close

Enter

Log in using OpenID

SSD-1620(中濃度用・MLSS計)(PDF:298KB)

embedDownload
SPECIFICATION SHEET
SSD−1610型(低濃度用)
SSD−1620型(中濃度用・MLSS計)
S S 濃度計
SS濃度計は,下水・し尿・工場排水などの処理設備
における浮遊物質濃度やばっ気槽の活性汚泥濃度を,光
学系を用いて連続測定する計器です。
主に浮遊物質濃度を測定する低濃度用と,活性汚泥濃
度(MLSS)
を測定する中濃度用があります。
(MLSS:Mixed Liquor Suspended Solid)
試料水に浸漬する小型ピストン式検出器と,SS濃度
をDC 4〜20mAとRS−485に変換出力する変換器で構成
されます。
特
長
○ ピストン式の小型検出器
光学系の円筒セル内を小型DCモーターによりワイ
浸漬型検出器
パーがゆっくり上下し,試料水の吸引・排出とセル窓
の洗浄を同時に行い,長期間安定な測定が可能です。
○ 外光の影響が少ない
光源OFFブランク測定による演算補正を常時行うた
め,外光の影響をほとんど受けません。
○ 検出器は多彩なアプリケーションに対応
長さ1.0〜2.5mまでの浸漬型と,小型軽量検出器を2〜
6mの保護管へ挿入する落し込み型,圧力がある配管
※ 取付金具は含みません。
に直接挿入する配管挿入型の,3タイプの検出器を用
意しています。
○ 寿命が長い光学系
光学系は高輝度赤外LEDとフォトダイオードで構成さ
れ,信頼性が高く長寿命です。
落し込み型検出器
○ デジタル信号RS−485を標準装備
Modbus通信に対応できます。
構
成
図
<現場>
<計器室>
変換器
受信計
検出器
専用ケーブル
5mまたは10m
伝送出力 DC 4〜20mA
通信用デジタル出力 RS−485
(DCS)
レンジ表示信号・警報出力(接点)
計装電源 AC 100〜240V
標準仕様
測定セル
型名・品名
測定方式
SS濃度計
(低濃度用)
SSD−1610
透過光・散乱光
比較方式
円筒ガラスセル
φ1/2インチ
SS濃度計
(中濃度用)
SSD−1620
透過光
測定方式
円筒ガラスセル
φ1/4インチ
測定範囲
伝送出力レンジ
0〜30/500/1000mg/L
3レンジ手動切替え
0〜1000mg/L
(30〜1000mg/Lまでの1mg/L毎に任
意設定)
0〜5000/10000/20000mg/L
0〜20000mg/L 3レンジ手動切替え(3000〜20000mg/L
までの10mg/L毎に任意設定)
主な測定対象
初沈出水処理水
流入下水
汚泥濃縮槽上澄水
工場排水
ばっ気槽混合液
返送汚泥
余剰汚泥
● 変換器
● 検出器
設 置 方 式:現場設置型
50Aパイプまたは壁・ラック取り付け
ケ ー ス 構 造:IP65(防塵・防噴流型)
材質と仕上げ:アルミダイカスト ポリエステル樹脂
塗
装
色:メタリックシルバー
表 示 方 式:デジタル液晶表示
測定(洗浄)周期:30秒(15〜999秒設定可)
測定(洗浄)周期について
1測定は約15秒を要すため,測定(洗浄)周期
を15秒とした場合は15秒ごとに測定値が更新
されます。
工場出荷値の30秒では,15秒の測定終了後に
15秒の待機時間を挟み,測定を繰り返します。
伝 送 出 力:DC 4〜20mA 絶縁型
負荷抵抗…600Ω以下
通 信 方 式:RS−485準拠(絶縁)
プロトコル…Modbus/RTU
データー長…8bit
通信速度……1200/2400/4800/9600/19200/
38400/57600bpsから選択
パリティー…NONE/ODD/EVEN選択
ストップビット……1bit
データー順…BIG ENDIAN
接 点 出 力:6回路 メーク接点( a 接点)
電源断・レンジ表示・保守中・計器異常
接点容量…DC 30V 0.1A(抵抗負荷)
操作スイッチ:防水タッチキー
電 源 電 圧:AC 100〜240V±10% 50/60Hz
