close

Enter

Log in using OpenID

560号 7月発行 - 東京慈恵会医科大学同窓会

embedDownload
佐野
雄太 (
眼科)
阿部
俊昭 (
脳 神 経外 科 )
募金事務局
お問い合わせは
℡0120︱541︱570
・リサーチ ・センターとし
授︶が平成八年にハイテク
︵フリーダイヤル︶
平成十三年度文部科学省 的要請の強い先端的な技術
私大整備事業 ハイテク ・リ 開発と基盤的な学術研究を て、次いで平成十二年より
サーチ ・センターとして、 目的とする事業であり、オ バイオベンチ ャー研究開発
総合医科学研究センター高 ープン事業とは、本年度か 拠点整備事業として選定さ
次 元医用 画像工学 研究所 らの新規事業で、外部から れ研究設備 ・施設整備が進
︵国領 ・狛江キ ャンパス/ の多様な人材を受け入れ、 められている。
この整備事業では国と大
所長 ・鈴木直樹助教授︶が 研究成果を広く公開するな
﹁医用バーチ ャルリアリテ どオープンな体制の下に、 学がほぼ半分づつ資金を負
ィ ︵VR︶による医学 ・工 先導的 ・独創的な研究と高 担して研究設備 ・施設を整
学連携体制での新治療法の 度な人材の養成を 一体的に え、五年間で 一定の成果を
5. 脳 動 脈 瘤 の 血 管 内 外科
振 興基 金 大 口寄 附
東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 生涯 教 育 セ ン タ ー
TEL 34
33− 1111 (
内 線 2634)
指定を受けて、それぞれ新
たな研究設備 ・施設が整備
されることが決ま った。
﹃
病 人 を 診 る﹄
沼
俊
サ イ エン スの構 築 を
︵
昭 60︶ 勝
業績も重要であることは、無論
学としての観点から、臨床と健
は、 一体どのくらいおられるで る場を望みます。そして医科大
し ょう。
に実践されているといえるでし 動が要求されています。
︵
投稿 ・小児科 ・国立小児病院
ょうか?崇高 なこ の言葉自体
そうした要求に応えるため、 アレルギー科︶
﹃論 壇 ﹄投 稿 の お 願 い
字数 一二〇〇字以内で、原稿
願いいたします。
会、並びに支部の寄附をお
ずる
︵
整形外科︶
助教授 ︵但し派遣中︶を命
講師 ︵非常勤︶勝又壮一
理事長在任中︶
︵
日本レーザー内視鏡学会
客員教授を任命する
鈴木博昭
学内掲示7月1日付
限られた外来診療時間におい 康に関わる実践心理学探求の場
て患者 ・家族の不安を的確に見 になればと願います。
﹁
本郷 ︵
東大︶の学理、芝 ︵慈
抜き、信頼関係を速やかに構築
するためには、どのような診療 恵︶の実地﹂とはその昔、本学
慈恵を中心に ﹁病人を診る﹂
す。国民のニーズに全く逆行し の根本は ﹁
病人を診る﹂医療に ば、より力強い支援となるので 地医学﹂であると考えます。
違いありません。病を診る医術 し ょう?臨終における家族の心
この現実の中で、私たち慈恵 と、病人を診る医術と、両者を 理状態と はいかなるも のであ サイ エンスを構築し普及するこ
た現象といえます。
でしょう?等々、全ての診療科 臨床医学をリードできると信じ
しかるに今日、私たち慈恵人 において、より具体的かつ高い ています。慈恵人に課せられた
な 医 療 を それこそが、﹁病
pを
a診
tずiし
eて
n病t−
まo
しr
ょi
うe
。nted
上 ・権威志向の風潮に流されず 人の果たすべき使命は何か?、 兼ね備えてこそ慈心妙手といえ り、我々はいかに臨むべきなの とにより、二十 一世紀の良質な
︵
インパクト ・ファクター︶至
現代風に解釈すれば、﹁研究
ります。
﹁病気を診ずして病人を診る﹂ 評価 ・期待され、臨床診療科の あると同時に、
心ある医療です。 技術が必要でし ょう?難病と対 の医学を椰楡した言葉と聞いて
精神は、申すまでもなく私たち 主任教授に就任するという現象 軽症の患者さんであれ、重病の 峙したとき、各人の医療哲学に おりますが、二十 一世紀に求め
東京慈恵会医科大学の校是であ が現 実に進行し ているようで 患者さんであれ、期待する医療 どのよ うな 診療技術を重 ねれ られる医療はまさに究極の ﹁
実
雄
ちなみに今回のハイテク は、 一億七千三百万円が初 発展させるため国が大型の 際競争力を高めることに最 わりはなく、本年も二つの
このたび、左記の通り振
ター臨床医学研究所 ︵柏キ るための政策として行われ
ャンパ ス/所長 ・高橋 弘 ている私大整備事業の 一環 の研究事業経費としては、 年度に予定されており、研 予算を獲得する 一方、これ 終目標がある。従 って成果 大きなプ ロジ ェクトを獲得
基興
金に対し大口の寄附が
教授︶が ﹁バイオセンサー で、本学では既に総合医科 五研究 機器で 三億八千万 究経費は今年度を含めて研 を産業界との連携、所謂産 の期待できる効果的な研究 できたことを賞賛するとと あ った。
一〇万円
システムの開発と治療 への 学研究センターDNA医学 円、施設改修は、八千八百 究進 捗に合わ せ て決 めら 学共同の方策を使 ってより に資金が偏 って振り分けら もに、大いにこの成果を期 世田谷支部
埼玉支部
一〇万円
応用ほか﹂研究で選択され 研究所 ︵所長 ・大野典也教 万円、オープンの研究事業 れ、その半分が補助される。 力強く発展させ、この成果 れる傾向は否めないが、何 待したい。
★ひき続き、個人、クラス
得ようとするものである。
開発﹂研究で、 一方、オー 推進する事業である。
これらは、国の科学研究 従 って大学も多くの資金を 経費としては、三研究機器
これらは、科学立国日本 を産業界にフィードバ ック れにせよ私大にと って大き
プン ・リサーチ ・センター
で七千三百万円、施設改修 の基礎及び応用科学研究を して、産業を活性化し、国 なチ ャンスであることに変
として総合医科学研究セン 分野での国際競争力を強め 要することになる。
場 所: 東 京慈 恵 会 医 科 大 学 高木 2号 館 南 講 堂
テ ー マ: 最 新 の 診 断 と治 療
司 会: 多 田 信 平 (
放射線部)
1. 肝 ・胆 ・膵 の 画 像 診 断
戸﨑 光 宏 (
放射線部)
2. 逆流 性 食 道 炎 の 病 態 と鏡 視 下 治 療
小村 伸朗 (
外科)
3. 肥 満 の 薬 物 治 療
でし ょうか。遺伝子研究も研究 の ﹁
病人を診る﹂医療は、十分 レベルの問診力 ・説明能力 ・行 重要な使命と考えます。
心掛けよう﹂という意味でしょ 人を診る﹂精神の発揮ではない
う。
我が国の高度医療機関が遺伝
子研究に偏重している今こそ、 のことです。しかしながら最も
は、骨の随まで叩き込まれたも ﹁病人を診る﹂理論と技術を系
のの、その実践は各人の良心と 統的に修得できるようなシステ
学祖高木兼寛のこの言葉は、我 大切な医業とは、医療に対する
センスに頼 っている、というの
ムが、医療心理大学院のような
々慈恵人の使命を改めて問い質 社会の期待と要求を認識し応え
お 気 軽 に ウエ ル クリ ニ ック ス に ご 照 会 くだ さ い 。
開 催 日:平 成 13年 8月 25日(
土)
午後 3時 ∼ 6時 30分
している のではないでし ょう てゆくこと、すなわち ﹁
病人を
を見据 えた ク リニ ック経 営 を ご提 案 します 。
第 22回 慈 恵 医 大 夏 季 セ ミナ ー
(
日本医師会生涯教育講座)
か。 一部の大学医学部では大学 診る﹂医学の確立と普及と思い が現実ではないでしょうか。私 形で是非学内にあ って欲しいと と共に最新のお写真もお送り下
し い 物 件 情 報 は 、つ ど更 新 さ れ ま す 。
ハ イ テ ク ・リ サ ー チ ・セ ン タ ー ,四 次 元 動 作 計 測 室
れば、求めるものは先端医療で 足を得ている患者さん ・ご家族 学生だけでなく、卒業生も学べ でお問い合わせ下さい。
ク リニ ックの開業 ・運営 支援 は
SRLグルー プの新 しい事 業で す。
地 域 分析、近 隣 の医療 機 関等の 分析 を通 じ、将 来
発行所 慈恵 医大 同窓会
東 京都港 区西新 橋
3− 25− 8
電 話 03(
3431)6 9 7 1
編集発 行人 小 田 泰治
院大学化の中で、臨床経験を欠 ます。患者側の立場で考えてみ たちの日常医療に対し十分な満 思います。医学科 ・看護学科の さい。詳細については事務局ま
も ご 案 内 で き ます 。 ク リニ ッ ク の 立 地 に ふ さ わ
会 費 年 額 6,000円
(
購 読 料 1,200円 含 )
く医学者が基礎研究業績だけを
年齢構 成 、罹患 率 、将 来の地 域計 画動 向 な どの
SRL
★ 次 回 は 「内 装 計 画 」に つ い て お知 らせ します 。
http ://w el
l
cl
i
ni
cs.
com
局
医
Cl in ic s
し、 駅 ビ ル や シ ョ ッ ピ ン グ モ ー ル な どの 好 立 地
バーチャル
要で す。ウエ ルクリニ ックスでは、診療 圏の人 口 ・
設備 ・
物 品供 給
危機 管理
広 報
や 大 手 流 通 各 社 と の 緊 密 な ネ ッ トワ ー ク を 活 か
内装
WeLL
材
応 じた診療 圏 の現状 と将来 を把 握す るこ とが重
人
クリニックの開 業 ・運 営 を支 援 する
事業計画
ウエ ル ク リニ ック ス 株式会社
〒 160−
0022 東 京 都 新 宿 区 新 宿 3−25−1新 宿 富 士 ビ ル 7F TELO3−
5379−4114 htt
p://
wel
l
cl
i
ni
cs.
com
◎ お 問 い合 わ せ は
(
送料 込 )
6,
000円
頒価
資 金
ま た 、物 件 情 報 につ き ま し て は、電 鉄 ・運 輸 各 社
も交 付 致 し ます 。
〒105−8461 東 京 都 港 区 西 新 橋 3− 25− 8
現在 ’
01年 版 会 員 名 簿 を 作 成 中 で
す 。今 秋 末 発 行予 定 で す ので 、 同
窓 会 事 務 局 ま で お 申 し込 み 下 さ い 。
経 理 関連
シ ステ ム
提
供
クリニ ック経営 を成 功 させ るに は、診 療科 目に
豊 (
臨床 研 究 セ ン タ ー開 発 臨床 部 )
竹内
4. 近 視 の 治 療
毎 月 1回 25日発 行
購 読 料 一 部 100円
論壇
運 営支 援
開業支援
「街 の 若 き名 医 の 輩 出 」を 、最 適 な 立 地 で サポ ー ト。
出席 希 望 の 方 は ハ ガ キ に住 所 、氏 名 、電 話 、所 属 医師 会
を記 入 して 7月31日迄 に下 記 に お申 込 み 下 さい 。受 講 者 に
は「
証 」を発 行 、「日本 医師 会 生 涯 教 育 講 座参 加証 (
シ ール )」
’
01年 版 会 員 名 簿
ハイテク事業とは、社会
ハ イ テ ク ・リサ ー チ ・セ ン タ ー ,バ ー チ ャ ル リ ア リテ ィ (
VR)実 験 室
第 5 6 0号
昭 和 32年 9月 12日
(
第 三種 郵 便 物認 可 )
聞
新
大
慈
(
平 成 1 3年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
(1)
新規ハイテク・リサーチ・センター
オープン・リサーチ・センター整備事業決まる
診 療 活 動 の全 面 的 な支 援 を通 じて、地 域 に根 ざ した 医療 の 向上 に貢 献 します。
司会のことば
放射線部 多田信平
満、近視、脳動脈瘤と、ほ
ぼ全身を網羅するこれらの
病態について最先端の知識
を 一堂でうかがう、またと
ない機会であります。各領
今夏の生涯教育セミナー す。対象とする病態はすべ 域のエキスパートはあくま
肥満の薬物治療
がI
27㎏/㎡以上に使用さ
臨床研究センター開発臨床部
竹内 豊
肥満の薬物治療は食事療
ンドール ︵
サノレ ックス︶
本邦では食欲抑制薬 マジ
分な場合に行われる。
日0㎎
.か
5ら最高1㎎
.ま
5で投
近視の治療
確認されている。
欧米では脂質吸収阻害薬
います。
今回は現在国内外で最も
東京慈恵会医 ど平坦な病変を切除する
-situ keratom科大学附属病院 ことになるため、予め粘
内視鏡部 成 宮 徳 親
早 期 胃 癌 の内 視 鏡 治 療
in
における早期胃 膜の下に生理食塩水など
手術方法とその長所 ・短所
五十例が内視鏡的に治療 除方法には三種類ある。
る。うち 一二〇例は外科 ある癌の部分を切除する
︶をt
中e
心c
にt
、o
各my 的に手術され、残りの約 方法がとられる。この切
︶とi
Pl
Re
Ku︵レ
sー
is
癌症例は年間約 を注入して病変部位を隆
p:
hotorefractive keraザー屈折矯正角膜切除術
一七〇例を数え 起させ、その後、表層に
a:
sl
er
ーザー角膜切削形成術
︵
レL
ーA
シSッ
I
クKレ
も使 用され てo
いrl
盛ん
iに
s行
tわ
aれ
tている、近視
bs
ui
tramine
る。本 邦におい ても、
に対する エキシ マレーザー
やorliが
stat
角膜 屈折矯 正手術、特 に
使用可能となり、肥満症治
療の選択肢が増えることが
望まれる。
眼科 佐野雄太
間までの有効性 ・安全性が
は ﹁最新の診断と治療﹂を て、日常目に触れ耳にする でも 一般医向けに講義され 法 ・運動療法で効果が不十 れる。二重盲検試験で二年
いまだ残暑のなか、週末
テー マと して 開催されま ものばかりであります。た る予定であります。
とえ専門外であ っても、医
師としてその最新の診断と の午後でありますが、必ず
与可能である。本邦におけ
治療の動向には注意を払わ や実りの多いセミナーにな が使用されている。本剤 一
ざるをえません。肝 ・胆 ・ ることと確信いたしており
されている。
二チ ャンネル法。二つ目
型腺癌で、隆起型では径 プを装着し、病変部を吸
は潰瘍合併のない高分化 は内視鏡の先端にキ ャッ
療の適応となる早期胃癌
これまで、内視鏡的治 いた電子内視鏡を用いる
一つは二つの鉗子孔がつ
についてご報告させていた
脳動脈瘤の血管内外科
となる術式は細分化されて
近視 ・遠視 ・乱視とい っ 視のいずれかにより、適応 だきます。
た。本剤の適用は、肥満度 屈折矯正手術が、近年わが
較して2.の
2体
㎏重減少だ っ た屈折異常を手術でなおす
投与︶では、プラセボと比
る二重盲検試験 ︵十二週間
膵疾患、逆流性食道炎、肥 ます。
肝・胆・膵の画像診断
放射線部 戸崎光宏
70%以上又はBMIが35㎏ 国でも注目を集めておりま
/㎡以上の高度肥満者に限 す。
脳神経外科 阿部俊昭
くも膜下出血の原因とな 視下に開頭せず血管の中か
である。当内視鏡部では
フを用いた方法を用いて
の治療法はまたたくまに世
る。未分化型癌は範囲が 的に対応することができ
合も適 用と なり つつあ があるが、いずれも保存
があ っても50以
0内
μの
m粘 で行 っている。合併症と
膜下浸潤癌 ︵s
癌m
︶の場 しては出血、胃穿孔など
とどまる高分化腺癌は適 いる。これらの治療は 一
を伴 っていても粘膜内に
の適応となる早期胃癌の
インでは、内視鏡的治療 沿 って切除していく方法
縁体が ついたナイフ ︵IT
出された最近のガイドラ ナイフ︶で病変の辺縁に
20 ㎜以下、陥凹型では径 引し切除する吸引法。ま
10 ㎜以下の粘膜内癌 ︵m た三つ目は国立癌センタ
癌︶に限られていた。し ーで開発された先端に絶
近年の画像診断機器の進 で可能とな った。CTでは 定されている。
現在、屈折矯正手術の主
歩は著しく、さまざまな領 検出器を体軸方向に複数そ
欧米では、食欲抑制作用 流は、種々の治療法で角膜
域において画像診断手順が なえ た多列検 出器型 CT と軽度の エネルギー消費促 の形状を変化させる角膜屈
進作R用
折矯
a正
-手術ですが、有水晶
︵Multidetector
oを
w有するsibutr
範囲は広大し、潰瘍瘢痕 主として吸引法とITナイ
かし、日本胃癌学会から
てきている。肝 ・胆 ・膵の
広く用
mい
iら
nれ
eてい 体眼に眼内レンズを挿入す る脳動脈瘤の治療目的は、 らカテーテルを用いて、脳
︶が急
C速
Tに
:MD-CがT
領域も例外ではなく、新し 普及しており、高速かつ広 る。本 剤 はB MIが 30㎏ る方法も徐々に試みられる その破裂予防である。この 動脈瘤内部に金属でできた
い診断技術により精度の高 範囲の精密スキ ャンが可能 /㎡以上、又はリスクフ ァ ようにな ってきています。 目的を達成するため、これ 塞栓物質 ︵GDC
コイル︶
応となり、また粘膜浸潤 週間から十日間の入院下
従来に比べて大きく変わ っ
い画像診断 がなさ れてい とな った。また、MRIも クター ︵高脂血症や糖尿病 治療する 屈折 異常の程度 までは開頭し手術用顕微鏡 を留置し、血流を遮断する
従来にくらべて高速、高分 など︶を有する場合はBM や、症例が近視、乱視、遠 下に動脈瘤頚部に金属クリ 画期的な手術方法がカリフ
ォルニア大学ロサンゼルス
る。
界中に広がり、現在は開頭
校において開発された。こ
術が困難な症例や未破裂動
不確実なこと、早期に胃 る。出血については殆ど
潰瘍瘢痕を伴うことなど 内視鏡 的止 血で対 処で
ップをかける動脈瘤クリ ッ
超音波検査では、古典的 解能撮像が可能となりその
なBモード超音波検査に加 有用性が発揮されている。 とはせず、肝 ・胆 ・膵とい が、近年では鏡視下に施行 ピング術が広く行われてき
えて病変の血流を観察する
今回は ﹁最新の診断と治 う重要な上腹部領域におけ することが可能となり、良 た。しかし、動脈瘤の大き
ドプラ法や、超音波造影剤 療﹂がテー マであるため、 る各モダリティの最新技術 好な初期治療成績が報告さ さや部位、患者の状態によ
れている。また鏡視下手術 っては治療の利益より治療
を使用した検査もここ数年 個々の疾患を取り上げるこ の功績を概説する。
の contra-indi
自c
体a
の危
t険
i性
oの
n方が高い場 脈瘤など動脈瘤全体の約20
とされていた短食道、食道 合もあり、より低侵襲でよ %の症例がGDCによ って
から適応外とされていた き、穿孔をおこした場合
閉鎖するか、胃管を挿入
が、各施設から径20 ㎜以 でも穿孔部をクリ ップで
〒 135−
8625 東 京 都 港 区 台 場 1−
9−
1
http://w w w .
