close

Enter

Log in using OpenID

ソーシング - SAP Help Portal

embedDownload
製品の文書
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシング
PUBLIC
目次
1
ソーシング .............................................................
5
2
ビジネスバックグラウンド ................................................
6
2.1
サプライヤリレーションシップマネージメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6
2.2
サプライヤリレーションシップマネージメントの自動化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
13
2.3
サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
15
2.4
戦略的購買 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
19
2.5
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
21
3
製品ポートフォリオ ......................................................
24
3.1
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
24
カタログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
24
ユーザ定義カタログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
26
内部カタログ処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
28
3.2
3.3
3.4
Integrating External Catalogs from Certified SAP Partners . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
30
カタログプロバイダの技術情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
32
製品ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
38
サービスのクイックガイド (製品ポートフォリオ内) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
38
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
41
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
56
品目のクイックガイド (製品ポートフォリオ内) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
62
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
66
カタログビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
76
カタログクイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
76
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
83
リスト価格ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
90
リスト価格のクイックガイド (製品ポートフォリオ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
90
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
92
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
97
レポートビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
101
価格履歴 (製品/サプライヤ別) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
101
4
ソーシングおよび契約 ....................................................
103
4.1
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
103
見積依頼処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
103
3.5
サプライヤ見積処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
105
ソーシング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
107
供給元割当におけるソーシングランク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
108
購買契約処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
109
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
目次
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
3
4.2
4.3
4.4
4.5
4.6
ソーシング依頼ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
112
ソーシング依頼クイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
112
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
113
見積依頼および見積ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
116
見積依頼および見積クイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
116
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
118
契約ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
124
購買契約クイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
124
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
127
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
129
供給元決定ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
131
供給元決定クイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
131
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
133
レポートビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
137
契約支出額 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
137
契約追跡 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
139
期間満了契約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
140
規定外支出額 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
141
価格履歴 (製品/サプライヤ別) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
142
価格信頼度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
143
購買発注 (勘定設定別) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
144
契約別リリース伝票 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
145
支出額 (勘定設定別) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
146
合計支出額 (支出カテゴリ別) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
147
自動購買発注モニタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
149
5
サプライヤベース ........................................................
151
5.1
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
151
住所管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
151
ビジネスパートナ重複チェック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
153
サプライヤビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
155
サプライヤクイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
155
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
159
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
165
5.2
5.3
5.4
5.5
4
サービス業者ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
168
サービス業者クイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
168
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
171
タスク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
172
サプライヤ階層ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
178
サプライヤ階層クイックガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
178
ビジネスバックグラウンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
180
レポートビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
181
契約支出額 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
181
価格履歴 (製品/サプライヤ別) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
183
価格信頼度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
184
サプライヤの詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
185
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
目次
1
ソーシング
概要
ソーシング事業領域により、会社が長期的な購買活動を計画し、決定できるようになりました。ソーシングでは見積
依頼 (RFQ) および契約管理プロセスを使用して、長期的なコスト削減および選択したサプライヤ間のサービスレベ
ルの改善を達成します。サプライヤとの契約登録を含む、多くのソーシング活動の自動化が可能です。従業員はサプ
ライヤと効果的に連帯でき、取り決めたコミットメントに基づいてサプライヤのパフォーマンスを追跡および監視す
ることができます。
関連
以下のビジネスパッケージがソーシング事業領域に関連します。
●
ソーシングおよび契約 (任意)
このビジネスパッケージは任意ですが、システムコンフィグレーション中にこのパッケージを選択し、ソーシ
ング活動の実行を可能にすることをお奨めします。
●
サプライヤベース管理 (必須)
利点
●
統合済戦略的調達プロセス
供給元の決定のようなマニュアルプロセスを最適化できる、調達の戦略的アプローチを可能にします。見積依
頼 (RFQ) および見積の処理のソフトウェアでは、新規サプライヤを容易に検索することができ、新規契約の
交渉が可能です。契約交渉の合理化または新規 RFQ プロセスの初期化により、会社はソーシングと購買管理
の活動を統合することができます。さらに、拡張支出分析ツールでは、従業員が新たな削減対象を容易に特定
することができます。従業員は供給ベースを最適化するための意思決定支援を利用することができます。
●
サプライヤベースにより合理化されたサプライヤ管理およびコラボレーション
合理化されたコラボレーションにより、サプライヤベースとの強力な関係を構築および維持し、パフォーマン
スが上位のサプライヤを簡単に特定できるようになります。購買管理部門は、すべてのサプライヤ関連情報の
共通基準を提供することで、サプライヤ関係のすべてのライフサイクルを管理することができます。購買担当
者は、事前に定義されたルールを使用して、評価およびランク付けされた供給元を類似する購買依頼のグルー
プに容易に割り当てることができ、複数の購買発注にこれらの購買依頼をバンドルすることができます。購買
発注請書、請求書例外処理および契約更新などの重要な調達プロセスについて、サプライヤと容易に通信する
ことができます。インタラクティブなフォームおよびスマートフォームを使用してサプライヤとともに作業す
ることで、組織は効率的に原価に取り組むことができ、サプライヤの保有を改善することができます。
●
支出分析機能
支出分析機能により、運用と戦略の両方の購買管理パフォーマンスでより深い洞察を得られるため、大幅なコ
スト削減を支援します。詳細支出分析などの標準レポートでは、サプライヤパフォーマンスの監視と価格、請
求書および購買発注の分析がサポートされます。さらに、拡張支出分析ツールでは、従業員が新たな削減対象
を容易に特定することができます。
●
戦略的プロジェクトおよびタスクへのフォーカスの強化
購買担当従業員およびマネージャに対して、日次タスクの優先度付ビューが提供されます。従業員のワークリ
ストでアラートと例外が強調されるため、従業員は優先してフォーカスすべき活動を即座に把握することがで
きます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシング
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
5
2
ビジネスバックグラウンド
2.1
サプライヤリレーションシップマネージメント
概要
サプライヤリレーションシップマネージメントでは、サプライヤとの関係を強化して、調達プロセスを改善し、コス
トを削減し、サプライヤとの関係を競争優位に変えることができます。
サプライヤリレーションシップマネージメントによって、新しい品目とサービスの需要創出と調達から請求書などの
購買伝票の契約交渉と監視に至る消費財調達プロセスと戦略的調達プロセスが、ロジスティクス、プロジェクト管
理、財務管理などのその他のコアビジネスプロセスと完全に統合されます。その結果、サプライヤと効率よく連携
し、プロセスを自動化し、調達活動とサプライヤリレーションシップの有効性を継続的に評価することができます。
さらに、サプライヤリレーションシップマネージメントには、プロセスを高度に可視化して購買業務と戦略的購買の
両方のパフォーマンスについて深い洞察を得ることができる強力なレポートツールが用意されており、大規模なコス
ト削減を実現するのが容易になります。標準レポートでは、サプライヤのパフォーマンスを監視し、価格展開と支出
展開を分析し、さらに購買依頼、購買発注、サプライヤ請求書、および購買契約を追跡することができます。
購買管理
サプライヤリレーションシップマネージメントでは、調達プロセスの自動化を図って購買管理をサポートしていま
す。たとえば、日常の購買管理タスクの量を削減しつつ、全社規模の購買を監視および一元管理することができま
す。自動請求書照合が調達プロセスにも含まれており、会計管理関連するデータ、期限間近の支払および税、および
非居住サプライヤに対する支払が適宜財務会計に自動的に通知されます。
図 1: 購買プロセス
標準の購買プロセスは、以下のように実行されます。
1.
6
コンフィグレーションに応じて、以下のいずれかの方法で需要が登録されます。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
●
非在庫品目またはサービスを発注するには、たとえば、カタログを使用してショッピングカートをセルフ
サービス依頼としてホームワークセンタに登録することができます。詳細については、ショッピングカー
ト処理を参照してください。
●
在庫品目を発注するには、購買提案を供給計画ワークセンタに登録します。詳細については、生産と購買
管理のトリガを参照してください。
●
プロジェクトに対する外部サービスを依頼するには、プロジェクト管理ワークセンタで購買依頼をリリー
スします。詳細については、プロジェクトクイックガイドを参照してください。
2.
入力した需要に基づいて購買依頼が自動的に登録されます。詳細については、購買依頼処理を参照してくださ
い。
3.
契約やリスト価格などの供給元が自動的に検索され、利用可能であればその供給元が需要に割り当てられま
す。必要に応じて、購買担当者は既存の購買発注から供給元またはデータをマニュアルで割り当てることもで
きます。
特定の製品に使用可能な供給元がない場合、購買担当者はソーシングおよび契約ワークセンタにソーシング依
頼を登録するようシステムをトリガして、見積依頼 (RFQ) プロセスを開始することができます。
詳細については、ソーシング [ページ 107]を参照してください。
4.
コンフィグレーションによっては、購買依頼に基づいて購買発注を自動的に登録することができます。購買担
当者は、購買依頼からまたは直接、購買発注をマニュアルで登録することもできます。詳細については、購買
発注処理を参照してください。
5.
購買発注が自動的に登録された場合、その購買発注はサプライヤまたはローカルプリンタに自動的に送信され
ます。購買担当者が購買発注をマニュアルで登録した場合、その購買発注は購買担当者がマニュアルで発注し
たときに自動的にサプライヤに送信されます。
6.
コンフィグレーションに応じて、標準フォーム、インタラクティブフォーム、または電子データ交換 (EDX)
で購買発注を送信することができます。電子データ交換の場合、システムで購買発注請書登録更新プロセスを
完全に自動化することができます。それ以外の場合、購買担当者はシステムに購買発注請書をマニュアルで入
力します。詳細については、購買発注請書を参照してください。
7.
需要元に応じて、発注品目およびサービスの納入は以下の方法で処理されます。
●
非在庫品目およびサービスの場合、購買担当者または購買依頼従業員が品目の納入またはサービスの完
了 (入庫/サービス受領) を確認することができます。詳細については、入庫/サービス受領および返品処
理を参照してください。
●
在庫品目の場合、倉庫作業者が品目の納入 (入荷伝票) を確認することができます。詳細については、入
荷伝票処理を参照してください。
●
プロジェクトのために調達されたサービスの場合、購買発注のコンフィグレーションによっては、外部サ
ービス業者または (サービス業者に代わって) プロジェクトリーダが記入したタイムシートに基づいて、
入庫/サービス受領を自動的に登録することができます。必要に応じて、責任者が入庫/サービス受領をマ
ニュアルで登録することもできます。詳細については、プロジェクト作業クイックガイドを参照してくだ
さい。
8.
ERS (入庫/請求自動決済) および定期請求書の場合、サプライヤ請求書が自動的に登録されます。それ以外の
場合、経理担当者が前伝票参照あり/なしのサプライヤ請求書をマニュアルで入力します。経理担当者は、シ
ステムに請求書をスキャンすることもできます。さらに、発注された品目またはサービスの納入または提供の
前に、サプライヤからの前受金請求を処理することもできます。詳細については、サプライヤ請求書処理 (参
照あり) を参照してください。
サプライヤ請求書が自動的に検証され、さらに必要に応じて価格差異や重複請求書などの不整合のために例外
が発生します。例外はその後、照合と承認のために適切な関係者に転送することができます。詳細について
は、例外処理を参照してください。
9.
例外がない場合、または既存の例外がすべて解決されている場合は、サプライヤ請求書が自動的に転記されて
支払プロセスがトリガされます。
財務管理に以下が通知されます。
●
会計管理関連のデータ
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
7
●
期限間近の支払および税
●
適宜非居住サプライヤに対する支払
詳細については、支払を参照してください。
ソーシング
サプライヤリレーションシップマネージメントでは、ソーシングアクティビティがサポートされており、需要の供給
元の決定と交渉と文書化、契約ライフサイクル全体の管理、および価格に関する最新かつ正確な情報の従業員および
サプライヤへの提供を行うことができます。また、パフォーマンスが上位および下位のサプライヤ、製品、および製
品カテゴリを特定して、サプライヤパフォーマンスを追跡および監視することもできます。詳細については、ソーシ
ング [ページ 107]を参照してください。
図 2: ソーシングプロセス
標準のソーシングプロセスは、以下のように実行されます。
1.
以下のいずれかの方法でソーシング需要が特定されます。
●
購買依頼に含まれている品目またはサービスに対する既存の供給元が見つかりません。
●
既存の購買契約が期限切れになり、更新する必要があります。
2.
ソーシングするために必要な購買依頼または期間満了購買契約に基づいて、ソーシング依頼が自動的に登録さ
れます。
3.
購買担当者は、見積依頼 (RFQ) をマニュアルで登録して 1 つ以上の応札者に送信することができます。ソー
シング依頼に基づいて見積依頼を自動的に登録してサプライヤに送信することもできます。
4.
1 つ以上の応札者から見積を受信します。購買担当者は、見積を比較、落札、および却下することができま
す。
5.
落札見積に基づいて購買発注または購買契約がフォローアップ伝票として登録されます。
詳細については、購買依頼処理、購買契約処理 [ページ 109]、および見積依頼処理
ださい。
[ページ 103]を参照してく
サプライヤリレーションシップマネージメントの主要な機能
戦略的調達プロセスと消費財調達プロセスを簡素化するために、サプライヤリレーションシップマネージメントで
は、プロセスが統合および自動化され、調達活動およびサプライヤリレーションシップの有効性が継続的に評価され
ます。
8
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
統合
サプライヤリレーションシップマネージメントでは、戦略的調達プロセスと消費財調達プロセスが以下と完全に統合
されます。
●
●
サプライチェーンマネジメント
在庫品目の場合、サプライヤリレーションシップマネージメントでは以下の処理によってサプライチェーンマ
ネジメントとの連携が図られます。
○
供給計画から購買依頼を受信します。
○
購買依頼および購買発注に使用される製品仕様書データを受信します。
○
登録済購買発注およびその変更について供給計画に通知します。
○
入庫通知あり入荷伝票から情報を受信し、サプライヤに返します。その後、サプライヤリレーションシッ
プマネージメント内の購買発注を自動的に更新します。また、入庫通知あり入荷伝票からの情報を転送
し、サプライヤリレーションシップマネージメントのサプライヤ請求のためにサプライヤに返します。
○
転記済のサプライヤ請求書および入庫通知あり入荷伝票の納入数量を照合します。
○
品質計画内に定義された品質検査文書を購買発注および購買契約に添付してサプライヤに送信し、適切な
品質検査が確実に実施されるようにします。
○
仕入先直送購買発注に基づいてサプライヤ請求書を登録します。
○
会社間在庫転送に基づいて購買伝票を登録します。
カスタマリレーションシップマネジメント
仕入先直送調達の場合、サプライヤリレーションシップマネージメントでは以下のようにカスタマリレーショ
ンシップマネジメントとの連携が図られます。
○
従業員、購買担当者、または経理担当者が、ショッピングカート、購買発注、入庫/サービス受領、また
はサプライヤ請求書で受注明細またはサービスオーダー明細を勘定設定として選択することができます。
○
●
●
従業員、購買担当者、または経理担当者が、ショッピングカート、購買発注、入庫/サービス受領、また
はサプライヤ請求書で顧客住所を納入先住所として選択することができます。
プロジェクト管理
プロジェクトのために調達されたサービスの場合、サプライヤリレーションシップマネージメントでは以下の
ようにプロジェクト管理との連携が図られます。
○
プロジェクトからプロジェクトへの勘定設定済購買依頼を受信します。
○
プロジェクトへの勘定設定済のショッピングカート、購買発注、入庫/サービス受領、およびサプライヤ
請求書を登録します。
○
登録済のショッピングカート、購買発注、入庫/サービス受領、およびサプライヤ請求書に関する情報を
プロジェクト管理に送信します。
○
購買管理プロジェクトを追跡し、他のタイプのプロジェクトに関連する RFQ および契約を追跡するため
に、プロジェクトを RFQ および契約に割り当てます。
○
外部サービス業者または代わりにプロジェクトリーダが記入したプロジェクトの承認済タイムシートに基
づいて、入庫/サービス受領を登録します。
財務管理
購買発注、転記済入庫/サービス受領、転記済サプライヤ請求書などの購買伝票を使用すると、サプライヤリ
レーションシップマネージメントによって以下のことが財務管理に通知されます。
○
勘定設定 (原価センタ、プロジェクト、受注、サービスオーダー)
○
総勘定元帳情報 (製品カテゴリまたは勘定設定グループに基づく)
○
税
○
費用
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
9
自動化
サプライヤリレーションシップマネージメントでは、調達プロセスを自動化することによって、タスクを完了するた
めに必要な従業員の関与が最小限に抑えられます。ここでは、標準調達プロセスの個別ステップで考えられる自動化
について説明します。
●
需要入力
○
従業員は、セルフサービスショッピングを使用して、システムに需要を直接入力することができます。従
業員がカタログから製品をショッピングカートに追加した場合は、価格およびサプライヤが自動的に決定
され、さらに購買発注を自動的に登録することもできます。
○
●
承認
○
ショッピングカート、購買発注、入庫/サービス受領、購買契約、サプライヤ請求書などの購買伝票を承
認のために自動的に転送することができます。
○
承認者は、承認上限を使用すると、支出を自動的に抑制することができます。
●
供給元決定
利用可能であれば、契約またはリスト価格に基づいて適切な供給元が自動的に割り当てられます。1 つの製品
に対していくつかの契約が存在する場合、購買担当者は供給量割当を使用して、どのサプライヤがどのくらい
の製品数量を納入するかを制御することができます。あるいは、購買担当者は契約またはリスト価格を固定供
給元として定義することができます。
購買量および購入する入庫/サービスの関連性によっては、サプライヤと契約を交渉しない方がよい場合があ
ります。この場合、価格マスタデータを更新する代わりにリスト価格をリーンとして使用し、購買プロセスを
自動化することができます。
詳細については、供給元決定 [ページ 133]を参照してください。
●
現在のサプライヤとの購買契約交渉
○
購買担当者が現在のサプライヤと既存の契約を直接再交渉することを決めると、ソーシング依頼が自動的
に登録され、さらにそのソーシング依頼に基づいて見積依頼 (RFQ) が登録されます。見積依頼が現在の
サプライヤに自動的に送信されます。
○
10
供給計画では、購買提案を自動的に登録して購買依頼にリリースすることができます。
購買担当者が見積を受け入れると、その見積に基づいて購買契約が自動的に登録されます。
●
税決定
会社の国、サプライヤ、および調達製品のタイプに基づいて、税が自動的に決定されます。詳細については、
税決定 [ページ 51]および源泉徴収税決定を参照してください。
●
購買発注登録
供給元が自動的に決定される場合、定義済設定に応じて購買発注を自動的に登録することもできます。詳細に
ついては、購買発注自動登録を参照してください。
●
購買発注の送信
FAX、印刷書式、電子メールや電子データ交換 (EDX) によるインタラクティブフォームなど定義済の出力チャ
ネルを使用して、購買発注がサプライヤに自動的に送信されます。
●
購買発注請書
インタラクティブフォームが添付された電子メールまたは電子データ交換 (EDX) を使用して購買発注がサプ
ライヤに送信された場合、サプライヤの応答に基づいて購買発注請書がシステムに自動的に登録され、購買発
注からの差異が購買担当者に通知されます。
●
プロジェクトの入庫およびサービス受領
購買発注の設定によっては、外部サービス業者または (サービス業者に代わって) プロジェクトメンバが記入
したプロジェクトのタイムシートに基づいて、入庫/サービス受領を自動的に登録することができます。
●
サプライヤ請求書
○
EDX を使用して電子版のサプライヤ請求書を受信することができます。マニュアル作業は必要ありませ
ん。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
○
ERS (入庫/請求自動決済) を使用すると、転記済の入庫/サービス受領および入荷伝票に基づいて、サプ
ライヤ請求書が自動的に登録されます。詳細については、ERS (入庫/請求自動決済) を使用したサプライ
ヤ請求書処理 を参照してください。
○
定期請求書を (たとえば、賃貸料、リース、または保険の定期支払を実施するために) 使用すると、シス
テム内のテンプレートに入力した情報に基づいて定義済の支払期日にサプライヤ請求書がシステムに自動
的に登録されます。詳細については、サプライヤ請求書の定期請求書を参照してください。
○
経理担当者は、請求書ハードコピーをマニュアルで入力する代わりにスキャンすることができます。購買
発注番号が自動的に検索され、サプライヤ請求書への参照として購買発注番号が追加されます。購買発注
番号に基づいて、請求書提案が登録されます。詳細については、請求書入力のクイックガイド (サプライ
ヤ請求) および自動アップロードサービスを使用したスキャン済サプライヤ請求書のアップロードを参照
してください。
調達プロセスの自動化の詳細については、サプライヤリレーションシップマネージメントの自動化 [ページ 13]
を参照してください。
分析
合計支出額 (支出カテゴリ別)、サプライヤ別支出額、製品別支出額、製品カテゴリ別支出額などさまざまなサプラ
イヤリレーションシップマネージメント支出レポートによって、購買管理およびソーシングアクティビティのパフォ
ーマンスの洞察が得られ、契約支出額または規定外支出額として購買支出額および支出カテゴリに対して透過性が実
現され、コスト削減の可能性を特定することができます。標準レポートでは、価格信頼度などのサプライヤパフォー
マンスを監視し、価格と支出開発を分析し、購買依頼、購買発注、サプライヤ請求書、および購買契約を追跡するこ
とができます。
価格設定
購買量、製品またはサービスの会社の成功に対する関連性、およびサプライヤとの関係の重要性に応じて、いくつか
の方法でカタログ、購買契約、サプライヤ見積、購買発注、およびリスト価格に単純価格または複合価格を定義する
ことができます。また、価格条件を定義することもできます。このような価格条件は、価格の計算時に適用される因
子となります。たとえば、数量、日付、製品、割引、追加料金などです。このような変動因子は、合計値に影響を及
ぼします。さまざまな価格条件を組合せることができます。詳細については、サプライヤリレーションシップマネー
ジメントにおける価格設定 [ページ 15]を参照してください。
組織機能
組織機能は、ワークセンタのプロセスに対する権限を定義するために使用します。このように、組織機能によって組
織単位および従業員の権限が購買発注、返品、購買契約、請求書など特定の文書に制限されます。権限は、対応する
作業カテゴリに定義されている従業員の所属情報で決定されます。システムでは、ビジネスタスク管理によって、組
織機能に対して定義されている作業カテゴリが参照されて、タスクの受取人が決定されます。サプライヤリレーショ
ンシップマネージメントに関連する組織機能および作業カテゴリの詳細については、戦略的購買、購買業務、および
サプライヤ請求を参照してください。
サプライヤリレーションシップマネージメントがあるビジネスシナリオ
調達から支払まで (在庫)
調達から支払まで (在庫) シナリオでは、資材所要量計画 (MRP) システムなどの計画システムから生成可能な要件
に基づいて、在庫品を購入することができます。
需要計画および購買発注の登録から、供給元の自動またはマニュアル割当、サプライヤへの購買発注送信を経て、入
庫/サービス受領、請求書照合、および支払までの、調達プロセスのすべてのステージが対象となります。
詳細については、調達から支払まで (在庫) を参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
11
調達から支払まで (非在庫)
調達から支払まで (非在庫) ビジネスシナリオでは、オフィス用品、エンジニアリングサンプル品、固定資産などの
非在庫品目を購入することができます。
このシナリオをトリガすることができるのは、ショッピングカートを登録する従業員またはアシスタント、プロジェ
クトに非在庫品目を必要とするプロジェクトチーム、購買発注または見積依頼 (RFQ) に直接携わる購買担当者、ま
たはサプライヤ請求書の債務管理担当者です。一元的または分散的に納入を確認することができます。プロジェクト
関連の非在庫品目の原価は、財務会計のプロジェクトタスクに直接転送されます。
非在庫品目のカタログ、購買契約、またはリスト価格が存在する場合は、購買発注を自動的に登録することができま
す。供給元が存在しない場合は、RFQ を送信して適切なサプライヤを決定することができます。
このシナリオでは、仕入先直送調達をトリガする受注またはサービスオーダーを使用して、顧客需要を満たすために
非在庫品目を発注することもできます。
詳細については、調達から支払まで (非在庫) を参照してください。
調達から支払まで (サービス)
調達から支払まで (サービス) ビジネスシナリオを使用すると、コンサルティングサービスや研修サービスなどのサ
ービス、一時的な労働、またはエンジニアリングサービスを調達することができます。このビジネスシナリオは、サ
ービス用のショッピングカートを登録した従業員やプロジェクトに特定のサービスを必要とするプロジェクトマネー
ジャによってトリガすることができ、また、購買発注を使用する購買担当者によって直接トリガすることもできま
す。
通常、プロジェクト関連サービスはタイムシートに記録され、費用は財務会計のプロジェクトタスクに直接転送され
ます。発注されたサービスについて購買契約またはリスト価格が存在する場合、購買発注を自動的に登録することが
できます。供給元が存在しない場合、見積依頼を送信して適切なサプライヤを決定することができます。
さらにこのシナリオでは、内部従業員によって満たすことができない顧客需要のために、外部リソースを注文してサ
ービスを提供することができます。この場合、受注またはサービスオーダーが登録されると、調達プロセスがトリガ
されます。
詳細については、調達から支払まで (サービス) を参照してください。
戦略的ソーシング
戦略的ソーシングビジネスシナリオでは、会社の日常的な購買管理要件を満たすために、適切な新規サプライヤを特
定および選択したり、既存サプライヤとの関係を管理したりすることができます。このシナリオには、製品に対する
要件の定義、最適なサプライヤの特定および選択を経て、選択したサプライヤとの購買契約の交渉および登録までが
含まれます。
詳細については、戦略的ソーシングを参照してください。
製品カタログ管理
製品カタログ管理ビジネスシナリオを使用すると、カタログを使用して、オフィス用品、エンジニアリングサンプル
品、コンピュータシステム、機械など、必要な非在庫品目を一元的に管理することができます。在庫に保持される製
品は、勘定設定に対して直接調達することができるため、このシナリオの対象になりません。カタログは購買担当者
が管理することができ、専用の内部カタログを登録し、オープンカタログインタフェース (OCI) を使用してサプラ
イヤから提供される外部カタログにアクセスすることができます。また、会社では、カタログのデフォルトサプライ
ヤおよび製品カテゴリを指定することができます。公開されたカタログは他の調達シナリオで使用することができま
す。
詳細については、製品カタログ管理を参照してください。
12
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
2.2
サプライヤリレーションシップマネージメントの自動化
概要
日常的な業務活動において、時間を節約するために、ソリューションに含まれるサプライヤリレーションシップマネ
ージメントソフトウェアの特定の機能を自動化することができます。このような自動化機能は、ソリューションのコ
ンフィグレーション時、または関連する設定を定義できる微調整時に、選択することが必要な場合があります。これ
らの事前定義した設定に基づいて決定が行われ、関連するトランザクションが自動的に処理されます。
購買発注自動登録
システムのデフォルトの登録オプションは、購買発注をマニュアルで登録するように設定されています。デフォルト
の登録オプションは、必要に応じて変更することができます。ルールは、微調整または購買依頼および購買発注ワー
クセンタで定義することができます。製品カテゴリごとに以下のいずれかの設定を選択することができます。
●
購買発注のマニュアル登録
購買担当者は、マニュアルで、購買依頼から購買発注を登録します。
●
購買発注の自動登録
購買依頼に供給元が割り当てられていない場合、購買担当者は購買発注をマニュアルで登録します。供給元が
割り当てられている場合、システムによって自動的に購買発注が登録されます。
購買依頼に関連する供給元が存在する場合は、常にその供給元が自動的に割り当てられます。
供給元決定
契約を使用してサプライヤとの購買関係が定義されている場合、以下の基準に基づいた供給元自動決定を使用するこ
とができます。
●
供給量割当
供給量番号 (ソーシングされる所要量の比率) を定義します。システムによって、割り当てられた供給量番号
の比率で複数の供給元 (製品の複数の契約) に所要量が配分されます。供給量割当数量は、供給元ごとに追跡
されます。
供給元ごとに割当レートを計算することによって、割当順序が決定されます。割当は、割当レートが最も低い
契約から開始されます。
●
固定供給元
契約を製品の固定供給元として割り当てることができます。すべての購買依頼に対して常にこの供給元が選択
されます。
製品に供給量割当も存在する場合、固定供給元の方が供給元としての優先順位が高いため、供給量割当は供給元決定
には使用されません。
詳細については、供給元決定 [ページ 133]を参照してください。
フリーテキスト購買発注の勘定設定
微調整アクティビティで、製品カテゴリ ID ごとに品目およびサービスの勘定設定グループを定義することができま
す。
指定した製品カテゴリでフリーテキスト明細に対する購買発注が行われた場合、このデータが参照され、自動的に勘
定設定グループが割り当てられます。
詳細については、フリーテキスト明細の税分類の定義を参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
13
ERS (入庫/請求自動決済)
会社では、定期的に多数のサプライヤと取引を行うことがあります。請求プロセスを簡素化するために、ERS (入庫/
請求自動決済) を使用してこれらのサプライヤへの支払を準備することができます。つまり、これらのサプライヤで
は請求書を送信する必要がなくなります。代わりに、システムが購買発注の価格と入庫/サービス受領の数量を使用
して、サプライヤの代わりに請求書を登録および転記します。その後、サプライヤに代わって登録された請求書の金
額がサプライヤに通知されます。
ERS 実行ごとに、ERS のフラグが設定されたすべての購買発注の請求書が登録されます。このサプライヤに対して
ERS が選択されたときに、購買発注は ERS に自動的に割り当てられます。スケジュールされた ERS 実行から特定の
購買発注を除外する必要がある場合、この購買発注の ERS を選択解除することができます。
請求書が必要な購買伝票から、請求データがコピーされます。サプライヤと合意された金額および数量に対応する請
求書が登録されます。
詳細については、ERS (入庫/請求自動決済) のクイックガイド (サプライヤ請求) を参照してください。
定期請求書
賃貸料、リース、保険など、特定の請求プロセスの場合、定義済の定期的な間隔で同じ固定金額を何度も請求する必
要があります。このプロセスを簡素化するために、定期請求書では、対応するサプライヤ請求書を受け取ることなく
自動的に定期請求書を登録し、請求書登録をトリガすることができます。
定期請求書を必要とするこのようなプロセスを自動化すると、請求プロセスの効率が向上するだけでなく、全体的な
生産性が高まり、費用全般の削減につながります。定期請求書は、データコピーの機能を提供するだけでなく、デー
タ追跡の機能も提供し、これによって会社は財務管理および監査のメカニズムに従いやすくなります。
購買契約や購買発注に基づく請求書または定義済の承認プロセスを必要とする請求書を定期請求書で登録する
ことはできません。
詳細については、定期請求書のクイックガイド (サプライヤ請求) を参照してください。
インタラクティブフォームの使用
この自動化を使用すると、サプライヤは電子的に応答することができます。サプライヤは、たとえば購買発注などの
インタラクティブフォームを使用して、購買責任者に応答を送信します。システムでは、このインタラクティブフォ
ームファイルをサプライヤから受信すると、確認した日付で関連伝票を更新し、ステータスを変更します。インタラ
クティブフォーム更新は、以下に使用可能です。
●
購買発注請書
●
サプライヤ見積
●
サプライヤ請求書照合
技術要件を設定するには、SAP に問い合わせる必要があります。インタラクティブフォームでやり取りするサ
プライヤが、Adobe Reader™ または Adobe Acrobat™ をインストールしておく必要があります。
電子データ交換を使用した伝票の入出力
この自動化では、エンタープライズサービスを利用しているビジネスパートナから電子的に伝票を受領することがで
きます。電子データ交換 (EDX) を使用すると、XML メッセージを使用してビジネスパートナとやり取りすることが
できます。
ビジネスパートナとの間のメッセージ交換には初期設定が必要であり、これはビジネスパートナごとに個別に実行す
る必要があります。必要なシステム設定は SAP が実行する必要があります。交換する伝票のタイプによっては、ビ
ジネスパートナにも前提条件が存在することがあります。
14
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
購買提案の自動リリース
ソリューションのサプライチェーンマネジメント部分にある供給管理ワークセンタでは、計画によって生成された購
買提案がシステムによってリリースされ、購買依頼が購買依頼および購買発注ワークセンタに登録されます。これ
は、このプロセスを処理する一括データ実行を一定の時間間隔で行うことによって実現されます。
この自動化はコンフィグレーション時に設定され、微調整時または供給管理ワークセンタで無効化または変更するこ
とができます。明細、リソース、製品カテゴリ、計画範囲などのパラメータで複数の実行を登録することができま
す。
詳細については、自動アクションのクイックガイド (供給管理) を参照してください。
参照
自動登録購買発注
ソーシング
[ページ 107]
例外処理
2.3 サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定
概要
価格設定とは、価格および合計金額の計算、一般的には製品およびサービスの原価を示します。価格設定は SAP
Business ByDesign で一元的に導入され、関連するすべてのビジネスプロセスに関連付けられます。使いやすいよう
に、必要なすべての設定がシステムで事前定義されています。
価格設定は、調達プロセスに関連するすべての業務伝票で使用可能です。
購買量、製品またはサービスと会社の成功との関連性、サプライヤとの関係の重要性に応じて、いくつかの方法でカ
タログ、購買契約、見積依頼および見積、購買発注、およびリスト価格に、単純価格または複合価格を定義すること
ができます。また、価格条件を定義することもできます。これらの価格条件は、割引や追加料金など、価格の計算時
に適用される係数を表します。このような変動係数は、合計金額に影響を及ぼします。さまざまな価格条件を組み合
わせることができます。
価格設定は、特定の価格条件に関するどの要件を満たしたら価格要素が考慮されるかを決定します。たとえば、運賃
はサービス明細には考慮されません。
価格設定には、価格条件を考慮する順序が含まれます。総額、正味価格、および税が計算されます。価格設定によ
り、どの小計を考慮するか、およびどの範囲まで価格設定をマニュアルで処理できるかが決まります。また、価格設
定により、割引および追加料金 (%) の計算に使用する方法も決まります。
レガシシステムの伝票を SAP Business ByDesign に移行する際に、追加の価格計算は実行されません。これ
により、両方のシステムで価格が同じであることが保証されます。
価格条件
システムには以下の価格条件が含まれています。
割引
割引は、サプライヤによって請求される製品価格の削減です。
以下の割引をマニュアルで入力することができます。
●
マニュアル割引 (金額)
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
15
入力した金額に基づいて価格を削減することができます。
●
マニュアル割引 (比率)
入力した比率に基づいて価格を削減することができます。
●
マニュアル割引 (金額/数量)
数量依存割引に基づいて価格を削減することができます。
サプライヤとの合意がある場合は、以下の割引を自動的に適用することができます。
●
割引 (金額)
指定した金額に基づいて価格が削減されます。
●
割引 (%)
指定した比率に基づいて価格が削減されます。
●
割引 (金額/数量)
数量依存割引に基づいて価格が削減されます。
追加料金
追加料金は、特定の製品または目的に対して請求される追加費用です。
以下の追加料金をマニュアルで入力することができます。
●
マニュアル追加料金 (金額)
入力した金額に基づいて価格を増加することができます。
●
マニュアル追加料金 (比率)
入力した比率に基づいて価格を増加することができます。
●
マニュアル追加料金 (金額/数量)
数量依存追加料金に基づいて価格を増加することができます。
サプライヤとの合意がある場合は、以下の追加料金を自動的に適用することができます。
●
追加料金 (金額)
指定した金額に基づいて価格が増加されます。
●
追加料金 (%)
指定した比率に基づいて価格が増加されます。
●
追加料金 (金額/数量)
数量依存追加料金に基づいて価格が増加されます。
スケール
数量依存割引を定義することができます。定義したスケールによって金額の計算方法が決定されます。たとえば、ボ
イラーは 1 台 500 USD であるが、ボイラーを 10 台以上購入した場合、価格が 1 台 450 USD に値下げされるよう
に価格スケールを定義します。
価格における割引、追加料金、およびスケール
使用する価格に応じて、以下の割引、追加料金、およびスケールを定義することができます。
16
●
カタログ
正味価格を使用できるサプライヤカタログとユーザ定義カタログのアップロードおよび更新のみを行うことが
できます。割引、追加料金、およびスケールを登録および更新することはできません。
●
購買契約
利用可能なすべての割引および追加料金とともに価格スケールを定義することができます。
●
見積
利用可能なすべての割引および追加料金とともに価格スケールを定義することができます。
●
購買発注
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
割引および追加料金 (金額および %) を定義することができます。
●
リスト価格
サプライヤによって納入された製品または提供されたサービスの価格を価格スケールあり/なしで定義するこ
とができます。
追加価格条件
丸め差異
丸め差異は、基本数量および通貨の価格マスタデータとして更新される小数点以下桁数に応じて発生する場合があり
ます。
丸め差異は、スイスフランやオーストラリアドルなど、少額貨幣がない通貨についても発生します。これらの通貨の
場合、価格は可能な最も近い金額 (0 セントや 5 セントなど) に丸められます。
丸め差異を補正するには、以下のいずれかを実行することができます。
●
伝票 (購買発注など) の金額をマニュアルで変更します。
●
価格マスタデータを適宜更新します。これは契約およびリスト価格の場合に行います。補正するために、製品
の価格マスタデータの基本数量を変更することができます。
Peter は 1 個あたり USD 0.008 の明細の購買発注を登録します。価格は USD 0.1 に丸められます。この
誤差を補正するため Peter は発注する量を 100 個に変更し、その結果、価格は 100 個あたり USD 0.80
となります。
通貨換算差額
価格マスタデータの通貨が伝票通貨と異なる場合、マスタデータとして更新された換算レートに応じて、価格計算中
に通貨換算が発生します。通貨が換算される場合、価格計算での丸めによって誤差が発生することがあります。
通貨の再換算は、ショッピングカートの承認のみで必要となります。
誤差は、通貨が供給元で使用される通貨に再度換算される場合にも発生することがあります。
補正するために、割引または追加料金が存在するかどうかがチェックされ、それに応じて割引または追加料金が適用
されます。割引または追加料金が存在しない場合、通貨は再換算されません。
Peter は 2 つの明細を含むショッピングカートを登録します。最初の明細は USD で価格が設定されてい
ます。契約から取得した 2 番目の明細は、価格が CNY 10 に設定されています。伝票に記載されている最
初の明細の通貨は、システムで伝票通貨として使用される通貨です。伝票通貨は USD であるため、2 番目
の明細の通貨は 0.14608 の換算レートで換算され、価格が USD 1.4608 となります。価格は USD 1.46 に
丸められます。
2 番目の明細の価格が CNY に再度換算された場合、結果は CNY 9.99 となります。このため、追加料金が
存在するかどうかがチェックされます。追加料金が存在する場合、それに応じて、決定された結果に追加
料金が適用されます。追加料金が存在しない場合、価格は変換されず、元の価格の CNY 10 となります。
全明細正味額
すべての明細の正味額を追加することによって計算されます。この値を変更することはできません。
運賃
この価格条件は、商品の輸送に請求される金額を対象とします。たとえば、受領した商品の正味重量に応じて、固定
運送費または運賃が請求されます。運賃はサプライヤ請求書明細に配分されます。配分は、サプライヤ請求書明細の
正味額に比例します。
税
この価格条件は、課税に関する要件を対象とします。すべての税は法的要件に従って計算されます。
詳細については、以下を参照してください
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
17
●
サービスの国外税の計算
●
税決定
●
源泉徴収税決定
[ページ 51]
価格計算スキーマ
複数の価格が使用可能な場合に使用する価格を決定するために、システムは定義済の順序に従います。価格は優先度
の低い順に一覧表示されます。
●
履歴価格
履歴価格は、購買発注で使用された過去の価格です。履歴価格は臨時の購買に使用します。
●
カタログ価格
カタログ価格は、従業員がセルフサービスシナリオで製品のマスタデータを登録せずに頻繁に購入する明細に
使用します。
●
リスト価格
リスト価格は、たとえば、サプライヤのカタログまたは契約がない場合に、購買関連は中 (契約なし) である
ものの、購買頻度が高い製品に対して使用します。リスト価格では、購買プロセスを自動化することができま
す。
●
契約価格
購買契約は、長期的な関係が予想されるサプライヤから頻繁に購入する製品および製品カタログに対して登録
されます。
●
マニュアル価格/マニュアルサプライヤ価格
マニュアル価格は、調達伝票に入力する価格です。多くの場合、マニュアル価格は、サプライヤから最近受け
取った価格が以前の価格と異なる場合に使用します。
マニュアルサプライヤ価格は、サプライヤによって入力されます。
価格は自動的に決定されますが、システムによって決定された提案を上書きすることもできます。
Susan は利用可能な製品の購買発注を登録します。リスト価格は最適な価格であり、リスト価格のサプラ
イヤが供給元として使用されます。契約価格またはマニュアル価格が利用可能な場合、Susan はシステム
を上書きし、契約のサプライヤを使用するか、またはマニュアル価格および供給元として対応するサプラ
イヤを入力することができます。
各伝票タイプに使用可能な価格
使用可能な価格は、登録する伝票タイプによって異なります。
ショッピングカート
●
カタログ価格
●
リスト価格
●
マニュアル価格
購買依頼
●
履歴価格
●
カタログ価格
●
契約価格
●
マニュアル価格
●
マニュアルサプライヤ価格
購買発注
●
18
履歴価格
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
●
カタログ価格
●
契約価格
●
マニュアル価格
●
マニュアルサプライヤ価格
マニュアルサプライヤ価格は、購買発注確認のみで使用されます。
入庫/サービス受領
●
リスト価格
●
契約価格
●
マニュアルサプライヤ価格
サプライヤ請求書
●
リスト価格
リスト価格は、価格例外が発生する可能性があるサプライヤ請求書照合に使用されます。
●
契約価格
契約価格は、価格例外が発生する可能性があるサプライヤ請求書照合に使用されます。
2.4
戦略的購買
概要
戦略的購買は、長期購買活動を効率的に計画したり、サプライヤ間でコスト削減やサービスレベルの改善を実現する
ために会社によって使用されます。これには、コスト削減を実現するための会社の支出額の分析、最適なサプライヤ
の検索、サプライヤベースとそのパフォーマンスの監視、および長期的契約の交渉が含まれます。分析ツールの使用
により、会社は、製品購買での支出額の監視と分析およびサプライヤベースにおけるトップの実施担当者の特定が可
能になります。
見積依頼 (RFQ) を使用すると、会社は製品に最適なサプライヤを見つけることができます。長期的な関係が予想さ
れるサプライヤから頻繁に購入する製品の長期コスト削減を実現することができる購買契約を登録することもできま
す。これらの契約は、会社で登録されたすべての購買依頼、購買発注、および請求書の供給元として使用することが
できるため、会社のコストが削減されます。
戦略的購買の詳細
戦略的購買の主なプロセスは、以下のとおりです。
支出額の分析
分析ツールを使用して、製品の調達における会社の全支出額を分析することができます。購買プロセスのあらゆる側
面に関する詳細情報を提供するさまざまなレポートを実行することができます。たとえば、サプライヤパフォーマン
ス、契約使用、価格、請求書、および購買発注に関するレポートを表示することができます。これにより、各製品ま
たは製品カテゴリおよび各サプライヤの契約支出額と規定外支出額を追跡および評価して、サプライヤのパフォーマ
ンスを分析したり、改善する領域を簡単に特定することができます。
ソフトウェア会社の購買マネージャである Arthur Major は、社内のすべての購買活動について責任を負
います。定期的に標準レポートを実行して規定外支出額をチェックし、多くの従業員が異なるサプライヤ
のヘッドフォンと WebCam を発注していることに気付きました。その後、ヘッドフォンと WebCam を常に
手頃な価格で提供している 1 つのサプライヤとの購買契約を登録することで、これらの製品に対する支出
額を削減することができることに気付きました。これにより、サプライヤベースを削減することができる
ため、運用コストが削減されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
19
新規供給元の検索および識別
RFQ プロセスを使用して新規供給元を識別して管理し、製品要件に最適な供給元について、情報に基づいた効率的な
決定を行うことができます。
詳細については、以下を参照してください。
●
見積依頼処理 [ページ 103]
●
サプライヤ見積処理
●
ソーシング
[ページ 105]
[ページ 107]
購買契約の交渉および監視
選択したサプライヤとの契約を登録して、会社の全部門の支出を統合したり、選択したサプライヤを通じてすべての
購買活動を行ったり、規定外支出額を回避することができます。これにより、会社の大幅な長期コスト削減を実現す
ることができます。
複数のサプライヤと新しい契約を交渉するか、現在のサプライヤとの期間満了契約を更新することができます。
契約が登録され、リリースされると、入庫/サービスの調達の供給源として使用することができます。
詳細については、以下を参照してください。
●
購買契約処理 [ページ 109]
●
供給元決定
[ページ 133]
Arthur は、ヘッドフォンと WebCam を会社で調達するための契約を登録したいと思っています。契約を登
録し、契約明細としてヘッドフォンと WebCam を入力します。次に、RFQ 処理を使用して交渉プロセスを
開始し、応札者から送信された見積を比較します。1 社が製品を 6 カ月間割引価格で提供することができ
ます。Arthur は、このサプライヤから見積を受け取り、契約することにしました。新しい契約が登録さ
れ、すべての従業員がこの契約を使用してヘッドフォンと WebCam を購入することができるようになりま
した。Arthr はこの契約をヘッドフォンと WebCam の固定供給源としても定義します。
今後 6 カ月間、ヘッドフォント WebCam のすべての購入依頼については、供給源として Arthur の契約が
自動的に割り当てられます。
購買活動の割当
契約交渉のために登録された RFQ にプロジェクトまたはプロジェクトタスクを割り当てることによって、会社の購
買活動を分析することができます。展示会への参加など、会社にプロジェクトの購買管理要件がある場合は、そのプ
ロジェクトを参照する契約を登録することができます。プロジェクトに関連する人が購買発注などの購買伝票を登録
する場合は、その人がプロジェクトにコストを割り当てたり、契約で交渉した価格を使用することができます。これ
により、コストの完全な透過性が確保され、プロジェクトの管理を制御しやすくなります。また、プロジェクトを使
用して、そのプロジェクトまたはプロジェクトタスクのビジネスコンテキストで登録された購買伝票を分析すること
ができるようになります。
サプライヤベースの管理および監視
サプライヤベースに関するすべての情報を管理することができます。特定の製品カテゴリのサプライヤを承認し、有
効日付を割り当てることができます。直接サプライヤに加え、サプライヤライフサイクル全体の更新と管理、および
サービスエージェントに関する情報の更新も可能です。見積依頼に応えて見積を送信した応札者、および最終的なサ
プライヤとして選択する可能性がある応札者やその可能性がない応札者に関する情報を更新することもできます。こ
の情報をソーシング戦略の一部として使用して、サプライヤや応札者とのビジネス関係を構築および維持することが
できます。会社がサプライヤのパフォーマンスのあらゆる側面を監視するのに役立つ多くのレポートを実行すること
ができます。たとえば、これらのレポートを使用して価格やサプライヤの価格信頼度を評価したり、購買発注金額な
どに基づいて上位 25 サプライヤを表示することができます。
20
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
2.5 サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポート
の概要
概要
この文書では、サプライヤリレーションシップマネージメントで使用可能なレポートを該当するレポートカテゴリご
とに一覧し、この領域に関連する特性、キー数値、および変数をあわせて示します。この領域で使用可能な組込レポ
ートについても一覧します。
レポート
関連するレポートカテゴリ
レポート
契約支出額
契約追跡
[ページ 137]
購買管理 - 戦略的購買
[ページ 139]
購買管理 - 戦略的購買
納入信頼度
購買管理 - 購買業務
週別納入予定
購買管理 - 購買業務
期間満了契約
[ページ 140]
購買管理 - 戦略的購買
請求書追跡
購買管理 - サプライヤ請求
請求書 (例外あり)
購買管理 - サプライヤ請求
規定外支出額
購買管理 - 戦略的購買
[ページ 141]
自動購買発注モニタ
[ページ 149]
価格履歴 (製品/サプライヤ別)
価格信頼度
購買管理 - 購買業務
購買管理 - 戦略的購買
[ページ 101]
[ページ 143]
購買管理 - 購買業務
購買管理 - 戦略的購買
購買管理 - 戦略的購買
購買発注履歴
購買管理 - 購買業務
購買発注追跡
購買管理 - 購買業務
購買発注 (勘定設定別)
[ページ 144]
購買管理 - 購買業務
購買管理 - 戦略的購買
購買依頼追跡
購買管理 - 購買業務
購買依頼 (勘定設定別)
購買管理 - 購買業務
契約別リリース伝票
購買管理 - 購買業務
購買管理 - 戦略的購買
支出額 (勘定設定別)
[ページ 145]
[ページ 146]
合計支出額 (支出カテゴリ別)
購買管理 - 戦略的購買
[ページ 147]
購買管理 - 戦略的購買
共通変数
以下の一覧に、この領域のレポートに関連する選択対象の変数を示します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
21
名称
内容説明
会社
この変数を使用して、1 つ以上の会社に関連するデータを照会することができます。
契約 ID
この変数を使用して、1 つ以上の契約 ID に関連するデータを照会することができます。
原価セン
タ
この変数を使用して、1 つ以上の原価センタに関連するデータを照会することができます。
通貨
この変数を使用して、1 つの通貨に関連するデータを照会することができます。
通貨換算
日付
この変数を使用して、通貨が換算される日付を設定することができます。デフォルトでは、値は現在日付に設定さ
れます。
個別品目
この変数を使用して、1 つ以上の品目に関連するデータを照会することができます。
請求書 ID この変数を使用して、1 つ以上の請求書 ID に関連するデータを照会することができます。
請求ユニ
ット
この変数を使用して、請求ユニットに関連するデータを照会することができます。
製品カテ
ゴリ
この変数を使用して、1 つ以上の製品カテゴリに関連するデータを照会することができます。
製品テキ
スト
この変数を使用して、1 つ以上の製品テキストに関連するデータを照会することができます。
製品 ID
この変数を使用して、1 つ以上の製品 ID に関連するデータを照会することができます。
プロジェ
クト
この変数を使用して、1 つ以上のプロジェクトに関連するデータを照会することができます。
購買発注
ID
この変数を使用して、1 つ以上の購買発注 ID に関連するデータを照会することができます。
購買依頼
ID
この変数を使用して、1 つ以上の購買依頼 ID に関連するデータを照会することができます。
購買ユニ
ット
この変数を使用して、1 つ以上の購買ユニットに関連するデータを照会することができます。
依頼者
この変数を使用して、1 つ以上の依頼者に関連するデータを照会することができます。
受注
この変数を使用して、1 つ以上の受注に関連するデータを照会することができます。
サイト
この変数を使用して、1 つ以上の入荷サイトに関連するデータを照会することができます。
戦略的購
買ユニッ
ト
この変数を使用して、1 つ以上の戦略的購買ユニットに関連するデータを照会することができます。
サプライ
ヤ
この変数を使用して、1 つ以上のサプライヤに関連するデータを照会することができます。
サプライヤリレーションシップマネージメントの伝票における会社通貨の通貨換算では、伝票の転記日付が通
貨換算日付として使用されます。
そのため、レポートで値がわずかに異なる可能性がありますが、これは以下の両方のキー数値がレポートに表
示されている場合にのみ見られます。
22
●
発注済正味額/制限 (レポート実行時の通貨換算率:EUR -> USD 1.47)
●
会社通貨での発注済正味額/制限 (伝票登録時の通貨換算率:EUR -> USD 1.43)
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
組込レポート
以下のレポートを組込みレポートとして使用することができます。
名称
関連するワークセンタ
月別購買発注量
購買依頼および購買発注
支出履歴
サプライヤファクトシート
サプライヤ分析
サプライヤベース
上位 5 製品カテゴリ (支出額別)
製品ポートフォリオ
合計支出額 (支出カテゴリ別)
ソーシングおよび契約
コーポレートパフォーマンス
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ビジネスバックグラウンド
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
23
3
製品ポートフォリオ
3.1
ビジネスバックグラウンド
3.1.1
カタログ
概要
オンラインカタログを使用すると、製品情報にすばやくアクセスすることができ、ユーザは多数の製品を利用するこ
とができます。カタログマネージャは、専用の内部カタログを登録し、製品ポートフォリオワークセンタのカタログ
ビューのオープンカタログインタフェース (OCI) を使用してサプライヤから提供される外部カタログにアクセスす
ることができます。
内部カタログは、システムに登録または保存されているカタログです。各カタログに変更を適用する方法とタイミン
グを管理します。各カタログには、カテゴリの階層に構造化された品目またはサービスが含まれおり、これにより明
細の検索の効率が向上します。
カタログは、従業員がノートパソコンの購入などのセルフサービスショッピングで使用することができます。購買プ
ロセスでカタログを使用することもできます。自動化された購買プロセスでカタログを使用するには、頻繁に購入す
る製品のカタログデフォルトを設定するか、サプライヤに製品カテゴリを製品に割り当ててもらいます。
内部カタログでは、カタログ内の製品ごとに、製品マスタから製品を割り当てることができます。つまり、カタログ
内の明細ごとに新しい製品を登録する必要はありません。これにより、カタログは、一般的にハードウェア、ソフト
ウェア、オフィス用品などの非在庫品目に使用されるため、多くのマニュアル入力が省略されます。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
カタログは、ソリューションコンフィグレーションの両方の場所で選択します。
最初のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトの
スコーピングステップで、購買管理内のセルフサービス調達が選択されていることを確認します。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、セルフサービス調達を選択します。カタログ検索を選
択し、サプライヤカタログ使用に関連する質問に答えます。
2 番目のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロ
ジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクト
のスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品を選択します。カタログを選択し、カ
タログに関連する質問に答えます。
24
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
カタログタイプ
内部カタログ
内部カタログには、2 つの異なる種類があります。
●
自分で完全に登録した、異なるサプライヤの明細を含むユーザ定義カタログ
●
サプライヤによって送信されたファイルからインポートされたコンテンツを含むサプライヤカタログ
以下の内部カタログファイルタイプがサポートされます。
●
BMEcat XML ファイル
BMEcat は、購買担当者とサプライヤ間の製品カタログデータの交換を標準化および簡素化するために開発さ
れた、広く受け入れられている形式です。ほとんどの大規模サプライヤは、この形式のファイルを提供するこ
とができます。
このファイルタイプは、主にサプライヤカタログに使用されます。
●
CSV ファイル
カンマ区切り (CSV) ファイルは、スプレッドシートデータが非常に単純な形式で保存された特別な形式のテ
キストファイルです。各行に 1 つのレコードが含まれ、そのレコード内の各項目がカンマ、セミコロン、ス
ラッシュなどの文字で区切られています。
CSV ファイル形式は業界標準ではなく、CSV ファイルの作成は難しい場合があるため、製品ポートフォリオワ
ークセンタのカタログビューでテンプレートが提供されています。必須情報やオプション情報を入力して、テ
ンプレート内のカタログ情報を含むファイルを簡単に作成することができます。終了したら、ファイルを生成
することができます。このファイルは、ユーザが定義した場所に保存されます。次に、作成した CSV ファイ
ルをインポートできる新しいカタログを登録することができます。
このファイルタイプは、主にユーザ定義カタログに使用されます。
外部カタログ
外部カタログは、SAP Business ByDesign の外部 (一般的にはサプライヤサイト) に保存されているカタログです。
サプライヤがカタログの登録と更新について責任を負います。つまり、コンテンツを自分で変更することはできませ
ん。会社に独自のカタログシステムがあり、それを SAP Business ByDesign に統合する場合は、会社のイントラネ
ットに外部カタログを設定し、オープンカタログインタフェース (OCI) を使用してそのカタログにアクセスするこ
とができます。
外部カタログは、システムに簡単に接続することができます。システム設定に応じて、外部カタログをショッピング
カート、購買発注、見積依頼、および入庫/サービス受領に統合することができます。外部カタログとシステム間の
インタフェースである OCI 標準を使用して、外部カタログのデータを購買伝票に転送することができます。
詳細については、外部カタログの設定を参照してください。
カタログの使用
システムへのカタログのインポート
サプライヤカタログをシステムにインポートする場合は、まず新しいカタログを登録する必要があります。その後、
カタログコンテンツを含むファイルをカタログにインポートすることができます。ファイルのサイズによっては、イ
ンポートとステータスの変更に時間がかかる場合があります。
ファイルをインポートすると、データがシステムに追加されます。その後、カタログに不要な製品または製品カタロ
グを削除することができます。次に、カタログをチェックして公開することができます。
ユーザ定義カタログの登録
さまざまなサプライヤの明細を含む、独自のカスタマイズしたカタログを登録することができます。これを行うに
は、すべての明細とその情報をカタログエディタでマニュアルで入力するか、完全なカタログデータを含む CSV フ
ァイルをカタログにインポートします。
詳細については、ユーザ定義カタログ [ページ 26]を参照してください。
カタログデフォルトの定義
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
25
カタログデフォルト定義共通タスクを使用して、サプライヤ ID や製品カテゴリなどのカタログのデフォルト値を定
義することができます。設定に応じて、カタログの明細を含むショッピングカートの購買発注を自動的に登録するこ
とができます。
オプションのサプライヤカタログのデフォルト値微調整アクティビティで、カテゴリが割り当てられていないカタロ
グ明細のデフォルト製品カテゴリを定義することができます。特定の製品をカタログから選択したときに常に使用す
るサプライヤを割り当てることもできます。
詳細については、コンフィグレーション: サプライヤカタログのデフォルト値を参照してください。
カタログの推奨明細の定義
頻繁に依頼される明細または特別なレートが交渉された明細がある場合は、推奨明細の定義共通タスクを使用して、
これらの製品を推奨明細としてマークすることができます。その後、セルフサービスショッピングを使用する従業員
は、製品を検索するときにこれらの推奨明細を確認します。
詳細については、ショッピングカート処理を参照してください。
システムへの外部カタログの接続
システムで外部カタログを使用するには、オプションの外部カタログの OCI パラメータ微調整アクティビティで OCI
パラメータを定義する必要があります。このアクティビティを使用すると、外部サプライヤカタログの属性とパラメ
ータを定義し、購買プロセスに統合することができます。各定義済サプライヤカタログは、セルフサービスショッピ
ング、購買発注、見積依頼、および入庫/サービス受領に表示されます。
外部カタログで OCI のカタログ共通検索機能がサポートされている場合は、外部カタログの接続時にこれを有効に
する必要があります。カタログ共通検索では、一度に複数のカタログを検索することができます。
詳細については、外部カタログの設定を参照してください。
製品の検索
内部カタログおよび外部カタログの製品を検索することができます。目的の明細が見つかった場合は、それを購買発
注、ショッピングカート、見積依頼、および入庫/サービス受領に転送することができます。
参照
カタログクイックガイド
[ページ 76]
サプライヤリレーションシップマネージメント
3.1.2
[ページ 6]
ユーザ定義カタログ
概要
ユーザ定義カタログを使用すると、会社の特注カタログを登録することができます。サプライヤごとに 1 つのカタ
ログを保持するのではなく、異なるサプライヤの明細を 1 つのカタログに組み合わせることができます。その後、
会社のビジネスニーズに合わせてユーザ定義カタログをさまざまなカテゴリに分割することができます。カタログ
は、製品ポートフォリオワークセンタのカタログで登録、公開、および編集することができます。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
カタログは、ソリューションコンフィグレーションの両方の場所で選択します。
26
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
最初のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトの
スコーピングステップで、購買管理内のセルフサービス調達が選択されていることを確認します。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、セルフサービス調達を選択します。カタログ検索を選
択し、サプライヤカタログ使用に関連する質問に答えます。
2 番目のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロ
ジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクト
のスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品を選択します。カタログを選択し、カ
タログに関連する質問に答えます。
利点
サプライヤがカタログを提供することができない場合は、カタログを登録するための機能が提供されます。
ユーザ定義カタログを使用すると、ビジネスプロセスの複雑さが軽減されます。複数のサプライヤからの製品を含む
カタログを登録することができます。
ユーザ定義カタログの登録
製品ポートフォリオワークセンタのカタログビューで、まずカタログ ID とカタログ名を割り当てることができる新
規ユーザ定義カタログアクティビティを使用して新規カタログを登録します。インポートステータスと公開ステータ
スが未開始に設定されます。
その後、各明細の行をユーザ定義カタログに追加することによって、カタログ明細をマニュアルで追加する必要があ
ります。行ごとに、必要な情報を入力します。
●
製品テキスト
●
正味価格
●
価格単位
リードタイム (日数) やサプライ ID などのオプション情報を入力することもできます。
または、カタログビューのインポートオプションを使用して、書式設定済データファイルからカタログ明細をインポ
ートすることができます。すべてのデータが正常に送信されると、データは製品カタログに送信されます。データが
完全にカタログにアップロードされた場合、インポートステータスは正常終了に変更されます。ただし、データがカ
タログに完全にアップロードされなかった場合、インポートステータスは自動的に失敗に変更されます。この場合、
カタログビューでカタログを選択し、インポートログ表示を選択してエラーの内容を確認します。次に、修正アクシ
ョンを実行してデータファイルを再インポートします。インポートログに十分な詳細情報が記録されていない場合
は、ヘルプセンタでインシデントを報告することができます。
公開ステータスは未開始のままです。つまり、購買発注、契約、見積依頼、ショッピングカート、または入庫/サー
ビス受領ではこのカタログを使用できません。
ユーザ定義カタログの公開
ユーザ定義カタログは、カタログビューで一覧からカタログを選択し、公開をクリックすることで公開することがで
きます。ユーザ定義カタログエディタでカタログを直接公開することもできます。処理の簡素化とシステムパフォー
マンスの向上のために、公開プロセスによって、変更がカテゴリ別にグループ化され、パッケージに分割されます。
公開ステータスが処理中に設定されます。
プロセスの最後に、現在公開ステータスが自動的に正常終了に設定され、公開日が記録されます。最終公開ステータ
スも設定されます。前回正常終了した公開の後でインポートされた製品または製品カテゴリがカタログマネージャに
よって削除された場合は、ユーザ定義カタログのステータスが一部公開になることもあります。
公開ステータスが正常終了の場合、カタログは、購買発注、契約、見積依頼、ショッピングカート、および入庫/サ
ービス受領で利用可能になります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
27
ユーザ定義カタログの編集
ユーザ定義カタログは、明細の変更として更新することができます。ユーザ定義カタログエディタで、新しい明細を
追加したり、既存の明細を更新したり、無効明細を削除したりすることができます。詳細で、明細の画像 (すべての
形式がサポートされます) の添付、製品テキストの更新など、さらに変更を加えることができます。
購買プロセスで従業員が変更を利用できるようにするには、カタログを再公開する必要があります。
参照
カタログクイックガイド [ページ 76]
カタログ
[ページ 24]
内部カタログ処理 [ページ 28]
3.1.3
内部カタログ処理
概要
内部カタログを使用すると、会社またはサプライヤの製品のサブセットに関する情報を提供することができます。設
備管理やメンテナンスなど、特定のターゲットグループに合わせて情報を調整し、そのターゲットグループが必要と
する情報を提供することができます。また、カタログを使用して、ターゲットグループに製品に関する情報を通知す
ることができます。
購買担当者やカタログコンテンツマネージャなど、カタログコンテンツの責任者は、カタログの登録、サプライヤデ
ータのインポート、およびすべてのカタログの構造とコンテンツの効果的な管理を行うことができます。また、カタ
ログコンテンツの品質をチェックして、すべての情報が正しく最新のものであることを確認することができます。カ
タログのコンテンツが適切である場合は、ターゲットグループがさまざまな購買プロセスで使用できるようにカタロ
グを公開することを決定することができます。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
カタログは、ソリューションコンフィグレーションの両方の場所で選択します。
最初のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトの
スコーピングステップで、購買管理内のセルフサービス調達が選択されていることを確認します。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、セルフサービス調達を選択します。カタログ検索を選
択し、サプライヤカタログ使用に関連する質問に答えます。
2 番目のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロ
ジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクト
のスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品を選択します。カタログを選択し、カ
タログに関連する質問に答えます。
28
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
デフォルトファイルサイズ
システムにアップロードできるデフォルトファイルサイズは 100 MB です。サイズ制限は、システムパラメータ icm/
HTTP/max_request_size_KB に基づきます。より大きなカタログをアップロードする必要がある場合は、システム管
理者に問い合わせるか、ヘルプセンタでインシデントを報告して、システムのパラメータを調整します。
プロセスフロー
カタログの登録およびアップロード
1.