消 費 電 力:約10VA(最大15VA)
配
線
口:G1/2×6(φ6〜12ケーブル用グランド付き)
周 囲 温・湿 度:−10〜50℃
95%RH以下(結露しないこと)
質
量:約 2kg
設 置 方 式:浸 漬 型…長さ1.0〜2.5m
落し込み型…保護管長さ2〜6m
配管挿入型…長さ0.65m
(それぞれ専用取付機器あり)
材
質:ケース………………SUS316/硬質PVC
測定セル……………パイレックスガラス
ワイパー……………ウレタンゴム
専用ケーブル………PVC
浸漬型延長管………SUS316
落し込み型保護管…SUS304/SUS316
外 径 寸 法:φ50.8(基本長さ650mm)
セル洗浄方式:ワイパーによる試料水吸入と排出を兼ねた測
定セル内面の自動洗浄
ワイパー駆動方式 :小型DCモーターとスライド機構
上下動作時間…約15秒
専用ケーブル長さ :5mまたは10m
試 料 水 条 件:圧力…浸漬型・落し込み型は大気圧
(最大水深6.3m)配管挿入型は0.2MPa以下
温度…0〜50℃(凍結しないこと)
流速…1m/秒以下
質
量:基本形 0.65m・配管挿入型…約 3 kg
浸漬型 1.0〜2.5m…約4〜7kg
落し込み型保護管 2〜6m…約5〜15kg
校正方法
汚泥濃度はその成分,性状が複雑多岐にわたっている
ため,特定の物質を「標準汚泥」として明確に定義するこ
とはできませんので,各汚泥ごとに計測値を手分析値に
合わせる必要があります。
(1)分析値による校正
計器設置後,なるべく多数の試料についてSSの分
性
析(重量法)を行い,計器指示との比較を行い散布図を
作成してこれを基に計器校正を行います。
能
(2)チェック棒による校正
繰 返 し 性:±2%FS以内 チェック棒にて
ゼロドリフト:±2%FS/週以内(模擬入力にて)
スパンドリフト:±2%FS/週以内(模擬入力にて)
応
答
性:90%応答が1分から60分まで1分刻みで任意
設定
暖 機 時 間:約5分
分析値による校正後,付属のチェック棒を測定して,
その指示値を記録しておき,以降の校正はチェック棒
を用いて計器校正を行う方法です。
付属のチェック棒値は,出荷時に低濃度用はホルマジン,
中濃度用はJIS Z 8901−2006「試験用紛体および試験用
粒子」に規定されている5種フライアッシュによる値です。
−2−
測定原理
検出器の構造
SS粒子を含まない試料水は透明ですが,SS粒子を含
ピストンロッド
むと不透明になります。この不透明の程度(粒子の数)は
ワイパー
SS濃度に比例するので,試料水に光を当てて,その光
の変化を測定することによりSS濃度を知ることができ
測定セル
ます。
(SS:Suspended Solid)
受光器
(フォトダイオード)
光源LED・測定セル・透過光(散乱光)受光器が,右図
光源(LED)
のように配置されています。円筒の測定セル内を,ワイ
パーが連続的にゆっくりと上下に動きます。このワイパ
試料水 吸引・排出
ーが上昇時に試料水を測定セル内に吸引し光量を測定し
ます。そして下降時に試料水を排出します。またこのワ
イパーは測定セル面(セル窓)に付着する汚れを取り除き
散乱光受光器
ます。
低濃度用(SS:1000mg/L以下)のSSD−1610型は,透
透過光受光器
透過光受光器
光源(LED)
光源(LED)
過光と散乱光を測定しその比を取ることによって,濃度
の低い領域も高い精度でSS濃度に換算します。
中濃度用(SS:5000〜20000mg/L)のSSD−1620型は,
透過光を測定することにより,中濃度までの広い範囲で
SS濃度に換算します。
測定セル
(ガラス筒)
試料水
低濃度用
SSD−1610型
端子接続図
測定セル
(ガラス筒)
試料水
中濃度用
SSD−1620型
測定表示部
変換器
トロイダルコア
白
黒
3
4
+
−
検出器電源
60
61
62
A
B
C
検出器信号
橙
白
シールド
専用ケーブル
30 NO
31 C
32 NC
