close

Enter

Log in using OpenID

Clipboard

embedDownload
●ハンブルク・シュド
新会長にガスト氏
●ユートランスポート
ヨルダン航空のCSAを受託
●郵船航空サービス
南仏マルセイユに駐在員事務所
ハンブルク・シュドの会長に1月1日付でオットマ
ー・ガスト副会長が昇格した。クラウス・メベス会
長は退任。また、同日付で不定期船事業を統轄す
るアーント・ベスパーマン氏が、役員会メンバーに
就任した。役員会メンバーはガスト氏、ベスパーマ
ン氏、ヨハキム・A・コンラッド氏、ヘイノ・シュミッ
ト氏の4人となった。
新会長のガスト氏は1994年、役員会のメンバ
ーとしてハンブルク・シュドに入社した。同氏はア
ーヘンの研究機関で機械工学を研究後、自動車
の技術者としてキャリアを積み、87年からドイツの
自動車部品メーカー、マーレー(Mahle GmbH)
の物流部門のダイレクター、91年からDeutscher
Paketdienst社の役員を歴任した。
ユートランスポートは1月19日、中東のロイヤ
と貨物販売代理店(CSA)
ルヨルダン航空(RJA)
契約を締結した。準備が整い次第、販売を開始
する。日本発のファーストキャリアはタイ国際航
空と日本航空を利用する予定で、バンコク経由で
アンマンまで輸送する。
RJAは旅客機材に加えて、エアバスA310-Fや
ボーイングB737-Fを所有し中近東を中心に貨物
便のサービスも提供している。問い合わせ・予約
(電話=03-5479-7047)
。
はユートランスポートまで
フランス郵船航空サービス
(中堂康政社長)
は同
国5つ目の拠点として、1月5日付でマルセイユ駐在
事務所を開設した。郵船航空サービスが同月13
日、発表した。マルセイユ駐在事務所では仏地場
企業を主要なターゲットとし、特に海上貨物の取り
扱い増を目指す。新事務所の連絡先は次のとおり。
u住所=c/o NYK Line (Europe) Ltd., Atrium
102, 10 Place de la Joliette BP 80003
13568, Marseille, Cedex 02, France
u電話番号=(33)04-8682-0076
uEメール=[email protected]
u代表者=Ms.Sandra Martin
●韓進海運
恩瑛会長がCEO就任
韓進海運の崔恩瑛(Eun Young Choi)会長は
1月1日付でCEOを兼任した。同社の大株主であ
る崔氏の就任により、金融危機に端を発した厳し
い経済状況を乗り切る考え。
一方、昨年末に退任した朴政遠(Jung Won
P a r k )社 長 兼 C E O は 相 談 役 に 退き、金 永 敏
( Young Min Kim)COOが 1月 1日 付 で 社 長 兼
CEOに就任した。
●OCS
岡山営業所を開設
海外新聞普及(OCS)
は1月26日、岡山営業所
の営業を開始した。従来の広島営業所を岡山に
移転した。関西国際空港に近くなることで、集荷
締切時間を遅くし、関空発深夜便への集荷同日
搭載サービスを強化した。
岡山営業所の所在地などは次のとおり。
u所在地=〒710-0048 岡山県倉敷市福島
776-1
u電話=086-435-7807
uFAX=086-435-7808
●阪急エクスプレス
モスクワ支店開設
阪急エクスプレスのオランダ法人Hankyu
International Transport (Netherlands) B.V.は、
1月1日付でモスクワ支店を開設した。阪急エク
スプレスがロシアに拠点を開設するのは初めて。
ロシアでは、積極的な外資誘致政策や通関制度
の浄化政策などの影響を受け、日系企業の現地
法人設立の動きが加速。各企業が、ロシア国内
へ直接、輸入する動きも高まっており、これに対
応する。当面、倉庫施設などは持たず、現地のオ
ペレーションは提携代理店を通じて提供する。
u住 所 = Capital Plaza, Room No.505 4th
Lesnoy pereulok 4, 125047, Mos-cow Russia
u電話=+7-495-225-8588
uFAX=+7-495-225-8500
58
CARGO FEBRUARY 2009
●IATA
