close

Enter

Log in using OpenID

ユーザーガイド

embedDownload
EverServ 500
ユーザー ガイド
PN770504013
この資料は幅広いレストランの運営を対象に作成されたものであり、特定のビジネス慣行とシステム構成は本資料に
示されているものとは若干異なります。 ParTech, Inc. (“PAR”) はこれらの資料の正確さを保証するために多大の努力
を払っておりますが、すべての資料は「現状のまま」提供され、いかなる種類の保証も明示的にも暗黙にも行われま
せん。また、販売可能性や特定の目的での適合性も行われません。 PAR は資料がお客様の要件を満たしたり、ハー
ドウェアの動作が中断なく、エラーがないことを保証したり、表明することはいたしません。 商標に関する通知: PAR のロゴ、Boundless Hospitality by PAR のロゴ、PAR EverServ™、PAR EverServ のロゴ、および PixelPoint® はすべて、PAR Technology Corporation、親会社の ParTech, Inc. と関連会社の商標です。本資料を通じて
使用さ s れるほかのすべての製品名は、それぞれの会社の商標です。 そのような商標の使用は、これらの企業を保証
したり、それらの企業との関係を示すものではありません。 複製: Copyright © 2010 ParTech, Inc. All rights reserved. この出版物、またはその一部は、ParTech Inc., PAR Technology Park, 8383 Seneca Turnpike, New Hartford, NY 13413‐4991; 電話: の書面による事前の承諾なしに、いかな
る形式でも、またどのような手段によっても、コピー、記録、情報取得システムへの保存を含む電子的、機械的よ
り、複製または伝送してはなりません。 (315) 738‐0600. はじめに 4 用語集 4 機器の説明 5 仕様 7 BIOS 8 はじめに セットアップの開始 セットアップの使用 ヘルプ BIOS メニュー バー 8 8 8 8 8 メイン 9 詳細 ブート構成 プロセッサーの構成 North Bridge 構成 South Bridge 構成 SIO 構成 HW モニター Intel ファスト フラッシュ スタンバイ 電源構成 VGA/COM 電源と LCD 輝度 構成 9 11 11 12 13 13 14 14 15 15 ブート 16 終了 17 はじめに
以下のガイドは、EverServ 500 に関する情報を示します。下表で示されている 4 つのセクションに分けて説明され
ています。
はじめに
レジスタの配線図、 サンプル システム構成。
機器の説明
仕様書、 各システム部品の詳細な説明。
オン /オフ 切り 替え
EverServ レジスタをオン /オフ に切り 替えます。
BIOS
BIOS 構成に関する情報を提供します。
用語集
♦
LCD – 液晶ディスプレイ
♦
VGA – ビデオ グラフィックス アレイ
♦
EFT – 電信送金
♦
LAN – ローカル エリア ネットワーク
♦
DDR – ダブル デート レート
♦
POS – 販売時点情報管理システム
♦
BIOS – 基本入出力システム
♦
PCI – 周辺部品相互接続
♦
PnP – プラグアンドプレイ
♦
IDE – 統合/インテリジェント ドライブ電子部品
♦
ACPI – 高度設定と電力インターフェース
機器の説明
POS レジスタ
品目
説明
1.
電源インジケーター
電源が投入されていること を示します。
2.
磁気カード リ ーダー
従業員のキーカードを受け付けます。 機能へのアクセスを提供します。
すべてのレジスターに存在しません。
3.
LCD ディ スプレイ
プログラミ ングと 注文情報を示すタッ チ スクリ ーン。
4.
カスタマー ディ スプレイ
カスタマーの注文合計金額、 税額、 釣銭を表示します。
広告情報やメッ セージも表示する場合があり ます。
2
3
1
4
コネクター ウェル
品目
1.
COM RJ45 ポート
2.
USB ポート
説明
外部周辺機器を接続します。
コイン ディ スペンサー、 リ モート カスタマー ディ スプレイ、 リ モート オーダー
ディ スプレイ、 EFT デバイス、 プリ ンターを接続します。
4
3.
LAN
LAN ケーブルに接続できます。
4.
キャッシュ ドローワ
ー ソケット
キャッシュ ドローワーを接続します。
5.
VGA
その他のディ スプレイに接続します。
6.
電源入力
ユニッ トに電源を供給します。
7.
