close

Enter

Log in using OpenID

キーフィールド

embedDownload
Status Codes
des and Messa
ssages
disclaimer
PERVASIVE SOFTWARE INC. LICENSES THE SOFTWARE AND
DOCUMENTATION PRODUCT TO YOU OR YOUR COMPANY SOLELY
ON AN “AS IS”BASIS AND SOLELY IN ACCORDANCE WITH THE
TERMS AND CONDITIONS OF THE ACCOMPANYING LICENSE
AGREEMENT. PERVASIVE SOFTWARE INC. MAKES NO OTHER
WARRANTIES WHATSOEVER, EITHER EXPRESS OR IMPLIED,
REGARDING THE SOFTWARE OR THE CONTENT OF THE
DOCUMENTATION; PERVASIVE SOFTWARE INC. HEREBY EXPRESSLY
STATES AND YOU OR YOUR COMPANY ACKNOWLEDGES THAT
PERVASIVE SOFTWARE INC. DOES NOT MAKE ANY WARRANTIES,
INCLUDING, FOR EXAMPLE, WITH RESPECT TO MERCHANTABILITY,
TITLE, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE OR ARISING
FROM COURCE OF DEALING OR USAGE OF TRADE, AMONG OTHERS.
trademarks
Btrieve and XQL are registered trademarks of Pervasive Software Inc.
Scalable SQL, MicroKernel Database Engine, MicroKernel Database
Architecture, Navigational Client/Server, Built on Btrieve, Built on Scalable
SQL, Xtrieve PLUS, and Client/Server in a box are trademarks of Pervasive
Software Inc.
Microsoft, MS-DOS, Windows, Windows NT, Win32, Win32s, and Visual
Basic are registered trademarks of Microsoft Corporation.
Windows 95 is a trademark of Microsoft Corporatoin.
NetWare and Novell are registered trademarks of Novell, Inc.
NetWare Loadable Module, NLM, Novell DOS, Transaction Tracking System,
and TTS are trademarks of Novell, Inc.
All company and product names are the trademarks or registered trademarks
of their respective companies.
©Copyright 1996-1998 Pervasive Software Inc. All rights reserved
worldwide.Reproduction, photocopying, or transmittal of this publication,
or portions of this publication, is prohibited without the express prior
written consent of the publisher, unless such reproduction, photocopying,
or transmittal is part of a Derivative Software Product as defined in the
licenses granted in conjunction with the purchase of this publication and
associated software.
This product includes software developed by Powerdog Industries.
© 1994 Powerdog Industries.All rights reserved.
Pervasive Software Inc.
8834 Capital of Texas Highway
Austin, Texas 78759 U.S.A.
Status Codes and Messages
March 1998
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: CREDIT.DOC PAGE: 3 OF 7
LAST SAVED: 98/02/19 21:37 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/03 17:26
目次
本書について
本書の構成........................................................................................................................... viii
表記の規則..............................................................................................................................ix
第 1 章 ステータスコード
-199 から -100 ..................................................................................................................... 1-3
情報ステータスコード........................................................................................ 1-3
0........................................................................................................................................... 1-10
API 正常終了ステータスコード ...................................................................... 1-10
1 から 199........................................................................................................................... 1-11
MicroKernel Database エンジンのステータスコード ..................................... 1-11
200 から 999....................................................................................................................... 1-65
Scalable SQL エンジンのステータスコード ................................................... 1-65
1000 から 1999................................................................................................................. 1-143
Windows、OS/2、および DOS ワークステーションに対する MicroKernel の
ステータスコード............................................................................................ 1-143
2000 から 2099................................................................................................................. 1-148
Btrieve リクエスタのステータスコード ....................................................... 1-148
2100 から 2199................................................................................................................. 1-151
Scalable SQL インタフェースコンポーネントのステータスコード ......... 1-151
2200 から 2299................................................................................................................. 1-157
Scalable SQL のその他のステータスコード ................................................. 1-157
2300 から 2399................................................................................................................. 1-160
データベース名関数のステータスコード.................................................... 1-160
3000 から 3099................................................................................................................. 1-168
MicroKernel ルータのステータスコード ...................................................... 1-168
目次 iii
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M 目次.DOC PAGE: III OF 4
LAST SAVED: 98/03/06 20:10 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 11:57
3100 から 3199................................................................................................................. 1-174
ネットワークサービスレイヤのステータスコード.................................... 1-174
7000 から 7099................................................................................................................. 1-179
ユーザカウントマネージャのステータスコード........................................ 1-179
8000 から 8499................................................................................................................. 1-186
コンポーネント管理のステータスコード.................................................... 1-186
第 2 章 メッセージ
(プレフィックスなし) ........................................................................................................ 2-3
一般的なメッセージ............................................................................................ 2-3
BDROUTER ......................................................................................................................... 2-6
Btrieve リモート通信マネージャのメッセージ ............................................... 2-6
BREQUEST .......................................................................................................................... 2-8
Btrieve リクエスタのメッセージ ....................................................................... 2-8
BREQUTIL ......................................................................................................................... 2-11
リクエスタユーティリティのメッセージ...................................................... 2-11
BROUTER .......................................................................................................................... 2-12
Btrieve メッセージルータのメッセージ ......................................................... 2-12
BSPXCOM.......................................................................................................................... 2-13
Btrieve SPX 通信モジュールのメッセージ..................................................... 2-13
BTCPCOM.......................................................................................................................... 2-16
Btrieve TCP/IP 通信モジュールのメッセージ ................................................ 2-16
BUTIL ................................................................................................................................. 2-21
Btrieve メンテナンスユーティリティのメッセージ ..................................... 2-21
MKDE ................................................................................................................................. 2-32
MicroKernel Database エンジンのメッセージ ................................................. 2-32
NWBSRVCM...................................................................................................................... 2-60
NetWare Btrieve サーバ通信マネージャのメッセージ .................................. 2-60
NWSSRVCM ...................................................................................................................... 2-62
NetWare Scalable SQL サーバ通信マネージャのメッセージ........................ 2-62
SSPXCOM .......................................................................................................................... 2-64
Scalable SQL SPX 通信マネージャのメッセージ........................................... 2-64
iv Status Code and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M 目次.DOC PAGE: IV OF 4
LAST SAVED: 98/03/06 20:10 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 11:57
SSQL ................................................................................................................................... 2-68
Scalable SQL エンジンのメッセージ ............................................................... 2-68
STCPCOM .......................................................................................................................... 2-81
Scalable SQL TCP/IP 通信マネージャのメッセージ ...................................... 2-81
UCINIT ............................................................................................................................... 2-85
ユーザカウント初期化ユーティリティのメッセージ.................................. 2-85
UCMGR .............................................................................................................................. 2-88
ユーザカウントマネージャのメッセージ...................................................... 2-88
UCUTIL .............................................................................................................................. 2-97
ユーザカウントユーティリティのメッセージ.............................................. 2-97
付録 A Btrieve v6.15 以降の変更点
ステータスコード 3 の代替............................................................................... A-1
ステータスコード 20 の代替............................................................................. A-1
ステータスコード 75 の代替............................................................................. A-2
ステータスコード 91 の代替............................................................................. A-2
ステータスコード 95 の代替............................................................................. A-3
ステータスコード 109 の代替........................................................................... A-3
ステータスコード 2003 の代替......................................................................... A-3
索引
目次 v
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M 目次.DOC PAGE: V OF 4
LAST SAVED: 98/03/06 20:10 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 11:57
図表目次
表
表 1-1 ステータスコードの範囲 .................................................................................... 1-1
表 2-1 メッセージグループ ............................................................................................ 2-2
vi Status Code and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M 目次.DOC PAGE: VI OF 4
LAST SAVED: 98/03/06 20:10 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 11:57
本書について
本書では、Scalable SQL リレーショナルデータアクセスシステムまたは
Btrieve ナビゲーショナルデータベース管理システムのコンポーネントを使
用するときに表示される可能性のあるステータスコードとメッセージにつ
いて説明します。それぞれのメッセージまたはコードについて、その説明
または対処方法を示します。
本書で説明するステータスコードとメッセージは使用するプラットフォー
ムや製品に依存しません。このため、現在使用していないユーティリティ、
製品、またはプラットフォームに関する説明が含まれている場合もありま
す。
本書について vii
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_0.DOC PAGE: VII OF 3
LAST SAVED: 98/03/09 12:07 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 12:07
本書の構成
次に、本書を構成する各章の概要を示します。
◆ 第 1 章 ステータスコード
この章では、表示される可能性のあるステータスコードの一覧を示し、
それぞれのステータスコードについて説明します。各コードを示した
後で簡潔な説明を行います。ステータスコードは番号順に配列されて
います。本書でとりあげた一部のステータスコードが、現在使用して
いない環境に対応したエンジンやユーティリティに関連している場合
もあります。ステータスコードは API 呼出しによって返されます。
◆ 第 2 章 メッセージ
この章では、表示される可能性のある番号付きおよび番号なしのテキ
ストメッセージの一覧を示し、それぞれのメッセージについて説明し
ます。メッセージは、それを生成するアプリケーションまたはコン
ポーネントによって分類されています。本書でとりあげた一部のメッ
セージが、現在使用していない環境に対応したエンジンやユーティリ
ティに関連している場合もあります。
◆ 付録 A Btrieve v6.15 以降の変更点
この章では、Btrieve v6.15 以降に変更されたステータスコードの一覧
を示し、追加されたものについては簡潔な説明を行います。
本書の巻末には索引が用意されています。
viii Status Code and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_0.DOC PAGE: VIII OF 3
LAST SAVED: 98/03/09 12:07 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 12:07
表記の規則
特に断らない限り、コマンドの構文とコード例には、次の表記の規則を適
用します。
大文字と小文字 コマンドと予約語は、通常、大文字で表記します。ただ
し、特に断らない限り、これらの項目を実際に入力する
ときは、すべて大文字または小文字で入力するか、ある
いは大文字と小文字を混在させることが可能です。たと
えば、MYPROG、myprog、または Myprog と入力するこ
とができます。
[]
[log_name] のように、角カッコで囲まれた情報は省略可
能な項目を示します。逆に、角カッコで囲まれていない
項目は、必ず指定する必要があります。
|
[filename | @filename] のように、縦棒で区切られた項目
は、その中のいずれかを選択します。
< >
/D=<5|6|7> のように、山カッコで囲まれた情報は、必
ず指定する必要のある項目に対する選択肢を表します。
variable
filename のように、斜体で表記された単語は、実際には適
切な値と置き換える必要のある変数を表します。
...
[parameter . . . ] のように、特定の情報に続く省略記号
(...)は、その情報を繰り返し指定できることを表しま
す。
::=
::= という記号は、ある項目が別の項目によって定義され
ていることを表します。たとえば、a::=b という式は、a
が b によって定義されているという意味です。
本書について ix
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_0.DOC PAGE: IX OF 3
LAST SAVED: 98/03/09 12:07 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 12:07
第 1 章 ステータスコード
第
1
章
この章では、Scalable SQL、Btrieve、またはその他のコンポーネントによっ
て生成されるステータスコードについて説明します。
ステータスコードは番号付きのメッセージ (第 2 章「メッセージ」を参照
してください) とは異なります。メッセージはユーティリティまたは特定
のコ ンポ ーネ ント から エン ドユ ーザ に返 され 、そ の内 容は 一般 にプ レ
フィックスと番号から始まります。たとえば、「MKDE-16: MKDE をロー
ドするにはサーバにメモリが足りません。」などがメッセージです。
ステータスコードは、Btrieve または Scalable SQL API 呼出しを行うアプリ
ケーションに返されます。このときアプリケーションは、ステータスコー
ドをユーザに表示するかどうかを決定します。アプリケーションによって
は、発生した問題を説明するメッセージとともにステータスコードを表示
することもありますが、ステータスコードをどのように表示するかはアプ
リケーション開発者の判断によります。Btrieve と Scalable SQL に付属する
多くのユーティリティでも Btrieve と Scalable SQL の API を使用しています。
このため、ユーティリティ固有のメッセージとともにステータスコードを
返す場合もあります。
メッセージの中にはステータスコードへの参照を含むものもあります。
ステータスコードは番号順に配列されています。表 1-1 に、各コードのタ
イプに対応した番号の範囲を示します。
表 1-1 ステータスコードの範囲
範囲
コードのタイプ
-199 から -100
情報ステータスコード
0
API 正常終了ステータスコード
1 から 199
MicroKernel Database エンジンのステータスコード
200 から 999
Scalable SQL エンジンのステータスコード
ステータスコード 1-1
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 1 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
範囲
コードのタイプ
1000 から 1999
Windows、OS/2、および DOS ワークステーションに対する MicroKernel のステータ
スコード
2000 から 2099
Btrieve リクエスタのステータスコード
2100 から 2199
Scalable SQL インタフェースコンポーネントのステータスコード
2200 から 2299
Scalable SQL のその他のステータスコード
2300 から 2399
データベース名関数のステータスコード
3000 から 3099
MicroKernel ルータのステータスコード
3100 から 3199
ネットワークサービスレイヤのステータスコード
7000 から 7099
ユーザカウントマネージャのステータスコード
8000 から 8499
コンポーネント管理のステータスコード
注意
この章では、現在使用していないユーティリティ、製品、またはプラットフォーム
に関する説明が含まれている場合もあります。
1-2 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 2 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
-199 から -100
情報ステータスコード
ここでは、Scalable SQL から返される可能性のある情報ステータスコード
の一覧を示します。これらのコードは負の数として返されます。
-101: SET ステートメントが完了しました。
次のステートメントが正常に実行されると、このステータスコードが返さ
れます。
SET BINARYNULL
SET BLANK (v3.01 モード)
SET CHAR
SET DATAPATH
SET DDPATH (v3.01 モード)
SET DECIMALNULL
SET DEFAULT
SET ISOLATION
SET MASK
SET OPENMODE
SET OWNER
SET RANGE
SET SECURITY
SET STRINGNULL
SET VALUES
Scalable SQL はリクエストされた変更を行いました。ただし、トランザク
ション中に SET OPENMODE、SET OWNER、または SET ISOLATION ス
テートメントを発行した場合は、新しいトランザクションを開始するまで
変更内容は反映されません。
-102: INSERT ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はテーブルに指定された行を追加しました。
-103: UPDATE ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はテーブルに指定された変更を加えました。
-104: DELETE ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はテーブルから指定された行を削除しました。
ステータスコード 1-3
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 3 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
-105: CREATE ステートメントが完了しました。
次のステートメントが正常に実行されると、このステータスコードが返さ
れます。
CREATE DICTIONARY
CREATE TABLE
CREATE GROUP
CREATE TRIGGER
CREATE INDEX
CREATE VIEW
CREATE PROCEDURE
CREATE DICTIONARY ス テ ー ト メ ン ト を 発 行 し た 場 合 は 、 X$File 、
X$Index、および X$Field システムテーブルが正常に作成されました。その
他のステートメントの場合は、グループ、インデックス、ストアドプロ
シージャ、テーブル、トリガ、またはビューがデータ辞書に正常に追加さ
れました。
-106: ALTER TABLE ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はテーブルの辞書定義に指定された変更を正常に加えました。
IN DICTIONARY キーワードを指定することなく列 (主キーまたは外部キー
を含めて) を変更した場合は、データファイルも変更されています。
-107: DROP ステートメントが完了しました。
次のステートメントが正常に実行されると、このステータスコードが返さ
れます。
DROP DICTIONARY
DROP TABLE
DROP GROUP
DROP TRIGGER
DROP INDEX
DROP VIEW
DROP PROCEDURE
DROP DICTIONARY を指定した場合は、辞書ファイルとすべての関連する
データファイルが削除されました。その他のステートメントの場合は、グ
ループ、インデックス、ストアドプロシージャ、テーブル、トリガ、また
1-4 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 4 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
はビューがデータ辞書から正常に削除されました (テーブルを削除すると、
そのテーブルに対応するデータファイルが削除されます)。
-108: ステートメントに置換されない代替変数があるため実行できません。
現在の SQL ステートメントには代替変数が含まれています。各変数に値を
指定するまでステートメントを実行することはできません。代替変数を許
可するアプリケーションを使用している場合は、アプリケーションに付属
するマニュアルを参照して、そのアプリケーションで代替変数をどのよう
に使用するかを確認してください。Scalable SQL API を使ってステートメン
トを実行するアプリケーションを開発している場合は、次の操作を行いま
す。
1. XQLSubst 関数を使って変数に対する値を指定します。
2. XQLExec 関数を使って代替変数の値を検証し、目的のステートメント
が SELECT でない場合は実行します。
3. 目的のステートメントが SELECT である場合は、XQLFetch 関数を使っ
てデータをフェッチします。
-109: ビューにはこれ以上レコードがありません。
現在の XQLFetch または xFetch オプションコードに基づいたビューの先頭
または末尾に達しました。
-110: GRANT ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はユーザまたはグループに指定されたアクセス権を割当てま
した。
-111: REVOKE ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はユーザまたはグループから指定されたアクセス権を削除し
ました。
ステータスコード 1-5
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 5 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
-112: START TRANSACTION ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はトランザクションを開始しました。これ以降に発行するす
べてのステートメントは、COMMIT WORK または ROLLBACK WORK ス
テートメントを発行するまで、このトランザクションの一部となります。
セーブポイントについては、SAVEPOINT ラベルの明示的な解除または
SAVEPOINT ラベルまでのロールバックを行うか、あるいは内部にセーブ
ポイントがネストされているいずれかの外側のトランザクションの末尾に
達するまで、SAVEPOINT ラベルはそのまま残ります。
-113: COMMIT WORK ステートメントが完了しました。
Scalable SQL は、トランザクションによってデータテーブルに加えられた
変更をコミットしました。ROLLBACK WORK ステートメントを使っても
変更を元に戻すことはできません。RELEASE SAVEPOINT ステートメント
の場合、セーブポイントの宣言以降に加えた変更は個別にロールバックで
きなくなります。これらの変更は、外側のトランザクションの一部として
コミットまたはロールバックするしかありません。
-114: ROLLBACK WORK ステートメントが完了しました。
Scalable SQL はトランザクション中に加えた変更を元に戻しました。ただ
し、トランザクション処理によって影響を受けないオペレーションによる
変更は除きます。トランザクション内で次のオペレーションのいずれかを
実行している場合、Scalable SQL はオペレーションを完了しますが、その
結果をロールバックすることはできません。
◆ 辞書定義を作成または変更するオペレーション。つまり、ALTER
TABLE、CREATE DICTIONARY、CREATE GROUP、CREATE INDEX、
CREATE PROCEDURE、CREATE TABLE、CREATE TRIGGER、およ
び CREATE VIEW ステートメントの結果はロールバックできません。
◆ 辞書定義を削除するオペレーション。つまり、DROP DICTIONARY、
DROP GROUP、DROP INDEX、DROP PROCEDURE、DROP TABLE、
DROP TRIGGER、および DROP VIEW ステートメントの結果はロー
ルバックできません。
1-6 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 6 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ セキュリティ権の割当てまたは削除を行うオペレーション。つまり、
GRANT ( ア ク セ ス 権 ) 、 GRANT CREATETAB 、 GRANT LOGIN 、
REVOKE (アクセス権)、REVOKE CREATETAB、および REVOKE
LOGIN ステートメントの結果はロールバックできません。
ROLLBACK TO SAVEPOINT ステートメントの場合、セーブポイントの宣
言以降に加えた変更がロールバックされます。
-115: Scalable SQL はストアド SQL ステートメントのリコールに成功しました。
このステータスコードは、v3.01 互換モードを使用しているときを除き、
Scalable SQL v4.0 以降では表示されません。
Scalable SQL は XQLCompile ステートメントバッファ内にある指定された
ストアドステートメントを正常にリコールしました。この後は、ストアド
ステートメントを実行することができます。次の操作を行います。
1. XQLExec 関数を使ってステートメントを実行します。
SELECT ステートメントが検出されるかステートメントがなくなるまで、
ストアドステートメント内の各ステートメントが実行されます。
2. Scalable SQL が SELECT ステートメントを検出した場合は、XQLFetch
関数を使ってデータをフェッチします。
3. XQLFetch でデータを取得したら、XQLExec を使ってストアドステート
メントに含まれるステートメントの実行を継続します。
-116: Scalable SQL はストアド SQL ステートメントの実行に成功しました。
このステータスコードは、v3.01 互換モードを使用しているときを除き、
Scalable SQL v4.0 以降では表示されません。Scalable SQL v4.0 以降では、ス
トアドステートメントの代わりにストアドプロシージャが使用されます。
実行をサブミットしたストアドステートメントが実行されました。
-118: DECLARE ステートメントが完了しました。
次のステートメントが正常に実行されると、このステータスコードが返さ
れます。
ステータスコード 1-7
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 7 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
DECLARE CURSOR
DECLARE VARIABLE
DECLARE CONDITION
DECLARE ステートメントを発行した場合は、定義したカーソル、変数、
または条件が正常に作成されました。
-119: SET 代入ステートメントが完了しました。
SET variable = expression ステートメントが正常に実行されると、このス
テータスコードが返されます。
-120: OPEN ステートメントが完了しました。
OPEN CURSOR ステートメントが正常に実行されると、このステータス
コードが返されます。
-121: CLOSE ステートメントが完了しました。
CLOSE CURSOR ステートメントが正常に実行されると、このステータス
コードが返されます。
-122: FETCH ステートメントが完了しました。
FETCH ステートメントが正常に実行されると、このステータスコードが返
されます。
-123: 位置付け UPDATE ステートメントが完了しました。
UPDATE [table_reference] SET set_clause WHERE CURRENT OF ステートメ
ントが正常に実行されると、このステータスコードが返されます。
-124: 位置付け DELETE ステートメントが完了しました。
DELETE [FROM table_reference] WHERE CURRENT OF cursor_name ステー
トメントが正常に実行されると、このステータスコードが返されます。
1-8 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 8 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
-125: ストアドプロシージャの CALL ステートメントが完了しました。
CALL ステートメントが正常に実行されると、このステータスコードが返
されます。このステータスコードはストアドプロシージャに対する正常終
了条件を示します。
ステータスコード 1-9
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 9 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
0
API 正常終了ステータスコード
API 呼出しは次のステータスコードを返します。
0: API は正常に終了しました。
このステータスコードは正常に終了した API 呼出しに対して返されます。
オペレーションが正常に終了しない場合は、ゼロでない正の数のステータ
スコードが返されます。
1-10 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 10 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
1 から 199
第
1
章
MicroKernel Database エンジンのステータスコード
ここでは、MicroKernel が返すステータスコードについて説明します。
1: オペレーションのパラメータが不正です。
MicroKernel のこのバージョンでは、指定した Btrieve オペレーションが存
在しないか、または無効です。
2: I/O エラーが発生しました。
ディスクの読み込みまたは書き込みを行っているときにエラーが発生しま
した。次のいずれかのエラーが発生しています。
◆ ファイルが壊れているため、回復する必要があります。ファイルの回
復については、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
◆ NetWare で、少なくとも 1 つの MicroKernel データファイルに共有フ
ラグが設定されています。すべての MicroKernel データファイルに非
共有フラグを設定してください。MicroKernel はファイルにアクセス
する (多くのユーザに代わって) 唯一のユーザです。唯一のユーザと
して、MicroKernel はデータファイルの整合性を制御することができ
ます。MicroKernel のデータファイルに共有フラグを設定していると、
データの破壊が発生する場合があります。
◆ v6.0 より前のデータファイルで、トランザクション内に大きなプリイ
メージファイルが存在し、このプリイメージファイルを書き込むため
の十分なディスクスペースがありません。
◆ v6.0 より前のデータファイルで、複数のデータファイルに対する 1 つ
のプリイメージファイルが存在します。たとえば、データファイルに
CUSTOMER.ONE、CUSTOMER.TWO という名前を付けると、これら
両方のファイルは CUSTOMER.PRE という名前のプリイメージファイ
ルを持つことになります。
◆ 768 MB を超える v6.0 より前のデータファイルで、ロッキングメカニ
ズムに矛盾が発生しています。ただし、ファイルは壊れていません。
ステータスコード 1-11
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 11 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
矛盾が解消するまで (つまり、実行中のアプリケーションが必要とす
るロックを競合するアプリケーションが解除するまで)、アプリケー
ションはオペレーションを再試行することができます。
◆ v6.0 より前の Btrieve エンジンが v6.x 以降の MicroKernel ファイルを
オープンしようとしました。
3: ファイルがオープンされていません。
ファイルがオープンされていないためオペレーションを実行できません。
MicroKernel が何らかのオペレーションを処理する前に、アプリケーション
は Open オペレーションを正常に実行しておく必要があります。アプリ
ケーションがファイルに対する無効なポジションブロックを渡したり、
ファイルをオープンするときに使用したクライアント ID とは異なるクライ
アント ID を含むポジションブロックを渡した場合にも、このステータス
コードが返されます。
4: キー値が見つかりません。
MicroKernel はインデックスパス内で指定されたキー値を見つけることがで
きません。Update または Delete オぺレーションの実行時に、このステータ
スコードが返されたときは、通常、ファイルが壊れていて、作成し直す必
要があることを示します。キーが壊れていて、このステータスコードが返
されることもあります。壊れているキーを削除し、もう一度追加してくだ
さい。また、v6.x より前のサーバエンジンでは、2 つの別のファイルが異
なる ACS を使用していて、これらの ACS が同じ名前を持つ場合にも、こ
のステータスコードが返されます。使用しているバージョンに関係なく、
異なる ACS には同じ名前を使用しないでください。
5: レコードのキーフィールドに重複キーがあります。
重複値を許可しないインデックスに対して重複キー値を含むキーフィール
ドがレコードにあるため、MicroKernel はレコードの追加または更新を行う
ことができません。また、既に重複キー値が存在するため、重複キー値を
許可しないインデックスを作成できないときにも、このステータスコード
が返されます。
1-12 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 12 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
v6.0 よ り 前 の MicroKernel の 場 合 、 こ の ス テ ー タ ス コ ー ド は 、
AUTOINCREMENT キーを追加したときに、インデックスを付けるフィー
ルドに複数のゼロが含まれていることを示します。
6: キー番号パラメータが不正です。
キー番号パラメータに格納されている値がアクセスするファイルに対して
有効ではありません。キー番号はそのファイルで定義されているいずれか
のキーに対応している必要があります。有効なキー番号は 0 ∼ 118 です。
7: キー番号が変更されました。
Get Next、Get Next Extended、Get Previous、または Get Previous Extended オ
ペレ ーシ ョン を実 行す る前 にキ ー番 号パ ラメ ータ が変 更さ れま した 。
MicroKernel では前のキー番号を基準とするポジショニング情報を使用する
ため、これらのオペレーションは前のオペレーションと同じキー番号パラ
メータを必要とします。
関連する状況で、アプリケーションが Get オペレーションの直後に Delete
または Update オペレーションを実行するときにも、このステータスコード
が返されます。アプリケーションが Delete または Update オペレーションで
キー番号の値を変更すると (前の Get オペレーションで使用した値から)、
MicroKernel はリクエストされたレコードを削除または更新し、少なくとも
この時点ではこのステータスコードは返されません。しかし、削除または
更新を行った後で最初の Get Next、Get Next Extended、Get Previous、または
Get Previous Extended オペレーションを実行すると、アプリケーションが
Delete または Update オペレーションに渡したキー値と同じキー値を使用し
ても、このステータスコードが返されます。
連続する Get Next、Get Next Extended、Get Previous、または Get Previous
Extended オペレーション (あるいは、前述した Delete または Update オペ
レ ー シ ョ ン で ) の 途 中 で キ ー 番 号 を 変 更 す る 必 要 が あ る 場 合 は 、 Get
Position オペレーションと Get Direct/Record オペレーションを順に実行して、
新しいインデックスパスに対するポジショニングを再度確立します。
ステータスコード 1-13
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 13 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
8: カレントポジションが不正です。
レコードを更新または削除するには、カレントポジションを確立する必要
があります。カレントポジションを確立するには、Get または Step オペ
レーションを実行します。また、アプリケーションがファイルに対する無
効なポジションブロックを渡した場合にも、このステータスコードが返さ
れます。
9: ファイルの終わりに対して操作が行われました。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ オペレーションがファイルの末尾に達したか、ファイルの境界 (ファ
イルの末尾または先頭) を超えて読み込みを行おうとしました。
◆ Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、または
Step Previous Extended オペレーションで、フィルタ条件を満たすレ
コードの数が指定された取得レコードの数より少なく、かつリジェク
トカウントまたはフィルタの制限にまだ達していません。
◆ ファイルをインデックスパスに従って昇順に読み込むとき、
MicroKernel は既にそのインデックスパス内の末尾のレコードを返し
ています。また、ファイルをインデックスパスに従って降順に読み込
むとき、MicroKernel は既にそのインデックスパス内の先頭のレコー
ドを返しています。
◆ Get By Percentage オペレーションを使用するとき、パーセンテージと
して指定した値が大きすぎるか (つまり 10 進数の 10,000 (0x2710) を
超えている)、ファイルにレコードが含まれていません。
10: キーフィールドは変更できません。
Update オペレーションの実行中に、アプリケーションが変更不可能と定義
されているキーフィールドを変更しようとしました。
1-14 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 14 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
11: 指定されたファイル名は不正です。
このステータスコードは、指定したファイル名がファイル名規則に従って
いないか、指定したパス名が無効であることを示しています。ファイル名
またはパス名が現在の環境に対して有効であるかどうか確認してください。
このステータスコードは、MicroKernel のクライアント/サーババージョン
では次のような意味も持ちます。
◆ アプリケーションが .^^^ という拡張子を持つファイルをオープンし
ようとしました。この拡張子は、MicroKernel が Continuous オペレー
ションのときに使用するために予約されています (Continuous オペ
レーションを使用できるのは、サーバエンジンのみです)。
◆ Continuous オペレーションの Begin または End で使用するデータバッ
ファが正しく設定されていません。
◆ 通信リクエスタの [ローカル] および [リクエスタ] オプションがそ
れぞれ誤って [Yes] と [No] に設定されているときに、リモート
ファイルにアクセスしようとしました。この問題を解決するには、
セットアップユーティリティを起動して、[リクエスタ] の設定を
[Yes] に変更します。セットアップユーティリティの詳細については、
『Btrieve User's Guide』を参照してください。
12: 指定されたファイルが見つかりません。
キーバッファパラメータをチェックし、パス名がブランクまたはバイナリ
ゼロで終端していることを確認します。また、ファイルが存在することも
確認します。サーバ上のファイルにアクセスするときは、そのファイルが
保存されているディレクトリに対する FILE SCAN (ファイル検索) 権を
持っていることを確認します。ときおり、キーが壊れていて、このステー
タスコードが返されることもあります。壊れているキーを削除し、もう一
度追加してください。
13: ファイルの拡張部分が見つかりません。
MicroKernel は、アプリケーションがオープンしようとした拡張ファイルの
エクステンションファ イルをオープンできま せんでした。 v7.0 以降 の
MicroKernel の場合、拡張ファイルは、ベースファイルと最大 15 個までの
エクステンションファイルから構成されます。エクステンションファイル
ステータスコード 1-15
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 15 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
は、ベースファイルと同じボリュームおよびディレクトリに保存されてい
る必要があります。エクステンションファイルの削除、移動、または名前
の変更を行っているときに、このステータスコードが返されます。
v6.0 より前の MicroKernel の場合、エクステンションファイルは、それが
作成されたときに指定された論理ディスクドライブにロードする必要があ
ります。拡張ファイルにアクセスするには、ベースファイルとそのエクス
テンションファイルがオンラインでなければなりません。
14: プリイメージファイルを作成またはオープンできません。
プリイメージファイルは、v6.0 より前のデータファイルでのみ使用されま
す。
このステータスコードは、次の 4 つの状況で返されます。
◆ ディスクディレクトリがいっぱいになったため、MicroKernel は新しい
プリイメージファイルを作成することができません。MicroKernel がプ
リイメージファイルを作成できるようにしておく必要があります。
◆ MicroKernel はプリイメージファイルをオープンして、ファイルの整
合性を復元することができません。プリイメージファイルが削除また
は破壊されると、MicroKernel はファイルの整合性を復元できなくな
ります。壊れたデータを回復する方法については、『Btrieve User's
Guide』を参照してください。
◆ MicroKernel を起動したユーザがプリイメージファイルへのアクセス
権を持っていなかったため、ワークステーション MicroKernel はプリ
イメージファイルにハンドルを割当てることができません。
◆ v6.0 以降の MicroKernel が作成するプリイメージファイルのファイル構
造は、v5.x MicroKernel が作成するプリイメージファイルのファイル構
造とは異なります。v5.x フォーマットの .PRE ファイルがあり、v6.0 以
降の MicroKernel を使用している場合は、.PRE ファイルが属するデー
タファイルをオープンしようとすると、このステータスコードが返さ
れます。
1-16 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 16 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
15: プリイメージング中に I/O エラーが発生しました。
プリイメージファイルは、v6.0 より前のデータファイルでのみ使用されま
す。
このステータスコードは、ディスクがいっぱいであるか、プリイメージ
ファイルが壊れていることを示しています。このステータスコードが返さ
れた場合は、次の操作を行います。
◆ プリイメージファイルが壊れている場合は、データファイルの整合性
は保証されません。壊れたファイルを回復する方法については、
『Btrieve User's Guide』を参照してください。
◆ ディスクがいっぱいである場合は、必要のないファイルを消去します。
16: 拡張エラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では表示されません。
ファイルサイズを拡張する前にディレクトリ構造をディスクに書き込もう
としてエラーが発生すると、このステータスコードが返されます。
MicroKernel がファイルをクローズできないか、新しいページはファイルに
追加されましたが、MicroKernel はファイルをクローズして再オープンし、
ディレクトリ構造を更新することができません。ディスクのハードウェア
に障害が発生していないかどうかチェックしてください。
17: クローズエラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では表示されません。
ファイルをクローズする前にディレクトリ構造をディスクに書き込もうと
してエラーが発生すると、このステータスコードが返されます。
MicroKernel がファイルをクローズできないか、新しいページはファイルに
追加されましたが、MicroKernel はファイルをクローズして再オープンし、
ディレクトリ構造を更新することができません。ディスクのハードウェア
に障害が発生していないかどうかチェックしてください。アプリケーショ
ンがファイルに対する無効なポジションブロックを渡した場合にも、この
ステータスコードが返されます。
ステータスコード 1-17
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 17 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
18: ディスクが一杯です。
このステータスコードは、次の状況で返されます。
◆ ディスクがいっぱいで、MicroKernel は追加するレコードを格納するた
めにファイルを拡張することができません。不要なファイルを消去し
てください。v6.0 より前の MicroKernel を使用している場合は、ファイ
ルを拡張して、追加のディスクスペースを得ることができます。
◆ データファイルに新しいページを追加するための十分なスペースがあ
りません。
◆ プリイメージファイルが使用可能なディスクスペースを使いきってし
まいました。ファイルが v6.0 より前のフォーマットで、トランザク
ションが継続していると、プリイメージファイルのサイズは増加し続
けます。このステータスコードが表示された場合は、トランザクショ
ン内のオペレーション数を少なくするか、使用可能なディスクスペー
スを拡張してください。
◆ NetWare サーバ上にあるファイルで、このファイルに割当てられている
NetWare の所有者名が有効ではなく、アプリケーションがこのファイル
にレコードの挿入または更新を行い、結果的にファイルを拡張しよう
としました。この場合、使用可能なディスクスペースに関係なく、
MicroKernel がファイルにページを追加する必要があるときに、このス
テータスコードが返されます。所有者名をチェックするには、NetWare
の NDIR ユーティリティを使用します。所有者名を追加するには、
FILER (NetWare のテキストユーティリティ)、または対話型ユーティリ
ティの NetWare Administrator を使用します。
◆ 一部の環境では、各ユーザが使用可能なディスクスペースを制限する
ことができます。このステータスコードは、アプリケーションがデー
タファイルの拡張を試みた結果、そのファイルの所有者に割当てられ
ているディスクスペースの制限を超えたことを示しています。
◆ ディスクフルエラーが発生した後で適切にクローズされていないファ
イルを読み込んだり、変更したりしようとしました。ディスクフルエ
ラーが発生した時点でそのファイルを使用していたアプリケーション
が正常にファイルをクローズしているかどうかを確認してください。
1-18 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 18 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
19: 修復不可能なエラーが発生しました。
ファイルの整合性を確保するには、『Btrieve User's Guide』で説明されてい
る方法に従ってファイルの回復を行います。
20: MicroKernel または Btrieve リクエスタが実行されていません。
IPX/SPX または TCP/IP プロトコルがワークステーションに適切にインス
トールされていることを確認してください。
ネットワーク上にある 2 つのワークステーションが同一の内部ネットワー
ク番号を持っていないことを確認してください。
DOS および NetWare 環境では、リクエストを生成する前に、MicroKernel
と Btrieve リクエスタ (必要な場合は) をロードしておく必要があります。
また、NetWare では、適切な通信モジュールがサーバにロードされている
ことを確認します。
クライアント/サーバ環境でアプリケーションを実行していて、ローカルド
ライブ上にあるファイルにアクセスする必要がある場合は、ローカルアク
セスとサーバアクセスの両方がオンになっていて、ローカル MicroKernel
が使用可能になっていることを確認します。
Windows および Windows NT 環境のデフォルトの設定で、セットアップ
ユーティリティは [ローカルエンジンの使用] オプションをオンにします。
ワークステーションエンジンではなく、クライアント/サーバ MicroKernel
エンジンにアクセスするには、[ローカル] オプションをオフにし、[サー
バ] オプションをオンにします。
また、Windows 環境では、Btrieve for Windows の DLL と MicroKernel の実
行ファイルが PATH 環境変数で指定されたパスまたは Windows の Syetem
デ ィ レ ク ト リ に あ る こ と を 確 認 し ま す 。 WBTICOMM.DLL ま た は
WBTRCALL.DLL の複数のコピーが同じワークステーションにインストー
ルされていないことも確認します。
Windows NT サーバ環境では、リクエストを生成する前に MicroKernel を起
動しておく必要があります。Windows NT の DLL が PATH 環境変数で指定
されたパスにあることを確認します。また、適切な通信モジュールがサー
バにロードされていることを確認します。
ステータスコード 1-19
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 19 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
OS/2 環境では、必要な DLL が LIBPATH ディレクトリに保存されているこ
とを確認します。
21: キーバッファパラメータが短すぎます。
キーバッファパラメータの長さが十分でないため、リクエストされたイン
デックスパスのキーフィールドを格納することができません。キーバッ
ファの長さがキー番号パラメータで指定したキーの定義された長さに等し
いことを確認してください。
22: データバッファパラメータが短すぎます。
アプリケーションによって指定されたデータバッファパラメータの長さが
十分でないため、Insert または Update オペレーションの対象となる可変長
レコードの最小の長さ、あるいは Get または Step オペレーションの対象と
なるレコード全体の長さを格納できません。また、データバッファの長さ
が十分でないため、Create、Create Index、Stat、Get By Percentage、Find
Percentage、または Version などのオペレーションで必要とされるデータの
長さを格納できない場合もあります。
◆ Get または Step オペレーションでは、MicroKernel はできるだけ多く
のデータを返し、レコード全体を返すことができないことを示すこの
ステータスコードを返します。
◆ Insert オペレーションでは、データバッファがレコードの固定長部分
よりも短い場合、レコードは挿入されません。
◆ Update オペレーションでは、データバッファが短すぎてレコードの
固定長部分を格納できない場合、レコードは更新されません。
◆ Create、Stat、および Create Index オペレーションでは、データバッファ
の長さが十分でないため、ファイルスペック、キースペック、および
ACS 定義 (指定されている場合) をすべて格納することができません。
◆ Get By Percentage または Find Percentage オペレーションでは、データ
バッファの長さが 4 バイト未満になっています。
◆ Version オペレーションでは、データバッファの長さが 5 バイト未満
になっています。
1-20 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 20 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
ファイルが可変長レコードを許可する場合、Get または Step オペレーショ
ンの実行時にこのステータスコードが返されたときはファイルが壊れてい
ます。このようにファイルが壊れている場合は、Get または Step オペレー
ションを使って他のレコードを読み込もうとすると、ステータスコード 54
が返されます。『Btrieve User's Guide』の説明に従ってファイルを回復して
ください。
23: ポジションブロックパラメータの長さが 128 バイトではありません。
このステータスコードは、v6.0 以降の Btrieve 言語インタフェースでは使用
されません。
24: ページサイズまたはデータバッファサイズが不正です。
このステータスコードは、次のいずれかの状況で返されます。
◆ ファイルを作成するときに指定したページサイズが無効です。ページ
サイズは 512 バイトの倍数で、4096 バイト以下でなければなりません。
◆ Create オペレーションを実行するとき、MicroKernel が最初にチェッ
クするファイルスペックはページサイズです。この時点で返されるス
テータスコード 24 はデータバッファパラメータが無効であることを
示しています。
v6.1 より前の MicroKernel では、Open オペレーションがこのステータス
コードを返すことがあります。この場合、ファイルのページサイズが [最
大ページサイズ] 環境設定オプションの値を超えているため、MicroKernel
ではファイルをオープンすることができません。ファイルを正常にオープ
ンするには、[最大ページサイズ] 環境設定オプションの設定値を大きくし、
そ の 後 で MicroKernel を 再 ロ ー ド す る 必 要 が あ り ま す 。 v6.1 以 降 の
MicroKernel では、Open オペレーションがこのステータスコードを返すこ
とはありません。
25: 指定されたファイルを作成できません。
このステータスコードは、アプリケーションがデータファイルを作成しよ
うとしたときに、ディスクディレクトリまたはディスクそのものがいっぱ
いである場合に返されます。アプリケーションが既存のファイルと同じ名
ステータスコード 1-21
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 21 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
前でファイルを作成しようとした場合は、既存のファイルがオープンして
いるか、オペレーティングシステムが何らかの理由で (たとえば NetWare
でファイルにトランザクショナルというフラグが設定されているため) こ
のオペレーションを拒否するときに、このステータスコードが返されます。
v6.0 より前の MicroKernel では、NET.CFG または SHELL.CFG ファイルの
HOLD パラメータが ON に設定されていて、アプリケーションがネット
ワークドライブ上にデータファイルを作成しようとした場合にも、このス
テータスコードが返されることがあります (デフォルトで HOLD パラメー
タは OFF に設定されています)。なお、HOLD パラメータの設定値に関係
なく、ローカルドライブ上には正常にデータファイルを作成することがで
きます。
26: 指定されたキーのセグメント数が不正です。
ページサイズに対して指定されたキーの数が無効です。キーセグメントの
数は次の制限に従う必要があります。
ページサイズ
キーセグメントの
512
8
1024
1536
2048
2560
3072
3584
4096
23
24
54
54
54
54
119
最大数
MicroKernel が v5.x フォーマットのファイルを作成するように環境設定さ
れている場合、512 バイトのページサイズを使用するファイルでは、キー
セグメントの最大数は 8 になり、その他すべての v5.x ファイルに対する
キーセグメントの最大数は 24 になります。
27: キーポジションが不正です。
指定されたキーフィールドのポジションが 1 より小さいか、ファイルに対
して定義されているレコード長を超えています。キーのポジションがレ
コード長より大きいか、キーのポジションにキー長を加えた値がレコード
長を上回っています。
1-22 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 22 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
28: レコード長が不正です。
指定されたレコード長 (レコード長に、重複、レコード使用カウント、可
変レコードポインタ、キーポインタ、およびブランクトランケーション情
報のためのオーバーヘッドを加えた長さ) は、ページサイズから 6 バイト
を引いた値以下であり、かつ 6 バイト以上の長さでなければなりません。
キーオンリーファイルの場合、レコードの最大長は 253 バイト (v6.0 より
前のファイルでは 255 バイト) です。
29: キー長が不正です。
指定されたキー長は 0 より大きく、255 バイト以下でなければなりません。
キータイプにより暗黙に長さが決定される場合 (たとえば、整数型のキー
の長さは偶数でなければなりません)、キーセグメントの長さはそのキータ
イプに一致している必要があります。ファイル内の各キーページは少なく
とも 8 つのキーを保持できる大きさでなければなりません。ページサイズ
が小さすぎて指定されたキー長を 8 つ格納できない場合は (オーバーヘッ
ドを加えて)、ファイルのページサイズを大きくするか、キー長を短くしま
す。
30: 指定されたファイルは MicroKernel ファイルではありません。
このファイルは MicroKernel が作成したものではないか、v3.x より前の
MicroKernel が作成したものです。また、新しいバージョンで作成された
ファイルをオープンしようとして、そのファイルのフォーマットが以前の
バージョンと互換性がないと、以前のバージョンの Btrieve からこのステー
タスコードが返されることがあります。このステータスコードは、ファイ
ルの先頭ページが壊れていることを示している場合もあります。この場合
は、データファイルのバックアップコピーを使用します。このステータス
コードが返され、ソースファイルのヘッダページが壊れている可能性があ
る場合は、『Btrieve User's Guide』の説明に従ってファイルを回復してくだ
さい。
ステータスコード 1-23
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 23 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
31: ファイルは既に拡張されています。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