サプライヤカタログの定義
製品ポートフォリオワークセンタのカタログビューで、新規サプライヤカタログクイックアクティビティを使
用して新規データをアップロードできる新規カタログを定義することができます。あるいは、カタログのイン
ポートクイックアクティビティを使用して、既存のカタログを更新することができます。カタログ ID とサプ
ライヤ ID を割り当てる必要があります。カタログ名は公開前にいつでも割り当てることができます。カタロ
グに名称を付けると、検索時に容易にカタログを特定することができます。インポートステータスと公開ステ
ータスが未開始に設定されます。
2.
サプライヤデータの受信または独自のデータファイルの登録
サプライヤによって、製品カタログデータが提供されます。データは BMEcat 形式または CSV 形式である必
要があります。
必要に応じて、SAP Business ByDesign に用意されているテンプレートを使用して独自のカタログデータを登
録することができます。すべてのカタログデータの入力後に、CSV ファイルを生成し、システムに保存して、
カタログにアップロードすることができます。
3.
カタログのインポート
ファイルアップロードは、カタログビューでカタログのインポートクイックアクティビティを使用して開始す
ることができます。処理の簡素化とパフォーマンスの向上のために、ファイルのコンテンツはパッケージに分
割されます。インポートステータスが処理中に設定されます。各パッケージがシステムに送信されます。シス
テムでは、コンテンツが読み込まれ、カテゴリや明細などのカタログデータが登録されます。すべてのパッケ
ージが正常に送信されると、アップロードが終了します。
インポートステータスが以下のいずれかに変更されます。
●
正常終了
すべてのデータがカタログにアップロードされました。
●
失敗
すべてのデータがカタログにアップロードされませんでした。
この場合、インポートログを照会してエラーの内容を確認し、修正アクションを実行してデータファイル
を再インポートします。インポートログに詳細情報が記録されていない場合は、ヘルプセンタでインシデ
ントを報告することができます。
アップロードされたサプライヤデータに基づき、新規製品カタログが登録されるか、既存コンテンツを新規コンテン
ツで上書きして既存のカタログが更新されます。
公開ステータスは未開始のままです。購買発注、見積依頼、ショッピングカート、または入庫/サービス受領ではこ
のカタログを使用できません。
必要に応じて、製品ポートフォリオワークセンタのカタログデフォルト定義主要タスクを使用して、カタロ
グデフォルトを定義することができます。この場合、使用するデフォルト製品カテゴリとデフォルトサプラ
イヤ ID が使用可能でない場合はこれらが保存されます。このデータ (製品カテゴリおよびサプライヤ ID)
は、カタログ製品が選択された場合は関連する購買発注、見積依頼、またはショッピングカートに自動的に
転送され、制限付明細の場合は入庫/サービス受領に転送されます。
カタログの公開
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
29
1.
カタログの公開
公開プロセスを開始すると、現在公開ステータスが処理中に設定されます。
公開プロセスの最後に、現在公開ステータスが正常終了に設定され、公開日が記録されます。最終公開ステー
タスも設定されます。前回正常終了した公開の後でインポートされた製品または製品カテゴリがカタログマネ
ージャによって削除された場合は、ユーザ定義カタログのステータスが一部公開になることもあります。
公開プロセスが失敗すると、最後に公開されたカタログがターゲットグループに対して使用可能のままとなり
ます。カタログ概要の公開ログ表示をクリックして、エラーの内容を確認し、修正アクションを実行してカタ
ログを再公開します。
一般的には、正常にアップロードしたカタログを公開することができます。カタログを公開できない場合は、
ヘルプセンタでインシデントを報告します。
カタログ検索に使用できるカタログの索引作成がトリガされます。
カタログ検索は、索引が作成された各カタログに対してのみ使用することができます。
2.
カタログの検索
公開プロセスが完了すると、カタログが、購買発注、契約、見積依頼、ショッピングカート、または制限付明
細の入庫/サービス受領で利用可能になります。
参照
カタログクイックガイド
[ページ 76]
カタログ [ページ 24]
ユーザ定義カタログ
[ページ 26]
3.1.4 Integrating External Catalogs from Certified SAP
Partners
概要
External catalogs are product catalogs found at a partner (supplier) web site and are connected to SAP
Business ByDesign. You can use external catalogs to search for a product, select it, add it to your
shopping cart or purchase order, and process the order.
With catalogs from certified SAP partners, you can start working with catalogs even if your current
suppliers do not have OCI-compatible product catalogs. You must first decide for which product category
you want to use a catalog. Then select one of the SAP partners who provide a catalog for this product
category, get in contact with them, and integrate the catalog in your SAP Business ByDesign system.
In case you chose a company that doesn’t deliver any products to you yet, you need to create supplier
master data for this company. Afterwards you can assign the supplier to your catalog.
Since all requests from shopping carts that contain products from an external catalog also include a price
and a fixed supplier, you are now able to automate the purchasing process by letting the system create
the purchase orders automatically.
前提条件
During scoping, you selected General Business Data > Products > Catalogs
You then answered yes to the following questions concerning catalogs:
30
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
●
Do you link external material or service catalogs from your suppliers to the system?
●
Do you want to integrate external catalogs from certified SAP partners?
プロセスフロー
1.
Contact the Partner
After you decide which partner catalog you want to use, contact the partner to negotiate delivery
and payment terms. Then the supplier will create an account for you and tell you your customer ID.
Also ask for a list of unit codes used in his or her catalog.
For a list of available partners, refer to the SAP Store .
2.
Receive Configuration Data
The supplier will tell or send you the configuration data.
3.
Configure Catalog
Open the External Catalogs activity in your fine-tuning activity list. Add a new catalog, give it
a description, and fill in the configuration data you received from the partner Once you have saved
the activity, this description will appear in the shopping cart, the purchase order, and other
purchasing documents. Therefore it makes sense to give the description a meaningful name, such as
the product category (for example, office material) or the name of the supplier.
4.
Create Master Data
If the supplier is a new partner for your company, you have to create the master data for the
supplier. You can do this, for example, in the Supplier Base work center or in the Business Partner
Data work center. You have to enter all necessary information such as address, Incoterms, payment
terms, and bank data.
5.
Release Additional Trading Units
Open the Quantities and Units of Measure activity in your fine-tuning activity list. Check if all
the units used in the partner catalog are released already in your Business ByDesign system. If not,
select the missing trading units and release them.
6.
Define Catalog Defaults (optional)
If you want to automatically have the supplier assigned to requests for products coming from the
supplier’s catalog, you need to assign the supplier to the catalog (after having created the master
data). In the Product Portfolio work center, you use the Define Catalog Defaults common task to
automate this process step.
7.
Automate Purchase Order Creation (optional)
If you want the system to create purchase orders automatically for catalog items, you need to assign
a product category to this catalog (done in the Product Portfolio work center using the Define
Catalog Defaults common task). In the Purchase Requests and Orders work center, you use the Define
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
31
Automatic Document Creation common task to automate this process step for the defined product
category. Purchase orders will then be created automatically and sent out to the supplier.
8.
Go Shopping
In the Go Shopping guided activity, you will now see the partner catalog in the catalog list.
参照
Catalogs [ページ 24]
Automation of Supplier Relationship Management
[ページ 13]
Automatically Created Purchase Orders
Shopping Cart Processing
Technical Information for Catalog Provider
3.1.5
[ページ 32]
カタログプロバイダの技術情報
概要
オープンカタログインタフェース (OCI) は、SAP により標準として定義されており、外部製品カタログをサプライ
ヤリレーションシップマネージメント (SRM) アプリケーションに統合しています。この文書では、SAP Business
ByDesign 用の OCI のアーキテクチャと構造の両方について説明します。また、OCI 標準をサポートするために必要
なカタログのプロデューサ用の情報すべてを記載しています。
この標準は、当初、従来の SAP SRM 製品用に設計されました。OCI バージョン 4.0 に基づいて微調整され、SAP
Business ByDesign によってサポートされています。このように、SAP Business ByDesign により、OCI 標準に準拠
したカタログの統合が可能となり、ユーザは自分のシステムからカタログを開始して、カタログ明細をブラウズして
収集し、最終的には選択した明細を自分のシステムに転送することができます。これは、たとえば、従業員セルフサ
ービスシナリオでショッピングカートに使用することができます。
OCI 標準では Hyper Text Transfer Protocol (HTTP) を使用し、特に、データは HTML フォームを使用して、転送
方法 HTTP POST により転送されます。
カタログへのナビゲート
製品カタログにナビゲートして開くには、その Uniform Resource Locator (URL) が、ビジネスコンフィグレーショ
ンで設定されている必要があります。ログオンパラメータなどの追加の固定パラメータを設定することもできます。
ユーザが OCI カタログを開く場合、設定された URL にアクセスします。固定パラメータや一部の動的および標準パ
ラメータ (固定パラメータおよび製品カタログの追加機能セクションを参照) は、 HTTP POST を使用して転送され
ます。
セキュリティ上の理由から、HTTP GET はサポートされていません。 SAP Business ByDesign とカタログ
間のすべての通信は、HTTP POST を使用して行われます。潜在的なリスナを除外するには、カタログプロ
バイダとして HTTP ではなく HTTPS を使用することを強くお奨めします。それ以外の場合、カタログを開
いたときに、すべてのパラメータ (次のセクションを参照) は暗号化されずに転送されます。さらに、要
求の送信元が登録顧客や送信済パラメータ (ログオン信用証明書など) と一致する顧客となるよう、カタ
ログプロバイダで IP フィルタリングを使用することをお奨めします。
32
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
カタログの開始方法の例は、以下のようになります (詳細については、次のセクションを参照してください)。
<html>
<body>
<form name="RedirectForm" action="*CATALOG_URL*" method="POST">
<input type="hidden" name="HOOK_URL" value="*HOOK_URL*">
<input type="hidden" name="*CATALOG_PARAMETER_1*" value="*CATALOG_VALUE_1*">
<input type="hidden" name="OCI_VERSION" value="4.0">
<input type="hidden" name="OPI_VERSION" value="1.0">
<input type="hidden" name="returntarget" value="_top">
</form>
<script language="javascript">
document.RedirectForm.submit();
</script>
</body>
</html>
固定パラメータ
カタログプロバイダにより、固定された名称値ペアがカタログパラメータとして文書化される場合があります (特定の
SAP Business ByDesign 顧客を識別したり、ログオン情報を提供したり、カタログ言語を設定したりする場合など)。
これらのパラメータはユーザに依存しません。
return URL
return URL は、ユーザのブラウザを使用して、カタログから SAP Business ByDesign にデータを転送する際に必要
となります。return URL は、カタログに渡される動的パラメータです。return URL は、HOOK_URL のパラメータ名
でパラメータとしても渡されます。通常、return URL には他のパラメータが含まれ、変更することはできません。
製品カタログにおける追加機能
SAP Business ByDesign により、カタログで追加機能を使用することができます。これらの機能をトリガするため
に、カタログを開いたときに追加パラメータがカタログに転送されます。また、これらの追加機能に個別の URL を
設定することもできます。
製品のチェック
カタログの明細を購買伝票に追加すると、たとえば、製品の価格を時間の経過に伴って変更することが可能となりま
す。新しい購買伝票が最初の購買伝票を参照して登録される場合、通常、価格変更は考慮されないことがあります。
チェック機能は、考えられる変更についてカタログ内の製品情報をチェックし、伝票を新規登録する際にこれらの変
更を考慮する役割を果たします。
この機能をトリガするために、カタログを開いたときに、以下のパラメータが製品カタログに転送されます。
名称
値
FUNCTION
VALIDATE
PRODUCTID
カタログ内の製品のデータベースキー
QUANTITY
現在の品質
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
33
この機能は追加のセキュリティ対策に使用される場合があるため、カタログプロバイダでこの機能を提供
することを強くお奨めします。
パラメータ QUANTITY は、カタログでスケールから適切な価格を適宜決定できるよう転送されます。カタログの返信
は、OCI 形式の製品データを使用したフォームを含む HTML ページである必要があります。通常のカタログアクセス
では、return URL もカタログに渡されます。ただし、SAP Business ByDesign では、カタログ結果は自動的に評価
され、ブラウザに表示されません。したがって、return URL の形式が無効である場合があり、カタログ返信内の HTML
フォームの ACTION 項目が空のままとなる可能性があります。
この機能の前提条件は、この製品が製品カタログから SAP Business ByDesign システムに最初に転送された
ときに、項目 NEW_ITEM-EXT_PRODUCT_ID [n] にカタログデータベースの製品キーが入力されていることです。
バックグラウンド検索
ユーザが、各カタログを個別に検索するのではなく、特定製品のすべてのカタログを同時に検索できるよう、OCI 標
準では、カタログ共通検索がサポートされています。ユーザがシステムに検索語句を 1 回入力すると、この機能を
サポートするすべてのカタログに、この用語が送信されます。すべてのカタログからの検索結果が一覧に表示され、
ユーザは、この一覧から個別の製品を選択することができます。
この機能をトリガするために、カタログを開いたときに、以下のパラメータが製品カタログに転送されます。
名称
値
FUNCTION
BACKGROUND_SEARCH
SEARCHSTRING
検索語句
製品カタログの返信は、OCI 形式の検索結果を含むフォームを使用した HTML ページである必要があります。このペ
ージは自動的に評価され、直接表示されることはないため、すべての検索結果がこのページに含まれている必要があ
ります。製品のチェックとは異なり、return URL は提供されません。したがって、HTML フォームの ACTION 項目
は、空のままとなる可能性があります。
コールパラメータの概要
カタログを呼び出す場合、以下のパラメータが転送されます。転送方法は HTTP GET または POST のいずれかです。
パラメータは固定パラメータで構成され、カタログプロバイダ、動的パラメータ (追加機能および return URL) お
よび標準パラメータで指定されます。
内容説明
パラメータ名
カタログプロバイダで指定される固定パラメータ カタログプロバイダで指定
コンテンツまたは例
固定パラメータセクションを参照
追加機能をトリガするパラメータ
製品カタログにおける追加機能 製品カタログにおける追加機能セクション
セクションを参照
を参照
return URL
HOOK_URL
クエリ文字列のパラメータを含む URL
インタフェースバージョン OCI
OCI_VERSION
例: 4.0
インタフェースバージョン OPI
OPI_VERSION
例: 1.0
SAP Business ByDesign への返送のターゲット
(HTML ターゲット)
returntarget
例: _top
34
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
設定について Business ByDesign ユーザに必要な情報
外部製品カタログをシステムに統合するには、SAP Business ByDesign 顧客は、カタログプロバイダから以下の情報
を入手する必要があります。
●
カタログ URL
●
固定パラメータの一覧 (オプション)
●
カタログ呼出の方法 (HTTP POST/HTTP GET)
●
サポートされる追加機能 (チェック、バックグラウンド検索) およびカタログ URL と異なる場合には対応す
る URL
カタログからの返送
選択した製品データを SAP Business ByDesign システムに転送するには、HTML フォームが使用されます。このフォ
ームは HTML ページの一部として、カタログによって登録する必要があります。このページ (カタログで表示される
最後のページ) は、ユーザのブラウザに送信されます。次に、ユーザがこのフォームを SAP Business ByDesign に
送信することにより、フォームデータが引き継がれます。ユーザのブラウザを使用してカタログからシステムにデー
タを転送するには、カタログによって登録された HTML フォームの ACTION 属性に、return URL を挿入する必要が
あります。転送対象のデータはフォームの入力項目内で移送され、この項目名は、以下で指定する構文に準拠してい
る必要があります。入力項目の TYPE 属性は、TEXT または HIDDEN である必要があります。あらゆる場合において
推奨される HTTP メソッドは POST です。これは、GET を使用すると、ブラウザ依存の長さ制限が生じる可能性があ
るためです。
漢字、フランス語のアクセントを含む文字、ドイツ語のウムラウトなどの特殊文字の転送をサポートするには、フォ
ーム項目を UTF-8 でエンコードする必要があります。
項目および項目チェック
項目名
長さ 内容説明
NEW_ITEM-DESCRIPTION[n]
40
明細の内容説明
NEW_ITEM-MATNR[n]
40
SAP Business ByDesign の明細の製品 ID
NEW_ITEM-QUANTITY[n]
15
明細数量 (1)
NEW_ITEM-UNIT[n]
3
明細数量の数量単位 (3)
NEW_ITEM-PRICE[n]
15
価格単位ごとの明細価格 (1)
NEW_ITEM-CURRENCY[n]
5
明細通貨 (3)
NEW_ITEM-PRICEUNIT[n]
5
明細の価格単位 (空の場合には 1 を使用) (2)
NEW_ITEM-LEADTIME[n]
5
明細の納入時間 (日数) (2)
NEW_ITEM-LONGTEXT_n:132[] 無限 明細のテキスト (長) (4)
NEW_ITEM-VENDOR[n]
10
SAP Business ByDesign のサプライヤ ID
NEW_ITEM-VENDORMAT[n]
40
製品のサプライヤ製品コード
NEW_ITEM-MATGROUP[n]
10
SAP Business ByDesign の製品カテゴリ ID
NEW_ITEM-SERVICE[n]
1
フラグ: この明細がサービスであるかどうか (5)
NEW_ITEM-CONTRACT[n]
10
明細の参照先となる SAP Business ByDesign の契約 ID
NEW_ITEM-CONTRACT_ITEM[n] 5
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
SAP Business ByDesign における契約内の明細 ID
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
35
NEW_ITEMEXT_PRODUCT_ID[n]
40
カタログ内のこの明細に対する一意のデータベースキー
NEW_ITEM-ATTACHMENT[n]
255
添付文書の URL (添付文書は、この URL でのダウンロードに利用可能である必要がありま
す)
NEW_ITEMATTACHMENT_TITLE[n]
255
添付文書のタイトル (これが空の場合には、上記の URL からのファイル名が使用されま
す)
NEW_ITEM-EXT_SCHEMA_TYPE
10
SAP Business ByDesign システムへのインポートに使用されたスキーマ名
NEW_ITEM-EXT_CATEGORY_ID
60
スキーマのバージョンに依存しない、上記のスキーマからの外部カテゴリに対する一意の
キー
上記のテーブル内のこれらの ID は、混合したり、他の目的のために使用したりすることはできません。
特に、項目 NEW_ITEM-MATGROUP は、SAP Business ByDesign システムの製品カテゴリ ID がカタログで認
識される場合にのみ、入力することができます。
(1) 許容される桁数は、小数点の前に 11 桁、後に 3 桁です。千を表すコンマは使用しないでください。
(2) 全数字を使用可能です。
(3) 有効な ISO コードを SAP Business ByDesign で使用する必要があります。
(4) 索引 n の構文に関する限り、項目 NEW_ITEM-LONGTEXT_n:132[] は例外です。項目長は無制限です。
(5) 該当する場合には X、該当しない場合には空白となります。
必須項目およびオプション項目
以下の項目はあらゆる場合において必須項目となります。
●
NEW_ITEM-DESCRIPTION[n] または NEW_ITEM-MATNR[n] のいずれかを入力する必要があります。
●
NEW_ITEM-QUANTITY[n] を入力する必要があります。
以下の項目は、条件によって必須項目となります。
●
NEW_ITEM-MATNR[n] が入力されていない場合には、NEW_ITEM-UNIT[n]
●
NEW_ITEM-PRICE[n] が入力されている場合には、NEW_ITEM-CURRENCY[n]
●
NEW_ITEM-EXT_CATEGORY_ID[n] が使用されている場合には、NEW_ITEM-EXT_SCHEMA_TYPE[n]
●
NEW_ITEM-CONTRACT_ITEM[n] が使用されている場合には、NEW_ITEM-CONTRACT[n]
他のすべての項目はオプションです。
製品番号
インタフェースの以下の項目は、製品番号を示します。
●
NEW_ITEM-MATNR[n]: SAP Business ByDesign システムの製品 ID
●
NEW_ITEM-VENDORMAT[n]: サプライヤの製品番号
●
NEW_ITEM-EXT_PRODUCT_ID[n]: カタログ内の製品を一意に識別する番号
これらの製品番号は、混合したり、他の目的のために使用したりすることはできません。特に、項目
NEW_ITEM-MATNR[n] は、SAP Business ByDesign システムの製品番号がカタログで認識される場合にのみ、
入力することができます。
36
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
設定可能な製品
一部の製品 (パーソナルコンピュータなど) をカタログで設定することができます。ただし、設定情報の構造はプロ
バイダ間で大きく異なるため、この情報は OCI には含まれません。項目 NEW_ITEM-LONGTEXT_n:132[] を使用して、
設定情報をテキストとして転送することができます。項目のコンテンツは、サプライヤへの備考として、ショッピン
グカートおよび後続の購買発注の購買発注テキストに組み込まれ、これにより、設定情報をシステムで使用すること
ができます。
Business ByDesign で使用されない OCI パラメータ
OCI 標準の一部の項目は、SAP Business ByDesign システムでは使用されません。
●
NEW_ITEM-QUOTE_ID および NEW_ITEM-QUOTE_ITEM
●
NEW_ITEM-ATTACHMENT_PURPOSE
●
NEW_ITEM-EXT_CATEGORY
●
NEW_ITEM-SLD_SYS_NAME
●
NEW_ITEM-CUST_FIELD1 から NEW_ITEM-CUST_FIELD5
●
NEW_ITEM-MANUFACTCODE
●
NEW_ITEM-MANUFACTMAT
例
以下の HTML フォームは、OCI に準拠した方法で、SAP Business ByDesign システムにデータを転送すること
ができる方法の例です。
<html>
<body>
<form action="*HOOK_URL*" method="post" target="_top" name="test" accept-charset="utf-8">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-DESCRIPTION[1]" value="text1">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-QUANTITY[1]" value="1">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-UNIT[1]" value="EA">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-LEADTIME[1]" value="1">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-PRICE[1]" value="11.11">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-PRICEUNIT[1]" value="1">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-CURRENCY[1]" value="EUR">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-EXT_PRODUCT_ID[1]" value="ID1">
<input type="hidden" name="NEW_ITEM-LONGTEXT_1:132[]" value="Text2">
<input type="submit" value="Submit">
</form>
</body>
</html>
この例で、*HOOK_URL* の値は、カタログを開いたときにカタログに渡された return URL です。この URL に
はパラメータ自体が含まれ、変更することはできません。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
37
ブラウザウィンドウの処理
カタログは、別のブラウザウィンドウに表示されます。このウィンドウを開き、再度閉じる場合、いずれも SAP
Business ByDesign によって行われます。OCI データを含むカタログからの最終 HTTP 要求に対する SAP Business
ByDesign システムの HTTP 応答では、JavaScript リファレンス window.opener が、カタログを最初に呼び出した
SAP Business ByDesign アプリケーションのブラウザウィンドウを指すと想定されます。SAP Business ByDesign ウ
ィンドウとカタログウィンドウ間の参照が破棄される場合があるため、カタログアプリケーションで元のウィンドウ
オブジェクト名を変更したり、カタログウィンドウを閉じたりしないでください。検索プロセス中にカタログで追加
ウィンドウを開く場合は、データを SAP Business ByDesign に転送する前に、これらのウィンドウを閉じる必要が
あります。
参照
外部カタログの設定
3.2
3.2.1
製品ビュー
サービスのクイックガイド (製品ポートフォリオ内)
会社が提供するすべてのサービスについて、深く理解することが重要です。このため、サービスビューでは、システ
ム内のすべてのサービスを表示したり、新規サービスを登録したり、重要なサービス関連情報を更新したりするため
に、中央エントリポイントが提供されています。
ビジネスバックグラウンド
サービスへのステータスの割当
サービスは、さまざまなビジネスプロセスに関与していることがあります。そのため、サービスは購買管理、販売、
および評価のセクションに分けられます。各セクションには、ビジネスプロセスに固有の詳細と、そのプロセスのサ
ービスが完全な状態であるのか、準備状態であるのかを示す 1 つ以上のステータスが含まれています。このため、
新規サービスを登録するときには、該当するプロセスが確実に割り当てられて、これらの領域のデータが最新の状態
に保たれるように、正しいステータスを適用することが重要です。
詳細については、サービスへのステータスの割当を参照してください。
原価センタ管理会計
原価センタ管理会計では、間接費を管理および配分する機能が提供されています。一般に間接費に分類される原価に
は、消耗品、賃金および給与、社会保障負担額、および減価償却などが含まれます。
直接費とは対照的に、間接費は原価対象まで直接トレースできず、まずサービスを依頼した原価センタに累積する必
要があります。各期間の最後に、間接費付替機能および間接費配分機能を使用して、累計した間接費の原価センタを
貸方処理し、原価対象に配分します。
詳細については、原価センタ管理会計を参照してください。
38
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
原価対象へのサービス原価配分
製品が製造され顧客に出荷されると、作業の実行に必要なサービスおよびリソースに対応する原価が原価センタで発
生します。リソースは、労働力、設備、車両などの生産要素で、サービスはリソースによって実行される活動です。
製造作業者は、サービスとリソースの消費量を活動確認によってシステムに入力します。確認によって、直接費が原
価センタから、作業を依頼した受注、サービスオーダー、プロジェクト、または生産ロットに配分されます。
サービス原価配分は、リソースおよびサービスの原価率に基づきます。これは、原価および収益ワークセンタのリソ
ース原価率ビューおよびサービス原価率ビューで定義されます。
詳細については、原価対象へのサービス原価配分を参照してください。
サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定
価格設定は価格リストや割引一覧といった価格マスタデータに基づいて行われます。価格マスタデータは、販売プロ
セスおよびサービスプロセスのすべての業務伝票内で価格設定を自動的に計算するために使用されます。特定の場所
で特定の日に受け取りが行われる特定の製品やサービスに顧客が支払わなければならない総額を決定するには、事前
定義された価格決定表を使用します。価格決定表は、リスト価格、割引、追加料金、運賃、税、原価といった価格要
素から構成されています。合計値の計算には、これらの価格要素の整合性が不可欠です。
詳細については、サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定 [ページ 15]を参照してくださ
い。
税決定
一般に、会社は法律上、購入または販売する製品の税を計算し、これらの税を顧客に課す必要があります。製品の提
供後、各税務当局に対して税の申告および支払を行う必要があります。消費税 (VAT)、売上税および使用税、源泉徴
収税の税タイプについては、大部分が自動化された税計算によるサポートが提供されます。また、これらの税の申告
義務を効果的に管理するためのレポートツールも提供されます。
詳細については、税決定
[ページ 51]を参照してください。
タスク
サービスの登録
1.
2.
3.
製品データワークセンタのサービスビューのサービスサブビューを選択します。
新規登録
、サービスの順にクリックして、新規サービスクイックアクティビティを開きます。
サービス ID を入力します。
サービスに対して内部番号範囲が設定されている場合は、サービス ID をマニュアル入力することはで
きません。サービスを保存すると、次に使用可能な ID が自動的に割り当てられます。
詳細については、コンフィグレーション: 番号範囲を参照してください。
4.
サービステキストを入力します。
他の言語での内容説明については、以下の他言語でのサービス内容説明の追加を参照してください。
5.
新規サービスを割り当てる製品カテゴリを選択します。
6.
基本数量単位項目に、サービスのデフォルトの数量単位を入力します。マニュアルで別の数量単位を選択する
場合を除いて、購買管理、販売、および評価にこの単位が使用されます。
基本数量単位は、そのサービスで最も小さな数量単位にします。したがって、プロセスに別の数量単
位を選択する場合は、常に小さい方の基本数量単位を選択するようにしてください。
7.
オプション: サービスの詳しい一般詳細を入力します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
39
a.
b.
すべて表示 をクリックします。
財務上の目的でサービスを経費として扱う必要があることを示すには、経費区分チェックボックスを選択
します。
チェックボックスは、サービスを保存するとすぐにグレー表示になります。
c.
8.
サービスの製品イメージを追加、削除、または置き換えるには、 イメージ
ションを選択します。
をクリックし、適切なオプ
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
サービスへの購買詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ [ページ 56]を参照してください。
サービスへの販売詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 57]を参照してください。
サービスへの評価詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 59]を参照してください。
サービスへの数量変換の追加
このタスクの詳細については、ここ [ページ 60]を参照してください。
その他言語でのサービス内容説明の追加
1.
製品データワークセンタのサービスビューのサービスサブビューを選択します。
2.
サービスを選択し、 編集 をクリックしてサービスクイックアクティビティを開きます。
サービステキスト項目には、サービスの内容説明がログオン言語で表示されます。
3.
4.
5.
すべて表示 をクリックします。
一般 タブの最上部にある
他の言語 をクリックします。
別の言語でのサービスの内容説明を追加するには、 行追加 をクリックします。
ある言語のサービス内容説明を更新しない場合、業務伝票に、その言語での内容説明が表示されませ
ん。
6.
新規行で、言語を選択し、サービステキストを入力します。
7.
詳細セクションで、サービスに関する追加情報を入力し、 保存 をクリックします。
Microsoft Excel® へのサービスのエクスポート
サービスを Microsoft Excel にエクスポートすることができます。このタスクの詳細については、ここ [ペー
ジ 60]を参照してください。
40
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
3.2.2
3.2.2.1
ビジネスバックグラウンド
品目へのステータスの割当
概要
品目は、さまざまなビジネスプロセスに関与していることがあります。たとえば、釘は別の製品の製造で使用される
場合がありますが、最終製品そのものとして販売される場合もあります。そのため、品目は購買管理、ロジスティク
ス、供給計画、利用可能在庫確認、販売、および評価のセクションに分けられます。各セクションには、ビジネスプ
ロセスに固有の詳細と、そのプロセスの品目が完全な状態であるのか、準備状態であるのかを示す 1 つ以上のステ
ータスが含まれています。このため、新規品目を登録するときには、該当するプロセスが確実に割り当てられて、こ
れらの領域のデータが最新の状態に保たれるように、正しいステータスを適用することが重要です。
機能
ステータスの変更
プロセスの最初のステータスは常に初期値です。その後、品目を保存する前に、ステータスに以下の変更を加えるこ
とができます。
●
初期値から準備中へ、または準備中から初期値へ
●
準備中から有効へ
●
有効からブロック済へ、またはブロック済から有効へ
●
有効から初期値へ
品目を保存した後、ステータスに以下の変更を加えることができます。
●
初期値から準備中へ、または準備中から初期値へ
●
準備中から有効へ
●
有効からブロック済へ、またはブロック済から有効へ
有効からブロック済への変更は、購買管理および販売に対してのみ可能です。
全体ステータス
1 つのプロセスに複数のステータスがある場合は、最も優先度が高いステータスが常にそのプロセスの全体ステータ
スとなります。ステータス優先度の階層は、有効、ブロック済、準備中、初期値となります。たとえば、有効とマー
クされたステータスが 1 つあり、準備中とマークされたステータスが複数ある場合、全体ステータスは有効となり
ます。ロジスティクスプロセスおよび購買管理プロセスはそれぞれステータスが 1 つのみですが、その他すべての
プロセスはステータスが複数存在することがあります。ステータスがブロック済になるプロセスは、購買管理と販売
の 2 つのみです。
プロセスのステータスは以下のとおりです。
プロセスのステータス
全体ステー ステータス 有効なステータスの組合せ
タス
アイコン
初期値
初期値
灰色
購買管理、ロジスティクス、計画、利用可能在庫確認、販売、評価
準備中
準備中
黄色
購買管理、ロジスティクス、計画、利用可能在庫確認、販売、評価
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
41
ブロック済
ブロック済 赤色
購買管理および販売
有効
有効
緑色
購買管理、ロジスティクス、計画、利用可能在庫確認、販売、評価
初期値および準備中
準備中
黄色
計画、利用可能在庫確認、販売、評価
初期値およびブロック済
ブロック済 赤色
販売
初期値、準備中、およびブロッ ブロック済 赤色
ク済
販売
初期値、準備中、および有効
有効
緑色
計画、利用可能在庫確認、販売、評価
初期値、準備中、ブロック済、 有効
および有効
緑色
販売
準備中およびブロック済
ブロック済 赤色
販売
準備中および有効
有効
緑色
計画、利用可能在庫確認、販売、評価
準備中、ブロック済、および有 有効
効
緑色
販売
ブロック済および有効
緑色
販売
3.2.2.2
有効
特定在庫タイプの変更
製品が使用されるプロセスに関係なく、製品の特定在庫タイプを変更することができます。特定在庫タイプが存在し
ていない場合に新しい特定在庫タイプを指定したり、タイプを完全に削除したり、あるタイプから別のタイプに変更
したりすることができます。製品がロジスティクスで有効化された後であっても、製品の特定在庫タイプを変更する
ことができます。
プロセスで製品の使用開始後に特定在庫タイプを変更する必要が発生した場合に備えて、この柔軟性が許可されてい
ます。ただし、特定在庫タイプを変更すると、影響を受ける製品が使用されるプロセスのステータスに応じて、プロ
セスへの影響およびフォローアップアクションが発生する可能性があります。特定在庫タイプの変更を実行する前
に、これらの影響を認識する必要があります。製品のプロセスを開始する前に、正しい特定在庫タイプを使用して製
品の指定を完了することをお奨めします。
特定在庫タイプは、製品データワークセンタの品目エディタの一般タブで変更することができます。一般タブにアク
セスするには、すべて表示をクリックします。製品が有効化されているかどうかをロジスティクスタブで確認するこ
ともできます。
特定在庫タイプの変更時の考慮事項
どのプロセスでも使用せず、在庫を転記していない新規製品がある場合は、特定在庫タイプを変更しても影響があり
ません。
特定在庫タイプを変更すると、関連製品を使用するすべてのプロセスの終了において最大レベルの柔軟性が提供され
ます。原則として、関連製品の在庫は新規特定在庫タイプを使用して調整する必要があります。詳細および例外につ
いて、以下のセクションで説明します。
既存のマスタデータ特定在庫 ID の使用
特定の製品に既存の特定在庫 ID がある場合でも、特定在庫タイプを別のタイプに変更することができます。
製品の新規特定在庫タイプを含む新規特定在庫 ID を使用することができます。旧タイプの ID を使用することもで
きますが、旧タイプの ID には旧特定在庫タイプが含まれています。旧 ID の特定在庫タイプを変更することはでき
ません。旧 ID が使用されないようにするには、内部ロジスティクスワークセンタの在庫の変更主要タスクを使用し
42
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
て、旧特定在庫 ID から新規 ID に在庫を転記する必要があります。または旧 ID のステータスをブロック済または
無効に変更します。
たとえば、特定在庫タイプのロットを使用して指定されている製品 PRO_1 があるとします。計画および生産マスタ
データまたは倉庫管理およびロジスティクスマスタデータワークセンタの特定在庫ビューで、この製品の特定在庫 ID
B001 を登録します。その後、特定在庫タイプをロットに変更します。この製品に登録する次の特定在庫 ID は L001
です。ただし、製品はロットになっていますが、システムで引き続き ID B001 を使用することができます。ID B001
では、引き続き元の特定在庫タイプが示されます。
この場合は、製品が特定在庫として指定されていることのみがチェックされます。特定在庫として指定されている場
合は、在庫変更の転記時に特定在庫 ID を入力する必要があります。
プロセスで使用されない既存在庫
ロジスティクスエリアに在庫が保管されている製品の特定在庫タイプを変更する場合は、新しいタイプを使用してそ
の製品を転記するまで在庫を使用することができません。これは、内部ロジスティクスワークセンタの在庫の変更主
要タスクで行います。特定在庫タイプを変更する場合、以下の条件が適用されます。
●
品目エディタで製品から特定在庫タイプを完全に削除する場合は、特定在庫 ID の変更項目を空白にしておく
在庫の変更を転記する必要があります。
●
製品の特定在庫タイプを初めて指定する場合 (以前に特定在庫が指定されていなかった場合) は、最初に、計
画および生産マスタデータまたは倉庫管理およびロジスティクスマスタデータワークセンタの特定在庫ビュー
で、適切な特定在庫 ID を登録する必要があります。その後、内部ロジスティクスワークセンタの在庫の変更
主要タスクで在庫の詳細を変更します。特定在庫 ID の変更項目に、新規特定在庫タイプの特定在庫 ID を入
力する必要があります。これは、新規特定在庫タイプが任意指定在庫の場合は任意で、その他すべての特定在
庫タイプの場合は必須です。
●
すでに特定在庫タイプを指定しているが別の特定在庫タイプに変更するときに、製品の旧特定在庫 ID を使用
しない場合は、在庫の変更を転記するだけです。
受注生産プロセスでの特定在庫タイプの変更
はじめに
製品仕様書 ID を使用すると、顧客が受注生産プロセスで製品を発注するときに、顧客が必要とする特別要件を記録
することができます。システムでは、標準製品 ID 以外に、これらの属性および内容説明を使用して、顧客が必要と
する正確な仕様書が顧客に提供されます。
たとえば、窓がシステムの標準製品であるとします。顧客は、サイズが 100cm X 50cm で、特殊なガラスが使用され
ている木製の窓を必要としています。これをシステムに入力するときに、受注に標準製品 (窓) を入力し、顧客が必
要とする窓の詳細な属性を提供する製品仕様書を登録することができます。
製品仕様書 ID および属性は、外部調達や内部生産のプロセスの間、製品に付随します。これによって、顧客の特定
の要件に合わせた製品の発注、製造、ピッキング、および出荷を行うことができます。
たとえば、生産またはサプライヤからの入庫を転記すると (入荷プロセス)、製品仕様書 ID と特定在庫 ID の組合
せを使用して、顧客の特定の要件に沿った製品が区別されます。製品の区別には、このアプローチを使用する必要が
あります。
必須指定在庫と任意指定在庫
製品仕様書の使用時には、任意指定在庫タイプまたは必須指定在庫タイプを使用する必要があります。プロセスで、
製品仕様書ありと製品仕様書なしの両方の製品を使用する場合は、任意指定在庫を使用する必要があります。たとえ
ば、標準的な窓 window_1 があります。標準的な窓 (標準的な window_1) を製造し、受注生産の窓 (製品仕様書が
ある window_1) も製造する場合は、任意指定在庫を使用する必要があります。
常に製品の受注生産を行う場合は、必須指定在庫タイプを使用します。たとえば、標準的な窓は生産せず、窓は常に
受注生産します。
受注生産プロセスを実行中に、特定在庫タイプを任意指定在庫または必須指定在庫からロットに変更するか、任意指
定在庫タイプまたは必須指定在庫タイプを完全に削除すると、影響を受けます。製品のプロセス内の位置に応じて、
異なるアクションを実行する必要があります。以下に、異なるアクションの概要を示します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
43
生産の開始前およびサプライヤへの発注前の変更
製品仕様書 ID を受注の製品に割り当てた後、生産の開始前またはサプライヤへの発注前に、特定在庫タイプを任意
指定在庫または必須指定在庫からロットに変更するか、任意指定在庫タイプまたは必須指定在庫タイプを完全に削除
した場合:
●
製品仕様書とともに製品を使用するには、製品に任意指定在庫タイプ ID または必須指定在庫タイプ ID があ
る必要があるため、製品の受注生産プロセスを完了することはできません。
●
製品仕様書を使用して生産を開始したり、サプライヤに発注したりすることはできません。
●
その製品を含む受注の明細を取り消す必要があります。
生産の終了前の変更
生産の開始後、その終了前に特定在庫タイプを変更する場合、2 つの可能なアクションがあります。
1.
適切な製品仕様書を持つ任意指定在庫または必須指定在庫の既存の特定在庫 ID がある場合:
a.
適切な製品仕様書を含む既存の特定在庫 ID を使用して、生産からの入庫を転記することができます。
b.
適切な製品仕様書を含む既存の特定在庫 ID を持つ製品をピッキングし、出荷することができます。
生産を終了しない場合は、未処理数量を処理する必要があります。これを行うには、生産ロットおよび生産依
頼を確認する必要があります。数量がゼロのピッキング作業を確認して、ピッキング作業の完了を強制する必
要があります。その後、受注生産製品を含む受注の明細を取り消す必要があります。
2.