電源スイッ チ
押し込んでユニットをオンにし、プッシュしたままにするとユニット
をオフにします。 レジスタの右下に手を滑り込ませると届きます。
2
3
5
1
6
7
仕様
特長
説明
プロセッサー
Intel Cedar Trail 1.86 GHz D2550
メモリー
2 GB/1066MHz (最大 4 GB - 1 スロットをサポート)
ディスプレイ
15” XGA LCD
統合型 2x20 LCD ディスプレイ
磁気ストリップ リーダー
3 トラック USB スワイプ リーダー内蔵
プログラム/データ ストレージ
320 GB 2.5 インチ SATA HDD
現金引出し:
19V DC のデフォルト
現金引出しのアダプターケーブル(C2355)
シリアルポートアダプタ:
2- C8200 RJ-50/DB-9 の連続アダプターケーブル
BIOS
はじめに
このユーザー マニュアルは、EverServer マザーボード用 Phoenix BIOS セットアップ プログラムと設定オ
プションについて説明します。 この BIOS セットアップ プログラムを使用すると、EverServ マザーボー
ドの基本システム構成を変更することができます。
セッ トアッ プの開始
PHOENIX BIOS はコンピューターがオンになっているときにアクティブになります。 このセットアップ
プログラムは、以下の 2 つの方法のいずれかでアクティブに設定できます。
1. システムがオンになっ たらすぐ に DELETE キーを押す、 または
2. 画面上に「 PRESS DEL TO ENTER SETUP」 と いう メッ セージが表示されていると きに、 Delete
キーを押します。 0.
DELETE キーを押す前にメッセージが消えた場合は、コンピューターを再起動して、やり直してください
。
セッ トアッ プの使用
矢印キーを使って項目をハイライトし、ENTER を押して選択し、エントリーを変更するには PageUp お
よび PageDown キーを使用し、ヘルプには F1 を、終了する場合は ESC キーを押します。 ナビゲーショ
ン キーが表示されています。
キー
機能
上向きの矢印
下向きの矢印
左向きの矢印
右向きの矢印
Esc キー
前の項目に移動します
次の項目に移動します
左側の項目に移動します
右側の項目に移動します
メイン メニュ ー - 終了して、 CMOS に変更を保存しません。
ステータス ページ セッ トアッ プ メニュ ーと オプショ ン ページ セッ トアッ プ
メニュ ー – 現在のページを終了して、 メイン メニュ ーに戻り ます。
数値を増やしたり 、 変更を行います
数値を減らしたり 、 変更を行います
全般的なヘルプ。 ステータス ページ セッ トアッ プ メニュ ーと オプショ ン ページ
セッ トアッ プ メニュ ー専用
メイン メニュ ーに対してのみ、 すべての CMOS の変更を保存します
PageUp キー
PageDn キー
F1 キー
F10 キー
ヘルプ
F1 を押すと、ハイライトされた項目に対して使用する適切なキーを説明する小さなウィンドウと選択肢
の候補が表示されます。 ヘルプ ウィンドウを終了するために、ESC キーまたは F1 キーを再び押します
。
BIOS メニュー バー
BIOS 画面の一番上のメニュー バーには、以下の主要項目があります。
„
メイン 基本的なシステム構成を変更します。
„
詳細詳細なシステム設定を変更します。
„
ブート システム ブート構成を変更します。
„
終了終了オプショ ンを選択し、 デフ ォ ルト設定を読み込みます
以下のセクションは BIOS 画面の一番上のメニュー項目と上記に記載されたものの構成オプションを詳細
に示しています。
メイン
メイン BIOS メニューは、BIOS 設定 プログラムが入力されると表示されます。 メイン メニューでは、
基本システム情報の概要を示します。
BIOS メニュー 1: メイン
Î
システム情報
システム情報は、さまざまなシステム コンポーネントの簡単な説明をリストします。 システム情報のフ
ィールドは変更できません。 システム概要に示された項目には、次のものが含まれます。
„
Phoenix BIOS: 自動検出 BIOS 情報が表示されます
最新の BIOS バージョ ン
o バージョ ン:
現在の BIOS バージョ ンが作成された日付
o ビルド日付:
„
プロセッ サー: 自動検出 CPU 仕様が表示されます
o 速度: プロセッ サーの速度をリ ストします
„
システム メモリ : 自動検出システム メモリ が表示されます
o サイズ: メモリ サイズをリ ストします
システムの概要 フィールドにはまた、2 つのユーザーが設定できるフィールドもあります:
Î
システム時刻[xx:xx:xx]
システム時刻 オプションを使用して、システム時刻を設定します。 時間、分、秒を手動で入力してくだ
さい。
Î
システム日付[xx/xx/xx]
システム日付 オプションを使用して、システム日付を設定します。 日、月、年を手動で入力してくださ
い。
詳細
