close

Enter

Log in using OpenID

クルマ姓名判断

embedDownload
Car Life Research : 2004年7月
ガリバー自動車研究所レポート
クルマ姓名判断
「名は体を表す」という言葉があります。『名はそのものの実体を言い表している。名と実
体は相応じる(三省堂「大辞林」より)。』という意味ですが、まさにその通り、商品やモノのイ
メージや味、見た目や性能などを見事に表している名前が多くあります。
裏を返せば、それだけ名前は重要であり、その売れ行きやイメージを決定付ける大きな要
素であると言えるでしょう。そこで今回は、車の名前が車の売れ行きや評判などに与える影
響について探ってみました。
■主な内容
・車名にもあてはまる「姓名判断」
・姓名判断とは・・・
・名前のいいクルマ 各メーカーBEST5を徹底検証~自販連2004年5月のデータと比較
・姓名判断的「いい名前」ランキングBEST20
・車の名前から見るメーカー戦略
■レポートに関するお問い合わせ
株式会社ガリバーインターナショナル 広報部
〒100-6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング25F
TEL 03-5208-5501 FAX 03-5208-5501
Car Life Research : 2004年7月
車名にもあてはまる「姓名判断」
~「名前のいい」クルマとは?! 新車販売台数ランキングから検証~
法制審議会人名用漢字部会は6月、子供の名前に使える漢字を現行の2232字から578文字追加、2810文字とする案
を発表しました。名付けの選択肢が広がると歓迎ムードの中、一方で人名に相応しくない漢字が含まれているということで
多くの議論が交わされるなど、この案に対する人々の関心の高さが伺えます。また、大人になってから運命を変えようと改
名し、その後成功したというケースなどでも、姓名判断の手法は一般的に利用されているようです。
さて、そこで気になるのが車のネーミングです。車はメーカーにとって、いわば子供のような存在。車の繁栄を願って、一
般に親しみやすいネーミングを与えているのが常です。今回は、車のネーミングとその運命について、姓名判断の手法を
用いて検証します。
■姓名判断とは・・・
姓名判断とは一般に、古来中国より伝わる“数の運気”を基に画数の吉凶を判断し、名前が人生に与える影響を占うも
のです。ここでは、ガリバー自動車流通研究所が、その概念・意味を元に「人」ではなく「車」に当てはめた場合の吉凶を
分析しました。
総運・・・メーカー名・車名の合計画数 <総合的な運勢を占います>
天運・・・メーカー名の合計画数 <メーカー名の持つ運命・車のモデル末期の運勢を支配します>
車運・・・メーカー名の最後の文字と車名の最初の文字の画数の和 <車の持つコンセプトなどを占う数です>
地運・・・車名の文字の画数の合計 <モデル初期の運勢・車の健康状態・オーナーに与える精神的満足度を占います>
外運・・・メーカー名・車名の合計画数から車運数を引いた数 <社会的信用・モデルの評判など対外的な評価を占います>
※当レポートでは、上記の詳細な占い結果を数値化し、合計点からランキングを作成しました。
レポート上では◎○△×の4段階で表現してあります。
■「名前のいい車」各メーカーBEST5を徹底検証 ~新車販売台数ランキングと比較してみる~
果たして姓名判断の結果と売り上げに相関関係があるのでしょうか。まずは検証すべく、各メーカー別の「吉」車名ベスト5と、
5月の販売台数ランキング上位20車を照らし合わせてみました。
トヨタ
1
2
2
4
5
アルテッツァ
ウィッシュ
カローラ
ヴィッツ
カルディナ
日産
1
2
3
4
4
グランディス
デリカスペースギア
ギャラン
コルト
タウンボックス
スバル
1
2
3
4
5
グロリア
リバティ
プリメーラ
マーチ
セドリック
ホンダ
1
2
3