適切な製品仕様書を持つ既存の特定在庫 ID がない場合:
a.
生産の終了時に製品仕様書がある入庫を実行することができません。
b.
製品の生産に進む場合は、製品仕様書がない入庫を計画外明細として転記する必要があります。
c.
適切な在庫がないため、製品仕様書を使用して商品をピッキングおよび出荷することはできません。アウ
トバウンド依頼がリリースされていない場合は、この依頼を却下する必要があります。数量がゼロのピッ
キング作業を確認して、ピッキング作業の完了を強制する必要があります。その後、受注生産製品を含む
受注の明細を取り消す必要があります。
生産完了後の変更
生産を終了し、出荷処理を開始した後に特定在庫タイプを変更する場合は、出荷プロセスで引き続き在庫移動を実行
することができます。製品仕様書 ID を使用すると、受注生産製品の特定在庫タイプが変更された場合でも、トラン
ザクションを実行することができます。
サプライヤ返品前の変更
製品仕様書 ID を使用して発注された製品の特定在庫タイプを変更する場合は、製品をサプライヤに返品することが
できません。以下の回避策を使用することができます。
●
関連製品の特定在庫タイプを一時的に旧設定に戻します。
●
出荷ロジスティクスワークセンタの新規サプライヤ返品依頼主要タスクを使用して、サプライヤ返品依頼を登
録します。
●
関連製品の特定在庫タイプを新設定に戻します。
顧客からの返品前の変更
製品仕様書 ID を使用して製造および出荷された製品の特定在庫タイプを変更する場合は、出荷明細を参照する新規
返品通知を登録することができません。入荷ロジスティクスワークセンタの新規返品通知主要タスクを使用して、新
規返品通知を登録し、出荷明細をマニュアルで入力する必要があります。
標準入荷、内部、出荷、および生産の実行プロセス
生産、1 ステップ入荷実行プロセス、内部実行プロセス、および出荷実行プロセスの確認前の変更
インプット製品の生産タスク、またはピッキングタスクや補充タスクの確認の前に特定在庫タイプを変更する場合
は、新規特定在庫タイプを使用して、関連製品の在庫を調整する必要があります。詳細については、前出のプロセス
で使用されない既存在庫のセクションを参照してください。アウトプット製品の生産タスクおよび在庫受入タスクに
44
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
ついては、在庫で入庫品目がまだ報告されていないため、アクションを実行しません。生産または入庫が終了する
と、新規タイプを使用して転記することができます。
2 ステップ入荷プロセス、内部プロセス、および出荷プロセスの最初のステップと 2 番目のステップの間での変更
最初のステップ (ピッキングなど) の実行タスクの確認前に特定在庫タイプを変更する場合は、新規特定在庫タイプ
を使用して、関連製品の在庫を調整する必要があります。詳細については、前出のプロセスで使用されない既存在庫
のセクションを参照してください。
荷渡タスクについては、在庫で入庫品目がまだ報告されていないため、アクションを実行しません。商品が到着する
と、新規タイプを使用して転記することができます。
最初のステップ (ピッキングや荷渡など) の実行タスクの確認後、2 番目のステップ (荷渡や在庫受入など) の実行
タスクの確認前に、特定在庫タイプを変更する場合は、旧特定在庫タイプを使用して 2 番目のステップを確認する
ことができます。
たとえば、最初のステップが商品のピッキングおよび供給エリアへの移動であるとします。2 番目のステップは、商
品の供給エリアからトラックへの移動です。2 番目のステップの開始前に特定在庫タイプを変更した場合でも、製品
をトラックに積載することができます。
確認の開始後、入荷、内部、出荷、および生産の実行プロセスのタスクの終了前の変更
確認の開始後、タスクの終了前に製品の特定在庫タイプを変更する場合は、以下のオプションがあります。
●
旧特定在庫タイプを使用して、残数量のタスクを終了することができます。確認に利用可能な旧特定在庫タイ
プの製品の在庫が十分にある必要があります。これは、内部ロジスティクスワークセンタの在庫の変更主要タ
スクで、新規特定在庫タイプを使用して在庫を更新していない場合に可能です。
●
数量分割機能を使用して、新規特定在庫タイプを使用した確認を開始することができます。
補充の使用時の製造指図のリリース後の特定在庫タイプの削除
製造指図に特定の特定在庫 ID が必要であり、マニュアル補充または統合された補充を使用する場合は、考慮に入れ
る必要がある事項があります。
製品の製造指図のリリース後に、製品から特定在庫タイプを完全に削除した場合は、特定在庫 ID を使用した補充需
要の充足が試行されます。特定在庫 ID を必要とする補充タスクが登録されます。この場合は、以下を行う必要があ
ります。
●
特定在庫 ID を使用せずに補充タスクを確認します。
その結果、特定在庫 ID がない製品の在庫が存在することになります。製品の需要は特定在庫 ID を持つ在庫
によって充足されないため、生産需要は、生産タスクを確認しない場合は未処理のままとなります。たとえ
ば、製造指図で、特定在庫 IS99 の製品 PRO_1 が 10 個必要であるとします。しかし在庫には、IS99 を持た
ない PRO_1 が 10 個あります。
●
特定在庫 ID を使用する新規マニュアル補充または統合された補充を却下します。
これは、補充タスクの確認と生産タスクの確認の間に別の補充タスクが登録された場合にのみ必要となりま
す。補充タスクは、生産需要を充足しない最初の補充の結果として登録することができます。
●
特定在庫 ID を使用せずに関連製品の生産タスクを確認します。
在庫転送
在庫転送シナリオでは、出庫側の出荷ロジスティクスプロセスと入庫側の入荷ロジスティクスプロセスが組み合わさ
れます。入荷プロセスと出荷プロセスで実行する必要があるステップについては、前出のセクションを参照してくだ
さい。
会社内での在庫転送 (会社内在庫転送) の場合、出庫側の出庫後、入庫側の入庫の転記前の特定在庫タイプの変更に
関して追加の考慮事項があります。入庫転記後に、実地棚卸ワークセンタの輸送中在庫調整主要タスクを使用して、
輸送中在庫を調整する必要があります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
45
たとえば、特定在庫 ID がない製品 PRO_1 をサイト 1 からサイト 2 に 3 個出荷します。これで、特定在庫 ID が
ない 3 個の製品 PRO_1 が輸送中在庫となります。その後、以前は PRO_1 にタイプが指定されていなかったロット
の特定在庫タイプを指定します。特定在庫 ID (IS99 など) がある 3 個の PRO_1 の入庫を転記する必要がありま
す。その後、以下の輸送中在庫が存在することになります。
製品
特定在庫 ID
在庫
PRO_1
なし
3 個
PRO_1
IS99
-3 個
輸送中在庫トランザクション調整を使用して、両方の在庫明細がゼロに転記されます。
サービスオーダー確認でのスペアパーツの事前出荷
スペアパーツの事前出荷は、在庫がシステムでレポートされている状態 (事前出荷在庫) で、顧客にこの在庫を出荷
する追加機能を備えた出荷プロセスです。
出荷後、サービス確認の送信前に特定在庫タイプを変更する場合は、実地棚卸ワークセンタの事前出荷在庫の変更主
要タスクを使用して、事前出荷在庫を調整する必要があります。
たとえば、特定在庫 ID がない 3 個のスペアパーツ PRO_1 を顧客に出荷します。特定在庫 ID がない 3 個のスペ
アパーツ PRO_1 が事前出荷在庫となります。その後、以前は製品 PRO_1 にタイプが指定されていなかったロットの
特定在庫タイプを指定します。特定在庫 ID (IS99 など) を使用して、事前出荷在庫である 3 個の PRO_1 を調整す
る必要があります。その結果、以下の輸送中在庫が存在することになります。
製品
特定在庫
調整転記前の在庫
調整転記後の在庫
PRO_1
なし
3 個
ゼロ
PRO_1
IS99
ゼロ
3 個
実地棚卸
新規特定在庫タイプに適合しない在庫がある場合は、以下のように検数を実行することができます。
●
システムでレポートされる在庫 (予測在庫) の検数は、旧特定在庫タイプを使用してシステムでレポートされ
ているとおりに行うことができます。たとえば、特定在庫タイプを完全に削除し、特定在庫 IS99 の在庫があ
る場合、特定在庫 ID IS99 の実数量の検数を実行することができます。
●
システムでレポートされていない在庫の検数は、新規特定在庫タイプを使用してのみ行うことができます。た
とえば、特定在庫タイプを完全に削除し、特定在庫 ID IS99 の在庫がある場合、特定在庫 ID IS99 の実数量
の検数を実行することができません。製品の実数量の検数のみを行うことができます。
新規特定在庫タイプまたは変更された特定在庫タイプを使用して在庫の検数が行われたことを確認する場合
は、新規特定在庫タイプを使用して関連製品の在庫を調整してから、実地棚卸検数を行う必要があります。詳
細については、前出のプロセスで使用されない既存在庫のセクションを参照してください。
生産および倉庫管理での取消前の変更
生産プロセスまたは倉庫プロセスで確認を取り消すと、元の転記が完全にロールバックされます。つまり、特定在庫
タイプにかかわらず、元の確認の特定在庫関連情報を使用して転記が行われます。
たとえば、ロジスティクスエリア Bin_1 の特定在庫 ID IS99 (ロット) の製品 2 個のピッキングタスクを確認しま
す。この確認を取り消すと、特定在庫タイプが新規特定在庫タイプに変更されたり、完全に削除されたりした場合で
46
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
も、Bin_1 の IS99 (ロット) の在庫が 2 個増えます。取消後に、新規特定在庫タイプを使用して在庫の変更を転記
し、在庫を調整する必要があります。詳細については、前出のプロセスで使用されない既存在庫のセクションを参照
してください。
●
生産および倉庫管理での調整転記前の変更
生産管理、入荷ロジスティクス、内部ロジスティクス、および出荷ロジスティクスワークセンタで、調整転記を使用
して、元の転記のエラーを修正することができます。調整画面の元の明細には、調整済数量のみを入力することがで
きます。つまり、特定在庫タイプにかかわらず、元の明細の特定在庫関連情報を使用して修正を転記します。
ロジスティクスエリアまたは特定在庫 ID を変更する必要がある場合は、数量分割機能を使用して、新規明細を追加
する必要があります。ここでは、実際の特定在庫タイプと照合されます。
たとえば、ロジスティクスエリア Bin_1 の特定在庫 ID がない製品 2 個の在庫受入タスク (1 ステップ入荷) を確
認します。その後、以前は製品にタイプが指定されていなかったロットの特定在庫タイプを指定します。そのため、
在庫受入数量を 3 個に調整する必要があります。以下のオプションがあります。
●
調整済数量に 1 個を入力して、元の明細を変更することができます。つまり、特定在庫 ID がない 3 個の在
庫受入が存在することになります (最初の 2 個の在庫受入プラス調整の 1 個)。新規特定在庫タイプを使用
して在庫を調整するには、在庫の変更を転記する必要があります。詳細については、前出のプロセスで使用さ
れない既存在庫のセクションを参照してください。
●
調整済数量にマイナス 2 個を入力して、元の明細を変更することができます。製品の在庫受入が行われなか
ったことが示されます。ここで、3 個用の新規明細を追加します (数量分割機能を使用)。この場合、新規在
庫タイプを使用して、特定在庫 ID (IS99 など) を入力する必要があります。これにより、特定在庫 ID IS99
の 3 個の関連製品を在庫受入したことが示されます。
参照
特定在庫管理
3.2.2.3 サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格
設定
概要
価格設定とは、価格および合計金額の計算、一般的には製品およびサービスの原価を示します。価格設定は SAP
Business ByDesign で一元的に導入され、関連するすべてのビジネスプロセスに関連付けられます。使いやすいよう
に、必要なすべての設定がシステムで事前定義されています。
価格設定は、調達プロセスに関連するすべての業務伝票で使用可能です。
購買量、製品またはサービスと会社の成功との関連性、サプライヤとの関係の重要性に応じて、いくつかの方法でカ
タログ、購買契約、見積依頼および見積、購買発注、およびリスト価格に、単純価格または複合価格を定義すること
ができます。また、価格条件を定義することもできます。これらの価格条件は、割引や追加料金など、価格の計算時
に適用される係数を表します。このような変動係数は、合計金額に影響を及ぼします。さまざまな価格条件を組み合
わせることができます。
価格設定は、特定の価格条件に関するどの要件を満たしたら価格要素が考慮されるかを決定します。たとえば、運賃
はサービス明細には考慮されません。
価格設定には、価格条件を考慮する順序が含まれます。総額、正味価格、および税が計算されます。価格設定によ
り、どの小計を考慮するか、およびどの範囲まで価格設定をマニュアルで処理できるかが決まります。また、価格設
定により、割引および追加料金 (%) の計算に使用する方法も決まります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
47
レガシシステムの伝票を SAP Business ByDesign に移行する際に、追加の価格計算は実行されません。これ
により、両方のシステムで価格が同じであることが保証されます。
価格条件
システムには以下の価格条件が含まれています。
割引
割引は、サプライヤによって請求される製品価格の削減です。
以下の割引をマニュアルで入力することができます。
●
マニュアル割引 (金額)
入力した金額に基づいて価格を削減することができます。
●
マニュアル割引 (比率)
入力した比率に基づいて価格を削減することができます。
●
マニュアル割引 (金額/数量)
数量依存割引に基づいて価格を削減することができます。
サプライヤとの合意がある場合は、以下の割引を自動的に適用することができます。
●
割引 (金額)
指定した金額に基づいて価格が削減されます。
●
割引 (%)
指定した比率に基づいて価格が削減されます。
●
割引 (金額/数量)
数量依存割引に基づいて価格が削減されます。
追加料金
追加料金は、特定の製品または目的に対して請求される追加費用です。
以下の追加料金をマニュアルで入力することができます。
●
マニュアル追加料金 (金額)
入力した金額に基づいて価格を増加することができます。
●
マニュアル追加料金 (比率)
入力した比率に基づいて価格を増加することができます。
●
マニュアル追加料金 (金額/数量)
数量依存追加料金に基づいて価格を増加することができます。
サプライヤとの合意がある場合は、以下の追加料金を自動的に適用することができます。
●
追加料金 (金額)
指定した金額に基づいて価格が増加されます。
●
追加料金 (%)
指定した比率に基づいて価格が増加されます。
●
追加料金 (金額/数量)
数量依存追加料金に基づいて価格が増加されます。
スケール
数量依存割引を定義することができます。定義したスケールによって金額の計算方法が決定されます。たとえば、ボ
イラーは 1 台 500 USD であるが、ボイラーを 10 台以上購入した場合、価格が 1 台 450 USD に値下げされるよう
に価格スケールを定義します。
48
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
価格における割引、追加料金、およびスケール
使用する価格に応じて、以下の割引、追加料金、およびスケールを定義することができます。
●
カタログ
正味価格を使用できるサプライヤカタログとユーザ定義カタログのアップロードおよび更新のみを行うことが
できます。割引、追加料金、およびスケールを登録および更新することはできません。
●
購買契約
利用可能なすべての割引および追加料金とともに価格スケールを定義することができます。
●
見積
利用可能なすべての割引および追加料金とともに価格スケールを定義することができます。
●
購買発注
割引および追加料金 (金額および %) を定義することができます。
●
リスト価格
サプライヤによって納入された製品または提供されたサービスの価格を価格スケールあり/なしで定義するこ
とができます。
追加価格条件
丸め差異
丸め差異は、基本数量および通貨の価格マスタデータとして更新される小数点以下桁数に応じて発生する場合があり
ます。
丸め差異は、スイスフランやオーストラリアドルなど、少額貨幣がない通貨についても発生します。これらの通貨の
場合、価格は可能な最も近い金額 (0 セントや 5 セントなど) に丸められます。
丸め差異を補正するには、以下のいずれかを実行することができます。
●
伝票 (購買発注など) の金額をマニュアルで変更します。
●
価格マスタデータを適宜更新します。これは契約およびリスト価格の場合に行います。補正するために、製品
の価格マスタデータの基本数量を変更することができます。
Peter は 1 個あたり USD 0.008 の明細の購買発注を登録します。価格は USD 0.1 に丸められます。この
誤差を補正するため Peter は発注する量を 100 個に変更し、その結果、価格は 100 個あたり USD 0.80
となります。
通貨換算差額
価格マスタデータの通貨が伝票通貨と異なる場合、マスタデータとして更新された換算レートに応じて、価格計算中
に通貨換算が発生します。通貨が換算される場合、価格計算での丸めによって誤差が発生することがあります。
通貨の再換算は、ショッピングカートの承認のみで必要となります。
誤差は、通貨が供給元で使用される通貨に再度換算される場合にも発生することがあります。
補正するために、割引または追加料金が存在するかどうかがチェックされ、それに応じて割引または追加料金が適用
されます。割引または追加料金が存在しない場合、通貨は再換算されません。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
49
Peter は 2 つの明細を含むショッピングカートを登録します。最初の明細は USD で価格が設定されてい
ます。契約から取得した 2 番目の明細は、価格が CNY 10 に設定されています。伝票に記載されている最
初の明細の通貨は、システムで伝票通貨として使用される通貨です。伝票通貨は USD であるため、2 番目
の明細の通貨は 0.14608 の換算レートで換算され、価格が USD 1.4608 となります。価格は USD 1.46 に
丸められます。
2 番目の明細の価格が CNY に再度換算された場合、結果は CNY 9.99 となります。このため、追加料金が
存在するかどうかがチェックされます。追加料金が存在する場合、それに応じて、決定された結果に追加
料金が適用されます。追加料金が存在しない場合、価格は変換されず、元の価格の CNY 10 となります。
全明細正味額
すべての明細の正味額を追加することによって計算されます。この値を変更することはできません。
運賃
この価格条件は、商品の輸送に請求される金額を対象とします。たとえば、受領した商品の正味重量に応じて、固定
運送費または運賃が請求されます。運賃はサプライヤ請求書明細に配分されます。配分は、サプライヤ請求書明細の
正味額に比例します。
税
この価格条件は、課税に関する要件を対象とします。すべての税は法的要件に従って計算されます。
詳細については、以下を参照してください
●
サービスの国外税の計算
●
税決定 [ページ 51]
●
源泉徴収税決定
価格計算スキーマ
複数の価格が使用可能な場合に使用する価格を決定するために、システムは定義済の順序に従います。価格は優先度
の低い順に一覧表示されます。
●
履歴価格
履歴価格は、購買発注で使用された過去の価格です。履歴価格は臨時の購買に使用します。
●
カタログ価格
カタログ価格は、従業員がセルフサービスシナリオで製品のマスタデータを登録せずに頻繁に購入する明細に
使用します。
●
リスト価格
リスト価格は、たとえば、サプライヤのカタログまたは契約がない場合に、購買関連は中 (契約なし) である
ものの、購買頻度が高い製品に対して使用します。リスト価格では、購買プロセスを自動化することができま
す。
●
契約価格
購買契約は、長期的な関係が予想されるサプライヤから頻繁に購入する製品および製品カタログに対して登録
されます。
●
マニュアル価格/マニュアルサプライヤ価格
マニュアル価格は、調達伝票に入力する価格です。多くの場合、マニュアル価格は、サプライヤから最近受け
取った価格が以前の価格と異なる場合に使用します。
マニュアルサプライヤ価格は、サプライヤによって入力されます。
価格は自動的に決定されますが、システムによって決定された提案を上書きすることもできます。
Susan は利用可能な製品の購買発注を登録します。リスト価格は最適な価格であり、リスト価格のサプラ
イヤが供給元として使用されます。契約価格またはマニュアル価格が利用可能な場合、Susan はシステム
を上書きし、契約のサプライヤを使用するか、またはマニュアル価格および供給元として対応するサプラ
イヤを入力することができます。
50
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
各伝票タイプに使用可能な価格
使用可能な価格は、登録する伝票タイプによって異なります。
ショッピングカート
●
カタログ価格
●
リスト価格
●
マニュアル価格
購買依頼
●
履歴価格
●
カタログ価格
●
契約価格
●
マニュアル価格
●
マニュアルサプライヤ価格
購買発注
●
履歴価格
●
カタログ価格
●
契約価格
●
マニュアル価格
●
マニュアルサプライヤ価格
マニュアルサプライヤ価格は、購買発注確認のみで使用されます。
入庫/サービス受領
●
リスト価格
●
契約価格
●
マニュアルサプライヤ価格
サプライヤ請求書
●
リスト価格
リスト価格は、価格例外が発生する可能性があるサプライヤ請求書照合に使用されます。
●
契約価格
契約価格は、価格例外が発生する可能性があるサプライヤ請求書照合に使用されます。
3.2.2.4
税決定
概要
Business ByDesign では、税イベントが用意され、その結果の数値を使用して税レポートが生成されます。
ただしこの自動生成レポートは、顧客独自またはユーザ独自の税評価に優先して使用するものではありま
せん。SAP は、自動生成レポートまたは生成される税レポートの正確性に関しては、一切責任を負いませ
ん。
通常、各企業には、売買した製品や利用したサービスについて税を計算すること、およびその顧客に対してそれらの
税を課すことが法的に義務付けられています。製品またはサービスが提供されたら、該当する税務当局にそれらの税
を申告して納付する必要があります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
51
税の計算は、受注伝票、請求書、クレジットメモ、前受/前払金伝票などの業務伝票に対して行います。
国によって税法は異なるため、特定の取引について正しい税額を計算しようとすると煩雑さは避けられません。以下
の税タイプについては、税の計算が自動的に行われます。
●
消費税 (VAT)
この税は、欧州連合加盟国をはじめ多くの国で導入されていますが、各国間で多くの違いが見られます。たと
えば、カナダやオーストラリアなど一部の国では、消費税は物品サービス税として導入されています。
●
売上税および使用税
この税は米国で導入されているほか、カナダでも類似の税方式 (州売上税) が導入されています。
●
源泉徴収税
この税は各国で導入されており、その方式もさまざまです。米国の源泉徴収税を計算することができます。
また、これらの税の強制申告を効率的に管理できるレポートツールが用意されています。
前提条件
●
税決定に関するマスタデータを登録しておきます。
●
課税に関するソリューションスコープの定義
課税に関するソリューションスコープを定義するためには、以下の処理が必要です。
○
ビジネスコンフィグレーションのビルトインサービスおよびサポートで、課税に関するソリューションス
コープを指定します。税計算ビジネストピックは、ビジネス環境ビジネスパッケージに存在します。
○
見積でも税を計算する必要がある場合は、スコーピングで該当するオプションを有効化します。質問ステ
ップで、販売事業領域にナビゲートし、新規ビジネス > 税計算を伴う見積を選択します。
要素
適用されうる税を正しく計算するため、利用可能な業務伝票から該当するデータが収集されます。ユーザは、ビジネ
スケースに必要な情報を使用してシステムの設定を行う必要があります。多くのビジネスケースは事前に設定されて
いますが、一部のケースではユーザ自身がシステムを拡張する必要があります。
税決定に関する詳細、およびシステムによるデータのマージ方法や分類方法に関する詳細については、税決定の要素
を参照してください。
税番号の決定
以下のような場合には、税番号が再度決定されます。
●
税日付が変更された場合
●
購買者、販売者、または税レポートグループが変更された場合
●
税番号が間違っている場合
●
課税国が変更された場合
消費税 (VAT) 番号
輸出出荷の場合
域内出荷に対して税額免除を受けるためには、入庫の際に使用されるサービス受領者の消費税番号を記録する必要が
あります。
1 つの顧客マスタレコードに複数の消費税番号が割り当てられている場合は、以下の基準に従って消費税番号が選択
されます。
52
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
●
納入先の所在国 (仕向国) の消費税番号。
●
仕向国の消費税番号がマスタデータに入力されていない場合は、マスタデータに入力されているその他の番号
を検索し、商品の発送国の番号とは異なる番号を選択。
●
商品輸送の起点となる国の消費税番号のみ存在する場合、または消費税番号がまったく存在しない場合は、域
内出荷に関する前提条件が満たされていないため、その出荷に対しては該当する税率で課税。
マスタデータに入力されている消費税番号は、請求書に自動で表示されます。この番号は、伝票の税タブ上で
上書きできます。ただし、上書きに使用できるのは、アカウントマスタレコードに入力済の消費税番号のみで
す。
海外で実施されるその他のサービスの場合
サービスの実施場所に関連する BtoB コミッションについては、EU 指令 2008/8/EG および各国固有の課税法案に基
づいて新たな規制が設けられています。
通常、サービスが提供される場所は、サービス受領者の住所として扱われます。納入先住所の所在国がアカウントの
住所と異なる場合は、その納入先住所がサービスの実施場所と見なされます。この場合、サービスの課税地は納入先
住所に基づいて決定されるため、税の決定方法に直接的な影響が及びます。このような規制は、たとえばドイツの売
上税法第 3a 条 2 項に定められています。もし税の決定方法がケースごとに異なれば、課税国や税コードなど該当
する税データはマニュアルで適応させなければなりません。
サービス受領者が会社であるか個人であるかを区別するため、システム (税のデシジョンツリー) によって、アカウ
ントマスタデータに消費税番号が入力されているかどうかのチェックが行われます。消費税番号が見つからない場
合、そのビジネスケースは、個人に対して実施されたサービスと見なされます。
そのためアカウントマスタデータを入力する際は、消費税番号を確実に入力することが重要です。
リバースチャージ制度
リバースチャージ制度とは、場合により顧客が消費税の支払義務を負い、それを該当する税務当局に納付することが
法的に義務付けられた制度です。これに該当する場合、事業者が発行する請求書には、消費税は含まれない代わり
に、税債務が顧客に移し替えられる旨が記載されます。その顧客は、消費税を計算して税務当局に納付する必要があ
り、通常はそれと同時に仮払消費税控除を申請します。税債務をサービス受領者に移し替えることを、リバースチャ
ージ制度と呼びます。
詳細については、リバースチャージ制度による税決定を参照してください。
仕入先直送受注処理での課税
通常の販売シナリオにおいては、会社とアカウントとの間に直接取引が発生し、双方のビジネスパートナはその所在
地が同一国内にあり、会社は生産した物品やサービスをアカウントに直接提供します。こうしたシナリオでは、税に
関する特別な規制は必要ありません。しかし、このビジネスシナリオに通常の状態とは異なるパラメータが 1 つ以
上存在し、なおかつアカウントの住所と納入先住所が同じでない場合などには、そのシナリオの複雑度に応じて特別
な規制が適用されます。
詳細については、仕入先直送受注処理およびチェーントランザクションの課税を参照してください。
消費税納税申告書に使用する基準日
消費税納税申告書に使用する日付は、業務伝票によって異なります。たとえば、サプライヤ請求書には領収書日付が
使用され、顧客請求書には転記日付が使用されます。ただし必要であれば、納税期日を入力することもできます。
納税期日の詳細については、税明細の納税期日を参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
53
仕訳伝票内の税コードの入力または変更
仕訳伝票内の税コードを入力または変更する手順は以下のとおりです。
●
受注
受注ワークセンタにジャンプし、新規受注を選択するか、編集する既存の受注を選択します。すべて表示を選
択します。明細タブページにジャンプし、そこからさらに税タブページにジャンプします。税コードで選択し
た受注明細に対する適切なエントリを選択します。
●
請求書またはクレジットメモ
顧客請求ワークセンタにジャンプし、新規マニュアル請求書を選択するか、編集する既存の請求書またはクレ
ジットメモを選択します。明細タブページにジャンプし、そこからさらに税タブページにジャンプします。税
コードで選択した請求書明細に対する適切なエントリを選択します。
●
購買発注
購買依頼および購買発注ワークセンタにジャンプし、新規購買発注を選択するか、編集する既存の購買発注を
すべて表示
明細 を選択します。基本データタブページの税で、選択した購買発注明細
選択します。
に対する適切な税コードを選択します。
●
サプライヤ請求書
サプライヤ請求書ワークセンタにジャンプし、購買発注なしの新規請求書を選択するか、編集する既存の請求
書を選択します。概要タブページで、選択した請求書明細に対する適切な税コードを選択します。
税のデシジョンツリー
税のデシジョンツリーを使用することで、税イベントが正しく決定されます。税のデシジョンツリーは、論理的に関
連する一連の質問事項で構成されており、それらの質問と伝票に入力されているデータとを見比べながら質問内容の
真偽が判定されます。こうして実態が絞り込まれ、最終的に税イベントおよび適正な課税方式が決定されます。
質問には、その内容と伝票に入力されているデータとを見比べながら回答します。基本的なプロセスはプロセスフロ
ーとして表すことができます。以下の例は、ドイツに拠点を置く会社の税イベント "第三国への輸出" を決定するた
めに使用される質問です。
税のデシジョンツリーは、各国にそれぞれ割り当てられます。
54
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
プロセスフロー
この税決定のプロセスフローではサンプルとして、請求書に対する税イベントの決定方法について説明します。
1.
営業員がマニュアル請求書を登録して保存します。
2.
必要なデータが入力されると、以下のような税関連データが税決定へ転送されます。
●
サプライヤおよび購買者の所在地
●
ビジネスパートナの税属性
各国独自の法律に基づく非課税理由もこうした属性の 1 つです。
●
製品の税属性
税率タイプおよび非課税理由は、国、地域、および税タイプごとに異なる場合があります。たとえば米国
の場合、サービスは通常、課税対象ではないため、非課税理由は製品マスタデータに割り当てる必要があ
ります。製品は通常、標準税率で課税されるため、その他のエントリは不要です。
3.
税関連データを使用して税決定が有効化され、税のデシジョンツリーで自動的にデータが処理されます。
4.
以下の要素に基づいて税の計算が行われます。
●
税イベント
5.
●
税タイプ
●
標準消費税率などの税率タイプ
●
税率 (%)
●
課税対象額
税決定の結果および計算の結果が受注に反映されます。計算された税が、価格設定タブ、および
の税タブに表示されます。
決定された以下のような税詳細がすべて、税タブに表示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
明細 タブ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
55
●
課税国
●
税コード
●
税管轄コード (課税国が米国の場合に使用)
●
税地域 (課税国がカナダの場合に使用)
●
税日付
●
税タイプごとに以下の項目が 1 行で列記されたテーブル
○
課税基準
○
税率タイプ
○
税率
○
非課税理由 (必要に応じて)
○
税額
○
控除タイプ (購買伝票にのみ使用)
○
繰延税金フラグ (フランスまたはインド)、税管轄コードフラグ (米国)、地域フラグ (カナダ) な
どの国依存パラメータ (必要な場合)
ただし、税関連の取引すべてを正しく自動認識できるわけではありません。
そのため、取引の正しい課税国や税コードが決定されない場合に備えて、伝票内のデータはマニュアル
で上書きすることが推奨されます。伝票内の課税国をマニュアルで変更する場合、入力ヘルプには税務
当局が登録されている国のみが表示され、それぞれの会社の課税方式は更新されます。ただし、税務上
売上をレポートする必要がある他の課税国を入力することもできます。この場合、その国に対する個別
の税コードが表示されます。また、その国の税務当局を登録する必要があります。さらに、取引に対し
て会社の正しい税番号が特定されるように、伝票で税決定を再度トリガすることも必要です。税率が複
数ある国に対しては、税基準をマニュアルで入力することができます。
取引のフォローアップ伝票内で、サービス提供地のある国や受領者の所在国などの税関連データが変更
されても、課税国および税コードの決定が再度行われることはありません。これは、たとえばサービス
オーダーに対して登録されているサービス確認や、受注に対して登録されているプロジェクト請求書の
住所データにおける変更に影響します。
参照
関係者処理
税決定 — 米国 (この文書には、テキサス州およびカリフォルニア州における納入時の課税や Nexus など、米国に特
化したトピックが記載されています。)
3.2.3
3.2.3.1
タスク
サービスへの購買管理詳細の割当
概要
適切なステータスを適用して、サービスに購買プロセスを割り当てることができます。また、特定の購買数量単位、
内部コメント、購買ノート、サプライヤサービス番号、税情報など、詳しい購買詳細を割り当てることもできます。
製品データワークセンタのサービスで、サービスに購買詳細を割り当てることができます。
56
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
手順
1.
製品データワークセンタのサービスビューのサービスサブビューを選択します。
2.
サービスを選択し、 編集 をクリックしてサービスクイックアクティビティを開きます。
3.
4.
購買管理 タブに移動します。
ステータスに準備中を設定します。
サービスは、購買プロセスについて、ステータスが有効になった後にのみ使用可能です。ステータスの
詳細については、サービスへのステータスの割当を参照してください。
5.
オプション: 標準税率からの偏差を更新します。
a.
b.
c.
6.
非標準税率の更新をクリックします。
行追加 をクリックします。
国、地域、税タイプ、税タイプ率、および非課税理由を必要に応じて入力します。
オプション: サービスの詳しい購買詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
購買管理 タブに移動します。
デフォルトでは、購買数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる購買数量
単位を選択します。
購買数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、サービスへの数量換算の追加 [ページ 60]を参照してください。
7.
8.
c.
必要に応じて、内部コメントを入力します。
d.
サービス用に登録された購買発注に表示される購買ノートを入力します。
e.
1 社以上のサプライヤからサービスを購入する場合は、サプライヤサービス番号の詳細を入力します。
f.
必要に応じて、関連する非標準税を入力します。
g.
関連する源泉徴収税の詳細を入力します。
購買プロセスのサービスを有効化するには、ステータスを有効に設定します。
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.3.2
サービスへの販売詳細の割当
概要
あるサービスの販売に関連するそれぞれの流通チェーンに、基本的な販売詳細とステータスを割り当てることができ
ます。また、それぞれの流通チェーンに、特定の販売数量単位、内部コメント、販売ノート、得意先サービス番号、
税情報などの、詳しい販売詳細を割り当てることもできます。
製品データワークセンタのサービスで、サービスに販売詳細を割り当てることができます。
手順
1.
製品データワークセンタのサービスビューのサービスサブビューを選択します。
2.
サービスを選択し、 編集 をクリックしてサービスクイックアクティビティを開きます。
3.
販売 タブに移動します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
57
4.
それぞれの流通チェーンに関する基本的な詳細を入力します。
a.
流通チェーンテーブルで、流通チェーンを選択します。
b.
流通チェーンの明細グループを選択します。サービスオーダーの登録および処理には明細グループが必
要です。以下のサービス関連の明細グループのいずれかを選択します。
●
固定価格サービス (プロジェクトベース) の場合は PBFP
●
実費精算基準で販売されるサービス (プロジェクトベース) の場合は PBTM
●
実費精算基準で請求される費用 (プロジェクトベース) の場合は PXAT
●
固定価格費用 (プロジェクトベース) の場合は PXFX
●
実費精算基準で販売されるサービスの場合は SECO
●
時間および原価を追跡しない固定価格サービスの場合は SEFL
●
時間および原価を追跡する固定価格サービスの場合は SERV
●
実費精算基準で請求される費用の場合は XACT
●
固定価格費用の場合は XFIX
これらの明細グループの詳細については、サービスを参照してください。
5.
ステータス列で、初期ステータスは準備中となります。必要に応じてステータスを更新します。
サービスは、選択された流通チェーンについて、ステータスが有効になった後にのみ使用可能です。ス
テータスの詳細については、サービスへのステータスの割当を参照してください。
6.
オプション: 標準税率からの偏差を更新します。
a.
b.
c.
7.
非標準税率の更新をクリックします。
行追加 をクリックします。
国、地域、税タイプ、税タイプ率、および非課税理由を必要に応じて入力します。
オプション: サービスの詳しい販売詳細を入力します。
a.
すべて表示 をクリックして、
販売 タブに移動します。
b.
流通チェーンテーブルで、流通チェーンを選択します。
c.
デフォルトでは、流通チェーンの販売数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、
異なる販売数量単位を選択します。
販売数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、サービスへの数量換算の追加 [ページ 60]を参照してください。
8.
d.
流通チェーンの明細グループを選択します。
e.
必要に応じて、内部コメントを入力します。
f.
受注とその他の販売関連の伝票に表示する販売ノートを入力します。
g.
必要に応じて、得意先サービス番号の詳細を入力します。
h.
必要に応じて、関連する非標準税を入力します。
流通チェーンのサービスを有効化するには、ステータスを有効に設定します。
財務転記が確実に円滑に実行されるようにするには、関連会社の評価プロセスも有効にする必要があ
ります。詳細については、サービスへの評価詳細の割当 [ページ 59]を参照してください。
9.
58
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
3.2.3.3
サービスへの評価詳細の割当
概要
サービスの財務データを提供する各会社に基本的な評価詳細とステータスを割り当てることができます。また、特定
の棚卸資産評価数量単位や、関連性のある各会計帳簿の原価情報など、詳しい評価詳細を割り当てることもできま
す。
製品データワークセンタのサービスで、サービスに評価詳細を割り当てることができます。
手順
1.
製品データワークセンタのサービスビューのサービスサブビューを選択します。
2.
サービスを選択し、 編集 をクリックしてサービスクイックアクティビティを開きます。
3.
4.
評価 タブに移動します。
会社の基本的な詳細を入力します。
a.
会社テーブルで、会社を選択します。
b.
ステータス列で、準備中を選択します。
サービスは、選択された会社について、ステータスが有効になった後にのみ使用可能です。ステ
ータスの詳細については、サービスへのステータスの割当を参照してください。
c.
原価率項目に、会社に割り当てられたデフォルトの会計帳簿の原価率を入力します。
会社に割り当てられた追加の各会計帳簿の原価情報を編集することができます。詳しい評価詳
細の編集の詳細については、次のステップを参照してください。
d.
5.
サービスの勘定設定グループを選択します。
オプション: サービスとその会社の詳しい評価詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
評価 タブに移動します。
デフォルトでは、評価数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる評価数量
単位を選択します。
評価数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、サービスへの数量換算の追加 [ページ 60]を参照してください。
いずれかの会社に対してサービスが有効化された後で、評価数量単位を変更することはできませ
ん。
c.
会社テーブルで、会社を選択します。
d.
サービスの勘定設定グループを選択します。勘定設定グループでは、どのアカウントを自動転記に使用
するかを決定するルールを定義します。詳細については、自動勘定設定を参照してください。
e.
選択した会社に割り当てられた各会計帳簿の原価情報を更新することができます。そのためには、会計
帳簿を選択し、 原価率の編集 をクリックします。会計帳簿により、法定レポートの作成と財務諸表の
登録に必要な会計データセットが漏れなく整合性の取れた状態で整います。詳細については、会計帳簿
を参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
59
後でサービスを編集するときに、新しい会計帳簿が会社に割り当てられていれば、その帳簿
が 評価 タブに自動的に表示されます。ただし、新しい会計帳簿がサービスに適用されるよう
にするには、サービスを保存する必要があります。
6.
会社のサービスを有効化するには、ステータスを有効に設定します。
7.
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.3.4
サービスへの数量換算の追加
概要
デフォルトでは、基本数量単位は購買管理、販売、評価の各プロセスの数量単位でもあります。プロセスに別の数量
単位を選択する場合、基本数量単位とこの別のプロセス数量単位との間で等しい計測法を指定する必要があります。
たとえば、基本数量単位が活動で、販売数量単位が時間である場合には、活動の典型的な期間を指定することがあり
ます。
計算が適切に行われるように、基本数量単位はサービス用で最も小さな数量単位にします。
プロセスに対してサービスを有効化した後で基本数量単位を変更する場合は、古い基本数量単位と新しい基本
数量単位との間で等しい計測法を指定する必要があります。
製品データワークセンタのサービスで、サービスに数量換算を追加することができます。
手順
1.
製品データワークセンタのサービスビューのサービスサブビューを選択します。
2.
サービスを選択し、 編集 をクリックしてサービスクイックアクティビティを開きます。
3.
すべて表示 をクリックします。
4.
数量換算テーブルで、 行追加 をクリックします。
5.
2 種類の数量単位間で等しい数量を入力します。
6.
a.
新しい行の数量列に、一方の数量単位と数量を入力します。
b.
新しい行の対応数量列に、もう一方の数量単位と数量を入力します。
追加の換算ごとに、新たに行を追加し、上記のステップを繰り返します。
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
7.
3.2.3.5
ト
Microsoft Excel® を使用したビジネスデータのエクスポー
概要
レポートおよびワークリストを Microsoft Excel® 文書にエクスポートすることができます。これらの文書を使用し
てさらに分析を進め、場合によっては、編集してソリューションにアップロードすることができます。
レポートまたはワークリストのデータをエクスポートすることができます。
60
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
前提条件
●
最新の Microsoft Excel® のアドインをインストールしておきます。このことは、ソリューションの設定に応
じて以下から行うことができます。
○
ホームワークセンタのセルフサービス概要
○
アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのダウンロードセンタ
○
ユーザインタフェースで直接使用可能なダウンロードリンク
●
ブラウザの設定が正しく設定されている必要があります。コンピュータ設定に関する情報は、ログオン画面の
マイコンピュータの設定チェックをクリックすることによって確認することができます。
●
Microsoft Excel® へのエクスポートを実行する権限を持っている必要があります。
手順
1.
エクスポートするデータが表示されている画面に移動します。
2.
データのタイプに応じて、以下のいずれかのオプションを選択します。
3.
4.
●
レポートの場合は、チャートまたは表をエクスポートすることができます。このためには、レポートを
選択し、チャートに切替またはテーブルに切替をクリックします。
●
ワークリストの場合は、ワークリストを選択し、実行をクリックします。
エクスポート
をクリックし、Microsoft Excel へを選択します。
オプション: Excel エクスポートのパーソナライズ
1.
エクスポートした Excel の列を選択するには、以下の手順を実行します。
a.
タイトルバーで、パーソナライズ
b.
サイドパネルで設定照会を選択します。
c.
設定照会ダイアログボックスで、列エクスポート項目のすべてを選択することにより、ビュー内
のすべての列をエクスポートすることができます。
この画面
をクリックします。
この項目のデフォルト値は表示で、現在表示されている列のみがエクスポートされます。
2.
Excel エクスポートの言語を選択するには、以下の手順を実行します。
a.
設定照会ダイアログボックスで、言語選択項目を表示に設定し、 OK
b.
保存 をクリックします。
c.
エクスポート
d.
をクリックします。
をクリックし、Microsoft Excel® へを選択します。
表示されたダイアログボックスで言語を選択します。
このダイアログボックスの列選択設定により、パーソナライズ設定を上書きすることがで
きます。この選択は現在のエクスポートでのみ有効です。
5.
表示されたダイアログボックスでテンプレートを選択します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
61
●
ログイン言語バリアントを持つテンプレートが 1 つのみである場合、エクスポートはログイン
言語で実行され、ユーザインタラクションは必要ありません。
●
システムにこのエクスポートシナリオのテンプレートが 1 つのみあり、ログイン言語バリアン
トを使用することができない場合、エクスポートは英語で実行されます。
●
システムにこのエクスポートシナリオのテンプレートが複数ある場合は、テンプレート一覧ダイ
アログボックスが表示されます。このダイアログで、エクスポートに使用する Microsoft Excel
テンプレートを選択することができます。このテンプレートによって、エクスポートされたデー
タの書式が決定されます。各テンプレートに関連する Microsoft Excel バージョンが表示され
ます。
6.
ダウンロードをクリックします。
7.
メッセージによって、ソリューションからエクスポートしたデータが含まれているファイルを開くか、または
保存することができることが示されます。エクスポートしたデータの処理内容に応じて、開くまたは保存をク
リックします。
開くまたは保存のいずれをクリックしたかに応じて、考えられる結果は以下の 2 つです。
3.2.4
●
開くをクリックすると、データが含まれているワークシートが Microsoft Excel で開きます。このフ
ァイルには仮の名称がありますが、ファイルは保存されていません。Microsoft Excel のすべての機能
を使用して、データを編成し、ワークシートを保存することができます。
●
保存をクリックすると、名前を付けて保存ダイアログボックスが開きます。適切なファイル名およびエ
クスポートされた Microsoft Excel ファイルの保存ロケーションを指定することができます。メッセ
ージによって、ダウンロードが正常に完了したことが通知されます。
後で、テンプレートを保存したロケーションにナビゲートし、このテンプレートを開くことができま
す。
品目のクイックガイド (製品ポートフォリオ内)
会社が提供するすべての品目に関する完全かつ正確な情報を保持することが重要です。このため、品目ビューでは、
システム内のすべての品目を表示したり、新規品目を登録したり、製品ライフサイクルを通じて品目を更新したりす
るために、中央エントリポイントが提供されています。
ビジネスバックグラウンド
品目へのステータスの割当
品目は、さまざまなビジネスプロセスに関与していることがあります。たとえば、釘は別の製品の製造で使用される
場合がありますが、最終製品そのものとして販売される場合もあります。そのため、品目は購買管理、ロジスティク
ス、供給計画、利用可能在庫確認、販売、および評価のセクションに分けられます。各セクションには、ビジネスプ
ロセスに固有の詳細と、そのプロセスの品目が完全な状態であるのか、準備状態であるのかを示す 1 つ以上のステ
ータスが含まれています。このため、新規品目を登録するときには、該当するプロセスが確実に割り当てられて、こ
れらの領域のデータが最新の状態に保たれるように、正しいステータスを適用することが重要です。
詳細については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照してください。
特定在庫タイプの変更
製品が使用されるプロセスに関係なく、製品の特定在庫タイプを変更することができます。特定在庫タイプが存在し
ていない場合に新しい特定在庫タイプを指定したり、タイプを完全に削除したり、あるタイプから別のタイプに変更
62
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
したりすることができます。製品がロジスティクスで有効化された後であっても、製品の特定在庫タイプを変更する
ことができます。
プロセスで製品の使用開始後に特定在庫タイプを変更する必要が発生した場合に備えて、この柔軟性が許可されてい
ます。ただし、特定在庫タイプを変更すると、影響を受ける製品が使用されるプロセスのステータスに応じて、プロ
セスへの影響およびフォローアップアクションが発生する可能性があります。特定在庫タイプの変更を実行する前
に、これらの影響を認識する必要があります。製品のプロセスを開始する前に、正しい特定在庫タイプを使用して製
品の指定を完了することをお奨めします。
特定在庫タイプは、製品データワークセンタの品目エディタの一般タブで変更することができます。一般タブにアク
セスするには、すべて表示をクリックします。製品が有効化されているかどうかをロジスティクスタブで確認するこ
ともできます。
詳細については、特定在庫タイプの変更 [ページ 42]を参照してください。
サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定
価格設定は価格リストや割引一覧といった価格マスタデータに基づいて行われます。価格マスタデータは、販売プロ
セスおよびサービスプロセスのすべての業務伝票内で価格設定を自動的に計算するために使用されます。特定の場所
で特定の日に受け取りが行われる特定の製品やサービスに顧客が支払わなければならない総額を決定するには、事前
定義された価格決定表を使用します。価格決定表は、リスト価格、割引、追加料金、運賃、税、原価といった価格要
素から構成されています。合計値の計算には、これらの価格要素の整合性が不可欠です。
詳細については、サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定 [ページ 15]を参照してくださ
い。
税決定
一般に、会社は法律上、購入または販売する製品の税を計算し、これらの税を顧客に課す必要があります。製品の提
供後、各税務当局に対して税の申告および支払を行う必要があります。消費税 (VAT)、売上税および使用税、源泉徴
収税の税タイプについては、大部分が自動化された税計算によるサポートが提供されます。また、これらの税の申告
義務を効果的に管理するためのレポートツールも提供されます。
詳細については、税決定
[ページ 51]を参照してください。
タスク
品目の登録
1.
2.
3.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
新規登録
、品目の順にクリックして、新規品目クイックアクティビティを開きます。
品目 ID を入力します。
品目に対して内部番号範囲が設定されている場合は、品目 ID をマニュアル入力することはできませ
ん。品目を保存すると、次に使用可能な ID が自動的に割り当てられます。
詳細については、コンフィグレーション: 番号範囲を参照してください。
4.
品目内容説明を入力します。
他の言語での内容説明については、以下の他言語での品目内容説明の追加を参照してください。
5.
新規品目を割り当てる製品カテゴリを選択します。
6.
基本数量単位項目に、品目のデフォルトの数量単位を入力します。購買、ロジスティクス、計画、利用可能在
庫確認、販売、および評価において、これらのプロセスに対して別の数量単位がマニュアルで選択されている
場合を除き、この数量単位が使用されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
63
基本数量単位は、その品目で最も小さい数量単位にする必要があります。したがって、プロセスに別
の数量単位を選択する場合は、常に基本数量単位が小さいことを確認してください。
7.
オプション: 一般 タブで、基本数量単位の正味重量、総重量、正味容積、総容積を入力します。たとえば、
基本数量単位がボックスの場合、1 ボックスの物理特性を定義します。
追加特性の定義の詳細については、下記の品目への数量単位特性および GTIN の追加を参照してください。
8.
品目の特定在庫タイプを入力します。
a.
すべて表示 をクリックします。
一般 タブで、
b.
c.
一般 をクリックします。
特定在庫のグループに品目を割り当てるには、特定在庫タイプを選択します。
選択した特定在庫タイプに応じて、以下のことが決定されます。
1.
品目がロット管理であるかどうか。品目がロット管理である場合、システムでこの品目の在庫を取
得するため特定在庫の登録が必須です。
2.
品目で製品仕様書の使用が有効であるかどうか。品目で製品仕様書の使用が有効な場合、登録され
た製品仕様書を特定在庫にリンクすることができます。
この情報は、ロット管理チェックボックスと製品仕様書有効チェックボックスを表示して確認することが
できます。これらのチェックボックスは読込専用で、編集することはできません。
特定在庫タイプによって、品目の管理方法が決まります。
特定在庫タイプ
ロット管理
製品仕様書有効
必須指定在庫
はい
はい
バッチまたはロット
はい
いいえ
任意指定在庫
いいえ
はい
詳細については、特定在庫タイプの変更 [ページ 42]を参照してください。
●
製品がロット管理の場合で、主に在庫用に生産 (見込生産) され、受注生産シナリオで使
用されることがまったくない場合、その品目の特定在庫タイプはバッチまたはロットのい
ずれかにする必要があります。
●
製品がロット管理の場合で、在庫用に生産 (見込生産) されるか、製品仕様書を使用した
顧客受注専用に生産 (受注生産) されるかのいずれかである場合、特定在庫タイプは必須
指定在庫にする必要があります。
●
製品がロット管理ではない場合で、在庫用に生産 (見込生産) されるか、製品仕様書を使
用した顧客受注専用に生産 (受注生産) されるかのいずれかである場合、特定在庫タイプ
は任意指定在庫にする必要があります。
品目をすでに登録し、使用した後に特定在庫タイプを変更すると、関連するロジスティクスプロセ
スは失われます。たとえば、品目を登録し、特定在庫タイプを必須指定在庫として定義した場合、
ロット管理と製品仕様書の両方が有効になります。しかし、品目を使用した後に、特定在庫タイプ
を任意指定在庫に変更した場合、品目のロット管理機能は失われます。
9.
オプション: 品目の追加の一般詳細を入力します。
a.
b.
64
すべて表示 をクリックします。
シリアル番号割当のプロファイルを選択するには、シリアル番号プロファイルを選択します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
10.
c.
品目の製品イメージを追加、削除、または置き換えるには、 イメージ
ンを選択します。
をクリックし、適切なオプショ
d.
在庫の有効期間を指定するには、 計画 タブの最小必須有効期間項目に該当する日数を入力します。入
力した日数が経過すると、在庫を計画および実行できなくなります。
保存 をクリックします。
この文書には、インドのみに関係するテキストが含まれています。システムで正しいテキストが表示さ
れるようにするには、パーソナライズ → マイ設定の順に選択します。 オンスクリーンヘルプ を選択
し、国でインドを選択します。これらの変更を適用するため、設定を保存してログアウトします。
品目への購買詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 66]を参照してください。
品目へのロジスティクス詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 67]を参照してください。
品目への供給計画詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ [ページ 68]を参照してください。
品目への利用可能在庫確認詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 69]を参照してください。
品目への販売詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 70]を参照してください。
品目への評価詳細の割当
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 72]を参照してください。
品目への数量変換の追加
このタスクの詳細については、ここ [ページ 73]を参照してください。
品目への数量単位特性および GTIN の追加
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
一般 タブで、基本数量単位の正味重量、総重量、正味容積、総容積を入力します。たとえば、基本数量単
位がボックスの場合、1 ボックスの特性を定義します。
4.
