close

Enter

Log in using OpenID

リリースノート - SAS Institute Inc.

embedDownload
リリース 6.0.3
「真の発見の旅とは、新しい風景を探すことではなく、
新たな視点を持つことである。」
マルセル・プルースト
リリースノート
JMP, A Business Unit of SAS
SAS Campus Drive
Cary, NC 27513
JMP 6.0.3 リリースノート
Copyright © 2006, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA
All rights reserved. 米国にて制作。
この出版物の使用に関しては、これを入手した時点で、ベンダーが規定した条約が適用されます。
米国政府 制限付き権利についての通知 : 米国政府による、このソフトウェアおよび関連資料の使用、複
製、または開示は、SAS Institute との契約および FAR 52.227-19「商業コンピュータソフトウェア - 制
限付き権利」(1987 年 6 月)の制限に従います。
SAS Institute Inc., SAS Campus Drive, Cary, North Carolina 27513.
JMP®、SAS®、その他すべての SAS Institute Inc. 製品名およびサービス名は、米国およびその他の国
における SAS Institute Inc. の登録商標または商標です。 ® は米国の登録商標を示します。
その他のブランド名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
JMP 6.0.3 リリースノート
目次
データテーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
計算式エディタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
値の入力とコピー&貼り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
並べ替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
転置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
連結 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
結合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
表の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
欠測値パターン表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
1
2
2
2
2
2
2
3
3
読み込み/書き出し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
テキスト読み込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Excel . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Open Office . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SAS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
インターネットから開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
データベース/ ODBC. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3
3
4
4
4
4
JMP 実験計画法(DOE)ガイド . . . . . . . . . . . . . . . 4
分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
一変量の分布 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
二変量の関係 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
二変量の関係 : 二変量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
二変量の関係 : ロジスティック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
二変量の関係 : 一元配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モデルのあてはめ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モデル化 : 非線形回帰 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
モデル化 : ニューラルネット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
多変量 : 多変量の相関 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
多変量 : クラスター分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