h otel
oku ra.
co.jp
ホ テル日航東京
〒 105−
0001 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 2−10−
4 TEL.
(03)3582−
0lll
TEL.03−5500−5510(
直通)
栗原重雄
販売部 浜 田 忠 男
東京慈恵会医科大学担当国内セールス課
東 京 バ ル コニ ー
オ ーク ラ
ホ テル
炎 があ る。Helicob外
a科
c治
t療
-効果の判定に活用 術式選択の目安となる。
下、粘膜内癌、潰瘍瘢痕
う。
ない粘膜内に留まる未分 〇年より約三五〇例の早
びに痛感させられることが
大学側は常に理想の医師
化型癌にも最近適応が拡 期胃癌に対する内視鏡治
当内視鏡部では 一九九
像を学 生の目 前に写し出
することが可能である。
ある。私達学生のモチベー
し、それに到達するに十分
リンパ節転移がないこと
シ ョンの低さである。学生
が報告され、潰瘍瘢痕の
けるモニター数の増加や試 の大半が供給されたものを
いる。
大され つつある。 一方、 療を施行し良好な成績を
部の組織型、脈管侵襲、
なカリキ ュラムで学生を指
をただ需 要する のではな
これらの癌を内視鏡的
なることもある。
後に追加胃切除が必要と
浸潤程度で内視鏡的治療
癌のs
場m
合は粘膜下浸潤 得、さらに症例を重ねて
このように毎年の懇談会 う意見が多数出てくる。医
意味を見出せないなどとい 想の医師像 へ少しずつステ
ップア ップしていく位の心
く、むしろ踏み台にして理
導している。学生側はそれ
信
を伴わない未分化型癌は して減圧することで閉鎖
通
除 菌治 療後の e
l食
o道
r内
i圧検査
でr
きるp
。y
また
り安全
逆流性食道炎に対する外 狭窄に対する Collis
Nな治療法が模索され 治療されている。この治療
手術 も施i
行s
可s
能e
なnてきた。
10−15%の症例に本疾患が は逆流のメカ ニズムの解析 科 治療 とし てはNissen
成績と 問題点 につき述べ
発生するということからも と病態診断に有用であり、 噴門 形成術 が有名で ある 段階とな った。
一九九〇年レントゲン透 る。
生
GERD
教学委員に伝え、また、先
に切除する際、Ⅱc、Ⅱaな
(
03)3 2 2 4 −6 6 0 0
ご用 命 は私 ヘ …
ダ イヤ ル イン
皆 様 の 心 に残 るひとときとなるよう
お 手 伝 い致 します 。
ご用 命 をお 待 ち申し上 げ て お ります 。
学 会 ・同 窓 会 ・ご 婚 礼 ・ご 宿 泊
ご婚 礼 、ご宴 会 、ご宿 泊 、ご会 食 、出張 宴 会 の
診療メモ
話題を集めている。診断は
内視鏡により比較的容易に
学
negative
教 学 委 員 と の懇 談会 を 終 え て
行 え る が、endoscopy
では
特殊検査が必要である。食
逆流性食道炎の病態と鏡視下治療
外科 小村伸朗
学生会では懇談会に備え 生方は学生側の要望を把握
で
学
生
は
先
生
方
に
い
ろ
いろ 学を学ぶ前向きな姿勢があ 行きを持たなければいけな
事前にアンケートを作成す し今後の参考とすることが 要請するのであるが、
毎年、 れば、自ずと授業に対する いと考える。
る。アンケートの内容は講 できる。実際、実習室にお 学生側の要望をまとめるた 興味や意味を見出せると思 ︵学生委員長馬場あゆみ︶
である。
道内pH モ ニタリ ング 検
験日程、実習のスタイル、 ただ需要しているように思
生活様式や食生活の欧米 査は酸逆流の程度を客観的
先日、第 一回教学委員会 義や実習、試験や施設など Ul棟における学生専用ラ える。このことを象徴する
化にともない増加している に数値として算出すること と学生会委員の懇談会が行 学生生活についてである。 ウンジの設立など懇談会で かのように、この授業は興
疾患のひと つに逆流性食道 が可能であり、薬効評価、 われた。これは毎年 二回、 懇談会においてアンケート 提案された案が取り入れら 味が湧かない、この実習に
学生会主催で行われるもの により得られた学生の声を れ具体化されている。
第22回慈恵医大夏季セミナー開催
8月25日(土)午後3時∼6時30分・高木2号館南講堂
テーマ「最新の診断と治療」
(2 )
(平 成 1 3 年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
聞
新
大
慈
(
第 三 種郵 便 物認 可 )
第 5 6 0号
川口良人客員教授を会長に
日本腎臓学会学術総会開催
一般演題は全国から七九
と五つのワークシ ョップが
先 生が 細胞
n周
k期
land
として関連
i領
e域
nを
ce
advances
プ ログラムに組み込まれ、 に つい て講演し た。 更に
カ ッシ ョンが続いた。
各会場とも白熱したデ ィス
特別講演は ﹁
生と死のユ 含めた最先端の話題につい
八題の応募があり、そのう ーモア﹂と題し上智大学文 て七つの教育講演が行われ
ちパネル形式の口演発表は 学部人間学研究室のアルフ た。本会は参加者が三八〇
四十五セ ッシ ョン、ポスタ ォンス ・デーケン先生によ 〇名を越す盛会となり二十
一世紀最初の学術総会を記
澤
穣
治
カ リ フ ォ ル ニ ア大 学 よ り
外科学 吉
病棟から見える夜景が、 前後で超音波診断された先 研究である。
in
に伴う
S間
L質E性膀胱炎 となどが述べられた。続い
う演題で、第五十五回内科 エリテマトーデス ︵SLE︶ の典型的症状を欠くものも
renal scグランドカンファレンスが と 診断さ れ、膀胱 萎縮は 多いため診断に苦慮するこ
開催された。担当はリウ マ
チ膠原病内科であ った。
であるループス膀胱炎と診 て金月医師がループス膀胱
金月勇、大林豊医師 ︵リ 断後ステ ロイド治療を開始 炎に対する治療法について
ウ マチ膠原病内科︶の司会 され、膀胱容量は著明に改 過去の報告例を交えて解説
で進められた。まず吉田健 善し尿回数も減少したとい した。第 一選択はステロイ
ド剤であり多くの症例で著
医師︵リウマチ膠原病内科︶ う症例が呈示された。
続いて、岸本幸 一医師︵柏 効するが、治療が遅れると
より長年原因不明の腹痛と
科医が集ま ってきており、 コはより 一層いい町になる 胱炎の特徴および診断につ と共に、まず患者の訴えを
羊の実験の際、多国籍チー と考えられている。胎児治 いて大林豊医師 ︵リウ マチ よく聞き身体所見を詳細に
娠羊が主である ︶の実験を である。そしていろいろな られた。
ことがあるため、ループス
行 っている。当センターに 国のいい所を取り入れるこ
次に、リウ マチ膠原病内 膀胱炎を早期に診断するた
は同じ志の世界中の小児外 とによ ってサンフランシス 科の立場から、ループス膀 めには本疾患を念頭に置く
メイン会場はほぼ満員とな 念するものとな ったが、ま
頻尿に悩まされてこられた 病院 ・泌尿器科 ︶より、間 不可逆的萎縮膀胱となり人
る盛況であ った。招聘講演 た将来への腎臓病学におけ
去る七月九日(午
月後
)六時 二十四才女性が、膀胱造影 質性膀胱炎についての解説 工膀胱造設を要する例もあ
はカリ フ ォル ニア大 学の る教育 ・研究 ・臨床におけ 三十分より南講堂において にて著明な膀胱萎縮と膀胱 と萎縮膀胱に対する外科的 ることを示した。
先 生が生 体膜
Veる
r展
k望
mをa提n
起したことを含 ﹁ステロイド療法により外 容量の低下を認めたため人 治療法についての解説がな
最後 に山 田昭夫教 授よ
と水チ ャネルについて、ま めて非常に意義のある会と 科的治療を回避し得た、萎 工膀胱造設術目的にて当院 された。間質性膀胱炎は泌 り、SLEは症例毎に呈す
たワシントン大学のSha-な った。
︵徳留悟朗記︶ 縮膀胱を呈した 一例﹂とい
を
受
診
し
、
精
査
に
て
全
身
性
尿器科領域においても稀な る症状が様々であり、診断、
疾患であることなどが述べ 治療が遅れ予後に影響する
ー発表は九十九セ ッシ ョン り行われ、 一七〇〇席ある
で行われた。また小児科領
域 ・泌尿器領域や更に最近
第四十四回日本腎臓学会 注目を集めている腎臓病学
て、去る五月二十七日∼三
圧内 科教授 を副会長 にし
十日の三日間、新高輪プリ
ンスホテル国際館パミール
第55回内科グランド
カンファレンス開催
リウマチ膠原病内科担当
酒井紀名誉教授に続き四回
妊
娠
二
十
五
週
位
で
、
全
身
麻
カ
西
海
岸
、
カ
リ
フ
ォ
ル
ニ
ア
か
ら
始
ま
る
胎
児
手
術
に
暗
い
重
要
性
を
感
じ
て
い
る
。
れ
ばよいと考えている。
niversity of californ目とな った。今回の学会の 州サンフランシスコの
U- 酔下に子宮を切開して胎児 道を身の危険を感じながら
当センターへ留学させて
末筆になりましたが、こ
たポストン小児病院との胎 に加え、このことも大変貴
かなかできない大動物 ︵
妊 な人種が集ま っている都市
基礎研究では日本ではな ぶ人もいる様に、さまざま
︵
準 ・昭63︶
日 時 平成13年9月10日 ︵月︶午後6時30分より
場 所 東京慈恵会医科大学西新橋校 ・南講堂
特別講演 ﹁造血幹細胞移植の新しい展望
骨︱
髄非破壊的移植︱﹂
峯石真先生 ︵国立がんセンター中央病院︶
ンセントにつづいてクリ を希望されてセカンドオ 断の進歩は著しく、治療
ニカルパスという横文字 ピ ニオンを求めて来院さ もより低侵襲で患者さん
ごしでしょうか。
治療ガイドライン ︵案︶ 新の診断と治療をテー マ
最近インフォームド コ が呈示されました。手術 に行われます。最近の診
が降らず、猛暑がつづい ました。七月の日本食道
夏季セミナーは八月 二
ていますが、いかがお過 疾患研究会でも食道癌の 十五日(午
土後
)三時より最
今年は梅雨とはいえ雨 師用と患者用に作成され 化しています。
生 涯教育 セ ンタ ー だよ り
週インターネ ットを利用し こともできた。当初の目的 ます。
テー マは、〝
新世紀の腎臓
を取り出し、発生異常の修 通い、回診ではレジデント いただけたお陰で世界各国 の様なすばらしい留学の機
病学:教育 ・研究 ・臨床の
術a
を行S
い、
のc
みo
ならず基礎医学 に友人ができ、さまざまな 会を与えて下さいました山
の 復手i
a再
nび子
F宮
rの
anの
c臨i床s
場における実践〟であり、 小児外科兼、胎児治療セン 中に戻し て妊娠を 継続さ の知識量の多さに驚き、毎 習慣や物の考え方に接する 崎洋次教授に深く感謝致し
腎臓病学におけるヒトの生 ターである。ここでは、世 せ、満期に帝王切開にて出
理 ・病態の解明、治療法の 界ではじめて胎児の発生異 産させる方法である。
つ目は大動物を使 った基礎
臨床技術の習得であり、二
開発や改良に応用できるま 常を胎児期に手術する治療
私の留学には 二つの目的 児治療のテレビカンファレ 重な経験である。
た応用可能な理論を追求し を行 ったHarri
s
教o
授n がある。 一つ目は日本では ンスでは、語学の重要性を
サンフランシスコは西洋
実践できるよう、各々の分 を中心に臨床 ・研究が行わ 行われていない胎児治療の 再認識させられている。
と東洋の中間の中洋だと呼
胎児手術は、妊娠 二十週
野のテー マについてプログ れている。
ラムが企画 ・構成された。
去 る六月 二十日 ︵
水︶、 任、新会員推薦などが審議 世紀のスタートに立 つ ﹁慈 にしなくてはならない﹂と る施設整 備を踏 まえなが
パレスホテルにて開催され された。
恵大学﹂の現況を具体的な 述べ、﹁先人から受け継い ら、科学する心を忘れずに
た社団法人東京慈恵会平成
数字を示しながら、明解に だ ﹃東京慈恵会医科大学﹄ ﹃病人を診る﹄良医育成こ
そ
の
後
、
栗
原
学
長
の
講
演
十 三年 度通常 総会にお い が行われ、高木兼寛先生が 分析し解説した。
をさらに発展させ、建学の そ、本学の最大の責務であ
が 流行 してま いりま し れる患者さんも多くな っ にやさしいものにな って
てまいりました。このよ きました。暑い盛りでは
均 一化しようというもの た医師ばかりでなく、セ ています。研修医のご来
の裁量によ って行われて うな患者さんは難しい症 ありますが、是非多くの
きた治療法をできるだけ 例が多く、最初に診察し 方々のご出席をお待ちし
た。これはいままで医師
ち ﹃
慈恵の心﹄で精進した
カンドオピニオンを受け 場も期待します。なお会
月の日本胃癌学会では胃 く環境はいろいろな面で 号館南講堂ですので御注
癌治療ガイドラインが医 か つて無いほど大きく変 意下さい。 ︵羽生信義︶
治療のガイドラインが作 る医師も厳しい判断を迫 場は昨年までと違い、看
られていますが、今年三 られます。医療をとりま 護専門学校地下の高木2
です。いろいろな疾患の
い、自らに求めるなかで自
そして ﹁大学は教育 ・研 精神と独自の校風をも って ると述べた。そして ﹁常に
﹃医﹄のフロンテ ィアに立
栗原学長﹃本学の現状と展望﹄を講演
六月二十日、東京慈恵会総会にて
て、栗原敏学長は ﹁本学の 本学を創設した理念と今日
現状と展望﹂と題して講演
この総会は、名取禮二会
を行 った。
長をはじめとして理事、監
ずと希望は達成される﹂と
﹃優秀な人材を育成﹄し、 将来展望を語り、四十分に
面において見直しが迫られ 広く社会に奉仕したい﹂と わたる講演を終えた。
事、評議員、会員あわせて に至る歩みを振り返り、そ 究 ・診療 ・運営、あらゆる
五十余名が出席して開催さ の現状を語り始めた。学長
★ ﹃
本 学の現 状と 展望﹄
禮 二会長の挨拶に続き、事 昇格八十周年、学校法人設 意義が問われている。また
また、中央棟に続いて大 ︵大学広報十二号︶は、全
業報告、決算報告、役員選 立五十周年、そして二十 一 国際的な評価に耐える大学 学棟 へと順調に進みつつあ 同窓会員へ配付されます。
れたもので、はじめに名取 は、創立百二十周年、大学 岐路に立 っており、社会的 結んだ。
第 56回 内 科 グ ラ ン ド カ ン フ ァレ ン ス
であるが、当教室 ︵第二内 ライトア ップされた東京タ 天性横隔膜 ヘル ニア ・二分
胎児治療技術習得のため ムで手術を行 っているが、 療 の日本 への導入 の際に 膠原病内科︶より解説がな とるという医師としての基
科、現腎臓高血圧内科︶に ワーからゴールデンゲート 脊椎 ・尿路閉塞 ・奇形腫な 手術の見学をしたり、回診 外科の基本手技が万国共通 も、米国を模倣するのでは された。その殆どに腹部症 本的な姿勢が大切である事
よる本会の主催は上田泰名 ブリ ッジ へ変わ って、早 一 どの疾患を有する胎児に対 やカンフ ァレンスに参加し であることを実感し、医学 なく、日本の国民性に合わ 状を伴うことや他のSLE が述べられた。︵金月勇記︶
誉教授、宮原正名誉教授、 年半になる。ここはアメリ して行われる。具体的には、 たりしている。時々朝五時 教育の素晴らしさ、そして せた方法で取り入れていけ
本会は今回で四十四回目
において開催された。
留 学
だより
会長に、細谷龍男腎臓高血 ついて四つのシンポジウム
学術総会は本学昭和三十八 領域における遺伝子治療の
年卒の川口良人客員教授を 臨床応用や再生医学などに
第 5 6 0号
(
第 三 種 郵便 物 認可 )
聞
新
大
慈
(平 成 1 3 年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
(3 )
長
理
理
理
理
理
理
理
理
理
理
監
監
事
︵
昭 53︶
︵
昭 53 ︶
健
︵
昭 48︶
佐 藤 俊 介
事
篠 原
事
︵
昭 50︶
鈴 木 健 夫
事
︵
昭 48 ︶
須 田 健 夫
事
︵
昭 30︶
︵
昭 30︶
栄太郎
︵
昭 45︶
貞 夫
︵
昭 45︶
博
︵
昭 45 ︶
︵
昭 48︶
一
︵
昭 26 ︶
︵
昭 27︶
本 郷 可 夫
事
宇 野 慶 三
事
松 尾 敏
事
松 井 道 彦
事
益 子
事
原
事
林
事
那 須 元 信
事
富 井 純 子
理
暑中御見舞
︵
昭 30 ︶
︵
昭 46︶
敏
︵
昭 27 ︶
︵昭 10 ︶
滋
︵
昭 20 ︶
︵
昭 19 ︶
︵
昭 27︶
薫
︵
昭 28︶
︵
昭 27︶
︵
昭 28 ︶
南 雲 吉 和
問
坂 詰 正 巳
問
諸 川
問
鈴 木 泰 雄
問
今 野 享 彦
問
本 間
問
三浦 長 英
問
栗 原
