close

Enter

Log in using OpenID

不世出の天才芸術家 ナム・ジュン・パイクの 映像作品を展示

embedDownload
PR
SAMSUNG 液晶ディスプレイ
ユーザーレポート
ワタリウム美術館
ワタリウム美術館
不世出の天才芸術家
ナム・ジュン・パイクの
映像作品を展示
スイスの建築家マリ
オ・ボッタが「建築彫
刻」というコンセプト
で設計した私設美術
館。1990年9月の開館
以来、コンテンポラリ
ーアートの国際的発展
に貢献するアーティス
トの参加の下に、日本
現代美術の位置の再
検討を追求。日本をは
じめアジアのアーティ
ストの関係強化と支援
を深め続けている。
東京・青山のワタリウム美術館では、6月10日
(土)
∼10月9日
(月)の期間、今年1月
にフロリダの自宅で永眠した「ナム・ジュン・パイク
(Nam June Paik:白 南準)
」
を
偲ぶ「さよならナム・ジュン・パイク展」
を開催中だ。今回の目玉ともいえる作品のひと
つ「時は三角形」
には、サムスンの15型液晶ディスプレイ72台が活用されている。
さよなら ナム・ジュン・パイク展
今回の展示の目玉的存在として2階に展示された「時は三角形」
。三角形の形状とビデオ映像で、パイクの哲
学・
「時空の移動」を表現。合計72台の画面が埋め込まれている。開催を機に従来の14型CRTから15型の
液晶ディスプレイへのリプレイスが図られ、画質の向上とともに「熱問題」の解決が実現した。
天才との出会いが、
天才を開花させる
「シェーンベルグ門下の作曲家であ
ルクサスに傾倒していく。その中で、ジ
り、現代音楽の旗手的存在だったジョ
ョージ・マチウナスやヨゼフ・ボイス、さ
ン・ケージとの出会いが、その後のナ
らにオノ・ヨーコなど、世界各国のアー
今回作品が展示されている「ナム・
ム・ジュン・パイクに、映像作家としての
ティストとの交流を深め、映像を駆使し
ジュン・パイク」は、1932(昭和7)年7月
運命を決定づけました。彼は、決して
た独特のスタイルを確立していったので
20日ソウルに生まれた。18歳を迎えた
超えることのできないケージの音楽的
ある。
’
50年に香港を経由して日本に移住。
才能に圧倒されて、音楽家への道を諦
その後東京大学に進み、’55年に文学
めたのです」とワタリウム美術館のキュ
部美学・美術史学科を卒業した。卒業
レイター(Curator:博物館の業務や収
論文は、調性を廃した十二音技法を確
液晶の美しい画質で、
パイクの精神を再現
2006年10月9日(月)まで開催
Yワタリウム美術館 Tel.03-3402-3001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
http://www.watarium.co.jp/
未来』を行き来する自在さを表してお
り、三角形状をしている当美術館の建
造物とも見事にシンクロしています」
今回の展示では、森林を模した植栽
画面上には、同館を含めた世界中の
の中に複数のCRTを配置。さまざまな
三角形の建造物や、0と1の組み合わせ
「パイクは、
’
60年代にはユーモアや破
実験音楽と美術のジョイントや、ジョ
によるデジタルをイメージした画像など
壊をテーマとしたパフォーマンスを追
ン・ケージのインタビューなどをコンカレ
が流されている。旧来、72個の画面に
求。’
70年代にはビデオアートに傾斜。
ントに流したジョン・ケージへのオマー
は14型のCRTがはめ込まれていたが、
蔵資料に関する学芸的専門家)和多利
そして’
80年代には複数のTV画面を通
ジュ作品「ケージの森/森の啓示」
、ボ
今回の展示を契機に、すべてサムスン
立したアーノルト・シェーンベルグに関
浩一氏は語る。まさに、自らが天才で
じたビデオ・インスタレーションを確立し
イスへのオマージュ作品などが展示さ
の15型液晶ディスプレイへのリプレイス
するものだったことからも分かる通り、
あるからこそ、ケージの天才を敏感に
ました。’
90年代に入ると、
『サテライト』
れている。
が図られた。
彼は当初音楽家を目指していた。実
察知し得たのである。そこには、剣豪
を提唱し、物理的な距離やロケーショ
際、パイクは卒業後の’
56年からドイツに
同士の出会いのような、激しい火花の
渡り、ミュンヘン大学で音楽史を、また
衝突があったに違いない。ケージは、
フライブルグ高等音楽院で作曲を学ん
でいる。
「時は三角形」で使用された日本サムスンの
15型ディスプレイ「SyncMaster 540N」
「
『ケージの森/森の啓示』は、人事
「パイクのルーツでもある韓国の企業
決。画質も安定しているので、画面相
ンを超えたアーティスト同士のコラボレ
を超えた天啓を表す『啓示』
と
『ケージ』
であること、そして画像品質はもちろん
互の色合わせなどの設定もほとんど不
ーションやコミュニケーションを実践。
のダブルミーニングになっています。数
フレームが無用の主張をせず、画面を
要でした。パイクを知らない若い世代
ハプニングやフルクサスなど’
50∼’
60年
ここで『時空を超える』
という概念を確
カ国語を自由に操ったパイクは、この
よりきれいに見せることができることか
にも足を運んでいただき『こんな凄い
代に登場した新しい美術運動や、パフ
立したのです」
ようにタイトルひとつをとっても、非常に
ら、サムスン製品を選びました。パイク
先達がいたのだ』
という驚きを、共有し
気の利いた洒落っ気を盛り込んでい
は技術や機械を『絵の具や筆』
として考
てもらいたいですね」
るのです」
えていました。大切なのは道具ではな
ワタリウム美術館
キュレイター
和多利浩一 氏
パイクの精神を伝える
映像を如何に正確に再
現するか ――。それが
私たちの役割だと認識
しています。
ォーマンス・アートなどに多
その背景には、無常観や万物流転な
大な影響を与えた人物で
ど、洋の東西を超えた哲学や死生観に
もある。
も深く通じていたパイク一流の思想が
ジャンルを“越境”する
表現者として
そして、今回の展示の中でも特に目
く、その創作思想やコンテンツ、つまり
介在していた、と和多利氏は指摘する。
を惹く存在が、巨大な三角形の箱の2
映像そのものなのです。ですから、よ
テクノロジーを「表現者の道具」
として捉
面にそれぞれ縦横6×6の36個、合計72
り鮮明に彼の撮影意図や編集思想を
えていたパイクは、
’
60年代から「壁掛け
個の15型液晶ディスプレイを配した作品
伝えることができる液晶への移行は、
パイクは、美術と音楽を
TV」の登場を予言。また、情報の自由
中心に、映像や文学、演劇
な流通が世界を変えることを確信して
「時は三角形」である。
「この作品は、ワタリウム美術館のた
●お問い合わせ先 ─────────────
彼自身歓迎してくれるはずです。限られ
たスペースに72個もの画面を詰め込ん
日本サムスン株式会社
など、あらゆる表現活動を
おり、早い時期からベルリンの壁の崩
めに制作されたものです。三角形は時
だこの作品は、熱が最大の悩みでした
http:// www.samsung.com / jp
フリーコール:0120-363-133
動員した前衛芸術運動・フ
壊を予見していたという。
空を超える彼の思想、
『過去∼現在∼
が、液晶への入れ替えでその問題も解
9:00∼18:00(土日祝日を除く)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
659 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content