多変量 : 判別分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
多変量 : PLS. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
生存時間分析もしくは信頼性分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5
5
5
5
5
6
6
6
6
7
7
7
7
iii ページ
グラフ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
チャート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
重ね合わせプロット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
等高線図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
管理図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8
変動性図/ゲージチャート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8
パレート図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .9
セルプロット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .9
プロファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .9
カスタムプロファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .9
表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
プロット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .9
ジャーナル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
すべてのレポートウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
スクリプト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
暗号化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
スクリプトエディタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
JSL コマンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
その他 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
アクティベーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
年間ライセンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
JMP 6.0.3 リリースノート
データテーブル
6.0.3
・
再コード化ウィンドウの中で[列の値で並べ替え]を選択し列を並べ替えた後、「新しい値」に入力した値が
フィールドに正しく入るようになりました。
6.0.2
・
新しいデータテーブルに新しい列を追加する際、複数の列を追加するコマンドが正しく動作するようになりました。
・
列情報ウィンドウの[列プロパティ]から[その他]という名前のプロパティを追加したときに、列プロパティの
リストに「Other」と英語で表示される問題が修正されました(JMP のローカライズ版を使用している場合)。
・
文字型の列を数値型に変更すると、数値以外のデータは欠測値になるよう修正されました。
・
リストチェックの指定をしたときに、日付形式のデータが欠測値になるという問題が修正されました。
・ [リストチェック]プロパティの編集中に[上へ移動]または[下へ移動]ボタンをクリックしたときに、正しく
選択解除されるようになりました。
・
Macintosh で、ローカルドライブ以外のメディア(メモリスティックなど)に保存されている既存のファイルを上
書き保存したときの動作が安定しました。
・
列情報ウィンドウで、「入力形式」の[時間の長さ]から[h:ss]と[m:ss]を選択できるようになりました。
計算式エディタ
6.0.3
・
計算式エディタで列のフィールド幅を変更するような計算式を設定し、その後列情報ウィンドウを閉じると、
フィールド幅が元の値に戻ってしまう問題が修正されました。
・
分析を実行したときに、計算式エディタで[自動評価しない]を有効にした列が含まれていると JMP が反応しな
くなるという問題が修正されました。
6.0.2
・
ResampleFreq で、欠測値の引数については標本抽出率が「1」であると解釈されるようになりました。これは、
引数のボックスを空のままにして指定しないのと同じです。
・
関数の最初の引数がヒント(グレーで表示される引数の種類)を持たない場合、他の引数のヒントが誤った位置に
表示される問題が修正されました。
・
Sequence および Count の四捨五入の処理が正確になり、数値の末尾に 9 が連続で残ることはなくなりました。
・
