close

Enter

Log in using OpenID

今すぐ使えるおすすめ機能 - Salesforce ユーザ向け活用支援サイト

embedDownload
今すぐ使えるおすすめ機能
∼ユーザ・管理者・経営層向け∼
株式会社セールスフォース・ドットコム
今すぐ使えるおすすめ機能
1.エンドユーザ向けおすすめ機能
2.Salesforce管理者向けおすすめ機能
3.経営層・マネージャ向けおすすめ機能
2
2
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
レポート/ビューの編集リンク
Before
一度に必要なデータをひとつひとつ編
集したい場合に(例えばレポートで表
示されているデータを編集する場合)、
効率よく行う方法がないので時間を要
する。
After
カスタムリンクを利用することにより、1クリックでデータの編集画面が別画面に表示され
ます。保存後は自動的に開いた画面が閉じられます。またレポートも別画面で表示され、
再読み込みされた状態で戻りますので、どこまで修正したのかが簡単に確認可能です。
作業効率が大幅にアップ
3
3
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
レポート/ビューの編集リンク(詳細)
レポートのデータを参照しながら、直接編集画面へリンクできる便利な機能です。
商談のアップデートや日報チェックなどにご利用いただけます。
1 レポート上の『商談編集』をクリック
2 別ウインドウで商談の編集画面が表示
3 「保存」・「キャンセル」をクリック
すると、 画面がクローズし自動的
にデータがリロードされる。
※注意点
レポートがリロードされるため、保存していな
いレポートに関する変更はクリアされます。
レポートのカスタマイズした際は、一度保存
してから実行してください。
4
4
Enterprise
エンドユーザ向けおすすめ機能
P rofessional
レポート/ビューの編集リンク(設定方法)
1
例)商談レポートの編集リンク設定方法
1.右のテキストをhtmlファイルで保存し、ドキュメントタブに登録。
*編集ウィンドウのCLOSEを行い、保存を行うとリロードを行うhtmlファイルです。
<html>
<script language=" JavaScrip t" >
function relo ad() {
w in dow .o pene r.location.h ref=w indo w .open e r.lo catio
n.href ;
w in dow .close() ;
}
2.ドキュメント保存後、ドキュメント画面のURLの、
salesforce.com/の次のID部分をコピー。
</ script>
<bod y on load =" re load() " >
</ bod y>
例)https:/ / ap.salesforce.com/ 015100000000J yL
</ html>
2
3.商談のカスタム項目にHYPERTEXT関数を利用した計算項目を追加
(*商談以外の場合はそれぞれのタブのカスタム項目に追加)
計算式は以下をコピーし、赤字部分は2のIDを差込み。
HYPERLINK("https://ap.salesforce.com/"& {!Id} &
"/e?retURL=https://ap.salesforce.com/servlet/servlet.FileDownload?file=
015100000000JyL” , “商談編集" )
* “商談編集”部分は”編集”など表示名を自由に設定できます。
4.レポートに3で作成した計算項目を表示させる。
5
5
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
ホーム画面でのカスタムリンク
Before
After
ログイン後、確認したいレポート/ダッ
シュボードに飛ぶ場合にはレポート
タブをクリックしてからさらにレポート
を選ぶ必要がある。
ホーム画面のサイドバーにリンクを設定することにより、ログイン後1クリックでよく見
る重要なレポート/ダッシュボードを確認することが可能。
作業効率の向上
レポート/ダッシュボードの確認回数の増加
設定方法
N)設定 ⇒アプリケーション ⇒カスタマイズ ⇒ ホーム ⇒ ホームページのコンポーネント
にて カスタムリンク横の編集リンクをクリックしてリンクにしたいURLを設定します。
6
6
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
商談における競合情報レポート
Before
競合情報が入力されている商談を探す
場合、レポートタブで該当の商談レポー
トを見つける必要がある。素早く競合商
談の情報が見つけにくいため、情報が
活用しにくい。
After
競合商談レポートをカスタムリンクで作成することにより、1クリックで自身が競合してい
る競合に関する過去の商談をレポートで表示可能。そのレポートから成立商談/未成立
商談の情報を簡単に確認できることにより現在の商談の勝率をアップ可能。また競合
商談で提出している資料を参考にすることにより、資料作成の時間も短縮可能。
競合商談の勝率アップ
競合商談の資料作成時間短縮
同一競合の過去商談における勝因・敗因を調査
し、担当商談について対策を検討。
添付されている資料を参考にして資料作成に関
わる時間を短縮。
7
7
Enterprise
エンドユーザ向けおすすめ機能
P rofessional
商談における競合情報レポート(設定方法)
①商談レポートを作成・保存します。
レポート種類: サマリレポート
表示項目 : 商談所有者、商談名、金額、フェーズ、取引先名、勝因、敗因 など
条 件:1.項目:競合会社 演算子:次の文字例と一致する 値:ブランク
2.項目:商談ID
演算子:次の文字例と一致しない 値:ブランク