このステータスコードは、アプリケーションが既に拡張されているファイ
ルを再度拡張しようとしたときに返されます。ファイルは 1 度しか拡張で
きません。
32: ファイルを拡張できません。
このステータスコードは、アプリケーションにオペレーティングシステム
のファイルサイズの制限を超えようとしているファイルを収容するための
エクステンションファイルを作成する必要があり、MicroKernel が新しいエ
クステンションファイルを作成してオープンしようとしたときにオペレー
ティングシステムのエラーが発生すると、このステータスコードが返され
ます。このステータスコードが返される原因としては、ディレクトリが
いっぱいである、ディスクがいっぱいである、あるいはディスクへの書き
込みが禁止されている、といったことが考えられます。
33: MicroKernel はアンロードできません。
DOS 環境で、次のいずれかの原因によりこのステータスコードが返されま
す。
◆ MicroKernel をロードした後で、別の常駐終了型 (TSR) プログラムを
ロードしているときに、MicroKernel をアンロードしようとしました。
MicroKernel をアンロードする前に、他の TSR をアンロードしてくだ
さい。
◆ DOS/4G エクステンダとの BSTUB インタフェースを使用する 32 ビッ
トアプリケーションから MicroKernel をアンロードしようとしました。
34: 拡張部分に指定された名前が不正です。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
このステータスコードは、アプリケーションが拡張部に無効なファイル名
を指定したときに返されます。ファイル名が有効であるかどうかチェック
してください。
1-24 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 24 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
35: ディレクトリエラーが発生しました。
Get Directory オペレーションで存在しないドライブを指定しているか、Set
Directory オペレーションで無効なパス名を指定しています。ドライブとパ
ス名が有効であることをチェックしてください。
36: トランザクションエラーが発生しました。
v7.0 以降の MicroKernel では、Scalable SQL があまりにも多くのトランザク
ションネストレベルを定義している場合に、このステータスコードが返さ
れます。v7.0 MicroKernel で各トランザクションに許可されている内部ネス
トレベルの総数は 255 です。ただし、Scalable SQL v4.0 はこれらのレベル
の一部を内部的に使って、INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメ
ントを実行するときにアトミシティを保証します。その結果、1 つのセッ
ションでは 253 個以下のセーブポイントを有効に定義して、同時にアク
ティブにすることができます。この値は、追加の INSERT、UPDATE、ま
たは DELETE ステートメントを含むトリガによってさらに小さくなる場合
もあります。オペレーションがこの制限に達した場合は、セーブポイント
の数、またはその内部に含まれるアトミックステートメントの数を少なく
する必要があります。
v6.x MicroKernel では、MicroKernel がトランザクションを許可するように
環境設定されていないのに、Begin Transaction オペレーションを実行しよう
とすると、このステータスコードが返されます。セットアップユーティリ
ティを使って、[トランザクション数] 環境設定オプションにより大きな設
定値を指定します。MicroKernel をいったん停止した後で再起動すると、変
更内容は有効になります。
◆ ワークステーション MicroKernel とクライアント/サーバ MicroKernel
にアクセスする Btrieve リクエスタの両方を実行しているワークス
テーションでは、ワークステーション MicroKernel とクライアント/
サーバ MicroKernel の両方がトランザクションを許可するように環境
設定されていることを確認してください。
◆ クライアント/サーバ環境では、トランザクションに関連するファイ
ルがいずれか 1 つのサーバだけに保存されている場合でも、ワークス
テーションが接続されている MicroKernel を実行しているすべての
ステータスコード 1-25
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 25 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
サーバはトランザクションを許可するように環境設定されている必要
があります。
37: 別のトランザクションが実行中です。
同じユーザまたはタスクによって別のトランザクションが実行されている
ときに、アプリケーションが Begin Transaction (19 または 1019) オペレー
ションを発行しました。アクティブなトランザクションがネストされてい
るかどうかは問題になりません。このステータスコードは、アプリケー
ション内でネストされているトランザクションに問題が発生したことを示
している場合もあります。
38: トランザクション制御ファイル I/O エラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v7.0 以降では使用されません。この
ステータスコードが返される原因としては、ディスクがいっぱいである、
ディスクへの書き込みが禁止されている、MicroKernel をロードしたときに
作成されるトランザクション制御ファイル (BTRIEVE.TRN) が削除されて
いる、トランザクション制御ファイルに読み込み専用フラグが設定されて
いる、トランザクション制御ファイルが壊れている、といったことが考え
られます。
39: End Transaction または Abort Transaction を実行する前に、Begin Transaction オ
ペレーションを実行する必要があります。
アプリケーションは、対応する Begin Transaction (19 または 1019) あるいは
Begin Nested Transaction (2019 または 3019) オペレーションがないのに、
End Transaction (20)、End Nested Transaction (2020)、Abort Transaction (21)、
または Abort Nested Transaction (2021) オペレーションを発行しました。プ
ログラム内の各 End Transaction または Abort Transaction オペレーションが
正常に終了した Begin Transaction オペレーションの後で実行されているこ
とを確認してください。
1-26 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 26 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
40: ファイルアクセス要求が許容されるファイルの最大数を超えました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
アプリケーションがトランザクション内で許可されている最大ファイル数
を超える数のファイルにアクセスしようとしました。論理トランザクショ
ン中にアクセスできるファイルの最大数は、MicroKernel を環境設定すると
きに設定します。
41: 実行しようとした操作は許可されていません。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ アプリケーションがこの時点では許可されていないオペレーションを
実行しようとしました。MicroKernel は、特定の動作条件のもとでは、
一部のオペレーションの実行を許可しません。たとえば、アプリケー
ションがキーオンリーファイルを対象に Step オペレーションを実行
しようとすると、このステータスコードが返されます。
◆ サ ー バ エ ン ジ ン を 使 用 し て い る 場 合 は 、 MicroKernel が 呼 出 し た
Continuous オペレーションのキー番号パラメータが無効です。
また、特定のオペレーションがファイルまたはパフォーマンスに過度な影
響を及ぼす場合、MicroKernel はトランザクションの中でそれらのオペレー
ションの実行を禁止します。このようなオペレーションとしては、 Set
Owner、Clear Owner、Create Index、Drop Index、および Close (トランザク
ション中で更新されたファイルの場合) があります。
42: 以前にアクセラレイティドモードでオープンされたファイルがクローズされていま
せんでした。
このステータスコードは MicroKernel ve6.0 以降では使用されません。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ アプリケーションが、それまでに v5.x MicroKernel によってアクセラ
レイティドモードでアクセスされ、正常にクローズされなかった v5.x
データファイルをオープンしようとしたか、v6.0 以降の MicroKernel
で Set Owner または Clear Owner オペレーションの実行中に修復不可
ステータスコード 1-27
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 27 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
能なエラーが発生したファイルをオープンしようとしました。この
ファイルの整合性は保証されません。壊れたファイルの回復について
は、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
◆ ア プ リ ケ ー シ ョ ン が v5.x MicroKernel を 使 っ た MicroKernel v5.x
フォーマットのファイルをオープンしようとしました。しかし、この
ファイルはそれ以前に v6.0 以降の MicroKernel によってアクセスされ
たときに正常にクローズされなかったため、ディスク上にプリイメー
ジファイルが残されています。v5.x MicroKernel は v6.0 またはそれ以
降のフォーマットで作成されたプリイメージファイルを読み込むこと
ができません。
43: 指定されたレコードアドレスは不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Get Direct/Record オペレーションで指定されたレコードアドレスが無
効です。このアドレスはファイルの境界の外にあるか、データページ
内のレコード上にありません。あるいは、指定されたアドレスのレ
コードが削除されています。Get Direct オペレーションには、Get
Position オペレーションで取得した 4 バイトのアドレスを指定します。
◆ レコードのファイルが v5.x フォーマットである場合、このステータ
スコードはファイルアクセスに矛盾が発生していることを示している
ことがあります。たとえば、タスク 1 が排他トランザクション内で
ファイルをロックしているとします。このときタスク 2 が同じファイ
ルからレコードを読み込み、そのトランザクションで挿入されたレ
コードを更新しようとしたとします。タスク 2 がレコードを読み込み、
その後でタスク 1 がトランザクションを中止すると、タスク 2 は
Update オペレーションを発行した時点で、このステータスコードを
受け取ります。
◆ ファイル内のレコードの物理ロケーションに基づいてパーセンテージ
をシークする Find Percentage オペレーションの場合は、指定したレ
コードアドレスが無効です。
◆ ファイルが壊れている可能性があり、そのときには回復する必要があ
ります。壊れたファイルを回復する方法については、『Btrieve User's
Guide』を参照してください。
1-28 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 28 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
44: 指定されたキーのインデックスは不正です。
アプリケーションが Get Direct/Record オペレーションを使って、対応する
レコードの中でヌル値を持つキーのインデックスパス上のポジションを確
立しようとしました。しかし、MicroKernel ではヌルキー値に基づいてポジ
ションを確立することはできません。v6.x より前の MicroKernel では、こ
の状況でステータスコード 82 が返されていました。このため、これら 2 つ
のステータスコードを両方チェックするアプリケーションを開発する必要
があります。
45: 指定されたキー属性は不正です。
Create オペレーションに対するキーフラグの指定が矛盾しています。キー
が複数のセグメントを持つ場合、重複、変更可能、およびヌル属性がキー
内の各セグメントで共通している必要があります。また、キーオンリー
ファイルでヌルキーまたはマニュアルキーを使用することはできません。
セグメントキーの複数のセグメントに対して異なる ACS を指定しようとす
ると、このステータスコードが返されます。
46: 要求されたファイルへのアクセスは拒否されました。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ アプリケーションがリードオンリーモードでファイルをオープンし、そ
のファイルを対象に書き込みオペレーションを実行しようとしました。
◆ アプリケーションがオペレーティングシステムによって読み込み専用
フラグが設定されているファイルを対象に書き込みオペレーションを
実行しようとしました。
◆ アプリケーションがファイルをオープンしたとき、更新に必要とされ
るオーナネームを正しく指定しませんでした。
◆ (ワークステーションのみ) ユーザまたはタスクが、サーバ
MicroKernel を使って別のユーザが既にオープンしているファイルを
オープンする場合、ワークステーションがファイルへの書き込みを行
おうとすると、このステータスコードが返されます。
ステータスコード 1-29
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 29 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
47: オープンしているファイル数が許容される最大数を超えました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
v6.0 より前の MicroKernel では、アクセラレイティドモードでオープンさ
れたファイルの数が MicroKernel のキャッシュで使用可能なバッファの数
を超えると、このステータスコードが返されます。アクセラレイティド
モードでファイルをオープンすると、MicroKernel はキャッシュバッファの
いずれか 1 つをそのファイルのために確保します。また、インデックスを
操作するために常に 5 つの空のバッファが確保されます。Btrieve を環境設
定し、/P 環境設定オプションにはより小さな値を設定し (より多くのバッ
ファが割当てられます)、/M 環境設定オプションにより大きな値を設定し
ます。
48: オルタネートコレーティングシーケンス定義が不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ ACS 定義の先頭バイト (識別バイト) に 16 進値の AC (ユーザ定義
ACS) または AD (ロケール固有の ACS) が含まれていません。先頭バ
イトが適切な値が含まれていることを確認してください。
◆ v6.0 より前の MicroKernel を実行していて、ロケール固有の ACS を含
むインデックスを v5.x フォーマットのファイルに追加しようとしま
した。v6.0 より前のファイルでは、ロケール固有の ACS はサポート
されていません。
◆ [作成ファイルのバージョン] 環境設定オプションを v5.x に設定した、
v6.0 以降の MicroKernel を実行してい、ロケール固有の ACS を使った
キーを含むファイルを作成しようとしました。v6.0 より前のファイル
では、ロケール固有の ACS はサポートされていません。
49: 拡張キータイプが不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ 無効な拡張キータイプを持つファイルまたはインデックスを作成しよ
うとしました。または、BINARY キーまたは BINARY キーセグメン
1-30 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 30 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
トに ACS を割当てようとしました。ACS を割当てることができるの
は、STRING、LSTRING、または ZSTRING キータイプのみです。
◆ ACS を必要とするインデックスを定義しましたが、ACS 定義が存在
しません (ファイル内にも、データバッファに渡されたキー定義内に
も)。
◆ 大小文字を区別せず ACS を使用するキーセグメントを作成しようと
しましたが、MicroKernel は v5.x フォーマットのファイルを作成する
ように環境設定されています。v5.x ファイルの場合、これら 2 つのフ
ラグの組み合わせは無効です。
◆ 複数の ACS を含むファイルを作成しようとしましたが、v6.1 より前
の MicroKernel を実行しています。複数の ACS をサポートできるのは、
v6.1 以降の MicroKernel のみです。
◆ [作成ファイルのバージョン] 環境設定オプションを v5.x に設定した
v6.x 以 降 の MicroKernel を 実 行 し て い て 、 NUMERICSA ま た は
NUMERICSTS キーを含むファイルを作成しようとしました。v6.0 よ
り前のファイルでは、これらのキータイプはサポートされていません。
◆ デフォルトのファイル作成フォーマットを v6.x に設定していますが、
CURRENCY など、Scalable SQL v4.0 の新しいデータ型のいずれかを
使用しています。
50: ファイルのオーナは既に設定されています。
アプリケーションが既にオーナネームを持つファイルを対象に Set Owner
オペレーションを実行しようとしました。新しいオーナネームを指定する
前に、Clear Owner オペレーションを使って前のオーナネームを削除してく
ださい。
51: オーナネームが不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Set Owner オペレーションからこのステータスコードが返される場合
は、キーバッファとデータバッファで指定したオーナネームが一致し
ていません。
ステータスコード 1-31
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 31 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ Open オペレーションまたは DROP TABLE ステートメントの実行中に
このステータスコードが返された場合は、アプリケーションがオーナ
ネームを割当てられているファイルをオープンしようとしています。
アプリケーションはデータバッファに正しいオーナネームを指定する
必要があります。データバッファ内のオーナネームがヌルで終端して
いることと、データバッファの長さがオーナネームとヌル終端文字を
格納するのに十分な長さであることを確認してください。
◆ Continuous オペレーションモードでファイルを削除しようとしたとき
にこのステータスコードが返される場合は、呼出し元アプリケーショ
ンのクライアント ID と、ファイルを最初に Continuous オペレーショ
ンモードに置いたアプリケーションのクライアント ID が一致してい
ません (v7.0 以降の MicroKernel では、この状況でステータスコード
88 が返されます)。
52: キャッシュの I/O エラーです。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
キャッシュバッファを使用可能な状態にしようとしているとき、
MicroKernel がそれ以前にアクセラレイティドモードでオープンされたファ
イルのデータをディスクに書き込もうとしました。書き込みを行うと、オ
ペレーティングシステムから I/O エラーが返されます。このステータス
コードは一般に、ハードウェアメモリに問題があることを示してします。
操作を続ける前に、Btrieve のアンロードと再ロードを行ってください。
53: 言語インタフェースのバージョンが不正です。
アプリケーションが、Btrieve v3.15 以前の言語インタフェースを使って、
可変長レコードを含むファイルにアクセスしようとしました。可変長レ
コードを含むファイルにアクセスするには、v4.x 以降のインタフェースを
使用する必要があります。また、アプリケーションが DOS インタフェース
を介し、v6.0 より前の MicroKernel を使って BTRVID を呼出したときにも、
こ の ス テ ー タ ス コ ー ド が 返 さ れ ま す 。 v6.0 よ り 前 の MicroKernel で は
BTRVID はサポートされていません。
1-32 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 32 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
54: レコードの可変長部分が破損しています。
Get または Set オペレーションの実行中に、MicroKernel はレコードの可変
長部分の全体または一部を読み込むことができませんでした。MicroKernel
ではできるだけ多くのデータをアプリケーションに返します。通常、この
ステータスコードは、可変長レコードの格納に使用される 1 つまたは複数
のページが壊れていることを示しています。MicroKernel が返すデータバッ
ファ長をチェックして、どれだけのレコードが返されているかを確認して
ください。壊れたファイルの回復については、『Btrieve User's Guide』を参
照してください。
55: アプリケーションが AUTOINCREMENT キーに不正な属性を設定しました。
アプリケーションが AUTOINCREMENT キータイプにセグメント属性また
は重 複 値 属 性 の い ず れ か を 指 定 し よ う と し ま し た 。AUTOINCREMENT
キーがセグメントキーの一部になるのは、AUTOINCREMENT キーのキー
番号 がセ グメ ント キー のキ ー番 号よ りも 小さ い場 合の みで す。 また 、
AUTOINCREMENT キーでは重複値は許可されません。
56: インデックスが不完全です。
Create Index オペレーション (31) または Drop Index オペレーション (32)
の実行を完了する前にその実行が中断されると、インデックスが壊れる可
能性があります。Drop Index オペレーションを実行して、壊れたインデッ
クスをファイルから完全に削除した後、Create Index オペレーションを使っ
てインデックスを再構築してください。
57: 拡張メモリエラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
Btrieve for DOS では、拡張メモリマネージャからエラーを受け取った場合
にこのステータスコードが返されます。通常、このステータスコードは
MicroKernel がメモリマッピングレジスタのコンテキストを保存または復元
できないことを意味し、拡張メモリを使用する別のアプリケーションとの
互換性に問題があることを示しています。
ステータスコード 1-33
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 33 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
58: 圧縮バッファ長が短すぎます。
アプリケーションが圧縮バッファのサイズとして指定された値より長いレ
コードの読み書きを行おうとしました。セットアップユーティリティを
使って MicroKernel の環境設定を行い、[最大圧縮レコードサイズ] オプ
ションの設定値を大きくしてください。
59: 指定されたファイルは既に存在します。
アプリケーションがキー番号パラメータに -1 を指定し、キーバッファパ
ラメータに既存のファイルの名前を指定した場合、実行中の Create オペ
レーションからこのステータスコードが返されます。既存のファイルに上
書きする場合は、キー番号パラメータの -1 を削除します。既存のファイ
ルをそのまま保持する場合は、キーバッファパラメータで指定するファイ
ル名を変更します。
60: 指定されたリジェクトカウントに達しました。
Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、または Step
Previous Extended オペレーションがフィルタ条件を満たしたレコードをリ
クエストされた数だけ見つける前に、MicroKernel がリジェクトカウントに
よって指定された数のレコードをスキップしました。データバッファに返
された先頭の 2 バイトをチェックして、取得されたレコードの数を確認し
てください。
61: 作業領域が小さすぎます。
Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、および Step
Previous Extended オペレーションはバッファをワークスペースとして使用
します。このステータスコードは、ワークスペースのサイズが十分でない
ため (デフォルトで 16KB に設定されています)、フィルタデータバッファ
構造と取得された最長のレコードを格納できないことを示しています。
v6.15.2 以降の MicroKernel を使用しているとき、ワークスペースがフィル
タ条件/抽出指定を格納するのに十分なサイズで、選択または抽出されたす
べてのフィールドを格納するのに十分なサイズであれば、ステータスコー
ド 0 が返されます。
1-34 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 34 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
62: ディスクリプタが不正です。
Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、または Step
Previous Extended オペレーションに渡されるディスクリプタ (データバッ
ファ構造) に誤りがあります。Extended オペレーション呼出しに指定する
ディスクリプタの長さ (データバッファの先頭 2 バイト) はディスクリプ
タの長さと厳密に一致している必要があります。この条件は、必要以上に
長く宣言される可能性のあるデータバッファ長のオプションには適用され
ません。
Stat Extended オペレーションで、データバッファの識別バイトフィールド
が 0x74537845 に設定されていないか、サブファンクションフィールドが
0x00000001 に設定されていません。または、ネームスペースフィールドが
0x00000000 に設定されていません。
Get Direct/Chunk または Update/Chunk オペレーションで、データバッファの
ディスクリプタ構造に誤りがあるか、ディスクリプタ構造が矛盾していま
す (内部的な矛盾またはデータバッファ長の矛盾)。
63: Insert Extended オペレーションで指定されたデータバッファパラメータが不正です。
Insert Extended オペレーションが無効なバッファを指定しています。バッ
ファの長さが 5 バイトより小さいか、指定されたレコード数が 0 です。
バッファの長さまたはレコード数を修正してください。
64: フィルタ条件に達しました。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、または
Step Previous Extended オペレーションの実行中にリジェクトレコード
に達しました。オペレーションが指定された方向に進行する場合、指
定されたフィルタ条件を満たすレコードは存在しません。このステー
タスコードが適用されるのは、キー番号で指定したキーの先頭セグメ
ントがフィルタフィールドの先頭の項として使用される場合だけです。
ステータスコード 1-35
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 35 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ Extended オペレーションのデータバッファで指定した、取得するレ
コードの数がフィルタ条件を満たす Btrieve ファイルに含まれるレ
コードの数を超える場合、このステータスコードが返されます。
65: フィールドオフセットが不正です。
Get Next Extended、Get Previous Extended、Step Next Extended、または Step
Previous Extended オペレーションのエクストラクタのフィールドオフセッ
トが取得されたレコードの長さに対して無効です。フィールドオフセット
が有効な値 (0 ∼ レコード長から 1 を引いた値) であることを確認してく
ださい。
66: オープンできるデータベースの最大数を超えました。
MicroKernel があまりにも多くの Scalable SQL データベースにバインドされ
たファイルをオープンしようとしました。セットアップユーティリティを
使って、[最大データベース数] オプションの設定値を大きくしてください。
バ ウ ン ド フ ァ イ ル の 詳 細 に つ い て は 、 『 Scalable SQL Database Design
Guide』を参照してください。
67: SQL データ辞書ファイルをオープンできません。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ アプリケーションが Scalable SQL データベースにバインドされたデー
タファイルを使用しようとしましたが、Scalable SQL データ辞書ファ
イルのいずれか (FILE.DDF、またはファイルが RI 定義を含む場合は
RELATE.DDF) または環境設定ファイル (DBNAMES.CFG) をオープ
ンすることができません。
◆ [Replace] オプションを使ってファイルを作成しようとしましたが、
同名の Scalable SQL バウンドファイルが指定したロケーションに既に
存在します。しかし、MicroKernel は Scalable SQL データ辞書ファイ
ルの FILE.DDF または環境設定ファイル (DBNAMES.CFG) をオープ
ンすることができません。
データファイルに RI 定義が含まれている場合、DBNAMES.CFG ファイル
はセットアップユーティリティを使って指定したロケーションに格納され
1-36 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 36 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
ていなければなりません。DBNAMES.CFG ファイルのロケーションを指定
するには、MicroKernel の [データベース名ディレクトリ] 環境設定オプ
ションを使用します。また、FILE.DDF と RELATE.DDF (ファイルに RI 定
義が含まれている場合) がデータベースの環境設定で指定したロケーショ
ンにあることを確認してください。
RI (参照整合性) の詳細については、『Scalable SQL Database Design Guide』
を参照してください。
68: RI Delete Cascade オペレーションを実行できません。
アプリケーションが削除しようとしたレコードは 16 を超える階層レベルを
持っているため、MicroKernel は RI 制御が実行されているファイルを対象
に Delete Cascade 規則を実施することができません。最も低いレベルから
順にレコードを削除し、アプリケーションが最初に削除しようとしたレ
コードを削除し直してください。RI (参照整合性) の詳細については、
『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
69: Delete オペレーションが、破損したファイルのレコードに対して行われました。
MicroKernel が Delete オペレーションに応答して Delete Cascade 規則を実施
しようとしたときに、アプリケーションでエラーが発生しました。このス
テータスコードは、関連ファイルが壊れているため回復する必要があるこ
とを示しています。壊れたファイルの回復については、『Btrieve User's
Guide』を参照してください。
RI (参照整合性) と Delete Cascade 規則の詳細については、『Scalable SQL
Database Design Guide』を参照してください。
71: 参照整合性の定義に誤りがあります。
RI 制御が実行されているファイルを対象に Insert オペレーションを実行し
ようとする場合、挿入されるレコード内の外部キー値に対応する主キーが
参照ファイル内にないと、このステータスコードが返されます。Update オ
ペレーションを実行している場合、このステータスコードの原因として次
の 2 つの操作が考えられます。
ステータスコード 1-37
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 37 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ 主キーの値を変更しようとしています。
◆ 外部キーの値を定義済みの主キーに存在しない値に変更しようとして
います。
Delete オペレーションを実行しようとしている場合は、制約規則が実施さ
れていて、削除しようとしているレコードに含まれる主キー値が参照ファ
イル内の外部キーを参照しています。RI (参照整合性) の詳細については、
『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
72: 参照整合性の参照ファイルをオープンできません。
参照ファイルが FILE.DDF および DBNAMES.CFG で指定されているロケー
ションで見つかりません。DBNAMES.CFG ファイルが名前付きデータベー
スに対して指定したデータファイルロケーションのいずれかに参照ファイ
ルが存在することを確認してください。
◆ DBNAMES.CFG ファイルがサーバ上で定義されている場合、ファイ
ルロケーションにドライブ名が含まれていないことを検証してくださ
い。
◆ DBNAMES.CFG ファイルがワークステーションエンジンに対して定
義されている場合、ドライブ名が DBNAMES.CFG で指定されている
ものと同じであること (しかも同じロケーションにマップされてい
る) を確認してください。
RI (参照整合性) と Delete Cascade 規則の詳細については、『Scalable SQL
Database Design Guide』を参照してください。
73: 参照整合性の定義が同期していません。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Scalable SQL データベースにバインドされているデータファイルを
オープンしようとしましたが、ファイルがバインドされているデータ
ベースが DBNAMES.CFG ファイルの中で見つかりませんでした。
◆ RI 定義を含み、Scalable SQL データベースにバインドされているデー
タファイルをオープンしようとしましたが、ファイルがバインドされ
ているテーブルがデータベースの FILE.DDF ファイルの中で見つかり
1-38 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 38 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
ません。または、テーブルのロケーションとファイル名が
DBNAMES.CFG または FILE.DDF ファイルで設定されているファイル
のロケーションと名前に一致しません。
◆ バウンドファイルを変更しようとしましたが、そのファイルに対する
RI 定義が RELATE.DDF ファイルの定義と一致しません。
◆ Insert または Delete オペレーション、あるいは外部キーを変更する
Update オペレーションを実行するとき、このファイルに関連する
ファイルが同期していないと、このステータスコードが返されます
(関連ファイルをオープンまたは変更しようとしても、同じステータ
スコードが返されるはずです)。
◆ [Replace] オプションを使ってファイルを作成しようとしましたが、
同名の Scalable SQL バウンドデータファイルが指定したロケーション
に既に存在します。しかし、MicroKernel は既存のバウンドファイル
が同期していないことを検出しました (つまり、既存のファイルを
オープンしようとすると、このステータスコードが返されるはずで
す)。
データベースを対象に RI 制約をチェックします。操作方法については、
『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
74: トランザクションを中止しました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
こ れ は 情 報 を 提 供 す る ス テ ー タ ス コ ー ド で す 。 NetWare ベ ー ス の
MicroKernel がトランザクション内でトランザクショントラッキングシステ
ム (TTS) ファイルのエラーを検出したため、End Transaction オペレーショ
ンを Abort Transaction に置き換えました。この後、MicroKernel では Abort
Transaction オペレーションを実行しました。
75: サーバルーティングリストが小さすぎます。
Btrieve for OS/2 リクエスタで SET BRQPARMS=/S:1 を使用する場合、ファ
イルをオープンしようとしたり、Btrieve for NetWare のバージョン番号を取
得しようとすると、このステータスコードが返されます。/S の値を 2 また
はそれ以上に設定します。/S をデフォルトの 1 に設定しないでください。
ステータスコード 1-39
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 39 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
76: 参照ファイルに矛盾があります。
アプリケーションが別のファイルを参照する RI 制御ファイルを対象に
Update、Insert、または Delete オペレーションを実行しようとしました。こ
の参照ファイルは既にエクスクルーシブモードでオープンされているため、
アプリケーションでは RI チェックのためにこのファイルをオープンするこ
とができません。参照ファイルがクローズされるか、エクスクルーシブ
モード以外のモードでオープンされるまで待って、オペレーションを再試
行します。RI (参照整合性) と Delete Cascade 規則の詳細については、
『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
77: アプリケーションでウェイトエラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v7.0 以降では使用されません。
これは情報を提供するステータスコードです。手動でオペレーションを再
試行する必要があります。MicroKernel では自動的にオペレーションを再試
行しません。クライアント/サーバ MicroKernel では、次のいずれかの状況
でこのステータスコードが返されます。
◆ アプリケーションがオペレーションにウェイトロックバイアスを指定
しましたが、別のユーザがリクエストされたリソースを既にロックし
ています。
◆ アプリケーションが現在ウェイトトランザクションを処理していて、
別のユーザがロックしたファイルにアクセスしようとしました。
Btrieve リクエスタを使って MicroKernel にアクセスしているとき、リクエ
ストしたリソースがロックされていると、リクエスタはしばらく待機した
後、オペレーションを再試行します。サーバベースのアプリケーションが
MicroKernel にアクセスして、リクエストしたリソースがロックされている
ときもウェイトが必要になります。この場合、MicroKernel はウェイトの実
行を期待されます。しかし、このウェイトは MicroKernel を占有し、リク
エス トし たリ ソー スを 解放 しよ うと する 他の ユー ザを 排除 する ため 、
MicroKernel はウェイトを実行しません。その代わりに、MicroKernel では
このステータスコードを返します。その結果、サーバベースのアプリケー
ションは後で再試行する必要があります。
1-40 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 40 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
78: デッドロックを検出しました。
アプリケーションは処理を継続する前にすべてのリソースをクリアしなけ
ればなりません (たとえば、トランザクションを中止または終了したり、
すべてのレコードを解除して)。これによりデッドロックが解消され、他の
アプリケーションでは待機しているリソースへのアクセスが可能になりま
す。
79: プログラムエラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v7.0 以降では使用されません。
きわめてまれですが、MicroKernel が明確に検出できない、または適切に修
復できない誤動作が発生したときに、このステータスコードが返される可
能性があります。オペレーションを再試行してください。それでもエラー
が発生する場合は、システムが壊れている可能性があります。再起動して
システムをクリアした後、もう一度オペレーションを実行してください。
80: レコードレベルの矛盾が生じました。
レコードレベルの矛盾のため、MicroKernel は Update または Delete オペ
レーションを実行できません。たとえば、ステーション A がレコードを読
み込み、ステーション B が同じレコードを読み込んでそれを更新した後、
さらにステーション A がそのレコードを更新しようとした場合です。アプ
リケーションは、Update または Delete オペレーションを再実行する前にレ
コードを再度読み込む必要があります。また、矛盾を防止するため、アプ
リケーションはレコードロックを使用することができます。
キーオンリーファイルでは、レコードの読み込み後、あるいは更新または
削除を行う前に、レコードがファイルの B ツリー内で移動されると、この
ステータスコードが返されます。他のレコードを挿入、更新、または削除
した結果、レコードが移動することもあります。
v6.0 より前のワークステーション MicroKernel では、ページレベルの矛盾
が発生した場合にも、このステータスコードが返されます。たとえば、ス
テーション A がレコードを読み込み、ステーション B が同じデータページ
にある異なるレコードを読み込んでそれを更新した後、ステーション A が
ステータスコード 1-41
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 41 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
読み込んだレコードを更新しようとした場合です (ファイルが v5.x フォー
マットの場合、v6.0 以降の MicroKernel でも、このステータスコードが返
されます)。
v6.0 より前のワークステーション MicroKernel では、ステーション A がレ
コードを読み込み、ステーション B が異なるレコードを読み込んでそれを
更新した結果、重複ポインタがレコード A で更新されることになると、ス
テーション A がそのレコードを更新しようとした場合にも矛盾が生じます。
81: ロックエラーが発生しました。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ アプリケーションがマルチレコードロックを使ってロックされている
レコードのロックを解除しようとしましたが、データバッファに格納
されているレコードのポジションが関連するファイル内でロックされ
ているレコードに対応しなくなりました。
◆ アプリケーションがマルチレコードロック (シングルレコードロッ
ク) を使ってシングルレコードロック (マルチレコードロック) を解
除しようとしました。
◆ (ワークステーションのみ) Read および Filescan 権のみを持つ NetWare
ドライブで、v6.0 以降のファイルをリードオンリーモードでオープン
しようとしました。MicroKernel は .LCK ファイルを作成することが
できません。Create および Write 権を取得するか、.LCK ファイルを
Create および Write 権を持つディレクトリにリダイレクトする必要が
あります。
◆ (ワークステーションのみ) MEFS モードでローカルドライブ上のファ
イルをオープンしようとしましたが、DOS の SHARE.EXE プログラ
ムがロードされていません。SHARE.EXE プログラムをロードするか、
SEFS モードでファイルをオープンしてください。
◆ (ワークステーションのみ) MEFS モードでローカルドライブ上のファ
イルを操作しましたが (ファイルをオープンして、そのファイルの全
体または一部をロックしました)、DOS の SHARE.EXE プログラムが
ロックを使いきっています。SHARE プログラムを再ロードし、/L お
よび /F オプションの設定値を大きくしてください。
1-42 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 42 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ (ワークステーションのみ) /I オプションを使って、ロックファイルを
ローカルドライブにリダイレクトしましたが、DOS の SHARE.EXE
プログラムがロードされていません。
◆ (ワークステーションのみ) MEFS モードを実行していて、MicroKernel
がファイルハンドルを .LCK ファイルに割当てようとしたときに、オ
ペレーティングシステムのファイルハンドルを使いきっていました。
より多くのファイルハンドルを許可するようにオペレーティングシス
テムを環境設定するには、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。
◆ v7.x より前の MicroKernel で、ロックテーブルがいっぱいになってい
ます。アプリケーションが使用するロックの数を少なくするか、セッ
トアップユーティリティを使って、[クラインアント毎のロック数]
オプションの設定値を大きくします。
82: ポジションを失いました。
重複値を含むキーを対象に Get Next または Get Previous オペレーションを
実行するとき、アプリケーションが削除されているレコード、または別の
アプリケーションによって変更されたキー値を持つレコードを取得しよう
としました。Get Equal または Get Direct/Record オペレーションを使って、
ポジショニングを再確立してください (関連するポジショニングの問題に
ついては、ステータスコード 44 を参照してください)。
83: トランザクション外で読み込んだレコードを更新または削除しようとしました。
このステータスコードは MicroKernel v7.0 以降では使用されません。
アプリケーションがトランザクション内でレコードを更新または削除しよ
うとしましたが、そのレコードをトランザクション内で読み込んでいませ
ん。データを変更する前に、トランザクション内で対象となるレコードを
読み込む必要があります。
84: レコードまたはページがロックされています。
アプリケーションが、現在別のアプリケーションによってロックされてい
るレコードにノーウェイトロックを適用しようとしました。あるいは、別
ステータスコード 1-43
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 43 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
のアプリケーションがあるファイルの中に 1 つまたは複数のアクティブレ
コードロックを保持しているときに、ノーウェイトトランザクションでそ
のファイルにアクセスしようとしました。アプリケーションが別のアプリ
ケーションによってロックされているレコードを更新または削除しようと
すると、このステータスコードが返されます。
アプリケーションでは、次のいずれかの対策をとることができます。
◆ 正常に終了するまでオペレーションを再試行します。この方法は、
ネットワークのトラフィックが比較的低い場合には最も単純かつ迅速
な解決方法といえます。
◆ ノーウェイトオプションの代わりにウェイトオプション (+100/+300)
を使用します (ウェイトオプションをサポートしているバージョンの
場合)。
インデックスページをロックしてキー値を挿入または削除しようとすると
き、Insert、Update、または Delete オペレーションに対してこのステータス
コードが返されることがあります。アプリケーションでは、このステータ
スコードが返されていないかどうかをチェックし、このステータスコード
が返された場合はオペレーションを再試行してください。
85: ファイルがロックされています。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ ワークステーション MicroKernel があるファイルをオープンしました
が、そのときリクエスタをロードした別のワークステーションがサー
バ MicroKernel 経由で同じファイルをオープンしようとしました。
サーバ MicroKernel では排他アクセスを取得できないため、そのファ
イルをオープンできません。リクエスタをロードしているワークス
テーションに、このステータスコードが返されます。
◆ ワークステーションエンジン環境で、多数のユーザまたはタスクに
よって頻繁に使用されているファイルを対象に Open、Insert、Update、
または Delete オペレーションを実行しようとすると、このステータス
コードが返されることがあります。これらのオペレーションを実行す
るとき、MicroKernel では一時的にファイルへの排他アクセスを取得す
る必要があるため、このステータスコードが返されるまでに何度かオ
1-44 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 44 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
ペレーションが再試行されます。この場合、アプリケーションはオペ
レーションを再発行することができます。また、ワークステーション
MicroKernel の環境設定を行い、[オペレーションバンドルリミット]
および [起動タイムリミット] オプションの設定値を小さくして、
MicroKernel がファイルに対するロックを保持する時間を短くすること
もできます。
◆ ワークステーション環境で、v6.15 以降の MicroKernel が、MEFS モー
ドでオープンされたファイルの中に未完了のシステムトランザクショ
ンとして、ペンディング状態の変更 (挿入、更新、または削除) を持っ
ています。複数のユーザまたはタスクが共有ファイルを対象にアクセ
ス (Get/Step) または変更 (挿入、更新、または削除) を行おうとすると、
このステータスコードが返されます。アクセスオペレーションに対し
てこのステータスコードが返されるのは、システムトランザクション
の書き込みフェーズが開始された場合だけです。
MicroKernel の環境設定を行い、[オペレーションバンドルリミット]
および [起動タイムリミット] オプションの設定値を小さくすると、
このステータスコードの原因となるファイルの取り合いを避けること
ができます。その方法については、『Btrieve User's Guide』を参照し
てください。
システ ムトラ ンザ クショ ンの 詳細を 知りた い開 発者は 、『 Btrieve
Programmer's Guide』を参照してください。
◆ あるユーザが排他トランザクションでファイルをロックしているとき
に、別のユーザがそのファイルの一部または全体をロックしようとし
ました。
◆ サ ー バ MicroKernel に よ っ て オ ー プ ン さ れ た と き 、 フ ァ イ ル は
Continuous オペレーションモードへの移行中でした。何度か再試行する
と最終的には正常に動作するはずです。
◆ サーバ MicroKernel によってオープンされたとき、共通のファイル名
と異なる拡張子を持つ 2 つのデータファイルが存在しました (たとえ
ば、INVOICE.HDR と INVOICE.DET)。一方のファイルをオープンし
て Continuous モードに置くと、MicroKernel はデルタファイル (たと
えば、INVOICE.^^^) を生成します。共通するファイル名を持つ、も
う一方のファイルをオープンしようとすると、このステータスコード
が返されます。
ステータスコード 1-45
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 45 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ 16 ビット Windows ワークステーションの代わりに Microsoft File and
Print Services for NetWare を使った Windows NT サーバ MicroKernel で
オープンされたとき、ファイルが 32 ビット Windows NT または
Windows 95 ワークステーションによって同時にオープンされました。
その結果、サーバ MicroKernel は 2 つの異なるパスを使って同じ物理
ファイルをオープンすることになってしまいます。
86: ファイルテーブルが一杯です。
セットアップユーティリティを使って、[オープンファイル数] 環境設定オ
プションの設定値を大きくしてください。
87: ハンドルテーブルが一杯です。
MicroKernel がサポートするように環境設定されている数を超えるハンドル
をオープンしようとしたか、MicroKernel がオペレーティングシステムで許
可されている数を超えるファイルをオープンしようとしました。より多く
のハンドルを使用できるように MicroKernel を環境設定するには、セット
アップユーティリティを使って [ハンドル数] オプションの設定値を大き
くします。
より多くのハンドルを使用できるようにオペレーティングシステムを環境
設定する場合は、オペレーションシステムのマニュアルを参照してくださ
い。なお、次に説明する MicroKernel がオペレーティングシステムからハ
ンドルを取得するときのプロセスを理解しておくと役に立ちます。同じ
ファイルを複数回にわたってオープンするときも、MicroKernel では 1 つの
オペレーティングシステムハンドルしか使用しません。ただし、v6.x また
はそれ以降のフォーマットのファイルが MEFS モードで共有されている場
合、MicroKernel は対応する .LCK ファイルに使用するもう 1 つのハンドル
をオープンします。
ファイルが v5.x フォーマットの場合は、.PRE ファイルのためにもうひと
つのハンドルが必要になります。また、ファイル (任意のフォーマットの)
が Continuous オペレーションモードに置かれる場合、MicroKernel はデルタ
ファイルに使用する別のハンドルを要求します。さらに、ファイルが拡張
されている場合は、それぞれのエクステンションファイルに対するハンド
ルが必要になります。
1-46 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 46 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
88: モードの不一致エラーです。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ あるアプリケーションがエクスクルーシブモードでファイルをオープ
ンしている場合、他のすべてのアプリケーションが同じファイルを任
意のモードでオープンしようとすると、それらのアプリケーションに
このステータスコードが返されます。
◆ あるアプリケーションがエクスクルーシブモード以外のモードでファ
イルをオープンしている場合、他のすべてのアプリケーションが同じ
ファイルをエクスクルーシブモードでオープンしようとすると、それ
らのアプリケーションにこのステータスコードが返されます。
◆ (ワークステーションのみ) あるユーザまたはタスクが MEFS モード
でファイルをオープンしている場合、他のすべてのユーザまたはタス
クが同じ MicroKernel を使って、SEFS モードで同じファイルをオー
プンしようとすると、このステータスコードが返されます。
◆ (ワークステーションのみ) 同様に、あるユーザまたはタスクが SEFS
モードでファイルをオープンしている場合、他のすべてのユーザまた
はタスクが同じ MicroKernel を使って、MEFS モードで同じファイル
をオープンしようとすると、このステータスコードが返されます。
◆ (ワークステーションのみ) あるユーザまたはタスクがアクセラレイ
ティドモードでファイルをオープンしていて、かつ MEFS モードが
オンになっている場合、他のすべてのリモートユーザまたはタスクが
任意のオープンモードで同じファイルをオープンしようとすると、こ
のステータスコードが返されます。他のすべてのローカルユーザまた
はタスクがアクセラレイティドモード以外のモードで同じファイルを
オープンしようとしたときにも、このステータスコードが返されます。
◆ 他のワークステーションがリクエスタをロードしていて、ファイルを
オープンしている場合、v6.15 以降の MicroKernel を実行しているア
プリケーションが SEFS モードで同じファイルをオープンしようとす
ると、このステータスコードが返されます。
MicroKernel の Continuous オペレーションモードを使用しているときは、こ
のステータスコードが次のいずれかの状況を示している場合もあります。
ステータスコード 1-47
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 47 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ Continuous オペレーションからファイルを削除しようとしましたが、
そのファイルは Continuous オペレーションモードに置かれていませ
ん。
◆ Continuous オペレーションからファイルを削除しようとしましたが、
このファイルを Continuous オペレーションに置いたのは異なるクラ
イアントです。
◆ 同じファイル名で異なる拡張子を持つ 2 つのファイルを Continuous
オペレーションに置こうとしました。
◆ ファイルを Continuous モードに組み込もうとしましたが、そのファ
イルは既に Continuous モードに置かれています。
89: 名前エラーが発生しました。
このステータスコードは MicroKernel v5.0 以降では使用されません。
デバイスのリダイレクト先となるショートネームを指定する前に、
BSERVER がロードされました。BSERVER を起動する前に、NET SHARE
コマンドを使って共有するすべてのショートネームを指定しておく必要が
あります。
90: リダイレクトデバイステーブルが一杯です。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
DOS リクエスタの転送テーブルまたはサーバルーティングテーブルがいっぱ
いです。このステータスコードは、リクエスタをロードした後で、追加の
サーバに接続したり、追加のドライブをマップした場合に返されます。[ファ
イルサーバ数] (/S) または [マップ済ドライブ数] (/R) オプションのいずれか
により大きな設定値を指定して、リクエスタを再ロードしてください。この
ステータスコードは、あるサーバとの接続を切断し、別のサーバに接続し
た場合にも返されます。ワークステーションがいったんサーバに接続され
ると、その名前はサーバルーティングテーブルから削除されなくなります。
1-48 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 48 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
91: サーバエラーが発生しました。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ リクエスタがサーバとのセッションを確立できません。クライアント
/サーバ MicroKernel がロードされていないか、サーバがアクティブで
はありません。
◆ SPX ドライバがロードされていないか、ドライバの使用期限を過ぎ
ています。
◆ [リモートセッション数] 環境設定オプションの設定値が小さすぎま
す。セットアップユーティリティを使って、このオプションにより大
きな設定値を指定してください。
◆ アプリケーションがファイルのパスを指定しましたが、ボリューム名
がそのパスに含まれていません。
◆ Btrieve メッセージルータがロードされていません。また、次のよう
な状況が発生しました。リモート呼出しを行うために Btrieve メッ
セージルータと MicroKernel の両方を使っているアプリケーション
(したがって、Open オペレーションを実行するときにサーバ名とボ
リューム名を指定します) がリモートファイルをオープンしようとし
ました。Btrieve メッセージルータはサーバ名を解釈しないため、
MicroKernel がサーバ名を解釈しようとしましたが、解釈できません
でした。
◆ ネットワーク環境に通信またはネットワークアドレッシングの問題が
発生しています。このため、MicroKernel のリクエストが送信先とな
るサーバアドレスに届きません。ワークステーションとサーバのネッ
トワークコンポーネントが最新のバージョンであり、ネットワーク環
境に対応していることを確認してください。
◆ NetWare サーバの場合のみ
◆ [受信パケットサイズ] 環境設定オプションの設定値が環境に合っ
ていません。たとえば、イーサネット LAN には 1500 を設定し、
トークンリング LAN には 4096 を設定してください。
◆ ユーザカウントの制限に達しています。不要なセッションを閉じ
るか、ユーザカウントをアップグレードしてください。追加の
ユーザカウントを購入してインストールする方法については、
『Btrieve User's Guide』を参照してください。
ステータスコード 1-49
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 49 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ NDS ネットワーク番号が BINDER.EXE によって表示される内部
ネットワーク番号と同じであることを確認してください。
92: トランザクションテーブルが一杯です。
このステータスコードは MicroKernel v7.0 以降では使用されません。
このステータスコードは、アクティブトランザクションの最大数を超えた
ときに返されます。セットアップユーティリティを使って、[トランザク
ション数] 環境設定オプションにより大きな設定値を指定してください。
93: レコードのロックタイプが一致していません。
アプリケーションが同じファイルの中でシングルレコードロック (+100/
+200) とマルチレコードロック (+300/+400) を同時に設定しようとしま
した。ロックのタイプを変更する前に、現在使用しているロックをすべて
解除しておく必要があります。
94: パーミッションエラーが発生しました。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ アプリケーションが適切な権利を持たないディレクトリでファイルを
オープンまたは作成しようとしました。MicroKernel がユーザに割当
てられているネットワーク権利を無効にすることはありません。
◆ 指定したサーバはサーバルーティングテーブルの中にありますが、使
用中のワークステーションがそのサーバにログインしていません。
◆ サーバベースの MicroKernel とワークステーション MicroKernel (両方
とも v 6.15 より前のバージョン) が同じファイルに同時にアクセスし
ようとしています。
◆ NetWare アプリケーションが特定のユーザ名を含む NetWare Runtime
サポートを使ってファイルにアクセスしようとしました。特に、指定
したユーザ名に関して、次のいずれかの状況が発生しています。
◆ そのユーザは NetWare Runtime サーバで有効なユーザではありま
せん。
1-50 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 50 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ そのユーザはファイルにアクセスするための適切な権利を持って
いません。
◆ ユーザ名が ADMIN または SUPERVISOR です。セキュリティ上
の理由から、NetWare Runtime サポートを有効にしているとき、
MicroKernel ではユーザ名として ADMIN または SUPERVISOR を
使用することはできません。
◆ Win32 リクエスタを使って、Windows NT または Windows 95 ワークス
テーションから NetWare サーバにアクセスするとき、ワークステー
ションと NetWare サーバへのログインには同じユーザ名を使用する必
要があります。また、SUPERVISOR または ADMINISTRATOR として
NetWare にログインすることはできません。
◆ Win32 リクエスタを使って、NetWare エミュレーションを行っている
Windows NT または Windows 95 ワークステーションから Windows NT
サーバにアクセスするとき、サーバは Microsoft File and Print Services
for NetWare を使用できません。その結果、リクエスタはサーバが
NetWare Runtime サーバであるかのように認証を行おうとします。
95: セッションは既に無効になっています。
このステータスコードは次のいずれかの理由によりサーバ MicroKernel か
ら返されます。
◆ ワークステーション、サーバ、またはネットワークでエラーが発生し
たため、それまでに確立したセッションがアクティブでなくなりまし
た。ワークステーションがまだサーバに接続されているかどうかを確
認した後、Btrieve リクエスタをアンロードし、さらに再ロードしま
す。
◆ サーバ MicroKernel が SPX セッションの最大数に達しました。モニタ
ユーティリティを使って、これに関する統計情報をチェックしてくだ
さい。必要な場合は、セットアップユーティリティを使って、[リ
モートセッション数] 環境設定オプションにより大きな設定値を指定
します。
◆ ワークステーションが適切な時間内または適切な回数の再試行後に
サーバからの応答を得られない場合、このステータスコードは通信の
遅延が発生していることを示します。タイムアウトまでの時間を変更
するには、ネットワークの環境設定に関するマニュアルを参照してく
ステータスコード 1-51
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 51 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
ださい。パラメータの設定値をさまざまに変えて再試行してください。
この操作は、WAN 環境またはネットワークトラフィックが混雑して
いる LAN 環境で必要になることがあります。
◆ NetWare サーバの場合
◆ [受信パケットサイズ] 環境設定オプションの設定値が環境に合っ
ていません。たとえば、イーサネット LAN には 1500 を設定して
ください。
◆ SPX の タ イ ム ア ウ ト パ ラ メ ー タ が ワ ー ク ス テ ー シ ョ ン の
NET.CFG ファイルとサーバの SPXCONFG.NLM ファイルで次の
ように設定されていることを確認してください。
SPX VERIFY TIMEOUT=54
SPX LISTEN TIMEOUT=108
SPX ABORT TIMEOUT=540
これら 3 つの値は 1:2:10 の比になっている必要があります。これ
らの値のいずれかを変更する場合は、残りの 2 つの値も必ず変更
してください。これらの値を大きくしてもこのステータスコード
が返される場合、これらの設定とは無関係な問題が発生している
と考えられます。
◆ Windows NTサーバでは、[受信パケットサイズ] レジストリの設定値
が576 (10進) または240hであることを確認してください。MaxPktSize
レジストリ設定へのパスは、
HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥currentControlSet¥
Services¥NwInkIPX¥NetConfig¥LANドライバ名¥MaxPktSize.
です。
ネットワークタイムアウトのパラメータの設定値を大きくしてもこの
ステータスコードが返される場合、このステータスコードはネット
ワーク通信に問題が発生したことを示しています。ネットワークカー
ドのドライバが最新のものであるかどうか確認してください。たとえ
ば、互換性のない LAN カードドライバを使用していると、このス
テータスコードが返される原因になることがあります。ネットワーク
通信のトラブルシューティングを行う場合は LAN 管理者に相談して
ください。
1-52 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 52 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
96: 通信環境エラーが発生しました。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ サーバ上の MicroKernel に接続しようとしましたが、SPX の接続テー
ブルまたは MicroKernel のクライアントテーブルがいっぱいです。
セットアップユーティリティを使って、[リモートセッション数] 環
境設定オプションにより大きな設定値を指定します。
◆ 次のいずれかの理由で、MicroKernel を呼出すアプリケーションから
このステータスコードが返される場合があります。
◆ 一部のクライアントが適切にリセットされていません。
◆ MicroKernel をロードしようとしましたが、[アクティブクライア
ント数] 環境設定オプションの設定値が小さすぎます。セット
アップユーティリティを使って、[アクティブクライアント数] 環
境設定オプションにより大きな設定値を指定してください。
◆ 使用中の MicroKernel にはユーザカウントに制限があり、既に最
大のユーザ数に達しています。
◆ DBNAMES.CFG ファイルに異なるサーバ上のデータロケーショ
ンを指定する名前付きデータベースの定義が含まれています。
◆ Windows 環境で、Btrieve ベースのアプリケーションを実行しようと
したときにクライアントテーブルがいっぱいであると、v 6.15 以降の
MicroKernel からこのステータスコードが返されます。セットアップ
ユーティリティを使って、[アクティブクライアント数] 環境設定オ
プションにより大きな設定値を指定してください。この環境オプショ
ンの詳細については、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
◆ Win32 Btrieve v7.0 リクエスタを使って Btrieve v6.10 サーバに接続しよ
うとしました。この組み合わせには互換性がなく、設計上このステー
タスコードが返されます。
97: データバッファが小さすぎます。
次のように、アプリケーションが現在 MicroKernel または Btrieve リクエス
タで設定されている最大レコード長よりも長いレコードを読み書きしよう
としました。
ステータスコード 1-53
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 53 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ Update、Insert、または Create オペレーションで、レコードに指定さ
れているデータバッファ長がメッセージバッファ長を超えると、この
ステータスコードがアプリケーションに返されます。
◆ Get、Step または Stat オペレーションで、アプリケーションで指定さ
れているデータバッファ長に関係なく、メッセージバッファが
MicroKernel から返されるデータの長さよりも短いと、このステータ
スコードがアプリケーションに返されます。
◆ Get Chunk または Update Chunk オペレーションで、取得または更新され
たチャンクの合計サイズがメッセージバッファ長を超えています。
メッセージバッファサイズを設定する方法については、『Btrieve User's
Guide』を参照してください。
このステータスコードが返されないようにするには、次の操作を組み合わ
せて実行します。
◆ セットアップユーティリティを使って [通信バッファサイズ] 環境設
定オプションにより大きな設定値を指定し、メッセージバッファのサ
イズを大きくします。
◆ ローカルファイルの場合、設定は [MicroKernel Database エンジン]
→ [メモリリソース] → [通信バッファサイズ] で行います。
◆ リモートファイルの場合、設定は [Btrieve 通信マネージャ] →
[サーバの通信環境設定] → [通信バッファサイズ] で行います。
◆ Btrieve リクエスタを再ロードし、メッセージバッファサイズにより
大きな設定値を指定します。このためには、『Getting Started with
Btrieve』で説明されている /D オプションを使用します。
◆ Windows NTサーバでは、[受信パケットサイズ] レジストリの設定値
が576 (10進) または240hであることを確認してください。MaxPktSize
レジストリ設定へのパスは、
HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥currentControlSet¥
Services¥NwInkIPX¥NetConfig¥LANドライバ名¥MaxPktSize.