Match で比較する際に、末尾の空白が無視されるようになりました。
・
Linux で計算式エディタの開閉を繰り返すと JMP が強制終了するという問題が修正されました。
値の入力とコピー&貼り付け
6.0.2
・
JMP 5 の日本語版のデータを、JMP 6 に正しくコピーできるようになりました。
・
列に日付形式を適用したときに、正しく適用されるようになりました。JMP 6.0 では、選択した形式ではなく、
・
ラベル(列名)とともにコピー&貼り付けしたときに、長い列名が切れてしまうという問題がなくなりました。
・
JMP 5.x のデータテーブルのデータをラベルとともにコピーした場合、JMP 6.0.2 にラベルも含め正しく貼り付け
誤った日付形式が適用されることがありました。
られるようになりました。
・
日付と時間から構成されるデータを入力する際、日付と時間の区切り文字として @ マークを使用できるようになり
ました。
・
Unicode の 15 種類のスペース文字が使用できるようになりました。これらは、空白として解釈されます。
・
日付と時間の形式の「MMMDDYYYY」および「DDMMMYYYY」が、空白を含むデータに対応するようになりまし
た(
「Nov 18 2002」や「18 Nov 2001」など)。
1 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
・
12 時間形式の時間値を持つデータフィールドの AM/PM(午前/午後)の前に、空白が追加されました。
・
異なるウィンドウ間でコピー&貼り付けを行ったときの動作がより安定しました。
要約
6.0.2
・
統計量のオプションとして分位点を選択したときに、少数点第一位以下が切り捨てられるという問題が修正されま
した。
・ 「列の選択」リストで列名をダブルクリックしたときに、その列がグループ変数として設定されるようになりまし
た(JMP 5.1 の動作と同じ)
。
・ [要約]コマンドで指定したサブグループ数が多いと、計算と「要約」表の作成にやや時間がかかります。時間が
長くかかる場合には、あらかじめ警告ウィンドウが表示されるようになったため、計算を実行せずに操作を取り消
せます。
並べ替え
6.0.2
・
文字データの並べ替えでは、データテーブルの操作と統計プラットフォームの両方で、オペレーティングシステム
の照合順序とロケールが一貫して使用されるようになりました。プロット内の文字データの並び順を制御するに
は、列プロパティの[値の順序]を使用します。
注 : これにより、オペレーティングシステムとロケールによっては、レポート内のラベル付きパラメータ推定値の
並び順が異なることがあります。
・
置換対象のデータテーブルから作成されたアクティブなレポートが開いている場合、[テーブルの置換]を実行し
ても、データテーブルは置き換えられないようになりました。
転置
6.0.3
・
転置を行うスクリプトを元のデータテーブルのプロパティに保存すると、スクリプトの末尾が切り捨てられるとい
う問題が修正されました。
連結
6.0.2
・
データタイプが異なる列どうしを連結すると、連結後の列は文字型になり、連結前のデータが欠測値になることは
ありません。
結合
6.0.2
・
直積結合を実行したときに、選択した列がすべて正しく含まれるようになりました。
6.0.2
・
更新元と更新先の列のデータタイプが異なる場合、更新元の列のデータタイプが更新先の列のデータタイプに合わ
更新
せて変更されます。
2 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
表の作成
6.0.3
・ [表の作成]で作成した表のラベルを変更し、その表を含むジャーナルを作成したときに正しく変更が反映される
ようになりました。
6.0.2
・
JMP のローカライズ版で、[環境設定]の[英語でスクリプトを保存]を選択した場合、保存されたスクリプトが
すべて正しく英語で保存されるようになりました。
・
JMP のローカライズ版を使用している場合、
[データテーブルに出力]コマンドでデータテーブルを作成したとき
に、列名が正しく各言語で表示されるようになりました。
・
複数の行テーブルがある表を作成した場合、その表のジャーナルをいったん閉じてから再び開いても、テーブルの
元のレイアウトが正しく復元されるようになりました。
欠測値パターン表示
6.0.2
・
スペースだけの文字列を持ったセルが、欠測値として扱われなくなりました。
読み込み/書き出し
6.0.2
・
値ラベルを含む JMP データテーブルを保存した場合、他のアプリケーション(JMP 4 以前を含む)でもそのファ
イルを読み込めるようになりました。
テキスト読み込み
6.0.2
・
テキストに 1 つの「$」が含まれている場合、欠測値やラベルとしてではなく、「0」として読み込まれるようにな
りました。
・
メモリ上の処理が効率化されたため、より大きなテキストファイルを読み込めるようになりました。
・
テキストファイルや JSL ファイル内の文字のエンコーディングの特定方法が改善されました。
・
引用符で囲んだ文字列内で、キャリッジリターンを使用できるようになりました。
・
JSL 経由でテキストファイルを読み込んだときに、日付と時間の形式が適用された列が正しく読み込まれるように
なりました。
Excel
6.0.3
・
Macintosh で Excel ファイルを読み込むと JMP が強制終了してしまう場合がある問題が修正されました。
6.0.2
・
Excel のワークシートを個別に選択して読み込む場合、非表示のワークシートがシート名のリストに表示されない
ようになりました。
・
Macintosh で、漢字を含むデータテーブルを Excel 4 形式で書き出すと、漢字が疑問符(?)で表示されます。ま
