close

Enter

Log in using OpenID

SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ

embedDownload
CUSTOMER
SAP BusinessObjects Cloud
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ユーザガイド
目次
1
ヘルプセンタ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
1.1
ユーザプロファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
1.2
ロールの申請. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
1.3
コラボレーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10
1.4
SAP BusinessObjects Cloud モバイルアプリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
2
ホーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
2.1
メモの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
2.2
タイルとメモの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
3
モデル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
3.1
モデラの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
勘定データの分析. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
計画モデルと分析モデル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
HANA ビューに基づくモデル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20
ビジネス組織. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
通貨テーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23
階層の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
モデルセキュリティ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
モデルの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
ディメンションの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
式の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
3.2
新しいモデルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .50
新規モデルを空白から登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
計画ウィザードを使用したモデルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
3.3
ディメンションの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .53
ディメンションの編集. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ディメンション属性の編集. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ディメンション設定: データアクセス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
3.4
モデルデータのクリア. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
3.5
モデルの削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
3.6
データのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
Google ドライブへの接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
ファイルからのモデルの登録について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .59
ファイルからのデータのインポートについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
2
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
目次
BPC からのインポートについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
BW システムからのモデルのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
HANA からモデルをインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
SuccessFactors からのモデルのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .77
本稼動データ接続からのモデルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
ユニバースからのモデルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
既存のモデルに対するユニバースデータのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
SAP ERP データからのモデルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
既存のモデルに対する SAP ERP データのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
SQL データベースからのモデルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
既存のモデルに対する SQL データのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
3.7
データのエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
モデルのファイルへのエクスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
データの BPC へのエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
3.8
対象地点の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
Esri シェープファイルから対象地点データを登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .89
モデルから対象地点データを登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
4
割当. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
4.1
割当モデル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
4.2
割当ロールと権限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
4.3
展開および分配. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
4.4
値の展開. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
4.5
例: 値の展開. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
4.6
値の分配. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
4.7
例: 予約未済のセルへの値の分配. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
4.8
構造化された割当. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
4.9
構造化された割当に使用するプールの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .101
4.10
プールとディメンションのマッピング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
4.11
割当プロセス、割当ステップ、割当ルール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
4.12
割当ステップの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
4.13
割当ルールの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
4.14
割当プロセスの実行. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
5
バリュードライバツリー (ベータ機能). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
5.1
バリュードライバツリーの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .109
5.2
バリュードライバツリーのモデルデータの検索. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .112
5.3
バリュードライバツリーの管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
6
ストーリー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
目次
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
3
6.1
ストーリー管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
新しいストーリーの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .115
ストーリーの編集. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
ストーリーのコピー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
ストーリーの共有. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
6.2
データの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
エクスプローラへのアクセス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
ガイド付マシンディスカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120
6.3
キャンバス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
チャート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
条件付き書式設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .157
地理データの分析. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160
カスタムピクトグラムのアップロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
ストーリーへの動的テキストの追加. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
RSS リーダの追加. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .168
別のページ、ストーリー、または外部 URL へのリンク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170
チャートのスケーリング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 171
リンクされた分析の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
バリュードライバツリー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173
6.4
テーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .174
テーブルの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 175
テーブルの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
グリッドの書式設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 178
テーブルの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 179
セル値のコピーとペースト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
セル参照. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 184
数式バー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 184
入力タスクについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 185
バージョン管理について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
主要業績評価指標 (KPI). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
Predictive 時系列予測. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
カットオーバー日の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
6.5
ストーリーページ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198
6.6
リンク済みディメンションの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198
6.7
リンク済みディメンションの編集. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
6.8
ストーリーフィルタとページフィルタ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201
ストーリーフィルタをページフィルタに変換. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
ページフィルタをストーリーフィルタに変換. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
4
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
目次
ストーリーフィルタとページフィルタの値の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
6.9
チャートまたはデータの検査. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
6.10
デザイナパネル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .206
6.11
ページの書式設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206
6.12
タイルの書式設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207
6.13
グループの登録と書式設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210
6.14
ストーリーのプレビュー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215
6.15
PDF へのエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215
6.16
ストーリーのコラボレーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216
7
デジタルボードルーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
7.1
デジタルボードルームついて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .217
7.2
デジタルボードルームのストーリーの準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219
7.3
アジェンダの作成と編集. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220
8
ファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
8.1
ファイルのアップロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
8.2
ファイルの共有. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224
8.3
権限の割当. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224
8.4
ファイルの管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225
9
イベント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227
9.1
イベントの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227
9.2
タスクの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .228
9.3
イベントとタスクの監視. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229
9.4
リマインダの調査. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .230
9.5
イベントおよびタスクのためのコラボレーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230
9.6
イベントのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231
9.7
イベントのエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .231
10
セキュリティ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233
10.1
ユーザ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .233
ユーザの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234
ユーザの削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235
ユーザのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236
ユーザのエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236
Mapping SAML Attributes to Users. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .237
10.2
ロールの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238
10.3
標準アプリケーションロール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 239
10.4
アクティビティレベルでの権限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241
10.5
申請の承認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
目次
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
5
10.6
ユーザパスワードの登録と変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 243
10.7
データ変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 244
10.8
データ変更のダウンロードと削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 245
10.9
アクティビティ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 246
10.10
アクティビティデータのダウンロードと削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 247
11
デプロイメント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249
11.1
エクスポートの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 250
11.2
インポートの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 251
12
接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252
12.1
データ接続のインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .253
SAP HANA Cloud Connector のインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255
SAP HANA Cloud Connector の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256
SAP BusinessObjects Cloud エージェント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259
SAP BPC システムをインポートするデータ接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 265
SAP BW システムをインポートするデータ接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 266
ユニバース (UNX) へのデータインポート接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 267
SAP ERP システムをインポートするデータ接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 268
Salesforce (SFDC) へのデータインポート接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269
SuccessFactors をインポートするデータ接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .270
SQL データベースへのデータインポート接続の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 271
12.2
本稼動データ接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 272
Apache HTTP サーバを経由した SAP HANA または SAP HCP に対する本稼動データ接続の登録. . . . . . 274
SAP Web ディスパッチャを経由した SAP HANA または SAP HCP に対する本稼動データ接続の登録
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278
12.3
インポートのスケジュール設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 282
13
システム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 284
13.1
モニタ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 284
13.2
管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 286
14
システム要件および技術的前提条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .288
15
用語集. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 293
6
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
目次
1
ヘルプセンタ
質問がある場合は、SAP BusinessObjects Cloud でヘルプを取得してください。
ヘルプトピックの検索
ホーム [14 ページ]
モデル [16 ページ]
割当 [91 ページ]
バリュードライバツリー (ベータ機能) [108 ページ]
ストーリー [114 ページ]
デジタルボードルーム [217 ページ]
ファイル [223 ページ]
イベント [227 ページ]
セキュリティ [233 ページ]
デプロイメント [249 ページ]
接続 [252 ページ]
システム [284 ページ]
システム要件および技術的前提条件 [288 ページ]
用語集 [293 ページ]
追加ヘルプリソース
表 1:
リソース
説明
リリースノート
新機能および過去のアップデートで導入されたその他の変更点に関
する情報
教育ビデオ
SAP BusinessObjects Cloud の使用を開始するのに役立つトレー
ニングビデオ
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
7
1.1
ユーザプロファイル
ユーザプロファイルは名刺と似ており、名前や電話番号などの標準的なユーザデータで構成されています。プロファイルには
ユーザ設定も保存されます。
新しいユーザの基本ユーザプロファイルの作成
ユーザ管理領域で新しいユーザを作成する場合、システム管理者は、少なくともユーザのユーザ ID、名前、および姓を入力
する必要があります。これらはユーザプロファイルに自動的に表示されます。
プロファイルの編集
ユーザプロファイルを表示するには、右上隅のユーザ写真 (ユーザ写真をまだアップロードしていない場合はデフォルト画像)
を選択してから、プロファイルを選択します。プロファイルを変更するには、編集を選択します。
ユーザ設定
名前と担当者情報のほかに、次の設定を変更できます。
● プロファイル写真: デフォルトでは、写真のプレースホルダが表示されます。独自の写真をアップロードするには、プレース
ホルダを選択します。
● 言語: リストから言語を選択します。
● 日付書式: リストから日付書式を選択します。
● 数値書式: リストから数値書式を選択します。
● 次より古い通知をクリーンアップする: 通知を削除するまでの期間を選択します。選択しない場合、最新の 500 個の通知
が保持されます。
● 電子メール通知: たとえば、新しいパスワードが設定された場合など、システムアクティビティに関する情報を電子メール
を通じて受け取るには、この機能を有効化します。
● 匿名使用データ送信: 診断データと使用データを SAP に送信することに同意するかどうかを指定します。
パスワード
パスワードを変更するには、ユーザプロファイルで編集を選択します。パスワードの変更セクションがユーザプロファイルのオ
プションとして表示されます。
SAML アイデンティティプロバイダ (IdP) による認証を使用している場合、または SAP クラウド ID で接続している場合は、ユ
ーザプロファイルで編集を選択します。パスワードセクションがユーザプロファイルのオプションとして表示されます。パスワー
ドの変更を選択すると、パスワード変更ページに移動します。
8
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
注記
SAML IdP を使用するときに、SAML 管理者がパスワード変更ページの URL を SAP に提供していない場合は、パスワー
ドを変更できません。SAML 管理者に連絡してください。
アプリケーション内のユーザプロファイル
ユーザプロファイルは、ディスカッションの参加者を容易に識別することなどを目的として、アプリケーションの多くの部分で再
使用されます。ユーザ管理ページでユーザにマネージャを割り当てる場合など、任意のダイアログでユーザを選択すると、表
示名や ID に加えてユーザプロファイル内の写真が表示されます。また、フルユーザプロファイルを表示して、以下の領域でユ
ーザに関する情報を取得することもできます。
● コラボレーションパネルには、ディスカッションの参加者全員の名前と写真が表示されます。写真の上にカーソルを置く
と、フルプロファイルを表示し、そのユーザと 1 対 1 のディスカッションを開始することができます。
● イベント領域では、イベントまたはタスクに割り当てられているユーザの写真がイベントおよびタスクの詳細に表示されま
す。たとえば、タスクをレビューする必要があるユーザのプロファイルが表示されます。
● ユーザ管理のユーザ領域では、ユーザの ID をクリックしてフルプロファイルを表示できます。
関連情報
ユーザパスワードの登録と変更 [243 ページ]
1.2
ロールの申請
SAP BusinessObjects Cloud のユーザは、システム内の追加ロールを申請できます。
コンテキスト
ビジネスユーザとしてロールを申請するには、次の手順を実行します。
手順
1. システム管理者から受け取ったユーザ名と初期パスワードを使用して、SAP BusinessObjects Cloud にログインしま
す。
2. 右上隅のようこそメニューから、ロール申請を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
9
3. ダイアログで、以下のオプションのいずれかを選択します。
○ 管理者によって定義された標準ロールを申請するには、デフォルトロールを選択し、必要なロールを選択します。
○ 個別ロールを申請するには、セルフサービスロールを選択し、必要なロールを選択します。
4. 選択したロールが必要な理由を説明する場合など、必要に応じてコメントを追加することができます。
5. 申請を送信します。
1.3
コラボレーション
グループによる意思決定プロセスを支援および最適化するには、ソーシャルコラボレーションオプションを使用します。
通知と電子メール
通知はシステムメッセージをユーザに送信するために SAP BusinessObjects Cloud 全体で使用されます。たとえば、KPI し
きい値が超過したとき、ユーザがディスカッションに参加するよう招待されたとき、イベントリマインダの期日が到来したときな
どに、通知が送信されます。
通知を読むには、メインツールバーの
(通知) を選択します。通知は SAP BusinessObjects Cloud モバイルアプリで読
むか、ユーザに電子メールで送信することもできます。
通知を確認した後、マウスポインタを合わせると表示される X アイコンを選択すると、通知を削除することができます。通知を
削除するには、
(すべてクリア) アイコンを選択します。
注記
通知の設定はプロファイルのユーザ設定セクションで定義できます。通知に加えて電子メールを送信するかどうかを指定
でき (各ユーザの電子メールアドレスはユーザプロファイルで定義されます)、古い通知を自動的に削除するハウスキーピ
ングオプションを使用できます。
ディスカッションスレッド
すべてのコラボレーション活動はディスカッションスレッドのもとにグループ化されます。招待されたディスカッションの一覧を参
照するには、メインツールバーから
(コラボレーション) を選択します。
(新規ディスカッション) を選択して特定の参加者
を招待することで、新しいディスカッションをいつでも開始できます。招待されたユーザのみがディスカッションを参照できます。
ディスカッションを選択して開きます。投稿されたすべての寄稿記事が日付順に列挙されます。ここで、以前の投稿を読むか、
新しい寄稿記事をディスカッションに追加できます。ディスカッションはアプリケーションと完全に統合されています。スレッド内
のリンクされた項目をクリックするだけで、その内容を開くことができます。ファイルリポジトリにすでに格納されているファイル
またはコンピュータにローカルに保存されているファイルをディスカッションに添付することができます。
10
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
ディスカッションはいつでも終了、離脱、削除することができます。終了したディスカッションでも読むことはできますが (終了し
たディスカッションの一覧から参照可能)、新規の追加は行えません。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
11
ストーリーとイベント
特に、ストーリーとイベントはコラボレーションパネルと密接に統合されています。
● 新しいイベントを登録するたびに、ディスカッションスレッドが自動的に登録されるため、イベントに割り当てられた同僚の
グループとコラボレーションを行うことができます。ディスカッションスレッドから生じるすべてのアクションに対して、新しい
タスクを即座に登録し、そのタスクを同僚に割り当てることができます。
● ストーリーの操作中に新しいディスカッションを登録した場合、ディスカッションは操作中のストーリーの名前を自動的に継
承し、そのストーリーがディスカッションに固定されます。
(ディスカッションから解除) を選択すると、ディスカッションか
らストーリーを切り離すことができます。
●
セルのディスカッション を選択すると、テーブル内の個別セル値にコメントを付けるか、個別セル値に関する
ディスカッションを行うことができます。
関連情報
ストーリーのコラボレーション [216 ページ]
イベントおよびタスクのためのコラボレーション [230 ページ]
1.4
SAP BusinessObjects Cloud モバイルアプリ
iPhone、iPad、iPod Touch の各デバイスで SAP BusinessObjects Cloud のモバイルアプリを使用します。
前提条件
iOS 8.4 以降が必要です。
コンテキスト
SAP BusinessObjects Cloud モバイルアプリを使用すると、いつでも、どこからでも計画ツールと分析ツールにアクセスでき
ます。このアプリは SAP BusinessObjects Cloud ソリューションに接続して、下記を実行できるようにします。
● チャット機能を通じた同僚とのコラボレーション
● イベントとタスクの表示
● アプリまたは iOS 通知センタでの通知の受信と管理
12
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
手順
アプリのインストール
1. アプリストア (ここ
) からモバイルアプリをダウンロードしてインストールします。
アプリの起動
2. C4Analytics をタップしてアプリを起動します。
初めてアプリを起動したときには、アラート、音声、およびアイコンバッジを含む通知を受け取るかどうかを尋ねられます。
通知を受け取る場合は、OK を選択します。設定はデバイスの一般設定セクションでいつでも変更できます。
最初のサインイン
3. データを保護するためのアプリケーションパスワードを設定します。
忘れたアプリケーションパスワードをリセットするには、ようこそ画面でパスワードを忘れた場合をタップします。アプリケー
ションパスワードを変更するには、
(設定) をタップしてユーザプロファイルに移動し、アプリケーションパスワード変更
をタップします。
SAP BusinessObjects Cloud への接続
4. サーバのアドレス、SAP BusinessObjects Cloud のユーザ名とパスワード、テナント名を入力してから、ログオンをタップ
して接続設定を完了します。
表 2:
接続情報
例
サーバ
https://<SAP HANA
SERVER>.neo.ondemand.com
ユーザ名
myUserID
パスワード
myPassword
テナント
T1
SAP BusinessObjects Cloud ソリューションへの接続を正しく設定できれば、モバイルアプリを次回起動したときには、
アプリケーションパスワードを入力するだけで済みます。
関連情報
システム要件および技術的前提条件 [288 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ヘルプセンタ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
13
2
ホーム
ホーム画面は、ストーリーおよびビジュアライゼーションをタイルとして固定できる場所です。また、個人用のメモや今後の予
定などを追加することもできます。
SAP BusinessObjects Cloud を初めて起動すると、ホーム画面が表示され、その画面にあるクイック起動ショートカットを使
用して、すぐに分析タスクに取り掛かることができます。たとえば、次のような操作を実行できます。
● Excel ファイルをホーム画面にドラッグしてデータをインポートする。
● ファイナンシャルプランニングウィザードを起動してプランを即座に登録する。
● エクスプローラを起動して、データの分析やビジュアライゼーションの登録を開始する。
Excel ファイルをホーム画面にドラッグする場合は、最もよく使用する項目を表示とモデルの準備のどちらかを選択できます。
最もよく使用する項目を表示を選択すると、新しいストーリーが登録され、データがエクスプローラに表示されます。こちらを選
択した場合は、ファセットインタラクションによってデータが表示され、ビジュアライゼーションを登録できます。データセットの準
備を選択すると、新しいストーリーが登録され、データがグリッドに表示されます。こちらを選択した場合は、データの統合と準
備を行うことができます。
ホーム画面は非公開であるため、他のユーザと共有したり、ディスカッションに追加したりすることができません。このことは、
ホーム画面に固定されたノートとタイルにも当てはまります。
タスク
メモの作成 [14 ページ]
タイルとメモの操作 [15 ページ]
2.1
メモの作成
ストーリーと他の項目をホーム画面に固定した状態で、メモを作成してテキストを追加できます。
1.
