close

Enter

Log in using OpenID

意外と知らない猫統計

embedDownload
数字でみると一目瞭然。
意外と知らない
鳥
0.3%
1.1%
猫統計
1.3%
複数
2.3%
犬(大型)
5.9%
Point
雰囲気
33.9%
医療設備
待
時間
他
動物病院
犬
2.9%
3.4%
訪
動物
犬
飼
主
7割、
猫
飼
主
2割
、
(図1)。
超
1.7%
1.4%
Interview
治療費
猫
from JFMS
6.6%
3.9%
%
動物病院に来院する動物に
猫が占める割合
10.0%
11.9%
・評判
交通
21.8
海外論文
口
0.1%
0.2%
2.1%
1.3%
40.4
Statistics
猫 犬 飼 主 病院選択基準
猫 飼
病院選択基準
%
、anicom pafe 主催、
犬
猫
飼
主
猫
飼
主
上記
「
第1位
」 40.4%
「医療技術
猫の飼い主が病院を選択するとき
「医療技術」を重視している割合
*図1、図2:2008年、第2回飼 主様満足度調査
n=9,898頭(
猫数2,141頭) 結果 集計
主
(図2)
。
比較
、
理由以外 、
雰囲気」 「交通
重視
一方 「口
飼
主同士
犬
比
」 良
。
・評判」 犬 飼 主
少
思
若干低 、
。
005
猫統計
図2
36.2%
臨床
44.0%
Feline Practice
40.4%
医療技術
猫
Point
骨盤骨折
種別来院割合
図1
Feature Article Part 2
疾患統計データ協力:アニコム ホールディングス
小動物臨床における疾患統計の詳細については
→ アニコム 家庭どうぶつ白書
http://www.anicom-page.com/hakusho/ を参照ください。
猫
犬(小型)
47.0%
腫瘍
犬(中型)
20.2%
猫
猫が来 院するとき
Feature Article Part 1
猫
21.8%
1
����●
獣医師・
他
0.2%
Point
数字でみると一目瞭然。
意外と知らない
猫統計
複数選択
17.6%
他 5.0%
等 1.4%
相談 2.4%
飼 主
若干低
啓発
来院促進
考
(図1-1、1-2)
。
可能
、来院理由別満足度(表1)
来院
際
動物
・定期治療
満足度
来院
、待
満足
・病気
心配
低
際
際
、動物
相談
際
飼
、
主
低
。
等
3.0%
心配
高
対
。
他
5.2%
相談 2.5%
定期治療
28.1%
時間
、
一層
満足度向上
予想
。
図1-2
猫 来院理由
満 足 度 項 目
100点満点
受付
応対
動物
心配
相談
説明
診察・治療 信頼感
待 時間
診察・治療時間
費用 納得感
交通 便利
駐車場
建物 快適性
受付 待合室
待合室 洗面所
診察室 雰囲気
情報 充実度
掲示物 案内表示
予防
85.2
85.8
86.4
85.9
84.8
63.6
76.8
68.2
70.5
61.3
75.7
78.3
74.7
77.8
70.5
70.6
病気・
84.8
88.4
88.0
88.0
86.6
61.2
78.7
68.3
69.1
63.5
76.9
78.1
75.2
79.1
69.5
69.7
来 院 理 由
定期治療
相談
84.9
81.6
88.2
86.8
88.2
87.7
87.7
84.4
86.3
85.6
58.5
62.0
78.9
78.4
68.0
67.0
69.4
66.3
61.6
62.8
76.5
77.8
77.5
80.2
76.2
80.4
78.7
83.3
69.2
70.3
70.4
71.6
*満足度:各項目 対
満足度 100点満点
場合 猫
*図1-1、図1-2、表1:2008年 第2回 飼 主様満足度調査
飼
主
等
84.1
85.9
85.5
85.9
83.7
69.8
80.2
70.8
74.2
54.6
73.4
78.2
73.4
76.2
71.4
72.6
Statistics
猫 飼 主 来院理由別満足度
他
87.4
87.0
88.0
87.7
87.3
64.0
79.5
70.2
69.3
62.6
76.8
79.2
75.9
77.8
68.9
70.0
平均
anicom pafe 主催 n=9,898頭(
猫数2,141頭) 結果
集計
007
猫統計
表1
病気・
29.6%
、
少
予防
15.1%
Interview
予防
、猫
結果