です。
1-54 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 54 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
98: 内部トランザクションエラーが検出されました。
このステータスコードは MicroKernel v6.0 以降では使用されません。
NetWare トランザクショントラッキングシステム (TTS) ファイルに対する
オペレーションを実行しているとき、NetWare ベースの MicroKernel がエ
ラーを検出しました。この時点でアプリケーションが実行できるのは Abort
Transaction オペレーションだけです。
99: Btrieve リクエスタは NetWare Runtime サーバにアクセスできません。
NetWare Runtime サーバサポートが有効なときに、リクエスタが既存の接続
を検出できないか、あるいは有効なログインユーザ名を見つけることがで
きないと、Btrieve リクエスタからこのステータスコードが返されます。正
しいパスワードを指定している場合でも、SUPERVISOR と ADMIN は有効
なユーザ名としては使用できません。リクエスタが SUPERVISOR または
ADMIN 以外のログインユーザ名を見つけることができないと、サーバに
渡すべき有効な名前がないということになってしまいます。
NetWare Runtime サーバサポートを無効にしてサーバにアクセスしようとし
たときに、そのサーバへの既存の接続を確立していない場合にも、このス
テータスコードが返されます。
100: 使用可能なキャッシュバッファがありません。
こ の ス テ ー タ ス コ ー ド は 、 v6.0 以 降 の MicroKernel か ら 返 さ れ 、
MicroKernel がロード時に割当てられたすべてのキャッシュバッファを使い
切ってしまったことを示します。セットアップユーティリティを使って、
[キャッシュ割当て] 環境設定オプションの設定値を大きくしてください。
101: オペレーティングシステムのメモリが不十分です。
このステータスコードは、v6.0 以降の MicroKernel から返され、使用可能
なオペレーティングシステムのメモリが十分ではないため、リクエストさ
れたオペレーションを実行できないことを示します。この問題を解決する
には、次のいずれかの操作を行います。
ステータスコード 1-55
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 55 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ セットアップユーティリティを使って、[キャッシュ割当て] 環境設
定オプションの設定値を小さくします。
◆ サーバにメモリを追加します。
この環境設定オプションの詳細については、ステータスコード 1002 を参照
してください。このステータスコードは、同じ状況で Windows ベースの
MicroKernel から返される、ステータスコード 101 に類似したステータス
コードです。
102: スタック領域が不十分です。
こ の ス テ ー タ ス コ ー ド は 、 v6.0 以 降 の MicroKernel か ら 返 さ れ 、
MicroKernel がスタックスペースを使い切ってしまったことを示します。ア
プリケーションで使用可能なスタックスペースの容量を増やすには、アプ
リケーションを再リンクして、スタックサイズをより大きな値に設定しま
す。このステータスコードは、WBTRCALL.DLL を呼出す Windows ベース
のアプリケーション、またはローカルサーバ上の Btrieve API を呼出すアプ
リケーションにだけ返されます。
103: Chunk のオフセットが大きすぎます。
このステータスコードは、次のいずれかの状況で返されます。
◆ 明示的に、またはサブファンクションの値に対する next-in-record バ
イアスの使用することで、Get Direct/Chunk オペレーションがレコー
ドの末尾を超えるオフセットを指定しました。先頭のチャンクを処理
している間にこのステータスが返されない場合、オペレーションは部
分的には正常に終了しています。呼出しの直後にデータバッファ長パ
ラメータをチェックすると、取得されたデータの量 (つまりチャンク
の数) を調べることができます。
◆ Update Chunk オペレーションがレコードの末尾を 2 バイト以上超える
オフセットを指定しました。このステータスコードは、MicroKernel
がレコードにまったく変更を加えていないことを示します。
◆ Append サブファンクションを使った Update Chunk オペレーションに
より、レコード長がオペレーティングシステムのファイルサイズの制
1-56 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 56 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
限を超えてしまいました。MicroKernel はレコードにまったく変更を
第
1
章
加えていません。
104: MicroKernel は国別情報を認識しません。
v6.0 以降の MicroKernel で、Create または Create Index オペレーションがこ
のステータスコードを返し、オペレーティングシステムが指定されたカン
トリ ID とコードページに対応するコレーションテーブルを返せなかったこ
とを示します。アプリケーションがロケールのカントリ ID とコードページ
を正しく指定していること、またオペレーティングシステムがカントリ ID
とコードページをサポートできるように適切に環境設定されていることを
確認してください。
105: VAT の割り当てテーブルを持つファイルを作成できません。
v6.0 以降の MicroKernel で、アプリケーションが可変長部割当てテーブル
(VAT) を含み、可変長レコードを含まないファイルを作成しようとしたと
きに、このステータスコードが返されます (可変長レコードを含むことは、
VAT を使用するファイルの前提条件です)。このステータスコードは、通
常のデータファイルだけではなく、キーオンリーファイルにも適用されま
す。
106: Get Next Chunk オペレーションを実行できません。
このステータスコードは、v6.0 以降の MicroKernel から返されます。アプ
リケーションは Get Direct/Chunk オペレーションを呼出してレコードから
チャンクを取得し、ディスクリプタサブファンクションで next-in-record バ
イアスを使用しました。しかし、アプリケーションがレコード内でそのポ
ジションを確立した後で (しかもこの呼出しの前に)、対象となるレコード
が削除されています。
107: v6.0 より前のファイルで Chunk オペレーションを実行しようとしました。
v6.0 またはそれ以降の MicroKernel で、アプリケーションが v6.0 より前の
フォーマットのファイルを対象に Get Direct/Chunk オペレーションまたは
ステータスコード 1-57
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 57 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
Update Chunk オペレーションを使用しようとしたときに、このステータス
コードが返されます。
109: セマフォの作成中またはアクセス中に不明なエラーが発生しました。
OS/2 および Windows NT ワークステーション MicroKernel で、互換性のな
いバージョンの DLL を使ってオペレーションを実行しようとしたときに、
このステータスコードが返されます。MicroKernel をシャットダウンして、
最新バージョンの DLL を使用していることを確認してください。
110: アーカイブロギングコンフィグレーションファイルにアクセスできません。
アーカイブロギング環境設定ファイル (BLOG.CFG) に、アーカイブロギン
グを実行しようとしているドライブ上のデータファイルに対するエントリ
が含まれています。次の理由で、このステータスコードが返されます。
◆ MicroKernel では、BLOG.CFG ファイルを見つけることができません。
このファイルが、ログの対象となるデータファイルを含む物理ドライ
ブの、実際のルートディレクトリにある¥BLOG ディレクトリに格納
されていることを確認してください (つまり、マップされたルート
ディレクトリは使用しないでください)。対象となるファイルが複数
のボリュームに分散している場合は、それぞれのボリュームに
¥BLOG ディレクトリを作成する必要があります。
◆ MicroKernel では、BLOG.CFG ファイルをオープンすることができま
せん。ファイルがロックされているか、ファイルそのものが存在しま
せん。
◆ MicroKernel では、BLOG.CFG ファイルを読み込むことができません。
ファイルが正しいフォーマットを使用していないか、ファイルそのも
のが壊れています。BLOG.CFG ファイルのフォーマットについては、
『Btrieve User's Guide』を参照してください。
1-58 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 58 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
111: 指定されたファイル名は、アーカイブロギングコンフィグレーションファイル内
に見つかりませんでした。
MicroKernel は、BLOG.CFG ファイルの中で指定されているファイルを見つ
けることができません。目的のファイルは、同じ物理ドライブ上にある
BLOG.CFG ファイルの中で指定する必要があります。
112: 指定されたファイルは他のクライアントが使用しています。
MicroKernel がロールフォワードを実行する前に、対象となるファイルは最
後にバックアップを行ったときと同じ状態になっていなければなりません。
別のクライアントがファイルを変更している場合は、ロールフォワードを
行う前にファイルを再度リストアする必要があります。
113: 指定されたファイルのアーカイブログファイルを見つけられません。
MicroKernel では、指定したファイルに関連づけられたアーカイブログファ
イルを見つけることができません。デフォルトの設定で、アーカイブログ
ファイルには、ロギングの対象となるファイルと同じ名前が付けられ、拡
張子は .LOG になります。ただし、BLOG.CFG ファイルの中でアーカイブ
ログファイルに対して異なる名前を指定することもできます。BLOG.CFG
ファイルにアーカイブログの正しいファイル名が記述されていることを確
認します。また、アーカイブログファイルが存在することも確認してくだ
さい。
114: 指定されたファイルのアーカイブログが不正です。
指定したファイルに関連づけられるアーカイブログは有効なアーカイブロ
グファイルではありません。デフォルトの設定で、アーカイブログファイ
ルには、ロギングの対象となるファイルと同じ名前が付けられ、拡張子
は .LOG になります。ただし、BLOG.CFG ファイルの中でアーカイブログ
ファイルに対して異なる名前を指定することもできます。BLOG.CFG ファ
イルにアーカイブログの正しいファイル名が記述されていることを確認し
ます。また、アーカイブログファイルが存在することも確認してください。
ステータスコード 1-59
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 59 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
115: アーカイブロギングダンプファイルにアクセスできません。
次のいずれかの理由により、MicroKernel はアーカイブロギングダンプファ
イルにアクセスできません。
◆ アーカイブログに含まれるエントリをダンプするために指定された
ファイルの名前が無効です。ファイル名にボリュームの指定が含まれ
ていないことを確認してください。ダンプファイルはログファイルと
同じボリュームに作成されます。
◆ 呼出し元がダンプファイルへのアクセス権を持っていません。
◆ 別のユーザが排他オペレーティングシステムロックを使ってファイル
をオープンしているため、MicroKernel はそのファイルをオープンで
きません。
130: 使用可能なシステムロックがありません。
このステータスコードは、システムロックが現在使用可能でないという一
時的な状況を示しています。たとえば次のような状況です。
◆ 1 つのクライアントが非常に大きなトランザクションを実行中で、そ
の中では何千におよぶレコードを変更しています。
◆ 多数のクライアントが大きなトランザクションを並行して実行してい
ます。
トランザクション内にあるかどうかに関係なく、クライアントはこのス
テータスコードを受け取ります。このため場合によっては、クライアント
は正常に終了しなかったオペレーションを単純に再試行することができま
す。その間に他のクライアントがシステムロックを解除していれば、再試
行したオペレーションが正常に実行されることもあります。トランザク
ション内のクライアントがこのステータスコードを受け取った場合は、ト
ランザクションを終了または中止します。トランザクションが非常に大き
い場合は、それらを複数のより小さなトランザクションに分割することを
検討してください。また、セットアップユーティリティを使って、明示的
ロックに使用されるシステムロックの数を減らすこともできます。このた
めには、[ロック数] および [リモートセッション数] 環境設定オプション
に割当てられている値を小さくします。
1-60 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 60 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
132: ファイルに空きがありません。
このステータスコードは次のいずれかの状況で返されます。
◆ オペレーションにより、16,777,216 を超えるページをデータファイル
に割当てようとしました。
◆ 長時間にわたって Continuous オペレーションを継続したため、デー
タファイルに対するデルタファイルのサイズがオペレーティングシス
テムの制限を超えてしまいました。
◆ v6.15 より前のデータファイルがオペレーティングシステムのファイ
ルサイズの制限に達してしまいました。
133: 同時に 6 以上のユーザが同じデータファイルにアクセスしようとしました。
ワークステーション環境に対応した Scalable SQL または Btrieve Developer
Kit で、5 つを超える MicroKernel を使って、1 つのデータファイルに同時
にアクセスしようとしました。ワークステーション環境に対応した
Scalable SQL Developer Kit および Btrieve Developer Kit では、1 つのファイ
ルに対する並行ユーザの数は 5 エンジンに制限されています。
134: インターナショナルソート規則 (ISR) が見つかりませんでした。
次のいずれかの理由で、このステータスコードが返されます。
◆ ISR が LOCALE.CFG ファイルの中で見つかりません。
◆ LOCALE.CFG ファイルが見つからないか、壊れています。
◆ MicroKernel が LOCALE.CFG ファイルから ISR を読み込むことができ
ません。
135: 指定されたインターナショナルソート規則 (ISR) テーブルは破損しているか、ま
たは不正です。
読み込み可能な LOCALE.CFG ファイルが見つかっても、指定された ISR
テーブルが無効であるときに、このステータスコードが返されます。
ステータスコード 1-61
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 61 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
136: 指定されたオルタネートコレーティングシーケンスがファイル内に見つかりません。
このステータスコードは次の状況で返されます。
◆ ACS を 使 用 す る イ ン デ ッ ク ス を 作 成 し よ う と し ま し た が 、
MicroKernel はファイル内で指定された名前を持つ ACS を見つけるこ
とができませんでした。
◆ Step Next Extended、Get Next Extended、Step Previous Extended、または
Get Previous Extended オペレーションを呼出し、ACS 名を指定しまし
たが、MicroKernel はファイル内で指定された名前を持つ ACS を見つ
けることができませんでした。
139: キー番号に許容できない値が指定されています。
Btrieve オペレーションの中には、オペレーションで使うファイルのイン
デックスを指定するためではなく、サブファンクション番号としてキー番
号パラメータを使用するものがあります (たとえば、Get Equal オペレー
ションがそうです)。アプリケーションがこれらのオペレーションのいずれ
かに有効なサブファンクション番号 (キー番号パラメータを介して) を指
定しない場合に、このステータスコードが返されます。オペレーションの
キ ー 番 号 パ ラ メ ー タ に 指 定 で き る 値 の 詳 細 に つ い て は 、 『 Btrieve
Programmer's Guide』で、このステータスコードを返したオペレーションの
説明を参照してください。
140: セーブポイント ID が不正です。
ネストされたトランザクションオペレーションで、アプリケーションが無
効なセーブポイント ID を渡しました。有効なセーブポイント ID を指定し
ていることを確認してください。
143: セキュリティ設定された Scalable SQL データベースのファイルに、権限なしでア
クセスできません。
セキュリティが有効になっている Scalable SQL データベースにバインドさ
れたデータファイルをオープンしようとしました。MicroKernel では、
Scalable SQL を経由することなく、このようなファイルにアクセスするこ
とはできません。
1-62 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 62 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
Scalable SQL を使用していて、次のすべての条件を満たす場合にもこのス
テータスコードが返されます。
◆ [Replace] オプションを使ってファイルを作成しようとする。
◆ 同じロケーションに、同じ名前のバウンド Scalable SQL データファイ
ルが既に存在する。
◆ 既存のファイルがバインドされているデータベースではセキュリティ
が有効になっている。
147: ログセグメントがありません。
MicroKernel では、少なくとも 1 つのファイルのロールフォワードを行うた
めに必要なログセグメントを見つけることができません。
148: ロールフォワードエラーが発生しました。
ファイルのロールフォワードを行っているときに MicroKernel でエラーが
発生しました。レポートされるエラーメッセージは使用中のオペレーティ
ングシステムによって異なります。
◆ NetWare MicroKernel では、サーバのシステムコンソールにメッセージ
が表示され、同じ内容のメッセージが SYS:SYSTEM¥SYS$LOG.ERR に書
き込まれます。
◆ Windows 95 および Windows NT ワークステーション MicroKernel では、
コンソールのメッセージウィンドウにメッセージが表示され、同じ内
容のメッセージが MKDEMSG.LOG ファイルに書き込まれます。この
ファイルはホームディレクトリに格納されています。
◆ Windows NT サーバ MicroKernel では、メッセージは表示されません
が、ホームディレクトリにある MKDEMSG.LOG ファイルにメッセー
ジが書き込まれます。
149: このファイルを変更するには Scalable SQL を使用しなければなりません。
Scalable SQL を使用することなく、トリガが定義されているデータファイ
ルに書き込みを行おうとしました。トリガを含むファイルに変更を加える
ことができるのは、Scalable SQL を使用している場合だけです。
ステータスコード 1-63
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 63 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
151: ネストレベルが深すぎます。
MicroKernel で 許 可 さ れ て い る ネ ス ト レ ベ ル の 制 限 を 超 え ま し た 。
MicroKernel のネストレベルは 4,095 に制限されています。より少ないネス
トレベルを指定してください。Scalable SQL を使用している場合は、4,095
以下のネストレベルを指定していてもシステムメモリがそれを保持できな
いことがあり、このステータスコードが返されます。
160: MicroKernel に不正なパラメータが渡されました。
MicroKernel が呼出されたときにデータパケットが正しくフォーマットされ
ていないと、このステータスコードが返されます。このステータスコード
が返された場合は、Pervasive のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
161: ユーザカウントライセンスの最大数に達しました。
ユーザカウントライセンスの制限に達しているのに、さらに別のセッショ
ンをオープンしようとしました。セッションをクローズするか、ユーザカ
ウントをアップグレードしてください。追加ユーザカウントの購入とイン
ストールについては、『Getting Started with Btrieve』を参照してください。
1-64 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 64 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
200 から 999
第
1
章
Scalable SQL エンジンのステータスコード
ここでは、Scalable SQL エンジンが返すステータスコードについて説明し
ます。
注意
ここで紹介する多くのステータスコードは Scalable SQL v3.x に関連し、まもなく
廃止される予定になっている API を参照しています。
200: Scalable SQL ローカルエンジンまたはリクエスタがロードされていません。
Scalable SQL をロードする前に、Scalable SQL エンジンへのリクエストを発
行しました。ローカルエンジンまたはリクエスタのロードについては、
『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
201: リレーショナルプリミティブ関数コードが不正です。
使用している関数コードをチェックしてください。リレーショナルプリミ
ティブに対する有効な関数コードは 0 から 41 です。また、SQL レベル関
数に対する有効な関数コードは 0 から 16 です。
リレーショナルプリミティブまたは Scalable SQL API に対する独自のイン
タフェースを書いた場合は、『Scalable SQL Programmer's Guide』で定義さ
れている関数番号を使用していることを確認してください。アプリケー
ションを再ロードして、オペレーションを再試行します。
202: カーソル ID パラメータが不正です。
iCursorID パラメータに有効なカーソル値が含まれていません。xNew また
は xRecall を使ってカーソルを割当てます。
また、このエラーは、不正なタイプのカーソル ID を対象にオペレーション
を 実 行 し よ う と し た こ と を 示 し て い る こ と も あ り ま す 。 xNew ま た は
xRecall で取得したカーソル ID を対象に次のオペレーションを実行するこ
とはできません。
ステータスコード 1-65
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 65 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
XQLCompile
XQLDescribe
XQLExec
XQLFree
XQLSPUtility
XQLStatus
XQLSubst
同様に、同じカーソル ID を使って有効な SELECT ステートメントをコン
パイルしないと、xInsert、xUpdate、または xRemove を呼出すことはできま
せん。
203: マスタパスワードが不正です。
呼出しに渡したパスワードは正しいマスタパスワードではありません。
204: テーブルが辞書に定義されていません。
SQL ステートメントに含まれるテーブル名がデータ辞書で定義されている
テーブルを参照していません。正しいテーブル名を入力していることを確
認してください。また、定義されていないテーブルや削除されているテー
ブルへの参照を含むストアドプロシージャを呼出したときにも、このス
テータスコードが返されることがあります。
v4.0 より前の Scalable SQL エンジン、または Scalable SQL v4.0 エンジンで
v3.01 互換モードを使用しているときは、テーブル名を正しく指定している
ことと、名前に埋め込みブランクが含まれている場合は適切なブランク置
換文字を使用していることを確認してください。
205: パスワードが不正です。
指定したパスワードは現在のユーザに対して有効ではありません。
206: カーソルの最大数を超えています。
Scalable SQL リクエスタをロードするとき、同時にアクティブにできる
カーソル ID の最大数を指定することができます。アプリケーションを使用
していて、このステータスコードが返された場合は、ワークステーション
で /V オプションにより大きな数を指定して、Scalable SQL リクエスタの環
境設定を変更します。
1-66 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 66 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
アプリケーションを開発していて、別のカーソル ID を割当てる必要がある
場合は、まず XQLFree (または xFree) を使って、他のカーソル ID のいずれ
かを解放します。すべてのアクティブなカーソル ID をアプリケーションで
使用する必要がある場合は、ワークステーションで /V オプションにより
大きな数を指定して、Scalable SQL リクエスタの環境設定を変更します。
Scalable SQL リクエスタのロードについては、『Scalable SQL User's Guide』
を参照してください。
207: 辞書に存在しない列です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ リストに含まれるいずれかの列が現在アクティブな辞書で定義されて
いません。正しい列名を指定していることを確認してください。
v3.01 互換モードを使用している場合は、名前に含まれるブランクに
対して適切なブランク置換文字を使用していることも確認します。
◆ 指定した列はビュー内のテーブルに属していません。
◆ 列名の代わりに名前付きインデックスを使用しています。Scalable
SQL v4.0 以降では列名を使用する必要があります。Scalable SQL はこ
のインデックス名を列名と解釈しますが、そのような列を見つけるこ
とができません。
◆ SQL ステートメントの SELECT * FROM table を使って列にアクセス
できるのに、名前を使って列にアクセスできない場合は、FIELD.DDF
辞書ファイルが壊れている可能性があります。データ辞書ファイルの
バックアップコピーをリストアしてください。
208: この関数に対して、ポジションパラメータ値が範囲外です。
列リストに含まれる列に対して指定したポジションが範囲外です。有効な
ポジションの範囲は 1 からビュー内の列数までです。また、XQLDescribe
または XQLFormat のポジションに対する値が範囲外の場合にも、このス
テータスコードが返されます。有効な列リストポジションの範囲は 1 から
リストに含まれる列数までです。
ステータスコード 1-67
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 67 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
209: 指定されたユーザ名またはグループ名は不正です。
ユーザ名またはグループ名が現在アクティブな辞書の中に存在しません。
入力した名前に誤りがあるか、ユーザまたはグループがこの辞書へのアク
セス権を持っていません。
210: すべてのデータを保持するにはバッファサイズが不十分です。
Scalable SQL はリクエストされたすべてのデータをデータバッファにコ
ピーできません。大部分の API では、より小さなデータを対象に作業を行
うか、バッファサイズをより大きくします。SQLGetRemoteDatabaseNames
または SQLGetDatabaseNames を使用している場合は、iBufLen をチェック
して、返される名前の数を確認します。さらに別の名前を取得するには、
bDataBuf の先頭 20 文字に前の呼出しで返された最後の名前を設定して、
もう一度関数を呼出します。バッファに十分な長さがあり、各データベー
ス名について 20 バイトを含むことができるのを確認してください。
211: 最大レコードサイズを超えています。
最大のレコードサイズまたはビュー内のすべての列を合計した長さが、
MicroKernel を環境設定したときに指定した [通信バッファサイズ] の設定
値を超えています。ビュー定義からいくつかの列を削除するか、
MicroKernel の環境設定を変更してください。MicroKernel とセットアップ
ユーティリティの詳細については、『Scalable SQL User's Guide』を参照し
てください。
212: 最大インデックスサイズを超えています。
MicroKernel では、1 つのインデックスを構成するすべてのセグメントを合
計した長さは 255 バイトに制限されています。インデックスに含まれる列
の数を少なくしてください。
213: アクティブな辞書に対する選択 (読み取り) 権がありません。
現在アクティブな辞書にはセキュリティがインストールされていて、ログ
インに使用したユーザ名には、このオペレーションで指定したテーブルへ
のアクセス権がありません。テーブルへのアクセス権を持つユーザとして
1-68 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 68 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
ログインしてください。また、Select (読み込み) 権の取得については、
第
1
章
データベース管理者に問い合わせてください。
214: 列レベルの特権を変更する前に、Alter 権を取り消す必要があります。
あるテーブルに対する Alter 権を持っているユーザはそのテーブル内のすべ
ての列に対する Alter 権を持ちます。ユーザに対するテーブルへの Alter 権
を取り消さないかぎり、テーブル内の特定の列へのアクセスを制限するこ
とはできません。
215: ロックフラグが不正です。
xFetch または XQLFetch 呼出しで無効なロックフラグを Scalable SQL に渡
しています。xFetch または XQLFetch 呼出しの詳細については、『Scalable
SQL Programmer's Guide』を参照してください。
218: 1 つの結合で許可されるテーブルの最大数を超えています。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
結合で許可されるテーブルの最大数は、セットアップユーティリティを
使って設定する [Maximum Tables in a Join] 環境設定オプションの値によっ
て決まります (詳細については、『Scalable SQL User's Guide』を参照して
ください)。このオプションでは最大 20 までのテーブルを指定でき、デ
フォルトの設定は 8 です。
あらかじめ定義されているビューを他のテーブルに結合する場合、定義済
みのビューに含まれるテーブル数も最大数に追加されます。たとえば、
[Maximum Tables in a Join] が 8 に設定されていて、結合リストに 5 つの
テーブルを含むビューが含まれている場合、結合リストにはそれ以外に 3
つのテーブルしか追加できなくなります。
219: 1 つの JOIN オペレーションで指定可能な最大インデックスセグメント数は 24 です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
結合条件に最大で 24 の列を使用できます。
ステータスコード 1-69
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 69 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
220: 定義された二次列に一致するインデックスがありません。
第 2 の列として指定した列は、第 2 のテーブルで定義されているインデッ
クスパスのどれとも一致しません。xJoin 呼出しに使用する列名を変更する
か、xDDCreate を使って、そのテーブルに含まれる列を使った名前付きイ
ンデックスを作成します。
221: 式または制限句の構文が不正です
指定した式または制限句に無効な演算子が含まれているか、ステートメン
トが不完全です。構文エラーの適切なバイトオフセットを決定するため、
xCompute または xRestrict プリミティブに対する iExpLen として返された値、
または XQLCompile 関数に対する iStatementLen として返された値を使用で
きます。また、XQLStatus のオプション 1 を使って、エラーに関する情報
を取得することもできます。WHERE 句の詳細については、『Scalable SQL
Reference Guide to SQL』を参照してください。
222: Scalable SQL が現リクエストを処理するにはメモリの割り当てが不十分です。
Scalable SQL では、現在のリクエストを処理するために十分なサイズの
バッファスペースを割当てることができません。他のビューまたはカーソ
ルがアクティブな場合は、それらの一部を解放して、現在のリクエストに
使用するメモリを確保します。サーバベースのエンジンを実行している場
合は、システムにメモリを増設することも検討してください。
223: 式のデータ型が不正です。
式のオペランドに対するデータ型に互換性がありません。たとえば、文字
列 ("XYZ") または数値のオペランドのみを受け付ける演算で、文字列と数
値のオペランド (-6.02E23) を混在させようとしています。他の互換性のな
いデータ型に関連した類似のケースでも同じエラーが発生します。データ
型の互換性については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照して
ください。
1-70 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 70 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
224: 数値データに不正な文字があります。
数値定数に数値でないデータが含まれています。式または制限句に渡した
データに、そのマスクに従った特定のデータ型に対応する有効なデータが
含まれていることを確認してください。有効な数値データの構成要素は、0
から 9 までの ASCII 文字、ピリオド (.)、プラス記号 (+)、およびマイナス
記号 (-) のみです。データ型が MONEY の場合は、ドル記号 ($) も使用で
きます。
225: Scalable SQL で ORDER BY または WITH INDEX のリストに指定できる最大列数
は 119 です。
xDDCreate 、 xDDModify 、 CREATE INDEX ス テ ー ト メ ン ト 、 ま た は
CREATE TABLE ステートメントの WITH INDEX 句を使用しているときは、
インデックスに使用する列リストに最大 119 までの列を指定できます。ま
た、ORDER BY 句または xOrder プリミティブの順序リストにも最大 119 ま
での列を指定できます。
226: レコードカウントが不正です。
xUpdate または xRemove を使ってレコードを更新または削除するとき、最
後の xFetch 呼出しで返されたレコードを超えるレコードを指定することは
できません。また、IRecordCount に 0 を設定すると、xInsert、xFetch、
xRemove、および xUpdate からこのステータスコードが返されます。
227: 式は列名または定数でなければなりません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
計算列または制限句の式は辞書で定義されている有効な列であるか、定数
値でなければなりません。また、計算列を含む制限句を指定し、テーブル
名を使って計算列の名前を修飾していると、このステータスコードが返さ
れます。SQL ステートメントが複数のテーブルまたはビューを対象にして
いる場合は、計算列の名前の代わりに式を使用します。たとえば、
TotalPrice ではなく、Price * 1.08 という形で計算列を参照します。
ステータスコード 1-71
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 71 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
228: バッファ内のデータ長が不正です。
バッファ内のデータの先頭にあるワードの長さがビューの幅を超えていま
す。
229: 既にこのテーブル定義に存在する列です。
テーブル定義内の各列の名前が重複していてはいけません。
230: 制限句が不完全です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
制限句に && または || に続く条件がありません。
231: ビューに列が定義されていません。
ビュー定義には少なくとも 1 つの列が含まれていなければなりません。
232: 列は現在のビューになければなりません。
参照する列は現在のビュー定義に含まれていなければなりません。
234: Scalable SQL は外部インデックスファイルを作成できません。
次の状況が発生しているため、Scalable SQL では、テンポラリファイルを
作成して外部インデックスを構築することができません。
◆ セットアップユーティリティで [外部ソートファイルディレクトリ]
オプションに無効なパスを指定しています。
◆ MicroKernel で許可されているオープンファイルまたはハンドルの最
大数に達しました。セットアップユーティリティを使って、[オープ
ンファイル数] および [ハンドル数] 環境設定オプションの設定値を
大きくし、MicroKernel と Scalable SQL エンジンを再初期化して、オ
ペレーションを再試行してください。詳細については、『Scalable
SQL User's Guide』を参照してください。
1-72 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 72 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ v4.0 より前の Scalable SQL で、列の長さの合計値が 255 バイトを超え
る ORDER BY または GROUP BY 句を使った SQL ステートメントを
指定しています。
235: Fetch, Update, Delete オペレーションのオプション値が不正です。
リレーショナルプリミティブ呼出しで選択したオプションの値が有効であ
ることを確認してください。
クエリーの最適化を変更するオペレーションを実行した後は、Fetch First ま
たは Fetch Last オペレーションを実行してポジショニングを再確立する必
要があります。次のオペレーションがクエリーの最適化を変更します。
◆ 制限句を変更する xRestrict 呼出し
◆ 制限句の中の代替変数に新しい値を設定する XQLSubst 呼出し
たとえば、xRestrict 呼出しを発行した後で Fetch Next または Fetch Previous
オペレーションを実行すると、このステータスコードが返されます。
236: 外部インデックスで処理されたビューは更新できません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ビューが外部インデックスに従ってソートされている場合、Update または
Delete オペレーションを実行することはできません。ビューの更新を行う
前に、ビューのソート順をパーマネントインデックスに従うように変更し
てください。
237: 名前付きインデックスを定義する場合は、インデックスディスクリプタの指定が
必要です。
データ辞書の中で名前付きインデックスを定義するときは、xDDCreate ま
たは xDDModify プリミティブの項で説明されているフォーマットでイン
デックスディスクリプタブロックを指定してください。
ステータスコード 1-73
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 73 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
238: 名前付きインデックスがありません。
名前付きインデックスに指定した名前がデータ辞書内に存在しないか、名
前付きインデックスに対する有効な名前ではありません。
239: ビュー定義内のテーブルがアクティブな辞書にありません。
ストアドビュー定義に含まれているテーブルが辞書内に存在しません。今
後、このビューを呼出すことはできません。DROP VIEW ステートメント
を使って、このビューを削除してください。
240: ビュー定義内の列がアクティブな辞書にありません。
ストアドビュー定義に含まれている列が辞書内に存在しません。今後、こ
のビューを呼出すことはできません。DROP VIEW ステートメントを使っ
て、このビューを削除してください。
241: アプリケーションからシステムテーブルの更新を明示的に行うことはできません。
データ定義ステートメントまたはデータ定義プリミティブのいずれかを実
行すると、システムテーブルが自動的に更新されます。
242: このテーブルに対する Write アクセスがありません。
セキュリティが辞書に対してインストールされているため、テーブルを対
象に書き込みアクセスを行うことができません。
243: 更新しようとした列に Write アクセスのないものがあります。
更新の対象となるすべての列に書き込みアクセスを行うことができません。
244: このテーブル内の列に Write アクセスのないものがあります。
テーブル内のすべての列に書き込みアクセスを行うことができません。こ
のため、レコードを挿入または削除できません。
1-74 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 74 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
245: アプリケーションからシステムテーブルは削除できません。
アプリケーションでは、xDDDrop または DROP TABLE ステートメントを
使ってシステムテーブルを削除することはできません。システムテーブル
を削除するには、辞書を削除してデータベース全体を削除する必要があり
ます。
246: テーブル定義を指定または変更する権利がありません。
テーブル定義を作成、変更、または削除するオペレーションに対するアク
セス権がありません。
247: 指定された列に Read 権のないものがあります。
少なくともリスト内のいずれかの列に読み込みアクセスを行うことができ
ません。
248: 定義されたデータ型に対して、指定されたサイズは不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ このデータ型に指定したサイズが有効なサイズではありません。デー
タ型のサイズについては、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を
参照してください。
◆ v4.0 より前のエンジンで、計算列または辞書の列に指定したサイズが
定義されているデータ型に対して有効ではありません。
249: 列のデータ型が一致していません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
代替列のデータ型は、更新しようとしている列のデータ型と同じでなけれ
ばなりません。
ステータスコード 1-75
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 75 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
250: Scalable SQL はビューをリコールできません。
ビュー定義が現在の辞書定義と一致しません。VIEW.DDF 辞書ファイルが
他の辞書ファイルと同じディレクトリにあることを確認してください。
VIEW.DDF ファイルにアクセスできる場合は、ビューを格納した後で辞書
定義が変更されている可能性があります。この場合はビューをもう一度格
納する必要があります。
251: Scalable SQL は X$View システムテーブルを読み込めません。
VIEW.DDF ファイルを読み込んでいるときに、MicroKernel からファイルエ
ラーが返されました。オペレーションを再試行してください。このステー
タスコードが繰り返し返される場合は、VIEW.DDF ファイルが壊れている
可能性があります。次のような対処を行うことができます。
◆ 『Scalable SQL User's Guide』で説明されているファイル回復操作を行
います。
◆ バックアップからファイルをリストアします。
◆ VIEW.DDF ファイルを再構築します。
252: このオペレーションを実行する前に VIEW.DDF をオープンする必要があります。
X$View 定義がデータ辞書内にあるのに、VIEW.DDF ファイルをオープン
できないと、このステータスコードが返されます。VIEW.DDF 辞書ファイ
ルが他の辞書ファイルと同じディレクトリにあることを確認してください。
253: ビュー定義は適切なバージョンの Scalable SQL で保存されていません。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Scalable SQL v4.0 を使って v3.01 のビューを呼出そうとしました。
ビュー変換ユーティリティを使って、ビューを v4.0 に変換してくだ
さい。
◆ Scalable SQL のあるバージョンを使ってビューを格納し、その後で、
それよりも古いバージョンを使ってそのビューを呼出そうとしました。
ビューの格納に使用したバージョンよりも古いバージョンを使用して
いないことを確認してください。
1-76 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 76 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
254: Scalable SQL は X$View システムテーブルを作成できません。
Scalable SQL が VIEW.DDF ファイルを作成しようとしたときにエラーが発
生しました。データ辞書が格納されているディレクトリ内でファイルを作
成するための、オペレーティングシステム上の権利を持っていることを確
認してください。
255: 列はインデックスとして定義されていません。
xDDIndex オペレーションを使って指定した列はインデックスとして定義さ
れていません。
256: Insert, Update, Delete オペレーションには少なくとも1つはテーブルの指定が必要
です。
挿入、更新、または削除オペレーションに対して少なくとも 1 つのテーブ
ル名を指定していることを確認してください。
257: 指定されたテーブルは既に定義されています。
テーブルに指定した名前は既に辞書内に存在します。別の名前を選択する
か、まず現在のテーブル定義を削除してください。
258: Scalable SQL は辞書内のテーブル定義を更新できません。
既存のテーブル定義を更新しているときに MicroKernel のエラーが発生し
ました。このステータスコードは通常、I/O エラーが発生したことを示して
います。もう一度オペレーションを実行してください。
259: Scalable SQL は辞書に新規のテーブル定義を挿入できません。
新しいテーブル定義をシステムテーブルに挿入したときに MicroKernel の
エラーが発生しました。このステータスコードは通常、I/O エラーが発生し
たことを示しています。もう一度オペレーションを実行してください。
ステータスコード 1-77
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 77 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
260: Scalable SQL は X$Rights システムテーブルを更新できません。
X$Rights システムテーブルを更新しているときに MicroKernel のエラーが
発生しました。このステータスコードは通常、I/O エラーが発生したことを
示しています。もう一度オペレーションを実行してください。
261: 可変長列はビューまたはテーブル定義の最後に定義しなければなりません。
ビューまたはテーブル定義で NOTE または LVAR 列を定義するとき、その
列は定義の最後の列でなければなりません。また、既に NOTE または
LVAR 列を含むテーブル定義に可変長列を追加しようとした場合にも、こ
のステータスコードが返されます。
262: 可変長列はインデックスに定義できません。
テーブル内のインデックスとして NOTE または LVAR 列を使用することは
できません。
263: 可変長列でビューのソートは行えません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ビューに対するソート列として NOTE または LVAR 列を指定することはで
きません。
264: マスタユーザ名の作成、変更、削除は行えません。
xUser を使って、マスタユーザ権の作成、変更、または削除を行うことは
できません。マスタユーザは常に辞書全体へのアクセス権を持ちます。
265: セッション ID が不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ xLogin または XQLLogin を呼出す前に、Scalable SQL API 関数を呼出
そうとしました。
1-78 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 78 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ セッションがサーバで非同期的にリセットされた後で、Scalable SQL
API 関数を呼出そうとしました。
◆ xLogin または XQLLogin を呼出す前に、有効なセッション ID を必要
とする Scalable SQL API 関数を呼出そうとしました。
◆ 無効なセッション ID を使って xPutSessionID 関数を呼出そうとしまし
た。xPutSessionID を呼出す前にまず XQLLogin (または xLogin) を正
常に呼出して、有効なセッション ID を取得しておく必要があります。
266: Scalable SQL ライセンス数の最大数に達しました。
使用中の Scalable SQL のユーザカウントが許可する Scalable SQL ログイン
ライセンスの最大数に達しているため、別のログインセッションを確立す
ることができません。Scalable SQL のモニタユーティリティを使用すると、
現在、どのユーザが Scalable SQL に接続しているかを確認することができ
ます。追加のユーザカウントを購入してインストールする方法については、
『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
269: Scalable SQL は X$User システムテーブルを作成できません。
Scalable SQL はデータ辞書に対する X$User システムテーブルを定義できま
せん。クエリーを実行して X$User テーブルが既に存在するかどうかを
チェックし、さらにデータベース内でデータ要素の名前として X$User ま
たはその列名 (Xu$ID、Xu$Name、Xu$Password、または Xu$Flags) が使用
されていないことを確認します。データベース内のどこか (テーブルまた
はインデックス名など) でこれらの名前が使用されていると、Scalable SQL
はこれらの名前を使って X$User テーブルを作成できません。
複数のユーザがデータベースに対して同時にセキュリティをインストール
しようとした場合にも、このステータスコードが返されます。
270: Scalable SQL は X$User システムテーブルをオープンできません。
X$User システムテーブルをオープンしようとしたときに MicroKernel のエ
ラーが発生しました。オペレーションを再試行してください。それでもこ
のステータスコードが返される場合は、次のいずれかの操作を行います。
ステータスコード 1-79
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 79 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ セットアップユーティリティを使って、MicroKernel の [オープン
ファイル数] および [ハンドル数] オプションの設定値を大きくしま
す。MicroKernel と Scalable SQL エンジンを再起動して、オペレー
シ ョ ン を 再 試 行 し ま す 。 詳 細 に つ い て は 、 『 Scalable SQL User's
Guide』を参照してください。
◆ バックアップからすべてのシステムテーブルをリストアします。
271: Scalable SQL は X$Rights システムテーブルを作成できません。
Scalable SQL はデータ辞書に対する X$Rights システムテーブルを定義でき
ません。システムテーブルのクエリーを実行して X$Rights テーブルが既に
存在するかどうかをチェックし、さらにデータベース内でデータ要素の名
前として X$Rights またはその列名 (Xr$User、Xr$Table、Xr$Column、また
は Xr$Rights) が使用されていないことを確認します。データベース内のど
こか (テーブルまたはインデックス名など) でこれらの名前が使用されて
いると、Scalable SQL はこれらの名前を使って X$Rights テーブルを作成で
きません。
複数のユーザがデータベースに対して同時にセキュリティをインストール
しようとした場合にも、このステータスコードが返されます。
272: Scalable SQL は X$Rights システムテーブルをオープンできません。
X$Rights システムテーブルをオープンしようとしたときに MicroKernel の
エラーが発生しました。オペレーションを再試行してください。それでも
このステータスコードが返される場合は、次のいずれかの操作を行います。
◆ セットアップユーティリティを使って、MicroKernel の [オープン
ファイル数] および [ハンドル数] オプションの設定値を大きくしま
す。MicroKernel と Scalable SQL エンジンを再起動して、オペレー
シ ョ ン を 再 試 行 し ま す 。 詳 細 に つ い て は 、 『 Scalable SQL User's
Guide』を参照してください。
◆ バックアップからすべてのシステムテーブルをリストアします。
1-80 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 80 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
273: Scalable SQL は X$User システムテーブルの読み取りまたは更新を行えません。
X$User システムテーブルにアクセスしようとしたときに MicroKernel のエ
ラーが発生しました。オペレーションを再試行してください。それでもこ
のステータスコードが返される場合は、次のいずれかの操作を行います。
◆ MicroKernel と Scalable SQL エンジンを再起動して、オペレーション
を再試行します。詳細については、『Scalable SQL User's Guide』を参
照してください。
◆ バックアップからすべてのシステムテーブルをリストアします。
274: Scalable SQL はオーナネームをデータファイルに割り当てられません。
CREATE TABLE、xDDCreate、または xDDModify オペレーションの実行中
にオーナネームを指定しようとしたときに MicroKernel のエラーが発生し
ました。有効なオーナネームを指定していることを確認してください。
275: 既に辞書に存在するユーザまたはグループです。
xUser か、CREATE GROUP または GRANT LOGIN ステートメントで定義し
ようとしたユーザまたはグループが既にデータ辞書の中で定義されていま
す。別の名前を選択するか、必要ない場合は現在のユーザまたはグループ
を削除します。
276: このオペレーションはマスタユーザのみ実行可能です。
xSecurity 呼出しを実行してセキュリティを無効にできるのは、マスタユー
ザのみです。
277: アクセス権コードが不正です。
アクセス権コードに指定できる有効な値は 0、1、または 2 です。
278: オプションが不正です。
最後の API 呼出しでオプションに指定した値が有効ではありません。その
関数では指定した値はサブファンクションとしてサポートされていません。
ステータスコード 1-81
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 81 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
サブファンクションとして有効な値、または有効な値の組み合わせを指定
する必要があります。有効なオプション値については、『Scalable SQL
Programmer's Guide』を参照してください。
279: 指定されたデータ型に対してマスクが不正です。
指定したマスクには、列のデータ型に対応する有効なマスク文字が含まれ
ていません。マスクをチェックし、その中の文字が有効であることを確認
してください。編集マスク文字の詳細については、『Scalable SQL Database
Design Guide』を参照してください。長さが最大長 (30 バイト) を超えるマ
スクを渡した場合にも、このステータスコードが返されます。
280: USING 句に不正なパス名があります。
パス名が有効であることをチェックしてください。また、ディレクトリが
存在し、有効であることも確認します。バウンドデータベースまたは名前
付きデータベースにログインする場合は、単純なファイル名または相対パ
スのいずれかを使用する必要があります。相対パスを指定すると、データ
ベース名に関連づけられている先頭のデータファイルのパスを基準にする
ものと解釈されます。
281: 現在の辞書に定義されていない属性です。
xDDAttr Fetch オペレーションまたは SET MASK ステートメントでリクエス
トした属性は現在のデータ辞書内では定義されていません。
282: 指定されたデータに不正な文字があります。
データバッファ内の列に対するデータには、X$Attrib システムテーブルで
指定されている有効な文字セットの文字ではない文字が含まれています。
その列に対するデータ検証規則がその列に指定した値を許容するかどうか
を確認します。有効な値の一覧については、データベース管理者に問い合
わせてください。
1-82 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 82 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
283: 列値が有効値の範囲外です。
データバッファ内の列値は、X$Attrib システムテーブルでその列に対して
指定されている値の範囲外にあります。その列に対するデータ検証規則が
その列に指定した値を許容するかどうかを確認します。有効な値の一覧に
ついては、データベース管理者に問い合わせてください。
284: 列値が有効値のリスト外です。
データバッファ内の列値は、X$Attrib システムテーブルでその列に対して
指定されている値リストの中に含まれていません。その列に対するデータ
検証規則がその列に指定した値を許容するかどうかを確認します。有効な
値の一覧については、データベース管理者に問い合わせてください。
285: Scalable SQL はシステムテーブルをオープンできません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
指定したディレクトリ内にあるデータ辞書をオープンできません。ディレ
クトリパスを正しく指定していること、指定したディレクトリに適切なシ
ステムテーブルが含まれていること、および指定したディレクトリ内の
ファイルを読み書きするためのアクセス権を持っていることを確認してく
ださい
286: セキュリティが既にオンになっている場合はオンに (オフになっている場合はオフ
に) できません。
既に有効になっているときはセキュリティを有効にできません。また、既
に無効になっているときはセキュリティを無効にできません。
287: 現在アクティブなデータ辞書がありません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
xLogin または XQLLogin を使ってログインする前、または xPutSessionID を
使って有効なセッション ID を設定する前に、プリミティブを呼出そうとし
ステータスコード 1-83
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 83 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
ました。ログインまたはセッション ID の設定が正常に終了している場合は、
Scalable SQL の内部エラーが発生しています。
288: データ辞書は使用中です。
ユーザがまだログインしているため、データ辞書を削除できません。デー
タ辞書を削除する前に、そのデータ辞書を対象とするすべての操作を完了
しておく必要があります。
289: 指定された辞書名は不正です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
指定したデータ辞書名はデータベース環境設定ファイルの中にありません。
名前が有効であることを確認するか、Scalable SQL のセットアップユー
ティリティを使って、その名前を環境設定ファイルに追加してください。
290: 指定されたデータ辞書は既に存在します。.
指定したデータ辞書は既に存在します。また、xDD 呼出しで置換オプショ
ンを指定していないか、CREATE DICTIONARY ステートメントで WITH
REPLACE 句を使用していません。既存の辞書を置き換えるには、置換オ
プションを指定した xDD 呼出しを発行するか、CREATE DICTIONARY ス
テートメントで WITH REPLACE 句を使用してください。
291: 指定されたディレクトリにはデータ辞書がありません。
削除する辞書に指定したディレクトリには、Scalable SQL の有効なデータ
辞書が含まれていません。パスを正しく指定していることを確認してくだ
さい。
292: 月に対する数値が不正です。
月に指定できる数値の範囲は 1 から 12 までです。
1-84 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 84 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
293: 月の日にちに対する数値が不正です。
日に指定できる数値の範囲は 1 からその月の日数までです。
294: 指定された NUMERIC TIME 値は有効範囲外です。
時刻マスクに ap (am/pm の) を指定していない場合、時に指定できる数値の
範囲は 0 から 23 までです。時刻マスクに ap (am/pm の) を指定している場
合、時に指定できる数値の範囲は 1 から 12 までです。分と秒には 0 から
59 までの範囲の数値を指定する必要があります。また、1/100 秒には 0 か
ら 99 までの範囲の数値を指定しなければなりません。
295: 指定されたオープンモード値は不正です。
SET OPENMODE ステートメントで無効なオープンモードを発行しました。
データファイルを対象とする有効なオープンモードは、「アクセラレイ
ティド」、「エクスクルーシブ」、「ノーマル」、「リードオンリー」、
および「ベリファイ」です。v3.1 より前の Scalable SQL では、有効なオー
プンモードを指定していることを確認してください。オープンモードとし
て指定できる有効な数値は 0、-1、-2、-3、および -4 です。
296: Scalable SQL はファイル統計情報を取得するためのデータファイルをオープンで
きません。
Scalable SQL は、ファイル統計情報を取得するためにデータファイルを
オープンすることができません。次のいずれかの原因が考えられます。
◆ ファイルがロックされています。
◆ ファイルが存在しません。
◆ ファイルにアクセスするために必要な権限がありません。たとえば、
ファイルにオーナネームが設定されています。
ファイルのパスをチェックしてください。パスが正しいのに繰り返しこの
ステータスコードが返される場合は、別のユーザがファイルを所有してい
るか、トランザクション内でファイルがロックされているか、またはファ
イルがエクスクルーシブモードでオープンされています。
ステータスコード 1-85
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 85 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
297: ビューから列を削除できません。
v3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ビューが制限句または順序リストを参照している場合、そのビューから列
を削除することはできません。
298: 文字定数内に対応しないクォーテーションがあります。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
文字列定数に文字列の先頭と末尾を示すシングルクォーテーションマーク
(') が含まれていません。また、AND または OR を使って、EXISTS 節を
WHERE 節に含まれる 1 つまたは複数の式に結合するときにも、このス
テータスコードが返されます。このステータスコードが返されないように
するには、EXISTS 句の前後をカッコ ( ) で囲んでください。
299: tableName:n.columnName の結合インデックスが不正です。
n は、1 からビュー内に同じテーブルが現れる回数までの数値です。
300: 条件計算列には :: 演算子が必要です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
条件付き計算列には、条件の第 2 の部分を示す :: 演算子が含まれている必
要があります。
301: ビューに制限句が定義されていません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
このビューには制限句が定義されていないため、別の条件を追加すること
はできません。制限句は && または || 接続子で始めないでください。
1-86 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 86 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
302: 指定された列は計算列ではありません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
計算列の記述をリクエストしましたが、指定したポジションを持つ列は辞
書列であり、計算列ではありません。計算列のポジションを指定してくだ
さい。
303: ビューに複数のファイルがある場合は、現在のソートインデックスを更新できま
せん。
このステータスコードは Scalable SQL v3.0 以降では使用されません。
結合ビュー内の現在のソートインデックスは更新できません。Scalable SQL
では、ファイルを更新するときに、このインデックスを使って読み込みを
行っているためです。
304: 他のユーザのパスワードは変更できません。
別のユーザのパスワードを変更できるのはマスタユーザだけです。
305: 指定されたビューは現在の辞書にありません。
現在の辞書には、指定した名前のビュー定義は含まれていません。
VIEW.DDF 辞書ファイルが他の辞書ファイルと同じディレクトリにあるこ
とを確認してください。
306: ビュー定義の格納中にエラーが発生しました。
Scalable SQL がビュー定義をデータ辞書に格納しようとしたときに、オペ
レーティングシステムまたは MicroKernel の I/O エラーが発生しました。
Scalable SQL では定義を格納できません。繰り返しこのステータスコード
が返される場合は、VIEW.DDF ファイルが壊れている可能性があります。
次のいずれかの操作を行います。
◆ 『Scalable SQL User's Guide』の説明に従ってファイルを回復します。
ステータスコード 1-87
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 87 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ バックアップからファイルをリストアします。
◆ VIEW.DDF ファイルを再構築します。
307: JOIN で指定された計算列はビューに存在しません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
結合条件に計算列を指定する前に、まず計算列をビューに追加してくださ
い。
308: Scalable SQL はシステムテーブルからマスタパスワードを読み取れません。
このステータスコードを返すのは DOS エンジンのみです。オペレーティン
グシステム上で辞書ファイルにアクセスするための適切なアクセス権を
持っていることを確認して、オペレーションを再試行してください。
309: 有効なオーナアクセスコードは 0, 1, 2, 3 です。
xDDCreate または xDDModify オペレーション、あるいは CREATE TABLE
ステートメントで、無効なオーナアクセスコードを指定しました。有効な
オーナアクセスコードの範囲は 0 から 3 までです。CREATE TABLE ステー
トメントの詳細については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照
してください。
310: 指定されたテーブルの中に Read アクセスのないものがあります。
リストに含まれている少なくとも 1 つのテーブルに読み込みアクセスを行
うことができません。そのテーブルをリストから削除するか、テーブルへ
のアクセス権を取得するか、あるいはテーブルにアクセスできるユーザと
してログインしてください。
311: 実行中のトランザクション処理はありません。
セッションがトランザクションに入ることを必要とするオペレーションを
実行しようとしました。SAVEPOINT、ROLLBACK、または COMMIT ス
1-88 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 88 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
テートメントを使用するためには、トランザクションに入る必要がありま
第
1
章
す。
312: Scalable SQL がトランザクションを中止しました。
トランザクションが完了する前に、xLogout、XQLLogout、xReset、xStop、
または XQLStop 呼出しのいずれかを発行しようとしました。Scalable SQL
は、トランザクション内で実行されたオペレーションをすべてロールバッ
クしました。
313: 既にトランザクション処理を開始しています。
トランザクションがまだアクティブな場合、START TRANSACTION ステー
トメントを発行したり、xTrans のオプション 0 (トランザクションの開始)、
3 (カーソル安定性分離レベルを使ったトランザクションの開始)、または 4
(排他的分離レベルを使ったトランザクションの開始) のいずれかを呼出す
ことはできません。トランザクションのネストが必要な場合は、
SAVEPOINT ステートメントを使います。
314: Scalable SQL はトランザクションを開始できません。破損ファイルを修復する必
要があります。
トランザクション内でオープンしようとしたファイルは壊れており、回復
する必要があります。現在のトランザクションを完了するか中止してくだ
さい。『Scalable SQL User's Guide』で説明されているファイル回復操作を
行うか、バックアップからファイルをリストアします。
315: アプリケーションは、トランザクション内で辞書パスまたはデータパスを変更で
きません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
アプリケーションがトランザクション内で xDDPath オペレーションを発行
しました。このステータスコードは、アプリケーションが SET DDPATH ま
たは SET DATAPATH ステートメントを実行しようとしたときにも返され
ステータスコード 1-89
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 89 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
ることがあります。現在の辞書またはデータファイルのパスを変更する前
に、トランザクションをコミットまたは中止する必要があります。
注意
xDDPath プリミティブと SET DATAPATH ステートメントは将来のバージョンでは
廃止される予定です。現在のバージョンでは、SET DDPATH ステートメントは使用
されません。
316: Scalable SQL エンジンまたはリクエスタはアンロードできません。
DOS 環境で、このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Scalable SQL をロードした後で別の常駐終了型 (TSR) プログラムを
ロードしているときに、Scalable SQL をアンロードしようとしました。
Scalable SQL をアンロードする前に、他の TSR をアンロードしてくだ
さい。
◆ Rational Extended DOS アプリケーションから Scalable SQL をアンロー
ドしようとしました。
◆ Scalable SQL リクエスタをアンロードする前に、Btrieve リクエスタを
アンロードしようとしました。Btrieve リクエスタをアンロードする
前に、Scalable SQL リクエスタをアンロードする必要があります。
317: 他のユーザがトランザクション内で辞書をロックしています。
現在、別のユーザがトランザクション中に辞書をロックしているため、こ
の時点で辞書にアクセスすることはできません。オペレーションを再試行
してください。
318: 読み取り専用のビューは更新できません。
読み込み専用として定義されているビューを対象に挿入、更新、または削
除オペレーションを実行することはできません。ビューが読み込み専用に
なる条件については、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してく
ださい。
1-90 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 90 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
319: 定義された列属性に対して、リスト内の値は不正です。
リスト内の値は、関連する列に対して以前に定義した他の属性と一致して
いる必要があります。X$Attrib テーブルを対象にクエリーを実行し、その
列に対して定義した属性を調べてください。
320: 定義された列属性に対して、リスト内の文字は不正です。
リスト内の文字は、関連する列に対して以前に定義した他の属性と一致し
ている必要があります。X$Attrib テーブルを対象にクエリーを実行し、そ
の列に対して定義した属性を調べてください。
321: 定義された列属性に対して、指定されたデフォルト値は不正です。
列に対して定義するデフォルト値は、その列に対して以前に定義した他の
属性と一致している必要があります。X$Attrib テーブルを対象にクエリー
を実行し、その列に対して定義した属性を調べてください。
322: 定義された列属性に対して、指定された範囲値は不正です。
列に対して定義する値の範囲は、その列に対して以前に定義した他の属性
と一致している必要があります。X$Attrib テーブルを対象にクエリーを実
行し、その列に対して定義した属性を調べてください。
323: アクティブビューに定義されたテーブルで、指定されたオペレーションは実行で
きません。
現在アクティブビューで使用されているテーブルを対象に、指定したオペ
レーションを実行することはできません。現在別のアプリケーションやア
プリケーション内の別のカーソル ID で使用されているテーブルの定義を変
更または削除しようとする場合にも、このステータスコードが返されます。
v4.0 より前の Scalable SQL では、データファイルをエクスクルーシブモー
ドでオープンするように Scalable SQL に要求するオペレーションをリクエ
ストすると、このステータスコードが返されます。別のタスクがデータ
ファイルをオープンしているため、リクエストしたオペレーションを完了
ステータスコード 1-91
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 91 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
することができません。サーバ環境では、モニタユーティリティを使って、
どのタスクがファイルをオープンしているか確認することができます。
324: 制限句または計算列に対応しない小カッコがあります。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
計算列または制限句の中のカッコの数が一致しません。左右のカッコが対
になっていること、制限句または計算列の長さが制限を超えていないこと、
および制限句または計算列に ASCII テキストのみが含まれていることを確
認してください。
325: 列の長さの合計は 4 バイト以上、32,765 バイト未満でなければなりません。
テーブル定義の行全体の長さ (可変長列を含めた) は、少なくとも 4 バイ
ト以上で 32,765 バイト未満でなければなりません。
326: Scalable SQL は内部スタック領域をオーバフローしました。
計算列または制限句を定義している場合は、計算列または制限句のサイズ
を小さくしてください。
327: 少なくとも 1 つはインデックスを NULL 属性なしで定義する必要があります。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
テーブルを定義するときには、NULL 属性を含まない少なくとも 1 つのイ
ンデックスを定義する必要があります。
328: DATE, TIME, TIMESTAMP データ型を使用している制限句または計算列の構文が不
正です。
制限句または計算列に、DATE、TIME、または TIMESTAMP 型の無効な構
文が含まれています。
1-92 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 92 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
329: 小数位に指定された数値が列サイズを超えています。
L,D (全体の桁数、小数点以下の桁数) フォーマットを使って NUMERIC、
NUMERICSA、または NUMERICSTS 型の小数点を含む数値を指定するとき、
D (小数点以下の桁数) に指定する値は L (列の長さ) に指定する値以下でな
ければなりません。たとえば、NUMERIC (5,3) は有効ですが、NUMERIC
(5,6) は無効です。
DECIMAL 型はパックされるため、L,D フォーマットに使用できる値は
NUMERIC、NUMERICSA、または NUMERICSTS 型の場合とは異なります。
各桁は 1/2 バイトの記憶容量を占め、正負の記号にも 1/2 バイトを使用しま
す。パックされた列の内部サイズは M/2 + 1 となります。ここで M は、表
示可能な有効桁数を表します。その結果、次の例では小数点以下の 3 桁を
含む有効桁数 9 桁の数値が表示されます (xxxxxx.yyy)。
DECIMAL (5,3)
次の例では、小数点以下の 6 桁を含む有効桁数 9 桁の数値が表示されます
(xxx.yyyyyy)。
DECIMAL (5,6)
小数点以下の桁数 (12) が表示可能な有効桁数 (9) を超えてしまうため、
次の例は無効です。
DECIMAL (5,12)
このステータスコードはステータスコード 806 と同じ意味を持ちます。
330: データは適切なマスクでフォーマットされていません。
XQLConvert (または xConvert) を使用している場合は、データ型に対応した
デフォルトマスクまたは XQLConvert (または xConvert) の sMask パラメー
タで指定されたマスクに従ってフォーマットされているデータを
XQLConvert (または xConvert) に送る必要があります。
計算列 (列のリストに式を入力する) を使用している場合は、すべての
データ型についてデフォルトマスクを使用する必要があります。
行を挿入する場合、Scalable SQL では次のすべての条件を満たすビューに
行を挿入することはできません。
ステータスコード 1-93
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 93 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ ビューに LOGICAL 列を持つテーブルが含まれている。
◆ LOGICAL 列にデフォルト値が割当てられていて、文字列 (「yes-no」
など) を使用するマスクを使用している。
◆ LOGICAL 列がビューに含まれていない。
このステータスコードが返されないようにするには、ビューに LOGICAL
列を含めるか、マスクを文字列ではなく「0-1」に変更します。
331: グループで実行されたオペレーションが不正です。
次の条件により、このステータスコードが返されます。
◆ ユーザを存在しないグループに追加しようとしました。
◆ グループのメンバであるユーザのアクセス権を変更しようとしました。
グループのアクセス権を変更するか、まず目的のユーザをグループか
ら削除した後でユーザの再定義を行う必要があります。
◆ まだメンバが定義されているグループを削除しようとしました。グ
ループを削除する前に、すべてのユーザをグループから削除する必要
があります。
332: Scalable SQL v3.x の辞書を使用するには、辞書の変換が必要です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
辞書が有効でないか、v3.x より前の Scalable SQL で作成されています。
333: Scalable SQL はインデックス定義を格納できません。
Scalable SQL は現在のビューで使用するインデックス定義を格納できませ
ん。オペレーションを再試行してください。それでもこのステータスコー
ドが返される場合は、INDEX.DDF ファイルが壊れている可能性があります。
『Scalable SQL User's Guide』で説明されているファイル回復操作を行うか、
バックアップからファイルをリストアします。
1-94 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 94 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
334: インデックス名は辞書内で一意であり、またどの列名とも一致してはいけません。
新しいインデックスに指定した名前は辞書の中で既にインデックス名また
は列名として使用されています。インデックスには重複のない名前を指定
してください。
335: 指定された結合オプションは不正です。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
有効な xJoin オプションの範囲は 0 から 6 までです。
336: 可変長データ値を変換するのに xConvert または XQLConvert は使用できません。
xConvert または XQLConvert を使って、LVAR または NOTE 型のデータ値
のフォーマットまたはフォーマット解除を行うことはできません。
337: 指定されたパス名は最大長を超えています。
パス名の長さが半角 64 文字を超えてはいけません。
338: ビューがアクティブな場合、セキュリティを有効/無効にできません。
セキュリティの有効と無効を切り替えることができるのは、データベース
がアクティブでないときだけです。操作を続ける前に、すべてのユーザが
辞書からログアウトしていて、すべてのビューが解放されていることを確
認してください。
339: 自己結合を含むビューでは Insert, Update, Delete オペレーションは実行できません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
テーブルをそれ自体に結合しているビューを対象に挿入、更新、または削
除オペレーションを実行することはできません。
ステータスコード 1-95
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 95 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
340: BIT データ型の列はインデックスに定義できません。
インデックスに BIT 型の列を含めることはできません。
341: AUTOINC データ型のインデックスは一意でなければなりません。
AUTOINC 型は重複値をサポートしない特殊なデータ型です。このデータ
型をセグメントインデックスの 一部として定義できるのは、 AUTOINC
キーのキー番号がセグメントキーのキー番号よりも小さい場合だけです。
342: 式中のスカラ関数のパラメータが不正です。
スカラ関数に指定するパラメータのいずれかに無効な値が含まれているか、
パラメータのデータ型が不正です。長さまたはオフセットを指定するパラ
メータは整数データ型でなければなりません。
343: PUBLIC グループでは無効なオペレーションです。
PUBLIC グループは予約されています。このため、PUBLIC グループを作成
したり、PUBLIC グループを辞書から削除することはできません。また、
PUBLIC グループにユーザを追加することもできません。
344: DOS のリネーム関数に失敗しました。
ALTER TABLE ステートメントを発行して、既存のデータファイルを置き
換えることができないと、このステータスコードが返されます。このス