新規メモ を選択します。
2. メモのタイトルとテキストを入力します。
3. OK を選択して、メモを作成します。
14
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ホーム
2.2
タイルとメモの操作
タイルとメモはホーム画面で操作します。
タイルまたはメモを選択した後、次の操作を実行できます。
表 3:
タスク
詳細
メモを編集する
編集
を選択して、メモのテキストとタイトルを編集しま
す。
ストーリーにナビゲートする
タイルがストーリーである場合は、
ジャンプ
を選択して
ソースストーリーを開きます。ストーリーを編集して保存すると、変更
がタイルに反映されます。
タイルまたはメモを削除する
削除
を選択して、タイルまたはメモをホーム画面から
削除します。
タイルを全画面モードで表示する
(全画面) を選択して、ホーム画面のフルサイズにタイルを拡大
します。元のサイズに戻すには、
(全画面を終了) を選択しま
す。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ホーム
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
15
3
モデル
モデルは、組織またはビジネスセグメントのビジネスデータを表しています。モデルは、SAP BusinessObjects Cloud におい
てすべてのデータ出力の基礎として必要です。データの登録、データの更新、モデルへのデータのロードには、モデラを使用
します。
概要
モデルは単一の勘定に基づいていますが、ストーリー内の出力テーブルで勘定データの分析 (時間、製品、地域、その他の
カテゴリに基づくデータの分解など) に使用される 1 つ以上のディメンションが含まれています。
データは階層的な構造で保持されるため、ドリルダウン機能を使用して、上位レベルの視点からデータをより詳細に検証する
ことができます。データはモデルに表示されませんが、モデリングのデータ統合機能を使用してデータがインポートされ最新表
示にされます。データの手動入力から外部システム (SAP Business Planning and Consolidation (BPC) など) によるスケ
ジュール更新に至るまで、これをサポートするための複数のオプションを使用できます。
データ統合機能は、他のシステムから完全なモデルをインポートするためにも使用できます。また、モデルを即座に登録する
ための別の選択肢は、計画ウィザードを使用することです。計画ウィザードは、製品の最初の起動時にホーム画面で利用で
きるほか、ストーリーのグリッド機能とテーブル機能にも組み込まれています。
ここでは、まずモデルの主要な機能を説明した後、モデルのデザインとデータ統合に関連するタスクを詳しく説明します。
概要
モデラリスト画面を表す次の図では、1 ~ 7 の番号で主な機能領域の概要を示しています。
16
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
1. モデル - 既存のモデルはここに一覧表示されます。リンクテキストをクリックするか、チェックボックスを使用して 1 つ以上
のモデルを選択することで、モデルを開くことができます。
2. ディメンション - モデルで使用される個別のディメンションは独立して保存されており、別のタブページに表示されます。
3. 通貨換算 - データで複数の通貨を使用している場合、為替レートは別々のテーブルで更新されます。これらのテーブル
は、すべてのモデルから独立して保存され、別々のタブページに表示されます。
4. 対象地点 - データ分析で表示および使用される地理的ロケーションのデータがモデラのこの場所で保守されます。
5. ツールバー - モデルを管理するための一般的な操作をツールバーから使用できます。これには、モデルを削除するオプ
ションやモデルをクリア (モデルからすべてのデータを削除) するオプションがあります。
6. データのインポート/エクスポート - ツールバーのデータインポートアイコンの下にあるメニューでは、サポートされるデー
タインポートオプションのリストを使用できます。
7. データリソース - 外部のデータソースからモデルに永続的なスケジュールリンクを設定できるため、スケジュールに基づ
いてデータを更新することが可能です。
これらの機能、およびモデラのその他の機能については、次項以降で詳しく説明されます。
タスク
新規モデルを空白から登録 [51 ページ]
ディメンションの登録 [53 ページ]
ビジネス組織 [21 ページ]
モデルの設定 [27 ページ]
データのインポート [57 ページ]
モデルデータのクリア [56 ページ]
モデルの削除 [56 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
17
3.1
モデラの概要
モデルの主要な機能には、勘定データ、階層、通貨、および式を分析するために使用される勘定とディメンションがあります。
以下の各項では、モデルの主要な機能の概要を示し、モデルから生成されるテーブル、チャート、ドキュメント、およびストーリ
ーに対してこれらの機能が与える影響を説明します。
3.1.1 勘定データの分析
モデルは単一の勘定に基づいており、財務データ、またはその他の任意のビジネスデータを含んでいます。モデルから登録さ
れるデータ出力では、モデルで定義されたディメンションに基づいて勘定データを分析できます。
損益計算書の例
次の例では、損益計算書の生成に使用されるモデルを示します。このモデルには、期間、地理的地域、および製品に関する
ディメンションがあります。
モデルから生成される最初のテーブル出力では、勘定メンバーがグリッドの最初の列に表示されます。モデルで定義されたデ
ィメンションはビルダパネルで使用できます。これらのディメンションをグリッドに追加して、データの異なるビューを表示できま
す。
モデル内のデータは階層的な親子関係によって編成されているため、高レベルの集約が表示されますが、オプションとしてデ
ータのより詳細なレベルにドリルダウンすることができます。損益計算書の例では、勘定メンバーが折りたたまれて表示されま
18
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
すが、各行にある矢印をクリックすることで展開できます。ディメンション内のすべてのメンバーまたはすべての行の位置を表
示するプレビュー機能を使用すると、モデラ内の任意のディメンションの完全な階層を表示することができます。
3.1.2 計画モデルと分析モデル
SAP BusinessObjects Cloud では、すべての機能を使用できる計画モデルと、よりシンプルで柔軟性のある分析モデルとい
う 2 つのタイプのモデルが提供されています。また、HANA ビューからモデルを登録できます。
モデルのタイプ
使用可能な 3 つのタイプのモデルでは、それぞれ複数の異なる機能がサポートされます。各タイプの概要は次のとおりです。
● 計画タイプのモデル: 時間とカテゴリのディメンションを使用して事前設定されたモデルであり、モデルとディメンションの両
方のレベルで、複数通貨貨機能とセキュリティ機能をサポートします。
● 分析タイプのモデル: 計画モデルとは異なり、このタイプではカテゴリがサポートされず、時間ディメンションは不要です。
● HANA ビューに基づく分析モデル: 単一の勘定ディメンションを持つ単純なモデルですが、HANA から他のディメンション
にアクセスできます。セキュリティは HANA から継承されますが、SAP BusinessObjects Cloud で詳しく管理できます。
モデルの機能
計画プロセスを効率的にサポートするために、SAP BusinessObjects Cloud のモデルには、計画プロセスを簡単に開始でき
る既成の機能が数多く用意されています。たとえば計画モデルでは、以下が事前に設定されています。
● 予算、計画、予測のカテゴリ
● ユーザのデータに適合するように迅速に調整できるデフォルト期間
● トレーサビリティのための監査機能
● データグリッドにある特定の値へのアクセスを、指名した個人に制限できるようにするセキュリティ機能
モデルのタイプは、計画有効化チェックボックスを使用して、モデル登録の最初のステップで決定されます。
次の図に、計画モデル (1) と分析モデル (2) との本質的な相違を示します。分析モデルには (予算および予測データの) カテ
ゴリが事前設定されておらず、デフォルトで時間ディメンションを使用できますが、これは必須ではなく、デザイン段階でモデル
から削除できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
19
関連情報
新規モデルを空白から登録 [51 ページ]
ディメンションの概要 [30 ページ]
HANA からモデルをインポート [76 ページ]
3.1.3 HANA ビューに基づくモデル
基になる HANA データベースに接続し、ビューをインポートして分析タイプの新規モデルを登録することで、モデルを登録でき
ます。HANA ビューに基づくモデルで利用できる機能は、他のモデルと比較して若干異なります。
HANA ビューに基づく分析モデルでは、既存のデータを SAP BusinessObjects Cloud で使用できます。計画タイプのモデル
で使用される数多くの機能 (階層、財務データ型、通貨など) が、このタイプのモデルには関連しません。ここでは、主要な相
違点と機能のいくつかを説明します。
ディメンションとバージョンの管理
HANA にリンクされたモデルでは、1 つの勘定ディメンションのみがモデルに表示されますが、HANA から派生する他のすべ
てのディメンションも利用できます。このようなディメンションは多数になる可能性があり、その多くは SAP BusinessObjects
Cloud に関連しません。ビューを容易に管理するために、モデル設定メニューからディメンション管理機能にアクセスして利用
できます。この機能では、モデルから生成される出力に表示されるディメンションを選択できます。
HANA ビューに基づくモデルでは、バージョン管理機能も利用できます。この機能を使用すると、インポートされた任意のディ
メンションを SAP BusinessObjects Cloud の特定の計画カテゴリ (予算、実績、予測など) にマップできます。
20
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
すべてのタイプのモデルに対して変数を定義できますが、HANA で変数が定義されている場合は、データ出力を開くときに、
必要な値を SAP BusinessObjects Cloud に入力するように要求されます。
セキュリティ
基になる HANA データベースビューに基づく分析モデルは、HANA で適用されるセキュリティ制限を継承します。特定のユー
ザロールセキュリティをセキュリティ制限に割り当てることで、これらのセキュリティ制限を SAP BusinessObjects Cloud で変
更できます。ユーザロールセキュリティを使用する管理者は、各モデルに対して HANA で定義された分析権限のリストを参照
し、各ロールに対して分析権限を付与または取消できます。
指定した特定のセルへの入力を制限するために他のタイプのモデルで使用できるデータアクセスオプションは、このタイプの
モデルでは使用できません。
リモートシステムにリンクされたモデルへのアクセスを制限できますが、モデルを開く前に信用証明書を要求される場合があり
ます。
関連情報
HANA からモデルをインポート [76 ページ]
標準アプリケーションロール [239 ページ]
モデルの設定 [27 ページ]
モデルセキュリティ [24 ページ]
3.1.4 ビジネス組織
アカウントに適用される組織の構造は、特殊な (組織) ディメンションとしてモデルに定義できます。より複雑で国際的なビジネ
スモデルでは、このディメンションで通貨換算機能と地理的ロケーション ID を使用することもできます。
組織ディメンション
各計画モデルには、ビジネスの構造を説明し、通貨と地理的ロケーションの決定に対して追加の機能を提供する組織ディメン
ションを 1 つ含めることができます。このディメンションは、たとえば、各製品の営業活動について地域的な分類を提供するた
めに使用できます。各モデルに許可される組織ディメンションは 1 つだけですが、必要であれば次の例に示すように、任意の
モデルディメンションに階層を追加することができます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
21
通貨
組織ディメンションのメンバーがそれぞれ異なる通貨を使用する場合、通貨カラムの各メンバーに対して通貨コードを入力して
ください。この場合、モデルに対する設定で使用する換算テーブルも指定する必要があります。
通貨換算テーブルは、モデルとは独立して定義されています。メインメニューから最初にモデラを選択すると、通貨換算テーブ
ルは [モデラ] タブページに別途表示されます。
ストーリー内のテーブルでモデル出力を操作するときに、通貨を選択できます。こうすれば、選択した通貨で現在有効なレート
に従って、金額が換算されて表示されます。
地理的ロケーション (エリア ID)
組織階層では、データに含まれる場所名はすべて、データベース内の既知の場所名と自動的に照合され、その値がエリア ID
列に入力されます。場所名が自動認識されない場合は、この列のすべてのセルに用意されている検索機能 (虫眼鏡アイコン)
を使用して、インポートされたデータの検索と照合を手動で実行できます。この機能を使用すると、国、都道府県、営業地域な
どを特定できます。これらのエリアは、モデラの [対象地域] モデラタブページに保持されています。
この機能を使用するには、"新しいディメンションを登録してください" ダイアログでエリア ID 使用チェックボックスを選択しま
す。
22
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
入力スケジュール (入力要請)
組織ディメンションは、ストーリーで入力スケジュールの基準として使用することもできます。各地域または部署の担当者をス
ケジュールタスクに割り当てることができます。この機能は、通知やその他のソーシャルメディア機能と併せてコラボレーション
機能に統合されています。
3.1.5 通貨テーブル
通貨換算テーブルは、モデルとは独立して定義されます。登録した任意のモデルに対して、選択した通貨換算テーブルを適
用することができます。モデラを起動すると、通貨テーブルは別の通貨換算タブページに表示されます。必要に応じて、テーブ
ルの追加、コピー、削除を行う標準的な管理機能を使用できます。
為替レート
通貨換算テーブルでは、使用されるすべての通貨に対して為替レートを定義します。通貨換算は換算前通貨に為替レートを
乗じることによって計算され、換算後通貨における等価の値が確定されます。モデラでは、モデルの組織パースペクティブで
定義された国および地域とともに通貨コードが入力されます。
各為替レートには有効開始日があります。有効開始日は、為替レートが有効になる最初の日付です。また、為替レートは単一
のカテゴリ (実績、予算、計画など) および選択した通貨レートタイプ ('平均' または '期末日') に対して定義できます。そのた
め、通貨換算計算の複数のバリエーションを管理して、たとえば、予算、計画、実績の差異の追跡や、異なるタイプの為替レ
ート計算の比較に使用できます。
レートタイプとカテゴリ
カテゴリとレートタイプは通貨の任意の属性であり、デフォルトでは空白です。これらの属性が設定されていない場合、為替レ
ート値は一般的な値になります。ただし、使用する各為替レートにカテゴリとレートタイプを適用して、追加明細とレートをテー
ブルに追加できます。
勘定でレートタイプを使用するには、勘定メンバーのディメンション設定で、この機能をオンにする必要があります。そうする
と、勘定ディメンションにレートタイプ列が追加されます。
レートタイプがモデラに導入される前に登録された古いモデルを使用している場合は、勘定ディメンションにレートタイプ列を追
加する前に、モデルを移行する必要があります。その場合、モデル設定メニューで追加の移行オプションを使用できます。自
動移行処理を開始するには、このオプションを選択します。
通貨換算の有効化
モデラでは、通貨換算が必要かどうかをデザイン段階で決定する必要があります。モデルに基づくデータ出力で通貨換算が
必要な場合は、使用する換算テーブルをモデルの設定で指定しなければなりません。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
23
ストーリーでは、テーブルの出力データを操作するときに、通貨を選択できます。こうすれば、選択した通貨で現在有効なレー
トに従って、金額が換算されて表示されます。
関連情報
モデルの設定 [27 ページ]
勘定ディメンションの属性 [31 ページ]
3.1.6 階層の概要
階層列はすべてのタイプのディメンションの標準機能であり、データの構築ができます。ストーリーの出力データをテーブルに
表示するときには、階層のノードを展開または圧縮できます。