詳細 メニューを使用して、以下のサブメニューを通じて CPU と周辺デバイスを設定してください。
警告:
以下のセクショ ンに間違っ た値を設定すると 、 システムの誤作動を招く 恐れがあり ます。
設定にハードウェ アと の互換性を持たせてく ださい。
„
„
„
„
„
„
„
„
„
„
ブート構成
プロセッ サーの構成
シリ アル ATA (SATA)
North Bridge 構成
South Bridge 構成
SIO 構成
HW モニター
Intel フ ァ スト フ ラッ シュ スタンバイ
電源構成
VGA/COM 電源および LCD 輝度構成
BIOS メニュー 2: 詳細
ブート構成
ブート メニューを使用して、システム ブート オプションを構成します。
BIOS メニュー 3: ブート構成
プロセッ サーの構成
プロセッサー構成 メニューを使用して、プロセッサー オプションを構成します。
BIOS メニュー 4: プロセッ サー構成
シリ アル ATA (SATA)
シリアル ATA (SATA) 構成メニューを使用して、デバイスを構成します。
BIOS メニュー 5: シリ アル ATA(SATA)
North Bridge 構成
North Bridge 構成 メニューを使用して、North Bridge チップセットを構成します。
BIOS メニュー 6: North Bridge構成
South Bridge 構成
South Bridge 構成 メニューを使用して、South Bridge チップセットを構成します。
BIOS メニュー7: South Bridge構成
SIO 構成
SIO 構成メニューは、LPC 設定を構成します。
BIOS メニュー8: SIO構成
HW モニター
HW モニター メニューは、システムの電圧と温度を監視します。
Intel ファ スト フラッ シュ スタンバイ
Intel ファスト フラッシュ スタンバイ メニューを使用して、AHCI を有効にする場合のみの、Intel フラ
ッシュ スタンバイを構成します。
BIOS メニュー 9: Intel ファ スト フラッ シュ スタンバイ
電源構成
電源構成 メニューを使用して、電源オプションを選択します。
BIOS メニュー10: 電源構成
電源と LCD 輝度構成
電源と LCD 輝度 構成メニューを使用して、VGA/COM の電源オプションを選択し、LCD の輝度を制御
してください。
BIOS メニュー11: VGA/COM 電源と LCD 輝度構成
ブート
ブート メニューを使用して、システム ブートの優先順位オプションを構成します。
BIOS メニュー12: ブート
終了
終了メニューを使用して、デフォルトの BIOS 値、最適なフェールセーフ値をロードし、構成の変更を保
存してください。
BIOS メニュー13:終了
Î
変更の保存を終了
変更の保存を終了 オプションは、BIOS オプションに行った変更を保存し、BIOS 構成セットアップ プロ
グラムを終了するために使用します。
Î
変更の破棄を終了
変更の破棄を終了 オプションは、BIOS オプションに行った変更を保存せず、BIOS 構成セットアップ プ
ログラムを終了するために使用します。
Î
セッ トアッ プ時のデフォルトのロード
セットアップ時のデフォルトをロードオプションを使用して、すべての標準デフォルト値をリセットし
ます。
Î
変更を破棄
変更を破棄 オプションを使用して、ブート時の元の値をロードします。
Î
変更を保存
変更を保存 オプションを使用して、BIOS オプションに行った変更を保存し、BIOS 構成セットアップ プ
ログラムを終了しないようにします。
安全性
♦
ケーブルやデバイスをコネクターウェルに接続 する前に、まず電源をオフにして、潜在的
な ESD 損傷を防止してください。
♦
このデバイスは無線妨害を生じさせる可能性があるため、人体への安全性に関 連するサ
ービスは許可されません。
♦
この機器は業務目的(A クラス)の EMC 制限の対 象となるため、販売 者と購買者は、
家庭での使用を除き、この点と使用場所に注意してください。
バッテリーの警告
リチウム式コイン型電池はEverServ500マザーボードに取りつけられています。 この電池を交換す
る場合、同じ種類の電池と交換する必要があります。 地域の廃 棄規則に従 って使用済 みの電池
を廃 棄してください。
PAR の電話番号
サービス
米国: 800.382.6200
カナダ: 800.387.4963
部品
米国: 800.PAR.PART
カナダ:800.387.4963
セールス
ニューヨークを除くアメリカ大陸:800.448.6505
ニューヨーク州のみ:800.533.6311
米国大陸外: 315-738-0600
ドライバー サポート
http://www.partech.com/restaurant/services/contact-support/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 040 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content