close

Enter

Log in using OpenID

Vol.504 - 岡山県臨床検査技師会

embedDownload
会報
発行責任者
一般社団法人
ホームページ:http://okaringi.or.jp
一般社団法人 岡山県臨床検査技師会
編集責任者
2015. 12月号
前田敦子
倉敷中央病院 臨床検査技術部
TEL:086-422-0210(内 3726)
FAX:086-421-3424
E-mail:[email protected]
Vol.504
◆これからの岡山県臨床検査技師会の予定
月
日
(曜)
講演会・行事など
平成27年度 第2回 一般検査部門講演会「細胞にとことんこだわってみよう!!」
会 場:川崎医療短期大学 200番大講義室
平成27年度 糖尿病療養指導講演会
「糖尿病を基礎から学び,指導に活かす!!」
会 場:川崎現代医学教育博物館
平成27年度 OT3セミナー 病院の仕事体験「本気で病院ごっこしよう!」
会 場:岡山生涯学習センター 人と科学の未来館サイピア
形態検査部門講演会
「困った病理3・免疫染色の精度管理∼その免疫染色,大丈夫!?∼」
会 場:岡山大学医学部保健学科 301大講義室
生理機能部門講演会「さぁ,はじめよう!血管超音波検査!!」
会 場:岡山大学医学部基礎講義棟 2階講義室
形態検査部門講演会「血液 R-CPC的データの読み方」
会 場:川崎医科大学現代医学教育博物館
移植検査部門講演会「輸血の困ったを解決する」
会 場:岡山大学病院 地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)
6(日)
12月
17(日)
1月
23(土)
23(土)
30(土)
20(土)
2月
28(日)
※関連学会・団体行事,後援行事などは,本会報の別ページおよびホームページにも掲載しています。
講習会など行事予定は携帯電話からもアクセスできます。
http://www.okaringi.or.jp/yotei/mobile/yoteimobile.htm
学術部からの
お知らせ
平成27年度 第2回 一般検査部門講演会
日
場
内
時
所
容
生涯教育点数
参 加 費
問合せ先
平成27年12月6日
(日)
10:00∼16:10 川崎医療短期大学 200番大講義室
「細胞にとことんこだわってみよう!!」
「尿沈渣に出現する細胞集塊の組織型および良・悪性の鑑別法」
がん研有明病院 臨床検査センター 八木 靖二 先生
「尿定性検査の見方・考え方」
栄研化学株式会社 河野 秀幸 先生
「細胞となかよくなりましょう!!髄液編」
岡山大学病院 石倉 寛子 先生
「細胞にちょっとだけこだわってみよう!!体腔液編」
川崎医科大学附属病院 米 亮祐 先生
専門−20点
1,000円
倉敷リバーサイド病院 中川 裕美
TEL:086-448-1111 E-mail:[email protected]
☆講演会のポイント:今回の講演会は,細胞に『とことん』こだわります。尿沈渣で細胞集塊見つけたとき,ど
うみたらいいのかわからない方,髄液や体腔液にどんな細胞が出るのか知りたい方,多くの症例から学びましょう!!