階層は、ディメンション内の明細ごとに相互に関連付けられた一連の親子関係として定義されます。階層列には、親 ID 値が
保存されます。
勘定ディメンションには 1 つの階層しかありませんが、それ以外のすべてのタイプのディメンションには、ツールバー上の追加
メニュー (+ 記号) から [階層の追加] を選択して、階層を追加することができます。このオプションを選択すると、グリッドに新
しい列が挿入されるので、列ヘッダ行に新しい階層の名前を入力する必要があります。
複数の階層が定義されている場合、ユーザは階層管理機能を使用するか、フィルタ設定を適用して、どの階層を適用するの
かを選択し、階層間を切り替えることができます。
階層は、プレビューパネルで視覚化されます。階層を作成する際には、データグリッドでデータを入力したり編集したりしなくて
もかまいません。プレビューパネルでドラッグアンドドロップを使用して、メンバーの配置と関係の構築を視覚的に実行すること
ができます。階層が複数定義されている場合は、プレビューに表示する階層をドロップダウンリストから選択できます。
3.1.7 モデルセキュリティ
ユーザロールセキュリティをモデルとディメンションに適用するか、より詳細な制限を適用するために、いくつかのオプションを
使用できます。
より詳細なセキュリティとアクセス制限を適用するには、2 通りの方法があります。
● モデルセキュリティ (プライバシ) - モデル設定のこのオプションを使用すると、モデルの所有者のほかは、管理者が明示
的にアクセス権を付与した他のユーザロールのみがモデルにアクセスできます。
● ディメンションセキュリティ (データアクセス制御) - ディメンションレベル設定のこのオプションを使用すると、モデル出力の
個々の値に対するアクセスを特定のユーザに制限できます。
同じモデル内で 2 つの方法を組み合わせることもできますが (その場合、すべてのセキュリティ条件が満たされたときに限り、
アクセスが可能になります)、通常は、どちらか 1 つの方法を選択します。
24
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
ユーザロールに基づくモデルセキュリティ (プライバシ設定)
ユーザ
ロール でセキュリティ制限を適用する管理者は、次のオプションを使用できます。
● アプリケーションの特定の機能領域 (モデルを含む) にアクセスする権限を付与する。
● 選択したモデルおよびモデルディメンションに対する読込アクセス権または書込アクセス権を付与する。
● HANA からインポートされた分析権限に対するアクセス権を付与する。
最初に、権限を付与する場合、管理者はモデル機能に対するアクセスまたは特定のタイプのモデルに対するアクセスを制限
できます。3 つのタイプのモデル (計画モデル、分析モデル、HANA Cloud Platform データソース) に対する権限について別
々のオプションを使用できるため、各タイプのモデルを別々に保護できます。
2 番目に、プライバシがモデルで有効化されている場合、モデルに対するフルアクセスまたは制限付アクセスを各ロールに付
与できます。制限付アクセスでは、モデルのすべてのメンバーおよびカテゴリに対して非常に詳細なレベルの読込/書込制御
を設定できます。
3 番目に、HANA ビューに基づくモデルでは、HANA からインポートした分析権限を各ユーザロールに対して付与または取消
できます。
ユーザ ID に基づくディメンションセキュリティ (データアクセス)
個々のディメンションレベルのセキュリティが有効化されたディメンションのデータテーブルに対しては、2 つの読込列と書込列
が追加されます。これらの列を使用すると、モデル出力の特定のセルまたは値に対するアクセスを (個々のユーザ ID に基づ
いて) 制御できます。このセキュリティを有効化するには、ディメンション設定のデータアクセス制御の有効化スイッチをオンに
します (次の項を参照)。
以下の例は、選択したモデルのデータアクセスダイアログで定義したデータ権限により、モデルに対してユーザが実行できる
処理の内容を制限する方法を示しています。
モデル損益計画には、ディメンションに対して以下の権限が設定されています。
● 勘定:アクセス制御有効
● 組織:アクセス制御有効
● バージョン
● 時間
このモデルを作成したユーザは、勘定ディメンションに対するデータアクセスを以下のように定義しています。
表 4:
メンバー ID
読込
書込
P00001
MARTIN_BRODY
MARTIN_BRODY
P00002
MATT_HOOPER
MATT_HOOPER
このモデルを作成したユーザは、組織ディメンションに対するデータアクセスを以下のように定義しています。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
25
表 5:
メンバー ID
読込
書込
EMEA
MARTIN_BRODY
MARTIN_BRODY
ドイツ
-
-
フランス
-
-
APJ
MATT_HOOPER
MATT_HOOPER
-
-
組織
公開バージョン:Account.P00001
公開バージョン:Account.P00002
EMEA
300
400
ドイツ
200
300
フランス
100
100
APJ
400
500
アメリカ
200
300
中国
200
200
アメリカ
中国
モデルには以下のデータが含まれます。
表 6:
Martin Brody がストーリーを開き、組織を行に追加し、勘定を列に追加すると、以下のデータのみが表示されます。
表 7:
組織
公開バージョン:Account.P00001
EMEA
300
ドイツ
200
フランス
100
関連情報
標準アプリケーションロール [239 ページ]
モデルの設定 [27 ページ]
26
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3.1.8 モデルの設定
すべてのモデルについて、個別の設定を行うことができます。モデルの登録時に適用する設定によって、モデルおよびモデル
から生成されるデータの永続的な特性の多くが決定されます。
新しいモデルをデザインするときには、セキュリティ、監査、通貨換算に影響を与える設定を行う必要があります。青いツール
バーの設定ドロップダウンメニュー (レンチアイコン) では、モデル全体としての設定を行うことができます。ディメンションが表
示されている場合は、機能ツールバーから各ディメンションレベルの追加の設定を行うこともできます。
注記
すべての設定が分析タイプのモデルに関連するわけではありません。HANA ビューに基づくモデルでは、次の項で説明す
る別のオプションを使用できます。
通貨
モデルの基本的な設定には、モデルから生成されるデータに適用されるデフォルト通貨があります。金額の価値を別の通貨
で示す必要がある場合は、通貨の変換スイッチを有効化してから通貨換算テーブルを選択します。ドロップダウンリストには、
モデラの [通貨換算] タブですでに登録済みであるすべてのテーブルが表示されます。
データ監査
SAP BusinessObjects Cloud の監査では、上位レベルのアクティビティ監査、またはトランザクションレベルのデータ変更監
査の 2 つのレベルのうち、どちらかを使用できます。モデルの設定でデータ監査スイッチが有効になっている場合、このモデ
ルのすべての変更はログに記録されます。
監査ログは、ユーザメニュー (
ユーザ
データ変更 ) から使用できます。
プライバシ (ユーザロールセキュリティ)
プライバシ設定は、モデルが所有者以外のユーザに表示されるかどうかを決定します。この設定はモデルの保存後であって
も変更できます。
プライバシスイッチを有効化した場合、モデルの所有者およびアクセス権を明示的に付与されたユーザロールのみがデータを
参照できます。モデルとデータを公開する場合は、このスイッチを無効化してください。
データアクセス制限
モデル内のすべてのディメンションの各個別行に対してデータアクセス制限を適用できます。これを適用すると、ディメンション
に読込列と書込列が自動的に追加され、ユーザを選択してこのデータに対する編集権限を付与するダイアログを使用できる
ようになります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
27
データ出力でデータアクセス制限を使用する場合は、機能ツールバーにあるディメンションの設定ダイアログを使用して、制限
を適用する予定の個々のディメンションで、この機能を有効化する必要があります。
次の図に、この機能のモデル設定 (1) とディメンション設定 (2) を示すほか、追加の書込列と読込列も示します。データアクセ
ス制限を有効化する設定は、ディメンション設定のもとで使用できます。モデル設定メニューのデータアクセスオプションには、
この機能でどのディメンションが保護されているのかという概要が表示されますが、そこで設定を変更することはできません。
ディメンション設定
ディメンションで使用できる設定オプションは、現在選択されているディメンションタイプに応じて異なります。これらの設定オプ
ションについては、マニュアルの関連トピックで詳しく説明します。データアクセス制御の有効化の設定は、すべてのディメンシ
ョンで使用できます。
関連情報
ビジネス組織 [21 ページ]
新規モデルを空白から登録 [51 ページ]
3.1.8.1
HANA モデル用のオプション
HANA ビューに基づくモデルでは、特定の機能を利用できます。ディメンション設定ダイアログを使用すると、HANA ビューと
関連付けられる数多くのディメンションを管理できます。バージョン管理機能では、既存の計画カテゴリに合わせて外部データ
を調整できます。
ディメンション設定
HANA にリンクされるモデルには、HANA データベース内のディメンションのうち、ビューに関連付けられたディメンションがす
べて含まれます。このようなディメンションは多数になる可能性があり、その多くは SAP BusinessObjects Cloud で必要とさ
れない場合があります。HANA にリンクされるモデルでは、ディメンション管理機能を使用できます。この機能はモデル設定メ
ニューから使用でき、モデルから生成される出力にどのディメンションを表示するのかを選択できます。
28
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
ディメンション設定ダイアログには、使用可能なディメンションがすべて表示されます。最初に、数多くのディメンションが存在
する場合は、管理しやすいようにグループを作成することで、ディメンションを編成できます。同じグループに入れるディメンシ
ョンに対して、単に同じグループ名を入力します。2 番目に、関係のないディメンションは、非表示チェックボックスを選択して
除外できます。表形式の出力でデータを操作するときに、これらのディメンションは使用できなくなります。
バージョン管理
HANA ビューに基づくモデルでは、バージョン管理機能を使用できます。この機能を使用すると、インポート済のディメンション
と値を選択済のバージョン (カテゴリ: 実績、計画、予測など) にマッピングすることができます。マッピングされた値が出力テー
ブルに表示されます。
次の例に、モデラ内の勘定メジャーとバージョン情報マッピングダイアログを示します。ハードウェア使用状況モデルを示すこ
の例では、項目ディメンションのすべての値 (メモリ、ディスク、CPU - モデラに表示されない値) がカテゴリ '計画' に設定され
ています。この図では次の 3 つの手順を示しています。
1) ツールバー上の
(バージョン管理) アイコンを選択します。
2) HANA データソースで使用できるディメンションはモデラにはすぐに表示されませんが、ここでバージョン管理ダイアログの
2 つのドロップダウンリストに表示されます。選択したディメンションのフィールドが下に表示され、それぞれの値に適用するカ
テゴリを選択できます。
3) モデルから生成されるデータ出力では、括弧で囲まれたバージョンカテゴリ '計画' が各ラベルの末尾に追加されます (列
B)。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
29
3.1.9 ディメンションの概要
モデルで使用するディメンションは、すべてのモデルから独立して保存されます。新しいモデルを登録した場合には、既存の
ディメンションの選択、または新規ディメンションの登録のどちらかを選択できます。モデルには、いくつかの専用のディメンシ
ョンタイプがあります。
この項では、使用できるディメンションのタイプについて概説し、各タイプが使用される特定の目的について説明します。
組込の時間ディメンションとカテゴリディメンション以外のすべてのディメンションには、3 つの基本列 (属性) があります。つま
り、ID、説明、階層です。これらの基本列は削除できませんが、必要に応じて列を追加することはできます。階層列は、自由形
式のテキスト属性であり、ここに親メンバーの ID 値を入力できます。この方法で親子関係を保持することにより、低レベルで
詳細に分析できる高レベルの値を集約するためにデータの表示時に使用されるデータ階層を構築できます。
次のタイプのディメンションを使用できます。
● 組込ディメンションである時間ディメンションには、計画の時系列の開始日と終了日、および計画で使用される時間の最
小単位を定義します。
● 組込ディメンションであるカテゴリディメンションには、データ出力で使用できるデータのバージョンを定義します。つまり、
実績、予算、計画、予測、ローリングフォーキャストです。
● 勘定ディメンションは、モデルの主要ディメンションです。モデルには、1 つの勘定ディメンションしか設定できません。
● 組織ディメンションタイプは、モデルのオプションですが、たとえば、機能単位、地理的エンティティ、またはコストセンタに
基づいて、勘定データについての組織的な分析を提供します。モデルには、1 つの組織ディメンションしか設定できませ
ん。
● 一般タイプは、必要に応じてデータの追加またはインポートが行える自由形式のディメンションです。たとえば、製品、チャ
ネル、または営業員などをベースにすることができます。モデルには、複数の一般ディメンションを設定できます。
● プールディメンションタイプは、割当と共に使用されます。割当のモデルを参照してください。
ディメンションの各タイプのより詳細な説明は、以下の時間とカテゴリの組込ディメンションから始まる各項にあります。
時間ディメンション
時間ディメンションは、モデルの登録時に自動的に登録されます。モデルの全体的な時間枠を指定し、データを分析する際の
時間の最小区間である粒度 (毎年、毎四半期、毎月、または毎日の値) も指定します。毎週の区間には特定の設定はありま
せんが、最小の粒度は日レベルに設定されてから、ストーリー内のデータ出力がカレンダ週でグループ化されて自動的に表
示されます。
カテゴリ
財務計画のデータカテゴリ (実績、予算、計画) は事前定義されており、モデルのデザイン時に必要なのは、頻度の設定を変
更することだけです。予測は、期間 (四半期、または毎年) に基づいて行われます。ローリングフォーキャストの範囲は、現在
の日付に関連した過去の期間の数 (ルックバック) と将来の期間の数 (ルックアヘッド) として定義されます。
30
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
関連情報
割当のモデル: プールディメンション [36 ページ]
3.1.9.1
勘定ディメンションの属性
勘定ディメンションには、一連の勘定メンバーと勘定データ形式が定義されます。
勘定ディメンションは、モデルの主要ディメンションです。このディメンションを初めて設定するときには、ID、説明、勘定タイプ、
および階層という基本列に加えて、一連の技術プロパティも自動的に登録されます。(青) ツールバーにある技術プロパティボ
タンを使用して、これらの列を非表示できますが、削除することはできません。勘定ディメンションのほとんどの属性には、デー
タの入力に役立つリストボックスが用意されています。選択と入力はユーザの作業中に検証されるので、無効な値や整合性
のない値はすぐに視覚化されます。
注記
HANA ビューに基づくモデルでは、使用可能な属性の数が少なくなります。階層、財務データ型、通貨型は、このタイプの
モデルには関連しません。また、集約タイプでは異なる値セットを使用できます。
勘定タイプ
勘定ディメンションでは、勘定タイプ属性を使用して正の値と負の値を自動的に処理します。勘定の観点から見ると、勘定の
収支が合うように、損益計算書と貸借対照表に属する勘定メンバーを正の値または負の値のどちらかでデータベースに正しく
保存する必要があります。アプリケーションでは、すべての値を正の数値として入力でき、正符号から負符号への切替は勘定
タイプの設定に基づいて自動的に処理されます。
財務勘定タイプには、次の 4 種類があります。収益 (INC) および費用 (EXP) 項目は損益勘定に含まれ、資産 (AST) および
負債と資本 (LEQ) 項目はいずれも貸借対照表項目になります。自動切替は、勘定タイプ INC および LEQ に適用されます。
どの式も、データベースに保存された値ではなく、表示されている値に適用される点に注意してください。
外部システムからデータをインポートする場合は、マッピング機能を使用して、インポート対象のデータをこのスキーマに適合