テータスコードが返される最も一般的な原因は、データファイルにトラン
ザクションフラグが設定されていることです。
345: 計算列名が不正です。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
xCompute 関数を使用するとき、無効な計算列 (たとえば、すべてブランク
の) を指定することはできません。また、ビュー定義に含まれるそれぞれ
の計算列について、同じ名前を重複して指定することはできません。
1-96 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 96 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
346: Scalable SQL は演算オーバフローを検出しました。
このステータスコードが返された場合はオペレーションを再試行してくだ
さい。それでも同じステータスコードが返される場合は、特定の SQL ス
テートメントまたはリレーショナルプリミティブ呼出しに問題があると考
えられます。
347: 列ディスクリプタがありません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
xDDCreate または xDDModify でオプション 0 を使用するときは、少なくと
も 1 つの列ディスクリプタを定義する必要があります。
348: Scalable SQL は指定された名前付きデータベースを見つけられません。
Scalable SQL が検索できないデータベース名を指定しています。まず、
データベースを正しく入力していることを確認してください。名前が正し
い場合は、次の操作を行います。
◆ Windows、Windows 95、または Windows NT を使用していて、ローカ
ルエンジンで定義されているデータベース名を検索している場合は、
DBNAMES.CFG ファイルが Windows ディレクトリにあることを確認
してください。セットアップユーティリティを使って、名前が定義さ
れていることを確認します。
◆ ネットワーク上で定義されているデータベース名を検索している場合
は、SQLScope を使って、データベース名がネットワーク上にアドバ
タイズされているかどうかを確認します
(DOS の 場 合 、
DBNAMES.CFG ファイルは BTI.CFG ファイルの DBNamesDirectory パ
ラメータで定義されたディレクトリにあります)。
◆ 名前がアドバタイズされている場合は、そのデータベース名を
使って SQLScope からログインします。これで正常にログインで
きる場合、問題は使用中のアプリケーションにあります。ローカ
ルエンジンを使っているときにログインできない場合は、ワーク
ステーション環境がリモートエンジンの使用を許可するように環
ステータスコード 1-97
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 97 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
境設定されていることを確認してください。環境設定の詳細につ
いては、『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
◆ 名前がアドバタイズされていない場合は、その名前が定義されて
いるサーバで Scalable SQL が実行されていることを確認してくだ
さい。また、データベース名がセットアップユーティリティを
使ってサーバ上で環境設定されていることも確認してください。
データベース名の定義については、『Scalable SQL User's Guide』
を参照してください。
349: 指定された値は、列に定義された最大長を超えています。
INSERT または UPDATE ステートメント、あるいは xInsert、xUpdall、また
は xUpdate 呼出しで指定したデータ値が列に定義されている最大長を超え
ています。
350: この辞書のセキュリティは有効になっていません。
セキュリティが有効になっているときだけ完了できるオペレーションを実
行しようとしました。しかし、データベースセキュリティは有効になって
いません。オペレーションを正常に実行するには、まず関連するデータ
ベースを対象にセキュリティを有効にする必要があります。
351: トランザクションはまだ開始されていません。
SQL ステートメントを使用している場合は、トランザクションに入ること
な く COMMIT ま た は ROLLBACK ス テ ー ト メ ン ト を 指 定 し ま し た 。
COMMIT または ROLLBACK ステー トメント を指定す る前に、 START
TRANSACTION を使ってトランザクションを開始しておく必要があります。
リレーショナルプリミティブを使用している場合は、トランザクションに
入ることなく、xTrans のオプション 1 (トランザクションの終了) またはオ
プション 2 (トランザクションの中止) を実行しようとしました。まず、
xTrans のオプション 0 (トランザクションの開始)、3 (カーソル安定性分離
レベルを使ったトランザクションの開始)、または 4 (排他的分離レベルを
使ったトランザクションの開始) のいずれかを使ってトランザクションを
開始する必要があります。
1-98 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 98 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
352: レコードカウントは 0 より大きくなければなりません。
xFetch 呼出しのオプション 0 から 5 に対するレコードカウントは少なくと
も 1 でなければなりません。
353: データ定義に矛盾があります。
データファイルの定義が辞書内の定義と一致しません。
注意
サードパーティ製の辞書を使用している場合、このような不一致を解決するために
は辞書の開発元に問い合わせを行う必要があります。自分で作成したものでないか
ぎり、辞書またはファイル定義は変更しないでください。
このステータスコードは次の条件で返されます。
◆ 列を更新する場合、レコード内へのオフセットが辞書で定義されてい
るレコード長の末尾を超えています。
◆ レコードの挿入を準備しているとき、辞書で定義されているレコード
長がデータファイルのレコード長を超えていることが判明しました。
いずれの場合も、固定長列の合計サイズがレコード長に等しいことを確認
してください。
1. SQLScope の [Table Statistics] コマンドを使って、固定長列のサイズを
表示します。
2. 固定長列のサイズを合計します。BIT 列のサイズは調整します。BIT 列
では、連続する最大 8 ビットが 1 バイトに含まれます。
3. 操作環境によって、メンテナンスユーティリティの [STAT] コマンド、
SQLScope、または Btrieve の Status オペレーションのいずれかを使って
ファイルのレコード長を取得します。
4. 辞書の列の合計値とレコード長を比較します。
5. ファイルまたは辞書定義のどちらが正しいかを決定します。
◆ 辞書定義が正しい場合、定義に合わせてファイルを作成し直しま
す。
◆ ファイルが正しい場合は、ALTER TABLE を使用し、ファイルに
合わせて辞書定義を更新します。
ステータスコード 1-99
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 99 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
354: 指定された API の iCount パラメータが正しく設定されていません。
iCount パラメータはゼロ以上で、指定した API の最大値を超えない値で
なければなりません。API の記述をチェックして、iCount パラメータに正
しい値が設定されていることを確認します。
357: DDF は同期していないか、または破損しています。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ DDF ファイルが壊れています。現在の DDF ファイルをバックアップ
コピーと置き換え、配布された DDF のセットに戻って再度トレース
を行ってください。
◆ v3.01 VIEW.DDF ファイルを v4.x フォーマットに変換する前に、辞書
にログインしようとしました (v4.0 モードで)。ビュー変換ユーティ
リティを使って、VIEW.DDF ファイルを変換するか、ビューのテキス
トを再サブミットしてください。これらのユーティリティの詳細につ
いては、Scalable SQL v4.0 README ファイルを参照してください。
358: Scalable SQL は列 X$File.Xf$Id に値を代入できませんでした。
作成するテーブルに重複がなく未使用の ID を割当てることができませんで
した。32,767 を超えるテーブルを作成することはできません。新しいテー
ブルを作成する前に不要なテーブルを削除する必要があります。
359: Scalable SQL は列 X$Field.Xe$Id に値を代入できませんでした。
テーブルに対して作成する列に重複がなく未使用の ID を割当てることがで
きませんでした。1 つのテーブルに 32,767 を超える列を作成することはで
きません。新しい列を作成する前に不要な列を削除する必要があります。
360: Scalable SQL は列 X$Index.Xi$Number に値を代入できませんでした。
テーブルに対して作成するインデックスに重複がなく未使用の番号を割当
てることができませんでした。1 つのテーブルに 32,767 を超えるインデッ
クスを作成することはできません。新しいインデックスを作成する前に不
要なインデックスを削除する必要があります。
1-100 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 100 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
361: 指定されたコレーティングシーケンスは辞書定義と一致していません。
列に定義したコレーションシーケンスが辞書で定義されているものと異な
ります。辞書で定義されているコレーションシーケンスを使用する必要が
あります。
362: 実行しようとしたオペレーションは、現在の互換モードでは実行できません。
実行しようとしたオペレーションはセッションの現在の互換モードでは許
可されません。このステータスコードが返される原因としては次のものが
考えられます。
◆ v3.01 モードで実行されるアプリケーションでは次のいずれかです。
◆ ストアドプロシージャの作成または呼出しを行おうとした。
◆ トリガを宣言しようとした。
◆ セッション変数またはセッションカーソルを宣言しようとした。
◆ v4.0 モードで実行されるアプリケーションでは次のいずれかです。
◆ ストアドステートメントの作成または呼出しを行おうとした。
◆ ビュープリミティブ (xNew、xJoin、xField、xRestrict、xOrder、
xCompute、xStore、xRecall、または xMovefld) を実行しようとし
た。
◆ SET BLANK ステートメントまたは xChar を使って、ブランク置換
文字を設定しようとした。
363: このトリガは辞書に存在しません。
指定したトリガは存在しません。名前を正しく指定していることを確認し
てください。CREATE TRIGGER ステートメントを使ってトリガを作成する
ことができます。
364: このトリガは既に辞書に存在します。
トリガを作成しているときに、既に存在するトリガ名を指定しています。
トリガ名は辞書内で重複してはいけません。目的のトリガに対して重複の
ない異なる名前を指定してください。
ステータスコード 1-101
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 101 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
365: 実行中の ORDER と同じ値を持つトリガが、指定されたテーブルおよびオペレー
ションに既に存在します。
トリガを作成しているときに、既に定義されているトリガの ORDER 値と
等しい ORDER 値を作成中のトリガに指定しています。ORDER 値は、次の
ものに対して同じ値を指定する各トリガ定義のセット内で重複してはいけ
ません。
◆ 同じテーブル
◆ 同じトリガイベント INSERT、UPDATE、または DELETE オペレー
ション)
◆ 同じトリガアクションのタイミング (BEFORE または AFTER)
たとえば、Student テーブルには 1 つの BEFORE INSERT ORDER 1 トリガ
し か 作 成 で き ま せ ん が 、 AFTER INSERT ORDER 1 ト リ ガ と BEFORE
INSERT ORDER 1 トリガはそれぞれ 1 つずつ作成できます。
366: ストアドプロシージャは既に存在します。
ストアドプロシージャを作成しているときに、既に存在するプロシージャ
名を指定しています。目的のストアドプロシージャに対して重複のない異
なる名前を指定してください。
367: このオペレーションを実行するには、その前にトリガを削除する必要があります。
定義したトリガには、現在のオペレーションの正常な実行を妨げる従属関
係が含まれています。現在のオペレーションは、列の追加、変更、または
削除を行う DROP TABLE、DROP PROCEDURE、DROP VIEW、または
ALTER TABLE のいずれかです。現在のオペレーションを完了するために
は、まず従属関係を含むトリガを削除する必要があります。
368: テーブルに DELETE CASCADE 付きの外部キーを含むことはできません。また
DELETE トリガを含むこともできません。
テーブルに DELETE トリガと DELETE CASCADE 外部キーの両方が含まれ
ているため、そのテーブルを削除することができません。
1-102 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 102 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
369: これ以上のユーザまたはグループは許可されません。
CREATE GROUP または GRANT LOGIN ステートメントで定義されている
許容されるユーザまたはグループの最大数に達しました。定義されている
ユーザまたはグループの数の制限は 2 バイトの符号付き整数に対する最大
値です。これは約 32K に相当します。また、オプション 0 および 4 を使っ
てプリミティブ API の xUser を使用するときにも、このステータスコード
が返されます。
370: ユーザまたはグループは使用中です。
次のオペレーションは許可されていません。
◆ ユーザがログインしているとき、マスタユーザはそのユーザのアクセ
ス権を変更できません。
◆ グループに属するユーザがログインしているとき、マスタユーザはそ
のグループのアクセス権を変更できません。
◆ マスタユーザはログインしているユーザを削除できません。
◆ グループに属するユーザがログインしているとき、マスタユーザはそ
のグループを削除できません。
◆ マスタユーザがあるユーザのアクセス権を変更しているとき、その
ユーザはログインできません。
◆ あるユーザがグループに属していて、マスタユーザがそのグループの
アクセス権を変更しているとき、そのユーザはログインできません。
◆ あるユーザがログインしているとき、マスタユーザはそのユーザのパ
スワードを変更できません。
◆ 複数回にわたってログインしているとき、そのユーザは自分のパス
ワードを変更できません。
対象となるユーザまたはユーザグループがログインしていないときに、そ
のユーザまたはグループのパスワードを削除または変更したり、そのユー
ザまたはグループのアクセス権を変更できるのはマスタユーザだけです。
Scalable SQL モニタユーティリティを使って、目的のユーザがログインし
ているかどうかを確認します。
ステータスコード 1-103
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 103 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
ログインしようとしたときにこのステータスコードが返される場合は、マ
スタユーザがアクセス権またはパスワードの変更を完了していることを確
認した上でオペレーションを再試行してください。パスワードを変更しよ
うとしている場合は、そのパスワードに対するユーザ名を使って他のアプ
リケーションがログインを行っていないことを確認して、オペレーション
を再試行してください。
371: ストアドプロシージャは使用中です。
任意のユーザによってストアドプロシージャが使用されている間は、その
プロシージャを削除することはできません。また、ストアドプロシージャ
が別のユーザによって削除されようとしているときは、そのプロシージャ
を実行できません。しばらくたってから、DROP PROCEDURE、CALL、ま
たは EXECUTE ステートメントを再試行してください。ストアドプロシー
ジャを削除しようとしている場合は、他のユーザがそのプロシージャにア
クセスしていないことを確認します。また、ストアドプロシージャを実行
しようとしている場合は、他のユーザがそのプロシージャを削除しようと
していないことを確認します。
373: 年に対する数値は 1 から 9999 まで (この両方を含めて) でなければなりません。
TIMESTAMP 列の年に入力する数値は 1 から 9999 までの範囲でなければな
りません。
380: IN DICTIONARY 句は許可されません。
アクセスしようとしているテーブルが名前付きのバウンドデータベース内
にあるときは、IN DICTIONARY 句を使用することはできません。Scalable
SQL では、バウンドデータベースに含まれるテーブルとデータファイルし
か変更できません。
381: データファイルは既に存在します。
CREATE TABLE ステートメントにより、データファイルが既に存在するこ
とが検出されました。このためテーブルは辞書に追加されませんでした。
このエラーはバウンドデータベースだけで発生します。
1-104 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 104 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
501: SQL ステートメントに不正な構文があります。
これは、Scalable SQL が目的のステートメントのタイプを決定できないと
きに返される一般的な構文エラーです。SQL の構文とキーワードについて
は、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。
502: SELECT ステートメントが不正です。
SELECT ステートメントに構文エラーが含まれています。ステートメント
の構文をチェックして、もう一度実行してください。
503: ファンクションコードが不正です。
使用している関数コードをチェックしてください。リレーショナルプリミ
ティブに対する有効な関数コードは 0 から 41 です。また、SQL レベル関
数に対する有効な関数コードは 0 から 16 です。リレーショナルプリミティ
ブまたは Scalable SQL API に対する独自のインタフェースを書いた場合は、
『Scalable SQL Programmer's Guide』で定義されている関数番号を使用してい
ることを確認してください。アプリケーションを再ロードして、オペレー
ションを再試行します。
このステータスコードはステータスコード 201 と同じ意味を持ちます。
504: 指定されたオープンモードは不正です。
SET OPENMODE ステートメントで無効なオープンモードを発行しました。
データファイルを対象とする有効なオープンモードは、「アクセラレイ
ティド」、「エクスクルーシブ」、「ノーマル」、「リードオンリー」、
および「ベリファイ」です。v3.1 より前の Scalable SQL では、有効なオー
プンモードを指定していることを確認してください。オープンモードとし
て指定できる有効な数値は 0、-1、-2、-3、および -4 です。
このステータスコードはステータスコード 295 と同じ意味を持ちます。
ステータスコード 1-105
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 105 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
505: 属性リストの各項目はクォーテーションマークで囲まなければなりません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
SET ステートメントでは、シングルクォーテーションマーク (') を使って、
属性リストに含まれる文字列型のすべてのデータの前後を囲む必要があり
ます。範囲リストには、1 つまたは複数の範囲指定が含まれます。1 つの範
囲指定は両側に半角スペースを含むダッシュ ( - ) によって区切られた 2 つ
の値から構成されます。
506: INSERT ステートメントが不正です。
INSERT ステートメントの分析を行っているときに構文エラーが検出され
ました。使用している構文が正しいことを確認してください。XQLCompile
関数を使用している場合は、iStatementLen パラメータをチェックして、エ
ラーが発生したバイトオフセットを特定してください。
507: UPDATE ステートメントが不正です。
UPDATE ステートメントの分析を行っているときに構文エラーが検出され
ました。使用している構文が正しいことを確認してください。XQLCompile
関数を使用している場合は、iStatementLen パラメータをチェックして、エ
ラーが発生したバイトオフセットを特定してください。
508: DELETE ステートメントが不正です。
DELETE ステートメントの分析を行っているときに構文エラーが検出され
ました。使用している構文が正しいことを確認してください。XQLCompile
関数を使用している場合は、iStatementLen パラメータをチェックして、エ
ラーが発生したバイトオフセットを特定してください。
509: SET ステートメントが不正です。
使用している SET ステートメントをチェックして、構文が正しいことを確
認してください。
1-106 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 106 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
510: CREATE に続くキーワードは TABLE, VIEW, INDEX, DICTIONARY, GROUP,
PROCEDURE または TRIGGER でなければなりません。
CREATE キ ー ワー ド の後 に 使用 で き るキ ー ワー ド は TABLE、 VIEW、
INDEX、DICTIONARY、GROUP、PROCEDURE、または TRIGGER だけで
す。テキストを正しく入力していることを確認してください。このステー
タスコードは、これらのタイプのステートメントのいずれかに含まれてい
る一般的な構文エラーを示していることもあります。SQL ステートメント
の構文については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してくだ
さい。
511: インデックス名が指定されていないか、または不正です。
CREATE INDEX ステートメントでインデックス名を指定していないか、イ
ンデックス名に無効な文字が含まれています。インデックス名に使用でき
る有効な文字については、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照し
てください。
512: GRANT ステートメントが不正です。
GRANT ステートメントに無効なキーワードまたは名前が含まれています。
構文が正しいことと、ユーザ名またはグループ名を正しく入力しているこ
とを確認してください。
513: GRANT または REVOKE ステートメントにはユーザ名の指定が必要です。
GRANT ステートメントでアクセス権を割当てるユーザまたはグループの
名前、または REVOKE ステートメントでアクセス権を取り消すユーザまた
はグループの名前を指定する必要があります。
514: テーブル名が指定されていないか、または不正です。
CREATE TABLE、GRANT (アクセス権)、または REVOKE (アクセス権) ス
テートメントでテーブル名を指定していません。あるいはテーブル名に無
効な文字が含まれています。テーブル名に使用できる有効な文字について
は、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
ステータスコード 1-107
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 107 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
515: ALTER TABLE ステートメントの構文が不正です。
ALTER TABLE ステートメントでは、ALTER および TABLE キーワードの
直後にテーブル名を指定する必要があります。また、ADD、DROP、また
は MODIFY キーワードの直後には列名を指定する必要があります。
516: ALTER TABLE ステートメントには ADD, DROP, MODIFY, USING 句のいずれかが
必要です。
ALTER TABLE ステートメントを使用すると、テーブル定義を変更するこ
とができます。このステートメントには、ADD、DROP、MODIFY、また
は USING 句のいずれかを使用する必要があります。
517: SELECT ステートメントには FROM 句がなければなりません。
SELECT ステートメントで FROM 句を省略しているか、ステートメントに
無効な構文が含まれています。SELCT ステートメントには、クエリーの対
象となるテーブルまたはビューを指定する FROM 句が常に含まれていなけ
ればなりません。構文の詳細については、『Scalable SQL Reference Guide to
SQL』を参照してください。
518: ソートキーワードは ORDER BY 句の列名の後に続かなければなりません。
ORDER BY 句の対象となる列名が見つからないか、句の内部でのソート
キーワード (ASC または DESC) の位置が適切ではありません。
519: AS キーワードがないか、または列ヘッダが不正です。
SELECT 句を指定する AS キーワードを含まない CREATE VIEW ステート
メントを実行しようとしているか、列見出しに無効な文字が含まれていま
す。名前の規則については、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照
してください。
520: BY キーワードは ORDER や GROUP の後に続かなければなりません。
BY キーワードは ORDER または GROUP キーワードの直後に指定する必要
があります。
1-108 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 108 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
521: ビュー名が指定されていないか、または不正です。
CREATE VIEW ステートメントにビュー名を指定していないか、ビュー名
に無効な文字が含まれています。名前の規則については、『Scalable SQL
Database Design Guide』を参照してください。
522: ステートメントに不明なキーワードがあります。
SQL ステートメントの構文に誤りがあります。ステートメントをチェック
して、キーワードを適切な順序で指定していることを確認してください。
XQLCompile 関 数 を 使 用 し て い る 場 合 は 、 iStatementLen パ ラ メ ー タ を
チェックして、エラーが発生したバイトオフセットを特定してください。
523: GRANT または REVOKE の後にアクセス特権キーワードが指定されていないか、
または不正です。
Scalable SQL は GRANT または REVOKE ステートメントに含まれるアクセ
ス権のキーワードを認識できません。GRANT または REVOKE キーワード
の直後には次のいずれかのキーワードを指定する必要があります。
ALL
DELETE
REFERENCES
ALTER
INSERT
SELECT
CREATETAB
LOGIN
UPDATE
524: 列レベルの特権は Select 権と Update 権に対してのみ与えることができます。
列レベルのアクセス権は Select および Update 権だけで認められます。All、
Alter、Insert、Delete、または References 権を割当てるときに列リストを指
定しないでください。これらのアクセス権はテーブル内のすべての列に適
用されます。
525: SET SECURITY ステートメントにはマスタパスワードの指定が必要です。
SET SECURITY ステートメントにマスターパスワードを指定していないか、
不正な文字列を指定しています。パスワードには辞書に対するマスター
キーワードを指定する必要があります。
ステータスコード 1-109
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 109 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
526: 列名は Scalable SQL のキーワードになりません。
列名に Scalable SQL のキーワードを指定することはできません。Scalable
SQL のキーワード一覧については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』
を参照してください。
527: GRANT LOGIN ステートメントには新しいユーザのパスワードを指定する必要があ
ります。
GRANT LOGIN ステートメントを使って新しいキーワードを作成するとき
は、ユーザにパスワードを割当てる必要があります。
528: = の後にシングルクォーテーションで囲まれた有効な値を指定する必要があります。
有効な値がシングルクォーテーションマーク (') で囲まれていなかったり、
等号 (=) の直後に NULL キーワードがあると、SET ステートメントは完成
しません。また、v3.01 モードでデータベースにログインし (xLogin または
XQLLogin を使って)、無効なブランク文字を指定した場合にも、このス
テータスコードが返されます。v3.01 モードで有効なブランク置換文字はア
ンダスコア (_)、チルダ (~)、およびカレット (^) です。
529: = の後にオーナネームの指定が 1 つ以上必要です。
オーナネームまたはオーナネームのリストは、SET OWNER ステートメン
トの等号 (=) の直後に指定する必要があります。
530: = の後に辞書パスの指定が必要です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
SET DDPATH ステートメントの中に辞書へのパス名がありません。SET
DDPATH ステートメントは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
531: = の後にデータファイルパスの指定が必要です。
SET DATAPATH ステートメントの中にデータファイルへのパス名がありま
せん。
1-110 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 110 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
注意
SET DATAPATH ステートメントは将来のバージョンで廃止される予定です。
532: SET ステートメントには = がなければなりません。
SET ステートメントに等号 (=) が含まれていることを確認してください。
533: 指定されたデータ型は不正です。
指定したデータ型は Scalable SQL ではサポートされていません。有効な
データ型の一覧については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照
してください。
534: CREATE VIEW ステートメントには SELECT がなければなりません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
CREATE VIEW ステートメントの中に SELECT キーワードがありません。
CREATE VIEW ステートメントを使用すると、SELECT キーワードで始ま
る SQL ステートメントを格納することができます。
535: インデックスを定義するならば、インデックス属性がなければなりません。
テーブル定義で使用するインデックスを定義するとき、インデックス属性
は列名の後で、ACS (もしあれば)、カンマ (もしあれば)、または右カッコ
の前に指定する必要があります。
536: 指定された名前は不正です。
テーブル、列、インデックス、トリガ、ストアドプロシージャ、外部キー、
ユー ザ、 また はユ ーザ グル ープ の名 前を 指定 する とき は、 その 名前 が
Scalable SQL で使用される予約語やシンボルと重複していないことを確認
してください。指定する名前が予約語と重複している場合は、異なる名前
を指定するか、名前の前後をダブルクォーテーションマーク (") で囲みま
す。
ステータスコード 1-111
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 111 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
537: 指定された列名は既にこの定義内に存在します。
テーブル定義に含まれる列名は重複してはいけません。現在のテーブル定
義の中に同じ列名を複数回にわたって入力していないことを確認してくだ
さい。
538: インデックス定義で指定された列名が不正です。
CREATE TABLE の WITH INDEX 句で、テーブル定義に含まれていない列
名を使ってインデックスを作成しようとしました。列名を正しく入力して
いることを確認してください。
539: 指定されたインデックスは既にこの定義内に存在します。
この定義の中で同じインデックスを重複して定義しようとしました。ス
テートメントを書き換えて、インデックス定義が重複しないようにしてく
ださい。
540: SELECT, ORDER BY, GROUP BY の後に列リストが必要です。
SELECT キーワードの直後には選択リストを入力して、取得する列を指定
する必要があります。この選択リストには、1 つまたは複数の列名、式、
または集計関数を指定できます。ORDER BY および GROUP BY キーワー
ドの後には、1 つまたは複数の列名か列位置を指定する必要があります。
541: WHERE, HAVING の後に制限句が必要です。
WHERE および HAVING キーワードの直後には制限句を指定する必要があ
ります。
542: DROP に続くキーワードは DICTIONARY, GROUP, INDEX, PROCEDURE, TABLE,
TRIGGER, VIEW のいずれかでなければなりません。
削除できるのは、辞書、グループ、インデックス、ストアドプロシージャ、
テーブル、トリガ、またはビューのみです。
1-112 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 112 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
543: 文字列はシングルクォーテーションで囲まなければなりません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
文字列の前後をシングルクォーテーションマーク (') で囲んでいることを
確認してください。
544: DROP DICTIONARY ステートメントにはディレクトリパスの指定が必要です。
DROP DICTIONARY を使って辞書を削除するときは、削除の対象となる辞
書へのディレクトリパスを指定する必要があります。なお、現在使用して
いる辞書は削除できません。
545: INSERT ステートメントには INTO がなければなりません。
INSERT ステートメントの中でテーブルまたはビュー名の前にあるはずの
INTO キーワードが見つかりません。
546: SQL ステートメントで許される最大トークンサイズを超えました。
ステートメントの中に、255 バイトの最大許容サイズを超えるトークン
(おそらくは名前または文字列) が含まれています。また、パーサの内部
テーブルのスペースを使い果たすような、サイズが大きくて複雑なステー
トメントをサブミットした場合にも、このステータスコードが返されます。
547: SET ステートメントには列属性がなければなりません。
Scalable SQL では、SET DEFAULT または SET MASK ステートメントには
列属性が必要です。また、SET CHAR、SET RANGE、または SET VALUES
ステートメントには列属性のリストが必要です。このステータスコードは
これらの SET ステートメントに固有のものです。
548: TRANSACTION は START の後に、COMMIT または ROLLBACK は WORK の前に
なければなりません。
TRANSACTION キーワードは常に START キーワードの直後に指定します。
また、COMMIT または ROLLBACK キーワードは WORK キーワードの前
ステータスコード 1-113
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 113 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
に指定します。AND CHAIN TO SAVEPOINT 句を ROLLBACK WORK ス
テートメントの中で使用することはできません。
549: ORDER BY 句は SELECT ステートメントの最後に指定されなければなりません。
ORDER BY 句は SELECT ステートメントの最後の句でなければなりません。
550: エイリアス名は既にテーブルに定義されています。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
SQL ステートメント内に現れる同じテーブル名に対して複数のエイリアス
を割当てようとしました。FROM 句に複数のテーブル名が含まれている場
合は、各エイリアスが次のテーブル名とカンマで区切られていることを確
認してください。
551: 指定された辞書名に不正な文字があります。
データ要素に対して指定した辞書名に無効な文字が含まれています。名前
の規則の詳細については、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照し
てください。
552: UNION の後に SELECT 句が必要です。
UNION キーワードの後には有効な SELECT 句を指定する必要があります。
553: データベース要素名がその文字制限を超えています。
データベース要素の名前 (辞書の列やストアドプロシージャなど) が長す
ぎます。名前が最大の文字数を超えていないことを確認してください。
データベース要素の最大長については、『Scalable SQL Database Design
Guide』を参照してください。
554: CREATE GROUP, DROP GROUP, IN GROUP にはグループ名の指定が必要です。
Scalable SQL では、CREATE GROUP または DROP GROUP ステートメント
の後、または GRANT LOGIN の IN GROUP 句の後にはグループ名を指定す
1-114 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 114 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
る必要があります。指定した名前が有効なグループ名であることを確認し
第
1
章
てください。
555: ALTER TABLE ステートメントで、IN の後にキーワード DICTIONARY が必要です。
ALTER TABLE ステートメントでは、DICTIONARY キーワードは IN の直
後に指定する必要があります。
556: CREATE TABLE ステートメントのパラメータが不正です。
CREATE TABLE ステートメントに指定したページサイズ、プリアロケー
ション、またはスレッショルドの値が無効です。指定した値が有効な値の
範囲内にあることを確認してください。DECIMAL、MONEY、NUMERIC、
NUMERICSA、または NUMERICSTS データ型を使用している場合は、小数
点以下の桁数が無効でないことをチェックします。また、パス名の前後を
ダブルクォーテーションマーク (") で囲んでいないことを確認してくださ
い。
557: Scalable SQL はオルタネートコレーティングシーケンスファイルにアクセスでき
ません。
Scalable SQL では ACS ファイルをオープンできません。ファイルに対する
有効なパス名を入力していることを確認してください。
558: 式の中でグループ集計関数は使用できません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
式の内部で集計関数 (AVG、COUNT、MIN、MAX、および SUM) を使用
することはできません。
559: ストアドプロシージャまたはトリガ内の構文が不正です。
Scalable SQL では、ストアドプロシージャまたはトリガの中で無効なス
テートメントをコンパイルすると、特殊な構文エラーが返されます。これ
は、Scalable SQL が目的のステートメントのタイプを決定できないときに
返す一般的なエラーです。トリガの場合、構文エラーは無効なタイミング、
ステータスコード 1-115
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 115 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
イベント、またはトリガ定義の中のその他の無効な構文を参照しているこ
ともあります。ストアドプロシージャまたはトリガ内の SQL 構文について
は、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。
560: ストアド SQL ステートメントを作成しようとした際に、Scalable SQL でエラー
が発生しました。
このステータスコードが返された場合は、ストアド SQL ステートメントと
してステートメントを格納する前に、その SQL ステートメントを実行して
みてください。ステートメントがエラーなしに実行できる場合は、
PROC.DDF ファイルを回復するか、バックアップからリストアします。
561: CREATE PROCEDURE ステートメントにはストアド SQL ステートメントの名前
がなければなりません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
CREATE PROCEDURE キーワードの直後には名前を指定する必要がありま
す。この名前を使って、ストアドステートメントを実行するときに、それ
を呼出します。
562: パラメータ名はパラメータ値の前になければなりません。
ストアド SQL ステートメントでパラメータを指定するためのフォーマット
は次の通りです。
@parameter_name [data_type] [= value]
パラメータ名の先頭にはアットマーク (@) を入力する必要があります。
563: デフォルト値を設定できないパラメータにデフォルト値を指定しました。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
デフォルト値を持つことができないパラメータにデフォルト値を指定しよ
うとしました。デフォルト値を削除し、もう一度ステートメントを実行し
てください。
1-116 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 116 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
564: ストアド SQL ステートメントを作成するには、すべてのパラメータを宣言しなけ
ればなりません。
ストアド SQL ステートメントを実行するときは、それを作成したときに宣
言したパラメータのみに値を指定できます。このステータスコードはス
テータスコード 864 と同じ意味を持ちます。
565: 指定されたアイソレーションレベルが不正です。
SET ISOLATION ステートメントで指定できる有効な分離レベルは、排他分
離レベルに対する EX とカーソル安定性分離レベルに対する CS です。
566: SET ISOLATION ステートメントにはアイソレーションレベルの指定が必要です。
SET ISOLATION ステートメントでは分離レベルを指定する必要があります。
排他分離レベルに対する EX とカーソル安定性分離レベルに対する CS のい
ずれかです。
567: 主キー定義または外部キー定義の構文が不正です。
CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントに、主キーまたは外
部 キ ー 定 義 に 対 す る 無 効 な 構 文 が 含 ま れ て い ま す 。 『 Scalable SQL
Reference Guide to SQL』で定義されているこのステートメントの構文を
チェックしてください。
568: CREATE TABLE ステートメントは同じテーブルを 2 度以上参照できません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
発行した CREATE TABLE ステートメントには、同じテーブルを参照する
複数の外部キーが含まれています。同じテーブルを参照する複数の外部
キーを作成する必要がある場合は、ALTER TABLE ステートメントの ADD
FOREIGN KEY 句を使って、キーを追加してください。
ステータスコード 1-117
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 117 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
569: CREATE VIEW ステートメントに不正な構文があります。
CREATE VIEW ステートメントの構文が正しく指定されていません。この
ステータスコードが返される 1 つの原因としては、CREATE VIEW ステー
トメントに UNION 句が含まれていることが考えられますが、この句はサ
ポートされていません。『Scalable SQL Reference Guide to SQL』で定義され
ているこのステートメントの構文をチェックしてください。
570: CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントに、重複しているか冗長で
あるか、あるいは矛盾しているオプションがあります。
CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントで重複するオプショ
ン、余分なオプション、または矛盾するオプションを指定しています。た
とえば次のステートメントでは DCOMPRESS が重複しています。
CREATE TABLE Table1 DCOMPRESS DCOMPRESS (c1 INT(8))
CREATE TABLE および ALTER TABLE ステートメントの詳細については、
『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。
571: SELECT リストで重複した名前は使用できません。
AS 句を使って SELECT リストの列に名前を割当てようとしましたが、そ
の名前は既に使用されています。SELECT リスト内の名前は重複してはい
けません。
800: Scalable SQL が現リクエストを処理するにはメモリの割り当てが不十分です。
Scalable SQL では、現在のリクエストを処理するために十分なバッファス
ペースを割当てることができません。他の複数のカーソルがアクティブに
なっている場合は、それらの一部をメモリから解放して、現在のリクエス
トに使用できるメモリを確保してください。このステータスコードステー
タスコード 222 と同じ意味を持ちます。
1-118 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 118 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
802: Scalable SQL ローカルエンジンまたはリクエスタがロードされていません。
ワークステーションに Scalable SQL ローカルエンジンまたはリクエスタを
ロードする必要があります。これらのコンポーネントのロードについては、
『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
803: 関数を呼び出す前に、有効なセッション ID を取得しなければなりません。
XQLLogin を 呼 出 す 前 に Scalable SQL 関 数 を 呼 出 そ う と し ま し た 。
XQLLogin は、アプリケーションから呼出す最初の Scalable SQL 関数でな
ければなりません。このステータスコードはステータスコード 265 と同じ
意味を持ちます。
804: 指定された列ポジションが不正です。
指定したポジションに列がありません。最後の列が記述されたことをアプ
リケーションに通知する XQLDescribe によりこのステータスコードが返さ
れることもあります。
805: データ型に対して指定されたサイズが不正です。
データ型のサイズが有効なサイズではありません。データ型のサイズにつ
いては、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。この
ステータスコードはステータスコード 248 と同じ意味を持ちます。
806: 小数位に指定された数値が列サイズを超えています。
L,D (全体の桁数、小数点以下の桁数) フォーマットを使って NUMERIC、
NUMERICSA、または NUMERICSTS 型のデータに小数点以下の桁数を指定
するとき、D (小数点以下の桁数) に指定する値は L (列の長さ) に指定する
値以下でなければなりません。たとえば、NUMERIC (5,3) は有効ですが、
NUMERIC (5,6) は無効です。
DECIMAL 型はパックされるため、L,D フォーマットに使用できる値は
NUMERIC、NUMERICSA、または NUMERICSTS 型の場合とは異なります。
各桁は 1/2 バイトの記憶容量を占め、正負の記号にも 1/2 バイトを使用しま
す。パックされた列の内部サイズは M/2 + 1 となります。ここで M は、表
ステータスコード 1-119
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 119 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
示可能な有効桁数を表します。その結果、次の例では小数点以下の 3 桁を
含む有効桁数 9 桁の数値が表示されます (xxxxxx.yyy)。
DECIMAL (5,3)
次の例では、小数点以下の 6 桁を含む有効桁数 9 桁の数値が表示されます
(xxx.yyyyyy)。
DECIMAL (5,6)
小数点以下の桁数 (12) が表示可能な有効桁数 (9) を超えてしまうため、
次の例は無効です。
DECIMAL (5,12)
807: 変数参照が不正です。
オペレーションが現在のスコープ内では解決できない変数名を参照してい
ます。このステータスコードは 2 種類の変数を参照することがあります。
◆ 次のような、Scalable SQL が解決できない割当てステートメント、
ターゲットリスト、またはその他のコンテキストに含まれる SQL 変
数の参照
◆ プロシージャの内部 − プロシージャの変数またはパラメータを
使用。
◆ プロシージャの内部または外部 − セッションの変数を使用。
◆ XQLSubst 呼出しに含まれる代替変数名。
808: 一部の変数が値に置き換わりませんでした。
このステータスコードは、次の 2 種類の変数を参照することがあります。
◆ ステートメントで代替変数を使用している場合は、XQLSubst を使っ
て SQL ステートメントに含まれるすべての代替変数に値を指定する
までは、XQLExec 呼出しを発行することはできません。
◆ ステートメントにセッション変数またはプロシージャ変数が含まれて
いる場合は、これらの変数を宣言したときに適切な値を割当てるか、
デフォルト値を指定していないと、これらの変数の値を使用すること
はできません。
1-120 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 120 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
809: 指定された列はリコールしたビュー内にありません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
SELECT ステートメントで指定した 1 つまたは複数の列は呼出された
ビューの中で定義されていません。
810: 指定された数値データに不正な文字があります。
数値データの構成要素は、0 から 9 までの ASCII 文字、ピリオド (.)、プラ
ス記号 (+)、およびマイナス記号 (-) のみです。データ型が MONEY の場
合は、ドル記号 ($) も使用できます。このステータスコードはステータス
コード 224 と同じ意味を持ちます。
811: 月に対して指定された数値が不正です。
月に指定できる数値の範囲は 1 から 12 までです。このステータスコードは
ステータスコード 292 と同じ意味を持ちます。
812: 月の日にちに対して指定された数値が不正です。
日に指定できる数値の範囲は 1 からその月の日数までです。このステータ
スコードはステータスコード 293 と同じ意味を持ちます。
813: 指定された NUMERIC TIME 値は有効範囲外です。
時に指定できる数値の範囲は 0 から 23 までです。分と秒には 0 から 59 ま
での範囲の数値を指定する必要があります。また、1/100 秒には 0 から 99
までの範囲の数値を指定しなければなりません。
815: 指定された結合列は不正です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
WHERE 句の結合条件で指定した列は、SQL ステートメントに指定したど
のテーブルでも定義されていません。
ステータスコード 1-121
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 121 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
816: 指定された列はこのテーブルに定義されていません。
指定したテーブル内に存在しない列を対象に、列の制約を変更、削除、ま
たは定義しようとしました。
818: 選択条件は、グループ集計関数か GROUP BY 句で指定された列のいずれかでなけ
ればなりません。
SQL ステートメントにグループ集計が含まれるとき、そのステートメント
の選択リストには、グループ集計または GROUP BY 句で指定されている列
のみを指定できます。GROUP BY 句がない場合、選択リストに指定できる
のはグループ集計のみです。
819: 指定されたテーブル名は不正です。
指定したテーブル名が現在アクティブな辞書の中にありません。名前を正
しく指定していることと、名前に埋め込みブランクが含まれている場合は
適切なブランク置換文字を使用していることを確認してください。このス
テータスコードはステータスコード 204 と同じ意味を持ちます。
820: HAVING 句には比較演算子が必要です。
HAVING 句に対する制限句が不完全です。比較演算子で区切られた少なく
とも 2 つの式が含まれていることを確認してください。
821: 指定されたカーソル ID は不正です。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ iCursorID パラメータに有効な ID が含まれていません。XQLCursor か
ら ID を取得し、XQLFree を使って ID を解放する必要があります。
◆ カーソル ID は有効ですが、現在のところ指定したオペレーションに
対しては有効ではありません。たとえば、まずそのカーソル ID を
使 っ て SELECT ス テ ー ト メ ン ト を 正 常 に コ ン パ イ ル し な い と 、
XQLFetch を呼出すことはできません。
1-122 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 122 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
822: 要求したデータ保持するにはデータバッファが小さすぎます。
XQLFetch 呼出しに使用するデータバッファが十分に長くないため、リクエ
ストされたすべてのデータを保持することができません。このステータス
コードはステータスコード 210 と同じ意味を持ちます。
823: ORDER BY 句に指定されたポジションが不正です。
選択リストのポジションによって列の順序を指定するとき、範囲を超える
ポジションを指定しています。有効なポジションは 1 からリストに含まれ
る列の数までです。
824: ステートメント内に対応しないカッコがあります。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
左カッコと右カッコの数は一致している必要があります。
825: STRING, DATE, TIME, TIMESTAMP データ型で、AVG または SUM 関数は使用で
きません。
AVG および SUM 関数は算術演算を実行するため、これらの集計関数は数
値 デ ー タ 型 (AUTOINC, BFLOAT 、 CURRENCY 、 DECIMAL 、 FLOAT 、
INTEGER、 MONEY、 NUMERIC、 NUMERICSA、 NUMERICSTS、 お よ び
UNSIGNED) だけを対象に使用できます。COUNT、MIN、および MAX 集
計関数は任意のデータ型を対象に使用できます。
826: ステートメント内に対応しないカッコがあります。
ステートメントに含まれている左カッコと右カッコの数が一致していませ
ん。左カッコと右カッコの数は同じでなければなりません。このステータ
スコードは、構成要素の周囲をカッコで囲む必要のある任意のステートメ
ントで返される可能性があります (INSERT ステートメントの列リスト、
WHERE 句の式、または CREATE TABLE ステートメントの列リストなど)。
左カッコと右カッコの数が等しいことを確認して、ステートメントを再サ
ブミットしてください。
ステータスコード 1-123
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 123 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
827: GROUP BY コントロール列リスト内の列は、選択リストに定義されていなければ
なりません。
GROUP BY 列をチェックして、それらが選択リストの列と一致しているこ
とを確認してください。
828: WHERE 句はステートメントの最後の句でなければなりません。
WHERE 句は DELETE または UPDATE ステートメントの最後の句でなけれ
ばなりません。
829: 計算列定義の構文が不正です。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
計算列の内容は、定数値または選択リストの 1 つまたは複数の列を対象に
実行された算術演算の結果のいずれかです。また、複数の文字列列を結合
して計算列を構築することもできます。『Scalable SQL Reference Guide to
SQL』で定義されている計算列の構文をチェックし、選択リストの最後の
項目を除き、各項目がカンマで区切られていることを確認してください。
830: HAVING 句がまた別の条件を要求しているか、あるいは HAVING 句に不完全な条
件があります。
HAVING 句では、AND または OR の後に別の条件を指定する必要がありま
す。また、HAVING 句には、HAVING MIN(a) のような不完全な条件が含
まれていてはいけません。
831: HAVING 条件の式が不正です。
HAVING 句はグループ集計のビューを制限します。HAVING 句には複数の
条件を指定することができます。条件の最初の式は集計関数の値でなけれ
ばなりません。第 2 の式は代替変数、文字列または数値定数、あるいはサ
ブクエリーのいずれかです。それぞれの式は範囲または関係演算子を使っ
て区切る必要があります。複数の条件は AND または OR を使って区切る必
1-124 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 124 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
要があります。また、WHERE 句を使って、集計値ではない列のビューを
第
1
章
制限します。
832: ステートメントをリコールするのに必要なサイズがないので、リコールできません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ビューバッファの内容が期待されるサイズと一致しません。このステータ
スコードは通常、ビューの保存または呼出しを行おうとしたときにディス
クエラーが発生したことを示しています。オペレーションを再試行してく
ださ い。 それ でも 繰り 返し この ステ ータ スコ ード が返 され る場 合は 、
VIEW.DDF 辞書ファイルが壊れている可能性があります。次の操作を行い
ます。
◆ 『Scalable SQL User's Guide』で説明されているファイル回復操作を実
行します。
◆ バックアップからファイルをリストアします。
◆ VIEW.DDF ファイルを再構築します (CREATE VIEW ステートメント
を使って)。
833: ORDER BY 句内の列は選択リストに定義されていなければなりません。
ORDER BY 句の列は、それがデータベース内のインデックスとして定義さ
れていない場合、選択リストで定義されている必要があります。
835: XQLStatus に指定されたオプションが不正です。
XQLStatus に有効なオプションは 0 と 1 のみです。
836: 指定されたマスクは、その列のデータ型に対して不正です。
指定したマスクには、フィールドのデータ型に対応する有効なマスク文字
が含まれていません。マスクをチェックして、その中で使用している文字
が有効であることを確認してください。このステータスコードはステータ
スコード 279 と同じ意味を持ちます。
ステータスコード 1-125
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 125 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
837: 列サイズと小数位の値を分ける区切り文字が不正です。
CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントでは、カンマを使っ
て、列のサイズと、DECIMAL、MONEY、NUMERIC、NUMERICSA、およ
び NUMERICSTS データ型に対する小数点以下の桁数を区切ります。また、
列定義もカンマで区切る必要があります。
838: UNION では、各 SELECT ステートメントの列数は同じでなければなりません。
UNION を使って複数のクエリーを結合するときは、それぞれの SELECT ス
テートメントに同数の列が含まれていることを確認してください。
839: UNION では、対応する列は互換性のあるデータ型でなければなりません。
UNION を使って複数のクエリーを結合するときは、SELECT ステートメン
トに含まれる対応する列同士のデータ型に互換性がなければなりません。
次のような一致が見られるときに互換性があるといえます。
◆ 同じデータ型とサイズを持つ列同士。
◆ 文字列列
(CHARACTER 、 LSTRING 、 LVAR 、 NOTE 、 お よ び
ZSTRING) 同士。
◆ 数値列 (AUTOINC、BFLOAT、CURRENCY、DECIMAL、FLOAT、
INTEGER、MONEY、NUMERIC、NUMERICSA、NUMERICSTS、お
よび UNSIGNED) 同士。
◆ 論理値列 (BIT および LOGICAL) 同士。
◆ 日付列 (DATE) 同士。
◆ 時刻列 (TIME) 同士。
◆ タイムスタンプ列 (TIMESTAMP) 同士。
840: Scalable SQL は内部スタック領域をオーバフローしました。
計算列または制限句を定義している場合は、計算列の式または制限句のサ
イズを小さくしてみてください。
1-126 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 126 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
841: Scalable SQL はテンポラリソートファイルを作成できません。
セットアップユーティリティを使って、有効な外部ソートファイルのディ
レクトリを指定していることを確認してください。この操作の詳細につい
ては、『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
842: HAVING 句に相関サブクエリを含むことはできません。
HAVING 句に相関サブクエリーを含むことはできません。HAVING 句に相
関サブクエリーを含まないように SELECT ステートメントを書き換えてく
ださい。
843: ADD, MODIFY, DROP が指定されていない場合は、OS パスを指定する必要があり
ます。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ALTER TABLE ステートメントを使って辞書定義またはファイルパスを変
更します。ADD、MODIFY、または DROP キーワードを指定していないと、
ファイルパスのみを変更しようとしていると見なされ、オペレーティング
システムのパス名の指定が必要になります。
844: 不正な行数が選択されました。
SELECT ステートメントが現在のコンテキストでは無効なレコード数を返
しました。関係演算子の左辺または右辺にある SELECT ステートメントは
単一レコードを選択する必要があります。割当てステートメントに含まれ
る SELECT ステートメントは単一レコードを選択する必要があります。次
の例は、このステータスコードが返される原因になります。
◆ SELECT * FROM table1 WHERE
column1 > (SELECT column2 FROM table2)
(SELECT column2 FROM table2) が 0 または複数のレコードを選択す
ると、このステータスコードが返されます。この場合は、SELECT ス
テートメントはサブクエリーです。ストアドプロシージャの IF 条件
の中では、SELECT は関係演算子 (=、<>、>、>=、<、<=) の左辺ま
たは右辺に指定できます。
ステータスコード 1-127
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 127 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ SET variable = SELECT column1 FROM table1
(SELECT column1 FROM table1) が 0 または複数のレコードを選択す
ると、このステータスコードが返されます。
845: 列ヘッダの数はビュー内の列数と一致しなければなりません。
CREATE VIEW ステートメントでは、ビューに含まれる列見出しの数が列
に含まれる列の数と一致している必要があります。見出しはビューに含ま
れるすべての計算列にも指定しなければなりません。計算列を明示的に参
照できるような見出しが必要です。計算列に見出しを指定しないと、この
ステータスコードが返され、ビューを作成することができません。
846: グループ集計関数に列名の指定が必要です。
集計関数の AVG、MIN、MAX、または SUM には列名を指定する必要があ
ります。
847: WHERE 句の構文が不正です。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
WHERE 句に無効な構文が含まれています。いくつかの条件により、この
ステータスコードが返されます。
◆ NOT キーワードの後に BETWEEN、CONTAINS、EXISTS、IN、また
は LIKE がありません。
◆ BEGINS キーワードの後に WITH がありません。
◆ 列名または定数の後に条件演算子がありません。
◆ IN 条件に対する値のリストの中に列名が含まれています。
◆ BETWEEN 条件に指定する値が AND キーワードによって接続されて
いません。
ステートメント内で WHERE 句が必要な場所に別のものが含まれていると
きも、このステータスコードが返されます。
1-128 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 128 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
848: DISTINCT キーワードは、1 ステートメントに 1 回のみ指定できます。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
単一の SELECT ステートメントでは、ビューレベルとグループ集計レベル
の両方で DISTINCT を指定することはできません。
849: Scalable SQL が WHERE 句を処理するのに十分なバッファがありません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
Scalable SQL が WHERE 句の制限句を再構成するために使用する内部バッ
ファのサイズが十分ではありません。可能な場合は、制限句のサイズを小
さくするか、辞書名のサイズを小さくしてください。
850: Scalable SQL はデータ値を新しいデータ型に変換できません。
列に対する新しいデータ型と前のデータ型との間に互換性がありません。
たとえば、文字列型 (CHARACTER、LSTRING、LVAR、NOTE、または
ZSTRING) を 数 値 型 (AUTOINC 、 BFLOAT 、 CURRENCY 、 DECIMAL 、
FLOAT、INTEGER、MONEY、NUMERIC、NUMERICSA、NUMERICSTS、
または UNSIGNED) に変更することはできません。また、列のサイズを小
さくして、既存の列値の長さが新しいサイズを超える場合にも、このス
テータスコードが返されます。
851: INSERT または UPDATE ステートメントで、サブクエリは更新するテーブルにア
クセスできません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
INSERT または UPDATE ステートメントで参照されているテーブルを、さ
らに SELECT 句の FROM 句で参照することはできません。
852: レコードカウントは 0 より大きくなければなりません。
XQLFetch 呼出しのオプション 0 からオプション 4 に指定するレコードカウ
ントは 0 を超えていなければなりません。
ステータスコード 1-129
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 129 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
853: 指定されたテーブルにアクセスするために必要な権利がありません。
指定したテーブルに対して必要な Scalable SQL のセキュリティ権を持って
いません。実行しようとしているオペレーションに必要なアクセス権を決
定するには、『Scalable SQL Database Design Guide』のセキュリティに関す
る説明を参照してください。
854: このオペレーションに対して、少なくとも 1 つはインデックスを定義する必要が
あります。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
CREATE INDEX ステートメントでは少なくとも 1 つのインデックス名を指
定する必要があります。
856: 値の数はビューに明示的に設定された列数と一致していなければならず、また
ビューに暗黙的に設定された列数を超えてはいけません。
値の数はビュー内に明示的に配置されている列の数と一致している必要が
あり、ビュー内に暗示的に配置されている列の数を超えてはいけません。
次の例は、このステータスコードが返される原因になります。
◆ INSERT INTO table1 (column1, column2)
VALUES (value1, value2, value3)
◆ INSERT INTO table1 (column1, column2)
VALUES (value1)
◆ table1 は 3 つの列だけを持つとします。これらの列を INSERT ステー
トメントの中で明示的に指定していないと、すべての列は暗示的に指
定されることになります。
INSERT INTO table1
VALUES (value1, value2, value3, value4)
なお、INSERT INTO table1 VALUES (value1) というステートメントで
はステータスコードは返されません。
1-130 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 130 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
857: WHERE 句の ALL で等号演算子 (=) は使用できません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
WHERE 句の ALL キーワードに等号 (=) 演算子を使用していないことを確
認してください。
858: CASE は STRING データ型でのみ使用できます。
大小文字が区別されるのは文字列型の列のみです。
859: ORDER BY 句には列ポジションの指定が必要です。
ORDER BY 句が結合される SELECT 句の一部になっている場合、または選
択リストに計算列が含まれている場合は、列のポジション (列の名前では
なく) を使って、行をソートするために使用する列を指定する必要があり
ます。
860: Scalable SQL がビュー定義を格納するのに十分なバッファがありません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
Scalable SQL がビューを格納するために使用する内部バッファの長さが十
分ではなく、すべてのデータを保持することができません。ビューに含ま
れる列の数を少なくするか、列見出しのサイズを小さくして、定義のサイ
ズを小さくすることができます。
861: 等記号 (=) の後に値が必要です。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ストアド SQL ステートメントを実行するとき、@parameter_name [= value]
という構文を使用する場合は等号の後に値を指定する必要があります。詳
細については、Scalable SQL のマニュアルの EXECUTE コマンドの項を参
照してください。
ステータスコード 1-131
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 131 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
862: 指定されたストアド SQL ステートメント名は辞書にありません。
選択した名前がストアド SQL ステートメントには無効な名前であるか、ス
トアド SQL ステートメントが辞書から削除されています。
863: Scalable SQL はストアド SQL ステートメントをリコールできません。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
このステータスコードは通常、ストアド SQL ステートメント内で参照され
ている、テーブルまたはビューに対する辞書定義がそのストアドステート
メント作成後に変更されたことを示しています。ストアドステートメント
を作成し直して、オペレーションを再試行してください。
864: 指定されたパラメータ名が見つかりません。
ストアドプロシージャを呼出すときに、目的のプロシージャ内で定義され
ていない名前を使って、呼出しパラメータを指定しようとしました。
865: 255 文字を超える列の更新は、UPDATE ステートメントでは行えません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
半角 255 文字を超える可変長列を更新するには、xUpdate リレーショナル
プリミティブを使用します。
866: XQLSubst 関数呼び出しが不正です。
V3.01 互換モードを使用しているときを除き、このステータスコードは
Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
XQLSubst を使って値に置き換えることができるのは、SELECT、UPDATE、
INSERT、または DELETE ステートメントで指定されている変数名のみで
す。ストアド SQL ステートメントを対象に XQLSubst 関数を使用すること
はできません。
1-132 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 132 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
867: ストアド SQL ステートメントは、現在使用中の Scalable SQL のバージョンで作
成されたものではありません。
Scalable SQL v3.01 を使ってステートメントを格納し、それよりも前のバー
ジョンを使って、そのステートメントを実行しようとしたか、v4.0 エンジ
ンを使って、v3.01 ステートメントを実行しようとしました。ストアドス
テートメントを実行するときには、同じバージョンの Scalable SQL を使用
していることを確認してください。
868: Scalable SQL は X$Relate システムテーブルの読み取りまたは更新を行えません。
Scalable SQL では RELATE.DDF ファイルにアクセスできません。もう一度
オペレーションを実行してください。それでもこのステータスコードが返
される 場合は 、RELATE.DDF フ ァイル が壊 れてい る必要 があり ます 。
『Scalable SQL User's Guide』で説明されているファイル回復操作を行うか、
バックアップからファイルをリストアしてください。
869: 親テーブルに主キーの定義がありません。
外部キー定義の REFERENCES キーワードの後に指定したテーブルでは、
主キーが定義されていません。REFERENCES キーワードの後に正しいテー
ブル名を指定していることを確認してください。
870: ALTER TABLE を使用して主キーまたは外部キーを定義する前に、インデックスが
存在しなければなりません。
ALTER TABLE ステートメントを使って主キーまたは外部キーを追加する
前に、キーとして追加する列にインデックスを作成する必要があります。
主キーは一意の非ヌルインデックスでなければなりません。また、外部
キーは非ヌルインデックスでなければなりません。CREATE INDEX ステー
トメントを使ってインデックスを作成し、もう一度キーを追加してくださ
い。
ステータスコード 1-133
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 133 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
871: 主キーは一意で、非 NULL インデックスでなければなりません。
主キーとして定義した列のグループはテーブルに対する一意の非ヌルイン
デックスを指定していません。一意の非ヌルインデックスになるように主
キーを再定義してください。
872: 指定された外部キー名は既に辞書に存在します。
外部キー名を省略すると、Scalable SQL ではキーに含まれる先頭列の名前
を外部キー名として使用しようとします。しかし、その列の名前を使った
キーが既に存在します。外部キーに重複のない名前を指定し、もう一度外
部キーを作成し直してください。
873: 外部キーを定義する前に親テーブルがなければなりません。
外部キー定義の REFERENCES キーワードの後に指定したテーブル名はま
だ存在していません。外部キーを追加する前に、その外部キーで参照でき
る主キーを含んだテーブルを作成する必要があります。
874: 参照整合性制約がありません。
削除しようとした外部キーまたは主キーは定義されていません。外部キー
を削除しようとしている場合は、キー名を正しく入力していることを確認
してください。また、主キーを削除しようとしている場合は、テーブル名
を正しく入力していることと、そのテーブルに主キーがあることを確認し
てください。
875: 結合条件の一番右の列の後に、外部結合のための加算記号 (+) が必要です。
外 部 結 合 の 構 文 は table1.column = table2.column(+) で す 。
table1.column(+) = table2.column という構文は正しくありません。
876: 参照されている主キーは削除できません。
参照元の外部キーをすべて削除するまで、主キーを削除することはできま
せん。
1-134 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 134 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
877: RI オペレーションを実行する前に、データベース名を使用してデータベースにロ
グインする必要があります。
RI オペレーションを実行しようとする前に、データベース名を使ってデー
タベースにログインしていることを確認してください。
878: 参照テーブルがありません。
Scalable SQL では、別のテーブルによって参照されているテーブルを見つ
けることができません。データベースに対する RI 制約をチェックしてくだ
さい。この操作の詳細については、『Scalable SQL User's Guide』を参照し
てください。
879: 外部キーと主キーは完全に一致していなければなりません。
外部キーの列は、主キーの列と同じデータ型とサイズで、同じソート順序
になっている必要があります。ただ 1 つの例外は、外部キーに主キーの
AUTOINC 列を参照する INTEGER 型の列を指定できることです。ただし、
外部キーの INTEGER 列は AUTOINC 列と同じサイズでなければなりませ
ん。
880: 1 つのキーを外部キーと主キーの両方に定義することはできません。
CREATE TABLE ステートメントでは、主キーと外部キーの両方として同じ
キーを定義することはできません。まず主キーのみを含むテーブルを作成
し、その後で ALTER TABLE ステートメントを使って外部キーを追加しま
す。
881: オペレーションを実行する前に、すべての参照整合性制約を削除する必要があり
ます。
インデックスの削除や、列の追加、削除または変更を行う前に、テーブル
からすべての参照制約を削除する必要があります。
ステータスコード 1-135
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 135 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
882: 自己参照テーブルの削除規則は「カスケード」にする必要があります。
同じテーブルの主キーを参照する外部キーの削除規則が制限ではなくカス
ケードとして定義されていることを確認してください。
883: CYCLE に 2 つ以上の外部キー接続がある場合、削除規則は「制限」にする必要があ
ります。
サイクル内の少なくとも 2 つの外部キー接続に対する削除規則がカスケー
ドではなく制限であることを確認してください。
884: 同一の親テーブルに対して複数のパスが存在する場合、それぞれの削除規則は一
致していなければなりません。
複数の従属テーブルで同じ親テーブルへのパスを削除するときは、それぞ
れのパスに対する削除規則が同じであることを確認してください。これら
はすべて制限であるか、またはすべてカスケードでなければなりません。
885: Scalable SQL は、1 つの参照パスで最大 16 の DELETE CASCADE RULE を連続し
て使用できます。
参照パスに 16 を超える連続削除規則を含むことはできません。参照パスに
16 を超えるテーブルが含まれている場合は、削除規則の少なくとも 1 つと
してカスケードの代わりに制限を使用してください。
886: 参照整合性をサポートしていない MicroKernel データファイルバージョンです。
MicroKernel が RI 情報をファイルに追加しようとしたときにエラーが発生
しました。このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
◆ ファイルが v6.0 より前のフォーマットになっています。v6.0 より前
のファイルフォーマットでは RI はサポートされていません。ファイ
ルを v6.x 以降のフォーマットに変換してください。
◆ ファイルにアクセスしている MicroKernel のバージョンが v6.0 よりも
前 で す 。 Scalable SQL v3.0 ま た は そ れ 以 降 は 、 v6.0 よ り 前 の
MicroKernel とともに実行できません。
1-136 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 136 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
887: CREATE TABLE ステートメントは同じテーブルを 2 度以上参照できません。
発行した CREATE TABLE ステートメントには同じテーブルを参照する複
数の外部キーが含まれています。CALL ステートメントに対するパラメー
タを正しく指定していることを確認してください。CALL ステートメント
の構文については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してくだ
さい。同じテーブルを参照する複数の外部キーを作成しなければならない
場合は、ALTER TABLE ステートメントの ADD FOREIGN KEY 句を使って
キーを追加します。
888: このテーブルには既に主キーが定義されています。
既に主キーが定義されているテーブルを対象に主キーを定義しようとしま
した。1 つのテーブルに複数の主キーを定義することはできません。
889: 列が参照テーブルにありません。
主キーを構成する列は主キーを定義しているテーブルの一部ではありませ
ん。このステータスコードは通常、CREATE TABLE または ALTER TABLE
ステートメント内で発生します。
890: ラベル参照が不正です。
LEAVE、END LOOP、または END ステートメントでそれ以前に定義され
ていないラベルを指定しています。このステータスコードは、CREATE
PROCEDURE または CREATE TRIGGER ステートメント内でのみ発生しま
す。
891: 条件参照または宣言が不正です。
まだ宣言されていないか、宣言ステートメントそのものが無効であるため、
参照条件ラベルが無効です。
