close

Enter

Log in using OpenID

DMX信号をEthernetに変換してスマートに接続。

embedDownload
Ethernet/DMX変換装置
エミット エーエックス
調光操作卓
DMX信号をEthernetに変換してスマートに接続。
1台あたり2系統(1024ch)のDMX機器が接続でき、LANコネクタがあればどこからでもDMX入出力が可能に。
●DMXスプリッタやミキサーを使わずにDMXの分配・合成が可能。●制御部と負荷部をイーサネットケーブル1本でスマートに接続。●本体パネルの簡単なボタン操作で8
系統までのDMX入出力系統を自由に選択。●DMX入出力設定/管理ソフト「AX Manager」によりDMX入出力設定をカスタマイズ。
WALLタイプ
BOXタイプ
寸法:W170×H85×D155(突起物含まず)
■従来の調光システム配線イメージ
制御部
DMX入力2系統用
NQ79026 受
DMX入力2系統用
NQ79025 受
DMX
512(A)
カラーチェンジャー
DMX
512(B)
ムービングライト
DMX
512(C)
操作卓
操作卓
負荷部
DMXミキサー
調光操作卓
DMX
512
(A+B)
DMX
常設調光盤
DMX
512(A)
スプリッタ
DMX
512(B)
DMX
512(A)
DMX
スプリッタ
DMX
512(C)
各々の負荷設備のレイアウト等に
合わせ、DMX配線が必要
DMX
512(C)
調光装置
寸法:W162×H120×D75(最大外形)
カラーチェンジャー
可搬型調光器
ムービングライト
ムービングライト
● DMXケーブルは1本で最大512回路まで制御。
DMX出力2系統用
NQ79035 受
DMX出力2系統用
NQ79036 受
照明器具
●負荷設備に合わせてDMX配線が必要。
●スプリッタやミキサーなどのDMX分配合成器が必要。
■EMIT-AXを使った調光システム配線イメージ
定格
制御部
AC100V 50/60Hz
45%∼85%(結露なきこと)
イーサネット
10/100Mbps
DMX
512(A)
カラーチェンジャー
操作卓
DMX
512(B)
ムービングライト
DMXポート数
入力端末:2系統入力(512×2) 出力端末:2系統出力(512×2)
最大入力端末数
32台
最大出力端末数
ほぼ無制限
最大パッチ可能系統数
64系統 ※1
最大同時出力系統数
16系統 ※2
最大ハイエスト合成系統数
4系統
MIX合成時最大ブロック数
32ブロック
※1:設定によりDMX512信号を64系統(32768チャンネル)までパッチ可能
(A~H、PA~PH、QA~QH、RA~RH、SA~SH、TA~TH、UA~UH、VA~VH)
※2:エフェクトやチェイスを複数の調光卓から出力する場合、16系統(8192チャンネル)まで同時
に出力可能
操作卓
DMX
512(C)
イーサネット配線
1本でOK
DMX
512(A)
DMX
512(B)
DMX
512(A)
DMX
512(C)
DMX
512(C)
常設調光盤
カラーチェンジャー
可搬型調光器
ムービングライト
ムービングライト
● EMIT-AXでDMX信号をイーサネットに変換し、
イーサネット配線1本で接続。
照明設備
DMX512
(1990)
EMIT A
-X
︵出力︶
DMX信号規格
EMIT A
-X
︵入力︶
仕様
調光操作卓
負荷部
EMIT - AX(出力)
EMIT A
-X
︵出力︶
0℃∼40℃
相対湿度
PC
イーサネット配線
周囲温度
EMIT A
-X
︵入力︶
入力電源
● DMXの入力系統・出力系統を自由に組合せ。
●イーサネットは1本で最大32768回路を制御可能。
(※1)
●市販のLANケーブルやスイッチングHUBでシステム拡張が可能。
● LANコネクタがあればどこからでもDMX信号の入出力が可能。
● PC
(AX-Manager)で遠隔から設定・集中管理が可能。
最大32台64系統。
チャンネル単位でのパッチなど、
DMXではできない細かい設定が可能。
出力ポートはほぼ無限に拡張可能。
※1)512回路×64系統
複数の調光卓で一斉にチェイス実行できる回路は8192回路(512×16系統)まで
ソフトウェア仕様
推奨CPU
推奨メモリサイズ
必要ハードディスク容量
対応OS
Intel PentiumM 900MHz以上
設計資料
AX Manager(DMX入出力設定/管理ソフト)
256Mbytes以上
10Mbytes以上
WindowsXP Proffesional Edition SP2
WindowsXP HomeEdition SP2
EMIT-AXをPCソフトで一括管理
●ネットワークに接続されたPCから、
全体のパッチ状態を一括管理。
●マウスクリックで簡単にパッチ切り替え。
●それぞれのポートに3種類のパッチを選択
・設定可能。
・ 系統パッチ
・ ハイエストパッチ(4系統まで合成可能)
・ MIXパッチ(チャンネル単位での合成)
メンテナンス
●グラフィック画面と色分け表示でわかりやすいインターフェイス。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
391 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content