させることもできます。これは勘定タイプに基づいてデータの符号を反転するオプションです。このチェックボックスをオンにす
ると、インポート対象のデータも勘定タイプによって識別され、適切に保存されて処理されます。
通貨レートタイプ
この勘定で通貨を使用しているときにレートタイプに基づいて特定の為替レートを通貨テーブルに追加した場合は、ディメンシ
ョン設定でこの機能をオンにすることで、レートタイプ列を勘定グリッドに追加できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
31
表 8:
属性
詳細
勘定タイプ
以下のデータの勘定タイプを選択します。
●
INC (収益 - 自動符号切替を使用する)
●
EXP (費用)
●
AST (資産)
●
LEQ (負債と資本 - 自動符号切替を使用する)
●
NFIN (非金融)
資産タイプと負債タイプは一定期間内に集計され、モデル内で集計ディメンションにリンクされる必要があります (組込の
時間ディメンションなど)。
レートタイプ
この属性はデフォルトでは表示されませんが、ディメンション設定でオンに設定できます。この属性はデフォルトで空白で
あるため、通貨テーブルの一般的な為替レートが勘定メンバーに適用されます。レートタイプ ('平均' または '期末日') を
選択した場合は、通貨テーブル内で同じタイプのフラグが付いた為替レートが使用されます。
単位と通貨
この属性を使用して、値のタイプと表示単位を設定します。リストから次のいずれかを選択します。
●
通貨:このオプションはすべての金額に使用します。この場合、スケールで定義された単位がすべてのデータ出力に
表示され、適切な通貨記号が数値の後に表示されます。
●
ラベル:独自の表示単位を定義するために、このメンバーに対して (最長 30 文字の) テキストラベルを入力できま
す。このラベルは数量単位または梱包単位 (ボトルなど) を表します。入力したラベルはデータ出力の数値の後に
表示されます (例: 25 ボトル)。
●
%:このオプションも同様に機能し、値の後に % 記号を表示します。この場合、スケール属性も自動的に % に設定さ
れます。
この属性は空白のままにすることもできます。その場合、スケールに基づいて省略形の単位が表示されます (下記参
照)。
32
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
属性
詳細
集計タイプ
親ノードである勘定メンバーでは、リーフノードから値が累計される方法は集計タイプによって決定されます。Average タ
イプと Last タイプでは、値に関連する集計ディメンションも選択する必要があります (時間はデフォルトとして自動的に入
力されます)。
●
AVERAGE:このタイプは、すべての値の平均を計算するときに選択されます。
●
LAST:このタイプでは選択した期間内で最後 (最新) の値が表示されます。これは、たとえば、ある月の最終日の従
●
SUM:これは収益と費用のデフォルトの集計タイプであり、すべての値を単純に合計します。
●
NONE:数値データセルの値のタイプが異なると、集計を実行できない場合があります。たとえば、複数の異なる通貨
業員数を示すのに使用されます。
を含むセルや価格情報などが該当します。このような勘定メンバーについては、集約タイプを NONE に設定します。
ストーリー内のテーブルでは、集約されていないセルは対角線が描かれた状態で表示されます。セルの内容は空に
なるか、または、階層内にあるノードの子の値がすべて同じである場合、その単一の値がノードレベルで表示されま
す。
●
LABEL:値を計算しないでデータグリッドにテキストラベルを表示する場合、階層内の任意のダミーノードについて、
集約タイプを LABEL に設定します。その場合、メンバーの説明テキストがラベルとして表示され、通常ならば集計値
が表示される場所には、単にダッシュ文字が使用されます。リーフノードをタイプ LABEL に設定することはできませ
ん。これは画面上で即座にエラーのフラグが付けられます。モデリングに関する項の冒頭に示した損益計算書のテ
キストラベルの例では、テキストラベル "主要業績評価指標" (4 つの子 KPI 値付き) が LABEL タイプとして定義さ
れています。
注記
HANA ビューに基づくモデルでは、異なる集約タイプのセットを使用できます。NONE、SUM、AVERAGE、LAST のほ
か、MIN、MAX、COUNT を使用できます。COUNT タイプでは集計ディメンションが必要ですが、MIN/MAX タイプで
は必要ありません。
集計ディメンシ
勘定タイプまたは集計タイプに応じてメンバーに集計ディメンションが必要とされる場合は、ここに入力します。この属性で
ョン
は、モデル内のすべてのディメンションと組込の時間ディメンションを表示するリストボックスを使用できます。
スケール
出力での数値の表示を向上させ、重要でない数値を非表示にするために、整数および指定した小数点以下桁数のみを
表示するように、この属性を設定できます。これにより単位の値が、適切な単語または略語によって表示されます。次の
いずれかのオプションから選択できます。
●
千 (3 桁の数字、略語は k)
●
百万 (6 桁の数字、略語は M)
●
十億 (9 桁の数字 - 略語は G。G は 10 億を表す国際標準の略語)
●
パーセント (% 2)
この機能は、スケールの単語、または省略されたスケール文字のどちらが使用されるかどうかを決定する単位属性の設
定と関係があります (この表の下にある例も参照)。
小数点以下桁
数
●
単位が通貨に設定されている場合、スケールの値として選択された単語が出力で使用されます。
●
単位が未定義 (空白) の場合、省略形のスケール文字が使用されます。
この設定は、小数点以下に表示される桁の数を定義します。0 から 7 までの値を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
33
属性
詳細
式
勘定ディメンションの任意の値に対して、計算および事前に定義された数式を使用できます。
詳細については、数式の項を参照してください。
計算
式を定義した場合は、計算のステップが実行される順序を指定するために、この属性を設定しなければならないことがあ
ります。集計値のあるセルに式が適用される場合、デフォルトの計算方法では、値が集計されてから式が計算されます。
この順序を逆にして集計の前に基本詳細を計算するには、計算を '詳細' に設定します。これが計算結果に与える影響の
例と説明については、数式の項の例を参照してください。
例
この例では、スケールと単位を設定することによる効果を示します。
スケールが百万と定義されているメンバーに対して、単位が空白、小数点以下桁数が 2 に設定されている場合、数値
92624530 は、データグリッドに 92.62M という省略形で表示されます。
一方、単位が通貨に設定されている場合は、省略形ではない単語が使用されます(92.62 百万など)。
スケールの値が選択されていない場合は、適切な区切り文字を使用して数値全体が表示されます(92,624,530.00 な
ど)。
関連情報
式の概要 [37 ページ]
通貨テーブル [23 ページ]
モデルでのしきい値の定義 [34 ページ]
3.1.9.2
モデルでのしきい値の定義
条件付き書式設定をチャートに適用するために、しきい値を定義できます。
コンテキスト
ストーリー内でしきい値を定義することで、条件付き書式設定を適用できます。または、特定のモデル内でしきい値を定義する
ことで、そのモデルに基づくすべてのストーリーに書式設定を適用できます。たとえば、モデル内で Revenue (収入) に対して
$1,000,000 というしきい値を定義すると、そのモデルに基づくすべてのストーリーで、Revenue のしきい値が $1,000,000
になります。しきい値は勘定ディメンションのみで定義できることに留意してください。
34
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
手順
1. モデラでモデルを開き、勘定ディメンションを選択します。
2. 勘定セルを選択します。
3.
(しきい値の設定) を選択します。
4. 勘定に対して 1 つ以上のしきい値を設定します。
値の範囲に使用する色とテキストを変更できます。
5. しきい値の定義が完了したら、OK を選択します。
色の書式設定は、モデルに基づくストーリーに適用されます。
注記
モデルに対して定義するしきい値は、そのモデルに基づくストーリーに適用されます。ただし、条件付き書式設定をスト
ーリーで適用した場合は、モデルに対して定義するしきい値が、その書式設定によって上書きされます。
関連情報
勘定ディメンションの属性 [31 ページ]
条件付き書式設定 [157 ページ]
ストーリーで定義したしきい値の登録 [157 ページ]
3.1.9.3
組織ディメンションの属性
アカウントに適用される組織の構造は、特殊な組織ディメンションとしてモデルに定義できます。国際的なビジネスモデルで
は、通貨換算機能を使用することもできます
新しい組織ディメンションを登録するには、組織タイプを選択する必要があります。階層が、事業所や営業地域などの地理的
な位置を参照する場合は、新しい組織ディメンションの登録中に SAP BusinessObjects Cloud の地理的ロケーション機能を
有効にすることもできます。この機能を有効にするには、"新しいディメンションを登録してください" ダイアログで、エリア ID 使
用チェックボックスを選択します。
属性
ID、説明、階層という 3 つの基本列に加えて、以下の表に示す属性を使用できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
35
表 9:
フィールド
詳細
通貨
各メンバーで使用される 3 文字の通貨コードを入力します。
責任者
組織メンバーの責任者を選択します。
この属性では ID を選択するための検索機能を使用できます。
エリア ID
この属性は、ディメンションの登録時にエリア ID 使用インジケータを選択した場合にのみグリッドに表示され、組織のメン
バーの地理的ロケーション情報を特定するために使用されます。この情報は地理マップ内のデータをチャートで表示する
ために使用されます。
この属性には、説明テキストが有効なエリア ID として認識されると、値をオートコンプリートする検索機能があります。ある
いは、階層の各行でエリア ID の正しい値を見つけるために、エリア ID の検索機能 (この列のセルがハイライト表示されて
いると有効) を使用できます。
3.1.9.4
一般ディメンションの属性
モデルには、必要に応じて 1 つ以上の一般ディメンションを追加できます。これは単純な自由形式のディメンションであり、階
層とデータアクセス制御に対応しています。
一般ディメンションでは、ID、説明、および階層という 3 つの基本列がデフォルトで登録されています。
機能ツールバー上の追加アイコン (+ シンボル) を使用して、必要な列を追加するか、階層を追加します。
3.1.9.5
割当のモデル: プールディメンション
プールディメンションタイプは、割当と共に使用されます。
割当のシナリオ
割当にビジネス計画モデルが登録されているとします。このモデルには、勘定ディメンションだけでなく、メンバーとして物流、
一般、売上を含む CostPool ディメンション (プールタイプ) も設定されています。
割当では、モデルに含まれる他のディメンションをプールディメンションにマッピングできるため、データ出力では、各ディメンシ
ョンのコストをプールで定義されたコストセンタ (この場合は、物流、一般、売上) に割り当てることができます。
36
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3.1.10 式の概要
この項では、式の使用方法の概要を示し、モデラで使用できる式を詳しく説明します。
モデラ用の式およびストーリー内のテーブル用の式
式は、勘定ディメンションのメンバーまたは定数値に対して計算を実行します。メンバーへの参照は角括弧で囲む必要があり
ます (次の図を参照)。式の中には、モデルでの用途に設計されたものと、ストーリー内のテーブルでの用途に設計されたもの
があります。
モデラでは、新しい勘定ディメンションを登録するときに、式列が自動的に追加されます。数式バーに式を入力するか、式の編
集ダイアログを使用することができます。モデラでは、個々の勘定メンバー (行) に式が適用されます。この例では、基本的な
算術構文を使用して計算を実行し、勘定ディメンションの他のメンバーを参照する式を示します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
37
ストーリーでは、式を使用するときに、テーブルグリッド上に追加の列が生成され、計算値がすべての行に挿入されます。この
例では、事前定義済みの delta() 式が列 H に追加され、第 1 ~ 2 四半期の実績値と予想値の間の差異が計算されます。
モデラでの式の入力
式が入力される式列のセルを選択すると、テキスト入力バーがテキストモード (T) から式モード (fx) に自動的に変わります。
モデラとストーリーに式を簡単に入力できるように、3 つの機能が用意されています。
1. ヒントリスト。数式バーに入力を開始すると即座にヒントリストが表示されます。このリストには、入力したテキストと一致し
た使用可能なオプションがすべて表示されます (式と勘定メンバーを含む)。勘定メンバー ID と勘定メンバー説明の両方
に関する値がリストに表示されます。一致プロセスも両方の値に対して機能します。
2. 式テンプレートと選択ダイアログ。式を選択すると、テンプレートが数式入力バーに自動的に挿入され、各パラメータのプ
レースホルダが示されます。テンプレートにマウスポインタを移動すると、各パラメータに関する簡単なヘルプテキスト説
38
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
明が表示されます。また、パラメータアイコンをクリックすると、各パラメータの選択ダイアログを開くことができます。選択
ダイアログには各パラメータに指定できるすべての値が列挙され、ID 値のみ、説明のみ、または ID 値と説明の両方を表
示するためのオプションが提供されます。
3. [式の編集] ダイアログ。高度な式エディタダイアログを使用すると、式の入力、書式設定、さらに検証を簡単に行うことが
できます。このダイアログには、式の作成に使用できるすべての機能 (関数、条件、演算子) の一覧が表示されます。必
要な機能を一覧から選択できるほか、追加の値をエディタに入力することもできます。
3.1.10.1 式による集計
集計結果を計算する前に、最初に式ですべての基本詳細を計算することを指定するには、式で Details() 構文を使用する
か、または勘定ディメンションに対して計算: 詳細属性を使用できます。
最初にどの部分の計算が行われるかを指定するために、括弧を使用しています。式では、値の集計を式の計算の前に実行
するか後に実行するかを判断することも重要となります。
ここに記載されたシナリオでは、この問題を図で示し、高度な式エディタと Details() 構文を使用してこの問題を解決する方法
を説明しています。これを実行する代替方法として計算: 詳細属性を使用する方法の詳細については、勘定ディメンションを参
照してください。
次の例では、総収益の値が [PRICE] * [UNITS] で計算されています。集計 (合計) 値を示すために、価格と総収益の両方が
定義されています。
この図は、計算の順序による結果の違いを示しています。このシナリオでは、モデルから生成された出力で、式の計算の前に
値が集計されたか (次の図に示された緑色の結果を参照)、各列の式を計算した後で値が集計されたか (次の図に示された
青色の結果を参照) を判断することが重要となります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
39
「集計後の計算」
デフォルトでは、上記の例に示された式 ([PRICE] * [UNITS]) で、値が集計された後に計算が実行されます。この例では、
次の計算が実行されます。
([TOTAL INCOME], [2014.Q1]) = ([PRICE], [2014.Q1]) * ([UNITS], [2014.Q1]) = 1020
Million $
「集計前の計算」
集計結果を計算する前に、式ですべての基本詳細が計算されたかどうかを判断するには、Details() 構文を使用する必要が
あります。ここでは、高度な式エディタを使用します。計算式を入力し、[詳細] ボタンを選択します。これで、既存の計算式に
詳細式が追加されます。このケースでは、以下の計算が実行されます。
([TOTAL INCOME], [2014.Q1]) = ([TOTAL INCOME], [2014.Jan]) + ([TOTAL INCOME],
[2014.Feb]) + ([TOTAL INCOME], [2014.Mar]) = 310 Million $
注記
詳細式は、lookup()、cagr()、yoy() など、いかなる組込式とも組み合わせて使用することができません。