た、一部の文字が正しく書き出されないという警告が表示されます。
・
・
日付と時間の形式の列に欠測値があっても、Excel に正しく書き出されるようになりました。
Excel の長い文字列を読み込んだときの動作が改善され、文字が途中で切れたり、消えたりするという問題がなく
なりました。
3 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
Open Office
6.0.2
・
JMP から OpenOffice 1.x 形式で書き出したファイルを、OpenOffice 2.0 でも使用できるようになりました。
6.0.3
・
SAS IOM インターフェース経由で 10 MB より大きいファイルをアップロードしたりダウンロードすることができ
SAS
るようになりました。
6.0.2
・
JMP のデータテーブルに欠測値が含まれていても、SAS データセットとして正しく書き出し・保存ができるように
なりました。これにより、書き出されたファイルを SAS で開いても強制終了しません。
・
JMP から SAS データセットを書き出したときに、変数の長さが増加するという問題が修正されました。
インターネットから開く
6.0.2
・
JMP のローカライズ版で[インターネットから開く]を使って JMP ファイルを開いたときに強制終了するという
問題が修正されました。
データベース/ ODBC
6.0.2
・
MS Access データベースを開いたときに、文字型の列の 1001 文字目以降のデータが切り捨てられるという問題が
修正されました。
・
日付と時間の形式の列に欠測値があっても、ODBC テーブルに正しく書き出されるようになりました。
・
OpenLink ODBC ドライバまたは Computer Associates ODBC ドライバを使って Ingres データベースから文字デー
タを読み込む際の不具合が修正されました。
JMP 実験計画法(DOE)ガイド
6.0.3
・
カスタム計画で応答をシミュレートした場合、指定された誤差標準偏差の 2 倍の値が使用される問題が修正されま
した。
・
Bayes 流の D- 最適計画で、連続尺度の因子の値がデフォルトの設定から変更され、モデルに 2 因子間交互作用が
含まれている場合に、交絡行列が正しく計算されない問題が修正されました。
6.0.2
・
I 最適計画の生成速度が、大幅に向上しました。これは、計画に含まれる因子の数が多い場合に、より効果を発揮
します。
・
カスタム計画で作成される配合計画がより最適基準に合った、信頼性の高いものとなりました。
・
L16 のタグチ配列に 9 個以上の制御因子が含まれている場合に、因子が重複するという問題が修正されました。
・
DOE のオートメーションで、渡された配列の最後の要素が正しく処理されない問題が修正されました。
・
DOE のオートメーションに、SetSampleSize が追加されました。
・
拡張計画の因子として「パターン」列を含めたときに JMP が強制終了するという問題が修正されました。
4 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
分析
6.0.2
・
二変量の関係と多変量のヒストグラムで、除外されたデータがヒストグラム上で正しく除外されるようになりま
した。
一変量の分布
6.0.3
・
正規分布で一部のパラメータを固定したときに、その他のパラメータが正しく再計算されるようになりました。
6.0.2
・ 「スクリプトの保存」オプションを使用したときに、片側信頼区間が正しく保存されるようになりました。
・
片側信頼区間のレポート内容が正しくなりました。
・
ガンマ分布のあてはめで、除外された行が正しく除外されるようになりました。
・
二項分布と Poisson(カテゴリカル)分布の密度曲線が改良されました。
・
負の数が含まれるデータで、指数分布、対数正規分布、ガンマ分布、ベータ分布をあてはめた場合に、警告が表示
されるようになりました。
・
割合の検定で、片側の確率が両側の確率として処理されるという問題が修正されました。
二変量の関係
6.0.2
・ 「二変量の関係」レポートで、X 変数と Y 変数のどちらかが 1 つで、他方が複数の場合に、グラフを縦方向と横方
向のいずれの向きでも表示できるようになりました。X 変数と Y 変数のどちらも 2 つ以上ある場合は、横向きでの
み表示できます。
二変量の関係 : 二変量
6.0.2
・ [回帰の信頼区間を塗る]、[個々の値に対する信頼区間を塗る]の α 水準として、0.05 ではなく、[α 水準の設
定]で選択した値が使用されるようになりました。
・ [By]変数が指定された場合、スプライン曲線の予測式を正しく保存できるようになりました。
二変量の関係 : ロジスティック
6.0.2
・
Macintosh でロジスティック回帰分析を行ったときに、度数に指定する列に欠損値があっても正しく処理されるよ
うになりました。
二変量の関係 : 一元配置
6.0.3
・
バランスの取れたモデルで Hsu の比較を行ったときに、最小値と最大値のいずれと比較した場合でも同じ p 値が
得られるようになりました。
6.0.2
・
列プロパティに[データの出現順]を指定したときに、一元配置プロットにも正しく適用されるようになりました。
5 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
モデルのあてはめ
6.0.3
・
ロジスティックモデルで変量効果が使用できなくなりました。以前は、変量効果が選択可能であるにも関わらず処
理には反映されていませんでした。
