルシューティングを行う場合に便利です。
Tableau Server でJMX ポートを有効にするには
1. サーバーを停止します。
2. 次のコマンドを入力します。
tabadmin set service.jmx_enabled true
3. 構成コマンドを入力します。
tabadmin configure
4. サーバーを起動します。
JMX ポートのリスト
既定で無効になっているすべてのJMX ポートのリストは次のとおりです。これらのポートが有効に
なっている場合は、単一サーバー、分散、および高可用性のすべてのインストールの種類にこれ
らのポートが使用されます。
ポート
このポートを使用するサーバー プロセス
パラメーター
8300 8359
アプリケーションサーバーJMX。アプリケーションサーバーの
ポート番号 + 300 で算出されます。
--
8550
バックグラウンドモニターJMX。8250 + 300 のバックグラウン
-ドポートによって算出されます。
9095
サービスモニターJMX。
svcmonitor.jmx.port
9400 9499
VizQL サーバーJMX。VizQL サーバーのポート番号 + 300
で算出されます。
--
10000 10299
データサーバーJMX。データサーバーのポート番号 + 300
で算出されます。
--
JMX ポートの決定のしくみ
JMX ポート番号は、アプリケーションサーバー(8300 - 8359)、バックグラウンダー(8550)、VizQL
サーバー(9400 - 9599)、データサーバー(10000 - 10299) に「ベースポート番号 + 300」という式
を使って割り当てられます (既定のベースポートのリストについては、TCP/IP ポートページ360を
- 364 -
参照)。さらに、同一プロセスのインスタンスが複数ある場合、個々のインスタンスにJMX ポートが
必要です。たとえば、アプリケーションサーバープロセスのインスタンスを4 つ実行できるように
Tableau Server を設定した場合、使用されるポート番号は 8000 (既定のベースポート)、8001、
8002、8003 になります。そのときは、アプリケーションサーバーのJMX ポート8300 (ベースポート+
300)、8301、8302、8303 が、それぞれ対応するプロセスインスタンスにバインドされます。
Tableau Server によって直接使用されるポートではありませんが、JMX ポートの1 つが他のアプリ
ケーションによって使用されていると、Tableau Server のプロセスは実行されません。さらに、JMX
ポートは tabadmin を使って直接編集することができません。JMX ポートの変更は、そのベース
ポートを変更することによって行います。つまり、データサーバーのJMX プロセスがポート10000 を
使用できない場合、tabadmin を使って(既定のポートの編集 ページ362を参照) そのデータサー
バーのベースポートを9700 から9800 へ変更すると、そのデータサーバーのJMX ポートが11000
に変更されます。
セキュリティリスクを低減するために、JMX ポートへの外部からのトラフィックがブロックされるように
ファイアウォールを構成するようお勧めします。
ポートの既 定 値 の復 元
次の手順に従ってポートの既定値を復元できます。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd “C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin”
2. 次のように入力してポートの既定値を復元します。
tabadmin set <workerX>.<parameter> --default
Tableau Server が1 つのマシンで実行されている場合、<workerX> は worker0 です。
クラスタを実行している場合は、worker0 がプライマリ、worker1 が1 番目のワーカー
サーバー、worker2 が2 番目というようになります。
たとえば、
tabadmin set worker0.wgserver.port --default
3. 次のように入力して、Tableau Server を再起動します。
tabadmin restart
tabcmd
tabcmd ユーティリティは、Tableau Server と共にインストールされる2 つのコマンドラインツールの
1 つです (もう一方は tabadmin ページ386)。tabcmdによって提供されるコマンドは、数回に分
けてのワークブックのパブリッシュや、ユーザーとグループの管理など、一般的なタスクを自動化する
のに役立ちます。tabcmd ユーティリティは Tableau Server のbin フォルダーにインストールされます
が(C:\Program Files\Tableau Server\8.3\bin)、別のマシンでも同様にtabcmd をインストールし
て実行できます。詳細については、次のトピックを参照してください。
- 365 -
tabcmd のインストール
既定では、tabcmd コマンドラインユーティリティは Tableau Server と共にサーバーのbin フォル
ダーにインストールされます (たとえば、C:\Program Files (x86)\Tableau\Tableau
Server8.3\\bin)。そこから実行することができます。柔軟な管理のために、別のマシンにイン
ストールすることもできます。
Tableau Server を実行していないコンピューター上にtabcmd コマンドラインユーティリティをインス
トールし、Tableau Server を新しいメジャーバージョンにアップグレードしている場合 (バージョン
8.2 からバージョン8.3 など)、Tableau ではバージョン間の潜在的な不適合を避けるために
tabcmd のスタンドアロンインストールのアップグレードも実行するように推奨しています。
tabcmd を別のマシンにインストールするには、次のとおりに実行します。
1. Tableau Server のextras フォルダーに移動します。
C:\Program Files\Tableau\Tableau
Server\8.3\extras\TabcmdInstaller.exe
2. TabcmdInstaller.exe を、インストール先のコンピューターにコピーします。
3. TabcmdInstaller.exe をダブルクリックして実行します。
4. プロンプトに従ってtabcmd をインストールします。
tabcmd はコマンドツールであり、Windows オペレーティングシステムでの制限も一部あるた
め、Tableau では C:\ drive (C:\tabcmd) のルートにあるtabcmd という名称のフォルダーに
tabcmd をインストールするようお勧めします。
tabcmd 設定プログラムを実行しても、tabcmd は Windows PATH 変数に自動的に追加
されません。完全パスを使用してtabcmd を明示的に呼び出すか、ディレクトリをPATH 変
数に追加する必要があります。
tabcmd の使 用 方 法
tabcmd を使用するための最初のステップは、管理者としてコマンドプロンプトを開くことです。次
に、Tableau Server のbin フォルダーに移動するか(たとえば、C:\Program
Files\Tableau\TableauServer\8.3\bin)、コマンドにこの場所を含めます。
tabcmd を使用してTableau Server 上のタスクを実行するには、認証されたサーバーセッションを
確立する必要があります。このセッションは、Tableau Server、Tableau Server セッションを実行し
ているユーザーを識別します。最初にセッションを開始してコマンドを指定するか、セッションの開
始とコマンドの実行を一度に行うことができます。tabcmd を使用して1 つを超えるタスクを実行し
ている場合、同時にではなく、順番に(連続して) 実行する必要があります。
次のコマンドは、Tableau Server でのtabserver.myco.com という名前のセッションの開始を示し
ます。
- 366 -
tabcmd login -s http://tabserver.myco.com -u admin -p [email protected]!
tabcmd コマンドを使用する場合、コマンド(login など) およびオプション(-s、-u など) は
大文字と小文字を区別 しませんが、ユーザーが指定する値 ([email protected][email protected] など) は大文字と小文字を区別 します。
tabcmd と同じディレクトリにあるSales_Workbook というコマンドはワークブックを削除します。
tabcmd delete "Sales_Workbook"
次に、1 つのコマンドで上記の手順すべてを達成する方法を示します。ここでlogin は必要あり
ません。
tabcmd delete "Sales_Workbook" -s http://tabserver.myco.com -u
admin -p [email protected]!
Tableau Server では複数のサイトを実行できます。ワークブックがマルチサイトサーバーの"既定"
サイトにある場合、既定を指定する必要はありません。上記のコマンドで十分です。ただし、コマ
ンドが既定以外のサイトのものに適用されている場合、そのサイト用にサイトID を指定する必要
があります (login ページ380を参照)。West Coast Sales サイト上にあるワークブックの場合の同
じコマンドは次の通りです (サイトID は wsales)。
tabcmd delete "Sales_Workbook" -s http://tabserver.myco.com -t
wsales -u admin -p [email protected]!
オプションの-s、-t、-u、-p などは、tabcmd 間のグローバル変数です。つまり、任意のコマンド
と共に使用できます。
コマンドが成功すると、tabcmd はステータスコード0 を返します。0 以外のステータスコードの詳し
いエラーメッセージは stderr に出力されます。また、情報提供や進捗状況のメッセージもstdout
に出力されます。デバッグ、進捗状況、エラーメッセージを含むtabcmd.log という名前の詳細ログ
が次の場所に書き込まれます。
l
l
Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、Windows Vista、Windows 7、
Windows 8: C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Tableau
Windows Server 2003: C:\Documents and Settings\<username>\Application
Data\Tableau
tabcmd グローバル オプション
次の表は、すべてのコマンドで使用されるオプションを示しています。セッションを開始するには、-server、--user、および--password オプションを少なくとも1 回使用する必要がありま
す。認証トークンは保管されているため、後続のコマンドを実行するときに、これらのオプションを
含める必要はありません。このトークンは、それを使用した最後のコマンドの実行後、5 分間だけ
有効です。
- 367 -
オプ
ション
(ショー
ト)
-h
-s
オプション(ロ 引数
ング)
説明
--help
--server
コマンドのヘルプを表示します。
セッションを開始するために少なくとも1 回指
定する必要があります。
-u
--user
-p
-password
-t
-x
Tableau
Server
URL
Tableau
Serverユー
ザー名
Tableau
Serverパス
ワード
filename.txt
セッションを開始するために少なくとも1 回指
定する必要があります。
セッションを開始するために少なくとも1 回指
定する必要があります。代わりに-P オプショ
ンを使用することもできます。
-パスワードを、コマンドラインではなく指定され
passwordたファイルに保管し、セキュリティを向上させる
file
ことができます。
--site
Tableau
コマンドを、サイトID によって指定されたサイ
Server サイ トに適用することを示しています。サイトを指
トID
定していない場合、既定のサイトが使用され
ます。複数のサイトのあるサーバーにのみ適
用します。
--proxy
Host:Port 指定されたHTTP プロキシを使用します。
--no指定した場合、このコマンドではパスワードが
prompt
要求されません。有効なパスワードを指定し
ないと、コマンドが失敗します。
--no指定した場合、HTTP プロキシは使用されま
proxy
せん。
--no指定した場合、tabcmd (クライアント) はサー
certcheck
バーのSSL 証明書を検証しません。
--[no-]
指定した場合、セッションID はログイン時に
cookie
保存されるため、その後にコマンドを実行する
ときにログインの必要はなくなります。セッショ
ンID を保存しない場合は、プレフィックスnoを使用してください。既定ではセッションは保
存されます。
--timeout 秒
サーバーがコマンドの処理を完了するまで、
指定された時間 (秒単位) 待機します。既定
では、プロセスは 30 秒でタイムアウトになりま
す。
- 368 -
tabcmd コマンド
tabcmd コマンドラインツールで使用できるコマンドは、次のとおりです。
addusers group-name
export
creategroup group-name
get url
createproject project-name
listsites
createsite site-name
login
createsiteusers filename.csv
logout
createusers filename.csv
publish
filename.twb
(x)、
filename.tds
(x)、または
filename.tde
delete workbook-name または delete
datasource-name
refreshextracts
workbookname または
refreshextracts
datasourcename
deletegroup group-name
removeusers
group-name
deleteproject project-name
runschedule
schedulename
deletesite site-name
set setting
deleteusers filename.csv
syncgroup
group-name
editsite site-name
version
addusers group-name
--users 引数のリストに含まれているユーザーを、指定したgroup-name のグループに追加しま
す。
例
tabcmd addusers "Development" --users "users.csv"
- 369 -
オプ オプション(ロング)
ション
(ショー
ト)
--users
引数
説明
filename.csv 指定されたファイル内のユーザーを指
定されたグループに追加します。ファ
イルは、1 行にユーザー名が1 つの簡
単なリストでなければなりません。
ユーザーは、既にTableau Server で
作成されている必要があります。
CSV ファイルからのユーザーのイン
ポートページ171 も参照してくださ
い。
--[no-]complete
このオプションをcomplete に設定し
た場合、変更を正常に行うには、す
べての行が有効でなければなりませ
ん。指定しない場合、--complete
が使用されます。
creategroup group-name
指定されたグループ名を使用してグループを作成します。グループ作成後にユーザーを追加する
には、addusers (ローカルグループの場合) およびsyncgroup (Active Directory グループの場
合) コマンドを使用します。グ
例
tabcmd creategroup "Development"
createproject project-name
指定されたプロジェクト名を使用してプロジェクトを作成します。
例
tabcmd createproject -n "Quarterly_Reports" -d "Workbooks showing
quarterly sales reports."
オプション
(ショート)
-n
オプション(ロン
グ)
--name
引
数
名
前
-d
-説
description 明
createsite site-name
説明
作成するプロジェクトの名前を指定し
ます。
プロジェクトの説明を指定します。
指定されたサイト名を使用してサイトを作成します。
例
- 370 -
West Coast Sales という名前のサイトを作成します。WestCoastSales のサイトID は自動的
に作成され、サイトには保存容量の制限がなく、サイト管理者はユーザーの追加や削除を行うこ
とができます。
tabcmd createsite "West Coast Sales"
wsales のサイトID を持つWest Coast Sales という名前のサイトを作成します。
tabcmd createsite "West Coast Sales" -r "wcoast"
サイト管理者がユーザーをサイトに追加できないようにします。
tabcmd createsite "West Coast Sales" --no-site-mode
保存容量をMB 単位で設定します。
tabcmd createsite "West Coast Sales" --storage-quota 100
オプ オプション(ロ 引数
ション ング)
(ショー
ト)
-r
--url
サイトID
--userquota
--[no-]
sitemode
-storagequota
ユーザー数
説明
サイトを指定するためにURL で使用されます。サイトの
名前とは異なります。
サイトに追加できる最大ユーザー数。
サイトに対してユーザーの追加または削除を行う権限を
サイト管理者に許可/拒否します。
MB 数
MBで、サイト上に格納できるワークブック、抽出、および
データソースの量。
createsiteusers filename.csv
サイト管理者はこのコマンドを使用して、ユーザーをサイトに追加できます。指定したコンマ区切り
の値 (CSV) ファイルを使用して、現在のサイトでユーザーを作成します。このファイルには、次の
列を含めることができます (表示される順に示しています)。
1. Username
2. Password
3. Full Name
4. License Level (interactor/viewer/unlicensed)
5. Administrator (site/none)
- 371 -
6. Publisher (yes/true/1 または no/false/0)
7. Email Address
ファイル内の列はこれより少なくてもかまいません。たとえば、1 行に1 つのユーザー名を指定した
単純なリストにすることができます。サーバーがActive Directory 認証を使用していると、
Password 列は無視されます。値にコンマが含まれている場合は、引用符を使用できます。詳
細については、CSV ファイルからのユーザーのインポートページ171 を参照してください。
例
tabcmd createsiteusers "users.csv" --license "Interactor" -publisher
オプ オプション(ロ 引数
ション ング)
(ショー
ト)
--nowait
--silentprogress
--license Interactor
、Viewer、ま
たは
Unlicensed
--admin- Site または
type
None
--[no-]
publisher
--[no-]
complete
説明
非同期ジョブの完了まで待ちません。
非同期ジョブの進捗状況メッセージを表示
しません。
すべてのユーザーの既定のライセンスレベ
ルを設定します。この設定は、CSV ファイ
ルの値によってオーバーライドされる場合が
あります。
CSV ファイル内のすべてのユーザーにサイト
管理者権限を割り当てたり削除したりしま
す。この設定は、CSV ファイルの値によって
オーバーライドされる場合があります。既定
値は、新しいユーザーの場合は None で、
既存のユーザーの場合は変更されませ
ん。createsiteusers を使用してシス
テム管理者の作成や降格はできません
(代わりにcreateusers を使用してくだ
さい)。
既定でCSV ファイル内のすべてのユーザー
にパブリッシュ権限を割り当てたり削除した
りします。この設定は、CSV ファイルの値に
よってオーバーライドされる場合がありま
す。既定値は、新しいユーザーの場合は
no で、既存のユーザーの場合は変更され
ません。
変更を正常に行うには、すべての行が有
効でなければならないことを要求します (ま
たは要求しません)。既定では、-complete オプションが使用されます。
- 372 -
createusers filename.csv
指定したコンマ区切り値 (CSV) ファイルに含まれているユーザーを作成します。このコマンドを使
用できるのは、システム管理者だけです。このファイルには、次の列を含めることができます (表示
される順に示しています)。
1. Username
2. Password
3. Full Name
4. License Level (interactor/viewer/unlicensed)
5. Administrator (system/site/none)
6. Publisher (yes/true/1 または no/false/0)
7. Email Address
ファイル内の列はこれより少なくてもかまいません。たとえば、1 行に1 つのユーザー名を指定した
単純なリストにすることができます。サーバーでActive Directory 認証を使用している場合、
Password 列は空白にしてください。値にコンマが含まれている場合は、引用符を使用できま
す。詳細については、CSV ファイルからのユーザーのインポートページ171 を参照してください。
例
tabcmd createusers "users.csv" --license "Interactor" --publisher
オプ オプション(ロ 引数
ション ング)
(ショー
ト)
--nowait
--silentprogress
--license Interactor
、Viewer、ま
たは
Unlicensed
--admin- System、
type
Site、または
None
--[no-]
publisher
説明
非同期ジョブの完了まで待ちません。
非同期ジョブの進捗状況メッセージを表示
しません。
すべてのユーザーの既定のライセンスレベ
ルを設定します。この設定は、CSV ファイ
ルの値によってオーバーライドされる場合が
あります。
既定でCSV ファイル内のすべてのユーザー
に管理者権限を割り当てたり削除したりし
ます。この設定は、CSV ファイルの値によっ
てオーバーライドされる場合があります。既
定値は、新しいユーザーの場合は None
で、既存のユーザーの場合は変更されませ
ん。
既定でCSV ファイル内のすべてのユーザー
にパブリッシュ権限を割り当てます。この設
- 373 -
オプ オプション(ロ 引数
ション ング)
(ショー
ト)
説明
定は、CSV ファイルの値によってオーバーラ
イドされる場合があります。既定値は、新
しいユーザーの場合は no で、既存のユー
ザーの場合は変更されません。
--[no-]
変更を正常に行うには、すべての行が有
complete
効であることが必要です。既定では、-complete オプションが使用されます。
delete workbook-name または delete datasource-name
指定のワークブックまたはデータソースをサーバーから削除します。このコマンドは、パブリッシュ時
のファイル名ではなく、サーバー上に表示されるワークブック名またはデータソース名を取得しま
す。
例
tabcmd delete "Sales_Analysis"
オプショ オプション(ロン 引数 説明
ン
グ)
(ショー
ト)
-r
--project プロ 削除するワークブックまたはデータソースを含む
ジェ プロジェクトの名前。未指定の場合は "既定" プ
クト ロジェクトが使用されます。
名
--workbook ワー 削除するワークブックの名前。
クブッ
ク名
-デー 削除するデータソースの名前。
datasource タ
ソー
ス名
deletegroup group-name
指定したgroup-name のグループをサーバーから削除します。
例
tabcmd deletegroup "Development"
- 374 -
deleteproject project-name
指定したproject-name のプロジェクトをサーバーから削除します。
例
tabcmd deleteproject "Designs"
deletesite site-name
指定したサイト名のサイトをサーバーから削除します。
例
tabcmd deletesite "Development"
deleteusers filename.csv
指定したコンマ区切り(CSV) ファイルに含まれているユーザーを削除します。ファイルは 1 行に1
つのユーザー名を指定した簡単なリストです。
例
tabcmd deleteusers "users.csv"
オプ オプション 引 説明
ション (ロング)
数
(ショー
ト)
--[no-]
このオプションを--complete に設定した場合、変更
complete
を正常に行うには、すべての行が有効でなければなり
ません。指定しない場合、--complete が使用され
ます。
editsite site-name
サイトまたはそのWeb フォルダー名を変更できます。このコマンドを使用して、サイト管理者が
ユーザーを追加/削除する権限を許可または拒否することもできます。サイト管理者にユーザー
管理権限がある場合は、サイトに追加できるユーザー数を指定できます。
例
tabcmd editsite wc_sales --site-name "West Coast Sales"
tabcmd editsite wc_sales --site-id "wsales"
tabcmd editsite wsales --status ACTIVE
tabcmd editsite wsales --user-quota 50
オプション(ロ 引数
説明
ング)
--site変更後のサイト名 表示されたサイトの名前。
name
- 375 -
オプション(ロ 引数
ング)
--site-id サイトの変更先の
サイトID
--userユーザー数
quota
--[no-]
site-mode
--status
ACTIVE または
SUSPENDED
-MB 数
storagequota
export
説明
サイトを一意に識別するためにURL で使用
されます。
サイトのメンバーになれる最大ユーザー数。
サイトへのユーザーの追加をサイト管理者に
許可/拒否します。
サイトのアクティブ化または一時停止。
MBで、サイト上に格納できるワークブック、抽
出、およびデータソースの量。
Tableau Server からビューまたはワークブックをエクスポートして、ファイルに保存します。このコマン
ドを使用するときには、以下に注意してください。
l
l
パーミッション: エクスポートするには、[イメージのエクスポート] パーミッションが必要です。既
定では、このパーミッションはすべての役割で許可されているか継承されますが、ワークブッ
クまたはビューごとにパーミッションを設定することもできます。
エクスポートするビュー、ワークブック、データなど: これは「フレンドリー名」を使用せず、また
URL 末尾にあるハッシュタグ(#) および数字を除外し、ワークブックまたはビューのURL に
表示される"workbook/view" 文字列を使用して指定します。たとえば、Tableau サン
プルビューInvestment Growth をFinance ワークブックからエクスポートするには、文字列
Finance/Investment Growth や Finance/InvestmentGrowth#1 ではなく、
Finance/InvestmentGrowth を使用します。サーバーが複数のサイトを実行し、
ビューまたはワークブックが"既定" 以外のサイトにある場合、-t <site_id> を使用しま
す。
ワークブックをエクスポートするには、使用する文字列に有効なビューも含めます。上の例
を使用して、Finance ワークブックをエクスポートするには、文字列
Finance/InvestmentGrowth を使用します。最後に、ワークブックをエクスポートする
には、[Tableau Desktop パブリッシュ] ダイアログボックスで[シートをタブとして表示] を選択
して、それをパブリッシュしておく必要があります。
l
l
l
ファイルの保存形式: 形式オプションは、エクスポートするファイルによって異なります。ワーク
ブックは --fullpdf 引数を使用してPDF としてエクスポートします。ビューは PDF (-pdf) または PNG (--png) としてエクスポートするか、ビューのデータをCSV ファイル(-csv) としてエクスポートできます。
保存するファイルの名前と場所 (省略可): 名前を指定しなければ、ビューまたはワークブッ
クの名前から生成されます。場所を指定しなければ、ファイルは現在の作業ディレクトリに
保存されます。それ以外の場合は、完全パスまたは現在の作業ディレクトリに関連する名
前を指定できます。
PDF エクスポートに含まれていないダッシュボードWeb ページ オブジェクト: ダッシュボード
- 376 -
はオプションでWeb ページオブジェクトを含めることができます。Web ページオブジェクトが
含まれるダッシュボードの、PDF へのエクスポートを実行する場合、Web ページオブジェクト
は PDF に含まれません。
リアルタイム データを使用するためのキャッシュのクリア
キャッシュからデータを取得する代わりに新しいデータクエリを強制的に実行するために、オプショ
ンでURL パラメーターの?:refresh=yes を追加できます。自身のスクリプトと共にtabcmd を
使用している場合、またrefresh URL パラメーターが大量使用されている場合、パフォーマン
スに悪影響を与える可能性があります。リアルタイムデータが必要な場合は refresh のみを使
用することをお勧めします (ワークブック全体の代わりに1 つのダッシュボードなど)。
例
ビュー
tabcmd export "Q1Sales/Sales_Report" --csv -f "Weekly-Report"
tabcmd export -t Sales "Sales/Sales_Analysis" --pdf -f
"C:\Tableau_Workbooks\Weekly-Reports"
tabcmd export "Finance/InvestmentGrowth" --png
tabcmd export "Finance/InvestmentGrowth?:refresh=yes" --png
ワークブック
tabcmd export "Q1Sales/Sales_Report" --fullpdf
tabcmd export -t Sales "Sales/Sales_Analysis" --fullpdf -pagesize tabloid -f "C:\Tableau_Workbooks\Weekly-Reports"
オプ オプション(ロン 引数
ション グ)
(ショー
ト)
-f
--filename 保存されているファイルに使
用する名前と拡張子
--csv
--pdf
--png
--fullpdf
- 377 -
説明
指定したファイル名でファ
イルが保存されます。
ビューのみ。ビューのデー
タをCSV 形式でエクス
ポートします。
ビューのみ。PDF としてエ
クスポートします。
ビューのみ。イメージとし
てPNG 形式でエクス
ポートします。
ワークブックのみ。PDF と
してエクスポートします。
オプ オプション(ロン 引数
ション グ)
(ショー
ト)
説明
-landscape, portrait
pagelayout
--pagesize unspecified,
letter, legal, note
folio, tabloid,
ledger, statement,
executive, a3, a4,
a5, b4, b5, quatro
--width
ピクセル数
--height
ピクセル数
ワークブックは [シートをタ
ブとして表示] を有効に
してパブリッシュする必要
があります。
エクスポートするPDF の
ページの向きを設定しま
す。指定しなければ、
Tableau Desktop の設
定が使用されます。
エクスポートするPDF の
ページサイズを設定しま
す。既定値は letter
です。
幅を設定します。既定
値は 800 px です。
高さを設定します。既定
値は 600 px です。
get url
パラメーターの1 つにURL 文字列を使用すると、Tableau ServerのHTTP GET 要求が作成さ
れます。結果はファイルとして返されます。このコマンドを使用するときには、以下に注意してくださ
い。
l
l
パーミッション: ファイルを取得するには、[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッ
ションが必要です。既定では、このパーミッションはすべての役割で許可されているか継承
されますが、ワークブックまたはビューごとにパーミッションを設定することもできます。
ファイル拡張子: URL には、"/views/Finance/InvestmentGrowth.pdf"のよう
なファイル拡張子が含まれている必要があります。拡張子 (.pdf) によって、返される結果が
異なります。ビューは PDF、PNG、CSV (データのみ)、または XML (情報のみ) 形式で返
されます。Tableau ワークブックは、パブリッシュされたデータソースに接続するかライブ接続
を使用する場合、TWB として返されます。データ抽出に接続する場合は TWBX として返
されます。
拡張子を正しく判断するには、Tableau ServerでWeb ブラウザーを使用して目的の項目
まで移動し、URL の末尾にファイル拡張子を追加します。
GET 要求のURL を入力する場合は、ファイル名の末尾に表示されるハッシュタグ(#) と
数字を除外します。たとえば、"/views/Finance/InvestmentGrowth.pdf" では
なく、"/views/Finance/InvestmentGrowth#3.pdf".
l
保存するファイルの名前と場所 (省略可): --filename に使用する名前に、ファイル拡
- 378 -
張子を含める必要があります。名前とファイル拡張子を指定しなければ、両方ともURL の
文字列から生成されます。場所を指定しなければ、ファイルは現在の作業ディレクトリに保
存されます。それ以外の場合は、完全パスまたは現在の作業ディレクトリに関連する名前
を指定できます。
l
PNG サイズ(オプション): 保存されているファイルがPNG の場合、ピクセル単位でURL の
サイズを指定できます。
リアルタイム データを使用するためのキャッシュのクリア
キャッシュからデータを取得する代わりに新しいデータクエリを強制的に実行するために、オプショ
ンでURL パラメーターの?:refresh=yes を追加できます。自身のスクリプトと共にtabcmd を
使用している場合、またrefresh パラメーターが大量使用されている場合、パフォーマンスに悪
影響を与える可能性があります。リアルタイムデータが必要な場合は refresh のみを使用する
ことをお勧めします (ワークブック全体の代わりに1 つのダッシュボードなど)。
例
ビュー
tabcmd get "/views/Sales_Analysis/Sales_Report.png" --filename
"Weekly-Report.png"
tabcmd get "/views/Finance/InvestmentGrowth.pdf" -f
"Q1Growth.pdf"
tabcmd get "/views/Finance/InvestmentGrowth.csv"
tabcmd get "/views/Finance/InvestmentGrowth.png?:size=640,480" -f
growth.png
tabcmd get "/views/Finance/InvestmentGrowth.png?:refresh=yes" -f
growth.png
ワークブック
tabcmd get "/workbooks/Sales_Analysis.twb" -f "C:\Tableau_
Workbooks\Weekly-Reports.twb"
tabcmd get "/workbooks/Sales.xml"
その他
tabcmd get "/users.xml" --filename "UserList.xml"
オプション
(ショート)
-f
オプション
引数
(ロング)
-ファイルを保存
filename する名前
説明
指定したファイル名でファイルが
保存されます。
listsites
ログインしたユーザーが属しているサイトのリストを返します。
- 379 -
例
tabcmd listsites -u corman -pw [email protected]!
login
Tableau Server ユーザーをログインします。セッションを作成するために、--server、--site、
--username、--passwordグローバルオプションが使用されます。セッションの作成で既に使
用した情報を使用してログインする場合は、--passwordオプションだけを指定してください。
cookie に保管されているサーバーとユーザー名が使用されます。
サーバーが80 (既定) 以外のポートを使用している場合は、ポートを指定する必要があります。
サーバーで複数のサイトを実行し、既定以外のサイトにログインしている場合にのみ、--site(t) オプションが必要になります。パスワードを指定しない場合、パスワードを要求するプロンプトが
表示されます。--no-prompt オプションを指定し、パスワードを指定しない場合、このコマンド
は失敗します。
ログインした後、セッションはサーバーで有効期限が切れるか、logout コマンドが実行されるまで
継続されます。
例
ローカルマシンで稼働しているTableau Server にログインさせます。
tabcmd login -s http://localhost -u jsmith -p [email protected]!
sales-server のSales (セールス) サイトにログインさせます。
tabcmd login -s http://sales-server -t Sales -u administrator -p
[email protected]!
tabcmd login -s http://sales-server:8000 -t Sales -u
administrator -p [email protected]!
SSL を使用して、sales-server のSales (セールス) サイトにログインさせます。
tabcmd login -s https://sales-server -t Sales -u administrator -p
[email protected]!
localhost の順行プロキシとポートを確立します。
tabcmd login --proxy myfwdproxyserver:8888 -s http://localhost -u
jsmith -p [email protected]!
SSL を使用して、逆行プロキシにログインさせます。
tabcmd login -s https://myreverseproxy -u jsmith -p [email protected]!