詳細計算は、階層内のリーフノードにしか適用できません。計算式が無効なメンバーを参照している場合は、警告メッセー
ジが表示され、無効なメンバーが特定されます。
関連情報
勘定ディメンションの属性 [31 ページ]
40
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3.1.10.2 式の変数
変数とそのデフォルト値を定義したら、式定義の一環として変数名を入力できます。ストーリーのテーブル出力では、変数の
値が計算されて表示されます。
式と出力データグリッドの柔軟性を高めるために、変数を式に追加できます。変数は、デフォルト値で定義されているプレース
ホルダとしてモデラに入力されます。その後、モデルから生成される出力で変数値を選択することにより、式を使用してさまざ
まな数値や異なるデータセットを処理できるようになります。
次の図では、最初に 4 つのディメンションを含むデモモデルにおける変数定義プロセスを示します。変数ダイアログに 4 つの
変数が表示されます。各変数のディメンションをドロップダウンリストから選択できます。
変数 ID を参照することで、これらの変数を勘定の式列で使用できます。
テーブルで変数が定義されているモデルをストーリーで使用する場合、いつでも変数値を設定できます。テーブルに初めてモ
デルを追加する場合、変数値の設定を求めるプロンプトが自動で表示されます。それ以外の場合は、
(プロンプトの編
集) アイコンからモデルを選択し、変数の設定ダイアログを開くことで、変数の設定を変更できます。変数を選択し、この
Employee モデルの例で示されるように新しい値を入力します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
41
3.1.10.3 変数の定義
モデルに対して 1 つ以上の変数を定義するには、以下の手順を実行してください。
手順
1. モデラ設定アイコンの [変数] オプションを選択します。
2. ツールバー上の追加 (+) アイコンを選択して、新しい変数の名前を入力します。
3. ドロップダウンリストボックスから、値ドメインを選択します。値ドメインは次の 3 つのタイプから選択できます。
○ 番号タイプは手動で入力する定数の桁数を表します。最初に入力する値がデフォルト値となります。
○ 時間粒度の設定に応じて 1 つ以上の時間オプション (年、四半期、月などに対して) を利用して、時間ディメンション
に関連する変数を定義できます。たとえば、このタイプは事前定義された CAGR 式と共に使用できます。
○ また、リストボックスには、(ディメンション ID 属性に基づいて) モデルに追加された各ディメンションへの参照が表示
されます。たとえば、このタイプは事前定義された Lookup 式と組み合わせて使用できます。
4. デフォルト値を設定します。変数が既存のディメンションに関連する場合、"編集" (ペン型のアイコン) を選択してリストボ
ックスを開き、変数に関連するディメンションのメンバー全体を参照することができます。
5. 式内の変数を使用するには、通常の方法で式を入力します。定義した変数がドロップダウンリストボックスに追加されま
す。
42
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3.1.10.4 式の関数、条件、および演算子
[式の編集] ダイアログを使用すると、式の入力、書式化、さらに検証を簡単に行うことができます。このダイアログには、式の
作成に使用できるすべての機能 (関数、条件、演算子) の一覧が表示されます。
演算子
加算、減算、乗算、除算のために、4 種類の算術演算子を使用できます。これらの演算子はメンバーへの参照時または定数
と共に使用できます。たとえば、[A1000]/3 は勘定メンバー A1000 の値を 3 で除算します。
評価の順序を変更するために括弧を使用できます。式のうち括弧で囲まれた部分が最初に計算されます。例:
[A1000]*([A2000]+2)
条件
式で使用できる条件のリストを以下の表に示します。
表 10:
条件演算子
意味
例
AND
論理式 「AND」: 結果は真または偽
[A1 000]>[B1000] AND [A2000]>[B2000]
OR
論理式 「OR」: 結果は真または偽
[A1000]>[B1000]
=
等しい
[A1 000] = [B1000]
>
より大きい
[A1 000]>[B1000]
<
より小さい
[A1 000]<[B1000]
>=
以上
[A1 000]> = [B1000]
<=
以下
[A1 000]< = [B1000]
!=
等しくない
[A1 000]!= 0
関数
次の表に、式で使用できる関数の一覧を示します。これらの関数は、定数または勘定メンバーと共に使用できます。
表 11:
関数
意味
ABS (数値)
数値の絶対値 (符号なし数値) を返します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
43
関数
意味
IF(expression,val1,val2)
IF 関数は、指定された条件 (expression) が TRUE である場合は最初の値 (val1) を返し、条件が
FALSE である場合は 2 番目の値 (val2) を返す。
IF([SALES)>100, [SALES], [SALES]+10)
[SALES] が 100 を超える場合は、[SALES] を返す。
[SALES] が 100 以下である場合は、[SALES]+10 を返す。
LOG(number)
自然対数を返す
LOG10(number)
底が 10 の常用対数を返す
INT(number)
小数点以下を切り捨てて整数にする
FLOAT(arg)
arg で指定された値を浮動小数点数に変換する
DOUBLE(arg)
arg で指定された値を倍精度浮動小数点数に変換する
POWER(number, power)
数値 (number) のべき乗 (指数は power) を返す
3.1.10.5 モデラで使用できる式
事前定義済の式をモデラで使用すると、頻繁に必要とされる複雑な計算を実行できます。
この項では、モデラで使用できる式の詳細な構文と使用例を示します。
計算の順序 (集計前の計算/集計後の計算) の決定に使用できる Details() 式は、以下に示す式と組み合わせて使用するこ
とはできません。
Link()
モデルのリンク (ブレンド) を使用して、1 つのストーリーで複数のモデルからデータを表示できます。Link 式は他の式と一緒
には使用できません。
構文:
LINK(<model name>; <target model account member>; [<dimension name>=<account
member1>, <account member2>])
表 12:
パラメータ
使用法
<model name>
目的のモデル名を指定します。
<account member>
目的のモデル勘定メンバーを指定します。
44
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
パラメータ
使用法
[<Point of View>]
オプションで、視点を指定できます。これは選択したディメンションとそのメンバーを記載したリストで、目的の勘定
メンバーのデータをさらに詳しく制限するために使用されます。
このパラメータでは、all キーワードを使用して、ディメンションに含まれるすべてのメンバーを選択できます。
[<dimension name>(all)]
例
LINK(sap.epm:ProfitAndLoss;INCOME_STMT;[sap.epm:Region(all)],
[sap.epm:Product=HPRD0001,HPRD0002])
Compound Average Growth Rate()
Compound Average Growth Rate (CAGR) は、1 年を超える指定の期間における年平均成長率です。
複利の年成長率を計算するには、該当する期間の終了時点でのメンバーの値をその期間の開始時点でのメンバーの値で除
算し、その結果を指数 "1/期間の長さ" でべき乗し、さらにその結果から 1 を減算します。
構文:
CAGR(<account member>; <start date>; <end date>])
例
newCAGR = CAGR([400000],[2013],[2014])
Simple Moving Average()
単純移動平均 (SMA) を計算するには、メンバーの値を期間数だけ加算した後、その合計値を期間数で除算します。
構文:
SMA(<account member>; <time period>; <number>])
例
newSMA = SMA([400000];[Month];[3])
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
45
Year Over Year()
前年比の計算では、現行年度のメンバーの値をその前年度と比較して求められた差分を表すパーセンテージが返されます。
構文:
YoY(<account member>)
例
Revenue_YoY = YoY([Revenue])
この計算方法は以下のとおりです。
[REVENUE_CURRENT]/[REVENUE_PREVIOUS_YEAR]-1,0
現行年度も前年度も空白にならないようにするためのチェックが実行されます。
Lookup() および Restrict()
Restrict 式と Lookup 式の機能は非常に類似しています。どちらの式も勘定を参照し、指定されたディメンションに '視点' フィ
ルタを適用して、集計値を返します。
構文:
Restrict(<account member>; [POV])
Lookup(<account member>; [POV]; [Ignore Dimension])
階層内の一部のメンバーがフィルタによって除外されたディメンションに基づいて、式から集計値が返される場合、これら 2 つ
の式では結果の表示方法が異なります。その場合、選択したデータにギャップが生じます。このような集計値を低レベルへの
ドリルダウンによって分析するとき、これらのギャップをどのように処理して、何を表示すればよいのでしょうか。次の項の例で
は、これら 2 つの式によってこの状況がどのように処理されるのかを示します。
Lookup 式と Restrict 式は他の式と組み合わせて使用できないことに注意してください。
表 13:
パラメータ
使用法
<account member>
モデル内の勘定メンバーを指定します。
46
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
パラメータ
使用法
[<Point of View>]
オプション。これは選択したディメンションとそのメンバーを示すリストです。
[<dimension name>=<account member1>, <account member2>]
このリストは勘定メンバーのデータを詳しく制限するために使用されます (次の例 1 を参照)。
このパラメータでは、all キーワードを使用して、ディメンションに含まれるすべてのメンバーを選択できます。
[<dimension name>(all)] (例 2 を参照)
また、時間ナビゲーション構文を使用して、特定の期間を指定できます (例 3 と以下の例を参照)。
[Ignore Dimension]
オプション。無視されるディメンション - 次項の Lookup() の例を参照。
例
1. Restrict([400000];[sap.epm:Employee=e1, e2])
2. Lookup([400000];[sap.epm:Region(all)])
3. Restrict([400000];[sap.epm:Time.Year(previous, 1).Day(next, 5)])
時間ナビゲーションでは広範な一連のキーワードを使用できます。次の例に、これらのキーワードの使用法を示します。
● Lookup([400000];[sap.epm:ProfitAndLoss_Time.Year(Next,1).Month(Current)]
● Restrict([400000];[sap.epm:ProfitAndLoss_Time.Year(Next,1).Quarter(Last,1).Month(Last,1)])
● Lookup([400000];[sap.epm:ProfitAndLoss_Time.Year(Next,1).Month(LastPeriods,2)])
3.1.10.5.1 Restrict と Lookup の比較
Restrict 式と Lookup 式の機能は非常に類似していますが、結果の表示方法 (集計値の内訳の表示) が異なります。
階層内の一部のメンバーがフィルタによって除外されたディメンションに基づいて集計値が計算される場合、選択したデータに
ギャップが生じます。このような集計値を低レベルへのドリルダウンによって分析するとき、これらのギャップをどのように処理
して、何を表示すればよいのでしょうか。次の式によって 2 つの解決法が提供されます。
● Restrict - データが選択されていない行または列については値を表示しません。
● Lookup - すべての明細 (フィルタで除外されたメンバーを含む) について無条件に集計値を表示します。
ここでは、これら 2 つの解決法を実装する方法を示す例をいくつか紹介します。最初に、Restrict と Lookup を比較してか
ら、Lookup の追加の IgnoreDimension パラメータを使用する方法を示します。
下記のすべての例では、2 つの国における 3 つの製品の売上を示す簡単なデータセットを使用します。
製品
ドイツ
フランス
紙
1$
4$
プラスチック
2$
8$
接着剤
16$
32$
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
47
Restrict()
この例では、3 つの製品のうち 2 つ (紙と接着剤) を選択します。
例
RESTRICT([MyAccount];[MyDimension_PRODUCT=Paper,Glue])
返される合計値: 53$。すべての国における紙と接着剤の集計値。
詳細分析: Restrict を使用する場合、製品ディメンションを詳しくドリルダウンすると、選択されなかった製品の明細には空
のセルが表示されます。
Lookup()
Lookup は同じ目的のために、まったく同じパラメータで使用できます。ただし、低レベルの値の処理動作が異なります。この
例では、上記の Restrict の例とまったく同じ選択を行います。
例
LOOKUP([MyAccount];[MyDimension_PRODUCT=Paper,Glue])
返される合計値: 53$。すべての国における紙と接着剤の集計値。
詳細分析: Lookup を使用する場合、製品ディメンションを詳しくドリルダウンすると、すべての明細について値が表示され
ます。
● 選択されたすべての明細に同じ合計値が表示されます。
48
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
● 選択されなかった他の製品 (この例ではプラスティック) についても同じ値が使用されます。
外部ディメンションを無視するパラメータを使用した Lookup
次の例では上記と同じシナリオに従って、追加のパラメータ IgnoreDimension を使用した Lookup の動作を示します。
例
この最初の例では、紙と接着剤に同じディメンションフィルタを適用し、国ディメンションを無視するために
IgnoreDimension パラメータを使用しています。
LOOKUP([MyAccount];[MyDimension_PRODUCT=Paper,Glue];[Dim_Country])
返される合計値 = 53$。つまり、すべての国における紙と接着剤の集計値 (国を無視)。
詳細分析:
● ドリルダウンして製品の詳細を表示すると、フィルタで除外された (選択されなかった) 製品については値が表示され
ません。
● ドリルダウンして国の詳細を表示すると、2 つの国について同じ集計値が表示されます。
例
Lookup からフィルタ (POV) パラメータを取り除くと、すべての製品が選択されます。
LOOKUP([MyAccount];;[Dim_Country])
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
49
返される合計値 = 63$。つまり、すべての国におけるすべての製品の集計値。
詳細分析:
● ドリルダウンして製品の詳細を表示すると、すべての値を参照できます (フィルタは適用されていません)。
● ドリルダウンして国の詳細を表示すると、2 つの国について、すべての製品の同じ集計値が表示されます。
3.2
新しいモデルの登録
モデルページには、すべての既存モデルの一覧が表示され、新しいモデルをデザイン/登録するときの主要な開始点になりま
す。
新しいモデルの登録を開始する方法は複数あります。