・
変量効果と固定効果の両方を含む複数の自由度の検定が、正しく実行されるようになりました。
6.0.2
・
By 変数を用いてグループ別にあてはめを行った際、モデルのあてはめのレポートタイトルに、By ラベルが繰り返
・
対数分散モデルの等分散の尤度比検定が修正され、p 値がより適正になりました。以前は、ヌルモデルについて、
して表示されなくなりました。
シグマの最小 2 乗推定値を使って対数尤度を計算していましたが、現在は、シグマの最尤推定値を使用しています
(これは、共通のシグマを計算する際の除数として(n −自由度)ではなく n を使うということを意味します)。
分散の最尤推定値は過少バイアスになるため、JMP の次回のリリースでは REML 推定値が使用される予定です。
・
REML 法で、除外された行がある場合に、残差と交絡する分散成分が検出されるようになりました。
・
REML 法で、欠測値と削除された行が正しく処理されるようになりました。
・ [SAS ジョブの作成]が、最小 2 乗法以外の手法にも対応するようになりました。
・ [モデルのあてはめ]の最小 2 乗法で、保存された信頼区間と標準誤差に関して欠測値が正しく処理されるように
なりました。
・
一般化線形モデルで、重み変数を指定した場合の過分散パラメータの計算エラーが修正されました。
・
一般化線形モデルで、重み変数を指定したときに保存される残差(ピアソン、デビエンス)が、SAS の計算と一致
するようになりました。
・
一般化線形モデルで保存される残差が、SAS の計算と一致するようになりました。
・
環境設定で、「モデルのあてはめ」の各プラットフォームの起動ダイアログボックスのオプションを設定した場合、
正しく動作するようになりました。
モデル化 : 非線形回帰
6.0.2
・
・
反復オプションの[2 次微分した式の使用]で、多くのステップの反復計算ができるようになりました。
パラメータを定義したが、モデル式に含めなかったパラメータがある場合、含めなかったパラメータより後に定義
したパラメータが無視されるというエラーを修正しました。
・ [解の記録]で記録されたのパラメータの列が、[リセット]ボタンをクリックしなくても、正しく、記録したモデ
ルレポートに追加されるようになりました。
・
重みを指定する列に欠損値がある場合、信頼区間と個々の標準誤差の保存が正しく行われるようになりました。
・
重みを指定したときの信頼区間が、非線形回帰とモデルのあてはめで一致するようになりました。
モデル化 : ニューラルネット
6.0.2
・ [予測値と信頼区間の保存]を使用したときに、信頼限界の幅が 0 になるという問題が修正されました。
多変量 : 多変量の相関
6.0.2
・ [ペアごとの相関係数]を選択したときに、散布図行列に表示される相関係数が正しく更新されるようになりました。
・
判別分析の[計算式の保存]で、事前確率の指定を等しい確率以外に指定した場合もサポートされるようになりま
した。
・
除外されたデータがある多変量管理図で、T2 が正しく計算されるようになりました。
6 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
多変量 : クラスター分析
6.0.2
・
K Means クラスター分析の[混合のシミュレーション]コマンドが正常に動作するようになりました。
多変量 : 判別分析
6.0.3
・
縮退した楕円が膨張され、点や重心が見えるようになりました。
多変量 : PLS
6.0.2
・
欠測値や除外された行がスコアグラフ上の正しい点と対応するようになり、スコアグラフに表示対象の点のみが表
示されるようになりました。
生存時間分析もしくは信頼性分析
6.0.2
・ [競合する原因]を選択した場合に、打ち切りの値が正しく処理されるようになりました。
・
区間打ち切りのある生存時間分析で、下限に欠側値がある場合にも、適切な X 軸の範囲が表示されたグラフが作成
されます。
グラフ
チャート
6.0.2
・ (英語版で)データテーブルの変数名が、プロットされる統計量と同じである場合でも(「N」や「Mean」など)、
チャートが正しく生成されるようになりました。
・
Y 変数がないチャートを生成しようとしたとき(誤ったデータテーブルを選択してスクリプトを実行した場合な
ど)に JMP が強制終了するという問題が修正されました。
重ね合わせプロット
6.0.2
・
Y 軸が 2 つあるプロットでは、指定した列プロパティが両方の軸に適用されます。以前は、第 2 の Y 軸には、列プ
ロパティが適用されませんでした。
・
スクリプトが正しく保存されるようになりました。
・
線の幅を[細線]に変えたときにエラーメッセージが表示されるという問題が修正されました。
・
範囲がごく微小な場合に、適切なスケールが使用されるようになりました。
・ [欠測値もつなぐ]を指定したときに、凡例が切れてしまうという問題がなくなりました。
等高線図
6.0.2
・
起動ダイアログで等高線の間隔を指定したときに、正しい等高線の間隔で等高線図が生成されるようになりました。
・
X − Y グリッドを指定したときにエラーメッセージが表示されるという問題が修正されました。グリッドを指定し
たときの分位点が、JMP 5.x と一致するようになりました。
7 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
管理図
6.0.2
・
・
・
予め集計管理図でフェーズを指定した際、正しく動作するようになりました。
予め集計の移動範囲管理図の管理限界が正しくなりました。
標本ラベルを指定して管理図を作成した後、その他の管理図を作成するときに、[標本ラベル]の指定が必須にな