長
岡 村 哲 夫
理事長
学
顧
顧
顧
顧
顧
顧
顧
会
︵
昭 30︶
小 田 泰 治
副会長
︵
昭 34 ︶
岩 田 正 晴
副会 長
川 田 忠 良
一
理 事 ・世 田 谷支 部 長
︵
昭 32︶
足 立 信
評 議員 ︵
議長︶ ︵
昭 29︶
須田 富士雄
評議 員 ︵
副 議 長 ︶︵
昭 39 ︶
一
︵
昭 26︶
武
︵
昭 41︶
村 岡 伸
評議員
足 立
評議員
石 井 嘉 男
︵
昭 56︶
石 井 義 之
評議 員 ・武 蔵 野 学 術 連
絡委 員
︵
昭 52 ︶
評議員
︵
昭 48︶
伊 藤 顕 彦
評議員
︵
昭3
7︶
修
︵
昭2
5専 ︶
今 井 健 郎
評議員
大井 田
評 議員
︵
昭 49︶
太 田 正 治
評議員
︵
昭 27︶
大 滝 栄 典
評議員
︵
昭 33︶
靖
︵
昭 57︶
小 澤 禎 治
評議員
小 田原
評議員
︵
昭 26 ︶
笠 原 行 喜
評議 員
亀 井 邦 倫
田
泰
治
慈 恵 の こ こ ろ と 貧 者 の 一灯
小
それが大切であろう。
医師とな って既に半世紀
に達し ようと して いる。
﹁慈恵のこころ﹂で過ごし
得たかを自問する日々でも
ある。人間である以上、生
かの銭を恵んでもらい、そ の大慈悲﹂を尽し、自らも
れで油を買い、心ばかりの 救われたいと願 っている。
一灯を捧げた。ところが王
惜しみない布施の心から
の献じた万灯は風にゆれて 灯される ﹁貧者の 一灯﹂こ
きる悩みは尽きないが、慈
恥ずかしい話であるが、 我々医師は ﹃抜苦与楽﹄の たいと思い、通行人から僅 善のこころを忘れず ﹁
無縁
﹃慈恵﹄という言葉につい 為に生きているとは言えま
て、その字義をよく知らな いか。﹃医﹄という存在と
か った。慈も恵も同意義で 行為そ のも のが、﹁
慈 悲﹂
あり、﹁
慈悲﹂に通じ ﹃抜 を必要条件としていること
︵
昭28 ・同窓会長︶
苦与楽﹄がそのこころであ は異論がないと思う。しか 消えたりとも ったりであ っ そ、﹃
慈恵 のこころ﹄に通
るという。なるほど、そう し、理屈を離れ大なる心を たが、老婆の 一灯はわずか じると思う今日この頃であ
言われてみれば﹃
慈恵精神﹄ も って行うのが ﹁
無縁の大 の油なのに夜通し赤々と灯 る。
という言葉にも自ずと得心
りつづけたという。これが
慈
悲
﹂
で
あ
る
と
言
わ
れ
る
と
、
﹁貧者の 一灯
がいく。そう考えると意識 歩んで来た道を振り返り自
﹂の話なのだ
するしないにかかわらず、 省を禁じ得ない。
が、その真意は真心からの
さてお釈迦様が霊鷲山で 恵みこそ何より尊いという
てこその逸話であろう。慈
説法をされているとき、 マ ことを言 った言葉であり、
ガダ国の王は沢山の飲食の 惜しみない布施の心があ っ
ほかに万灯を献じて供養し
た。その城下の貧しい老婆 ・悲 ・喜 ・捨の四つの心を
はお釈迦様に何か供養をし 分相応に限り無く捧げる、
学の歴史は、正に苦難の連
関東大震災や第 二次世界大
心に見据え、全人的医療を
戦後の経済的困窮などを乗
続とい ってもよい。脚気論
り越えて、今日を迎えるこ
実践する医師と看護婦を社
ているものである。この様
看護婦が社会から求められ
とができたのは〝自らに求
争における、学祖が提唱し
な理念に基づいた人材の育
会に送り出してきた本学の
成こそ本学が目指すべきも
める〟という気概が精神的
た栄養欠陥説の不当評価、
大学改革が叫ばれる中で のであり、また使命でもあ
支柱とな ってきたことを痛
理念こそ、いま正に医師や
る。それは単に医学や看護
緑蔭に座 し清 風に身を委
ね、本学のあるべき姿と歩 学の基本的知識や技能と態 感する。世界的視野に立 っ くることによりこの荒波を
むべき道を考えるとき、学 度を伝授するというだけで た大学改革が求められてい 乗り越えることができる。
祖高木兼寛先生と共に生理
な
く、病める人を中心とし る今こそ、本学が築き蓄積 本学に 求められ ている教
た医学や看護学の研究的態 してきた叡智を活かし、個 育、研究、診療それぞれを
学教室の先輩の教えが脳裏
原
敏
たな力が湧いてくる。
る大学の改革を緑蔭で目を
閉じ静かに考えるとき、新
ち、世界に情報発信が でき
生理学者としての誇りをも
をよぎる。高木兼寛先生は 度の涵養をも視野に入れた 性的で輝く大学を創造すべ 個性的に機能させ、これら
自らの手で良医育成のため 多様な人材の育成である。 き時である。
を協同的に連携させること
に成医会講習所を、そして
現在、日本では構造改革
大学の組織は生きもので ができれば、本学の大いな
看護婦養成のために看護婦 が求められている。これま ある。絶えず新たな エネル る力が発揮されるに違いな
教育所を開設された。以来 で、先輩諸氏のたゆまざる ギーを得て新陳代謝が円滑 い。新米、若輩の学長では
一二〇年間、病める人を中 努力によ って歩んできた本 に行われる柔軟な組織を つ ある が、〝自らに求める〟
ことを先輩から教えられた
自 ら に 求 め る
栗
岱
金
私は台湾に帰 って来てか に留学、帰国するまで十五 磨いた経験がよみ返り弱小
ら五十三年にな った。
戦前、 年間東京に在住していた。 国民に凝い凝した。外来政
戦中、戦後の惨めな辛苦は 思想、習慣、日常生活すべ 権の支配から脱すべく二代
脳裏に焼きついている。日 てが日本傾向、書物から読 目の教育を真剣に考え、子
本のインターン同窓糸井氏 書まで日本文の方が性に合 供を米国に留学させ、機会
この考えが知識分子にひ
は漢詩を好み、毎旬新作を い、情も交 った。厚生省の あらば我も行かん!の覚悟
航空便で送 ってきてくれ、 医籍 登録も 日本籍 であ っ であ った。
頭脳体操の糧にしている。 た。当時、蒋介石を首とす
氏は台湾を熱愛、小 ・中学 る国民党政権は野蛮とでも ろがり台湾民主化 への種と
は台南で終えている。氏は いえる乱雑さで、我々には な った。それが稔 って本土
自分のことを日系台湾人と 適応し難か った。無秩序、 出身の総統が誕生したので
称し、それならば私は台系 汚職とテロの横行は我々の ある。愛する島の復興と消
た。将来 への失望で戦争で
︵昭22 ・台湾︶
日本人だと互いに呼称し合 愛郷、愛国を奪い去り、群 沈していた希望も暁が見出
ってきた。
族 の対立 に追込 みを かけ されたようだ。
私は十五才で日本の東京
能的なベ ッド、射光も枕も
とで調節でき便利だ。最も
感激した のは眺 望のよさ
陸軍と海軍の対立の縮図と
当時薩摩藩を後押しして いえます。高木の説が世に
高血圧があり、 一日三回血
入院後 二日間絶食、二十 糖測定と血圧測定と 二十四
切り替える。
入院中、病状に ついて納
︵
昭27 ・同窓会監事︶
しております。
ホテルのツインより広く機 なる。注射終了後、バファ 経内科の先生 ・コメデ ィカ
リン81とパナルジン内服に ルのみなさんのお陰と感謝
MRI異常なし、中央棟 一 ロンノンにかえ 一週間続け
十八日間の入院で退院で
五〇七号室に案内された。 たところ、毎日麻痺は軽く きたのも井上教授を始め神
外来受診、緊急入院。CT、 作があり、血栓溶解剤をス た。
クシーで慈恵医大本院救急 夕 二回静注中十日午後再発 毎日入院初日の気分であ っ
には右片麻痺も軽快し、タ 引き続き血栓溶解剤を朝 ・ ベ ットメイキングがあり、
注 ・舌下錠服用、 一時間後 ら室内歩行が許可されるも れた。また毎日室内清掃と
に急上昇、降圧剤を点滴静 四時間点滴静注、三日目か 時間尿量測定が毎日続けら
縮期二〇四、拡張期 一〇四
院長が駆けつけ血圧測定収 る。
くなり字が書けなくなる。 ボーブリ ッジも間近に見え フ ァクターとして糖尿病と
前診療中、突然手が動かな ル ・増上寺が見え、レイン 心して療養できた。リスク
が、平成十三年六月六日午 芝公園 ・東京プリンスホテ 内容も克明に説明があり安
私事で申し訳ありません だ。眼下には東京タワー ・ 得のいく説明があり、治療
傾斜した経緯が大体分かり の元になる帝国憲法もドイ と続くのです。この論争は えていると思うのです。
ます。このことについて作 ツを範としてつくられ、軍 見方を変えれば英国医学と
︵昭30 ・評議員︶
ります。これを見ると日本 の傾斜の理由の 一つがうか も、今日からみれば全く非 そのことが現在に生きる我
が近代史のなかでドイツに がえます。さらに国づくり 科学的な不毛な争いが延々 々に少なからない影響を与
かけは ﹁岩倉使節団と日独 彼等 を大変歓 迎し ていま 年です。その後におきた髙 めの指導者の選択が 二十世
交流史展﹂を見たことによ す。こんな処にもドイツへ 木兼寛と森鴎外の脚気論争 紀のこの国の進路を決め、
それなりの理由があ ったと く、改正に応じてくれませ マス医学校に留学し帰国し 国家となり、医学教育もド
思います。
んでした。そのなかで最後 たのは、国をあげてドイツ イツ医学より米国医学が主
こんなことを考えるき っ の訪問国であ ったドイツは 傾斜のなかにあ った明治十 流となりました。明治の初
もしれませんが、当時には た全ての国は彼等には冷た 海軍軍医としてセントトー 本国憲法のもとで民主主義
ていたら日本は今と全く違 んだ不平等条約の改正にあ こでもドイツ人を選んでい
この国は第 二次大戦後、
った形の国にな っていたか ったのです。しかし訪問し ます。学祖高木兼寛先生が 米国によ って与えられた日
えるようになりました。歴 月もかか った欧米、十二ヶ には英国人が雇われると思 四十年後というから驚くば
史の転換点に別な選択をし 国訪問の目的は、幕府の結 っていたところ、政府はこ かりです。
日本の歴史について少し考 が 一八七 一年から 一年九 ヶ いた英国は、医学の指導者 認められるのは、それから
てきたので、最近にな って 純のようです。岩倉使節団
七十年を越える時代を生き いますが 、理由は意外に単 倒になるのです。
二十世紀のなかで自分が 家の司馬遼太郎氏も述べて 事から医学までドイツ 一辺 ドイツ医学、官学と私学、
黄
夫
可
男
信
木
三
︵昭46 ・学長︶
中央棟 入 院体 験 記
緑蔭随想
日系 台 湾 人 、
台 系 日本 人
本 郷
ドイ ツ へ の 傾 斜
(4 )
(平 成 1 3 年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
聞
新
大
慈
(
第 三種 郵 便物 認 可 )
第 5 6 0号
評議 員
鈴 木 直 純
評議員
︵
昭 31︶
豊
︵
昭 45︶
︵
昭 31︶
︵
昭 35 ︶
︵
昭 39︶
︵
昭 62︶
評議 員 ・大 田 支 部 長
︵
昭3
5︶
︵
昭 47 ︶
渡 辺 盛 雄
評議 員
︵
昭1
7︶
和 田 紀 之
千 代 田支 部 長
一
︵
昭 18︶
立 雄
︵
昭27︶
杉 本 寿
田
中央支部長
前
港支部長
︵
昭 24専 ︶
小田原 利光
渋谷支部長
︵
昭 26︶
鈴 木 重 弘
新宿支部長
︵
昭 30︶
松 井 元 司
文京支部長
義 信
台東浅草支部 長 ︵
昭25専︶
坂口
︵
昭 27専 ︶
大 橋 政 明
台東下谷支部長 ︵
昭 45︶
浜 野
評議 員 ・
南多 摩学術 連
︵
昭 33︶
︵
昭 33︶
南
青 柳
目黒支部長
孝 明
︵
昭 40︶
︵
昭 37 ︶
茂
︵
昭 13︶
上 竹 将 夫
品川 支 部 長
川 嶋 正 也
江東支部長
︵
昭 39 ︶
内 藤 裕 郎
絡委員
評議 員
︵
昭 30 ︶
深 田 弘 治
評議員
墨 田支 部 長
平 野 昭 邦
巖
並 木 敦 也
評議員
中 村 葉 二
評議員
戸 谷 修 二
評議 員
田 辺 裕 文
評議員
高橋 紀久雄
評議員
鈴 木
評 議員
評 議 員 ・杉 並 支部 長
︵
昭 26︶
暑中御見舞
︵
昭 30 ︶
︵
昭 47︶
河 村 眞 人
評議員
︵
昭 26専 ︶
菊 池 泰 久
評議 員
︵
昭 24︶
岸 田 明 宜
評議員
︵
昭 35 ︶
一
︵
昭 33 ︶
北 原 敬 市
評議 員
北 村 洋
評議 員
小 池 裕 司
評 議 員 ・江 戸 川 支 部 長
︵
昭 33 ︶
︵
昭 25専 ︶
國府 田 守 雄
評議員
︵
昭 38 ︶
斎 藤 昭 三郎
評議員
︵
昭 37︶
阪 口 耀 子
評議員
塩 塚 幸 彦
︵
昭 51 ︶
三 木 信 男
評議員
篠 田 仲 正
一
評 議 員 ・葛 飾 支 部 長
︵
昭 37︶
︵
昭 23︶
山 本 眞 澄
評議員
森 田
評 議 員 ・岩 手 支部 長
︵
昭 25︶
︵
昭 42︶
鈴 木 鍾 美
評議員
鈴 木 克 契
開 業 は水 商 売 か
高
橋 紀久雄
ーナー と知り 合いにな っ
た。何回か通い様々な話の
なかで、彼が教えてくれた
ことは、①女性は十八歳も
四十歳も同じに扱うこと。
②看護婦もホステスもプラ
イドが高いので、プライド
身の振り方を考える時が来 口同音に ﹁小児科単科の開
活も九年になり、そろそろ 長と会 ったが、どちらも異
しさに直面した。子供の頃
え、職員 ︵
当然女性︶も増 持たないこと。④血液型で
えてくると、女の職場の難 いうと、ABとBが多いと
三年ほど経 って患者も増 と。③特定の職員と秘密を
を傷つけないようにするこ
た。当時の国分教授は ﹁医 業 は融資 に限度があ りま
から女の世界で育ち、医者 意。⑤気に入らない人 ︵
時︶
と言 ってくれた。
局十年、三十代で開業し、 す。看板に内科を入れれば
昭和五十四年私の医局生 責任者、次にM銀行の支店
十年頑張 って借金を返済し 希望通りにします。何せ開
AとO が埋没 するの で注
て後は悠 々と暮ら しなさ 業は水商売と同じでや って
にな っても大学や出張病院 でも極力相手の目を見て話
でも女子職員とは結構うま すこと、であ った。
これらのことはその後の
くや ってきたつもりで自信
ダ リの 回 想
高年者で労作時息切を訴
開業できてまもなく、近く
今日まで病因を考えること
す時代 ︵一九四〇年より︶
一九六〇年代に入るとダ
ダリの初期は、フィゲラ とな った。
当時留学中の私は、研究 を発表した。
の合間にマサチ ューセ ッツ
の大学の図書館で初めてサ ス ・カダスケ時代 ︵一九 一
ルバドール ・ダリの作品に 九年より︶といおうか、ス リの作品は、科学 ・三次元
遭遇し、異彩を放 つパーソ ペインのカダスケの風景を 絵画 へ移動し、新しい視覚
ナリテ ィーに興 味を持 っ 終生愛し続けた。この頃の イメージに挑戦しポログラ
た。第二次世界大戦が勃発 作品は、フォーブズム ・キ フ ィーの技 術をとり 入れ
ュービズムといわれ表現形 た。三次元絵画にとり組ん
するとダリはアメリカに渡
り、七∼八年間そこに定住 式はピカソから多くを学ん で現実にない視覚体験で見
した。その後の手記による だ。やがて観点はシ ュール る人々を魅了した。その頃
とJ.F.Kennと
ed
接y リアリズム時代 ︵一九二七 フィゲラス美術館を創設し
し、 一芸術家としてだけで 年より︶に入り、 一九二九 巨大なシ ュールリアリズム
なく社会の 一員としても非 年にルイス ・プ ニュエルと ・オブジ ェを確立した。形
アンダルシアの 而上的次元の世界が、見る
常に高い評価を受けたこと 共作した ﹁
雨傘とは毒蛇kra︵
i
雨t と述べられている。
あると説いた。ダリにと っ
て必要なのは現実の肉体で
あ った。その肉体が存在し
ンビニを巡り、 一軒目には 種によく似たマラヤ種だ っ
の先輩 がわざ わざみえ て ても日によ って反応が違 っ し、そうゆう観点で見てい る惨劇を驚きおののきなが んだ。彼は文化 ・芸術 ・映 主張し、しかも古典 ・古代 て初め て考える ことが で
﹁
高橋君、患者は芸者と同
る人もいるかもしれない。 ら目撃したのは、ボストン 画そして政界の著名人と親 やルネ ッサンス芸術 への回 き、そして現実を把握し死
た
り
、
仲
が
良
か
っ
た
り
悪
か
違いがあるとすれば不景気 郊外のライラ ックと マープ 交を結び肖像画を制作し、 帰を示した。そして、その 後の世界と通じていくこと
じだから追いかけてはだめ ったりである。
だよ。腰を据えて 一生懸命
そんな時期に友人に紹介 に左右されないことだろう ルの梢の木漏れ日につつま ニューヨーク美術館やジ ュ 根底には原子物理学や近代 が出来たのであ った。
︵昭45 ・評議員︶ れたわが家であ った。
リアン ・レヴ ィ画廊で作品 科学の学びの心が深く根ざ
︵
昭27 ・聖マリ名誉教授︶
やれば ついてくるからね﹂ され銀座の高級クラブのオ か。
2)