- 380 -
オプ
オプション(ロ 引数
ション ング)
(ショー
ト)
-s
--server サーバーURL
-t
-u
-p
-x
--site
siteID
説明
建物内のTableau Server コンピューターからコマ
ンドを実行している場合、http://localhost を使用
できます。そうでない場合は、
http://bigbox.myco.com または
http://bigbox のようにコンピューターのURL
を指定します。
Tableau Online の場合、
https://online.tableausoftware.com
を指定します。
サーバーが複数のサイトを持っており、既定以外
のサイトにログインしている場合、このオプションを
含めます。
このサイトID はサイトを一意に識別するために
URL で使用されます。たとえば、West Coast
Sales という名前のサイトには、west-coast-sales
というサイトID が設定されている可能性がありま
す。
-username
ユーザーがログインするユーザー名。Tableau
username
Online の場合、ユーザー名はユーザーの電子メー
ルアドレスです。
-password
--username 用に指定されたユーザーのパス
password
ワード。パスワードを指定しない場合、パスワード
を要求するプロンプトが表示されます。
-filename.txt パスワードを、コマンドラインではなく指定された
passwordファイルに保管し、セキュリティを向上させることが
file
できます。
--proxy
Host:Port
tabcmd 要求にHTTP proxy server とポートを指
定するために使用します。
--noパスワードを要求しないでください。パスワードを指
prompt
定しないと、login コマンドが失敗します。
--noHTTP proxy server を使用しないでください。
proxy
--[no-]
ログオン時のセッションID を保存します。後続コマ
cookie
ンドには、ログインは必要ありません。Cookies は
既定で有効になっています (--cookie)。
--timeout 秒数
login コマンドの処理まで、サーバーが待機する
SECONDS
秒数です。既定: 30 秒です。
- 381 -
logout
サーバーからログアウトします。
例
tabcmd logout
publish filename.twb(x)、filename.tds(x)、または filename.tde
指定したワークブック(.twb(x))、データソース(.tds(x))、またはデータ抽出 (.tde) をTableau
Server にパブリッシュします。既定では、ワークブック内のすべてのシートは、データベースのユー
ザー名またはパスワードなしでパブリッシュされます。
ワークブックにユーザーフィルターが含まれている場合、いずれかのサムネイルオプションを指定する
必要があります。
例
tabcmd publish "analysis.twbx" -n "Sales_Analysis" --db-username
"jsmith" --db-password "[email protected]"
ファイルがtabcmd と同じディレクトリにない場合、ファイルへの完全パスを含めます。
例
tabcmd publish "C:\Tableau Workbooks\analysis.twbx" -n "Sales_
Analysis" --db-username "jsmith" --db-password "[email protected]"
オプショ オプション(ロン
ン
グ)
(ショー
ト)
-n
--name
-o
-r
引数
説明
サー
省略した場合は、ワークブック、データ
バー上 ソース、またはデータ抽出がファイル名
のワー の後で指定されます。
クブック
または
データ
ソース
の名
前
--overwrite
既にサーバー上に存在するワークブッ
ク、データソース、またはデータ抽出を
上書きします。
--project
プロ
指定されたプロジェクトにワークブック、
ジェク データソース、データ抽出をパブリッシュ
ト名
します。未指定の場合は "既定" プロ
ジェクトにパブリッシュされます。
--dbワークブック、データソース、またはデー
username
- 382 -
オプショ オプション(ロン
ン
グ)
(ショー
ト)
--dbpassword
--save-dbpassword
-thumbnailusername
-thumbnailgroup
--tabbed
--append
--replace
--disableuploader
--disabletdecompression
--restart
引数
説明
タ抽出と共にデータベースユーザー名を
パブリッシュするにはこのオプションを使
用します。
ワークブック、データソース、またはデー
タ抽出と共にデータベースパスワードを
パブリッシュするにはこのオプションを使
用します。
指定されたデータベースパスワードを
サーバーに保存します。
ワークブックにユーザーフィルターが含ま
れている場合、指定されたユーザーが
表示できる内容に基づいてサムネイル
が生成されます。--thumbnailgroup オプションが設定されている場
合は、指定できません。
ワークブックにユーザーフィルターが含ま
れている場合、指定されたグループが
表示できる内容に基づいてサムネイル
が生成されます。--thumbnailusername オプションが設定されてい
る場合は、指定できません。
タブ付きのビューと共にワークブックがパ
ブリッシュされた場合、各シートはタブに
なります。ビューアーはこのタブを使用し
て、ワークブック内のシートを切り替える
ことができます。シートレベルのセキュリ
ティは、この設定によってオーバーライド
されます。
既存のデータソースに抽出ファイルを追
加します。
既存のデータソースを置換するために
抽出ファイルを使用します。
増分ファイルアップローダーを無効にし
ます。
アップロードされる前に抽出ファイルの
圧縮を停止します。
ファイルのアップロードを再開します。
- 383 -
refreshextracts workbook-name または refreshextracts datasource-name
指定されたワークブックまたはデータソースに属する抽出の完全更新または増分更新を実行しま
す。このコマンドは、パブリッシュ時のファイル名ではなく、サーバー上に表示されるワークブック名ま
たはデータソース名を取得します。ワークブックまたはデータソースの管理者や所有者のみがこの
操作を実行できます。
例
tabcmd refreshextracts --datasource sales_ds
tabcmd refreshextracts --workbook "My Workbook"
tabcmd refreshextracts --url SalesAnalysis
オプ オプション(ロン 引
ション グ)
数
(ショー
ト)
-incremental
-synchronous
--workbook ワー
ク
ブッ
クの
名
前
-デー
datasource タ
ソー
スの
名
前
--project
プロ
ジェ
クト
名
--url
説明
増分更新操作を実行します。
フォアグラウンドで完全更新操作を即座に実行
します。
更新する抽出を含むワークブックの名前。ワーク
ブック名にスペースが含まれる場合、名前を引用
符で囲みます。
更新する抽出を含むデータソースの名前。
"既定 " 以外のプロジェクトのワークブックまたは
データソースを指定するには、--workbook ま
たは --datasource と共に使用します。未指
定の場合は "既定" プロジェクトが使用されま
す。
ワー URL に表示されるワークブックの名前。"Sales
ク
Analysis" としてパブリッシュされたワークブックの
ブッ URL 名は "SalesAnalysis" になります。
クの
URL
名
- 384 -
removeusers group-name
指定されたgroup-name を持つグループから、--users 引数でリストされているユーザーを削除
します。
例
tabcmd removeusers "Development" --users "users.csv"
オプ
オプション
ション (ロング)
(ショー
ト)
--users
引数
説明
filename.csv 指定されたグループから指定されたファイル内
のユーザーを削除します。ファイルは、1 行に
ユーザー名が1 つの簡単なリストでなければな
りません。
--[no-]
変更を正常に行うには、すべての行が有効で
complete
あることが必要です。指定しない場合、-complete が使用されます。
runschedule schedule-name
指定されたスケジュールを実行します。このコマンドを実行すると、サーバー上でのスケジュールの
名前が取得されます。
例
tabcmd runschedule "5AM Sales Refresh"
set setting
サーバー上の指定された設定を有効にします。各設定の詳細は、サーバーの[メンテナンス] ペー
ジで参照できます。設定を無効にするには、設定名の前に感嘆符を付けてください。有効にし
たり無効にしたりできる設定は次のとおりです。
l
allow_scheduling
l
embedded_credentials
l
remember_passwords_forever
例
tabcmd set embedded_credentials
syncgroup group-name
指定されたgroup-name を持つグループとActive Directory を同期化します。このコマンドを使用
すると、既存のActive Directory グループに基づいた新しいグループをサーバー上に作成すること
もできます。
例
- 385 -
tabcmd syncgroup "Development"
オプ オプション(ロング)
ション
(ショー
ト)
--license
引数
viewer
interactor
unlicensed
-system
administrator site none
--[no-]
publisher
--[no-]
complete
--silentprogress
説明
グループ内のすべてのユーザーのライセ
ンスレベルを設定します。
グループ内のすべてのユーザーに管理
者権限を割り当てたり削除したりしま
す。管理者のユーザータイプは「シス
テム」、「サイト」、または「なし」です。
既定値は「なし」で(新しいユーザーに
管理者権限は与えられません)、既
存のユーザーは変更されません。
グループ内のすべてのユーザーにパブ
リッシュ権限を割り当てたり削除したり
します。未指定の場合、新しいユー
ザーにこの権限は割り当てられず、既
存のユーザーは変更されません。
変更を正常に行うには、すべての行
が有効であることが必要です。指定し
ない場合、--complete が使用され
ます。
進捗状況メッセージを非表示にしま
す。
version
tabcmd ユーティリティの現在のインストールのバージョン情報を出力します。
例
tabcmd version
tabadmin
tabadmin コマンドラインツールを使用して、特定の管理タスクを実行し、Tableau Server の構
成設定を変更できます。既定では、Tableau Server と共にインストールされます。他のコンピュー
ターにはインストールできません。詳細については、次のトピックを参照してください。
tabadmin の使 用 方 法
tabadmin は、Tableau Server のコマンドラインからの管理者タスクの実行を許可します。既定で
は、Tableau Server と共にインストールされ、他のマシンにはインストールできません。tabadmin を
使用するための最初のステップは、管理者としてコマンドプロンプトを開くことです。
- 386 -
次のように入力して、Tableau Server のbin ディレクトリへ移動します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
tabadmin コマンドを入力する準備ができました。
コマンドラインからTableau Server の構成を変更します。
サーバーの構成を変更するコマンド(tabadmin set コマンドなど) を入力する場合、一連の指
示に従う必要があります。
1. コマンドを実行する前にサーバーを停止します。
2. 適切なコマンドを入力して構成を変更します。
3. tabadmin config を実行して、すべてのサーバーの構成ファイルに変更を適用しま
す。
4. Tableau Server をもう一度起動します。
例
tabadmin set コマンドを使用してサーバーの構成を変更します。
tabadmin stop
tabadmin set [option-name value]
tabadmin config
tabadmin start
コマンドライン ヘルプの表示
tabadmin のビルトインヘルプを使用すると、コマンドの記述をすばやく確認できます。
すべてのtabadmin コマンドのヘルプを表示するには次を入力します。
- 387 -
tabadmin help commands
特定のコマンドのヘルプを参照するには、tabadmin help <command> と入力します。例は
次のとおりです。
tabadmin help set
tabadmin コマンド
tabadmin コマンドラインツールで使用できるコマンドは、次のとおりです。
activate 下
licenses ページ399
administrator 次のページ
passwd ページ400
assetkeys ページ390
restart ページ400
autostart ページ391
restore ページ400
backup ページ392
set ページ401
cleanup ページ393
sitestate ページ402
configure ページ393
start ページ402
customize ページ394
status ページ403
dbpass ページ394
stop ページ404
exportsite ページ395
validate ページ405
failoverprimary ページ397 warmup ページ405
importsite ページ397
ziplogs ページ405
importsite_verified ページ
399
activate
オンラインまたはオフラインでTableau Server ライセンスをアクティブ化または返却します。
例
オフラインでのライセンスのアクティブ化。
tabadmin activate --tlf <file.tlf>
オフラインでのライセンスの返却。
- 388 -
tabadmin activate --tlr <file.tlr>
オンラインでのライセンスのアクティブ化。
tabadmin activate --activate <license>
オンラインでのライセンスの返却。
tabadmin activate --return <license>
オプ オプション(ロン 引数
ション グ)
(ショー
ト)
--tlf
FILE
--tlr
--activate
--return
FILE
説明
オフラインでのアクティブ化。セットアップの途中でオフライ
ンになる場合、Tableau に送信する.tlq ファイルを保
存するように求められます。Tableau から.tlf ファイルが送
られてきます。この.tlf ファイルを使用して、Tableau
Server をアクティブ化します。
オフラインでの非アクティブ化。引数として使用するファイ
ルは、Tableau から受信する.tlr ファイルです。
指定されたライセンスをアクティブ化します。
指定されたライセンスを返却します。
次も参照してください。
オフラインでの Tableau のアクティブ化 ページ108
administrator
システム管理者機能を、指名されたユーザーに許可するか削除します。このコマンドは、サイト管
理者には適用されません。
例
ユーザーhwilson からシステム管理者機能を削除します。
tabadmin administrator hwilson false
システム管理者機能をユーザーjsmith に与えます。
tabadmin administrator jsmith true
- 389 -
assetkeys
新しいキーを作成し、Tableau Serverが内部で使用するPostgreSQL データベースである
Tableau リポジトリに保存された、外部データベースのクレデンシャルなどの機密情報を暗号化し
ます。このコマンドを使用して作成されたキーには、ユーザーが指定したものか、ランダムに生成さ
れたパスフレーズを含めることができます。
キーのパスフレーズを指定する場合、ベストプラクティスは 8 文字以上の長さにすることです。文
字セットも考慮に入れる必要があります。強力なパスフレーズには、以下の文字セットのうち、3
つ以上から文字を含める必要があります。
l
小文字のa からz
l
大文字のA からZ
l
数字の0 から9
l
非アルファベット文字
新しいキーは暗号化され、以下のキーファイルに保存されます: asset_keys.yml
(ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\config)。キーファイルが失われている、また
は破損している場合、assetkeys --validate コマンドを使用して再作成することができま
す。
assetkeys コマンドを使用してから、後でバックアップファイル(.tsbak) を作成して保存する場合、
バックアップファイルを保存した後にtabadmin assetkeys --validate コマンドを実行す
る必要があります。一部のデータがカスタム暗号キーで暗号化されていたとしても、バックアップ
ファイルには意図的にカスタム暗号キーが含まれていません。これにより、バックアップファイルが
渡ってはいけない人の手に渡った場合に暗号化された値が保護されます。バックアップの復元が
終了した後にtabadmin assetkeys --validate を実行すると、キーのパスフレーズを入
力するよう求めるプロンプトが表示されます。
例
Tableau Server にキーおよびパスフレーズを作成させます。
tabadmin assetkeys --auto_create
指定するパスフレーズを使用してキーを生成します。パスフレーズを入力するように求めるプロンプ
トが表示されますが、入力した内容は表示されません。
tabadmin assetkeys --create
ファイルの内容をパスフレーズとして使用します。
tabadmin assetkeys --create_from_file C:\test\key\password.txt
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\config のキーファイルasset_keys.yml が
有効であり、Tableauリポジトリのメタデータと一致していることを確認してください。
tabadmin assetkeys --validate
- 390 -
破損している場合、または ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\config に見つか
らない場合、ファイルasset_keys.yml を再作成してください。
tabadmin assetkeys --validate
パスフレーズを入力するように求めるプロンプトが表示されます。
オプ オプション(ロン
ション グ)
(ショー
ト)
--auto_
create
引数
説明
[length]
ランダムなパスフレーズを生成し、キーを生成しま
す。パスフレーズの長さに関するオプションの引数
を取ります。assetkeys.yml が失われたり、破損
したりする場合、--validate で必要になるため、パ
スフレーズを記録し、安全な場所に保持する必
要があります。
キーとして使用する選択肢のパスフレーズを作成
します。パスフレーズの長さは 10 文字以上にし、
辞書にある単語をベースにしないようにします。
パスフレーズとして提供するファイルの内容を使用
してキーを生成します。
Tableau Server の内部で使用されているすべて
のアセットキーが最新であることを確認します。
asset_keys.yml ファイルが失われた場合 (ファイル
破損など)、--validate オプションを使用して
再作成することができます。キーファイルを問題
なく再作成するには、現在使用しているすべての
キーを生成するのに使用されるパスフレーズを提
供する必要があります。
--create
PASSPHRASE
--create_
from_file
--validate
FILE
次も参照してください。
セキュリティページ259
autostart
既定では、Tableau Server はシステム開始時刻に起動します。このコマンドを使用して、既定の
動作を変更します。autostart が off, に設定されている場合、Tableau Server を起動す
るには tabadmin start または [スタート] メニューのいずれかを使用します。
例
Tableau Server の自動起動ステータスを表示します。
tabadmin autostart
オペレーティングシステムの起動時にTableau Server を起動します。
- 391 -
tabadmin autostart on
オペレーティングシステムの起動時にTableau Server を起動しません。
tabadmin autostart off
backup
Tableau Server によって管理されるデータのバックアップを作成します。このデータには、Tableau
独自のPostgreSQL データベースが含まれます。これには、ワークブック、ユーザーのメタデータ、
データ抽出 (.tde) ファイル、および構成データが含まれます。バックアップファイルを作成する前に、
Tableau Server を停止する必要はありません。
例
バックアップファイルを、tabserv.tsbak と名付けられたTableau Server のbin ディレクトリに作成し
ます。
tabadmin backup tabserv.tsbak
バックアップファイルを、tabserv.tsbak と名付けられたC:\backups\tableau フォルダに作成しま
す。
tabadmin backup C:\backups\tableau\tabserv.tsbak
バックアップファイル名に現在の日付を追加し、バックアッププロセス中に作成された一時ファイル
をC:\mytemp\tableau に配置します。バックアップファイルtabserv.tsbak は、Tableau Server
bin ディレクトリに作成されます。
tabadmin backup tabserv.tsbak -d -t C:\mytemp\tableau
オプ
ション
(ショー
ト)
-d
-u
オプション(ロ 引数
ング)
説明
--date
--userdir
-t
--tempdir PATH
バックアップファイル名に現在の日付を追加します。
ProgramData\Tableau\Tableau Server フォルダにバックアッ
プファイルを配置します。
バックアッププロセス中に作成された一時ファイルの場所。
次も参照してください。
Tableau データのバックアップページ413
- 392 -
cleanup
このコマンドは、Tableau Server によって消費される全体のディスク容量を削減します。
tabadmin cleanup を実行すると、ログファイルと一時ファイルが削除され、Tableau Server
のPostgreSQL データベースの列が選択されます。
例
7 日より古いログファイルと7 日より古いhttp_requests エントリを削除する:
tabadmin cleanup
すべてのログファイルと一時ファイルを削除 (http_requests エントリはそのままにしておく) する:
tabadmin cleanup --restart
オプション
(ショート)
-r
オプション 引 説明
(ロング)
数
-Tableau Server を停止してcleanup コマンドを実
restart
行し、サーバーを再び起動します。
次も参照してください。
不必要なファイルの削除 ページ416
configure
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\<area> にあるすべてのファイルを強制的に
更新することによって、Tableau Server の構成を更新します。この更新には、master service 構
成ファイル、workgroup.yml (ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\config) の更
新が含まれます。構成を変更する際、tabadmin configure (または tabadmin config)
を実行して、サーバー構成に影響するすべてのファイルが完全に更新されるようにするのがベスト
プラクティスです。
例
tabadmin configure
tabadmin config
次も参照してください。
サーバーの再構成 ページ126
set ページ401
tabadmin set オプションページ406
- 393 -
customize
Tableau Server によって使用される名前およびロゴをカスタマイズします。このコマンドを使用する
場合も、各サーバーページ最下部の著作権情報にTableau 著作権情報が表示されていること
に注意してください。
例
製品名をTableau Server からMyCo Server に変更します。
tabadmin customize name "MyCo Server"
既定のロゴを独自の"大きいサイズ"のロゴ(最大 160 x 160 px、最小 32 x 32 px) に変更します。
tabadmin customize logo "C:\My Pictures\example.png"
既定のロゴを独自の「小さいサイズ」のロゴ(32 x 32 px 以下) に変更します。
tabadmin customize smalllogo "C:\My Pictures\example_small.png"
Tableau Server のサインインページなどの場所で使用される既定の製品名をカスタマイズしま
す。
tabadmin customize name -d
オプ オプション(ロン 引 説明
ション グ)
数
(ショー
ト)
-d
--default
名前またはロゴを既定値にリセットします。
次も参照してください。
名前またはロゴの変更 ページ245
dbpass
Tableau のPostgreSQL データベース(リポジトリ) への外部アクセスを可能にします。dbpass コマ
ンドを使用してデータベースへのアクセスを許可したら、Tableau Desktop を使用してデータベース
への接続やクエリを行い、独自の管理ビューを作成できます。
tabadmin dbpass [--disable] [--username <username>] [password]
例
tableau ユーザーのアクセスを有効にし、パスワードを[email protected]! に設定します。
tabadmin dbpass [email protected]!
readonly ユーザーのアクセスを有効にし、パスワードを[email protected]! に設定します。
- 394 -
tabadmin dbpass --username readonly [email protected]!
既定 (tableau) ユーザーによる外部アクセスを無効にします。
tabadmin dbpass --disable
または
tabadmin dbpass --disable --username tableau
readonly ユーザーによる外部アクセスを無効にします。
tabadmin dbpass --disable --username readonly
オプション(ロン 引 説明
グ)
数
--disable
既定のリモートユーザー(tableau) によるTableau のPostgreSQL デー
タベースへの外部アクセスを無効にするか、ユーザー名が指定されている
場合はそのユーザーによるリモートアクセスを無効にします。
--username
指定したユーザーでパスワードを変更するか、--disable オプションと一緒に
使用する場合は指定したユーザーによるアクセスを無効にします。オプ
ションは tableau およびreadonly です。
password
既定のリモートユーザー(tableau) によるTableau のPostgreSQL デー
タベースへのリモートアクセスを有効にするか、ユーザー名が指定されてい
る場合は、指定されたパスワードを使用してそのユーザーによるアクセスを
有効にします。
次も参照してください。
カスタム管理ビューの作成 ページ256
Tableau Server データベースへの外部アクセスの有効化 ページ257
exportsite
ユーザー、ワークブック、プロジェクト、抽出、データ接続を含むTableau Server サイトをエクスポー
トし、それを、.zip ファイル拡張子のファイルに配置します。その後、importsite ページ 397
およびimportsite_verified ページ 399 コマンドを使用することで、エクスポートされたサ
イトファイルを使用して新しいサイトをプロビジョニングすることができます。
exportsite コマンドを使用する前にTableau Server を停止する必要はありません。エクス
ポート処理中、Tableau Serverはエクスポートされているサイトをロックします。
例
tabadmin exportsite <site ID> --file <PATH>
または
tabadmin exportsite <site ID> --file <FILE>
- 395 -
サイトID がfinance のサイトをファイル名 finance_export.zip でエクスポートし、Program
Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin に配置します。
tabadmin exportsite finance --file finance_export
既定サイトをエクスポートします。既定サイトのサイトID は "" (スペースなしの二重引用符) で
す。
tabadmin exportsite "" --file finance_export
Windows PowerShell を使用してコマンドを実行している場合、既定サイトの二重引用
符を単一引用符で囲みます ('""')。例: tabadmin exportsite '""' --file
finance_export
既定サイトをファイル名 finance_export.zip でエクスポートし、Tableau Server のbin ディレクトリ
ではなく、C:\temp\exported sites に配置します。パスにスペースが含まれるため、引用符で囲ま
れています。
tabadmin exportsite "" --file "C:\temp\exported sites\finance_
export"
サイトID がfinance のサイトをエクスポートし、そのエクスポートされたサイトファイルに
financesite.zip と名付け、ファイルをC:\sites\exported に配置し、一時ランタイムファイルを
C:\temp_files に書き込みます。
tabadmin exportsite finance --file C:\sites\exported\financesite
--tempdir C:\temp_files
オプ オプション(ロン
ション グ)
(ショー
ト)
--file
引数
説明
FILE また
は
作成されたエクスポートされたサイトファイルの名前、ま
たは名前と場所 (パス)。パスを指定しない場合、
Tableau Server のbin ディレクトリが使用されます
(Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin)。
エクスポート中に作成された一時ファイルの場所。
Tableau Server のインストールディレクトリへの書き込み
アクセス権がない場合、このオプションを使用します。こ
のオプションを使用する場合、エクスポートされたサイト
ファイルの作成場所は指定されません。
PATH
--tempdir
次も参照してください。
サイトのインポートまたはエクスポートページ216
- 396 -
failoverprimary
プライマリTableau Server の二次インストールをバックアッププライマリとして識別するか、プライマリ
が失敗した場合は、バックアッププライマリを新規プライマリとして識別し、以前のプライマリを新規
バックアップとして識別します。
例
tabadmin failoverprimary --primary <computer name(s) or IPv4
address(es)>
オプ オプション(ロン
ション グ)
(ショー
ト)
--primary
引数
説明
コンピューター名ま
たは IPv4 アドレス
クラスタのプライマリとして動作するTableau
Server マシン。
次も参照してください。
高可用性についてページ148
フェールオーバーおよび複数のゲートウェイの構成 ページ153
バックアッププライマリの設定 ページ162
importsite
importsite コマンドは、サイトをTableau Server にインポートする際に使用する2 つのコマン
ドのうち最初のものです。このコマンドを実行するには、以下のものが必要です。
l
l
エクスポートされたサイトファイル。Tableau Server の管理者によりexportsite ページ
395 コマンドを使用してこのファイルが作成されます。Tableau Online にサイトがあり、それ
をTableau Server のオンプレミスインストールにインポートする場合、Tableau カスタマーサ
ポートからエクスポートされたサイトファイルを要求してください。
ターゲットサイトのサイトID。ターゲットサイトとは、インポートしているTableau Server サイ
トです。ターゲットサイトは importsite コマンドを実行するときには既に存在する必要
があるため、コマンドの一環として作成することはできません。Tableau Server の既定サイ
トのサイトID は ""(スペースなしの二重引用符) です。
インポートするサイトの内容により、ターゲットサイトの内容が置き換えられます。たとえば、
ターゲットサイトにMyDashboard.twbx と名付けられたワークブックがあり、インポートして
いるサイトにこのワークブックがない場合、インポートプロセスによりターゲットサイトから
MyDashboard.twbx が削除されます。
importsite コマンドを実行することにより、サイトの完全なインポート後、エクスポートされたサ
イトのアセット(ユーザー、ワークブック、プロジェクト、抽出、およびデータソース) のマッピング方法
を示す CSV ファイルを含む一時ディレクトリが作成されます。認証などのユーザー詳細を確認す
- 397 -
ることが重要です。マッピングファイルを開いたり、変更を行ったりするには、テキストエディターまた
は Microsoft Excel を使用します。??? (疑問符) を含むエントリは、処理できなかったため編集す
る必要があるマッピングを示します。マッピングを確認したら、importsite_verified 次の
ページコマンドを使用してインポートプロセスを終了します。
例
tabadmin importsite <site ID> --file <PATH>
または
tabadmin importsite <site ID> --file <FILE>
C:\tableau\exported にあるファイルsales_site.zip を、サイトID がwsales のサイトにインポート
します。
tabadmin importsite wsales --file C:\tableau\exported\sales_
site.zip
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin にあるファイルsales_site.zip を既定サイト
にインポートします。既定サイトのサイトID は "" (スペースなしの二重引用符) です。
tabadmin importsite "" --file sales_site.zip
確認するマッピングファイルは次に配置されます: ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\temp\import_<site ID>_<datetime>\mappings。別のディレクトリを指定する
には、--tempdir オプションを使用します。
確認するファイルをC:\temp\site_to_import に配置します。
tabadmin importsite wsales --file "C:\tableau\exported\sales_
site.zip" --tempdir "C:\temp\site_to_import"
確認手順をスキップします (非推奨)。
tabadmin importsite wsales --file "C:\tableau\exported\sales_
site.zip" -no-verify
オプ オプション(ロン 引数 説明
ション グ)
(ショー
ト)
--file
PATH インポートしている、エクスポートされたサイトファイルの名前お
よび場所。パスを指定しない場合、Tableau Server のbin
ディレクトリが使用されます (Program Files\Tableau\Tableau
Server\8.3\bin)。
--no確認手順をスキップし、エクスポートされたサイトファイルを、
verify
Tableau Server インストールの新しい場所に直接インポートし
ます。importsite_verified コマンドも使用する必要は
ありません。
--tempdir
PATH サイトファイルのマッピングが正しいことを確認するディレクトリ。
このオプションを指定しない場合、ファイルは次のパスの下の
ディレクトリに配置されます: ProgramData\Tableau\Tableau
- 398 -
オプ オプション(ロン 引数
ション グ)
(ショー
ト)
説明
Server\data\tabsvc\temp。
次も参照してください。
サイトのインポートまたはエクスポートページ216
importsite_verified
サイトをTableau Server にインポートするのに使用する2 番目のコマンドです。
importsite_verified を使用するには、まず importsite ページ 397 を使用する必
要があります。
importsite_verified コマンドは確認済みのCSV ファイルを含むディレクトリから読み込
み、CSV ファイルに含まれるサイトのアセットのマッピング方法に基づいてTableau Server に新
しいサイトをインポートします。インポートを受け取るサイト(ターゲットサイト) が既にTableau
Server に存在する必要があります。
インポート処理中、Tableau Serverはインポートを受信しているサイトをロックします。
例
tabadmin importsite_verified <target site ID> --importjobdir
<PATH>
ディレクトリC:\temp\site_to_import からサイトID がesale のサイトにファイルをインポートしま
す。
tabadmin importsite_verified esales --importjobdir C:\temp\site_
to_import
オプ オプション(ロング)
引数 説明
ション
(ショー
ト)
--importjobdir PATH マッピングを確認したCSV ファイルを含むディレクトリ。
次も参照してください。
サイトのインポートまたはエクスポートページ216
licenses
Tableau Server 用のライセンス情報を表示します。
例
- 399 -
tabadmin licenses
tabadmin licenses -p
オプ オプション(ロング)
ション
(ショー
ト)
-p
--processor_
cores
引 説明
数
現在のマシン用の物理コアカウントを表示します。
passwd
Tableau Server アカウントのパスワードをリセットします。コマンドを入力したら、ユーザーの新しい
パスワードを入力するように求めるプロンプトが表示されます。
このコマンドを使用できるのは、Tableau Server のユーザー認証がローカル認証に設定されてい
る場合のみです。認証がActive Directory に設定されている場合、パスワードは Tableau Server
ではなく、Active Directory によって処理されます。
例
tabadmin passwd <username>
サーバーユーザーjsmith のパスワードをリセットします。
tabadmin passwd jsmith
次も参照してください。
全般 ページ110
restart
すべてのTableau Server プロセスを停止および開始します。
例
tabadmin restart
restore
Tableau Server バックアップファイル(.tsbak) をTableau Server インストール環境に復元しま
す。.tsbak ファイルを復元する際、Tableau PostgreSQL データベースの内容、データ抽出、およ
- 400 -
び構成ファイルは、バックアップファイルの内容により上書きされます。--no-config オプションを
使用すると、サーバーの構成を除くすべてものが復元されます。
例
C:\mybackups にあるtabserv.tsbak という名前のファイルを復元します。
tabadmin restore C:\mybackups\tabserv.tsbak
Tableau Server のbin ディレクトリにあるtabserv.tsbak という名前のファイルを復元します。
tabadmin restore tabserv.tsbak
C:\mybackups にあるtabserv.tsbak という名前のファイルを復元し、サーバーの構成を除くすべ
てのものを保持します。
tabadmin restore --no-config C:\mybackups\tabserv.tsbak
オプ オプション(ロング) 引 説明
ション
数
(ショー
ト)
--no-config
データを含み、サーバー構成を除く、Tableau Server バックアップ
ファイルを復元します。
次も参照してください。
バックアップからの復元 ページ414
バックアップからの抽出の復元 ページ415
set
Tableau Server の構成オプションの値の変更を許可します。設定しているパラメーターがハイフン
で始まる場合、パラメーターの値を単一引用符および二重引用符の両方で囲んでください。
例
tabadmin set [option-name value]
バックグラウンダークエリ制限を2.5 時間 (9000 秒) に設定します。
tabadmin set backgrounder.querylimit 9000
wgserver 仮想メモリーパラメーターを-Xmx512m に設定します。
tabadmin set wgserver.vmopts "'-Xmx512m'"
wgserver 仮想メモリーパラメーターを-Xmx512m -Xss2048k の範囲に設定します。
tabadmin set wgserver.vmopts "'-Xmx512m -Xss2048k'"
- 401 -
オプ オプション 引 説明
ション (ロング)
数
(ショー
ト)
-d
-パラメーターを既定値にリセットします。
default
次も参照してください。
tabadmin set オプションページ406
sitestate
サイトインポートの失敗のためにロックされたサイトをアクティブ化するか、サイトを一時停止するの
に使用します。サイトを一時停止する場合、アクセス可能な Tableau Server ユーザーはシステム
管理者に限られます。
例
tabadmin sitestate <site ID> --status <active|suspended>
サイトID がwsales のサイトでロックを解除またはアクティブ化します。
tabadmin sitestate wsales --status active
オプ オプショ 引数
ション ン(ロン
(ショー グ)
ト)
active
-status
または
説明
<site ID> で指定したサイトをアクティブ化または一時停止
します。
suspended
start
すべてのTableau Server プロセスを開始します。tabadmin start を使用するには、以下を
実行します。
- 402 -
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
2. 次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
3. 次のように入力してサーバーを起動します。
tabadmin start
例
tabadmin start
tabadmin start --wait 1200
オプション
(ショート)
オプション
(ロング)
--wait
引 説明
数
秒 Tableau Server が、起動してからクライアントの要求を受け入れ
数 可能になるまでの秒数。既定では 600 秒です。
status
Tableau Server が稼働しているかどうかを知らせます。--verbose オプションを使用した場合
は、プロセスが稼働しているかどうか、およびプロセスで使用されているポートなどを含む、個別の
サーバープロセスステータスの詳細を提供します。tabadmin status コマンドは、
WindowsService tabsvc.exe に接続して情報を取得します。tabsvc.exe は、各プロセスの実行
可能な tabspawn に対してクエリを実行します。そのため、サプロセスに直接クエリする[メンテナン
ス] ページの[ステータス] 表とは異なるサーバープロセス情報が表示されることがあります。
例
- 403 -
tabadmin status
tabadmin status --verbose
オプ オプション(ロン 引 説明
ション グ)
数
(ショー
ト)
-v
--verbose
すべてのTableau Server プロセスのリスト、ポート番号およびス
テータスを返します。
次も参照してください。
メンテナンスの設定 ページ231
Tableau Server プロセスページ419
stop
すべてのTableau Server プロセスを停止します。tabadmin stop を使用するには、以下を実
行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
2. 次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
3. 次のように入力してサーバーを停止します。
tabadmin stop
- 404 -
validate
Tableau Server 環境が64 ビット版のTableau Server を実行するための最小要件を満たしてい
るかを確認します。現在 32 ビット版のTableau Server を実行している場合、64 ビット版に更新
する前にこのコマンドを実行すると、現在のハードウェア、ディスク容量、RAM が十分かどうかを
確認するのに役立ちます。
例
tabadmin validate
warmup
各 VizQL サーバープロセスをvizql DLL ファイルに読み込むように設定します。これにより、サー
バーユーザーが最初にビューを読み込むときの読み込み時間が短縮します。Tableau Server が
再起動した後、管理者は、このコマンドを使用するか、このコマンドを実行するスクリプトを作成
できます。
例
tabadmin warmup
ziplogs
ログファイル自体を削除することなく、Tableau Server ログファイルを含むアーカイブ(.zip) を作成
します。Tableau Server クラスターを実行する場合、作成されるアーカイブには、ワーカーサー
バーからのログファイルが含まれています。
例
