close

Enter

Log in using OpenID

2015年 - あべのハルカス近鉄本店

embedDownload
いつもご愛顧いただきありがとうございます。
このたび近鉄百貨店では、マイセン磁器の逸品を集め
「マイセン展」を開催いたします。
マイセン磁器は今年開窯 305 年。長い伝統に培われ
2015年
類稀な作品を作り続けています。
今回は、マイセン磁器に込められた
招福の「象徴」を特集いたしました。
幸福や長寿への思いを表現した作品の数々を
ぜひこの機会にご高覧ください。
マイセンクリスタル
優れたエングレーヴィング技術を誇る
マイセンクリスタル社から、卓上に輝きを
与えるクリスタルの数々をご紹介いたします。
色被せ花瓶「朱雀」
高さ約43cm 色:レッド
540,000 円【世界限定数
】
アーティスト ルッツ・ハウフェが手がけた作品。
また、本年度の世界限定品も見どころのひとつです。
ご来場を心よりお待ちいたしております。
中国の神話に登場する霊獣「四神(しじん)」
のひとつ、
「朱雀(すざく)」をモチーフに
しました。南の方角を司り、季節は夏を、
色彩は赤を象徴する朱雀。ハウフェは、
花瓶全体でこの神秘的な生き物を表現
しています。
FSS/205F/43R
色被せ花瓶「コミミズク」
高さ約26cm 色:ブラック
432,000 円
コミミ ズクはフクロウ目フクロウ 科 に
分 類される鳥。ヨーロッパ では 知 の 女 神
ミネルヴァの使い、日本では招福のシンボル
とされています。本作品は花瓶には珍しい
黒のカラーが特徴です。インパクトがあり、
室内で特別の存在感を示します。
OWL/2/26BK-S
表紙の作品:バラスター装飾花瓶「色絵金彩」高さ約 cm
82383/909684
1,296,000 円【世界限定数 】
1710年から1720年頃に生まれたマイセンの中で最も古い作品のうちのひとつ。
高価な金の地と上品な装飾が調和したデザインが特徴です。マイセンの初期の時代に
おいて錫や銀の器が制作上の手本であったことを思い起させる作品。
60M08/900380
◆11月5日(木)→11日(水)
午前10時∼午後8時
※最終日は午後5時で閉館させていただきます。
◆あべのハルカス近鉄本店
ウイング館8階 近鉄アート館
時計「四季」高さ約
cm
7,020,000 円
抽象的な概念を具体的な絵画や置物で表現するという試みは、
「寓意化(アレゴリー)」とよばれ、
マイセンにおいても18世紀以来
盛んに行われるようになりました。この時計も、そうした潮流の中で
生まれた作品のひとつです。マイセン初期の巨匠ケンドラー作と
推定され、
「四季」を表しています。
※数に限りがございますので、売り切れの節はご容赦ください。
※手作り・手描きのため、色・柄・形状が写真と異なる場合がございます。
※価格は、消費税を含んだ税込価格を表示しています。
招福の「象徴」
世界限定作品
5A381/935174A
幸福
額装プラーク「二人の天使」額装サイズ:約48×56㎝
3,024,000 円
500年前に描かれたラファエロの傑作「システィーナの聖母」
の下にたたずむ「二人の天使」を描いた作品。
ドレスデンのツヴィンガー宮殿絵画館の至宝を、
アーティスト ブレッチュナイダーが見事に再現しました。
9M015/932B84
プラーク
「スイレンとカワセミ」約45.5×45.5cm
2,160,000円【世界限定数 】
白いスイレンが咲く池のほとりで佇むカワセミを描いた作品 。
絵付師フォークトが1920年代に描いた飾皿を、現代マイセンの絵付の
巨匠であるブレッチュナイダーがモチーフにグラヴィールを加えながら
プラークに移し変えました 。
花瓶「貼花装飾のある
波の戯れのヴェース」
(オーキッ
ドのモチーフ)
①
高さ約20.5cm 270,000 円
②
【世界限定数 】
50318/719384
②
(ハスのモチーフ) ①
高さ約30cm 324,000 円
【世界限定数 】
50317/ 719384
③
(バラのモチーフ)
③
245584/C1402
愛
高さ約13.5cm 194,400 円
【世界限定数
】
50319/719384
コーヒーデジュネセット「レモンとレモンの花」
4,104,000 円【世界限定数 】
手びねりで作られた一品性の高い芸術的な花瓶。18世紀の代表的な
金を背景にレモンと花を描いた珍しい作品。ゲーテが
装飾技法、貼花装飾が取り入れられています。フォームには1996年に
「君よ知るや南の国」で詠ったようにアルプスを越えた南の国々は
誕生した波のような口縁と繊細なレリーフが特徴の「波の戯れ」を選択。
ドイツ人にとって憧れの地であり、レモンはその象徴でした。
パステル調の色使いも魅力です。貼花から地肌への絵付も自然でこの上
また豊かなその実りから、愛の象徴とも言われています。
なく優しい雰囲気の作品に仕上がりました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
326 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content