3
5
マツダ
三菱
1
2
3
4
5
インテグラ
インスパイア
オデッセイ
1
2
3
4
5
MPV
アクセラ
スクラム
トリビュート
ボンゴフレンディ
ダイハツ
レガシィツーリングワゴン
サンバー
R2
インプレッサ
フォレスター
スズキ
シビックフェリオ
エリシオン
1
2
2
4
5
ラパン
スイフト
エリオ
ワゴンRソリオ
Kei
1
2
3
4
5
コペン
アルティス
メーカー名
車名
1
トヨタ
カローラ
2
3
ホンダ
トヨタ
フィット
ウィッシュ
4
トヨタ
クラウン
5
6
日産
日産
キューブ
マーチ
7
トヨタ
イスト
8
9
トヨタ
ホンダ
アルファード
オデッセイ
ミラ
10 トヨタ
プリウス
ムーヴ
11 ホンダ
12 トヨタ
モビリオ
ヴィッツ
13 マツダ
デミオ
14 トヨタ
15 トヨタ
シエンタ
ノア
16 スバル
レガシィ
17 トヨタ
18 トヨタ
ヴォクシー
エスティマ
19 トヨタ
bB
ミラジーノ
販売台数ランキングの20
台中の7台がランクインし
ているという結果に。
車名の「運命」と人気に
は、何かしらの相関関係
があると言ってよいので
はないでしょうか。
20 ホンダ
エリシオン
(日本自動車販売協会連合調べ)
1
Car Life Research : 2004年7月
■ 姓名判断的「いい名前」ランキングBEST20
ここで、国産8メーカー現行モデル約190車種の姓名判断の結果を分析し、ランキングにまとめてみました。
■強いメーカーは名前も強かった!?
■強いメーカーは名前も強かった!?
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
メーカー名
ホンダ
ホンダ
ホンダ
トヨタ
ホンダ
トヨタ
トヨタ
トヨタ
トヨタ
トヨタ
トヨタ
トヨタ
トヨタ
日産
日産
ホンダ
日産
スバル
ダイハツ
トヨタ
総運
◎
◎
◎
○
アルテッツァ
◎
インスパイア
○
カローラ
○
ウィッシュ
○
RAV4
○
カルディナ
△
ランドクルーザー
△
アベンシスワゴン
○
ヴィッツ
○
アリスト
△
グロリア
△
リバティ
△
オデッセイ
◎
プリメーラ
レガシィツーリングワゴン ◎
◎
コペン
◎
セルシオ
車名
シビックフェリオ
エリシオン
インテグラ
天運
◎
◎
◎
○
◎
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
◎
○
○
×
○
車運
○
○
○
◎
○
◎
○
◎
◎
◎
◎
○
◎
◎
◎
○
◎
○
◎
◎
地運
◎
◎
◎
◎
◎
○
◎
○
◎
◎
◎
◎
○
◎
◎
◎
×
△
○
×
外運
◎
○
○
◎
○
◎
◎
◎
○
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
ランキングの結果をみると、ホンダ(ベスト3独占)とトヨタ
(6~12位独占)の圧倒的な強さが浮き彫りになります。こ
れは「天運」の良さゆえと考えられます。天運とは、「車種
名」と組み合わされる時の「メーカー名」。市場シェアのを
占める2社の強さは、しっかり名前にも現れているという
訳です。
■カローラはコンセプト勝ちの車である
例えば30年以上も販売台数トップの座を守った「トヨタ・カ
ローラ」が6位。対外評価とコンセプトを表す「車運」だけで
上位に食い込んだことから、歴代「カローラ」の開発コンセ
プトがいかに優れていて、それがいかに大衆に支持され
てきたかを示すものとなっています。
■姓名判断と過去を照らし合わせる面白さ
「ホンダ・シビックフェリオ」が姓名判断上、最も優れた車
名であるという結果になりました。
10年ほど前は販売台数ランキングでも上位の常連だった
シビックシリーズですが、近年は同メーカーミニバン勢の
売れ行きに比べると地味な存在となっています。しかしこ
れは、「フェリオ」が唯一◎を獲得できなかった「車運=コ