logs.zip と名付けられたTableau Server bin ディレクトリにアーカイブを作成します。
tabadmin ziplogs
mylogs.zip と名付けられたTableau Server bin ディレクトリにアーカイブを作成します。
tabadmin ziplogs mylogs.zip
mylogs.zip と名付けられたTableau Server bin ディレクトリにアーカイブを作成します。2014年1
月31日から現在までのログが含まれ、それより前のログは除外されます。
tabadmin ziplogs -d 01/31/2014 mylogs.zip
- 405 -
オプ オプション(ロング)
ション
(ショー
ト)
-n
--with-netstatinfo
-p
--withpostgresql-data
-l
--with-latestdump
-f
--force
-d
--minimumdate
-a
--all
引数
説明
.zip ファイル内のサーバー環境についての情報
を含みます。
Tableau Server のPostgreSQL データベース
からのデータが含まれます。
ファイルサイズを減らせるよう、含めるログファ
イルを最新のものだけに限定します。既定で
は、最新のログファイルが10 ファイル含まれま
す。
同じ名前の既存のログファイルを上書きしま
す。
[mm/dd/yyyy] この日付から現在までのログファイルが、.zip
ファイルに含まれます。それより前の日付のロ
グは、ファイルから除外されます。指定しない
場合は、7 日分のデータが含まれます。
.zip ファイルのすべてのログファイルが含まれま
す。Tableau Server のPostgreSQL データ
ベースのデータは、まだ除外されています。
次も参照してください。
ログファイルの操作 ページ417
コマンドラインのログのアーカイブ(tabadmin) ページ425
tabadmin set オプション
構成可能な各 Tableau Server オプションの詳細については、下の表を参照してください。これら
のオプションは set ページ401 コマンドを使用して構成できます。ポートの詳しいリストについては、
TCP/IP ポートページ360 を参照してください。
オプション
既定値
説明
api.server.enabled
false
REST API ページ500 へのアクセスを許可しま
す。既定では、この機能は無効です。
auditing.enabled
true
PostgreSQL (Tableau Server の独自のデータ
ベース) 履歴監査テーブルへのアクセスを許可し
- 406 -
オプション
既定値
説明
ます。詳細については、カスタム管理ビューの作
成 ページ256を参照してください。
backgrounder.querylimit
7200
抽出の更新を完了するまでの秒単位の最大許
容時間 (7,200 秒 = 2 時間)。
backgrounder.reset_
schedules_on_startup
true
サーバー停止時に実行するようスケジュールされ
たバックグラウンドタスクを実行するときに制御し
ます。true に設定した場合 (既定)、タスクが次
のスケジュールされた時刻に実行されます。
false に設定した場合、サーバー停止時に実
行するようスケジュールされたすべてのタスクが、
サーバースタートアップ時 (Tableau Server バック
アップファイル(.tsbak) が復元される場合も含む)
に同時に実行されます。
dataengine.port
27042
データエンジンが実行されるポート。
dataserver.port
9700
データサーバーが実行されるポート。
gateway.public.host
マシン名
Tableau Server への外部からのアクセスで使用さ
れるサーバーの名前 (URL) 。Tableau Server が
プロキシサーバーまたは外部ロードバランサーを
使用するように構成されている場合は、Tableau
Server にアクセスするためにブラウザのアドレス
バーに入力した名前です。たとえば、
tableau.example.com と入力してTableau
Server にアクセスする場合、
gateway.public.host の名前は
tableau.example.com です。
gateway.public.port
80 (SSL は
443)
プロキシサーバー環境のみに適用。プロキシサー
バーがリッスンする外部ポート。
gateway.timeout
1800
ゲートウェイが特定のイベントを待機する最大時
間を秒で表した値で、この時間を過ぎると、要求
に失敗します (1800 秒 = 30 分)。
gateway.trusted
プロキシサー
バーマシンの
IP アドレス
プロキシサーバー環境のみに適用。プロキシサー
バーのIP アドレスまたはホスト名。
gateway.trusted_hosts
プロキシサー プロキシサーバー環境のみに適用。プロキシサー
バーの代替名 バーの任意の代替ホスト名。
java.heap.size
128m
Tomcat のヒープサイズ(リポジトリとsolr)。通常、
Tableau からの助言がある場合を除き、これを変
更する必要はありません。
- 407 -
オプション
既定値
説明
pgsql.port
8060
PostgreSQL がリッスンするポート。
rsync.timeout
600
ファイルの同期を完了するまでの秒単位の最大
許容時間 (600 秒 = 10 分)。ファイルの同期は、
高可用性の構成、またはデータエンジンとリポジ
トリの移動プロセスの一部として発生します。
server.log.level
info
ログのロギングレベルで、
ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\vizqlserv
er\Logs\*.txt に書き込まれます。
詳細については、debug に設定してください。
debug に設定すると、ロギングが8.2 以前の詳
細に設定されます。デバッグレベルに設定すると
パフォーマンスに大きな影響を及ぼす可能性があ
るため、Tableau サポートにより指示される場合
にしか使用しないでください。詳細については、ロ
ギングレベルの変更 ページ432を参照してくださ
い。
service.jmx_enabled
false
true に設定すると、監視とトラブルシューティン
グのために、JMX ポートを使用できます。詳細に
ついては、JMX ポートの有効化 ページ364を参
照してください。
service.max_procs
プロセス数
最大サーバープロセス数。
service.port_
remapping.enabled
true
既定または構成済みのポートが利用できない場
合に、Tableau Server がポートの動的な再配置
を試みるかどうかを決定します。false に設定
すると、動的なポートの再配置は無効になりま
す。詳細については、TCP/IP ポートページ360
を参照してください。
solr.rebuild_index_timeout 3600
Tableau Server がアップグレードされる場合、また
は .tsbak ファイルが復元される場合、バックグラウ
ンドタスクが検索インデックスを再構築します。こ
の設定では、そのタスクのタイムアウト設定を制
御します (3600 秒 = 60 分)。
subscriptions.enabled
false
サブスクリプションがシステム全体で構成可能かど
うかを制御します。詳細については、サブスクリプ
ションの管理 ページ203を参照してください。
subscriptions.timeout
1800
サブスクリプションを処理するバックグラウンドプロ
セスのタイムアウト後の秒数。
solr.port
8080
solr がリッスンするポート。これには
- 408 -
オプション
既定値
説明
tomcat.http.port と同じ値を指定する必要があり
ます。
tomcat.http.port
8080
Tomcat が実行されるポート。
tomcat.https.port
8443
Tomcat のSSL ポート(未使用)。
tomcat.server.port
8085
Tomcat がシャットダウンメッセージをリッスンする
ポート。
vizqlserver.browser.render true
vizqlserver.browser.render_
threshold または
vizqlserver.browser.render_
threshold_mobile によって設定されたしき
い値を下回るビューは、サーバーの代わりにクライ
アントWeb ブラウザーによってレンダリングされま
す。詳細については、クライアント側レンダリングに
ついてページ294を参照してください。
vizqlserver.browser.rende- 100
r_threshold
既定値 (100) は、PC に表示されるビューの高レ
ベルの複雑度を表します。複雑度の要因には、
マーク、ヘッダー、リファレンスライン、および注釈
の数が含まれます。このレベルの複雑度を超える
ビューは、PC のWeb ブラウザーの代わりにサー
バーによってレンダリングされます。
vizqlserver.browser.rende- 20
r_threshold_mobile
既定値 (20) は、タブレットに表示されるビューの
高レベルの複雑度を表します。複雑度の要因に
は、マーク、ヘッダー、リファレンスライン、および注
釈の数が含まれます。このレベルの複雑度を超え
るビューは、タブレットのWeb ブラウザーの代わり
にサーバーによってレンダリングされます。
vizqlserver.log.level
vizqlserver java コンポーネントのロギングレベル。
ログは ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\vizqlserv
er\*.log に書き込まれます。
info
詳細については、debug に設定してください。デ
バッグレベルに設定するとパフォーマンスに大きな
影響を及ぼす可能性があるため、Tableau サ
ポートにより指示される場合にしか使用しないで
ください。詳細については、ロギングレベルの変更
ページ432を参照してください。
vizqlserver.port
9100
VizQL サーバーのベースポート。
vizqlserver.protect_
sessions
true
true に設定した場合 (既定)、元のユーザーが
サインアウトした後にVizQL セッションが再利用さ
- 409 -
オプション
既定値
説明
れることを防ぎます。
vizqlserver.querylimit
1800
Rserve ホストを指定します。この設定、および直
下の3 つの設定はワークブック内のR 機能をサ
ポートします。R とはオープンソースソフトウェアプ
ログラミング言語のことで、統計的計算およびグラ
フィックに適したソフトウェア環境です。Tableau
Desktop では、4 つの関数のセットを使用してR
式をRserve サーバーに渡し、結果を取得しま
す。これらの関数のいずれかを使用するワークブッ
クをアップロードする場合、このオプションと次の3
つのオプションを構成して、Rserve 接続向けに
Tableau Server を構成する必要があります。そ
れ以外の場合、R 機能を使用する任意のワーク
シートは使用できません。詳細については、
Tableau Desktop ヘルプで[R 接続] を参照してく
ださい。
vizqlserver.rserve.host
vizqlserver.rserve.port
ビューを更新するまでの最大許容時間 (秒単
位)。
6311
Rserve ポートを指定します。この設定はワーク
ブックのR 機能をサポートします。
vizqlserver.rserve.username
Rserve ユーザー名を指定します。この設定は
ワークブックのR 機能をサポートします。ユーザー
名とパスワードを必要としないRserve ホストもあ
ります。
vizqlserver.rserve.password
Rserve パスワードを指定します。この設定はワー
クブックのR 機能をサポートします。ユーザー名と
パスワードを必要としないRserve ホストもありま
す。
vizqlserver.session.expiry.- 5
minimum
アイドル時間を分で表した値で、この時間を過ぎ
ると、VizQL プロセスがメモリ不足になった場合に
VizQL セッションを破棄できます。
vizqlserver.session.expiry.t- 30
imeout
VizQL セッションが破棄された後のアイドル時間
(分単位)。
vizqlserver.showdownload true
ビュー上部の[ダウンロード] ボタンの表示を制御
します。
vizqlserver.showshare
ビュー上部の[共有] ボタンの表示を制御します。
true
vizqlserver.trustedticket.lo- info
g_level
信頼できる認証のロギングレベルで、
ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\vizqlserv
- 410 -
オプション
既定値
説明
er\vizql-*.log に書き込まれます。
詳細については、debug に設定してください。デ
バッグレベルに設定するとパフォーマンスに大きな
影響を及ぼす可能性があるため、Tableau サ
ポートにより指示される場合にしか使用しないで
ください。詳細については、ロギングレベルの変更
ページ432を参照してください。
vizqlserver.trustedticket.to- 24
ken_length
信頼できるチケットの文字数を決定します。既定
設定の24 文字は、ランダム性のある144 ビットで
提供されます。値は、9 から255 (包含) の間の
任意の整数に設定できます。
vizqlserver.trustedticket.us- false
e_deprecated_9digit_
token
true に設定する場合、チケットは 9 桁の長さに
なり(バージョン8.0 以前のように)、設定の
vizqlserver.trustedticket.token_
length は無視されます。
vizqlserver.url_scheme_
whitelist
ビューおよびダッシュボードのURL アクションを使
用する場合に、ホワイトリストへのプロトコルに追
加します。既定では、http、https、
gopher、news、ftp、およびmailto がホワイ
トリストに登録されています。
wgserver.audit_history_
expiration_days
183
履歴イベントのレコードがPostgreSQL データ
ベース(Tableau Server 独自のデータベース) から
削除されるまでの日数。詳細については、カスタ
ム管理ビューの作成 ページ256を参照してくださ
い。
wgserver.change_
owner.enabled
true
ワークブック、データソース、またはプロジェクトの
所有権が変更可能かどうかを制御します。他の
選択肢には "false"および"adminonly"がありま
す。詳細については、所有権の管理 ページ101
を参照してください。
wgserver.clickjack_
defense.enabled
false
true に設定すると、悪意のある人物による
Tableau Server ユーザーへの"クリックジャッキング
" を防ぎます。そのような攻撃の場合、疑いを持
たないユーザーが実際には攻撃者のページをク
リックしているのに、Tableau Server ボタンやリンク
をクリックしていると思わせるようにWeb ページ要
素が操作されています。
この設定を有効 (true) にする場合、クレデン
シャルを要求するIframes で埋め込まれたビュー
は、Iframe ウィンドウではなくクレデンシャルを入
- 411 -
オプション
既定値
説明
力するためのポップアップを使用します。
wgserver.domain.fqdn
%USERDOM- 使用するActive Directory サーバーの完全修飾
AIN% の値
ドメイン名。
wgserver.log.level
info
wgserver java コンポーネントのロギングレベル。
ログは ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs\wgserver\
*.log に書き込まれます。
詳細については、debug に設定してください。デ
バッグレベルに設定するとパフォーマンスに大きな
影響を及ぼす可能性があるため、Tableau サ
ポートにより指示される場合にしか使用しないで
ください。詳細については、ロギングレベルの変更
ページ432を参照してください。
wgserver.password_
autocomplete.enabled
false
Web ブラウザーがパスワードフィールドに自動的
にパスワードを入力するかどうかを制御します。
wgserver.saml.idpattribute- username
.username
IdP がSAML 認証で使用する属性を指定しま
す。既定は username です。
wgserver.saml.maxasserti- 3000
ontime
作成からアサーションが利用可能な最大秒数を
指定します。
wgserver.saml.maxauthen- 7200
ticationage
ユーザーの認証とAuthNResponse メッセージの
プロセス間で許可される最大秒数を指定しま
す。
wgserver.saml.responsesk- 180
ew
Tableau Server の時刻と、以前としてメッセージ
を処理できるアサーション作成 (IdP サーバーの時
刻に基づく) 時の最大秒数の違いを設定しま
す。
wgserver.session.idle_limit 240
Web アプリケーションへのサインインがタイムアウト
になるまでのアイドル時間 (分単位)。
workerX.gateway.port
80 (SSL は
443)
Apache がworkerX でリッスンする外部ポート。
worker0.gateway.port は Tableau Server の外
部ポートです。分散環境では、worker0 はプライ
マリTableau Server です。
workerX.vizqlserver.procs プロセス数
VizQL サーバー数。
workerX.vizqlserver.port
9100
workerX 上のvizQL サーバーのベースポート。
workerX.wgserver.port
8000
workerX 上のWeb アプリケーションサーバーの
ベースポート。
workerX.wgserver.procs
プロセッサ数
Web アプリケーションサーバーのプロセス数。
- 412 -
設 定 を既 定 値 に復 元
次の手順に従ってTableau Server の構成設定の既定値を復元できます。
1. サーバーを停止します。
2. bin ディレクトリで、次のように入力して、特定の設定の既定値を復元します。
tabadmin set option-name --default
たとえば、tabadmin vizqlserver.session.expiry.timeout オプションを既定値である30 分に
戻すには、次のように入力します。
tabadmin set vizqlserver.session.expiry.timeout --default
代わりに、短い-d コマンドを使用することもできます。例は次のとおりです。
tabadmin set vizqlserver.querylimit -d
3. 次に、構成コマンドを実行します。
tabadmin configure
4. サーバーを起動します。
データベースのメンテナンス
Tableau Server 管理者は、定期的なデータベースのメンテナンス、サーバーのディスク使用率の
監視、および不必要なファイルの削除によるサーバーの空き領域増加を行う必要があります。こ
れらの手順を実行することで、Tableau Serverを最大効率で実行するのに役立ちます。
Tableau データのバックアップや復元を行ったり、不必要なログや一時ファイルを削除するには、
tabadminコマンドラインツールを使用します。Tableau データには Tableau Server の独自の
PostgreSQL データベースが含まれています。このデータベースには、ワークブックおよびユーザーの
メタデータ、データ抽出 (.tde) ファイル、サーバー構成データが保存されています。Tableau Server
のログファイルはアクティビティを把握し、問題を診断するのに役立ちます。ログはサーバー上の
フォルダーに書き込まれ、ユーザーはそのアーカイブの生成および削除を行ってディスク領域を節
約できます。データのバックアップおよび不必要なファイルの削除を自動化するには、次のトピック
で説明するコマンドと、ビルトインのWindows タスクスケジューラーを使用します。
Tableau データのバックアップ
システムで障害が発生した場合に、パブリッシュされたビューや他の情報を復元できるので、
Tableau データのバックアップは重要な作業です。Tableau Server によって管理されるデータは
Tableau の独自のPostgreSQL データベースで構成されています。このデータベースには、ワーク
ブックおよびユーザーのメタデータ、データ抽出 (.tde) ファイル、サーバー構成データが含まれます。
バックアップを作成する際、これらすべてのデータが.tsbak 拡張子を持つ1 つのファイルに配置さ
れます。Tableau Server の分散インストールを実行している場合、.tde ファイルを処理するデータ
エンジンがワーカーにある場合でも、プライマリでこの手順を行います。そうすることで効果的にバッ
クアップでき、.tsbak をTableau Server ホストとは別のコンピューターに保存できます。
- 413 -
次の手順を使用して.tsbak ファイルを作成できます。新しいバージョンにアップグレードするための
最初のステップは、Tableau のアンインストールです。これにより、.tsbak ファイルも自動的に作成
されます。同じ.tsbak ファイルが、新しいバージョンにデータを自動的に移行するために使用され
ます。
backup コマンドを実行すると、7 日以上経過したTableau Server のログファイルと特定
のTableau Server 管理ビューページ248 に表示されている情報のいくつかが削除されま
す。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
2. 「tabadmin backup <filename>」と入力して、バックアップファイルを作成します。こ
こで<filename> はバックアップファイルの名前または場所と名前です。バージョン8.1 か
ら使用を開始する場合、バックアップ作成前にサーバーを停止する必要はありません。例
は次のとおりです。
tabadmin backup tabserver
または
tabadmin backup C:\backups\tableau\tabserver
必要に応じて、-d を使用してファイル名に現在のデータを付加したり、-t の次にパスを使
用してバックアッププロセス中に作成された一時ファイルの場所を指定することもできます。
例は次のとおりです。
tabadmin backup tabserver -d -t C:\mytemp\tableau
上記の例では、バックアップファイルtabserver.tsbak は、C:\mytemp\tableauで
はなく、Tableau Server のbin ディレクトリ(C:\Program Files\Tableau\Tableau
Server\8.3\bin) に作成されます。
バックアップからの復 元
データベースを復元する場合、Tableau PostgreSQL データベースの内容、データ抽出、および構
成ファイルにバックアップファイル(.tsbak) の内容が上書きされます。Tableau Server の分散インス
トールを実行している場合、プライマリでこの手順を行います。
バックアップファイルからデータベースを復元するには、次の手順を行います。
1. 次のように入力して、サーバーを停止します。
tabadmin stop
2. 次のように入力して、バックアップファイルからデータベースを復元します。
tabadmin restore <filename>
上記の行では、<filename> を、復元するバックアップファイルの名前に置き換えます。
- 414 -
構成設定を除いてデータのみを復元するには、代わりに次のように入力します。
tabadmin restore --no-config <filename>
Tableau Server が自動的に再起動します。
3. 現在復元しているバックアップファイルを作成する前の任意の時点でtabadmin
assetkeys コマンドを実行した場合は、次のコマンドを実行します。
tabadmin assetkeys --validate
バックアップファイルで使用中のカスタム暗号化キーを再作成するのに必要なパスフレーズ
を入力するよう求められます。
.tsbak ファイルを復元する場合、Tableau Serverにより自動的に、現在のdata フォルダーのコ
ピーが作成され、tabsvc.bak-* という名前が付けられ、
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data に配置されます。このフォルダーは
Tableau Server データの緊急バックアップで、Tableauサポートはバックアップの復元中に何かがう
まくいかない場合にそれを使用することがあります。
復元が完了したら、さらにディスク領域を増やせるよう、すべてのtabsvc.bak-* フォルダーを
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data から削除しても問題ありません。
Tableau Server クラスタでは、Tableau Serverを実行している各マシン上にtabsvc.bak-*
フォルダーが作成されます。
tabsvc フォルダーを削除しないでください。このフォルダーは、
ProgramData\Tableau\Tableau Server\data にもあります。このフォルダーには
Tableau Server データが含まれています。tabsvc.bak-* フォルダーのみを削除してくだ
さい。
バックアップからの抽 出 の復 元
uninstall-<version>.tsbak (たとえば、uninstall-8.2.tsbak) というファイルがアンインストールプロセ
スの一環として作成されます。バージョン8.3 にアップグレードした後、アップグレード中に
dataengine フォルダーを間違って削除した場合などに、このファイルを使用してデータ抽出を復
元できます。uninstall-<version>.tsbak を使用してデータ抽出を復元するには、次の手順を行い
ます。
1. サーバーを停止します。
2. Tableau Server バージョン8.3 のbin ディレクトリから、次のように入力します。
Windows Server 2012、Windows Server 2008、Windows Vista、Windows 7、および
Windows 8:tabadmin restore \ProgramData\Tableau\Tableau
Server\uninstall-8.2.tsbak
64 ビットWindows Server 2003 にインストールされた32 ビットTableau Server:
tabadmin restore \Program Files (x86)\Tableau\Tableau
Server\uninstall-8.2.tsbak
- 415 -
32 ビットWindows Server 2003 にインストールされた32 ビットTableau Server:
tabadmin restore \Program Files\Tableau\Tableau
Server\uninstall-8.2.tsbak
不 必 要 なファイルの削 除
ベストプラクティスとして、サーバー上のスペース使用率を監視する必要があります。より多くのス
ペースを利用できるようにする必要がある場合は、ログファイル、一部のPostgreSQL データベー
スエントリ、およびログファイルアーカイブを削除できます。
問題のトラブルシューティングを行うための古いログが必要な可能性がある場合、クリーンアップを
実行する前にログファイルを作成する必要があります。詳細については、コマンドラインのログの
アーカイブ(tabadmin) ページ425を参照してください。
クリーンアップを実行する前にTableau Server を停止する必要はありませんが、Tableau Server
が実行中であるか停止中であるかに応じてtabadmin cleanup コマンドの動作が異なりま
す。ログファイルおよび一時ファイルをクリーンアップするという目標において、 tabadmin
cleanup コマンドの実行方法を決定する必要があります。
サーバーの状態とtabadmin cleanup
可能性のあるすべてのファイルとデータベースエントリをクリーンアップするには、tabadmin
cleanup を2 回実行する必要があります。1 回は Tableau Server の実行中、もう1 回は停止
中です。
tabadmin cleanup の結果は、Tableau Serverが実行中であるかどうかに応じて異なりま
す。
サーバーの実行中および停止中に tabadmin cleanup を実行すると削除されるものについ
ての概要を以下に示します。
Tableau Server が停止した状態で tabadmin cleanup を実行すると、以下のとおりになります。
l
すべてのログファイルがProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs から削除されます
(ProgramData\Tableau\Tableau Server\logs からのログファイルは削除され
ません)。
l
l
Tableau Server の一時フォルダーの内容 (ProgramData\Tableau\Tableau
Server\temp およびProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\temp) が削除されます。
PostgreSQL データベースにアクセスできないため、http_requests テーブルエントリは
変更されません。
Tableau Server が実行している状態で tabadmin cleanup を実行すると、以下のとおりになります。
l
7 日より古いログファイルがProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\logs から削除されます。
(ProgramData\Tableau\Tableau Server\logs からのアクティブなログとログファ
イルは削除されません)。
- 416 -
l
7 日より古いhttp_requests テーブルエントリは、Tableau ServerPostgreSQL データ
ベースから削除されます。
これは、カスタム管理ビューを作成する際に使用する表の1 つです。詳細については、カス
タム管理ビューの作成 ページ256を参照してください。
7 日より古いhttp_requests 表の列も、Tableauデータをバックアップするときに削除さ
れます。詳細については、Tableau データのバックアップページ413を参照してください。
l
Tableau Server 一時フォルダーの内容は変更されません。
不必要なファイルの削除
7 日より古いログファイルとhttp_requests エントリを削除するには、以下を実行します。
l
Tableau Server が実行している状態でコマンドプロンプトを開き、tabadmin cleanup
と入力します。
すべてのログファイルと一時ファイルを削除し、http_requests エントリをそのままにしておくに
は、以下を実行します。
l
Tableau Server が実行している状態でコマンドプロンプトを開き、tabadmin cleanup
--restart と入力します。
cleanup コマンドが実行される前に、--restart オプションによってTableau Server が停
止し、その後に再びTableau Server が起動します。
これは、tabadmin を3 度実行することに相当します ( tabadmin stop、
tabadmin cleanup、およびtabadmin start)。
cleanup コマンドとbackup コマンドの実行を自動化する方法のヒントについては、以下のナレッジ
ベース記事を参照してください。サーバーバックアップとメンテナンスの自動化
ログ ファイル アーカイブのクリーンアップ
ログファイルアーカイブを作成していて、もはや必要でなくなった場合、[メンテナンス] ページの[ス
ナップショットの削除] オプションを使用してサーバーから削除することができます。詳細について
は、[メンテナンス] ページのログのアーカイブ(スナップショット) ページ422を参照してください。
トラブルシューティング
Tableau Server で発生した問題のトラブルシューティングについては、次のトピックを参照してくだ
さい。信頼できる認証をトラブルシューティングする方法のヒントについては、信頼できる認証のト
ラブルシューティングページ334を参照してください。
ログ ファイルの操 作
Tableau Server は正常なアクティビティの一環としてログファイルを作成します。サーバーログファ
イルの使用が必要になる可能性があるのは、TableauSever の問題をトラブルシューティングする
- 417 -
場合、または Tableau サポートが問題を解決するためにログを要求する場合だけです。
サーバー上でコマンドラインからログファイルのアーカイブ(スナップショット) をzip 形式で圧縮する
か、[メンテナンス] ページで[スナップショットの作成] オプションを使用することができます。zip 形式
で圧縮されたアーカイブは、コピーまたは Web ブラウザーを使用してダウンロードしたり、Tableau
サポートへ送ることができるログのコピーを含みます。アーカイブをコピーすると、サーバーからアーカ
イブを削除することができます。ログファイルのアーカイブの作成、ダウンロードおよび削除に関する
詳細については、[メンテナンス] ページのログのアーカイブ(スナップショット) ページ422を参照して
ください。
このようにトピックを収集することで、ログファイルのアーカイブの作成方法、特定のログファイルの
コンテンツに関する情報、ログを参照する可能性がある場合やその方法についての詳細などの
情報が得られます。
Tableau Server の問題の調査
Tableau Server で発生する可能性がある問題の範囲や複雑さを考慮すると、すべての問題を
調査するのに使用できる簡単なプロセスはありません。ただし、一般的な方法として次の手順が
含まれます。
1. サイズを少なくするために、既存のログファイルのクリーンアップを行います。詳細について
は、不必要なファイルの削除 ページ416を参照してください。
2. 適切なロギングレベルの設定。これは、Tableauサポートが指示を行います。詳細につい
ては、ロギングレベルの変更 ページ432を参照してください。
3. 問題に関連するイベントをログに記録できるよう、トラブルシューティングを行っている問題
の再現を行います。
4. ログのアーカイブを作成します。詳細については、ログファイルのアーカイブページ422を参
照してください。
重要: ログファイルを見るときにはこのアーカイブを使用します。サーバー上にあるファ
イルを直接編集、移動、または削除しないようにします。
5. サーバー構成ファイルを確認して(\config\tabsvc.yml)、サーバー環境の基本情報
を把握します。
6. 管理ログを確認して(\logs\tabadmin.log)、サーバーに対して行われたメンテナンス
を把握します。
実行するアカウント名: <script> を検索し、tabadmin に関連するアクティビティに特有
のエントリを見つけます。
7. 調査している問題に関連する可能性のある要求があるか、Apache ログを確認
(\httpd\access.####_##_##_##_##_##.log および\httpd\error.log) し
ます。
Apache ログには相当な量の「ノイズ(不要な情報)」が含まれており、これは発生中の問
題に該当しません。
l 問題に関連すると
思われる要求を見つける場合、\wgserver および
\vizqlserver でApache ログの一意の要求 ID を含むエントリを検索します。
l 要求 ID に関連する応答コ
ードおよびメッセージを確認します。
- 418 -
l
l
l
問題に関係するワークブック、ビュー、ダッシュボード、またはデータソースの名前を
検索します。該当するタイムスタンプを探します。
問題に関連している可能性のある要求が見つかった場合、要求に関連付けられた
応答コードを確認します。(200s は問題なく、500s は問題があることを示していま
す。)
特定した要求に関連付けられた固有の要求 ID を見つけます (固有の要求 ID は
要求の最後にある24 個の英数字の文字列です)。
8. ログアーカイブをさらに確認して、他のメッセージや潜在的なエラーを検索します。
l Apache ログの要求 ID を使用して、
関連するログエントリを含むファイルがあるかどう
か、ログアーカイブの\wgserver および\vizqlserver フォルダーを検索しま
す。問題を示す事例を探します (たとえば、エラーメッセージや長期実行中のクエリ
など)。
9. サポートに連絡
ご自身で問題を解決できない場合や Tableau サポートから要求があった場合は、アーカイ
ブをzip 形式で圧縮したファイルをTableau まで送信してください。
詳細については、次のトピックを参照してください。
Tableau Server プロセス
さまざまな結果を得るために変更できる既定の設定を持つTableau Server プロセスは 6 つありま
す。サーバーのパフォーマンスの向上 ページ287 および高可用性 ページ148 の各トピックでは、
採用できるいくつかの方法を説明します。各プロセスの詳細なステータスはサーバーの[メンテナン
ス] ページに表示され、バックグラウンドプロセスなどプロセスに関連したより詳細な情報は 管理
ビューページ248 のトピックに表示されます。
構造的に、64 ビットバージョンのTableau Server はネイティブの64 ビットプロセスを使用し、32
ビットバージョンのTableau Server は 32 ビットプロセスを使用します。例外はデータエンジンで
す。32 ビットバージョンのTableau Server が64 ビットオペレーティングシステムにインストールされ
ている場合、64 ビットバージョンのデータエンジンプロセスが使用されます。
これらのプロセスで生成されたログファイルについては、「サーバー ログファイルの場所 ページ426」
を参照してください。
プロセス
ファイル名
アプリケーショwgserver.exe
ンサーバー
複数
スレッ
目的
ドかど
うか
Web アプリケーショはい
ンを処理し、閲覧
と検索をサポート
する
- 419 -
パフォーマンス特性
抽出によってワークブック
をパブリッシュしたり、
ビューの静止イメージを生
成したりするような使用
頻度の少ない処理中に
のみ、大きなリソースを消
費します。そのロードは、
ブラウザーベースの操作と
tabcmd によって作成でき
複数
スレッ
プロセス
ファイル名
目的
パフォーマンス特性
ドかど
うか
ます。
バックグラウンbackgrounder.exe 抽出の更新、「今 いいえ 複数のプロセスをクラスタ
ド
すぐ実行」タスク、
のいずれかまたはすべて
tabcmd から開始
のマシンで実行し、キャパ
したタスクなどの
シティを拡大できる単一
サーバータスクを
スレッドプロセス。バックグ
実行する
ラウンダーは通常、大量
のプロセスメモリを消費し
ませんが、用意された
ワークロードの性質に応
じてCPU、I/O、または
ネットワークリソースを消
費する場合があります。
たとえば、大量の抽出の
更新を実行すると、ネット
ワーク帯域幅を使用して
データを取得できます。
CPU リソースは、データの
取得または複雑な
tabcmd タスクによって消
費される場合がありま
す。
データエンジ tdeserver64.exe データ抽出を保存 はい
データエンジンのワーク
ン
し、クエリに応答す
ロードは、VizQL Server
tdeserver.exe
る
プロセスからの要求によっ
て生成されます。このワー
クロードは、抽出をメモリ
にロードし、クエリを実行
するコンポーネントです。
メモリ消費量は、主に
ロードされるデータ抽出の
サイズに基づきます。32
ビットのTableau Server
がインストールされている
場合でも、64 ビットのバイ
ナリは、64 ビットのオペ
レーティングシステムで既
定として使用されます。
データエンジンは、一度
に複数の要求を処理す
- 420 -
プロセス
ファイル名
データサー
バー
dataserver.exe
リポジトリ
postgres.exe
VizQL
Server
vizqlserver.exe
複数
スレッ
目的
パフォーマンス特性
ドかど
うか
るマルチスレッドです。負
荷がかかりすぎている場
合は、CPU、I/O、および
ネットワークリソースが消
費され、負荷時にパ
フォーマンスボトルネックと
なる可能性があります。
負荷が高いと、要求を処
理するためにデータエン
ジンの1 つのインスタンス
でCPU リソースがすべて
消費される場合がありま
す。
Tableau Server の はい
これはプロキシであるた
データソースへの
め、通常は、ネットワーク
接続を処理する
のみにバインドされます
が、十分な数の同時ユー
ザーセッションが作成され
ている場合は、CPU でバ
インドされる場合がありま
す。この負荷は、ブラウ
ザーおよびTableau
Desktop ベースの操作
と、Tableau Server デー
タソースの抽出の更新
ジョブによって生成されま
す。
Tableau Server の N/A
通常は、リソースをほとん
データベースはワー
ど消費しません。ユー
クブックとユーザー
ザーごとにすべてのワーク
のメタデータを保存
ブックを表示したり、権限
する
を変更したりするような操
作を実行中に、極めて
大きな配置 (何千のユー
ザー) でまれにボトルネック
になることがあります。
ビューをロードして はい
ビューのロード中とWeb
レンダリングし、クエ
ブラウザーからのインタラク
リを計算して実行
ティブな使用時に大量の
する
リソースを消費します。
- 421 -
プロセス
ファイル名
複数
スレッ
パフォーマンス特性
ドかど
うか
CPU バインド、I/O バイン
ド、またはネットワークバ
インドに指定できます。プ
ロセス負荷は、ブラウザー
ベースの操作によっての
み作成できます。プロセス
メモリが不足する場合が
あります。
目的
ログ ファイルのアーカイブ
ログファイルのアーカイブ(スナップショット) を作成するには 2 つの方法があります。ブラウザーを使
用して[メンテナンス] ページで作成するか、Tableau Server のコマンドプロンプトでtabadmin を
使用して作成します。ログファイルのアーカイブを作成すると、ログがzip 形式で圧縮されたスナッ
プショットが得られ、トラブルシューティングに使用したり、Tableau サポートに問題のヘルプを送信
したりすることができます。
[メンテナンス] ページのログのアーカイブ(スナップショット)
コマンドプロンプトを開かずにTableau Server のログファイルのスナップショット(アーカイブ) を作成
したり、Web ブラウザーからダウンロードしたりできます。このzip 形式で圧縮されたスナップショット
には、Tableau Server と任意のワーカーサーバー(分散環境がある場合) からの最大 7 日間のロ
グファイルデータのコピーが含まれます。スナップショットプロセスでは Tableau Server のログファイ
ルや tabadmin で作成されたログアーカイブを変更または削除しません。
注 収集するデータ量や作成しているzip ファイルの名前を指定するには、tabadminを使
用してサーバーログのアーカイブを作成します。詳細については、コマンドラインのログの
アーカイブ(tabadmin) ページ425を参照してください。
サーバーのログファイルのスナップショットを生成するには、以下の手順を実行します。
- 422 -
1. [管理] タブで、[メンテナンス] をクリックします。
2. [アクティビティ] の下で、[ログファイルのスナップショットを生成およびダウンロードする] をクリッ
クしスナップショットオプションを開きます。
3. [スナップショットの作成] をクリックして、Tableau Server ログのスナップショットを作成しま
す。[スナップショットの作成] ボタンは、既存のスナップショットがない場合にのみ利用できま
す。
tabadmin で作成されたログアーカイブは、このオプションの可用性に影響を及ぼし
ません。
4. [スナップショットのダウンロード] をクリックして、ログのスナップショットをWeb ブラウザーの既
- 423 -
定のダウンロード場所にダウンロードします。このオプションは、スナップショットを作成した後
に利用できます。
Google Chrome では、ウィンドウの下にダウンロードが表示されます。
5. 矢印をクリックしてから[開く] をクリックし、スナップショットを解凍するか、[フォルダーを開く] を
クリックしてダウンロードされた場所を参照します。
6. (オプション) ログのスナップショットを削除するには、[スナップショットの削除] をクリックします。
このオプションは、スナップショットを作成した後に利用できます。新しいスナップショットを作
成する前に既存のスナップショットを削除する必要があります。
- 424 -
たとえば、調査するイベントの前に作成したスナップショットを削除することが考えられます。
コマンドラインのログのアーカイブ(tabadmin)
Tableau Server のログファイルは、tabadminziplogs コマンドを使用してアーカイブできます。
このコマンドは、すべてのログファイルを1 つのzip ファイルにまとめます。これは、Tableauサポート
に連絡する際に便利です。ziplogs コマンドではログファイルは削除されず、zip ファイルにコピーさ
れます。Tableau Server の分散インストールを実行している場合、プライマリサーバーからこの手
順を実行します。すべてのワーカーログがzip ファイルに含まれます。
注:tabadmin ziplogs コマンドは、次のようなメッセージを生成する場合があります。
「zip error: Nothing to do!" これらは、ほとんどの場合 zip プロセスの特定の手順に関連し
ています。ログファイルのアーカイブが空であったりアーカイブプロセス全体が失敗したという
ことではありません。
ログファイルのアーカイブを作成するには、次の手順を実行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。
例は次のとおりです。
cd "C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin"
2. 次のように入力してTableau Server を停止します。
tabadmin stop
3. 「tabadmin ziplogs -l -n <filename>」と入力してzip ファイルを作成します。
ここで、<filename> は作成するzip ファイルの名前です。スペースを含まない一意の名
前を指定します。既存のファイルは上書きされません。例は次のとおりです。
tabadmin ziplogs -l -n my_logs
ファイル名を指定しない場合、ファイル名は logs.zip になります。-d mm/dd/yyyy を
使用して、特定の日付以降に生成されたログのみを含めることもできます。例は次のとお
りです。
tabadmin ziplogs -l -n -d 02/14/2014
上記のコマンドは、日付が2014 年 2 月 14 日から現在までのログを含むlogs.zip とい
う名前のzip ファイルを作成します。それより前のログは除外されます。-n オプションは、使
- 425 -
