close

Enter

Log in using OpenID

アフリカの仮面と美術

embedDownload
ARTS AND
EXPRESSION
アフリカの仮面と美術
OF AFRICA
ー生命と創造の大地ー
■関連事業■
★ 講演会★
「美を創る心 —ヨーロッパ・中国・日本・アフリカー」
講師:伊藤満(アフリカンアートミュージアム 館長)
日時:2010 年 10 月 9 日(土)午後2時〜
定員:100 名(要申込み・小学生以上)
料金:無料(ただし別途入館料が必要)
西宮市大谷記念美術館では、10 月 9 日(土)〜 11 月 28 日(日)までの 44 日間で「アフリカの仮面と美術 —生命と創造の
会場:西宮市大谷記念美術館・講堂
大地—」を開催します。
申込方法:9月 16 日(木)午前 9 時より電話(0798-33-0164)で受付
人類生命の息吹が生まれた場所ともいわれる大地、アフリカ。このアフリカ大陸には多種多様の民族が生活し、またいくつも
の優れた造形を生み出した文化や王朝が存在しました。
★人形劇★
「おどれタムタム」
「グイッチョ グイッチョだぞ」
アフリカ美術に含まれる造形物には大きく分けて、仮面、立像、道具、装身具、テキスタイルがあります。その中でも特に、
上演:人形劇団クラルテ
生み出された背景による独自性を反映し、変化に富んでいるのは仮面であるといえるでしょう。アフリカの仮面が発する魅力の
日時:2010 年 10 月 10 日(日)午前 11 時〜、午後 2 時〜
根幹は、造形を支えている溢れんばかりのその豊かな想像力にあります。動物や人をモチーフにしたもの、民族独自の儀礼・祭
定員:各回 80 名(当日先着順)
事に用いられるもの、娯楽性の高い舞踏に用いられるものなど、モチーフの違いや、素材や技法の変遷、また表現の変化はあっ
ても、アフリカの仮面ほど奇想天外な形が多く作られた地域は世界においても稀であるといえます。
また、紀元前 10 世紀から紀元5世紀に現在のナイジェリアを中心とする地域に栄えたノック文化では、適度にデフォルメさ
れた立像が数多く発見されています。その秀でた造形力は 12 世紀には高度な鋳造技術によって写実的なブロンズ像を制作した
イフェ王国に引き継がれ、13 世紀以降べニン王国へ、さらにヨルバの人々に引き継がれました。これらの文化や王国が生み出し
た作品はアフリカ美術の芸術性の高さを裏付けるものとして今日においても受け止められ、その他いくつもの地域や民族によっ
て制作された作品とともに、アフリカ美術へ鮮やかな彩りを与えています。
料金:無料(ただし別途入館料が必要)
画像 001
画像 002
画像 003
画像 004
会場:西宮市大谷記念美術館・講堂
★ ロビーコンサート★
「南アフリカ マリンバの響き」
演奏:ジョゼフ・ンコシ
日時:2010 年 10 月 23 日(土)午後 2 時〜
定員:100 名(当日先着順)
料金:無料(ただし別途入館料が必要)
今日ではパブロ・ピカソやモディリアーニ、パウル・クレーなど西洋美術の巨匠へ影響を与えたとされるアフリカ美術ですが、
会場:西宮市大谷記念美術館・ロビー
それはあくまでもアフリカ美術が持つひとつの歴史的側面に過ぎません。その本質は造形からみなぎる生命力と卓越した創造力
★第 135 回オータニミュージアムコンサート★
にあります。
本展では、アフリカ美術のハイライトといわれる西アフリカ、それも現在のナイジェリアを中心とする地域の造形をはじめ、
紀元前から栄えたノック文化、写実的な表現が特徴のイフェ王国、ベニン王国の造形などを紹介します。アフリカ大陸のサハラ
アフリカ音楽の謎に迫る 〜サカキマンゴー トーク&コンサート〜
日時:2010 年 10 月 31 日(日)午後2時〜
定員:100 名(要申込み・小学生以上)
以南、西アフリカを中心とした地域(マリ、コートジボアール、ナイジェリア、コンゴ共和国など)のさまざまな民族が制作し
料金:無料(ただし別途入館料が必要)
た仮面、彫刻、装身具など約 120 点を展示いたします。アフリカ美術が持つ豊かな芸術性に触れる絶好の機会となることでしょう。
会場:西宮市大谷記念美術館・講堂
申込方法:9月 18 日(土)午前 9 時より電話(0798-33-0164)で受付
■開催概要■
★大谷茶会 = 2010 秋=★
■画像キャプション■
日時:2010 年 11 月 23 日(火・祝)
【会 期】
2010 年 10 月 9 日 ( 土 ) 〜 11 月 28 日 ( 日 ) < 44 日間>
【休館日】
① 12:00-13:00 ② 13:30-14:30 ③ 15:00-16:00
定員:各席 15 名(要申込み・小学生以上)
001「王の頭像」17-18C 青銅
水曜日 <ただし 11 月 3 日 ( 水・祝 ) は開館、翌 11 月 4 日 ( 木 ) 休館>
料金:500 円(抹茶・お菓子付き、ただし別途入館料が必要)
ベニン王国(ナイジェリア)
【開館時間】
午前 10 時—午後 5 時 ( 入館は午後 4 時 30 分まで )
会場:西宮市大谷記念美術館・和室「緑爽庵」
【主 催】
西宮市大谷記念美術館、毎日新聞社
【後 援】
西宮市、西宮市教育委員会
★ ギャラリートーク★
【協 力】
アフリカンアートミュージアム
10 月 16 日、30 日、11 月 6 日、13 日、20 日、27 日の土曜日
003「頭上面」20C 中 木、羊の皮、藤
【企画協力】
アプトインターナショナル
各日とも午後 2 時より
エコイ族(ナイジェリア)
【入館料】
一般 :800(600)円、高大生 :600 円、小中生 :400 円、L コード:51890
申込方法:9月 19 日(日)午前 9 時より電話(0798-33-0164)で受付
002「王のマスク」20C 初 木、着色
バムーン族(カメルーン)
展覧会担当学芸員が展示室にて作品の解説を行います
004「アンテローブのマスク」20C 中
聴講無料・申込不要(ただし別途入館料が必要)
木、ペイント モシ族(ブルキナファソ)
※( )内は前売り料金。
※ 団体割引 20 名以上の場合各料金より 200 円引き
※ ココロンカード、のびのびパスポート呈示の方は無料
※ 障害者手帳などをお持ちの方は無料
※ 西宮市在住 65 歳以上の方は一般料金の半額 ( 要証明書呈示 )
■連絡/問い合わせ■ 西宮市大谷記念美術館
※画像データをご希望の場合は、左の e-mail
阪神電車「香櫨園」駅南西徒歩 6 分、JR「さくら夙川」駅南西徒歩 15 分
〒 662-0952 西宮市中浜町 4-38 Tel:0798-33-0164 Fax:0798-33-1699 アドレスへご連絡ください。
阪急電車「夙川」駅南西徒歩 18 分
展覧会担当学芸員:下村朝香(シモムラ アサカ) [email protected]
※画像使用の際は「© アフリカンアートミュー
広報担当学芸員:池上司(イケガミ ツカサ)
ジアム」の記載をお願いしております。
【交通】
005「王の頭像」12C 青銅
イフェ王国(ナイジェリア)
[email protected]
画像 005
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
600 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content