オプション: 基本数量単位およびその他の数量単位の追加特性と GTIN (国際取引商品番号) を定義します。
a.
すべて表示 をクリックします。
b.
一般 タブの最上部にある数量単位特性をクリックします。
テーブルの先頭行に、基本数量単位に対してすでに入力した物理特性が表示されます。
c.
基本数量単位の長さ、幅、高さ、GTIN (国際取引商品番号) を入力します。
GTIN は、世界中の製品を一意に識別するために使用される、8、12、13、または 14 桁の番号で
す。GTIN はそれぞれ国際標準に準拠し、一意である必要があります。
d.
別の数量単位の特性および GTIN を定義するには、行追加をクリックします。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
65
e.
新規行で、数量単位を選択し、関連する特性と GTIN を入力します。
f.
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
その他言語での品目内容説明の追加
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
品目テキスト項目には、品目の内容説明がログオン言語で表示されます。
すべて表示 をクリックします。
3.
4.
一般 タブの最上部にある
他の言語 をクリックします。
別の言語での品目の内容説明を追加するには、 行追加 をクリックします。
5.
ある言語の品目テキストを更新しない場合、業務伝票にその言語での内容説明が表示されません。
6.
新規行で、言語を選択し、品目テキストを入力します。
7.
詳細セクションで、品目に関する追加情報を入力し、 保存 をクリックします。
品目の一括変更
一度に複数の品目の一般および事業領域詳細をすばやく更新することができます。このタスクの詳細については、こ
こ [ページ 74]を参照してください。
Microsoft Excel® への品目のエクスポート
品目を Microsoft Excel にエクスポートすることができます。このタスクの詳細については、ここ [ページ 60]を
参照してください。
3.2.5
タスク
3.2.5.1
品目への購買詳細の割当
概要
適切なステータスを適用して、品目に購買プロセスを割り当てることができます。また、特定の購買数量単位、内部
コメント、購買ノート、サプライヤ情報、税情報など、詳しい購買詳細を割り当てることもできます。
以下のいずれかのビューで、品目に購買詳細を割り当てることができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
4.
66
購買管理 タブに移動します。
ステータスに準備中を設定します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
品目は、購買プロセスについて、ステータスが有効になった後にのみ使用可能です。ステータスの詳細
については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照してください。
5.
オプション: 標準税率からの偏差を更新します。
a.
b.
c.
6.
非標準税率の更新をクリックします。
行追加 をクリックします。
国、地域、税タイプ、税タイプ率、および非課税理由を必要に応じて入力します。
オプション: 品目の詳しい購買詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
購買管理 タブに移動します。
デフォルトでは、購買数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる購買数量
単位を選択します。
購買数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、品目への数量換算の追加 [ページ 73]を参照してください。
c.
必要に応じて、内部コメントを入力します。
d.
品目用に登録された購買発注で表示される購買ノートを入力します。
e.
1 社以上のサプライヤから品目を購入する場合は、各サプライヤのサプライヤ製品コードまたはサプラ
イヤリードタイム (もしくはその両方) を入力します。サプライヤ製品コードはサプライヤが品目を識
別するのに使用するコードであり、サプライヤリードタイムはサプライヤから品目を受領するために必
要な時間です。
サプライヤリードタイムにより、生産計画者はいつ品目が再度使用可能になるのかを容易に判断
できるようになります。
7.
8.
f.
必要に応じて、関連する非標準税を入力します。
g.
関連する源泉徴収税の詳細を入力します。
購買プロセスの品目を有効化するには、ステータスを有効に設定します。
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.5.2
品目へのロジスティクス詳細の割当
概要
品目に基本的なロジスティクス詳細を割り当て、品目の内部移動と出荷を追跡および管理できます。また、特定の棚
卸資産評価数量単位や追加の生産サイトと保管サイトなど、詳しいロジスティクス詳細を割り当てることもできま
す。
以下のいずれかのビューで、品目にロジスティクス詳細を割り当てることができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
67
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
ロジスティクス タブに移動し、 行追加 をクリックします。
4.
サイトを選択し、このサイトの品目のステータスを更新します。初期ステータスは準備中です。
品目は、各サイトのロジスティクスプロセスについて、ステータスが有効になった後にのみ使用可能で
す。ステータスの詳細については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照してください。
5.
各サイトの生産グループと保管グループを入力します。
6.
オプション: 品目の詳しいロジスティクス詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
ロジスティクス タブに移動します。
デフォルトでは、棚卸資産評価数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる
棚卸資産評価数量単位を選択します。
棚卸資産評価数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要が
あります。詳細については、品目への数量換算の追加 [ページ 73]を参照してください。
ロジスティクスまたは評価で品目が有効化された後は、棚卸資産評価数量単位は変更できませ
ん。
c.
7.
オプション: 定期棚卸の間隔を入力します。
ロジスティクスプロセスの品目を有効化するには、ステータスを有効に設定します。
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
8.
3.2.5.3
品目への供給計画詳細の割当
概要
ある品目に関連するそれぞれの計画範囲に、基本的な供給計画詳細とステータスを割り当てることができます。ま
た、特定の計画数量単位および需要予測グループや、それぞれの計画範囲のロットサイズ計算詳細、安全在庫レベ
ル、発注点方式、在庫日数期間などの、追加的な供給計画詳細を割り当てることもできます。
以下のいずれかのビューで、品目に供給計画詳細を割り当てることができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
計画 タブに移動します。
4.
オプション: 品目の需要予測グループを選択します。
5.
それぞれの計画範囲に関する基本的な詳細を入力します。
a.
68
計画範囲テーブルで 行追加 をクリックし、計画範囲を選択します。
供給計画範囲は、サプライチェーン設計マスタデータワークセンタのロケーションビューで定義されま
す。ロケーションを供給計画範囲として定義するには、ロケーションの 一般 タブに移動し、ロール
エリアのロジスティクス関連チェックボックスを選択します。詳細については、ロケーションの登録お
よび編集を参照してください。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
b.
追加した各計画範囲の初期ステータスは準備中です。必要に応じてステータスを更新します。
品目は、選択された計画範囲の計画について、ステータスが有効になった後にのみ使用可能で
す。ステータスの詳細については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照してくださ
い。
調達タイプを選択し、必要に応じて、予定納入時間を選択します。
c.
計画手順を選択します。
一部の計画手順については、ロットサイズ計算方式を入力する必要があります。また、一部のロ
ットサイズ計算方式については、追加の必須情報を入力する必要があります。
6.
オプション: 品目および品目の計画範囲の追加的な計画詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
計画 タブに移動します。
デフォルトでは、計画数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる計画数量
単位を選択します。
計画数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、品目への数量換算の追加 [ページ 73]を参照してください。
7.
8.
c.
品目の需要予測グループを選択します。
d.
計画範囲テーブルで計画範囲を選択し、計画範囲のグループ、調達、計画、監視詳細を必要に応じて編
集します。
計画範囲の計画の品目を有効化するには、ステータスを有効に設定します。
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.5.4 品目への利用可能在庫確認詳細の割当
概要
品目の利用可能在庫の確認に関連する各計画範囲に、基本的な利用可能在庫確認詳細とステータスを割り当てること
ができます。また、特定の計画数量単位、出荷元サイト決定、スケジュール詳細など、追加的な利用可能在庫確認詳
細も割り当てることができます。
以下のいずれかのビューで、品目に利用可能在庫確認詳細を割り当てることができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
4.
利用可能在庫確認 タブに移動します。
それぞれの計画範囲に関する基本的な詳細を入力します。
a.
計画範囲テーブルで、計画範囲を選択します。
b.
ステータス列の計画範囲のステータスは、準備中に初期設定されます。必要に応じてステータスを更新
します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
69
品目は、選択された計画範囲の利用可能在庫確認について、ステータスが有効になった後にのみ
使用可能です。ステータスの詳細については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照
してください。
c.
オプション: 計画範囲の利用可能在庫確認範囲を選択します。
一部の利用可能在庫確認範囲では、利用可能在庫確認期間も入力する必要があります。
5.
d.
オプション: 計画範囲の補充リードタイムを入力します。
e.
オプション: 計画範囲の出庫処理時間を選択します。
オプション: 品目および品目の計画範囲の追加的な利用可能在庫確認詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
評価 タブに移動します。
デフォルトでは、計画数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる計画数量
単位を選択します。
計画数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、品目への数量換算の追加 [ページ 73]を参照してください。
c.
計画範囲テーブルで、計画範囲を選択します。
d.
計画範囲の利用可能在庫確認範囲を選択します。
一部の利用可能在庫確認範囲では、利用可能在庫確認期間も入力する必要があります。
6.
e.
計画範囲の補充リードタイムを入力します。
f.
受注の登録時に計画範囲がデフォルトの供給元として使用されないようにする場合は、自動出荷元設定
の無効化チェックボックスを選択します。
g.
計画範囲の出庫処理時間を選択します。
計画範囲の利用可能在庫確認の品目を有効化するには、ステータスを有効に設定します。
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
7.
3.2.5.5
品目への販売詳細の割当
概要
ある品目の販売に関連するそれぞれの流通チェーンに、基本的な販売詳細とステータスを割り当てることができま
す。また、それぞれの流通チェーンに、特定の販売数量単位、保証、内部コメント、販売ノート、得意先製品コー
ド、税情報などの、追加的な販売詳細を割り当てることもできます。
以下のいずれかのビューで、品目に販売詳細を割り当てることができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
70
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
2.
3.
4.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
販売 タブに移動します。
それぞれの流通チェーンに関する基本的な詳細を入力します。
a.
流通チェーンテーブルで、 行追加 をクリックします。
b.
販売組織と流通チャネルを入力することによって、流通チェーンを定義します。
c.
明細グループを選択します。販売伝票およびサービス伝票の登録および処理には明細グループが必要で
す。以下の製品関連の明細グループを使用することができます。
●
原価センタに原価が発生するスペアパーツの場合は CONS
●
標準製品の場合は NORM
●
サービス実施担当者がピッキングするスペアパーツの場合は PICK
●
顧客に事前出荷されるスペアパーツの場合は SHIP
これらの明細グループの詳細については、サービスを参照してください。
d.
ステータス列で、初期ステータスは準備中となります。必要に応じてステータスを更新します。
品目は、選択された流通チェーンについて、ステータスが有効になった後にのみ使用可能です。
ステータスの詳細については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照してください。
5.
オプション: 標準税率からの差異を更新します。
a.
b.
c.
6.
非標準税率の更新をクリックします。
行追加 をクリックします。
国、地域、税タイプ、税タイプ率、および非課税理由を必要に応じて入力します。
オプション: 品目の追加的な販売詳細を入力します。
a.
すべて表示 をクリックして、
販売 タブに移動します。
b.
流通チェーンテーブルで、流通チェーンを選択します。
c.
デフォルトでは、流通チェーンの販売数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、
異なる販売数量単位を選択します。
販売数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要がありま
す。詳細については、品目への数量換算の追加 [ページ 73]を参照してください。
d.
流通チェーンの明細グループを選択します。
e.
保証詳細を入力します。
f.
必要に応じて、内部コメントを入力します。品目と流通チェーンのそれぞれの組合せに対して、複数の
内部コメントを入力することができます。
g.
必要に応じて、販売ノートを入力します。品目と流通チェーンのそれぞれの組合せに対して、1 つの販
売ノートを入力することができます。
販売ノートは以下の後続伝票に表示されます。
●
受注
7.
●
ピッキングリスト
●
納品書
h.
必要に応じて、得意先製品コードの詳細を入力します。
i.
必要に応じて、関連する非標準税を入力します。
流通チェーンの品目を有効化するには、ステータスを有効に設定します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
71
財務転記が確実に円滑に実行されるようにするには、関連会社の評価プロセスも有効にする必要があり
ます。詳細については、品目への評価詳細の割当 [ページ 72]を参照してください。
8.
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.5.6
品目への評価詳細の割当
概要
品目の財務データを提供する各会社および本社所在地に基本的な評価詳細とステータスを割り当てることができま
す。また、特定の棚卸資産評価数量単位や、関連性のある各会計帳簿の原価情報など、追加的な評価詳細を割り当て
ることもできます。
以下のいずれかのビューで、品目に評価詳細を割り当てることができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
4.
評価 タブに移動します。
会社/本社所在地テーブルで、 行追加 をクリックして、会社および本社所在地を入力します。
a.
詳細項目では、会社および本社所在地に割り当てられたデフォルトの会計帳簿の原価情報を編集するこ
とができます。
b.
品目の勘定設定グループを選択します。勘定設定グループでは、どのアカウントを自動転記に使用する
かを決定するルールを定義します。詳細については、自動勘定設定を参照してください。
c.
継続原価法を選択します。品目を財務会計に転記するには、継続原価法が必要です。詳細については、
継続原価法を参照してください。
d.
ステータス列で、初期ステータスは準備中となります。必要に応じてステータスを更新します。
品目は、選択された会社/本社所在地について、ステータスが有効になった後にのみ使用可能で
す。ステータスの詳細については、品目へのステータスの割当 [ページ 41]を参照してくださ
い。
5.
オプション: 品目とその会社/本社所在地の追加的な評価詳細を入力します。
a.
b.
すべて表示 をクリックして、
評価 タブに移動します。
デフォルトでは、棚卸資産評価数量単位として、基本数量単位が適用されます。必要に応じて、異なる
棚卸資産評価数量単位を選択します。
棚卸資産評価数量単位が基本数量単位と異なる場合は、これらの間の数量換算を更新する必要が
あります。詳細については、品目への数量換算の追加 [ページ 73]を参照してください。
いずれかの会社/本社所在地に対して品目が有効化された後、またはロジスティクスに対して品
目が有効化された後で、棚卸資産評価数量単位を変更することはできません。
c.
72
会社/本社所在地テーブルで、会社/本社所在地を選択します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
d.
品目の勘定設定グループを選択します。勘定設定グループでは、どのアカウントを自動転記に使用する
かを決定するルールを定義します。詳細については、自動勘定設定を参照してください。
e.
継続原価法を選択します。品目を財務会計に転記するには、継続原価法が必要です。詳細については、
継続原価法を参照してください。
f.
選択した会社/本社所在地に割り当てられた各会計帳簿の原価情報を更新することができます。これを
行うには、会計帳簿を選択し、 コストの編集 をクリックします。会計帳簿により、法定レポートの作
成と財務諸表の登録に必要な会計データセットが漏れなく整合性の取れた状態で整います。詳細につい
ては、会計帳簿を参照してください。
後で品目を編集するときに、新しい会計帳簿が会社/本社所在地に割り当てられていれば、その
帳簿が 評価 タブに自動的に表示されます。ただし、新しい会計帳簿が品目に適用されるよう
にするには、品目を保存する必要があります。
原価変更は品目には直接記録されません。原価変更の完全な履歴を表示するには、棚卸資産評
価ワークセンタの品目単位原価ビューに移動し、品目を選択して、 原価履歴表示 をクリック
します。ただし、この機能は計画原価原価タイプでは使用できません。
6.
会社/本社所在地の品目を有効化するには、ステータスを有効に設定します。
7.
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.5.7
品目への数量換算の追加
概要
デフォルトでは、基本数量単位は購買、ロジスティクス、計画、利用可能在庫確認、販売、評価の各プロセスの数量
単位でもあります。プロセスの数量単位を変更する場合、基本数量単位と変更後のプロセス数量単位との間で等しい
計測法を指定する必要があります。たとえば、基本数量単位がボックスで、販売数量単位がクレートである場合、ク
レートごとにいくつのボックスを用意するかを指定することがあります。。
計算が適切に行われるように、基本数量単位は品目用で最も小さな数量単位にします。
プロセスに対して品目を有効化した後で基本数量単位を変更する場合は、古い基本数量単位と新しい基本数量
単位との間で等しい計測法を指定する必要があります。
以下のいずれかのビューで、品目に数量換算を追加することができます。
●
製品データワークセンタ、品目ビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
2.
品目を選択して 編集 をクリックし、品目クイックアクティビティを開きます。
3.
すべて表示 をクリックします。
4.
数量換算テーブルで、 行追加 をクリックします。
5.
2 種類の数量単位間で等しい数量を入力します。
a.
新しい行の数量列に、一方の数量単位と数量を入力します。
b.
新しい行の対応数量列に、もう一方の数量単位と数量を入力します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
73
6.
追加の換算ごとに、新たに行を追加し、上記のステップを繰り返します。
7.
保存 をクリックして、変更内容を保存します。
3.2.5.8
品目の一括変更
概要
複数の品目の一般および事業領域詳細を一度にすばやく更新することができます。
品目の一括変更は次のいずれかのビューで実行できます。
●
製品データワークセンタ、品目ビューおよび品目テンプレートビュー
●
製品開発ワークセンタ、品目ビュー
●
製品およびサービスポートフォリオワークセンタ、製品ビュー
同じ品目テンプレートに基づく複数の品目の詳細を更新する場合、品目テンプレートサブビューに移動し、
関連する品目テンプレートを選択し、 一括変更 を選択して、以下で説明する手順に従うことにより、これ
らの品目を簡単に特定して変更することができます。
手順
1.
製品データワークセンタの品目ビューの品目サブビューを選択します。
テンプレートから登録機能を使用して品目を登録する場合、一括変更クイックアクティビティが自動的
に開きます。詳細については、既出の品目テンプレートの登録とテンプレートからの品目の登録セクシ
ョンを参照してください。
2.
更新する品目を選択し、 一括変更 をクリックして一括変更クイックアクティビティを開きます。
3.
表示一覧で、更新する情報のタイプを選択します。
一般情報の表示を選択すると、品目が 1 行に 1 つずつ表示されます。一方、事業領域詳細の表示を選
択すると、その詳細がある品目のみが表示され、各品目が複数行に表示されることがあります。たとえ
ば、計画詳細を表示すると、計画範囲に割り当てられていない品目は一覧に表示されず、2 つの計画範
囲に割り当てられている品目は、計画範囲ごとに 1 行ずつ、計 2 行に表示されます。
4.
テーブルの先頭行に、品目の一部または全部に適用する情報を入力します。
5.
一部の品目にのみ情報を適用するには、該当する品目を選択し、 一括変更適用
選択します。
すべての品目に情報を適用するには、 一括変更適用
をクリックし、選択済明細を
をクリックし、全明細を選択します。
一括変更クイックアクティビティを使用すると、各品目の情報をマニュアルで更新することもできま
す。品目の行で直接このような変更を加えることができます。
6.
組織データ追加
a.
b.
c.
74
を使用して、1 つ以上の組織を 1 つ以上の品目に追加することもできます。
組織データを追加する品目を選択します。
組織データ追加
をクリックし、品目に追加する組織のタイプを選択します。
ダイアログボックスで、1 つ以上の組織を選択して OK を選択します。品目と組織の組合せごとに 1
行ずつの一覧が表示されます。ここで、変更を適用する明細を選択できます。一部の品目にのみ情報を
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
適用するには、該当する品目を選択し、 一括変更適用 をクリックし、選択済明細を選択します。す
べての品目に情報を適用するには、 一括変更適用 をクリックし、全明細を選択します。
7.
変更内容を保存し、品目ビューに戻るには、 保存して閉じる をクリックします。
3.2.5.9
ト
Microsoft Excel® を使用したビジネスデータのエクスポー
概要
レポートおよびワークリストを Microsoft Excel® 文書にエクスポートすることができます。これらの文書を使用し
てさらに分析を進め、場合によっては、編集してソリューションにアップロードすることができます。
レポートまたはワークリストのデータをエクスポートすることができます。
前提条件
●
最新の Microsoft Excel® のアドインをインストールしておきます。このことは、ソリューションの設定に応
じて以下から行うことができます。
○
ホームワークセンタのセルフサービス概要
○
アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのダウンロードセンタ
○
ユーザインタフェースで直接使用可能なダウンロードリンク
●
ブラウザの設定が正しく設定されている必要があります。コンピュータ設定に関する情報は、ログオン画面の
マイコンピュータの設定チェックをクリックすることによって確認することができます。
●
Microsoft Excel® へのエクスポートを実行する権限を持っている必要があります。
手順
1.
エクスポートするデータが表示されている画面に移動します。
2.
データのタイプに応じて、以下のいずれかのオプションを選択します。
3.
4.
●
レポートの場合は、チャートまたは表をエクスポートすることができます。このためには、レポートを
選択し、チャートに切替またはテーブルに切替をクリックします。
●
ワークリストの場合は、ワークリストを選択し、実行をクリックします。
エクスポート
をクリックし、Microsoft Excel へを選択します。
オプション: Excel エクスポートのパーソナライズ
1.
エクスポートした Excel の列を選択するには、以下の手順を実行します。
a.
タイトルバーで、パーソナライズ
b.
サイドパネルで設定照会を選択します。
c.
設定照会ダイアログボックスで、列エクスポート項目のすべてを選択することにより、ビュー内
のすべての列をエクスポートすることができます。
この画面
をクリックします。
この項目のデフォルト値は表示で、現在表示されている列のみがエクスポートされます。
2.
Excel エクスポートの言語を選択するには、以下の手順を実行します。
a.
設定照会ダイアログボックスで、言語選択項目を表示に設定し、 OK
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
をクリックします。
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
75
b.
保存 をクリックします。
c.
エクスポート
d.
をクリックし、Microsoft Excel® へを選択します。
表示されたダイアログボックスで言語を選択します。
このダイアログボックスの列選択設定により、パーソナライズ設定を上書きすることがで
きます。この選択は現在のエクスポートでのみ有効です。
5.
表示されたダイアログボックスでテンプレートを選択します。
●
ログイン言語バリアントを持つテンプレートが 1 つのみである場合、エクスポートはログイン
言語で実行され、ユーザインタラクションは必要ありません。
●
システムにこのエクスポートシナリオのテンプレートが 1 つのみあり、ログイン言語バリアン
トを使用することができない場合、エクスポートは英語で実行されます。
●
システムにこのエクスポートシナリオのテンプレートが複数ある場合は、テンプレート一覧ダイ
アログボックスが表示されます。このダイアログで、エクスポートに使用する Microsoft Excel
テンプレートを選択することができます。このテンプレートによって、エクスポートされたデー
タの書式が決定されます。各テンプレートに関連する Microsoft Excel バージョンが表示され
ます。
6.
ダウンロードをクリックします。
7.
メッセージによって、ソリューションからエクスポートしたデータが含まれているファイルを開くか、または
保存することができることが示されます。エクスポートしたデータの処理内容に応じて、開くまたは保存をク
リックします。
開くまたは保存のいずれをクリックしたかに応じて、考えられる結果は以下の 2 つです。
3.3
●
開くをクリックすると、データが含まれているワークシートが Microsoft Excel で開きます。このフ
ァイルには仮の名称がありますが、ファイルは保存されていません。Microsoft Excel のすべての機能
を使用して、データを編成し、ワークシートを保存することができます。
●
保存をクリックすると、名前を付けて保存ダイアログボックスが開きます。適切なファイル名およびエ
クスポートされた Microsoft Excel ファイルの保存ロケーションを指定することができます。メッセ
ージによって、ダウンロードが正常に完了したことが通知されます。
後で、テンプレートを保存したロケーションにナビゲートし、このテンプレートを開くことができま
す。
3.3.1
カタログビュー
カタログクイックガイド
従業員が自身のために、または他の従業員の代わりに製品を発注することを許可されている場合、購買部門によって
承認されているサプライヤから製品を購入することが重要です。従業員がこのように製品を発注することができない
場合にも、サプライヤが納入する非在庫品目およびサービスの最新の価格をシステムに保持する必要があります。
製品ポートフォリオワークセンタのカタログビューでは、サプライヤのカタログをシステムにインポートすることが
できます。その後カタログを公開し、従業員が購買部門に問い合わせることなく、公開されたカタログから明細を直
接購入するために、使用可能にすることができます。購買担当者は、購買発注、見積依頼 (RFQ)、および入庫/サー
ビス受領内からカタログに直接アクセスすることもできます。
このビューでは、以下を実行することができます。
76
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
●
サプライヤから送信されたインポート済 BMEcat または CSV ファイルを使用した、1 つのサプライヤのみの
製品を含むサプライヤカタログの登録
●
複数のサプライヤの製品を含むユーザ定義カタログのマニュアル登録
●
スプレッドシートテンプレートを使用して、明細をサプライヤカタログまたはユーザ定義カタログにインポー
トする CSV ファイル (カンマ区切りファイル) を作成
●
会社の購買ニーズに関連するカタログの内部バージョンの登録
●
会社に関連しない製品または製品カテゴリを削除することにより、インポート済カタログの明細を公開前に編
集
●
カタログのデフォルト製品カテゴリおよびサプライヤ ID の定義。サプライヤ ID および製品カテゴリがカタ
ログに保存されていない場合、これらのデフォルト値がショッピングカートの登録に常に使用されます。シス
テムがそのように設定されている場合、カタログの明細を含むショッピングカートの購買発注を自動的に登録
することができます。
●
公開済カタログ内の特定の明細を推奨明細として定義。セルフサービスショッピングを利用する従業員向けの
推奨明細としてマークする製品を選択することができます。利用可能な全カタログの推奨明細がすべて一覧表
示されるため、製品ポートフォリオワークセンタに属する推奨明細の定義共通タスクを開始することによっ
て、各カタログを個別に開くことなく、定義する推奨明細を変更することができます。
●
インポートおよび公開実行のログを表示し、カタログのインポートが正常に完了したことおよびすべての必要
な製品が正常に公開されたことを確認
ビジネスバックグラウンド
カタログ
専用の内部カタログを登録し、サプライヤから提供される外部カタログにアクセスすることができます。各内部カタ
ログに変更を適用する方法とタイミングを管理します。各カタログには、カテゴリの階層に構造化された品目または
サービスが含まれおり、これにより明細の検索の効率が向上します。2 種類の内部カタログ、サプライヤカタログ、
およびユーザ定義カタログを BMEcat または CSV 形式で登録することができます。
詳細については、カタログ
[ページ 24]を参照してください。
ユーザ定義カタログ
会社の特注内部カタログを登録することができます。サプライヤごとに 1 つのカタログを保持するのではなく、異
なるサプライヤの明細を 1 つのカタログに組み合わせることができます。その後、会社のビジネスニーズに合わせ
てユーザ定義カタログをさまざまなカテゴリに分割することができます。
詳細については、ユーザ定義カタログ [ページ 26]を参照してください。
内部カタログ処理
カタログの登録、サプライヤデータのインポート、およびすべてのカタログの構造とコンテンツの効果的な管理を行
うことができます。また、カタログコンテンツの品質をチェックして、すべての情報が正しく最新のものであること
を確認することができます。カタログのコンテンツが適切である場合は、購買プロセスで使用できるようにカタログ
を公開することを決定することができます。その後、カタログはユーザが製品を依頼するために使用可能となりま
す。
詳細については、内部カタログ処理 [ページ 28]を参照してください。
製品カタログ管理
製品カタログ管理ビジネスシナリオを使用すると、カタログを使用して、オフィス用品、エンジニアリングサンプル
品、コンピュータシステム、機械など、必要な非在庫品目を一元的に管理することができます。在庫に保持される製
品は、勘定設定に対して直接調達することができるため、このシナリオの対象になりません。カタログは購買担当者
が管理することができ、専用の内部カタログを登録し、オープンカタログインタフェース (OCI) を使用してサプラ
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
77
イヤから提供される外部カタログにアクセスすることができます。また、会社では、カタログのデフォルトサプライ
ヤおよび製品カテゴリを指定することができます。公開されたカタログは他の調達シナリオで使用することができま
す。
詳細については、製品カタログ管理を参照してください。
タスク
サプライヤカタログの登録およびインポート
このタスクでは、1 つのサプライヤから送信されたカタログを登録およびインポートすること
ができます。
1.
製品ポートフォリオワークセンタで、カタログビューを選択します。
2.
新規登録 をクリックし、サプライヤカタログを選択して新規サプライヤカタログ画面
を開きます。
事業領域: 戦略的調達
この画面を直接開くには、製品ポートフォリオワークセンタに属する新規サプラ
イヤカタログ共通タスクを開始します。
新規サプライヤカタログ画面でファイルを直接インポートすることもできます。
3.
カタログ ID 項目に、サプライヤカタログのカタログ ID を入力します。サプライヤ ID
項目に、サプライヤカタログのサプライヤ ID を入力します。カタログの名称を入力す
ることもできます。
4.
カタログファイルをインポートします。カタログは何度でもインポートすることができ
ます。ただし、インポートするたびに既存のコンテンツが上書きされることに注意して
ください。
a.
b.
5.
78
カタログ一覧で、登録したサプライヤカタログを選択し、 インポート をクリック
してカタログのインポートアクティビティを開始します。
ブラウズ をクリックしてカタログファイルを選択します。
c.
カタログファイルを選択し、開くをクリックしてファイルを選択します。
d.
インポート をクリックしてカタログファイルのインポートを開始します。カタロ
グは自動的に保存されます。
閉じる をクリックして、カタログビューに戻ります。
インポートが完了した後、インポートされたファイルをサプライヤカタログ画面でチェ
ックすることができます。
以前にカタログを公開した場合は、公開された情報が新たにインポートされたデータと
異なることがあります。 公開済製品 タブで、以前に公開した製品のデータを確認する
ことができます。 インポート済製品 タブで、インポートされたデータを確認し、不要
な製品カテゴリや製品を削除することができます。
インポート済製品 タブの 公開予定製品 では、詳細セクションに 契約 タブが表示
され、製品について存在する契約が示されます。必要に応じてこのセクションを編集す
ることができます。
a.
製品カテゴリテーブルで、製品カテゴリおよび (存在する場合は) サブカテゴリを
選択します。このカテゴリに割り当てられているすべての製品が製品テーブルに表
示されます。
b.
製品テーブルで、製品を選択します。 基本データ タブの詳細に、この製品に関
する情報 (製品 ID やリードタイム (日数) など) が表示されます。個々の製品を
カタログから削除するには、 削除 をクリックします。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
c.
個々の製品カテゴリをカタログから削除するには、製品カテゴリテーブルで製品カ
テゴリを選択し、 削除 をクリックします。
製品カテゴリを削除すると、その製品カテゴリに割り当てられている製品も
すべて削除されます。
d.
閉じる をクリックして、カタログビューに戻ります。
新規カタログを登録し、新規カタログにサプライヤデータをインポートしました。カタ
ログビューでは、最後のインポートがいつ完了したかをインポートステータス列で確認
し、インポートが正常に完了したかどうかを確認することができます。従業員がセルフ
サービスショッピングまたは購買でカタログを使用する前に、まずカタログを公開する
必要があります。
ユーザ定義カタログの登録
このタスクでは、1 つ以上のサプライヤの製品を含むユーザ定義カタログを登録することがで
きます。
1.
製品ポートフォリオワークセンタで、カタログビューを選択します。
2.
カタログビューで、 新規登録 をクリックし、
ユーザ定義カタログを選択します。これにより、新規ユーザ定義カタログ画面が開きま
す。
この画面を直接開くには、製品ポートフォリオワークセンタに属する新規ユー
ザ定義カタログ共通タスクを開始します。
3.
カタログ ID 項目に、ユーザ定義カタログの ID を入力します。カタログの名称をカタ
ログ名項目に入力することができます。 保存 をクリックします。
4.
データをカタログに入力するには、複数の方法があります。第一に、ファイルをユーザ
定義カタログにインポートすることができます。第二に、明細をマニュアルで入力する
ことができます。第三に、両方を行うことができます。
すべての新規インポートによって既存のコンテンツが上書きされます。
1 つ以上のサプライヤから明細をインポートするには、まず、インポート後に使用でき
るようにするさまざまなサプライヤの明細をすべて含むファイルを作成する必要があり
ます。これは、たとえば、システムに用意されているカタログファイルテンプレートを
使用することによって行うことができます。
a.
登録したユーザ定義カタログで、 インポート をクリックしてカタログのインポー
トアクティビティを開きます。
b.
ブラウズ をクリックしてユーザ定義カタログに追加するファイルを検索し、開く
をクリックしてファイルを選択します。
c.
インポート をクリックしてカタログファイルのインポートを開始します。カタロ
グは自動的に保存されます。
d.
5.
ファイルをカタログにインポートした後、明細をマニュアルで更新することができま
す。
a.
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
閉じる をクリックして、カタログビューに戻ります。
カタログ明細テーブルで、製品テキスト、正味価格、価格単位、リードタイム (日
数)、サプライヤ ID などの情報を追加、更新、または削除することができます。
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
79
b.
c.
終了したら、 保存 をクリックしてカタログのコンテンツを保存するか、または
公開 をクリックしてカタログを保存し、購買プロセスでカタログを使用できるよ
うにします。
閉じる をクリックして、カタログビューに戻ります。
新規ユーザ定義カタログがカタログビューのカタログの一覧に追加されました。1 つ以
上のファイルをインポートした場合は、最後のインポートがいつ完了したかをインポー
トステータス列で確認し、インポートが正常に完了したかどうかを確認することができ
ます。インポートが実行されなかった場合、そのカタログのインポートステータス列は
空になります。
6.
カタログ明細テーブルで更新された製品ごとに、
に入力することができます。
a.
b.
c.
契約 タブで契約詳細を以下のよう
行追加 をクリックします。
契約 ID および明細 ID を入力します。
をクリックして契約の詳細を表示します。
CSV ファイルテンプレートを使用したカタログの登録
このタスクでは、用意されている CSV ファイルテンプレートを使用してカタログを登録する
ことができます。
1.
製品ポートフォリオワークセンタで、カタログビューを選択します。
2.
カタログファイルテンプレートを開く をクリックします。これにより、用意されている
CSV ファイルジェネレータが開きます。マクロの有効化をクリックします。
ファイルテンプレートが開かない場合は、ブラウザ設定の調整が必要な可能性が
あります。ブラウザで、ツール -> インターネットオプションに移動します。セ
キュリティタブを選択し、インターネットゾーンを選択して、レベルのカスタマ
イズを選択します。ダウンロードで、ファイルのダウンロードの自動プロンプト
を有効にします。この設定は、ブラウザを再起動すると有効になります。
カタログデータ タブで、最初にカタログ言語を選択する必要があります。カタログ言
3.
語一覧で、カタログに使用する言語を選択します。これは、明細テキストやカテゴリテ
キストなどの言語依存特性に使用される言語です。カタログ名をカタログ名項目に追加
することができます。
各項目に必要なデータを入力します。
80
a.
明細テキスト (DL 1525 など) を入力します。
b.
カテゴリテキスト (ノートパソコンなど) を入力します。異なるカテゴリテキスト
ごとに個別のカタログカテゴリが登録されます。
c.
金額を入力します。ファイルが生成されると、価格書式は書式 100.00 に変更され
ます
d.
通貨一覧から、使用する通貨を選択します。
e.
指定価格の価格単位数を入力します。
f.
価格単位一覧から、使用する価格単位を選択します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
CSV ファイルに入力する際は、以下のことに注意してください。
●
CSV ファイルテンプレートの項目の入力ヘルプは英語のみで提供されてい
ます。ただし、異なる言語でカタログを更新する場合、項目値は正しく表
示されます。
4.
5.
●
CSV ファイルに基づくカタログの登録は小規模なカタログを対象としてい
るため、大きなカタログファイルを生成する場合、スプレッドシートアプ
リケーションにメモリおよびパフォーマンスの問題が発生することがあり
ます。最大 100000 のカタログ明細を含むカタログファイルを登録するこ
とができます。
●
スプレッドシートアプリケーションのセキュリティ設定に応じて、マクロ
の実行を許可することが必要になる場合があります。
以下のようなオプション情報を入力することもできます。
●
サプライヤ ID
●
サプライヤ製品コード
●
製造業者 ID
●
製造者製品コード
●
製品 ID
●
製品カテゴリ ID
●
最低受注数量
●
リードタイム (日数)
●
明細のテキスト (長)
●
明細の画像へのリンク
必要な項目に情報を入力したら、明細 ID の自動入力をクリックします。
カタログ明細番号が生成されます。
6.
契約 タブで、以下の情報を入力します。
●
カタログ明細番号 (カタログデータタブから取得)
●
契約番号
●
契約明細番号
ここで入力した情報は、サプライヤカタログの インポート済製品 タブにあ
る、 公開予定製品 タブの詳細セクションの 契約 タブに表示されます。
7.
すべての明細情報の入力が終了したら、生成をクリックします。ファイルを保存する場
所を入力するポップアップが表示されます。保存先を入力し、OK をクリックします。
デフォルトの保存先として、C:\Users\<user name> が提案されます。コンテンツがカ
ンマ区切りファイル (CSV) で保存されます。生成されたファイルのファイル名拡張子
は、txt になります。
8.
新規カタログの登録
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
をクリック
a.
新規カタログを登録するには、カタログビューに移動し、 新規登録
してサプライヤカタログまたはユーザ定義カタログを選択します。
b.
カタログ画面で、カタログ ID を入力します。サプライヤカタログでは、サプライ
ヤ ID も入力する必要があります。
詳細については、ユーザ定義カタログの登録タスクおよびサプライヤカタログの登
録およびインポートタスクを参照してください。
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
81
9.
インポート をクリックして、 ブラウズ をクリックし、カタログに追加する CSV ファ
イルを検索します。 インポート をクリックしてファイルをカタログにインポートしま
す。インポート後、カタログは自動的に保存されます。
内部カタログの公開
1.
カタログビューを選択します。
2.
表示一覧で、公開予定カタログを選択してすべての未公開カタログの一覧を照会しま
す。
処理中インポートステータスのカタログを除くすべてのカタログを公開すること
ができます。
3.
公開するカタログを選択し、編集をクリックしてカタログエディタを開きます。
または、カタログビューのワークリストからカタログを選択し、カタログエディ
タに進まずに公開をクリックすることもできます。
4.
カタログエディタで、公開をクリックして更新されたカタログを公開します。
サプライヤカタログの公開
このタスクでは、サプライヤカタログを公開することができます。
1.
製品ポートフォリオワークセンタで、カタログビューを選択します。
2.
表示一覧で、公開予定カタログを選択してすべての未公開カタログの一覧を照会しま
す。
カタログを選択し、 公開 をクリックしてサプライヤカタログを公開することも
できます。
3.
公開するカタログを選択し、 編集 をクリックしてサプライヤカタログ画面を開きます。
インポートステータスが正常終了のカタログのみを公開することができます。サ
プライヤカタログのインポートステータスは、カタログビューのインポートステ
ータスでチェックすることができます。インポートステータスが失敗、未開始、
または処理中の場合、サプライヤカタログはカタログファイルのインポートが完
了しておらず、まだ公開することはできません。
4.
サプライヤカタログエディタで、 インポート済製品 をクリックしてインポート済製品ビ
ューを開きます。
5.
カタログ内の製品に関する詳細を表示し、不要な製品カテゴリや製品をチェックまたは
削除します。
6.
82
a.
製品カテゴリで、製品を選択し、製品テーブルの詳細情報を照会します。
b.
製品カテゴリで、カテゴリを選択し、 削除 をクリックしてカタログから製品カテ
ゴリを削除します。
c.
製品で、個々の製品を選択し、 削除 をクリックしてカタログから個々の製品を削
除します。
サプライヤカタログ画面で、 保存 をクリックして更新されたカタログを保存し、公開
をクリックして更新されたカタログを公開します。
カタログがカタログビューの公開済カタログ一覧に追加されます。一覧からサプライヤ
カタログを開くには、該当するカタログ ID リンクをクリックします。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
推奨明細の定義
このタスクでは、セルフサービスショッピングを使用する従業員向けに、公開済カタログ内の
推奨明細を定義することができます。
3.3.2
3.3.2.1
1.
製品ポートフォリオワークセンタに属する推奨明細の定義共通タスクを開始します。
2.
カタログ検索画面で、推奨する製品を検索します。これらの製品は、サプライヤカタロ
グ、ユーザ定義カタログ、または外部カタログで見つかる場合があります。
カテゴリ索引をブラウズして明細を見つけることもできます。
3.
推奨するすべての明細に対して 選択 をクリックします。
4.
選択した明細の転送 をクリックして、選択した明細を推奨明細の定義アクティビティで
一覧表示します。自動的に推奨明細の定義アクティビティに戻り、選択した明細が一覧
に表示されます。
5.
推奨明細の定義アクティビティで、 送信 をクリックして推奨明細を保存し、 閉じる
をクリックしてカタログビューに戻ります。
推奨明細が推奨明細一覧に追加されました。これらの明細を検索するには、ホームワー
クセンタに移動し、セルフサービスビューを選択してショッピング実行アクティビティ
を選択します。
ビジネスバックグラウンド
カタログ
概要
オンラインカタログを使用すると、製品情報にすばやくアクセスすることができ、ユーザは多数の製品を利用するこ
とができます。カタログマネージャは、専用の内部カタログを登録し、製品ポートフォリオワークセンタのカタログ
ビューのオープンカタログインタフェース (OCI) を使用してサプライヤから提供される外部カタログにアクセスす
ることができます。
内部カタログは、システムに登録または保存されているカタログです。各カタログに変更を適用する方法とタイミン
グを管理します。各カタログには、カテゴリの階層に構造化された品目またはサービスが含まれおり、これにより明
細の検索の効率が向上します。
カタログは、従業員がノートパソコンの購入などのセルフサービスショッピングで使用することができます。購買プ
ロセスでカタログを使用することもできます。自動化された購買プロセスでカタログを使用するには、頻繁に購入す
る製品のカタログデフォルトを設定するか、サプライヤに製品カテゴリを製品に割り当ててもらいます。
内部カタログでは、カタログ内の製品ごとに、製品マスタから製品を割り当てることができます。つまり、カタログ
内の明細ごとに新しい製品を登録する必要はありません。これにより、カタログは、一般的にハードウェア、ソフト
ウェア、オフィス用品などの非在庫品目に使用されるため、多くのマニュアル入力が省略されます。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
83
カタログは、ソリューションコンフィグレーションの両方の場所で選択します。
最初のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトの
スコーピングステップで、購買管理内のセルフサービス調達が選択されていることを確認します。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、セルフサービス調達を選択します。カタログ検索を選
択し、サプライヤカタログ使用に関連する質問に答えます。
2 番目のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロ
ジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクト
のスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品を選択します。カタログを選択し、カ
タログに関連する質問に答えます。
カタログタイプ
内部カタログ
内部カタログには、2 つの異なる種類があります。
●
自分で完全に登録した、異なるサプライヤの明細を含むユーザ定義カタログ
●
サプライヤによって送信されたファイルからインポートされたコンテンツを含むサプライヤカタログ
以下の内部カタログファイルタイプがサポートされます。
●
BMEcat XML ファイル
BMEcat は、購買担当者とサプライヤ間の製品カタログデータの交換を標準化および簡素化するために開発さ
れた、広く受け入れられている形式です。ほとんどの大規模サプライヤは、この形式のファイルを提供するこ
とができます。
このファイルタイプは、主にサプライヤカタログに使用されます。
●
CSV ファイル
カンマ区切り (CSV) ファイルは、スプレッドシートデータが非常に単純な形式で保存された特別な形式のテ
キストファイルです。各行に 1 つのレコードが含まれ、そのレコード内の各項目がカンマ、セミコロン、ス
ラッシュなどの文字で区切られています。
CSV ファイル形式は業界標準ではなく、CSV ファイルの作成は難しい場合があるため、製品ポートフォリオワ
ークセンタのカタログビューでテンプレートが提供されています。必須情報やオプション情報を入力して、テ
ンプレート内のカタログ情報を含むファイルを簡単に作成することができます。終了したら、ファイルを生成
することができます。このファイルは、ユーザが定義した場所に保存されます。次に、作成した CSV ファイ
ルをインポートできる新しいカタログを登録することができます。
このファイルタイプは、主にユーザ定義カタログに使用されます。
外部カタログ
外部カタログは、SAP Business ByDesign の外部 (一般的にはサプライヤサイト) に保存されているカタログです。
サプライヤがカタログの登録と更新について責任を負います。つまり、コンテンツを自分で変更することはできませ
ん。会社に独自のカタログシステムがあり、それを SAP Business ByDesign に統合する場合は、会社のイントラネ
ットに外部カタログを設定し、オープンカタログインタフェース (OCI) を使用してそのカタログにアクセスするこ
とができます。
外部カタログは、システムに簡単に接続することができます。システム設定に応じて、外部カタログをショッピング
カート、購買発注、見積依頼、および入庫/サービス受領に統合することができます。外部カタログとシステム間の
インタフェースである OCI 標準を使用して、外部カタログのデータを購買伝票に転送することができます。
詳細については、外部カタログの設定を参照してください。
カタログの使用
システムへのカタログのインポート
84
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
サプライヤカタログをシステムにインポートする場合は、まず新しいカタログを登録する必要があります。その後、
カタログコンテンツを含むファイルをカタログにインポートすることができます。ファイルのサイズによっては、イ
ンポートとステータスの変更に時間がかかる場合があります。
ファイルをインポートすると、データがシステムに追加されます。その後、カタログに不要な製品または製品カタロ
グを削除することができます。次に、カタログをチェックして公開することができます。
ユーザ定義カタログの登録
さまざまなサプライヤの明細を含む、独自のカスタマイズしたカタログを登録することができます。これを行うに
は、すべての明細とその情報をカタログエディタでマニュアルで入力するか、完全なカタログデータを含む CSV フ
ァイルをカタログにインポートします。
詳細については、ユーザ定義カタログ
[ページ 26]を参照してください。
カタログデフォルトの定義
カタログデフォルト定義共通タスクを使用して、サプライヤ ID や製品カテゴリなどのカタログのデフォルト値を定
義することができます。設定に応じて、カタログの明細を含むショッピングカートの購買発注を自動的に登録するこ
とができます。
オプションのサプライヤカタログのデフォルト値微調整アクティビティで、カテゴリが割り当てられていないカタロ
グ明細のデフォルト製品カテゴリを定義することができます。特定の製品をカタログから選択したときに常に使用す
るサプライヤを割り当てることもできます。
詳細については、コンフィグレーション: サプライヤカタログのデフォルト値を参照してください。
カタログの推奨明細の定義
頻繁に依頼される明細または特別なレートが交渉された明細がある場合は、推奨明細の定義共通タスクを使用して、
これらの製品を推奨明細としてマークすることができます。その後、セルフサービスショッピングを使用する従業員
は、製品を検索するときにこれらの推奨明細を確認します。
詳細については、ショッピングカート処理を参照してください。
システムへの外部カタログの接続
システムで外部カタログを使用するには、オプションの外部カタログの OCI パラメータ微調整アクティビティで OCI
パラメータを定義する必要があります。このアクティビティを使用すると、外部サプライヤカタログの属性とパラメ
ータを定義し、購買プロセスに統合することができます。各定義済サプライヤカタログは、セルフサービスショッピ
ング、購買発注、見積依頼、および入庫/サービス受領に表示されます。
外部カタログで OCI のカタログ共通検索機能がサポートされている場合は、外部カタログの接続時にこれを有効に
する必要があります。カタログ共通検索では、一度に複数のカタログを検索することができます。
詳細については、外部カタログの設定を参照してください。
製品の検索
内部カタログおよび外部カタログの製品を検索することができます。目的の明細が見つかった場合は、それを購買発
注、ショッピングカート、見積依頼、および入庫/サービス受領に転送することができます。
参照
カタログクイックガイド [ページ 76]
サプライヤリレーションシップマネージメント [ページ 6]
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
85
3.3.2.2
ユーザ定義カタログ
概要
ユーザ定義カタログを使用すると、会社の特注カタログを登録することができます。サプライヤごとに 1 つのカタ
ログを保持するのではなく、異なるサプライヤの明細を 1 つのカタログに組み合わせることができます。その後、
会社のビジネスニーズに合わせてユーザ定義カタログをさまざまなカテゴリに分割することができます。カタログ
は、製品ポートフォリオワークセンタのカタログで登録、公開、および編集することができます。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
カタログは、ソリューションコンフィグレーションの両方の場所で選択します。
最初のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトの
スコーピングステップで、購買管理内のセルフサービス調達が選択されていることを確認します。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、セルフサービス調達を選択します。カタログ検索を選
択し、サプライヤカタログ使用に関連する質問に答えます。
2 番目のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロ
ジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクト
のスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品を選択します。カタログを選択し、カ
タログに関連する質問に答えます。
利点
サプライヤがカタログを提供することができない場合は、カタログを登録するための機能が提供されます。
ユーザ定義カタログを使用すると、ビジネスプロセスの複雑さが軽減されます。複数のサプライヤからの製品を含む
カタログを登録することができます。
ユーザ定義カタログの登録
製品ポートフォリオワークセンタのカタログビューで、まずカタログ ID とカタログ名を割り当てることができる新
規ユーザ定義カタログアクティビティを使用して新規カタログを登録します。インポートステータスと公開ステータ
スが未開始に設定されます。
その後、各明細の行をユーザ定義カタログに追加することによって、カタログ明細をマニュアルで追加する必要があ
ります。行ごとに、必要な情報を入力します。
●
製品テキスト
●
正味価格
●
価格単位
リードタイム (日数) やサプライ ID などのオプション情報を入力することもできます。
86
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
または、カタログビューのインポートオプションを使用して、書式設定済データファイルからカタログ明細をインポ
ートすることができます。すべてのデータが正常に送信されると、データは製品カタログに送信されます。データが
完全にカタログにアップロードされた場合、インポートステータスは正常終了に変更されます。ただし、データがカ
タログに完全にアップロードされなかった場合、インポートステータスは自動的に失敗に変更されます。この場合、
カタログビューでカタログを選択し、インポートログ表示を選択してエラーの内容を確認します。次に、修正アクシ
ョンを実行してデータファイルを再インポートします。インポートログに十分な詳細情報が記録されていない場合
は、ヘルプセンタでインシデントを報告することができます。
公開ステータスは未開始のままです。つまり、購買発注、契約、見積依頼、ショッピングカート、または入庫/サー
ビス受領ではこのカタログを使用できません。
ユーザ定義カタログの公開
ユーザ定義カタログは、カタログビューで一覧からカタログを選択し、公開をクリックすることで公開することがで
きます。ユーザ定義カタログエディタでカタログを直接公開することもできます。処理の簡素化とシステムパフォー
マンスの向上のために、公開プロセスによって、変更がカテゴリ別にグループ化され、パッケージに分割されます。
公開ステータスが処理中に設定されます。
プロセスの最後に、現在公開ステータスが自動的に正常終了に設定され、公開日が記録されます。最終公開ステータ
スも設定されます。前回正常終了した公開の後でインポートされた製品または製品カテゴリがカタログマネージャに
よって削除された場合は、ユーザ定義カタログのステータスが一部公開になることもあります。
公開ステータスが正常終了の場合、カタログは、購買発注、契約、見積依頼、ショッピングカート、および入庫/サ
ービス受領で利用可能になります。
ユーザ定義カタログの編集
ユーザ定義カタログは、明細の変更として更新することができます。ユーザ定義カタログエディタで、新しい明細を
追加したり、既存の明細を更新したり、無効明細を削除したりすることができます。詳細で、明細の画像 (すべての
形式がサポートされます) の添付、製品テキストの更新など、さらに変更を加えることができます。
購買プロセスで従業員が変更を利用できるようにするには、カタログを再公開する必要があります。
参照
カタログクイックガイド [ページ 76]
カタログ
[ページ 24]
内部カタログ処理 [ページ 28]
3.3.2.3
内部カタログ処理
概要
内部カタログを使用すると、会社またはサプライヤの製品のサブセットに関する情報を提供することができます。設
備管理やメンテナンスなど、特定のターゲットグループに合わせて情報を調整し、そのターゲットグループが必要と
する情報を提供することができます。また、カタログを使用して、ターゲットグループに製品に関する情報を通知す
ることができます。
購買担当者やカタログコンテンツマネージャなど、カタログコンテンツの責任者は、カタログの登録、サプライヤデ
ータのインポート、およびすべてのカタログの構造とコンテンツの効果的な管理を行うことができます。また、カタ
ログコンテンツの品質をチェックして、すべての情報が正しく最新のものであることを確認することができます。カ
タログのコンテンツが適切である場合は、ターゲットグループがさまざまな購買プロセスで使用できるようにカタロ
グを公開することを決定することができます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
87
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
カタログは、ソリューションコンフィグレーションの両方の場所で選択します。
最初のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトの
スコーピングステップで、購買管理内のセルフサービス調達が選択されていることを確認します。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、セルフサービス調達を選択します。カタログ検索を選
択し、サプライヤカタログ使用に関連する質問に答えます。
2 番目のビジネスオプションにアクセスするには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロ
ジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクト
のスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品を選択します。カタログを選択し、カ
タログに関連する質問に答えます。
デフォルトファイルサイズ
システムにアップロードできるデフォルトファイルサイズは 100 MB です。サイズ制限は、システムパラメータ icm/
HTTP/max_request_size_KB に基づきます。より大きなカタログをアップロードする必要がある場合は、システム管
理者に問い合わせるか、ヘルプセンタでインシデントを報告して、システムのパラメータを調整します。
プロセスフロー
カタログの登録およびアップロード
88
1.