用中のポートなどのサーバー環境情報を取得します。ziplogs のすべてのオプションを調べ
るには、「tabadmin ziplogs -h」と入力します。
4. 次のように入力してTableau Server を再起動します。
tabadmin restart
ログのzip ファイルは Tableau Server のbin ディレクトリにあります。
サーバー ログファイルの場所
既定では、Tableau Server ログファイルのアーカイブはlogs.zip という名前のzip ファイルに収
集されます (tabadmin を使用してアーカイブを作成する場合、異なる名前を指定できます)。
アーカイブをサーバーからローカルコンピューターにコピーし、そこで開くか、Tableau サポートに送
信することができます。アーカイブを解凍する場合、関連するログファイルと一緒に一連のフォル
ダーが作成されます。この表では、各フォルダーに含まれる可能性があるコンテンツのほか、
Tableau Server でファイルがある本来の場所、ログファイルを作成したプロセス、およびファイル詳
細が説明されています。
Tableau Server のログディレクトリは、Tableau Server をC ドライブにインストールした場合、以
下の表に別途注記のない限り、C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs で
す。
ログアーカイブファイルの場所
logs.zip に含ま 詳細
ファイル
れるファイル/フォ
ルダー
Tableau
buildversion.txt Server のビ
ルドバージョ
ン。
tabsvc.yml
作成者
Tableau Server の
場所
\config
wgserver.checksum
リポジトリの
assetkeyencrypti- 暗号化に
関連するロ
on
グ。
抽出更新、
「今すぐ実
backgrounder
行」のタス
ク、および
tabcmd タス
クのように、
サブスクリプ
ションやスケ
assetkeyencryption.l tabadmin
assetkeys
og
backgrounder-#.log
spawn.####.log
tomcat-#.####-####.log
- 426 -
\logs\assetkeyencryption
backgrounder.- \logs\backgrounder
exe
config
ジュール済
みアクティビ
ティに関連
するログ。
構成ファイ connections.yml
ル。
workgroup.yml
これは、トラ
ブルシュー
ティングを行
う場合に使
用して情報
収集を始め
るのに適し
ています。
構成設定
が期待した
とおりである
かを確認し
ます。
datacollector
dataengine
dataserver
httpd
Tableau
Server の構成
\config
\logs\datacollector
それぞれの
日の
tdeserver ロ
グファイルが
あり、データ
抽出やクエ
リ、および
VizQL
Server の要
求に対する
応答につい
ての情報が
含まれま
す。
Tableau
Server デー
タソースへ
の接続につ
いての情
報。
Apache ロ
グ。ここでは
tdeserver_####_##_ tdeserver.exe \logs\dataengine
##_##_##_##.log
tdeserver64.ex
e
dataserver-#.log
dataserver.exe \logs\dataserver
access.####-####.##-##-##log
Apache デーモ \logs\httpd
ン
- 427 -
認証エントリ error.log
を確認しま startup.log
す。Apache
ログに含ま
れる各要求
には、関連
する要求 ID
があります。
この要求 ID
はサーバー
ログ全体で
使用され、
ログエントリ
を要求に関
連付けるの
に使用でき
ます。
licensing
logs
\logs\licensing
最大の目
的であり、
最も役立つ
ログの場所
です。構成
ファイルの確
認後、ここ
を確認しま
す。
tabadmin.log
tabconfig.log
tablicsrv.log
tabsrvlic.log
wgserver.war.deplo
y.log
tabadmin.lo
g は決して
上書きおよ
び切り捨て
が行われな
いため、す
べての詳細
情報が含ま
れます。
notifytabadmin.lo
g には
tabadmin.lo
g のエラーが
含まれます
(このエラー
- 428 -
\logs
は
tabadmin.lo
g にも含ま
れます)。
pgsql
tablicsrv.log
および
tabsrvlic.log
は、ライセン
ス発行と関
連していま
す。
起動サー
バープロセ
スに関連す
るファイルを
含む
PostgreSQL データベー
スログ。
Tableau
データ抽出
は
PostgreSQL データベー
スに保存さ
れます。
repository
rsync
高可用性
環境での主
要リポジトリ
およびスタン
バイの同期
に関連しま
す。高可用
性 (HA) イ
ンストールの
みに適用さ
れます。
service
tabspawn
\logs\pgsql
postgres.exe
\logs\repository
\logs\rsync
notify-tabsvc.log
\logs\service
tabsvc.log
solr
検索イン
デックスに関
\logs\solr
- 429 -
連します。
svcmonitor
\logs\svcmonitor
サーバーの
tabadminservice ログファイル
のスナップ
ショットを生
成するオプ
ションで作
成したログ
アーカイブに
関連しま
す。
tabadmwrk
\logs\tabadminservice
\logs\tabadmwrk
vizportal
vizqlserver
\logs\vizportal
ビューの表
vizql-0.log.####-##示および操 ##
作に関連し spawn.####.log
ます。
vizqlserver.exe \logs\vizqlserver
VizQL
Server の複
数のインスタ
ンスを実行
している場
合、インスタ
ンスはポート
番号により
識別されま
す。
vizqlserver\logs
notifyproducti
on ログには
例外イベン
トが含まれ
ます。
ほとんどの
ファイルは
JSON 形式
です。
backgrounder_
####_####_##_##_
##_##_##.txt
dataserver_####_
データを開く ####_##_##_##_
か、データに ##_##.txt
接続する
tabadmin_####_##_
- 430 -
\vizqlserver\logs
と、
##_##_##_##.txt
tabprotosrv. tabprotosrv.txt
txt が作成さ
vizqlserver_####_
れます。
####_##_##_##_
##_##.txt
wgserver_####_
####_##_##_##_
##_##.txt
wgserver
tdserver_
vizqlserver_####_
####_##_##_##_
##_##.txt
管理タス
db-migrate_####_
ク、ワーク
##_##_##_##_
ブックやパー ##.log
ミッションの migrate.log
管理、認
証、サインイ notifyproduction.####_
ン、初期
####_##_##_##_
ビュー要
求、および ##_##.log
パブリッシュ production.####.log
要求に関
production.####_
連する情報
####_##_##_##_
です。
##_##.log
閲覧、検
spawn.####.log
索。
tomcat-#.####_##_
wgserver の
##.log
インスタンス
はポート番 wgserver-#.log
号により識
別され、
「productio
n」または
「notifyproduction」
の直後で
す。.
notifyproduction
ログには例
外イベント
- 431 -
wgserver.exe
\logs\wgserver
が含まれま
す。
各日の各
バックグラウ
ンダープロ
セスに対応
する別々の
production.
n_### ファイ
ルがありま
す。
notifyproduction.
n_### は
production.
n_### と相
関関係にあ
りますが、エ
ラーのみを
含みます。
Tableau Server のログファイルは、サーバー上の次のフォルダーにあります。
Tableau Service のログ
次のログファイルは、Web アプリケーション、データベース、およびインデックスに関連するアクティビ
ティを追跡します。
C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc
VizQL のログ
これらのログファイルは、データベースのクエリやイメージの生成など、ビューの表示に関連するアク
ティビティを追跡します。
C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\vizqlserver\Logs
一時ファイル
下記のフォルダー内のexe_ で始まるファイルは Tableau Server のファイルであり、削除できます。
C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\temp
ロギング レベルの変更
既定では、Tableau Server は情報レベルでイベントのログを記録しています。さらに多くの情報を
収集する必要がある場合 (たとえば、Tableau サポートと連絡している場合)、これを変更すること
ができます。ベストプラクティスとして、問題のトラブルシューティングを行っている場合を除きロギン
グレベルを増加する必要はありません。
- 432 -
ロギングレベル
以下のロギングレベルは、ログに記録される情報量が増加する順に列挙されています。
l
l
l
l
l
l
l
オフ
致命的
エラー
警告
情報 (既定)
デバッグ
追跡
注: ログレベルをデバッグまたは追跡に引き上げると、ログに記録される情報量が増加する
ため、パフォーマンスに大きく影響する可能性があります。ロギングレベルをデバッグに設定
する必要があるのは、特定の問題を調査する場合のみです。問題を再現したら、ロギング
レベルをリセットし、情報に戻してください。
ロギングレベルの変更
Tableau Server のロギングレベルをtabadmin set コマンドの1 つを使用して設定します。使用す
るコマンドは、Tableau Serverのどのコンポーネントのロギングレベルを変更するかによって異なり
ます。
コマンド
影響するログの場所
server.log.level
vizqlserver.log.level
wgserver.log.level
(path begins with \ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc)
\vizqlserver\Logs\*.txt
\vizqlserver\*.log
\wgserver\*.log
詳細については、tabadmin set オプションページ406 を参照してください。
ロギングレベルを変更する前にTableau Server を停止し、その後再起動する必要があります。
Tableau Server の分散インストールを実行している場合、プライマリサーバーからロギングレベル
の設定を行います。
ロギングレベルを変更するには、次の手順を実行します。
1. 管理者としてコマンドプロンプトを開き、Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。
Tableau Server がC ドライブにインストールされている場合、以下に移動します。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
または
C:\Program Files (x86)\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
2. 次のように入力して、Tableau Server を停止します。
- 433 -
tabadmin stop
3. 「tabadmin set [command][option]」と入力し、ロギングレベルを設定します。
ここで、[command] は server.log.level、vizqlserver.log.level または
wgserver.log.level であり、
[option] は有効なロギングレベルです。
例:
l
tabadmin set server.log.level debug
l
tabadmin set vizqlserver.log.level warn
l
tabadmin set wgserver.log.level off
4. 次のように入力して、Tableau Server を再起動します。
tabadmin restart
ロギングレベルのリセット
調査している問題に関係する情報を収集したら、パフォーマンスに影響が残らないよう、ロギング
レベルをリセットします。
適切なコマンドに-d オプションを使用して、ロギングレベルを既定 (情報) に戻します。
例:
l
tabadmin set server.log.level -d
l
tabadmin set vizqlserver.log.level -d
l
tabadmin set wgserver.log.level -d
ライセンスが解 除 されたサーバーへの対 応
Tableau では 2 つのライセンス発行モデルを提供しています。ユーザーベース方式とコアベース方
式です。ユーザーベースのライセンス発行では、アクティブな各ユーザーアカウントがライセンスに
よってカバーされている必要があります。ユーザーベースのライセンスでは、キャパシティ(使用でき
るユーザー数) が定義されています。各ユーザーにはサーバー上で一意のユーザー名が割り当てら
れ、サーバーに接続するときにそのユーザー名で認証が行われます。ソフトウェアは単一のマシン
にインストールすることも、分散サーバー環境で複数のマシンにインストールすることもできます。
コアベースのライセンス発行では、システム内のユーザーアカウント数に制限はありませんが、
Tableau Server が使用できるプロセッサコアの数が制限されます。サーバーを1 つまたは複数の
マシンにインストールしてクラスタを構成できますが、すべてのマシンの合計コア数がライセンスでカ
バーされているコア数を超えないことと、特定のマシン上のコアがすべてライセンスでカバーされてい
ることという制限があります。
- 434 -
ライセンスを解除されたユーザー ベースのサーバー
サーバーがユーザーベースのライセンスを解除される最も一般的な理由は、プロダクトキーまたは
メンテナンス契約の有効期限切れです。[スタート] > [すべてのプログラム] > [Tableau Server]
> [プロダクトキーの管理] を選択して、プロダクトキーを確認し、新しいキーを追加できます。
ライセンスを解除されたコア ベースのサーバー
コアベースのサーバーのライセンス解除には、さまざまな理由が考えられます。一般的な問題は、
プライマリマシンまたはワーカーマシンに、ライセンスで許可されている数を超えるコアがあることで
す。サーバーのライセンスが解除されると、サーバーを起動または管理できません。ただし、
tabadmin コマンドラインツールを使用して、ライセンスを管理できます。次の手順に従って、ライ
センスのリストとマシンごとのコア数を確認します。
1. コマンドプロンプトを開き、次のように入力します。cd C:\Program
Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
2. 次のように入力します。tabadmin licenses.
ライセンスが解 除 された VizQL Server プロセスの処 理
Tableau Server の[メンテナンス] ページには、Tableau Server プロセスの状態の把握に役立つい
くつかのステータスインジケーターがあります。オレンジ色のステータスボックス"ライセンスなし" は、
いずれかのVizQL Server プロセスがTableau Server のライセンス情報を取得できないことを示し
ます。
プロセスがこの情報を取得できない理由については、いくつかの原因が考えられます。たとえば、
ネットワーク問題によりワーカーマシンで実行されているVizQL プロセスがプライマリマシンと通信
できない場合があります。または、プロセスで受け入れ可能な数よりも多くの要求が送られ、ライ
センス要求を処理できない可能性があります。この結果、一部のユーザーがビューにアクセスでき
ても他のユーザーがアクセスできない場合があります。
この問題を解決するには、Tableau Server を停止した後に起動します。
VizQL "メモリ不 足 " エラー
32 ビットバージョンのTableau Server では、VizQL プロセスがセッションの同時表示の制限に達
すると、"メモリ不足" エラーが発生することがあります。また、このエラーは以下にある
vizqlserver*.txt ログにも書き込まれます。
C:\ProgramData\Tableau\Tableau
Server\data\tabsvc\vizqlserver\Logs
- 435 -
このエラーが発生してもVizQL プロセスは終了されませんが、追加の接続は受け入れません。こ
の問題を処理するには、次の手順を行います。
l
l
l
64 ビットTableau Server へのアップグレード: 詳細については、8.3 へのアップグレードペー
ジ132を参照してください。
VizQL プロセス数を増やす: これは、1 人以上のワーカーを追加する必要があることを意味
する場合があります。この手順については、ワーカー サーバーのインストールと構成 ページ
143を参照してください。
vizqlserver.session.expiry.timeout を編集する: tabadmin を使用して
vizqlserver.session.expiry.timeout の設定を既定 (30 分) から短い時間 (10 分または 5
分など) に変更します。こうすると、アイドルセッションがすぐに終了するため、新しいセッショ
ンにメモリを解放することができます。
Cookie 制 限 エラー
ユーザーがTableau Server にサインインしたとき、セッションCookie はローカルのブラウザーに保存
されています。保存されたCookie は、ユーザーのTableau Server へのサインイン認証とサーバー
へのアクセス許可を管理する方法です。Cookie はブラウザーのアドレスバーと同じドメインまたは
サブドメインで設定されているので、ファーストパーティのCookie とみなされます。ユーザーのブラウ
ザーがファーストパーティのCookie をブロックするように設定されている場合、ユーザーは Tableau
Server にサインインできません。
埋め込みビュー経由で、または信頼できる認証が設定された環境で、ユーザーがTableau
Server にサインインする場合も、同じことが起こります。cookie は保存されます。Cookie は保存
されています。しかし、この場合、ブラウザーは Cookie をサードパーティCookie として扱います。
これは、Cookie がブラウザーのアドレスバーに表示されているものと異なるドメインで設定されて
いることが理由です。ユーザーのWeb ブラウザーがサードパーティのCookie をブロックするように設
定されている場合、Tableau Server の認証は失敗します。失敗しないようにするには、Web ブラ
ウザーがサードパーティのCookie を許可するように構成する必要があります。
データソースのトラブルシューティング
ユーザーがTableau Server のデータソースを操作するには、次の最大 3 つのものが必要です。
l
データソースのパーミッション: データソースに接続するすべてのユーザーには、そのデータ
ソースの[接続] パーミションと[表示] パーミッションが必要です。これはユーザーが、データ
ソースに接続するビューにアクセスする場合も同様です。データソースのパブリッシュと変更
を行うすべてのユーザーには、パブリッシュのライセンス、および[書き込み/名前を付けて保
存] パーミッションと[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッションが必要です。
詳細については、パーミッションの操作 ページ86およびデータソースのパーミッションの設定
ページ90を参照してください。
多次元 (キューブ) データソースをダウンロードしてTableau Desktop で使用する必要があ
るため、[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッションが必要です。Tableau で
のキューブの詳細については、多次元 (キューブ) データソースページ237を参照してくださ
い。
l
データベースに対する認証機能: Tableau のデータに接続し、誰が何にアクセスするかを管
- 436 -
理するには、いくつかの方法があります。基本的に、データベースに接続するすべてのエン
ティティは、認証を行うことができる必要があります。このエンティティは、抽出の更新を行う
Tableau Server かもしれません。稼動中のデータベースに接続するデータソースにアクセス
するTableau Desktop ユーザーかもしれません。また、稼動中のデータベースに接続する
ビューにアクセスするTableau Server ユーザーかもしれません。オプションの詳細について
は、データセキュリティページ262を参照してください。
l
データベースドライバー: Tableau Desktop でデータソースを作成してパブリッシュしたユー
ザーが追加のデータベースドライバーをインストールする必要があった場合、そのドライバー
のインストールがTableau Server でも必要になることがあります。たとえば、データサーバー
プロセスをワーカーサーバー上で実行するTableau Server の分散インストールを行う場
合、必要なデータベースドライバーをワーカーサーバーだけでなくプライマリサーバーにもイ
ンストールする必要があります。他のプロセスでもドライバーが必要になります。詳細につい
ては、データベースドライバーページ145を参照してください。
データソースのエラー メッセージ
ワークブック作成者やその他のユーザーがデータソースやビューを操作する際に発生するエラーが
いくつかあります。
この Tableau Server データソースへのアクセスパーミッションが拒否されました: データソースに
接続するには、[接続] パーミッションが必要です。詳細については、パーミッションの操作 ページ
86およびデータソースのパーミッションの設定 ページ90を参照してください。
データソースが見つかりません: ビューを操作しているとき、データソースがTableau Server から削
除されている場合や、[データに接続] ページを更新する必要がある場合に、このエラーが表示さ
れることがあります。Tableau Desktop で[データに接続] ページを更新するには、[更新] アイコンを
クリックします。
この Tableau Server データソースに接続できません: このエラーは、データソースの接続情報が
変更された(たとえば、データベースサーバー名が変更された) 場合に発生することがあります。
データソースのデータ接続情報を参照し、正しく設定されていることを確認してください。
Tableau Server のデータソースをリストできません: このエラーは、ユーザーがTableau Server の
データソースにアクセスしようとしたときにTableau Server とTableau Desktop の間に接続上の問
題がある場合に発生することがあります。
キューブデータソースに接続できません: パブリッシュされた多次元 (キューブ) データソースを使用
するには、データソースをダウンロードし、Tableau Desktopでそれを使用する必要があります。
データソースに対する[ダウンロード/名前を付けて Web に保存] パーミッションがあることを確認し
- 437 -
ます。Tableau でのキューブの詳細については、多次元 (キューブ) データソースページ237を参
照してください。
サブスクリプションのトラブルシューティング
"この電子メール内のビュー スナップショットを正しくレンダリングできませんでした。"
このエラーメッセージ付きサブスクリプションを受け取った場合は、いくつかの理由がある可能性が
あります。
l
l
l
クレデンシャルが見つかりません。いくつかのビューは、埋め込みクレデンシャルを使用してパ
ブリッシュされます。埋め込みクレデンシャルが期限切れの場合、または埋め込みクレデン
シャルを使用せずにビューが再度パブリッシュされた場合、上記のエラーが表示される可能
性があります。
データベースが一時的にダウンしています。ビューが稼働中のデータベースと接続しており、
サブスクリプションの生成時にデータベースが一時的にダウンした場合、上記のエラーが表
示される可能性があります。
バックグラウンドプロセスがタイムアウトしました。既定では、バックグラウンドプロセスは 30
分後にサブスクリプションのタイムアウトを処理します。ほとんどの場合、十分な時間があり
ます。しかし、バックグラウンドプロセスが非常に大規模で複雑なダッシュボードを処理して
いる場合は、十分な時間がない可能性があります。時間が十分あるかどうかを判断する
ために、バックグラウンドタスクページ252の管理者ビューを確認できます。タイムアウトのし
きい値を増やすには、tabadmin オプションsubscriptions.timeout を使用します。
サブスクライブできない
ユーザーがTableau Server 上でビューを表示でき、右上隅にサブスクリプションアイコン(
る場合、ビューをサブスクライブできます。
) があ
ビューをサブスクライブするには 2 つのものが必要です。Tableau Server を正しく設定する必要が
あります (サブスクリプションの管理 ページ203を参照)。また、サブスクライブしているビューがデータ
ソースの埋め込みクレデンシャルを持つようにするか、クレデンシャルに依存しないようにする必要
があります。後者の例には、更新していない抽出に接続するワークブック、またはパブリッシュ時に
ワークブックに含まれていたファイル内に、データが置かれているワークブックが含まれます。クレデン
シャルの埋め込みは、Tableau Desktop で発生する1 つの手順です(詳細についてはTableau
Desktop ヘルプを参照)。
サブスクリプション アイコンがない
Tableau Server 上でビューを表示できても、サブスクライブできない可能性があります。これは、
稼働中のデータベースに接続するビューで、ビューを最初にクリックした際にデータベースクレデン
シャルが要求される場合に発生します。サブスクリプションには、ビュー(またはワークブック)、デー
タ、およびスケジュールが含まれます。データの断片を配信するために、Tableau Server は埋め込
みデータベースクレデンシャル、またはクレデンシャルを必要としないデータのいずれかが必要で
す。稼働中のデータベースへの接続が関係している場合、Tableau Server はクレデンシャルを持
たず、各ユーザーのみがクレデンシャルを持ちます。この理由により、サブスクライブできるのは、ク
レデンシャルが必要でないビューか、クレデンシャルが埋め込まれているビューのみです。
- 438 -
また、Tableau Server が信頼できる認証用に設定されている場合、ビューを表示できてもサブス
クライブできない(サブスクリプションアイコンがない) 場合があります。詳細については、「サブスクリ
プション要件」を参照してください。
無効または「壊れた」サブスクリプションの受信
稼動中のインスタンスに加えて、Tableau Server のテストインスタンスまたは開発インスタンスでサ
ブスクリプションを構成した場合は、稼動中でないインスタンスでのサブスクリプションを無効にしま
す。すべてのインスタンスでサブスクリプションを有効に保つことにより、ユーザーは有効だと表示さ
れるが動作しないサブスクリプションを受信したり、ビューまたはワークブックからサブスクリプションを
解除したにもかかわらず、サブスクリプションを受信する可能性があります。
サブスクリプションが届いていない ("電子メール送信エラー。コマンドを SMTP ホストに送信できな
い。")
サブスクリプションが送信されたように表示され (バックグラウンドタスクページ252の管理者ビュー
に従って)、それでもまだサブスクリプションが届いておらず、SMTP サーバーが暗号化 (SSL) セッ
ションを使用している場合、Windows Event Viewer に上記のエラーが表示される可能性があり
ます。サブスクリプションは暗号化されていないSMTP 接続の場合にのみサポートされます。この
問題の解決策は、暗号化されていないSMTP サーバーを使用することです。
8.1 にアップグレード後にカスタム スクリプトが動作しない
セッション管理の向上をサポートするため、バージョン8.1 より、ハッシュタグ(#) がビューのURL 末
尾に追加されました。カスタムのサブスクリプションが、生成されるビューをPDF または PNG として
スクリプトする場合、スクリプトを更新して、ハッシュタグを許可する必要がある場合があります。
たとえば、バージョン8.1 以前ではビューのURL は次のような状態です:
http://tableauserver/views/SuperStore/sheet1。さらに、ビューをPNG として生
成するには、.png をhttp://tableauserver/views/SuperStore/sheet1.png の
ようにURL 末尾に追加します。バージョン8.1 より、ビューのURL は次のような状態です:
http://tableauserver/views/SuperStore/sheet1#1。PNG を生成するに
は、.png をハッシュタグの前に追加します。たとえば、
http://tableauserver/views/SuperStore/sheet1.png#1 です。
SAML のトラブルシューティング
SAML に関する問題のトラブルシューティングについては、次のトピックを参照してください。
SAML、および自動ログインの有効化
SAML を使用していて、Tableau Server がユーザー管理にActive Directory を使用するよう構成
されている場合、[自動ログインを有効にする] を選択しないでください。[自動ログインを有効にす
る] とSAML を共に使用することはできません。
コマンドラインからのサインイン
Tableau Server がSAML を使用するよう構成されている場合でも、コマンドラインツール
tabcmd ページ365 または Tableau データ抽出コマンドラインユーティリティ(Tableau Desktop で
- 439 -
提供) を使用してTableau Server にサインインする場合、SAML は使用されません。
ログインできない
"ログインできません: ユーザーのアイデンティティプロバイダー認証に成功しました<IdP からのユー
ザー名>。Tableau Server のユーザーを検索できませんでした" というメッセージを受信した場合、
Tableau Server に保存されているユーザー名とIdP に保存されているユーザー名が同一ではあり
ません。これを修正するには、ユーザー名が一致するようにします。たとえば、Jane Smith のユー
ザー名がjsmith としてIdP に保存されている場合、Tableau Server でjsmith として保存す
る必要があります。
SAML エラー ログ
SAML 認証は Tableau Server の外で行われるため、認証問題のトラブルシューティングは難しい
場合がありますが、ログインの試みはすべてTableau Server で記録されます。ログファイルのス
ナップショットを作成して、問題のトラブルシューティングに使用できます。詳細については、ログ
ファイルのアーカイブページ422を参照してください。
注:通常のSAML イベントは、wgserver.log.level がデバッグに設定されている場
合にのみログされます。詳細については、ロギングレベルの変更 ページ432を参照してくだ
さい。
解凍されたログファイルスナップショットにある次のファイルで、SAML エラーを確認します。
\wgserver\wgserver-<n>.log
\wgserver\production.<nnnn>_<yyyy_mm_dd_hh_mm_ss>.log
末尾のスラッシュ
[SAML] タブで、Tableau Server リターンURL が末尾のスラッシュで終わらないことを確認します
(正解: http://tableau_server。間違い: http://tableau_server/)。
- 440 -
接続を確認
構成しているTableau Server で、サーバーとの直接的な 2 方向トラフィックを可能にするルーティ
ング可能な IP アドレスまたは NAT のいずれかがファイアウォールにあることを確認します。
テルネットをTableau Server で実行して、SAML IdP への接続を試みることによって、接続をテス
トすることができます。例: C:\telnet 12.360.325.10 80
上のテストでは、IdP のHTTP ポート(80) に接続され、HTTP ヘッダーを受け取ります。
抽 出 の更 新 アラートの処 理
スケジュールされた抽出更新が成功しない場合、Tableau の右上隅に次のような [アラート] メ
ニューが表示されます。
[アラート] メニューは、抽出更新に失敗し、ユーザーが次の場合にのみ表示されます。
l
システムまたはサイトの管理者。
l
更新できなかったワークブックまたはデータソースの作成者。
l
更新できなかったデータソースに接続するワークブックの作成者。
[アラート] メニューを開くと、更新失敗について、次のような詳細情報が表示されます。
- 441 -
データソースが埋め込みとして列挙されている場合、データソースの定義 (データソースクレデン
シャルまたはデータベース名のようなものを含む) が、Tableau Desktop に作成された元のワーク
ブック自体の中に埋め込まれている、またはあることを表します。
データソース名またはワークブック名がデータソース(たとえば、データソース: sales_data) として
列挙されている場合、データソースがTableau Server データソースであることを表します。データ
ソースの定義は Tableau Server にあります。
[データ] ウィンドウで、Tableau Desktop に作成された元のワークブックまたはデータソースを識別
することができます。データソース名の隣には、データベースアイコンの代わりにTableau アイコン
が表示されます。
- 442 -
抽出更新の問題の解決
アラート内の[接続情報の編集] リンクをクリックし、欠けている情報を入力して[保存] をクリックす
ることで、いくつかの抽出更新の問題を解決することができます。
データ接続を編集しても問題を修正することができない場合、Tableau Desktop で問題を解決
しワークブックを再度パブリッシュする必要があります。
ヒント: 管理者は、[アドミン] タブからアクセスする[データ接続] ページでいつでもデータ接続を編
集することができます。
- 443 -
JavaScript API
Tableau's JavaScript API を使用して、Web アプリケーションの中にTableau の視覚化を統合す
ることができます。API はユーザーの操作を厳密に制御し、機能を組み合わせます。それ以外の
場合は組み合わせることができません。たとえば、単一の制御をコード化することにより、マークの
グループをフィルタしたり、いくつかのマークを選択したり、ダウンロード用のデータを提供します。詳
細については、次のトピックを参照してください。
l
要件
l
概念
l
チュートリアル
l
API リファレンス
要件
Tableau JavaScript API の要件は、次のとおりです。
Tableau サーバーへのアクセス: Tableau JavaScript API でプログラムするには、Tableau
Server、Tableau Online、または Tableau Public へのアクセス、およびそのサーバー上でパブリッ
シュされたワークブックへのアクセスが必要です。Web アプリケーションをサーバーと同じコンピュー
ター上に置くことはできませんが、サーバーにアクセス可能になっている必要があります。API とその
アクセス方法については、概念 下を参照してください。
サポートされているブラウザ: 作成したWeb アプリケーションを、エンドユーザーは、サポートされて
いる大半のWeb ブラウザーで体験できます。具体的には、Chrome、Firefox、Safari 3.2.1 以
降、およびInternet Explorer 8.0 以降です。Internet Explorer 8.0 を使用している場合、互換
モードが無効になっている必要があります。また、使用しているブラウザは JavaScript コード内で
window.postMessage メソッドを使用できるよう構成されている必要があります。この機能は、いく
つかのセキュリティパッケージによって無効になっています。
概念
このトピックは JavaScript およびオブジェクト指向プログラミングを理解している読者向けに設計さ
れています。Tableau の視覚化を、ユーザーの視点から理解している必要もあります。開始して
間もない場合には、チュートリアルから始めるようにお勧めします。
プログラミングの方 法
Tableau のJavaScript API は、オブジェクトモデルを使用します。オブジェクトモデルにあるエント
リーポイントは、以下の新しいViz オブジェクトをインスタンス化します。
var viz = new tableauSoftware.Viz(/* params omitted */);
ほぼすべてのTableau オブジェクトで、オブジェクトの「親」プロパティを使用して、その親 Viz オブ
ジェクトに移動することができます。
- 444 -
API へのアクセス
API は、業務用のTableau Server や Tableau のホスト型サーバーにパブリッシュされた埋め込み
ビューをプログラムで制御します。それを使用するには、バージョン8.0 以降を実行しているサー
バー、およびそのサーバー上のパブリッシュされたワークブックにアクセスする必要があります。
API は、tableau_v8.js(最小化) または tableau_v8.debug.js ファイルを通じて提供されます。
Tableau ビューのレンダリング用 JavaScript コードが含まれているWeb ページで、以下のアドレス
を使用してAPI ファイルを参照できます。
http://<your_server_name>/javascripts/api/
たとえば、「localhost」というサーバー名を使用してページのヘッダーに以下のコードを追加します。
<script type="text/javascript"
src="http://localhost/javascripts/api/tableau_
v8.js"></script>
これらのファイルのファイルシステムの場所は、Program Files\Tableau\Tableau
Server\8.3\wgserver\public\javascripts\api です。
Tableau のホスト型サーバーの操作
ワークブックをTableau Online または Tableau Public にパブリッシュする場合、使用しているサー
バー製品に一致するAPI にアクセスすることができます。
l
Tableau Online の場合は、次の場所を使用します。
https://online.tableausoftware.com/javascripts/api/
l
Tableau Public の場合は、次の場所を使用します。
https://public.tableausoftware.com/javascripts/api/
前述のAPI へのアクセス上 セクションで説明したサンプルコードのように、使用するAPI のファイ
ル名 (tableau_v8.js または tableau_v8.debug.js) をURL に追加します。
重要: コードの安定性を最大にするために、操作するサーバー製品用のAPI の場所を使
用します。たとえば、稼働中のTableau Serverにワークブックをパブリッシュする場合、サー
バーへのJavaScript API ローカルを使用します。
ブーストラッピング
API へのエントリーポイントは1つだけです。新しいViz オブジェクトのインスタンス化し、Tableau
視覚化を埋め込むために必要な HTML を作成します。新しいViz オブジェクトをインスタンス化
するには、Viz コンストラクターをnew を経由して呼び出し、要求されているparentElement
およびURL パラメーターおよびオプションであるオプション一式を渡します。URL パラメーターは、
Tableau Server の名前を指定する場所です。
- 445 -
var placeholderDiv = document.getElementById("tableauViz");
var url = "http://tabserver/views/workbookname/viewname";
var options = {
hideTabs: true,
width: "800px",
height: "700px"
};
var viz = new tableauSoftware.Viz(placeholderDiv, url, options);
信頼できる認証
Tableau Server が信頼できる認証を使用している場合、サーバー名の後にまず trusted を追
加し、次にチケットが続くようにURL にチケットを指定します。例は次のとおりです。
var placeholderDiv = document.getElementById("tableauViz");
var url = "http://tabserver/trusted/Etdpsm_Ew6rJY9kRrALjauU/views/workbookname/viewname";
var options = {
hideTabs: true,
width: "800px",
height: "700px"
};
var viz = new tableauSoftware.Viz(placeholderDiv, url, options);
プロパティゲッターおよびセッター
ゲッターおよびセッターは、必ず get または set で始まる関数です。ほとんどパフォーマンスインパ
クトを与えずに何回も呼び出すことができます。(つまり、キャッシュされたフィールドを返し、非常に
単純な計算を実行します)。プロパティは常に同期しており、コールバック関数を持つ代わりに、
値をすぐに返します。
Call Behavior - 非 同 期
既定では、コールの大半がサーバーへの往復が求められるために非同期になります。メソッドは、
以下の命名規則を使用します。
l
l
非同期コールはメソッド名にあるAsync サフィックスによって示されています。たとえば、
Worksheet.applyFilterAsync()。
非同期コールはチェーンを許可するPromise オブジェクトを返します。
Tableau JavaScript API は、CommonJS Promises/A標準を使用します。Tableau の実装に関
する基本事項とは、非同期メソッドが以下のフォームの中でthen メソッドを持つオブジェクトを返
すことです。
then(fulfilledHandler, errorHandler)
- 446 -
fulfilledHandler は、Promise が実現した場合に呼び出されます (成功)。
errorHandler は、Promise が失敗した場合に呼び出されます。すべての引数はオプション
で、非関数値は無視されます。
Promises の変更
非同期メソッドの約束された結果が、のthen() メソッドにパラメーターとして渡されます。例は
次のとおりです。
var activeSheet;
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 1")
.then(selectLemon).then(filterToLemonAndMint);
function selectLemon(sheet) {
activeSheet = sheet;
return sheet.selectMarksAsync("Product", "Lemon", "replace");
}
function filterToLemonAndMint() {
return activeSheet.applyFilterAsync("Product", ["Lemon",
"Mint"], "replace");
}
activateSheetAsync() の結果は、アクティブになったSheet オブジェクトへ最終的に返す
Promise です。このPromise は、selectLemon()メソッドとして最初のパラメーターに渡されま
す。selectLemon() メソッドが戻すのがPromise オブジェクト(selectMarksAsync() メ
ソッドの戻り値) であり、マークが選択された後の結果ではないことに注意してください。ただし、そ
れは Promise オブジェクトであるため、次のthen() メソッドは Promise が実現するまで呼び出
されません。
チェーンのリンクがPromise を実現してから追加される場合、コールバックが以前に返された値と
共にすぐに呼び出されます。プログラマーにとって、これはサーバーからすでに応答を受信している
かどうか判別する必要がないということです。非同期メソッドは、現在か将来かに関わらず、必ず
呼び出されます。
var promise = viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 1");
// Pretend that activatSheeteAsync() has already returned from
the server.
promise.then(callback);
// callback will be called immediately using the Sheet object
// returned from activateSheetAsync()
- 447 -
Then() メソッドの戻り値
then() メソッドで返されるものは、次のthen() メソッドに最初のパラメーターとして渡されま
す。スカラ値 (Number、Boolean、String など)、オブジェクト、または別のPromise がありま
す。インフラストラクチャは、自動的に非 Promise 値をPromise 値にラップするため、チェーン
にすることができます。
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 1")
.then(function (sheet) {
return "First link";
})
.then(function (message) {
if (message === "First link") { alert("Expected"); }
// no return value here means nothing is passed to the next
link
})
.then(function () {
});
チェーンから抜け出す
技術的にはチェーンから抜け出す方法はありません。チェーンの中で次に表示されるリンクを呼び
出す保証が無効になるからです。チェーンの一部でスローされる例外がある場合、残りのチェーン
は実行されますが、errorHandler がfulfilledHandler の代わりに呼び出されます。
チェーン内のリンクが初期のリンクの結果に依存している場合、条件を確認するためにif ステー
トメントを記述する必要があります。たとえば、
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 1")