るエラーを修正しました。
・
ウェストガードルールのテストを実行した際、正しい記述の警告スクリプトが発行されるようになりました。
・
NP 管理図と C 管理図でフェーズを指定したときの管理限界が修正されました。
・
IR 管理図の移動範囲の区間が 2 未満で、K シグマを指定しなかった場合に、JMP が強制終了するという問題が修
正されました。
・
日本語版の JMP で、
[環境設定]>[プラットフォーム]の「CUSUM Chart」が「CUSUM(累積和)」と表記され
ました。
・
標本サイズが 1 の場合の EWMA 管理図が正しく表示されるようになりました。以前は、シグマを求める式の分母
(N)として、オブザベーション数ではなく、標本の差を足し合わせた数が使用されていたため、N の値が 1 つずれ
ていました。
・
EWMA 管理図と UWMA 管理図で、箱ひげ図を使用できなくなりました。箱ひげ図は、本来 X 管理図でのみ使用可
能であり、EWMA 管理図と UWMA 管理図では使用できません。
・
UWMA 管理図と EWMA 管理図で、限界値テーブルと JSL のどちらからでも統計量を正しく取得できるようになり
ました。
・
X 管理図、R 管理図、S 管理図、予め集計の管理図で、点の上にマウスポインタを合わせたときに、正しい標本が
表示されるようになりました。
・
ランチャートで限界値を新しいテーブルに保存したときに、標本サイズが欠測値になるという問題が修正されま
した。
・
限界値を列に保存し、チャートを再表示したとき(
[スクリプト]>[分析のやり直し])に、テストの結果が消え
るという問題が修正されました。
・
予め集計管理図と IR 管理図で、除外された標本が正しく除外されるようになりました。
・
スクリプトによってデータテーブルが更新されたとき、またはデータテーブルのデータを変更したときに、IR 管理
図が自動的に更新されるようになりました。
・
IR 管理図でシグマ値または限界値をデータテーブルに保存する際、正しい値が保存されるようになりました。
・ [環境設定]ウィンドウの[プラットフォーム]パネルで、[管理図]に関する環境設定が追加されました([Use
Excluded Points on MR])
。この環境設定によって、移動範囲管理図で除外された点を扱う方法を制御できます。デ
フォルトではオフになっており、除外された点は無視されます(JMP の以前のバージョンと同じです)。オンにす
ると、除外された点も移動範囲管理図に含まれます。これは SAS での除外された点の処理方法と同じです。
6.0.3
・
あるデータテーブルからランチャートを作成し、そのデータテーブルにデータを追加すると JMP が強制終了して
しまうという問題が修正されました。
変動性図/ゲージチャート
6.0.3
・
変動性図の REML 分散成分の表の中の表示順が変更されました。
・
2 次の交互作用モデルの交互作用(IV)項で許容範囲が指定されたときの「許容範囲に対する %」が修正されました。
・
2 次の交互作用モデルの交互作用(IV)項で履歴 σ が指定されたときの「工程 (%)」が修正されました。
・
不釣り合い型の枝分かれした計画で、正しい Gage R&R レポートが出力されるようになりました。
8 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
6.0.2
・
不釣り合い型のデータのあるテーブルで直線性とバイアスのレポートを作成したときに、JMP が強制終了するとい
う問題が修正されました。
・
主効果モデルで、判別比が使用できるようになりました。
・
Gage R&R 分析が改良され、正しく実行されるようになりました。
・
直線性の R2 の値が正しくなり、MSA(計測システム分析)ガイドの値と一致するようになりました。
・
変動性図を開いたまま行を削除して、分析のやり直しのスクリプトを実行すると JMP が強制終了するという問題
が修正されました。
・
計数値用ゲージチャートの一致性(%)、評価者ごとの一致性(%)が、正しくレポートされるようになりました。
・
Gage R&R で、K, 標準誤差の乗数がスクリプトに正しく保存されるようになりました。
パレート図
6.0.2
・
カテゴリの凡例を表示している状態で、パレート図を円グラフに変更したときに、凡例の下部が欠けるという問題
・
欠陥数が 1 のときのグループ内のレート検定またはグループ変数間のレート検定の結果が正しくレポートされるよ
が修正されました。
うになりました。
セルプロット
6.0.2
・
行の選択を解除したときに、選択マーク(黒い縦のバー)が消えるようになりました。
プロファイル
6.0.2
・
・
シミュレータで、因子がカテゴリカル因子のとき、正しい固定値が使用されるようになりました。
誤差因子を指定する機能が追加されました(ロバストエンジニアリング)。詳細については、
『JMP 統計およびグラ
フ機能ガイド』を参照してください。
・
シミュレータに JSL で書いた独自の式を入力したとき、リセットボタンを押さなくても式の評価がされるようにな
りました。
カスタムプロファイル
6.0.2
・
最適化の予測式に入力されたスクリプトに、特殊記号(/ など)が含まれる場合でも、Name(" ") という特殊な命令
を処理することにより、エラーが発生しないようになりました。
表示
プロット
6.0.3
・
対数軸のあるプロットの線が、正しく描画されるようになりました。
・
スクリプトで By グループが指定されている場合に、正しい順序で By グループが生成されるようになりました。
・
Macintosh で背景が黒の場合に、マーカーを白で表示できるようになりました。