サプライヤカタログの定義
製品ポートフォリオワークセンタのカタログビューで、新規サプライヤカタログクイックアクティビティを使
用して新規データをアップロードできる新規カタログを定義することができます。あるいは、カタログのイン
ポートクイックアクティビティを使用して、既存のカタログを更新することができます。カタログ ID とサプ
ライヤ ID を割り当てる必要があります。カタログ名は公開前にいつでも割り当てることができます。カタロ
グに名称を付けると、検索時に容易にカタログを特定することができます。インポートステータスと公開ステ
ータスが未開始に設定されます。
2.
サプライヤデータの受信または独自のデータファイルの登録
サプライヤによって、製品カタログデータが提供されます。データは BMEcat 形式または CSV 形式である必
要があります。
必要に応じて、SAP Business ByDesign に用意されているテンプレートを使用して独自のカタログデータを登
録することができます。すべてのカタログデータの入力後に、CSV ファイルを生成し、システムに保存して、
カタログにアップロードすることができます。
3.
カタログのインポート
ファイルアップロードは、カタログビューでカタログのインポートクイックアクティビティを使用して開始す
ることができます。処理の簡素化とパフォーマンスの向上のために、ファイルのコンテンツはパッケージに分
割されます。インポートステータスが処理中に設定されます。各パッケージがシステムに送信されます。シス
テムでは、コンテンツが読み込まれ、カテゴリや明細などのカタログデータが登録されます。すべてのパッケ
ージが正常に送信されると、アップロードが終了します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
インポートステータスが以下のいずれかに変更されます。
●
正常終了
すべてのデータがカタログにアップロードされました。
●
失敗
すべてのデータがカタログにアップロードされませんでした。
この場合、インポートログを照会してエラーの内容を確認し、修正アクションを実行してデータファイル
を再インポートします。インポートログに詳細情報が記録されていない場合は、ヘルプセンタでインシデ
ントを報告することができます。
アップロードされたサプライヤデータに基づき、新規製品カタログが登録されるか、既存コンテンツを新規コンテン
ツで上書きして既存のカタログが更新されます。
公開ステータスは未開始のままです。購買発注、見積依頼、ショッピングカート、または入庫/サービス受領ではこ
のカタログを使用できません。
必要に応じて、製品ポートフォリオワークセンタのカタログデフォルト定義主要タスクを使用して、カタロ
グデフォルトを定義することができます。この場合、使用するデフォルト製品カテゴリとデフォルトサプラ
イヤ ID が使用可能でない場合はこれらが保存されます。このデータ (製品カテゴリおよびサプライヤ ID)
は、カタログ製品が選択された場合は関連する購買発注、見積依頼、またはショッピングカートに自動的に
転送され、制限付明細の場合は入庫/サービス受領に転送されます。
カタログの公開
1.
カタログの公開
公開プロセスを開始すると、現在公開ステータスが処理中に設定されます。
公開プロセスの最後に、現在公開ステータスが正常終了に設定され、公開日が記録されます。最終公開ステー
タスも設定されます。前回正常終了した公開の後でインポートされた製品または製品カテゴリがカタログマネ
ージャによって削除された場合は、ユーザ定義カタログのステータスが一部公開になることもあります。
公開プロセスが失敗すると、最後に公開されたカタログがターゲットグループに対して使用可能のままとなり
ます。カタログ概要の公開ログ表示をクリックして、エラーの内容を確認し、修正アクションを実行してカタ
ログを再公開します。
一般的には、正常にアップロードしたカタログを公開することができます。カタログを公開できない場合は、
ヘルプセンタでインシデントを報告します。
カタログ検索に使用できるカタログの索引作成がトリガされます。
カタログ検索は、索引が作成された各カタログに対してのみ使用することができます。
2.
カタログの検索
公開プロセスが完了すると、カタログが、購買発注、契約、見積依頼、ショッピングカート、または制限付明
細の入庫/サービス受領で利用可能になります。
参照
カタログクイックガイド
[ページ 76]
カタログ [ページ 24]
ユーザ定義カタログ
[ページ 26]
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
89
3.4
3.4.1
リスト価格ビュー
リスト価格のクイックガイド (製品ポートフォリオ)
購買担当者は、ソーシングおよび価格設定のプロセスをできるだけ効率的に最適化し、管理する必要があります。リ
スト価格は、たとえば、サプライヤのカタログまたは契約を利用できない場合に、製品の供給元として使用します。
ビジネスバックグラウンド
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリスト価格
製品ポートフォリオ内で、リスト価格にはサプライヤによって提供された価格設定情報が表示されます。リスト価格
は、たとえば、サプライヤからのカタログまたは契約がない場合に使用します。展示会でサプライヤから価格設定情
報を受け取った場合や、サプライヤがインターネット上で示した価格設定情報を使用する場合などです。
また、購買量によっては、サプライヤとの契約を交渉しないこともあります。たとえば、特定のアイテムを臨時で少
量購入する場合などです。
より効率的に管理することができるように、すべてのリスト価格の概要が提供されます。個々のリスト価格と価格ス
ケールを登録および更新するとともに、複数のリスト価格を同時に変更することができます。
リスト価格はデフォルトで正味価格の役割を果たし、製品の供給元の役割を果たします。リスト価格は時間依存でも
あるため、変更される可能性があり、指定した期間のみ有効となります。
リスト価格が時間の経過に伴いどのように変化するかをチェックすることもできます。リスト価格の更新は、リスト
価格の 価格履歴 タブページに表示されます。リスト価格の価格履歴には、有効開始日付と終了日付における変化
と、時間の経過に伴う価格の変化が表示されます。
詳細については、サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリスト価格 [ページ 92]を参照してく
ださい。
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリスト価格の重複有効期間
リスト価格は時間依存であるため、変更される可能性があり、指定した期間のみ有効となります。リリース済ステー
タスのリスト価格を更新すると、現在日付または新しい有効開始日付として指定した日付を使用して、リスト価格の
バージョンが登録されます。同様に、リスト価格がすでに存在する同じ製品の新規リスト価格を登録する際に有効期
間に不整合が生じる場合、システムは有効期間の重複を解決する必要があります。ステータスが準備中のリスト価格
は、重複有効期間の影響を受けません。
過去のリスト価格の変更チェックボックスを選択した場合は、既存リスト価格の価格、価格スケール、および
リスト価格の内容説明のみを変更することができます。リスト価格の更新バージョンは登録されないため、有
効開始/終了日付を変更することはできません。リスト価格の有効開始/終了日付を変更できないため、価格の
変更は 価格履歴 タブページに表示されません。変更は 変更 タブページで照会することができます。した
がって、過去のリスト価格の変更チェックボックスを選択した場合、重複有効期間は発生しません。
詳細については、サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリスト価格の重複有効期間
を参照してください。
90
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
[ページ 94]
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
タスク
リスト価格の登録
詳細については、ここ
[ページ 97]を参照してください。
Microsoft Excel® からのリスト価格の登録
詳細については、ここ
[ページ 98]を参照してください。
'準備中' リスト価格の更新
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、準備中ステータスのリスト価
格を選択し、 編集 をクリックします。
2.
必要な詳細を更新します。
3.
保存 をクリックします。
4.
リリース をクリックします。
'リリース済' リスト価格の更新
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、リリース済リスト価格を選択
し、編集 をクリックします。
リリース済リスト価格を更新しようとすると、デフォルトで新規リスト価格が登
録されます。
2.
リスト価格の内容説明または価格スケールを更新する場合は、過去のリスト価格の変更
区分を選択します。
これにより、新規リスト価格を登録する代わりに既存のリスト価格を更新することがで
きます。
a.
b.
リスト価格テキストまたは価格のスケールを更新します。
保存 をクリックします。
既存のリリース済リスト価格が更新され、リリースされます。
3.
リスト価格の有効期間を内容説明または価格スケールとともに更新する場合は、過去の
リスト価格の変更区分を選択解除します。
a.
b.
リスト価格テキスト、価格スケール、または有効開始/終了項目を更新します。
保存 をクリックします。
新規リスト価格が登録され、リリースされます。旧リスト価格の有効終了日付は、自動
的に新規リスト価格の有効開始日付より前の日付に設定されます。
複数のリスト価格の更新
詳細については、ここ [ページ 100]を参照してください。
リスト価格のリリース
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、 表示 を選択し、リスト価格
- 準備中を選択します。
2.
必要なリスト価格を選択し、 リリース をクリックしてリリースを選択します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
91
リスト価格の取消
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、必要なリスト価格を選択しま
す。
2.
リリース をクリックし、リリース取消を選択します。
リスト価格はソーシングプロセスで考慮されなくなります。
リスト価格の削除
1.
2.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、必要なリスト価格を選択しま
す。
削除 をクリックします。
まだリリースされていないリスト価格のみを削除することができます。リスト価
格がリリース済の場合、リスト価格が使用された購買伝票の価格を追跡できなく
なるため、リスト価格を削除することはできません。リスト価格がソーシングプ
ロセスで考慮されることを防ぐには、リリースを取り消します。
同じ製品とサプライヤの組合せで存在するリリース済リスト価格の表示
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、必要なリスト価格をクリック
します。
2.
リスト価格エディタで、 価格履歴 タブに移動します。
●
リリース済リスト価格を開いた場合は、同じ製品とサプライヤの組合せで存在する
他のリリース済リスト価格を表示することができます。
●
準備中リスト価格を開いた場合は、製品の他のリリース済リスト価格を表示するこ
とができます。
Microsoft Excel® へのリスト価格のエクスポート
このタスクの詳細については、Microsoft Excel® を使用したビジネスデータのエクスポート
[ページ 60]を参照してください。
3.4.2
ビジネスバックグラウンド
3.4.2.1 サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリス
ト価格
概要
製品ポートフォリオ内で、リスト価格にはサプライヤによって提供された価格設定情報が表示されます。リスト価格
は、たとえば、サプライヤからのカタログまたは契約がない場合に使用します。展示会でサプライヤから価格設定情
報を受け取った場合や、サプライヤがインターネット上で示した価格設定情報を使用する場合などです。
また、購買量によっては、サプライヤとの契約を交渉しないこともあります。たとえば、特定のアイテムを臨時で少
量購入する場合などです。
より効率的に管理することができるように、すべてのリスト価格の概要が提供されます。個々のリスト価格と価格ス
ケールを登録および更新するとともに、複数のリスト価格を同時に変更することができます。
92
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
リスト価格はデフォルトで正味価格の役割を果たし、製品の供給元の役割を果たします。リスト価格は時間依存でも
あるため、変更される可能性があり、指定した期間のみ有効となります。
リスト価格が時間の経過に伴いどのように変化するかをチェックすることもできます。リスト価格の更新は、リスト
価格の 価格履歴 タブページに表示されます。リスト価格の価格履歴には、有効開始日付と終了日付における変化
と、時間の経過に伴う価格の変化が表示されます。
前提条件
設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
リスト価格は、ソリューション設定で有効にします。このビジネスオプションを検索するには、ビジネスコンフィグ
レーションワークセンタに移動し、導入プロジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、
プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトのスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内の製品お
よびサービス価格設定が選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、製品およびサービス価格設定を選択しま
す。購買リスト価格を選択し、製品の購買リスト価格に関連する質問に回答します。
リスト価格の詳細
リスト価格を使用して、価格設定およびソーシングを効率的に管理することができます。リスト価格および製品を提
供するサプライヤの概要が示されます。調達プロセスを最適化するために、リスト価格を自動ソーシングで使用する
ことができます。リスト価格を固定供給元として設定することもできます。
リスト価格はショッピングカート、購買依頼、購買発注、入庫/サービス受領、およびサプライヤ請求書照合で使用
することができます。特定の期間について異なるサプライヤのリスト価格を比較したり、有効期間の異なるリスト価
格を比較したりすることもできます。
リスト価格の登録
新規リスト価格を登録するには、サプライヤや製品情報などの一般情報に加えて、価格設定情報および有効開始/終
了日付を指定します。製品カテゴリを選択すると、価格のみを入力すればよいため、リスト価格の登録をより簡単か
つ効率的に行うことができます。または、サプライヤを選択し、そのサプライヤのすべての製品と価格を入力するこ
とができます。リスト価格の内容説明を入力しない場合は、サプライヤおよび製品の ID で構成されるテキストが自
動的に登録されます。これにより、特定のサプライヤまたは製品のリスト価格を容易に追跡および検索することがで
きます。
登録すると、エントリの正確さがチェックされます。正確かつ完全な場合、リスト価格は自動的にリリースされ、使
用できるようになります。
リスト価格の更新
リリース済ステータスのリスト価格を更新すると、現在日付を有効開始日付として使用して、リスト価格のバージョ
ンが登録されます。リスト価格の更新を終了してリリースした後は、2 つのリスト価格が存在します。現在日付また
は有効開始日付として指定した日付を持つ更新済リスト価格と、新しい有効終了日付として新しい有効開始日付より
前の日付を持つリスト価格です。
過去のリスト価格を更新することもできます。過去のリスト価格の変更チェックボックスを選択した場合は、価格、
価格スケール、およびリスト価格の内容説明のみを変更することができます。有効開始/終了日付を変更することは
できません。そのため、価格の変更は 変更 タブページにのみ表示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
93
準備中ステータスのリスト価格を更新する場合、リスト価格は更新され、リスト価格の新規バージョンは登録されま
せん。
リスト価格で指定されている製品カテゴリが製品マスタデータで変更された場合、リスト価格の製品カテゴリ
は自動的に更新されます。
複数のリスト価格の変更
リスト価格は頻繁に変更されることがあるため、一括更新機能を使用して、複数のリスト価格を同時に変更すること
ができます。リスト価格を選択し、新しい有効開始/終了日付、新しい内容説明などの変更を定義したり、指定した
比率で価格を変更したりします。
一括変更が適用された後、変更をレビューする前にリスト価格に個々の変更を加えることもできます。
リスト価格の削除および取消
リスト価格に情報の不足がある場合、リスト価格はリリースされず、削除することができます。ただし、一度リリー
スされると、他の方法ではリスト価格が使用された伝票の価格を追跡できないため、リスト価格を削除することはで
きません。リスト価格が使用されないようにするには、リリースを取り消す必要があります。
Microsoft Excel® を使用したエクスポートおよびインポート
リスト価格を Microsoft Excel® に表示専用でエクスポートすることができます。Microsoft Excel® からシステム
にデータをインポートして、リスト価格を定義することができます。
Susan は利用可能な製品の購買発注を登録します。リスト価格が最適な価格である場合、リスト価格のサ
プライヤが供給元として使用されます。マニュアル価格または契約が利用可能な場合、Susan はシステム
を上書きし、契約のサプライヤを使用するか、またはマニュアル価格および供給元として対応するサプラ
イヤを入力することができます。
参照
リスト価格の登録
[ページ 97]
複数のリスト価格の更新
[ページ 100]
サプライヤリレーションシップマネジメントにおけるリスト価格の重複有効期間 [ページ 94]
3.4.2.2 サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリス
ト価格の重複有効期間
概要
リスト価格は時間依存であるため、変更される可能性があり、指定した期間のみ有効となります。リリース済ステー
タスのリスト価格を更新すると、現在日付または新しい有効開始日付として指定した日付を使用して、リスト価格の
バージョンが登録されます。同様に、リスト価格がすでに存在する同じ製品の新規リスト価格を登録する際に有効期
間に不整合が生じる場合、システムは有効期間の重複を解決する必要があります。ステータスが準備中のリスト価格
は、重複有効期間の影響を受けません。
94
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
過去のリスト価格の変更チェックボックスを選択した場合は、既存リスト価格の価格、価格スケール、および
リスト価格の内容説明のみを変更することができます。リスト価格の更新バージョンは登録されないため、有
効開始/終了日付を変更することはできません。リスト価格の有効開始/終了日付を変更できないため、価格の
変更は 価格履歴 タブページに表示されません。変更は 変更 タブページで照会することができます。した
がって、過去のリスト価格の変更チェックボックスを選択した場合、重複有効期間は発生しません。
重複有効期間の解決
既存価格と新規価格の有効期間に存在する不整合がどの程度かに応じて、システムにより相応の方法で重複が解決さ
れます。
●
ケース 1: 既存リスト価格の有効期間が新規リスト価格の有効期間より長い
●
ケース 2: 新規リスト価格の有効期間が既存リスト価格の有効期間内である
●
ケース 3: 新規リスト価格の有効期間が既存リスト価格の有効期間より長い
●
ケース 4: 新規リスト価格と複数の既存リスト価格との間に不整合が存在する
●
ケース 5: 2 つの新規リスト価格と既存リスト価格との間に不整合が存在する
●
ケース 6: 2 つの新規リスト価格の間に不整合が存在する
以下の例は、リリース済ステータスのリスト価格に基づきます。
例
ケース 1: 既存リスト価格の有効期間が新規リスト価格の有効期間より長い
新規リスト価格の有効期間と既存リスト価格の有効終了日付との間に不整合が存在します。既存リスト価格の重複有
効期間が削除されます。
ケース 2: 新規リスト価格の有効期間が既存リスト価格の有効期間内である
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
95
新規リスト価格の有効期間と既存リスト価格の有効終了日付との間に不整合はありません。既存リスト価格の重複有
効期間が削除され、有効開始日付を新規リスト価格の有効終了日付後の日付として追加リスト価格が登録されます。
元の有効終了日付は追加リスト価格の有効終了日付になります。
ケース 3: 新規リスト価格の有効期間が既存リスト価格の有効期間より長い
新規リスト価格の有効期間と既存リスト価格の有効期間との間に完全な不整合が存在する場合、既存リスト価格のス
テータスが Release Canceled に設定されます。
ケース 4: 新規リスト価格と複数の既存リスト価格との間に不整合が存在する
新規リスト価格の有効期間と複数の既存リスト価格の有効期間との間に不整合が存在する場合、新規リスト価格の有
効期間と重複する既存リスト価格の重複有効期間が削除され、必要に応じて、新規リスト価格との間に完全な不整合
が存在する既存リスト価格のステータスが Release Canceled に設定されます。
ケース 5: 2 つの新規リスト価格と既存リスト価格との間に不整合が存在する
96
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
2 つの新規リスト価格の有効期間と既存リスト価格の有効期間との間に不整合が存在するが、相互の間には不整合が
存在しない場合は、新規リスト価格の有効期間との間に不整合が存在する既存リスト価格の重複有効期間が削除され
ます。
ケース 6: 2 つの新規リスト価格の間に不整合が存在する
2 つの新規リスト価格の有効期間の間に不整合が存在する場合、システムではどちらのリスト価格を受け入れるかを
判別することができないため、重複の解決は失敗します。したがって、両方の新規リスト価格が却下され、既存リス
ト価格はそのまま有効となります。
3.4.3
タスク
3.4.3.1
リスト価格の登録
概要
サプライヤによって供給される製品に対して 1 つ以上のリスト価格を登録することができます。リリースされたリ
スト価格は、購買依頼、購買発注、入庫/サービス受領、およびサプライヤ請求書照合で供給元として使用されます。
手順
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、 新規登録
す。
をクリックし、リスト価格を選択しま
製品ポートフォリオワークセンタに属する新規リスト価格共通タスクを開始することもできます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
97
2.
デフォルト設定画面で、以下のようにします。
a.
会社固有のリスト価格を更新するには、会社 ID を入力します。会社が更新されていない場合、リスト
価格はすべての会社で使用可能となります。
b.
サプライヤ、通貨、価格の有効開始日付/終了日付の日付を選択します。
c.
リスト価格テキストを入力します。
リスト価格テキストを入力しない場合は、サプライヤと製品の ID で構成されるテキストが自動
的に登録されます。
d.
e.
製品カテゴリを選択します。
選択した製品カテゴリに属するすべての製品がデフォルトで価格入力画面に表示されます。
進む をクリックします。
これらの値は、選択した製品に対して登録されるすべてのリスト価格のデフォルト値として使用されます。こ
こに値を入力しない場合は、価格入力画面でそれらの詳細を指定することができます。
3.
価格入力画面で、以下のようにします。
a.
価格や価格スケールなどの価格詳細を入力します。
デフォルト設定画面で詳細を入力していない場合は、これらの詳細をここで入力することができます。
b.
整合性のあるそれらのリスト価格について、リリース区分が自動的にチェックされます。リスト価格を
自動的にリリースしない場合は、必要な行のリリース区分を選択解除することができます。
リスト価格は、正しいサプライヤ、製品、価格、および通貨単位を入力すると、整合性のあるものにな
ります。
c.
進む をクリックします。
4.
レビュー画面で、入力した情報をチェックします。詳細を変更するには、 戻る をクリックし、必要な変更を
加えます。
5.
新規リスト価格を確認するには、 終了 を選択します。
結果
リリースされたリスト価格はすぐに使用可能になり、削除することはできません。自動的にリリースされなかったリ
スト価格がある場合は、それらのリスト価格の必要な詳細を更新し、マニュアルでリリースすることができます。リ
スト価格を供給元として使用しない場合は、必要なリスト価格のリリースを取り消す必要があります。
参照
サプライヤリレーションシップマネジメントにおけるリスト価格の重複有効期間 [ページ 94]
3.4.3.2
Microsoft Excel® を使用したリスト価格の登録
概要
事前定義済の Microsoft Excel テンプレートに入力し、SAP Business ByDesign システムにアップロードすること
によって、リスト価格を登録することができます。
98
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
前提条件
最新の Microsoft Excel 用アドインをインストールしておきます。これは、設定したソリューションに応じて、ホ
ームワークセンタのセルフサービス概要、アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのダウンロードセンタ、また
はユーザインタフェースで直接使用可能なダウンロードリンクから行うことができます。
また、ブラウザの設定が正しく設定されていることも必要となります。このことは、ログオン画面のマイコンピュー
タの設定チェックをクリックすることによって確認することができます。
ステップ
SAP Business ByDesign システムで、製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューの 新規登録 をクリック
し、Microsoft Excel からのリスト価格をクリックします。
テンプレートの取得
1.
テンプレートを選択します。
必要な言語のテンプレートを選択し、ダウンロードをクリックします。
スコーピング中に選択した言語を選択することができます。スコーピング中に選択した言語が 1 つの
みである場合は、選択元となる言語バージョンの選択肢は表示されません。
2.
テンプレートの処理方法を決定します。以下のオプションのいずれかを選択します。
●
テンプレートを 1 度しか使用しない場合は、保存せずにテンプレートを開くことができます。開くをク
リックします。
●
再利用できるようにテンプレートを保存する場合は、ファイルを保存する場所を選択し、適切なファイル
名を入力し、保存をクリックします。次に、開くをクリックします。
このテンプレートを前にダウンロードし、コンピュータ上に保存している場合は、テンプレートを保存した場
所にナビゲートして開きます。
Microsoft Excel からソリューションへのログオン
1.
Microsoft Excel の SAP アドインリボンで、ログオンをクリックします。
SAP アドインリボンが表示されない場合は、Microsoft Excel のアドインが適切にインストールされて
いることをチェックします (この文書の前提条件を参照)。
ダイアログボックスが開き、そこにログオン詳細を入力することができます。システム URL が自動的に提案
されます。システム URL は、作業しているシステムの URL です。
2.
ユーザ ID およびパスワードを入力し、ログオンをクリックします。
システムへの最初のログオン後、リボンテキストが SAP アドインから自分のソリューションの名前に
変更されます。
Microsoft Excel テンプレートでの詳細の入力
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
99
以下のことに注意してください。
●
Microsoft Excel テンプレートには、複数の行が表示され、そこにデータを入力またはコピーすること
ができます。さらに必要な場合は、データを入力またはコピーする前に、必要な行数を追加します。
●
必須項目 (アスタリスクのマークが付いた項目) が入力されていることを確認します。
●
詳細の入力に役立つ機能:
○
一部の項目にはドロップダウンリストが用意されています。
○
一部の項目では、国などのデータをシステムで検索することができます。項目の上にカーソルを置
き、ソリューションのツールバーまたはリボンのルックアップをクリックして、システムを検索し
ます。表示されたルックアップダイアログボックスで、検索項目を使用することができます。検索
項目へのテキストの入力を開始すると、関連エントリが ID 列とテキスト列でフィルタリングされ
るため、一覧全体をスクロールする必要がなくなります。ルックアップボタンがリボンまたはツー
ルバーで有効になっていない場合、検索を実行することはできません。
リスト価格の詳細を行の適切な列に入力します。
データの保存
1.
すべてのデータの入力が完了したら、Microsoft Excel ファイルを保存します。
データ保存先 をクリックします。
2.
ダイアログボックスが開き、データがソリューションに保存されることが通知されます。
アップロード後、メッセージが表示され、データがソリューションに保存されたことが通知されます。
必須情報の一部を提供しなかった場合、または誤った情報を提供した場合は、一部のレコードが保
存されなくなります。エラーメッセージで問題が強調表示されるため、問題を修正してデータを再
度保存することができます。
3.
次に、 ログオフ をクリックしてログオフすることができます。
結果
新規リスト価格が SAP Business ByDesign システムに保存され、リスト価格ビューの一覧に追加されます。
これらのリスト価格を変更する必要がある場合は、システムで直接変更する必要があります。
3.4.3.3
複数のリスト価格の更新
概要
リスト価格が頻繁に変更され、多数のリスト価格で類似の変更が必要な場合は、一括更新機能を使用して複数のリス
ト価格を同時に変更することができます。現在有効なリスト価格と、準備中のリスト価格の両方を更新することがで
きます。
手順
1.
製品ポートフォリオワークセンタのリスト価格ビューで、変更するリスト価格を選択し、 一括更新 をクリッ
クします。
リスト価格更新画面が開きます。
2.
変更定義画面の選択したリスト価格テーブルに選択したリスト価格が表示されます。
3.
変更する各項目の区分を選択し、変更した値を入力します。
100
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
有効開始日付と有効終了日付、内容説明、および価格変更率 (指定した比率) を変更することができます。
進む を選択します。
4.
リスト価格更新画面で、選択したリスト価格に加えた変更を照会し、さらにマニュアルで変更を加えることが
できます。
複数のリスト価格を選択した場合は、リスト価格をすぐに更新しないようにすることもできます。必要
なリスト価格を選択し、 削除 を選択します。
進む をクリックします。
5.
レビュー画面で、選択したリスト価格に加えた変更をチェックします。
選択したリスト価格に加えた変更を適用することも、変更を取り消すこともできます。
●
選択したリスト価格に加えた変更を適用するには、 終了 を選択します。
●
選択したリスト価格に加えた変更を取り消すには、 取消 を選択します。
結果
選択したリスト価格への変更が適用されます。選択したリスト価格のステータスに応じて、以下の処理が行われま
す。
●
リリース済の場合、リスト価格は自動的にリリースされます。
●
準備中の場合、リスト価格は準備中ステータスにとどまります。リスト価格の整合性をチェックしてから、リ
スト価格をマニュアルでリリースすることができます。
参照
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるリスト価格の重複有効期間 [ページ 94]
3.5
3.5.1
レポートビュー
価格履歴 (製品/サプライヤ別)
概要
このレポートには、過去 12 カ月の製品および納入サプライヤ別の価格履歴が、請求額をもとに計算された平均価格
に基づいて表示されます。請求数量をチェックすることで、会社にとっての購買製品の重要度を確認することもでき
ます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
101
レポートの分析
このレポートには、製品の調達数量および平均価格 (基本数量単位) が、サプライヤ別に、指定した期間の月次で表
示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
請求書年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから価格信頼度
[ページ 143]にナビゲートできます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
102
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
製品ポートフォリオ
4
ソーシングおよび契約
4.1
ビジネスバックグラウンド
4.1.1
見積依頼処理
概要
会社は、見積依頼 (RFQ) プロセスを使用して、製品要件に応じた新しい供給元を識別して管理したり、サプライヤ
ベースを最適化したりすることができます。
これには、戦略的調達と消費財調達の両方のソーシングプロセスが含まれます。見積依頼および見積ビューを使用し
て、購買担当者は、購買依頼で依頼された品目やサービスの供給元を検索し、購買発注 (購買発注の見積依頼) を登
録することができます。複数のサプライヤと契約を交渉または再交渉したり (契約の見積依頼)、現在のサプライヤ
との既存の契約を更新したりすることができます (購買契約更新)。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
ソーシングおよび契約をシステムに設定しておきます。コンフィグレーションに応じて、見積依頼はプロジェクト管
理とも直接統合されます。
統合
見積依頼処理は以下のものと統合される場合があります。
●
見積依頼の登録を伴う伝票関連の受信プロセス:
○
自分で、またはシステムで完了済購買依頼を供給元などの定義済基準に基づいて購買発注に転送すること
ができる購買依頼処理。
○
●
購買契約を登録および更新することができる購買契約処理。
前伝票の更新または完了を伴う送信プロセス:
○
購買発注請書など、すべての購買発注と関連伝票を登録、処理、および追跡することができる購買発注処
理。
○
購買契約を登録および更新することができる購買契約処理。
詳細については、以下を参照してください。
●
購買依頼処理
●
購買契約処理 [ページ 109]
●
購買発注処理
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
103
プロセスフロー
購買発注の見積依頼
1.
購買依頼で依頼された明細に供給元が必要な場合、購買担当者は、購買依頼ビューでソーシング依頼の登録を
トリガします ( 簡易ソーシング依頼 )。
2.
ソーシング依頼は、業務ソーシングからのソーシング依頼としてソーシング依頼ビューに表示されます。これ
には、購買依頼で依頼されたすべての明細が含まれます。
3.
購買担当者は、ソーシング依頼から見積タイプが購買発注の見積依頼である見積依頼を登録します。
購買業務の複数のソーシング依頼を 1 つの見積依頼にバンドルすることもできます。
4.
購買担当者は、見積依頼の公開時に、見積依頼の送信先となる応札者を追加します。
5.
購買依頼の明細が自動的に見積依頼に記載されます。購買担当者は、必要に応じて見積依頼に明細を追加する
ことができます。
6.
購買担当者は見積依頼を公開します。これにより、見積依頼が見積依頼に記載されている応札者に送信されま
す。
見積依頼は、インタラクティブフォーム (SAP Interactive Forms by Adobe) または FAX や電子メー
ルなどで応札者に送信することができます。サプライヤマスタデータで各サプライヤに定義されている
出力設定がチェックされ、そこに設定されている方法が見積依頼の送信に自動的に使用されます。購買
担当者は、見積依頼の編集時にこれらの定義済出力設定を上書きすることができます。詳細について
は、プロセス統合出力の設定を参照してください。
契約の見積依頼
1.
既存の契約を再交渉する場合、購買担当者は、契約ビューでソーシング依頼の登録をトリガします
( 新規ソーシング依頼を使用して交渉 )。
2.
ソーシング依頼は、契約からのソーシング依頼としてソーシング依頼ビューに表示されます。
3.
購買担当者は、ソーシング依頼から見積タイプが契約の見積依頼である見積依頼を登録します。
契約の複数のソーシング依頼を 1 つの見積依頼にバンドルすることもできます。
4.
購買担当者は、見積依頼の公開時に、見積依頼の送信先となる応札者を追加します。
5.
契約の明細が自動的に見積依頼に記載されます。購買担当者は、必要に応じて見積依頼に明細を追加すること
ができます。
6.
購買担当者は見積依頼を公開します。これにより、見積依頼が見積依頼に記載されている応札者に送信されま
す。
購買契約更新
1.
現在のサプライヤとの契約を更新する場合は、契約ビューで契約更新をトリガすることができます
( 現在のサプライヤと直接交渉 )。
2.
見積依頼タイプが購買契約更新である見積依頼が登録されます。
現在のサプライヤとの契約を更新する場合、購買担当者は、自動的に登録された見積依頼のデータを変
更することができません。つまり、(契約から転送された) 明細を変更したり、応札者を追加したりす
ることができず、一般的な見積依頼データも事前に設定されています。
104
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
3.
見積依頼が公開されます。つまり、見積依頼が現在のサプライヤに送信されます。
前伝票のない見積依頼
1.
新規契約を交渉する場合、または購買発注の供給元は見つかるが、ベースとして使用できる購買依頼がない場
合、購買担当者は、見積依頼および見積ビューの見積依頼サブビューで見積依頼をマニュアル登録します (新
規見積依頼)。
2.
購買担当者は、見積依頼タイプ (契約の見積依頼または購買発注の見積依頼) を含め、見積依頼データを入力
します。
3.
購買担当者は応札者を追加します。
4.
購買担当者は明細を追加します。
5.
購買担当者は見積依頼を公開します。これにより、見積依頼が見積依頼に記載されている応札者に送信されま
す。
登録および公開された見積依頼は、見積依頼および見積ビューの見積依頼サブビューに表示されます。応札者は見積
依頼に返信し、見積依頼で依頼された品目とサービスを提供することができます。
詳細については、以下を参照してください。
●
複数のソーシング依頼用の RFQ の登録
●
見積依頼の登録
●
サプライヤ見積処理
[ページ 113]
[ページ 118]
[ページ 105]
参照
ソーシング
[ページ 107]
戦略的購買
[ページ 19]
4.1.2
サプライヤ見積処理
概要
見積依頼 (RFQ) の公開後、購買担当者は、応札者から受け取った見積をできるだけ効率的に処理し、常に最適な見
積を落札見積として選択する必要があります。
見積依頼および見積ビューを使用して、購買担当者は、見積の受信から適切に整列された概要での見積の比較および
落札見積の決定に至るまで、見積処理プロセス全体を管理することができます。
前提条件
見積処理は、RFQ を参照することによってのみ行うことができます。サプライヤが自主的に提出した見積をシステム
に入力するには、サプライヤに見積の提出を案内した RFQ をあらかじめ受信している必要があります。
詳細については、見積依頼処理 [ページ 103]を参照してください。
設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
ソーシングおよび契約をシステムに設定しておきます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
105
プロセスフロー
1.
見積提出
サプライヤは RFQ に返信して、RFQ で依頼された商品とサービスを一定の条件に応じて提供し、納入します。
サプライヤが見積を提出する場合、以下の可能性があります。
2.
a.
RFQ がインタラクティブフォーム (SAP Interactive Forms by Adobe) として電子メールに添付されて送
信された場合、サプライヤは見積詳細を入力して、インタラクティブフォームを電子メールの添付文書と
して返送し、見積を提出することができます。
b.
また、サプライヤは、たとえば電話で購買担当者に連絡したり、FAX を送信したりして見積を提出し、依
頼された商品やサービスを提供することもできます。
見積更新
サプライヤが見積を提出した方法に応じて、購買担当者は、見積がシステムで正しく更新されていることを確
認する必要があります。
3.
a.
サプライヤがインタラクティブフォームで見積を提出した場合、見積は自動的に生成されます。
b.
サプライヤが電話などで商品やサービスを提供した場合、購買担当者はサプライヤに代わってシステムに
見積詳細を入力します。詳細については、見積の代理登録 [ページ 119]を参照してください。
見積比較
十分な数の見積が提出されると、購買担当者は、見積の詳細を分析して、見積を受け入れるか、または却下す
るかを決定します。通常、この作業は、提出期限に到達してから行われます。購買担当者は、RFQ で受信され
たすべての見積を、見積比較テーブルに並べて照会することができます。このテーブルには、リードタイム、
支払条件、サプライヤから提示された価格など、要件に最適な見積を決定するために必要なすべての詳細が含
まれます。
見積比較テーブルの代わりに、購買担当者は、見積詳細を MS Excel シートにダウンロードして見積を
比較することもできます。
4.
落札
見積比較の結果に基づいて、購買担当者は見積を受け入れるか、または拒否することにより、1 つ以上の落札
見積を決定することができ、見積がいずれも要件に合わない場合には落札見積を決定しないこともできます。
RFQ が契約を交渉するために登録されたのか、または購買発注の供給元を見つけるために登録されたのかに応
じて、契約または購買発注の登録が、落札見積に基づいて自動的にトリガされます。
購買担当者が見積もりを受け入れる場合、見積内のすべての明細が受け入れられます。ただし、個別の
明細をマニュアルで却下して、残りの明細を受け入れることもできます。
詳細については、見積の落札または拒否
5.
[ページ 123]を参照してください。
通知
購買担当者が落札見積を決定すると、見積が受け入れられたサプライヤも拒否されたサプライヤもすべて、RFQ
の結果について自動的に通知されます。つまり、サプライヤは、自分の見積が受け入れられたのか、または拒
否されたのかを示す通知を受け取ります。
参照
ソーシング
[ページ 107]
戦略的購買
[ページ 19]
出力管理
106
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
4.1.3
ソーシング
概要
ソーシングを使用すると、ユーザおよび会社は長期購買活動を計画して決定することができます。ソーシングでは、
見積依頼 (RFQ) プロセスと契約管理プロセスを使用して、選択されたサプライヤ間で長期的なコスト削減やサービ
スレベルの改善を実現します。
ソーシングでは RFQ プロセスを使用して、会社の日常の購買管理要件に合うよう、適切な新規サプライヤを識別し
て選択し、最適な価格を提示する既存サプライヤとの関係を識別して管理できるようにします。
ソーシングでは、製品について購買部門の要件を定義し、最適なサプライヤを識別および選択して、最終的には購買
発注の登録や新規購買契約の交渉と登録を行います (または、再交渉を行い既存の購買契約を更新します)。その後、
購買発注または購買契約は選択されたサプライヤに送信され、合意した品質コミットメントを添付して完了します。
ソーシングでは、プロジェクト割当プロセスを使用して、プロジェクトまたはプロジェクトタスクのビジネスコンテ
キストで登録された購買伝票を分析できるようにします。また、ソーシングにより、サプライヤと効率よく連携し、
拡張されたアナリティクスを使用してパフォーマンスを追跡および監視して、トップの実施担当者を特定することも
できます。
ソーシングの詳細
ソーシングの主なプロセスは、以下のとおりです。
新規供給元の検索および識別
RFQ を使用して新規供給元を識別して管理し、製品要件に最適な供給元について、情報に基づいた効率的な決定を行
うことができます。
詳細については、見積依頼処理 [ページ 103]を参照してください。
購買契約の交渉および監視
契約に関するすべての情報にアクセスし、契約ライフサイクルのあらゆる段階を管理することができます。
また、拡張されたアナリティクスを使用して、期間満了契約や契約ごとの購買発注など、契約の使用を分析、追跡、
および監視することもできます。
詳細については、購買契約処理 [ページ 109]を参照してください。
複数の供給元を対象とした購買の優先順位決定および配分
供給量割当または製品別固定供給元を使用して、サプライヤおよびその供給元の優先順位を決定することができま
す。
製品の契約やリスト価格など、固定供給元を設定して、製品が常に要件に最適なサプライヤから調達されるようにす
ることができます。
単一のサプライヤにのみ依存するのではなく、供給量割当を定義して、複数の供給元間で購買を配分することもでき
ます。
詳細については、供給元決定 [ページ 133]を参照してください。
参照
戦略的購買
[ページ 19]
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
107
4.1.4
供給元割当におけるソーシングランク
概要
供給元は、さまざまな方法で製品に割り当てることができます。
●
購買発注のマニュアル登録時に各購買依頼または購買発注 (PO) で供給元を割り当てることができます。
●
同じ供給元を購買依頼のワークリスト内の複数の購買依頼に割り当てることができます。
契約などの有効な供給元があるかどうかが常にチェックされ、ソーシングランクと呼ばれる適性順の一覧が自動的に
生成されます。
ソーシングランクは、必要な製品または製品カテゴリと一致する契約またはリスト価格を持つ供給元を示す一覧で
す。ランク一覧では、常に、最も適した供給元が一番上に、最も適していない供給元が一番下に表示されます。
一覧は、"オリンピック" 方式でランク付けされます。たとえば、同様に適切な 2 つのサプライヤがある場合、両方
が 1 番目、次に適切なサプライヤが 3 番目、という順序で番号付けされます。
一覧のすべての供給元は、プリセットされた柔軟性のない基準ツリーを使用して比較されます。最初の基準を使用し
てすべての使用可能な供給元が比較されます。これで 1 つの最適な供給元が判別されない場合、使用可能なすべて
の供給元がランク付けされるまで、以下の基準を使用して最適なサプライヤが判別されます。
ランキング基準
使用可能な供給元の比較およびランク付けに使用される基準は、以下のとおりです。
1.
固定供給元
ソーシングおよび契約ワークセンタで、契約またはリスト価格を固定供給元として製品に割り当てることがで
きます。この製品が発注されると、割当固定供給元が最高ランクになります。
2.
供給元タイプ
a.
b.
108
契約
サプライヤが現在購買担当者と契約中の場合、そのサプライヤにはソーシングランク内で高い位置が与え
られます。
契約ランクは、以下のルールに従って降順で決定されます。
1.
供給量割当
現在契約が存在する場合は、現在の供給量割当がチェックおよび比較されます。特定の製品の 2 つ
以上の契約について供給量割当が存在する場合は、その割当を、発注の調達に対するサプライヤの
適性の基準として使用することができます。
2.
価格
この基準では、必要な製品についてさまざまなサプライヤの価格が比較されます。
3.
調達
この基準は契約にのみ適用され、同じ価格の契約がいくつかある場合に関連します。リリース数量
が最小である契約が最初に選択されます。
4.
遅延
上記の他の基準で最適な供給元が見つからない場合、使用可能な契約は、購買担当者によって指定
された納入日付の後どのくらいでサプライヤが必要な製品を納入することができるようになるかに
基づいて比較されます。
リスト価格
これらは、サプライヤによって発行された依頼製品の価格です。リスト価格は、昇順でのみランク付けさ
れます。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
リスト価格が固定供給元として設定されない限り、契約にはリスト価格より常に高い優先度が設定され
ます。
契約またはリスト価格を使用することができない場合は、既存の購買発注が自動的に検索され、サプライヤとの以前
のビジネスの例として、したがって製品の供給に対する適性の指標として使用することができます。購買発注を供給
元の割当の基準として使用する場合、そのランク付けのときに使用される唯一の基準は価格です。
参照
ソーシング
[ページ 107]
供給元決定
[ページ 133]
リスト価格
[ページ 92]
購買契約処理
[ページ 109]
購買発注処理
4.1.5
購買契約処理
概要
購買契約処理では、購買契約を登録、変更、および承認することができます。購買担当者は、契約交渉プロセスでサ
プライヤ見積から購買契約を登録するか、または前伝票を使用しないでマニュアル登録することができます。
購買契約は、長期的な関係が予想されるサプライヤから頻繁に購入する製品に対して登録されます。契約は、購買製
品の最適価格または割引に対して定義することができます。これにより会社では、運用コストを削減し、契約更新を
管理することによって支出およびサプライヤパフォーマンスをより適切に制御することができます。
購買発注またはサプライヤ請求書を使用した製品調達の供給元として、リリース済の購買契約を使用することができ
ます。また、制限付明細を含む購買発注の場合は、入庫/サービス受領で契約を使用します。これらの伝票によって
契約に対して行われるリリースは、契約リリース履歴で更新されます。たとえば、契約を参照するプライヤ請求書が
登録されている場合、請求書が転記されると、関連する契約リリース履歴がそのサプライヤ請求書詳細で更新されま
す。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
購買契約は、ソリューションコンフィグレーションで選択します。このビジネスオプションにアクセスするには、ビ
ジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選
択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトのスコーピングステップで、ソーシング内のソーシング
および契約が選択されていることを確認します。
質問ステップで、ソーシングスコーピングエレメントを展開し、ソーシングおよび契約を選択します。購買契約を選
択し、購買契約に関連する質問に答えます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
109
統合
購買契約は、以下に統合されます。
●
購買依頼処理
●
購買発注処理
●
入庫/サービス受領および返品処理
●
サプライヤ請求書処理 (参照あり)
●
プロジェクト管理
プロセスフロー
1.
購買契約の登録
詳細については、契約の登録と編集
[ページ 129]を参照してください。
2.
契約のリリース
契約をリリースすると、その契約を供給元として使用することができます。契約のステータスは、システムに
よってリリース済に設定されます。契約のリリース履歴でリリース詳細が更新されます。契約がリリースされ
ると、価格が設定されているすべての明細のステータスが自動的にソーシング用に有効に設定されます。個々
の契約明細をソーシング用に無効にするには、マニュアルで無効化します。明細が自動的にソーシング用に有
効化されない場合は、その明細の価格を入力し、マニュアルでソーシング用に有効化します。
契約が購買管理要件を満たす場合、その契約を参照する購買発注が自動的に登録されます。制限付明細の購買
発注の場合は、その契約を参照する購買発注、入庫/サービス受領、またはサプライヤ請求書を登録すること
ができます。システムの購買発注処理機能および入庫/サービス受領処理機能により、購入された製品の数量
と価格が契約に通知されます。
3.
契約のクローズ
購買契約の有効期間が終了すると、契約はワークリストに期限切れとして表示されます。契約ステータスがリ
リース済のままであっても、契約は、購買発注処理で供給元決定エンジンによって供給元として自動的には提
案されません。ただし、契約ステータスがクローズ済に設定されるまで、契約詳細を購買発注にマニュアルで
入力したり、その契約を供給元として使用したりすることができます。
有効期間中に契約をマニュアルでクローズすることもできます。この場合、契約のステータスはクローズ済に
設定されます。契約のステータスがクローズ済の場合、その契約に対してアクティビティを行うことは不可能
になり、契約を供給元として使用することができなくなります。
契約の承認
ビジネスプロセスで契約承認が使用されている場合、契約をリリースすると、その契約はシステムの設定で決められ
た承認責任者に送信されます。契約のステータスは承認中に設定されます。
契約承認は、スコーピング時に選択する必要があります。質問ステップで、ソーシングスコーピングエレメン
トを展開し、ソーシングおよび契約を選択します。購買契約を選択し、購買契約承認に関連する質問に答えま
す。
契約承認責任者のワークリストにビジネスタスクが登録され、その責任者は以下のいずれかのアクションを実行する
必要があります。
●
契約の承認
責任者は、契約を承認することができます。承認すると、その契約のステータスはリリース済に設定されま
す。契約は供給元として利用可能になり、この契約をサプライヤに送信することができます。
●
契約の却下
110
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
責任者が契約を却下すると、契約ステータスは却下済に設定され、契約をこれ以上処理できなくなります。
●
訂正のための依頼者への契約の返送
責任者は、契約を訂正のために依頼者に返送することができます。この場合、契約ステータスは改訂中に設定
され、依頼者のワークリストに契約を訂正するためのタスクが表示されます。責任者からのコメントは契約に
表示されます。依頼者は契約を編集し、承認のために再提出することができます。
契約が承認中の間、変更する必要がある場合は、依頼者として契約を取り消すことができます。これを行うには、契
約エディタを開き、承認取消をクリックします。契約のステータスは準備中に設定し直されます。
契約の交渉
契約の期限が切れる前に、契約を再交渉することができます。
契約の交渉には 2 つの方法があります。
a.
現在のサプライヤとの直接交渉
これは、契約がリリース済ステータスの場合に可能です。
b.
新しいソーシング依頼を使用した交渉
これは、契約が準備中ステータスの場合に可能です。
リリース済契約を現在のサプライヤと直接交渉する場合は、プロセスが高度に自動化され、ユーザインタラクション
は必要ありません。ソーシング依頼が自動的に登録され、すでにサプライヤと明細の情報が含まれています。ソーシ
ング依頼から見積依頼 (RFQ) が自動的に登録されます。見積依頼はユーザインタラクションの必要なしに公開され、
現在のサプライヤに自動的に送信されます。
落札見積を受け入れると、既存の契約が見積のデータで更新されるか、新しい契約が登録され、そのステータスが自
動的に準備中になります。新しい契約をマニュアルでリリースする必要があります。古い契約は、自動的にはクロー
ズ済ステータスになりません。マニュアルでクローズする必要があります。
契約の明細一覧を変更したり、多くのサプライヤに見積を依頼したりする場合は、新しいソーシング依頼を使用して
契約を交渉することができます。これはマニュアルプロセスであり、交渉対象の契約に明細を追加したり、複数の見
積依頼を組み合わせたり、適切な価格をチェックするために多くのサプライヤに見積を依頼したりすることができま
す。
プロジェクト割当
プロジェクト管理内に存在するプロジェクトまたはプロジェクトタスクを契約の参照として追加することができま
す。購買契約処理では、プロジェクトまたはプロジェクトタスクが存在するかどうかをチェックし、存在する場合
は、契約の参照として追加することができるかどうかをチェックします。プロジェクトまたはプロジェクトタスクを
契約に割り当てることができます。プロジェクトタスクを割り当てると、プロジェクト処理では、契約詳細が対応す
るプロジェクトまたはプロジェクトタスクに保存されます。
ワークフロー通知
アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのワークフロービューで、購買契約のワークフロールールについて、カ
スタマイズされた独自のタスクを登録することができます。ワークフロールールを登録して有効に設定すると、購買
契約の登録または変更時に、ホームワークセンタの受信ボックスに通知が送信されます。ワークフロールールの定義
のときに、ルールが呼び出される条件や項目が更新される条件など、各ルールに基本データを指定します。通知の送
信方法や受取人のリストを指定することもできます。
ワークフロールールの詳細については、ワークフロールールクイックガイドを参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
111
参照
サプライヤリレーションシップマネージメント [ページ 6]
ソーシング
[ページ 107]
戦略的購買
[ページ 19]
フォローアップ伝票設定
[ページ 127]
購買契約クイックガイド
[ページ 124]
タスク - 購買契約の承認
通知 - リリース後に変更された承認済購買契約
通知 - 期限切れになる購買契約
タスク - 期限終了購買契約チェック
タスク - 契約更新のために提出されているサプライヤ見積のチェック
タスク - 購買契約の完了
タスク - 購買契約の価格有効期間の終了
タスク - 購買契約の訂正
4.2
ソーシング依頼ビュー
4.2.1
ソーシング依頼クイックガイド
購買担当者は、製品要件に最適な供給元をできるだけ効率的に検索します。ソーシング依頼ビューは、ソーシング依
頼を編成して複数のソーシング依頼の明細を直接 1 つの見積依頼 (RFQ) に簡単にバンドルすることができるため、
ソーシング活動を最適化するために役立ちます。
このビューには、ソーシングおよび契約ワークセンタからアクセスすることができます。
ソーシング依頼は、購買依頼 (業務ソーシング) から生成するか、または有効期限が設定されている契約など、契約
から生成することができます。ソーシング依頼ビューでは、これらの要件の見積依頼を迅速に登録し、見込サプライ
ヤに直接送信することができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
タスク
複数のソーシング依頼用の RFQ の登録
このタスクの詳細については、ここ [ページ 113]を参照してください。
グループへのソーシング依頼の割当と RFQ の登録
このタスクの詳細については、ここ [ページ 114]を参照してください。
112
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
4.2.2
タスク
4.2.2.1
複数のソーシング依頼用の RFQ の登録
概要
ソーシング依頼が、契約を交渉するか、または購買発注の供給元を検索するために生成されている場合は、見積依
頼 (RFQ) を登録して見込サプライヤを検索する必要があります。
生成済の 1 つのソーシング依頼ごとに RFQ を登録する代わりに、複数のソーシング依頼をバンドルし、それらに対
して 1 つの RFQ を登録することができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
前提条件
バンドルするソーシング依頼は、ソーシング依頼ビューのソーシング依頼一覧でステータスが有効になっているもの
を使用することができます。
RFQ がソーシング依頼から登録されると、ソーシング依頼ステータスは無効に変わり、ソーシング依頼一覧か
らそのソーシング依頼が削除されます。ただし、無効なソーシング依頼は検索オプションで引き続き検索する
ことができます。
複数のソーシング依頼をバンドルして 1 つの RFQ を登録する場合、RFQ を以下の RFQ タイプのいずれかにするこ
とができます。
●
契約の見積依頼
●
購買発注の見積依頼
結果として、生成済のソーシング依頼をバンドルして契約を交渉するか、または生成済のソーシング依頼をバンドル
して購買依頼の供給元を検索することができます。ただし、同じ RFQ で両方を組み合わせることはできません。
手順
1.