デノウイルスが関わ ってい の結果が得られた(。
肺気腫例の血中にはアデ もなくみてきた疾患の中に 傘蛇類︶のうちア マガサ ヘ
るという報告が、みえはじ
今年第 二の定年後の私は 無く、二軒目では ﹁縞々の たので、中国製の同種抗毒
ノウイルスのウイルス血症 は、潜在していたウイルス ビ ︵タイワンアマガサ︶の 日本赤十字社の献血事業に 蛇の写真を見た新聞は売れ 素血清を仲介してあげたと
めた(。
1)
昔、感染したアデノウイ が生じている事が示唆され の活性化が原因とな ってい 通称で、大戦中台湾在住の 勤務、出勤日には安全確保 ち ゃった﹂との女店員の返 いう。中国製は乾燥粉末で
ルスが肺の組織に潜伏して た。肺気腫の肺においてア るものがありそうである。 衛生学教室︵矢崎芳夫教授︶ のため 四十名内外 を検診 事から買えると確信、三軒 ないので二年で失効する話
ガサ ヘビを御存知?コブラ
いて、何らかの原因でそれ デノウイルスが増殖しそれ 多くは無症状のまま経過し 第 一号助 手馬島律 司博士 し、去る五月四日には、派 目で入手。写真入りの小さ からヤマカガシ抗毒素の話
が眼を覚まし、そのために が血中に入 って来ているの てしまう潜在ウイルスが、 ︵大正14卒︶が教室同窓会 遣された藤沢出張所で天笠 な三段記事は、同研究所の 題が復活し、当初のウサギ
肺気 腫と いう疾患が発 症 であろう。アデノウイルス 何十年の後に眼を覚ました 誌に﹁吾発光百足を見たり﹂ 姓の女性を問診した際 ﹁珍 公表として ﹃四月二九日、 試作品からヤギを経て、ウ
し
、進行するという。
の肺組織における増殖が肺 という場合である。
の題で ﹁
防空壕内に避難し し い姓だ けど、何処 です 杉並区の知人宅で、無毒の マで量産可能となり、同研
偶々、肺気腫例の血液ガ 気腫の原因の 一つにな って
管理科︶
︵昭342・
0
東0京0共.済
J病
u院
n健
e康
.25
今泉
(忠
3芳
) ・第 51 回同 会 ・
今泉
(忠
2芳
)・第50回慈大呼
2000.Mar.5
吸 器 疾 患 研究 会 ・
葉 繁
吉
ら喜ばれたことが三度もあ
近々、久々の訪問を約し
で、その紙名はスポーツ報 インド ︵
アオ︶アマガサの たのは申すまでもない。
知だ った。帰路、駅の売店 三種が思い浮かぶが、事件 ︵昭30 ・湘南赤十字血液セ
で買い損ね、帰宅後車でコ の加害種を尋ねると、台湾 ンター︶
は偶然の重なり過ぎだから マルオ ︵
キイロ︶アマガサ、
術研究所=スネークセンタ 換し合 った S氏に電 話し 入手先の増加は吉報に違い
ーの地元だし、咬症記事と た。雨傘蛇類では前記種と ない。
た。藪塚本町は日本蛇族学 を手掛け、別刷や情報を交 る関係者にと って、抗毒素
るヤマカガシの抗毒素製造 る重態DIC急患に遭遇す
同研究所の著効実績のあ るが、ヤ マカガシ咬症によ
索はまだ済まなか った。
工呼吸を続け、快方に向か 者で同定 ∼抗毒素使用の可
う﹄との概要だが、私の詮 否判定を依頼した担当医か
が﹂と尋ねると、﹁群馬県 車で都内の病院に収容、人 咬傷を疑われた救急室の患
科で神経毒があり、咬まれ 中のア マガサ ヘビに右手を て印鑑必要︶にな った由。
ると 呼吸筋 が麻痺し ます 咬まれて意識が混濁、救急 現役時代の私には、マムシ
ウ イル ス感染症 とい え て雨傘に咬まれては大変﹂ か?字は違うが同音のアマ
究所以外に感染研、杏林大
オ
オ
カ
ミ
ヘ
ビ
と
し
て
横
浜
の
試供品とし
ペット店で販売されて飼育 でも配布可能 ︵
ス検査するため、採血した いることが推測された。
ば、インフルエンザのよう
肺気腫例においては、血 な急性感染を人は思う。し
る。樽状胸郭を呈し、胸部 ことがあ った。検査のあと
X線写真上肺野の透過性増 残 った血液を材料としてア 中だけではなく、尿中にも かし、若年の頃、入りこん
大、横隔膜低位などがみら デノウイルスDNAの検出 アデノウイルスDNAが検 だウイルスが中高年にな っ
忠
肺 気 腫 と アデ ノ ウ イ ル ス
今 泉
芳
れる。肺気腫の原因として を試みた。PCRによりア 出され ることが 見られた て眼を覚ますという感染様
藪塚近くに二∼三軒ありま
。
(採3
血)
しなくても尿でア
式
が
肺
気
腫
だ
け
で
は
な
く
い
喫煙が挙げられているが、 デノウイルスDNAを増幅
す﹂
と答え、﹁今日の新聞で、
01
;)
1H
1o
7g
:g
28J
2C
-:
2c
8h
5est200
(
肺気腫になるのは喫煙者の し、電気泳動にかけて検出 デノウイルスの存在をとら く つもあると思 っている。
ア マガサ ヘビに咬まれて呼
するのである。その結果、 えることができる。
吸困難にな った記事を見ま
10%程度に過ぎない。
最近、肺気腫の原因にア アデノウイルスDNA陽性
中高年の成人病として、
した﹂と続けたのには驚い
雄
える 例の中 に肺気腫 があ
が新しい生きた仮想現実で
映画︶は画家ダリの 人の大脳と網膜上にのみ出
を述べている。プリマスの 犬﹂ ︵
今から 三十八年前、 一九 町の湾岸を経て半島の突端 運命を決定づけた。この頃、 現する仕組みを作り、これ
マ サ チ ュ ー セ ッツ の
雨 傘 に咬 ま れ た事 件
緑蔭随想
彼の作品にはフロイドの心
まず資金調達であるが、 然ムカ ッとして医者と水商 はあ ったが、どうも旨くい 職員の管理に結構役立 って 六三年丁度宇宙中継による 近くケープコードにKenの別荘が
nあ
ed
った
y。ダ 理学がとり入れられた。や
初めにS銀行の医療チーム 売を 一緒 にす るなと思 っ かないときがある。職員が いる。開業医が水商売と同 いわゆる衛星放送が開始さ
.はピ ューリタンの渡来し がてシ ュールリアリストと
た。⋮五十五年に首尾よく バラバラの周期で機嫌が悪 じという発想も大胆ではあ れ た。 T VでJohn Fリ
か ったり、同じことを言 っ るが、共通点もありそうだ
のダラスに於K
けen
たn
メe
イd
フラ
yワー号を懐かし しての普遍的な芸術表現を
い﹂と言 っていたので、そ みないと わかり ませんか
の言葉に従 って決心した。 ら﹂であ った。その時は当
直
井 正
平
第 5 6 0号
(
第三 種 郵便 物 認 可 )
聞
新
大
慈
(平 成 1 3 年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
(5 )
秋田支部長
︵
昭 46︶
神奈川湘南支部長
︵
昭 41 ︶
川 口 陽太 郎
︵
昭 23︶
杉 田 多喜男
神奈川湘北支部長
︵
昭 38 ︶
中野支部長
山形内陸支部長 ︵
昭 26︶
近 藤 正 樹
弘
豊 島練 馬 支 部 長 ︵
昭 35︶
松 澤 信 五
須 藤
久保田 邦 之
福島支部長
︵
昭 31 ︶
︵
昭 27︶
中 山 元 二
茨城支部長
︵
昭 29︶
弘
︵
昭3
5︶
青 木 力 雄
栃 木 支部 長
添 田
群馬支部長
元
︵
昭 36︶
高 島 正 敏
埼玉支部長
大 畑
︵
昭3
7︶
︵
昭 26︶
︵
昭 43 ︶
理
︵
昭 37︶
︵
昭 24専 ︶
︵
昭 30 ︶
︵
昭 42︶
︵
昭 19 ︶
柳 本 冬 彦
静岡支部長
真 鍋 修 身
岐阜支部長
江波戸 靖 二
長野 支 部 長
三 井忠造
山梨 支 部 長
田 中 廣 昌
福 井支 部長
中 田
石 川支 部長
清 水 勝 治
富山支部長
池 田 和 夫
新 潟 支部 長
中 村 敦 典
神奈川西湘支部長
︵
昭 26 ︶
︵
昭 33 ︶
一
︵
昭 20 ︶
長 島 義 弘
山 形 荘内 支 部長 ︵
昭 47︶
板橋支部長
安 田 榮
北支部長
︵
昭 16後 ︶
今 井 三 郎
荒川支部長
︵
昭 51︶
︵
昭 21︶
近 藤 市 雄
足立支部長
田髙
渙
武蔵野支部長
萩 原 博 道
昇
︵
昭 33 ︶
中 村
︵
昭2
5︶
調布 支 部 長
北 多摩 支 部 長
大 滝 紀 雄
︵
昭 25︶
佐 藤 泰 雄
神 奈川県支部連合会会
長
︵
昭 17 ︶
南 多 摩支 部 長
裕
廣 野 恵 三
田 村
︵
昭 38 ︶
猿 谷 文 男
神奈 川横 浜 支 部 長
︵
昭 29 ︶
西多 摩 支 部 長
神 奈 川 川 崎支 部 長
︵
昭 32︶
一
誠
中 林 敬
田 中
︵
昭 48 ︶
︵
昭 30︶
井 口 善 二郎
愛知支部長
北 海道 支 部 長
登
神 奈 川鎌 倉 支 部 長
︵
昭 19 ︶
斎 藤
︵
昭 42 ︶
川 合 弘 毅
大阪支部長
高 橋 浩 昭
︵
昭 24 ︶
実
靖
京滋 奈 支 部 長
徳 田
神奈川横須 賀三浦支部
長
︵
昭 21︶
高 宮
︵
昭 24 専 ︶
青森支部長
︵
昭 19 ︶
裕
神奈川逗葉支部長
︵
昭 28 ︶
佐 藤
宮城 支 部 長
本 郷 嘉 男
山
口
愛
二
逝けり 十五年ただ愛妻 やはり何かに訴えたか った
介 護 さ まざ ま
一昨年秋、久し振りに海
軍時代の分隊会に出席し、
尊けれ
また 一方、日本音楽療法
で伺 った話。カナダで三人
の痴呆老婦人達に根気よく
ハープを聴かせ、話しかけ
た 一人の日本婦人 ︵
カナダ
音楽療法学会認定音楽療法
士 ・セントポール病院音楽
て心で泣くを
知れり君の声 顔で笑 っ 映写を当初反対するのであ 十 二月聖路加国際病院で拝
のだろうか。愛娘が米国か 療法士 ・近藤春美さん︶の
介護
︵
翳
かざ︶す愛ビデオで ら帰国した時、そのビデオ ビデオによるお話を、昨年
ら ﹁
ある日突然妻が痴呆に
この友 ︵
故内藤聡君︶は、 を理解するようにな ったと 九十歳台のその三人の老婦
一人の期友 ︵今は故人︶か
な った﹂の著書を頂戴した。
るが、ようやく父の気持ち 聴した。高度の痴呆である
ところが昨年五月、長男か
ら末期癌でその友が亡くな 妻の突然の痴呆でかなり良 伺う。妻への献身の気持は 人は、全く情緒のないよう
った、との訃報が届き驚い い地位に あ った銀 行を退 命がけだ ったので、何とか に見受けられたが、彼女の
職、ただただ愛妻の介護に 書籍やビデオに残し、家族 長時 間におけ る音楽療 法
泰
さい。ここでは多くの情報 八にな ったりし始めます。 す。 一昔前まではこの絶縁
が適切 に処理 され ていま これでは混乱してしまいま 体だけを厚くしてくれるよ
に筒抜けにな ったり、天井
す。その中で、物を考える す。誰もいないのに自分に うな薬がありませんでした
筋道という物が想定できま 命令する声が聞こえたり、 ので、脳の働き全体を押さ
す。例えば、一足す 一は 二、 誰かが絶えず自分を見張 っ えてしまうような薬で治療
二足す三は五ですね。これ ていたり、自分の考えが人 しました。すると寝てしま
ったりボー ッとしたり、表
は我々が幼い頃からそれが
正しい答えであると信じて に盗聴器が仕掛けられてい 情が無くな って動きが止ま
造り上げてきた思考回路で る と言うこ とになる ので ったり、涎が出たり身体の
す。この思考回路は絶縁体 す。自我の境界も不鮮明に 動きがギクシ ャクしたり、
で覆われていて滅多なこと な ってきます。こうなると、 居ても立 ってもいられなく
ではシ ョートしません。と この病気にかか った人が認 なるなどの副作用もありま
ころが、ある年齢に達する 識している現実と我々の世 した。今は早期発見 ・早期
と思考回路の絶縁体が薄く 界の間にはどんどん開きが 治療で我々の住んでいる世
な ってきて物の考えの筋道 できてしまいます。
界からそんなに離れてしま
昨今、精神科の世界でも がシ ョートしてしまい、他
でもとても良い薬が出来 わないうちにち ゃんと引き
髙岸
の闘いの寂しさを最後まで う。郵政大臣寅を受けたそ に踊るまでに明るくな った。 てきたように思います。そ 電気がシ ョートするとすべ を吹き付けるように、思考 な病気に心当りのある方は
わが国には日本音楽療法 こでこんな文章を作 って地 ては止ま ってしまうのです 回路のシ ョートをくい止め どうぞ精神科、神経科のク
顔に示さないので、生前に うである。
痴ほうなり鳴呼誰ぞ知る 学会認定音楽療法士が約 一 元のラジオ放送に流しまし がこれは違います。思考回 てくれます。すると思考の リ ニックにご相談下さい。
︵昭47 ・父兄会常任幹事︶
兵庫 支 部 長
人
︵
昭 42︶
︵
昭 22 ︶
︵
昭2
3︶
︵
昭 55 ︶
一
︵
昭 19︶
︵
昭 31︶
篤
品 川 学 術連 絡 委 員
︵
昭 46︶
松 永
大田学術連絡委員
︵
昭 43︶
鏑 木 公 夫
目 黒学 術 連 絡 委 員
︵
昭 26 ︶
青 木 茂 正
毅
世 田 谷 学術 連 絡 委 員
︵
昭 42︶
小板橋
久
杉 並学 術 連 絡 委 員
︵
昭 50︶
氏 家
中 野 学 術連 絡委 員
︵
昭 25専 ︶
田 郷 寿 正
亀 田 慶 三
大 城 正 義
鈴 木 孝 雄
豊 島 練 馬 学 術連 絡 委員
︵
昭 36︶
港学 術連 絡 委 員 ︵
昭 33 ︶
中 央学 術 連 絡 委 員
︵
昭 41 ︶
沖 縄支部 長
小 田原 得 二
鹿児島支部長
近 藤 宏
宮崎支部長
御手洗 東洋
大 分 支部 長
永 田 忠 寿
熊本支部長
暑中御見舞
︵
昭 34 ︶
一
︵
昭 37 ︶
鶴 崎 隆
和歌 山支 部 長
︵
昭 19 ︶
小 幡 淳 美
鳥取支部長
昌
︵
昭42︶
桑 田 岩 雄
島根支部長
馬 庭
岡山支部長
川 聖 人
俊 彦
︵
昭4
5︶
保
板 橋 学 術 連 絡委 員
︵
昭 36︶
水 川
洋 二
堀
大 橋 順 二
西 松
稔
荒 川学 術 連 絡 委 員
︵
昭 24専 ︶
新 宿学 術 連 絡 委 員
北学術連絡委員 ︵
昭 34︶
︵
昭 46 ︶
皿 井 靖 長
光 永 眞 之
文京学術連絡委員
︵
昭 42︶
省
葛 飾 学 術連 絡 委 員
︵
昭 25専 ︶
本 井 儀 一郎
︵
昭 31︶
︵
昭 35︶
徹
︵
昭 32 ︶
宇都宮 陽 一
徳島支部長
木 下
香川支部長
ベルリン ・フ ィルの幻の
かにしたのであ った。
の弦楽セレナーデ、ハ長調 ツ製の飛行船ではるばるド は説明できない>など日本
画だ ったのだ。
当時の日本、昭和十四年
伊 藤 芳 雄
台 東浅 草 学 術 連 絡 委 員
︵
昭 30 ︶
美 昌
徳 久 靖 高
江戸 川 学 術 連 絡 委 員
︵
昭 55 ︶
清 水 久 盛
︵
昭 37︶
篤
台 東 下 谷 学 術連 絡 委員
︵
昭 52︶
︵
昭 37 ︶
山 口
陽
北 多 摩 学 術 連 絡 委員
︵
昭 43 ︶
香 川 草 平
調 布 学 術 連 絡 委 員 ・父
兄会 会 長
︵
昭4
7︶
篠 宮 昌 衛
江東 学 術 連 絡 委 員
︵
昭 27 ︶
横 山 誠 之
墨 田 学 術連 絡委 員
︵
昭 46︶
︵
昭 32︶
寺 井 大 八
長崎支部長
丸 岡 和 也
福 岡支 部 長
伊 藤
高知支部長
丹
愛媛支部長
今 川
なインパクトを与える。
なにを隠そう、バ ックに
流れ るこの 曲を私は 好き に実現と思われたが、二十 公演は戦後十 二年た って昭
で、指揮のフルトベングラ 世紀最大の指揮者のウ ィル 和三十二年に実現する。指
ーも気に入 っている。チ ャ ヘルム ・フルトベングラー 揮はカラヤンであ った。彼
イ コフスキーは ロシア生ま が来るなんて考えられなか もまた 一流の コンダクター
ったと思うが、何故、極東 で世界中の人に愛された。
れだが、モーツアルトを音
コマーシ ャルのことからあ
く幸せがあるのだと思う。
楽家先輩 とし て敬 ってお の国 へ来たか ったのか、理 今私達は 二人の名演奏を聴
昭和五十九年に初来日し
り、必然と真似た曲も多い 由を知りたか った。
が、セレナーデもその例に
漏れない。弦楽セレナーデ た未亡人 エリザ ベートは彼 らぬ方向 へと進んだが、音
はモーツアルトよりもでき の遺稿 を紹介 して いる。 楽を愛することから始ま っ
ロ ッパの音楽に対して深い 局長︶
い国民ですら、今日、ヨー 看護専門学校付属病院医療
れの血のつながりの全くな い。︵
昭41 ・神奈川県衛生
が上ではないかとさえ思 っ ︿日本人のように、われわ たことであり御理解願いた
ている。
さて六月二十二日、読ん
だのが朝日新聞の記事で、
︵
昭 27︶
\\www.cityfujisawa.ne.jp
以上です。ご意見はhttp: 西
彼の気持を全く察すること
証拠﹂と涼しい顔をした再
生犬が座 っていたらどうで
あろうか。人間究極の願の
不老不死はまだまだ遠い先