ステータスコード 1-137
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 137 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
892: セーブポイント参照が不正です。
ステートメントが現在のセッションでアクティブでないセーブポイントを
参照しています。また、既にアクティブになっているセーブポイントを定
義しようとしたときにも、このステータスコードが返されます。
893: カーソル参照が不正です。
ステートメントが現在のスコープでは定義されていないカーソル名を参照
しています。また、現在のスコープで既に定義されているカーソルを宣言
しようとしたときにも、このステータスコードが返されます。
894: 名前付きカーソルは既にオープンしています。
既にオープンしているカーソルに対して OPEN CURSOR ステートメントを
発行しました。
895: 名前付きカーソルはオープンしていません。
オープンカーソルを必要とするステートメントの前に、名前付きカーソル
に対する OPEN CURSOR ステートメントがありません。オープンカーソル
を必要とするステートメントとは、FETCH、DELETE、UPDATE、および
CLOSE です。
896: パラメータ構文が不正です。
パラメータの構文がストアドプロシージャまたはステートメントタイプに
対して無効です。このステータスコードは、パラメータの構文が一般的に
無効であることを示す場合もあります。SQL ステートメントの構文につい
ては、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。
897: 呼び出し構文が不正です。
他のステートメントが必要な場所に CALL または EXEC ステートメントが
あります。このステータスコードは、プロシージャの作成または呼出しを
行うときに返されます。CALL ステートメントのパラメータを正しく指定
していることを確認してください。CALL ステートメントの構文について
1-138 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 138 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
は、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。このス
テータスコードは、プロシージャの呼出し構文が一般的に無効であること
を示す場合もあります。
898: 従属要素を削除しようとしました。
DROP ステートメントの対象は現在トリガに従属するものとして定義され
ています。
899: スクロール可能カーソルを必要とするオペレーションです。
スクロール可能でないカーソルのカーソル名を使用しているときに、アプ
リケーションがスクロール可能なカーソルに対してのみ許可されるオペ
レーションを実行しようとしました。カーソル宣言の中に SCROLL キー
ワードを指定してください。
900: レコード番号が不正です。
指定するレコード番号は、Chunk オペレーションで取得した現在のレコー
ドのセットに属している必要があります。
901: 相関関係名が不正です。
相関名が無効です。このステータスコードは次のいずれかの原因によって
返されます。
◆ 古い相関名を INSERT トリガとともに使用する。
◆ 新しい相関名を DELETE トリガとともに使用する。
◆ トリガの相関名のいずれかを解決できないトリガ本体に含まれる相関
列名
902: ストアドプロシージャまたはトリガ本体に許可されないステートメントがあります。
ストアドプロシージャまたはトリガ本体では使用できないステートメント
をこれらの内部で使用しています。ストアドプロシージャまたはトリガで
は 使 用 で き な い ス テ ー ト メ ン ト の 一 覧 に つ い て は 、 『 Scalable SQL
ステータスコード 1-139
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 139 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
Reference Guide to SQL 』 で CREATE PROCEDURE お よ び CREATE
TRIGGER の構文を参照してください。
903: トリガ本体に不正な件名テーブルの参照があります。
トリガ本体に従属テーブルを変更するステートメントが含まれているか、
トリガが従属テーブルを変更するプロシージャを呼出しています。トリガ
本体と、呼出したすべてのプロシージャをチェックして、従属テーブルを
変更しようとするステートメントがないことを確認してください。
904: 出力パラメータは変数またはパラメータ名でなければなりません。
プロシージャのパラメータを OUT または INOUT として定義すると、その
プロシージャに対する呼出しを行うときはそのポジションにある変数また
はパラメータ名を指定する必要があります。
905: 定数パラメータに値を代入しようとしました。
定数として渡されたプロシージャパラメータが、その後、割当てまたは
FETCH オペレーションのターゲットとしてプロシージャ内で使用されてい
ます。
906: ステートメントを繰り返し実行できません。
このステータスコードは、次のように、プロシージャの内部と外部の両方
で返されます。
◆ プ ロ シ ー ジ ャ の 内 部 で は 、 デ ー タ 定 義 (DDL) ス テ ー ト メ ン ト
(CREATE TABLE または ALTER TABLE など) が制御ループ (WHILE
など) の内部で見つかると、このステータスコードが返されます。こ
の場合は、ステートメントは実行されません。
◆ プロシージャの外部では、XQLExec を使って DDL ステートメントを
再実行しようとすると、このステータスコードが返されます。
1-140 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 140 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 15:54
907: IF ステートメントに不正な構文があります。
CREATE PROCEDURE ステートメントに無効な構文を含む IF ステートメ
ントが含まれています。IF ステートメントの構文については、『Scalable
SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。
908: WHILE または LOOP ステートメントに不正な構文があります。
CREATE PROCEDURE ステートメントに無効な構文を含む WHILE または
LOOP ステートメントが含まれています。WHILE および LOOP ステート
メントの構文については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照し
てください。
909: FETCH ステートメントに不正な構文があります。
FETCH ステートメントに無効な構文が含まれています。FETCH ステート
メントの構文については、『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照し
てください。
910: 例外条件が定義されていません。
ストアドプロシージャまたはトリガが特定の Scalable SQL ステータスコー
ドに対応しない例外条件を生成しました。有効なステータスコードを指定
していることを確認してください。
911: トリガアクションを完了できませんでした。
トリガが正常に実行されませんでした。トリガで起動された動作が 09000
という SQLSTATE 値 (これはトリガのエラーに対する一般的な値です) を
通知すると、このステータスコードが返されます。
913: ステートメントに不正な宣言があります。
DECLARE ステートメントに無効な構文が含まれていると、この一般的な
構文エラーが返されます。DECLARE ステートメントの構文については、
『Scalable SQL Reference Guide to SQL』を参照してください。
ステータスコード 1-141
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 141 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
914: 主キーまたは外部キーの定義で、同じ列は一度しか使用できません。
それぞれの列は主キーまたは外部キー定義のいずれかに 1 度だけ現れるか、
両方に 1 度ずつ現れます。同じ列への重複参照を定義から削除し、Scalable
SQL にステートメントを再サブミットしてください。
915: 列がビューにないか、可変長データ型ではありません。
チャンクがフェッチされる列はビュー内にあり、可変長データ型でなけれ
ばなりません。
1-142 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 142 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
1000 から 1999
第
1
章
Windows、OS/2、および DOS ワークステーションに対する MicroKernel
のステータスコード
Windows および OS/2 ワークステーション環境では、MicroKernel は次のス
テータスコードを返します。
1001: 最大ロック数パラメータの値が範囲外です。
MicroKernel v7.0 以降では、このステータスコードは使用されません。
MicroKernel v6.x では、[ロック数] 環境設定オプションに指定した値が範囲
外 の と き に 、 こ の ス テ ー タ ス コ ー ド が 返 さ れ ま す 。 v6.x よ り も 前 の
MicroKernel では、[最大ロック数] 環境設定オプションに指定した値が範囲
外のときに、このステータスコードが返されます。
1002: 必要なメモリを割り当てることができません。
ワークステーションに十分なメモリがあり、必要なすべてのプログラムを
ロードできるかどうか確認してください。MicroKernel のワークステーショ
ンバージョンまたはワークステーションリクエスタの場合、十分なメモリ
が基本メモリ、拡張メモリ、またはその両方に割当てられていません。
1003: メモリサイズパラメータが小さすぎます。
[キャッシュ割当て] 環境設定オプションの値が十分大きく、必要なキャッ
シュサイズを格納できることを確認してください。
1004: ページサイズエラーが発生しました。
MicroKernel v7.0 以降では、このステータスコードは使用されません。
[ページサイズ] 環境設定オプションの値は 512 の倍数で、512 ∼ 4,096 の
範囲でなければなりません。
ステータスコード 1-143
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 143 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
1005: プリイメージ/ロックファイルドライブパラメータが不正です。
[プリイメージ/ロックファイルドライブ] 環境設定オプションには有効なド
ライブ名を指定する必要があります。
注意
プリイメージファイルは、v6.0 より前のファイルでのみ使用されます。ロックファ
イルは、MEFS モードでオープンされた v6.x 以降のファイルでのみ使用されます。
1006: プリイメージバッファサイズパラメータの値が範囲外です。
[プリイメージバッファサイズ] 環境設定オプションは 1 ∼ 64 の範囲で指
定する必要があります。プリイメージファイルは v6.0 より前のファイルで
使用されます。
1007: オープンファイル数パラメータの値が範囲外です。
v6.0 より前のエンジンでは、[オープンファイル数] 環境設定オプションは
1 ∼ 250 の範囲で指定する必要があります。v6.0 以降のエンジンについて
は、『Btrieve User's Guide』で有効な値の範囲を確認してください。
1008: 環境設定パラメータが不正です。
指定された環境設定オプションに無効な値または識別不能な値が含まれて
います。
1009: トランザクションファイル名パラメータが不正です。
MicroKernel v7.0 以降では、このステータスコードは使用されません。
[トランザクションファイル名] 環境設定オプションに指定されているファ
イル名が無効です。トランザクションファイル名が正しいかどうか確認し
てください。
1010: トランザクション制御ファイルのアクセス中にエラーが発生しました。
MicroKernel v7.0 以降では、このステータスコードは使用されません。
1-144 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 144 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
MicroKernel では、BTRIEVE.TRN または MKDE.TRN ファイルの作成、
オープン、読み込み、または書き込みを行うことができません。BTI.INI
ファイルの TRNFILE の設定を C:¥に変更してください。
1011: 圧縮バッファサイズパラメータの値が範囲外です。
[最大圧縮レコードサイズ] 環境設定オプションの設定値が範囲外です。有
効な設定値の範囲については、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
1012: /n: オプションが不正です。
MicroKernel v6.0 以降では、このステータスコードは使用されません。
[トランザクション内最大アクセスファイル数] 環境設定オプションの値が
無効です。有効な値は 0 ∼ 18 で、デフォルトの設定は 12 です。
1013: タスクリストが一杯です。
Windows 環境では、タスクエントリテーブルがいっぱいになると、このス
テータスコードが返されます。セットアップユーティリティを使って、[タ
スク数] 環境設定オプションの設定値を変更します。詳細については、
『Btrieve User's Guide』を参照してください。
DOS 環境では、アプリケーション内に BTRVID 呼出しが存在するときに、
BREQUEST または BREQNT リクエスタが /t パラメータなしに使用される
と、このステータスコードが返されます。/t パラメータにゼロでない値を
設定してリクエスタを再ロードしてください。DOS リクエスタのパラメー
タについては、『Getting Started with Btrieve』を参照してください。
1014: 中止警告。アプリケーションがまだファイルをオープンしているか、またはトラ
ンザクションがアクティブです。
OS/2 環境で、ファイルがまだオープンしているとき、またはトランザク
ションがまだアクティブであるときに、アプリケーションが BTRVSTOP 関
数を呼出すと、このステータスコードが返されます。BTRVSTOP 関数を呼
出す前に、アプリケーションでは、すべてのファイルを閉じ、すべてのト
ランザクションを終了しておく必要があります。
ステータスコード 1-145
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 145 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
1015: MicroKernel に渡されたポインタパラメータの 1 つが不正です。
MicroKernel に渡されたポインタパラメータのいずれかが無効です。初期設
定ファイルの [BTRIEVE] セクションに CHKPARMS=YES という行を記述
すると、MicroKernel は無効なポインタをチェックするようになります (そ
の結果、このステータスコードが返されます)。デフォルトの設定で、
MicroKernel はポインタのチェックを行いません。
1016: MicroKernel は既に初期化されています。
MicroKernel v6.0 以降では、このステータスコードは使用されません。
MicroKernel が既に初期化されているときに、MicroKernel を初期化しよう
とすると、このステータスコードが返されます。MicroKernel を再初期化す
るには、初期化関数を呼出す前に、すべてのファイルを閉じ、すべてのト
ランザクションを終了または中止して、BTRV API を使って Btrieve オペ
レーション 25 を発行します。
1017: Btrieve リクエスタがリソースファイル WBTRVRES.DLL を見つけられません。
WBTRCALL.DLL がリソースファイルの WBTRVRES.DLL を見つけること
ができないときに、このステータスコードが返されます。WBTRVRES.DLL
ファイルを WBTRCALL.DLL ファイルと同じディレクトリに移動してくだ
さい。
1018: アプリケーションが Btrieve コールバック関数から MicroKernel を呼び出そうとし
ました。
Windows MicroKernel は、Btrieve コールバック関数から MicroKernel を呼出
すタスクを許可しません。コールバック関数は Btrieve for Windows ととも
にのみ使用できます。
1019: アプリケーションの Btrieve コールバック関数の要求で、MicroKernel が現在の
Btrieve オペレーションをキャンセルしました。
アプリケーションの MicroKernel コールバック関数が現在のオペレーショ
ンをただちに終了することを要求するゼロでない値を返しました。このよ
1-146 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 146 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
うな取り消しリクエストを受け取ると、MicroKernel は現在実行中のオペ
レーションを終了しようとし、そのオペレーションが持続している間、
コールバック関数の呼出しを停止します。MicroKernel がオペレーションを
取り消すことができないこともありますが、正常に取り消しが終了した場
合に、このステータスコードが返されます。
1020: Btrieve リクエスタインタフェースの通信エラーです。
MicroKernel ローダーとリクエスタのインタフェースでは、MicroKernel に
メッセージを送信できないときに、このステータスコードが返されます。
この状況は、Windows をシャットダウンしたとき、または CTRL + ALT +
DEL キーを使って MicroKernel を終了するときに発生します。これは、単
に情報を提供するだけのステータスコードです。特に何らかの操作を行う
必要はありません。アプリケーションはシャットダウンプロセスを継続し
ます。Windows がメッセージを処理できないようにするアプリケーション
を実行しているときにも、このステータスコードが返されます。
1021: MicroKernel が初期化に失敗しました。
MicroKernel はその初期化タスクを完了できませんでした。MicroKernel の
コンソールまたはエラーログをチェックして、MicroKernel を起動できない
ようにしている問題を指摘するメッセージを調べてください。NetWare
MicroKernel では、メッセージはサーバのシステムコンソールに表示される
と同時に、SYS:SYSTEM¥SYS$LOG.ERR ファイルにも書き込まれます。
Windows 95 および Windows NT ワークステーション MicroKernel では、
メッセージはコンソールのメッセージウィンドウに表示されると同時に、
ホームディレクトリにある MKDEMSG.LOG ファイルにも書き込まれます。
Windows NT サーバ MicroKernel では、メッセージは表示されませんが、
ホームディレクトリにある MKDEMSG.LOG ファイルに書き込まれます。
必要な場合はセットアップユーティリティを使って問題を解決し、オペ
レーションを再試行します。NetWare MicroKernel を使用している場合は、
まず問題を解決し、オペレーションを再試行する前にいったん MicroKernel
をアンロードした後、再ロードしてください。
ステータスコード 1-147
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 147 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
2000 から 2099
Btrieve リクエスタのステータスコード
ここでは、Btrieve リクエスタが生成するステータスコードについて説明し
ます。
2000: 内部エラーです。
Btrieve リ ク エ ス タ で 内 部 エ ラ ー が 発 生 し ま し た 。 詳 細 に つ い て は 、
Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) をチェックしてください。
OS/2 環境では、リクエスタは BRQPARMS 環境変数で指定されたパラメー
タに十分なメモリを割り当てることができません。DOS 環境では、/D 環境
設定オプションに指定する値を小さくしてください。
2001: Btrieve リクエスタ: メモリの割り当てが不十分です。
OS/2 環境では、BRQPARMS 環境変数で指定されているパラメータに十分
なメモリを割当てることができませんでした。DOS 環境では、/D 環境設定
オプションに指定する値を小さくしてください。
2002: Btrieve リクエスタ: オプションが不正か、範囲外です。
OS/2 環境では、BRQPARMS 環境変数で指定されているオプションのいず
れかが無効であるか (たとえば、/D の代わりに /P を設定している)、パラ
メータに指定されている値が範囲外です。SET BRQPARMS 行をチェック
して、誤りがないことを確認してください。
2003: Btrieve リクエスタ: リクエスタは指定されたファイルへのローカルアクセスを許
可していません。
アプリケーションがローカルドライブに格納されているファイルにアクセ
スし よう とし まし た。 ワー クス テー ショ ンに イン スト ール され てい る
MicroKernel の環境設定はローカルファイルへのアクセスを許可していませ
ん。
1-148 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 148 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2004: Btrieve リクエスタ: SPX がインストールされていません。
OS/2 に対応した NetWare SPX v2.0 以降の通信ソフトウェアをインストール
してください。
2005: Btrieve リクエスタ: 不正なバージョンの SPX がインストールされています。
OS/2 に対応した NetWare SPX v2.0 以降の通信ソフトウェアをインストール
してください。
2006: Btrieve リクエスタ: 使用可能な SPX 接続がありません。
SPX は既に処理可能な最大数のセッションを確立しています。最大数を増
やすには、NET.CFG ファイルを編集します。NET.CFG の詳細については、
NetWare のマニュアルを参照してください。
2007: Btrieve リクエスタ: ポインタパラメータが不正です。
MicroKernel に渡されたポインタパラメータのいずれかが無効です。プログ
ラムをチェックし、ポインタパラメータが正しいことを確認してください。
2008: Btrieve リクエスタ: MicroKernel ルータがエンジンを見つけられません。
MicroKernel ルータが 6.15 エンジンとデータをやり取りすることができま
せん。このステータスコードは Scalable SQL v4.0.100 でのみ使用されます。
2009: Btrieve リクエスタ: MicroKernel ルータコンポーネントをロードできません。
Btrieve ルータが MicroKernel ルータをロードできません。このステータス
コードは、DLL を正常にロードできない場合や必要な DLL のエントリポイ
ントを取得できない場合に返されます。
2010: Btrieve リクエスタ: サンクは実行できません - Win32 MicroKernel ルータが見つ
からないか、または互換性がありません。
このステータスコードは、システムがサンクを行うように環境設定されて
いて、パスにアクセスできないときに返されます。このエラーは、必要な
ステータスコード 1-149
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 149 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
システムファイル (たとえば、kernel32.dll) が見つからない場合に発生しま
す。また、必要なシステムコール (たとえば、Win32 ライブラリ) にアク
セスできない場合にも発生します。
2011: Btrieve リクエスタのリソース DLL がロードされていません。
セットアップユーティリティで設定できるオプションはこのリソース DLL
によって制御されます。このリソース DLL が見つからなかったり、リクエ
スタの現在のバージョンと互換性がないと、このステータスコードが返さ
れます。このエラーが発生すると、MicroKernel では環境設定オプションを
デフォルトの設定に戻して実行を続けます。
1-150 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 150 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2100 から 2199
第
1
章
Scalable SQL インタフェースコンポーネントのステータスコード
アプリケーションが DOS、Windows、Windows NT、Windows 95、または
OS/2 ワークステーションで実行されているときに、Scalable SQL インタ
フェースコンポーネントでエラーが発生すると、次のステータスコードが
イン タフ ェー スコ ンポ ーネ ント から アプ リケ ーシ ョン に返 され ます 。
Scalable SQL を使用しているアプリケーションでは、これらのエラーに割
込んで、ユーザが適切な操作を行えるように指示してください。
2101 ワークステーションのデータメッセージバッファが小さすぎます。
ワークステーションのデータメッセージバッファが小さすぎるため、ワー
クステーションからサーバに転送されるデータを格納することができませ
ん。DOS ワークステーションで作業している場合は、/D (データメッセー
ジ 長 ) 環 境 設 定 オ プ シ ョ ン に よ り 大 き な 値 を 指 定 し て 、 DOS 対 応 の
Scalable SQL リクエスタを再ロードしてください。Windows または OS/2 環
境で作業している場合は、ワークステーションにメモリを増設します。こ
れらの環境で十分なメモリが使用可能であれば、通信バッファサイズが必
要に応じて動的に割当てられます。
2102: リダイレクションバッファが小さすぎます。
リクエスタをロードした後で、ワークステーションにリダイレクトされる
デバイスの数が増加しました。DOS ワークステーションで作業している場
合は、/R (マップドライブ数) 環境設定オプションにより大きな値を指定し
て 、 DOS 対 応 の Scalable SQL リ ク エ ス タ を 再 ロ ー ド し て く だ さ い 。
Windows または OS/2 環境で作業している場合は、ワークステーションにメ
モリを増設します。これらの環境で十分なメモリが使用可能であれば、通
信バッファサイズが必要に応じて動的に割当てられます。
2103: Scalable SQL がリクエストされたサーバ上でアクティブになっていません。
このステータスコードは次のいずれかの理由で返されます。
ステータスコード 1-151
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 151 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ アプリケーションが Scalable SQL リクエストを送信したサーバで、
Scalable SQL がロードされていません。
◆ サーバの Scalable SQL はいったんアンロードされた後で再ロードされ
ましたが、ワークステーションの Scalable SQL リクエスタは再ロード
されていません。
◆ リクエスタは必要なすべてのコンポーネントをワークステーションで
見つけることができません。
◆ Windows、Windows 95、Windows NT アプリケーションで、データ
ベースにログインしようとしましたが、フルパス名を指定していませ
ん。
2104: ログインの最大数を超えています。
Scalable SQL アプリケーションで並行ログインの最大数を超えています。
データベースからログアウトするか、[セッション数] 環境設定オプション
の設定値を大きくしてください。[セッション数] 環境設定オプションの設
定値を変更する方法については、『Scalable SQL User's Guide』を参照して
ください。
2105: サーババッファが小さすぎます。
接続されている Scalable SQL サーバの数が [サーバ数] 環境設定オプショ
ンで設定した数を超えました。DOS ワークステーションで作業している場
合は、[サーバ数] 環境設定オプションにより大きな値を指定して、DOS 対
応の Scalable SQL リクエスタをワークステーションで再ロードしてくださ
い。Windows、Windows 95、Windows NT、または OS/2 環境で作業してい
る場合は、ワークステーションにメモリを増設します。これらの環境で十
分なメモリが使用可能であれば、通信バッファサイズが必要に応じて動的
に割当てられます。
2106: Scalable SQL データメッセージバッファが小さすぎます。
アプリケーションがサーバベースの Scalable SQL にデータを送信しようと
しましたが、データが Scalable SQL のデータバッファ長のサイズを超えて
います。セットアップユーティリティを使って、サーバの [通信バッファ
サイズ] オプションの設定値を大きくしてください。このオプションに指
1-152 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 152 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
定する値は、ワークステーションに対する [通信バッファサイズ] オプ
第
1
章
ションの設定値以上にしてください。
2107: アプリケーションがビューを最大数使用しています。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
アプリケーションが [Number of Active Views] 環境設定オプションで指定
した数を超えるビューをアクティブにしようとしています。DOS 環境で作
業している場合は、/V オプションにより大きな値を指定して、Scalable
SQL リクエスタをワークステーションで再ロードしてください。Windows
または OS/2 環境で作業している場合は、ワークステーションにメモリを増
設します。これらの環境で十分なメモリが使用可能であれば、通信バッ
ファサイズが必要に応じて動的に割当てられます。
2108: サーバにデバイスが割り当てられていません。
使用可能でないサーバーにアクセスしようとしました。ワークステーショ
ンがデータベース定義で指定されている各ドライブ名に対応するドライブ
名マッピングを持っていることを確認してください。
2109: アタッチするサーバが多すぎます。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
ワークステーションが接続できるファイルサーバの最大数は 8 です。
2111: セッションがサーバコンソールからリセットされました。
Scalable SQL サーバがセッションに対するリクエストをアクティブに処理
しているときに、Scalable SQL サーバコンソールからセッションがリセッ
トされました。サーバがリセットコマンドを検出すると、そのセッション
に割当てられているすべてのリソースは即座に解放されます。リクエスト
の処理はすべて中断され、トランザクション内にある処理を待っているリ
クエストは中止されます。サーバベースのデータベースにログインして、
新しい Scalable SQL セッションを確立する必要があります。
ステータスコード 1-153
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 153 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2112: Scalable SQL リクエスタがロードされていません。
このステータスコードは Scalable SQL v4.0 以降では使用されません。
Windows アプリケーションがサーバベースの Scalable SQL にアクセスしよ
うとしましたが、Windows 対応の Scalable SQL 通信リクエスタがロードさ
れていません。Windows では、このコンポーネントを見つけることができ
ませ ん。 この ステ ータ スコ ード が返 され るの は、 アプ リケ ーシ ョン が
Windows リクエスタインタフェースを使用しているときだけです。
2113: コンフィグレーションファイルがないか、またはコンフィグレーションファイル
に不正なドライブマップ記述があります。
DOS 対応の Scalable SQL リクエスタが環境設定ファイルを見つけることが
できないか、環境設定ファイルの中に無効なドライブ名マッピングがあり
ます。詳細については、『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
2114: ドライブエイリアスに指定されたサーバとボリュームが不正です。
DOS 対応の Scalable SQL リクエスタの環境設定ファイルで、誤ったドライ
ブ名マッピングを指定しています。詳細については、『Scalable SQL User's
Guide』を参照してください。
2115: インタフェースコンポーネントは、ローカルの Scalable SQL エンジンが通信に
使用するメモリの割り当て、またはメモリアクセスができませんでした。
内部エラーが発生しました。インタフェースコンポーネントのアンロード
と再ロードを行った後、アプリケーションを実行するために十分な使用可
能メモリがあることを確認してください。
2116: リクエストを処理するためのサーバメモリが不十分です。
サーバに十分な動的システムメモリが残っていないため、場合によっては
ログアウトリクエストを含めて、任意の Scalable SQL リクエストを処理す
ることができません。このような状況は、サーバで使用可能なメモリ容量
と比較して、サーバを対象とする要求が大きすぎる場合にだけ発生します。
セッション、並行リクエスト、またはアクティブカーソルの数が多すぎた
1-154 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 154 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
り、その他のメモリ要求により、このような過負荷が発生することがあり
ます。
この問題を解決するには、モニタユーティリティを使ってメモリ要求の原
因を特定するか、サーバそのものの実装 RAM を増設してください。
2117: 共有カウントが不正です。
xShareSessionID を使って現在の共有数を変更するとき、変更後の共有数は
0 から 32,767 までの範囲に収まる必要があります。このステータスコード
が返されるのは、アプリケーションが Windows リクエスタインタフェース
を使用しているときだけです。セッションの共有と xShareSessionID 関数に
ついては、『Scalable SQL Programmer's Guide』(Scalable SQL Developer Kit
に付属しています) を参照してください。
2118: このセッションは共有できません。
タスクが自分で所有していないアクティブログインセッションに切り替え
ようとしましたが、そのセッションは共有可能と指定されていません。タ
スクでは、xShareSessionID 関数を使って共有可能なセッションを指定する
ことができます。このステータスコードが返されるのは、アプリケーショ
ンが Windows リクエスタインタフェースを使用しているときだけです。
セ ッ シ ョ ン の 共 有 と xShareSessionID 関 数 に つ い て は 、 『 Scalable SQL
Programmer's Guide』(Scalable SQL Developer Kit に付属しています) を参照
してください。
2119: シェアの API が不正です。
タスクが次のいずれかを実行しようとしました。
◆ 無効なログインセッションまたは自分が所有していないログインセッ
ションを対象に xShareSessionID 関数を使用する。
◆ XQLLogout、xLogout、または xReset を使って、共有可能であっても
自分が所有していないログインセッションを対象にログアウトまたは
リセットを行う。
ステータスコード 1-155
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 155 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
このステータスコードが返されるのは、アプリケーションが Windows リク
エスタインタフェースを使用しているときだけです。セッションの共有と
xShareSessionID 関 数 に つ い て は 、 『 Scalable SQL Programmer's Guide 』
(Scalable SQL Developer Kit に付属しています) を参照してください。
2120: タスクテーブルが一杯です。
Scalable SQL ア プ リ ケ ー シ ョ ン で 並 行 タス ク の 最 大 数 を 超 え ま し た 。
XQLLogout 関数を使ってタスクを終了させるか、[セッション数] 環境設定
オプションの設定値を大きくしてください。[セッション数] オプションの
設定値を変更するには、セットアップユーティリティを使用します。詳細
については、『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。
2121: インタフェース DLL とエンジン間の接続が消失しました。
インタフェース DLL が Scalable SQL エンジンとの間でデータをやり取りで
きません。アプリケーションがエンジンを使用しているときにエンジンが
アンロードされていないことを確認してください。
2122: リクエストの処理に使用できるスレッドがありません。
インタフェース DLL がリクエストを処理するために Scalable SQL エンジン
内のスレッドを取得できません。Scalable SQL エンジンのすべてのワーカ
スレッドがリクエストを処理中であり、既にスレッドの最大数に達してい
るため、追加のスレッドを割当てることができません。しばらくしてから、
このステータスコードを返した Scalable SQL オペレーションを再試行して
ください。それでも同じステータスコードが返される場合は、サーバ上で
実行されている 1 つまたは複数の Scalable SQL アプリケーションを終了さ
せて、オペレーションを再試行してください。
1-156 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 156 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2200 から 2299
第
1
章
Scalable SQL のその他のステータスコード
ここでは、サーバベースの環境や Windows 環境など、プラットフォーム固
有の環境で Scalable SQL アプリケーションに返される可能性のあるステー
タスコードについて説明します。
2200: セッションの最大数を超えています。
セットアップユーティリティを使って、ワークステーションで許可される
セッションの最大数を大きくしてください。操作方法の詳細については、
『Scalable SQL User's Guide』を参照してください。指定できるセッション数
は使用可能なメモリ容量によっても制限されます。
2201: Scalable SQL for Windows DLL は他のタスクに完了許可を譲渡できません。
Scalable SQL for Windows DLL があるタスクに対する API リクエストを処理
しているときに、別のタスクが Scalable SQL API 呼出しを行おうとしまし
た。Scalable SQL ローカルエンジンは、1 つのタスクに対して複数の API リ
クエストを同時に処理しません。このステータスコードが返されるのは、
タスクが Scalable SQL を使ってコールバック関数を登録していない場合だ
けです。
Scalable SQL では、タスクのコールバックを呼出して、API リクエストを処
理する対象となっているタスクに時間を譲渡することはできません。タス
クに対 する コー ルバ ック を登 録する か、 初期 設定 ファ イル の [Scalable
SQL] セクションにある [Allow Callbacks] オプションを NO に設定して、
すべてのタスクに対するコールバックを無効にしてください。ただし、
コールバックを無効にすると、どのタスクも他のタスクが実行できるよう
に時間を譲渡できなくなります。
ステータスコード 1-157
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 157 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2202: コールバックを削除するタスクが、直前のコールバックのアドレスを正しく指定
しませんでした。
コールバックの解除は登録を行ったときと逆の順序で実行する必要があり
ます。プリビアスコールバックの正しいアドレスを渡していることを確認
し て く だ さ い 。 コ ー ル バ ッ ク を 登 録 す る と 、 XQLCallback か ら
fPrevCallback パラメータにプリビアスコールバックのアドレスが返されま
す。コールバックを削除するときにプリビアスコールバックのアドレスを
渡すことで、プリビアスコールバックを再登録することができます。
2203: ユーザのリクエストで、Scalable SQL はオペレーションをキャンセルしました。
アプリケーションのユーザが Scalable SQL API リクエストを中止しました。
2204: 再入力可能呼び出しが検出されました。
Scalable SQL for Windows アプリケーションがコールバック中に Scalable
SQL API 呼出しを実行しようとしたか、アプリケーションが既にリクエス
トを処理しているセッション ID を使ってリクエストを行いました。
Scalable SQL for Windows ローカルエンジンでは、複数の API リクエストを
同時に処理しません。エンジンは既にタスクに対する API リクエストを処
理しているため、コールバックは Scalable SQL API リクエストを追加する
ことができません。
Scalable SQL エンジンでは、特定のセッションで複数の API リクエストを
同時に処理しません。エンジンは既に特定のセッションに対する API リク
エストを処理しているため、そのセッション ID を使って Scalable SQL API
リクエストを追加することができません。
2205: Scalable SQL に不正なデータが渡されました。
API 呼出しに不正または不完全なデータが含まれています。API を呼出す
前に、すべてのパラメータとオプションが正しく設定されていることを確
認してください。
1-158 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 158 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2206: セマフォエラーが発生しました。
Scalable SQL エンジンまたはインタフェース DLL で内部セマフォエラーが
発生しました。Scalable SQL エンジンが互換性のない DLL のバージョンを
使ってオペレーションを実行しようとすると、このステータスコードが返
されます。エンジンをシャットダウンし、最新バージョンの DLL を使用し
ていることを確認してください。
ステータスコード 1-159
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 159 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
2300 から 2399
データベース名関数のステータスコード
ここでは、データベース名関数を使っているときに返される可能性のある
ステータスコードの一覧を示します。
2300: これ以上データベース名は定義されていません。
データベース名がまったく定義されていません。バッファが十分に長くて
複数のデータベース名を格納できる場合は、このステータスコードが返さ
れても、1 つまたは複数のデータベース名が返されることがあります。ア
プリケーションでは iBufLen をチェックして、返された名前の数を確認し
てください。
2303: データベース名は一意である必要があります。指定された名前は既に存在します。
データベースを作成しているときに、既に DBNAMES.CFG ファイル内に存
在するデータベース名を指定しました。目的のデータベースに対して異な
る一意の名前を指定するか、まず既存のデータベース名を削除してくださ
い。
2305: データベースに指定されたパスが不正です。
バインドされた名前付きデータベースに指定したパスが無効であるか、
データファイルのロケーションとして指定したパスが無効です。入力した
パスが UNC パスかローカルパス (NetWare サーバに対するローカルパスは
volume:path のようになります) であることを確認して、オペレーションを
再試行してください。マップドライブ名を含むパスは使用できません。
2306: 更新エラーが発生しました。Scalable SQL は DBNAMES.CFG を更新できません。
バインドされた名前付きデータベースに指定したパスが無効であるか、
データファイルのロケーションとして指定したパスが無効です。指定した
パスが UNC パスかローカルパス (NetWare サーバに対するローカルパスは
1-160 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 160 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
volume:path のようになります) であることを確認して、オペレーションを
再試行してください。マップドライブ名を含むパスは使用できません。
2307: Scalable SQL が DBNAMES.CFG ファイルをオープンできないか、またはバイン
ダリエラーが発生しました。
ワークステーションの DBNAMES.CFG ファイルにアクセスして、ローカル
エンジンで定義されているデータベース名の一覧を取得しようとしている
場合は、DBNAMES.CFG ファイルが Windows ディレクトリまたは [データ
ベース名ディレクトリ] 環境設定オプションで指定したディレクトリにあ
ることを確認してください。
NetWare サーバ対応の Scalable SQL (または SAP エージェントが有効になっ
ている Windows NT サーバ対応の Scalable SQL) で使用可能なデータベース
名の一覧を取得しようとしている場合は、バインダリをスキャンしている
ときに DBNames DLL にエラーが返されました。これはバインダリが壊れ
て い る こ と を 意 味 し ま す 。 使 用 中 の NetWare 環 境 に 対 応 し た 適 切 な
NetWare ユーティリティを使って、バインダリを修復してください。
2309: データベースは使用中です。
別のユーザが名前付きデータベースの定義を変更している場合、または別
のユーザがそのデータベースに接続している場合は、そのデータベースの
定義を変更できません。また、別のユーザが名前付きデータベースの定義
を変更している場合は、そのデータベースに接続できません。
2310: データベースはバインドされていません。
バインドされていないデータベースをアンバインドすることはできません。
アンバインドを行う前に、まずデータベースをバインドする必要がありま
す。バウンドデータベースの詳細については、『Scalable SQL Database
Design Guide』を参照してください。
ステータスコード 1-161
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 161 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
2311: データベースは既にバインドされています。
既にバインドされているデータベースを再度バインドすることはできませ
ん。バインドを行う前に、まずデータベースをアンバインドする必要があ
ります。バウンドデータベースの詳細については、『Scalable SQL Database
Design Guide』を参照してください。
2312: バウンドデータベースはテーブルデータファイルを共有できません。
バインドされている名前付きデータベースのテーブルによって参照されて
いるデータファイルを別の名前付きデータベース、または同じ名前付き
データベース内の別のテーブルにバインドすることはできません。バウン
ドデータベースの詳細については、『Scalable SQL Database Design Guide』
を参照してください。
2313: バウンドデータベースはデータ辞書ファイルを共有できません。
バインドされた名前付きデータベースに対するデータ辞書ファイルを別の
名前付きデータベースから参照することはできません。バウンドデータ
ベースの詳細については、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照し
てください。
2314: Scalable SQL は DBNAMES.CFG ファイルを作成できません。
Scalable SQL では DBNAMES.CFG ファイルを作成できません。このファイ
ルが存在していないことを確認し、オペレーションを再試行してください。
2315: データ辞書ファイルのチェック、バインド、アンバインドは行えません。
データベースに対するいずれかのデータ辞書ファイルにバインド情報を書
き込もうとしているときに、MicroKernel エラーが発生しました。オペレー
ションを再試行してください。それでも同じステータスコードが返される
場合は、ディスクがいっぱいでないことと、データ辞書ファイルが v6.x 以
降であることを確認してください。
1-162 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 162 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2316: Scalable SQL はバウンドデータベースの DDF ファイルを作成できません。
Scalable SQL では、バウンドデータベースに対するデータベースファイル
を作成できません。データ辞書ファイルが指定したロケーションに既に存
在していないことを確認してください。バインドされた名前付きデータ
ベースを作成する前に、まず既存のデータ辞書ファイルを削除します。バ
ウンドファイルの詳細については、『Scalable SQL Database Design Guide』
を参照してください。
2317: Scalable SQL はデータベースのチェック、バインド、アンバインドを行うための
データ辞書ファイルをオープンできません。
Scalable SQL では、データベースのバインドまたはアンバインドを行うた
めにデータ辞書ファイルをオープンすることができません。このステータ
スコードはさまざまな通常でない条件によって発生しますが、データ辞書
ファイルが指定したロケーションに存在しないことが原因で返されること
はありません (データ辞書ファイルが指定したロケーションに存在しない
場 合 は 、 ス テ ー タ ス コ ー ド 2323 が 返 さ れ ま す ) 。 ア プ リ ケ ー シ ョ ン
(SQLScope など) により、同じデータベースにログインしてみてください。
正常にログインできない場合は、表示されたメッセージに従ってエラーを
解決します。
2318: バインドされた名前付きデータベースの名前は変更できません。
バインドされた名前付きデータベースの名前を変更することはできません。
また、名前付きデータベースのテーブルに RI 制約またはトリガが含まれて
いる場合は、名前付きデータベースの名前も変更できません。この名前を
変更するには、データベースがバインドされていなくて、そのデータベー
スからすべてのトリガと RI 制約が削除されていることを確認する必要があ
ります。この後、名前を変更し、トリガや RI 制約を追加して、最後にデー
タベースをバインドします。
2319: データファイルのチェック、バインド、アンバインドは行えません。
データベースのテーブルに対するデータファイルにバインド情報を書き込
もうとしているときに、MicroKernel エラーが発生しました。オペレーショ
ステータスコード 1-163
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 163 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
ンを再試行してください。それでも同じステータスコードが返される場合
は、ディスクがいっぱいでないことと、データファイルが v6.x 以降である
ことを確認してください。
2320: セキュリティ設定されたデータベースはバインドまたはアンバインドできません。
バインドとアンバインドはセキュリティが有効になっているデータベース
ではサポートされていません。セキュリティが有効になっているデータ
ベースのバインドまたはアンバインドを行うには、まずデータベースのセ
キュリティを無効にする必要があります。バウンドデータベースの詳細に
ついては、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
2321: バインド情報をサポートしていないデータ辞書ファイルです。
Scalable SQL がデータ辞書ファイルを名前付きデータベースにバインドし
ようとしましたが、データ辞書ファイルのバージョンが正しくありません。
バインド情報をサポートするためには、ファイルが v6.x 以降でなければな
り ま せ ん 。 バ ウ ン ド デ ー タ ベ ー ス の 詳 細 に つ い て は 、 『 Scalable SQL
Database Design Guide』を参照してください。
2322: バインド情報をサポートしていないデータファイルです。
Scalable SQL が名前付きデータベースのテーブルに対するデータファイル
をバインドしようとしましたが、データファイルのバージョンが正しくあ
りません。バインド情報をサポートするためには、データファイルが v6.x
以降でなければなりません。バウンドデータベースの詳細については、
『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
2323: データ辞書ファイルが見つかりません。
Scalable SQL では、指定したディレクトリでデータ辞書ファイルを見つけ
ることができません。指定したディレクトリが存在することと、そのディ
レクトリにデータ辞書ファイルが保存されていることを確認して、オペ
レーションを再試行してください。
1-164 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 164 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
2324: データ辞書ファイルがバインドされていません。
指定した名前付きデータベースに対するデータ辞書ファイルはバインドさ
れていませんが、本来バインドされていなければなりません。このステー
タスコードは通常、データベースをバインドする前に作成されたバック
アップからデータ辞書ファイルをリストアした状況を示しています。デー
タベースのバウンド状態と一致するバックアップからデータ辞書をリスト
アしていることを確認してください。バウンドデータベースの詳細につい
ては、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
2325: データ辞書ファイルは既にバインドされています。
指定した名前付きデータベースに対するデータ辞書ファイルは既に別の
データベースにバインドされています。ただし、この名前付きデータベー
スは、データベースのバインドまたはアンバインドを行おうとしている
Scalable SQL エンジンでは定義されていません。同一の Scalable SQL エン
ジンからバインドされたデータベースに対するデータ辞書ファイルだけを
参照していることを確認してください。バウンドデータベースの詳細につ
いては、『Scalable SQL Database Design Guide』を参照してください。
2326: データ辞書ファイルがバインドされていますが、バインドする必要はありません。
このステータスコードは、バインドされていない名前付きデータベースを
チェックするときに返されます。このステータスコードは、名前付きデー
タベースが無効であったり壊れていることを示しているわけではありませ
ん。名前付きデータベースの定義とデータベースの実際の状態が一致して
いないことを示しています。
このステータスコードはしばしば、データベースをバインドしたときに作
成されたバックアップからデータ辞書ファイルをリストアした状況を示し
ています。データベースのバウンド状態と一致するバックアップからデー
タ辞書をリストアしていることを確認するか、データベースをいったんバ
インドした後でアンバインドしてください。データベースのアンバインド
を行うと、データ辞書からバインド情報が削除されます。
ステータスコード 1-165
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 165 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
2327: データ辞書ファイルは不明なデータベースにバインドされています。
このステータスコードは通常、バウンドデータベースのセキュリティを有
効または無効にしようとするときに返されます。データ辞書ファイルに不
正なバインド情報が含まれています。バインド情報は未知の名前付きデー
タベースを示しています。このステータスコードは、データ辞書ファイル
の不正なバックアップがこの名前付きデータベースのためにリストアされ
ていることを示しています。
2328: テーブルのデータファイルが見つかりません。
Scalable SQL では、データベースのテーブルに対するデータファイルを見
つけることができません。データベースのすべてのテーブルに対するデー
タファイルが名前付きデータベースに対するデータファイルパスのいずれ
かに存在することを確認して、オペレーションを再試行してください。
2329: テーブルのデータファイルがバインドされていません。
データベースのテーブルに対するデータファイルはバインドされていませ
んが、本来バインドされていなければなりません。このステータスコード
は通常、データベースをバインドする前に作成されたバックアップから
データベースのデータファイルをリストアした状況を示しています。デー
タベースのバウンド状態と一致するバックアップからデータファイルをリ
ストアしていることを確認してください。
2330: テーブルのデータファイルがバインドされていますが、バインドする必要はあり
ません。
このステータスコードは、バインドされていない名前付きデータベースを
チェックするときに返されます。このステータスコードは、名前付きデー
タベースが無効であったり壊れていることを示しているわけではありませ
ん。名前付きデータベースの定義とデータベースの実際の状態が一致して
いないことを示しています。このステータスコードはしばしば、データ
ベースに対するデータファイルがバインドされていたを状況を示していま
す。データベースのバウンド状態と一致するバックアップからデータ辞書
をリストアしていることを確認するか、データベースをいったんバインド
した後でアンバインドしてください。
1-166 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 166 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
バインド情報が必要ない場合は、データベースのアンバインドを行って、
データファイルからバインド情報を削除します。
ステータスコード 1-167
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 167 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
3000 から 3099
MicroKernel ルータのステータスコード
ここでは、MicroKernel ルータから返される可能性のあるステータスコード
の一覧を示します。MicroKernel ルータは Btrieve リクエスタからリクエス
トを受け取り、それらを適切なバージョンの MicroKernel に送ります。
3000: MicroKernel ルータでメモリ割り当てエラーが発生しました。
MicroKernel ルータは内部的にメモリを割当てることができませんでした。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3001: MicroKernel ルータに対してローカルアクセスは使用できません。
MicroKernel を正常に呼出すことができませんでした。この原因はおそらく
環境設定に誤りがあるためです。たとえば、環境設定のために MicroKernel
が使 用で きず 、オ ープ ンす るフ ァイ ルが ロー カル ファ イル であ ると 、
MicroKernel ルータからこのステータスコードが返されます。
3002: MicroKernel ルータのリソース DLL は使用できません。
MicroKernel ルータのリソース DLL が見つからないか、現在のルータの
バージョンと互換性がないと、このステータスコードが返されます。この
ステータスコードが返された場合は、MicroKernel の設定をデフォルトに戻
して、実行を続けます。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3003: MicroKernel ルータは互換性のないネットワークコンポーネントを検出しました。
ネットワークサービスコンポーネントとこのバージョンの MicroKernel
ルータとの間に互換性がありません。ネットワークサービス DLL が古い
バージョンに置き換えられていることが主な原因です。
1-168 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 168 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
第
1
章
チェックしてください。
3004: MicroKernel が MicroKernel ルータに応答していません。
MicroKernel が MicroKernel ルー タ か らの リ クエ ス ト に応 答 しま せ ん 。
MicroKernel が実行されていることを確認してください。
3005: MicroKernel ルータでオペレーティングシステムエラーが発生しました。
オペレーティングシステムから MicroKernel ルータに共有メモリのエラー
などの予期せぬエラーが返されました。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3006: MicroKernel ルータが不正なセッションを検出しました。
ポジションブロックに含まれているセッション情報が無効です。このス
テータスコードは通常、アプリケーションプログラム内で起こしたエラー
の結果として返されます。アプリケーションが既にクローズされている
ファイルに対するポジションブロックを使用している点に主な原因があり
ます。
3007: MicroKernel ルータはサーバを見つけられません。
このステータスコードは現在使用されていません。
3008: MicroKernel ルータの環境設定が不正です。
このステータスコードは無効な環境設定の結果として返されます。たとえ
ば、[Local]、[Remote]、および [Thunk] オプションすべてが No に設定さ
れている場合、ルータは有効なパスをとることができません。この場合は、
セットアップに従っていずれかのオプションを Yes に設定します。
ステータスコード 1-169
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 169 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
3009: NETAPI.DLL がロードされていません。
MicroKernel ルータは NETAPI.DLL を見つけることができません。
3010: NetWare API DLL がロードされていません。
MicroKernel ルータは NetWare API DLL を見つけることができません。
3011: サンクは実行できません - Win32 MicroKernel ルータが見つからないか、または
互換性がありません。
このステータスコードは Win16 MicroKernel ルータに対してのみ意味を持ち
ます。[サンクの使用] オプションを Yes に設定していて、サンクパスにア
クセスできないと、このステータスコードが返されます。次のような原因
が考えられます。
◆ Win32 MicroKernel ルータ DLL は存在しないか、互換性がありません。
◆ Win32 ルーチンを正常に初期化できませんでした。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3012: ローカルエンジンは MicroKernel ルータへのアクセスが可能になっていません。
ローカルエンジンがロードされていないか、ローカルエンジンを起動でき
ないため、ローカルエンジンにアクセスすることができません。クライア
ント上にあるローカルファイルにアクセスしようとして、ワークステー
ションエンジンがインストールされていないと、このステータスコードが
返されます。
3013: ネットワークコンポーネントがロードされていないので、リモートエンジンは
MicroKernel ルータにアクセスできません。
MicroKernel ルータがネットワークコンポーネントを初期化できなかったた
め、リモートエンジンにアクセスすることができません。次のような原因
が考えられます。
◆ [リモート] オプションが誤って No に設定されています。
1-170 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 170 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ 必要なネットワークコンポーネントが見つからないか、互換性があり
第
1
章
ません。
3014: MicroKernel ルータはエンジンを見つけられません。
オペレーションを処理できるエンジン (ローカルまたはリモート) が見つ
からなかったため、MicroKernel ルータはオペレーションを完了することが
できません。次のような原因が考えられます。
◆ ターゲットとなるネットワークオペレーティングシステムが使用でき
ません。
◆ ターゲットエンジンが使用できません。
◆ Windows 3.x 環境で、スペースを含む共有ドライブ名を使用していま
す。この状況を解決するには、共有ドライブ名からスペースを削除し
てください。たとえば、「D Drive」という名前のサーバに接続して
いる場合は、「D_Drive」という共有名に変更します。
3015: MicroKernel ルータで初期化エラーが発生しました。
MicroKernel ルータを初期化するときに予期せぬエラーが発生しました。詳
細については、Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) の内容をチェッ
クしてください。
3016: MicroKernel ルータで内部エラーが発生しました。
MicroKernel ル ー タ で 内 部 エ ラ ー が 発 生 し ま し た 。 詳 細 に つ い て は 、
Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) の内容をチェックしてください。
3017: ローカルエンジンのデータバッファが小さすぎます。
リクエスタが MicroKernel のバッファでは処理できないほど多くのデータ
を MicroKernel に送ると、このステータスコードが返されます。いくつか
の解決方法があります。
◆ セットアップユーティリティの [通信バッファサイズ] パラメータに
より大きな値を指定します。
ステータスコード 1-171
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 171 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ Btrieve オペレーションにより小さなバッファを使用します。
3018: ファイルは既にクローズされています。
ファイルが既にクローズされていると、このステータスコードが返されま
す。
3019: MicroKernel ルータでセマフォエラーが発生しました。
ローカルエンジンとの接続を確立しようとしたときにセマフォエラーが発
生しました。詳細については、Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT)
の内容をチェックしてください。
3020: MicroKernel をロード中にエラーが発生しました。
MicroKernel をロードしているときエラーが発生するか、サーバとワークス
テーションの共有メモリオブジェクトにアクセスできないと、このステー
タスコードが返されます。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3021: MicroKernel ルータは不正なフォーマットのデータパケットを受け取りました。
フォーマットが不正であるため、MicroKernel ルータはエンジンからの応答
を拒絶しました。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3022: 指定したデータバッファ長によりデータパケットオブジェクトのサイズが大きく
なりすぎたので、MicroKernel ルータはリモートエンジンにリクエストを送信できませ
んでした。
MicroKernel ルータへのリクエストによりデータバッファ長が指定されまし
たが、その結果、SRB データパケットのサイズが最大値である 64KB を超
えてしまいます。MicroKernel ルータはデータパケットを作成するときにい
1-172 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 172 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
くつかのパケットオーバーヘッドを追加するため、リクエストに対応する
データバッファ長が 64KB を超えていない場合でも、このステータスコー
ドが返されることがあります。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3023: MicroKernel ルータのタスクテーブルが一杯です。
タスクを管理するために MicroKernel ルータが使用する内部テーブルが
いっぱいです。このエラーは Win16 環境でのみ発生し、多数のアプリケー
ションが Win16 MicroKernel ルータを同時に使用していることを示します。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3024: 指定されたオペレーションコードは、リモートエンジンへの送信を許可されてい
ません。
アプリケーションでは、リモートエンジンに送信すると無効になる Btrieve
オペレーションを使用しています。たとえば、Continuous オペレーション
(42) です。このオペレーションは、バックアップを目的としてローカル
サーバのファイルを Continuous オペレーションモードに置くために使用し
ます。
ステータスコード 1-173
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 173 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
3100 から 3199
ネットワークサービスレイヤのステータスコード
次のステータスコードは Pervasive ネットワークサービスレイヤ (PNSL) か
ら返されます。
3101: Pervasive ネットワークサービスレイヤで内部エラーが発生しました。
Pervasive ネットワークサービスレイヤに内部エラーが発生し、処理を続け
ることができません。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連
絡ください。
3102: Pervasive ネットワークサービスレイヤは初期化されていません。
Pervasive ネットワークサービスレイヤはその呼出し元によって適切に初期
化されませんでした。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連
絡ください。
3103: Pervasive ネットワークサービスレイヤはサーバ名を見つけられませんでした。
ターゲットサーバ名を検索しましたが、NDS、バインダリ、名前付きパイ
プ、および DNS を検索してもアドレスを解決することができませんでした。
次のようないくつかの原因が考えられます。
◆ Windows NT: MicroKernel エンジンが実行されていません。
◆ NetWare:
◆ SAP (Server Addressing Protocol) でサーバ名を絞り込むことができ
ませんでした。SAP は NetWare 3.x で使用され、v4.x でも使用す
ることができます。この種のフィルタ処理は通常 WAN 環境で使
用します。
◆ Win16 クライアントを使用するときに、NWCALLS.DLL または
NWIPXSPX.DLL が見つかりませんでした。これらは NetWare の
システムファイルです。
◆ TCP/IP を使用する NetWare: サーバ名が DNS にありません。
1-174 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 174 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
◆ Windows NT サーバ: このオペレーティングシステムでは、サーバ名
を解決するために名前付きパイプが使用されます。オペレーティング
システムレベルのネットワーキングでは、ターゲットとなる名前付き
パイプを見つけることができませんでした。
詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) の 内 容 を
チェックしてください。
3104: Pervasive ネットワークサービスレイヤでパーミッションエラーが発生しました。
このステータスコードは、Windows NT でのみ意味を持ちます。
ターゲットとなる名前付きパイプへのアクセス許可が拒否されました。こ
のステータスコードが返された場合は、次の操作を行います。
◆ プロセス間通信のメカニズムにアクセスできることを確認してくださ
い。
◆ 2 つのシステムで同じユーザ名を使用している場合は、パスワードも
同じであることを確認してください。
3105: Pervasive ネットワークサービスレイヤに使用可能な転送プロトコルがありません。
ターゲットサーバエンジンとクライアントの両方に共通な転送プロトコル
が使用できません。たとえば、サーバエンジンでは TCP/IP しか使用できな
いときにクライアントで SPX を使用していると、このステータスコードが
返されます。このことをチェックするには、セットアップユーティリティ
を使って、クライアントの [Supported Protocols] ([通信リクエスタ] セク
ション) の設定値とサーバの [Supported Protocols] ([通信マネージャ] セク
ション) の設定値を比較します。セットアップユーティリティの詳細につ
いては、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
3106: Pervasive ネットワークサービスレイヤで接続に失敗しました。
Pervasive ネットワークサービスレイヤはクライアント側では転送接続を確
立できましたが、ターゲット側では正常に接続できませんでした。次のよ
うないくつかの理由が考えられます。
ステータスコード 1-175
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 175 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
◆ Btrieve または Scalable SQL エンジンがサーバで実行されていません。
◆ ネットワークの負荷が大きすぎます。
◆ 接続パスが無効です。
このステータスコードが返された場合、詳細については、Pervasive イベン
トログ (SVCSLOG.TXT) の内容をチェックしてください。
3107: Pervasive ネットワークサービスレイヤのメモリが不足しています。
Pervasive ネットワークサービスレイヤには十分なメモリがないため処理を
継続できません。
3108: Pervasive ネットワークサービスレイヤが不正なセッションを検出しました。
アプリケーションは、Pervasive ネットワークサービスレイヤが認識できな
いネットワークセッションを使用しようとしました。Pervasive Software の
カスタマサポート窓口までご連絡ください。
3109: Pervasive ネットワークサービスレイヤに余分なデータがキューされました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
3110: ネットワークレイヤは接続されていません。
アプリケーションは既にアクティブでなくなっているネットワーク接続を
使用しようとしました。このエラーは、Pervasive ネットワークサービスレ
イヤを含むセッションがまだ有効なときに発生しますが、そのセッション
は既にネットワークから削除されています。アプリケーションを停止した
後で再起動してください。
3111: ターゲットサーバへの送信に失敗しました。
Pervasive ネットワークサービスレイヤはアプリケーションのリクエストを
ターゲットサーバに送信しようとしましたが、ターゲットからネットワー
ク固有のエラーが返されました。詳細については、Pervasive イベントログ
(SVCSLOG.TXT) の内容をチェックしてください。
1-176 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 176 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
3112: ターゲットサーバからの受信に失敗しました。
Pervasive ネットワークサービスレイヤはターゲットサーバからデータを受
信しようとしましたが、ネットワーク固有のエラーが発生しました。詳細
については、Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) の内容をチェック
してください。
3113: Pervasive ネットワークサービスレイヤが不正なサーバタイプを検出しました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
3114: Pervasive ネットワークサービスレイヤのルーティングテーブルが一杯です。
Pervasive ネットワークサービスレイヤのサーバルーティングテーブルが
いっぱいです。このテーブルは通常、必要に応じて動的にサイズを変えま
す。メモリ不足になっていないことを確認してください。
Btrieve v7.0 では、クライアントから一部のマップドライブ接続を削除して、
この問題を解決してください。
3115: Pervasive ネットワークサービスレイヤで転送に失敗しました。
Pervasive ネットワークサービスレイヤがクライアント側でローカル転送の
エンドポイントを作成しているときに、WinSock (Win32、Win16) または
Berkeley Sockets (OS/2) の エ ラ ー が 発 生 し ま し た 。 詳 細 に つ い て は 、
Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) の内容をチェックしてください。
3116: Pervasive ネットワークサービスレイヤでデータのオーバフローが生じました。
サーバのリクエストバッファが小さすぎるため、すべてのデータを受信す
ることができません。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連
絡ください。
ステータスコード 1-177
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 177 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
3117: Pervasive ネットワークサービスレイヤのクライアント/サーバテーブルが一杯です。
Pervasive ネットワークサービスレイヤのクライアント/サーバテーブルが
いっぱいです。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡くだ
さい。
3118: Pervasive ネットワークサービスレイヤが不正なアドレスファミリを検出しました。
Pervasive ネットワークサービスレイヤが認識できない転送アドレスファミ
リを検出しました。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡
ください。
3119: 使用可能な認証コンテキストがありません。
Pervasive ネットワークサービスレイヤではユーザの認証コンテキストを取
得できません。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡くだ
さい。
3120: 認証タイプが不正です。
Pervasive ネットワークサービスレイヤが無効な認証タイプを検出しました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
3121: 認証オブジェクトが不正です。
Pervasive ネットワークサービスレイヤが無効な認証オブジェクトを検出し
ました。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
3122: 認証の長さが短すぎます。
Pervasive ネットワークサービスレイヤに渡した認証オブジェクトが小さす
ぎて、ユーザの認証コンテキストを格納することができません。Pervasive
Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
1-178 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 178 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
7000 から 7099
第
1
章
ユーザカウントマネージャのステータスコード
ここでは、ユーザカウントマネージャを使用しているときに返される可能
性のあるステータスコードの一覧を示します。
7002: キー番号が不正です。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-301: ユーザカウント
を追加するために使用されたキー番号が不正です。」メッセージを参照し
てください。
7003: User Count Manager はキーファイルに書き込めません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-405: ユーザカウント
キーファイルの書き込みエラーです (errno = nn)。」メッセージを参照して
ください。
7004: User Count Manager は指定されたファイルに書き込めません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-406: ファイルの書き
込みエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してくだ
さい。
7005: User Count Manager はキーファイルを読み込めません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-408: ユーザカウント
キーファイルの読み取りエラーです (errno = nn)。」メッセージを参照して
ください。
ステータスコード 1-179
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 179 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
7006: User Count Manager は指定されたファイルを読み込めません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-409: ファイルの読み
取りエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してくだ
さい。
7007: User Count Manager は予期しない EOF に遭遇しました。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-410: 予期しない EOF
に遭遇しました。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してくだ
さい。
7008: User Count Manager は指定されたファイルをオープンできません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-404: ファイルオープ
ンエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してくださ
い。
7009: User Count Manager は指定されたファイルを変更できません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-403: ファイルのモー
ド変更エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してく
ださい。
7010: User Count Manager は指定されたファイルを見つけることができません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-402: 不正なファイル
パス名 = nn, ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してください。
7011: 同じキーを 2 度用いてユーザカウントを追加することはできません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-305: キー番号重複エ
ラーです。同じキーを二度用いてユーザカウントを追加することはできま
せん。」メッセージを参照してください。
1-180 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 180 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
