close

Enter

Log in using OpenID

未来の車に求められる快適さを追求 省エネ・省資源・低燃費化を実現した

embedDownload
環境報告
自動車機器システム事業
未来の車に求められる快適さを追求
省エネ・省資源・低燃費化を実現した製品をお届けします
自動車機器システム機器開発における環境への取り組みは、自動車の燃費向上と地球温暖化の防止および環境負
荷低減を目的として以下の方針を掲げ製品開発をすすめています。
1.省 資 源 化:軽量小型化及び部品の共通化、標準化、材料の再利用、長寿命化、リサイクル性向上など
2.省エネルギー化:製品の高効率化・省動力化及び生産エネルギーの省力化
3.環 境 負 荷 低 減:有害物質・規制物質の法遵守および排出費削減など
製品開発に際してはDR(デザインレビュー)のなかで製品アセスメントの実施を義務化し、企画から生産まで一貫
して環境に優しく高品質な製品造りを徹底しています。
す。また車両走行時は、ベルト側とモータ
適用すると圧力がR134aの約10倍とな
車室内温度や日射量等に応じて、外部信
側を同時駆動あるいは個別に効率良く駆
り、また高圧側でガスが凝縮しないという
号により最適なコンプレッサー仕事量を制
動することで最も燃費の良い領域でのコ
特性を有しています。従って製品には新た
御するタイプであり、きめ細かな温度設定
ンプレッサー作動を可能にしました。
な高圧シール技術や制御技術が盛り込ま
■外部制御可変容量コンプレッサー
れています。
が可能なため、冷やし過ぎによるエネル
ギー消費が改善され燃費貢献するととも
に、スムーズな容量制御、クラッチレス化に
自然系冷媒コンプレッサー
よりドライバビリティの向上を実現しました。
モータ内蔵の電動コンプレッサーは、エ
地球環境保護の観点から省エネルギー
ンジンの動力を駆動源としないため、アイ
化は重要な課題であり、かつ緊急な対応が
ドリングストップ対応はもちろんのこと、
求められています。このような要求に対応
エンジン回転数に左右されないため車両
すべく、当社では、Light & Compactをコ
空調の要求に応じた省エネルギー運転が
ンセプトに、研究開発を進め、小型・高効
地球環境問題の深刻化や原油価格高騰
可能です。また、従来の開放型コンプレッ
率なHVACユニットを開発しました。送風
により、燃費効率に優れたハイブリッドカ
サーのようなシャフトシール構造を持たな
構造の改良による熱ロス低減、熱交換器
ーが続々と市場投入されており、今後も増
い密閉構造なので、冷媒漏れ量が大幅に
の配置構造の改良による通風抵抗低減、
加が見込まれています。
低減されます。
高性能エバポレータの採用によるユニッ
特に小型車が主流の欧州において需要
が高い主力機種です。
■ハイブリッドコンプレッサー
■小型・高効率HVACユニット
当社ハイブリッドコンプレッサーは、エ
当社では、地球温暖化防止の観点から
ンジンによるベルト駆動、およびバッテリ
ノンフロン冷媒対応にも積極的に取り組
従来製品に対して、HVAC容積15%低減、
ーによるモータ駆動の2種類の動力源か
んでおり、自然系冷媒であるCO2を冷媒と
冷房性能15%向上、暖房性能20%向上
ら作動させることができるため、エンジン
したコンプレッサーの開発も手がけてお
を実現しました。
停止の状態でも空調を行うことが可能で
ります。CO2は車両用エアコンシステムに
■外部制御可変容量コンプレッサー
32
■電動コンプレッサー、
サンデンCSR報告書 2008
■ハイブリッドコンプレッサー
トサイズ低減など、技術力を結集し、当社
■電動コンプレッサー、自然系冷媒コンプレッサー
■小型・高効率HVACユニット
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
318 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content