close

Enter

Log in using OpenID

レイク相模カントリークラブ ローカルルール

embedDownload
レイク相模カントリークラブ
ローカルルール
1. コースの境界(O.B)は白杭によって標示する。また、No18 の左サイドの一部のみ白線をもって標示する。
2. コース内の池及び川はすべてラテラル・ウォーターハザードとし、赤杭もしくは赤線をもって標示する。
杭または線が無い所は水際をもって境界とする。
3. 修理地は青杭、又は白線をもって標示する。また、No10 およびNo12 とNo11 の間の車両通過用の砂利道は轍
の幅をもって修理地とする。
4. コース内の舗装道路と接する白線内の区域、階段、木柵、樹木の支柱及び支線、排水溝の枠及び蓋並びにコ
ース内に敷いてあるゴムマットは動かせない障害物とする。
5. 乗用カートのタイヤが通る幅だけのカートブロックは動かせない障害物とする。
またカートブロックとカートブロックの間の芝生はプレー禁止区域とする。
6. スルーザグリーンで球が打球の勢いで地面に食い込んでいる時は、罰なしに球を拾い上げ 1 クラブレングス以
内で、ホールに近づかない地点にドロップすることが出来る。
又、拾い上げた球は拭くことが出来る。
7. 球が目的外のグリーンとそのエプロンにあったりスタンスが掛かる場合は規則 25-3 を適用し、ペナルティ無しに
救済のニヤレストポイントより、1 クラブレングス以内でホールに近づかない地点にドロップしなければならない。
8. OUT コース 8 番ホール、IN コース 13 番ホールに於いて球がウォーターハザード内にあるか、見つからない球が
ウォーターハザードないにあることが分かっているかほぼ確実な場合、プレーヤーは次の処置のいずれかをと
ることが出来る。
(ⅰ)規則 26 に基づく処置
(ⅱ)追加の選択肢として 1 打罰のもとに球をドロップ区域にドロップ
ドロップした球がコース上に最初に落ちた箇所から 2 クラブレングス以内に止まった時は、ホールに近づいたり
指定ドロップ区域の外に出て止まっても、再ドロップしてはならない。
9. 電磁誘導乗用カートはプレーヤーの携帯品の一部とする。
10. 距離のみを計測する機器及び 2 点間の距離を示す電子機器の使用を認める。
11. グリーンから 2 クラブレングス以内にある固定スプリンクラーヘッドについて、球がグリーンを外れているがハザ
ード内でない場合で、球がその固定スプリンクラーヘッドから 2 クラブレングス以内にある場合に限って、物理的
な障害が無くても球とホールを結ぶプレーの線上に介在している時、プレーヤーは規則 24-2 に基づいて次のよ
うな救済を受けることが出来る。その球は拾い上げて、(a)ホールに近づかずに、(b)そのような障害を避けられ
る、(c)ハザード内でもグリーン上でもない場所で、球のあった箇所に最も近い所にドロップしなければならない。
拾い上げた球は拭くことができる。
12. バンカー内の石は動かせる障害物とする。
13. その他 JGA ルールに準じ、追加の際はクラブハウス内にて掲示する。
2014 年
改訂
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
146 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content