7012: ユーザカウントキーファイルの整合性に問題があります。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-302: キーファイル
チェックシーケンスが不正です。ユーザカウントキーファイルの整合性に
問題があります。」メッセージを参照してください。
7013: キーのタイプが不正です。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-303: キー番号が不正
です (キー番号のタイプが間違っています)。」メッセージを参照してくだ
さい。
7014: User Count Manager は既に起動しています。後でもう 1 度起動してください。
こ の ス テ ー タ ス コ ー ド の 詳 細 に つ い て は 、 「 UCMGR-501: User Count
Manager は既に起動しています。User Count Manager は同時に複数のインス
タンスを実行することはできません。」メッセージを参照してください。
7016: User Count Manager は指定されたファイルを読み込めません。ファイルが壊れて
います。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-411: ファイルシーク
エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してください。
7017 - 7023: コンポーネントのシリアル番号が一致しません。
これらのステータスコードの詳細については、UCMGR メッセージの 310
から 316 を参照してください。
7026: User Count Manager はディスケットキーファイル UCMGR.KEY を見つけること
ができません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-401: ディスケット
キーファイルが見つかりません。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージ
を参照してください。
ステータスコード 1-181
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 181 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 16:02
第
1
章
7028: ディスケットキーは既に適用されています。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-306: 既に適用されて
いるディスケットキーです。同じディスケットキーを二度用いてユーザカ
ウントを追加することはできません。」メッセージを参照してください。
7029: User Count Manager はディスケットキーファイルを読み込めません。
このステータスコードの詳細については、「ディスケットキーファイルが
不正です。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してください。
7030: DOS パーティションサービスが存在していません。
このステータスコードは NetWare プラットフォームにだけ適用されます。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-415: DOS パーティ
ションサービスが存在していません。」メッセージを参照してください。
7031: User Count Manager はディスケットキーファイルをコピーできません。
このステータスコードは NetWare プラットフォームにだけ適用されます。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-416: DOS コピーエ
ラーです。User Count Manager はディスケットキーファイルをコピーできま
せん (errno = nn)」メッセージを参照してください。
7032: User Count Manager はディスケットキーファイルをオープンできません。
このステータスコードは NetWare プラットフォームにだけ適用されます。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-417: DOS オープンエ
ラーです。User Count Manager はディスケットキーファイルをオープンでき
ません (errno = nn)」メッセージを参照してください。
7033: User Count Manager はディスケットキーファイルに書き込めません。
このステータスコードは NetWare プラットフォームにだけ適用されます。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-418: DOS 書き込みエ
ラーです。User Count Manager はディスケットキーファイルの書き込みを行
えません (errno = nn)」メッセージを参照してください。
1-182 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 182 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
7035-7038: シリアル番号が一致しません。
これらのステータスコードの詳細については、UCMGR メッセージの 317
から 319 を参照してください。ステータスコード 7035-7038 は、7017-7023
と同じエラーメッセージを共有します。異なるのは、7035-7038 がユーザ
カウントを移行するときに発生する点のみです (Btrieve v6.15 のユーザカウ
ントからの移行を行うときなど)。
7039: User Count Manager は指定されたファイルを削除できません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-412: ファイルの削除
エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してください。
7040: User Count Manager は指定されたファイルをリネームできません。
このステータスコードの詳細については、「UCMGR-413: ファイル名の変
更エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)」メッセージを参照してくださ
い。
7041: User Count Manager が期化されていません。
こ の ス テ ー タ ス コ ー ド の 詳 細 に つ い て は 、 「 UCMGR-500: User Count
Manager は初期化されていません。データベースエンジンをアンロードま
たは中止してから、User Count Initialization ユーティリティ (UCINIT.EXE、
NTUCINIT.EXE、NWUCINIT.NLM) を実行してください。」メッセージを
参照してください。
7042: User Count Manager はプラットフォームを特定できません。
こ の ス テ ー タ ス コ ー ド の 詳 細 に つ い て は 、 「 UCMGR-502: User Count
Manager はプラットフォームを特定できません。」メッセージを参照して
ください。
ステータスコード 1-183
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 183 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 15:59
第
1
章
7046: User Count Manager は Btrieve ユーザカウントを移行できません。
無効な Btrieve データベースエンジンが Btrieve のユーザカウントを移行す
るために指定されました。
7048: このオペレーションは Btrieve v6.1x の移行では無効です。
このステータスコードは、「UCMGR-321: 以前 xxxx ユーザの移行を行い、
今回 nn ユーザを移行しようとしました。これは不正な操作です。以前に
移行されたユーザカウントよりも少ないユーザカウントを移行することは
できません。」メッセージと同じ意味を持ちます。
7049: ユーザカウントライセンスは既にユーザ数無制限です。
フロッピーディスクベースのライセンスキーを既にユーザ数無制限のライ
センスを取得している製品の上に追加しようと、このステータスコードが
返されます。既にユーザ数無制限のライセンスを得ているため、ユーザカ
ウントを増やす必要はありません。
7050: ユーザカウントリソース DLL が不正です。
ユーザカウントマネージャが不正なメッセージファイルをロードすると、
このステータスコードが返されます。リソース DLL をメッセージで指定さ
れたバージョンにアップデートしてください。
7051: ユーザカウントリソース DLL のメジャーバージョンが不正です。
ユーザカウントマネージャが古いメジャーバージョンのメッセージファイ
ルをロードすると、このステータスコードが返されます。リソース DLL を
メッセージで指定されたバージョンにアップデートしてください。
7052: ユーザカウントリソース DLL のマイナーバージョンが不正です。
ユーザカウントマネージャが古いマイナーバージョンのメッセージファイ
ルをロードすると、このステータスコードが返されます。リソース DLL を
メッセージで指定されたバージョンにアップデートしてください。
1-184 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 184 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
7053: ユーザカウントリソース DLL のパッチ番号が不正です。
ユーザカウントマネージャが古いパッチレベルのメッセージファイルを
ロードすると、このステータスコードが返されます。リソース DLL をメッ
セージで指定されたパッチ番号にアップデートしてください。
7054: ライセンスキーが製品のバージョンと一致しません。
製品の古いバージョンに対応するキーを追加しようとすると、このステー
タスコードが返されます。現在の製品レベルに対応したユーザライセンス
キーを取得して、オペレーションを再試行してください。
7059: テンポラリユーザライセンスキーの期限が切れました。
データベースエンジンに対する一時的なユーザライセンスの有効期限が切
れると、このステータスコードが返されます。永久的なユーザライセンス
キーを取得する方法については、Pervasive Software までお問い合わせくだ
さい。
ステータスコード 1-185
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 185 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
8000 から 8499
コンポーネント管理のステータスコード
次のステータスコードは、MicroKernel の Smart Components 管理とイベント
ロギング API から返されます。
8001: メモリの割り当て中にサービス DLL でエラーが発生しました。
メモリを割当てることができませんでした。使用可能なシステムリソース
がなくなっていないことを確認してください。
8002: コンポーネント ID 文字列が見つかりませんでした。
サービス DLL ではコンポーネントから ID を取得しようとしましたが、コ
ンポーネントは ID を持っていませんでした。このステータスコードはアプ
リケーション内で発生したエラーの結果として返されます。
8003: サンクパスはサービス DLL にアクセスできません。
Smart Components 管理は Win32 API のアドレスを見つけることができませ
ん。
8004: サービス DLL ではサポートしていないプラットフォームまたは呼び出しタイプで
す。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8005: API は初期化されていません。
このステータスコードは、エラーにより API が適切に初期化できないとき
に返されます。詳細については、Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT)
をチェックしてください。
1-186 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 186 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
8006: 指定されたコンポーネントが見つかりませんでした。
目的のコンポーネントを検出できないため、Smart Components 管理はその
コンポーネントを対象にオペレーションを実行できません。 詳細について
は、Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) をチェックしてください。
8007: Win32 バージョン情報の取得エラーです。
このステータスコードは、オペレーティングシステムから Win32 バージョ
ンの情報を取得するときに返されます。このステータスコードは使用中の
Windows 環境に問題があることを示していますが、通常、このステータス
コードが返されることはありません。Pervasive Software のカスタマサポー
ト窓口までご連絡ください。
8008: コンポーネント ID で情報が一致していません。
このステータスコードは、アプリケーションがコンポーネント ID に複数の
プラットフォーム、タイプ、またはバージョンを指定したときに返されま
す。このため、サービス DLL は正しいコンポーネントをバインドできませ
ん。
8009: コンポーネント ID に必要な情報がありません。
このステータスコードは、コンポーネント ID に次のような必要な情報が含
まれていないときに返されます。
◆ プラットフォーム
◆ タイプ
◆ メジャー/マイナー機能レベル
8010: コンポーネント ID を取得するためのファイルのオープンでエラーが発生しました。
サービス DLL がコンポーネント ID を取得するためにファイルをオープン
しようとしましたが、ファイルが存在しませんでした。
ステータスコード 1-187
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 187 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
8011: エクスポートの定義エラーです。
このステータスコードは現在使用されていません。
8012: バインド規則で必要な情報がありません。
このステータスコードは、次のような必要な情報が見つからないときに返
されます。
◆ プラットフォームのタイプ
◆ メジャー/マイナー機能レベル
8013: コンポーネントの検索エラーです。
このステータスコードは、コンポーネントを検索するためにオペレーティ
ングシステムのディレクトリをオープンするときに返されます。詳細につ
いては、Pervasive イベントログ (SVCSLOG.TXT) をチェックしてください。
8014: infobase の読み込みエラーです。
このステータスコードは現在使用されていません。
8015: infobase の書き込みエラーです。
このステータスコードは現在使用されていません。
8016: 指定されたインスタンスは不正です。
このステータスコードは、アプリケーションがサービス DLL に無効なイン
スタンスハンドルを渡すときに返されます。
8017: バージョン情報構造体が不正です。
アプリケーションがバージョン情報構造体を解放しようとしたときに、そ
のバージョン構造体が無効であるとサービス DLL が判断すると、このス
テータスコードが返されます。
1-188 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 188 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
8018: サービス DLL が見つけられない項目です。
サービス DLL が項目を解放するようにアプリケーションがリクエストした
ときに、その項目がサービス DLL によって生成されたものではないとサー
ビス DLL が判断すると、このステータスコードが返されます。
8019: API リクエストを受け付けないライブラリです。
このステータスコードは、サービス DLL がリクエストを受け付けることが
できないときに返されます。マルチスレッド化されたアプリケーションで
は、1 つのスレッドがリクエストを行おうとするときに他のスレッドが
サービス DLL をオーバーロードしていると、このステータスコードが返さ
れます。この状況では、エラーが返されなくなるまで続けて再試行してく
ださい。
8020: コンポーネントのロードエラーです。
コンポーネントをロードしようとしているときに、サービス DLL がオペ
レーティングシステムエラーを受け取ると、このステータスコードが返さ
れ ま す 。 詳 細 に つ い て は 、 Pervasive イ ベ ン ト ロ グ (SVCSLOG.TXT) を
チェックしてください。
8021: コンポーネントは使用中です。
このステータスコードは現在使用されていません。
8022: コンポーネントは初期化されていません。
マルチスレッド化されたアプリケーションを使用していて、1 つのスレッ
ドがコンポーネントをシャットダウンし、その他のスレッドがそのコン
ポーネントの使用を続けようとしているときを除き、このステータスコー
ドが返されることはありません。
ステータスコード 1-189
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 189 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
8023: サービス DLL に不正なファイル名が渡されました。
このステータスコードは、サービス DLL が存在しないファイル名を受け取
るときに返されます。
8024: 関数名が不正です。
このステータスコードは、アプリケーションが存在しない関数のインポー
トを要求するときに返されます。
8025: フリーインスタンスがありません。
このステータスコードは現在使用されていません。
8026: コンポーネントはディレクトリにあります。
このステータスコードは現在使用されていません。
8027: コンポーネント ID に必要な属性がありません。
このステータスコードは、アプリケーションプログラムがコンポーネント
ID に必要な属性を指定しないときに返されます。
8028: 必要なバッファがありません。
このステータスコードは、必要な入力または出力バッファが見つからない
ときに返されます。Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡
ください。
8029: コンポーネントは要求されていません。
このステータスコードは現在使用されていません。
1-190 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 190 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
8030: 情報に対して戻り値のバッファが小さすぎます。
アプリケーションがサービス DLL に情報を格納するためのバッファを渡し、
そのバッファのサイズが十分でないためにすべての情報を格納できないと、
このステータスコードが返されます。
8031: サービス DLL で内部エラーが発生しました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8032: コンポーネント ID が不正です。
コンポーネント ID 文字列が見つかっても、それが短すぎたり、長すぎたり、
あるいは無効な文字を含んでいるために有効なでないと、このステータス
コードが返されます。
8033: 記号のインポートエラーです。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8034: 呼び出しタイプが不正です。
このステータスコードは現在使用されていません。
8035: NetWare プラットフォームでは不正な API です。
このステータスコードは、アプリケーションが NetWare プラットフォーム
ではサポートされていない API を呼出すときに返されます。
8036: メジャーバージョンとマイナーバージョンが矛盾しています。
このステータスコードは、コンポーネントが矛盾するバージョン情報を含
んでいるときに返されます。Pervasive Software のカスタマサポート窓口ま
でご連絡ください。
ステータスコード 1-191
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 191 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
8037: サービス DLL のサンク中にエラーが発生しました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8038: ワイルドカード式のコンパイルエラーです
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8039: 指定されたオペレーティングシステムハンドルが不正です。
このステータスコードは、コンポーネント ID 文字列に対するオペレーティ
ングシステムハンドルが無効なときに返されます。このエラーは、
GetFileVersionByHandle または GetFileSizeByHandle 関数を使って取得したハ
ンドルをアプリケーションが誤って変更したときに発生します。
8040: コンポーネント ID の CRC チェックに失敗しました。
コンポーネント ID を対象とする CRC チェックルーチンが正常に実行され
ませんでした。アプリケーションが誤ってコンポーネント ID を変更すると、
このステータスコードが返されます。
8041: パス長が不正です。
このステータスコードは現在使用されていません。
8200: イベントログに送信されたメッセージには不正なメッセージタイプが含まれてい
ました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8201: イベントログに送信されたメッセージには不正なコンポーネント名が含まれてい
ました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
1-192 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 192 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
8202: イベントログに送信されたメッセージにはコンポーネント名が含まれていません
でした。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8203: イベントログのメッセージファイルが不正です。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8204: イベントログのカテゴリファイルが不正です。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8205: イベントログは不正なハンドルを受け取りました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8206: イベントログはメッセージ内に一致しないコンポーネントを検出しました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8207: イベントログはコンポーネントを見つけられません。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8208: イベントログには既に同名の登録済みコンポーネントがあります。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8209: イベントログはメッセージファイルを見つけられません。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8210: イベントログのカテゴリファイルが見つかりませんでした。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
ステータスコード 1-193
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 193 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第
1
章
8211: イベントログにメッセージファイルがありません。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8212: イベントログにカテゴリファイルがありません。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
8213: イベントログに送信されたメッセージに含まれるバイナリデータ量が多すぎます。
このステータスコードは、メッセージに含まれるバイナリデータの容量が
57K の最大値を超えたときに返されます。
8214: イベントログが受け取ったメッセージは長すぎます。
このステータスコードは、可変メッセージパラメータとバイナリデータの
合計サイズが 57K の最大値を超えたときに返されます。
8215: イベントログは ID を持たないメッセージを受け取りました。
このステータスコードは、logMessageId がメッセージリソースファイル内
で見つからないときに返されます。
8216: イベントログはメッセージカテゴリを認識できません。
このステータスコードは、logCategoryId がメッセージリソースファイル内
で見つからないときに返されます。
8217: イベントログは一致しないパラメータを検出しました。
このステータスコードは、変数パラメータの数と、メッセージ文字列内の
フォーマットエスケープシーケンスが一致しないときに返されます。
8218: イベントログの書き込み中にエラーが発生しました。
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
1-194 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_1.DOC PAGE: 194 OF 194
LAST SAVED: 98/03/09 12:52 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:55
第 2 章 メッセージ
この章では、Scalable SQL または Btrieve データアクセスシステム、あるい
は MicroKernel を使用しているときに返される可能性のあるメッセージに
ついて説明します。この章で説明するメッセージには、使用中の Scalable
SQL または Btrieve 製品の一部ではないユーティリティによって生成される
ものが含まれている場合もあります。
メッセージはステータスコードとは異なります。両者のちがいについては、
第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
次のように、一部のメッセージがステータスコードを参照する場合があり
ます。
INDEX.DDF にアクセス中にエラーが発生しました。ステータスは nn です。
ステータスコードは特定のコンポーネントに結び付けられており、エラー
の性質と発生元によって異なります。本文中で nn または xx と表記する値
はソフトウェアから返される数値です (ステータスコード、オペレーショ
ンコード、レコード数など)。また、xxxx と表記する値はソフトウェアから
返される名前を表します (ファイル名、データ型、キータイプ、コマンド
など)。
メッセージ 2-1
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 1 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
それぞれのメッセージは生成元のコンポーネントに従って分類されます。
表 2-1 に、それぞれのメッセージのタイプに対応するプレフィックスの一
覧を示します。
表 2-1 メッセージグループ
プレフィックス
コードのタイプ
(なし)
一般的なメッセージ
BDROUTER
Btrieve リモート通信マネージャのメッセージ
BREQUEST
Btrieve リクエスタのメッセージ
BREQUTIL
リクエスタユーティリティのメッセージ
BROUTER
Btrieve メッセージルータのメッセージ
BSPXCOM
Btrieve SPX 通信モジュールのメッセージ
BTCPCOM
Btrieve TCP/IP 通信モジュールのメッセージ
BUTIL
Btrieve メンテナンスユーティリティのメッセージ
MKDE
MicroKernel Database エンジンのメッセージ
NWBSRVCM
NetWare Btrieve サーバ通信マネージャのメッセージ
NWSSRVCM
NetWare Scalable SQL サーバ通信マネージャのメッセージ
SSPXCOM
Scalable SQL SPX 通信モジュールのメッセージ
SSQL
Scalable SQL エンジンのメッセージ
STCPCOM
Scalable SQL TCP/IP 通信モジュールのメッセージ
UCINIT
ユーザカウント初期化ユーティリティのメッセージ
UCMGR
ユーザカウントマネージャのメッセージ
UCUTIL
ユーザカウントユーティリティのメッセージ
2-2 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 2 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
(プレフィックスなし)
一般的なメッセージ
次のメッセージは、複数のユーティリティまたはコンポーネントから返さ
れます。このため、これらのメッセージの先頭にはコンポーネントを示す
プレフィックスと番号は表示されません。
Bfloat and Float Fields Must Be 4 or 8 Bytes
4 バイトまたは 8 バイト以外のサイズの FLOAT または BFLOAT 列を定義
しています。列のサイズを 4 または 8 バイトに変更してください。
First and Second Password Entries Do Not Match, Please Retype
2 度目に入力したパスワードが最初に指定したパスワードと異なります。
もう一度正しいパスワードを指定して、パスワードの確認を行ってくださ
い。
Incorrect Netware Version
ロードした NetWare のバージョンと BREQUEST のバージョンとの間に互
換性がありません。ワークステーションには、NetWare v3.12 以降に対応し
た NetWare シェルをインストールする必要があります。
Incorrect Parameter
DOS ワークステーションで Scalable SQL または Btrieve リクエスタをロード
しているときにエラーが発生すると、このメッセージが返されます。無効
な環境設定オプションを指定しています。環境設定オプションの指定につ
いては、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
メッセージ 2-3
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 3 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
Insufficient Memory
DOS ワークステーションで Scalable SQL または Btrieve リクエスタをロード
しているときにエラーが発生すると、このメッセージが返されます。リク
エスタでは、指定された環境設定オプションで使用する十分なメモリを割
当てることができません。ワークステーションに、実行する必要のあるす
べてのプログラムをロードするのに十分なメモリがあることを確認してく
ださい。
Invalid Load File Format. End of Record Marker Not Found
Btrieve メンテナンスユーティリティ (BUTIL) がシーケンシャルロード
ファイルの中で無効なレコード区切り文字を検出しました。ロードファイ
ルの各レコードの末尾はキャリッジリターン/ラインフィード文字でなけれ
ばなりません。このエラーは通常、シーケンシャルレコードの先頭に指定
する長さに誤りがあるときに発生します。
Load File Referenced Undefined Public Variable. Module xxxx Not Loaded
NetWare v3.12 以降の環境で、ロードしようとしたモジュール (セットアッ
プユーティリティなど) が別のモジュールの適切なバージョンをロードす
るように要求しました。Scalable SQL v4.0 に含まれるすべての Scalable SQL
ユーティリティは、次のソフトウェアがロードされることを要求します。
◆ AFTER311.NLM を含む NetWare v3.12 以降。BSTART を呼出す前に
AUTOEXEC.NCF から AFTER311 をロードしてください。
◆ Scalable SQL と SSPXCOM.NLM を含む Scalable SQL v4.0。
◆ MicroKernel Database エンジン v7.x と BSPXCOM.NLM。
Local Engine Is Already Loaded
DOS ワークステーションでロードするときに Scalable SQL リクエスタにエ
ラー が発 生す ると 、こ のメ ッセ ージ が返 され ます 。ロ ーカ ルエ ンジ ン
(XQL v2.11 以前) がワークステーションにロードされています。古いロー
カルエンジンと新しいリクエスタを同時にロードすることはできません。
2-4 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 4 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
Must Have DOS 3.1 or Greater
DOS ワークステーションでロードするときに Scalable SQL または Btrieve リ
クエスタにエラーが発生すると、このメッセージが返されます。これらの
リクエスタでは、DOS v3.1 以降を必要とします。
第
2
章
NetWare Shell Is Not Installed
NetWare シェルが Scalable SQL リクエスタをロードしようとした DOS ワー
クステーションにインストールされていないと、このメッセージが返され
ます。アプリケーションが Scalable SQL とデータをやり取りする前に、
ワークステーションに NetWare シェルをインストールしておく必要があり
ます。
Redirection List Not Large Enough
DOS ワークステーションでロードするときに Scalable SQL リクエスタにエ
ラーが発生すると、このメッセージが返され、Scalable SQL リクエスタで
はすべてのリダイレクトデバイスをその内部転送リストに格納できません。
/R 環境設定オプションの設定値を大きくしてください。
Scalable SQL Requester Is Already Loaded
Scalable SQL リクエスタが既に DOS ワークステーションにロードされてい
るのにさらにロードしようとすると、このメッセージが返されます。
SPX Is Not Loaded
DOS ワークステーションでロードするときに Scalable SQL または Btrieve リ
クエスタにエラーが発生すると、このメッセージが返されます。アプリ
ケーションが Scalable SQL または MicroKernel のサーバベースのバージョン
にアクセスする前に、NetWare SPX 通信ソフトウェアをロードしておく必
要があります。詳細については、『Btrieve User's Guide』を参照してくださ
い。
メッセージ 2-5
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 5 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BDROUTER
Btrieve リモート通信マネージャのメッセージ
次のメッセージは BDROUTER リモート通信マネージャに固有のものです。
BDROUTER-1: BDROUTER を実行するにはサーバのメモリが不十分です。
サーバのメモリが不足しているため BDROUTER.NLM をロードできません。
不要な NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリ
を少なくすることで、使用可能なメモリを増やしてください。
BDROUTER-2: 環境設定オプションに指定された値が不正です。
環境設定オプションに指定した値が無効です。有効なオプションを使って、
BDROUTER.NLM を再ロードしてください。
BDROUTER-3: 内部エラーが発生しました。SPXOpenSocket 関数の実行に失敗しました。
内部診断エラーが発生しました。SPXOpenSocket 関数が正常に実行されま
せんでした。別の NLM が BDROUTER に予約されたソケット番号を使用し
ている可能性があります。このメッセージが返された場合は、他のすべて
の NLM をアンロードしてから BTRIEVE.NLM および BDROUTER.NLM を
ロードし、その後で他の NLM を再ロードしてください。この過程で、
BDROUTER のソケット番号を使っている NLM が判明します。
BDROUTER-11: ディレクトリサービスのユーザ名およびパスワードに指定された値が
不正です。
アプリケーションが NDS (NetWare Directory Services) データベースにアク
セスする前に、ユーザは NDS に認証されている必要があります。ワークス
テーションリクエスタでは、ユーザが既に認証されていることを前提にし
ています。このため、リクエスタは NDS ログインを明示的に実行しません。
しかし、BDROUTER は NDS に明示的にログインする必要があり、そのた
めに NDS のユーザ名とパスワードを指定する必要があります。このため、
2-6 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 6 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BDROUTER には、次のような 2 つのコマンドラインオプションが用意され
ています。
◆ /U:<NDS ユーザ名>
◆ /P:<NDS パスワード>
これらのオプションは必ず指定する必要があり、デフォルトの設定はあり
ません。
メッセージ 2-7
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 7 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BREQUEST
Btrieve リクエスタのメッセージ
次のメッセージは Btrieve リクエスタに固有のものです。
BREQUEST-1: メッセージファイル xxxx が不正です; BREQUEST をロードできません。
リクエスタをロードできるように有効なメッセージファイルをインストー
ルしてください。
BREQUEST-4: データメッセージ長 (/d) オプションに指定された値が不正です。
/D オプションを /D:n として指定します。ここで n は 532 から 57,000 の範
囲の数値です。リクエスタの環境設定オプションについては、『Btrieve
User's Guide』を参照してください。
BREQUEST-5: BREQUEST をロードするにはワークステーションのメモリが不足して
います。
不要なプログラムをアンロードするか、/D パラメータの設定値を小さくし
てください。リクエスタの環境設定オプションについては、『Btrieve User's
Guide』を参照してください。
BREQUEST-7: Scalable SQL ワークステーションエンジンまたはリクエスタをロードす
る前に Btrieve リクエスタをロードしなければなりません。
Scalable SQL ワークステーションエンジンまたはリクエスタが既にロード
されています。Btrieve Requester for DOS が最初にロードされている必要が
あります。Scalable SQL ワークステーションエンジンまたはリクエスタを
アンロードしてから Btrieve Requester for DOS をロードします。
BREQUEST-8: DOS 3.00 以上がロードされていません; DOS 3.00 以上をロードしてく
ださい。
作業を続けるには DOS 3.x またはそれ以降をロードしてください。
2-8 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 8 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BREQUEST-9: SPX はワークステーションで使用できません。
ワークステーションに SPX.COM をロードしてください。
BREQUEST-10: 関数 IPXInitialize がエラーを返しました。
IPX.COM ファイルがロードされていることを確認してください。
BREQUEST-11: IPX ソケットテーブルがいっぱいです
IPX ソケットテーブルがいっぱいのとき、Btrieve Requester for DOS からこ
のメッセージが返されます。
BREQUEST-12: NetWare Runtime サーバサポート (/c) オプションに指定された値また
は名前が不正です。
次のいずれかの形式でこのオプションを指定します。
/C:0
NetWare Runtime サーバサポートを無効にします。
/C:1
NetWare Runtime サーバサポートを有効にします。NetWare
Runtime サーバ上でリクエストを認証するには、次のように
ユーザ名とパスワードをカンマで区切って指定します。
/C:1,ユーザ名,パスワード
リクエスタの環境設定オプションについては、『Btrieve User's Guide』を参
照してください。
BREQUEST-13: 接続サーバの最大数 (/s) オプションに指定された値が不正です。
/S オプションを /S:n として指定します。ここで n は 1 から 8 の範囲の数値
で す 。 リ ク エ ス タ の 環 境 設 定 オ プ シ ョ ン に つ い て は 、 『 Btrieve User's
Guide』を参照してください。
メッセージ 2-9
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 9 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BREQUEST-14: Btrieve はメモリから解放されています
これは情報を通知するためのメッセージで、/u (アンロード) パラメータを
指定して BREQUEST または BREQNT リクエスタプログラムを使用すると
きに表示されます。BREQUEST と BREQNT のコマンドラインパラメータ
の詳細については、『Getting Started with Btrieve』を参照してください。
BREQUEST-15: Btrieve はロードされていません。
Btrieve をメモリからアンロードする /u パラメータを指定して BREQUEST
または BREQNT リクエスタプログラムを使用しましたが、Btrieve はその
時点で実行されていませんでした。
2-10 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 10 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BREQUTIL
リクエスタユーティリティのメッセージ
ここでは、Scalable SQL および Btrieve リクエスタユーティリティが生成す
るメッセージの一覧を示します。
BREQUTIL-8: MicroKernel または Btrieve リクエスタがロードされていません。
Btrieve オペレーションを実行する前に、MicroKernel または Btrieve リクエ
スタをロードしておく必要があります。
BREQUTIL-9: Btrieve オペレーション xx は完了しませんでした。該当の Btrieve ステー
タスコードは nn です。
ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参
照してください。
BREQUTIL-16: Scalable SQL がロードされている間に MicroKernel または Btrieve をメ
モリからアンロードすることはできません。
MicroKernel ま た は Btrieve リク エ ス タ を アン ロ ー ド す る場 合 は 、 ま ず
Scalable SQL をアンロードしてください。
メッセージ 2-11
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 11 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BROUTER
Btrieve メッセージルータのメッセージ
次のメッセージは BROUTER リモート通信マネージャに固有のものです。
BROUTER-2: 環境設定オプションに指定された値が不正です。
有効な環境設定オプションを使って BROUTER.NLM を再ロードしてくださ
い。
BROUTER-3: 内部エラーが発生しました。SPXOpenSocket 関数の実行に失敗しました。
内部診断エラーが発生しました。SPXOpenSocket 関数が正常に実行されま
せんでした。別の NLM が BROUTER に予約されたソケット番号を使用し
ている可能性があります。このメッセージが返された場合は、他のすべて
の NLM をアンロードしてから BTRIEVE.NLM および BROUTER.NLM を
ロードし、その後で他の NLM を再ロードしてください。この過程で、
BROUTER のソケット番号を使っている NLM が判明します。
BROUTER-7: BROUTER を実行するにはサーバのメモリが不十分です。
不要な NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリ
を少なくすることで、使用可能なメモリを増やしてください。
2-12 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 12 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BSPXCOM
Btrieve SPX 通信モジュールのメッセージ
次のメッセージは Btrieve 通信マネージャに固有のものです。
BSPXCOM-2: サーバには BSPXCOM を実行するのに十分なメモリがありません。
不要な NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリ
を少なくすることで、使用可能なメモリを増やしてください。
BSPXCOM-3: 内部エラーが発生しました。BSPXCOM はセマフォの割り当てエラーを
検出しました。
内部エラーが発生しました。
BSPXCOM-4: サービスリクエストブロック (SRB) ファンクションコード (nn) に不正
なデータがあります。BSPXCOM.NLM ファイルが不一致バージョンでないか調べてく
ださい
BSPXCOM のバージョンがワークステーションの Btrieve リクエスタのバー
ジョン番号と互換性があるかどうかを確認してください。
BSPXCOM-6: 別の NLM が BSPXCOM 用に予約されたソケット番号を使用しています。
この状 況を 解決 する には 、他 のすべ ての NLM を アン ロー ドし ます 。
BTRIEVE.NLM と NWBSRVCM.NLM をロードした後、他の NLM を再ロー
ドします。この処理により、BSPXCOM.NLM のソケット番号を使用してい
る NLM が明らかになります。
BSPXCOM-7: SPX レベルの受信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
SPX レベルの受信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
メッセージ 2-13
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 13 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
BSPXCOM-8: SPX レベルの送信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
SPX レベルの送信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
BSPXCOM-10: 受信時に不正な接続 ID が検出されました。SPX 接続は初期リクエスト
が始まった後に切れました。
このメッセージが頻繁に表示される場合は、リクエスタの [SPX タイムア
ウト] パラメータの設定値を大きくしてください。このパラメータは環境
設定 (セットアップ) ユーティリティを使って設定します。また、CPU 時
間を独占している NLM がないかどうかもチェックしてください。
BSPXCOM-11: 送信時に不正な接続 ID が検出されました。SPX 接続は初期リクエスト
が始まった後に切れました。
このメッセージが頻繁に表示される場合は、リクエスタの [SPX タイムア
ウト] パラメータの設定値を大きくしてください。このパラメータは環境
設定 (セットアップ) ユーティリティを使って設定します。また、CPU 時
間を独占している NLM がないかどうかもチェックしてください。
BSPXCOM-12: リモートワークステーションから要求された SPX セッションの接続を
試行中に、エラー (nn) が検出されました。
SPX レベルのセッション確立オペレーションの実行中にエラーが発生しま
した。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマ
ニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発
生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡くだ
さい。
2-14 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 14 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BSPXCOM-13: セッションは拒否されました。セッションの制限に達しています。リ
モートセッション数オプションに指定した値を増やしてください。
『Btrieve User’s Guide』の説明に従って、[セッション数] 環境設定オプショ
ンの設定値を大きくしてください。
BSPXCOM-14: Monitor ユーティリティの統計情報に対するリクエストが認識されませ
んでした。ユーティリティあるいは BSPXCOM が不一致バージョンでないか調べてく
ださい。
使用中の BSPXCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性
があることを確認してください。
BSPXCOM-15: 内部エラーが発生しました。BSPXCOM は GET_EIM_STATS 関数を認
識しませんでした。
使用中の BSPXCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性
があることを確認してください。
BSPXCOM-18: スレッドの初期化エラーが発生しました。
BSPXCOM.NLM スレッドの初期化中にエラーが発生しました。Pervasive
Software イベントログ (PVSW.LOG) で、このエラーの前に発生したエラー
の内容を参照してください。問題を修正して、オペレーションを再試行し
ます。
BSPXCOM-19: BeginThread() エラー (nn) が発生しました。
.BeginThread オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エラー番
号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照し
てください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合は、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
メッセージ 2-15
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 15 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BTCPCOM
Btrieve TCP/IP 通信モジュールのメッセージ
BTCPCOM-1: 指定されたコマンドラインオプションは有効ではありません。
有効なオプションを指定してください。
BTCPCOM-2: サーバには BTCPCOM.NLM を実行するのに十分なメモリがありません。
メモリ割当てオペレーションの実行中にエラーが発生しました。不要な
NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリを少な
くし ます 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
BTCPCOM-3: 内部エラーが発生しました。BTCPCOM.NLM はセマフォの割り当てエ
ラーを検出しました。
セマフォ割当てオペレーションの実行中にエラーが発生しました。オペ
レーションを再試行してもエラーが発生する場合は、Pervasive Software の
カスタマサポート窓口までご連絡ください。
BTCPCOM-4: サービスリクエストブロック (SRB) ファンクションコード (nn) に不正
なデータがあります。BTCPCOM.NLM ファイルが不一致バージョンでないか調べてく
ださい。
使用中の BTCPCOM とワークステーションの Btrieve リクエスタのバー
ジョンに互換性があることを確認してください。
BTCPCOM-5: TCP/IP レベルの受信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
TCP/IP レベルの受信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
2-16 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 16 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BTCPCOM-6: TCP/IP レベルの送信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
TCP/IP レベルの送信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
//BTCPCOM-6: TCP/IP send() エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
TCP/IP レベルの accept セッション確立オペレーションの実行中にエラーが
発生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステ
ムのマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエ
ラーが発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご
連絡ください。
BTCPCOM-7: TCP/IP accept() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの accept セッション確立オペレーションの実行中にエラーが
発生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステ
ムのマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエ
ラーが発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご
連絡ください。
BTCPCOM-8: セッションは拒否されました。セッションの制限に達しています。リ
モートセッション数オプションに指定した値を増やしてください。
[セッション数] オプションの設定値を大きくしてください。このオプショ
ンの詳細は、『Btrieve User’s Guide』で説明されています。
BTCPCOM-9: Monitor ユーティリティの統計情報に対するリクエストが認識されません
でした。ユーティリティあるいは BTCPCOM.NLM が不一致バージョンでないか調べて
ください。
使用中の BTCPCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性
があることを確認してください。
メッセージ 2-17
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 17 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BTCPCOM-10: 内部エラーが発生しました。BTCPCOM.NLM は GET_EIM_STATS 関数
を認識しませんでした。
使用中の BTCPCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性
があることを確認してください。
BTCPCOM-12: リモートワークステーションから要求されたセッションの接続を試行中
に、TCP/IP select() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの select セッション確立オペレーションの実行中にエラーが
発生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステ
ムのマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエ
ラーが発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご
連絡ください。
BTCPCOM-13: スレッドの初期化エラーが発生しました。
BTCPCOM.NLM スレッドの初期化中にエラーが発生しました。Pervasive
Software イベントログ (PVSW.LOG) で、このエラーの前に発生したエラー
の内容を参照してください。問題を修正して、オペレーションを再試行し
ます。
BTCPCOM-15: TCP/IP socket() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの socket オペレーションの実行中にエラーが発生しました。
エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアル
を参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場
合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
BTCPCOM-16: TCP/IP setsockopt() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの setsockopt オペレーションの実行中にエラーが発生しまし
た。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュ
アルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生す
る場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
2-18 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 18 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BTCPCOM-17: TCP/IP bind() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの bind オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
BTCPCOM-18: TCP/IP listen() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの listen オペレーションの実行中にエラーが発生しました。
エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアル
を参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場
合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
BTCPCOM-19: TCP/IP gethostname() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの gethostname オペレーションの実行中にエラーが発生しま
した。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマ
ニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発
生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡くだ
さい。
BTCPCOM-20: TCP/IP NWgethostbyname() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの NWgethostbyname オペレーションの実行中にエラーが発生
しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムの
マニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが
発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡く
ださい。
BTCPCOM-21: TCP/IP NetDBgethostbyname() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの NetDBgethostbyname オペレーションの実行中にエラーが発
生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステム
のマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラー
メッセージ 2-19
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 19 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
が発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡
ください。
BTCPCOM-22: BeginThread() エラー (nn) が発生しました。
BeginThread オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エラー番号
nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照して
くだ さい 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください
2-20 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 20 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL
Btrieve メンテナンスユーティリティのメッセージ
次のメッセージは Btrieve メンテナンスユーティリティに固有のものです。
BUTIL-1: メッセージファイルの初期化に失敗しました。
このメッセージは DOS の BUTIL.EXE から返されます。このユーティリ
ティは BUTILDOS.MSG ファイルを見つけることができません。このファ
イル には 、ユ ーテ ィリ ティ で使 用す るメ ッセ ージ が含 まれ てい ます 。
NetWare Communication Services を正しくインストールしていることを確認
してください。
BUTIL-2: メッセージファイルの初期化に失敗しました。BUTIL は BTIUTILD.MSG にア
クセスできませんでした。
このメッセージは DOS の BUTIL.EXE から返されます。ユーティリティで
は BTIUTILD.MSG ファイルを見つけることができません。このファイルに
は、ユーティリティで使用するメッセージが含まれています。Btrieve for
DOS を正しくインストールしていることを確認してください。
BUTIL-6: BUTIL コマンドが不正です。
入力したコマンドの構文に誤りがあります。コマンドを再入力する前に構
文を確認してください。
BUTIL-8: コマンドは完了しましたが、いくつかエラーが発生しています。
いくつかの MicroKernel オペレーションを実行するコマンドを実行したと
きにエラーが発生します。これらのコマンドには、COPY、LOAD、または
CLONE があります。このメッセージとともに、問題の原因を特定するため
に役立つ追加メッセージが表示されます。
メッセージ 2-21
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 21 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BUTIL-9: 修復不可能なエラーのため、コマンドを完了できませんでした。
コマンドを再入力する前に入力したコマンドの構文を確認してください。
このメッセージとともに、問題の原因を特定するために役立つ追加メッ
セージが表示されます。
BUTIL-10: コマンドラインに構文エラーがあります。
入力したコマンドの構文に誤りがあります。コマンドを再入力する前に構
文を確認してください。
BUTIL-11: コマンドラインにインデックスファイルの指定が必要です。
Btrieve メンテナンスユーティリティに BUTIL -INDEX または -SAVE コマ
ンド (Y パラメータを設定した) を指定する場合は、外部インデックス
ファイルのフルパス名を指定する必要があります。
BUTIL-12: コマンドラインにキー番号の指定が必要です。
Btrieve メンテナンスユーティリティに DROP コマンドまたは SAVE コマン
ド (Y パラメータを設定した) を指定する場合は、削除またはデータファ
イルの保存に使用するキーのキー番号を指定する必要があります。
BUTIL-15: ディスクリプションファイルのキーセグメント ディスクリプタ xxx でエ
ラーが発生しました。
メンテナンスユーティリティがディスクリプションファイルのキーセグメ
ントディスクリプタ部分を読み込もうとしたときにエラーが発生します。
指定したキーセグメントを記述する要素が有効であることを確認してくだ
さい。
BUTIL-16: BUTIL はディスクリプションファイルをオープンできませんでした。
CREATE、INDEX、または SINDEX コマンドを再入力する前に、ファイル
が存在し、正しいフルパス名を指定していることを確認してください。
2-22 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 22 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL-18: シーケンシャルファイルのアクセス中にエラーが発生しました。
ソースファイルが有効であることを確認してください。
BUTIL-19: BUTIL はオルタネートコレーティングシーケンスファイルをオープンできま
せんでした。
ディスクリプションファイルのオルタネートコレーティングシーケンス
ファイル名の要素に有効なパス名を割当ていることを確認してください。
BUTIL-20: オルタネートコレーティングシーケンスファイルのアクセス中にエラーが発
生しました。
オルタネートコレーティングシーケンスファイルの情報が正しくフォー
マットされていることを確認してください。
BUTIL-21: ファイルバージョンが 6.0 より前です。
RECOVER コマンドは Btrieve v5.x ファイルのデータを回復することができ
ません。
BUTIL-23: リクエスタに指定された /D パラメータが小さすぎるので、BUTIL はレコー
ド全体を取得できませんでした。BUTIL は nn バイトだけ書き込みます。
メンテナンスユーティリティは、/D オプションで許可された値に対応する
バイト数を書き込みます。レコードに含まれるすべてのバイトを書き込ま
せたい場合は、/D オプションの値に少なくとも対象となるレコードと同じ
長さを指定してください。
BUTIL-25: BUTIL に指定された /D パラメータが小さすぎるので、BUTIL はレコードを
何も取得できませんでした。
リクエスタの /D オプションに無効な値を指定しています。セットアップ
ユーティリティを使って、より大きな設定値を指定してください。
メッセージ 2-23
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 23 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BUTIL-26: データバッファが小さすぎるので、レコードを格納できません。
データバッファが小さすぎてデータを保持できないため、MicroKernel では
データバッファに含まれる任意のデータを返すことができません。セット
アップユーティリティを使って、[最大レコードサイズ] 環境設定オプショ
ンの設定値を大きくしてください。
BUTIL-27: 可変ページのアクセス中にエラーが発生しました。BUTIL は可変ページの取
得可能部分を書き込みます。
可変長レコードを含むファイルを回復するときにエラーが発生します。
ファイルが壊れています。
BUTIL-30: キーポジションがレコード長を超えてはいけません。
指定したキーポジションの範囲が無効です。Btrieve 呼出しに対して指定す
るキーポジションはレコード長の範囲内でなければなりません。たとえば、
100 バイトの長さのレコードがある場合、50 というキーポジションは正し
い範囲内にあります。しかし、150 というキーポジションは無効です。
BUTIL-31: キーポジションとキー長の合計がレコード長を超えてはいけません。
指定したキーポジションの範囲が無効です。あるキーのキーポジションに
キー長を加えた値はレコード長を超えることはできません。キーポジショ
ンにそのキーの長さを加えた値がレコード長を超えないようにキーが定義
されていることを確認してください。
BUTIL-32: キータイプ xxx のキー長は偶数でなければなりません。
キータイプに対して無効なキー長を指定しています。一部のキータイプで
は、偶数のバイト数を含んでいる必要があります。有効なキー長要素を指
定してください。
BUTIL-36: ページサイズは 512 から 4,096 までの、512 の倍数でなければなりません。
指定したページサイズが 512 の倍数で、512 から 4096 までの値になってい
ません。適切なページサイズを指定してください。
2-24 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 24 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL-37: レコード長がページサイズを超えてはいけません。
指定したレコード長が無効です。ディスクリプションファイルのレコード
長要素に指定したレコード長がページサイズ要素で指定したページサイズ
を超えています。ページサイズを超えないレコード長を指定するか、ペー
第
2
章
ジサイズを大きくしてください。
BUTIL-38: レコード長は 4 以上、4,096 以下でなければなりません。
Btrieve v5.x では 4 から 4096 までの範囲のレコード長を指定し、Btrieve v6.x
では 4 から 4088 までの範囲のレコード長を指定してください。
BUTIL-41: オルタネートコレーティングシーケンスが見つかりません。
メンテナンスユーティリティは定義ファイルで指定されたオルタネートコ
レーティングシーケンスファイルを見つけることができません。オルタ
ネートコレーティングシーケンスファイルが存在することと、定義ファイ
ルで指定されている名前が正しいことを確認してください。
BUTIL-43: ファイルは存在しますが、Replace オプションが指定されていませんでした。
ファイルが既に存在するため、BUTIL -CREATE コマンドを実行したときに
ファイルは作成されませんでした。このファイルを再作成するには、ディ
スクリプションファイルの既存ファイル置換要素に Y を指定してください。
BUTIL-44: filename でファイルアクセスエラーnn が発生しました。
メンテナンスユーティリティから適切なステータスコードと、Continuous
オペレーションの先頭または末尾でファイルアクセスエラーが発生した
ファイルのファイル名が返されます。対処方法は返されたステータスコー
ドによって異なります。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章
「ステータスコード」を参照してください。
メッセージ 2-25
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 25 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL-45: 重複キーの数は 1 から 119 まででなければなりません。
ディスクリプションファイルの重複可能キー要素の値をチェックしてくだ
さい。
BUTIL-47: BUTIL はコマンドファイルをオープンできませんでした。
コマンドファイルが存在することと、コマンドファイルのロケーションと
名前を正しく指定していることを確認してください。
BUTIL-48: コマンドファイルは空です。
コマンドファイルを再度使用する前に、まずコマンドファイルに目的のコ
マンドを指定してください。また、正しいコマンドファイル名を指定して
いることも確認してください。
BUTIL-49: コマンドファイルは 1,000 バイトを超えています。
コマンドファイルのサイズは 1,000 バイトを超えることはできません。コ
マンドファイルがこの条件に従っていることを確認してください。
BUTIL-50: 内部エラーにより BUTIL が終了しました。
メンテナンスユーティリティが内部診断エラーを検出し、結果的に強制終
了しました。
BUTIL-52: Scalable SQL がロードされている間は、Btrieve を中止できません。
MicroKernel をアンロードする前に Scalable SQL をアンロードしてください。
BUTIL-53: ファイルまたはコマンド xxxx に対し、Btrieve エラーnn が発生しました。
メンテナンスユーティリティから特定のファイルまたはコマンドに関連す
るステータスコードが返されます。対処方法は返されたステータスコード
によって異なります。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ス
テータスコード」を参照してください。
2-26 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 26 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL-60: キーセグメント記述 nn のキーワード xxxx が見つかりませんでした。
ディスクリプションファイルの構文をチェックしてください。
BUTIL-61: キーワード xxxx が見つかりませんでした。
ディスクリプションファイルの構文をチェックしてください。
BUTIL-62: キーセグメント記述 nn にはキーワード xxxx が必要です。
ディスクリプションファイルの構文をチェックしてください。
BUTIL-63: キーワード xxxx が必要です。
ディスクリプションファイルの構文をチェックしてください。
BUTIL-65: BUTIL はレコードを 1 件も読み込んでいません。
コマンドを正しく指定していることと、入力ファイルが正しいフォーマッ
トであることを確認してください。
BUTIL-70: ファイルのクローズ時に Btrieve エラーnn が発生しました。
ファイルを閉じるときにメンテナンスユーティリティからステータスコー
ドが返されます。対処方法は返されたステータスコードによって異なりま
す。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」
を参照してください。
BUTIL-74: STOP コマンドで Btrieve エラーnn が返されました。
このメッセージは DOS 環境にだけ適用されます。BUTIL -STOP コマンド
を発行した後で、メンテナンスユーティリティからステータスコードが返
されます。対処方法は返されたステータスコードによって異なります。ス
テータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照
してください。
メッセージ 2-27
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 27 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BUTIL-76: ページ #nn のページアロケーションテーブル書き込み時にエラーが発生し
ました。
ファイルが壊れている場合、またはハードウェアエラーが発生したときに
ファイルの修復を行うと、メンテナンスユーティリティからこのメッセー
ジが返されます。
BUTIL-77: ページ #nn のページアロケーションテーブルのミラーコピー書き込み時に
エラーが発生しました。
ファイルが壊れている場合、またはハードウェアエラーが発生したときに
ファイルの修復を行うと、メンテナンスユーティリティからこのメッセー
ジが返されます。
BUTIL-82: ディスクリプションファイルのファイル仕様でエラーが発生しました。
メンテナンスユーティリティがディスクリプションファイルのファイルス
ペック部分を読み込もうとしたときにエラーが発生しました。ファイルス
ペックを記述する要素が有効であることを確認してください。
BUTIL-84: BUTIL の内部エラーです。
メンテナンスユーティリティで無効なポインタなどの内部エラーが発生し
ました。メンテナンスユーティリティをもう一度実行してください。
BUTIL-90: BUTIL は十分なメモリを割り当てることができませんでした。
不要なアプリケーションをアンロードして、サーバで使用可能なメモリを
増やしてください。
BUTIL-91: BUTIL はファイルサイズを決定できませんでした。
ファイルのページアロケーションテーブルに破損箇所があります。BUTIL RECOVER コマンドを使ってファイルを回復してください。
2-28 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 28 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL-101: 未処理ファイルのリストです: list
ロールフォワードできないファイルが検出されると、ROLLFWD オペレー
ションの実行中にメンテナンスユーティリティからこのエラーが返されま
す。ユーティリティの実行は停止され、まだ処理していないファイルの一
覧が表示されます。
メンテナンスユーティリティのメッセージ番号 103 とともにこのメッセー
ジが返された場合は、見つからなかったログセグメントと、その後でログ
ディレクトリに作成された任意のログセグメントを元に戻します。見つか
らなかったログセグメントをすべて元に戻せない場合は、できるかぎり多
くのログセグメントを元に戻してください。この後、ROLLFWD オプショ
ンを実行し、元に戻すことのできた最も古いログセグメントの
segment_number パラメータを指定します。
BUTIL-102: ロールフォワードエラーが発生しました。
ファイルをロールフォワードしているときに内部エラーが発生しました。
BUTIL-103: ログセグメント番号 nn がありません。
segment_number パラメータを指定していなくて、ロールフォワードされる
ファイルのいずれかが検出できないログセグメントの番号を示す [Restore
Segment Number] を持っていると、ROLLFWD オペレーションの実行中に
メンテナンスユーティリティからこのエラーが返されます。
BUTIL-131: BUTIL はシーケンシャルファイルを作成/オープンできませんでした。
指定されたファイルの作成またはオープンができないと、メンテナンス
ユーティリティからこのメッセージが返されます。シーケンシャルファイ
ルが存在することと、読み込み専用属性が設定されていることをチェック
してください。
BUTIL-132: ディスクボリュームが一杯です。
データファイルの作成または拡張を行うにはより多くのディスクスペース
が必要です。
メッセージ 2-29
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 29 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
BUTIL-134: BUTIL は新規ファイルを作成/オープンできませんでした。
BUTIL -SAVE または -RECOVER コマンドに指定したファイルをチェック
してください。ファイルが既に存在する可能性があります。
BUTIL-136: BUTIL は新バックアップファイルへ書き込めませんでした。
バックアップファイルに正しいパスとファイル名を指定していることを確
認してください。また、ファイルを書き込むために十分なディスクスペー
スがあるかどうかも確認してください。
BUTIL-141: ファイル xxxx の拡張子は不正です。この拡張子は、未フォーマットの拡張
ファイルのために予約されています。
有 効 な 拡 張 子 を 指 定 し て く だ さ い 。 詳 細 に つ い て は 、 『 Btrieve User's
Guide』を参照してください。
BUTIL-142: ファイル xxxx は既に存在します。
拡張ファイルの詳細については、『Btrieve User's Guide』を参照してくださ
い。
BUTIL-143: ファイル xxxx は既に存在します。このファイルはベースファイル yyyy の
拡張部分です。このディレクトリから、このファイルと他の拡張ファイルを削除してく
ださい。
拡張ファイルの詳細については、『Btrieve User's Guide』を参照してくださ
い。
BUTIL-144: ファイル xxxx がベースファイルの最大サイズに達したので、ユーティリ
ティが拡張ファイルを作成しました。最後の拡張ファイルは yyyy です。
拡張ファイルの詳細については、『Btrieve User's Guide』を参照してくださ
い。
2-30 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 30 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
BUTIL-145: ユーティリティがファイル xxxx を見つけました。正しいロードを行うには、
ファイル yyyy からデータをロードする前にこのファイルを削除すべきです。
拡張ファイルの詳細については、『Btrieve User's Guide』を参照してくださ
い。
第
2
章
BUTIL-152: ファイル filename のオープンエラーがありました。
データファイルの属性、パス、およびファイル名をチェックしてください。
BUTIL-155: Btrieve ファイル filename をオープンできません。
パス、ファイル名、およびファイル属性をチェックしてください。
メッセージ 2-31
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 31 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE
MicroKernel Database エンジンのメッセージ
ここでは、MicroKernel Database エンジンが生成するメッセージについて説
明します。
MKDE-12: -%c オプションに指定された値が不正です。
BSTART.NCF、BTI.INI、または BTI.CFG ファイルに正しい値を入力してく
ださい。
MKDE-13: 指定されたオプションは有効なオプションではありません。
BSTART.NCF、BTI.INI、または BTI.CFG ファイルから無効な値を削除して
ください。
MKDE-16: MicroKernel Database エンジンをロードするのに十分なメモリがありません。
システムのメモリが不足しているため、MicroKernel を環境設定に従って
ロー ドす るこ とが でき ませ ん。 セッ トア ップ ユー ティ リテ ィを 使っ て
MicroKernel の環境設定を変更し、使用メモリを少なくするか、不要なアプ
リケーションをアンロードします。
MKDE-20: ログファイル xxxx への書き込みが行えません。十分なディスク容量がある
か確認してください。
ディスクがいっぱいである場合は、不要なファイルを削除して使用可能な
ディスクスペースを増やしてください。トランザクションログファイルへ
の書き込み中にエラーが発生すると、MicroKernel はシステムデータを含む
データファイルが更新されるたびに、トランザクションロギングを再開し
ようとします。このため、エラーの原因となった条件が修正されると (た
とえば、より多くのディスクスペースが使用可能になったとき)、トランザ
クションロギングが自動的に再開されます。
2-32 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 32 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-25: ファイル xxxx はロールバック中です。
ロールバックとは、システムクラッシュが発生した後でファイルの一貫性
を保持するために MicroKernel が使用する手続きのことです。この手続き
により、ファイルに最後に加えられた変更 (最後のシステムトランザク
第
2
章
ションで加えられた変更) が元に戻されます。
MKDE-51: プログラムは初期化に失敗したので、ロードされませんでした。
これは、エラーによって MicroKernel がロードできないときに返される情
報メッセージです。このメッセージとともに、エラーの原因に関する詳細
情報を含む別のメッセージが表示されます。
MKDE-57: ファイル xxxx をログセグメントディレクトリ xxxx に作成できません。
初期化中に MicroKernel は指定されたトランザクションログセグメント
ディレクトリを見つけることができず、結果的にロードしませんでした。
ディレクトリが存在することと、MicroKernel がそのファイルにアクセスす
る権利を持っていることを確認してください (MicroKernel の NetWare NLM
バージョンはすべてのディレクトリとファイルに対するアクセス権を持っ
ているため、このエラーは MicroKernel の NetWare NLM バージョンの問題
ではありません)。セットアップユーティリティを使って、トランザクショ
ンログディレクトリを指定します。