9 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
6.0.2
・
プロットを描くときの、軸の設定における日付変数の処理が改善されました。
・ [By]変数が指定されたレポートのグラフィックスクリプトでは、元のデータテーブルではなく、その変数のサブ
セットが使用されるようになりました。
・
軸のスケールの範囲の判定処理が向上し、範囲が非常に小さくなるというケースがなくなりました。
・ [By]グループの最後のカテゴリのデータがすべて除外されている場合、グラフ上で選択カーソルが正しく動作し
ない問題が修正されました。
・
古いビデオカードを使用しているコンピュータ上での透明度のある描画が速くなりました。
ジャーナル
6.0.3
・
Macintosh で生成したジャーナル(名称未設定)に割り当てられる番号が修正され、作成した順に、名称未設定
ジャーナル、名称未設定ジャーナル 2、…(以下同様)という名前が付けられるようになりました(以前は、名称
未設定ジャーナル 2、名称未設定ジャーナル 4、と番号が 2 ずつ増加していました)
。
6.0.2
・
Macintosh 上で保存したジャーナルを Windows で開いたときに、安定して動作するようになりました。
・
曲面プロットを含むジャーナルが、正しく開けるようになりました。
・
保存前のジャーナルにタイトルを設定しようとすると JMP が強制終了するという問題が修正されました。
すべてのレポートウィンドウ
6.0.3
・
Macintosh で[フォント]ウィンドウに新しいフォントのサイズを入力すると、ウィンドウが閉じてしまうという
問題が修正されました。
・
Macintosh で、表示可能な領域を大幅にはみ出すレポートウィンドウを作成しようとすると、ごく小さなウィンド
ウになってしまうという問題が修正され、適切なサイズで作成されるようになりました。
6.0.2
・ [タイトルを残して閉じる]を選択したときに、レポートが正しく閉じられるようになりました。
・
Macintosh 上で従来の QuickDraw ベースのアプリケーション(MS Word や MS PowerPoint など)に コピー&ペー
スト、ドラッグ&ドロップなどで渡されるグラフィックの品質が向上しました。
・
Mocintosh で、点が 10 万を越えるようなグラフのコピー処理が 6.0 より速くなりました。
・
多変量の相関プラットフォームの相関係数行列など、レポートの中の行列が非常に大きい場合のスクロールが速く
なりました。
スクリプト
6.0.2
・
・
Macintosh で改行を示すシーケンス(\!N)を指定したときに、正しく改行されるようになりました。
プラットフォーム名と同じ列名(
「生存時間分析」など)を、Subscript 関数で使用できるようになりました。以前
は、Subscript 関数で指定された列名が列と見なされず、該当するプラットフォームが参照されてしまっていました。
・
JMP 5 で生成された、一致しない行も含める結合を実行するスクリプトが、JMP 6 で正常に動作するようになりま
した。
・
JMP の複数のインスタンスを開始するためのオートメーションオプションが、正常に動作するようになりました。
・
メニューをカスタマイズするウィンドウで、大きな JSL スクリプトを正しく保存できるようになりました。
10 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
暗号化
6.0.2
・
変数名の先頭に 2 つのアンダースコアが付いているグローバル変数の内容は表示されなくなりました。これによ
り、暗号化されたスクリプト内のグローバル変数の値が表示されることを抑制できるようになりました。
・
暗号化されたスクリプトによってエラーが発生した場合に、エラーの原因となるスクリプトコードがログウィンド
ウに表示されなくなりました。
スクリプトエディタ
6.0.2
・
Windows 上で前回のセッションを開いたときに、スクリプトウィンドウの位置とサイズが元どおり表示されます。
・
Windows のスクリプトエディタで、500 KB を越すスクリプトをコピー&貼り付けできるようになりました。
・
Macintosh のスクリプトウィンドウで検索と置換を行ったとき、画面上に表示されていない該当文字列が検出され
ない問題が修正されました。
・
スクリプトエディタの行の左側の余白をクリックしたときに、JMP のステータスバーに正しい行の長さが表示され
るようになりました。
JSL コマンド
6.0.3
・
NTABLE() コマンドで、非表示のテーブルを数えないようになりました。
6.0.2
・
以前は、ごくまれに、プラットフォームを起動するスクリプトが正常に起動しないことがありましたが、その問題
が修正されました。
・
Update() コマンドで、Match Columns() と By Matching Columns() の両方が正常に動作するようになり
ました。
・
Save() コマンドを使って、データテーブルを新しいファイルとして新しい名前で保存する際に生じるエラーが修
正されました(ファイルがまだ存在していない場合)。
・
リストチェックプロパティを持つテーブルに対し Get Script() を実行した場合、生成されたスクリプトで新し
いデータテーブルを作成する際に生じるエラーが修正されました。
・
Substitute()、SubstituteInto()、Insert()、InsertInto() で、1 つの引数が数字でもう 1 つが行列の
とき、正しく評価されるようになりました。
・
Linux で、Save() コマンドを使ってデータテーブルを保存できるようになりました。以前は、現在のディレクト