ワールドカーゴシンポジウム2009を開催
国際航空運送協会(IATA)
は3月2日から5日に
かけて、バンコクで第3回IATAワールドカーゴシ
ンポジウム2009を行う。IATA貨物部門の祭典と
も言える同シンポジウムでは、加盟航空会社の
貨物首脳らで構成されるカーゴ・コミッティーなど
の各種会議のほか、CARGO2000、e-フレートな
ど世界横断的に取り組みに関する総会などもま
とめて行われる。
「貨物サプライチェーンを一緒に構築しよう」を
テーマとする同シンポジウムでは、同時に各種
イベント、セミナーなども多数開催される予定。
海事プレス社は同シンポジウムのメディアス
ポンサーとして参画。シンポジウムの模様などを
日刊航空貿易や4月創刊の日刊CARGOなどで詳
しくリポートしていく予定。
●サンキュウシッピング
大阪営業所移転
サンキュウシッピング大阪営業所は事務所を移
転し、1月26日から新事務所で業務を開始した。
u新住所=〒550-0011 大阪市西区阿波座15-10 福島ビル5階
u電話=06-6532-8238(変更なし)
uFAX=06-6532-8235(変更なし)
●ユーフレイトジャパン
福岡営業所を移転
ユーフレイトジャパンは福岡営業所を移転し、
2月9日から新事務所で業務を開始した。新事務
所の概要は次のとおり。
u住所=〒812-0013 福岡県福岡市博多区
博多駅東1-11-5 アサコ博多ビル1005
u電話=092-482-7140(変更なし)
uFAX=092-482-7141
●NOL
米州統括本社をフェニックスに移転へ
APLの親会社、NOLは1月8日、米州の統括本
社を現在のカリフォルニア州・オークランドから
アリゾナ州・フェニックスに移転することを明らか
にした。米国拠点の移転は、昨年発表した合理
化策の一環として実施されるもので、移転作業は
今年第3四半期中に完了する予定。
米州統括法人は北米、中南米地域における海
運、ターミナル、ロジスティクス事業を統括する機
能を持つ。
●関東運輸局
海へのチャレンジフェア
関東運輸局は3月10日に東京で「海へのチャレ
ンジフェア」を開催する。求人者と求職者が集ま
り、就職面接などを実施する。
u日時=3月10日午前11時∼午後4時
u会場=船の科学館4階マリンホール(東京都
品川区東八潮3-1)
u問い合わせ先=関東運輸局海事振興部船員
労政課(電話045-211-7231)
●TAPAアジア日本支部
3月にTAPA審査員養成講座
TAPAアジア日本支部(浅生成彦代表)
は3月30
∼31日、都内でTAPAアジア委員会公認審査員
養成・内部監査員資格取得講座を開催する。同
講座の国内開催は5回目。
従来は、TAPAアジアから講師を招いて開催し
てきたが、今回からTAPA日本支部独自での講座
開催が許可されたため、講義は浅生成彦代表ら
日本支部の講師が行う。31日には、東京海洋大
学工学部の渡邉豊教授による講演も行われる。
受講者は、電子・精密機器、医薬品、食品会社
など各種メーカーはじめ、物流企業やセキュリティー
関連企業などから広く募る。開催概要は次のとおり。
u参加費=14万8000円(TAPAアジア会員登
録費用、テキスト代、昼食代などを含む)
u募集定員=20人
u申込締切=3月18日
u開催場所=ホテルグランドヒル市ヶ谷
u問い合わせ先=TAPAアジア日本支部・浅
生代表(電話=043-275-1523、eメール=
[email protected])
●海事プレス社
「航空貨物Q&A」改訂版発行
海事プレス社は「フレッシュマン
のための航空貨物Q&A 100問
100答」
(第4版)
を2月下旬に発行
する。100の質問をその難易度に
よって「入門編」
「初級編」
「中級編」
「応用編」の4つに分類。変化の激
しいエアカーゴ業界で次から次に
生まれる新しいテーマを盛り込ん
だタイムリーな内容となっている。
さらに資料・統計類も最新のものを掲載。エアカーゴ業界
に携わる人に必須の一冊となっている。
定価1995円(税込み)。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
195 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content