のようである。
山 口 支部 長
広 島 支部 長
違う回路に入 ってしまうの のです。これはご本人にと
\∼tsuru\
i01
っても同じ社会に住んでい 宛にお願いいたします。
大 谷
オージンジ、オージンジ すよ、人事のことは任せな 受け売りをお許し願う。そ 感受性を示している><人
タのような物と考えてくだ 三にな ったり、二足す四が る我々にと っても助かりま
人間の頭脳は コンピ ュー です。例えば、 一足す 一が
頂ければ幸いです。
十五年 生命捧げし愛妻 〇〇人おられるが、 一日も た。学問的でもなくお恥ず 路がシ ョートしますと本来 流れが整 って 一足す 二は三
早く公認、国家認定の来る かしい限りですが、御意見 流れてゆくはずの回路から の世界に戻 ってきてくれる
介護
消えかけし蝋燭の灯を消 日が待ち望まれる。
が出来なか った。最後まで
﹁母さん、母さん﹂と十五
年間 も全く 反応のな い愛
すまじと 瞳にて語る愛
︵昭2
5 ・大田区︶
︵めおとの愛︶の献身を、
二見 男
が強烈なこともあ って確か イツから来日するという計 人との共通する観念を明ら
ES細胞 ︵
胚幹細胞︶は 一
れ
、
保
持
さ
れ
て
い
る
の
だ
ろ
と
名
前
の
連
呼
あ
る
い
は
呪
文
さ
い
の
意
味だと思うが、英 れは ﹁
神様﹂とも言われる 生に対するまじめさ、勤勉
個で人間 一人を創出す能力 うか。なければ全く人格が にも聞こえるテレビコマー 語のOH
︵オー︶と人事の組 指揮者が、ツ ェッペリンに さ、責任感。音楽にと って
を持 っている。ヒトES細 違う ﹁
他人﹂で、自己の再 シ ャルが流れているのを御 合せだろう。人材派遣会社 乗 って訪日公演、と題する 大事なのは技術と芸術との
胞を人工的に培養し、発生 生産ではないし、不老不死 存知だろうか。決しておじ のもので、映像はいまいち のだ。結局は幻に終わ った 違いを知 っていること。そ
の過程で適切な方向付けを でもない。まだまだ人工不 ん、おじさんと言 っている は っきりしないが背景の音 のだが、ベルリン ・フィル うでなければ日本人とフル
楽、チ ャイコフスキー作曲 楽団員ともども巨大なドイ トベングラーに対する敬愛
人間が不老長寿を願 って る。この問に対する回答が との疑問もある。ここでは
止ま ない のは根源的 であ ES細胞の発見であろう。 自分の知識や経験は再現さ
る。この望みが叶うかもし
れない?との期待が最近持
たれるようにな った。理由
は移植医療の発展にある。
移植 はヒ トの障害臓 器を
健〝
康〟な臓器との置換を
西遊記では孫悟空は自分 可能にした。これを繰返し
の毛で分身?を作り、自分 ていけば理論的には個体の
と同様に働かせた。自己の 生命は永遠となる。しかし
コピー作成であり、再生で 現実は提供される臓器が圧
与えれば望みの臓器が得ら 老不死には問題は多いよう わけではない。
れる筈であるが、まだ実現
で
ある。
会社 へ有能な人を出せま
していない。また〝ク ロー
我家に ﹁瓏︵ロン︶﹂と
ン羊ドリー〟を応用して、 名 付けた六才 の柴犬 がい
自己の体細胞核を移入した る。人生終盤に神より授か
った宝物だが、現時点で彼
ある。このような自己再生 倒的に不足で治療自体もま ES細胞を発生させれば、
本
が続けられれば、個体の生 まならない。現在のドナー 自分と同じ〝人間〟が誕生 の体細胞を保存することは
命は永遠、
となるであろう。 制度が続く限りこの方法で する。では ﹁このもの﹂が 難しくない。しかし何年か
自分と同 一であろうか。移 後に彼を再生させた時、今
も っとも悟空の場合は呪縛 の長寿実現は夢である。
が解けると同時に元の毛に
近年、人工的に臓器を創 植の為に臓器を摘出すると とケン ︵犬︶性が全く違 っ
戻 ってしまうので、彼の生 り出して移植臓器の供給源 殺人になるのであろうか。 ている可能性は高い。困惑
にしよ うとい う考えがあ
命は永遠ではない。
一方、これは真の自己? する私 の前に、﹁ロンより
不老 不 死 と は
石
︵昭34 ・マッシーランド施
設長︶
紀 正
岡 部
緑蔭随想
あじさいの花咲く頃よ君 身を投じた。ビデオでも、 のみならず友人やそして世 で、ビデオでは三人ともつ 新薬が登場して精神分裂病 の回路に入り込んでしまう たのです。この薬を飲みま 戻せるような治療が出来る
分隊会でも少しもその孤独 に訴え たか ったのであ ろ いに笑顔を見せ、嬉しそう に対して新たな切り口が出 ような病気があるのです。 すと恰もスプレーで絶縁体 ようになりました。この様
た。
地元 の ラジ オ
放送 にて
コ マ ー シ ャル 寸 評
(6 )
(平 成 1 3 年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
聞
新
大
慈
(
第 三種 郵 便物 認 可 )
第 5 6 0号
田
誠
った成医会月報とその英語 あ った。如何にもす っきり
松
成 医会 講 習所 の
英 語 名 に つ いて
慈恵医大の前身が成医会
ていた学校なのかよく分か
らないのではないだろうか。
記念碑のことはさておい
て、これから成医会講習所
のことを英語で紹介すると
きには、ぜひ高木らの熱意
にし
を 汲 ん でSei-i-kwai
した
e感
dじ
iの
c好
-い名前である。 て欲しいと思うのである。
講習所であ ったことはよく 版Sei-i-kwai-M
である。成医 a
とl
ころJ
でo
最u
近r
、銀
n座
aに
lあ
ついでにもう 一つ、︵昭
知られている。しかしその
英語名がどうだ ったかを知 会の有力会員であ った高木 る成医会講習所跡の記念碑 和二十二年まで大学から独
英文︶を読んで 立していた︶東京慈恵会医
る人は少ない。あまり使う 兼寛、松山棟庵らは成医会 の説明文 ︵
kの
a英
i語名がTokio Ch用のない名前であり当然で の ︵医学業績を含めて︶活 み て、 それ がSei-i-院
動状況をこの英語版によ っ
にな っていC
るo
のを
urse
であ っ
あろう。
たことをここに追記してお
筆者は十数年前、必要に て広く世界に向けて発信し 知 った。
どうしてこうな ったのか く。この病院は有志共立東
せまられてその英語名を調 ていたのである。成医会講
べたことがあ った。調査資 習所の教育内容もその中に は分からないが、そこはや 京病院、東京慈恵医院、東
料は、成医会の機関誌であ き っと書かれているに違い はり高木らが外国に向けて 京慈恵会医院と次々と名称
Seを
i変
-え
iた
-がk、w
その存 在を宣伝 してい た
そa
のi
英語M
名e
だdical
邑
arity
いる。漢詩においても例え
である。テレビの画面で分 き、その意味を解説してく
ば五言絶句というルールが かることは、原稿を見ない れた。そして流暢な英語で
ある。ここに挙げる二つの で喋 っている時間が、前大 それを朗読してくれ、感心
英単語も英詩におけるその 統領よりも、また前々大統 して聴いていた生徒達に向
ようなものと私は考える。 領 ︵
父君︶よりも、ず っと か って歌詞をさしながら二
今年、去る 一月 二十日の 長か ったことである。文章 言呟いた。それが ﹁イアン
さて、そこで思い出した
こ の授 業の 後今 日まで
演説中にはコンパ ッシ ョン のが標題に挙げた二つの言 A、B、C、には大変お世
という抽象的な言葉や、具 葉である。私は嘗て小学六 話にな った。他方イアンバ
体的な減税の話が出て来る 年生で終戦を迎え、翌年戦 スとツロッキーの方は高校
H
pじ
iて
t出
a来
lは良か っ 後第 一回の中学生として鹿 時代、慈恵大学時代はおろ
なo
どs
、総
たという評が出ていた。私 児島県の志布志中学に入学 か、在米時代を通じても 一
も自分の耳でこの演説を聴 した。終戦前から日本の学 回も口にせず、耳にもせず、
き、批評こそする柄ではな 校英語の教育は中学 一年で また筆にもしなか った。今
わるだけである。そう思 っ
後も当時は英語の重要性の けで、そのうち私自身が終
いが、二つの特徴があるこ 始められていた。そして戦 後もこのまま時が過ぎるだ
とに気付いた。
たからこの度、本誌の本欄
因 みに我 が志布志 中学
のスペースを借りた次第。
は、その後間もなく新制高
校になり、現在は普通科の
・明治生命厚生事業団新宿
先生はその歌詞を黒板 に書 健診センター︶
ぞ知る ﹁
峠 の我が家﹂。K
教えるのを止め、英語の歌 卒業生もいると言う話であ
を教えてくれた。それは人 る。︵昭33 ・慈大 客員教授
背景と背後関係を負 ってお で知られるが、そのお人柄 八苦したり、学長専用車購 憶の中に生きている。
ではあるが、演説の原稿は ではなか った。担当のK先 他に英語科があ って、高校
られる。
英語の詩を作る時、配列 一流の文章家によ って洗練 生は、A、B、C、⋮⋮を から米国の大学に遊学する
と功績の大なること、今更 入も夢の夢、大橋や国領の
学祖の時代は日本の黎明 説明の必要もなかろうが、 校地を手離したりと、本学 する語の長短あるいは強弱 されたものであ ったに違い
期であり、国全体が上昇気 敢えて言うならば、樋口先 の苦境も並大抵ではなか っ のリズムを種別する時の用 ない。そして他の 一つはそ
運に満ちていた。
加うるに、
語らしい。日本でも俳句や の演説の原稿を大統領は大
た。
生
が
本
学
の
経
営
に
参
入
さ
れ
学祖の偉大な経略 ・実行力 た頃、未曽有の敗戦と共に
樋口学長の新登場は、本 和歌にはリズムが決ま って 方暗記していたということ
和
樋口先生の豪放磊落 ・細
の大きな愛情に包まれた多
心緻密なお人柄に接し、あ
くの同窓にと って、忘られ
ぬ想い出と感激が蘇るであ
ての体験だ ったろう。また、
化対策として保健所主導の 長年の夢が余すことなくち
が紙面 の都合 で割愛する
のメリ ットは他にもあろう
年前のことだ った。
ご協力頂 きたいも のであ
ところで、この六月二十 る。 ︵
昭23 ・中野支部長︶
が、不発に終わ った。十七 感じ、脱帽させられた。
随時参加させるシステム作 した世なればこそ、この素 が、同窓各位にはこの運動
りを提言したことがあ った 晴しい企画に 一陣の涼風を に賛同されて少子化防止に
母親学級に女子高 ・大生を りばめられていた。殺伐と
ライ マリ ・ケア学会で少子 案だという。そこには私の
を与えたい。第六回日本プ まい。これは養護教諭の発 から母性の芽生えを感じ取
ったことも見逃せまい。こ
赤ちゃんと触れ合える機会 れ果て、虐待にも走りかね 赤ちゃんとの触れ合いの中
よう。若い女性になんとか わが子とニラメ ッコでは疲
人生を終わることもあり得 なか った新米 ママは 一日中 きた達成感は生まれて初め
てる女性本能も開花せずに していた。赤ち ゃんを知ら 同性の人を助けることので
これでは赤ち ゃんを生み育 り、離乳食を食べさせたり た女子生徒にと って先ずは
が、当然の帰結であろう。 そう におむ つ交換を した それだけではない。参加し
以上を占 めて いたという た。二人 一組とな って嬉し 要録に記載されるという。
たことがないの回答が九割 テ ィア活動 の放映があ っ の姿勢は成績とな って指導
による、皇室 ・海軍 ・実業 本学もまたあらゆる意味で 学にと って正に ﹁曙満ちく
どこの家庭も子どもの数 だに少子化に歯止めがかか
ところがこの二、三週前 九日、小中高では奉仕活動
界との円滑かつ親密な関係 の苦難と危機に曝されてい る潮﹂の如く、起死回生の
は、理想実現に大いに有利
は 一人か 二人では人口が尻 らない。ある短大女子学生 のNHKのTVにある地方 の積極的推進を盛り込んだ
救
世
主
で
あ
っ
た
。
以
来
本
学
た
。
し
か
も
時
代
は
何
で
も
民
に対するアンケート調査だ 都市で女子中学二年生によ ﹁教育改革三法﹂が可決さ
が、今まで赤ちゃんに触 っ るベビーシ ッター ・ボラン れ、積極的に取り組めばそ
ことは論を侯たない。しか 今日の本学の基礎を築かれ にはいかない。更に本学の 現に着々と遭進しているこ
し筆者は、二十七回忌を目 たことは、同窓各位の均し みならず、日本全体、私学 とは、全同窓の仰視と誇り
前 に敢え て樋 口 一成 先生 く讃仰するところである。 全体が経営困難当然の時で の的であるが、これ即ち偉
一方学祖の令孫であり、 あ った。日本最初の日本脳 大なる中興の祖 ・樋口 一成
雲 吉
直接に愛育を受けられた樋 炎の病原体発見の快挙にも 先生ご奮励の賜物であるこ
慕したい。
﹁
建学の祖
口先生は、若き日には全く
拘
わらず、その電子顕微鏡 とを、今改めて再認識せざ
﹂
と
﹁
中
興
の
祖﹂は、全く異次元の時代 破天荒な ﹁坊ち ゃん﹂振り ︵
六十五万円︶購入に四苦 るを得ない。
樋 口 一成 先 生 追 慕
南
︵昭27 ・同窓会顧問︶
ろうことを信じつつ。合掌
弘
須 藤
を、改めて崇敬 ・讃美 ・追
聴いた。翌日の新聞には、
深夜であ ったか、私はCN の語呂がよい場合は、人に バス﹂であり ﹁ツロッキー﹂
Medica
Nl
テレビ
Sで
c、
hア
oメ
oリ
lカのブ よ ってはそれを諳んじるこ であ った。今だに耳に残 っ
ッシ ュ大統領の就任演説を とが可能なものらしい。
ている。
i
am busと trochee
成医会講習所の英語名は
けは終始変ることはなか っ
これら 二つの英語は、英
その 一つはスピーチを聴 先が読めない中で、やはり
予想通りその英語版の中に
の方が よか
Sっ
cた
hoたo。l
慈善病院であるという 語圏の国々でも日常語では いてその聴きごこちの良さ 同じであ った。いよいよ戦
容易く見 つけることができ
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
。
そ
れ
基
本
の
思
想
が
変
ら
な
か
っ
た
ない。大きな英和辞書には であ った。言葉の流れが実 後初の中学生の最初の英語
た。そ れ はSei-i-kに
wS
ae
-i-i-kai でCo
たu
めr
であ
sろ
eう。
出ているが、日本語の訳は にリズミカルである。随所 の時間は、前半は形通りに
で は外国人が見て、何を教
iえ
-Med
i28
c・
a慈l
︵
昭
大名S
誉c
教h
授o
︶ol
ついていない。しかし、私 に韻が踏んであるように感 アルフ ァベ ットを教える授
の中学 一年生時代の古い記 じた。恐らくは当然のこと 業であ ったが、後半はそう
ない。
二 つ の 英 単 語 (
6)
あ る少 子化 対 策
わが慈恵における偉大な であ った。それらはあくま 主主義 一辺倒。明治の時代 がかくの如く発展し、私立 つぼみにな って当然。その
る師表といえば、その筆頭 でも学祖の力量の賜物であ とちが って ﹁独裁﹂はあり 大学のト ップに位し、高木 原因を考えていろいろな施
に掲げられるのは、もちろ り、日本の医学教育 ・医療 得ない。学生や職員が学祖 イズムそして樋口イズムが 策が行われているが、いま
ん学祖高木兼寛先生である 思想に大きな足跡を遺し、 にひれ伏して尊敬したよう
々脉
と伝承され、理想の実
緑蔭随想
島 政
貴
第 5 6 0号
(
第 三 種郵 便 物認 可 )
聞
新
大
慈
(
平 成 1 3年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
(7 )
︵
昭 45︶
西多 摩 学 術 連 絡 委 員
森 本晉
︵
昭 38︶
利 章
北海道学術連絡委員
原
青 森 学術 連 絡 委 員
︵
昭 40︶
齋 藤 文 彦
岩手学術連絡委員
︵
昭 40︶
菅 野 恒 治
宮城学術連絡委員
︵
昭 42︶
松 田 直 樹
秋 田 学 術 連絡 委 員
︵
昭 42︶
小 野 良 實
山形 内 陸 学 術 連 絡 委 員
︵
昭 42︶
伊 藤 義 彦
一郎
山形 荘 内 学 術 連 絡委 員
︵
昭 51 ︶
三 原
健
福島学術連絡委員
︵
昭 35 ︶
三 瓶
茨 城 学 術 連 絡委 員
︵
昭 44︶
大 平 征 二
栃 木 学 術 連 絡 委員
︵
昭 47 ︶
中 山 信 彦
群 馬学 術 連 絡 委 員
︵
昭 36︶
宮 下 賢 次
能 勢 俊
一
神奈 川横浜学術連絡 委
員
︵
昭 50 ︶
神奈川川崎学 術連絡委
︵
昭 39︶
岐 阜 学 術連 絡 委 員
熊 谷 恒 朗
静 岡学 術 連 絡 委 員
︵
昭 27 ︶
福 地 益 人
︵
昭 42︶
仁