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
70 +
71 −
検出器
電源断
保守中
レンジ1
レンジ2
接点出力
接点容量
DC 30V 0.1A
(抵抗負荷)
レンジ3
・測 定 値 表 示:S S 値
・ワイパー表示:「UP」または「DOWN」
(ワイパー位置の目安)
・下 部 表 示:なし
(スイッチを押す) 30mg/L :レンジ1
500mg/L :レンジ2
1000mg/L:レンジ3
計器異常
DC 4〜20mA
伝送出力
選択中のレンジ
74
75
76
A
B
C
RS485出力
90
91
E
N
L
E
電源供給
AC 100〜240V
50/60Hz
−3−
外形寸法図
単位:mm
● 変換器
壁 または ラック取り付け
225
50A パイプ取り付け
181
164
139
操作
パネル
180
表示部
20
95
10
95
サンシェード
(オプション)
操作
パネル
サドル
表示部
サンシェード
(オプション)
300
164
180
(17)
135
82
280
181
(35)
(35)
50Aパイプ
4φ−5.8
(10)
ケーブル配線口
ケーブル配線口
104
ステー
アース端子
アース端子
● 浸漬型検出器
● 配管挿入型検出器
● 落し込み型検出器
φ80
● 落し込み型保護管
専用ケーブル
φ80
防臭キャップ
専用ケーブル
4−φ5.8
取付穴
保護管
フランジ
防臭キャップ
φ60.5
0
φ7
ケーブルサポート
詳細図参照
専用ケーブル
φ80
φ21.7
ワイヤー
φ55
φ50.8
本体
L±20
φ50.8
φ50.8
検出器
φ50.8
(100)
検出部
(100)
検出器
(100)
φ50.8
検出部
保護管
保護管
795±20
657±10
本体
625±5.5
L±20
561±5.5
本体
L±20
8
アダプター
検出器
φ60.5
L=2m,2.5m
20
3m,3.5m,
L=1m,1.5m,2m,2.5m
φ120
詳細図
L=4m,4.5m,5m,6mは2分割式
−4−
Uボルト
必要に応じてご用命ください。
35
60±5.5
関連機器
● 浸漬型検出器用取付金具
500
74 74
50
コードNo.6804640K
50
110±5.5
取付金具
浸漬型検出器を取り付けます。2 . 5 m 以上の場合は 2 本必要
100
です。
検出器取付用ノブ
(φ21.7)
SS濃度計検出器
(浸漬型)
● 落し込み検出器保護管取付金具
50Aパイプ
型名:ZSSC−20
落し込み型の保護管を2本で垂直または斜め(15度推奨)に
取り付けます。
ZSSC20−1−
材質と仕上げ
SUS304/アルミ鋳物
(AC 7A)塗装なし
特殊
取り付ける検出器の種類
落し込み式50A
(SUSまたはPVC)保護管
特殊
A
Z
1
9
50A パイプ側
検出器側
Max 490
方向
60
(400)
アーム
方向
50A
(φ60.5)
102
方向
SUS−
STP25A
(φ34)
155
70 30
材質 アルミ
方向
保護管
アーム取付参考図
アーム詳細図(S=1/3)
保護管長さ 2〜6m取付け可能
● 配管挿入脱着装置
型名:ZSSP−30
配管挿入型検出器をプロセス配管へ直接挿入して測定を行
なう場合に必要です。
150
圧力計(オプション)
R1/4プラグ付
検出器固定台
検出器
フランジ規格
65A JIS 10K RF
(68)
位置決めナット
(190)
395±5.5(最大挿入時)
送りハンドル
77±5.5
655±7
130
検出器取付ビス
40
φ1
圧抜きバルブ
回転
A-A 矢視図
B 矢視図
−5−
送りネジ
(3)18
75
4−φ19
B
A
グランド
00
0
1
9
A
R1
0
1
9
ボールバルブ
なし
あり
特殊
圧力計
なし
あり(GK25−271 0.4MPa)
特殊
表記の形態
和文(標準)
英文指定
特殊
φ175
0
1
9
回転
55±5.5
(100)
ZSSP30−0−
(400)