.then(function (sheet) {
// I’m returning a Promise
return sheet.selectMarksAsync("Product", "NoProduct",
"replace");
})
.then(function () {
return viz.getWorkbook().getActiveSheet().getSelectedMarksAsync
();
})
.then(function (marks) {
// The getSelectedMarksAsync call succeeded, but no marks were
selected
- 448 -
// because there are not any marks corresponding to
"NoProduct".
if (marks.length === 0) {
throw new Error("No marks selected");
}
var firstMarkValue = marks[0].getPairs().get("Product").value;
return sheet.applyFilterAsync("Product", firstMarkValue,
"replace");
})
.then(function (filterName) {
// applyFilterAsync succeeded
}, function(err) {
if (err.message === "No marks selected") {
alert("This was caused by the first link above");
}
})
.otherwise(function (err) {
alert("We handled the error above, so it’s not propagated to
this handler.");
});
コールバックが提供されていない場合 (または NULL または未定義)、結果は、チェーン内の次の
リンクに渡されます。
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 1")
.then()
.then(function (sheet) {
// this is called
});
このようにして、チェーンの中のすべてのエラーを処理する単一 Otherwise 関数を指定できま
す。Always 関数は同じように機能しますが、成功または失敗に関わらず呼び出されます。
then/otherwise/always 機能は、try/catch/finally ブロックと同じように機能しま
す。
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 1")
.then(function () {
return sheet.selectMarksAsync(...);
})
.then(function (marks) {
// Do something with the marks.
- 449 -
})
.otherwise(function (err) {
// I’m handling all errors in one place.
console.log(err.message);
})
.always(function () {
// Do some cleanup or logging
});
集合体
多くのクラスが項目の集合体を持っており、各項目にはキー(通常 ID または名前) があります。そ
の例には、名前よってキーが指定されたシートの集合体や名前によってキーが指定されたパラ
メーターのリストなどがあります。集合体はパブリックに不変であり、読み取り専用の機能を持ちま
す。各集合体アレイでは、要素識別子がキーとして指定されています。たとえば、
Workbook.getPublishedSheetsInfo()の結果は、ワークブックのシート位置に対応する
インデックスを持つアレイです。シート名によって固定されているため、次のようにアクセスできま
す。
var sheet = workbook.getPublishedSheetsInfo()[0];
var sameSheet = workbook.getPublishedSheetsInfo().get("Sheet 1");
集合体インターフェイス
名前
get(key
: string)
has(key
: string)
戻り値の
型
集合体
項目タイ
プ
ブール
説明
キーに関連する集合体または何も関連付けられていない未定
義の要素を取得します。
キーに関連付けられている集合体に要素がある場合は True を
返します。それ以外の場合は、False を返します。
イベント
Viz クラスは、中央イベントハブとして機能します。これにより、すべてのイベントを1 箇所で確認
することができます。まだ作成されていないオブジェクト上でイベントが発生することがあるという意
味でもあります。たとえば、Sheet オブジェクトが作成されていない場合でも、特定のシートに対
してmarksselection イベントが発生することがあります。各イベントには、イベントが発生した
シートなど、そのイベントに関する情報を持つ匿名のオブジェクトが含まれます。
イベントをリッスンするには、Viz.addEventListener(type, callback) を呼び出して、
関数コールバックで渡します。イベントをリッスンする例を、以下に示します。
viz.addEventListener("marksSelection", function (marks) {
changeMySelectionUI(marks);
});
- 450 -
リスナーを削除するには、Viz.removeEventListener(type, listener) を呼び出し、
Viz.addEventListener() に渡されたのと同じコールバック関数を渡します。例は次のとお
りです。
function changeMySelectionUI(marks) {
viz.removeEventListener("marksSelection",
changeMySelectionUI);
}
viz.addEventListener("marksSelection", changeMySelectionUI);
イベントはマルチキャストデリゲートです。つまり、複数のリスナーをサポートしています。通知を呼
び出す順番は指定されていません。すべてのイベントコールバックは、イベントが発生したViz へ
のポインターが含まれる単一のオブジェクトを取ります。API リファレンスページ467で指定されてい
るとおり、各イベントもイベントに追加フィールドを追加します。
フィルター
フィルタリングをプログラムすることは、表示されているデータを絞り込むためにユーザーがフィルター
をクリックする動作を似ています。単一値でのフィルタリングの例は、次のとおりです。
worksheet.applyFilterAsync("Container", "Jumbo Box",
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
既存のフィルター状態をクエリすることと、新規または既存のフィルターを設定することは異なりま
す。フィルターのクエリには、Filter クラスの集合体を返す Worksheet.getFiltersAsync
() を使用します。フィルターの設定には、Worksheet.applyFilterAsync (および変異)
を使用します。これは、Filter クラスのインスタンス化を要求しない関数呼び出しです。
フィルターのフィールドを指定する際は、データベースのフィールド名ではなく、ユーザーインターフェ
イスに示されているキャプションを使用します。たとえば、Product Container (実際のフィールド
名) ではなく、Container (キャプション) を使用します。シェルフにドラッグすると、Tableau Desktop
によりフィールド名が変更される場合があります。たとえば、列シェルフにドラッグすると、Date
フィールドは YEAR(Date) に名前が変更されます。この場合、パラメーターとしてYEAR(Date) を
使用する必要があります。例外は、フル階層名 (たとえば、[Product].[All Product].
[Espresso]) を使用する階層フィルターです。キャプションでは、名前の前後にオプションの[]
区切り文字を使用できます。
フィルターのタイプのサンプルには、以下のものがあります。
var worksheet;
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 4").then(function
(sheet) {
worksheet = sheet;
})
// Single value
.then(function () {
return worksheet.applyFilterAsync("Product Type", "Coffee",
- 451 -
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
})
// Multiple values
.then(function () {
return worksheet.applyFilterAsync(
"Product Type", ["Coffee", "Tea"],
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
})
// Multiple Values - adding and removing
.then(function () {
return worksheet.applyFilterAsync("Product", ["Lemon", "Mint"],
tableauSoftware.FilterUpdateType.ADD);
})
.then(function () {
return worksheet.applyFilterAsync("Product", ["Caffe Latte",
"Green Tea"],
tableauSoftware.FilterUpdateType.REMOVE);
})
// All values
.then(function () {
return worksheet.applyFilterAsync("Product Type", "",
tableauSoftware.FilterUpdateType.ALL);
})
// Date Range
.then(function () {
return; worksheet.applyRangeFilterAsync("Date", {
min: new Date(Date.UTC(2010, 3, 1)),
max: new Date(Date.UTC(2010, 12, 31))
});
})
// Clearing a Filter
.then(function () {
return worksheet.clearFilterAsync("Date");
})
// Relative Date
.then(function () {
- 452 -
return worksheet.applyRelativeDateFilterAsync("Date", {
anchorDate: new Date(Date.UTC(2011, 5, 1)),
periodType: tableauSoftware.PeriodType.YEAR,
rangeType: tableauSoftware.DateRangeType.LASTN,
rangeN: 1
});
})
// Quantitative Filters
// SUM(Sales) > 2000 and SUM(Sales) < 4000
.then(function () {
return worksheet.applyRangeFilterAsync("SUM(Sales)", {
min: 2000,
max: 4000
});
})
// SUM(Sales) > 1000
.then(function () {
return worksheet.applyRangeFilterAsync("SUM(Sales)", {
min: 1000
});
})
// Hierarchical Filters - selecting all on a level
.then(function () {
return worksheet.applyHierarchicalFilterAsync("[Product].
[Product Categories]", {
levels: [0, 1]
}, tableauSoftware.FilterUpdateType.ADD);
}, function (err) { /* ignore errors */ })
// Hierarchical Filters - adding one item
.then(function () {
return worksheet.applyHierarchicalFilterAsync(
"[Product].[Product Categories].[Product Name]",
"Accessories.Bike Racks.Hitch Rack - 4-Bike",
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
}, function (err) { /* ignore errors */ })
// Hierarchical Filters - adding multiple items
.then(function () {
return worksheet.applyHierarchicalFilterAsync(
"[Product].[Product Categories].[Product Name]",
- 453 -
[
"Accessories.Bike Racks.Hitch Rack - 4-Bike",
"Accessories.Bike Stands.All-Purpose Bike Stand"
],
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
}, function (err) { /* ignore errors */ })
.otherwise(function (err) {
console.log(err);
});
マークの選 択
マークの選択は、フィルタリングとほぼ同一です。フィルタリングには、Worksheet.
(applyFilterAsync) メソッドの1 つを使用します。マークの選択には、
Worksheet.selectMarksAsync() を使用します。マーク選択のパラメーターは、フィルタリ
ングで使用されるパラメータとほぼ同一です。
worksheet.selectMarksAsync("Product", "Caffe Latte",
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
選択できる他のタイプのサンプルは、次のとおりです。
var worksheet;
viz.getWorkbook().activateSheetAsync("Sheet 4").then(function
(sheet) {
worksheet = sheet;
})
// Single dimensions work just like filtering
// Single dimension - single value
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync("Product", "Mint",
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
})
// Single dimension - Multiple values
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync(
"Product", ["Chamomile", "Mint"],
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
})
// Single dimension - Multiple values (delta)
.then(function () {
- 454 -
return worksheet.selectMarksAsync("Product", ["Lemon", "Earl
Grey"],
tableauSoftware.SelectionUpdateType.ADD);
})
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync(
"Product", ["Chamomile", "Earl Grey"],
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REMOVE);
})
// Quantitative selection
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync({
"State": ["Florida", "Missouri"],
"SUM(Sales)": { min: 3000, max: 4000 }
}, tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
})
// Hierarchical dimensions
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync(
"[Product].[Product Categories].[Category]",
"Bikes",
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
}, function (err) { /* ignore errors */ })
// Multiple dimensions - multiple values
// ((State = Washington OR Oregon) AND Product = Lemon)
// OR
// (State = Oregon AND Product = Chamomile)
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync({
"State": ["Washington", "Oregon"],
"Product": "Lemon"
}, tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
})
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync({
"State": "Oregon",
"Product": "Chamomile"
}, tableauSoftware.SelectionUpdateType.ADD);
})
// Round-tripping selection
- 455 -
.then(function () {
return worksheet.selectMarksAsync(
"Product",
"Lemon",
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
})
.then(function () {
return worksheet.getSelectedMarksAsync();
}).then(function (marks) {
// filter out only the Washington and Oregon marks
var onlyWashingtonAndOregon = [];
for (var i = 0, len = marks.length; i < len; i++) {
var m = marks[i];
var pair = m.getPairs().get("State");
if (pair &&
(pair.value === "Washington" || pair.value === "Oregon")) {
onlyWashingtonAndOregon.push(m);
}
}
return worksheet.selectMarksAsync(
onlyWashingtonAndOregon,
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
})
.otherwise(function (err) {
console.log(err);
});
JavaScript API Tutorial
This tutorial is a sample web application, created with Tableau's JavaScript API. It's designed
to help you explore and learn about the API using a series of steps that guide you through the
basics. To get started, click the button below.
Start the tutorial
The view will load here after you click Run this code, below.
Show .js file
l
l
l
l
l
l
l
l
1. Create
2. Filter
3. Tabs
4. Select
5. Chain Calls
6. Sheets
7. Toolbar
8. Events
- 456 -
Create the Viz
As you build your web application, the first step is to create, or instantiate the view. To do this,
you create a new Viz object, passing the required parentElement
(document.getElementByID) and url parameters, along with any options, such as
hideTabs and hideToolbar. Here's the code:
function initializeViz() {
var placeholderDiv = document.getElementById("tableauViz");
var url =
"http://public.tableausoftware.com/views/WorldIndicators/GDPpercapita";
var options = {
width: placeholderDiv.offsetWidth,
height: placeholderDiv.offsetHeight,
hideTabs: true,
hideToolbar: true,
onFirstInteractive: function () {
workbook = viz.getWorkbook();
activeSheet = workbook.getActiveSheet();
}
};
viz = new tableauSoftware.Viz(placeholderDiv, url, options);
}
Run this code
You should now see a view with which you can interact, just like you can with views on Tableau
Server. If you don't see a view above, it may need a few more moments to load, or you may
need to use a different web browser.
In the code above, the constructor for the Viz object handles loading the view. Specifying a
function in the onFirstInteractive option allows you to perform actions once the view
has finished loading. In this case, the function caches the workbook and activeSheet
variables so they can be used later on. These two variables were declared as global variables
in the actual script. Typically you'll want to create the view when the page has finished loading
and the browser is ready. If you're using jQuery, this can be done using jQuery's ready handler:
$(initializeViz);
Next
Filter Values
Filtering is a core capability of Tableau Server. In the view above, there are already Region and
Year quick filter controls, but you can use the API to more tightly control what gets filtered. This
- 457 -
is done using the applyFilterAsync method on a Worksheet object, which was cached
in the activeSheet variable in step 1.
The following code filters the "Region" field to show only "The Americas":
function filterSingleValue() {
activeSheet.applyFilterAsync(
"Region",
"The Americas",
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
}
Run this code
You should now see that the view is filtered and only "The Americas" check box is selected
under the Region quick filter.
The next code sample shows you how to add two more values to the filter, using the same
syntax but instead specifying an array of values instead of a single value. Also note that ADD is
used instead of REPLACE, which instructs the view to add additional criteria to the filter instead
of replacing the values that are currently filtered:
function addValuesToFilter() {
activeSheet.applyFilterAsync(
"Region",
["Europe", "Middle East"],
tableauSoftware.FilterUpdateType.ADD);
}
Run this code
Similarly, you can remove values from the filter by using REMOVE:
function removeValuesFromFilter() {
activeSheet.applyFilterAsync(
"Region",
"Europe",
tableauSoftware.FilterUpdateType.REMOVE);
}
Run this code
You can also include all values in the filter by using ALL.
The filters you've seen so far have all had associated quick filters in the view. However, you can
also create new filters. For example, you can create a filter for the x-axis, the "F: GDP per
capita (curr $)" field, and specify that you only want to see countries where the GDP is greater
than $40K, but less than $60K. To do this, you use the applyRangeFilter method, using a
range of values as the criteria:
- 458 -
function filterRangeOfValues() {
activeSheet.applyRangeFilterAsync(
"F: GDP per capita (curr $)",
{
min: 40000,
max: 60000
},
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
}
Run this code
Finally, you can clear the filters. For example:
function clearFilters() {
activeSheet.clearFilterAsync("Region");
activeSheet.clearFilterAsync("F: GDP per capita (curr $)");
}
Run this code
BackNext
Switch Tabs
Sometimes a single sheet in a workbook doesn't convey all of the information that you'd like
your user to see. You can use the API to switch from the current sheet to another published
sheet within the same workbook (note that the workbook must have been published to the
server with Show Sheets as Tabs enabled). To switch sheets, you use the
activateSheetAsync method on a Workbook object, which was cached in a global
workbook variable in step 1. Here's how you switch the sheet to a map worksheet named
"GDP per capita map".
function switchToMapTab() {
workbook.activateSheetAsync("GDP per capita map");
}
Run this code
BackNext
Select Values
Filtering a view is useful when you want to focus the user's attention on a specific set of values
by removing all other values not matching the filter criteria. However, sometimes it's useful to
select values instead. This still focuses the user's attention on specific values, but the context of
other values remains in the view. To do this, you use the selectMarksAsync method. The
syntax is very similar to the applyFilterAsync method that you used previously. For
example, the following code selects all of the marks in the "Asia" region:
- 459 -
function selectSingleValue() {
workbook.getActiveSheet().selectMarksAsync(
"Region",
"Asia",
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
}
Run this code
The only change between the code above and the filter code you used earlier is that
tableauSoftware.SelectionUpdateType was specified instead of
tableauSoftware.FilterUpdateType. Also, notice that
workbook.getActiveSheet() is used instead of the activeSheet global variable
because the sheets were switched in step 3 and the global variable wasn't updated to point to
the new active sheet.
In the following code sample, Africa and Oceania are added to the previous selection:
function addValuesToSelection() {
workbook.getActiveSheet().selectMarksAsync(
"Region",
["Africa", "Oceania"],
tableauSoftware.SelectionUpdateType.ADD);
}
Run this code
Again, the code should look familiar since the syntax is almost identical to filtering. At this point,
you've selected Asia, Africa, and Oceania. The next code sample will demonstrate how to
remove. In this case, you will remove countries that have a GDP less than $5,000. To do this,
you use a range just like you did for filtering, except you'll only specify a max value:
function removeFromSelection() {
workbook.getActiveSheet().selectMarksAsync(
"AVG(F: GDP per capita (curr $))",
{
max: 5000
},
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REMOVE);
}
Run this code
Clearing the selection is just as easy as clearing a filter, using the
clearSelectedMarksAsync method:
function clearSelection() {
workbook.getActiveSheet().clearSelectedMarksAsync();
}
- 460 -
Run this code
BackNext
Chain Method Calls
You may have noticed a naming pattern with the methods used thus far. They all end with the
Async suffix, which stands for asynchronous. Programming on the web involves
communicating with servers, which usually take time to compute and return a value. To avoid
locking up the user's browser while you're waiting for a response from the server, you instruct
the user's browser to notify your code when the server has sent a response to your original
request.
The Tableau JavaScript API uses Promises (specifically the Promises/A specification) to notify
your code when an operation is complete. This allows you to chain method calls using an easy
syntax. Each method that ends with Async returns a Promise object, containing three
methods:
l
l
l
then(successCallback, errorCallback) - the successCallback function
is called when the operation is successful, and likewise the errorCallback function is
called when there is an error. Both parameters are optional.
otherwise(errorCallback) - called when an error occurs
always(callback) - always called, whether the operation was successful or not
The following code sample demonstrates how you can use some of the methods you've
learned thus far to chain a series of commands. First you switch to the "GDP per capita by
region" sheet. After that has finished, you apply a range filter. Once Tableau Server has
applied the filter, you select some marks.
function switchTabsThenFilterThenSelectMarks() {
workbook.activateSheetAsync("GDP per capita by region")
.then(function (newSheet) {
activeSheet = newSheet;
// It's important to return the promise so the next link in
the chain
// won't be called until the filter completes.
return activeSheet.applyRangeFilterAsync(
"Date (year)",
{
min: new Date(Date.UTC(2002, 1, 1)),
max: new Date(Date.UTC(2008, 12, 31))
},
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
})
.then(function (filterFieldName) {
return activeSheet.selectMarksAsync(
- 461 -
"AGG(GDP per capita (weighted))",
{
min: 20000
},
tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
});
}
Run this code
There are several important things to point out with the above code:
l
l
Inside of a then function it does a return of another Promise object. This ensures
that the next link in the chain will not get run until the current link finishes.
Notice how the result of an operation is handled. The function inside the first then
callback takes a single newSheet parameter, since that's the promised return value
from the activateSheetAsync method. Similarly, the second then function gets a
filterFieldName parameter, which is the name of the field for the filter that was just
applied. A full explanation of the promised return values for each Async method is in the
JavaScript API Reference.
Before moving on to the next step, let's take a look at how errors are handled inside a chain.
The code below intentionally causes an error to happen by leaving out some required
parameters to the applyFilterAsync method:
function triggerError() {
workbook.activateSheetAsync("GDP per capita by region")
.then(function (newSheet) {
// Do something that will cause an error: leave out
required parameters.
return activeSheet.applyFilterAsync("Date (year)");
})
.otherwise(function (err) {
alert("We purposely triggered this error to show how error
handling happens with chained calls.\n\n " + err);
});
}
Run this code
BackNext
Work with Sheets
Workbooks created in Tableau Desktop contain worksheets and, sometimes, one or more
dashboards. The dashboards themselves typically contain one or more worksheets. This is
why, in the API, the concept of "sheet" encompasses both worksheets and dashboards.
Worksheet and dashboard objects do not have the same set of actions, however. Worksheets
- 462 -
are the only entry point for acting on both worksheet and dashboard objects. You can't act
directly on a dashboard object.
The code samples below illustrate how this works. The first code sample demonstrates how
you would query all of a workbook's sheets. After you click Run this code the dialog that
appears lists workbook's sheets:
function querySheets() {
var sheets = workbook.getPublishedSheetsInfo();
var text = getSheetsAlertText(sheets);
text = "Sheets in the workbook:\n" + text;
alert(text);
}
Run this code
Here's how you would query worksheets in a dashboard. Notice that the filter is still applied to
the "GDP per region" worksheet in the dashboard, but the marks are not selected:
function queryDashboard() {
workbook.activateSheetAsync("GDP per Capita Dashboard")
.then(function (dashboard) {
var worksheets = dashboard.getWorksheets();
var text = getSheetsAlertText(worksheets);
text = "Worksheets in the dashboard:\n" + text;
alert(text);
});
}
Run this code
You'll notice that there are scrollbars on the viz. This is because the fixed size specified in the
Viz constructor (step 1) is different than the fixed size specified for this dashboard by the
workbook author. To see the entire dashboard, you can change the size behavior to
AUTOMATIC, which tells the viz to fit the available space. This removes the scrollbars at the
expense of making each Worksheet in the dashboard slightly smaller.
function changeDashboardSize() {
workbook.activateSheetAsync("GDP per Capita Dashboard")
.then(function (dashboard) {
dashboard.changeSizeAsync({
behavior: tableauSoftware.SheetSizeBehavior.AUTOMATIC
});
});
}
Run this code
- 463 -
Now, here's how you select filters and change settings on multiple sheets within a dashboard.