注意事項:お弁当とスリッパは各自でご用意ください。
総合管理部門講演会
日
場
内
時
所
容
平成28年1月17日(日)
13:00∼16:30 川崎現代医学教育博物館
平成27年度 糖尿病療養指導講演会「糖尿病を基礎から学び,指導に活かす!!」
「検査技師も知っておきたい糖尿病のお薬のはなし」
水島協同病院 薬剤部 大西 順子 先生
「糖尿病療養指導における患者病識の把握と活用について」
∼医療者側と患者側との病識のズレ,ライフスタイル調査から見えてくるもの∼ 和風会 中島病院 櫻井 博重 先生
生涯教育点数
参 加 費
問合せ先
「糖尿病治療の管理目標値 ∼量より質が求められる時代に∼」
医療法人和香会 倉敷スイートホスピタル 松木 道裕 先生
専門−20点
500円
岡山赤十字病院 丹下 雅貴
TEL:086-222-8811 E-mail:[email protected]
☆講演会のポイント:糖尿病治療の管理目標値は,量より質が求められる時代になっています。臨床検査技師も
多様化する糖尿病薬を知っておくことは重要なことです。また糖尿病患者さんの検査データの変動を見るだけで
なく,患者さん自身がどのような認識を持っているかを知ることも大切です。
今回の講演会で,糖尿病を基礎から学び,今後の糖尿病療養指導に活かしましょう。
なお,本研修会は「日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修会」として<第2群>1単位を申請中です。
形態検査部門講演会
日
場
内
時
所
容
生涯教育点数
参 加 費
問合せ先
平成28年1月23日(土)
14:00∼16:30
岡山大学医学部保健学科301大講義室
「困った病理3・免疫染色の精度管理∼その免疫染色,大丈夫!?∼」
「分子標的治療薬の適応を決める重要なバイオマーカー診断」
中外製薬株式会社 古株 靖久 先生
「免疫染色の進め方 −用手法での精度管理」
岡山赤十字病院 林 栄子 先生
「免疫染色の進め方 −自動染色での精度管理−」
岡山大学病院 那須 篤子 先生
専門−20点
500円
岡山大学病院 医療技術部 藤田 勝
TEL: 086-235-7760 E-mail: [email protected]
☆講演会のポイント:免疫組織化学は,今や病理診断になくてはならない技術のひとつ。その染色手法には,
これまでにさまざまな改良が重ねられ,染色結果の精度は高くなりました。しかし,病理診断結果にコミットする
この技術には,その精度を管理し,保証することが何よりも重要です。今回の講演会では,免疫染色の精度管
理のあり方を考えながら,用手法と自動染色それぞれの立場の,精度を保証する技術や工夫を学びたいと思い
ます。
生理機能部門講演会
日
場
内
時
所
容
生涯教育点数
参 加 費
問合せ先
平成28年1月30日(土)
13:00∼17:00
岡山大学医学部基礎講義棟 2階講義室
「さぁ,はじめよう!血管超音波検査!!」
「下肢動脈超音波検査」
姫路赤十字病院 林 愛子 先生
「腎動脈超音波検査」
心臓病センター榊原病院 有高 進悟 先生
「下肢静脈超音波検査」
倉敷中央病院 横田 佳代子 先生
専門−20点
500円
岡山大学病院 医療技術部 渡辺 修久
TEL: 086-223-7151 E-mail: [email protected]
☆講演会のポイント:これから血管超音波検査(腎動脈,下肢静脈,下肢動脈)をはじめようと考えている方,
もう一度,初心に帰って検査方法,テクニックを見直したい方,様々なニーズに応えるべく,各領域の経験豊富
な先生に講演していただきます。この機会に,是非,頭の中を整理して,聞きたい事を聞いておきましょう。
形態検査部門講演会
日
場
内
時
所
容
生涯教育点数
参 加 費
問合せ先
平成28年2月20日(土)
14:30∼16:30
川崎医科大学現代医学教育博物館
「血液 R-CPC的データの読み方」
岡山大学病院 渡部 俊幸 先生
専門−20点
500円
金田病院 中央検査科 見村 典子
TEL: 0867-52-3250 E-mail: [email protected]
☆講演会のポイント:今,血液学的検査は分析装置にかけるだけで数値情報として結果が表示されます。検体
検査をおこなっている検査技師は直接患者さんと顔を合わせる機会は少ないのですが,1本の採血管により患者