リやあらかじめ定義されているディレクトリ($HOME など)が正しく展開されませんでした。
・
Summarize() でグループ変数を指定した場合、標準偏差を求めるときにすべてのグループで同じ中心が使用され
てしまう場合がある問題が修正されました。
・
データフィードを開くための Connect() コマンドで、Port や Baud オプションを指定すると正しく動作しない問
題が修正されました。
・
Macintosh で Today() を使用したときに、GMT ではなく現地時間が戻されるようになりました。
・
Distribution() の Test Probabilities() に実際の水準数より多い引数を指定したときに、JMP が強制終
了するという問題が修正されました。
・
CallDLL()(Windows のみ)を使用したときに JMP がハングアップするという問題が修正されました。
・
大きな SAS データセットに対して SASGetVarNames() を実行したときに、エラーが発生していましたが、最初
の 10 万列の名前が戻されるようになりました。
・
JMP のローカライズ版で、Mail() が正常に動作するようになりました。
11 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
その他
6.0.3
・
Intel プロセッサ搭載の Macintosh で Rosetta を使用している場合、Apple のバグが原因で結果が正しく算出されな
いというメッセージと、その問題の詳細を説明する Web ページへのリンクが表示されるようになりました。
・
Macintosh で JMP のウィンドウを閉じると強制終了されてしまう場合がある問題が修正されました。
・
Macintosh で、開かれて非表示になっているデータテーブルがある状態で JMP を終了すると強制終了されてしまう
問題が修正されました。
・
6.0.2
・
Linux の JMP.jmpcmd ファイルが正しく保存されるようになりました。
ユーザの入力を必要とするダイアログボックスに対して貼り付け操作を行ったときに、JMP が強制終了するという
問題が修正されました。
・
Linux の JMP の日本語版で、ヘルプの検索が正しく動作するようになりました。
・
分析レポートの長さが複数ページに渡る場合も、全ページを正しく印刷できるようになりました。JMP 6 では、最
初のページだけが印刷されていました。また、[印刷プレビュー]ウィンドウを閉じるとレポートウィンドウも閉
じてしまうという問題が修正されました。
・
環境設定で[出力にデータテーブルタイトルを表示する]がオンになっている場合に、出力レポートにスクリプト
が表示されるという問題が修正されました。
・ 「Sample Data」フォルダの「Readings.jmp」データテーブル(英語サンプルデータ)のカスタマイズされた分析ス
クリプトが、正常に動作するようになりました。
・ 「Sample Data」フォルダの「Time Series」サブフォルダにある「Raleigh Temps.jmp」データテーブル(英語サン
プルデータ)の中の不正な値が修正されました。その結果、このデータテーブルを使った時系列分析でエラーはも
う出なくなりました。
・
IGrafx から JMP へのインターフェース(Windows のみ)が正常に動作するようになりました。
・
Windows 上で、ダイアログのテキスト編集ボックスに 3 万文字以上入力できるようになりました。
アクティベーション
6.0.2
・
JMP 6.0 では、Linux ソフトウェアの更新や保守を行うと、再度アクティベーションを行う必要がありました。
JMP 6.0.2 では、Linux ソフトウェアの更新や保守を行っても、JMP のアクティベーションやライセンスが変更さ
れないようになりました。ただし、この修正でアクティベーションコードが書き換えられているため、JMP 6.0.2
で再度アクティベーションを行う必要があります。
・ [マニュアルアクティベーション]ウィンドウに説明が表示され、マニュアルアクティベーションがすばやく簡単
にできるようになりました。この説明にあるように、テクニカルサポートに電子メールを送信する際には、シリア
ル番号とオペレーティングシステムを記載してください。
・
Macintosh で年間ライセンスを更新するためのボタンの 1 つが欠けていましたが、すべてのボタンが正しく表示さ
れるようになりました。
・
Macintosh 上のアクティベーションウィンドウで、日本語のテキストが正しく折り返して表示されるようになりま
した。
12 ページ
JMP 6.0.3 リリースノート
年間ライセンス
6.0.2
・
JMP ライセンスの期限が切れる数週間前に、注意を促すメッセージが表示されるようになりました。
・
年間ライセンスが切れていますという警告メッセージが、誤って早く表示されるという問題が修正されました。
・
情報を更新されたライセンスを保存するときに、保存場所を確認する画面が表示されなくなりました。新しいライ
センスは、自動的に既存のライセンスを上書きします。
・
Windows サーバー上の JMP(年間ライセンス版)をターミナルサーバーで使用している場合に、動作している
JMP インスタンス数が正しく数えられるようになりました。
13 ページ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
340 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content