The code sample applies to a dashboard with two worksheets:
var dashboard, mapSheet, graphSheet;
workbook.activateSheetAsync("GDP per Capita Dashboard")
.then(function (sheet) {
dashboard = sheet;
mapSheet = dashboard.getWorksheets().get("Map of GDP per
capita");
graphSheet = dashboard.getWorksheets().get("GDP per capita
by region");
return mapSheet.applyFilterAsync("Region", "Middle East",
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
})
.then(function () {
// Do these two steps in parallel since they work on
different sheets.
mapSheet.applyFilterAsync("YEAR(Date (year))", 2010,
tableauSoftware.FilterUpdateType.REPLACE);
return graphSheet.clearFilterAsync("Date (year)");
})
.then(function () {
return graphSheet.selectMarksAsync("YEAR(Date (year))",
2010, tableauSoftware.SelectionUpdateType.REPLACE);
});
}
Run this code
BackNext
Control Toolbar Commands
Tableau Server toolbar commands are available from the Viz object, which is the highest level
object. Some commands act on the entire worksheet or dashboard, and some act on only the
selected zone. Export PDF and Export Image act on the entire worksheet or dashboard.
Here's the code for Export PDF:
function exportPDF() {
viz.showExportPDFDialog();
}
Run this code
And here's the code for Export Image:
- 464 -
function exportImage() {
viz.showExportImageDialog();
}
Run this code
Unlike the Export PDF and Export Image commands, which apply to the entire worksheet or
dashboard, the commands Export as Crosstab and Export Data apply to the currently selected
zone. If you select a mark or marks in the above view and then run the code, you'll see that just
the data for the selected marks is presented for export. The code for Export as CSV is as
follows:
function exportCrossTab() {
viz.showExportCrossTabDialog();
}
Run this code
When there aren't parameters specified for Export as Crosstab or Export Data, the currently
selected zone is exported. You can also specify a sheet name or you can pass in a sheet
object. Here's the code for Export Data:
function exportData() {
viz.showExportDataDialog();
}
Run this code
Finally, the Revert All command restores the workbook to its original, published state:
function revertAll() {
workbook.revertAllAsync();
}
Run this code
BackNext
Listen for Events
The operations you've done thus far controlled the viz from the outside in. One of the powerful
abilities of the Tableau JavaScript API is that it also gives you the ability to respond to
interactions that your user performs on the view. In other words, it lets you respond to events
that occur from the inside out.
Listening to events is done similarly to how you listen to events in the browser. The
addEventListener method on the Viz class lets you register a callback function when a
specific event occurs in the view. For example, you can listen to the marksselection event,
which gets raised whenever new marks become selected:
- 465 -
function listenToMarksSelection() {
viz.addEventListener(tableauSoftware.TableauEventName.MARKS_
SELECTION, onMarksSelection);
}
function onMarksSelection(marksEvent) {
return marksEvent.getMarksAsync().then(reportSelectedMarks);
}
function reportSelectedMarks(marks) {
var html = [];
for (var markIndex = 0; markIndex < marks.length; markIndex++)
{
var pairs = marks[markIndex].getPairs();
html.push("<b>Mark " + markIndex + ":</b><ul>");
for (var pairIndex = 0; pairIndex < pairs.length;
pairIndex++) {
var pair = pairs[pairIndex];
html.push("<li><b>fieldName:</b> " + pair.fieldName);
html.push("<br/><b>formattedValue:</b> " +
pair.formattedValue + "</li>");
}
html.push("</ul>");
}
var dialog = $("#dialog");
dialog.html(html.join(""));
dialog.dialog("open");
}
Run this code
Click Run this code above, then manually select some marks in the view. A dialog will appear
that describes each of the marks you selected.
To stop listening to the event, you call the removeEventListener method, passing the
same function that you specified in addEventListener:
function removeMarksSelectionEventListener() {
viz.removeEventListener(tableauSoftware.TableauEventName.MARKS_
SELECTION, onMarksSelection);
}
Run this code
Click Run this code again, then select some marks. Because removeEventListener was
called you are not notified, and the dialog doesn't appear.
- 466 -
This tutorial has covered the basics on how to integrate Tableau Server views into your own
web applications. For more in-depth explanations, see the Concepts topic, as well as the API
Reference.
Back
API リファレンス
スタイルと規 則
Tableau のJavaScript API は以下のJavaScript 標準に従います。
l
l
l
l
クラスは Pascal 形式です (最初の文字が大文字で、以降の各単語の最初の文字を大
文字にする)
名前空間、メソッド、パラメーター、変数は Camel 形式です (最初の文字が小文字で、
以降の各単語の最初の文字を大文字にする)
定数値と列挙値は UPPERCASE_UNDERSCORE_DELIMITED です。
保護されている変数またはメソッドは、最初にアンダースコア「_」から始まります。これは、
プログラマーによって参照されるべきではないことを示しています。
トップレベルのクラス図
次のクラス図は、トップレベルのクラス関係に加えて、Sheet、Dashboard、Story および
Worksheet クラスの継承階層を示しています。VizManager を例外として、これは静的クラス
であり、いつでもアクセス可能なため、親ポインターのある包含階層のバックアップを妨害する方法
が常にあることに注意してください。
- 467 -
非 同 期 とエラーのクラス
Promise クラス
将来の非同期メソッドから値を返す Promise を表します。Tableau JavaScript API は、
Promises/A の仕様を実装します。
メソッド
名前
then
(callback:
Function,
errback:
Function)
always
(callback:
Function)
otherwise
(errback:
Function)
戻り値
説明
の型
Promise 非同期の呼び出し可能なチェーンにリンクを作成します。
成功時にcallback 関数が呼び出されます。エラーがあると
きにerrback 関数が呼び出されます。どちらのパラメーター
も任意です。
Promise Promise が解決または拒否されるときに呼び出されるコー
ルバックを登録します。then(callback, callback)
のショートカットです。
Promise 拒否ハンドラを登録します。then(null, errback) のショート
カットです。
TableauException クラス
TableauException クラスは本当のクラスではありませんが、例外がAPI 内からスローされる
場合にID フィールドを標準 JavaScript のError オブジェクトに簡単に追加できます。これによ
り、プログラマーとしてエラー文字列を解析せずにエラーを一意に識別できます。また、ローカライ
ズされたメッセージも追加できます。
コンストラクター
公開コンストラクターはありません。TableauException へのリファレンスを取得する唯一の方法は
catch ブロック内にあります。
フィールド
名前
型
説明
tableauSoftwareErrorCode ErrorCode ErrorCode 列挙値を表します。
文字列
message
これは標準のError オブジェクトで既に定
義されていますが、メッセージには API
コードが指定する例外の説明が含まれま
す。
ErrorCode Enum
API がスローする可能性のあるさまざまな例外のリストです。
名前
値
説明
- 468 -
BROWSER_
NOT_
CAPABLE
DOWNLOAD_
WORKBOOK_
NOT_
ALLOWED
FILTER_
CANNOT_BE_
PERFORMED
INDEX_OUT_
OF_RANGE
browserNotCapable
INTERNAL_
ERROR
internalError
INVALID_
AGGREGATION_FIELD_
NAME
INVALID_
CUSTOM_
VIEW_NAME
INVALID_
DATE_
PARAMETER
INVALID_
FILTER_
FIELDNAME
INVALID_
FILTER_
FIELDNAME_
OR_VALUE
invalidAggregationFieldName
INVALID_
FILTER_
FIELDVALUE
INVALID_
PARAMETER
invalidFilterFieldValue
INVALID_
SELECTION_
DATE
invalidSelectionDate
downloadWorkbookNotAllowed
ブラウザーにTableau JavaScript
API をサポートする能力がありま
せん。
ワークブックやビューのパーミッショ
ンがワークブックのダウンロードを
許可しません。
filterCannotBePerformed
フィルター操作の実行しようとした
際にエラーが発生しました。
indexOutOfRange
ワークブックに存在しないインデッ
クスでシートに切り替えようとしま
した。
Tableau JavaScript API 内でエ
ラーが発生しました。Tableau サ
ポートに連絡してください。
"Sales (売上高)" ではなく"SUM
(Sales)" への範囲フィルターの設
定など、フィルターに無効な集計
が指定されました。.
存在しないカスタムビュー上で操
作を試行しました。
invalidCustomViewName
invalidDateParameter
invalidFilterFieldName
invalidFilterFieldNameOrValue
invalidParameter
- 469 -
日付のパラメーターが必要なメ
ソッドで無効な日付が指定され
ました。
データソースに存在しないフィー
ルド上でフィルター操作を試行し
ました。
データソースに存在しないフィー
ルド上でフィルター操作を試行し
たか、フィルター操作で提供され
た値が間違っているデータ型か
書式設定です。
間違っているデータ型や書式設
定の値を使用してフィルター操作
を試行しました。
パラメーターが適切なデータ型ま
たは書式設定ではありません。
パラメーターの名前が
Error.message フィールドで
指定されています。
日付フィールドの
Sheet.selectMarksAsync
() 呼び出しで無効な日付値が
INVALID_
SELECTION_
FIELDNAME
invalidSelectionFieldName
INVALID_
invalidSelectionValue
SELECTION_
VALUE
INVALID_SIZE invalidSize
INVALID_
SIZE_
BEHAVIOR_
ON_
WORKSHEET
invalidSizeBehaviorOnWorkshe
et
INVALID_URL
invalidUrl
MISSING_
MAX_SIZE
missingMaxSize
MISSING_
MIN_SIZE
missingMinSize
MISSING_
missingMinMaxSize
MINMAX_SIZE
MISSING_
RANGEN_
FOR_
RELATIVE_
DATE_
FILTERS
NO_URL_
FOR_
missingRangeNForRelativeDat
eFilters
noUrlForHiddenWorksheet
- 470 -
指定されました。
データソースに存在しない
Sheet.selectMarksAsync
() 呼び出しでフィールドが指定
されました。
Sheet.selectMarksAsync
() 呼び出しで無効な日付値が
指定されました。
Sheet.changeSizeAsync
() で良くないサイズが指定され
たか、maxSize の値がminSize
未満です。
シートがワークシートインスタンス
の場合、
SheetSizeBehavior.AUTO
MATIC 以外の動作が
Sheet.changeSizeAsync
() で指定されました。
Viz クラスのコンストラクターで指
定されたURL が有効ではありま
せん。
SheetSizeBehavior.ATMO
ST を指定する際にmaxSize
フィールドが
Sheet.changeSizeAsync
() で欠落しています。
SheetSizeBehavior.ATLE
AST を指定する際にminSize
フィールドが
Sheet.changeSizeAsync
() で欠落しています。
SheetSizeBehavior.RANG
E を指定する際に、minSizeか
maxSize フィールドのどちらか、
またはその両方が
Sheet.changeSizeAsync
() で欠落しています。
LASTN または NEXTN タイプの関
連する日付フィルターに対して
rangeN フィールドが欠落して
います。
非表示のシート上で
Sheet.getUrl() へのアクセス
HIDDEN_
WORKSHEET
NO_URL_OR_
PARENT_
ELEMENT_
NOT_FOUND
NOT_
ACTIVE_
SHEET
noUrlOrParentElementNotFoun
d
notActiveSheet
NULL_OR_
EMPTY_
PARAMETER
SERVER_
ERROR
nullOrEmptyParameter
SHEET_NOT_
IN_
WORKBOOK
STALE_
DATA_
REFERENCE
UNSUPPORT
ED_EVENT_
NAME
sheetNotInWorkbook
VIZ_
ALREADY_
IN_MANAGER
vizAlreadyInManager
serverError
staleDataReference
unsupportedEventName
を試行しました。非表示のシート
にURL がありません。
parentElement かURL パラ
メーターのいずれか、またはその
両方がViz コンストラクターで指
定されていません。
アクティブなダッシュボード内でア
クティブ化されていないシートや
埋め込まれたシートで操作を試
行しました。
必要なパラメーターが指定されま
せんでした。Null または空の文
字列/配列です。
汎用性のあるサーバーでエラーが
発生しました。詳細情報は
Error オブジェクトに含まれてい
ます。
ワークブックに存在しないシート
上で操作を試行しました。
有効でなくなった(削除されてい
る) CustomView オブジェクト上
で操作を実行します。
不明なイベント名が
Viz.addEventListener ま
たは
Viz.removeEventListene
r の呼び出しで指定されました。
Viz コンストラクターで指定され
ているparentElement の子と
してViz オブジェクトが既に作成
されています。
Viz クラス
VizManager クラス
ページ上のすべてのViz インスタンスを管理しますが、バージョン8.0 以前のバージョンのvizzes
(ビュー) は管理しません。これは静的クラスであり、すべてのプロパティとメソッドは静的でクラスの
インスタンスが1 つのみあるということです。
プロパティ
名前
getVizs()
型
Viz[]
説明
ホストページ上のビューの集合です。
- 471 -
Viz クラス
Tableau ワークブックの1 つ以上のシートを表示する<iframe> をラップします。ビューの周囲の
すべてのクロムが含まれます。
コンストラクター
署名
Viz
(parentElement:
domNode, url:
string, options:
VizCreateOptions)
説明
指定されたHTML コンテナー内で新しいTableau Viz を作成し
ます。これは一般的に<div> 要素です。各オプションとオプショ
ンパラメーターはオプションです。parentElement に関連付け
られたViz が既にある場合、例外はスローされます。
parentElement を再利用する前に、まず dispose() を呼
び出す必要があります。
プロパティ
名前
getAreTabsHidden()
型
bool
説明
タブがUI に表示されるかどうかを示
します。実際には個々のタブを非
表示にしません。
getIsToolbarHidden()
bool
ツールバーが表示されるかどうかを
示します。
getIsHidden()
bool
Viz がホストページ上に表示される
かどうかを示します。
getParentElement()
domNode コンストラクターで指定されたノード
を返します。
getUrl()
文字列
コンストラクターで指定されていると
おりのviz のURL です
getWorkbook()
Workbook Viz ごとにWorkbook がサポートさ
れます。
getAreAutomaticUpdatesPaused bool
自動更新が現在停止しているかど
()
うかを示します。
イベント
以下の2 つの呼び出しによってイベントが追加または削除されます。
名前
addEventListener(
type:
TableauEventName,
listener: Function)
removeEventListener(
type:
TableauEventName,
listener: Function)
戻り値の
型
なし
説明
なし
イベントリスナーを指定されたイベントから削除
します。
イベントリスナーを指定されたイベントに追加し
ます。
- 472 -
メソッド
名前
show()
hide()
dispose()
型
なし
説明
Vis をホストしている<iframe> を表
示または非表示にします。
なし
Viz と関連付けられた任意のリソース
をクリーンアップして、viz VizManager
から削除します。また、任意のDOM
要素をparentElement から削除
します。基本的に、Viz オブジェクト
をインスタンス化する前にページを元
のとおりに復元します。
pauseAutomaticUpdatesAsync() なし
レイアウト更新を一時停止または再
resumeAutomaticUpdatesAsync
開します。これは、viz のサイズを変更
()
したりレイアウトに影響を与える可能
toggleAutomaticUpdatesAsync
性のある複数の呼び出しを実行した
()
りする場合に便利です。
revertAllAsync()
Promise [すべて元に戻す] ツールバーボタンの
クリックに相当します。これにより、ワー
クブックを最初の状態に復元します。
refreshDataAsync ()
なし
[データの更新] ツールバーボタンのク
リックに相当します。
showDownloadWorkbookDialog なし
[ダウンロード] ツールバーボタンのクリッ
()
クに相当します。これにより、元のワー
クブックのコピーがダウンロードされま
す。
showExportImageDialog()
なし
[イメージのエクスポート] ツールバーボ
タンのクリックに相当します。これによ
り、現在のviz のPNG ファイルが作成
されます。
showExportPDFDialog()
なし
[PDF のエクスポート] ツールバーボタ
ンのクリックに相当します。これにより、
ユーザーによるエクスポートのオプション
の選択を許可するダイアログが表示さ
れます。
showExportDataDialog( なし
[データのエクスポート] ダイアログを表
worksheetInDashboard: Sheet
示します。現在はポップアップウィンド
or SheetInfo or string)
ウです。worksheetInDashboard
パラメーターはオプションです。指定さ
れていない場合、現在アクティブな
Worksheet が使用されます。
showExportCrossTabDialog( なし
[クロス集計のエクスポート] タブを表示
worksheetInDashboard: Sheet
します。worksheetInDashboard
or SheetInfo or string)
パラメーターはオプションです。指定さ
れていない場合、現在アクティブな
Worksheet が使用されます。
- 473 -
showShareDialog()
なし
setFrameSize(width: int, height:
int)
なし
[共有] ツールバーボタンのクリックに相
当します。これにより、ユーザーが電
子メールで、または Web ページに
HTML を埋め込むことでviz を共有で
きるようにするダイアログが表示されま
す。
iFrame のサイズを設定します。Viz の
現在のシートサイズがAUTOMATIC
に設定される場合、viz を展開したり
折りたたんだりしてiFrame に合わせ
ます。
VizCreateOptions レコード
これらは Viz コンストラクターで指定されるオプションです。
フィールド
名前
hideTabs
型
bool
説明
タブを表示または非表示にするかどうかを示し
ます。
hideToolbar
bool
ツールバーを表示または非表示にするかどうか
を示します。
toolbarPosition
ToolbarPosition hideToolbar がfalse の場合、ツールバーを
配置する必要があるかどうかを示します。
height
文字列
任意の有効な CSS サイズ指定子になることが
できます。指定しない場合、既定では 600px
になります。
width
文字列
任意の有効な CSS サイズ指定子になることが
できます。指定しない場合、既定では 800px
になります。
onFirstInteractive callback(e:
viz が最初にインタラクティブになる場合に呼び
TableauEvent) 戻します。一度しか呼び出されませんが、呼び
出されることが保証されます。viz が既にインタ
ラクティブな場合はすぐに呼び出されますが、
別の「スレッド」上で呼び出されます。
ToolbarPosition Enum
列挙型
名前
TOP
BOTTOM
説明
Viz の最上部に沿ってツールバーの位置を合わせます。
Viz の底部に沿ってツールバーの位置を合わせます。
- 474 -
Viz イベントクラス
TableauEventName 列挙型
これらは Viz.addEventListener/removeEventListener に渡される文字列です。列挙値はアン
ダースコアのないすべて小文字の文字列であることに注意してください。たとえば、CUSTOM_
VIEW_LOAD は customviewload となります。完全修飾の列挙型
(tableauSoftware.TableauEventName.FILTER_CHANGE) または raw 文字列
(filterchange) のどちらかを受け入れられます。
名前
CUSTOM_
VIEW_LOAD
CUSTOM_
VIEW_
REMOVE
CUSTOM_
VIEW_SAVE
CUSTOM_
VIEW_SET_
DEFAULT
FILTER_
CHANGE
MARKS_
SELECTION
PARAMETER_
VALUE_
CHANGE
STORY_
POINT_
SWITCH
TAB_SWITCH
コールバックに渡される
イベントクラス
CustomViewEvent
CustomViewEvent
CustomViewEvent
CustomViewEvent
FilterEvent
MarksEvent
ParameterEvent
説明
カスタムビューのロードが終了すると発生
します。
ユーザーがカスタムビューを削除すると発
生します。
ユーザーが新規または既存のカスタム
ビューを保存すると発生します。
カスタムビューがこのviz 用の既定のビュー
になると発生します。
任意のフィルターの状態が変化すると発
生します。viz はまだインタラクティブでない
場合があります。
マークが選択または選択解除されると発
生します。
任意のパラメーターの状態が変化すると
発生します。
StoryPointSwitchEvent ストーリーポイントがアクティブになると発
生します。
TabSwitchEvent
タブが切り替わると発生しますが、viz はま
だインタラクティブでない場合があります。
TableauEvent クラス
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オブジェクト
を取得します。
getEventName TableauEventName イベント名を取得します。これは文字列です
()
が、TableauEventName列挙型にある項目
の1 つでもあります。
- 475 -
CustomViewEvent クラス
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オブジェクト
を取得します。
getEventName TableauEventName イベント名を取得します。これは文字列です
()
が、TableauEventName列挙型にある項目
の1 つでもあります。
メソッド
名前
戻り値の型
説明
getCustomViewAsync Promise<CustomView> イベントに関連付けられている
()
CustomView オブジェクトを取得
します。
FilterEvent クラス
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オブジェクト
を取得します。
getWorksheet ワークシート
イベントに関連付けられているWorksheet
()
オブジェクトを取得します。
getEventName TableauEventName イベント名を取得します。これは文字列です
()
が、TableauEventName列挙型にある項目
の1 つでもあります。
getFieldName 文字列
フィールド名を取得します。
()
メソッド
名前
getFilterAsync
()
戻り値の型
説明
Promise<Filter> イベントに関連するFilter オブジェクトを取得しま
す。
MarksEvent クラス
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オブジェクト
を取得します。
getWorksheet ワークシート
イベントに関連付けられているWorksheet
()
オブジェクトを取得します。
getEventName TableauEventName イベント名を取得します。これは文字列です
()
が、TableauEventName列挙型にある項目
の1 つでもあります。
- 476 -
メソッド
名前
戻り値の型
説明
getMarksAsync Promise<Mark イベントを引き起こしたWorksheet 上の選択さ
()
[]>
れたマークを取得します。
ParameterEvent クラス
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オブ
ジェクトを取得します。
getEventName()
TableauEventName イベント名を取得します。これは文字列
ですが、TableauEventName列挙型に
ある項目の1 つでもあります。
getParameterName 文字列
変更されたパラメーターの名前を取得し
()
ます。
メソッド
名前
戻り値の型
説明
getParameterAsync Promise<Parameter> イベントを引き起こしたParameter
()
オブジェクトを取得します。
StoryPointSwitchEvent Class
STORY_POINT_SWITCH イベントのコールバックに返されます。
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オ
ブジェクトを取得します。
getEventName()
TableauEventName イベント名を取得します。これは文字
列ですが、TableauEventName列挙
型にある項目の1 つでもあります。こ
の場合は STORY_POINT_SWITCH
です。
getOldStoryPointInfo StoryPointInfo
ストーリーポイント切り替えのイベント
()
が発生する前にアクティブだった
StoryPointInfo を取得します。
返されるオブジェクトには、切り替えが
発生する前のストーリーポイントの状
態が反映されています。返されるオブ
ジェクトには、切り替えが発生した後
のストーリーポイントの状態が反映さ
れています。
getNewStoryPoint()
StoryPoint
現在アクティブな StoryPoint を取
得します。
- 477 -
TabSwitchEvent クラス
プロパティ
名前
getViz()
型
Viz
説明
イベントに関連付けられているViz オブ
ジェクトを取得します。
getEventName()
TableauEventName イベント名を取得します。これは文字列
ですが、TableauEventName列挙型に
ある項目の1 つでもあります。
getOldSheetName 文字列
タブ切り替えのイベントが発生する前に
()
アクティブだったシート名を取得します。
getNewSheetName 文字列
現在アクティブなシート名を取得します。
()
Workbook クラス
クラス図
Workbook クラス
Workbook にはタブとして表されるシートの集合があります。また、DataSources および
CustomViews などの関連オブジェクトもあります。
プロパティ
名前
getViz()
getActiveSheet()
getActiveCustomView()
型
Viz
説明
ワークブックを含むViz オブジェクトを取得
します。
Sheet
現在アクティブなシート(アクティブなタブ) を
取得します
CustomView 現在アクティブなカスタムビューを取得しま
- 478 -
getPublishedSheetsInfo SheetInfo[]
()
getName()
文字列
す。カスタムビューがアクティブでない場合
は NULL を取得します。
これは同期であることに注意してください。
つまり、ロードする際にすべてのシートが必
要です。
サーバーに保存されるワークブック名を取
得します。これは必ずしもファイル名ではな
いことに注意してください。
メソッド
名前
activateSheetAsync
(sheetNameOrIndex: object)
revertAllAsync()
getParametersAsync()
changeParameterValueAsync(
name: string,
value: object)
getCustomViewsAsync()
showCustomViewAsync(
customViewName: string)
removeCustomViewAsync(
customViewName: string)
rememberCustomViewAsync(
customViewName: string)
戻り値の型
Promise<Sheet>
説明
名前またはインデックスに
よってシートをアクティブ化
し、アクティブ化されたシー
トのPromise を返しま
す。
Promise
ワークブックを最後に保存
した状態に戻します。
Promise<Paramete このワークブック用のパラ
r[]>
メーターを取得します。
Promise<Paramete 指定された名前のパラ
r>
メーターの値を変更し、
新しいParameter を返
します。値は、パラメー
ターと同じデータ型で、値
の許容範囲内である必
要があります。また、生値
ではなく別名の値である
必要もあります。詳細お
よび例については、
changeParameterValue
Async() の他の情報 を参
照してください。
Promise<CustomVi ワークブックに関連付けら
ew[]>
れているCustomView
オブジェクトの集合を取得
します。
Promise<CustomVi Viz を変更して名前を付
ew>
けて保存した状態を表示
します。
Promise<CustomVi 名前の付いたカスタム
ew>
ビューを削除します。
Promise<CustomVi- カスタムビューに名前を割
ew>
り当てることでワークブック
の現在の状態を保存しま
す。
- 479 -
setActiveCustomViewAsDefault
Async()
なし
アクティブなカスタムビュー
を既定として設定しま
す。
changeParameterValueAsync() の他の情報
値パラメーターは、次の条件に当てはまる必要があります。
1. データ型は、Parameter.getCurrentValue() に返される元のJavaScript 型と同じ
ものである必要があります。たとえば、Parameter.getDataType() がFLOAT または
INTEGER である場合、値パラメーターはネイティブのJavaScript Number である必要があ
ります。次の表は、ParameterDataType 値をネイティブ型のJavaScript へマッピングしま
す。
ParameterDataType
FLOAT
INTEGER
STRING
BOOLEAN
DATE
DATETIME
ネイティブ型の JavaScript
数値
数値
文字列
ブール
日付
日付
2. パラメーターが許容値のリストに制限される場合、値はこれらの値の1 つである必要があり
ます。Parameter.getAllowableValuesType() のクエリは、返される
tableauSoftware.ParameterAllowableValuesType.LIST によってパラメー
ター値が制限されるかどうかを示します。
3. パラメーターが値の範囲に制限される場合、値は最小値および最大値 それぞれを含む
内である必要があります。Parameter.getAllowableValuesType() のクエリは、
返されるtableauSoftware.ParameterAllowableValuesType.RANGE によっ
てパラメーター値が制限されるかどうかを示します。最小値および最大値は、
Parameter.getMinValue() およびParameter.getMaxValue() を介して返さ
れます。
4. 値は、生値ではなく、別名値である必要があります。生値および別名値を参照するには、
Tableau Desktop の[パラメーターの編集] ダイアログボックスへ移動します。ダイアログ内
- 480 -
で、次のように[値] 列ではなく[表示] 列にある値を使用します。
例
次の例は、これらの概念を分かりやすく示しています。
// Change a parameter called "Prouct Type" to "Coffee" when the
parameter is
// restricted to the following allowable values:
// "Coffee", "Espresso", "Tea"
workbook.changeParameterValueAsync("Product Type", "Coffee");
// Change a parameter called "Measure" to a value that is
aliased, "Sale". This
// example corresponds to the screen shot above.