複数選択
16.5%
満足度
満足度
以上
、
相談
対
説明
。
。
時間
来院
特徴
from JFMS
対
診療時間
、以下
海外論文
・予防
「予防」を理由に来院する
猫の割合
Point
、
臨床
比較
19.5%
、
Feline Practice
犬
15.1%
猫
来院
骨盤骨折
予防目的
%
、
Feature Article Part 2
調査
猫
15.1
疾患統計データ協力:アニコム ホールディングス
小動物臨床における疾患統計の詳細については
→ アニコム 家庭どうぶつ白書
http://www.anicom-page.com/hakusho/ を参照ください。
来院理由
犬 来院理由
腫瘍
図1-1
猫
猫と予防 医療
病気・
25.4%
Feature Article Part 1
定期治療
28.5%
2
����●
猫
予防
19.5%
Point
0.0
数字でみると一目瞭然。
意外と知らない
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0(日)
猫統計
全体平均2.8日
図1
疾患別年間平均通院日数
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0(日)
多
、
「循環器疾患」、
「内分泌疾患」
(図1)
、全疾患 平均通院日数 2.8日
、入院日数
長
疾患 「筋骨格系疾患」 7.6日、
「神経疾患」 7.0日、平均入院日数
Point
※1年間
。
from JFMS
4.2日
疾患
)
損保契約期間中
通院・入院
4.5日
海外論文
「循環器」
「内分泌」疾患の
年間通院日数
基
臨床
平均通院日数(通院保険金請求件数
Feline Practice
年間
疾患別年間平均入院日数
猫
日
図2
骨盤骨折
全体平均4.5日
Feature Article Part 2
4.2
Point
猫
筋骨格系
神経
泌尿器
肝・胆・膵
呼吸器
内分泌
血液・免疫
耳
損傷
腫瘍
感染症
消化器
循環器
眼
皮膚
歯・口腔
生殖器系
寄生虫症
疾患統計データ協力:アニコム ホールディングス
小動物臨床における疾患統計の詳細については
→ アニコム 家庭どうぶつ白書
http://www.anicom-page.com/hakusho/ を参照ください。
腫瘍
猫の通 院、入院
猫
3
����●
Feature Article Part 1
循環器
内分泌
血液・免疫
肝・胆・膵
神経
腫瘍
泌尿器
感染症
呼吸器
消化器
歯・口腔
皮膚
耳
筋骨格系
眼
損傷
生殖器系
寄生虫症
(図2)。
20日間
限度日数
。
7.3%
93.4%
神経
腫瘍
93.9%
泌尿器
94.0%
内分泌
5.5%
1.1%
88
90
病院
5.0%
92
94
通院病院数(複数病院
通院
人
、複数
病院
98
100(%)
2病院
3病院以上
通院 多 上位5疾患)
割合
高
、
「循環器疾患」 7.3%(循環器疾患
人
96
1病院
受診
人
請求
割合。図 3「2 病
院」
「3病院以上」 合計。以下同様)
。続
、
「神経疾患」 6.6%、
「腫瘍疾患」 6.1%、
「泌尿器疾患」
6.0%等
高
値
理由
示
(図3)。複数
、転院
、専門性
次診療
緊急性
受診
求
高
、
等
病院
考
Statistics
複数
0.3%
5.7%
病院
高
通院
病院
受診
休診日
2
、
夜間
他院
。
*図1∼3:2008年2月1日∼2009年3月31日
間
保」 契約 開始
0∼10歳 猫20,675頭 対象 集計
損保 「
健
7.3
%
循環器疾患の患者が
複数病院へ通院する割合
009
猫統計
各疾患
1.1%
5.0%
95.0%
0
図3
1.5%
5.8%
Interview
92.7%
循環器
Point
猫 異物誤飲 再発率 手術実施率
表1
数字でみると一目瞭然。
意外と知らない
猫統計
0歳
6.7%
24.4%
1∼10歳
1.4%
26.4%
0.2
0.0
0
1
2
3
4頭
0.3%
均:
異物
多
家族
言
発症
増加
健康診断
勧
必要
状
処置
難
開腹処置
図4
0歳 猫 感染症内訳
罹患率
急激
上昇
血液検査
尿検査
、進行
、個体
年齢
考
実施
遅
疾患
応
定
異物誤飲
注意喚起
重要
。
図2
感染症
死亡原因
内訳
防
考
、飼
43.3%、続
結果
(図3-1)。
「猫伝染性鼻気管炎・FVR」