1. ホーム画面でデータファイルを画面にドラッグ & ドロップして最もよく使用する項目を表示 / データセットの準備プロセス
を開始します。
2. ストーリー内で、
データのインポート
ファイルのインポート
(ストーリー開始画面) およびデータの追加 (キャンバス
ページ) オプションを使用してすばやく開始することもできます。
3. テーブルをストーリーに追加するときは、ホーム画面またはストーリー内から利用可能な計画ウィザードにあるテンプレー
トを使用して、モデルを登録することができます (計画ウィザードを使用したモデルの登録 [52 ページ] 参照)。
4. ディメンションを個別に設定し、モデルのすべての設定と詳細を厳密に要件に合わせて定義することによって、モデルを
マニュアルで登録できます (新規モデルを空白から登録 [51 ページ] 参照)。
5. データの事前準備ファイルがある場合は、ファイルをインポートすることによって、すべての機能を使用できるモデルを登
録することができます (
新しいモデル
ファイルのインポート )。このオプションにより、モデルの登録とトランザク
ションデータとのロードが結合されます (ファイルからのモデルの登録について [59 ページ] 参照)。
50
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
6. 他のシステムに接続して外部ソースから新しいモデルを登録することができます (下表参照)。
この表は SAP およびサードパーティのソースに接続してモデルを登録することができるオプションの概要を示しています。
インポートオプション
詳細情報
BPC からモデルをインポート
●
BPC からのインポートについて [70 ページ]
●
BPC からのモデルのインポートについて [70 ページ]
●
BPC からのモデルのインポート [72 ページ]
本稼動データ接続からモデルを登録
本稼動データ接続からのモデルの登録 [78 ページ]
SAP BW からモデルを登録
BW システムからのモデルのインポート [75 ページ]
SAP ERP からモデルを登録
SAP ERP データからのモデルの登録 [81 ページ]
HANA からモデルをインポート (個別
HANA からモデルをインポート [76 ページ]
または複数)
SAP ユニバースからモデルを登録
ユニバースからのモデルの登録 [79 ページ]
Salesforce からモデルを登録
Google ドライブからモデルを登録
Google ドライブへの接続 [58 ページ]
SuccessFactors からモデルを登録
SuccessFactors からのモデルのインポート [77 ページ]
トランザクションデータのロモデルへのロード (データ統合) は通常 データのインポート [57 ページ] メニューのオプションを
使用して個別に実行されることに留意してください。
3.2.1 新規モデルを空白から登録
新規モデルを完全に空白から設計および登録し、その後に、データをインポートすることができます。
コンテキスト
ここでは、計画モデルを手動で登録する手順の概要を説明します。一部の変更は、このデザイン段階のみで (つまり、モデル
を初めて保存する時点まで) 行えます。デザインが完了したら、モデルにデータを設定できます。
手順
1. モデルページで、ツールバーから
(新規モデル) を選択します。
2. 空白のモデルで開始を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
51
3. モデルの登録ダイアログで、モデルの名称と説明を入力します。計画モデルを登録する場合は、計画が有効化されてい
ますチェックボックスを選択してから、登録を選択します。
4. 計画モデルには時間ディメンションとカテゴリディメンションが組み込まれています。デフォルトの設定は、必要に応じて変
更できます。
a. モデルの期間の最低粒度を設定します。これはデータのベースになる期間の年、四半期、月、または日などの単位
です。
b. データの時間枠の開始日と終了日を選択します。
c. 実績、予算、計画、予測、ローリングフォーキャストという基本的なカテゴリは事前定義されています。これらのカテゴ
リのベースとして使用される頻度 (年、四半期、月) を選択します。
d. 予測カテゴリでは、予測期間 (四半期または年次) を選択します。ローリングフォーキャストの範囲は、現在の日付に
関連した過去の期間の数 (ルックバック) と将来の期間の数 (ルックアヘッド) として定義されます。
5. 既存のディメンションの一覧から勘定を選択する、または新規のディメンションを登録することによって、モデルの勘定ディ
メンションを設定します。オプションとして、モデルには組織ディメンションや、その他の一般ディメンションを追加できま
す。ディメンションのすべてのタイプについては、ディメンションの概要を参照してください。
6. モデルの設定を行います。レンチアイコンのメニューから設定を選択して、データ監査などの必要な機能をすべて有効に
します。モデルの保存後に変更できるのは、プライバシー設定だけであることに注意してください。
個々のディメンションに対して、設定 (データアクセス制限を含む) を定義することもできます。
関連情報
計画モデルと分析モデル [19 ページ]
モデルの設定 [27 ページ]
ディメンション設定: データアクセス [55 ページ]
ディメンションの概要 [30 ページ]
3.2.2 計画ウィザードを使用したモデルの登録
モデルを登録する別の方法は計画ウィザードの使用です。この方法は、最初にホーム画面で使用できるほか、テーブルをグ
リッドに追加するときのオプションとしてストーリーに組み込まれています。
モデル計画ウィザードには、3 種類の計画の 1 つを登録するためのテンプレートがあります。計画を登録すると、ウィザードに
よってモデルもその場で同時に登録されます。ストーリーでは、新しいモデルのデータをテーブルのグリッドに直接入力できま
す。3 種類の計画は次のとおりです。
● 基本財務計画
● ヘッドカウント計画
● カスタム計画
ストーリーでは、テーブルに表示される計画が、行と列からなる単純なグリッド構造を持ちます。テンプレートからは、各列に追
加されるテキスト値の入力を求めるプロンプトが表示されます。たとえば、基本財務計画には、勘定、地域、製品を示す事前
定義済みの列があります。テンプレートでは単に事前定義済みのテキストを使用するだけではなく、候補テキストの名称を変
更できるほか、
52
カスタムディメンション追加機能を使用して独自の列を追加することもできます。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
計画のすべての詳細を入力し、OK を選択して続行すると、計画とモデルが登録されます。登録されたモデルはモデラリストペ
ージに追加されます。モデルには、テンプレートに入力したディメンション (計画の列) と明細 (ディメンションメンバー) が含ま
れています。登録される各ディメンションには、ディメンションタイプが自動的に割り当てられます。新しいディメンションには自
動的に <ModelName>_<DimensionType> という名前が付けられます。ウィザードからの追加情報は、ディメンションの説
明値に保存されます。
ウィザードには、データ更新の頻度に関する情報も入力する必要があります。この情報に基づいて、モデルの時間ディメンショ
ンが自動的に登録されます。
3.3
ディメンションの登録
モデルごとに勘定タイプのディメンションが 1 つ必要となります。必要に応じて、それ以外のタイプのディメンションを複数追加
することができます。追加できるディメンションのタイプは、組織 (1 つだけ)、一般、またはプールです。
コンテキスト
新規のモデルを登録するか、既存のモデルにディメンションを追加します。まず、勘定ディメンションがまだ設定されていない
場合は、勘定ディメンションに '勘定' という名前を付けます。勘定ディメンションが追加されるまで、モデルを保存することはで
きません。
手順
1. 勘定ディメンションの場合は、勘定を選択し、ドロップダウンリストから [新しいディメンションを登録してください] を選択し
ます。それ以外のタイプのディメンションの場合は、追加 (+ アイコン) を選択し、ドロップダウンリストから [新しいディメン
ションを登録してください] を選択します。
2. 新しいディメンションを登録してくださいダイアログで、タイプからディメンションのタイプを選択します。名前に名前を入力
し、必要に応じて説明に説明を入力します。セキュリティ要件に応じて、データアクセス制御の有効化をオンにします。
○ 勘定ディメンションでは、適用する為替レートを指定する必要がある場合に、追加オプションレートタイプを使用できま
す。
○ 組織ディメンションの場合は、追加オプションエリア ID 使用を使用して、組織の各メンバーの地理的ロケーション情
報を自動的に特定できます。
○ プールディメンションの場合は、マップされたディメンションのリストも保持されます。デフォルトでは、勘定ディメンショ
ンがマップされたディメンションとして選択されています。必要に応じて、使用可能なその他のディメンションも選択で
きます。
3. 登録を選択して、モデルに新規のディメンションを追加します。
(勘定ディメンション以外の) ディメンションごとに最初の # メンバーが追加されます。このメンバーを手動で削除すること
はできませんが、データをディメンショングリッドに貼り付けて、最初の行を上書きできます。
[オプション] メニューからディメンション設定ダイアログにアクセスし、該当するディメンションの基本詳細の一部を更新で
きます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
53
モデルの設計段階にある間は、ディメンションを削除したり、[オプション] メニューのディメンションの置換機能を使用し
て、既存のディメンションのリストから新規のディメンションを選択したりすることができます。モデルを保存すると、ディメン
ションを削除することも、置換することもできなくなります。
使用しなくなったディメンションは、完全に削除してもかまいません。完全に削除する場合は、モデラのディメンションタブ
ページに進み、該当するディメンションをリストから選択します。削除を選択して、そのディメンションを削除します。
結果
ディメンションを登録すると、そのディメンションと同じ名前の新しいタブがモデルに追加されます。これで、そのディメンション
にデータを追加またはロードできるようになります。モデラのディメンションリストタブページにも新規のディメンションが追加さ
れます。
3.3.1 ディメンションの編集
モデルを登録したら、引き続きその内容を保持することができます。
モデルにディメンションを追加できるほか、ディメンションに列と行を追加することもできます。
●
オプション
設定 の順に選択して、ディメンション設定ダイアログにアクセスします。このダイアログでは、ディメンシ
ョンの説明を変更できるだけでなく、必要に応じてディメンションのタイプを変更 (一般タイプから組織タイプに変更) するこ
ともできます。
● ディメンションのセキュリティを有効にするには、データアクセス制御の有効化をオンにします。また、勘定ディメンションに
通貨タイプを追加する場合は、レートタイプチェックボックスを選択します。これら 2 つのオプションを選択すると、ディメン
ショングリッドに新しい列が追加されます。
● 行または列をディメンションに追加するには、ツールバーの追加 (+ 記号) オプションを選択します。
関連情報
階層の概要 [24 ページ]
モデルの設定 [27 ページ]
3.3.2 ディメンション属性の編集
ディメンショングリッドの内容を保持するためのオプションがいくつか用意されています。
グリッド内でディメンションの属性を以下のとおりに変更できます。
● いずれのプロパティでも、外部データソースから値をコピーして貼り付けることができます。
● 勘定ディメンションには、一連の技術プロパティが含まれています。これらのプロパティの各セルにデータを入力する際に
役立つリストボックスが用意されています。
54
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
● 新規の属性 (列) を挿入するには、追加 (ツールバー上の + アイコン) を選択してから、列追加を選択します。これによ
り、現在選択されているセルの左側に列が挿入されます。
● 新規の階層を挿入するには、追加を選択してから、階層の追加を選択します。これにより、すでに存在する一連の列の最
後に新規の列が追加されます。
● 新規の行を挿入するには、追加を選択してから、行追加を選択します。これにより、現在選択されているセルの上に行が
挿入されます。
● 行をコピーするには、ツールバー上の行コピーを選択します。これにより、現在の行が複製され、内容を編集する必要が
あることを示す赤色のマークが表示されます。
● 行または列を削除するには、ごみ箱アイコンを選択してから、必要なオプションを選択します。
3.3.3 ディメンション設定: データアクセス
個別のメンバーに対して読込権限と書込権限を設定することで、出力データへのアクセスを制限できます。このセキュリティ機
能は、ディメンション設定から、モデル内の任意のディメンションに対して有効化できます。
コンテキスト
データアクセスの制限は、"ディメンション設定の編集" ダイアログにある "データアクセス制御の有効化" チェックボックスを選
択することで有効化できます。この機能が有効化されると、ディメンションのグリッドに 2 つの追加列 (読込および書込) が追
加されるので、各行に対して個別に設定を適用することができます。データにアクセスできる 1 人または複数のユーザ (また
は単に全ユーザ) をリストボックスから選択できます。
手順
1. 変更するディメンションを選択して、ツールバーから設定を選択します。
2. "ディメンション設定の編集" ダイアログで、"データアクセス制御の有効化" チェックボックスを選択して、OK を選択しま
す。これによって、新しい 2 つの列がディメンショングリッドに追加されます。
3. 読込および書込という 2 つの新しい列が使用できるようになります。片方または両方の列で 1 人以上のユーザを選択す
ることで、グリッドのすべての行に対するアクセスを制御できます。
モデル設定メニュー (レンチアイコン) のデータアクセスオプションから、モデル内のすべてのディメンションに関するデー
タアクセス設定の概要を参照できます。この概要はディメンションに関する読込専用リストです。データアクセス設定は、
[ディメンションの設定] ダイアログのみで変更できます。
関連情報
モデルセキュリティ [24 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
55
3.4
モデルデータのクリア
ツールバーの消しゴムアイコンを使用して、選択したモデルのすべてのデータをクリアすることができます。この処理は、モデ
ル全体、個別のディメンション、または選択したディメンションメンバーに対して実行することができます。
コンテキスト
この機能の使用は、モデルを削除する権限のあるユーザロールに限定されています。
手順
1. モデラリスト画面でチェックボックスをオンにしてモデルを選択します。
2. ツールバー上の選択したモデルをクリア (消しゴムアイコン) を選択します。これにより、[モデラの削除] ダイアログが開き
ます。
3. モデル内のディメンションごとにメンバーの階層全体がダイアログ形式で表示されます。使用できるメンバーの折りたたみ
可能なリスト内を移動して個別の勘定メンバーを選択するか、階層の最上位にあるブランチのすべてのメンバーを選択す
ることができます。
4. 選択が終了したら、OK を選択して処理を続けます。これにより、確認プロンプトが表示され、処理を終了するかどうかを
確認する必要があります。
3.5
モデルの削除
モデラツールバー上の
(削除) アイコンを選択すると、モデルとすべての関連データを削除することができます。
コンテキスト
この機能の使用は、モデルを削除する権限のあるユーザロールに限定されています。現在使用中のモデルは削除できませ
ん。モデルを削除しようとすると、従属するストーリーがチェックされます。モデルがストーリーで使用されている場合は、その
モデルが使用されているストーリー名を示すダイアログが表示されます。
モデルを削除すると、時間とカテゴリ (バージョン) の組込ディメンションが自動的に削除されますが、それ以外のディメンショ
ンは保持されます。削除されないディメンションは引き続きディメンションリストに存在し、他のモデルで再利用することができ
ます。
56
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
手順
1. モデルリスト画面で、モデル選択チェックボックスを使用して、削除対象の 1 つ以上のモデルを選択します。
2. ツールバーから削除を選択します。
3. 選択したモデルがストーリーで使用されている場合は、そのモデルが使用されているストーリーを示すダイアログが表示
されます。
4. 選択したモデルが使用されていない場合は、ユーザに削除の確認を求める確認プロンプトが表示されます。モデルを削
除するには、OK を選択します。
3.6
データのインポート