workbook.changeParameterValueAsync("Measure", "Sale");
// Change a date parameter named "DateParam" to January 1, 2014
(UTC):
workbook.changeParameterValueAsync("DateParam", new Date
(Date.UTC(2014, 0, 1)));
- 481 -
DataSource クラス
Workbook には 1 つ以上のデータソースが含まれます。それぞれのWorksheet にはプライマリ
データソースがあり、複数のセカンダリデータソースを持つことができます。
プロパティ
名前
getName()
型
文字
列
getIsPrimary bool
()
getFields()
Field
[]
説明
UI で表示されているDataSource の名前です。
このDataSource がプライマリまたはセカンダリのデータソース
かどうかを示します。
DataSource に関連付けられているFields の配列を取得
します。
Field クラス
フィールドには、フィールドが属しているデータソース、役割、およびドメインの値を取得する機能
についての情報が含まれています。
プロパティ
名前
getName()
型
文字列
説明
フィールド名 (つまりキャプション) を取得し
ます。
getAggregation FieldAggregationType 集計のタイプを取得します。以下の値のい
()
ずれかです。SUM、AVG、MIN、MAX、
STDEV、STDEVP、VAR、VARP、
COUNT、COUNTD、MEDIAN、ATTR、
NONE、YEAR、QTR、MONTH、DAY、
HOUR、MINUTE、SECOND、WEEK、
WEEKDAY、MONTHYEAR, MDY、END、
TRUNC_YEAR、TRUNC_QTR, TRUNC_
MONTH、TRUNC_WEEK、TRUNC_DAY、
TRUNC_HOUR、TRUNC_MINUTE、
TRUNC_SECOND、QUART1、QUART3、
SKEWNESS、KURTOSIS、INOUT、USER
getDataSource DataSource
このフィールドが属するデータソースを取得
()
します。
getRole()
FieldRoleType
次の値のいずれかです。DIMENSION、
MEASURE、UKNOWN
CustomView クラス
特定の瞬間にワークブックの名前付きスナップショットを表示します。
プロパティ
名前
getName()
setName()
型
文字列
説明
カスタムビューの利用しやすい名前です
- 482 -
getAdvertised
bool
()
setAdvertised()
getDefault()
bool
カスタムビューがパブリックなのかプライベートなのかを示
します。
これを既定のカスタムビューにするかどうかを取得または
設定します。
カスタムビューを作成したユーザーを取得します。
getOwnerName 文字列
()
getUrl()
文字列
このビューを再度ロードする一意のURL です。
getWorkbook() Workbook このCustomView が属するWorkbook を取得しま
す。
メソッド
名前
戻り値の型
説明
saveAsync Promise<CustomView> saveAsync() を呼び出した後、getUrl メ
()
ソッドの結果は空白ではなくなります。
Sheet クラス
クラス図
SheetInfo クラス
WORKSHEET、DASHBOARD、または STORY に関する情報を含んでおり、メソッドは含んでいませ
ん。Workbook.getPublishedSheetsInfo() の一部として返されます。
コンストラクター
公開コンストラクターはありません。Workbook.getPublishedSheetsInfo() からのみ、こ
のクラスのインスタンスを取得できます。
プロパティ
名前
getName()
getIndex()
型
文字列
int
説明
シート名を取得します。
パブリッシュされたタブ内のシートのインデックスを取得しま
す。非表示タブはパブリッシュされる限り、引き続き順序
に含められることに注意してください。
- 483 -
シートが現在アクティブなシートかどうか示す値を取得し
ます。技術的な制限のため、オブジェクトが
Dashboard の一部のWorksheet インスタンスである
場合、常に偽を返します。
getIsHidden() bool
シートがUI で非表示になっているかどうかを示す値を取
得します。タブコントロール全体が非表示になっている
場合はこのフラッグの状態に影響を及ぼさないことに注
意してください。このシートは、タブコントロールが非表示
になっている場合でも、引き続き表示されていると報告
する場合があります。
getSheetType SheetType シートのタイプを取得します。SheetType は次の値を
()
持つ列挙型です。WORKSHEET、DASHBOARD および
STORY。
getSize()
SheetSize ワークブックをパブリッシュする際に作成者が指定したサ
イズ情報を取得します。
getUrl()
文字列
このシートのURL を取得します。
getWorkbook Workbook このSheet が属するWorkbook を取得します。
()
getIsActive()
bool
Sheet クラス
コンストラクター
公開コンストラクターはありません。Workbook.getActiveSheet() または
Dashboard.getObjects() からのみ、このクラスのインスタンスを取得できます。
プロパティ
名前
getName()
getIndex()
型
文字列
int
説明
シート名を取得します。
パブリッシュされたタブ内のシートのインデックスを取得しま
す。非表示タブはパブリッシュされる限り、引き続き順序
に含められることに注意してください。
getIsActive()
bool
シートが現在アクティブなシートであるかどうかを示す値
を取得します。
getIsHidden() bool
シートがUI で非表示になっているかどうかを示す値を取
得します。タブコントロール全体が非表示になっている
場合はこのフラッグの状態に影響を及ぼさないことに注
意してください。このシートは、タブコントロールが非表示
になっている場合でも、引き続き表示されていると報告
する場合があります。
getSheetType SheetType シートのタイプを取得します。SheetType は次の値を
()
持つ列挙型です。WORKSHEET、DASHBOARD および
STORY。
getSize()
SheetSize ワークブックをパブリッシュする際に作成者が指定したサ
イズ情報を取得します。
getUrl()
文字列
このシートのURL を取得します。
getWorkbook Workbook このSheet が属するWorkbook を取得します。
- 484 -
()
メソッド
名前
戻り値の型
説明
changeSizeAsync Promise<SheetSize> シート上のサイズ情報を設定します。
(size: SheetSize)
シートがWorksheet の場合、実際に
は Worksheet を固定サイズに設定で
きないため、
SheetSizeBehavior.AUTOMATIC
のみが許可されることに注意してくださ
い。
SheetSize レコード
Sheet をサイズ指定する方法について説明します。
フィールド
名前
型
説明
behavior SheetSizeBehavior 次のいずれかの列挙値が含まれます。
AUTOMATIC、EXACTLY、RANGE、ATLEAST、およ
びATMOST。
maxSize SheetSize
これは、behavior がEXACTLY、RANGE、または
ATMOST の場合にのみ定義されます。
これは、behavior がEXACTLY、RANGE、または
minSize SheetSize
ATLEAST の場合にのみ定義されます。
Worksheet クラス
ワークブック内のワークシートタブまたはダッシュボードオブジェクトを表示します。これらは、ワーク
シートおよびワークシートインスタンスという2 つの個々の概念です。ただし、API 内で簡単にする
ために、それらは両方ともWorksheet クラスに組み合わされます。
コンストラクター
公開コンストラクターはありません。Workbook.getPublishedSheets() または
Dashboard.getObjects() からのみ、このクラスのインスタンスを取得できます。
プロパティ
名前
型
説明
getParentDashboard Dashboard このWorksheet が属するDashboard オブ
()
ジェクトを返します (ダッシュボード上にある場
合)。それ以外の場合は NULL を返します。
getParentStoryPoint StoryPoint このWorksheet が属するStoryPoint オブ
()
ジェクトを返します (ストーリーシート上にある場
合)。それ以外の場合は NULL を返します。
Worksheet インスタンスが
StoryPoint.getContainedSheet() へ
の呼び出しから来ていない場合、これもNULL
を返します。
- 485 -
メソッド
名前
戻り値の型
説明
getDataSourcesAsync Promise<DataSource このワークシート用のプライマリおよ
()
[]>
びすべてのセカンダリデータソース
を取得します。規則により、プライ
マリデータソースが常に最初の要
素になる必要があることに注意し
てください。
メソッドのフィルターについては、「API リファレンスページ467」で説明しています。マークの選択メ
ソッドについては、「Worksheet クラス(マークの選択)」で説明しています。
Dashboard クラス
DashboardObject インスタンスの集合とアクティブなオブジェクトの概念が含まれます。
コンストラクター
コンストラクターはありません。Workbook.getPublishedSheets() からこのインスタンスを取
得します。
プロパティ
名前
getObjects()
getWorksheets
()
型
DashboardO
bject[]
Worksheet[]
getParentStory- StoryPoint
Point()
説明
オブジェクトの集合を取得します。
ダッシュボードに含まれるワークシートの集合を取得
します。これはヘルパーメソッドであり、
DashboardObject.getType() ===
tableauSoftware.DashboardObjectType
.WORKSHEET の場合のgetObjects() による
ループとすべての
DashboardObject.Worksheet ポインターの
収集に相当することに注意してください。
このDashboard が属するStoryPoint オブジェ
クトを返します (ストーリーシート上にある場合)。そ
れ以外の場合は NULL を返します。Dashboard
インスタンスが
StoryPoint.getContainedSheet() への呼
び出しから来ていない場合、これもNULL を返しま
す。
DashboardObject クラス
一連のさまざまなダッシュボードのエリアのいずれかを表示します。
コンストラクター
コンストラクターはありません。Dashboard.getObjects() からこのインスタンスを取得しま
す。
- 486 -
プロパティ
名前
型
説明
getObjectType DashboardObjectType オブジェクトが表すものを取得します。これ
()
は次の値を持つenum です。BLANK、
WORKSHEET、QUICK_FILTER、
PARAMETER_CONTROL、PAGE_
FILTER, LEGEND、TITLE、TEXT、
IMAGE、WEB_PAGE。
getDashboard Dashboard
このオブジェクトを含むDashboard オブ
()
ジェクトを取得します。
getWorksheet Worksheet
getType() がWORKSHEET を返す場
()
合、Worksheet オブジェクトへのポイン
ターが含まれます。
getPosition()
Point
オブジェクトのダッシュボードの左上に関連
する座標を取得します。
getSize()
Size
オブジェクトのサイズを取得します。
Story クラス
StoryPoint インスタンスのコレクションと、それらを切り替える機能を含みます。Sheet クラスから生
じます。
コンストラクター
コンストラクターはありません。Workbook.getActiveSheet() からこのインスタンスを取得し
ます。
プロパティ(シートから取得)
名前
getName()
getIndex()
型
文字列
int
説明
シート名を取得します。
パブリッシュされたタブ内のシートのインデックスを取得しま
す。非表示タブはパブリッシュされる限り、引き続き順序
に含められることに注意してください。
getIsActive()
ブール
シートが現在アクティブなシートであるかどうかを示す値
を取得します。
getIsHidden() ブール
シートがUI で非表示になっているかどうかを示す値を取
得します。タブコントロール全体が非表示になっている
場合はこのフラッグの状態に影響を及ぼさないことに注
意してください。このシートは、タブコントロールが非表示
になっている場合でも、引き続き表示されていると報告
する場合があります。
getSheetType SheetType 常にtableauSoftware.SheetType.STORY であ
()
る必要があるシートの型を取得します。
getSize()
SheetSize ワークブックをパブリッシュする際に作成者が指定したサ
イズ情報を取得します。
getUrl()
文字列
このシートのURL を取得します。
getWorkbook ワークブック このSheet が属するWorkbook を取得します。
- 487 -
()
プロパティ
名前
getStoryPointsInfo
()
型
説明
StoryPointInfo StoryPointInfo オブジェクトの配列 (コレ
[]
クションではありません) を取得します。ストー
リーポイントの一意の文字列キーがないた
め、これはコレクションではないことが分かりま
す。ストーリーポイントへは通常のアクセス(イ
ンデックスを介して) のみ必要です。
getActiveStoryPoint StoryPoint
現在アクティブなストーリーポイントを取得し
()
ます。
メソッド(シートから取得)
名前
changeSizeAsync(size:
SheetSize)
型
説明
Promise<SheetSize> シート上のサイズ情報を設
定します。
メソッド
名前
activateStoryPointAsync
(index: int)
型
Promise<Story
Point>
activateNextStoryPointAs- Promise<Storyync()
Point>
activatePreviousStoryPoi- Promise<StoryntAsync()
Point>
revertStoryPointAsync
(index: int)
Promise<StoryPoint>
- 488 -
説明
指定されたインデックスでストーリー
ポイントをアクティブにして、アクティブ
化されたStoryPoint のプロミスを返
します。インデックスがゼロよりも少な
いかまたは配列内のストーリーポイ
ントの数よりも大きいか等しい場合
は、
tableauSoftware.ErrorCod
e.INDEX_OUT_OF_RANGE エラー
が発せられます。
次のストーリーポイントがある場合は
それをアクティブにします。現在のス
トーリーポイントが最後の場合、アク
ティブのままにします。
直前のストーリーポイントがある場
合はそれをアクティブにします。現在
のストーリーポイントが1 つ目の場
合、アクティブのままにします。
指定されたインデックスでストーリー
ポイントを元に戻し、元に戻された
StoryPoint のプロミスを返します。イ
ンデックスがゼロよりも少ないかまた
は配列内のストーリーポイントの数
よりも大きいか等しい場合は、
tableauSoftware.ErrorCode.INDEX_OUT_OF_RANGE エラー
が発せられます。
StoryPointInfoClass
StoryPoint に関する情報が含まれます。メソッドはありません。
Story.getStoryPointsInfo() の一部として返されます。
プロパティ
名前
getIndex()
型
int
getCaption()
文字
列
Bool
説明
親 Story シート内でこのストーリーポイントのゼロに基づくイン
デックスを取得します。
このストーリーポイントのテキスト記述の内容を取得します。
ストーリーポイントがストーリー内で現在アクティブポイントで
あるかどうかを示す値を取得します。
getIsUpdated() Bool ストーリーポイントが更新されるかどうかを示す値を取得しま
す。つまり、ストーリーポイントが最後に「取得」されてから変
更されていないということです。
getParentStory Story ストーリーポイントを含むStory オブジェクトを取得します。
()
getIsActive()
StoryPoint Class
StoryPoint は、Story シート内の異なるスナップショットです。
プロパティ
名前
getIndex()
型
int
説明
親 Story シート内でこのストーリーポイントのゼロに基づ
くインデックスを取得します。
getCaption()
文字 このストーリーポイントのテキスト記述の内容を取得し
列
ます。
getIsActive()
Bool
ストーリーポイントがストーリー内で現在アクティブポイン
トであるかどうかを示す値を取得します。
getIsUpdated()
Bool
ストーリーポイントが更新されるかどうかを示す値を取
得します。つまり、ストーリーポイントが最後に「取得」さ
れてから変更されていないということです。
getContainedSheet Sheet このストーリーポイントが含むシートを取得します。ス
()
トーリーポイントに含まれているシートがない場合、これ
は NULL です。
getParentStory()
Story このストーリーポイントを含むStory オブジェクトを取得
します。
- 489 -
Parameter クラス
Parameter クラス
ワークブックパラメーターについての情報が含まれます。実際にパラメーターの値を設定するには、
workbook.changeParameterValueAsync() を呼び出します。
プロパティ
名前
getName()
型
文字列
getCurrentValue()
DataValue
getDataType()
ParameterDataType
getAllowableValuesT
ype()
ParameterAllowableValues
Type
getAllowableValues()
DataValue[]
getMinValue()
DataValue
getMaxValue()
DataValue
getStepSize()
Number
- 490 -
説明
ユーザーが指定したとおりの
パラメーター用の一意の識
別子です。
パラメーターの現在の値で
す。
パラメーターのデータ型は次
のいずれかになる可能性が
あります。FLOAT、
INTEGER、STRING、
BOOLEAN、DATE、
DATETIME。
パラメーターが受け入れるこ
とができる認められる値のタ
イプです。次の列挙型の項
目のいずれかになる可能性
があります。ALL、LIST、
RANGE。
パラメーターが認められる値
のリストに制限される場合、
このプロパティにはそれらの値
の配列が含まれます。これは
標準の集合ではありません
が、JavaScript の配列であ
ることに注意してください。
getAllowableValuesT
ype がRANGE である場合、
これにより認められる最小値
(包含) が定義されます。そ
れ以外の場合は未定義ま
たは NULL です。
getAllowableValuesT
ype がRANGE である場合、
これにより認められる最大値
(包含) が定義されます。そ
れ以外の場合は未定義ま
たは NULL です。
getAllowableValuesT
getDateStepPeriod()
ype がRANGE の場合、これ
によりパラメーターUI コント
ロールスライダーで使用され
るステップサイズが定義され
ます。それ以外の場合は未
定義または NULL です。
getAllowableValuesT
ype がRANGE、および
getDataType がDATE や
DATETIME の場合、これに
よりパラメーターUI コントロー
ルスライダーで使用されるス
テップ期間が定義されます。
それ以外の場合は未定義
または NULL です。
PeriodType
フィルター
既存のフィルター状態をクエリすることと、新規または既存のフィルターを設定することは異なりま
す。フィルターのクエリには、Filter クラスの集合体を返す Worksheet.getFiltersAsync
() を使用します。フィルターの設定には、Worksheet.applyFilterAsync (および変異)
を使用します。これは、Filter クラスのインスタンス化を要求しない関数呼び出しです。
フィルターのフィールドを指定する際は、データベースのフィールド名ではなく、UI に示されている
キャプションを使用します。例えば、Product Container (実際のフィールド名) ではなく、
Container (キャプション) を使用します。例外は、フル階層名 (たとえば、[Product].[All
Product].[Espresso]) を使用する階層フィルターです。キャプションでは、名前の前後にオ
プションの[] 区切り文字を使用できます。
- 491 -
クラス図
Worksheet クラス (フィルター)
これらのメソッドは Worksheet クラス上にありますが、便宜上ここでリストされています。
メソッド
名前
getFiltersAsync()
applyFilterAsync(
fieldName: string,
values: object[] or object,
updateType:
FilterUpdateType,
options?: FilterOptions)
applyRangeFilterAsync(
fieldName: string,
range: RangeFilterOptions)
戻り値の型
Promise<Filter[]
>
Promise<strin
g>
Promise<strin
g>
- 492 -
説明
シート上で使用されるフィルター
の集合を取得します。
簡単なカテゴリーフィルターを適
用します (日付でない)。これらの
関数の詳細については、「フィル
ターの例」を参照してください。
フィルターされたfieldName を
返します。
定量的フィルターを適用します。
範囲がドメインの最小値または
最大値の外であると指定されて
いる場合、エラーは発生せず、コ
マンドが許可されます。
getFiltersAsync[] に対す
る後続の呼び出しは、ドメインの
範囲を越えている場合でもこれ
らの値を返します。これは、
Tableau Desktop での動作に相
当します。
applyRelativeDateFilterAsync(
fieldName: string,
options:
RelativeDateFilterOptions)
applyHierarchicalFilterAsync
(
fieldName: string,
values: object,
options:
HierarchicalFilterOptions)
clearFilterAsync(fieldName:
string)
Promise<string>
相対日付フィルターを適用しま
す。
Promise<string>
階層フィルターを適用します。値
のパラメーターは単一の値、値の
配列、またはオブジェクト{ levels:
["1", "2"] }.
Promise<string>
フィルターの種類がどんなもので
あっても、フィルターをクリアしま
す。非関連のクイックフィルターが
フィールドに対して表示されてい
る限り、フィルターが削除されるこ
とに注意してください。クイックフィ
ルターが表示されている場合、
フィルターは保持されますが、[す
べて] の状態にリセットされます
(事実上フィルターをキャンセルし
ます)。ただし、関連する日付フィ
ルターについては、関連する日
付フィルターに対する[すべて] と
いう状態がないためエラーが返さ
れます。クイックフィルターが表示
されている関連する日付フィル
ターをクリアするには、特定の
フィールドに適した範囲を使用し
て
applyRelativeDateFilter() を代わりに呼び出すことがで
きます。
FilterOptions レコード
高度なフィルターオプションを制御するためにapplyFilter メソッドに渡されます。
フィールド
名前
isExcludeMode
型
bool
説明
フィルターが除害モードで適
用されるのか包含モードで適
用されるのかを決定します。
既定では包含モードです。
つまり、フィルターの一部とし
てフィールドが使用されま
- 493 -
す。除害モードは、特定の
フィールドを除く残りのすべて
が含まれることを意味しま
す。
RangeFilterOptions レコード
高度なフィルターオプションを制御するためにapplyRangeFilterAsync メソッドに渡されま
す。
フィールド
名前
min
型
int
max
int
nullOption
NullOption
説明
範囲の最小値 (包含) で
す。これはオプションです。
フィルター以下にする場合は
空白のままにしておきます。
範囲の最大値 (包含) で
す。これはオプションです。
フィルター以上にする場合は
空白のままにしておきます。
含めるNULL 値です。
RelativeDateFilterOptions レコード
高度なフィルターオプションを制御するためにapplyRelativeDateFilterAsync メソッドに
渡されます。
フィールド
名前
anchorDate
periodType
rangeType
rangeN
型
Date
PeriodType
DateRangeType
int
説明
フィルターする協定世界時の日付です。
年、四半期、月などです。
LAST、LASTN、NEXT などです。
rangeType がLASTN または NEXTN の場合に使
用される数値です。
Filter クラス
さまざまなすべてのフィルタータイプの抽象基底クラスです。
プロパティ
名前
getWorksheet
()
getFilterType
()
getFieldName
()
型
説明
Worksheet 親ワークシートを取得します
FilterType
文字列
フィルターのタイプを取得します。列挙型の値について
は、「FilterType の列挙型」を参照してください。
フィルターされているフィールドの名前を取得します。これ
は実際のデータベースフィールド名ではなく、UI で表示
されているキャプションであることに注意してください。
- 494 -
メソッド
名前
getFieldAsync
()
戻り値の型
説明
Promise<Field> 現在フィルターされているフィールドを取得しま
す。
NullOption 列挙型
指定されたフィルターまたはマーク選択呼び出しのNULL 値を使用して実行する事柄を示す列
挙型です。
列挙型
名前
NULL_VALUES
NON_NULL_VALUES
ALL_VALUES
説明
フィルターにNULL 値のみを含めます。
フィルターにNULL 以外の値のみを含めます。
フィルターにNULL 値とNULL 以外の値を含めます。
CategoricalFilter クラス
プロパティ
名前
getIsExcludeMode
()
getAppliedValues
()
型
bool
説明
フィルターが除害なのか包含 (既定) なのかを示す
値を取得します。
DataValue 現在フィルターに設定されている値の集合を取得し
[]
ます。これはキーが指定された集合ではなく、ネイ
ティブのJavaScript 配列であることに注意してくださ
い。
QuantitativeFilter クラス
プロパティ
名前
getDomainMin()
型
説明
DataValue ドメインで指定されている最小値を取得しま
す。
getDomainMax()
DataValue ドメインで指定されている最大値を取得しま
す。
getMin()
DataValue フィルターに適用されている最小値 (包含) を取
得します。
getMax()
DataValue フィルターに適用されている最大値 (包含) を取
得します。
getIncludeNullValues bool
NULL 値がフィルターに含まれているかどうかを
()
示します。
RelativeDateFilter Class
プロパティ
名前
型
getPeriod() PeriodType
説明
フィルターの期間です。列挙型の値については、
- 495 -
「PeriodType の列挙型」を参照してください。
getRange() DateRangeType 日付フィルターの範囲 (年、月など) です。列挙型の
値については、「DateRangeType の列挙型」を参照
してください。
getRangeN int
getRange がLASTN または NEXTN を返す場合、こ
()
れは N 値となります (何年間、何か月など)。
DataValue レコード
DataValue には、フィルターやパラメーターの生の値とフォーマット済みの値の両方が含まれます。
日付値は常に協定世界時の日付で表されます。
フィールド
名前
value
型
説明
object JavaScript のタイプとしてネイティブな生の値が含まれます。
これは、String、Number、Boolean、または Date のいずれ
かです。
formattedValue 文字 フィールドまたはパラメーターに適用されるロケールと書式設
列
定に従って書式設定される値です。
FilterType 列挙型
適用できるフィルタリングの有効なタイプの列挙型です。
列挙型
名前
CATEGORICAL
説明
カテゴリーフィルターは、ドメイン内の一連の値をフィルターするのに
使用されます。
QUANTITATIVE 定量的フィルターは、連続するドメインの値の範囲をフィルターする
のに使用されます。
HIERARCHICAL 階層フィルターは、ドメイン内の階層に整理される一連の値をフィ
ルターするのに使用されます。
RELATIVE_
相対日付フィルターは、一定の時点に関する値の範囲に合わせて
DATE
日付/時刻ドメインをフィルターするのに使用されます。
FilterUpdateType 列挙型
実行可能なフィルタリングの有効なタイプの列挙型です。
列挙型
名前
ALL
説明
すべての値をフィルターに追加します。クイックフィルターで(すべての) 値を
確認することに相当します。
REPLACE 現在のフィルター値を呼び出しで指定される新しい値と置換します。
ADD
呼び出しで指定されるフィルター値を現在のフィルター値に追加します。ク
イックフィルターで値にチェックを付けることに相当します。
REMOVE
呼び出しで指定されるフィルター値を現在のフィルター値から削除します。
クイックフィルターで値を外すことに相当します。
- 496 -
PeriodType 列挙型
フィルターおよびパラメーターで使用される期間の列挙型です。
列挙型
名前
YEARS
QUARTER
S
MONTHS
WEEKS
DAYS
HOURS
MINUTES
SECONDS
DateRangeType 列挙型
相対日付フィルターの有効な日付範囲の列挙型です。
列挙型
名前
LAST
LASTN
NEXT
NEXTN
CURRENT
TODATE
説明
期間の最終日、過去 1 週間、過去 1 か月などを指します。
期間の過去数日間、数週間、数か月間などを指します。
期間の翌日、翌週、翌月などを指します。
期間の翌数日間、翌週週間、翌数か月間などを指します。
期間の当日、今週、今月などを指します。
期間の当日、今週、今月などを含むこれまでのすべてを指します。
マークの選 択
マークの選択は、フィルタリングとほぼ同一です。フィルタリングには、Worksheet.
(applyFilterAsync) メソッドの1 つを使用します。マークの選択には、
Worksheet.selectMarksAsync() を使用します。マークの選択のパラメーターは、フィルタ
リングに使用されるパラメーターとほぼ同じです。そのため、とても簡単ですぐに覚えられ、フィルタリ
ングと選択というAPI の最も一般的な 2 つの使用事例を実現する一貫した方法を提供できま
す。
Worksheet クラス (マークの選択)
これらのメソッドは Worksheet class 上にありますが、便宜上ここで説明されています。
メソッド
名前
戻り値の型
clearSelectedMarksAsync void
()
getSelectedMarksAsync() Promise<Mark
[]>
説明
このワークシートの選択をクリアします。
現在選択されているマークの集合を取
得します。
- 497 -
selectMarksAsync(
fieldName: string,
value: object or object[],
updateType:
SelectionUpdateType)
selectMarksAsync(
fieldValuesMap: object,
updateType:
SelectionUpdateType)
void
マークを選択して返します。
void
最初のパラメーターのこの構文に基づ
いて選択を許可します。
{
"Field1": value,
"Field2": [1, 2, 3]
}
selectMarksAsync(
marks: Mark[],
updateType:
SelectionUpdateType)
void
Mark クラス
マークは viz 上の単一のデータポイントを表します。viz のタイプ(棒、線、円など) とは無関係で
す。
コンストラクター
署名
Mark(pairs: Pair[])
説明
指定されたペアで新しいMark を作成します。
プロパティ
名前
getPairs()
型
Pair[]
説明
マークと関連付けられている名前/値のペアの集合を取得します。
Pair クラス
Pair には、フィールド名と値 (生の値とフォーマット済みの値の両方) が含まれます。
コンストラクター
署名
Pair(fieldName: string,
value: object)
説明
特定のフィールド名またはフィールド値をペアリングさせて
新しいPair を作成します。
フィールド
名前
fieldName
型
説明
文字 値が適用されるフィールド名です。
列
value
object JavaScript のタイプとしてフィールドのネイティブな生の値が
含まれます。これは、String、Number、Boolean、または
Date のいずれかです。
formattedValue 文字 フィールドに適用されるロケールと書式設定に従って書式設
列
定される値です。
- 498 -
SelectionUpdateType 列挙型
実行可能なマーク選択の有効なタイプの列挙型です。
列挙型
名前
説明
REPLACE 現在のマーク値を呼び出しで指定される新しい値と置換します。
ADD
呼び出しで指定される値を現在の選択に追加します。デスクトップでのコ
ントロールクリックに相当します。
REMOVE
呼び出しで指定される値を現在の選択から削除します。既に選択された
マークをデスクトップでコントロールクリックすることに相当します。
その他 のクラス
Size レコード
ピクセル単位で幅と高さを表します。これはプレーンな JavaScript オブジェクトとして実装されます
(クラスではありません)。
フィールド
名前
width
height
型
int
int
説明
ピクセル単位で表されます。
ピクセル単位で表されます。
Point レコード
ピクセル単位でx/y 座標を表します。これはプレーンな JavaScript オブジェクトとして実装されます
(クラスではありません)。
フィールド
名前
x
y
型
int
int
説明
ピクセル単位で表されます。
ピクセル単位で表されます。
- 499 -
REST API
Tableau Server REST API では、HTTP を介してプログラムによってTableau Server リソースを管
理および変更できます。API を使うと、Tableau Server でデータソース、プロジェクト、ワークブッ
ク、サイトユーザー、およびサイトの機能に簡単にアクセスできます。このアクセスを使って、独自の
カスタムアプリケーションを作成したり、Tableau Server リソースとの相互作用をスクリプトしたりで
きます。詳細については、次のトピックを参照してください。
要件
Tableau Server REST API を使用するための要件には次が含まれます。
Tableau Server: REST API でプログラムするには、Tableau Server バージョン8.3 以降が必要
です。
API 有効: 既定で、Tableau Server は REST API が無効な状態でインストールされます。API を
使用する前に、下の手順に従って有効にします。
REST API を有 効 にする
Tableau Server をインストールした後、次を行ってREST API を有効にします。
1. Tableau Server を実行するコンピューターで、管理者としてコマンドプロンプトを開き、
Tableau Server のbin ディレクトリに移動します。例は次のとおりです。
Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\bin
2. Tableau Server を停止します。
tabadmin stop
3. 次のコマンドを入力してAPI を有効にします。
tabadmin set api.server.enabled true
4. 変更を反映:
tabadmin configure
5. Tableau Server を起動します。
tabadmin start
作成するアプリケーションコードはどのコンピューターにも置くことができます。ただし、
Tableau Server を実行しているコンピューターに対してHTTP 要求を行える必要がありま
す。
概念
このトピックは、REST API およびTableau Server の使用に慣れ親しんでいる人が対象です。
- 500 -
呼 び出 しのコンポーネント
Tableau Server REST API の呼び出しは次で構成されます。
l
HTTP メソッド: 4 つのメソッドがあります: GET、POST、PUT、または DELETE。
l
Tableau Server URI: URI は対象となるサーバーリソースです。
l
パラメーター: URI には 1 つ以上のパラメーターがあります。
l
メッセージ ペイロード: POST およびPUT 呼び出しでは通常、XML メッセージペイロードが
必要です。これには、サーバーへの入力または追加が含まれます。GET およびDELETE
呼び出しではメッセージペイロードは必要ありません。
Query Datasources 呼び出しを例にすると(GET /api/2.0/sites/siteid/datasources)、コンポーネントは次のとおりです。
l
HTTP メソッド: GET
l
Tableau Server URI: /api/2.0/sites/site-id/datasources
l
パラメーター: site-id. Tableau Server に対してサイトを一意的に識別します。
l
メッセージ ペイロード: なし。Tableau Server リソースへの入力または追加がないため、この
呼び出しにメッセージペイロードはありません。
上の呼び出しに対する応答として、Tableau Server はステータスコードと応答ペイロードの2 つを
返します。
200 (成功) などのステータスコードは、標準的な HTTP 戻り値です。REST API リファレンスのそ
れぞれの呼び出しについて、可能性のあるすべてのエラーコードが一覧表示されています。応答
ペイロードは、XML メッセージとして要求したものを返します。上の呼び出しでは、応答ペイロー
ドはサイトのデータソースの一覧となります。参照は、すべての呼び出しの応答ペイロードを一覧
表示します。詳細については、「XML スキーマ」を参照してください。
サインイン
Tableau Server REST API では、それぞれのAPI 呼び出しで認証トークンを送信することが必要
です。トークンはすべての要求でヘッダーX-Tableau-Auth として送信します。例は次のとおり
です。
Content-Type: text/xml
X-Tableau-Auth: d14a028c2a3a2bc9476102bb288234c4
トークンを取得するには、Sign In 呼び出しを完了し、解析して応答ペイロードからトークンを取り
出します。トークンはアプリケーションロジックに保存され、セッションが終わるまで再利用されま
す。サンプルコードがファイルexample.py で提供されています。Sign In 呼び出しを行って、戻さ
れたトークンを解析する方法について説明しています。
Sign Out 呼び出しはセッションを終了して、トークンを無効化します。
- 501 -
XML スキーマ
一部のAPI 呼び出しは、要求したリソースの応答ペイロードをXML で返します。応答ペイロード
は、コードのアプリケーションロジック内で解析および使用できます。
API 全体のXML スキーマはファイルts-rest-api.xsd にあります。XML 応答ペイロードを必要とす
るAPI 呼び出しでは、XML が十分に形成され、ts-rest-api.xsd のスキーマに従っていることが求
められます。
LUID
LUID (ローカルで一意な識別子) は、Tableau Server でリソースを識別するためにREST API 全
体で使用されています。LUID は 32 文字の文字列で、「XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXXXXXX」の形式でダッシュで区切られています。ID は特定のクエリメソッドで返され、
リソースに作用するために他の呼び出しに連結することが可能です。たとえば、user-id は、Get
Users on Site 呼び出しを実行して、希望するユーザーとユーザーID を解析することによって取得
できます。User-id はユーザー名ではなく、site-id は Tableau Server ユーザーインターフェイスで使
用されるID ではありません。
サンプルとスキーマ
REST API の使用に役立つよう、Tableau は 2 つのファイルを提供しています。
サンプル コードファイル: ファイルexample.py のコードは、REST API を使用して、Sign In 呼び出
しを行い、戻されたトークンを解析する方法について説明しています。
XML スキーマファイル: REST API 全体のXML スキーマはファイルts-rest-api.xsd にあります。
API リファレンス
Tableau Server REST API では、HTTP を介してプログラムによってTableau Server リソースを管
理および変更できます。API を使うと、Tableau Server でデータソース、プロジェクト、ワークブッ
ク、サイトユーザー、およびサイトの機能に簡単にアクセスできます。このアクセスを使って、独自の
カスタムアプリケーションを作成したり、Tableau Server リソースとの相互作用をスクリプトしたりで
きます。
Tableau Server REST API を使用する前に有効にする必要があります。手順については、「API
の有効化」を参照してください。
サインイン
Tableau Server 管理者としてサインインします。
説
明
Tableau Server システム管理者としてサインインできます。本番環境の場合、HTTPS 経
由でサインインすることが勧められています。
- 502 -
メ
ソッ
ドと
URI
メッ
セー
ジ
ペイ
ロー
ド
応
答
コー
ド
応
答
ペイ
ロー
ド
POST /api/2.0/auth/signin
<tsRequest>
<credentials name="admin-username" password="adminpassword" >
<site contentUrl="target-site-content-URL" />
</credentials>
</tsRequest>
200
<tsResponse>
<credentials token="admin-user-authenticity-token" >
<site contentUrl="target-site-content-URL" />
</credentials>
</tsResponse>
Tableau Server ユーザーとしてサインインします。
説
明
メ
ソッ
ドと
URI
メッ
セー
ジ
ペイ
ロー
ド
応
答
コー
ド
応
答
ペイ
ロー
ド
Tableau Server ユーザーとしてサインインできます。本番環境の場合、HTTPS 経由でサ
インインすることが勧められています。
POST /api/2.0/auth/signin
<tsRequest>
<credentials name="admin-username" password="adminpassword" >
<site contentUrl="target-site-content-URL" />
<user id="user-to-run-as" />
</credentials>
</tsRequest>
200
<tsResponse>
<credentials token="run-as-user-token" >
<site contentUrl="target-site-content-URL" />
</credentials>
</tsResponse>
- 503 -
ペイロードの詳細
ユーザーがログインするサイトを指定するために、要求で<site> 要素が必要です。<site> 要
素が要求で空の場合、既定のサイトが使用されます。
<site />
空の二重引用符を使って既定のサイトを指定することもできます。
<site contentUrl="" />
<site> 要素は応答で必ず入力されます。
エラー状態
HTTP 応答コード
401
状態
ログインエラー
403
非管理者のログインは禁止
404
ユーザーが見つからない
405
無効な要求メソッド
- 504 -
詳細
指定したサイトの
名前またはパス
ワードが無効か、
サイトコンテンツ
URL が無効です。
ユーザーのクレデン
シャルを使ってユー
ザー(非管理者)
を直接ログインしよ
うとしました。
Tableau Server
ユーザーは、管理
者のクレデンシャル
を通して間接的に
しかサインインでき
ません。
ユーザーサインイン
でペイロードに提
供されたユーザー
ID は、サイトの既
存のユーザーのも
のと一致しませ
ん。
要求のタイプが
POST 以外でし
た。
サインアウト
説明
現在のセッションからサインアウトして、トークンを無効にしま
す。
メソッドとURI
POST /api/2.0/auth/signout
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
204
応答ペイロード
なし
エラー状態
HTTP 応答コード
405
状態
無効な要求メソッド
詳細
要求のタイプが
POST 以外でし
た。
クエリデータソース
説明
メソッドとURI
指定したサイトのデータソースのリストを返します。オプションで、結果が大きい
場合にページングを指定できるパラメーターがあります。
GET /api/2.0/sites/site-id/datasources
GET /api/2.0/sites/siteid/datasources?pageSize=pagesize&pageNumber=page-number
メッセージ ペイロー
ド
応答コード
なし
応答ペイロード
<tsResponse>
<pagination pageNumber="pageNumber"
pageSize="page-size"
totalAvailable="total-available" />
<datasources>
<datasource id="datasource1-id"
200
- 505 -
name="datasource1-name"
type="datasource1-type" >
<project id="project-id" name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag1"/>
<tag label="tag2"/>
... more tags ...