ソーシングおよび契約
ソーシング依頼
に移動します。
2.
ソーシング依頼タブで、表示: 契約からのソーシング依頼または表示: 購買依頼からのソーシング依頼を選択
します。
3.
一覧からバンドルするソーシング依頼を選択します。
4.
新規見積依頼
をクリックし、選択明細用をクリックします。
RFQ が登録され、ソーシング依頼の明細が格納されます。
5.
一般ビュー タブで関連する RFQ の一般情報を入力して、RFQ を完了します。
6.
明細 タブで、RFQ にさらに明細を追加することができます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
113
7.
応札者 タブで、RFQ を送信する先の応札者を追加します。
8.
エントリを保存します。
RFQ を保存しない限り、 中止 をクリックして RFQ 登録プロセスを終了することができます。
9.
応札者に送信 をクリックして RFQ を公開し、それを応札者に直接送信します。
結果
登録した見積依頼は、見積依頼および見積ビューの見積依頼サブビューに表示されます。ソーシング依頼の見積依頼
は 1 回のみ登録することができるため、ソーシング依頼ステータスは無効に変更され、ソーシング依頼はソーシン
グ依頼ビューのソーシング依頼一覧に表示されなくなります。
代替
複数のソーシング依頼をバンドルして直接 RFQ を登録する代わりに、長期的な RFQ を計画して、同じ RFQ に入れ
る複数のソーシング依頼が生成されるまで待機することもできます。これらのソーシング依頼を 1 つにまとめるこ
とを示すために、これらをグループに割り当てて、後でグループ全体に対し 1 つの RFQ を登録することができま
す。詳細については、グループへのソーシング依頼の割当と RFQ の登録 [ページ 114]を参照してください。
4.2.2.2
グループへのソーシング依頼の割当と RFQ の登録
概要
契約を交渉するか、または購買発注の供給元を検索するためにソーシング依頼が生成されている場合、見積依頼 (RFQ)
を登録して見込サプライヤを検索する必要があります。
1 つまたは複数のソーシング依頼に対して直接見積依頼を登録するのではなく、長期的な見積依頼を計画する場合、
同じ見積依頼に含める複数のソーシング依頼が生成されるまで待機し、これらのソーシング依頼をグループに割り当
てることによって 1 つにまとめるよう指示することができます。その後、グループ全体に対して 1 つの見積依頼を
登録することができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
前提条件
グループに割り当てるソーシング依頼は、ソーシング依頼ビューのソーシング依頼一覧でステータスが有効になって
いるものを使用することができます。
見積依頼がソーシング依頼から登録されると、ソーシング依頼ステータスは無効に変わり、ソーシング依頼一
覧からそのソーシング依頼が削除されます。ただし、無効なソーシング依頼は検索オプションで引き続き検索
することができます。
114
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
複数のソーシング依頼をグループに割り当てて、グループ全体に対して 1 つの見積依頼を登録する場合、見積依頼
を以下の見積依頼タイプのいずれかにすることができます。
●
契約の見積依頼
●
購買発注の見積依頼
結果として、生成済のソーシング依頼をグループ化して契約を交渉するか、または生成済のソーシング依頼をグルー
プ化して購買依頼の供給元を検索することができます。ただし、同じ見積依頼で両方を組み合わせることはできませ
ん。
手順
1.
ソーシングおよび契約
ソーシング依頼
2.
表示:
3.
グループに割り当てるソーシング依頼を選択します。
4.
5.
契約からのソーシング依頼または表示:
に移動します。
購買依頼からのソーシング依頼を選択します。
グループへの割当 をクリックします。
後でグループを識別するためのグループテキストを入力し、 OK
をクリックします。
グループテキストは、ソーシング依頼一覧のグループテキスト列に表示されます。
ソーシング依頼は、1 つのグループにのみ割り当てることができます。このソーシング依頼に別のグル
ープが割り当てられると、最初のグループ割当が削除され、それに応じてグループテキスト列が更新さ
れます。
6.
グループからソーシング依頼を削除する場合、一覧からソーシング依頼を選択し、 グループから削除 をクリッ
クします。
グループテキストがグループテキスト列に表示されなくなります。
7.
グループにさらにソーシング依頼を追加する場合は、一覧からそれらを選択し、 グループへの割当 をクリック
してグループテキストを入力します。
8.
ソーシング依頼のグループから見積依頼を登録するには、そのグループに属するソーシング依頼のいずれか 1
つを選択します。
9.
新規見積依頼
をクリックし、グループ全体用を選択します。
見積依頼が登録され、ソーシング依頼の明細が格納されます。
10.
一般 タブで関連する見積依頼の一般情報を入力して、見積依頼を完了します。
11.
明細 タブで、見積依頼にさらに明細を追加することができます。
12.
応札者 タブで、見積依頼を送信する先の応札者を追加します。
13. エントリを保存します。
14.
応札者に送信 をクリックして見積依頼を公開し、それを応札者に直接送信します。
結果
登録した見積依頼は、見積依頼および見積ビューの見積依頼サブビューに表示されます。ソーシング依頼の見積依頼
は 1 回のみ登録することができるため、ソーシング依頼ステータスは無効に変更され、ソーシング依頼はソーシン
グ依頼ビューのソーシング依頼一覧に表示されなくなります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
115
代替
見積依頼を登録する前にソーシング依頼をグループに割り当てることは必須ではありません。複数のソーシング依頼
をバンドルして、直接見積依頼を登録することもできます。詳細については、複数ソーシング依頼用の RFQ の登録
[ページ 113]を参照してください。
4.3
見積依頼および見積ビュー
4.3.1
見積依頼および見積クイックガイド
購買担当者としては、可能な限り経済的かつ効率的に会社に必要な製品を購入することが重要です。RFQ and Quotes
ビューには、最適な供給元を検索して製品要件に割り当てるための効率的なツールが用意されています。
見積依頼および見積ビューには、ソーシングおよび契約ワークセンタからアクセスすることができます。
このビューは、以下のサブビューで構成されています。
見積依頼
ここでは、以下の処理を行うことができます。
●
見積依頼 (RFQ) を登録および編集して、最適な供給元を検索します。
●
見積依頼に対する応答として受け取った見積の情報をシステムに入力します。
●
見積依頼で受け取った見積を比較して、製品ごとに最適な価格および条件を提示している応札者を確認しま
す。この情報を使用して、要件に最適なサプライヤを選択することができます。
見積
ここでは、以下の処理を行うことができます。
●
既存の見積を編集します。
●
競合する見積を比較します。つまり、見積を選択し、その見積を同じ見積依頼に対して提示されたすべての見
積と比較します。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
ビジネスバックグラウンド
見積依頼処理
会社は、見積依頼 (RFQ) プロセスを使用して、製品要件に応じた新しい供給元を識別して管理したり、サプライヤ
ベースを最適化したりすることができます。
116
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
これには、戦略的調達と消費財調達の両方のソーシングプロセスが含まれます。見積依頼および見積ビューを使用し
て、購買担当者は、購買依頼で依頼された品目やサービスの供給元を検索し、購買発注 (購買発注の見積依頼) を登
録することができます。複数のサプライヤと契約を交渉または再交渉したり (契約の見積依頼)、現在のサプライヤ
との既存の契約を更新したりすることができます (購買契約更新)。
詳細については、見積依頼処理
[ページ 103]を参照してください。
サプライヤ見積処理
見積依頼 (RFQ) の公開後、購買担当者は、応札者から受け取った見積をできるだけ効率的に処理し、常に最適な見
積を落札見積として選択する必要があります。
見積依頼および見積ビューを使用して、購買担当者は、見積の受信から適切に整列された概要での見積の比較および
落札見積の決定に至るまで、見積処理プロセス全体を管理することができます。
詳細については、サプライヤ見積処理
[ページ 105]を参照してください。
戦略的ソーシング
戦略的ソーシングビジネスシナリオでは、会社の日常的な購買管理要件を満たすために、適切な新規サプライヤを特
定および選択したり、既存サプライヤとの関係を管理したりすることができます。このシナリオには、製品に対する
要件の定義、最適なサプライヤの特定および選択を経て、選択したサプライヤとの購買契約の交渉および登録までが
含まれます。
詳細については、戦略的ソーシングを参照してください。
調達から支払まで (非在庫)
調達から支払まで (非在庫) ビジネスシナリオでは、オフィス用品、エンジニアリングサンプル品、固定資産などの
非在庫品目を購入することができます。
このシナリオをトリガすることができるのは、ショッピングカートを登録する従業員またはアシスタント、プロジェ
クトに非在庫品目を必要とするプロジェクトチーム、購買発注または見積依頼 (RFQ) に直接携わる購買担当者、ま
たはサプライヤ請求書の債務管理担当者です。一元的または分散的に納入を確認することができます。プロジェクト
関連の非在庫品目の原価は、財務会計のプロジェクトタスクに直接転送されます。
非在庫品目のカタログ、購買契約、またはリスト価格が存在する場合は、購買発注を自動的に登録することができま
す。供給元が存在しない場合は、RFQ を送信して適切なサプライヤを決定することができます。
このシナリオでは、仕入先直送調達をトリガする受注またはサービスオーダーを使用して、顧客需要を満たすために
非在庫品目を発注することもできます。
詳細については、調達から支払まで (非在庫) を参照してください。
調達から支払まで (在庫)
調達から支払まで (在庫) シナリオでは、資材所要量計画 (MRP) システムなどの計画システムから生成可能な要件
に基づいて、在庫品を購入することができます。
需要計画および購買発注の登録から、供給元の自動またはマニュアル割当、サプライヤへの購買発注送信を経て、入
庫/サービス受領、請求書照合、および支払までの、調達プロセスのすべてのステージが対象となります。
詳細については、調達から支払まで (在庫) を参照してください。
調達から支払まで (サービス)
調達から支払まで (サービス) ビジネスシナリオを使用すると、コンサルティングサービスや研修サービスなどのサ
ービス、一時的な労働、またはエンジニアリングサービスを調達することができます。このビジネスシナリオは、サ
ービス用のショッピングカートを登録した従業員やプロジェクトに特定のサービスを必要とするプロジェクトマネー
ジャによってトリガすることができ、また、購買発注を使用する購買担当者によって直接トリガすることもできま
す。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
117
通常、プロジェクト関連サービスはタイムシートに記録され、費用は財務会計のプロジェクトタスクに直接転送され
ます。発注されたサービスについて購買契約またはリスト価格が存在する場合、購買発注を自動的に登録することが
できます。供給元が存在しない場合、見積依頼を送信して適切なサプライヤを決定することができます。
さらにこのシナリオでは、内部従業員によって満たすことができない顧客需要のために、外部リソースを注文してサ
ービスを提供することができます。この場合、受注またはサービスオーダーが登録されると、調達プロセスがトリガ
されます。
詳細については、調達から支払まで (サービス) を参照してください。
タスク
見積依頼の登録
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 118]を参照してください。
代理見積の登録
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 119]を参照してください。
見積からの明細の除外
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 121]を参照してください。
競合見積比較
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 122]を参照してください。
見積の落札または拒否
このタスクの詳細については、ここ [ページ 123]を参照してください。
4.3.2
タスク
4.3.2.1
見積依頼の登録
概要
見積依頼 (RFQ) を登録して、購買する商品またはサービスの見込サプライヤを検索したり、購買を希望する製品の
価格設定や条件などの情報を依頼したりすることができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
手順
1.
118
ソーシングおよび契約ワークセンタに属する新規見積依頼共通タスクを開始します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
または、
ソーシングおよび契約
リックして見積依頼を選択します。
見積依頼および見積
見積依頼
に移動し、 新規登録
をク
新規見積依頼ガイド付アクティビティが開きます。
2.
ステップ 1 一般情報定義で、RFQ に関する一般情報と RFQ プロセスに関する情報を入力します。
3.
RFQ をさらに詳しく指定する場合は、
できます。
4.
ステップ 2 明細定義で、供給元を検索する明細を定義します。
注記 および
添付文書 タブで注記および添付文書を追加することが
RFQ への明細の追加は必須ではありません。サプライヤが提供できる品目またはサービスの基本情報を
収集するためだけに RFQ を登録する場合は、明細を省略して、一般的な要件を説明する注記または添
付文書のみを追加することもできます。
5.
ステップ
3 応札者追加で、RFQ を送信する応札者を追加します。
6.
ステップ 4 レビューで、すべてのエントリが正しいことをチェックします。
7.
エントリを保存します。
RFQ を保存しない限り、 中止 をクリックして RFQ 登録プロセスを終了することができます。
8.
応札者に送信 をクリックして RFQ を公開し、それを応札者に直接送信します。
結果
定義済の出力設定に従って、RFQ は応札者に送信されます。これは、見積依頼および見積ビューの見積依頼サブビュ
ーにも一覧されます。そこからアクセスして、受信する見積を入力および監視し、後で落札見積を決定することがで
きます。
代替
1 つ以上のソーシング依頼の供給元を検索する必要がある場合は、最初から登録するのではく、これらのソーシング
依頼から RFQ を登録することができます。詳細については、複数のソーシング依頼用の RFQ の登録 [ページ 113]
およびグループへのソーシング依頼の割当と RFQ の登録 [ページ 114]を参照してください。
4.3.2.2
見積の代理登録
概要
見積依頼 (RFQ) の公開後、応札者は見積の提出を開始します。応札者が FAX などのシステムに自動入力されない書
式で見積を提出する場合は、応札者に代わって見積を登録する必要があります。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
119
前提条件
見積を登録する見積依頼のステータスが公開済である必要があります。
提出期限がまだ過ぎていない必要があります。
超過した見積依頼、つまり提出期限がすでに過ぎている見積依頼の見積を登録する場合、提出期限よりも前の
受領日付を入力すれば、見積を登録することができます。
手順
1.
2.
3.
ソーシングおよび契約
見積依頼および見積
見積依頼
に移動します。
見積を受け取った見積依頼を選択します。
新規見積 をクリックします。
新規見積ガイド付アクティビティが開きます。関連するすべての見積依頼データ (一般的な見積依頼情報、見
積依頼の送信先の応札者、依頼した明細など) が、見積に自動的に転送されます。
4.
ステップ 1 応札者選択で、見積を提出した応札者を選択します。
5.
ステップ 2 一般情報入力で、一般的な見積情報を入力します。
6.
応札者から追加情報または文書が提供されている場合は、
きます。
7.
ステップ 3 価格入力で、見積を受け取った明細に関する情報 (応札者が提示した価格など) を入力します。
注記 および
添付文書 タブで追加することがで
●
見積依頼の見積依頼タイプが購買発注の見積依頼の場合は、価格を指定し、納入タブにナビゲートして
オファー納入日付を入力します。
●
見積依頼の見積依頼タイプが契約の見積依頼の場合は、明細のオファー目標数量またはオファー目標額
を指定します。価格タブで、価格要素 (割引や追加料金など) を追加することもできます。
見積依頼で依頼したすべての明細は、見積に自動的に転送されています。見積依頼で定義した応札ルー
ルに応じて、明細を見積に追加するか明細を見積から除外 [ページ 121]することもできます。
8.
特定の明細について応札者から追加情報または文書が提供されている場合は、
で追加することができます。
9.
ステップ 4 レビューで、すべてのエントリが正しいことをチェックします。
注記 または
添付文書 タブ
10. エントリを保存します。
見積を保存しない限り、 中止 をクリックして見積登録プロセスを終了することができます。
11.
120
提出 をクリックして、見積をシステムに提出します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
見積をすぐに提出しない場合は、エントリの保存のみを行います。その場合、見積は、見積依頼および
見積ビューの見積サブビューで準備中ステータスで使用可能となります。見積が準備中である間は、結
果的に見積を提出しなくなった場合に見積を削除することもできます。削除するには、見積一覧から伝
票を選択し、 削除 をクリックします。
ただし、マニュアルで登録した準備中ステータスの見積のみを削除することができます。応札者が見積
依頼に応答して送信したインタラクティブフォーム (SAP Interactive Form by Adobe) に基づいてシ
ステムで生成された見積は、削除することができません。詳細については、サプライヤ見積処理 [ペ
ージ 105]を参照してください。
結果
登録した見積は、見積依頼および見積ビューの見積サブビューに表示されます。見積依頼で設定された応札ルールに
応じて、見積の内容を変更することができます。
見積依頼サブビューでも、見積が提出されたことを確認することができます。対応する見積依頼が公開済ステータス
で表示され、受領した見積の数が見積受領済列に表示されます。
4.3.2.3
見積からの明細の除外
概要
見積依頼 (RFQ) に対して見積を登録すると、見積依頼に記載されている明細がすべて見積に自動的に転送されます。
ただし、応札者がこれらの明細のいずれかに対するオファーを提出していない場合は、単にその明細を見積から削除
することはできません。その代わりに、見積から除外することを示すマークを明細に付けることができます。
見積からの明細の除外が異なる点
●
応札者が見積を提出しているが、該当する RFQ に一覧されているすべての明細にオファーを提出しているわ
けではない場合、応札者の代わりに見積を登録し、存在していない明細に除外のマークを付けることができま
す。
●
応札者によって明細のオファーが提出されているが、このオファーを受け入れない場合、この明細に却下のマ
ークを付けることができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
前提条件
明細を除外する見積はまだ提出されていないか、または対応する見積依頼で応札者によるは提出済見積変更可能 オ
プションが選択されています。
見積依頼で、全明細の見積必須 オプションが選択されていません。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
121
手順
1.
ソーシングおよび契約
2.
見積を開き、見積の
見積依頼および見積
見積
に移動します。
明細 タブにナビゲートします。
見積を登録中である場合は、ガイド付アクティビティのステップ 3 価格の入力に移動します。
3.
見積から除外する明細を選択します。
4.
見積から除外 をクリックします。
見積依頼から転送された明細に対してのみ、 見積から除外 をクリックすることができます。見積にマニ
ュアルで追加した明細を選択した場合、その明細は 削除 をクリックすることによってのみ見積から削
除することができます。
5.
エントリを保存します。
結果
見積から明細を除外しました。これは明細の基本データタブに表示され、ここでは応札者見積明細 ステータスが除
外済になっています。見積が提出されると、明細は承認および却下することができなくなります。見積が準備中であ
る限り、その見積を選択し、 見積に追加 をクリックすることによって、再び明細を含めることができます。
4.3.2.4
競合見積比較
概要
見積依頼 (RFQ) に対して複数の見積を受け取った場合は、落札見積を決定することができるように、それらの見積
を比較する必要があります。提出済見積の一覧から見積を選択し、それをすべての競合する見積、つまり、同じ RFQ
に対して提出されたすべての見積と比較することができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
手順
1.
2.
3.
122
ソーシングおよび契約
見積依頼および見積
見積
に移動します。
一覧から、競合する見積と比較する見積を選択します。
競合見積比較 をクリックします。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
結果
見積比較クイックアクティビティが開きます。ここでは、見積を表に並べて表示し、すべての見積詳細の概要を把握
して比較することができます。たとえば、価格、リードタイム、および支払条件を表示することができます。 見積選択
を使用すると、選択した見積のみが表示されるよう表を制限し、見積比較に不要な見積を非表示にすることができま
す。
表内の情報が強調表示されることにより、以下に注意が向けられます。
●
赤の影付セルは、見積が提出されていないか、提示された数量または金額が依頼されたものとは異なる
ことを示します。
●
RFQ タイプが購買発注の見積依頼である見積依頼に対して見積が提出されている場合、最適な見積が緑
で強調表示されます。
表を Microsoft Excel® にダウンロード
[ページ 60]して、そこで見積詳細を表示することもできます。
見積を比較し、選択する見積を決定したら、落札見積の決定 (落札または拒否
できます。
[ページ 123]) に直接進むことが
代替
見積比較は、見積依頼および見積ビューの見積依頼サブビューから開始することもできます。
4.3.2.5
見積の落札または拒否
概要
見積依頼 (RFQ) に対する応答として受け取った見積を比較したら、落札見積を決定する必要があります。つまり、
落札する見積と拒否する見積を決定する必要があります。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
前提条件
落札または拒否する見積のステータスは、提出済です。見積は終了しておらず、応札者に戻されたり、入札プロセス
から取り消されたりもしていません。
見積が提出された見積依頼はまだ終了していません。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
123
手順
1.
見積比較クイックアクティビティを開始します (競合見積比較 [ページ 122])。
落札見積を決定する前に見積を比較しない場合は、以下のオプションを使用して直接見積にアクセスし
ます。
●
ソーシングおよび契約
見積依頼および見積
見積
に移動します。見積を選択して、
編集 をクリックします。
●
2.
ソーシングおよび契約
見積依頼および見積
頼を選択して、 見積表示 をクリックします。
見積依頼
に移動します。対応する見積依
見積の落札または拒否:
●
見積を落札見積に決定する場合は、見積を選択して 落札 をクリックします。
●
見積を拒否し、その見積に含まれているすべての明細を却下する場合は、 拒否 をクリックします。
結果
落札 をクリックすると、見積ステータスが落札済に変更されます。以前に個別の見積明細を却下していない場合は、
これにより、見積に示されているすべての明細のすべての価格および条件を受け入れたことが示されます。見積依頼
サブビューでも、見積が落札されたことを確認することができます。対応する見積依頼が公開済ステータスで表示さ
れ、落札した見積の数が見積落札済列に表示されます。
見積依頼の見積依頼タイプが購買発注の見積依頼、契約の見積依頼、または購買契約更新のいずれであるかに
応じて、後続プロセスが自動的にトリガされます。つまり、購買発注が登録および送信され、購買発注ビュー
に表示されるか、契約が更新またはステータス準備中で登録されます。契約は、契約 [ページ 124]ビュー
でさらに編集することができます。
拒否 をクリックすると、見積ステータスが拒否済に変更されます。これにより、見積に示されているすべての明細
を受け入れなかったことが示されます。
いずれの場合も、見積依頼の結果が応札者に通知されます。
見積は、見積依頼および見積ビューの見積サブビューに表示されますが、編集することはできません。
4.4
契約ビュー
4.4.1
購買契約クイックガイド
購買担当者は、すでにサプライヤとの間で合意している条件に基づいて、効率的な価格で確実に製品を調達する必要
があります。契約ビューでは、購買契約の登録、コピー、リリース、交渉したり、契約のライフサイクル全体に関す
る情報にアクセスしたりすることができます。
124
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
ビジネスバックグラウンド
戦略的購買
戦略的購買を使用すると、会社の長期購買活動を効率的に計画したり、サプライヤ間でコスト削減やサービスレベル
の改善を実現したりすることができます。また、購買でコスト削減を実現するために、会社の支出の分析、最も適切
なサプライヤの検索、サプライヤベースとそのパフォーマンスの監視、長期契約の交渉を行うことができます。広範
な分析ツールを使用して、製品購入への支出を監視して分析することができるほか、サプライヤと連携したり、サプ
ライヤベースでトップパフォーマを特定したりすることができます。
ソーシングおよび契約ワークセンタでは、見積依頼 (RFQ) プロセスを使用して、製品に最も適切なサプライヤを探
すことができます。長期的な関係が予想されるサプライヤから頻繁に購入する製品の長期コスト削減を実現できる購
買契約を登録することもできます。これらの契約は、会社で登録されたすべての購買依頼、購買発注、および請求書
の供給元として使用することができるため、会社のコストが削減されます。
ソーシングおよび契約ワークセンタのほかにバリアントが 2 つあり、これによってソーシングおよび契約ワークセ
ンタは職務分掌を実現するためにソーシングと契約の 2 つのワークセンタに分けられます。コンフィグレーション
によっては、ソーシングワークセンタにソーシング依頼ビューおよび見積依頼および見積ビューが含まれ、契約ワー
クセンタに契約ビューおよび供給元決定ビューが含まれることもあります。
詳細については、戦略的購買 [ページ 19]を参照してください。
購買契約処理
購買契約処理では、購買契約を登録、変更、および承認することができます。購買担当者は、契約交渉プロセスでサ
プライヤ見積から購買契約を登録するか、または前伝票を使用しないでマニュアル登録することができます。
購買契約は、長期的な関係が予想されるサプライヤから頻繁に購入する製品に対して登録されます。契約は、購買製
品の最適価格または割引に対して定義することができます。これにより会社では、運用コストを削減し、契約更新を
管理することによって支出およびサプライヤパフォーマンスをより適切に制御することができます。
購買発注またはサプライヤ請求書を使用した製品調達の供給元として、リリース済の購買契約を使用することができ
ます。また、制限付明細を含む購買発注の場合は、入庫/サービス受領で契約を使用します。これらの伝票によって
契約に対して行われるリリースは、契約リリース履歴で更新されます。たとえば、契約を参照するプライヤ請求書が
登録されている場合、請求書が転記されると、関連する契約リリース履歴がそのサプライヤ請求書詳細で更新されま
す。
詳細については、購買契約処理 [ページ 109]を参照してください。
供給元決定
戦略的購買担当者として、会社が品目およびサービスをできるだけ便利かつ効率的に調達できるようにする必要があ
ります。このためには、特定の製品について最も期待できるサプライヤの優先順位を決定し、その一方で、複数のサ
プライヤ間で購買を配分することが合理的です。
ソーシングおよび契約ワークセンタに含まれる供給元決定ビューを使用して、製品に固定供給元を設定し、製品が常
に要件に最適なサプライヤから調達されるようにすることができます。単一のサプライヤにのみ依存するのではな
く、供給量割当を定義して、複数の供給元間で購買を配分することもできます。
詳細については、供給元決定 [ページ 133]を参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
125
サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定
価格設定とは、価格および合計金額の計算、一般的には製品およびサービスの原価を示します。価格設定は SAP
Business ByDesign で一元的に導入され、関連するすべてのビジネスプロセスに関連付けられます。使いやすいよう
に、必要なすべての設定がシステムで事前定義されています。
価格設定は、調達プロセスに関連するすべての業務伝票で使用可能です。
購買量、製品またはサービスと会社の成功との関連性、サプライヤとの関係の重要性に応じて、いくつかの方法でカ
タログ、購買契約、見積依頼および見積、購買発注、およびリスト価格に、単純価格または複合価格を定義すること
ができます。また、価格条件を定義することもできます。これらの価格条件は、割引や追加料金など、価格の計算時
に適用される係数を表します。このような変動係数は、合計金額に影響を及ぼします。さまざまな価格条件を組み合
わせることができます。
価格設定は、特定の価格条件に関するどの要件を満たしたら価格要素が考慮されるかを決定します。たとえば、運賃
はサービス明細には考慮されません。
価格設定には、価格条件を考慮する順序が含まれます。総額、正味価格、および税が計算されます。価格設定によ
り、どの小計を考慮するか、およびどの範囲まで価格設定をマニュアルで処理できるかが決まります。また、価格設
定により、割引および追加料金 (%) の計算に使用する方法も決まります。
レガシシステムの伝票を SAP Business ByDesign に移行する際に、追加の価格計算は実行されません。これ
により、両方のシステムで価格が同じであることが保証されます。
詳細については、サプライヤリレーションシップマネージメントにおける価格設定
い。
[ページ 15]を参照してくださ
ビジネスシナリオ: 戦略的ソーシング
戦略的ソーシングビジネスシナリオでは、会社の日常的な購買管理要件を満たすために、適切な新規サプライヤを特
定および選択したり、既存サプライヤとの関係を管理したりすることができます。このシナリオには、製品に対する
要件の定義、最適なサプライヤの特定および選択を経て、選択したサプライヤとの購買契約の交渉および登録までが
含まれます。
詳細については、戦略的ソーシングを参照してください。
タスク
契約の登録および編集
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 129]を参照してください。
契約のリリース
1.
ソーシングおよび契約ワークセンタで、契約ビューを選択してから、リリースする契約
を選択します。 編集 をクリックします。
2.
契約に必要な詳細をすべて入力したかどうかをチェックするには、 チェック をクリッ
クします。
3.
リリース をクリックします。
システム設定に応じて、契約が承認に送信されます。承認プロセスは、たとえば契約の
詳細を変更するなどのために取り消すことができます。契約の承認を取り消すには、
承認取消 をクリックします。
126
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
契約の削除
1.
ソーシングおよび契約ワークセンタで、契約ビューを選択してから、契約ビューで目的
の契約を選択します。
2.
削除 をクリックします。
ステータスが準備中の契約のみ削除することができます。
リリース済の契約、交渉中の契約、およびサプライヤ見積から登録された契約は削除す
ることができません。
契約明細の削除
1.
ソーシングおよび契約ワークセンタで、契約ビューを選択してから、明細を削除する必
要がある契約を選択します。 編集 をクリックします。
2.
明細 タブで、明細を選択し、 削除 をクリックします。
契約のステータスが交渉中ではなく準備中である場合、および明細がサプライヤ見積か
ら登録されたものではない場合のみ、契約から明細を削除することができます。
契約のステータスがリリース済の場合、 ソーシング対象として無効化 を選択して明細を
無効化することができます。
3.
削除するすべての明細について上記のステップを繰り返し、 保存 をクリックします。
契約の終了
1.
2.
ソーシングおよび契約ワークセンタで、契約ビューを選択してから、終了する契約を選
択します。 編集 をクリックします。
契約の終了 をクリックします。
契約が終了すると、その契約に対してこれ以上の活動を行うことはできません。契約を
供給元として使用することはできなくなります。
Excel へのエクスポート
このタスクの詳細については、Microsoft Excel® を使用したビジネスデータのエクスポート
[ページ 60]を参照してください。
4.4.2
4.4.2.1
ビジネスバックグラウンド
フォローアップ伝票設定
概要
契約または購買発注を登録するときに、必要なフォローアップ伝票を定義することができます。必要に応じて、マス
タデータに以前に設定した設定を上書きすることができ、購買発注の場合には契約に定義されたフォローアップ伝票
設定を上書きすることができます。
購買契約では、このようなフォローアップ伝票チェックボックスが明細タブに用意されており、契約からこれらの設
定を購買発注にコピーして、後でその設定を上書きすることができます。また、一部のチェックボックスの設定は、
他のチェックボックスも指定されているかどうかによって異なります。
以下のチェックボックスを使用して、必要なフォローアップ伝票を定義することができます。
●
過剰納入許容範囲および不足納入許容範囲
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
127
許容範囲は契約で設定されますが、特定の契約または購買発注を例外として設定する場合は、許容範囲をマニ
ュアルで上書きすることができます。たとえば、デフォルトの過剰納入許容範囲が 5% に設定されている場合
に、より大きいまたはより小さい率に変更することによって、承認が必要となるまでの納入商品数を契約また
は購買発注での指定よりも多くしたり少なくしたりすることができます。
●
時間確認必須
このチェックボックスは、製品がサービスであり、たとえばサービス業者の時間エントリがシステムに入力さ
れたときに確認する必要がある場合に設定します。
●
過剰納入無制限
このチェックボックスを使用すると、契約または購買発注に対して設定されたデフォルトの過剰納入許容範囲
を上書きし、納入数量にかかわらず承認が不要となるようにすることができます。
無制限の納入が不要となった場合、このチェックボックスを選択解除すると、発注済数量を超過する納入が許
可されなくなります。さらに、納入済数量がすでに発注済数量を上回っている場合は、これ以上の納入が許可
されなくなります。
●
購買発注請書必要
このチェックボックスでは、契約を参照して登録された購買発注には請書が必要であることを指定することが
できます。このチェックボックスの設定はサプライヤデータから設定されますが、契約または購買発注でマニ
ュアルで上書きすることができます。また、契約にこのチェックボックスを設定すると、購買責任者は購買発
注の設定を上書きすることもできます。
このチェックボックスを設定するのは必須ではありませんが、購買発注請書を必須に指定した場合は、入庫/
サービス受領が必須であることも指定する必要があります。また、ERS (入庫/請求自動決済) または請求書が
必須であると指定することもできます。
●
予想入庫/サービス受領
このチェックボックスを使用すると、入庫/サービス受領が必要なことを指定することができますが、これは
必須の設定ではありません。このチェックボックスの設定は自動的に設定されますが、契約または購買発注で
マニュアルで上書きすることができます。
●
請求書必要
このチェックボックスを使用すると、請求書が必要なことを指定することができます。このチェックボックス
の設定は自動的に設定されますが、契約または購買発注でマニュアルで上書きすることができます。
請求書必要チェックボックスが設定されている場合は、ERS (入庫/請求自動決済) チェックボックスを設定す
ることはできません。
●
ERS (入庫/請求自動決済)
このチェックボックスを使用すると、ERS (入庫/請求自動決済) が必要なことを指定することができます。こ
のチェックボックスの設定はサプライヤデータから設定されますが、契約または購買発注でマニュアルで上書
きすることができます。また、契約にこのチェックボックスを設定すると、購買責任者は購買発注の設定を上
書きすることもできます。
入庫/サービス受領を設定することなく、ERS (入庫/請求自動決済) を設定することはできません。ERS (入
庫/請求自動決済) が必須であることを指定するためには、入庫/サービス受領必要チェックボックスも設定す
る必要があります。また、ERS (入庫/請求自動決済) チェックボックスが設定されている場合は、請求書必要
チェックボックスを設定することはできません。
128
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
4.4.3
タスク
4.4.3.1
購買契約の登録および編集
概要
1 つ以上の製品および製品カテゴリを対象とした購買契約を登録することができます。その後、リリース済の契約
を、契約の対象となるすべての製品の供給元として使用することができます。
手順
1.
ソーシングおよび契約ワークセンタの契約ビューで、 新規登録 をクリックし、契約を選択します。
ソーシングおよび契約ワークセンタに属する新規契約共通タスクを開始することもできます。
2.
3.
一般ビューで、以下を実行します。
a.
サプライヤ ID を入力します。
b.
通貨項目に、3 文字の通貨コードを入力します。
c.
有効開始/終了項目で契約の有効期間を指定します。
d.
購買ユニット ID が正しいことを確認します。正しくない場合は、マニュアルで正しい購買ユニット
ID を入力します。
e.
購買責任者 ID が正しいことを確認します。正しくない場合は、マニュアルで正しい購買責任者 ID を
入力します。
f.
プロジェクトまたはプロジェクトタスクに契約を割り当てることができます。プロジェクトタスクを割
り当てると、プロジェクト処理では、契約詳細が対応するプロジェクトまたはプロジェクトタスクに保
存されます。
g.
目標額を入力します。
h.
必要に応じて、インコタームズ、支払条件など、任意の追加情報を入力します。
明細ビューを選択します。
a.
行追加 をクリックします。
b.
必要な明細タイプを選択します。
c.
製品 ID を入力し、Enter を押します。
関連製品情報が自動的に表示されます。製品マスタデータが存在しない場合は、 関連処理 をクリッ
クし、新規品目または新規サービスを選択して簡単に登録することができます。
明細タイプ製品カテゴリを選択した場合は、製品カテゴリ ID を入力します。選択した製品カテゴリ内
のすべての製品が契約明細と見なされます。
d.
価格項目に、製品の価格を入力します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
129
明細の追加料金または割引 (あるいはその両方) などの複合価格情報を入力することができま
す。複合価格は明細に対して請求される価格に適用されます。価格条件に固定有効期間が設定さ
れる場合があります。製品の通常価格に加えて、たとえば、追加配送費用に起因する追加料金が
付加される場合があります。現金割引、業者間割引、または数量割引の結果として、割引が発生
することがあります。見積から契約が登録される場合は、見積の明細に追加された価格条件が自
動的に契約にコピーされます。
複合価格を入力するには、画面の下部で 価格 タブを選択します。新しい条件を追加するには、
行追加 をクリックします。価格/価格要素から開始し、価格条件に関する情報を入力します。
e.
必要に応じて任意の追加情報を入力します。たとえば、 基本データ タブを選択し、契約の明細の目
標数量または目標金額を入力します。また、契約または契約明細に関する追加情報を提供する注記およ
び添付文書を追加することができます。たとえば、会社の合意した品質コミットメントの概要を示す品
質文書を添付することができます。
一般 タブの目標額または
があります。
f.
4.
5.
6.
明細 タブの目標額/目標数量、あるいはその両方を入力する必要
上記のステップを繰り返し、この契約に関連付けられたその他の明細に関する情報を追加します。
契約のエラーをチェックする場合は、 チェック をクリックします。
保存 をクリックします。
契約を使用可能にするには、 リリース をクリックします。
承認が必要な場合、契約は承認のために送信されます。契約は承認されるとリリースされ、供給元として使用
可能になります。
以下の表で、購買契約の承認プロセスについて説明します。
購買契約の承認
内容説明
規則
条件と内容説明
ビジネスコンフィグ
レーション設定に基
づく購買契約承認を
選択することができ
ます。
購買契約の承認規則に関する定義は、
アプリケーション/ユー
ザ管理
承認プロセス: 購買契
タスク配分
承認プロセス
条
件
購
約 で行うことができます。
購買契約に対しては、以下の承認規則を定義することができます。 買
会
●
購買ユニットマネージャによる承認
社
●
レポートラインユニットマネージャによる承認
●
購買契約の承認者
●
直接承認者
購買契約のリリース時には、ソリューションの承認設定に応じて、
購買契約に対して複数のステップによる承認プロセスが適用される
場合と、単一ステップの承認プロセスが適用される場合がありま
す。承認者は購買契約を承認するか、訂正のために送り返すことが
できます。購買契約承認の設定は、承認規則に基づいて行われま
す。詳細については、承認規則を参照してください。
サ
プ
ラ
イ
ヤ
内容説明
特定の購買会社に対す
る購買契約を承認のた
めに送信する必要があ
るかどうかを決定する
承認規則を選択する際
の条件を設定できま
す。
特定のサプライヤに対
する購買契約を承認の
ために送信する必要が
あるかどうかを決定す
る承認規則を選択する
際の条件を設定できま
す。
ステータスが承認中の契約を編集するには、最初に 承認取消 をクリックする必要があります。
契約をリリースした後は、サプライヤや通貨などのキー情報を変更したり、リリース済の契約から既存
の明細を削除したりすることはできません。明細を追加したり、価格、目標額、または目標数量などの
詳細を変更したりすることはできます。
130
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
7.
すべての明細がソーシング用に有効化されているかどうかを確認し、購買管理の供給元として使用可能である
ことを確認します。
契約がリリースされると、価格が設定されているすべての明細のステータスが自動的にソーシング用に有効に
設定されます。マニュアルで以下を実行することができます。
●
ソーシング用に明細を有効化: 明細を選択し、 ソーシング用に有効 をクリックします。
●
ソーシング用に明細を無効化: 明細の価格を入力し、 ソーシング対象として無効化 をクリックします。
契約がリリースされると、製品カテゴリ明細は常にソーシング用に有効になります。
8.
サプライヤに契約を送信する場合は、 サプライヤに送信 をクリックします。
リリース済契約は電子メールまたは FAX によって、あるいは出力コンフィグレーションでの定義に従ってサ
プライヤに送信されます。
システムで新規契約がリリースされ、契約ビューの一覧に追加されます。この一覧から契約を開くには、契
約 ID をクリックします。これでリリース済契約を購買管理に使用できるようになりました。
4.5
供給元決定ビュー
4.5.1
供給元決定クイックガイド
供給元決定ビューには 2 つのサブビューがあります。固定供給元および供給量割当です。
固定供給元サブビューでは、特定の製品について最も期待できるサプライヤの優先順位を決定し、会社が割当済サプ
ライヤから選択された製品を調達できるようにします。製品に有効な契約が 2 つ以上ある場合、供給量割当サブビ
ューを使用して、調達する全体の数量をこれらの契約に配分することができます。この配分と、供給量割当を有効に
する期間を定義することができます。
会社が購入、販売、および管理導入フォーカスを選択したため、ソリューションと以下で説明されている
標準には若干の差異があります。詳細については、購入、販売、および管理で異なる機能を参照してくだ
さい。
システムが配置されていない場合は、スコーピング関連のフィルタが存在しないため、すべての情報が表
示されます。
ビジネスバックグラウンド
供給元決定
戦略的購買担当者として、会社が品目およびサービスをできるだけ便利かつ効率的に調達できるようにする必要があ
ります。このためには、特定の製品について最も期待できるサプライヤの優先順位を決定し、その一方で、複数のサ
プライヤ間で購買を配分することが合理的です。
ソーシングおよび契約ワークセンタに含まれる供給元決定ビューを使用して、製品に固定供給元を設定し、製品が常
に要件に最適なサプライヤから調達されるようにすることができます。単一のサプライヤにのみ依存するのではな
く、供給量割当を定義して、複数の供給元間で購買を配分することもできます。
詳細については、供給元決定 [ページ 133]を参照してください。
供給元割当におけるソーシングランク
供給元は、さまざまな方法で製品に割り当てることができます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
131
●
購買発注のマニュアル登録時に各購買依頼または購買発注 (PO) で供給元を割り当てることができます。
●
同じ供給元を購買依頼のワークリスト内の複数の購買依頼に割り当てることができます。
契約などの有効な供給元があるかどうかが常にチェックされ、ソーシングランクと呼ばれる適性順の一覧が自動的に
生成されます。
ソーシングランクは、必要な製品または製品カテゴリと一致する契約またはリスト価格を持つ供給元を示す一覧で
す。ランク一覧では、常に、最も適した供給元が一番上に、最も適していない供給元が一番下に表示されます。
詳細については、供給元割当におけるソーシングランク
[ページ 108]を参照してください。
戦略的ソーシング
戦略的ソーシングビジネスシナリオでは、会社の日常的な購買管理要件を満たすために、適切な新規サプライヤを特
定および選択したり、既存サプライヤとの関係を管理したりすることができます。このシナリオには、製品に対する
要件の定義、最適なサプライヤの特定および選択を経て、選択したサプライヤとの購買契約の交渉および登録までが
含まれます。
詳細については、戦略的ソーシングを参照してください。
タスク
固定供給元の登録
1.
2.
ソーシングおよび契約ワークセンタの供給元決定ビューで、固定供給元サブビューを選
択します。
新規登録 をクリックし、固定供給元を選択します。
ソーシングおよび契約ワークセンタに属する新規固定供給元共通タスクを開始す
ることもできます。
3.
固定供給元を割り当てる製品を選択し、 供給元取得 をクリックします。
選択した製品に有効な契約およびリスト価格が利用可能供給元テーブルに表示されま
す。
4.
目的の契約またはリスト価格の固定区分をチェックし、固定供給元として割り当てま
す。
5.
保存 をクリックします。
契約またはリスト価格の有効期間の間、選択した製品は常に、割り当てられた契約また
はリスト価格に照らし合わせて調達されます。固定供給元を編集したり、別の有効な契
約またはリスト価格を新規固定供給元として割り当てたりすることができます。
供給量割当の登録
1.
2.
ソーシングおよび契約ワークセンタの供給元決定ビューで、供給量割当サブビューを選
択します。
新規登録 をクリックし、供給量割当を選択します。
ソーシングおよび契約ワークセンタに属する新規供給量割当共通タスクを開始す
ることもできます。
132
3.
目的の製品を選択し、 供給元取得 をクリックします。
選択した製品に有効な契約が表示されます。考慮しない契約は削除することができま
す。
4.
有効開始および有効終了日付を選択して、供給量割当の有効期間を設定します。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
供給量割当の有効期間は、選択した契約の有効期間内である必要があります。
5.
選択した契約に供給量数を入力します。
供給量が多いほど、より頻繁にその契約が供給元決定で使用されるようになります。
6.
割当基本数量を入力します。
7.
有効化 をクリックします。
供給量割当の編集
1.
ソーシングおよび契約ワークセンタの供給元決定ビューで、供給量割当サブビューを選
択します。
2.
目的の供給量割当を選択し、 編集 をクリックします。
3.
有効開始および有効終了日付、供給量、および割当基本数量を変更することができま
す。提案された供給元を削除することもできます。
4.
有効化 をクリックします。
供給量割当の削除
ソーシングおよび契約ワークセンタの供給元決定ビューで、供給量割当サブビューを選択しま
す。目的の供給量割当を選択し、 削除 をクリックします。
ステータスが有効になっていない供給量割当のみ削除できます。
4.5.2
4.5.2.1
ビジネスバックグラウンド
供給元決定
概要
戦略的購買担当者として、会社が品目およびサービスをできるだけ便利かつ効率的に調達できるようにする必要があ
ります。このためには、特定の製品について最も期待できるサプライヤの優先順位を決定し、その一方で、複数のサ
プライヤ間で購買を配分することが合理的です。
ソーシングおよび契約ワークセンタに含まれる供給元決定ビューを使用して、製品に固定供給元を設定し、製品が常
に要件に最適なサプライヤから調達されるようにすることができます。単一のサプライヤにのみ依存するのではな
く、供給量割当を定義して、複数の供給元間で購買を配分することもできます。
供給元決定は、供給元決定エンジンでサポートされています。このエンジンは、SAP® Business ByDesign™ システム
のコアに存在し、サプライチェーンマネジメント (SCM) およびサプライヤリレーションシップマネージメント (SRM)
ビジネスプロセスによってもたらされる供給元を収集します。たとえば、SRM 交渉プロセスによってもたらされる契
約は、SCM 需要のために供給元を探す必要があるときにも使用可能です。同じことが固定供給元にも当てはまりま
す。固定供給元は SRM ワークセンタに登録されますが、SRM と SCM 業務トランザクションの両方に使用することが
できます。供給量割当は、SCM では使用されません。
前提条件
コンフィグレーション設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
133
ソリューションコンフィグレーションでは、供給元決定が有効になっています。このビジネスオプションを検索する
には、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジェクトビューを選択します。導入プロジェ
クトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェクトのスコーピングステップで、ソーシング内の
ソーシングおよび契約が選択されていることを確認します。
質問ステップで、ソーシングスコーピングエレメントを展開し、ソーシングおよび契約を選択します。供給元決定を
選択し、供給元に関連する質問に答えます。
固定供給元
一定期間にわたって特定の製品 (品目またはサービス) が常に同じサプライヤから調達されるようにする場合は、そ
の製品に固定供給元を割り当てることができます。
固定供給元を登録するには、購入する製品を選択し、一覧から最も適切な供給元を割り当てます。供給元決定エンジ
ンによって生成されるこの一覧には、有効な供給元、つまり製品に適し、かつソーシングが有効である有効期間付き
の契約およびリスト価格がすべて含まれています。その後単に、製品の固定供給元として設定する必要がある契約ま
たはリスト価格を選択することができます。
製品の固定供給元を変更することもできます。そのためには単に、一覧から新しい固定供給元として別の契約または
リスト価格を選択します。製品に設定可能な固定供給元は一度に 1 つのみであるため、前の固定供給元は通常の供
給元に自動的に設定し直されます。
地方のアイスクリーム製造業者の購買担当者である Michael Smith は、アイスクリーム製造を滞りなく進
めるために必要なミルクの量が定期的に供給されるようにする必要があります。Michael の会社は、スト
ロベリーアイスクリームのおいしさで定評があります。このため、Michael はアイスクリームの製造に使
用するイチゴが常に最も高い品質要件を満たすことができるようにする必要があります。
会社の近くに各種の地元産果物を提供する有機栽培農家 (Rhubarb Ltd.) があります。Michael の会社は
果物を提供するさまざまなサプライヤと契約を交わしていますが、Rhubarb Ltd. はイチゴの品質の良さで
定評があることから、Michael はこのサプライヤからのみイチゴを購入するようにしたいと考えています。
このため、Michael は供給元決定エンジンによって生成された果物を提供するサプライヤの一覧から Rhubarb
Ltd. との契約を選択し、イチゴの固定供給元として割り当てます。
供給量割当
製品に有効な契約が 2 つ以上ある場合、調達する全体の数量をこれらの契約に配分することができます。供給量割
当に配分を定義し、供給量割当が有効である期間を定義することができます。
固定供給元とは対照的に、供給量割当にはリスト価格ではなく契約のみが使用可能です。
固定供給元に同じように、購入する製品を選択し、有効な契約の一覧から 2 つ以上の供給元を割り当てることによ
って、供給量割当を登録することができます。この一覧は供給元決定エンジンによって提案されたものであり、製品
に適し、かつソーシングが有効である有効期間付きの契約がすべて含まれています。その後、各契約明細の供給量番
号を追加して、供給量割当の契約間で需要をどのように配分するかを定義することができます。
また、既存の供給量割当をレビューして変更を加えることもできます。つまり、供給量を変更したり、供給量割当に
対してさらに契約を追加または削除したりすることができます。
供給量割当にさらに契約を割り当てたものの、需要が供給量割当の既存の契約にすでに割り当てられている場合、新
しい契約に割り当てられる数量は 0 であり、そのため既存の契約の数量よりも少なくなります。その結果、割当数
量 (より正確には割当レート) が古い契約の数量を超えるまで、需要はすべて新しい契約に割り当てられます。需要
を供給量割当に割り当てる際に新しい契約が優先されないようにする場合は、基本数量を契約にマニュアルで追加す
ることができます。基本数量は ‘仮の’ 割当数量となるものです。つまり、新しい契約が優先されないようにする
ために必要な数量をシミュレートしたもので、このため供給量割当で新しい契約が古い契約と等しく使用されるよう
になります。
134
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
供給量割当を削除することもできます。供給量割当が依然として準備中である場合は、供給量割当を完全に削除する
ことができます。供給量割当は、すでに有効である場合、システムから完全には削除されませんが、無効に設定され
ます。つまり、供給元の検索時に考慮されなくなります。
最後に、供給量割当、つまり目標供給量 (供給量 %) および現在の履行 (追加された基本数量も含めた現在割合) の
履行番号を監視することができます。これにより、供給量割当を再評価し、変更が必要かどうかを決定することがで
きます。
アイスクリーム製造のために定期的に購入する必要がある基本原料はミルクです。1 つのミルク生産業者
にのみ依存しないようにするため、Michael は購入するミルクの量を供給元決定エンジンによって提案さ
れた現地の 2 つの酪農業者、Braunvieh Inc. および Bovidae Ltd. に配分します。Michael は Braunvieh
Inc. (3/5) から Bovidae Ltd. (2/5) よりも多くのミルクを購入するため、供給量番号 3 を Braunvieh
Inc. に、2 を Bovidae Ltd. にそれぞれ割り当てます。
サプライヤとの契約
供給量番号
Braunvieh Inc.
3
Bovidae Ltd.
2
1 カ月後、価格が高すぎるとしてこれまで検討してこなかった Draughtmaster Ltd. (隣町にあるミルク生産業者)
が、ミルクの価格を大幅に引き下げたことに気づきます。このため、Michael は Braunvieh Inc. および Bovidae
Ltd. との契約が含まれている供給量割当をレビューし、Droughtmaster Ltd. との新しい契約を供給量割当に追加す
ることを決定します。供給量番号 1 を割り当てます。つまり、今後はミルクの半分 (3/6) が Braunvieh Inc. から
調達され、3 分の 1 (2/6) が Bovidae Ltd. から調達され、6 分の 1 (1/6) が Droughtmaster Ltd. から調達され
ます。
サプライヤとの契約
供給量番号
割当数量
Braunvieh Inc.
3
7800
Bovidae Ltd.
2
3800
Droughtmaster Ltd.