渡 辺 嘉 久
員
須 知
神奈 川鎌倉学術連絡委
︵
昭 40 ︶
浜 田 雅 之
隆
坦
良 尚
学
︵
昭 47︶
永 田
仁
裕
徳島 学術 連 絡 委 員
︵
昭 44︶
山 口学 術 連 絡 委 員
︵
昭4
7︶
登 坂
広島 学術 連 絡 委 員
︵
昭 48︶
景 山 浩 次
岡 山 学 術 連絡 委 員
︵
昭 52︶
河 村
島根学術連絡委員
岸
鳥 取学 術 連 絡 委 員
︵
昭 24専 ︶
榎 本 光 男
和歌 山 学 術 連 絡 委 員
︵
昭 42 ︶
足 立
兵庫学術連絡委員
︵
昭 45 ︶
栗 田 正 憲
大 阪 学 術 連 絡委 員
︵
昭 45︶
京 滋 奈 学 術連 絡 委 員
︵
昭 46︶
大 前
愛 知学 術 連 絡 委 員
︵
昭 28 ︶
員
天 野 文 武
信 明
神奈川逗葉学術 連絡委
員
︵
昭 31︶
南
神 奈川横須賀 三浦学術
連 絡 委員
︵
昭4
5︶
一
︵
昭 48 ︶
山 田 眞
神 奈 川 湘 南 学 術連 絡 委
員
田 島 敏 久
︵
昭 44︶
神 奈 川湘 北 学 術 連 絡 委
員
鈴 木 善 郎
︵
昭 31︶
神 奈 川西 湘 学 術 連 絡 委
員
新 潟 学術 連 絡 委 員
︵
昭 39︶
入 倉 英 雄
富 山 学 術 連 絡委 員
︵
昭 54︶
佐 伯 俊 雄
有
︵
昭 48 ︶
石 川 学 術連 絡 委 員
小 山
一英
︵
昭 47︶
福井学術連絡委員
大 嶋
山梨 学 術 連 絡 委 員
大 櫛 弘 篤
︵
昭 45︶
大 戸 武 久
埼 玉 学術 連 絡 委 員
︵
昭 27︶
小 林 輝 夫
香川学術連絡委員
︵
昭 39 ︶
家 常 敏 弘
長野学術連絡委員
︵
昭 40︶
中 島 万 方
千 葉 学 術 連 絡 委員
︵
昭 36 ︶
栗 原 宣 夫
true
僅〝
かばかりのきのうと が知識であり、深い思索や か言われるものはnature
ur
の
違うあすを夢見ながら今日 実践を通じてはじめて自分 と いう よりnurtな
を過ごす〟というのが私の のものになるとされていま です。このように考えてく
エンス、言いかえればサイ
lk
en
do
gw
eti
fの
iサ
eイ
d
モ ットーです。目まぐるし す。また英語での
るは
と知j
のu
世s
界は
一つ
い社会の変化を横目で見な
と言われ、b正e当l化ieエf
ンスの 一部と言う事がで
がら毎日 を過 ごしていま
す。私にと っても 二十世紀 された真なる信念とされて きます。自然科学、社会科
はいたずらに他者とのいら います。また知について考 学、人文科学は全て知識が
だちや競争にわずらわされ えてみますと、これにはス ベースにな っています。つ
た事の多い年月であ ったよ キルに代表される技や業、 まり、知の世界の 一部に過
うに思えてなりません。二 勘、夢とい った経験的に習 ぎません。二十 一世紀の知
意味のあるデ
十 一世紀はまさに自己に克 得されるような知があり、 の世界は、〝
これを暗黙知と称していま ータ〟の積み重ね、即ち、
が問われているようです。 知識 であると され ていま
劇場管弦楽団。ベートーベ
コ﹄よりバビロニアの捕虜 せ て くれ る。 リサ イタ ルの 期演奏会ではアン コールを
ェルデ ィのオペラ ﹃ナブ ッ な い 素晴 らし い歌 唱を 聞か
このようにコンサート後
通常、オーケストラの定 に盛り上が った。
ンの交響曲第四番、第七番
の重厚な曲の後にヨハン ・ の合唱〝
金色の翼にの って〟 アン コー ルの 最後 は必 ずデ 聞ける機会は少ないが、全 のアン コールの楽しみは、
シ ュトラウスの﹃こうもり﹄ が歌われ、別れを惜しんだ。 ・ク ルテ ィスの﹃忘れ な 草 ﹄ 力を振り絞 って予定のプロ 前述したように、思いがけ
序曲とポルカ﹃電光と雷鳴﹄ その四 ウ ィーン ・フ ォル
魅力的な指揮姿とともに聴 ウ﹄
。サービス精神旺盛で
J. シ ュト ラウ スの ﹃
美 し ログラム終了後、その巨体 クワクする瞬間でもある。
コン サ ート 。曲 目は定 番 の ソプラノ歌手。メインのプ き手にと って期待に胸がワ
ン ・フ ィルの ニ ューイ ヤー ン。世界的に知られている 印象に残ることもあり、聞
く知 られ てい るの がウ ィー その八 ジ ェシー ・ノーマ プログラムよりもい っそう
その 七 ア ン コー ル曲 がよ 不満は残らない。
事である。当日のメイン ・
で締 めく くり 、聴 衆も これ グ ラムを 演奏し ているの ない曲とか最も得意とする
で、聞き手にと ってあまり 曲が取り上げられたりする
衆を熱狂の渦に巻き込んで 曲の途中でもアンコールに
に躍動感ある演奏を始め、
答え、終演後も指揮者が舞
き青 きド ナウ ﹄と ﹃ラデ ツ を揺さぶり、手拍子を取り
ハールの ﹃メリー ・ウ ィド
を拍手が鳴り止まないうち クス ・オーパー。曲目はレ を 期 待し てい る 。
その二 ギドン ・クレーメ 台上からオーケストラを指
キー 行進 曲 ﹄
の 二曲 であ る 。 ながら黒人霊歌を歌い大い
しまう。
ル。世界的なヴ ァイオリ ニ 揮しフ ィナーレの部分を繰
私、 一九八九年十 二月登 HVの エンジンは、軽快に 考えさせられます。
︵昭45 ・同窓会理事︶
ストで若手演奏家と共演し り返した。
た時、その室内オーケスト その五 テレサ ・ベルガン
ラの誕生日を記念して、バ サ。スペイン出身の著名な
ロ ック調、ベートーベン調、 オペラ歌手で、鳴り止まぬ 録のシト ロエン2CV ︵以 最高回転数近く ︵多分六〇
確かに2CVには エア コ
ワルツ風、タンゴ風等に編 拍手に次々と七曲ものアン 下2CV︶を日常の通勤等 〇〇rpm超︶まで回りま ンやパワーウインドウや、
熊 本 学 術 連絡 委 員
大分 学 術 連 絡 委 員
︵
昭 31︶
酒 井 巖 海
真
鹿 児 島 学 術連 絡 委 員
︵
昭 23︶
︵
昭 50︶
︵
昭 46︶
崇
充
吉 田 正 林
父兄会常任幹事 ︵
昭 51︶
山 田
父 兄会 常 任 幹 事 ︵
昭 47 ︶
町 田
田蘆
浩
父 兄会 常任 幹 事 ︵
昭 50︶
銭 谷 幹 男
壽 路
父 兄 会 常 任 幹事 ︵
昭 53︶
藤﨑
一
父 兄会 常 任 幹事 ︵
昭 45︶
岩 渕 秀
父 兄会 常 任 幹 事 ︵
昭 46 ︶
持 尾 聰 一郎
一
父 兄会 常 任 幹 事 ︵
昭 48︶
上 出 良
泰
父 兄 会 常 任 幹事 ︵
昭 47︶
岸髙
︵
昭 42︶
広 浜 恵 生
父 兄会 監 事
︵
昭4
7︶
河 合 邦 生
父 兄会 監事
徳 田 政 道
事 務 局 一同
編 集 局 一同
馬場 あゆみ
昭r
47a
︶ c学
G父
e兄
n会
e副
r会
a長
l ︵
P
t生
i委
t員
i長
o-ners
川 村 統 勇
父 兄会 副 会 長
益 子 健 康
父 兄会 副 会 長
日 賀 久 雄
沖縄学術連絡委員
父 兄会 常 任 幹 事 ︵
昭 49︶
︵
昭3
5︶
高 岡
父 兄 会 常 任 幹事 ︵
昭 48︶
暑中御見舞
愛媛学術連絡委員
︵
昭 51 ︶
後 藤 和 利
吉 彦
高 知 学 術 連絡 委 員
︵
昭 46︶
谷
福 岡学 術 連 絡 委 員
︵
昭 43 ︶
阿 南 郷 一郎
佐 賀学 術 連 絡 委 員
︵
昭 44 ︶
ではないでしょうか。何倍 おりません。付属品をどん
理
中 尾偕 主
けられ、説明性、関係性、 された曲目以外にアン コー 聴いていてリラ ックスする 日本語でコメントし最も得
橋 本晏
のは自明の理ではないでし いのかも知れません。
ょうか。半世紀以前に基本
それにしても今年の夏は
的設計が 成され た2C V 猛暑で、2CVの車内に付
長に就任したエルドリ ッジ ら刊行され、 一八八五年か 車より も少ない六 〇 二 ㏄ は、半世紀の間の自動車の かね。
は、日本側の要請で 一八七 らは英文記事も記載され、 で、水平対向空冷 二気筒O 進歩とは何であ ったのかと ︵
昭47 ・父兄会常任監事︶
一年に来日した北海道開拓 エルドリ ッジ等の名の記し
エルドリ ッジには 二人の い、彼だけが医学を学び祖
最初、
使最高 顧問 H ・ケプ ロン てあるところから、彼らの ドン大学の内科医師。
関連の記念
講
C演
a会
rが
e
古典を研究したが、ウイン
︵
米国農務局長官︶の開拓 貢献が伺われる。
に選ばれた。
企画されている。 of
団の 一行の中にいた。
当時、 第 二代 ︵
長女︶ ベアトリ ッ チ ェスター、オ ックスフォ 第五代 ︵
玄孫︶ジ ョン ・タ
私 は エルド リ ッジの曾
秘書兼医師であり脚気の研 クス ・エルドリ ッジ
ード大学から奨学金をもら
イ
ナー ︵1
年9
生7
ま2
れ︶
孫、玄孫がともに健在でい
現在、東京で高校の英語 ることを知り、彼は過去の
究者でもあ った。
婚予定。これを機会に父 ヘ の墓は、横浜山手の外人墓
約三年間、函館医学校に 娘がおり、姉のベアトリ ッ 父の業を継いだ。
教師をしている。本年十 一 人物ではなく、現存者のよ
勤務し医学教育、著作、 一 クスはF ・タイナーと横浜 第四代 ︵曾孫︶ ヘンリー ・ 月、東京で日本人女性と結 うな気がする。なお、夫妻
八七四年 ﹃
近世医説﹄第 一 で結婚し、四人の息子は全 タイナー ︵1
年9
生4
ま6
れ︶
ア マチ ュア画家とし ても ンリー ・タイナー氏も来日 地の表通りから見られる場
三︱
号刊行、解剖等に意欲 員横浜生まれである。
を燃やしたが、
任期満了後、 第三代 ︵孫︶ウィリアム ・ 知られる医師で、二〇〇〇 し、先祖スチ ュアート ・エ
所
にあることを付記してお
of the Royal College
︶6︱1971
横浜に転居した。そこで、 タイナー ︵190
年
に
は
栄
誉
あ
る
F
e
l
l
o
w
ル
ド
リ
ッ
ジ
ゆ
か
り
の
横
浜
市
く
。
一般病院院長 ︵
山手病院︶
、 四人兄弟の三男で、ロン
立大学医学部でPrimar︵
y
昭17 ・神奈川県連会長︶
︵
昭 51︶
もの排気量を持つ車が多い どん付けてい って車体重量
気量のガソリンエンジン車 追求すると形は決ま ってし
は、CO2
排 出量が大 きい まい、新たな形を作りにく
削減が叫ばれる今日、大排 でした。最小限の必要性を
れ り尽くせ りです。CO2ジも2CVにはありません
いでしょうか。しかも、速 無駄遣いにつながる陳腐化
度リミ ッターを付けてと至 させるためのモデルチ ェン
いざ知らず、渋滞の日本の 策を繰り返してきたように
道では宝の持ち腐れではな 思えてなりません。資源の
最近、大排気量であ っても が増えるのを補うために エ
何に使用するのか?速度制 ンジンの出力を上げる ︵エ
限のないアウトバーンなら ンジン排気量を増やす︶愚
脈略を持 ったデータとなる ル曲が演 奏され る事があ と同時にとても楽しい雰囲 意とするスペイン歌曲を披
来日公演。最終日、裏方の 超ベ テランの テノール歌
のは間違いなさそうです。 象に残 ったいくつかを紹介 その三 ミラノ ・スカラ座 ツ ィ。何度も来日している
からです。知識の使い方、 る。これはファンにと って 気のうちにコンサートが終 露した。
その六 カル ロ ・ベルゴン
情報の使い方が問題になる 大きな楽しみでもあり、印 了した。
二十 一世紀はこうした知 する。
慈恵医大では、学祖高木 た。今年は彼の没後百年に 十全医院 ︵
横浜市立大学医
の世界にあ って、新たに集 その 一 カル ロス ・クライ 人たちも参加してイタリア 手。今年七十七才であ った
積される知を今迄の知とど バー指揮バイ エルン国立歌 の第 二の国歌といわれるヴ が毎回年齢を全く感じさせ
のよ うに組 み合わせ るの
か、あるいはどのように利
そういえば、昔、父の言葉 す。IT時代とな った今、 世界にあ っては、利用に関 アート ・エルドリ ッジがい
しかしデジタル社会にあ てもサイ エンスの 一部とさ
ってもアナログ的発想の暗 れる技術という部分がデジ
に〝己を知り、徹して生き 形式知、つまり科学的知識 する コンテキストを必要と
よ〟というのがありました。 が重要とされ始めました。 しているのです。それにし
自分 の実 力の未熟を 知る
事、己を知る事こそ真の進
歩であるとは分か っていて 黙知を無視する事は出来な タル世界の中にあ って光り
も自分を知る事はたやすい いのです。伝統芸能の類、 輝き、中でも、サイバー世
ことではありません。〝
己 つまり匠 の技 ︵業︶
、や名 界 つまり、天体、人体、電
紀 雄
大 滝
を知り、徹して生きる〟二 人芸とされるものを経験知 脳 ︵コンピ ュータ︶に代表
︵mem︶eの 関与が ある 所がないように思えてなり
次にキーワードとして考 と 文 化 的 遺 伝 子 ミ ー ム 知の世界の拡がりは止まる
十 一世紀に向けての私自身 として残す事は文化遺産で される世界にあ って〝利用
のキーワードにしようと思 すらあるのです。そこには の科学〟が際限なく展開さ
っています。
ヒト遺伝子の関与 ︵ge︶
ne
れています。二十 一世紀、
えておきたいものが知とか
知識とか知恵とか言 ったも とされているからです。信 ません。
のです。意味のあるデータ 念、信仰、夢、しつけ、と ︵昭37 ・北里大名誉教授︶
エ ル ドリ ッ ジ の 家 系
一九〇〇年 ︵
明治33︶副会 極めて早期の 一八八二年か
が、大人四人を乗せ、時速 けられる小型扇風機を売 っ
シ トロ エ ン
2 C V考
つ戦略こそが要となる時代
であると 思えてな りませ す。それに対して言葉、文 知識を編集し人間にと って
ん。各人が〝小さな誇り〟 字 ︵
数字︶︵記号︶、コンピ 意味のあるデータとしなけ
夫
貞
い、これこそが情報として かされます。何故なら情報
クラシ ック音楽のコンサ 曲された ﹃ハッピーバース コール曲を歌い、最後は仕 に使用していて考えさせら す。最高回転数まで日常的 パワーステアリングやAB
は科学的知識として位置付 ートでは、あらかじめ予定 デイ変奏曲﹄を演奏した。 方なしに ﹁
おまけです﹂と れることが幾 つかあります に使用できる車は少ないの Sや エアバ ック等は付いて
を持つべき時代なのかもし ュータ等で科学的に処理さ ればならないのです。そう
れません。真の主体性の確 れ た知の事 を形式 知と言 することで初めてITが生
立の時代、最大の敵は己で
『ア ン コ ー ル 』の 楽 し み
用するのかが問われるので 兼寛があまりにも有名なた 当り、我が慈恵医大と縁の 学部の前身︶治療主任のほ
はないでし ょうか。 二十世 め、アメリカ医学の恩恵は あるこの人物を検証しなが か、開業医としても精力的
紀中盤以降、科学はややも 忘れられがちである。高木 ら現代に到る家系をたど っ に活躍し、 一九〇 一年当地
充
田
山
糾
井
酒
で没した。日本における永
すると知識と技術について は英 国留学か ら帰 国後、 てみる。
誤〝った利用〟を是認して ﹁成医会
第 一代 スチ ュアート ・エ 年の功績に対し勲三等瑞宝
﹂
を
創
立
し
た
が
、
︶3︱1章
9が
0贈
1られている。
ある、とい った事 への自覚 他に伝える事が可能となる 歩んで来はしなか ったでし この会に関わ ったアメリカ ルドリ ッジ ︵184
ので、ここに書いてみたい
ょうか。 二十 一世紀、知の 人お雇い医師の 一人スチ ュ
﹃
成医会﹄の会員であり、 成医会月報は、日本では と思います。
世 界 を 前 に して
一〇〇㎞で走行できること ているお店はないでし ょう
21世 紀 、知 の
総排気量は最近の軽自動
緑蔭随想
原
(8 )
(平 成 1 3年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
聞
新
大
慈
(
第 三 種 郵便 物 認 可 )
第 5 60号
支部総会および講演会を例
支部長より梅垣健三元奈良 に ついての報 告がなさ れ
の会員から活発な質疑応答
医大学長 ︵昭21︶嶋村晃君 た。今まで 一府二県という がなされ、丁寧なる御教示、
︵昭23︶が逝去されたこと 広範囲の支部事情から連絡 解答をいただき、会員から
が報告され黙祷を行い御冥 不備となることが少なから 多大の拍手と御礼の言葉が
福をお祈りした。ついで昨 ずあ ったが、その間題が解 述べられた。ついで懇親会
年設立された ﹁支部総会規 消され今後は当支部会員の に移り、今年は寒川先輩に
り、これが私の長生きの秘 奏小島さやか氏︶に今年も
訣である、ご出席の皆さん 歌曲を歌 ってもら った。ア