</tags>
</datasource>
<datasource id="datasource2-id"
name="datasource2-name"
type="datasource2-type" >
<project id="project-id" name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag3"/>
... more tags ...
</tags>
</datasource>
... more datasources ...
</datasources>
</tsResponse>
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
非管理者のTableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、接続機能が(明
示的または暗示的に) 許可されているデータソースのみを表示できます。
ページネーションパラメーターの詳細
既定では、ページサイズは 100 で、1 ページが供給されます。いずれかのパラメーター、または両
方のパラメーターが明示的に上書きされる場合もあります。
エラー状態
HTTP 応答コード
400
状態
無効なページサイズ
400
無効なページ番号
404
サイトが見つからない
- 506 -
詳細
ページサイズパラメーターが整
数ではない、または 1 未満で
す。
ページ番号パラメーターが整数
ではないか、1 未満か、要求さ
れたページサイズのデータソー
スの最終ページ番号よりも大き
くなっています。
URI に示されるサイトID が既
存のサイトに対応していませ
ん。
無効な要求メソッド
405
要求のタイプがGET 以外でし
た。
クエリデータソース
説明
メソッドとURI
特定のデータソースのメタデータを返します。
GET /api/2.0/sites/siteid/datasources/datasource-id
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<datasource id="datasource-id"
name="some-name"
type="some-type" >
<project id="project-id" name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag1"/>
<tag label="tag2"/>
... more tags ...
</tags>
</datasource>
</tsResponse>
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
非管理者のTableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、接続機能が(明
示的または暗示的に) 許可されているデータソースのみを表示できます。
エラー状態
状態
403
HTTP 応答コード
読み取り禁止
404
サイトが見つからない
- 507 -
詳細
非管理者ユーザーがAPI メ
ソッドを呼び出して、
Connect 機能が許可されて
いないデータソースでクエリを
試みました。
URI に示されるサイトID が既
存のサイトに対応していませ
404
データソースが見つかりません
405
無効な要求メソッド
ん。
URI で提供されたデータソー
スID が既存のデータソースと
一致しません。
要求のタイプがGET 以外でし
た。
プロジェクトの作 成
説明
指定したサイトでプロジェクトを作成します。
メソッドとURI
POST /api/2.0/sites/site-id/projects
メッセージ ペ
イロード
<tsRequest>
<project name="project-name"
description="project-description" />
</tsRequest>
応答コード
201
応答ペイロー
ド
<tsResponse>
<project id="new-project-id"
name="project-name”
description="project-description"
</tsResponse>
応答ヘッダー
/>
Location: /api/2.0/sites/site-id/projects/new-project-id
ペイロードの詳細
project-name 属性はこの操作で必要です。project-description 属性はオプションで
す。
エラー状態
HTTP 応答コード
404
状態
サイトが見つからない
405
無効な要求メソッド
- 508 -
詳細
URI に示されるサイトID が既
存のサイトに対応していませ
ん。
要求のタイプがPOST 以外で
した。
409
プロジェクト名の競合
要求内のプロジェクト名が既
にシステム内の指定したサイト
に属しています。一意性を確
認するため、プロジェクト名は
大文字と小文字を区別しま
せん。
プロジェクトの削 除
説明
メソッドとURI
特定のサイトの指定したプロジェクトを削除します。
DELETE/api/2.0/sites/siteid/projects/project-id
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
204
応答ペイロード
なし
ビジネスロジックとエラー状態
システムでプロジェクトが削除されると、そのすべてのアセット(関連するワークブック、データソース、
プロジェクトビューオプション、および権利) も削除されます。このメソッドは注意深く使用してくださ
い。
エラー状態
HTTP 応答コード
403
状態
削除禁止
404
サイトが見つからない
404
プロジェクトが見つからない
405
無効な要求メソッド
- 509 -
詳細
削除しようとした既定のプロ
ジェクトは削除できないプロ
ジェクトです。
URI に示されるサイトID ま
たは URL の名前空間が既
存のサイトに対応していませ
ん。
URI のプロジェクトID が既
存のプロジェクトに一致しな
いか、プロジェクトがこのサイ
トにありません。
要求のタイプがDELETE 以
外でした。
更 新 プロジェクト
説明
メソッドとURI
指定したプロジェクトの名前または説明を更新します。
PUT /api/2.0/sites/siteid/projects/project-id
メッセージ ペイロード
<tsRequest>
<project name="some-new-name"
description="some-new-description" />
</tsRequest>
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<project name="some-name"
description=”some-description” />
</tsResponse>
ビジネスロジックとエラー状態
ペイロードの変化
<project> 要素の中にある任意の組み合わせの属性は有効です。存在する属性のみ、プロ
ジェクトで値の更新が実行されます。属性がない場合、更新は影響を及ぼしません。
HTTP 応答コード
403
状態
更新の禁止
404
サイトが見つからない
404
プロジェクトが見つからない
404
プロジェクトID ミスマッチ
405
無効な要求メソッド
- 510 -
詳細
既定のプロジェクトの名前を
変更しようとしています。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
URI で提供されたプロジェク
トID が既存のプロジェクトと
一致しません。
ペイロードにプロジェクトID
(オプション) が含まれており、
URI にあるID と一致しませ
ん。
要求のタイプがPUT 以外で
した。
409
プロジェクト名の競合
要求内のプロジェクト名が既
にシステム内の指定したサイ
トに属しています。一意性を
確認するため、プロジェクト
名は大文字と小文字を区
別しません。
ワークブックにタグを追 加
説明
メソッドとURI
指定したワークブックに1 つ以上のタグを追加します。
PUT /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbook-id
メッセージ ペイロード
<tsRequest>
<workbook id="workbook-id">
<tags>
<tag label="tag1" />
<tag label="tag2" />
... more tags ...
</tags>
</workbook>
</tsRequest>
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<workbook id="workbook-id"
name="workbook-name"
>
<project id="project-id"
name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag1"/>
<tag label="tag2"/>
... more tags ...
</tags>
<views>
<view id="view1-id" />
<view id="view2-id" />
... more views ...
</views>
- 511 -
</workbook>
</tsResponse>
ペイロードの詳細
ペイロードの任意のタグでワークブックがタグされている場合、それらのタグは無視されてワークブッ
クがそれらを保持します。タグの要素が空の場合、ワークブックには新しいタグは追加されません。
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者アクセス
管理者でないTableau Server ユーザーはこのメソッドを使用できますが、Add Tag 機能が(明
示的または非明示的に) 許可されているワークブックでのみタグを追加できます。
HTTP 応答コード
403
状態
タグの追加が禁止
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
404
ワークブックID ミスマッチ
405
無効な要求メソッド
詳細
管理者でないTableau
Server ユーザーがAPI メソッ
ドを呼び出して、Add Tag
機能が許可されていない
ワークブックでタグの追加を
試みました。このエラーは、
tags 要素が空の場合でも
生じます。
URI で提要されたサイトID
は既存のサイトのものではあ
りません。
URI で提供されたワークブッ
クID が既存のワークブックと
一致しません。
ペイロードにワークブックID
(オプション) が含まれており、
URI にあるID と一致しませ
ん。
要求のタイプがPUT 以外で
した。
ワークブックからタグを削 除
説明
指定したワークブックからタグを削除します。
- 512 -
メソッドとURI
DELETE /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbook-id/tags/tagname
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
204
応答ペイロード
なし
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザー アクセス
管理者でないTableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、機能が明示的
に許可されているワークブックでのみ (つまりワークブックの所有者として) タグを削除できます。
HTTP 応答コード
403
状態
タグの削除が禁止
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
404
タグが見つかりません
405
無効な要求メソッド
詳細
管理者でないTableau
Server ユーザーがAPI メソッ
ドを呼び出して、機能が非
明示的に許可されていない
ワークブックでタグの削除を
試みました。
URI に示されるサイトID ま
たは URL の名前空間が既
存のサイトに対応していませ
ん。
URI に示されるワークブック
ID が既存のワークブックに対
応していません。
URI で提供されたタグが指
定したワークブックで存在し
ません。
要求のタイプがDELETE 以
外でした。
ワークブックをクエリ
説明
指定したワークブックのメタデータを返し、これにはオプションで
サムネイルも含まれます。
- 513 -
メソッドとURI
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbook-id
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbookid?previewImage=false
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<workbook id="workbook-id"
name="some-name"
description="some-description" >
<project id="project-id"
name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag1"/>
<tag label="tag2"/>
... more tags ...
</tags>
<views>
<view id="view1-id"/>
<view id="view2-id"/>
... more views ...
</views>
</workbook>
</tsResponse>
プレビュー イメージのあるワークブックをクエリ
説明
メソッドとURI
指定したワークブックのメタデータを返し、これにはサムネイルも
含まれます。
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbookid?previewImage=true
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
上と同じで、MIME マルチパートメッセージに次のフォーマットで
埋め込まれています。
- 514 -
MIME ヘッダー
XML ペイロード(上の表に示されているフォーマット)
バイナリプレビューイメージ。
ペイロードの詳細
次はフル応答フォーマットの例です。MIME マルチパートメッセージは、表で各部分に分割されて
「パート間の境界線」によって表示されます。表の行は区切り文字の場所を表示するため、テキ
ストは除外されます。
MIME-Version: 1.0
Content-Type: multipart/mixed; boundary=interpartBoundary
Content-Type: text/xml
<tsResponse>
<workbook>
<!-- see markup example from previous section -->
</workbook>
</tsResponse>
Content-Disposition: name="myPreviewImage"; filename="foo"
Content-Transfer-Encoding: binary
Content-Type: application/octet-stream
...the-tableau-workbook-preview-image-goes-here...
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
Tableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、Read 機能が(明示的または
非明示的に) 許可されているワークブックでのみクエリを行えます。
HTTP 応答コード
400
状態
無効な URI パラメーター
403
読み取り禁止
- 515 -
詳細
previewImage パラメー
ターが指定されていますが、
true または false 以外の値
になっています。
管理者でないユーザーが
API メソッドを呼び出して、
Read 機能が許可されてい
ないワークブックでクエリを試
みました。
404
ワークブックが見つからない
404
サイトが見つからない
405
無効な要求メソッド
URI に示されるワークブック
ID が既存のワークブックに対
応していません。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
要求のタイプがGET 以外で
した。
お気 に入 りにワークブックを追 加
説明
メソッドとURI
指定したワークブックをユーザーのお気に入りに追加します。
PUT /api/2.0/sites/siteid/favorites/user-id
メッセージ ペイロード
<tsRequest>
<favorite label="favorite-label">
<workbook id="workbook-id" />
</favorite>
</tsRequest>
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<favorites>
<favorite label="favorite-label">
<workbook id="workbook-id" />
</favorite>
<favorite label="favorite2">
<view id="view-id" />
</favorite>
... more favorites ...
</favorites>
</tsResponse>
ユーザーがお気に入りに同じラベルで既にワークブックがある場合、操作には影響ありません。ラベ
ルが異なる場合、元のお気に入りは上書きされます。
- 516 -
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
Tableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、Add Favorite 機能がワーク
ブックで許可されている場合にのみお気に入りリストにワークブックを追加できます。
HTTP 応答コード
400
状態
無効なラベル
403
お気に入りへのアクセス禁止
404
ユーザーが見つからない
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
405
無効な要求メソッド
409
ラベルの競合
詳細
お気に入りラベルが空か、ス
ペースの文字のみで構成さ
れています。
Tableau Server ユーザーが
API メソッドを呼び出して、
Add Favorite 機能が許可
されていないお気に入りリス
トでワークブックの追加を試
みました。URI のユーザーID
が、メソッドを呼び出した
ユーザー以外のユーザーを
特定した場合は常にこうな
ります。
URI に示されるユーザーID
が既存のユーザーに対応し
ていません。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
ペイロードに示されるワーク
ブックID が既存のワークブッ
クに対応していません。
要求のタイプがPUT 以外で
した。
指定したユーザーのお気に
入りには、異なるワークブック
で同じラベルのお気に入りが
あります。
お気 に入 りからワークブックを削 除
説明
ユーザーのお気に入りからワークブックを削除します。
- 517 -
メソッドとURI
DELETE/api/2.0/sites/siteid/favorites/userid/workbooks/workbook-id
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
204
応答ペイロード
なし
ビジネスロジックとエラー状態
指定したワークブックがお気に入りでない場合、この呼び出しは影響がありません。
非管理者ユーザーのアクセス
Tableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、自分のお気に入りリストからし
かワークブックを削除できません。
エラー状態
HTTP 応答コード
403
状態
お気に入りへのアクセス禁止
404
ユーザーが見つからない
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
404
ワークブックがお気に入りではな
い
405
無効な要求メソッド
- 518 -
詳細
Tableau Server ユーザーが
API メソッドを呼び出して、
異なるユーザーのお気に入り
からワークブックの削除を試
みました。
URI に示されるユーザーID
が既存のユーザーに対応し
ていません。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
ペイロードに示されるワーク
ブックID が既存のワークブッ
クに対応していません。
URI で提供されているワーク
ブックID はありますが、指定
したユーザーのお気に入りで
はありません。
要求のタイプがDELETE 以
外でした。
プレビュー イメージのあるビューをクエリ
説明
メソッドとURI
特定のビューのサムネイルを返します。
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbook-id/views/viewid/previewImage
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
PNG フォーマットのビューのプレビューイメージ(MIME メディアタ
イプイメージ/png)。
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
Tableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、Read 機能が(明示的または
非明示的に) 許可されているワークブックビューでのみクエリを行えます。
エラー状態
HTTP 応答コード
403
状態
読み取り禁止
404
ビューが見つかりません
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
405
無効な要求メソッド
- 519 -
詳細
管理者でないTableau
Server ユーザーがAPI メソッ
ドを呼び出して、Read 機能
が許可されていないワーク
ブックビューでクエリを試みま
した。
URI で提供されたビューID
が指定したワークブックの既
存のビューと一致しません。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
ペイロードに示されるワーク
ブックID が既存のワークブッ
クに対応していません。
要求のタイプがDELETE 以
外でした。
ワークブック用 のビューをクエリ
説明
指定したワークブックのすべてのビューを返します。これにはオプ
ションでユーザー統計も含まれます。
メソッドとURI
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbook-id/views
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbookid/views?includeUsageStatistics=false
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<views>
<view id="view1-id" name="view1-name" />
<view id="view2-id" name="view2-name" />
... more views ...
</views>
</tsResponse>
使用統計のあるビューをクエリ
メソッドとURI
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbookid/views?includeUsageStatistics=true
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<views>
<view id="view1-id" name="view1-name" >
<usage totalViewCount="total-count1" />
</view>
<view id="view2-id" name="view2-name" >
<usage totalViewCount="total-count2" />
</view>
... more views ...
</views>
</tsResponse>
- 520 -
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
Tableau Server ユーザーはこのAPI メソッドにアクセスできますが、Read 機能が(明示的または
非明示的に) 許可されているワークブックビューでのみクエリを行えます。
エラー状態
HTTP 応答コード
400
状態
無効なパラメーター値
403
読み取り禁止
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
405
無効な要求メソッド
詳細
includeUsageStatistics
が true または false 以外
の値で提供されました。
Tableau Server ユーザーがAPI
メソッドを呼び出して、読み取り
機能の使用が許可されていな
いワークブックビューをクエリしよう
としました。
URI に示されるサイトID が既存
のサイトに対応していません。
ペイロードに示されるワークブック
ID が既存のワークブックに対応
していません。
要求のタイプがGET 以外でし
た。
ワークブックプレビュー イメージをクエリ
説明
メソッドとURI
指定したワークブックのサムネイルを返します。通常、返される
イメージはワークブックの最初のシート用です。
GET /api/2.0/sites/siteid/workbooks/workbook-id/previewImage
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
200
応答ペイロード
PNG フォーマットのワークブックのプレビューイメージ(MIME メ
ディアタイプイメージ/png)。
- 521 -
ビジネスロジックとエラー状態
Tableau Server の社内導入およびTableau Public で、システムはワークブックの最低インデックス
ビューに関連付けられたプレビューイメージを返します。
非管理者ユーザーのアクセス
Tableau Server ユーザーはこのAPI メソッドを使用できますが、Read 機能が(明示的または非
明示的に) 許可されているワークブックでのみプレビューイメージを取得できます。
エラー状態
HTTP 応答コード
403
状態
読み取り禁止
404
サイトが見つからない
404
ワークブックが見つからない
405
無効な要求メソッド
詳細
Tableau Server ユーザーが
API メソッドを呼び出して、
読み取り機能の使用が許
可されていないワークブック
ビューをクエリしようとしまし
た。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
ペイロードに示されるワーク
ブックID が既存のワークブッ
クに対応していません。
要求のタイプがGET 以外で
した。
ユーザー用 のワークブックをクエリ
説
明
メ
ソッ
ド
と
URI
特定のユーザーに関連付けられたワークブックを返し、これにはオプションでページングパラ
メーターが含まれます。
GET /api/2.0/sites/site-id/users/user-id/workbooks
GET /api/2.0/sites/site-id/users/userid/workbooks?pageSize=page-size&pageNumber=page-number
- 522 -
メッ
セー
ジ
ペ
イ
ロー
ド
応
答
コー
ド
応
答
ペ
イ
ロー
ド
なし
200
<tsResponse>
<pagination pageNumber="pageNumber" pageSize="page-size"
totalAvailable="total-available" />
<workbooks>
<workbook id="workbook1-id"
name=”some-name” >
<project id="project-id" name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag1"/>
<tag label="tag2"/>
... more tags ...
</tags>
<views>
<view id="view1-id"/>
<view id="view2-id"/>
... more views ...
</views>
</workbook>
<workbook id="workbook2-id"
name="some-name" >
<project id="project-id" name="project-name" />
<tags>
<tag label="tag1"/>
<tag label="tag2"/>
... more tags ...
</tags>
<views>
<view id="view1-id"/>
<view id="view2-id"/>
... more views ...
</views>
</workbook>
- 523 -
</workbooks>
... more workbooks ...
</tsResponse>
ビジネスロジックとエラー状態
非管理者ユーザーのアクセス
管理者でないTableau Server ユーザーはこのAPI メソッドを使用できますが、Read 機能が(明
示的または非明示的に) 許可されているワークブックでのみクエリを行えます。
ページネーションパラメーターの詳細
既定では、ページサイズは 100 で、1 ページが供給されます。いずれかのパラメーター、または両
方のパラメーターが明示的に上書きされる場合もあります。
エラー状態
HTTP 応答コード
403
状態
読み取り禁止
404
サイトが見つからない
404
ユーザーが見つからない
405
無効な要求メソッド
詳細
Tableau Server ユーザーが
API メソッドを呼び出して、
読み取り機能の使用が許
可されていないワークブック
ビューをクエリしようとしまし
た。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
URI に示されるユーザーID
が既存のユーザーに対応し
ていません。
要求のタイプがGET 以外で
した。
サイトにユーザーを追 加
説明
メソッドとURI
メッセージ ペイロード
指定したサイトにユーザーを追加します。
POST /api/2.0/sites/site-id/users/
<tsRequest>
<user name="user-name"
role="some-role"
- 524 -
publish="true-or-false"
contentAdmin="true-or-false*"
suppressGettingStarted="true-or-false" />
</tsRequest>
応答コード
201
応答ペイロード
<tsResponse>
<user id="user-id"
name="user-name"
role="some-role"
publish="true-or-false"
contentAdmin="true-or-false"
suppressGettingStarted="true-or-false" />
</tsResponse>
応答ヘッダー
Location: /api/2.0/sites/site-id/users/new-user-id
ペイロードの詳細
有効な 3 つの役割があります。Interactor、Viewer、およびUnlicensed。
contentAdmin パラメーターは、役割がインタラクターの場合にのみ true となります。他のすべて
の役割では、要求ペイロードのcontentAdmin という値は無視され、false の値が使用され
て、後に応答ペイロードで返されます。
suppressGettingStarted パラメーターは省略することが可能です。その場合、ユーザーが
既に他のサイトのメンバーであるなら、ユーザーは既存の設定を保持します。ユーザーが新たにシ
ステムに追加された場合、設定はユーザータイプに応じて既定になります。サイト管理者の場合
は有効、それ以外は抑制です。
エラー状態
HTTP 応答コード
404
状態
サイトが見つからない
404
ユーザー名が見つからない
405
無効な要求メソッド
409
ユーザーの競合
409
ゲストユーザーの競合
- 525 -
詳細
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
ペイロードに示されるユー
ザー名が、システム内の既
存のユーザーに対応してい
ません。
要求のタイプがPOST または
GET 以外でした。
指定されたユーザーはサイト
で既に登録されています。
Tableau Online API は、サ
イトにゲストの役割でユー
ザーを追加することを許可し
ません。
サイトのユーザーを取 得
説
明
指定したサイトに関連付けられたユーザーを返します。
メ
GET /api/2.0/sites/site-id/users/
ソッ
ドと
URI
メッ なし
セー
ジ
ペ
イ
ロー
ド
応 200
答
コー
ド
応 <tsResponse>
答
<users>
ペ
<user id="user1-id"
イ
name="user1-name"
ロー
role="some-role"
ド
publish="true-or-false"
contentAdmin="true-or-false"
lastLogin="YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ"
externalAuthUserId="authentication-id-from-externalprovider"/>
<user id="user2-id"
name="user2-name"
role="some-role"
publish="true-or-false"
contentAdmin="true-or-false"
lastLogin="YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ"
externalAuthUserId="authentication-id-from-externalprovider" />
...
</users>
- 526 -
</tsResponse>
エラー状態
HTTP 応答コード
404
状態
サイトが見つからない
405
無効な要求メソッド
詳細
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
要求のタイプがPOST または
GET 以外でした。
サイトからユーザーを削 除
説明
メソッドとURI
指定したサイトからユーザーを削除します。
DELETE /api/2.0/sites/siteid/users/user-id
メッセージ ペイロード
なし
応答コード
204
応答ペイロード
なし
ビジネスロジックとエラー状態
ユーザーがTableau Server のコンテンツを所有している場合、ユーザーを削除することはできませ
ん。ユーザーコンテンツの所有権をまず別のユーザーに移動させる必要があります。
エラー状態
HTTP 応答コード
400
状態
削除に失敗
404
サイトが見つからない
404
ユーザーが見つからない
405
無効な要求メソッド
- 527 -
詳細
サイトからユーザーを削除す
るのを妨げる他の問題が発
生しました。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
URI に示されるユーザーID
が既存のユーザーに対応し
ていません。
要求タイプがDELETE、
409
ユーザーアセットの競合
POST、または GET 以外の
ものでした。
指定されたユーザーが
Tableau Server のコンテンツ
を引き続き所有しています。
サイトの作 成
説明
メソッドとURI
指定されたメタデータでTableau Server にサイトを作成しま
す。
POST /api/2.0/sites/
メッセージ ペイロード
<tsRequest>
<site name="site-name"
contentUrl="some-content-url"
adminMode="some-admin-mode"
userQuota="num-users"
storageQuota="limit-in-megabytes"
disableSubscriptions="false" />
</tsRequest>
応答コード
201
応答ペイロード
<tsResponse>
<site id="new-site-id"
name="site-name"
contentUrl="the-content-url"
adminMode="the-admin-mode"
userQuota="num-users"
storageQuota="limit-in-megabytes"
disableSubscriptions="false" />
</tsResponse>
応答ヘッダー
Location: /api/2.0/sites/new-site-id
ペイロードの詳細
このセクションが編集された時点では、以下の2 つの管理者モードが利用可能です。
ContentOnly およびContentAndUsers。adminMode、userQuota 、および
storageQuota はオプションのパラメーターです。
- 528 -
ビジネスロジックとエラー状態
adminMode をContentOnly に設定して、同時にuserQuota に設定することはできません。
エラー状態
HTTP 応答コード
405
409
409
409
状態
無効な要求メソッド
詳細
要求のタイプがPOST または
GET 以外でした。
サイト名の競合
要求にあるサイト名は、シス
テムの既存のサイトで既に
使用されています。
サイトURL の競合
要求にあるコンテンツURL
は、システムの既存のサイト
で既に使用されています。
管理者モード/ユーザークオータ 要求では、adminMode を
の競合
ContentOnly に設定して、
userQuota を指定することは
できません。
更 新 サイト
説明
メソッドとURI
指定されたサイトのメタデータを変更します。
PUT /api/2.0/sites/site-id
メッセージ ペイロード
<tsResponse>
<site name="some-name"
contentUrl="some-content-url"
adminMode="some-admin-mode"
userQuota="num-users"
state="active-or-suspended"
statusReason="reason-for-state"
storageQuota="limit-in-megabytes"
disableSubscriptions="true-or-false" />
</tsResponse>
応答コード
200
応答ペイロード
<tsResponse>
<site name="some-name"
contentUrl="some-content-url"
- 529 -
adminMode="some-admin-mode"
userQuota="num-users"
state="active-or-suspended"
statusReason="reason-for-state"
storageQuota="limit-in-megabytes"
disableSubscriptions="true-or-false" />
</tsResponse>
ペイロードの詳細
このセクションが編集された時点では、以下の2 つの管理者モードが利用可能です。
ContentOnly およびContentAndUsers。
ビジネスロジックとエラー状態
ペイロードの変化
<site> 要素の中にある任意の組み合わせの属性は有効です。存在する属性のみ、サイトで
値の更新が実行されます。属性がない場合、更新は影響しません。
エラー状態
HTTP 応答コード
400
状態
無効な管理モード
400
無効な状態
404
サイトが見つからない
404
ユーザー名が見つからない
405
無効な要求メソッド
409
サイト名の競合
409
サイトURL の競合
- 530 -
詳細
供給の管理者モードパラ
メーターが無効な値で提供
されました。
供給の状態パラメーターが
無効な値で提供されまし
た。
URI に示されるサイトID が
既存のサイトに対応してい
ません。
ペイロードに示されるユー
ザー名が、システム内の既
存のユーザーに対応してい
ません。
要求タイプがPUT、
DELETE、または GET 以外
のものでした。
供給にある新しいサイト名
は、システムの既存のサイト
で既に使用されています。
要求にある新しいコンテンツ
URL は、システムの既存の
サイトで既に使用されていま
す。
サイトをクエリ
説
明
メ
ソッ
ド
と
URI
サーバーにあるすべてのサイトのリストを返します。
GET/api/2.0/sites/
GET/api/2.0/sites/?includeProjects=false
メ- なし
ッ
セー
ジ
ペ
イ
ロー
ド
応 200
答
コー
ド
応 <tsResponse>
答
<sites>
ペ
<site id="site-id"
イ
name="site1-name"
ロー
contentUrl="site1-content-url"
ド
adminMode="some-admin-mode"
userQuota="num-users"
storageQuota="limit-in-megabytes"
state="active-or-suspended"
statusReason="reason-for-state" />
<projects>
<project id="project1-id" name="project1-name"/>
<project id="project2-id" name="project2-name"/>
... more projects ...
</projects>
</site>
- 531 -
<site id="site2-id"
name="site2-name"
contentUrl="site2-content-url"
adminMode="some-admin-mode"
userQuota="num-users"
storageQuota="limit-in-megabytes"
state="active-or-suspended"
statusReason="reason-for-state" />
<projects>
<project id="project3-id" name="project3-name"/>
<project id="project4-id" name="project4-name"/>
... more projects ...
</projects>
</site>
</sites>
</tsResponse>
エラー状態
HTTP 応答コード
405
状態
無効な要求メソッド
詳細
要求タイプがPOST または
GET 以外のものでした。
サイトをクエリ
説
明
メ
ソッ
ド
と
URI
指定したサイトのメタデータを返し、名前、site-id、またはサイトURL でクエリすることができま
す。
サイトID によるクエリ
GET/api/2.0/sites/site-id
サイト名でクエリ
GET/api/2.0/sites/sitename?key=name
URL の名前空間によるクエ
リ
GET/api/2.0/sites/site-urlnamespace?key=contentUrl
- 532 -
メ- なし
ッ
セー
ジ
ペ
イ
ロー
ド
応 200
答
コー
ド
応 <tsResponse>
答
<site id="site-id"
ペ
name="some-name"
イ
contentUrl="some-content-url"
ロー
adminMode="some-admin-mode"
ド
userQuota="num-users"
storageQuota="limit-in-megabytes"
state="active-or-suspended"
statusReason="reason-for-state" />
</tsResponse>
ストレージの使用を含むサイト情報
メ
ソッ
ド
と
URI
サイトID によるクエリ
GET/api/2.0/sites/siteid?includeUsage=true
名前でクエリ
GET/api/2.0/sites/sitename?key=name&includeUsage=true
URL の名前空間によるクエ
リ
GET/api/2.0/sites/site-urlnamespace
?key=contentUrl&includeUsage=true
- 533 -
メ- なし
ッ
セー
ジ
ペ
イ
ロー
ド
応 200
答
コー
ド
応 <tsResponse>
答
<site id="site-id"
ペ
name="some-name"
イ
contentUrl="some-content-url"
ロー
adminMode="some-admin-mode"
ド
userQuota="num-users"
storageQuota="limit-in-megabytes"
state="active-or-suspended"
statusReason="reason-for-state" >
<usage numUsers="the-number-of-users"
storage="the-storage-in-megabytes"
</usage>
</site>
</tsResponse>
エラー状態
HTTP 応答コード
404
状態
サイトが見つからない
405
無効な要求メソッド
サイトの削 除
説
明
指定したサイトを削除します。
- 534 -
詳細
URI に示されるサイトID ま
たは URL の名前空間が既
存のサイトに対応していませ
ん。
要求のタイプが、GET、
DELETE、PUT 以外でし
た。
メ
ソッ
ド
と
URI
サイトID で削除
DELETE/api/2.0/sites/site-id
サイト名で削除
DELETE/api/2.0/sites/sitename?key=name
URL ネームスペースで削除
DELETE/api/2.0/sites/site-urlnamespace?key=contentUrl
メ- なし
ッ
セー
ジ
ペ
イ
ロー
ド
応 204
答
コー
ド
応 なし
答
ペ
イ
ロー
ド
エラー状態
HTTP 応答コード
403
状態
削除禁止
404
サイトが見つからない
405
無効な要求メソッド
- 535 -
詳細
既定のTableau Server サイ
トを削除しようとしています。
URI に示されるサイトID ま
たは URL の名前空間が既
存のサイトに対応していませ
ん。
要求のタイプが、GET、
DELETE、PUT 以外でし
た。
- 536 -
お問い合わせ
世界各国のオフィス所在地
売上高
お問い合わせ
+1 888 365 0853
サポート
1. サポートリソースの検索
2. ご質問に対する回答を検索結果で確認してください。
3. 回答が適切でない場合は、検索結果の下までスクロールし[質問を投稿する] をクリックし
ます。
他 のお問 い合 わせ
E メール: [email protected]
+1 206 633 3400
- 537 -
著作権情報
©2014 Tableau Software, Inc. およびそのライセンサー不許複製・禁無断転載。
特許情報 - www.tableausoftware.com/ip
コード部分の著作権 copyright ©2002 The Board of Trustees of the Leland Stanford Junior
University. 不許複製・禁無断転載。
のインストールには、未修正の実行可能な Firebird データベースが含まれています。このデータ
ベースのソースコードは、http://www.firebirdsql.org をご覧ください。
サードパーティの著作権情報の一覧については、Tableau Server と共にインストールされている
次のファイルを参照してください。
C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\8.3\COPYRIGHTS.rtf
注: 32ビットのTableau Server を64 ビットのオペレーティングシステムへインストールする場
合、C:\Program Files (x86)\Tableau\Tableau
Server\8.3\COPYRIGHTS.rtf にインストールされます。
この製品には、Andy Clark が開発したソフトウェアが含まれています。
この製品には、Apache Software Foundation (http://www.apache.org/) が開発したソフトウェア
が含まれています。
本製品は、Tableau Software のエンドユーザーソフトウェアライセンス契約書に従って定義され
ているクライアントソフトウェアです。
- 538 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
243
File Size
10 587 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content