1
0
2 つの既存の契約からリリース (7800 リットルと 3800 リットル) がすでに実施されているため、次回の需要では
特定の割当数量に達するまで新しい契約が優先されます。この数量は、以下のように計算される割当レートによって
決まります。
割当数量 / 供給量番号 = 割当レート
したがって、Braunvieh Inc. の割当レートは 2600 (7800 / 3)、Bovidae Ltd. の割当レートは 1900 (3800 / 2)、
Droughtmaster Ltd. の割当レートは 0 (0 / 1) になります。
サプライヤとの契約
供給量番号
割当数量
割当レート
Braunvieh Inc.
3
7800
2600
Bovidae Ltd.
2
3800
1900
Droughtmaster Ltd.
1
0
0
このため、割当レートが 1900 を超えるまで、次回の需要はすべて Droughtmaster Ltd. との契約に割り当てられま
す。
ただし、次回ミルクの供給を調達する必要があるときに新しい契約を優先したくないため、“仮の” 割当基本数量と
して 2000 を入力します。割当レートは、ここで以下のように計算されます。
(割当数量 + 割当基本数量) / 供給量番号 = 割当レート
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
135
そのため、Droughtmaster Ltd. との契約の割当レートは 2000 ( (0 + 2000) / 1) になります。
サプライヤとの契約
供給量番号
割当数量
割当レート
割当基本数量
割当レート (割当基本数量を含む)
Braunvieh Inc.
3
7800
2600
0
2600
Bovidae Ltd.
2
3800
1900
0
1900
Droughtmaster Ltd.
1
0
0
2000
2000
このため、次回の需要は Bovidae Ltd. との契約に割り当てられ、Droughtmaster Ltd. との契約は Bovidae Ltd.
との契約が割当レート 2000 を超えたときにのみ考慮されます。
供給量割当の現在の履行番号を監視するために、Michael は供給量 % および現在割合に着目します。
供給量 % は、以下のように計算されます。
供給量番号 / 合計供給量番号 = 供給量 %
現在割合は、以下のように計算されます。
(割当数量 + 割当基本数量) / (合計配分数量 + 合計基本数量) = 現在割合
割当レート (割当基本数量を含
供給量 % 現在割合
サプライヤとの契約 供給量番号 割当数量 割当レート 割当基本数量 む)
Braunvieh Inc.
3
7800
2600
0
2600
50%
57%
Bovidae Ltd.
2
3800
1900
0
1900
33%
28%
Droughtmaster Ltd. 1
0
0
2000
2000
17%
15%
合計
11600
6
2000
見積の現在の履行は、Braunvieh Inc. との契約では 57%、Bovidae Ltd. との契約では 28%、Droughtmaster Ltd.
との契約では 15% となっています。さらに数量がこれらの契約に割り当てられると、現在割合は目標の供給量 % に
近づきます。
最も適切な供給元の決定
供給元を自動的に探すようにシステムが設定され、購入する製品の供給元を探す必要がある場合、供給元決定エンジ
ンでは以下の優先度が使用されます。
1.
固定供給元に常に最も高い優先度が設定されます。
選択した製品に契約またはリスト価格を割り当てることができるため、そのタイプの製品が発注されたときに
は、その割当済供給元に最も高い優先度が設定されます。
2.
固定供給元が製品に割り当てられていない場合、供給元決定エンジンでは関連する供給量割当が存在するかど
うかがチェックされます。
3.
供給量割当も存在しない場合、供給元決定エンジンでは製品に適した契約またはリスト価格が検索されます。
リスト価格よりも契約の方に高い優先度が設定されます。供給元決定エンジンでは、以下の条件に従って、最
も適切な供給元が決定されます。
a.
価格 - この条件では、必要な製品の異なるサプライヤの価格が比較されます。
b.
最小目標数量履行レート - この条件は契約にのみ適用され、同じ価格の契約がいくつかある場合に関連
します。リリース数量が最小である契約が最初に選択されます。
c.
最小納入遅延レート - リードタイムが最も短い供給元が最初に選択されます。
当然ながら、適切な供給元をマニュアルで探すこともできます。次に供給元決定エンジンでは、前述の優先度規則に
従ってソートされた供給元候補の一覧を提示することができます。この供給元一覧から使用するリスト価格または契
約を選択することができます。
136
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
ソーシング用に有効に設定された契約またはリスト価格のみが、供給元として使用することができます。ステ
ータスがソーシングに対して無効である場合、供給元決定エンジンの自動ソーシングでは供給元が見つかりま
せん。供給元一覧からマニュアルで供給元を選択しようとすると、契約またはリスト価格が有効な供給元では
ないことを示すエラーメッセージが返されます。
供給元決定は、自動購買発注登録でも使用されます。システムコンフィグレーション時に自動購買発注登録が
有効化された場合は、供給元決定エンジンで有効な供給元が割当可能になるたびに、購買発注が自動的に登録
されます。同じ供給元が設定された購買依頼明細はすべて、同じ購買発注に自動的に割り当てられます。自動
的に割り当てることができる適切な供給元がないときは、購買発注をマニュアルで登録する必要があります。
Michael の会社は、レモンカレーという新しいアイスクリームフレーバーを開発しています。とりわけ、
このフレーバーにはこれまでほとんど使用してこなかったカレーの成分が相当量含まれています。このた
め、Michael はこの新原料の適切な供給元を探しています。
最初のプロトタイプを生産するために必要なカレーの購買発注をマニュアルで登録します。供給元決定エ
ンジンによって生成された供給元一覧をチェックします。カレーという製品に割り当てられた固定供給元
はなく、使用可能な供給量割当もありません。
供給元一覧には、3 つのエントリが含まれています。
●
最初のエントリは、Salt and Peppa Inc. という会社とのカレーを含めたハーブとスパイスに関す
る契約です。この契約は、まもなく期限切れになり、延長する予定はありません。
●
一覧には次に Yummy Ltd. という食品会社が提供するリスト価格が掲載されています。Yummy Ltd.
は、きわめて適切な価格でカレーを提供しています。
●
一覧の最後のエントリは、Da Gama Bros. Ltd. という会社が提供するリスト価格です。同社はハ
ーブとスパイスのミックスを専門に扱っていますが、Michael は同社のカレーは価格が高めである
と判断します。
Michael は、供給元として価格の安いリスト価格を割り当てることを決定し、Yummy Ltd. を選択し、購買発注を保
存します。
参照
計画での供給元決定
購買発注処理
リスト価格
4.6
[ページ 92]
4.6.1
レポートビュー
契約支出額
概要
このレポートには、過去 12 カ月間の会社の合計支出額、契約支出額、および契約支出率が表示されます。このレポ
ートでは、月およびサプライヤ別、または月および製品カテゴリ別の契約支出額を分析することができます。契約支
出額が多いほど、会社での契約使用は良好であり、規定外支出額は少なくなります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
137
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
契約支出額。
過去 12 カ月にわたる合計支出額および契約支出額がテーブル形式またはチャートで表示されます
●
契約支出額 (製品カテゴリ別)
過去 12 カ月にわたる会社の製品カテゴリ別の合計支出額、契約支出額、および契約支出率がテーブル形式ま
たはチャートで表示されます。
●
契約支出率 (過去 12 カ月)
過去 12 カ月にわたる契約支出率 (合計支出額内における契約支出額の比率) が表示され、ワークセンタ概要
のグラフィカルビューとしてテーブル形式またはチャートで表示することができます。
●
契約支出額 (過去 12 カ月)
過去 12 カ月にわたる合計支出額の一部としての累積契約支出額が表示され、ワークセンタ概要のグラフィカ
ルビューとしてテーブル形式またはチャートで表示することができます。
合計支出額 (支出カテゴリ別) レポートを使用して、最も重要な支出カテゴリ (契約支出額、購買発注支出
額、規定外支出額) を分析することができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、照会するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
選択した以下の変数について追加情報を利用することができます。
●
●
●
契約ステータス
以下の契約ステータスに関連するデータが表示されます。
○
準備中
○
交渉中
○
承認中
○
改訂中
○
却下済
○
リリース済
○
終了済
有効期限ステータス
以下の契約ステータスのいずれかに関連するデータが表示されます。
○
期限終了前
○
有効期限間近
○
期限終了
購買契約 ID
1 つ以上の購買契約 ID に関連するデータが表示されます。
レポートの分析
このレポートには、契約支出額の分析が合計支出額、契約支出額、および契約支出率別に表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
138
請求書年度/月は、今月を含む過去 12 カ月に制限されます。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
規定外支出額
●
合計支出額 (支出カテゴリ別)
●
契約追跡 [ページ 139]
[ページ 141]
[ページ 147]
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要 [ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.2
契約追跡
概要
このレポートには、目標数量、目標額、およびすでにリリース済の数量および金額に関する契約の使用が表示されま
す。このレポートには、購買業務および請求での契約の使用状況が表示されます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、照会するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
以下の変数の値を選択して、追加情報を表示することができます。
●
●
●
契約ステータス
1 つ以上の契約ステータスに関連するデータが表示されます。
以下のステータスがあります。
○
準備中
○
交渉中
○
承認中
○
改定中
○
却下済
○
リリース済
○
取消済
有効期限ステータス
契約のステータスに関連するデータが表示されます。
以下のステータスがあります。
○
期限終了前
○
まもなく有効期限終了
○
期限終了
契約登録日付
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
139
過去 7 日間に登録された購買契約に適用されるデータが表示されます。
レポートの分析
このレポートには、契約追跡の分析が目標数量、リリース数量、目標値、およびリリース金額別に表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
契約ステータスはリリース済に制限されます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.3
期間満了契約
概要
このレポートには、まもなく期限切れになるか、または過去 3 カ月に期限切れになった契約が表示されます。ただ
し、期間を変更することができます。サプライヤまたは製品カテゴリ別にフィルタ処理をして、目標数量、目標額、
リリース数量、およびリリース金額を表示することができます。契約有効期間が過ぎている場合や合計目標金額また
は目標数量がリリース済である場合は、契約が期限切れとなる可能性があります。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
以下の選択された変数については、追加の情報があります。
●
有効期限ステータス
購買契約のステータスに関するデータが表示されます。
以下のステータスがあります。
○
有効期限間近
○
●
期限終了
契約終了年/月 (直近 3 カ月)
特定の年または月に期限切れになる契約に関連するデータが表示されます。デフォルトでは、値は今月を含む
過去 3 カ月に設定されています。
レポートの分析
このレポートには、期間満了契約の分析が有効期間 (開始、終了)、目標数量、リリース数量、目標値、リリース金
額、および契約有効期限 (日数) ごとに表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
有効期限ステータスは有効期限間近と期限終了に制限されます。
●
契約ステータスからクローズ済が除外されます。
●
リリースステータスはリリース済に制限されます。
140
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
●
契約期限切れ月は、今月を含む過去 3 カ月に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
契約追跡
●
契約支出額 [ページ 137]
[ページ 139]
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要 [ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.4
規定外支出額
このレポートには、過去 12 カ月にわたって、購買管理部門の関与がある場合とない場合の会社の支出と、規定外支
出率が表示されます。このレポートでは、月あたりのサプライヤ別または月あたりの製品カテゴリ別の規定外支出
額 (購買部門が関与しない支出) を分析することができます。規定外支出額が多い場合は、どの製品をだれが購入し
ているかを分析し、適切な措置を講じることができます。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
規定外支出額
過去 12 カ月間の会社の規定外支出額が表示されます。
●
規定外支出額 (製品カテゴリ別)
過去 12 カ月間の会社の合計支出額、規定外支出額、規定外支出率、規定外支出額と製品、および規定外支出
率と製品が表示されます。
●
規定外支出率 (過去 12 カ月)
過去 12 カ月間の規定外支出率 (合計支出額内における規定外支出額の比率) が表示され、ワークセンタ概要
のグラフィカルビューとして表示することができます。
●
規定外支出額 (過去 12 カ月)
過去 12 カ月間の合計支出額の一部としての累計規定外支出額が表示され、ワークセンタ概要のグラフィカル
ビューとして表示することができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
レポートの分析
このレポートには、特定の年または月のサプライヤに基づく合計支出額、規定外支出額、規定外支出率、規定外支出
額と製品、および規定外支出率と製品が表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
141
●
請求書年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
契約支出額
●
合計支出額 (支出カテゴリ別)
[ページ 137]
[ページ 147]
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.5
価格履歴 (製品/サプライヤ別)
概要
このレポートには、過去 12 カ月の製品および納入サプライヤ別の価格履歴が、請求額をもとに計算された平均価格
に基づいて表示されます。請求数量をチェックすることで、会社にとっての購買製品の重要度を確認することもでき
ます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
レポートの分析
このレポートには、製品の調達数量および平均価格 (基本数量単位) が、サプライヤ別に、指定した期間の月次で表
示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
請求書年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから価格信頼度 [ページ 143]にナビゲートできます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
142
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
4.6.6
価格信頼度
レポートには、1 つ以上の選択されたサプライヤから購入したすべての製品の比較が示され、購買発注価格と請求価
格の差異が表示されます。選択されたサプライヤの製品ごとに、平均購買発注価格と平均請求価格が計算され、指定
された期間におけるこれらの価格が比較されます。
このレポートには、これらの 2 つの価格の差異が絶対金額およびパーセントで表示されます。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
サプライヤ別価格信頼度
1 件以上のサプライヤの価格信頼度を、そのサプライヤが納入する製品に関して表示します。平均購買発注価
格が平均請求価格と比較されて、絶対偏差と相対偏差が計算されます。これは、価格信頼度に関してサプライ
ヤを評価する際に役立ちます。
●
製品別価格信頼度
1 つ以上の製品の価格信頼度を、その製品を納入するサプライヤに関して表示します。平均購買発注価格が平
均請求価格と比較されて、絶対偏差と相対偏差が計算されます。これにより、価格信頼度に関して製品を評価
することができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
レポートの分析
このレポートには、選択したサプライヤ、または選択したサプライヤのグループから購買したすべての製品の価格分
析が表示され、購買発注価格と請求価格間の偏差が示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
取消ステータスから取消済が除外されます。
●
明細取消ステータスから取消済が除外されます。
●
請求書ステータスは一部請求済と請求済に制限されます。
●
明細タイプから制限が除外されます。
●
発注済年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
発注ステータスは発注済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
価格履歴 (製品/サプライヤ別)
[ページ 101]
参照
レポートビュー
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
143
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.7
購買発注 (勘定設定別)
概要
このレポートには、過去 7 日間に登録された勘定設定別の購買発注がすべて表示されます。勘定設定の例としては、
原価センタ、プロジェクトなどがあります。勘定設定別の合計値および購買発注のステータスをチェックすることが
できます。
処理タイプ (仕入先直送など) は、この明細の調達プロセスのタイプを示します。
仕入先直送処理タイプを以下の 1 つ以上の項目と組み合わせて使用して、仕入先直送調達プロセスをさらに分析す
ることができます。
●
受注 ID
●
顧客
●
顧客の購買発注 ID
●
後続プロセス
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
購買発注 (原価センタ別)
原価センタ別の購買発注をすべて表示します。原価センタ別の合計値および購買発注のステータスをチェック
することができます。
●
購買発注 (プロジェクト別)
プロジェクト別の購買発注をすべて表示します。プロジェクト別の合計値および購買発注のステータスをチェ
ックすることができます。
●
購買発注 (受注別)
受注別の購買発注をすべて表示します。受注別の合計値および購買発注のステータスをチェックすることがで
きます。
●
購買発注 (サービスオーダー別)
サービスオーダー別の購買発注をすべて表示します。サービスオーダー別の合計値および購買発注のステータ
スをチェックすることができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
●
144
ヘッダステータス
この変数を使用して、購買発注のステータスに関連するデータを照会することができます。
以下のステータスがあります。
○
準備中
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
●
○
承認中
○
改訂中
○
却下済
○
未確認
○
送信済
○
確認受領済
○
フォローアップ伝票登録済
○
終了済
購買発注登録日付 (過去 7 日間)
この変数を使用して、過去 7 日間に登録された購買発注に関連するデータを照会することができます。値は、
デフォルトでは過去 7 日間に設定されていますが、この値は変更することができます。
レポートの分析
このレポートには、発注済数量、正味額、および会社通貨での正味額に基づく勘定設定別購買発注の分析が表示さ
れ、勘定設定ごとにより業務レベルで購買発注を分析することができます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
取消ステータスから取消破棄および取消済が除外されます。
●
購買発注登録日付は当日を含む過去 7 日間に制限されます。
●
明細取消ステータスから取消破棄および取消済が除外されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから、契約別リリース伝票 [ページ 145]にナビゲートできます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要 [ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.8
契約別リリース伝票
概要
特定の契約を参照してリリースされたすべての伝票を表示します。契約別リリース伝票に関して契約がどの程度頻繁
に使用されているかが購買担当者に示されます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
レポートの分析
このレポートには、契約別のリリース伝票の分析が表示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
145
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
契約ステータスはリリース済に制限されます。
●
有効期限ステータスは期限終了前と有効期限間近に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
契約追跡
●
購買発注追跡
●
期間満了契約
[ページ 139]
[ページ 140]
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.9
支出額 (勘定設定別)
このレポートには、過去 12 カ月間の請求額に基づく原価センタ、個別品目、プロジェクトなどの勘定設定タイプ別
の全支出額と、支出カテゴリ (契約支出額、購買発注支出額、および規定外支出額) への支出額の配分が表示されま
す。製品レベルにドリルダウンすることができます。このレポートは、どの原価センタまたはプロジェクトが、購買
部門の関与なしで製品およびサービスを購入するか (= 規定外支出額) を分析するのに役立ちます。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
支出額 (勘定設定別)
過去 12 カ月間の原価センタ、プロジェクト、資産、受注などの勘定設定タイプ別の全支出額と、主要支出カ
テゴリへの支出額の配分が表示されます。
●
支出額 (原価センタ別)
過去 12 カ月間の原価センタ別の支出額と、主要支出カテゴリへの支出額の配分が表示されます。
●
支出額 (個別品目別)
過去 12 カ月間の個別品目別の支出額と、主要支出カテゴリへの支出額の配分が表示されます。
●
支出額 (プロジェクト別)
過去 12 カ月間のプロジェクト別の支出額と、主要支出カテゴリへの支出額の配分が表示されます。
●
支出額 (受注別)
過去 12 カ月間の受注別の支出額と、主要支出カテゴリへの支出額の配分が表示されます。
●
支出額 (サービスオーダー別)
過去 12 カ月間のサービスオーダー別の支出額と、主要支出カテゴリへの支出額の配分が表示されます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
146
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
以下の選択された変数については、追加の情報があります。
●
請求書日付 (年/月) (直近 12 カ月)
特定の日付以降に登録された請求書に関連するデータが表示されます。デフォルトでは、値は今月を含む過
去 12 カ月に設定されています。
レポートの分析
このレポートには、過去 12 カ月間のさまざまな会計オブジェクト別の支出額 (請求額に基づく) が、契約支出額、
購買発注支出額、および規定外支出額別に表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
請求書年/月は、今月を含む過去 10 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済です。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから、合計支出額 (支出カテゴリ別)
[ページ 147] にナビゲートできます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要 [ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
4.6.10
合計支出額 (支出カテゴリ別)
概要
このレポートには、特定年度の契約支出額、購買発注支出額、規定外支出額、および合計支出額が請求額に基づいて
表示されます。契約およびカタログの使用頻度と、購買部門が関与していない購買金額 (規定外支出額) をチェック
することができます。
処理タイプ (仕入先直送など) は、この明細の調達プロセスのタイプを示します。
機能
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
契約支出率 (月別)
月別の契約支出率を表示します。
●
契約支出額 (月別)
月別の契約支出額を表示します。
●
規定外支出額 (月別)
月別の規定外支出額を表示します。
●
上位 10 サプライヤ (支出カテゴリ別)
上位 10 サプライヤの契約支出額、購買発注支出額、および規定外支出額を降順で表示します。
●
上位 5 製品カテゴリ (支出カテゴリ別)
上位 5 製品カテゴリの契約支出額、購買発注支出額、および規定外支出額を降順で表示します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
147
●
合計支出履歴 (支出カテゴリ別) (金額)
請求書金額に基づいて、支出カテゴリ別 (契約支出額、購買発注支出額、規定外支出額など) の支出を金額で
表示します。これはワークセンタ概要のグラフィカルビューとして表示することができます。
●
合計支出履歴 (支出カテゴリ別) (%)
請求書金額に基づいて、支出カテゴリ別 (契約支出額、購買発注支出額、規定外支出額など) の支出を比率で
表示します。これはワークセンタ概要のグラフィカルビューとして表示することができます。
●
合計支出額 (支出カテゴリ別)
請求書金額に基づいて、指定した年の支出カテゴリ別 (契約支出額、購買発注支出額、および規定外支出額)
の支出を比率で表示します。
●
合計支出額 (支出カテゴリ別) - 詳細
請求書金額に基づいて、指定した年の支出を支出カテゴリ別に表示します。購買担当者は規定外支出額や、契
約支出額および購買発注支出額のサブカテゴリをチェックすることができます。
また、このビューで、自社の仕入先直送支出額を確認することもできます。
●
合計支出額 (支出カテゴリ/四半期別)
請求書金額に基づいて、指定した四半期の支出を支出カテゴリ別に表示します。
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
以下の選択された変数については、追加の情報があります。
●
請求書日付 (年/月) (直近 12 カ月)
過去 12 カ月の請求書に関連するデータが表示されます。デフォルトでは、値は今月を含む過去 12 カ月に設
定されています。
レポートの分析
このレポートには、支出カテゴリ別 (契約支出額、購買発注支出額、規定外支出額、および合計支出額) の合計支出
額の分析が表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
請求書年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
契約支出額
●
規定外支出額
[ページ 137]
[ページ 141]
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
148
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
4.6.11
自動購買発注モニタ
概要
購買ユニット別の過去 12 カ月間に自動生成された購買発注の率と、対応する購買金額、および小計を表示します。
このレポートでは、個別またはすべての購買ユニットについて購買自動化の度合をチェックすることができます。
処理タイプ (仕入先直送など) は、この明細の調達プロセスのタイプを示します。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
自動購買発注モニタ
過去 12 カ月間に購買ユニットごとに自動登録された購買発注の数および率と、購買金額のうちこれに対応す
る金額および率、および小計をテーブル形式またはチャートで表示します。
●
月別自動購買発注率
自動登録された購買発注の率と、対応する購買金額の率をテーブル形式またはチャートで表示します。購買担
当者は、割り当てられている購買ユニットの購買管理の自動化割合をチェックすることができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、照会するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
以下の選択された変数については、追加の情報があります。
●
発注年/四半期
この変数を使用して、特定の年または四半期の購買発注に関連するデータを照会することができます。
●
購買ユニット
この変数を使用して、1 つの購買ユニットに関連するデータを照会することができます。
●
購買発注ステータス
この変数を使用して、購買発注の処理ステータスに関連するデータを照会することができます。以下のステー
タスがあります。
○
準備中
○
終了済
○
承認中
○
改訂中
○
却下済
○
未確認
○
送信済
○
確認受領済
○
取消済
レポートの分析
このレポートには、自動登録された購買発注の分析が購買ユニットごとに表示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
149
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
取消ステータスから取消依頼および取消済が除外されます。
●
明細取消ステータスから取消依頼および取消済が除外されます。
●
発注日付は、前年に制限されます。
●
発注ステータスは発注済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから、購買発注追跡にナビゲートできます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
150
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
ソーシングおよび契約
5
サプライヤベース
5.1
ビジネスバックグラウンド
5.1.1
住所管理
概要
ビジネスパートナとの通信に必要な詳細を登録、表示、および更新することができます。個人および組織の詳細な郵
便データおよび通信データを更新することができます。
郵便データ
ビジネスパートナの一般的な郵便住所データを更新することができます。住所の詳細を追加するには、国を選択する
必要があります。
郵便住所項目のレイアウトは国に依存します。
国依存のレイアウトをすべての国に使用することはできません。
以下の追加項目で、組織および個人に関する郵便住所詳細をさらに更新することができます。
●
私書箱番号
●
タイムゾーン
●
住所行
私書箱データのみが含まれている私書箱住所には、別途住所エントリを登録することをお奨めします。
人事管理では、住所データは時間依存です。住所データを使用すると、従業員に関する正確な住所詳細を更新
することができます。人事管理で更新された個人住所データは、他のアプリケーションエリアで保護されま
す。
通信データ
ビジネスパートナの通信データを更新することができます。通信データに使用可能な項目は、個人と組織のどちらの
データを更新するかによって異なります。
通信データの更新はオプションです。
以下のような通信詳細を入力することができます。
●
電話番号
●
FAX 番号
●
電子メールアドレス
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
151
●
Web サイトアドレス (組織のみ)
●
携帯電話 (個人のみ)
ビジネスパートナの言語および優先コンタクト方法を指定することもできます。
複数の住所
1 つのビジネスパートナに対して複数の住所を更新することができます。複数の住所をビジネスパートナに割り当て
るときは、代表住所を指定する必要があります。
アカウントの住所を複数入力する場合は、出荷先住所、請求先住所、督促先住所、および送金通知住所を指定するこ
とができます。サプライヤについては、出荷元住所、請求元住所、受取人住所、および送金通知住所を指定すること
ができます。
取引先担当者およびサービス業者の事業所住所および個人アドレスを指定することができます。建物、階、部屋、内
部メール詳細など、さらに詳しい情報を事業所住所に追加することができます。取引先担当者またはサービス業者の
事業所住所を選択した場合は、まず住所が事業所住所として使用されるビジネスパートナ組織を割り当てる必要があ
ります。
また、アカウントマスタデータの住所の有効期間を更新することもできます。
時間依存の住所は、移行またはサービスによって登録および更新できます。
住所の削除
ビジネスパートナの住所を削除することができます。ビジネスパートナの住所を削除しても、業務伝票ではエラーに
なりません。業務伝票では、使用しているビジネスパートナの住所のコピーが参照されるためです。
アカウントのクレジットカード名義人住所
一部の国では、クレジットカードサービスプロバイダの権限チェックに、住所チェックが含まれます。この場合、ク
レジットカード名義人住所が必須です。決済代行会社が、クレジットカードサービスプロバイダで保管されているク
レジットカード名義人の住所と支払人の住所を照合します。住所が一致しない場合、クレジットカード支払は実行で
きません。
クレジットカード名義人住所を更新するか、アカウントの既存の住所の 1 つをクレジットカード名義人住所にコピ
ーすることができます。
クイックアクティビティでは、アカウントの代表住所のみをクレジットカード名義人住所にコピーすることが
できます。
追加機能
下記の機能とその他の機能は、マッシュアップオーサリングビューで有効化されている場合に使用可能になります。
詳細については、ヘルプセンタでマッシュアップオーサリングクイックガイドを参照してください。
●
地図/方向
地図上に住所を表示することができます。
●
電話番号逆引き検索
サプライヤ、アカウント、または取引先担当者の電話番号を入力することで、この番号が属する個人または組
織の詳細を照会することができます。
152
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
5.1.2
ビジネスパートナ重複チェック
概要
ビジネスパートナ重複チェックにより、システム内に複数存在するビジネスパートナを見つけることができます。こ
れにより、システム内のデータの重複を避けることができ、ビジネスパートナマスタデータを管理する際の労力とコ
ストを低減することができます。
以下のアクティビティを実行するときに、重複チェックを使用することができます。
●
ビジネスパートナビューで新しいビジネスパートナを登録するとき
●
Microsoft Excel® からビジネスパートナを登録するとき
たとえば、重複チェックは Microsoft Excel を使用したアカウントの登録時に利用できます。詳細について
は、Microsoft Excel® を使用したアカウントの登録を参照してください。
ビジネスパートナ、アカウント、サプライヤ、またはその他のすべてのタイプのビジネスパートナロールが使用され
る、さまざまなビジネスプロセスで重複チェックを使用することができます。
このチェックは、新しいビジネスパートナを登録すると実行されます。データの保存中に、そのビジネスパートナが
すでに存在するかどうかがチェックされます。それぞれのチェックは、どのような種類のステータスを持つビジネス
パートナに対しても実行されます。
また、チェックでは、アクセス権がないためにアクセスできない可能性があるビジネスパートナデータも一覧
表示されます。代表住所は、アクセスする権限がある場合にのみ表示されます。
重複するビジネスパートナをチェックするときには、以下のオプションがあります。
●
重複チェックは、入力したデータを保存すると、自動的に実行されます。
●
また、 重複チェック をクリックすることによって、重複チェックをマニュアルで実行することもできます。
チェックは、常に、既存のビジネスパートナデータと、登録しようとしているビジネスパートナのデータを比
較することによって実行されます。
前提条件
設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
重複チェックを無効化し、使用するチェックのタイプを選択するには、ソリューション設定で、必要な機能を選択し
ておきます。このビジネスオプションを検索するには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入
プロジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェ
クトのスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内でビジネスパートナが選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、ビジネスパートナを選択します。ビジネス
パートナの処理を選択し、ビジネスパートナの重複チェックに関連する質問に回答します。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
153
機能
重複するビジネスパートナの検索
重複するビジネスパートナの検索は、以下の検索基準に基づいて実行されます。
●
ビジネスパートナの名称および関連するデータ
○
個人の名、姓、および誕生日
○
組織の名称および追加の名称
●
アドレスデータ
○
国、市区町村、郵便番号、地名、番地などの郵便住所データ
●
通信/連絡データ
○
電話、FAX、携帯電話番号、および電子メール
入力データがタイプミスを含んでいる、または不完全である場合にも、ビジネスパートナが検索されるよう
に、あいまい検索が実行されます。
重複チェックの結果には、重複する可能性のあるビジネスパートナに関する以下の情報が表示されます。
●
ID
●
名称
●
アドレス
●
ステータス
●
重複する可能性のあるビジネスパートナとの一致の確率に関するランキング情報 (% 単位)
●
現在のビューの関連ロールが、該当するビジネスパートナにすでに割り当てられているかどうかの表示
たとえば、サプライヤビューで重複するサプライヤをチェックするとき、そのビジネスパートナがサプライヤ
として登録されている場合は、サプライヤとして既存チェックボックスが選択されます。
スコーピング中の重複チェックには、以下のプロファイルの 1 つを選択することができます。
●
重複するビジネスパートナのうち、類似性の高いもののみを検索する場合は、強度のチェック
このタイプのチェックを選択すると、類似性が少なくとも 85 % である場合にビジネスパートナが重複
として表示されます。
●
重複するビジネスパートナのうち、類似性が中程度から高いものまでを検索する場合は、中程度のチェ
ック
このタイプのチェックを選択すると、類似性が少なくとも 80 % である場合にビジネスパートナが重複
として表示されます。
●
重複するビジネスパートナのうち、類似性が低いものから高いものまでを検索する場合は、軽度のチェ
ック
このタイプのチェックを選択すると、類似性が少なくとも 70 % である場合にビジネスパートナが重複
として表示されます。
また、重複チェックを無効にすることもできます。
重複するビジネスパートナの処理
重複チェックの結果において、以下のことを実行できます。
●
重複するビジネスパートナを無視し、入力内容を保存します。
●
重複するビジネスパートナのデータに基づき、新しいビジネスパートナを登録します。
154
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
既存のビジネスパートナがすでに特定のロールで登録されているかどうかに基づき、既存のデータを使用する
か、または新しいロールを持つ新しいビジネスパートナを登録することができます。
5.2
サプライヤビュー
5.2.1
サプライヤクイックガイド
サプライヤビューでは、現在システムに存在するすべてのサプライヤまたは応札者の概要が提供されます。サプライ
ヤと連携しているサービス業者およびサプライヤが他のサプライヤと築いている関係に関する詳細を入力および表示
することができます。
サプライヤまたは応札者の購買データを更新することができます。銀行や税の詳細などサプライヤの財務データと、
特定のサプライヤと取引している会社の各所在地の財務詳細を更新することもできます。
サプライヤビューでは、製品カテゴリライフサイクルに関する情報が提供されます。これをソーシング方針の計画で
使用できます。
以下の場所からサプライヤビューにアクセスすることができます。
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
●
サプライヤベースワークセンタ
●
債務ワークセンタ
会社が導入フォーカス購入、販売、管理を選択した場合、ソリューションと下記の標準の間でわずかな差異が
あります。詳細については、購入、販売、管理における購買の差異を参照してください。
ビジネスバックグラウンド
サプライヤおよびサービス業者
サプライヤとサービス業者の情報は複数のワークセンタで表示、登録、および更新できます。登録したデータは、い
くつかのワークセンタで共有されます。これらの情報は 1 つのワークセンタだけで更新すれば、関連するすべての
ワークセンタで自動的に更新されます。
詳細については、サプライヤおよびサービス業者の更新
[ページ 159]を参照してください。
住所管理
ビジネスパートナとの通信に必要な詳細を登録、表示、および更新することができます。個人および組織の詳細な郵
便データおよび通信データを更新することができます。
詳細については、住所管理
[ページ 151]を参照してください。
ビジネスパートナ重複チェック
ビジネスパートナ重複チェックにより、システム内に複数存在するビジネスパートナを見つけることができます。こ
れにより、システム内のデータの重複を避けることができ、ビジネスパートナマスタデータを管理する際の労力とコ
ストを低減することができます。
詳細については、ビジネスパートナ重複チェック
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
[ページ 153]を参照してください。
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
155
製品カテゴリライフサイクルの管理
サプライヤエディタの製品カテゴリビューでは、サプライヤによって提供される製品カテゴリのライフサイクルを管
理できます。
詳細については、製品カテゴリライフサイクルの管理 [ページ 164]を参照してください。
タスク
サプライヤの登録および編集
1.
サプライヤビューのワークリストで、 新規登録
をクリックし、サプライヤを選択します。
また、ビジネスパートナデータ、サプライヤベース、または債務ワークセンタに含まれる新規サプラ
イヤ主要タスクを開始して、新規サプライヤを登録することもできます。
2.
サプライヤの名称、住所、および通信/連絡詳細と、ABC 層別などサプライヤ固有のその他のデータを入力し
ます。
微調整中に認証基準項目の証明書の内容を定義する必要があります。証明書が定義されていない場合
は、この情報を入力することはできません。
スコーピング中にこのオプションを選択した場合は、サプライヤがシステムにすでに存在するかどうか
をチェックできます。サプライヤの詳細を入力する場合は、 重複チェック をクリックします。また、新
規サプライヤの詳細を保存すると、潜在的な重複について通知されます。潜在的な重複の一覧を表示す
ることができます。
3.
1 つまたは複数のサプライヤロールをサプライヤに割り当てます。サプライヤロールが事前選択されています
が、応札者または運送業者ロールを割り当てることもできます。
外部管理倉庫を運営するビジネスパートナには、倉庫プロバイダロールを割り当てることができます。ビジネ
スパートナと外部管理倉庫の間の接続は、これを目的とした新規サイトの登録後に、サプライチェーン設計マ
スタデータワークセンタのロケーションビューで確立されます。
4.
購買データおよび支払データを入力して、購買管理から請求および勘定設定に至るまでのエンドツーエンドプ
ロセスを有効にします。
入力した購買情報と支払情報は、新しい購買伝票を登録するときに標準データとして使用されます。
新しいサプライヤの支払データを更新し、銀行振込支払方法を選択するときにも、銀行データを更新す
ることができます。
5.
サプライヤに関する追加情報を入力するには、 すべて表示 をクリックしてエディタを開きます。
また、ワークリスト内のサプライヤを選択し、 編集
ライヤに詳細な情報を追加することもできます。
6.
→ 一般をクリックすることで、特定のサプ
保存 をクリックして、新しいサプライヤを保存します。
Microsoft Excel® を使用したサプライヤの登録
事前定義済の Microsoft Excel テンプレートを使用して、サプライヤを登録することができます。詳細については、
Microsoft Excel を使用したサプライヤの登録 [ページ 165]を参照してください。
サプライヤへの複数住所の割当
1.
156
サプライヤビューのエディタで、
通信
→
住所 をクリックします。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
2.
行追加 をクリックします。
3.
住所詳細を入力します。
4.
追加の住所項目が必要である場合は、追加項目をクリックします。
また、別の代表住所を選択して、出荷元住所などの住所の使用方法を示すこともできます。
5.
住所を 1 つ以上入力し、住所詳細を保存します。
また、ワークリスト内のサプライヤを選択し、 編集
ライヤに追加の住所を割り当てることもできます。
→ 住所をクリックすることで、特定のサプ
サプライヤの出力設定の更新
1.
サプライヤビューのエディタで、
2.
以下のオプションがあります。
●
特定の伝票の出力設定を指定するには、一覧からその伝票を選択します。
a.
通信
→
コラボレーション をクリックします。
ドロップダウンリストから電子メール、FAX、またはプリンタを選択します。
FAX を出力チャネルとして使用する場合、このオプションをスコーピング中に選択する必
要があります。詳細については、コンフィグレーション: 電子メールおよび FAX 設定を参
照してください。
b.
電子メールアドレス、FAX 番号、または必要な部数を入力します。
利用可能であればアカウントのフォームテンプレートを選択することができます。
デフォルトでは、事前出荷通知はアカウントに送信されません。事前出荷通知を特定のア
カウントに送信する場合は、有効列のチェックボックスを選択し、出力チャネルを入力し
て、保存 をクリックします。
.
●
このビジネスパートナに送信されるすべての業務伝票に使用される出力チャネルを更新するには、すべ
ての業務伝票に使用チェックボックスを選択します。
a.
ドロップダウンリストから電子メール、FAX、またはプリンタを選択します。
b.
電子メールアドレス、FAX 番号、または必要な部数を入力します。
c.
ENTER を押します。
出力チャネルとして電子メールを使用する場合、電子メールアドレスを入力しないと、ビ
ジネスパートナの代表住所の電子メールアドレスが使用されます。
●
3.
XML 設定を更新するには、 XML 設定更新 をクリックします。これにより、通信契約クイックアクティ
ビティが開きます。
XML 設定を更新するには、 XML 設定更新 をクリックします。これにより、通信契約クイックアクティビティ
が開きます。
ビジネスパートナ固有の出力設定により、アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタの出力チャネル選択ビューお
よびフォームテンプレート選択ビューで更新したデフォルトの出力設定が上書きされます。
伝票の従業員責任者が関連処理をクリックし、出力設定編集を選択して出力設定を変更した場合は、ビジネス
パートナ固有の設定を上書きすることもできます。
詳細については、プロセス統合出力の設定を参照してください。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
157
サプライヤへの取引先担当者の割当
→
取引先担当者 をクリックします。
1.
サプライヤビューのエディタで、
2.
既存のビジネスパートナをサプライヤの取引先担当者として使用する場合は、 取引先担当者割当 をクリックし
ます。
取引先担当者
1.
ダイアログボックスで、値選択を使用してビジネスパートナを検索します。
2.
ビジネスパートナを選択し、OK をクリックします。
ビジネスパートナの既存の住所、通信/連絡、機能、および部門の詳細が表示されます。詳細を編集した
り、情報を追加したりすることができます。
3.
新しい取引先担当者を登録するには、 行追加 をクリックします。
4.
新しい取引先担当者に関する詳細を入力します。
サプライヤに複数の取引先担当者を割り当てることができます。主要チェックボックスを選択して、主要担当
者を選択する必要があります。
5.
保存 をクリックして、取引先担当者を保存します。
また、ワークリスト内のサプライヤを選択し、 編集
→ 取引先担当者をクリックすることで、特
定のサプライヤに取引先担当者を割り当てることもできます。
サプライヤへのサービス業者の割当
1.
サプライヤビューのエディタで、
2.
既存のビジネスパートナをサプライヤのサービス業者として使用する場合は、 サービス業者割当 をクリックし
ます。
取引先担当者
→
サービス業者 をクリックします。
1.
ダイアログボックスで、値選択を使用してビジネスパートナを検索します。
2.
ビジネスパートナを選択し、OK をクリックします。
ビジネスパートナの既存の住所、通信/連絡、機能、および部門の詳細が表示されます。詳細を編集した
り、情報を追加したりすることができます。
3.
新しいサービス業者を登録するには、 行追加 をクリックします。
4.
新しいサービス業者に関する詳細を入力します。
サプライヤに複数のサービス業者を割り当てることができます。
5.
保存 をクリックして、サービス業者を保存します。
サプライヤの関係の指定
1.
2.
3.
サプライヤビューのエディタで、
係に関する詳細を入力します。
取引先担当者
→
関係 をクリックして、サプライヤのさらに詳しい関
行追加 をクリックし、関係タイプと、サプライヤと関係があるビジネスパートナを選択します。
データを保存します。
サプライヤへの購買データの追加
購買管理 をクリックします。
1.
サプライヤビューのエディタで、
2.
必要な購買データ (支払条件やインコタームズなど) を選択します。
サプライヤを購買プロセスで使用されないようブロックするには、購買ブロック済チェックボックスを選択し
ます。
3.
データを保存します。
サプライヤへの支払データの追加
1.
158
サプライヤビューのエディタで、
財務データ
→
支払データ をクリックします。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
2.
会社で、 行追加 をクリックし、値選択を使用して会社を選択します。
3.
勘定設定グループを選択します。
支払保留理由および支払保留有効期限を選択することができます。
4.
支払方法で、ドロップダウンリストから支払方法を選択する場合には、 行追加 をクリックすることができま
す。
5.
適宜、銀行に対する国際支払に関する指示を追加することもできます。
6.
送金通知が必要である場合は、該当するチェックボックスを選択します。
7.
DATEV を使用する場合、DATEV の適切な項目に債権者 ID を入力します。
8.
データを保存します。
サプライヤへの銀行データの追加
→
1.
サプライヤビューのエディタで、
2.
値選択を使用して、銀行を選択します。
国および国内銀行コードは、自動的に追加されます。
財務データ
銀行データ をクリックします。
該当する銀行が値選択に表示されない場合は、 新規銀行 をクリックし、銀行の詳細を入力して、銀
行を銀行一覧に追加します。
3.
銀行口座の詳細を入力します。
4.
データを保存します。
サプライヤへの税データの追加
→
税データ をクリックします。
1.
サプライヤビューのエディタで、
2.
税番号で、 行追加 をクリックし、ドロップダウンリストから国、税番号タイプ、および税番号を選択します。
3.
源泉徴収税分類で、 行追加 をクリックし、ドロップダウンリストから国、税タイプ、および税率タイプを選
択します。
4.
税額免除で、 行追加 をクリックし、ドロップダウンリストから国、都道府県、税タイプ、および非課税理由
を選択します。
5.
データを保存します。
財務データ
Microsoft Excel® を使用したサプライヤのエクスポート
詳細については、Microsoft Excel を使用したビジネスデータのエクスポート [ページ 60]を参照してください。
5.2.2
5.2.2.1
ビジネスバックグラウンド
サプライヤおよびサービス業者の更新
概要
サプライヤとサービス業者の情報は複数のワークセンタで表示、登録、および更新できます。登録したデータは、い
くつかのワークセンタで共有されます。これらの情報は 1 つのワークセンタだけで更新すれば、関連するすべての
ワークセンタで自動的に更新されます。
以下の場所からサプライヤビューにアクセスすることができます。
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
159
●
サプライヤベースワークセンタ
●
債務ワークセンタ
以下の場所からサービス業者ビューにアクセスすることができます。
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
●
サプライヤベースワークセンタ
●
プロジェクト管理ワークセンタ
サプライヤおよびサービス業者
サプライヤビューにより、現在システム内にあるサプライヤの概要を把握することができます。サプライヤまたは応
札者に関して、住所、通信、購買データなどのすべての詳細情報を登録および更新することができます。
サービス業者ビューにより、名称や担当者詳細などの情報をはじめ、サービス業者の概要を把握することができま
す。各サービス業者がどのサプライヤのためにサービスを提供し、サプライヤや他のビジネスパートナとどのような
関係にあるのかがわかります。
前提条件
設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
サプライヤ固有のデータ用に事前に提供された設定をチェックし、調整しました。
このアクティビティを検索するには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジェクトビュ
ーを選択します。導入プロジェクトを選択し、 アクティビティ一覧を開く をクリックします。微調整フェーズを選択
し、次にアクティビティ一覧からサプライヤアクティビティを選択します。
参照
サプライヤ - コンフィグレーションガイド
ビジネスパートナの代替 ID
5.2.2.2
住所管理
概要
ビジネスパートナとの通信に必要な詳細を登録、表示、および更新することができます。個人および組織の詳細な郵
便データおよび通信データを更新することができます。
郵便データ
ビジネスパートナの一般的な郵便住所データを更新することができます。住所の詳細を追加するには、国を選択する
必要があります。
郵便住所項目のレイアウトは国に依存します。
国依存のレイアウトをすべての国に使用することはできません。
160
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
以下の追加項目で、組織および個人に関する郵便住所詳細をさらに更新することができます。
●
私書箱番号
●
タイムゾーン
●
住所行
私書箱データのみが含まれている私書箱住所には、別途住所エントリを登録することをお奨めします。
人事管理では、住所データは時間依存です。住所データを使用すると、従業員に関する正確な住所詳細を更新
することができます。人事管理で更新された個人住所データは、他のアプリケーションエリアで保護されま
す。
通信データ
ビジネスパートナの通信データを更新することができます。通信データに使用可能な項目は、個人と組織のどちらの
データを更新するかによって異なります。
通信データの更新はオプションです。
以下のような通信詳細を入力することができます。
●
電話番号
●
FAX 番号
●
電子メールアドレス
●
Web サイトアドレス (組織のみ)
●
携帯電話 (個人のみ)
ビジネスパートナの言語および優先コンタクト方法を指定することもできます。
複数の住所
1 つのビジネスパートナに対して複数の住所を更新することができます。複数の住所をビジネスパートナに割り当て
るときは、代表住所を指定する必要があります。
アカウントの住所を複数入力する場合は、出荷先住所、請求先住所、督促先住所、および送金通知住所を指定するこ
とができます。サプライヤについては、出荷元住所、請求元住所、受取人住所、および送金通知住所を指定すること
ができます。
取引先担当者およびサービス業者の事業所住所および個人アドレスを指定することができます。建物、階、部屋、内
部メール詳細など、さらに詳しい情報を事業所住所に追加することができます。取引先担当者またはサービス業者の
事業所住所を選択した場合は、まず住所が事業所住所として使用されるビジネスパートナ組織を割り当てる必要があ
ります。
また、アカウントマスタデータの住所の有効期間を更新することもできます。
時間依存の住所は、移行またはサービスによって登録および更新できます。
住所の削除
ビジネスパートナの住所を削除することができます。ビジネスパートナの住所を削除しても、業務伝票ではエラーに
なりません。業務伝票では、使用しているビジネスパートナの住所のコピーが参照されるためです。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
161
アカウントのクレジットカード名義人住所
一部の国では、クレジットカードサービスプロバイダの権限チェックに、住所チェックが含まれます。この場合、ク
レジットカード名義人住所が必須です。決済代行会社が、クレジットカードサービスプロバイダで保管されているク
レジットカード名義人の住所と支払人の住所を照合します。住所が一致しない場合、クレジットカード支払は実行で
きません。
クレジットカード名義人住所を更新するか、アカウントの既存の住所の 1 つをクレジットカード名義人住所にコピ
ーすることができます。
クイックアクティビティでは、アカウントの代表住所のみをクレジットカード名義人住所にコピーすることが
できます。
追加機能
下記の機能とその他の機能は、マッシュアップオーサリングビューで有効化されている場合に使用可能になります。
詳細については、ヘルプセンタでマッシュアップオーサリングクイックガイドを参照してください。
●
地図/方向
地図上に住所を表示することができます。
●
電話番号逆引き検索
サプライヤ、アカウント、または取引先担当者の電話番号を入力することで、この番号が属する個人または組
織の詳細を照会することができます。
5.2.2.3
ビジネスパートナ重複チェック
概要
ビジネスパートナ重複チェックにより、システム内に複数存在するビジネスパートナを見つけることができます。こ
れにより、システム内のデータの重複を避けることができ、ビジネスパートナマスタデータを管理する際の労力とコ
ストを低減することができます。
以下のアクティビティを実行するときに、重複チェックを使用することができます。
●
ビジネスパートナビューで新しいビジネスパートナを登録するとき
●
Microsoft Excel® からビジネスパートナを登録するとき
たとえば、重複チェックは Microsoft Excel を使用したアカウントの登録時に利用できます。詳細について
は、Microsoft Excel® を使用したアカウントの登録を参照してください。
ビジネスパートナ、アカウント、サプライヤ、またはその他のすべてのタイプのビジネスパートナロールが使用され
る、さまざまなビジネスプロセスで重複チェックを使用することができます。
このチェックは、新しいビジネスパートナを登録すると実行されます。データの保存中に、そのビジネスパートナが
すでに存在するかどうかがチェックされます。それぞれのチェックは、どのような種類のステータスを持つビジネス
パートナに対しても実行されます。
また、チェックでは、アクセス権がないためにアクセスできない可能性があるビジネスパートナデータも一覧
表示されます。代表住所は、アクセスする権限がある場合にのみ表示されます。
重複するビジネスパートナをチェックするときには、以下のオプションがあります。
●
重複チェックは、入力したデータを保存すると、自動的に実行されます。
●
また、 重複チェック をクリックすることによって、重複チェックをマニュアルで実行することもできます。
162
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
チェックは、常に、既存のビジネスパートナデータと、登録しようとしているビジネスパートナのデータを比
較することによって実行されます。
前提条件
設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
重複チェックを無効化し、使用するチェックのタイプを選択するには、ソリューション設定で、必要な機能を選択し
ておきます。このビジネスオプションを検索するには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入
プロジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェ
クトのスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内でビジネスパートナが選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、ビジネスパートナを選択します。ビジネス
パートナの処理を選択し、ビジネスパートナの重複チェックに関連する質問に回答します。
機能
重複するビジネスパートナの検索
重複するビジネスパートナの検索は、以下の検索基準に基づいて実行されます。
●
ビジネスパートナの名称および関連するデータ
○
個人の名、姓、および誕生日
○
組織の名称および追加の名称
●
アドレスデータ
○
国、市区町村、郵便番号、地名、番地などの郵便住所データ
●
通信/連絡データ
○
電話、FAX、携帯電話番号、および電子メール
入力データがタイプミスを含んでいる、または不完全である場合にも、ビジネスパートナが検索されるよう
に、あいまい検索が実行されます。
重複チェックの結果には、重複する可能性のあるビジネスパートナに関する以下の情報が表示されます。
●
ID
●
名称
●
アドレス
●
ステータス
●
重複する可能性のあるビジネスパートナとの一致の確率に関するランキング情報 (% 単位)
●
現在のビューの関連ロールが、該当するビジネスパートナにすでに割り当てられているかどうかの表示
たとえば、サプライヤビューで重複するサプライヤをチェックするとき、そのビジネスパートナがサプライヤ
として登録されている場合は、サプライヤとして既存チェックボックスが選択されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
163
スコーピング中の重複チェックには、以下のプロファイルの 1 つを選択することができます。
●
重複するビジネスパートナのうち、類似性の高いもののみを検索する場合は、強度のチェック
このタイプのチェックを選択すると、類似性が少なくとも 85 % である場合にビジネスパートナが重複
として表示されます。
●
重複するビジネスパートナのうち、類似性が中程度から高いものまでを検索する場合は、中程度のチェ
ック
このタイプのチェックを選択すると、類似性が少なくとも 80 % である場合にビジネスパートナが重複
として表示されます。
●
重複するビジネスパートナのうち、類似性が低いものから高いものまでを検索する場合は、軽度のチェ
ック
このタイプのチェックを選択すると、類似性が少なくとも 70 % である場合にビジネスパートナが重複
として表示されます。
また、重複チェックを無効にすることもできます。
重複するビジネスパートナの処理
重複チェックの結果において、以下のことを実行できます。
●
重複するビジネスパートナを無視し、入力内容を保存します。
●
重複するビジネスパートナのデータに基づき、新しいビジネスパートナを登録します。
既存のビジネスパートナがすでに特定のロールで登録されているかどうかに基づき、既存のデータを使用する
か、または新しいロールを持つ新しいビジネスパートナを登録することができます。
5.2.2.4
製品カテゴリライフサイクルの管理
概要
サプライヤエディタの製品カテゴリビューでは、サプライヤによって提供される製品カテゴリのライフサイクルを管
理できます。
製品カテゴリに含まれるアイテムを提供できるサプライヤの数、これらのサプライヤに対する会社の依存状況、製品
入手の容易さまたは難しさなどの要素をレビューすることで、製品カテゴリのソーシング方針を評価できます。この
情報を使用して、必要なタイミングで製品を利用できないリスクの低減などを目的とし、サプライヤを変更するかど
うかを決定することができます。また、この情報はサプライヤとの価格および条件の交渉にも利用できます。
エンゲージメントステータスは、製品カテゴリの現在の評価状況およびサプライヤからの購買可能性を示します。ス
テータスには、" 事前評価中"、"導入中"、"購買リリース済"、" 削除中"、"削除済" があります。これらのステー
タスを使用して、特定の製品カテゴリに使用されるサプライヤを決定できます。ステータスに基づき、特定のサプラ
イヤからの購買に対する制限が更新されます。
エンゲージメントステータスは以下のとおりです。
●
事前評価中:製品カテゴリは調査中ですが、サプライヤからの購買にはまだ利用できません。該当するサプラ
イヤについて、この製品カテゴリの購買発注が登録されると警告メッセージが発行されます。
●
導入中:製品カテゴリは、評価が完了するまでサプライヤとのソーシングアクティビティに利用できません。
該当するサプライヤについて、この製品カテゴリの購買発注は登録できません。
●
購買リリース済:製品カテゴリは、サプライヤからの購買に無制限で利用できます。
164
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
●
削除中:製品カテゴリは、サプライヤが製品カテゴリから削除される前に未終了の調達プロセスを完了するた
め、限定された購買に利用できます。この製品カテゴリと同じサプライヤを使用して購買発注を追加登録する
と、警告メッセージが発行されます。
●
削除済: 製品カテゴリは、サプライヤからの購買に利用できません。
5.2.3
タスク
5.2.3.1
Microsoft Excel® を使用したサプライヤの登録
概要
事前定義の Microsoft Excel テンプレートにサプライヤを入力して SAP Business ByDesign システムにアップロー
ドすることで、サプライヤを登録することができます。
前提条件
最新の Microsoft Excel 用アドインをインストールしておきます。これは、設定したソリューションに応じて、ホ
ームワークセンタのセルフサービス概要、アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのダウンロードセンタ、また
はユーザインタフェースで直接使用可能なダウンロードリンクから行うことができます。
また、ブラウザの設定が正しく設定されていることも必要となります。このことは、ログオン画面のマイコンピュー
タの設定チェックをクリックすることによって確認することができます。
ステップ
SAP Business ByDesign システムのサプライヤビューで、 新規登録
イヤを選択します。
をクリックし、Microsoft Excel からのサプラ
テンプレートの取得
1.