ンセプト」をしっかりすれば、今よりもっと販売台数を上げ
ることができる、ということかもしれません。同様に地運の
低さで18位に甘んじている「スバル・レガシィ」も、姓名判
断によれば「地運=顧客の満足度」がネック、と出ている
のです。
■ 車の名前から見るメーカー戦略
ここでは、3大メーカーから最近登場、もしくは間もなく登場する新型車から見る各メーカーの戦略を占います。 姓名判断の各運の画数にはそれぞれ意味があり、数値が低いから悪いという単純なものでもなく、吉凶というのも表裏
一体であるものです。そこで、名前の吉凶だけでなく、さらに各画数の持つ運勢から見えてくるネーミングの意味、ひい
ては各メーカー戦略について、車種を絞って詳しく占ってみます。
ライバル車と切磋琢磨
トヨタ
クラウン
総運:17 【強情数】
天運: 08 【積極数】
車運:05 【栄誉数】
地運:09 【多難数】
外運:12 【薄弱数】
モデル数が極めて多いトヨタ。他社のみならずメーカー内でも競合させ、かつお互いの運
勢をもって切磋琢磨しあうというのも、ひとつの戦略といえます。
VS
クラウン マジェスタ
総運:39 【権威数】
天運: 08 【積極数】
車運:05 【栄誉数】
地運:31 【頭領数】
外運:34 【破壊数】
困難を突破し目的を達成する強い総運を持つ「クラウン」。また「栄誉」
を表す車運も、さすがは50年近い歴史を誇る車だけのことがあります。
それに対し、7月にフルモデルチェンジした「マジェスタ」は、波乱含み
ながらも、成功はしっかり約束されている「大物」的意味合いの強い地
運です。このように、両車共に高級車の王者にふさわしい互角の名称
を持っています。本来持っている外運の悪さも、同車の伝統と名声で、
自ら幸運へと導いた感があります。
パッソ
総運:16 【立身数】
天運: 08 【積極数】
車運:06 【好調数】
地運:08 【積極数】
外運:10 【短命数】
VS
ダイハツ ブーン
総運:18 【躍進数】
天運: 12 【薄弱数】
車運:06 【好調数】
地運:06 【好調数】
外運:12 【薄弱数】
両車は2社共同開発車。生産はグループ会社であるダイハツで行われ
ます。そのためか、ダイハツ版の「ブーン」は「発展」を表す総運を得て
います。ダイハツだけでは得られなかった生産量を暗示しているかのよ
うで、興味深い結果です。
一方、綺麗に吉数が並んだ「パッソ」。人望(車望?)があり、出世する
暗示があります。共に出たての新型車だけに、市場の評価もまだ不安
定で外運(対外評価)は今後の市場評価次第ですが、立ち上がりは既
に好調とのことから、今のところ心配には及ばないことでしょう。
2
Car Life Research : 2004年7月
将来への希望を込めて
日産
セドリック
=
+
総運:28 【遭難数】
天運: 15 【成功数】
車運:13 【俊英数】
地運:13 【俊英数】
外運:15 【成功数】
長い歴史のあるモデル名を捨てて、今秋、ほぼ同時期に新名称となる2車。この車に対す
るメーカーの新型車への「想い」「将来への希望」について調査しました。
グロリア
フーガ
(2004年秋登場予定)
総運:26 【英雄数】
天運: 15 【成功数】
車運:15 【成功数】
地運:11 【発展数】
外運:11 【発展数】
総運:21 【大成数】
天運: 15 【成功数】
車運:12 【薄弱数】
地運:06 【好調数】
外運:09 【多難数】
長く日産の上級オーナーズカーとして位置する「セドリック」と「グロリ
ア」。どちらも総じて良好な運勢を持ちますが、総運では共に「波乱」
が暗示されています。そして先日、その歴史ある2車を統合し新車名
「フーガ」とすることが発表されました。
この名前は「大成」を表す総運を持ち、本来は成功まで長い過程を必
要とします。しかし歴史ある前車の実績を踏まえると、案外地位を得
るのも近いはずです。ただし、車運が弱く外運で「多難」を暗示してい