トランザクションデータをファイルや他のシステムからインポートすることで、モデルにデータを移植できます。
データのインポートに使用できるオプションを以下の表に示します。プレーンテキストファイルからデータをインポートする場合
は、そのデータを区切り値形式にする必要があります (カンマ区切り値など)。Microsoft Excel のデータはインポート可能で、
データが Excel ワークブックの別々のシートに保存されている場合は、インポートするシートを選択できます。データファイル
をローカルファイルシステムやネットワークに保存でき、Google ドライブから直接インポートすることも可能です。
また、SAP BusinessObjects Cloud をその他の複数の SAP システムおよびサードパーティシステムと統合することもできま
す。
インポートオプション
ファイルからデータをインポート
BPC からデータをインポート
Google ドライブからインポート
詳細情報
●
ファイルからのデータのインポートについて [66 ページ]
●
ファイルからのデータのインポート [68 ページ]
●
BPC からのデータのインポート [74 ページ]
●
BPC からのデータのインポートについて [73 ページ]
Google ドライブへの接続 [58 ページ]
SAP BW からのデータのインポート
SAP ユニバースからのデータのイン
既存のモデルに対するユニバースデータのインポート [80 ページ]
ポート
SAP ERP からのデータのインポート
既存のモデルに対する SAP ERP データのインポート [82 ページ]
SuccessFactors からのデータのイン
ポート
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
57
3.6.1 Google ドライブへの接続
データファイルが Google ドライブに格納されている場合は、Google に直接接続して、その場所からファイルを選択できま
す。
コンテキスト
Google ドライブに接続すると、Google スプレッドシート、カンマ区切り形式のテキストファイル (csv)、および Microsoft
Excel ファイル (xlsx) のいずれかの形式のファイルをインポートできます。
モデラの [インポート] メニューには、Google ドライブに接続できる 2 つのオプションが用意されていますが、どちらのオプショ
ンでも、データファイルまたはモデルデータを取得するための接続手順は同じです。既存のモデルにデータを追加する場合は
データのインポートオプションを使用し、新規のモデルを登録する場合はモデルのインポートオプションを使用します。ソースフ
ァイルを選択した後のインポート処理は、その他の同様のインポート手順に記載された処理と同じです。
新しいストーリーにデータを追加する場合には、Google ドライブからファイルをインポートする場合と同じオプションをストーリ
ーでも使用できます。
注記
Google ドライブの ID とパスワードを用意しておく必要があります。Google ドライブのログインプロンプトはポップアップダ
イアログで表示されるため、接続を試行する前に、必ずブラウザのポップアップブロッカーを無効にしておいてください。
手順
1. メニューから必要なオプションを選択します。これにより、Google ドライブからインポートダイアログが開きます。
2. ファイルの選択ボタンを選択して、Google ドライブファイルの選択ダイアログを開きます。
3. Google ドライブに初めてアクセスする場合は、サインインリンクを選択してログインプロンプトを開きます。自分の ID とパ
スワードを入力し、使用するアカウントを選択します。サインインが終了し、ターゲットファイルのアドレスをクリップボード
上で取得したら、そのアドレスをダイアログに直接貼り付けることができます。
注記
Google にすでにサインインしている場合は、サインアウトを選択して別の Google アカウントに切り替えるか、現在の
Google アカウントからサインアウトします。
4. これで、選択したドライブの内容がダイアログのマイドライブセクションに表示されます。インポートするファイルに移動し、
選択ボタンを選択します。
5. Google ドライブからインポートダイアログでその他の詳細の設定を完了します。つまり、既存のモデルを選択するか、新
規に登録するモデルの名前を入力します。
6. インポートボタンを選択して、インポート手順を開始します。
58
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
結果
データが Google ドライブからインポートされます。
注記
Google にはサインインしたままになります。SAP BusinessObjects Cloud の使用が終了したら、Google アカウントから
サインアウトすることを推奨します。サインアウトするには、Google ドライブファイルの選択ダイアログでサインアウトを選択
するか、ブラウザで Google からサインアウトします。
3.6.2 ファイルからのモデルの登録について
Excel スプレッドシートなどの外部ファイルから新規モデルにデータをインポートすることができます。モデルにディメンションを
登録するには、ソースファイル内のデータ列を使用します。
インポート処理を実行すると、ソースデータの分析が行われ、候補となるディメンションを含む最初のデータビューが新規のモ
デルに登録されます。その後、各ディメンションの属性タイプを新規モデルで指定して、候補を絞り込みます。ファイルから新
規モデルを登録するためのワークフローは以下のとおりです。
1. ソースファイルを選択し、登録するモデルの名前を入力します。
2. インポート処理を開始して、最初のデータビューを登録します。
3. ディメンションの属性タイプを指定します。
4. モデルの自動登録を開始します。
ソースデータ
ソースデータは、Excel スプレッドシート (.xlsx) にするか、区切り文字形式のテキストファイル (.csv または .txt) にすることが
できます。ソースデータには、新規モデルにディメンションを登録するために使用できる列だけでなく、トランザクションデータ
(モデラでは Measure/Values [メジャー/値] と呼ばれる) も含める必要があります。トランザクションデータは、モデラでは可
視化されず、生成される出力のみに表示されます。
このデータには通常、モデルの主要勘定の詳細が含まれます。インポート処理中にどのディメンションが主要勘定であるのか
を特定できますが、勘定データが見つからない場合は、モデルに対して勘定ディメンションが自動的に生成されます。
主要ディメンションとトランザクションデータのほかに、ソースにはディメンションのプロパティ (つまり、説明などのテキスト情
報、階層情報、その他の詳細など) も含めることができます。インポート処理中に、プロパティは特定の親ディメンションにリン
クされます。
インポート処理
データをインポートすると、各列に含まれる一意のレコードの識別とデータタイプの判別を目的としてデータの分析が行われま
す。最初の分析では、数値データとテキストデータの基本的な区別が行われます。通常、テキストを含む列はディメンションと
して識別されます。数値データは、トランザクションデータまたは時間値として識別されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
59
データ品質の考慮事項
データのインポート時にデータに問題があると、モデルの登録ができない場合があります。以下の問題のいずれかがデータに
見つかると、これらのデータセルが強調表示されて、詳細パネルのメッセージで問題が示されます。モデルを登録するには、
これらの問題を解決する必要があります。
● ディメンションメンバー ID には制限された文字 (, ; : ' [ ] =) を含めることはできません。
● メジャーの数値データセルには、数字以外の文字を含めることはできません。
● メンバー ID が空の場合、該当する空の ID セルにデフォルト値を入力するオプションを選択していれば、デフォルト値が
自動的に入力されます。選択していない場合、該当する行はモデルから除外されます。
● ディメンションおよびプロパティでは、1 つのメンバー ID を複数行の異なる説明に対応させることはできません (ただし、1
つの説明を複数のメンバー ID に対応させることはできます)。
たとえば、メンバー ID が従業員番号で、説明が従業員名の場合、同じ名前を持つ複数の従業員が存在することはでき
ますが、同じメンバー ID を持つ複数の従業員が存在することはできません。
● 時間ディメンション列では、セル値は詳細パネルで指定した時間書式に一致する必要があります。
● ロケーションディメンションを登録する緯度列と経度列には、緯度および経度の有効範囲内の値が含まれている必要が
あります。
● 計画が有効化されたモデルの場合、階層メジャーでリーフノードメンバー以外は許可されません。
注記
分析 (計画が有効化されていない) モデルのみの場合、リーフノードメンバー以外も許可されますが、この動作の影響
に留意してください。例: 従業員の給与が含まれている組織図で、マネージャーが自分個人の給与を保持しており、そ
のスタッフメンバーも自分の給与を同じように保持しているとします。ビジュアライゼーションでは、マネージャーのデー
タポイントはマネージャー個人の給与を反映すると思いますか? または、そのスタッフメンバーの給与の合計を反映す
ると思いますか?
● 階層内のノードを循環参照にすることはできません。たとえば、階層内の配置を、"USA > California > San Francisco >
California" のようにすることはできません。
● その他の制約:
○ モデルには 1 つ以上のメジャーを定義する必要があります。
○ 時間タイプにできるのは 1 つのディメンションのみです。
データビュー
最初のインポート処理を実行すると、その結果としてデータビューが生成されます。ソースデータから取得された最初の列ヘッ
ダ名が、認識済みのデータ型 (数値、日付と時刻、またはテキスト文字列) を表すシンボルと一緒に表示されています。列ヘッ
ダをダブルクリックするか、詳細パネルの列名を変更することで、列名を編集できます。
データビューの内容および最初の分析の成否は、ソースデータの品質 (列ヘッダや各列のデータの整合性など) に左右され
ます。インポートしたディメンションに関する情報は、詳細パネルの列ビューに表示されます。
データビューには以下の機能があります。
● 候補アクション: ディスプレイ内で現在選択されている要素に応じて、適切な編集オプションが提供されます。
● セルのハイライト表示 (赤色の背景): 間違っている可能性のある異常なデータを示します。
● 値が一致するセルの自動選択と値の自動計数。
60
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
また、コンテキスト依存型の編集機能も数多く用意されています。データ領域のコンテキストメニューからは、セル値の修正や
置換の機能を利用でき、列ヘッダ領域ではドロップダウンメニューから編集機能を利用できます。このドロップダウンメニュー
には、グリッド内での列の管理、データの並べ替えとデータへのフィルタの適用、データタイプの変換、モデルの地理的ロケー
ション情報を含む列の追加などの処理を実行できる機能が組み込まれています。
メニューオプション
説明
ソート
データをソートします。
フィルタ
個別のメンバを選択するか、範囲を指定することによって、データをフィルタします。
列の複製
既存の列のコピーを登録します。
列の非表示
ビューで列を非表示にします。データ内にはまだ列が存在することに注意してください。ヘッダ
行のアイコンは非表示の列の位置を示しています。アイコンを選択することによって、非表示
の列を再表示します。
列の削除
列を削除します。
列の結合
2 つ以上の列を 1 つに結合します。
列の分割
テキスト列を分割します。
大文字小文字の変換
テキスト列を大文字または小文字に変換します。
空白の削除
テキスト文字列の最初と最後のスペースを削除します。
テキストへの変換
数字をテキストに変換します。
数字への変換
テキストを数字に変換します。
日付への変更
テキストまたは数字を日付に変換します。
位置の登録
ロケーションディメンションを登録します。
データビューで行うすべての変更の履歴は保守され、折りたたみ可能な履歴パネルに表示されます。必要な場合は、履歴の
エントリをクリックするか、ツールバーの元に戻す/再実行ボタンを使用することで、行った変更をロールバックできます。
属性タイプの選択
インポートしたディメンションの属性タイプをマニュアルで選択し、完全な新規モデルを生成できるようにデータの品質を改善し
ます。
最初のデータインポート中に、データビューの各カラムが属性タイプに割り当てられます。割り当てられた属性タイプが適切で
ない場合、変更することができます。通常は、以下の属性タイプを選択します。
● ディメンション ID: ディメンションにする列
● メジャー: メジャーにする列
● 説明: ディメンション ID として使用される他の列の説明となる列を指定します。説明の列のセルでは、柔軟性の高い文字
セットを使用可能で、空にすることもできます。例:
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
61
製品 ID
説明
X123
コンピュータと機器
Y456
書籍
● 階層: 親/子の階層ペアの親の列です。子の列は、属性タイプがディメンション ID である列です。
注記
列が階層タイプであると指定した場合、子のディメンションを選択するよう指示されます。これはディメンション ID 列で
す。
詳細パネル
画面の右側にある折りたたみ可能な青色の詳細パネルを使用すると、選択した列ごとに設定を適用できます。このパネルに
は、以下の 2 つのビューがあります。
● データレベル - データにおけるデータ品質の問題など、インポートに関する一般的な情報を表示します。
● 列 - 現在選択されている列の情報が示され、適用できる属性タイプとディメンションタイプがリスト形式で表示されます。
選択した列にデータ品質の問題があった場合、問題に関する具体的な情報もここに表示されます。
次の図に [列] パネルの例を示します。この図では、ドロップダウンメニューの項目がすべて表示されています。3 つの主要な
データタイプが色分けされています。その後に、各データタイプの処理方法の説明を記載しています。
62
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
1) ディメンション: モデル内で別個のディメンションとして表示する列には、属性タイプディメンション ID とディメンションタイプが
必要となります。
注記
日付/時刻データの列については、時間ディメンションを登録するために、属性タイプをディメンション ID に設定し、ディメン
ションタイプを時間に設定する必要があります。この設定は、計画タイプのモデルに必要となります。この列の設定が完了
したら、ドロップダウンリストからテンプレートを選択して時間書式を設定することもできます。これにより、データをインポー
トした際に、データが正確に解析されるようになります。
2) プロパティ: 説明、階層情報、およびその他のプロパティを含む列をインポートし、選択したディメンションの追加の列として
追加することができます。その場合、列が表示される親ディメンションも選択する必要があります (属性タイプメニューの矢印
記号をクリックして、新しい選択ダイアログを開きます)。列の属性タイプを説明に設定すると、列ヘッダに '説明' という表現が
すぐに反映されます。
3) 値 (トランザクションデータ): このデータタイプでは、属性タイプを Measure (メジャー) に設定する必要があります。このデ
ータタイプは、ディメンションタイプ 'Value (値)' に自動的に割り当てられます (このデータはモデラで可視化されず、'値' はデ
ィメンションタイプのリストに表示されません)。
関連情報
ファイルからのデータのインポートについて [66 ページ]
ファイルからのモデルの登録 [63 ページ]
地理空間分析に使用する座標データに情報を付加 [65 ページ]
3.6.2.1
ファイルからのモデルの登録
ファイルから新規モデルを登録するには、ファイルを選択して、新しいモデルの名前を入力した後、データをモデルのディメン
ションにどのようにインポートするのかを指定します。
前提条件
区切り形式のテキストファイル (.csv、.txt)、または Microsoft Excel (.xlsx) ファイルのワークシートが必要です。これら
のテキストファイルまたはワークシートには、ターゲットモデルのディメンションに一致するトランザクションデータとマスタデータ
が保存されている必要があります。
手順
1. メインメニューで、
モデラ
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
モデル を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
63
2.