MKDE-58: ファイル xxxx をログセグメントディレクトリ xxxx でオープンできません。
初期化中に MicroKernel はトランザクションログセグメントディレクトリ
に含まれる指定されたファイルをオープンできず、結果的にロードしませ
んでした。ディレクトリとファイルが存在することと、MicroKernel がその
ファイルにアクセスする権利を持っていることを確認してください
(MicroKernel の NetWare NLM バージョンはすべてのディレクトリとファイ
ルに対するアクセス権を持っているため、このエラーは MicroKernel の
NetWare NLM バージョンの問題ではありません)。もう 1 つの可能性として、
別のユーザが排他ロックを使って、そのファイルをオープンしていること
も考えられます。モニタユーティリティを使って、別のユーザがそのファ
イルをロックしているかどうか調べてください。
メッセージ 2-33
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 33 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-59: ログセグメントファイル xxxx を作成できません。
MicroKernel は指定されたトランザクションログセグメントファイルを作成
できませんでした。十分なディスクスペースがあることと、MicroKernel が
そのファイルへのアクセス権を持っていることを確認してください
(MicroKernel の NetWare NLM バージョンはすべてのディレクトリとファイ
ルに対するアクセス権を持っているため、このエラーは MicroKernel の
NetWare NLM バージョンの問題ではありません)。もう 1 つの可能性として、
別のユーザが排他ロックを使って、そのファイルをオープンしていること
も考えられます。モニタユーティリティを使って、別のユーザがそのファ
イルをロックしているかどうか調べてください。
このエラーは、MicroKernel のロード中または通常のオペレーションの実行
中に発生します。MicroKernel のロード中にこのエラーが発生すると、ロー
ドが正常に実行されないため、問題を解決するまでオペレーションを実行
することはできません。また、ロード後の、通常のオペレーションを実行
しているときにこのエラーが発生した場合は、別の原因を検討する必要が
あります。
トランザクションログファイルの作成でエラーが発生したときに
MicroKernel が既にロードされていると、トランザクションロギングは中止
されます。しかし、MicroKernel はシステムデータを含むデータファイルが
更新されるたびに、トランザクションロギングを再開しようとします。こ
のため、エラーの原因となった条件が修正されると (たとえば、より多く
のディスクスペースが使用可能になったとき)、トランザクションロギング
が自動的に再開されます。
MKDE-75: ログファイルのフォーマットが不正です。
ログセグメントファイルのフォーマットに互換性がないとき、このメッ
セージが返されます。ロールフォワードを行っている MicroKernel のバー
ジョンがログファイルを作成した MicroKernel のバージョンと同じである
ことを確認してください。
2-34 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 34 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-76: "xxxx" の Open オペレーションに失敗しました。Btrieve エラー nn
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve でエラーが発生すると、この
メッセージが返されます。同時に、指定したファイルに対応するステータ
スコードも返されます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章
第
2
章
「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-77: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" への INSERT で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Insert オペレーションでエ
ラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、指定したファ
イルに対応するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳
細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-78: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の UPDATE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Update オペレーションで
エラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、指定した
ファイルに対応するステータスコードも返されます。ステータスコード nn
の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-79: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" からの DELETE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Delete オペレーションでエ
ラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、指定したファ
イルに対応するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳
細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-80: システムのメモリが不足しています。
サーバに十分なメモリがなくてプログラムのオペレーションを実行できな
いと、このメッセージが返されます。不要なアプリケーションをアンロー
ドして、フォールフォワードオペレーションを再試行してください。
メッセージ 2-35
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 35 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-81: 内部エラー (nn) が発生しました。
内部エラーが発生すると、このメッセージが返されます。オペレーション
をもう一度実行してください。
MKDE-82: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の GET EQUAL で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Get Equal オペレーション
でエラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、指定した
ファイルに対応するステータスコードも返されます。ステータスコード nn
の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-83: ログファイルが破損しています。
ログセグメントファイルが壊れていて読み込むことができないと、この
メッセージが返されます。ログセグメントマネージャでは、このログセグ
メントを使ってロールフォワードオペレーションを実行できません。
MKDE-84: ログファイルの読み取り中にエラーが発生しました。
エラーのためにプログラムがログセグメントファイルを読み込めないと、
このメッセージが返されます。MicroKernel では、このログセグメントを
使ってロールフォワードオペレーションを実行できません。
MKDE-85: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の CREATE INDEX で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する CREATE
INDEX オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返されま
す。指定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。
ステータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照
してください。
MKDE-86: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の DROP INDEX で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する DROP
INDEX オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返され
ます。指定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性がありま
2-36 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 36 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
す。ステータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコード」を
参照してください。
MKDE-87: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の BEGIN TRANSACTION で発生し
ました。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する BEGIN
TRANSACTION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。指定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコー
ド」を参照してください。
MKDE-88: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の END TRANSACTION で発生しま
した。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する END
TRANSACTION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。指定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコー
ド」を参照してください。
MKDE-89: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の ABORT TRANSACTION で発生し
ました。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する ABORT
TRANSACTION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。指定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコー
ド」を参照してください。
MKDE-90: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の CLOSE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する CLOSE
オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。指
定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ス
メッセージ 2-37
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 37 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
テータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照し
てください。
MKDE-91: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の GET POSITION で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に指定したファイルに対する GET
POSITION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返さ
れます。指定したファイルまたはログファイルが壊れている可能性があり
ます。ステータスコードの詳細については、第 1 章「ステータスコード」
を参照してください。
MKDE-92: BEGIN TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラー nn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に BEGIN TRANSACTION オペレー
ションでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。指定した
ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ステータス
コードの詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してくださ
い。
MKDE-93: END TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラー nn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に END TRANSACTION オペレーショ
ンでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。指定したファイ
ルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ステータスコード
の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-94: ABORT TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラー nn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に ABORT TRANSACTION オペレー
ションでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。指定した
ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ステータス
コードの詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してくださ
い。
2-38 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 38 OF 99
LAST SAVED: 98/03/09 13:07 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 16:22
MKDE-1001: キャッシュ割当てオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、32 からワークステーションで使
用可能なメモリ容量までの範囲の値を指定することができます。
MKDE-1002: 最大圧縮レコードサイズオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 64 までの範囲の値を指定
することができます。
MKDE-1003: Extended オペレーションバッファサイズオプションに指定された値が不
正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 64 までの範囲の値を指定
することができます。
MKDE-1004: オープンファイル数オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、1 から 64,000 までの範囲の値を
指定することができます。
MKDE-1005: トランザクションバンドルリミットオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 64,000 までの範囲の値を
指定することができます。
MKDE-1007: ハンドル数オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、1 から 64,000 までの範囲の値を
指定することができます。
MKDE-1008: I/O スレッド数オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 64 までの範囲の値を指定
することができます。
メッセージ 2-39
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 39 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
MKDE-1009: ソートバッファサイズオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 からワークステーションで使
用可能なメモリ容量の半分までの範囲の値を指定することができます。
MKDE-1010: テンポラリソートファイルに指定されたパスが不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、有効なディレクトリパスを指定
することができます。
MKDE-1011: 情報: ハンドル数をオープンファイル数より少なくすることはできません。
[ハンドル数] オプションの設定値を大きくするか、[オープンファイル数]
オプションの設定値を小さくしてください。
MKDE-1015: 最大レコードサイズオプションに指定された値が不正です。
このオプションに対して有効な値を指定してください。有効な値の詳細に
ついては、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
MKDE-1017: システムトランザクションの実行制限オプションに指定された値が不正で
す。
このオプションに対して有効な値を指定してください。有効な値の詳細に
ついては、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
MKDE-1019: アクティブクライアント数オプションに指定された値が不正です。
このオプションに対して有効な値を指定してください。有効な値の詳細に
ついては、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
MKDE-1020: ワーカスレッド数オプションに指定された値が不正です。
このオプションに対して有効な値を指定してください。有効な値の詳細に
ついては、『Btrieve User's Guide』を参照してください。
2-40 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 40 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-1021: スレッド優先デルタオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。有効な値の詳細については、『Btrieve User's
Guide』を参照してください。
MKDE-1022: 起動タイムリミットオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 120,000 までの範囲の値
を指定することができます。
MKDE-1023: ディスク I/O ウェイトリミットオプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 10,000 までの範囲の値を
指定することができます。
MKDE-1024: グループ書き込み最大ページ数オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、1 から 500 までの範囲の値を指
定することができます。
MKDE-1025: Auto-Terminate Delay オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、0 から 120,000 までの範囲の値
を指定することができます。
MKDE-1026: Number of Lines Allocated オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、1 から 256 までの範囲の値を指
定することができます。
MKDE-1027: Message Log File Limit オプションに指定された値が不正です。
有効な値を指定してください。OS/2 では、1 から 4,096 までの範囲の値を
指定することができます。
メッセージ 2-41
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 41 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
MKDE-1028: ホームディレクトリオプションに指定された値が不正です。
有効なパスを指定してください。OS/2 では、有効な任意のパスを指定する
ことができます。
MKDE-1030: option_name オプションに指定された値が不正です。
option_name オプションに指定した値が無効であると、MicroKernel Database
エンジンからこのメッセージが返されます。有効な値を指定してください。
MKDE-1032: 指定されたオプションは有効なオプションではありません。
指定したオプションが無効であると、MicroKernel Database エンジンからこ
のメッセージが返されます。有効な環境設定オプションを指定してくださ
い。
MKDE-1152: Btrieve が操作を完了するのに十分なメモリを取得できません。
コンピュータに十分なメモリがないため、MicroKernel を環境設定に従って
ロードすることができません。MicroKernel の環境設定を変更して使用メモ
リを少なくするか、不要なアプリケーションをアンロードします。
MKDE-1156: ログファイル xxxx への書き込みを行えません。十分なディスク容量があ
るか確認してください。
トランザクションログファイルのファイル名を書き込むことができません。
ディスクスペースが十分にあるかどうかをチェックしてください。ディス
クがいっぱいの場合は、不要なファイルを削除して使用可能なディスクス
ペースを増やします。トランザクションログファイルへの書き込み中にエ
ラーが発生すると、MicroKernel はシステムデータを含むデータファイルが
更新されるたびに、トランザクションロギングを再開しようとします。こ
のため、エラーの原因となった条件が修正されると (たとえば、より多く
のディスクスペースが使用可能になったとき)、トランザクションロギング
が自動的に再開されます。
2-42 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 42 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-1161: ファイル xxxx はロールバック中です。
ロールバックとは、システムクラッシュが発生した後でファイルの一貫性
を保持するために MicroKernel が使用する手続きのことです。この手続き
により、ファイルに最後に加えられた変更 (最後のシステムトランザク
第
2
章
ションで加えられた変更) が元に戻されます。
MKDE-1164: セマフォの作成/アクセスエラーです。
内部エラーが発生すると、このメッセージが返されます。
MKDE-1165: 実行スレッドの作成エラーです。
[ワーカスレッド数] または [I/O スレッド数] 環境設定オプションの設定値
を小さくします。
MKDE-1166: Pervasive のイベントログファイルをオープンできませんでした。この
ファイルはホームディレクトリに作成されます。そのディレクトリが存在するか、また
使用可能なスペースが十分あるかを確認してください。
MicroKernel が ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ に メ ッ セ ー ジ ロ グ フ ァ イ ル
(MKDEMSG.LOG) ファイルを作成できないと、このメッセージが返されま
す。ホームディレクトリが存在することと、コンピュータのディスクが
いっぱいになっていないことを確認してください。
MKDE-1167: IPC キューを作成できませんでした。
MicroKernel で内部エラーが発生すると、このメッセージが返されます。
MKDE-1168: アクティブなクライアントがいます - シャットダウンしますか?
少なくとも 1 つのアプリケーションが MicroKernel を使用しているときに
MicroKernel をシャットダウンしようとすると、このメッセージが返されま
す。それでも無理にシャットダウンすると、データが失われる可能性があ
ります。
メッセージ 2-43
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 43 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-1169: BTI.INI をオープンできませんでした。
MicroKernel が BTI.INI ファイルをオープンできないと、このメッセージが
返されます。このファイルがホームディレクトリにあることを確認してく
ださい。
MKDE-1171: BTI.INI は読み取り専用になっています。現在の設定を保存するために、こ
の属性を一時的に上書きすることができます。続行しますか?
BTI.INI ファイルに読み込み専用フラグが設定されているのに、このファイ
ルに格納されている Btrieve の環境設定を変更しようとすると、このメッ
セージが返されます。操作の継続を選択すると、BTI.INI ファイルは更新さ
れますが、読み込み専用フラグはそのまま維持します。操作の継続を選択
しないと、BTI.INI ファイルは更新されません。なお、環境設定は変更でき
ますが、それが有効なのは現在の Btrieve セッションの間だけです。
MKDE-1172: BTI.INI の書き込みエラーです。
コンピュータのディスクがいっぱいでないことと、ファイルにアクセスす
るための適切な権利を持っていることを確認してください。
MKDE-1175: I/O エラー - filename
ファイルを読み書きするときに I/O エラーが発生すると、このメッセージ
が返されます。通常、このメッセージとともにステータスコード 2 が返さ
れます。
MKDE-1176: 可変ページエラー - filename
可変ページでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。通常、
このメッセージとともにステータスコード 2 が返されます。
MKDE-1177: ヘルプは使用できません。
MicroKernel が Btrieve のヘルプファイル (BTRIEVE.HLP) を見つけること
ができないと、このメッセージが返されます。このファイルがホームディ
レクトリにあることを確認してください。
2-44 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 44 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-1178: リソースを割り当てました。
これは、MicroKernel Database エンジンから返される情報メッセージです。
特に何らかの対処を行う必要はありません。
第
2
章
MKDE-1179: リソースを解放しました。
これは、MicroKernel Database エンジンから返される情報メッセージです。
特に何らかの対処を行う必要はありません。
MKDE-1180: システムエラー: nn.nn.nn
システムエラーが発生すると、MicroKernel Database エンジンからこのメッ
セージが返されます。
MKDE-1181: メッセージログファイルのサイズが指定した制限を超えています。ファイ
ルを切り捨てますか?
メッセージログファイル (MKDEMSG.LOG) のサイズが MicroKernel の環境
設定で指定されたサイズを超えると、このメッセージが返されます。ファ
イルの切り捨てを選択すると、ファイルは環境設定で指定されているサイ
ズに切り捨てられますが、ファイル内の最新のメッセージはそのまま保持
されます。切り捨てを選択しないと、ファイルのサイズは [Message Log
File Size Limit] 環境設定オプションで指定されている制限を超えて大きく
なります。
MKDE-1183: 操作を完了するのに十分な使用可能キャッシュがありません。
MicroKernel の環境設定を行い、より多くのキャッシュメモリを使用できる
ようにするか、ファイルのページサイズを小さくします。
メッセージ 2-45
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 45 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-1184: ファイルハンドル数に要求した値は設定できません。オープンファイル数
を nn に減らしてください。
MicroKernel は [オープンファイル数] を指定された値に設定できません。
このメッセージに示された値が使用されます。このメッセージが返されな
いようにするには、同時に実行するアプリケーションの数を少なくします。
MKDE-1192: NOVDB.INI から設定を読み込みました - BTI.INI を変更するには、現在の
設定を保存してください。
MicroKernel をロードしたときに、BTI.INI ファイルではなく NOVDB.INI
ファイルが見つかると、このメッセージが返されます。BTI.INI ファイルに
変更するには、Settings ノートブックを開き、[Save] ボタンをクリックしま
す。
MKDE-1193: Btrieve はデフォルトの設定を使用しています。
MicroKernel をロードしたときに、1 つまたは複数の環境設定オプションに
対する値を見つけることができないと、このメッセージが返されます。
BTI.INI ファイルが不完全であるか、見つかりません。Settings ノートブッ
クを使って環境設定オプションを更新します。
MKDE-1194: 追加ワーカスレッドに切り替わりました。
[ワーカスレッド数] 環境設定オプションで指定されている数を超えるワー
カスレッドを作成する必要があると、このメッセージが返されます。この
メッセージが返されないようにするには、[ワーカスレッド数] 環境設定オ
プションの設定値を大きくしてください。
MKDE-1207: ログファイルのフォーマットが不正です。
ログセグメントファイルのフォーマットに互換性がないと、このメッセー
ジが返されます。ロールフォワードを行っている MicroKernel のバージョ
ンがログファイルを作成した MicroKernel のバージョンと同じであること
を確認してください。
2-46 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 46 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-1208: "xxxx" で Open オペレーションが失敗しました。Btrieve エラーnn が返り
ました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve でエラーが発生すると、この
メッセージが返されます。同時に、xxxx ファイルに対するステータスコー
ドも返されます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステー
タスコード」を参照してください。
MKDE-1209: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の INSERT で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Insert オペレーションでエ
ラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファイル
に対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細につ
いては、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-1210: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の UPDATE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Update オペレーションで
エラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファイ
ルに対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細に
ついては、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-1211: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の DELETE で発生しました。
Btrieve の Delete オペレーションでエラーが発生すると、ロールフォワード
オペレーション中にこのメッセージが返されます。同時に、xxxx ファイル
に対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細につ
いては、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-1212: システムのメモリが不足しています。
サーバに十分なメモリがなくてプログラムのオペレーションを実行できな
いと、このメッセージが返されます。不要なアプリケーションをアンロー
ドして、ロールフォワードオペレーションを再試行してください。
メッセージ 2-47
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 47 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
MKDE-1213: 内部エラー (nn) が発生しました。
内部エラーが発生すると、このメッセージが返されます。もう一度オペ
レーションを実行してください。
MKDE-1214: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の GET EQUAL で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Get Equal オペレーション
でエラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファ
イルに対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細
については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-1215: ログファイルが破損しています。
ログセグメントファイルが壊れていて読み込むことができないと、この
メッセージが返されます。ログセグメントマネージャでは、このログセグ
メントを使ってロールフォワードオペレーションを実行できません。
MKDE-1216: ログファイルの読み取り中にエラーが発生しました。
エラーのためにプログラムがログセグメントファイルを読み込めないと、
このメッセージが返されます。MicroKernel では、このログセグメントを
使ってロールフォワードオペレーションを実行できません。
MKDE-1217: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の CREATE INDEX で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する CREATE
INDEX オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返されま
す。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。
ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参
照してください。
MKDE-1218: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の DROP INDEX で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する DROP
INDEX オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返され
ます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性がありま
2-48 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 48 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
す。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」
を参照してください。
MKDE-1219: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の BEGIN TRANSACTION で発生
しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する BEGIN
TRANSACTION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータス
コード」を参照してください。
MKDE-1220: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の END TRANSACTION で発生し
ました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する END
TRANSACTION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータス
コード」を参照してください。
MKDE-1221: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の ABORT TRANSACTION で発生
しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する ABORT
TRANSACTION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータス
コード」を参照してください。
MKDE-1222: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の CLOSE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する CLOSE オ
ペレ ーシ ョン でエ ラー が発 生す ると 、こ のメ ッセ ージ が返 され ます 。
filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ス
メッセージ 2-49
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 49 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
テータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照
してください。
MKDE-1223: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の GET POSITION で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する GET
POSITION オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返さ
れます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があり
ます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコー
ド」を参照してください。
MKDE-1224: BEGIN TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラーnn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に BEGIN TRANSACTION オペレー
ションでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。対象となる
ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ステータス
コード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してくだ
さい。
MKDE-1225: END TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラーnn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に END TRANSACTION オペレーショ
ンでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。対象となるファ
イルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ステータスコー
ド nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-1226: ABORT TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラーnn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に ABORT TRANSACTION オペレー
ションでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。対象となる
ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ステータス
コード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してくだ
さい。
2-50 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 50 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-2001: キャッシュ割当て オプションに指定された値が不正です。
[キャッシュ割当て] オプションに指定した値が無効のとき、このメッセー
ジが返されます。セットアップユーティリティを使って、このオプション
に有効な値を指定してください。
MKDE-2002: 最大圧縮レコードサイズオプションに指定された値が不正です。
[最大圧縮レコードサイズ] オプションに指定した値が無効であると、この
メッセージが返されます。セットアップユーティリティを使って、[最大圧
縮レコードサイズ] オプションに有効な値を指定してください。
MKDE-2004: オープンファイル数オプションに指定された値が不正です。
[オープンファイル数] オプションに指定した値が無効であると、このメッ
セージが返されます。セットアップユーティリティを使って、このオプ
ションに有効な値を指定してください。
MKDE-2005: トランザクションバンドルリミットオプションに指定された値が不正です。
[オペレーションバンドルリミット] オプションに指定した値が無効である
と、このメッセージが返されます。セットアップユーティリティを使って、
このオプションに有効な値を指定してください。
MKDE-2007: ハンドル数オプションに指定された値が不正です。
[ハンドル数] オプションに指定した値が無効であると、このメッセージが
返されます。セットアップユーティリティを使って、このオプションに有
効な値を指定してください。
MKDE-2008: I/O スレッド数オプションに指定された値が不正です。
[I/O スレッド数] オプションに指定した値が無効であると、このメッセー
ジが返されます。セットアップユーティリティを使って、このオプション
に有効な値を指定してください。
メッセージ 2-51
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 51 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
MKDE-2009: アクティブクライアント数オプションに指定された値が不正です。
[アクティブクライアント数] オプションに指定した値が無効であると、こ
のメッセージが返されます。セットアップユーティリティを使って、この
オプションに有効な値を指定してください。
MKDE-2010: ソートバッファサイズオプションに指定された値が不正です。
[ソートバッファサイズ] オプションに指定した値が無効であると、この
メッセージが返されます。セットアップユーティリティを使って、このオ
プションに有効な値を指定してください。
MKDE-2011: テンポラリディレクトリオプションに指定されたパスが不正です。
[テンポラリワークディレクトリ] オプションに指定した値が無効であると、
このメッセージが返されます。セットアップユーティリティを使って、有
効なパスを指定してください。
MKDE-2012: -option オプションに指定された値が不正です。
オプションに指定した値が有効でないと、このメッセージが返されます。
セットアップユーティリティに戻って、正しい値を入力してください。
MKDE2013: 指定されたオプションは有効なオプションではありません。
指定したオプションが有効なオプションでないと、MicroKernel Database エ
ンジンからこのメッセージが返されます。セットアップユーティリティに
戻って、無効なオプションを削除してください。
MKDE2015: Microkernel がオペレーションを完了するのに十分なメモリが得られません。
サーバのメモリが不足しているために MicroKernel を環境設定に従って
ロードできないと、このメッセージが返されます。セットアップユーティ
リティを使って MicroKernel の環境設定を変更し、使用メモリを少なくす
るか、不要なアプリケーションをアンロードしてください。
2-52 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 52 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-2019: ログファイル xxxx への書き込みを行えません。十分なディスク容量があ
るか確認してください。
ログファイルのファイル名を書き込むことができないと、このメッセージ
が表示されます。ディスクがいっぱいの場合は、不要なファイルを削除し
て使用可能なディスクスペースを増やします。トランザクションログファ
イルへの書き込み中にエラーが発生すると、MicroKernel はシステムデータ
を含むデータファイルが更新されるたびに、トランザクションロギングを
再開しようとします。このため、エラーの原因となった条件が修正される
と (たとえば、より多くのディスクスペースが使用可能になったとき)、ト
ランザクションロギングが自動的に再開されます。
MKDE-2024: ファイル xxxx はロールバック中です。
ファイルのファイル名がロールバックされるとき、このメッセージが返さ
れます。ロールバックとは、システムクラッシュが発生した後でファイル
の一貫性を保持するために MicroKernel が使用する手続きのことです。こ
の手続きにより、ファイルに最後に加えられた変更 (最後のシステムトラ
ンザクションで加えられた変更) が元に戻されます。
MKDE-2027: セマフォの作成/アクセスエラーです。
内部エラーが発生すると、このメッセージが返されます。
MKDE-2028: 実行スレッドの作成エラーです。
MicroKernel が追加のスレッドを作成できないと、このメッセージが返され
ます。[ワーカスレッド数] または [I/O スレッド数] オプションの設定値を
小さくしてください。
MKDE-2029: イベントログファイルをオープンできませんでした。
MicroKernel が ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ で メ ッ セ ー ジ ロ グ フ ァ イ ル
(MKDEMSG.LOG) を作成できないと、このメッセージが返されます。ホー
ムディレクトリが存在することと、コンピュータのディスクがいっぱいに
なっていないことを確認してください。また、MicroKernel がホームディレ
メッセージ 2-53
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 53 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
クトリとメッセージログファイルにアクセスするためのアクセス権を持っ
ていることを確認してください。
MKDE-2039: システムエラー: nn.nn.nn
システムエラーが発生すると、このメッセージが返されます。
MKDE-2053: 追加ワーカスレッドに切り替わりました。
これは、[ワーカスレッド数] 環境設定オプションで指定されている数を超
えるワーカスレッドを作成する必要があるときに、MicroKernel から返され
る情報メッセージです。このメッセージが返されないようにするには、
[ワーカスレッド数] 環境設定オプションの設定値を大きくしてください。
MKDE-2055: Named Pipe の作成エラーです。
パイプマネージャスレッドに対して名前付きパイプを作成できないと、こ
のメッセージが返されます。
MKDE-2060: レジストリの読み取りエラーです。エラーコード: nn
MicroKernel がレジストリ内で定義済みの設定を見つけることができないと、
このメッセ ージが返 されます 。次に MicroKernel を 起動する ときに、 REGINSTALL 起動パラメータを使ってください。このパラメータにより、
MicroKernel は各環境設定オプションのデフォルト値を使って、レジストリ
内に MicroKernel のセクションを再度作成します。
MKDE-2061: レジストリの書き込みエラーです。エラーコード: nn
MicroKernel がレジストリへの書き込みを行おうとしているときにエラーが
発生すると、このメッセージが返されます。次に MicroKernel を起動する
ときに、-REGINSTALL 起動パラメータを使ってください。このパラメー
タにより、MicroKernel は各環境設定オプションのデフォルト値を使って、
レジストリ内に MicroKernel のセクションを再度作成します。
2-54 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 54 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-2065: Service Control ディスパッチャの呼び出しエラーです。
サービスの初期化中にエラーが発生すると、このメッセージが返されます。
MKDE-2067: このコンピュータには使用できる適当なプロトコルがありません。
サポートしているプロトコルがコンピュータにインストールされていない
と、このメッセージが返されます。通信サーバを初期化できません。
MKDE-2068: 通信サーバは使用できません。
通信サーバのロード中にエラーが発生すると、このメッセージが返されま
す。システムパスに、このバージョンの MicroKernel に付属する通信サー
バのディレクトリが含まれていることを確認してください。
MKDE-2075: ログファイルのフォーマットが不正です。
トランザクションログセグメントファイルのフォーマットに互換性がない
とき、このメッセージが返されます。メッセージを返した MicroKernel の
バージョンがログファイルを作成した MicroKernel のバージョンと同じで
あることを確認してください。
MKDE-2076: "xxxx" で Open オペレーションが失敗しました。Btrieve エラーnn が返り
ました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve でエラーが発生すると、この
メッセージが返されます。同時に、xxxx ファイルに対するステータスコー
ドも返されます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステー
タスコード」を参照してください。
MKDE-2077: ログファイルのフォーマットが不正です。
ログセグメントファイルのフォーマットに互換性がないと、このメッセー
ジが返されます。ロールフォワードを行っている MicroKernel のバージョ
ンがログファイルを作成した MicroKernel のバージョンと同じであること
を確認してください。
メッセージ 2-55
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 55 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
MKDE-2078: "xxxx" で Open オペレーションが失敗しました。Btrieve エラーnn が返り
ました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve でエラーが発生すると、この
メッセージが返されます。同時に、xxxx ファイルに対するステータスコー
ドも返されます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステー
タスコード」を参照してください。
MKDE-2079: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の INSERT で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Insert オペレーションでエ
ラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファイル
に対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細につ
いては、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-2080: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の UPDATE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Update オペレーションで
エラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファイ
ルに対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細に
ついては、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-2081: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の DELETE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Delete オペレーションでエ
ラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファイル
に対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細につ
いては、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-2082: システムのメモリが不足しています。
サーバに十分なメモリがなくてプログラムのオペレーションを実行できな
いと、このメッセージが返されます。不要なアプリケーションをアンロー
ドして、ロールフォワードオペレーションを再試行してください。
2-56 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 56 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
MKDE-2083: 内部エラー (nn) が発生しました。
内部エラーが発生すると、このメッセージが返されます。オペレーション
をもう一度実行してください。
MKDE-2084: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の GET EQUAL で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Btrieve の Get Equal オペレーション
でエラーが発生すると、このメッセージが返されます。同時に、xxxx ファ
イルに対するステータスコードも返されます。ステータスコード nn の詳細
については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-2085: ログファイルが破損しています。
ログセグメントファイルが壊れていて読み込むことができないと、この
メッセージが返されます。ログセグメントマネージャでは、このログセグ
メントを使ってロールフォワードオペレーションを実行できません。
MKDE-2086: ログファイルの読み取り中にエラーが発生しました。
エラーのためにプログラムがログセグメントファイルを読み込めないと、
このメッセージが返されます。MicroKernel では、このログセグメントを
使ってロールフォワードオペレーションを実行できません。
MKDE-2087: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の CREATE INDEX で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する Create
Index オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返されます。
filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ス
テータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照
してください。
MKDE-2088: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の DROP INDEX で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する Drop
Index オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返されま
メッセージ 2-57
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 57 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
す。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。
ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参
照してください。
MKDE-2089: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の BEGIN TRANSACTION で発生し
ました。
ロ ー ル フ ォ ワ ー ド オ ペ レ ー シ ョ ン 中 に filename フ ァ イ ル に 対 す る
BeginTransaction オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが
返されます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性が
あります。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータス
コード」を参照してください。
MKDE-2090: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の END TRANSACTION で発生しま
した。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する End
Transaction オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返さ
れます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があり
ます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコー
ド」を参照してください。
MKDE-2091: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の ABORT TRANSACTION で発生
しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する Abort
Transaction オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返さ
れます。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があり
ます。ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコー
ド」を参照してください。
MKDE-2092: 予期せぬ Btrieve エラーnn が、"xxxx" の CLOSE で発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に filename ファイルに対する Close オ
ペレ ーシ ョン でエ ラー が発 生す ると 、こ のメ ッセ ージ が返 され ます 。
filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。ス
2-58 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 58 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
テータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照
してください。
MKDE-2093: 予期せぬ Btrieve エラー nn が、"xxxx" の GET POSITION で発生しました。
ロー ルフ ォワ ー ドオ ペレ ーシ ョ ン中 に filename ファ イ ルに 対す る Get
Position オペレーションでエラーが発生すると、このメッセージが返されま
す。filename ファイルまたはログファイルが壊れている可能性があります。
ステータスコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参
照してください。
MKDE-2094: BEGIN TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラー nn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Begin Transaction オペレーションで
エラーが発生すると、このメッセージが返されます。対象となるファイル
またはログファイルが壊れている可能性があります。ステータスコード nn
の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-2095: END TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラー nn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に End Transaction オペレーションでエ
ラーが発生すると、このメッセージが返されます。対象となるファイルま
たはログファイルが壊れている可能性があります。ステータスコード nn の
詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
MKDE-2096: ABORT TRANSACTION で予期せぬ Btrieve エラー nn が発生しました。
ロールフォワードオペレーション中に Abort Transaction オペレーションで
エラーが発生すると、このメッセージが返されます。対象となるファイル
またはログファイルが壊れている可能性があります。ステータスコード nn
の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してください。
メッセージ 2-59
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 59 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
NWBSRVCM
NetWare Btrieve サーバ通信マネージャのメッセージ
NWBSRVCM-4: Btrieve 通信マネージャはデフォルトの設定を使用しています。
このメッセージは環境設定ファイル (BTI.CFG) が見つからないときに表示
されます。デフォルトの環境設定が使用されます。
NWBSRVCM-5: Btrieve 通信マネージャは不正なコマンドラインオプションを検出しま
した。
有効なオプションを指定してください。
NWBSRVCM-6: Btrieve 通信マネージャを終了します - 正しく初期化できませんでした。
Btrieve 通信マネージャでは TCP/IP または SPX 通信モジュールをロードす
る こ と が で き ま せ ん 。 環 境 設 定 フ ァ イ ル (BTI.CFG) で [Supported
Protocols] の設定が正しいことを確認してください。
NWBSRVCM-7: Btrieve 通信マネージャを終了します - 実行するにはメモリが不十分です。
メモリ割当てオペレーションの実行中にエラーが発生しました。不要な
NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリを少な
くし ます 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
NWBSRVCM-8: Btrieve 通信マネージャは BTCPCOM.NLM をロード/初期化できません
でした (errno = nn)。
BTCPCOM.NLM のロードまたは初期化中にエラーが発生しました。オペ
レーティングシステムのエラー番号が errno として表示されます。エラー
番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照
してください。
2-60 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 60 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
NWBSRVCM-9: Btrieve 通信マネージャは BSPXCOM.NLM をロード/初期化できません
でした (errno = nn)。
BSPXCOM.NLM のロードまたは初期化中にエラーが発生しました。オペ
レーティングシステムのエラー番号が errno として表示されます。エラー
番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照
してください。
NWBSRVCM-10: Btrieve 通信マネージャを終了します - コンフィグレーションファイ
ル (BTI.CFG) に不正なサポートプロトコルが指定されています。
環境設定ファイル (BTI.CFG) で [Supported Protocols] の設定が正しいこと
を確認してください。
メッセージ 2-61
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 61 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
NWSSRVCM
NetWare Scalable SQL サーバ通信マネージャのメッセージ
NWSSRVCM-4: Scalable SQL 通信マネージャはデフォルトの設定を使用しています。
このメッセージは環境設定ファイル (BTI.CFG) が見つからないときに表示
されます。デフォルトの環境設定が使用されます。
NWSSRVCM-5: Scalable SQL 通信マネージャは不正なコマンドラインオプションを検
出しました。
有効なオプションを指定してください。
NWSSRVCM-6: Scalable SQL 通信マネージャを終了します - 正しく初期化できません
でした。
Scalable SQL 通信マネージャでは TCP/IP または SPX 通信モジュールをロー
ド す る こ と が で き ま せ ん 。 環 境 設 定 フ ァ イ ル (BTI.CFG) で [Supported
Protocols] の設定が正しいことを確認してください。
NWSSRVCM-7: Scalable SQL 通信マネージャを終了します - 実行するにはメモリが不
十分です。
メモリ割当てオペレーションの実行中にエラーが発生しました。不要な
NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリを少な
くし ます 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
NWSSRVCM-8: Scalable SQL 通信マネージャは BTCPCOM.NLM をロード/初期化でき
ませんでした (errno = nn)。
BTCPCOM.NLM のロードまたは初期化中にエラーが発生しました。オペ
レーティングシステムのエラー番号が errno として表示されます。エラー
2-62 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 62 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照
してください。
NWSSRVCM-9: Scalable SQL 通信マネージャは BSPXCOM.NLM をロード/初期化でき
ませんでした (errno = nn)。
BSPXCOM.NLM のロードまたは初期化中にエラーが発生しました。オペ
レーティングシステムのエラー番号が errno として表示されます。エラー
番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照
してください。
NWSSRVCM-10: Btrieve 通信マネージャを終了します - コンフィグレーションファイ
ル (BTI.CFG) に不正なサポートプロトコルが指定されています。
環境設定ファイル (BTI.CFG) で [Supported Protocols] の設定が正しいこと
を確認してください。
メッセージ 2-63
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 63 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
SSPXCOM
Scalable SQL SPX 通信マネージャのメッセージ
次のメッセージは Scalable SQL 通信マネージャに固有のものです。
SSPXCOM-2: サーバには SSPXCOM を実行するのに十分なメモリがありません。
メモリ割当てオペレーションの実行中にエラーが発生しました。不要な
NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリを少な
くし ます 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
SSPXCOM-3: 内部エラーが発生しました。SSPXCOM はセマフォの割り当てエラーを
検出しました。
セマフォ割当てオペレーションの実行中にエラーが発生しました。オペ
レーションを再試行してもエラーが発生する場合は、Pervasive Software の
カスタマサポート窓口までご連絡ください。
SSPXCOM-4: サービスリクエストブロック (SRB) ファンクションコード (nn) に不正
なデータがあります。SSPXCOM.NLM ファイルが不一致バージョンでないか調べてく
ださい。
使用中の SSPXCOM とワークステーションの Scalable SQL リクエスタの
バージョンに互換性があることを確認してください。
SSPXCOM-6: 別の NLM が SSPXCOM 用に予約されたソケット番号を使用しています。
この状 況を 解決 する には 、他 のすべ ての NLM を アン ロー ドし ます 。
MKDE.NLM と NWSSRVCM.NLM をロードした後、他の NLM を再ロード
します。この処理により、SSPXCOM.NLM のソケット番号を使用している
NLM が明らかになります。
2-64 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 64 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSPXCOM-7: SPX レベルの受信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
SPX レベルの受信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
SSPXCOM-8: SPX レベルの送信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
SPX レベルの送信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
SSPXCOM-10: 受信時に不正な接続 ID が検出されました。SPX 接続は初期リクエスト
が始まった後に切れました。
このメッセージが頻繁に表示される場合は、リクエスタの [SPX Timeout]
パラメータの設定値を大きくしてください。このパラメータは環境設定
(セットアップ) ユーティリティを使って設定します。また、CPU 時間を独
占している NLM がないかどうかもチェックしてください。
SSPXCOM-11: 送信時に不正な接続 ID が検出されました。SPX 接続は初期リクエスト
が始まった後に切れました。
このメッセージが頻繁に表示される場合は、リクエスタの [SPX Timeout]
パラメータの設定値を大きくしてください。このパラメータは環境設定
(セットアップ) ユーティリティを使って設定します。また、CPU 時間を独
占している NLM がないかどうかもチェックしてください。
SSPXCOM-12: リモートワークステーションから要求された SPX セッションの接続を
試行中に、エラー (nn) が検出されました。
SPX レベルのセッション確立オペレーションの実行中にエラーが発生しま
した。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマ
ニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発
メッセージ 2-65
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 65 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡くだ
さい。
SSPXCOM-13: セッションは拒否されました。セッションの制限に達しています。リ
モートセッション数オプションに指定した値を増やしてください。
『Btrieve User’s Guide』の説明に従って、[セッション数] 環境設定オプショ
ンの設定値を大きくしてください。
SSPXCOM-14: Monitor ユーティリティの統計情報に対するリクエストが認識されませ
んでした。ユーティリティあるいは SSPXCOM が不一致バージョンでないか調べてく
ださい。
使用中の SSPXCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性
があることを確認してください。
SSPXCOM-15: 内部エラーが発生しました。SSPXCOM は GET_EIM_STATS 関数を認
識しませんでした。
使用中の SSPXCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性
があることを確認してください。
SSPXCOM-16: ネットワークに重複するデータベース名が見つかりました。 xxxx がア
ドバタイズされます。
指定したデータベース名は既にネットワーク上でアドバタイズされていま
す。ネットワーク上のデータベース名が重複しないように、指定するデー
タベース名を変更してください。
SSPXCOM-19: スレッドの初期化エラーが発生しました。
BSPXCOM.NLM スレッドの初期化中にエラーが発生しました。Pervasive
Software イベントログ (PVSW.LOG) で、このエラーの前に発生したエラー
の内容を参照してください。問題を修正して、オペレーションを再試行し
ます。
2-66 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 66 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSPXCOM-20: BeginThread() エラー (nn) が発生しました。
BeginThread オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エラー番号
nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照して
くだ さい 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
メッセージ 2-67
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 67 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
SSQL
Scalable SQL エンジンのメッセージ
ここでは、Scalable SQL エンジンが生成するメッセージの一覧を示します。
SSQL-0:xxxx をロード中にエラーが発生しました。使用可能なメモリが不十分か、また
は実行型ファイルが破損しています。
Windows 環境でオペレーティングシステムに十分なメモリがないため、
Scalable SQL for Windows エンジンで必要な DLL をロードできません。また
はディスク上の DLL ファイルが壊れています。メモリ不足の場合は、ス
ワップファイルのサイズを大きくするか、メモリを増設してください。
ファイルが壊れている場合は、エンジンのファイルを再インストールして
ください。
SSQL-1:xxxx をロード中にエラーが発生しました。ファイルが見つかりませんでした。
ファイルまたはそのファイルに関連する DLL の一部がパス内に存在しない
ため、Scalable SQL for Windows エンジンは必要な DLL または EXE ファイ
ルをロードできません。ファイルまたは DLL がパス内に存在することを確
認してください。
SSQL-2:xxxx をロード中にエラーが発生しました。パスが見つかりませんでした。
ファイルまたはそのファイルに関連する DLL の一部がパス内に存在しない
ため、Scalable SQL for Windows エンジンは必要なファイルをロードできま
せん。ファイルまたは DLL がパス内に存在することを確認してください。
SSQL-3:xxxx をロード中にエラーが発生しました。ファイル共有エラーが発生しました。
指定されたファイルをロードしようとしたとき、Scalable SQL for Windows
エンジンにファイル共有エラーが発生しました。ファイルを再ロードして
ください。
2-68 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 68 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSQL-4:xxxx をロード中にエラーが発生しました。エラー6 です。
指定されたファイルが壊れています。ファイルを再インストールしてくだ
さい。
SSQL-5:xxxx をロード中にエラーが発生しました。Scalable SQL エンジンをロードする
には、使用可能なメモリが不十分です。
Windows に十分なメモリがなく、Scalable SQL for Windows エンジンに必要
な DLL をロードできません。スワップファイルのサイズを大きくするか、
メモリを増設してください。
SSQL-6:xxxx をロード中にエラーが発生しました。使用中の MS Windows バージョンは
不適当です。
Scalable SQL for Windows エンジンには Windows v3.1 が必要です。
SSQL-7:xxxx をロード中にエラーが発生しました。実行型ファイルが不正です。
ディスク上のファイルが壊れているため、Scalable SQL for Windows エンジ
ンは必要な DLL または EXE ファイルをロードできません。
SSQL-8:xxxx をロード中にエラーが発生しました。使用中のオペレーティングシステム
は不適当です。
Scalable SQL for Windows エンジンには Windows v3.1 が必要です。
SSQL-9:xxxx をロード中にエラーが発生しました。システムは MS-DOS v4.0 用に設計
されています。
MS-DOS のバージョンは v4.0 以降でなければなりません。
SSQL-10:xxxx をロード中にエラーが発生しました。実行型のタイプが不正です。
指定されたファイルをロードしようとしたとき、Scalable SQL for Windows
エンジンにエラーが発生しました。もう一度オペレーションを実行してく
ださい。
メッセージ 2-69
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 69 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
SSQL-11:xxxx をロード中にエラーが発生しました。リアルモードの実行型はロードで
きません。
指定されたファイルをロードしようとしたとき、Scalable SQL for Windows
エンジンにエラーが発生しました。もう一度オペレーションを実行してく
ださい。
SSQL-12:xxxx をロード中にエラーが発生しました。エラー16 です。
指定されたファイルが壊れています。ファイルを再インストールしてくだ
さい。
SSQL-13:xxxx をロード中にエラーが発生しました。実行型は圧縮されています。
指定されたファイルをロードしようとしたとき、Scalable SQL for Windows
エンジンにエラーが発生しました。ファイルが圧縮されていないことを確
認して、オペレーションを再試行してください。
SSQL-14:xxxx をロード中にエラーが発生しました。DLL が不正です。
ディスク上のファイルが壊れているため、Scalable SQL for Windows エンジ
ンは必要なファイルをロードできません。エンジンファイルを再インス
トールしてください。
SSQL-15:xxxx をロード中にエラーが発生しました。MS Windows 32-bit 拡張が必要です。
指定されたファイルをロードしようとしたとき、Scalable SQL for Windows
エンジンにエラーが発生しました。
SSQL-16:xxxx をロード中にエラーが発生しました。不明なロードエラーが発生しました。
指定されたファイルをロードしようとしたとき、Scalable SQL for Windows
エンジンにエラーが発生しました。ファイルをもう一度ロードしてくださ
い。必要な場合は、Scalable SQL for Windows エンジンをいったん停止した
後で再起動し、ファイルのロードを試みてください。
2-70 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 70 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSQL-17: Scalable SQL が必要とするモジュール:xxxx にリンクできません。
Scalable SQL コンポーネントが filename とのリンクを設定しようとしまし
たが、filename が必要なシンボルをエクスポートしません。この問題は、
Microsoft の NETAPI.DLL の代わりに Novell の NETAPI.DLL がロードされ
ている場合によく発生します。filename の最新バージョンを使用している
ことを確認してください。
SSQL-18: DefineEntryPoints に失敗しました。
Scalable SQL v3.x に十分なメモリがないためプロセスの初期化を完了でき
ません。スワップファイルのサイズを大きくするか、メモリを増設してく
ださい。
SSQL-19: ファイル xxxx はロードされていません。
このメッセージは他のエラーメッセージが返された後に表示され、ファイ
ルがロードされていないことを通知します。
SSQL-20: プロセスを初期化できませんでした。
Scalable SQL v3.x に十分なメモリがないためプロセスの初期化を完了でき
ません。スワップファイルのサイズを大きくするか、メモリを増設してく
ださい。
SSQL-21: Microkernel Database エンジンはロードされていません。
Scalable SQL エンジンが MicroKernel をロードできないか、MicroKernel に
アクセスできません。次の MicroKernel コンポーネントがパス内に存在す
ることを確認してください。
◆ NetWare の場合は NWMKDE.NLM。Scalable SQL をロードする前に
ロードしておく必要があります。
◆ Windows NT の場合は NTMKDE.DLL。Scalable SQL によってロードさ
れます。
メッセージ 2-71
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 71 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
SSQL-23: メッセージをロードするには、使用可能なメモリが不十分です。
Windows 環境でオペレーティングシステムに十分なメモリがないため、リ
ソース DLL からメッセージをロードできません。スワップファイルのサイ
ズを大きくするか、メモリを増設してください。
SSQL-24: この Scalable SQL エンジンは、フルライセンスの Microkernel Database エ
ンジンと一緒に起動されなければなりません!