(図4)。
0∼10歳
。
多
、
「猫伝染性腹膜炎・FIP」
23.4%
主
感染症
猫全体
死亡原因
第1位 「泌尿器疾患」、第2位 「消化器疾患」
「感染症」 第3位
10.6%
、
(図3-2)。
※死亡解約直前1 月間 動物病院 受診 、保険金請求
契約
保険請求
疾患 調査 、
疾患 割合 0歳 、0∼10歳 猫全体 示
。
。
※対象:死亡解約直前1 月間 保険金請求
0∼10歳 猫190頭(
0歳 猫 24頭)
※疾患区分:循環器、呼吸器、消化器、肝・胆・膵、泌尿器、生殖器、
神経、眼、耳、歯・口腔、筋骨格、皮膚、血液・免疫、内分泌、感染症、寄生虫症、損傷、腫瘍、症状。
1.8%
Point
1.8%
1.5%
1.0%
1.0
0.0
猫
多
、配慮
0.9%
0.4%
0.5
期
0歳
。
2.6%
。
考慮
、内視鏡
、
Statistics
始
遅
小
2.5
(図2)。
投薬
、体
1.9%
若干高
0歳の猫が感染症により
死亡する割合
猫伝染性
鼻気管炎・
FVR
23.4%
0.3%
0.1%
0
1
2
0.9%
0.6%
3
4
5
6
腎臓病 罹患率 年齢推移
7
8
9
10(歳)
*図1∼4、表1:2008年2月1日∼2009年3月31日
間
損保 「
健保」 契約
開始
0∼10歳 猫20,675頭 対象 集計
011
猫統計
歳
6歳以降
、腎臓用療法食
) 比
%
猫伝染性
腹膜炎・FIP
43.3%
3.0
泌尿器疾患
前
感染症・
FCV
皮膚糸状菌症
0.8%
12.5%
症
40.9
Point
他
感染症
16.7%
罹患率
(%)
1.5
現
理由
確認
見守
十分
2.0
症状
猫
。
白書2010
、発見
考
腎臓病が多くなり始める年齢
慢性腎臓病
0.6%
、各年齢
症
Interview
等
年齢
比
、異物誤飲
受
家庭
、閉塞
、腎臓病
手術
。
猫 異物誤飲発生率 年齢推移
6
成猫
、猫 手術実施率(表1) 犬 20.8%(0∼10歳 平
5∼ (歳)
4
1頭
差異
考
猫汎白血球
減少症・FPV
0.2%
from JFMS
0.2%
大
感染症
0.6%
海外論文
0.4
再発率
(表 1)。一方
手術実施率
0.4%
必要
猫
臨床
0.4%
促
子猫
Point
Feline Practice
異物誤飲
高
0.6
、新
注意
、0 歳猫
発生率
内分泌
2.4%
内分泌
2.4%
症状
12.4%
症状
12.4%
腫瘍
10.0%
腫瘍
10.0%
猫
主
皮膚
眼
2.9%
1.2%
皮膚
眼
1.2% 2.9%
猫 死亡原因(0∼10歳合計)
(図1)。0歳
発生率
感染症
10.6%
感染症
10.6%
骨盤骨折
飼
。
0.8
高
、3.3 倍
始
、0∼1歳
泌尿器
22.9%
泌尿器
22.9%
Feature Article Part 2
飼
0.9%
比較
年齢別
肝・胆・
膵
肝・胆・
6.5%
膵
6.5%
猫
比
発生率
消化器
15.9%
消化器
15.9%
腫瘍
2歳
1.2
期的
図3-2
呼吸器
5.3%
呼吸器
5.3%
猫
2歳以降
1.3%
1.0
異物誤飲
症状
18.2%
症状
18.2%
感染症
40.9%
感染症
40.9%
猫 死亡原因(0歳)
循環器
8.2%
循環器
8.2%
異物誤飲に
とくに気をつけたい年齢
猫
肝・胆・膵 泌尿器 眼 皮膚 血液
9.1%
4.5% 4.5%
肝・胆・膵
血液
眼 4.5%
泌尿器
皮膚 4.5%
9.1%
4.5% 4.5% 4.5% 4.5%
消化器
9.1%
消化器
9.1%
神経 筋骨格 血液
0.6% 0.6%
0.6%
血液
神経 筋骨格
0.6% 0.6% 0.6%
Point
罹患率
(%)
猫
図3-1
歳
疾患統計データ協力:アニコム ホールディングス
小動物臨床における疾患統計の詳細については
→ アニコム 家庭どうぶつ白書
http://www.anicom-page.com/hakusho/ を参照ください。
図1
呼吸器
4.5%
呼吸器
4.5%
Feature Article Part 1
子猫と高齢 猫
010
手術実施率
0∼1
4
����●
1.4
再発率
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
2 460 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content