close

Enter

Log in using OpenID

ラズベリー黄化ウイルス(Raspberry bushy dwarf

embedDownload
ラズベリー黄化ウイルス(Raspberry bushy dwarf virus)の日本における発生
237
ラズベリー黄化ウイルス(Raspberry bushy dwarf virus)
の日本における発生
岩手大学 農学部
磯 貝 雅 道
26 樹の Autum Britten が栽培されており,ほぼすべて
は じ め に
の樹で黄化症状が観察された。この症状は,海外で報告
ラズベリーはバラ科(Rosaceae)キイチゴ属(Rubus)
に所属する果樹である。ラズベリーには,レッドおよび
されている RBDV によるラズベリー黄化病に類似して
いた。この黄化葉を 2%のニコチンを含む 0.1 M リン酸
イエローラズベリー
(R. idaeus)
,ブラックラズベリー
(R.
バッファー(pH 7.0)で磨砕し,その磨砕液を RBDV の
occidentalis)
,パープルラズベリー(R. neglectus)の三
検定植物である Chenopodium quinoa に機械的接種した。
つのメジャー種がある。海外では,ラズベリーには,30
その結果,上葉に RBDV 感染で特徴的に見られるモッ
種以上のウイルスおよびウイルスが病原と考えられる病
トル症状(口絵④),クロロティックリングスポット症
害があり,他の果樹と比較してウイルス病が多いことで
状(口 絵 ⑤)が 認 め ら れ た。こ れ ら 症 状 を 示 し た C.
知られている(HALGREN et al., 2007)。
quinoa を用いてウイルス精製を行うと,RBDV と同じ
我が国において,果実需要の多様化および健康志向か
形 態 を も つ ウ イ ル ス 粒 子 が 多 数 観 察 さ れ た。ま た,
ら,ラズベリーの需要が拡大している。日本で消費され
RBDV の外被タンパク質(CP)に対する抗体(abcam
ているラズベリーは,ほぼ全量を輸入に依存している。
plc, Cambridge, UK)を用い,ウエスタンブロッティン
その輸入量は 10 年間で 3 倍以上となり,2007 年では
グ解析を行った。その結果,黄化症状を呈した樹にのみ
植物防疫
3,414 t に達している。それに伴って,洋菓子店などで
RBDV の CP と同じ分子量(30 kDa)のタンパク質が検
国産ラズベリーのニーズがあり,国産ラズベリーの市場
出された。さらに,逆転写 PCR 法により RBDV 検定を
創出および定着のための生産・流通技術の開発が進んで
行うと,目的の位置に増幅産物が検出された。その増幅
いる。秋田県・宮城県・山形県ではラズベリーの産地化
産物の塩基配列は,海外で検出された RBDV 分離株の
が進んでおり,5 年後には東北地方で年間 500 t の収穫
CP 遺伝子と 97%の塩基配列の同一性が認められた。こ
が見込まれている。そのような中,2011 年に秋田県に
れらの結果から,黄化症状を呈するレッドラズベリー樹
おいて,葉に黄化症状を呈するレッドラズベリー樹が認
に RBDV が感染していることを確認した(ISOGAI et al.,
められた。筆者らの解析により,本黄化症状がラズベリ
2012)
。
ー黄化ウイルス(Raspberry bushy dwarf virus : RBDV)
II RBDV の特徴
によるものであることが判明し,日本でのラズベリーに
発生するウイルスの初報告となった(ISOGAI et al., 2012)。
本稿では,日本での RBDV 発生の確認,RBDV の特徴,
防除について述べる。
1
地理的分布
RBDV は世界的に発生している。現在,RBDV の発生
が報告されている国は,英国,スウェーデン,フィンラ
なお,RBDV および本病ともに日本では未記載である
ので,ウイルス名をラズベリー黄化ウイルス,病名をラ
ンド,ベラルーシ,チェコ,スロベニア,セルビア,ニ
ュー ジ ー ラ ン ド,チ リ,米 国,カ ナ ダ,中 国 で あ る
(VALASEVICH et al., 2011)
。2011 年,日本でもその発生が
ズベリー黄化病と名付けた。
確認されている(ISOGAI et al., 2012)
。
I 日本での RBDV 発生の確認
2
2011 年春に秋田県大潟村でラズベリーのウイルス病
ウイルス分類
RBDV は,イダエオウイルス属に所属する唯一のウイ
調査を行い,樹全体の葉が黄化したレッドラズベリー品
ルスである(FAUQUET et al., 2005)。科は未設定である。
種 Autum Britten を発見した(口絵①,②)。1 樹列に
ウイルス粒子は,1 種類の CP からなり,直径約 33 nm
の球形粒子を構成している。精製ウイルスは,酢酸ウラ
Occurrence of Raspberr y Bushy Dwarf Virus in Japan. By
Masamichi ISOGAI
(キーワード:Raspberry bushy dwarf vrius,ラズベリー黄化ウ
イルス,ラズベリー黄化病,ラズベリー)
ンで染色すると変形して楕円形の粒子として透過型電子
顕微鏡で観察される。RBDV はブロモウイルス科のウイ
ルス,特にイラルウイルス属のウイルスと類似点があ
― 45 ―
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
29
File Size
213 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content