さんとつながっています。今回は得られた検査値から,どこまで患者さんの身体に起こっている病態を推測する
ことができるか。その考え方などをご教示していただきます。明日からの検査業務で,今まで気づかなかったも
のが見えてくるかもしれません。
注意事項:駐車場は外来駐車場をご利用ください。
(1時間100円)自費でお願いします。
移植検査部門講演会
日
時
場
所
内
容
生涯教育点数
参 加 費
問合せ先
平成28年2月28日(日)
14:00∼16:10
岡山大学病院 地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)
「輸血の困ったを解決する」
専門−20点
500円
玉野三井病院 高津 昌吾
TEL: 0863-31-4187 E-mail: [email protected]
☆講演会のポイント:今回の輸血部門講演会は,事前に皆様から募集しました『輸血の困った』について,考察
します。
「血液型で反応が弱いんだけど…。直接クームスが陽性,次は何をすれば…。緊急時の輸血対応はどう
しよう…。
」
当日は一緒に「困った」を解決しましょう。
渉外部からの
お知らせ
平成28年新年互礼会のご案内
日
時
場
所
参 加 費
申込締切
送 信 先
平成28年1月9日
(土)
18:00∼
ANAクラウンプラザホテル岡山(旧 岡山全日空ホテル)1F「曲水」
7,000円
12月11日(金)
岡山県臨床検査技師会 事務所
FAX:086-243-7344 E-mail:[email protected]
問合せ先
倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命医科学科 泉 礼司
TEL:086-440-1098 E-mail:[email protected]
詳細は,11月号の会報に同封の別紙案内をご確認ください。
第51回岡山県臨床検査技師会ソフトボール大会の結果
優 勝:倉敷中央病院A 準優勝:倉敷芸術科学大学A 3 位:岡山済生会総合病院 4 位:倉敷連合
成 績 (敬称略)
●ホームラン競争
男性 1位:仲辻 達也(重井医学研究所附属病院)
女性 1位:白﨑 有希(倉敷中央病院)
2位:高田 陽平(岡山医学検査センター)
2位:小田 一美(岡山済生会総合病院)
3位:柴田 一樹(倉敷芸術科学大学)
3位:大平 綾美(倉敷中央病院)
●MVP :筑地 日出文(倉敷中央病院)
金谷 京子(倉敷芸術科学大学)
岩城 紗弥子(重井医学研究所附属病院)
●優秀選手賞 :林原 愛恵(岡山済生会総合病院)
平成27年11月1日(日)山田グリーンパーク(岡山市
南区山田)にて第51回岡山県臨床検査技師会ソフトボール
大会が開催されました。昨年は,当日の7時頃まで降って
いた雨がうそのように止み,2年越しの待ちに待った開催
となりました。今回も前日までの天気予報では,雨…不安
な当日を向かえましたが,11月としては快適な気候の中,
岡本会長のバツグンの始球式でゲーム開始となりました。
16チームの参加を頂き,盛り上げていただいた会員のみな
さん,ありがとうございました。今回,決勝は倉敷中央病
院Aチームと倉敷芸術科学大学Aチームの対戦となりまし
たが,第50回大会に続き,倉敷中央病院Aチームが連覇を
成し遂げました。
各賞受賞者の声
●優勝チーム
今年は,天候にも恵まれ気持ちのいい秋晴れの中ソフトボール大会へ
の参加となりました。倉敷中央病院では,若手,ベテランを問わずこの
ソフトボール大会に向けて2 ヶ月前から業務後に練習をしてきました。
みんなで和気あいあいと練習して,普段の運動不足解消と世代を超えた
交流の場となっています。練習の甲斐あって,大会本番では“優勝”と
いう最高の結果を手にすることができました。倉敷中央病院から3チーム
出ていましたが決勝戦ではチーム関係なくみんながひとつになって応援
していました。また,今大会はホームラン競争やエキシビジョンマッチ
など試合以外のイベントで他チームとの交流の機会がありとても楽しい1
日でした。この度,大会の企画運営に当たられた関係者の皆様には心か
ら感謝いたします。 (倉敷中央病院Aチーム 三吉 大地)
決勝トーナメント
3位決定戦
●準優勝チーム
今年も大会に参加させていただきありがとうございました。
今回 準優勝することができ嬉しく思います。来年は優勝でき
るようにまた練習頑張っていきます!
