close

Enter

Log in using OpenID

『いのちをいただく』-読書感想文

embedDownload
平 成 27 年 3 月 9 日 発 行
『 い の ちを い た だ く 』 - 読 書 感 想 文
毎年夏休みの宿題といえば、読書感想文を思い浮かべる保護者の方も多いと
思 い ま す 。 1 月 19 日 の 朝 礼 で 表 彰 伝 達 し た 読 書 感 想 文 コ ン ク ー ル 入 選 作 品 が 、
海 部 地 区 発 行 の「 海 音 」と い う 冊 子 に 掲 載 さ れ ま し た 。食 べ 物 が ど の よ う な 経 路
を 通 っ て 、私 た ち の 前 に 運 ば れ て く る の か 子 ど も に も 分 か り や す い 内 容 に な っ て
い ま す 。 朝 礼 で も 一 部 を 取 り 上 げ た と こ ろ 、「 食 事 の 前 に 、 手 を 合 わ せ て い た だ
きますとなぜ言うのかわかった」という感想を寄せてくれた子どもがいました 。
紙 面 の 関 係 で 、 感 想 文 の 抜 粋 を 紹 介 し ま す 。「 食 べ る と い う こ と 」 や 「 命 に 感
謝すること」について考える機会としていただければ幸いです。
「いのちをいただく」 3年 男子
こ の 本 は「 牛 を と く 」仕 事 を し て い る 坂 本 さ ん の 話 で す 。「 と く 」と は 、牛 や
ぶたを、人が食べる用にころすという意味です。坂本さんの子どものしのぶく
んは、そんなお父さんの仕事をカッコ悪いと思っていました。ぼくがしのぶく
んでも、同じだと思います。生きているのにころすなんて、かわいそうです。
でも、十才くらいの女の子がかわいがって、みいちゃんとよんでいた牛をとく
時 、し の ぶ く ん は 、
「 心 の な い 人 が や る と 牛 が く る し む か ら 、お 父 さ ん が や っ て
あ げ て 。」と た の み ま し た 。坂 本 さ ん は 、女 の 子 が 泣 い て い た の で 、い や だ っ た
けれど、やりました。すると普通の牛は大あばれするのに、みいちゃんは目か
らなみだをこぼして、すこしも動きませんでした。ぼくは、すごくふしぎでし
た。人だって牛だって、死ぬのはいやだし、こわいからです。きっとにげたく
て あ ば れ る と 思 い ま す 。で も み い ち ゃ ん は 、
「 じ ぶ ん が お 肉 に な ら な い と 、大 好
き な 女 の 子 が お 年 玉 も ク リ ス マ ス プ レ ゼ ン ト も も ら え な い か ら 、 が ん ば ろ う 。」
と思ってがまんしたのかなと思いました。
ぼくはさいしょ、
「 牛 を と く 」と い う 坂 本 さ ん の 仕 事 は 、あ ま り よ く な い 仕 事
だと思いました。でも、この本を読み進めていくうちに、ぼくたち人間が生き
ていくために、とても大切な仕事だということがわかってきました。
ぼくは、いつもいやいや食べている魚も、牛のみいちゃんと同じ「いのち」
なんだなとはじめて気がつきました。広い海を気持ちよくなかまとおよいでい
たのに、つかまえられて、ぼくのところにきてくれたのです。だから、今すぐ
に 魚 を 大 好 き に な る の は む ず か し い け れ ど 、食 べ る 時 は 、
「 あ り が と う 、い の ち
を い た だ き ま す 。」と 思 っ て 、ち ゃ ん と 食 べ た い で す 。そ し て 、大 好 き な 肉 や 野
菜を食べる時も、同じように「ぼくのところに来てくれて、ありがとう。いた
だ き ま す 。」 と 思 っ て の こ さ ず 食 べ よ う と 思 い ま し た 。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
279
File Size
180 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content