ボールバルブ
(オプション)
型名:ZB−1
変換器や検出器を取り付ける50Aポールスタンションです。
160±1
ZB1−1−
260
160±1
● ポールスタンド
4−φ15
260
ポールスタンドの長さ
1.0m
1.6m
(標準)
特殊
材質と仕上げ
50A鋼管
(SGP)
および 鉄板,
メタリックシルバー塗装
50A SUS304,塗装なし
50A SUS304,メタリックシルバー塗装
特殊
1
50A(φ60.5)
パイプ
t 6 105
2
3
9
ゴム蓋
L±10
A
B
Z
製品コード
● 浸漬型・配管挿入型
SSD1610−2−
SSD1620−2−
A
A
SSD−1610
SSD−1620
1
2
1
2
A
B
0
1
1
2
3
0
1
2
<配管挿入型>
<浸漬型>
特殊仕様のコード
数字の桁:9
英字の桁:Z
A
B
C
D
E
Y
1
2
8
A
B
測定範囲*1
0〜1000( 伝送出力は0〜30/500/1000手動3レンジ切換が標準)
0〜20000( 伝送出力は0〜5000/10000/20000手動3レンジ切換が標準)
測定単位
mg/L(標準)
ppm
変換器取り付け方式
50Aパイプ取り付け
壁またはラック取り付け
変換器表面仕上げ(塗装)*2
標準塗装
重防食塗装
アレスター内蔵(電源ライン・伝送ライン)*3
なし
あり
電源・伝送・信号ケーブル配線口*4
φ6〜φ12用ケーブルグランド(標準)
ケーブルグランドを取り外すと電線管用ねじ G1/2
NPT1/2(アダプターを6個付属)
変換器サンシェード(日除け)
なし(標準)
あり(50Aパイプ取り付け)
( コードNo.7049930K)
あり(壁取り付け)
( コードNo.69304500)
検出器の取り付け方式と長さ
配管挿入型 0.65m(脱着装置ZSSP−30型は別途手配)
浸漬型 1.0m
浸漬型 1.5m
浸漬型 2.0m
浸漬型 2.5m
落し込み型保護管の材質
該当せず(浸漬型または配管挿入型の場合)
検出器専用ケーブル長さ
5m
10m
その他指定(最長100m)
表記の形態
和文(標準)
英文指定
−6−
● 落し込み型
SSD1610−2−
SSD1620−2−
A
A
SSD−1610
SSD−1620
1
2
1
2
A
B
0
1
1
2
3
0
1
2
特殊仕様のコード
数字の桁:9
英字の桁:Z
F
G
H
J
K
L
M
N
P
Q
R
S
A
B
1
2
8
A
B
測定範囲*1
0〜1000( 伝送出力は0〜30/500/1000手動3レンジ切換が標準)
0〜20000( 伝送出力は0〜5000/10000/20000手動3レンジ切換が標準)
測定単位
mg/L(標準)
ppm
変換器取り付け方式
50Aパイプ取り付け
壁またはラック取り付け
変換器表面仕上げ(塗装)*2
標準塗装
重防食塗装
アレスター内蔵(電源ライン・伝送ライン)*3
なし
あり
電源・伝送・信号ケーブル配線口*4
φ6〜φ12用ケーブルグランド(標準)
ケーブルグランドを取り外すと電線管用ねじ G1/2
NPT1/2(アダプターを6個付属)
変換器サンシェード(日除け)
なし(標準)
あり(50Aパイプ取り付け)
( コードNo.7049930K)
あり(壁取り付け)
( コードNo.69304500)
検出器の取り付け方式と長さ*5
落し込み型 保護管なし
落し込み型 保護管 2.0m
落し込み型 保護管 2.5m
落し込み型 保護管 3.0m
落し込み型 保護管 3.0m(2分割式)
落し込み型 保護管 3.5m
落し込み型 保護管 3.5m(2分割式)
落し込み型 保護管 4.0m
落し込み型 保護管 4.0m(2分割式)
落し込み型 保護管 4.5m(2分割式)
落し込み型 保護管 5.0m(2分割式)
落し込み型 保護管 6.0m(2分割式)
落し込み型保護管の材質
SUS304(標準)
SUS316
検出器専用ケーブル長さ*6
5m
10m
その他指定(最長100m)
表記の形態
和文(標準)
英文指定