ることから、ユーザーに高い評価を得る事、例えば「カー・オブ・ザ・イ
ヤー」の受賞などが、同車成功のカギといえそうです。
サニー
+
総運:21 【大成数】
天運: 15 【成功数】
車運:14 【不遇数】
地運:06 【好調数】
外運:07 【独立数】
=
パルサー
ティーダ
(2004年秋登場予定)
総運:24 【繁栄数】
天運: 15 【成功数】
車運:14 【不遇数】
地運:09 【多難数】
外運:10 【短命数】
総運:26 【英雄数】
天運: 15 【成功数】
車運:14 【不遇数】
地運:11 【発展数】
外運:12 【薄弱数】
こちらも長年に渡り日産の大衆車クラスを支える「サニー」。既に絶版と
なった「パルサー」も含め、やや保守的なイメージはありますが根強いファ
ンがいる車です。総運は共に恵まれていますが、車運(コンセプト)の点
ではやや難あり、というところで保守的な面が現れているようです。こち
らも心機一転、新車名「ティーダ」となることが決まっています。
「ティーダ」の持つ車運の凶数は「サニー」・「パルサー」と共通ですが、裏
を返せば「ユニークさ」「個性」の象徴。むしろ新規車種の場合には相応
しいことなのです。なぜなら「保守から革新へ生まれ変わった」という評
判を得れば対外評価(外運)も上がり、より運勢的にも好都合だからで
す。
エリシオンに秘められた想い
ホンダ
共に高級車ジャンルへ挑戦する2台。「エリシオン」は新たなセグメントを生み出し、「レジェンド」
は4WDの高級車、という新たなジャンルに挑みます。さて、成否はどうなのでしょうか。
エリシオン
総運:24 【繁栄数】
天運: 11 【発展数】
車運:08 【積極数】
地運:13 【俊英数】
外運:16 【立身数】
この5月に登場した新型LLクラスミニバン「エリシオン」の名の由来は、
ギリシャ神話「オデッセイア」に登場する楽園の名前。同社の「オデッ
セイ」との関連性も感じるネーミングです。
さてこの「エリシオン」。総運はずばり「繁栄」を示すもの。もはや、デ
ビュー早々大成功を約束されたネーミングなのです。しかも、天運が
発展を表す社名「ホンダ」ですから、まさに末広がり。メーカーが抱く
希望を一身に集めたモデルだと言えるでしょう。
ホンダを直撃!~「エリシオン」名付けの秘密~
総運:26 【英雄数】
天運: 11 【発展数】
車運:06 【好調数】
地運:15 【成功数】
外運:20 【分裂数】
レジェンド
(写真はショー出品車両)
一方、2004年春の北米モーターショーでプロトタイプが発表され、今秋
には日本でも8年ぶりのフルモデルチェンジとなる「レジェンド」。「伝説」
という名のホンダフラッグシップ車です。
この車の総運は「波乱」含みの「英雄」。8年も現行型のまま残された今
の状況を暗示させます。ただし、地運では「成功」を表しており、次期モ
デルの初期受注の良さを予感させます。波乱に負けないタフさを得て
社会的な信頼(地運)を得たとき、成功の道が開けるといえます。
「実はエリシオンというネーミングは、開発チーム内で公募しました。
数百もの集まった候補から選りすぐった名前なんです。」
(ホンダ広報担当者様談)
総運・・・メーカー名・車名の合計画数 <総合的な運勢を占います>
天運・・・メーカー名の合計画数 <メーカー名の持つ運命・車のモデル末期の運勢を支配します。>
車運・・・メーカー名の最後の文字と車名の最初の文字の画数の和 <車の持つコンセプトなどを占う数です>
地運・・・車名の文字の画数の合計 <モデル初期の運勢・車の健康状態・オーナーに与える精神的満足度を占います>
外運・・・メーカー名・車名の合計画数から車運数を引いた数 <社会的信用・モデルの評判など対外的な評価を占います>
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
289 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content