②上記レポートを実行してURLをコピーします。
例) https://ap.salesforce.com/00O10000000DMgi
③商談のカスタムリンクを下記内容に基づき、設定します。
リンクのURL構成:レポートのURL?pv0=競合会社の差込み項目名&pv1=商談IDの差込み項目名
例)https://ap.salesforce.com/00O10000000DMgi?pv0={!Opportunity_Field1}&pv1={!Opportunity_ID}
【ご参考:レポート条件指定画面】
カスタム項目:競合会社
pv0
pv1
※:リンクに設定してある「pv0」や「pv1」の「pv」はレポートの条件設定画面の「値」欄を意味します。
その後ろの「0」や「1」が何番目の条件なのかを意味します。
④カスタムリンクを商談のページレイアウトに表示します。
8
8
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
コンソール
Before
複数のタブにある情報に一度に
確認したいが対応されていない。
一つ一つのタブをクリックして確認
する必要がある。
After
コンソールを活用することにより画面が3つのフレームに分割され、リストビューや詳
細情報、関連リストの情報を1つの画面で表示することが一つのタブで複数のタブの
情報を閲覧可能。
エンドユーザの作業効率の向上
9
9
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
コンソール(設定方法)
1.コンソールレイアウトを作成
コンソールタブで利用するオブジェクトを選びます。標準機能、カスタム
オブジェクト両方が利用可能です。
・「設定」-「カスタマイズ」-「コンソールレイアウト」-「新規」
・コンソール名を入力し、保存
・「選択されたリストビュー」の「編集」をクリックし、コンソールで選択できる
オブジェクトのリストを選択
2.ページレイアウトから関連オブジェクトを選択し、コンソールに表示する
ミニページレイアウトを定義
関連情報として表示させる項目を設定します。
・各オブジェクトの「ページレイアウト」
「ミニーページレイアウト」
・レイアウトに表示させる項目を選択し、「保存」
10
10
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
コンソール(設定方法続き)
3.コンソールレイアウトを各プロファイルに割り当て
各ユーザのプロファイルの [コンソール] タブ表示設定を選択
します。
・「設定」-「カスタマイズ」-「コンソールレイアウト」-「コンソール
レイアウトの割り当て」
・各プロファイルで使用するレイアウトと表示状況を選択し、保存
4.利用している「カスタムアプリケーション」に「コンソール」タブを追加
・「設定」-「カスタムアプリケーション」・コンソールを選択-「保存」
11
11
エンドユーザ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
サイドバー折りたたみ機能
Before
After
サイドバー画面がある場合、右側画
面だけの表示が見づらいことがある。
特にコンソール画面使用時にはサイ
ドバー画面があると見づらい。
広く画面を使えるのでデータが多い場合には表示が見やすくなる。
情報確認の効率向上
設定方法
N)設定 ⇒アプリケーション ⇒カスタマイズ ⇒ ユーザインタフェースにて
「折りたたみ可能なサイドバーの有効化」 をクリックして保存
After
Before
折りたたまれたバーをクリックするかAlt+sにて
折りたたまれたサイドバーが戻ります。
12
12
今すぐ使えるおすすめ機能
1.エンドユーザ向けおすすめ機能
2.Salesforce管理者向けおすすめ機能
3.経営層・マネージャ向けおすすめ機能
13
13
Salesforce管理者向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
入力規制機能の応用(半角カナチェック、半角数字チェックなど)
Before
半角数字チェック、半角カナチェック
がないため、半角・全角の混在した
データが存在し、後に修正が必要。
After
Winter’07の新機能入力規則を活用することにより半角数字チェック、半角カナチェック
が可能です。この入力規則によりクリーンなデータが入力され、管理者の修正の手間が
不要になります。
管理者作業の軽減
クリーンなデータの蓄積
設定例
取引先の電話に全角の0∼9の数字が入っている
場合にエラーを発生させる
取引先タブの電話項目に全角数字を入力し保存ボタンを押すと入
力規制の設定が働き、保存できずにエラーメッセージを表示
14
14
Salesforce管理者向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
使用されていないレポートの整理
Before
運用期間が長くなると使用されてい
ないレポートが増え、必要とされる
レポートに探すのに時間を要する。
After
使用されていないレポートを整理することにより、必要なレポートだけを表示しレポー
トへの到達時間を短縮。
必要なレポートへのアクセス時間の短縮
1 実行されていないレポートの抽出
管理レポートより作成する
2 条件指定にて「最新の実行」を条件にレポートを抽出
3 出力したレポートデータを元に削除を実行
15
15
Salesforce管理者向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
ログイン許可による代理ログイン機能
Before
ユーザから質問が来た場合に、パ
スワードを教えてもらいログインを行
う必要がある。
After
ログイン機能を利用することにより、1クリックで別ユーザとしてログインができるため、
管理者としての作業が簡便になる(システム管理者で設定して実際のユーザで表示が