Scalable SQL エ ン ジ ン は 、 正 規 に ラ イ セン ス 契 約 を 結 ん で 配 布 可 能 な
MicroKernel (使用中のプラットフォーム対応している) とともに実行できる
ように設計されています。MicroKernel の正しいバージョンがロードされて
い る こ と を 確 認 し て く だ さ い 。 Scalable SQL エ ン ジ ン に は 適 切 な
MicroKernel のコピーが含まれています。Scalable SQL エンジンを購入する
と、アプリケーションとともに両方のエンジンをコピーして配布する権利
が許諾されます。
SSQL-25: この Scalable SQL 開発用エンジンは、MicroKernel Database 開発用エンジン
と一緒に起動されなければなりません!
Scalable SQL 開 発 エ ン ジ ン は 、 使 用 中 のプ ラ ッ ト フ ォ ー ム に 対 応 し た
MicroKernel 開発エンジンとともに実行できるように設計されています。
MicroKernel 開発エンジンがロードされていることを確認してください。
Scalable SQL Developer Kit には、Scalable SQL 開発エンジンと MicroKernel
開発エンジンの両方が含まれています。開発環境では、これら 2 つのエン
ジンでを最大 5 名までのユーザが並行して使用することが許可されていま
すが、配布することは禁止されています。
SSQL-26: エンジンの初期化中に、予期せぬ MicroKernel Database エンジンのステータ
ス nn が返りました!
MicroKernel Database エンジンが使用できないことを知らせるステータス
コードが返されたため、Scalable SQL を起動できませんでした。ステータ
スコード nn の詳細については、第 1 章「ステータスコード」を参照してく
ださい。
2-72 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 72 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSQL-28: トレースファイル xxxx をオープンできません。
Scalable SQL は指定されたトレースファイルをオープンできませんでした。
パスとファイル名が有効であることを確認してください。また、使用可能
なディスクスペースが十分にあることと、ファイルが読み込み専用でない
第
2
章
ことも確認してください。
SSQL-29: Scalable SQL エンジンはコンフィグレーション情報をロードできません。
このメッセージは次のいずれかの理由で返されます。
◆ Windows NT で、設定を格納するために使用するレジストリキーを作
成できません。RegEdit を使って、次のキーが作成されているかどう
かを確認してください。まだ作成されていない場合は作成します。次
にキーを示します。
◆ HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Pervasive Software¥Scalable
SQL Server Engine¥Version 4.00¥Settings
◆ HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Pervasive
Software¥Database Names¥Version 4.00¥Settings
◆ NetWare と DOS で 、 BTI.CFG フ ァ イ ル を オ ー プ ン で き な い か 、
BTI.CFG ファイルがロックされています。BTI.CFG が書き込み可能で
あり、BTI.LCK が存在しないことを確認してください。
SSQL-31:xxxx をロード中にエラーが発生しました。xxxx
データベースサービスマネージャが filename をロードしているときに重大
なエラーが発生しました。このエラーを解決するには、詳細メッセージ
(xxxx) を参照してください。
SSQL-32: Database Service Manager エラーが発生しました。 xxxx
データベースサービスマネージャで重大なエラーが発生しました。詳細に
ついては、メッセージに続く説明 (xxxx) を参照してください。
メッセージ 2-73
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 73 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSQL-33:xxxx ネットワークプロトコルの初期化に失敗しました。エラーコード: nn
xx プロトコルが正しく環境設定されていることを確認してください。この
メッセージが返されるとき、xxx ネットワークプロトコルは使用可能ではあ
りません。次に表示される可能性のあるエラーコードの一覧を示します。
1
Wsock32.dll が使用可能でないか、ロードできません。
2
インスタンスが多すぎます。これは内部エラーであり、通常は発生
しません。
3
メモリ不足です。
4
インスタンス ID が無効です。これは内部エラーであり、通常は発
生しません。
5
初期化できません。これは内部エラーであり、通常は発生しません。
6
プロトコルを使用できません。Scalable SQL エンジンは、このシス
テムで使用可能でないプロトコルを使用するように環境設定されて
います。セットアップユーティリティを使って、Scalable SQL 通信
マネージャ、サーバの通信環境設定、およびサポートされているプ
ロトコルの設定をチェックしてください。使用可能なプロトコルは
SPXII と TCP/IP です。
7
プロトコルがサポートされていません。Scalable SQL エンジンは、
このシステムで使用可能でないプロトコルを使用するように環境設
定されています。セットアップユーティリティを使って、Scalable
SQL 通信マネージャ、サーバの通信環境設定、およびサポートされ
ているプロトコルの設定をチェックしてください。使用可能なプロ
トコルは SPXII と TCP/IP です。
8
ソケットをオープンするときにエラーが発生しました。Windows NT
のシステムリソースが不足しています。Scalable SQL エンジンを
ロードしようとしているシステムをリブートしてください。
9
I/O ポートを作成するときにエラーが発生しました。Windows NT の
システムリソースが不足しています。Scalable SQL エンジンをロー
ドしようとしているシステムをリブートしてください。
2-74 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 74 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
10
スレッドを作成するときにエラーが発生しました。Windows NT の
システムリソースが不足しています。Scalable SQL エンジンをロー
ドしようとしているシステムをリブートしてください。
11
プロトコルを初期化するときにエラーが発生しました。次の原因が
考えられます。
◆ メモリ不足またはスレッドを作成するときにエラーが発生していま
す。Windows NT のシステムリソースが不足しています。Scalable SQL
エンジンをロードしようとしているシステムをリブートしてくださ
い。
◆ ネットワークサブシステムが正常に実行されていないことを、
Windows Sockets のインプリメンテーションが検出しました。ネット
ワークサブシステムが正常であることを確認してください。
◆ このコンピュータの名前とアドレスを特定できません。ネームサービ
スが正しく環境設定されていて、正常に動作していることを確認して
く だ さ い 。 コ ン ピ ュ ー タ の 環 境 設 定 に よ っ て は 、 DNS 、 WINS 、
DHCP、および静的 HOSTS ファイルもチェックしてください。
12
通信バッファサイズが無効です。セットアップユーティリティを
使って、Scalable SQL 通信マネージャ、サーバの通信環境設定、お
よび通信バッファサイズの設定値をチェックしてください。これら
の設定値は 0 であってはいけません。
13
パラメータが無効です。これは内部エラーであり、通常は発生しま
せん。
14
エンジンのコールバックが指定されていません。これは内部エラー
であり、通常は発生しません。
15
リスニングエラーが発生しました。これは内部エラーであり、通常
は発生しません。
16
エラーにより正常な動作を行うことができません。これは内部エ
ラーであり、通常は発生しません。
17
クリーンアップを行っているときにタイムアウトが発生しました。
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
18
バッファが不足しています。これは内部エラーであり、通常は発生
しません。
メッセージ 2-75
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 75 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
19
スレッド初期化エラーが発生しました。Windows NT のシステムリ
ソースが不足しています。Scalable SQL エンジンをロードしようと
しているシステムをリブートしてください。
20
初期化をリエントラントできません。これは内部エラーであり、通
常は発生しません。
21
スレッドが多すぎます。これは内部エラーであり、通常は発生しま
せん。
22
セマフォを作成するときにエラーが発生しました。Windows NT の
システムリソースが不足しています。Scalable SQL エンジンをロー
ドしようとしているシステムをリブートしてください。
23
プロトコルを初期化するときにエラーが発生し、再試行しました。
これは情報を通知するためのステータスで、Scalable SQL に SSQL34 メッセージを表示させます。
SSQL-34:xxxx ネットワークプロトコルの初期化に失敗しました。エラーコード:nn 再試
行中...
xx プロトコルが正しく環境設定されていることを確認してください。
Scalable SQL エンジンでは、xx ネットワークプロトコルの初期化を継続し
ます。通信ステータスコードの一覧については、「SSQL-33」の説明を参
照してください。
SSQL-35: Scalable SQL エンジンは、ネットワークプロトコルサポートなしで起動して
います。
選択したすべてのネットワークプロトコルを正常に初期化できないか、環
境設定されたネットワークプロトコルがありません。Scalable SQL エンジ
ンへのリモートアクセスを行うことができません。選択したネットワーク
プロトコルが正しく環境設定されていることを確認するか、セットアップ
ユーティリティを使って異なるプロトコルを選択してください。
2-76 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 76 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
SSQL-36: Scalable SQL エンジンはネットワークプロトコルを使用するように環境設定
されていません。
Scalable SQL エンジンとともに実行するために選択されているネットワー
クプロトコルがありません。セットアップユーティリティを使って、1 つ
または複数のネットワークプロトコルを選択してください。
SSQL-37: 通信サーバは使用できません。
Scalable SQL エンジンは通信サーバを正常にロードできませんでした。リ
モートアクセスが無効になっています。選択したネットワークプロトコル
が正しく環境設定されていることを確認してください。
SSQL-38: xxxx コンポーネントのバージョンは nn.nn です。バージョン nn.nn 以上を使
用してください。
filename モジュールのバージョンが古すぎます。このモジュールの適切な
バージョンがパス内に存在することを確認してください。
SSQL-39: xxxx を使用中にエラーが発生しました。エラーコード: nn
filename モジュールを使用しているときに問題が発生しました。詳細につ
いては、エラーコード nn を参照してください。
SSQL-40: xxxx を使用中にエラーが発生しました。xxxx。
filename モジュールを使用しているときに問題が発生しました。詳細につ
いては、エラーメッセージに続く xxxx を参照してください。
SSQL-41: Scalable SQL エンジンは、ユーザカウント 0 で起動しています。
ユーザカウントが正しく環境設定されていないか、必要な数のユーザカウ
ントを増やしていないため、ユーザカウントを取得するときに問題が発生
しました。ユーザカウントユーティリティを使って、ユーザカウントを設
定してください。ユーザカウントがゼロであると、リモートアクセスは無
効になり、ローカルアクセスしかできなくなります。
メッセージ 2-77
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 77 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
SSQL-42: システムスレッドの作成中に予期せぬステータス (nn) を受け取りました。
Scalable SQL エンジンの初期化プロセスで、システムスレッドを作成する
ときにエラーが発生しました。システムリソースが不足している可能性が
あります。Scalable SQL エンジンをロードしようとしているシステムをリ
ブートしてください。
SSQL-43: ワーカスレッドの作成中に予期せぬステータス (nn) を受け取りました。
Scalable SQL エンジンの初期化プロセスで、ワーカスレッドを作成すると
きにエラーが発生しました。システムリソースが不足している可能性があ
ります。Scalable SQL エンジンをロードしようとしているシステムをリ
ブートしてください。
SSQL-44: 名前付きデータベース情報をアクセスできません。
Scalable SQL エンジンでは、DBNAMES.CFG ファイルのオープンまたは作
成を行うことができません。
SSQL-45: Database Services のロード中にエラーが発生しました。
データベースサービスをロードしているときに重大なエラーが発生しまし
た。
SSQL-46: Scalable SQL エンジンのロード中にエラーが発生しました。エラーコード:
nn
1
2
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
メモリ不足です。Windows NT のシステムリソースが不足していま
す。Scalable SQL エンジンをロードしようとしているシステムをリ
ブートしてください。
3
セマフォを作成するときにエラーが発生しました。Windows NT の
システムリソースが不足しているか、DBSvcMgr の以前のコピーが
適切な状態で存在していませんでした。Scalable SQL エンジンを
ロードしようとしているシステムをリブートしてください。
2-78 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 78 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
4
DBSvcMgr は新しいリクエストを受け取りましたが、既にシャット
ダウンするように命令されています。別のエンジンを起動する前
に、Scalable SQL エンジンまたは MicroKernel がシャットダウンする
のを待ってください。
5
6
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
Scalable SQL エンジンのモジュールは既にロードされています。こ
れは情報を通知するためのステータスで、Scalable SQL に SSQLWNT-27 メッセージを表示させます。
7
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
8
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
9
無効な DBSvcMgr コマンドが DBSvcMgr に送られました。このエ
ラーは、新しいスタブが古い DBSvcMgr をロードするときに発生す
ることがあります。使用しているすべてのコンポーネントが正しい
バージョンであることと、すべてのコンポーネントがパス内に存在
することを確認してください。問題を解決できない場合は、エンジ
ンファイルを再インストールしてください。
10
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
11
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
12
コンポーネントが同期していません。使用しているすべてのコン
ポーネントが正しいバージョンであることと、すべてのコンポーネ
ントがパス内に存在することを確認してください。問題を解決でき
ない場合は、エンジンファイルを再インストールしてください。
13
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
14
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
15
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
メッセージ 2-79
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 79 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
16
DLL が見つからないため、Scalable SQL エンジンをロードすること
ができません。使用しているすべてのコンポーネントが正しいバー
ジョンであることと、すべてのコンポーネントがパス内に存在する
ことを確認してください。問題を解決できない場合は、エンジン
ファイルを再インストールしてください。
17
これは内部エラーであり、通常は発生しません。
18
Scalable SQL エンジンのファイルが壊れている可能性があります。
使用しているすべてのコンポーネントが正しいバージョンであるこ
とと、すべてのコンポーネントがパス内に存在することを確認して
ください。問題を解決できない場合は、エンジンファイルを再イン
ストールしてください。
19
Scalable SQL エンジンのファイルが壊れている可能性があります。
使用しているすべてのコンポーネントが正しいバージョンであるこ
とと、すべてのコンポーネントがパス内に存在することを確認して
ください。問題を解決できない場合は、エンジンファイルを再イン
ストールしてください。
SSQL-DOS-19: SSQL.EXE ファイルはアンロードされます。
このメッセージは他のエラーメッセージが返された後に表示され、ファイ
ルがロードされていないことを通知します。
SSQL-DOS-27: SSQL.EXE ファイルは既にロードされています。
Scalable SQL が既に DOS ワークステーションにロードされているときに、
再度 Scalable SQL をロードしようとすると、このメッセージが返されます。
SSQL-DOS-28: BTI.CFG のオプションを変更するには SQLSETUP を使用してください。
このメッセージは、コマンドラインでオプションを設定しようとしたとき
に返されます。DOS SQLSETUP.EXE を使って、Scalable SQL for DOS エン
ジンを環境設定してください。
2-80 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 80 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
STCPCOM
Scalable SQL TCP/IP 通信マネージャのメッセージ
STCPCOM-1: 指定されたコマンドラインオプションは有効ではありません。
有効なオプションを指定してください。
STCPCOM-2: サーバには STCPCOM.NLM を実行するのに十分なメモリがありません。
不要な NLM をアンロードするか、NLM の環境設定を変更して使用メモリ
を少なくすることで、使用可能なメモリを増やしてください。
STCPCOM-3: 内部エラーが発生しました。STCPCOM.NLM はセマフォの割り当てエ
ラーを検出しました。
内部エラーが発生しました。
STCPCOM-4: サービスリクエストブロック (SRB) ファンクションコード (nn) に不正
なデータがあります。STCPCOM.NLM ファイルが不一致バージョンでないか調べてく
ださい。
BTCPCOM のバージョンがワークステーションの Btrieve リクエスタのバー
ジョン番号と互換性があることを確認してください。
STCPCOM-5: TCP/IP レベルの受信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
TCP/IP レベルの受信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
メッセージ 2-81
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 81 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
STCPCOM-6: TCP/IP レベルの送信 I/O エラー (nn) が発生しました。接続は切れました。
TCP/IP レベルの送信オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
STCPCOM-7: TCP/IP accept()エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの accept セッション確立オペレーションの実行中にエラーが
発生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステ
ムのマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエ
ラーが発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご
連絡ください。
STCPCOM-8: セッションは拒否されました。セッションの制限に達しています。リ
モートセッション数オプションに指定した値を増やしてください。
[セッション数] オプションの設定値を大きくしてください。このオプショ
ンの詳細は、『Btrieve User’s Guide』で説明されています。
STCPCOM-9: Monitor ユーティリティの統計情報に対するリクエストが認識されません
でした。ユーティリティあるいは STCPCOM.NLM が不一致バージョンでないか調べて
ください。
使用中の STCPCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性が
あることを確認してください。
STCPCOM-10: 内部エラーが発生しました。STCPCOM.NLM は GET_EIM_STATS 関数
を認識しませんでした。
使用中の STCPCOM.NLM とモニタユーティリティのバージョンに互換性が
あることを確認してください。
2-82 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 82 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
STCPCOM-12: リモートワークステーションから要求されたセッションの接続を試行中
に、TCP/IP select() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの select セッション確立オペレーションの実行中にエラーが
発生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステ
ムのマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエ
ラーが発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご
連絡ください。。
STCPCOM-13: スレッドの初期化エラーが発生しました。
STCPCOM.NLM スレッドの初期化中にエラーが発生しました。Pervasive
Software イベントログ (PVSW.LOG) で、このエラーの前に発生したエラー
の内容を参照してください。問題を修正して、オペレーションを再試行し
ます。
STCPCOM-15: TCP/IP socket() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの socket オペレーションの実行中にエラーが発生しました。
エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアル
を参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場
合は、Pervasive Software technical support に詳細をお問い合わせください。
STCPCOM-16: TCP/IP setsockopt() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの setsockopt オペレーションの実行中にエラーが発生しまし
た。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュ
アルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生す
る場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
STCPCOM-17: TCP/IP bind() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの bind オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エ
ラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場合
は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
メッセージ 2-83
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 83 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
STCPCOM-18: TCP/IP listen() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの listen オペレーションの実行中にエラーが発生しました。
エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアル
を参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発生する場
合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
STCPCOM-19: TCP/IP gethostname() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの gethostname オペレーションの実行中にエラーが発生しま
した。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムのマ
ニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが発
生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡くだ
さい。
STCPCOM-20: TCP/IP NWgethostbyname() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの NWgethostbyname オペレーションの実行中にエラーが発生
しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステムの
マニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラーが
発生する場合は、Pervasive Software technical support に詳細をお問い合わせ
ください。
STCPCOM-21: TCP/IP NetDBgethostbyname() エラー (nn) が発生しました。
TCP/IP レベルの NetDBgethostbyname オペレーションの実行中にエラーが発
生しました。エラー番号 nn の定義については、オペレーティングシステム
のマニュアルを参照してください。オペレーションを再試行してもエラー
が発生する場合は、Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡
ください。
STCPCOM-22: BeginThread() エラー (nn) が発生しました。
BeginThread オペレーションの実行中にエラーが発生しました。エラー番号
nn の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照して
くだ さい 。オ ペレ ーシ ョン を再 試行 して もエ ラー が発 生す る場 合は 、
Pervasive Software のカスタマサポート窓口までご連絡ください。
2-84 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 84 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCINIT
ユーザカウント初期化ユーティリティのメッセージ
次のメッセージはユーザカウント初期化ユーティリティに固有のものです。
UCINIT-100: 異常終了しました。ステータス = nn.
オペレーティングシステムまたはユーザカウントマネージャでエラーが発
生すると、ユーザカウント初期化ユーティリティからこのメッセージが返
されます。返されたステータスが -1 の場合、エラーはオペレーティング
システムに関連しています。ターミナルでは、このメッセージのすぐ上に
オペレーティングシステムのエラーに関するメッセージが表示されます。
エラー番号の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。返されたステータスが 7000 から 7099 の場合、エラー
はユーザカウントマネージャに関連しています。ターミナルでは、この
メッセージのすぐ上にユーザカウントマネージャに関するメッセージが表
示されます。エラーの定義については、ユーザカウントマネージャのエ
ラーメッセージを参照してください。
UCINIT-203: キーボード入力エラーです。
キーボード入力を行っているときにオペレーティングシステムエラーがレ
ポートされると、このメッセージが返されます。キーボード入力オペレー
ションを再試行してください。
UCINIT-308: Btrieve ファイルが不正であるため、User Count Manager は Btrieve ユーザ
カウントを移行できません。ファイル = xxxx
無効な Btrieve v6.10 データベースエンジンファイル (BTRIEVE.NLM) を
使って Btrieve のユーザカウントを移行しようとすると、このメッセージが
返されます。
メッセージ 2-85
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 85 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
UCINIT-309: Btrieve ファイルが不正であるため、User Count Manager は Btrieve ユーザ
カウントを移行できません。ファイル = xxxx
このメッセージは、Btrieve v6.1x のユーザカウントを移行しようとすると
きに返されます。NetWare サーバエンジンの場合は、Btrieve エンジンの
ファイルが v6.10 以降であることを確認してください。また、Windows NT
サーバエンジンの場合は、Btrieve エンジンのファイルが v6.15 以降である
ことを確認してください。
UCINIT-400: ファイルが存在しません。ファイル = xxxx(errno = nn).
ユーザカウント初期化ユーティリティが存在しない filename ファイルにア
クセスしようとすると、このメッセージが返されます。メッセージで指定
されたファイルが存在することを確認して、オペレーションを再試行しま
す。
UCINIT-404: ファイルオープンエラーです。ファイル = xxxx(errno = nn).
ユーザカウント初期化ユーティリティが filename ファイルをオープンでき
ないと、このメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラー
の番号が errno = nn として表示されます。このエラー値の定義については、
オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。ディスクが
いっぱいになっていないことと、メッセージで指定されたファイルにアク
セスするための適切なアクセス権を持っていることを確認してください。
UCINIT-407: ファイルの読み取りエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn).
ユーザカウント初期化ユーティリティが filename ファイルを読み込めない
と、このメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラーの番
号が errno=nn として表示されます。このエラー値の定義については、オペ
レーティングシステムのマニュアルを参照してください。メッセージで指
定されたファイルが壊れていないことを確認してください。ファイルが壊
れている場合は、それを削除して、ユーティリティを再度実行します。
2-86 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 86 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCINIT-411: ファイルシークエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn).
ユーザカウント初期化ユーティリティが filename ファイル内をシークでき
ないと、このメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラー
の番号が errno=nn として表示されます。このエラー値の定義については、
オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。ディスクが
いっぱいになっていないことと、メッセージで指定されたファイルにアク
セスするための適切なアクセス権を持っていることを確認してください。
UCINIT-503: 終了します。内部メッセージテーブルにアクセスできません。
ユーザカウント初期化ユーティリティがその内部メッセージテーブルにア
クセスできないと、このメッセージが返されます。このメッセージが返さ
れるのは NetWare システムだけです。ユーティリティが SYS:SYSTEM ディ
レクトリにインストールされていること、またはユーティリティをロード
したディレクトリがパス内に存在することを確認してください。
メッセージ 2-87
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 87 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
UCMGR
ユーザカウントマネージャのメッセージ
次のメッセージはユーザカウントマネージャに適用されます。
UCMGR-301: ユーザカウントを追加するために使用されたキー番号が不正です。
ユーザカウントを増やすために使用したキー番号が無効であると、この
メッセージが返されます。有効なキー番号を指定してください。
UCMGR-302: キーファイルチェックシーケンスが不正です。ユーザカウントキーファ
イルの整合性に問題があります。
UCMGR.SYS の整合性を暫定的に調整したときに、このメッセージが返さ
れます。Scalable SQL を再インストールしてください。
UCMGR-303: キー番号が不正です (キー番号のタイプが間違っています)。
不正なタイプのキー番号を指定しようとすると、このメッセージが返され
ます。キー番号を正しく入力していることを確認してください。
UCMGR-305: キー番号重複エラーです。同じキーを二度用いてユーザカウントを追加
することはできません。
ユーザカウントを増やすために既に使用しているキー番号を入力しようと
すると、このメッセージが返されます。キー番号を正しく入力しているこ
とを確認してください。
UCMGR-306: 既に適用されているディスケットキーです。同じディスケットキーを二
度用いてユーザカウントを追加することはできません。
既に適用されているフロッピーディスクベースのキーを適用しようとする
と、このメッセージが返されます。これまでに適用されていないフロッ
ピーディスクベースのキーを使用していることを確認してください。
2-88 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 88 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCMGR-307: ディスケットキーファイルが不正です。ファイル = xxxx (errno = nn)
無効なフロッピーディスクキーファイルが検出されると、このメッセージ
が返されます。別のフロッピーディスクキーファイルを使ってオペレー
ションを再試行してください。
UCMGR-310: シリアル番号同期エラー。有効なスタンプエリアが見つかりません。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-311: シリアル番号同期エラー。読み取られたスタンプエリアは不正です。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-312: シリアル番号同期エラー。読み取られた 1 つ以上のスタンプ番号で不一
致が生じました。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-313: シリアル番号同期エラー。ファイルの 1 つにスタンプ番号を書き込めま
せんでした。データベースエンジンがロードされていないか、あるいはファイルへのア
クセス権があるかどうかを確認してください。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
メッセージ 2-89
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 89 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
UCMGR-314: シリアル番号同期エラー。ファイルは記入されていませんが、ユーザカ
ウントキーファイルは存在します。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-315: シリアル番号同期エラー。キーファイルのスタンプ番号が他のファイル
のスタンプ番号と一致していません。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-316: シリアル番号同期エラー。ファイルは記入されていますが、ユーザカウ
ントキーファイルが存在しません。ユーザカウントキーファイル (<プラットフォーム
の省略形>UCMGR.SYS) のバックアップコピーが作成してあれば、そのファイルを
データベースエンジンのディレクトリに復元してください。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-317: シリアル番号同期エラー。ユーザカウント移行の更新時に、有効なシリ
アル番号スタンプエリアが見つかりませんでした。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-318: シリアル番号同期エラー。ユーザカウント移行の更新時に、不正なスタ
ンプ番号が見つかりました。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
2-90 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 90 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCMGR-319: シリアル番号同期エラー。ユーザカウント移行の更新時に、1 つ以上のス
タンプ番号で不一致が生じました。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
第
2
章
確認してください。
UCMGR-320: シリアル番号の同期エラーです。
Scalable SQL コンポーネントのシリアル番号が一致しないと、このメッ
セージが返されます。Scalable SQL を正しくインストールしていることを
確認してください。
UCMGR-321: 以前 xxxx ユーザの移行を行い、今回 nn ユーザを移行しようとしました。
これは不正な操作です。以前に移行されたユーザカウントよりも少ないユーザカウント
を移行することはできません。
それまでに移行したユーザ数とは異なるユーザ数を移行しようとすると、
このメッセージが返されます。
UCMGR-401: ディスケットキーファイルが見つかりません。ファイル = xxxx (errno = nn)
存在しないフロッピーディスクベースのキーファイルにアクセスしようと
すると、このメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラー
の番号が errno=nn として表示されます。このエラー番号の定義については、
オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。フロッピー
ディスクベースのキーファイルが存在することを確認し、オペレーション
を再試行してください。
UCMGR-402: 不正なファイルパス名 = nn, ファイル = xxxx (errno = nn)
ファイルのパス名が無効であると、このメッセージが返されます。オペ
レーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示されます。この
エラー番号の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。パス名が正しいことと、適切なアクセス権を持ってい
ることを確認してください。
メッセージ 2-91
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 91 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCMGR-403: ファイルのモード変更エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
filename ファイルのファイル属性を変更しようとすると、このメッセージ
が返されます。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として
表示されます。このエラー番号の定義については、オペレーティングシス
テムのマニュアルを参照してください。メッセージで指定されたファイル
が既にオープンされていないことと、このファイルにアクセスするための
適切なアクセス権を持っていることを確認してください。
UCMGR-404: ファイルオープンエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
このメッセージは、filename ファイルをオープンしようとするときに返さ
れます。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示さ
れます。このエラー番号の定義については、オペレーティングシステムの
マニュアルを参照してください。ディスクがいっぱいになっていないこと
と、メッセージで指定されたファイルにアクセスするための適切なアクセ
ス権を持っていることを確認してください。このエラーが発生するときは、
データベースエンジンがロードされていないことも確認してください。
◆ Netware では、次のコマンドをサーバコンソールで実行します。
sqlstop
bstop
◆ Windows NT では、次のコマンドを Scalable SQL コンソールで実行し
ます。
SSQL_v4.0> quit
UCMGR-405: ユーザカウントキーファイルの書き込みエラーです (errno = nn)。
ユーザカウントキー (UCMGR.SYS) への書き込みを行おうとすると、この
メッ セー ジが 返さ れま す。 オペ レー ティ ング シス テム エラ ーの 番号 が
errno=nn として表示されます。このエラー番号の定義については、オペ
レーティングシステムのマニュアルを参照してください。
2-92 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 92 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCMGR-406: ファイルの書き込みエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
filename ファイルへの書き込みを行おうとすると、このメッセージが返さ
れます。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示さ
れます。このエラー番号の定義については、オペレーティングシステムの
マニュアルを参照してください。ディスクがいっぱいになっていないこと
と、メッセージで指定されたファイルにアクセスするための適切なアクセ
ス権を持っていることを確認してください。
UCMGR-408
ユーザカウントキーファイルの読み取りエラーです (errno = nn)。
このメッセージは、ユーザカウントキーファイル (UCMGR.SYS) を読み込
もうとするときに返されます。オペレーティングシステムエラーの番号が
errno=nn として表示されます。このエラー番号の定義については、オペ
レーティングシステムのマニュアルを参照してください。ディスクが壊れ
ていないことを確認してください。ディスクが壊れている場合は、Scalable
SQL を再インストールします。
UCMGR-409: ファイルの読み取りエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
このメッセージは、filename ファイルを読み込もうとするときに返されま
す。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示されま
す。このエラー番号の定義については、オペレーティングシステムのマ
ニュアルを参照してください。メッセージで指定されたファイルが壊れて
いないことを確認してください。ファイルが壊れている場合は、Scalable
SQL を再インストールします。
UCMGR-410: 予期しない EOF に遭遇しました。ファイル = xxxx (errno = nn)
このメッセージは、filename ファイルを読み込もうとするときに返されま
す。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示されま
す。このエラー番号の定義については、オペレーティングシステムのマ
ニュアルを参照してください。メッセージで指定されたファイルが壊れて
いないことを確認してください。ファイルが壊れている場合は、Scalable
SQL を再インストールします。
メッセージ 2-93
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 93 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
UCMGR-411: ファイルシークエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
このメッセージは、filename ファイル内をシークしようとするときに返さ
れます。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示さ
れます。このエラー番号の定義については、オペレーティングシステムの
マニュアルを参照してください。ディスクがいっぱいになっていないこと
と、メッセージで指定されたファイルにアクセスするための適切なアクセ
ス権を持っていることを確認してください。
UCMGR-412: ファイルの削除エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
このメッセージは、filename ファイルとのリンクを解除しようとするとき
に返されます。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として
表示されます。このエラー値の定義については、オペレーティングシステ
ムのマニュアルを参照してください。メッセージで指定されたファイルに
アクセスするための適切なアクセス権を持っていることを確認してくださ
い。
UCMGR-413: ファイル名の変更エラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
このメッセージは、filename ファイルの名前を変更しようとするときに返
されます。オペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示
されます。このエラー値の定義については、オペレーティングシステムの
マニュアルを参照してください。メッセージで指定されたファイルにアク
セスするための適切なアクセス権を持っていることを確認してください。
UCMGR-415: DOS パーティションサービスが存在していません。
このメッセージは NetWare プラットフォームだけで使用されます。ユーザ
カウントフロッピーディスクキーファイル (UCMGR.KEY) にアクセスしよ
うとしたときに、DOS パーティションサービスが NetWare 内に存在しない
と、このメッセージが返されます。NetWare サーバをリブートし、DOS
パーティションサービスが存在することを確認してください。
2-94 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 94 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCMGR-416: DOS コピーエラーです。User Count Manager はディスケットキーファイ
ルをコピーできません (errno = nn)
こ の メ ッ セ ー ジ は NetWare プ ラ ッ ト フ ォ ー ム だ け で 使 用 さ れ ま す 。
NetWare 上 で ユ ー ザ カ ウ ン ト フ ロ ッ ピ ー デ ィ ス ク キ ー フ ァ イ ル
(UCMGR.KEY) にアクセスできないと、このメッセージが返されます。オ
ペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示されます。こ
のエラー値の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。有効なフロッピーディスクベースのキーファイルであ
ることを確認し、オペレーションを再試行してください。
UCMGR-417: DOS オープンエラーです。User Count Manager はディスケットキーファ
イルをオープンできません (errno = nn)
こ の メ ッ セ ー ジ は NetWare プ ラ ッ ト フ ォ ー ム だ け で 使 用 さ れ ま す 。
NetWare 上 で ユ ー ザ カ ウ ン ト フ ロ ッ ピ ー デ ィ ス ク キ ー フ ァ イ ル
(UCMGR.KEY) にアクセスできないと、このメッセージが返されます。オ
ペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示されます。こ
のエラー値の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。有効なフロッピーディスクベースのキーファイルであ
ることを確認し、オペレーションを再試行してください。
UCMGR-418: DOS 書き込みエラーです。User Count Manager はディスケットキーファ
イルの書き込みを行えません (errno = nn)
こ の メ ッ セ ー ジ は NetWare プ ラ ッ ト フ ォ ー ム だ け で 使 用 さ れ ま す 。
NetWare 上 で ユ ー ザ カ ウ ン ト フ ロ ッ ピ ー デ ィ ス ク キ ー フ ァ イ ル
(UCMGR.KEY) にアクセスできないと、このメッセージが返されます。オ
ペレーティングシステムエラーの番号が errno=nn として表示されます。こ
のエラー値の定義については、オペレーティングシステムのマニュアルを
参照してください。有効なフロッピーディスクベースのキーファイルであ
ることを確認し、オペレーションを再試行してください。
メッセージ 2-95
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 95 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
UCMGR-500: User Count Manager 初期化されていません。データベースエンジンをア
ンロードまたは中止してから、User Count Initialization ユーティリティ (UCINIT.EXE、
NTUCINIT.EXE、NWUCINIT.NLM) を実行してください。
サービスをリクエストする前に、ユーザカウントマネージャが初期化され
ていないと、このメッセージが返されます。
UCMGR-501: User Count Manager は既に起動しています。User Count Manager は同時
に複数のインスタンスを実行することはできません。
ユーザカウントマネージャが既に使用されていると、このメッセージが返
されます。しばらくしてからユーザカウントマネージャを使用してくださ
い。
UCMGR-502: User Count Manager はプラットフォームを特定できません。
ユーザカウントマネージャがオープンオペレーションの実行中に正しいプ
ラットフォームを決定できないと、このメッセージが返されます。
MicroKernel がターゲットディレクトリ内にあることを確認して、オペレー
ションを再試行してください。
UCMGR-503: 終了します。内部メッセージテーブルにアクセスできません。
このメッセージは NetWare プラットフォームだけで使用されます。ユーザ
カウントマネージャが内部メッセージテーブルにアクセスできないと、こ
のメッセージが返されます。ユーティリティが SYS:SYSTEM ディレクトリ
にインストールされていること、またはユーティリティをロードしたディ
レクトリがパス内に存在することを確認してください。
2-96 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 96 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCUTIL
ユーザカウントユーティリティのメッセージ
ユーザカウントユーティリティにより次のメッセージが生成されます。
UCUTIL-100: 異常終了しました。ステータス = nn
オペレーティングシステムまたはユーザカウントマネージャでエラーが発
生すると、このメッセージが返されます。このエラーを修復するには、
メッセージで指定されたステータス番号 (status = nn) を次のように使用し
ます。
◆ 返されたステータスが 7000 から 7099 の場合、エラーはユーザカウン
トマネージャに関連しています。コンソールでは、このメッセージの
すぐ上にユーザカウントマネージャのエラーに関するメッセージが表
示されます。詳細については、UCMGR メッセージを参照してくださ
い。
◆ 返されたステータスが -1 の場合、エラーはオペレーティングシステ
ムに関連しています。コンソールでは、このメッセージのすぐ上にオ
ペレーティングシステムエラーに関するメッセージが表示されます。
エラー番号の定義については、オペレーティングシステムのマニュア
ルを参照してください。
UCUTIL-201: キー番号の長さが不正です。
半角 16 文字ではないキー番号を入力すると、このメッセージが返されます。
Pervasive Software から提供されたキー番号を正しく入力していることを確
認してください。
UCUTIL-203: キーボード入力エラーです。
キーボード入力を行っているときにオペレーティングシステムエラーが発
生すると、このメッセージが返されます。キーボード入力オペレーション
を再試行してください。
メッセージ 2-97
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 97 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
UCUTIL-204: 製品コードが不正です。
無効な製品コードを入力すると、このメッセージが返されます。Btrieve の
製品コードは 1 で、Scalable SQL の製品コードは 2 です。
UCUTIL-205: ディスケットドライブの指定が不正です。
無効なフロッピーディスクドライブを指定すると、このメッセージが返さ
れます。有効なフロッピーディスクドライブを指定してください。
UCUTIL-400: ファイルが存在しません。ファイル = xxxx (errno = nn)
存在しないファイルにアクセスしようとすると、このメッセージが返され
ます。メッセージで指定されたファイルが存在することを確認して、オペ
レーションを再試行してください。
UCUTIL-404: ファイルオープンエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
ユーザカウントユーティリティが filename ファイルをオープンできないと、
このメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラーの番号が
errno = nn として表示されます。このエラー値の定義については、オペレー
ティングシステムのマニュアルを参照してください。ディスクがいっぱい
になっていないことと、メッセージで指定されたファイルにアクセスする
ための適切なアクセス権を持っていることを確認してください。
UCUTIL-407: ファイルの読み取りエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
ユーザカウントユーティリティが filename ファイルを読み込めないと、こ
のメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラーの番号が
errno = nn として表示されます。このエラー値の定義については、オペレー
ティングシステムのマニュアルを参照してください。メッセージで指定さ
れたファイルが壊れていないことを確認してください。ファイルが壊れて
いる場合は、それを削除して、ユーティリティを再度実行します。
2-98 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 98 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
UCUTIL-411: ファイルシークエラーです。ファイル = xxxx (errno = nn)
ユーザカウントユーティリティが filename ファイル内をシークできないと、
このメッセージが返されます。オペレーティングシステムエラーの番号が
errno=nn として表示されます。このエラー値の定義については、オペレー
ティングシステムのマニュアルを参照してください。ディスクがいっぱい
になっていないことと、メッセージで指定されたファイルにアクセスする
ための適切なアクセス権を持っていることを確認してください。
UCUTIL-503: 終了します。内部メッセージテーブルにアクセスできません。
このメッセージは NetWare プラットフォームだけで使用されます。
ユーザカウントユーティリティが内部メッセージテーブルにアクセスでき
ないと、このメッセージが返されます。ユーティリティが SYS:SYSTEM
ディレクトリにインストールされていること、またはユーティリティを
ロードしたディレクトリがパス内に存在することを確認してください。
メッセージ 2-99
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_2.DOC PAGE: 99 OF 99
LAST SAVED: 98/03/06 20:05 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:04
第
2
章
付録 A Btrieve v6.15 以降の変更点
これまで意味が曖昧だったいくつかのステータスコードが Btrieve v7.0 で改
善されました。ここでは、Btrieve v7.0 でより具体的なコードによって補足
されたステータスコードの一覧を示します。
ステータスコード 3 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 3 の代わりに次のステータスコードが
返されます。
3006: MicroKernel ルータが不正なセッションを検出しました。
ステータスコード 20 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 20 の代わりに次のステータスコード
が返されます。
2009: Btrieve リクエスタ: MicroKernel ルータコンポーネントをロードできません。
2010: Btrieve リクエスタ: サンクは実行できません - Win32 MicroKernel ルータが見つ
からないか、または互換性がありません。
3001: MicroKernel ルータに対してローカルアクセスは使用できません。
3003: MicroKernel ルータは互換性のないネットワークコンポーネントを検出しました。
3008: MicroKernel ルータの環境設定が不正です。
3009: NETAPI.DLL がロードされていません。
Btrieve v6.15 以降の変更点 A-1
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_A.DOC PAGE: 1 OF 3
LAST SAVED: 98/02/27 15:38 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:11
付
録
A
3010: NetWare API DLL がロードされていません。
3013: ネットワークコンポーネントがロードされていないので、リモートエンジンは
MicroKernel ルータにアクセスできません。
3014: MicroKernel ルータはエンジンを見つけられません。
3020: MicroKernel をロード中にエラーが発生しました。
3103: Pervasive ネットワークサービスレイヤはサーバ名を見つけられませんでした。
3104: Pervasive ネットワークサービスレイヤでパーミッションエラーが発生しました。
3105: Pervasive ネットワークサービスレイヤに使用可能な転送プロトコルがありませ
ん。
ステータスコード 75 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 75 の代わりに次のステータス
コードが返されます。
3108: Pervasive ネットワークサービスレイヤが不正なセッションを検出しました。
ステータスコード 91 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 91 の代わりに次のステータスコード
が返されます。
3106: Pervasive ネットワークサービスレイヤで接続に失敗しました。
3115: Pervasive ネットワークサービスレイヤで転送に失敗しました。
A-2 Status Codes and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_A.DOC PAGE: 2 OF 3
LAST SAVED: 98/02/27 15:38 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:11
ステータスコード 95 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 95 の代わりに次のステータスコード
が返されます。
3110: ネットワークレイヤは接続されていません。
3111: ターゲットサーバへの送信に失敗しました。
付
録
A
3112: ターゲットサーバからの受信に失敗しました。
ステータスコード 109 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 109 の代わりに次のステータスコード
が返されます。
3004: MicroKernel が MicroKernel ルータに応答していません。
3019: MicroKernel ルータでセマフォエラーが発生しました。
ステータスコード 2003 の代替
Btrieve v7.0 では、ステータスコード 2003 の代わりに次のステータ
スコードが返されます。
3012: ローカルエンジンは MicroKernel ルータへのアクセスが可能になっていません。
Btrieve v6.15 以降の変更点 A-3
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M_A.DOC PAGE: 3 OF 3
LAST SAVED: 98/02/27 15:38 BY: JUNKO OKUMURA
PRINTED: 98/03/09 13:11
索引
A
MicroKernel ルータ
ステータスコード 1-168
API 正常終了ステータスコード 1-10
MKDE 2-32
B
BDROUTER 2-6
N
BREQUEST 2-8
NetWare
Btrieve サーバ通信マネージャのメッセージ
BREQUTIL 2-11
2-60
BROUTER 2-12
Scalable SQL サーバ通信マネージャのメッ
BSPXCOM 2-13
セージ 2-62
BTCPCOM 2-16
NWBSRVCM 2-60
Btrieve
BUTIL 2-21
NWSSRVCM 2-62
SPX 通信モジュールのメッセージ 2-13
TCP/IP 通信モジュールのメッセージ 2-16
S
メッセージルータのメッセージ 2-12
Scalable SQL
メンテナンスユーティリティのメッセージ
SPX 通信マネージャのメッセージ 2-64
2-21
TCP/IP 通信マネージャのメッセージ 2-81
リクエスタのステータスコード 1-148
インタフェースコンポーネントのステータス
リクエスタのメッセージ 2-8
コード 1-151
リモート通信マネージャのメッセージ 2-6
エンジンのステータスコード 1-65
エンジンのメッセージ 2-68
M
その他のステータスコード 1-157
MicroKernel Database エンジン
SSPXCOM 2-64
ステータスコード 1-11
SSQL 2-68
メッセージ 2-32
STCPCOM 2-81
MicroKernel のステータスコード
DOS ワークステーションに対する 1-143
U
OS/2 に対する 1-143
UCINIT 2-85
Windows ワークステーションに対する 1-143
UCMGR 2-88
索引 1
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M 索引.DOC PAGE: 1 OF 2
LAST SAVED: 98/03/09 12:04 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:04
UCUTIL 2-97
メ
メッセージ 2-1
イ
Btrieve SPX 通信モジュール 2-13
一般的なメッセージ 2-3
Btrieve TCP/IP 通信モジュール 2-16
コ
Btrieve メンテナンスユーティリティ 2-21
Btrieve メッセージルータ 2-12
Btrieve リクエスタ 2-8
コンポーネント管理
Btrieve リモート通信マネージャ 2-6
ステータスコード 1-186
MicroKernel Database エンジン 2-32
NetWare Btrieve サーバ通信マネージャ 2-60
シ
NetWare Scalable SQL サーバ通信マネージャ
情報ステータスコード 1-3
2-62
Scalable SQL SPX 通信マネージャ 2-64
ス
Scalable SQL TCP/IP 通信マネージャ 2-81
ステータスコード 1-1
Scalable SQL エンジン 2-68
範囲 1-1
一般的な 2-3
ユーザカウント初期化ユーティリティ 2-85
テ
ユーザカウントマネージャ 2-88
データベース名関数
ユーザカウントユーティリティ 2-97
リクエスタユーティリティ 2-11
ステータスコード 1-160
メッセージグループ 2-2
ネ
ネットワークサービスレイヤ
ステータスコード 1-174
ユ
ユーザカウント初期化ユーティリティ
メッセージ 2-85
ヒ
ユーザカウントマネージャ
ステータスコード 1-179
表記の規則 ix
メッセージ 2-88
フ
ユーザカウントユーティリティ
メッセージ 2-97
プレフィックスなし 2-3
ホ
本書について vii
本書の構成 viii
2 Status Code and Messages
TONBO: W 176 × H 227
FILE NAME: C&M 索引.DOC PAGE: 2 OF 2
LAST SAVED: 98/03/09 12:04 BY: MARIKO WATANABE
PRINTED: 98/03/09 12:04
リ
リクエスタユーティリティ
メッセージ 2-11
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
35
File Size
1 421 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content