には今宵を楽しく過ごして ルコールをたしなみながら
頂きたいとの軽妙な開会の 当レストランの料理を賞味
挨拶があ った。続いて大野 し、お互いに旧交を暖めて
教授より庶務会計報告が行 いるうちに予定の時間とな
杉 田 暉 道 神奈川県予防医学協会
久 保 修 横浜市立大学教授・公衆衛生学
杤
われ、 一同了承した。引き り、黒坂幹事の来年も元気
続き第1 ・第2微生物学教 にお会いしまし ょうとの閉
監修 日本肝臓学会
編集 日本肝臓学会企画広報委員会
約﹂に従い総会が開催され 連絡強化を計ると共に、慈 よる乾杯の音頭で始まり、
た。まず大前学術連絡委員 大同窓の結束に役立つ体制 各自近況報告がなされ、年
について大野、益田両教授 をお開きとした。
当 日の出 席者 は徳 田実
統計学入門
室の研究の現況や人事異動 会の挨拶で本年のさつき会
加奈子の四十 一名。
︵昭21︶小泉裕美 ︵昭22︶
慢 性肝炎診療マニュアル
一回の久しぶりの同窓の歓
より紹介があ った。微生物
出席者は青木茂正、今泉
学講座第1はガン、HIV 忠芳、大黒勇、大野典也、
感染症 に関する 遺伝子治 岡野J.洋尚、北島和子、
療、微生物学講座第2はブ 黒坂公生、桑原季六、近藤
ドウ球菌の感染のメカ ニズ 勇、櫻井進、常喜達裕、高
ムを主たる研究テー マとし 津忠夫、田郷寿正、中森省
支部長に松浦 一君 ︵昭30︶ らいが続いた。また会場で
音頭で始められた。宴の途
︵黒坂公生記︶
二年度の横須賀 ・三浦支部 己紹介を兼ねた近況報告な
総会を開催した。 一月二十 どあり、新しく有意義な 一
七日に予定していた新年会 時を過ごすことができた。
が当地ではめずらしい大雪 二次会では徳田支部長を誘
で、久しぶりの会合とな っ
のため中止とな っていたの い?ワインを痛飲した。
た。当支部では現在四十六
︵昭28︶忍田早苗 ︵昭31︶
名の会員がいるがそのうち 郡司博 ︵昭24専︶種瀬富男
︵昭40︶徳田耕司 ︵昭42︶
まず南信明庶務幹事司会 関沢英 一 ︵昭35︶井上眞夫
二十 一名が出席した。
のもと、徳田実支部長の挨
拶があり、型通りの庶務報 南信明 ︵昭45︶徳田政道 ︵昭
告と塚本光嘉君からの会計 47︶伊丹昭 ︵
昭49︶山内眞
報告が行われた。なお開会 義 ︵昭50︶竹村隆夫 ︵昭51︶
に先立ち物故会員となられ 工藤十右衛門 ︵準昭56︶青
た大久保正道 ︵昭14︶庵谷 山辰夫 ︵昭57︶工藤澄彦 ︵昭
実 ︵
昭23︶両君 へ黙祷をさ 57︶塚本光嘉 ︵昭59︶室井
忠樹 ︵昭62︶小峰武明 ︵昭
さげた。
■ 医 学生 ・看 護 学 生 の た めの 入 門 テ キ ス トの 定番
の司会により高橋支部長が とな った。
出 席者は寒川正明︵昭16
ついで大学よりお招きし 談が行われ、来年の再開を
挨拶をされ、栗原新学長が
誕生し たことが 報告され た田嶼尚子教授より、講演 約して閉会とな った。
た。また庶務報告として大 に先立ち栗原新学長による
昭16後︶
前委員より昨年秋に行われ 大学の新体制、近況につい 前︶細田精 一夫妻 ︵
た支部長会議の場での慈大 てお話を頂いた。続いて講 仁木偉瑳夫︵昭22︶高橋浩昭
昭27︶
尾田
創立百二十周年記念事業募 演に移り、専門である ﹁糖 ︵昭24︶南雲吉和︵
ているとのことであ った。 吾、藤瀬清隆、益田昭吾、
学術講演は大野教授によ
待
木
良 一、町田勝彦、三宅
り ﹁Hybrisepで
:D浩
N二
A、毛利敦雄、横野彰、
深田弘治君 ︵昭33︶山崎望 は恒例の振興基金寄附箱が 屋崇 ︵昭53 ︶飯村民朗 ・小 十四日逝去された佐々木龍
中、去年好評を いただいた
かれた。
者の血液からの原因菌の遺 井上慎 一、相川裕子、馬目
総会は藤瀬幹事の司会で 伝子診断法について解説が 陽子、柴崎茂生、大木里枝、
長に大畑元君 ︵
昭36︶、副 に時の経 つのを忘れての語 梅澤和正 ︵
昭52︶金子健二
・永田悦男 ・鈴木健夫 ・土 始められた。まず去年四月 なされた。
内山慈、中山尚人 ︵微生物
を捧げたのち、同窓会鈴木
テナー歌手秋川雅史氏 ︵
伴
故された十名の会員に黙祷
泰雄顧問 ︵
昭19︶を議長に
人君 ︵
昭37︶益子博君 ︵
昭 各テーブルをまわり十万円 林洋 一 ︵昭54︶広瀬悟 ・野 男会員に 一同で黙祷を捧げ
昭58︶新入学生:新 てご冥福を祈 った。その後
45︶を選出した。また永年 の献金を頂き、同窓会本部 本淳 ︵
に亙り支部の発展に尽力さ に寄贈することとな った。 井千昭、藤本義隆、藤原佑 大黒会長の八十五歳になる
総会終了後懇親会に入 っ 第2︶関啓子、村井美代、
た。宴は大黒会長の乾杯の 前田敏朗、内田敦子、田辺
選出し議事にはい った。
当日の出席者は鈴木泰雄 樹、
目澤秀俊。
︵須田健夫記︶ が忙し い毎日を 送 ってお
深田弘治幹事 ︵昭33︶よ
り本部 ・支部の会員動向の
れた鈴木豊君、斎藤昭三郎
盛大に開催された。新井昭 た。まず平成十 二年度に物 役員改選が行われ、新支部
[IS
BN4−
260−13878−
2]
定 価 (本 体 2,
400 円 + 税 ) 送 料実 費
金寄附の件、大学の新規事 尿病最近の話題﹂と題し最 芳隆︵昭44︶間嶋崇哉︵昭45︶
昭46︶
山岡 一衛夫妻
業についての報告がなされ 近の診断基準から病態、特 大前隆︵
金本由利恵︵昭52︶布
た。次いで桝田幹事より会 に治療について臨床的立場 ︵昭51︶
昭54︶
桝田出︵昭55︶
計報告、今期より新たに各 から実際の薬物療法につい 施隆治︵
第 1・
第 2合 同 で 現 役 ・O B41名 が参 集
県より選出された山岡滋賀 て、判り易く詳細にお話し 辻井啓之、千恵子夫妻︵昭
の細菌の同定︱感染症の原 吉沢幸夫 ︵
微生物第1︶
因菌を確定する新しい方法 大橋隆明、馬目佳信、渡辺
去る三月二十五日午後四 年同様、京都駅前の京都タ 県地区幹事、辻井奈良県地 され、内科医以外の方にも 61 ・昭63︶、
北田容章︵
平8︶
去る五月十九日︵夕
土刻
︶、 関東京會舘にて微生物学教
大前麻理子
時より平成十三年度京滋奈 ワーホテルにて開催した。 区幹事、大前京都府地区幹 非常に有意義となる講演で 小島正裕︵平10︶
﹂
︱という題で扶桑薬品と 美智子、鎌田美乃里、秋山
学生︶。
︵大前隆記︶ 霞ケ関ビル三十五階の霞 ヶ 室同門会 ﹁さつき会﹂が開 の共同研究による敗血症患 暢丈、小川智生、伊藤恭子、
まず総会に先立ち、髙橋 事から各地区の同窓の現況 あ った。講演後も実地医家 ︵
微 生 物 学教 室 同 門会 開 か る
報告、平成十三年度本県関
続いての学術講演は栗原 郎 ・土居通 ︵
昭25専︶新井
君 ︵昭25専︶が支部顧問に ︵昭19︶山本敬雄 ︵昭23︶
四名︶の紹介、卒業五十周 推薦され総会は終了した。 荻野光男 ︵昭25︶斎藤昭三
係の新入学者七名 ︵出席者
年を迎えられた九名 ︵
出席
者:新井昭雄君、石井嘉男 敏学長の ﹁本学の現状と展 昭雄 ・石井嘉男 ︵
昭26︶内
君︶の紹介があ った。続い 望﹂と題した記念講演であ 田豊 ︵昭29︶松浦 一︵昭30︶
て勲五等瑞宝章を受章され った。学長は二十 一世紀を 鈴木豊 ︵昭31︶原浩 ・深田
た内田堅 二君 ︵昭25︶、鈴 迎えて全国の医科大学 ・医 弘治 ︵昭33︶滝本伸子 ︵昭
木豊君に埼玉支部荻野光男 学部の範となるべき医学教 34︶磯田和雄 ・山本博千 ・
顧問 ︵昭25︶より記念品が 育を推進し、文部科学省か 吉原忠男 ︵
昭35︶大畑元 ・
贈呈された。十 二年度会計 らも注目されている現状、 小室舜 一 ︵
昭36︶山崎望人
報告ののち、鈴木支部長よ その知識と多くの臨床経験 ︵昭37︶酒井俊男 ︵
準昭38︶
り大学百二十周年記念事業 を基にした臨床研究 ・診療 石井道夫 ︵昭39︶青木清子
に埼玉支部より 一〇〇万円 のあり方の推進、
また十年、 ・青木徹 ・岡田武久 ・養田
昭40︶河西信勝 ・畑
の寄附を行いたい旨の提案 二十年後の慈恵大学の未来 俊之 ︵
があり満場 一致で承認され 像を熱く語られ 、その広大 誠 ︵昭43︶木戸晃 ・竿代丈
た。益子博同窓会理事 ︵
昭 な構想と着々と進められて 夫 ・益子博 ︵
昭45︶御手洗
梅雨の合間をぬ った六月 雄幹事 ︵昭26︶司会のもと、 45︶からは同窓会本部の現 いる大学改革の 一環を会員 哲也 ︵昭46︶大滝栄典 ︵昭
十六日︵、
土誕
︶生したばかり 鈴木豊支部長 ︵昭31︶の大 況として役員改選報告、事 一同聞き入 った次第であ っ 49︶斎藤茂 ・佐々木弘文 ・
のさいたま市に栗原学長を 学百二十周年記念事業に協 業報告 ・計画が 紹介され た。講演終了後、懇親会に 佐々木達海 ・須田健夫 ・関
支部会員の約半数 が久 しぶ りに参集
● A 5 頁 184 2 00 1年
●B5 頁 150 図 49 写 真 9 表 37 2001年
定 価 (本 体 2,
800円 +税 ) 送料実費 [
I
SBN4−260−11
977−X
]
内科学 の田嶼 尚子教授 による学術講演
創 立 120周 年 記念 事 業 募金 に100万 円寄 附決 定
お迎えし、埼玉支部総会が 力 しよう の挨拶で開 会し た。また本年は埼玉支部も 場を移し、栗原学長、鈴木 谷透 ・前田俊彦 ︵昭50︶篠
総会終了後は ﹁
サフ ァイ 63︶後藤誠 ︵
平成十三年六月九日︵
土︶ セントラルホテル五階 ﹁エ
昭63︶鎌倉広
・大畑の新旧支部長を中心 田仲正 ︵昭51︶白井康仁 ・ 午後五時三十分より横須賀 メラルド﹂において平成十 ア﹂にて懇親会。全員の自 俊 ︵
準︶。 ︵
関沢英 一記︶
横須賀・三浦支部総会開催
〝とっつきやす い統 計学〟と して評 判の入門書 。できるだけ難 しい数 式
を用 いずに統計学 の基礎が理解 できるよ うに配慮 した。医療分野 での身
近な例題は、実験や調査での統計学的処理に役立つ。第7版では多変量の
統計分析 を充実 させ,「
公式 と記号」の章 を重要度 に応 じてランク分 け し
た。全体 にわた り見やす くなるよ うレイアウ トを刷新 した。
内科臨床 医が避 けて通る ことのできない慢性肝炎。その適切 な診療 法を本書
が手引きす る。第一人者 によるスタ ンダー ドな検査 ・診断 ・治療法 の解説 を
中心 に、肝炎 ウイルスの基礎知識か ら患者の生活指導まで、日常診療 に必要
な知識 ・情報をもれな く概説。平明な記述は患者のマネジメン トに携わるナー
ス にも有用。慢性肝炎診療に欠かせない 1冊。
京滋奈支部総会開催さる
学 長 をお招 き し埼 玉支 部 総 会
第 7版
■日本肝臓学会が贈る慢性肝炎診療のスタンダー ド
第 5 6 0号
(
第 三 種郵 便 物 認可 )
聞
新
大
慈
(
平 成 13年 ) 7月 2 5 日
2 0 0 1年
(9 )
坂井 春男
香川 草平
多田 紀夫
今井 健郎
松尾 敏 一
須田 健夫
落合 和彦
鎌田 芳夫
佐藤 俊介
鈴木 健夫
伊藤 顕彦
馬場あゆみ
︵メデ ィカ ルレ ビ ュー社刊
心 を込 めてご用 意いたします。
千弥君が本学生化学第2の
小田 泰治
川田 忠良
原
貞夫
篠原 健
岡部 紀正
梅澤 祐二
久保 政勝
高橋紀久雄
田嶼 尚子
笠原 洋勇
益子
博
松井 道彦
平 成 13年 5月 20日
猪俣 俊助 ︵昭7 ・埼 玉︶
平成 13年 6月 19日
中村堯 ︵
昭 15 ・長崎 ︶
平成 13年 6月 24日
菱 川吉 衛 ︵昭28 ・埼 玉 ︶
ジ ャーナルの査読者を努め く。本書が本学の研究者に
︵
昭 46 ・生理 学第 2教 授 ︶
・定 価 二八〇 〇 円︶
うにしてフィードバ ッ
クするかであります。
編集部の苦労をお察し
頂ければ幸いです。
★このたび新たに大学
快 適 なご宿 泊 の場 を
く、同期生では初めて松藤
り、五十 一名の参加者を迎
教授に就任されたこともあ
えて開催された。北は杜の
都仙台から南は九州大分ま
で、当日の診療を終えて飛
んできた仲間もいた。
藤森同期会長の開会の辞
に続き、松藤教授より大学
の現状を含めて挨拶があ っ
た。﹁新学長のもと大学が
物 故 者 御 氏 名
一体とな って改革に取り組 時間を忘れて会話を満喫す
んでいるので、母校の将来 ることができた。二年後に
︵
海渡健記︶
岡山 藤本剛平
一すじの愚直に生きて茄子
平 成 13年 6月 11日
田坂 勝 ︵
昭 27 ・広島 ︶
の乾杯の挨拶に始まり、皆
久しぶりの再開を楽しんで
いた。同級生とは不思議な
平成 13年 6月 26日
南 郷武 男 ︵昭21 ・葛 飾 ︶
平成 13年 6月 28日
小 泉格 ︵
昭 28 ・世 田谷 ︶
平成 13年 6月 29日
名 越好 古 ︵昭1
5 ・渋 谷 ︶
平成 13年 6月 30日
応廖
隆 ︵
昭 20 ・台湾 ︶
平成 13年 7月 7 日
大 橋栄 ︵
昭 25 ・世 田谷 ︶
平成 13年 7 月2 日
間 嶋純 之 ︵昭 20 ・千 葉 ︶
平成 13 年7 月5 日
森 忠行 ︵昭24 ・台東 ︶
平成 13 年7 月10 日
國 府 田英雄 ︵昭63 ・墨 田 ︶
てこられた経験を本書にま 刺激となり、多くの優れた
会での発表で気をつけるべ るべく多くの記事を効
で書かれている。また、学 では考えています。な
いうことが読みやすい構成 には望ましいと編集部
上で何がキーポイントかと 簡潔な話題が慈大新聞
ている研究者に適切な助言 ★全ての同窓生にと って読 果をその殆どが同窓の大先
を与えている。論文を書く みやすく、判り易く、短く 輩でもある執筆者にどのよ
の 一流誌に投稿しようとし
とめ、これから論文を世界 研究成果が 一流誌に掲載さ
所の所長に迎えられた。
返すことにより、受理され
橋髙
教授は世界のト ップ 易い論文の書き方が身につ れ るこ とを 強く 望む 。
を発表してきた。その業績 応じて参照し、自分の書い
が認められ、臨床医学研究 たものを見直すことを繰り
世界の 一流誌に多くの論文 本書を手元に置いて必要に
臨床研究を精力的に行い、 かである。
論文を書くとき、
消化器内科で助教授として 技法が必要であることも確
はハーバード大学医学部、 ない。しかし、受理される
マサチ ューセ ッツ総合病院 ためには論文を書くための
︵本学昭52卒︶。髙橋教授 が必要なことは言うまでも
所 長は髙橋 弘教授 である 結果の提示と論理的な考察
ら卒業、
現在にいたるまで、 甚平や昔の仕事しのばるる
はるか二十四年前の入学か 戦前の東京暮し新茶くる
時代にタイムスリ ップし、 の花
もので、すぐに気分は学生
慈恵俳壇
いであ った。その後矢口君 とな った。
しい言葉に、 一同安堵の思 記念会での再会を誓い解散
には充分期待を﹂との頼も 開催される卒業後二十周年
編 集 委 員一 同
から鎌田芳夫、笠原洋
ご婚礼 、記 念式 典 、同 窓会 や
言えばまたその上の雲の上
の人、三十年という歳月の
流れの中 の エポ ックであ
る。最近亡くな った徳倉、
木田、井出君など生きてい
ればどんなに喜んだだろう
か、笠井の正ち ゃんなど、
き っと自分のこと以上に歓
気分も昂揚しお祝いムー 喜の声をあげたことであろ
ドも 最高潮 に盛り上が っ う。
た。阿部先生の祝辞の中で
又、この度大学の創立百
﹁このクラスには教授が八 二十周年記念事業 へ寄附を
人います。これは昭和二十 させて頂き、栗原、御手洗
一年卒クラスの酒井、石川、 君には記念品を贈呈した。
最後は 曙満くるを大合唱 ちょ っと偉くな ったような
し、再会を約してお開きと 気分で帰路についたことで
森本紀記︶
な ったが、今宵は級友達、 ありまし ょう。︵
りの時、父君がや っと工面 橋君も又、良い人に恵まれ
して新調してくれた真新し たと感謝し、期待に背かぬ
い背広を銭湯でソ ックリ盗 誠意ある 診療に応 えまし
まれ、パンツしか残されて た。人間高橋君を語る エピ
暑 中御 見舞
き点や、 一流誌の編集長の 率よく載せていくには
コメントも盛り込まれてお これらのことは必須で
帝 国ホテル
HI
TA C H 1
松葉先生ら七名の教授がい 中じめでは松原君が我々の
ましたが、それ以来の快挙 仲間から八人もの教授が出
です﹂と述べられた。そう たのはここに出席されてい
なのかどうか数えてみた。 る恩師らの〝リキ〟の入 っ
栗原、大川、田中君が大学、 た教育のお陰であると挨拶
曽爾君が名市医大、青葉君 し、一同拍手喝采であ った。
夫
執 筆 と投 稿 の キ ー ポ イ ン ト―
http://
w w w .i
m peri
alhotel.
co .