準備して頂いた役員の皆様方に感謝申し上げます。
(倉敷芸術科学大学 山岸 真衣)
●ホームラン競争
川崎短大時代に愛用していた青いビヨンドを借りての挑戦でし
たが当時と変わらずやっぱりホームランバットでした。
(重井医学研究所附属病院 仲辻 達也)
チーム代表でホームラン競争に参加させていただき,女性の部で1位を獲得することができました。
1発勝負でとても緊張しましたが,良い結果を残すことができて満足しています。職場のチームだけではなく,他のチームからの応援もあ
り,とても支えられました。圧倒的な飛距離だった(らしい)ため記録を測ってもらえず残念でした。次大会でまた皆さんと戦えることを
楽しみに毎晩素振りします。お疲れ様でした。
(倉敷中央病院 白 有希)
●MVP
栄誉あるMVPをいただきまして,本当にありがとうございます。倉中代表として頂いたものであり,チーム全員に御礼を申し上げたいと
思います。決勝戦での完投はチームの協力の賜物で,50歳を過ぎ念願のピッチャーが出来たことに満足しています。また今大会では2本のホー
ムランを打つことが出来て,日頃の身体改造が功を奏したと自負しています。これからも健康増進の一貫として,ソフトボール参加を継続
していきたいと思います。
(倉敷中央病院 筑地 日出文)
チームのメンバーに支えられて頂けた賞だと思います。すてきな思い出になりました。
(倉敷芸術科学大学 金谷 京子)
●優秀選手賞
皆様お疲れ様でした。次の日の筋肉痛が辛かったのは覚えています。済生会は去年5位,今年は3位と次第に順位を上げていますので来年
こそは優勝目指して,皆で力合わせて頑張っていこうと思っています。個人的に賞を頂いて非常に驚いています。経験者ではないのですがピッ
チャーとして出させてもらい,他病院の方々と対戦出来て楽しい思い出が出来ました。内野,外野,キャッチャーが必ず守ってくれると信じ
て投げさせて頂きました。ありがとうございました。3位に留まるチームではないと思っていますので来年も優勝目指して頑張ります! (岡山済生会総合病院 林原 愛恵)
初めてソフトボール大会に参加して,さらに優秀賞を頂けて本当に嬉しいです。
ありがとうございました。
(重井医学研究所附属病院 岩城 紗弥子)
関連団体からの
ご案内
第3回岡山シスメックス肝炎セミナー
日
場
内
時
所
容
平成28年1月17日
(日)
13:30∼15:45
岡山コンベンションセンター イベントホール
「NASHの診断,進展,肝発癌はバイオマーカーで予測できるか?」
「C型肝炎と肝細胞癌の治療 −最新の話題と課題−」
平成27年度OT3セミナー
日
場
内
時
所
容
平成28年1月23日
(土)
12:00∼16:00
岡山生涯学習センター 人と科学の未来館サイピア
病院の仕事体験「本気で病院ごっこしよう!」
☆講演会のポイント:今年度のOT3セミナーは「本気で病院ごっこしよう!」のタイトルのもと,小・中学生を対
象に臨床検査技師,臨床工学技士,診療放射線技師の仕事を体験していただくこととなりました。未来ある子供
たちに,私たちのことを知ってもらえる機会にしたいと考えています。小中学生はもちろん,家族,知人,友人
などより多くの方々をお誘いあわせの上,ご来場ください。もちろんスタッフとしての参加も歓迎です。
◇同好会のご案内
微生物同好会≪CLUB細菌≫
日
時
場
所
問合せ先
平成28年2月25日
(木)
19:00∼ 「研究発表会」
岡山済生会総合病院 健診センター
岡山協立病院 臨床検査科 入江 由美
TEL:086-271-0941(直通)
E-mail:[email protected]
【会員のページへのアクセス方法】 ユーザー名:okayama パスワード:sinpo658 でログインしてください。
◇岡山県の会員動向◇
会員数:1,347(9月 1,347)
平成27年10月末現在
「会員だより」「お知らせ」などの問合せ先
倉敷中央病院 臨床検査技術部:前田 敦子まで
TEL:086−422−0210(内3726) E-mail:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
1 520 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content