*1. 低濃度用で伝送出力範囲は0〜30/500/1000 手動3レンジ切換が標準仕様です。伝送出力範囲は30〜1000mg/Lの範囲内で,変換器の
キー設定により「1mg/L単位」で各レンジの設定が可能です。
<設定例> 0〜30/100/300,0〜50/300/1000,0〜100/500/1000 …… 等
中濃度用で伝送出力範囲は0〜5000/10000/20000 手動3レンジ切換が標準仕様です。伝送出力は3000〜20000mg/Lの範囲内で,変換器
のキー設定により「10mg/L単位」で各レンジの設定が可能です。
<設定例> 0〜3000/6000/12000, 0〜10000/15000/20000 …… 等
出荷時に伝送出力範囲の設定を指定する場合は営業窓口へお知らせください。
*2. 標準塗装は,メラミン樹脂下塗り・上塗り,平均膜厚30μm以上,光沢度G40です。
重防食塗装は,エポキシ樹脂下塗り・中塗り,ポリウレタン樹脂上塗り,平均膜厚100μm以上,光沢度G80です。
*3. 電源ラインと伝送ラインにセラミックサージアレスター(簡易型)
を取り付けます。
*4. 配線口は6箇所で φ6〜φ12ケーブルグランド付きですが,このケーブルグランドを取外すと電線管用ねじG1/2です。
NPT1/2の要求には,SUS316製アダプターが6個付属されますで,ケーブルグランドを取外して必要数を配線口に取り付けてください。
なお,コンジット配管をしない配線口のケーブルグランドは,付けたままで栓(穴ふさぎ)として使用します。
*5. 本ピルク以外の長さ
(半端)
は原則として製作しません。また,2.0m以下の場合は浸漬型を選定してください。
*6. 専用ケーブルの原則的な長さは,保護管が3mまでは5mで,3.5m以上は10mが必要です。
−7−
障害物(上部)
● 浸漬型
ポールスタンド
変換器
検出器専用ケーブル
検出器メンテ時
余裕があること
落し込み型検出器(保護管)
取付金具(ZSSC−20型)
6-配線口
(φ6〜φ12ケーブルグランド付)
検出器の全長以上必要
障害物(上部)
● 落し込み型
ステー押えボルト
ス ど
アー 号な
(M12)
伝送 示信
,
電源 ジ表
レン
変換器
4−配線口 G1/2
(ケーブルグランド付)
ポールスタンド
長さ
標準
)
5m
(
ス
ブル
ケー
アー どの
用
送, 号な
専
伝
信
, 示
電源 ジ表
レン ブル
ケー
浸漬型検出器
検出器取付金具
0
00
X
また=最低
は検 寸法
出器 : 1
全長 000
以上
0
00 以上
:1
法 器全長
寸
最低 検出
Y= たは
ま
検出器の全長以上必要
設置要領図
X
また =最
は検 低寸
出器 法 :
全長 100
以上0
流れ
寸法
低
最
Y=
:1
出器
は検
また
全長
以上
流れ
15°
以内
水面
100
注)検出器先端が
出ていること
浸漬型
浸漬型検出器
保護管傾斜 推奨角度:0〜15°
以内
注)傾斜角15°
を超えて設置した場合
検出器が途中で引っ掛かる危険性有り
保護管の取付けに関しての注意事項
(正規な設置状態 )
落し込み型
最低液面深さ
ステー脱落防止ボルト
注)外れていると金具脱落の危険有り
落し込み型
検出器
300以上
300〜400
ステー押えボルト(M12)
保護管取付調整完了後,締付けのこと
注)緩んでいると機器破損の危険あり
保護管
水面
落し込み型検出器
(保護管)
水面
流れ方向
エアレーションバッフル
開孔口
流れ方向
エアレーションバッフル
開孔口
(エアーバッフルは検出器先端取付) (エアーバッフルは保護管取付)
エアレーションバッフルの取付方向
(SSD−1620標準付属)
● 発行日
2016-9-12
F-7-10SA
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
61
File Size
297 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content