jp
(03)3292−
8111 (大代表 )
―
が聖マ、柴崎君が共薬大、
二次会は帝国ホテルの 一
去る六月九日(、
土東
)京プ の同期会が開催された。当
卒後三十周年を記念して 大学を代表して岡村理事長 御手洗君が埼玉医大、JA 室を借り切 って殆ど全員が
六月九日東京會舘で昭和四 にも御臨席を賜 った。特に Lの飛鳥 田君が客員 教授 参加、岡村先生にも最後ま リンスホテル紅梅の間にお 日は卒後十周年記念以来八
十六年卒同窓会が開催され 三十年という大きな節目で と、確かに八人いた。これ でおつきあいして頂き、 一 いて、昭和五十八年卒業生 年ぶりということだけでな
た。
来賓には名取名誉学長、 あり、栗原学長や御手洗教 は快挙と言 って憚らないで 人づ つ近況報告を行 った。
敏
清 君を し のん で
井
敏
原
学 長 栗
授 ︵
埼玉医大︶の就任とお あろう。若かりし学生時代
阿部、吉村、松葉、酒井(、
敏)
石川(、
栄近
)藤、小林(、
建原
) めでたが重な って同級の八 や入局時代、教授と言えば
雲の上の人、まして学長と
田各名誉教授ら恩師の他、 割以上が出席した。
故高 橋
︵
昭 21︶ 酒
発展に、最後まで見とどけ
加えて孫を含めたご家族の
父親にも勝る貢献をされ、
橋君は、ご兄弟達の教育に
順風満帆、盛業を得た高
う。 一日数百人の患者さん 戦の中での奮闘は涙無しに いな か ったと いう笑 い話 ソードとして書きのこされ
が君のクリ ニックを訪れて は語れません。この物語り は、病院勤務の若か った高 ています。
いたからです。或る時、ポ は、
卒業五十周年記念誌﹁千 橋君の姿でありました。
ツンと言 ったことがありま 鳥会﹂に編集しましたが、
又、ある時、田舎から見
した。﹁
俺が 一日休むと多 とりわけ高橋君の歩みは、 えた患 者さんが ありま し
くの患者が苦しむんだ。 一 ﹁無我夢中の月日﹂の章に た。終戦後の早い時期で、
高橋清君、君が慈恵予科 日も無駄にできない﹂と コ 詳しく語られています。
高橋君は早速テラマイシン
のグランドで土まみれにな ボし たことも ありまし た
去る平成十三年五月三十 を使 って完治、患者さんか る立 派な心を遺 されま し
ってサ ッカーに熱中してい ネ。こんな患者さん思いの 一日、六月 一日に故高橋清 ら大変に感謝され、多額の た。
中から、君は立派な論文を 君の通夜、葬儀が行われ、 お礼が贈られたにも拘わら
た姿が懐しい。
今、君と幽明境を異にす
同じ眼科教室の友人、上岡 ず、高橋君はとんでもない る立場に至 ってしまいまし
私との交友の始まりは、 仕上げ、明治生まれの父君
大学のそれぞれの医局を経 が君の学位取得を大変喜ば
導師から故人より後々の人
て、いよいよ社会的に 一人 れたことを知り、私も心か
前の医師になろうとする時 ら祝福しました。
に伝わる魂の相続という話
「トップジャーナルにアクセプ トされる医学論文」
また はア シスタントの 三 浦 、野 口 まで、どうぞお 気 軽 にお 問 い 合 せ ・
ご相 談 ください。
ht
t
p ://
ww w.hi
t
achi
−m edic
al.h
bi
.
ne.jp
松藤千弥君の教授 (
生化学)就任 を祝 う
身にな って探してくれまし す。さぞかし今頃は御苦労
り 一層興味を引く。
あります。編集会議で
勇、同窓会から松尾敏
た。これが驚いたことに、
様
の
讃
辞
で
咽
せ
か
え
っ
て
い
一流誌に論文が受理され はこれらの観点から記事の 一、鈴木健夫の四名の方々
ダイ エー王監督の父君の家 ることでし ょう。
合掌
本年三月、柏病院に臨床 るためには、研究主題が興 内容を検討することとなり に編集委員をお引き受け頂
︵慈大名誉教授︶ 医学研究所が開設された。 味あるものであり、明快な ます。最大の難問はその結 くこととなりました。
作であ ったといいます。高
東京都 千代 田区内神 田 1−1−14日立鎌 倉橋別館
昭和 58年卒 業 生 同期 会 開催
輝方君が葬 儀委員 長を勤 と言 って辞退されました。 たが、君にはすでに逝 った
め、おごそかに君の霊を送 高橋君の行為に感激したこ 多くの親友があり、限りな
りました。参会 に際して、 の患者は、後日、高橋君の く診療の恩を受けた患者達
ために開業に格好の家を親 も同じく再会を望んでいま
からで、共に博士論文の製
平成八年十月十九日、私
作に精を出していた頃であ 達は卒業五十周年を記念し
りました。時には、君は先 て大学からお祝いを受けま があり、高橋君を想いなが
の見えない研究に業を煮や した。言葉で五十年と言い ら拝聴しました。
戦後の医師にな ったばか
弘 (昭 52)著
髙橋
書評
東 京慈恵会 医科 大学 担当
営 業 部
営業 一課 佐 藤
由 直 TEL(
03
)
3539−8025(
ダイ
ヤルイン)
株式会社 日立 メデ ィコ
栗 原学 長 ・
御手 洗 教 授 就 任 祝 い も重 な って
したこともあ ったのでしょ ますが、太平洋戦争から敗
編集局だよ り
昭和46年卒後30周年同窓会開催
惜別
(1 0 )
(平 成 1 3 年 ) 7 月 2 5 日
2 0 0 1年
聞
新
大
慈
(
第三 種 郵 便物 認 可 )
第 5 6 0号
土
(
付録)
電 話
慈 大 テ レフォンサ ー ビス 担 当 医 表
本 院
03− 3433− 1111 内 線
1000
青 戸
03− 3603− 2111 内 線
1000
第 三
03− 3480− 1151 内 線
1000
柏
0471 −64− 1111 内 線
1000
テ レ フ ォ ン サ ー ビ ス を利 用 され る 方 は 、 質 問 内 容 に よ り各 機 関 に ダ イ ヤ ル し 、 交 換 手 に テ レフ ォン サ ー ビ ス 1000番 と担 当 医 を 指 名 して
下 さ い。 担 当 医 に つ な が り ま し た ら、 ご 自 分 の 姓 名 、 卒 業 年 度 、 所 属 支 部 名 を 告 げ て 質 問 して 下 さ い 。
ま た 、 本 院 で は 下 記 テ ー マ の 録 音 テ ー プ に よ る ダ イ ヤ ル イン ・テ レフ ォン サ ー ビ ス も 行 っ て お りま す 。 電 話 番 号 は 03− 5400− 1201で す 。
是 非 ご 利 用 下 さ い 。 (プ ッ シ ュ 回 線 で の ご 利 用 とな り ま す 。)
〈 テ ー マ 〉 ① 遺 伝 子 治 療 に つ い て
大橋 十也 講 師
⑤ 慢 性 関 節 リ ウ マ チ − 最 近 の 治 療
② 飛 蚊 症 に つ い て
溝渕 宗秀 非 常勤 診 療 医長
⑥ マ ラ リア に つ い て
③ 内 視 鏡 治 療 の 現 況
藤崎 順子 診 療 医長
⑦ 皮 膚 レー ザ ー 治 療
④ マ ル チ ス ラ イ ス C T
福 田 国彦 診 療部 長
⑧ S S R Iに つ い て
な お 、 テ ー マ の 更 新 を 順 次 行 い ま す 。 新 しい テ ー マ に つ い て は 更 新 の 都 度 慈 大 新 聞 に 掲 載 致 し ま す 。
山 田 昭夫 診療 部 長
大友 弘士 客 員教 授
橋本
透 診 療 医員
樋 口英 二郎 診 療 医員
生 涯 教 育 委 員 会 平 成 13年 7月 1日現 在
回
総
合
答
診
内
診療科
容
療
肝 ・胆 ・膵 ・消 化 器 疾 患
間
回
答
内
容
医
金
14:00∼ 15:00
出生前診 断 ・周産期 全般
〃
恩 田 威 一 医
長
水
9:00∼ 12:00
神 経 内 科 井 上 聖啓 診 療 部長
水
10:30∼ 11:30
不妊 ・
不 育症 ・
ホ ル モ ン療 法
〃
許 山 浩 司 医
員
木
9:00∼ 12:00
泌 尿 器 科 小野寺昭一 診療副部長
火
13:30∼ 15:00
〃
水
9:00∼ 12:00
水
長
鳥居
明 医
冠 動脈疾 患
本 田英比古 診療副部長
金
10:30∼ 11:30
泌尿器科 全般
腎
臓
・
大野岩 男 診療 副部長
高 血 圧 内 科
金
10:00∼ 12:00
不 妊 症 ・性 障 害
〃
池本
庸 医
長
木
13:30∼ 15:00
徳 留 悟 朗 医 長
火
9:00∼ 11:00
尿 失禁 ・神 経因性膀 胱
〃
鈴 木 康 之 医
長
木
13:30∼ 15:00
リ ウ マ チ ・
山 田 昭 夫 診 療 部長
膠 原 病 内 科
土
10:00∼ 12 :
00
眼科全般
科 西 尾 佳 晃 医
長
水
11:00∼ 12:00
火
9:30∼ 11:30
〃
〃
黒 坂 大太 郎 医
長
循 環 器 内 科 望 月 正武 診 療 部長
金
10:00∼ 11:00
吉田
眼
長
火
10 :00∼ 11:00
糖 尿 ・代 謝 ・
内 分 泌 内 科 蔵 田 英 明 医
長
木
13 :00∼ 15 :00
長
月
13 :00∼ 15 :00
内分泌疾患
〃
東 條 克 能 医
長
火
14 :00∼ 16 :00
血液 ・癌 の化 学療法
血液 ・腫瘍内科 薄 井 紀 子 診 療 部 長
水
15 :00∼ 17:00
呼吸器疾患
呼 吸 器 内 科 佐藤 哲夫 診療部長
木
10 :00∼ 12:00
金
11:00∼ 12:00
耳 鼻 咽 喉 科 青木和博 診療副部長
火
9:00∼ 12:00
長
水
10 :00∼ 12:00
消化管 ・肝臓 疾患
第 三 病 院 内科 永 山 和 男 診 療 部 長
水
10 :00∼ 11:00
孝 也 医
〃
加藤孝邦 診療副部長
月
9:00∼ 12:00
〃
〃
矢部
医
長
木
9:00∼ 12:00
リハ ビ リテー シ ョン医学一 般 リハビリテーション科 冨 田 祐 司 医
員
月
11:00∼ 12:00
科 田辺 晴 康 診療 部 長
木
14:00∼ 16:00
杉崎 正志 診療副部長
金
14:00∼ 16:00
ペ インク リニ ック 羽尻 裕美 診療副部長
火
10:00∼ 12:00
大竹
ペ イ ン ク リニ ック 一 般
〃
髙木 一 郎 診 療 部 長
水
10 :00∼ 11:00
薬物相 互作用
〃
大西 明 弘 診 療 部長
水
14:00∼ 15:00
精 神 神 経 科 中山和彦 診療 副部長
火
9:30∼ 11:30
ス ポ ー ツ医 学 一 般
思春期 問題
小
〃
繁 田 雅 弘 医
長
月
13:30∼ 15:00
〃
樋 口英 二郎 医
員
金
11:00∼ 12:00
科 松 島 宏 診 療 副部 長
火
9 :00∼ 11:00
児
スポ ー ツ クリニ ック
武 知 子 医
長
木
14:00∼ 16:00
河 野 照 茂 医
長
火
9 :30∼ 11:30
木
9 :30∼ 11:30
多 田 信 平 診 療 部 長
(
第 三 病院 )
月
9:30∼ 11:30
〃
〃
〃
放射線診 断
放 射 線 部
〃
〃
福 田 国彦 診療 部 長
水
9:30∼ 11:30
放射線治療
〃
兼平 千裕 診療 副部長
火
9:30∼ 11:30
甲状腺外 来
〃
森
長
水
9:30∼ 11:30
臨床検査 一般
中 央 検 査 部 真 柄 直 郎 診療 部 長
月
9:30∼ 11:30
輸
水 ・木
9:30∼ 12:00
木 ・金
9:30∼ 12:00
火
11:00∼ 12:00
〃
井 田 博 幸 医
長
金
9 :00∼ 11:00
小児 血液疾患
〃
内 山 浩 志 医
長
木
9 :00∼ 11:00
科 新 村 眞人 診療 部 長
木
13:00∼ 15:00
輸血副作 用対策 ・
造血細胞移植 ・臍帯血移植
膚
〃
ス ポ ー ツ 外 傷 ・障 害
小児代謝 ・内分泌疾患
皮
〃
癌性疼痛
肝 ・胆 ・膵 臓 疾 患
〃
歯
口腔外 科 ・顎 関節 疾患
感染制御 部 柴
血
部 星
豊
医
順 隆 診療 部 長
〃
〃
上 出良一 診 療副部長
金
13:00∼ 15:00
自己血輸 血
〃
〃
本 田 ま り こ 医
長
水
13:00∼ 15:00
麻酔一般
消化 管外 科
消 化 管 外 科 中 田 浩 二 医
長
月
13 :30∼ 16 :00
肝胆膵外 科
肝 胆 膵 外 科 橋 本 雄 幸 医
長
月
14 :00∼ 15 :00
呼吸器外 科
呼 吸 器 外 科 秋葉 直 志 診療 部長
金
9:30∼ 11:30
内視鏡治療 全般
乳腺 ・内分泌外科
乳 腺 ・内 分 泌
外
科 吉 田 和 彦 診療 部 長
火
9:30∼ 11:30
癌 治 療 ・大 腸 鏡 ・
気 管支鏡
〃
藤 崎 順 子 医
小児外科
小 児 外 科 山崎 洋 次 診 療 部長
火
14:00∼ 15:00
止 血 ・硬 化 療 法
〃
血管外科
血 管 外 科 田代 秀 夫 診 療 部長
火
14:00∼ 15:00
救急全般
青 戸 病 院 外 科 黒 田 徹 診 療 副 部長
〃
柵 山 年 和 医
長
木
9 :00∼ 12 :00
月
9 :00∼ 12 :00
長
火
9:
00∼ 12 :00
手 の 先 天 異 常 ・手 部 外 傷 形 成 外 科 栗原 邦弘 診療 部 長
月
9:00∼ 12 :00
乳房再建 ・
マイクロサー ジャリー
〃
内 田 満 診 療副 部 長
火
9:00∼ 12 :
00
顔 面 先 天 異 常 ・顔 面 外 傷
〃
栗 原 邦 弘 診 療 部長
水
9:00∼ 12:00
顔 面骨骨折・神経 麻痺
〃
二ノ 宮 邦 稔 医 長
木
9:00∼ 12:00
四 肢 ・顔 面 先 天 異 常
〃
内 田 満 診療 副 部長
金
10:00∼ 12 :
00
(
救急部)
谷
脳腫瘍
〃
菊 池 哲 郎 医
諭 診 療 副部 長
〃
鈴 木 和 彦 医
長
術後管理
鳥 海 和 弘 医
長
月
10:00∼ 12:00
内 視 鏡 部 田尻 久 雄 診 療 部長
水
9:30∼ 11:30
長
月
9:30∼ 11:30
成宮 徳親 診療 副部長
木
9:30∼ 11:30
部 小 川 武 希 診 療 部長
水
10:00∼ 12:00
木
13:30∼ 14:30
救
急
太 田真 9:00∼ 12:00
火
9:00∼ 12:00
〃
健康医学 ・脳血管障害の予防
診 療 部長
(
青 戸病 院 )
康
ン
医
タ
〃
学 和 田 高 士 セ ン ター 長
ー
月
9 :30∼ 12:00
豊 原 敬 三 講
師
水
9 :30∼ 12 :00
博 助 教 授
水
10:00∼ 11:00
M E機 器 とその安全 性
M E 研 究 室 古幡
医用 画像解析
高 次 元 医用 画
火
10 :00∼
像 工 学研 究所 鈴 木 直 樹 助 教 授 (第 三病 院)
医学情報検索 (
一般)
医 学 情 報 裏 田 和 夫 助 教 授 月∼金
セ ン タ ー
医 学 ・医 療 情 報 処 理 ・
情報技術研究室 川 村
コ ン ピ ュ ー タ関 係
12:00
9:
00∼ 17 :00
昇 講
師
火
15:00∼ 17:00
法 医学一般
法
医
学 高 津 光 洋 教
授
月
11:00∼ 12:00
医薬 品全般
薬
剤
部 北 村 正 樹 主
査
木
14 :00∼ 15:00
病院業務
事
務
部 須賀 金彦 課長補佐
月∼土
9:00∼ 17 :00
長 月∼土
9:00∼ 17 :
00
保険請 求業務
心臓 外科一般 ・先天性心疾 患 心 臓 外 科 森 田紀代造 診療副部長
先 天性心疾患
10:00∼ 12:00
健 康医学
水
〃
金
9:00∼ 17:00
9 :30∼ 11:30
脊椎 ・脊 髄疾患
長
健
セ
蔡詩 岳 診 療 副部 長
脳 神 経 外 科 小川 武希 診療部長
瀧 浪 將 典 医
〃
病 院 病 理 部 河 上 牧 夫 診 療 部長 月∼ 土
14:00∼ 16:00
脳血 管障害 ・頭部外 傷
〃
病 理一般
月
〃
〃
9:00∼ 12:00
長
肘 ・手 の 外 科
部 谷 藤 泰 正 診 療 部長
木
曽雌
茂 医
酔
救急 (
循環器 )
9:30∼ 11:30
〃
麻
員
9:00∼ 12:00
月
脊椎 ・脊髄疾患
大 坪 寛 子 医
〃
水
整 形 外 科 藤 井 克 之 診 療 部長
人工 関節 ・慢 性関節 リウマチ
11:00∼ 12:00
〃
歯 科 ・口腔 外 科 ・矯 正 歯 科
感染症
月
(
柏 病 院)
谷内 修 診療副部長
〃
耳鼻咽喉科・
頭頸部外科一般
佐 々 木 敬 医
河合 一 重 診 療 部 長
〃
〃
哲 医
〃
消化器 ・内視鏡
間
13:30∼ 15:00
建 診 療 部 長
・
銭谷幹 男 診療副部 長
科
糖 尿病 ・遺伝 相談
肺 ・食 道 ・腹 部 消 化 器
時
曜 日
水
〃
皮膚疾患
当
長
〃
小児神経疾 患
担
産 婦人科全般 (
特 に腫 瘍) 産 婦 人 科 礒 西 成 治 医
〃
精神神経 科一般
診 療 科
13:00∼ 15:00
器
内
〃
糖尿病
時
9:00∼ 12:00
〃
循 環器一般
曜 日
土
化
臓
〃
リ ウマ チ 性 疾 患 ・膠 原 病
医
員
消
肝
〃
腎臓 疾患 ・高血圧症
当
心 臓 外 科 野 村 耕 司 医
総 合 診 療 部 法橋
〃
神経 内科
担
〃
井 出 晴 夫 係
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
232
File Size
2 857 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content