close

Enter

Log in using OpenID

ヤツェック・クリムキェーヴィッチ Jacek Klimkiewicz アンジェラ

embedDownload
第1ヴァイオリン
ヤツェック・クリムキェーヴィッチ Jacek Klimkiewicz
生まれ故郷のワルシャワでヴァイオリンをポーランドの名教師イレーナ・ドゥビシュカに師事、
若くして早くもウッジコンクールにて1位。ワルシャワ室内オーケストラの第1コンサートマス
ターを経てドイツ、フライブルク音楽大学にてヴォルフガング・マーシュナー氏に師事。
ダルムシュタット国立歌劇オーケストラ第1コンサートマスターを務めると同時にソナーレカル
テットのプリマリウスとして活躍。
ラジオ、CD 録音にてドイツ・レコード賞、パリ・レパートリー賞、レコード年間賞であるマイア
ミの1989年愛好レコード賞などを受賞。
1992年以来エッセンのフォルクヴァング音楽大学の教授として後進の指導をおこなっている。
2002年よりドイツのゼーハイム・ユーゲンハイムで行われている夏季国際音楽セミナーの音
楽監督。
ソリスト、室内楽奏者として日本、ヨーロッパ、ヴェネズエラ等に招聘されている。
第2ヴァイオリン
チェロ
ラオレンティウス・ボニッツ Laurentius Bonitz
アンジェラ・シュバルツ Angela Schwartz
ドイツの音楽家の家庭で育ち、ヴァイ
アメリカ生まれのアンジェラ・シュ
オリンをデトモルト音楽大学にて著
バルツは、ミシガン大学でチェロ
名な教授ティボー・ヴァルガーの元で
をオリバー・エ−デルに師事。
研鑚を重ねながら、師の室内オーケ
同大学を最優秀で卒業し、ヨーロッ
ストラのマネージャーの仕事も託さ
パに渡りドイツのデトモルト音楽
れオーケストラの発展に大きな力と
大学で名教師アンドレ・ナバラに
なる。
師事し首席で卒業。
室内楽をライナー・モーク、クァル
その後ジュネーブにてピエ−ル・
テット・イタリア−ノに師事。
フルニエに師事し研鑚を重ねる。
ソナーレクァルテットを結成し数々のレコード賞を受賞。
カサドコンクール、チャイコフスキーコンクール、ジュネー
その活動を一時中断し1992年から1995年までヴッ
ブコンクール入賞後ソリストとして数々のオーケストラと
パータルシンフォニーオーケストラにマネージャーとして
共演。
招聘され、その後2006年まで連邦都市ボンのコンサー
ヨーロッパ、アメリカにて著名な音楽家達と共演し数多く
トならびにベートーヴェンオーケストラのマネージャーを
の CD 録音を行う。
務め、数々のコンサートや、フェスティバルを企画。
スイスのベルナー弦楽四重奏団のチェリストとして活躍、
才能教育促進機関であるライン弦楽奏者アカデミーや、若
マックス・レーガー弦楽四重奏全曲を録音しドイツレコー
い音楽批評家のためのロバート・シューマン・スタジオを
ド賞を受賞。
主催している。
最近は現代曲も積極的に演奏を行い、多くの音楽祭にも招
聘されている。
ヴィオラ
小林秀子 Hideko Kobayashi
東京都出身の小林秀子は、桐朋学園音楽大学でヴァイオリンを久保田良作、石井志都子氏に師事
し、卒業後ビオラの演奏への関心を抱きドイツのケルン音楽大学にてライナー・モークに師事し
同大学を首席で卒業。
数々の国際コンクールにて賞を得て、ソナーレクァルテットのビオラ奏者として活動しながら1
989年ミュンヘン国際コンクールにて最高賞を受賞。
その後ドイツのマンハイム音楽大学のビオラ教授として招聘され現在に至りドイツ、韓国、イタ
リア、フランス、ヴェネズエラ等のマスターコースの講師として後進の指導を行っている。
ソリスト、室内楽奏者と活躍している小林にドイツの作曲家 ゲルハルト・シュテ−プラ−から
彼女に委託された作品、ビオラとオーケストラのためのノートブックを2004年に初演。
2007年にはニコラウス・A・フーバーからもビオラソロの為の EN という作品を初演し絶賛される。
1990年より小澤征爾氏主催の、サイトウキネンオーケストラのメンバーとして毎年参加するなど、国際的なビオラ
奏者として名前が知られている。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
633 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content