close

Enter

Log in using OpenID

仕上工程生産管理ソリューション

embedDownload
 サンプルのご紹介
自社フレームワークは仕上工程で求められる生産管理をトータルにサポートいたします。
画面サンプルがございますので、お気軽にお問い合わせください。
製紙工場の現場をサポートする
「仕上工程生産管理ソリューション」
のご提案
周知の通り現在の市場は、業界再編の波に加えて
原料・燃料価格の乱高下、生産調整と需給の逼迫など、
生産現場にとって大変厳しいものとなっております。
この様な日々変化する市場に対抗するためには、
企業競争力を高めることが急務であると考えます。
私共、株式会社 IST ソフトウェアは
確かな技術と品質をもって、その課題に取り組み
数々の生産現場の業務改善をサポートして参りました。
長年の実績を基に当社が提案する
『仕上工程生産管理ソリューション』
どうぞ本資料にてご確認ください。
株式会社ISTソフトウェア (http://www.ist-software.co.jp/)
設立
:昭和51年7月24日
本社所在地 :東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイ・アロマ・スクエア13 F
資本金
: 6億円 事業概要
:官公庁、公共事業、流通、通信等の分野における、コンサルティングから
構築、運用、保守までのシステムインテグレーションサービス事業を展開
しています。
また一方、組み込み系ソフトウェア、並びに自社パッケージソフトの開発
等、幅広い分野において、いずれも 高い品質のシステムサービスを提供
しています。
会社概要
All rights reserved. Copyright©2009-2010 IST-Software Co.,Ltd. All rights reserved. Copyright©2009-2010 IST-Software Co.,Ltd. 仕上工程生産管理ソリューションは、現状の運用を分析し“お客様のニーズ”に合わせたシステム作りを目的としています。
当社では自社フレームワークを使用し“低コスト”で確かなシステムをご提供いたします。
ソリューションを導入することにより、作業効率やトレーサビリティを把握でき、各工程の業務データを一元管理することで
作業ロスが軽減され“更なる企業力 ”を生み出します。
お 客 様 の さ ま ざ ま な ご 要 望 に お 答 え し ま す 。
当社は約20年間製紙工場のFAシステムに携わっており、全国30工場以上の開発実績があります。
●品質管理システム開発(10システム以上:紙質管理、欠点管理、紙圧制御 etc.)
●搬送システム開発(20システム以上:実績管理、搬送管理、印字管理、倉庫管理 etc.)
●他業界のFAシステムも多数開発しております。(自動車、原子力、鉄、ガラス、化学 etc.)
必要なところだけシステム化したい
【仕上工程生産管理ソリューションの導入例】
工場全体ではなく、部分的なシステム化
が可能です。必要なところから段階的に
改善していくこともできます。
■自動収集した欠点データをW/Dに渡すことにより、欠点箇所での徐動・停止を自動的に行います。
それにより欠点の確かな補修作業が可能となります。
計画
■自動収集した紙質データ(坪量・水分量等)から製品の品質を判定し、不良品が紛れ込むことを防止します。
■過去の紙質データを分析することで、製品状態を上流工程へフィードバックし、品質改善に役立てることができます。
実績
W/D
■倉庫への入出庫を自動化することにより、 最適在庫の維持とリードタイム短縮が可能 となります。
■運転状態を実績として記録することができ、
稼動効率を計測することができます。
■製品種別に基づいた実績データを印字機へ送ることにより、
製品データの自動印字が可能となります。
これにより手刷・手書きの手間やミスがなくなります。
中間倉庫
部門間の運用を見直したい
IJP/ラベラー
S/D計
設備と接続しなくてもシステム化が可
能です。パソコン一台でデータを一元
管理するだけでも作業ロスが軽減され
大きなメリットがあります。
B/M計
M/C
営業
上位
現場
管理サーバ
W/D
C/V
■搬送を自動化することにより、人手を介さず目的地へ
製品を送ることができ、手運びで掛かっていた手間と
ミスがなくなります。
■トラッキングすることにより、搬送路上を流れている
製品の把握が可能となります。
部門クライアント
■管理サーバ内で一元管理されたデータを参照することで、
工場の稼動情況をリアルタイムに把握できます。
■各部門の端末と接続することにより、部門担当者が直接
システムを利用することができます。
■スケジュールを各設備(ドライブ装置、スリッタ、紙管供給装置、テープ貼り装置)に送信することにより、
関連設備を協調動作させることができ、作業を飛躍的に効率化します。
■製品種別に基づいたドライブ動作条件を設定することで、不良品の発生を減らします。
■生産実績を収集します。
■収集した実績データは、各種設備の自動化に利用することができます。
■実績データを自動集計することで、手計算によるミスを防止します。
■工程毎に発生する実績データを紐付けて記録することで、製品のトレーサビリティが把握できます。
■蓄積された実績は、生産性向上への分析資料として役立てることができます。
■生産実績を上位へ送信し、他システム、他工場と連携することも可能です。
できる限りコストを抑えたい
自社フレームワークを準備しておりま
すので、お客様の企業力を損なわずに
低コストで信頼性の高いシステムを実
現します。フルオーダーでの開発に比
べ大幅なコストダウンとスムーズな導
入を可能にします。
企業
戦略
企業
文化
システム
連係
ニーズ
フレームワーク
All rights reserved. Copyright©2009-2010 IST-Software Co.,Ltd. 
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
60
File Size
688 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content