close

Enter

Log in using OpenID

ロック設定マニュアルはこちら - Qrio Smart Lock

embedDownload
Smart Lock
設定ガイド
はじめに
スマートロックのご利用には、
※ご注意※
Qrioアプリが必要です。
こちらのフィルムは、設置の手順
お使いのスマートフォンにあった
アプリをダウンロード、インストー
ルの後、起動(開く)をしてくだ
さい。
アプリの中で、それぞれのステッ
プで必要な手順をガイダンスしま
す。
の中(ロックの設置 - 手順11)で
ガイダンスに従って剥がしてくだ
さい。
事前に剥がしてしまっても設置は
可能ですが、ガイダンスに従って
剥がしていただいたほうが、より
容易な設置が可能です。
アカウント作成(①)
Qrioアプリご利用にあたり、Qrio
アカウントを作成いただきます。
利用規約をご確認ください。
アカウントの作成には、ご確認い
ただいた利用規約に同意いただく
必要があります。
同意いただける場合は、「チェッ
クボックス」をタップすると、「登
録する」ボタンが押せるようにな
ります。
アカウント作成(②)
お名前と有効なメールアドレスを
入力してください。
入力ミス防止のためにメールアド
レスの再入力をいただきますが、
その際はコピー&ペーストではな
く再度入力の上「確認メールを送
信」を押してください。
※ご注意※
ドメイン指定メール受信可否設定
や、迷惑メール受信拒否設定をし
ている方は、メールを受信出来な
い場合あります。
当社ドメイン「@sl.qrio.me」を指
定受信設定してください。
ご登録いただいたメールアドレス
宛てに確認メールが送信されます。
お使いのメールアプリでご確認く
ださい。
アカウント作成(③)
お届けした確認メールに記載され
Qrioアプリに入力するパスコード
ているURLをクリックし、Qrioア
が表示されますので、パスコード
プリに入力するパスコードを表示
してください。
を記憶し、Qrioアプリに切り替え
ます。
アカウント作成(④)
Qrioアプリに、先ほどのパスコー
ドを入力します。
以上でQrioのアカウント作成
(ユーザー登録)の手続きは終了
です。
オーナー登録(①)
ロック本体と電池を箱から取り出
し、電池を挿入してください。電
池2本で利用される場合は、SIDE
A/B(左側/右側)のどちらかにま
とめて入れてください。電池が正
しく挿入され、5秒ほど経つと、
「ピッ」という音と同時に本体の
ランプが緑色に点灯し、電源が入
ります。「次へ」をタップし、次
のステップへ進んでください。
ロック本体の電源が入ると、アプ
リでスマートロックが検知されま
す。オーナー登録カードを箱から
取り出し、オーナー登録カードに
記載されているシリアルナンバー
を確認して、対象のロックを選択
してください。
オーナー登録(②)
「二次元コードを読み取る」を選
択し、オーナー登録カードの二次
元コードを読み取ります。読み取
りに成功すると自動で次の画面へ
進みます。うまく読み取れない場
合は、一旦前の画面へ戻って「セ
キュリティコードを入力」を選択
し、二次元コードの上に記載され
ているセキュリティコードを入力
してください。
オーナー本人の登録であることを
確認するため、ロックのツマミを
操作します。一旦ツマミを90度回
し、元の位置まで戻してくださ
い。回す向きはどちらでも構いま
せん。成功すると自動で次の画面
へ進みます。
オーナー登録(③)
以上でオーナー登録は完了です。
初めてのオーナー登録または、ロッ
クをこれから取り付ける場合は、
「ロックの取り付け」を選択、す
でに設置済みのロックでオーナー
登録を行った場合は「すでに設置
済みの方はこちら」を選択してく
ださい。「すでに設置済みの方は
こちら」を選択すると、ロックの
開閉画面が表示され、すぐに利用
できます。
ロックの設置(①)
サムターンホルダー(サムターン
を挟む部分)と高さ調整プレート、
粘着テープを箱から取り出してく
ださい。画面の案内に従い、設置
の準備をします。
サムターンホルダーは、設置する
サムターンをくわえ込めるものの
中で一番 間が出来ないものをお
選びください。取り付けるサムター
ンホルダーが決まったら、本体に
取り付けてください。
ロックの設置(②)
サムターンホルダーの高さは、
・ (A)のねじをを緩めて行う、
サムターンホルダーの高さ調節
・ 高さ調整プレートの利用
を組み合わせ調整できます。
サムターンホルダーの高さ調整だ
けで調整ができない場合は、高さ
調整プレートを使用します。
高さ調整プレートは、1枚、もし
※サムターンホルダーの高さ調整:
くは2枚重ねて利用することができ
サムターンホルダー側面の(A)のね
ます。
じを、プラスドライバーを用いて
緩めます。このねじを緩めると、
1枚の場合は同梱の短いねじを、2
ホルダーが8mmの範囲で動かせる
ようになります。
適切な位置が決まったら、再度ね
じを確実に締めてください。
枚の場合は同梱の長いねじを使っ
て、プレートをロック本体へ取り
付けます。
ロックの設置(③)
両面テープの粘着力を維持する
ために、貼り付け先となるドア
表面を乾いた布などで拭き、油
分や水分、ほこりなどを取り除
いてください。
箱から両面テープを取り出し、片
側の保護フィルムを剥がして本体
に貼り付けます。高さ調整プレー
トを利用している場合は、高さ調
整プレートのドアに接する部分に
貼り付けてください。
ロックの設置(④)
設置の準備ができたら、両面テー
プのもう片側のフィルムを剥がし、
サムターンを挟み込むようにドア
に取り付けます。この時、サムター
ンの回転の中心にサムターンホル
ダーの中心が来るようにしてくだ
さい。
※重要※
テープの接着を安定させるため、1
分以上を目安にドアに対して強く
押し当ててください。
これを行わない場合、粘着力が弱
く、スマートロックが脱落する場
合があります。
手でロック本体のツマミを回し、
解錠、施錠が出来ることを確認し
てください。確認が終了したら、
解錠状態にします。回しづらい場
合は、ロックを取り外して、サム
ターンの中心とサムターンホルダー
の中心が合うように再設置してく
ださい。
解錠、施錠ができることを確認し
たら「次へ」ボタンをタップして
ください。
ロックの設置(⑤)
手でロック本体のツマミを回し、
解錠状態にします。解錠状態にし
たら「解錠状態を記録」ボタンを
タップしてください。
手でロック本体のつまみを回し、
施錠状態にします。
施錠状態にしたら「施錠状態を記
録」ボタンをタップしてください。
施錠状態の記録完了後に、自動的
にテスト解錠を行います。
ロックの設置(⑥)
こちらのボタン(トグル)を横方
向にスライドさせ、施錠、解錠が
できることを確認してください。
サムターンホルダー側面のフィル
ムを剥がしてください。
同梱のサムターンカバーを取り付
けてください。
※
ドアノブやサムターンの台座などが干渉し
て取り付けが困難な場合、カバーを付けず
にご使用いただいても動作には問題ござい
ません。
ロックの設置(⑦)
ご不明な点は、サポートページの
「よくある質問」
以上で設置完了です。
http://qrio.me/smartlock/support/
をご覧ください。
※本ページでお伝えする機能・仕様などは予告なく変更する可能性がございます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
1 612 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content