テンプレートを選択します。
必要な言語のテンプレートを選択し、ダウンロードをクリックします。
スコーピング中に選択した言語を選択することができます。スコーピング中に選択した言語が 1 つの
みである場合は、選択元となる言語バージョンの選択肢は表示されません。
2.
テンプレートの処理方法を決定します。以下のオプションのいずれかを選択します。
●
テンプレートを 1 度しか使用しない場合は、保存せずにテンプレートを開くことができます。開くをク
リックします。
●
再利用できるようにテンプレートを保存する場合は、ファイルを保存する場所を選択し、適切なファイル
名を入力し、保存をクリックします。次に、開くをクリックします。
このテンプレートを前にダウンロードし、コンピュータ上に保存している場合は、テンプレートを保存した場
所にナビゲートして開きます。
Microsoft Excel からソリューションへのログオン
1.
Microsoft Excel の SAP アドインリボンで、ログオンをクリックします。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
165
SAP アドインリボンが表示されない場合は、Microsoft Excel のアドインが適切にインストールされて
いることをチェックします (この文書の前提条件を参照)。
ダイアログボックスが開き、そこにログオン詳細を入力することができます。システム URL が自動的に提案
されます。システム URL は、作業しているシステムの URL です。
2.
ユーザ ID およびパスワードを入力し、ログオンをクリックします。
システムへの最初のログオン後、リボンテキストが SAP アドインから自分のソリューションの名前に
変更されます。
Microsoft Excel テンプレートでの詳細の入力
以下のことに注意してください。
●
Microsoft Excel テンプレートには、複数の行が表示され、そこにデータを入力またはコピーすること
ができます。さらに必要な場合は、データを入力またはコピーする前に、必要な行数を追加します。
●
必須項目 (アスタリスクのマークが付いた項目) が入力されていることを確認します。
●
詳細の入力に役立つ機能:
○
一部の項目にはドロップダウンリストが用意されています。
○
一部の項目では、国などのデータをシステムで検索することができます。項目の上にカーソルを置
き、ソリューションのツールバーまたはリボンのルックアップをクリックして、システムを検索し
ます。表示されたルックアップダイアログボックスで、検索項目を使用することができます。検索
項目へのテキストの入力を開始すると、関連エントリが ID 列とテキスト列でフィルタリングされ
るため、一覧全体をスクロールする必要がなくなります。ルックアップボタンがリボンまたはツー
ルバーで有効になっていない場合、検索を実行することはできません。
一般的なサプライヤデータ、住所データ、サプライヤ詳細、購買データなど、サプライヤデータを該当する列に入力
します。
ステータスを選択しない場合は、準備中ステータスが使用されます。
次に、名称、住所、および通信データについての重複チェックが実行されます (スコーピング時にこの機能が選択さ
れている場合)。重複データがある場合は SAP Business ByDesign システムに保存することができず、エラーメッセ
ージが表示されます。選択したサプライヤについて重複チェックが実行されないようにする場合は、該当のサプライ
ヤの重複チェック列でいいえを選択します。
重複チェックの詳細については、ビジネスパートナ重複チェック [ページ 153]を参照してください。
データの保存
1.
すべてのデータの入力が完了したら、Microsoft Excel ファイルを保存します。
2.
データ保存先 をクリックします。
ダイアログボックスが開き、データがソリューションに保存されることが通知されます。
アップロード後、メッセージが表示され、データがソリューションに保存されたことが通知されます。
必須情報の一部を提供しなかった場合、または誤った情報を提供した場合は、一部のレコードが保
存されなくなります。エラーメッセージで問題が強調表示されるため、問題を修正してデータを再
度保存することができます。
3.
次に、 ログオフ をクリックしてログオフすることができます。
結果
新しいサプライヤが、SAP Business ByDesign システムに保存され、サプライヤビューの一覧に追加されます。
166
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
このようなサプライヤに変更を加える必要がある場合は、Microsoft Excel テンプレートで変更してから再度 SAP
Business ByDesign システムにアップロードすることができます。
5.2.3.2
ト
Microsoft Excel® を使用したビジネスデータのエクスポー
概要
レポートおよびワークリストを Microsoft Excel® 文書にエクスポートすることができます。これらの文書を使用し
てさらに分析を進め、場合によっては、編集してソリューションにアップロードすることができます。
レポートまたはワークリストのデータをエクスポートすることができます。
前提条件
●
最新の Microsoft Excel® のアドインをインストールしておきます。このことは、ソリューションの設定に応
じて以下から行うことができます。
○
ホームワークセンタのセルフサービス概要
○
アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのダウンロードセンタ
○
ユーザインタフェースで直接使用可能なダウンロードリンク
●
ブラウザの設定が正しく設定されている必要があります。コンピュータ設定に関する情報は、ログオン画面の
マイコンピュータの設定チェックをクリックすることによって確認することができます。
●
Microsoft Excel® へのエクスポートを実行する権限を持っている必要があります。
手順
1.
エクスポートするデータが表示されている画面に移動します。
2.
データのタイプに応じて、以下のいずれかのオプションを選択します。
3.
4.
●
レポートの場合は、チャートまたは表をエクスポートすることができます。このためには、レポートを
選択し、チャートに切替またはテーブルに切替をクリックします。
●
ワークリストの場合は、ワークリストを選択し、実行をクリックします。
エクスポート
をクリックし、Microsoft Excel へを選択します。
オプション: Excel エクスポートのパーソナライズ
1.
エクスポートした Excel の列を選択するには、以下の手順を実行します。
a.
タイトルバーで、パーソナライズ
b.
サイドパネルで設定照会を選択します。
c.
設定照会ダイアログボックスで、列エクスポート項目のすべてを選択することにより、ビュー内
のすべての列をエクスポートすることができます。
この画面
をクリックします。
この項目のデフォルト値は表示で、現在表示されている列のみがエクスポートされます。
2.
Excel エクスポートの言語を選択するには、以下の手順を実行します。
a.
b.
設定照会ダイアログボックスで、言語選択項目を表示に設定し、 OK
をクリックします。
保存 をクリックします。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
167
c.
d.
エクスポート
をクリックし、Microsoft Excel® へを選択します。
表示されたダイアログボックスで言語を選択します。
このダイアログボックスの列選択設定により、パーソナライズ設定を上書きすることがで
きます。この選択は現在のエクスポートでのみ有効です。
5.
表示されたダイアログボックスでテンプレートを選択します。
●
ログイン言語バリアントを持つテンプレートが 1 つのみである場合、エクスポートはログイン
言語で実行され、ユーザインタラクションは必要ありません。
●
システムにこのエクスポートシナリオのテンプレートが 1 つのみあり、ログイン言語バリアン
トを使用することができない場合、エクスポートは英語で実行されます。
●
システムにこのエクスポートシナリオのテンプレートが複数ある場合は、テンプレート一覧ダイ
アログボックスが表示されます。このダイアログで、エクスポートに使用する Microsoft Excel
テンプレートを選択することができます。このテンプレートによって、エクスポートされたデー
タの書式が決定されます。各テンプレートに関連する Microsoft Excel バージョンが表示され
ます。
6.
ダウンロードをクリックします。
7.
メッセージによって、ソリューションからエクスポートしたデータが含まれているファイルを開くか、または
保存することができることが示されます。エクスポートしたデータの処理内容に応じて、開くまたは保存をク
リックします。
開くまたは保存のいずれをクリックしたかに応じて、考えられる結果は以下の 2 つです。
5.3
●
開くをクリックすると、データが含まれているワークシートが Microsoft Excel で開きます。このフ
ァイルには仮の名称がありますが、ファイルは保存されていません。Microsoft Excel のすべての機能
を使用して、データを編成し、ワークシートを保存することができます。
●
保存をクリックすると、名前を付けて保存ダイアログボックスが開きます。適切なファイル名およびエ
クスポートされた Microsoft Excel ファイルの保存ロケーションを指定することができます。メッセ
ージによって、ダウンロードが正常に完了したことが通知されます。
後で、テンプレートを保存したロケーションにナビゲートし、このテンプレートを開くことができま
す。
サービス業者ビュー
5.3.1
サービス業者クイックガイド
外部従業員に対応する購買担当者またはプロジェクトマネージャは、サプライヤに関して詳細な情報を持っている必
要があります。また、サプライヤと連携してサービスを提供しているサービス業者に関する情報も持っている必要が
あります。
サービス業者ビューを使用すると、最も重要なサービス業者データを表示、登録、および更新することができます。
これにより、名称や取引先担当者詳細などサービス業者情報の概要を把握することができます。各サービス業者がど
のサプライヤのためにサービスを提供し、他のビジネスパートナとどのような関係にあるのかがわかります。サービ
ス業者をユーザとして登録することができるため、そのユーザは時間エントリなどのタスクのためにシステムに直接
アクセスすることができます。組織ユニット、職種、レポートラインユニット、マネージャなど、組織の詳細を表示
することができます。
以下の場所からサービス業者ビューにアクセスすることができます。
168
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
●
プロジェクト管理ワークセンタ
●
サプライヤベースワークセンタ
ビジネスバックグラウンド
サプライヤおよびサービス業者
サプライヤとサービス業者の情報は複数のワークセンタで表示、登録、および更新できます。登録したデータは、い
くつかのワークセンタで共有されます。これらの情報は 1 つのワークセンタだけで更新すれば、関連するすべての
ワークセンタで自動的に更新されます。
詳細については、サプライヤおよびサービス業者の更新
[ページ 159]を参照してください。
住所管理
ビジネスパートナとの通信に必要な詳細を登録、表示、および更新することができます。個人および組織の詳細な郵
便データおよび通信データを更新することができます。
詳細については、住所管理
[ページ 151]を参照してください。
ビジネスパートナ重複チェック
ビジネスパートナ重複チェックにより、システム内に複数存在するビジネスパートナを見つけることができます。こ
れにより、システム内のデータの重複を避けることができ、ビジネスパートナマスタデータを管理する際の労力とコ
ストを低減することができます。
詳細については、ビジネスパートナ重複チェック
[ページ 153]を参照してください。
タスク
サービス業者の登録および編集
1.
サービス業者ビューのワークリストで、 新規登録
をクリックし、サービス業者を選択します。
また、ビジネスパートナデータ、プロジェクト管理、またはサプライヤベースワークセンタに含まれ
る新規サービス業者主要タスクを開始して、新規サービス業者を登録することもできます。
2.
サービス業者の名称、住所、通信/連絡詳細の他に、取引相手のサプライヤや所属情報などサービス業者固有
のデータを入力します。
スコーピング中にこのオプションを選択した場合は、サービス業者がシステムにすでに存在するかどう
かをチェックできます。サービス業者の詳細を入力する場合は、 重複チェック をクリックします。ま
た、新規サービス業者の詳細を保存すると、潜在的な重複について通知されます。潜在的な重複の一覧
を表示することができます。
3.
4.
新しいサービス業者に関するビジネス情報を入力します。
1.
業務詳細セクションには、機能や部門など、会社の内部にあるサービス業者に関する情報を適宜入力しま
す。これが適しているのは、自分の代わりにサービス業者が現場で作業している場合などです。
サービス業者が現場で作業している場合は、内部住所と通信/連絡情報を入力します。
2.
事業所住所およびビジネスコミュニケーションセクションでは、サプライヤの住所にある電話、FAX、メ
ールや、サプライヤの社内の機能と部門など、会社の外部にあるサービス業者に関する情報を入力しま
す。
サービス業者に関する追加情報を入力するには、 すべて表示 をクリックしてエディタを開きます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
169
また、ワークリスト内のサービス業者を選択し、 編集
ービス業者に詳細な情報を追加することもできます。
→ 一般をクリックすることで、特定のサ
サービス業者のステータスをブロック済に設定すると、サービス業者アカウント全体を対象とする警告
メッセージが表示されます。これは、購買管理や販売など関連するビジネスパートナに影響を及ぼすこ
とがありますが、引き続きそのサービス業者をビジネスプロセスで使用することができます。ただし、
このステータスになると、そのサービス業者にユーザがすでに割り当てられている場合にはそのユーザ
が自動的にロックされるため、ステータスを変更するまでサービス業者はシステムにアクセスすること
ができません。
5.
保存 をクリックして、新しいサービス業者を保存します。
サービス業者への複数住所の割当
1.
2.
サービス業者ビューのエディタで、
住所 をクリックします。
行追加 をクリックします。
3.
住所タイプを選択し、住所詳細を入力します。
4.
追加の住所項目が必要である場合は、追加項目をクリックします。
5.
サービス業者が複数のサプライヤにサービスを提供し、他にも追加する住所がある場合には、1 つ以上の住所
を入力し、住所詳細を保存します。
また、ワークリスト内のサービス業者を選択し、 編集
ービス業者に追加の住所を割り当てることもできます。
→ 住所をクリックすることで、特定のサ
サービス業者の関係の指定
1.
サービス業者ビューのエディタで、 関係 をクリックして、サービス業者の関係に関する詳細を入力します。
2.
行追加 をクリックし、関係タイプと、サービス業者と関係があるビジネスパートナを選択します。
サービス業者が複数のサプライヤのサービス業者である (関係タイプサービス実施担当者である) 場合は、こ
のサービス業者の主要な関係について詳細で主要を選択します。
サービス業者が割り当てられている主要サプライヤも、ワークリストに表示されます。
3.
データを保存します。
サービス業者のユーザの登録
1.
サービス業者がシステムにアクセスするユーザを必要としている場合は、 ユーザ依頼 をクリックします。
ユーザが自動的に登録されます。
2.
管理者に問い合わせて、新しいユーザアカウントを更新します。たとえば、ユーザのパスワードおよび有効期
間を更新します。アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタで、サービス業者のユーザをロックまたはロッ
ク解除することもできます。
これでサービス業者は、必要に応じてシステムに直接アクセスしてタイムシートを更新することができます。
サービス業者のタイムシートの編集
以下の事項が当てはまる場合にのみ、選択したサービス業者のサービス業者ビューのワークリストで タイムシート編集
をクリックすることができます。
●
サービス業者をすでにプロジェクトに割り当てています。
●
サービス業者は、内部従業員ではありません。
170
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
●
プロジェクト用にタイムシート記録付きの購買発注が、ソリューションコンフィグレーションで有効になって
います。
このビジネスオプションを検索するには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジ
ェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。プロジェ
クトのスコーピングステップで、購買管理内で購買依頼および購買発注管理が選択されていることを確認しま
す。
質問ステップで、購買管理スコーピングエレメントを展開し、購買依頼および購買発注管理を選択します。入
庫/サービス受領を選択し、サービスの購買発注のタイプに関連する質問に答えます。
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡
してください。
このタスクの詳細については、ここ
[ページ 172]を参照してください。
Microsoft Excel® からの時間を記録
詳細については、ここ
[ページ 175]を参照してください。
Microsoft Excel® を使用したサービス業者のエクスポート
詳細については、Microsoft Excel を使用したビジネスデータのエクスポート
5.3.2
[ページ 60]を参照してください。
5.3.2.1
ビジネスバックグラウンド
サプライヤおよびサービス業者の更新
概要
サプライヤとサービス業者の情報は複数のワークセンタで表示、登録、および更新できます。登録したデータは、い
くつかのワークセンタで共有されます。これらの情報は 1 つのワークセンタだけで更新すれば、関連するすべての
ワークセンタで自動的に更新されます。
以下の場所からサプライヤビューにアクセスすることができます。
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
●
サプライヤベースワークセンタ
●
債務ワークセンタ
以下の場所からサービス業者ビューにアクセスすることができます。
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
●
サプライヤベースワークセンタ
●
プロジェクト管理ワークセンタ
サプライヤおよびサービス業者
サプライヤビューにより、現在システム内にあるサプライヤの概要を把握することができます。サプライヤまたは応
札者に関して、住所、通信、購買データなどのすべての詳細情報を登録および更新することができます。
サービス業者ビューにより、名称や担当者詳細などの情報をはじめ、サービス業者の概要を把握することができま
す。各サービス業者がどのサプライヤのためにサービスを提供し、サプライヤや他のビジネスパートナとどのような
関係にあるのかがわかります。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
171
前提条件
設定
通常、コンフィグレーション設定は管理者によって行われます。必要な権限がない場合、管理者に連絡してく
ださい。
サプライヤ固有のデータ用に事前に提供された設定をチェックし、調整しました。
このアクティビティを検索するには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジェクトビュ
ーを選択します。導入プロジェクトを選択し、 アクティビティ一覧を開く をクリックします。微調整フェーズを選択
し、次にアクティビティ一覧からサプライヤアクティビティを選択します。
参照
サプライヤ - コンフィグレーションガイド
ビジネスパートナの代替 ID
5.3.3
タスク
5.3.3.1
タイムシート編集
概要
タイムシートでは、勤務した時間および取得した休暇を記録して、勤務時間をさまざまなプロジェクトおよびプロジ
ェクトタスクに転記した後、タイムシートを承認に提出します。タイムシートで利用可能なすべての機能の詳細につ
いては、タイムシートを参照してください。
手順
1.
ホームワークセンタのセルフサービス概要ビューが表示されている必要があります。時間で、タイムシート編
集をクリックします。
2.
タイムレコーディングに必要なビューが事前設定されていない場合は、最適なビューを選択します。
172
●
通常、毎日作業するタスクおよびアクティビティの 1 日未満の勤務情報を確認する場合に、日ビュー
を選択して、時間を毎日記録します。
●
通常、週の終わりにその週に作業したタスクおよびアクティビティの 1 日未満の勤務情報を確認する
場合に、週ビューを選択して、時間を毎週記録します。
●
通常、月の終わりにその月に作業したタスクおよびアクティビティの 1 日未満の勤務情報を確認する
場合に、月ビューを選択して、時間を毎月記録します。このビューは、各エントリを個別にリリースす
るのではなく、すべての時間を一度にリリースする場合にも役立つことがあります。
●
該当する時間枠内に複数の異なるタスクやアクティビティで作業したため、それに基づいて時間数を報
告する場合は、ワークリストビューを選択します。
●
プロジェクト管理で請求可能としてフラグ設定されているプロジェクトのプロジェクト時間を記録して
いる場合は、請求可能時間も表示されます。パートナ会社 (購買会社) のプロジェクトタスクのプロジ
ェクト時間を記録している場合は、購買発注が表示されます。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
3.
オプション: 画面の上部でパーソナライズをクリックし、必要に応じて項目を選択または選択解除して、タイ
ムシートで列を追加または削除することができます。選択を保存して終了します。
4.
以下のいずれかの方法で、プロジェクトおよびプロジェクトタスク、またはタイムタイプ (非プロジェクトタ
イムレコーディング) に対して時間を記録します。
マイワークリストの管理 機能を使用すると、ワークリストとタイムシートの両方で、作業パッケージ
(プロジェクトタスクとサービス) およびタイムタイプの表示を制御することができます。従業員は、
直接割り当てられていない作業パッケージに自身を割り当てることもできます。ワークリスト機能にア
クセスするには、 マイワークリスト管理 をクリックします。
●
タイムシートのエントリを表示または非表示にするには、該当する行を選択し、 アクション
をクリックして必要な表示または非表示アクションを選択します。また、可視性列のアイコンを
クリックして表示を切り替えることもできます。
●
ワークリストに追加した作業パッケージやタイムタイプは並行してタイムシートに表示され、逆
の場合も同様です。
●
現在表示されていないタスクを追加するには、作業パッケージ追加をクリックします。作業パッ
ケージ追加ダイアログボックスが開き、必要なタスクおよびサービスを選択することができま
す。サービスのエントリは必須ではありません。
●
まだ明確に割り当てられていないプロジェクトタスクについて行った作業を記録する必要がある
場合は、以下の条件が満たされた場合、作業パッケージを選択すると、関連するサービスが自動
的に検索されます。入力したプロジェクトタスクに 1 つの未割当サービスがあり、自身はその
タスクに属する他のいずれの作業パッケージにも割り当てられていないこと。
サービス業者がプロジェクトタスクの処理を開始したものの、まだそれに割り当てられていない場合、
サービス業者はタスクの ID をマニュアルで入力し、俺に対する時間を記録することができます。この
タスクは、サービス業者がタイムシートを編集するためシステムにログオンするたびに、ワークリス
ト、入力ヘルプおよびタイムシートに表示されます。サービス業者がタスクを削除すると、タスクはワ
ークリスト、入力ヘルプおよびタイムシートに表示されなくなります。
●
プロジェクトタスクおよび受注確認タイムレコーディングの場合:
a.
以下のいずれかの方法でプロジェクトまたは受注のタスクを入力します。
項目カテゴリは非表示であり、パーソナライズすることができます。
1.
カテゴリセルで、プロジェクトタスク確認または受注確認を選択し、タスクの ID を直接入
力するか、入力ヘルプアイコンをクリックします。
受注確認オプションは、ビジネスコンフィグレーションでスコープに含めた場合にの
み表示されます。
選択: タスク画面が表示されます。
入力ヘルプには、直接配置されたすべてのタスク、およびマイワークリストの管理機能を使
用して追加したすべてのエントリが表示されます。また、入力ヘルプには、たとえば、組織
ユニットを介して間接的に割り当てられたプロジェクトのヘッダタスクも表示されます。
2.
b.
●
一覧からタスクを選択します。
対応するプロジェクトまたは受注確認が、タイムシートのタスク列およびアクティビティ列
に自動的に入力されます。
ステップ 5 に進みます。
会社間プロジェクトタイムレコーディングの場合:
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
173
a.
タスクセルで、入力ヘルプアイコンをクリックします。
選択: タスク画面が表示されます。従業員が割り当てられている他のプロジェクトタスクに加え
て、パートナ (購買) 会社のプロジェクトタスクが自動的に選択に使用可能となります。
b.
一覧からタスクを選択します。
対応するプロジェクトおよびサービスが、タイムシートのプロジェクト列およびアクティビティ
列にそれぞれ自動的に入力されます。
時間を入力すると、作業パッケージが属する購買発注明細がシステムで決定され、購買発注の詳
細エリアに表示されます。購買発注明細は、以下の順序で検索することによって検出されます。
1.
従業員、サービス、およびプロジェクトタスク
2.
プロジェクトのヘッダタスク、サービス
3.
原価センタ、サービス
会社間プロジェクトタスク確認の承認プロセスは、従業員とサービス業者では異なる方法で指定
されます。サービス業者によるプロジェクトタスク確認は常に承認のために送信されますが、従
業員の確認はプロジェクトに対して明示的に指定されている場合にのみ、承認の対象となりま
す。
●
5.
非プロジェクトタイムレコーディング、つまり、タイムタイプに対して時間を転記する場合:
a.
アクティビティセルで、入力ヘルプアイコンをクリックします。選択: アクティビティ画面が表
示され、時間を転記できるタイムタイプが一覧表示されます。
b.
必要なタイムタイプを選択し、 OK をクリックします。
表示されないタイムタイプに対して時間を記録する必要がある場合は、 マイワークリストの管理 を
クリックします。タイムタイプビューでワークリストが開きます。 行追加 をクリックし、必要な
タイムタイプを選択します。
開始時刻と終了時刻または期間を入力して勤務時間を記録し、 保存 をクリックします。
●
使用可能な時間入力オプションは、選択したビューによって異なります。日ビューでは、開始時
刻と終了時刻または時間数 (あるいはその両方) を入力することができます。タスクビューで
は、期間を指定するか、選択します。たとえば、02:45 など、必要な時間数および分数で入力ヘ
ルプを上書きすることができます。
下部の詳細セクションに開始時刻と終了時刻を入力することができます。
●
開始時刻と終了時刻を指定すると、時間数項目が自動的に更新されます。このエントリは、より
短い期間を入力する必要がある場合にのみ上書きすることができます。より長い期間でエントリ
を上書きすることはできません。ただし、時間エントリが保存済で、後で開始時刻と終了時刻を
上書きする場合、時間数エントリは変更を反映するように自動的に更新されることはありませ
ん。時間数エントリは、タイムレコーディングをリリースした場合にのみ更新されます。
6.
必要に応じて、タイムレコードの詳細を編集します。たとえば、終了したタスクに対して作業パッケージ完了
区分を設定することができます。この区分は、タイムレコーディングで通知目的でのみ使用されます。必要に
応じてこの区分を選択解除することができます。この情報はプロジェクト管理に渡されます。
7.
顧客プロジェクトのプロジェクト時間数を記録している場合は、テーブルの下に表示される請求可能時間数の
デフォルトが、入力した時間数から設定されます。このエントリは、請求される時間数が作業時間数と異なる
ことを指定する必要がある場合は上書きすることができます。項目の横に表示されるアイコンによって、異な
る請求可能時間数が記録されたことが示されます。デフォルトの時間数に戻すには、項目をクリアし、 Enter
を押します。
8.
受注の時間を記録している場合は、テーブルの下に表示されるサービス確認数量のデフォルトが、入力した時
間数から設定されます。
9.
必要に応じて、表示される項目に勤務内容説明や内部コメントを入力します。勤務内容説明は、プロジェクト
請求などの目的で外部で使用することができ、たとえば、プロジェクト時間を Microsoft Excel にエクスポ
174
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
ートした場合は、Microsoft Excel® テンプレートに表示されます。内部コメントは内部使用専用であり、主
に承認プロセスで、プロジェクトマネージャとチームメンバー間の通信に使用されます。
10. 記録された時間をリリースするには、 リリース
リリース完了メッセージが表示されます。
をクリックしてすべてまたは選択された期間を選択します。
勤務スケジュールが割り当てられている従業員の無給扱いの休憩の減算に関する注意: 従業員の勤務ス
ケジュールで定義されている無給扱いの休憩は、従業員勤務時間がリリースされた場合にのみ減算さ
れ、無効ステータスの間は減算されません。たとえば、従業員の勤務スケジュールで、無給扱いの休憩
が 13:00 から 14:00 まで指定されているとします。従業員が勤務時間を 07:00 から 16:00 まで記録
します。タイムシートには 9 時間の無効レコードが表示され、勤務時間がリリースされた場合にのみ、
1 時間の休憩が減算されます。
結果
●
プロジェクトに対して時間を記録し、承認が必要な場合は、プロジェクトマネージャに承認タスクが送信され
ます。
●
パートナ会社のプロジェクトタスクに対して時間を記録した場合、追加処理の関連通知がプロジェクト管理、
会計管理、および購買管理に自動的に送信されます。
●
タイムタイプに対して時間を記録した場合は、設定に応じて、勤怠管理者に承認タスクや通知が送信される場
合と、何も送信されない場合があります。ステータス列で、記録された時間のリリースステータスと承認ステ
ータスの両方が、アイコンおよびテキストで示されます。
●
受注に対して時間を記録した場合は、サービス確認が自動的に登録されます。
フォローアップアクティビティ
顧客プロジェクトに対して時間を記録した場合は、たとえば、プロジェクトのアクティビティレポートを実行し、詳
細を Microsoft Excel にエクスポートして、レポートをサインオフ用に印刷することができます。レポートを実行
するには、 アクティビティレポートの表示 をクリックし、選択を指定します。顧客プロジェクトの時間を記録する場合
は、入力した請求可能時間数のみがアップロードされてアクティビティレポートに表示され、記録した時間数はアッ
プロードおよび表示されません。詳細については、アクティビティレポート表示を参照してください。
参照
タイムシート
休暇申請の登録
休暇申請の取消
タイムレコーディングの承認
Microsoft Excel を使用した勤務時間のアップロード
5.3.3.2
Microsoft Excel® からの時間を記録
概要
事前定義済の Microsoft Excel テンプレートに時間を入力して SAP Business ByDesign システムにアップロードす
ることで、時間を記録することができます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
175
前提条件
最新の Microsoft Excel 用アドインをインストールしておきます。これは、設定したソリューションに応じて、ホ
ームワークセンタのセルフサービス概要、アプリケーション/ユーザ管理ワークセンタのダウンロードセンタ、また
はユーザインタフェースで直接使用可能なダウンロードリンクから行うことができます。
また、ブラウザの設定が正しく設定されていることも必要となります。このことは、ログオン画面のマイコンピュー
タの設定チェックをクリックすることによって確認することができます。
ユーザのアップロード権限のスコープは、ユーザの権限によって異なります。ここでは、どの権限がどのユー
ザに割り当てられるかについて説明します。
●
プロジェクトマネージャは、すべてのサービス業者を対象とするアップロードを実行することができま
す。
●
ラインマネージャは、自身の部門内のすべての従業員を対象とするアップロードを実行することができ
ます。
●
勤怠管理担当者は、社内のすべての従業員を対象とするアップロードを実行することができます。
ステップ
SAP Business ByDesign システムで、サービス業者ビューに移動します。このビューには、以下の場所からアクセス
することができます。
●
ビジネスパートナデータワークセンタ
●
プロジェクト管理ワークセンタ
●
サプライヤベースワークセンタ
アクション
、Microsoft Excel® からの時間を記録の順にクリックします。
テンプレートの取得
1.
テンプレートを選択します。
必要な言語のテンプレートを選択し、ダウンロードをクリックします。
スコーピング中に選択した言語を選択することができます。スコーピング中に選択した言語が 1 つの
みである場合は、選択元となる言語バージョンの選択肢は表示されません。
2.
テンプレートの処理方法を決定します。以下のオプションのいずれかを選択します。
●
テンプレートを 1 度しか使用しない場合は、保存せずにテンプレートを開くことができます。開くをク
リックします。
●
再利用できるようにテンプレートを保存する場合は、ファイルを保存する場所を選択し、適切なファイル
名を入力し、保存をクリックします。次に、開くをクリックします。
このテンプレートを前にダウンロードし、コンピュータ上に保存している場合は、テンプレートを保存した場
所にナビゲートして開きます。
Microsoft Excel からソリューションへのログオン
1.
Microsoft Excel の SAP アドインリボンで、ログオンをクリックします。
SAP アドインリボンが表示されない場合は、Microsoft Excel のアドインが適切にインストールされて
いることをチェックします (この文書の前提条件を参照)。
176
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
ダイアログボックスが開き、そこにログオン詳細を入力することができます。システム URL が自動的に提案
されます。システム URL は、作業しているシステムの URL です。
2.
ユーザ ID およびパスワードを入力し、ログオンをクリックします。
システムへの最初のログオン後、リボンテキストが SAP アドインから自分のソリューションの名前に
変更されます。
Microsoft Excel テンプレートでの詳細の入力
以下のことに注意してください。
●
Microsoft Excel テンプレートには、複数の行が表示され、そこにデータを入力またはコピーすること
ができます。さらに必要な場合は、データを入力またはコピーする前に、必要な行数を追加します。
●
必須項目 (アスタリスクのマークが付いた項目) が入力されていることを確認します。
●
詳細の入力に役立つ機能:
○
一部の項目にはドロップダウンリストが用意されています。
○
一部の項目では、国などのデータをシステムで検索することができます。項目の上にカーソルを置
き、ソリューションのツールバーまたはリボンのルックアップをクリックして、システムを検索し
ます。表示されたルックアップダイアログボックスで、検索項目を使用することができます。検索
項目へのテキストの入力を開始すると、関連エントリが ID 列とテキスト列でフィルタリングされ
るため、一覧全体をスクロールする必要がなくなります。ルックアップボタンがリボンまたはツー
ルバーで有効になっていない場合、検索を実行することはできません。
国項目に国コードを入力します。開始時刻、終了時刻、期間、サービス、プロジェクトタスク、購買発注、さまざま
な請求可能期間、勤務内容説明、内部コメントなどのプロジェクト勤怠データを該当する列に入力します。
プレミアム支給列は、サービス業者に適用されません。
データの保存
1.
すべてのデータの入力が完了したら、Microsoft Excel ファイルを保存します。
2.
データ保存先 をクリックします。
ダイアログボックスが開き、データがソリューションに保存されることが通知されます。
アップロード後、メッセージが表示され、データがソリューションに保存されたことが通知されます。
必須情報の一部を提供しなかった場合、または誤った情報を提供した場合は、一部のレコードが保
存されなくなります。エラーメッセージで問題が強調表示されるため、問題を修正してデータを再
度保存することができます。
3.
次に、 ログオフ をクリックしてログオフすることができます。
結果
新しい時間が、SAP Business ByDesign システムに保存され、サービス業者ビューの一覧に追加されます。
このような時間に変更を加える必要がある場合は、Microsoft Excel テンプレートで変更してから再度 SAP Business
ByDesign システムにアップロードすることができます。
アップロードした記録が勤怠管理担当者などによってシステムで変更された場合には、この変更を新しいアッ
プロードで上書きすることはできません。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
177
5.4
サプライヤ階層ビュー
5.4.1
サプライヤ階層クイックガイド
この文書について
調達チームのメンバーは、顧客のサプライヤ階層情報に完全かつ容易にアクセスできる必要があります。サプライヤ
ベースワークセンタのサプライヤ階層ビューでは、現在システムに存在するすべてのサプライヤ階層の概要が提供さ
れます。サプライヤ階層を表示、登録、および編集することができます。
ビジネスバックグラウンド
サプライヤ階層
会社は、多数のグループ会社を持つサプライヤと頻繁に取引をします。大規模なサプライヤの複雑な組織構造を構成
する複数のレベルのグループ会社を、サプライヤ階層で表すことができます。
詳細については、サプライヤ階層を参照してください。
タスク
サプライヤ階層の登録
をクリックしてから、階層をクリックします。
1.
サプライヤ階層ビューで 新規登録
2.
階層ノード名および階層ノード ID を入力します。また、階層ノードに関するノートも入力できます。
階層ノード ID を入力しないと、ID が自動的に割り当てられます。
3.
サプライヤを階層に追加するには、サプライヤで 行追加 をクリックします。
4.
入力ヘルプを使用して、一覧からサプライヤを選択します。
基本モードでのサプライヤ階層の編集
1.
サプライヤ階層を編集するには、階層内の任意のノードを選択し、 編集 をクリックします。
階層のすべてのノードを表示するには、ノードの隣に表示される矢印をクリックするか、 アクション
をクリックしてから展開をクリックします。すべての階層を展開するには、全展開をクリックします。
元のビューに戻るには、圧縮または全圧縮をクリックします。
2.
サプライヤ階層エディタが開きます。
3.
エディタでは、以下を実行できます。
●
新規階層ノードを登録します。
178
1.
サプライヤ階層で、下位ノードを追加するノードを選択します。
2.
新規登録
をクリックしてから階層ノードをクリックし、必要なデータを入力します。
登録したノードが、選択したノードの 1 レベル下のノードになります。
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
●
エディタ内で階層ノードを編集するには、ノードを選択し、編集をクリックします。以下のオプションが
あります。
○
階層に変換
選択したノードが新規階層の最上位ノードになり、すべての下位ノードが保持されます。
○
削除
下位ノードが存在しない場合にのみ、階層ノードを削除できます。
○
カットとペースト
単一階層内で階層ノードのカットとペーストを行うには、階層ノードを選択し、カットをクリック
します。次に、カットしたノードをペーストする位置の上のノードを選択し、ペーストをクリック
します。
ペーストしたノードが、選択したノードの 1 レベル下のノードになります。
階層ノードエディタで、階層内のすべてのノードの階層ノード名を編集することもできます。
詳細でノートを編集し、サプライヤを追加および削除することができます。
詳細モードでのサプライヤ階層の編集
1.
サプライヤ階層のエディタまたはクイックアクティビティで、 詳細モード をクリックします。
2.
編集する追加階層を、サプライヤ階層の一覧に追加します。そのために、以下のオプションがあります。
●
新規サプライヤ階層を登録します。
新規登録 をクリックし、階層ノードに必要な情報を入力します。
●
3.
システムにすでに存在するサプライヤ階層を選択します。
選択 をクリックし、値選択を使用してサプライヤ階層を選択します。
選択したサプライヤ階層が、サプライヤ階層の一覧に追加されます。
編集するサプライヤ階層をサプライヤ階層の一覧に追加したら、以下のオプションがあります。
●
個別のサプライヤ階層を編集します。階層ノードでサプライヤ階層を選択し、情報を編集します。
編集
●
の機能は、基本モードと同じです。
階層間で階層ノードのカットおよびペーストを行います。
1.
階層ノードで表示しているサプライヤ階層から階層ノードを選択し、 編集
ットをクリックします。
をクリックしてからカ
2.
サプライヤ階層の一覧で、サプライヤ階層を選択します。次に、カットしたノードをペーストする
位置の上のノードを選択し、 編集 をクリックしてから、ペーストをクリックします。
サプライヤ階層ノードへの直接ナビゲート
階層ノードに直接ナビゲートするには、以下を実行します。
1.
ロケート をクリックします。
ダイアログボックスが開きます。
2.
検索データを入力し、 ジャンプ をクリックします。
検索オプションを増やすには、詳細検索モードを使用します。
3.
生成された一覧から階層ノードを選択します。
4.
ロケート をクリックします。
ダイアログボックスが閉じ、各サプライヤ階層で選択したノードが表示されます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
179
Microsoft Excel® を使用したサプライヤ階層のエクスポート
詳細については、Microsoft Excel を使用したビジネスデータのエクスポート [ページ 60]を参照してください。
サプライヤ階層のグラフィカルビューでの表示
サプライヤ階層をグラフィカルビューで表示するには、階層内の任意のノードの階層ノード名または階層ノード ID
をクリックします。
サプライヤ階層概要がグラフィカルビューで開きます。このビューでは、以下を実行できます。
●
ステップインおよびステップアウト
上位ノードなしでノードを表示するには、ノードを選択し、 アクション をクリックしてから、ステップイン
をクリックします。
このビューから外にナビゲートするには、 アクション をクリックしてから、ステップアウトをクリックしま
す。
●
拡大/縮小またはページの大きさに合わせる処理を行います。
●
グラフィカルビューとテーブルビューを切り替えます。
画面右上隅のグラフに切替またはテーブルに切替ボタンをクリックします。
グラフィカルビューとテーブルビューの両方で、以下を実行できます。
●
階層ノードを展開および圧縮します。
グラフィカルビューでは、プラスサイン (+) をクリックして階層ノードを展開し、マイナスサイン (-) をク
リックして階層ノードを圧縮することができます。
●
画面に表示されたサプライヤ階層を印刷します。
●
新規階層を登録します。
●
サプライヤ階層のすべてのデータを表示します。
すべて表示 または 編集 をクリックし、サプライヤ階層のエディタにナビゲートします。
参照
5.4.2
ビジネスバックグラウンド
5.4.2.1
サプライヤ階層
概要
会社は、多数のグループ会社を持つサプライヤと頻繁に取引をします。大規模な顧客の複雑な組織構造を構成する複
数のレベルのグループ会社を、サプライヤ階層で表すことができます。
American Warehouse サプライヤには、グループ会社が 3 社あります。West Coast、Central、および East
Coast です。また、West Coast 子会社には、さらにグループ会社が 2 社あります。Northwest と Southwest
です。これらの各グループ会社はサプライヤ階層ノードで表されます。
180
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
前提条件
設定
通常、コンフィグレーションは管理者が行います。必要な権限がない場合は、管理者に連絡してください。
サプライヤ階層を登録および編集するには、ソリューションコンフィグレーションでサプライヤ階層の使用を有効化
しておきます。このビジネスオプションを検索するには、ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導
入プロジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを選択し、 プロジェクト範囲編集 をクリックします。
プロジェクトのスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内でビジネスパートナが選択されていることを確認し
ます。質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、ビジネスパートナを選択します。ビ
ジネスパートナの処理を選択し、サプライヤ階層に関連する質問に回答します。
サプライヤ階層のノード
階層構造は柔軟性があります。ユーザは、1 つのノードにサプライヤを無制限に割り当てることができます。また
は、サプライヤが割り当てられていないノードを持つことがきます。新規のサプライヤ階層と下位レベル階層ノード
を登録することができます。
階層ノードごとに、階層ノード ID、内容説明、テキスト (長)/ノートなどのプロパティを更新することができます。
カットとペーストを使用してノードの再割当 (階層間の再割当など) を行うことができます。
グラフィカルビュー
グラフィカルビューでは、個々のサプライヤ階層が分かりやすく視覚的に表示されます。階層ノードの展開および圧
縮をグラフィカルビューで行うことができます。
基本モードおよび詳細モード
基本モードまたは詳細モードで作業するオプションがあります。詳細モードを使用すると、サプライヤ階層間でノー
ドのカットとペーストを行うことができます。
5.5
5.5.1
レポートビュー
契約支出額
概要
このレポートには、過去 12 カ月間の会社の合計支出額、契約支出額、および契約支出率が表示されます。このレポ
ートでは、月およびサプライヤ別、または月および製品カテゴリ別の契約支出額を分析することができます。契約支
出額が多いほど、会社での契約使用は良好であり、規定外支出額は少なくなります。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
181
●
契約支出額。
過去 12 カ月にわたる合計支出額および契約支出額がテーブル形式またはチャートで表示されます
●
契約支出額 (製品カテゴリ別)
過去 12 カ月にわたる会社の製品カテゴリ別の合計支出額、契約支出額、および契約支出率がテーブル形式ま
たはチャートで表示されます。
●
契約支出率 (過去 12 カ月)
過去 12 カ月にわたる契約支出率 (合計支出額内における契約支出額の比率) が表示され、ワークセンタ概要
のグラフィカルビューとしてテーブル形式またはチャートで表示することができます。
●
契約支出額 (過去 12 カ月)
過去 12 カ月にわたる合計支出額の一部としての累積契約支出額が表示され、ワークセンタ概要のグラフィカ
ルビューとしてテーブル形式またはチャートで表示することができます。
合計支出額 (支出カテゴリ別) レポートを使用して、最も重要な支出カテゴリ (契約支出額、購買発注支出
額、規定外支出額) を分析することができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、照会するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
選択した以下の変数について追加情報を利用することができます。
●
●
●
契約ステータス
以下の契約ステータスに関連するデータが表示されます。
○
準備中
○
交渉中
○
承認中
○
改訂中
○
却下済
○
リリース済
○
終了済
有効期限ステータス
以下の契約ステータスのいずれかに関連するデータが表示されます。
○
期限終了前
○
有効期限間近
○
期限終了
購買契約 ID
1 つ以上の購買契約 ID に関連するデータが表示されます。
レポートの分析
このレポートには、契約支出額の分析が合計支出額、契約支出額、および契約支出率別に表示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
請求書年度/月は、今月を含む過去 12 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
182
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
●
規定外支出額
●
合計支出額 (支出カテゴリ別)
●
契約追跡 [ページ 139]
[ページ 141]
[ページ 147]
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
5.5.2
価格履歴 (製品/サプライヤ別)
概要
このレポートには、過去 12 カ月の製品および納入サプライヤ別の価格履歴が、請求額をもとに計算された平均価格
に基づいて表示されます。請求数量をチェックすることで、会社にとっての購買製品の重要度を確認することもでき
ます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数について値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
レポートの分析
このレポートには、製品の調達数量および平均価格 (基本数量単位) が、サプライヤ別に、指定した期間の月次で表
示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
請求書年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
転記ステータスは転記済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから価格信頼度
[ページ 143]にナビゲートできます。
参照
レポートビュー
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要 [ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
183
5.5.3
価格信頼度
レポートには、1 つ以上の選択されたサプライヤから購入したすべての製品の比較が示され、購買発注価格と請求価
格の差異が表示されます。選択されたサプライヤの製品ごとに、平均購買発注価格と平均請求価格が計算され、指定
された期間におけるこれらの価格が比較されます。
このレポートには、これらの 2 つの価格の差異が絶対金額およびパーセントで表示されます。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
サプライヤ別価格信頼度
1 件以上のサプライヤの価格信頼度を、そのサプライヤが納入する製品に関して表示します。平均購買発注価
格が平均請求価格と比較されて、絶対偏差と相対偏差が計算されます。これは、価格信頼度に関してサプライ
ヤを評価する際に役立ちます。
●
製品別価格信頼度
1 つ以上の製品の価格信頼度を、その製品を納入するサプライヤに関して表示します。平均購買発注価格が平
均請求価格と比較されて、絶対偏差と相対偏差が計算されます。これにより、価格信頼度に関して製品を評価
することができます。
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、表示するデータを指定することができます。すべての必須変
数に対して値選択を行う必要があります。システムでは、必須変数はアスタリスク (*) で示されます。
レポートの分析
このレポートには、選択したサプライヤ、または選択したサプライヤのグループから購買したすべての製品の価格分
析が表示され、購買発注価格と請求価格間の偏差が示されます。
このレポートについて以下のデータがフィルタ処理されます。
●
取消ステータスから取消済が除外されます。
●
明細取消ステータスから取消済が除外されます。
●
請求書ステータスは一部請求済と請求済に制限されます。
●
明細タイプから制限が除外されます。
●
発注済年/月は過去 12 カ月に制限されます。
●
発注ステータスは発注済に制限されます。
このレポートのデータをさらに分析するために、特性を行および列にドラッグすることができます。
このレポートから以下にナビゲートできます。
●
価格履歴 (製品/サプライヤ別)
[ページ 101]
参照
レポートビュー
184
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるレポートの概要
[ページ 21]
サプライヤリレーションシップマネージメントにおけるデータソースの概要
5.5.4
サプライヤの詳細
概要
サプライヤの購買条件の概要確認のために購買担当マネージャおよび購買担当者が使用できる、サプライヤマスタデ
ータの概要を提供します。住所データなどの基本的なサプライヤデータが、購買管理固有の情報や財務情報とともに
提供されます。
このレポートにこれまで使用していた BUPSPPB データソースは段階的に廃止され、今後 BPSPPB に置き換え
られます。レポートを登録またはコピーするときや、連結データソースまたは結合データソースを登録すると
きは、新しいデータソースを使用することをお奨めします。
前提条件
ソリューションコンフィギュレーションでレポートを選択しておきます。このビジネスオプションを検索するには、
ビジネスコンフィグレーションワークセンタに移動し、導入プロジェクトビューを選択します。導入プロジェクトを
選択し、プロジェクト範囲編集をクリックします。プロジェクトのスコーピングステップで、一般ビジネスデータ内
でビジネスパートナが選択されていることを確認します。
質問ステップで、一般ビジネスデータスコーピングエレメントを展開し、ビジネスパートナを選択します。ビジネス
パートナ向けレポートおよび分析を選択し、サプライヤのレポートに関連する質問に答えます。
ビュー
このレポートでは、以下のビューを使用することができます。
●
サプライヤデータ
サプライヤに使用可能な特性がすべて表示されます。
●
サプライヤ一般データ
名称、住所、通信/連絡データなどサプライヤについて選択した一般データが、業種、法形態、通貨、および
最小購買発注金額とともに表示されます。
●
サプライヤ購買データ
選択した一般データの他に、支払条件、購買発注通貨、ERS (入庫/請求自動決済)、サプライヤ側顧客 ID、イ
ンコタームズなど購買管理プロセスに関連するデータが表示されます。
このビューは、レポートの事前提供済デフォルトビューでもあります。
●
サプライヤ銀行データ
●
サプライヤ税データ
機能
レポートの実行
レポートを実行する前に、変数の値選択を行うことで、照会するデータを指定することができます。
このレポートには、以下の変数を使用することができます。
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
P U B L I C • © 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
185
●
サプライヤ
●
市区町村
●
国
●
ステータス
レポートの分析
レポートには、サプライヤに関して以下のデータが表示されます。
●
以下のようなサプライヤの基本データ
○
サプライヤ名と ID
●
○
住所と通信/連絡データ
○
DUNS や標準キャリアアルファコード (SCAC) などの代替 ID
以下のようなサプライヤの購買データ
○
インコタームズ
●
○
インコタームズロケーション
○
購買発注通貨
○
最小購買発注金額
○
通貨
○
支払条件
○
ERS (入庫/請求自動決済)
○
見込購買発注請書
○
保留購買
○
サプライヤ側顧客 ID
サプライヤの財務データ
○
銀行名や銀行口座データなどの銀行データ
○
課税国、税管轄コード、税番号、源泉徴収税情報などの税データ
このレポートのデータをさらに分析するには、特性を行および列にドラッグします。
参照
一般ビジネスデータにおけるレポートの概要
一般ビジネスデータにおけるデータソースの概要
レポートビュー
186
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved. • P U B L I C
SAP Business ByDesign 2016 年 8 月
サプライヤベース
www.sap.com/contactsap
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All
rights reserved.
本書のいかなる部分も SAP SE または SAP 関連会社の
明示的許可なしに、いかなる形式、目的を問わず、複
写、または送信することを禁じます。
本書に記載された情報は、予告なしに変更されることが
あります。SAP SE がライセンスする、またはその頒布
業者が頒布するソフトウェア製品には、他のソフトウェ
ア会社の専有ソフトウェアコンポーネントが含まれてい
ます。製品仕様は、国ごとに変わる場合があります。
これらの文書は SAP SE または SAP 関連会社が情報提
供のためにのみ提供するもので、いかなる種類の表明お
よび保証を伴うものではなく、SAP またはその関連会社
は文書に関する誤記・脱落等の過失に対する責任を負う
ものではありません。SAP または SAP 関連会社の製品
およびサービスに対する唯一の保証は、当該製品および
サービスに伴う明示的保証がある場合に、これに規定さ
れたものに限られます。本書のいかなる記述も、追加の
保証となるものではありません。
SAP、および本書で言及されるその他 SAP の製品および
サービス、ならびにそれらのロゴは、ドイツおよびその
他諸国における SAP SE (または SAP 関連会社) の商
標または登録商標です。記載されたその他すべての製品
およびサービスはそれぞれの会社の商標です。商標に関
する追加情報と注意事項については、http://
www.sap.com/corporate-en/legal/copyright/
index.epx をご覧ください。
アイコンの提供に関する詳細につい
W3C による
ては、http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/
をご覧ください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
1 537 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content