どうなっているのかを確認する場合など)。
管理者作業の軽減
1 ユーザごとにログインアクセス許可の日付
を入力し保存をさせます
2 システム管理者はユーザの一覧にてログインリンクが
表れるので代理ログインが可能
16
16
Salesforce管理者向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
ホームへの掲示板機能
Before
必要な情報をSalesforceを使い
告知したい。
After
各種伝えたい情報をSalesforceログイン直後の画面に置くことにより、簡単に通知可能。
情報連絡の統一
営業ポータルとしての活用が可能
設定方法
N)設定 ⇒アプリケーション ⇒カスタマイズ ⇒ ホーム
⇒ カスタムコンポーネントにて種別:HTMLエリアを作成し、
ホームページのページレイアウトで選択し表示させる。
HTML言語で色付けやリンクの設定が
可能。
17
17
今すぐ使えるおすすめ機能
1.エンドユーザ向けおすすめ機能
2.Salesforce管理者向けおすすめ機能
3.経営層・マネージャ向けおすすめ機能
18
18
経営層・マネージャ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
担当者へのToDo割当作成
Before
部下の商談に対してToDoを発行したいが、
画面からToDoを発行すると自分が任命先
のToDoが作成されてしまい、その後に部
下に変更するのが手間である。
After
カスタムリンクを利用することにより、1クリックで商談所有者が任命先となるToDoを作
成。指示したToDoはレポートにて確認しフォローがされているかを定期的に確認する。
また、メールだけのやり取りだけではフォローできない商談にひもづいた形でToDoを確
認可能となる。
フォローアップの強化
情報一元管理の強化
19
19
経営層・マネージャ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
担当者へのToDo割当作成(設定方法)
https://ap.salesforce.com/00T/e?&tsk1={!OpportunityOwner_FullName}&tsk1_lkid={!Opport
unity_Owner_ID}&tsk3={!Opportunity_Name}&tsk3_lkid={!Opportunity_ID}
下線はToDoの新規作成画面を意味します。 tsk1は任命先です。tsk3は商談となります。
tsk1やtsk3の確認方法はToDoの新規作成or編集画面にて右クリックでページのソースを表示というところで確認することができます。
上記例のカスタムリンクを商談に作成しページレイアウトに反映させます。
確認レポート作成方法
作成したToDoを確認・フォローする
にはレポートを活用。
作成者=営業マネージャユーザの方
にして作成する。
20
20
経営層・マネージャ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
大規模商談アラート
Before
After
大規模商談がクローズされた場合でも
リアルタイムに情報は伝達されない。
経営層としてはいち早く大規模商談の
情報が欲しい。
営業担当者が取引金額の大きい商談を受注した際に、自動的にアラートされる機能。
商談金額と確度が設定値に達した際に、メールが通知されます。
経営層が大型案件受注をリアルタイムに把握
営業担当者のモチベーション向上
商談
大規模商談アラート
21
21
経営層・マネージャ向けおすすめ機能
Enterprise
P rofessional
各種ダッシュボードの活用
Before
After
ダッシュボードを活用していないため
データの状況が一目で把握しにくい。
AppExchangeサイトからダッシュボードをインストールすることにより簡単にダッシュ
ボードを活用可能。
状況の把握が瞬時に可能
情報の可視化が可能
http://www.salesforce.com/jp/appexchange/
22
22
ご参考:おすすめ新AppExchangeアプリケーション
Enterprise
P rofessional
郵便番号住所補完
New
このアプリケーションをインストールすると、リード、取引先、およ
び取引先責任者の編集画面において、郵便番号に対応する住
所を自動的に入力する機能が追加されます。
リード、取引先、取引先責任者の住所入力が容易になります。
郵便番号を入力すると、自動的に住所情報がアップデートされます。
23
23
ご参考:おすすめ新AppExchangeアプリケーション
Enterprise
P rofessional
タイムライン
通常の履歴表示
New
時間軸での活動内容が把握しやすくなります。
タイムラインをインストールいただけば、一目で履歴を確認できるようになります。
時間軸の移動がマウスのドラッグに対応しており、またクリック一発でその内容を閲覧することができます。
24
24
ご参考:おすすめ新AppExchangeアプリケーション
Enterprise
パレート分析ダッシュボード
P rofessional
New
パレート分析ダッシュボード(売上)は
売上に関するパレート分析を常時行い、
経営判断をサポートするためのツールです。
*商品オプションが必要です。
New
・売上分布の図表化
・データに基づく売上貢献者の割り出し
・最も資源を投入すべき顧客の割り出し
商品ごとの売上分布
時間軸での活動内容が把握しやすくなります。
地域ごとの売上分布
業種ごとの売上分布
25
25
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
1 249 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content