close

Enter

Log in using OpenID

Mac OS X での制限事項

embedDownload
Mac OS X での制限事項/動作不具合について
Mac OS X 版について、以下の制限事項/動作不具合が確認されていますので、ご注意下さい。
【EDICOLOR 7.0 / 8.0 / 9.0 での制限事項/動作不具合】
Mac OS X 10.4で、ことえりの文字パレットからの文字入力ができません。
(Mac OS X 10.3以前及びMac OS X 10.5では可能です)
※EDICOLORの「表示」メニュー「文字パレット」から入力可能です。
Mac OS X 10.4で、プリント画面を表示して、キャンセル、再度プリント画面を表示して「部数」や
「開始」「終了」に数字を削除や入力ができない場合があります。入力メニューで「US」を選択してい
ると入力できますが、ことえり等が選択されていると入力ができません。
※上記の「US」はことえりのメニューの一番下「言語環境を開く」で「入力メニュー」の「US」にチェ
ックを付けて下さい。
※上記現象はMac OS X 10.4.9で改善されています。
Mac OS X v10.5 Leopardで縦組時の文字表示位置が少し上にずれて表示されています。
(PostScriptプリンタ出力は正常位置です)
Mac OS X v10.5 LeopardでOpenTypeの欧文書体及び一部のTrueTypeの欧文書体が認識できません。
Mac OS X v10.5 LeopardでSMB(プロトコル)を使用したWindows共有フォルダへの保存ができませ
ん。
現在PowerPCアプリケーションにつき、Intel社製CPU搭載のMacintoshではApple社が提供します
Rosetta上で互換モードとして動作しています。
MacPro機種のみ「リンク画像と記事の複製」に失敗する事が確認されています。
※USBの外付けハードディスクやネットワーク上のサーバーへは可能です。
Mac OS X 10.4以上で、プリント画面の「詳細設定」で「スクリーン線数」「アミ点形状」が正しく表
示されない/出力されない不具合が確認されています。
※Mac OS X 10.3以下ではファイルメニューの「用紙設定」から設定/出力が可能です。
ヒラギノ明朝 Pro W3 が無い環境ではEDICOLORが起動できません。
(Mac OS X v10.5では標準でライブラリ/Fonts/の中にフォントがあります)
【MacOSXに依存する仕様】
記事を開く毎に「用紙設定」を行わなければならない。毎回「任意のプリンタ」になります。
プリント画面の「詳細設定」で認識しているPPDは「デフォルトプリンタ」になります。必要に応じてデ
フォルトプリンタを切り替えてください。
「表示」メニューのショートカットキー「F9」「Shift+F9」「F11」「Shift+F11」「F12」
「Shift+F12」はMac OS Xが使用しているため異なる動作となります。Mac OS Xの「システム環境設
定」‒「DashboardとExpose」から設定の変更が可能です。
【EDICOLOR 7.0.2以前のバージョンでの制限事項/動作不具合】
Mac OS X v10.4以上で、用紙設定を開きOKで閉じるとダウンします。(用紙の変更不可)
Mac OS X v10.4以上で、用紙設定の中でEDICOLORの設定項目が表示されません。(スクリーン線数/
アミ点形状設定不可)
縦組のOpenTypeフォントの表示および印字が一部の文字について、Mac OS X v10.3 とMac OS X
v10.4とで異なります。異なる文字は、矢印記号(→←↑↓)や罫線素片文字などです。
・掲載日付:2009年8月4日
・更新日付:2010年6月22日
・対象バージョン:7.0/8.0/9.0
※Mac OS X v10.5 Leopard での動作状況について
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
519 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content