(新規モデル) を選択します。
3. コンピュータからファイルをインポートを選択します。
4. ファイルからモデルをインポートダイアログで、ソースファイルの選択を選択します。
5. インポートするファイルを探して選択し、開くを選択します。
選択したファイルの名前が表示されます。別のファイルを選択する必要がある場合は、X アイコンを使用してファイルを削
除してから、別のファイルを選択できます。
6. 複数のシートがある Excel ワークブックからインポートする場合は、インポートするシートを選択します。
7. ターゲットモデルセクションで、モデル名と説明 (オプション) を入力します。
8. インポートを選択して、ソースデータの最初のインポートを開始します。
インポートが完了すると、データビューが表示されます。
9. 詳細パネルで、モデルを計画有効化にするかどうかを指定し、データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選
択します。
10. いずれかのデータ準備を実行する場合は、列ヘッダの下矢印を選択して、利用可能なメニューオプションから選択しま
す。
たとえば、列を非表示、削除、または結合したり、データをフィルタしたりすることができます。
11. データビューで列を選択し、列パネルを使用して設定を適用します。
メジャーに対して、たとえばカートン、キログラムなどの単位ラベルを追加することができます。
12. 詳細パネルのデータ品質エリアでメッセージが表示される場合、それらの問題を解決してからモデルを登録する必要が
あります。
メッセージを選択し、問題を解決するために使用できるオプションを表示します。
13. モデル登録を選択します。
結果
データが正常にインポートされて、新しいモデルがモデルページに表示されます。
関連情報
ファイルからのモデルの登録について [59 ページ]
64
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3.6.2.2
地理空間分析に使用する座標データに情報を付加
ストーリーの地理空間分析を実行する前に、座標データをインポートし、モデラでそのデータに情報を付加しておく必要があり
ます。この処理を実行すると、緯度と経度の座標が付加された形で新しい列がデータビューに登録されます。
前提条件
Excel ファイル (.xlsx) または CSV ファイルに、緯度列と経度列だけでなく、一意のデータを含む場所 ID 列も設定しておく必
要があります。
コンテキスト
ファイルからモデルを登録する場合に座標データに情報を付加する手順を以下に示します。既存のモデルにデータをアップロ
ードする場合にも、座標データに情報を付加することができます。詳細については、ファイルからのデータのインポートについ
て [66 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューでモデラを選択します。
2. モデルページでファイルからモデルをインポートを選択した後、インポートするファイルを選択します。
3. モデル名と説明にそれぞれモデル名と説明を入力してインポートを選択します。
そのファイルに含まれるデータがデータ統合ページに表示されます。
4. 少なくとも 1 つの数値列で属性タイプとしてメジャーが設定されていることを確認します。
5. 緯度データまたは経度データを含む列の横にある矢印を選択した後、
ロケーション登録
座標別 の順に選択しま
す。
6. ロケーションディメンションの登録ダイアログで、次の情報を指定します。
○ ロケーションディメンション: ジオエンリッチメント処理を使用して登録するディメンションの名前を入力します。
○ ツールチップテキスト: 地理マップに表示されるディメンションメンバーのツールチップテキストが含まれる列を選択し
ます。
○ ロケーション ID: 新しいロケーションディメンションと関連付けるディメンションを選択します。一意のロケーション ID を
持つディメンションを選択してください。
注記
組織ディメンションまたは一般ディメンションのディメンション ID 列に対してロケーションを登録できます。勘定ディ
メンション、バージョンディメンション、時間ディメンションと関連付けられたロケーションディメンションは登録できま
せん。
○ 緯度: 緯度座標が含まれる列を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
65
○ 経度: 経度座標が含まれる列を選択します。
7. 登録を選択します。
ロケーションディメンションに対して新しい列が登録されます。有効な座標と無効な座標の数を示す確認ボックスが表示さ
れます。
8. 新しいディメンションのロケーション座標をレビューするには、新しい列を選択し、詳細パネルの一意の値で、ドーナツチャ
ートを選択します。
ロケーション座標ダイアログが表示されます。
9. 無効な座標をレビューするには、ロケーション座標ダイアログで無効を選択します。
新しいロケーションディメンション列に戻って、無効な座標を解決します。
10. すべてのマッピング問題を解決できたら、詳細パネルのモデル登録を選択します。
結果
モデルが登録されます。ストーリーを処理するときに、ロケーションディメンションを地理マップに追加できます。
関連情報
地理データの分析 [160 ページ]
ファイルからのモデルの登録について [59 ページ]
3.6.3 ファイルからのデータのインポートについて
区切り (列) 形式のデータを既存のモデルにインポートできます。インポート処理中に、モデルのディメンションに対するソース
データのマッピングを決定できます。
インポートするデータは、既存のターゲットモデルの構造に一致している必要があります。データのインポート、分析、ターゲッ
トモデルのディメンションに対するマッピングが行われます。既存のモデルにデータをインポートするときの固有の機能は、新
しいデータを既存のバージョンカテゴリに合わせるか、インポート中に新しいバージョンカテゴリを登録するかを選択できること
です。たとえば、既存のモデルに実績値が含まれている場合は、計画カテゴリを選択して新しいバージョンデータのラベルを
入力することで、計画データをインポートできます。こうすると、モデルから生成される出力で、実績の列と新しい計画列の両
方が表示されます。
データをファイルからモデルにインポートするためのワークフローは次のとおりです。
1. ソースファイルを選択し、更新されるモデルの名前を選択します。
2. インポート処理と自動による最初のマッピング処理を開始して、最初のデータビューを登録します。
3. データビュー内のデータをマッピングし、モデルに合わせてソースデータを調整します。
4. 自動更新処理を開始します。
66
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
ソースデータ
ソースデータは、Excel スプレッドシート (.xlsx) にするか、区切り文字形式のテキストファイル (.csv または .txt) にすることが
できます。ソースデータには、選択したモデルの既存のディメンションに一致する列が存在する必要があります。トランザクショ
ンデータ (モデラでは Measure/Values [メジャー/値] と呼ばれる) も存在する必要があります。
インポートと最初のマッピング
最初のインポートの後、データはデータビューグリッドに表示されます。最初のマッピングのステータスと成否は、色分けされ
たステータスバーとしてグリッドの各列ヘッダに表示されます。ステータスバーでは、ソース列がマッピングされたかどうかが示
され、インポートされたデータが受け付けられた割合 (%) が表示されます。ステータスが 100% 緑色でない場合は、ステータ
スバーをクリックして、どの値が一致しなかったのかを詳しく確認できます。
データビューで行うすべての変更の履歴は保守され、折りたたみ可能な履歴パネルに表示されます。必要な場合は、履歴の
エントリをクリックするか、ツールバーの元に戻す/再実行ボタンを使用することで、行った変更をロールバックできます。
データ品質の考慮事項
データに問題があると、データのインポートが正常に行われない場合があります。以下の問題のいずれかがデータに見つか
ると、これらのデータセルが強調表示されて、詳細パネルのメッセージで問題が示されます。データを完全にインポートするに
は、これらの問題を解決する必要があります。
● ディメンションメンバー ID には制限された文字 (, ; : ' [ ] =) を含めることはできません。
● メジャーの数値データセルには、数字以外の文字を含めることはできません。
● 時間ディメンション列では、セル値は詳細パネルで指定した時間書式に一致する必要があります。
● 既存モデルのすべてのディメンションをマッピングする必要があります。
● 既存のディメンションにマッピングされる列のセルは、既存のディメンションメンバーに一致する必要があります。値が一
致しない場合、該当する列はモデルから除外されます。
詳細パネル: データレベル
データレベルパネルにはインポート処理の全般詳細が表示されます。インポート処理全体に全般設定を適用するには、この
パネルを使用します。
ここでの重要な設定は、既存のデータをどのように取り扱うのかを決定するインポート方法です。3 つのインポート方法を選択
できます。
削除と置換
既存のデータを削除して、新しいエントリをターゲットモデルに追加します。
置換
既存のデータを更新して、新しいエントリをターゲットモデルに追加します。
追加
既存のデータをそのまま保持して、新しいエントリをターゲットモデルに追加します。
このインポートで勘定データをどのように取り扱うのかも選択できます。勘定データのために特殊なデータ型を利用できます。
これらのデータ型では、必要に応じてデータベース内の値に負の符号が自動的に適用されます。ただし、画面上のデータは
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
67
正の値として表示されます (これは INC 型と LEQ 型に適用されます。詳細については、勘定ディメンションを参照してくださ
い)。このパネルには、インポートされるトランザクションデータ (値) に上記の機能を適用するためのチェックボックスがありま
す。
詳細パネル: 列
列パネルには、現在選択されているデータ列の詳細が表示されます。また、マッピングのステータス、マッピングの品質、列の
すべてのデータの度数と概要も表示されます。
バージョン情報を含む列については、モデル内で更新するデータのカテゴリ (実績または計画など) を指定できます。
関連情報
ファイルからのモデルの登録について [59 ページ]
ファイルからのデータのインポート [68 ページ]
3.6.3.1
ファイルからのデータのインポート
既存のモデルを更新するために、スプレッドシートまたはテキストファイルに保存されたデータをインポートできます。
前提条件
既存のモデルにデータをインポートするには、区切り形式のテキストファイル (.csv、.txt)、または Microsoft Excel
(.xlsx) ファイルのワークシートが必要です。これらのテキストファイルまたはワークシートには、ターゲットモデルのディメン
ションに一致するトランザクションデータとマスタデータが保存されている必要があります。
手順
データのインポート
1. メインメニューで、
2.
モデラ
モデル を選択します。
ファイルからデータをインポート を選択します。
3. データファイルのインポートダイアログで、ソースファイルの選択を選択します。
4. インポートするファイルを探して選択し、開くを選択します。
選択したファイルの名前が表示されます。別のファイルを選択する必要がある場合は、X アイコンを使用してファイルを削
除してから、別のファイルを選択できます。
68
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
5. 複数のシートがある Excel ワークブックからインポートする場合は、インポートするシートを選択します。
6. ターゲットモデルセクションで、モデル名と説明 (オプション) を入力します。
7. インポートを選択して、ソースデータの最初のインポートを開始します。
インポートが完了すると、データビューが表示されます。
データマッピング: データレベル詳細パネル
データマッピング処理はデータレベルパネルで開始できます。
8. 次のチェックを実行し、必要な設定を適用します。
○ ソースデータファイルとマップ先の値を確認し、これらの値を必要に応じて変更します。
○ 既存のデータに対して新しいデータの置換、置換およびクリア、追加のどれを行うのかを決定するために、インポート
方法を設定します。
○ マッピングされたディメンションの全般ステータスについて画面に表示される通知を確認します。最初のインポートで
一部のディメンションをマッピングできなかった場合は、ターゲットモデルでマッピングされていないディメンションがこ
こに列挙されます (警告三角記号)。マッピングされていないディメンションをここで選択し、この時点でフィルタを適用
することもできます。
○ 勘定データ型に対する自動符号切替機能がターゲットモデルで使用されている場合は、データの符号の反転チェッ
クボックスを選択することで、インポートされるデータにその切替機能を適用できます (詳細については、勘定ディメン
ションの属性を参照してください)。
○ ソースデータにヘッダラベルの行が含まれている場合は、最初の行をヘッダとして使用チェックボックスを選択しま
す。
全般的なデータ設定が完了すると、データビューと列詳細パネルで個々の列のマッピングを確認できます。
データマッピング: 列詳細パネル
データビューグリッドで各列を選択すると、列詳細パネルが更新され、選択した列のデータの概要が表示されます。または、列
が既にマッピングされている場合は、マッピングの品質ステータスが表示されます。モデル内のすべてのディメンションがデー
タ列にマッピングされるまでは、最終インポートを開始できないことに注意してください。
9. 残りのマッピングされていない列を手作業でマッピングします。各列を確認します。データ品質の修正と向上を行うには、
データビューでコンテキストメニュー置換機能を使用します。より一般的な変更をデータに適用するには、列管理機能 (各
列のヘッダのドロップダウンメニュー) を使用します。これらの機能には、データの並べ替え、数値または日付書式へのデ
ータ変換、フィルタなどがあります。フィルタには単独または一緒に使用できる 2 つの方式があります。最初の方式は勘
定の選択したメンバーのみをインポートすること、2 番目の方式は比較値に基づいてデータ範囲フィルタを設定する (たと
えば、値が 100 以上であるデータのみをインポートする) ことです。
○ 値: 値のマッピング列を選択した場合は、[列] パネルで
(フィルタ) アイコンを使用して、インポート対象のトランザ
クションデータを制限できます。この機能を使用すると、勘定の 1 つのメンバーのみのデータを選択できます。
○ バージョン情報: バージョン情報を含むディメンションにマッピングされる列を選択した場合は、[列] パネルで追加の
バージョンマッピング機能を使用できます。その場合、マップバージョンボタンを選択して追加のダイアログを開き、イ
ンポート対象のデータのバージョンにディメンションカテゴリ (実績や予測など) をマッピングできます。これを実行した
後、データが特定のバージョンにマッピングされたことを確認するメッセージが表示されます。
○ 地理的ロケーションデータ: ロケーションディメンションをモデルに追加するには、ドロップダウンメニューのロケーショ
ン登録オプションを選択します (詳細については、地理空間分析に使用する座標データに情報を付加を参照してくだ
さい)。
10. マッピング処理が完了したら、マッピング終了ボタンを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
69
結果
データが正常にインポートされると、確認プロンプトが表示されます。何らかの理由でデータが完全でない場合には、エラーメ
ッセージが表示されます。
関連情報
勘定ディメンションの属性 [31 ページ]
地理空間分析に使用する座標データに情報を付加 [65 ページ]
3.6.4 BPC からのインポートについて
モデルをインポートして、それに SAP Business Planning and Consolidation からデータをインポートすることによって入力
できます。
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) のバージョン 10.0 および 10.1 からのインポートがサポートされていま
す。
● SAP Business Planning and Consolidation, version for Microsoft Platform (BPC for Microsoft)
● SAP Business Planning and Consolidation, version for SAP NetWeaver (BPC for NW)
BPC システムからインポートするには、オンプレミス BPC システムが当該アプリケーションと接続するように特別に設定され
ている必要があります。詳細については、担当の SAP コンサルタントにお問い合わせください。
BPC からのインポートを開始する前に、BPC システムへの接続を設定する必要があります。
関連情報
接続 [252 ページ]
3.6.4.1
BPC からのモデルのインポートについて
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) からモデルをインポートできます。
BPC からモデルをインポートするためのワークフローは以下のとおりです。
1. ソースモデルの情報を指定します。
2. ターゲットモデルの情報を指定します。
3. ソースデータを新しいモデルにマップします。
70
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
ソースモデル
最初に BPC システムへの接続を選択する必要があります。これは既存の接続であっても、インポート時にその場で登録する
接続であってもかまいません。接続の登録の詳細については、ユーザヘルプの接続セクションを参照してください。次に、一
連のモデルからなる環境を指定して、これらの一連のモデルからインポート対象のモデルを選択します(BPC の用語では、モ
デルはキューブであり、キューブはインポートの対象です)。
ターゲットモデル
ターゲットモデルの名前とオプションで説明を指定する必要があります。モデル名の先頭文字は、数字や空白などの非英字で
あってはいけません。
モデルを計画有効化にして計画タイプモデルの追加機能をサポートするかどうかと、新規モデルが読込専用かどうかを指定
する必要もあります。モデルを読込専用に設定すると、BPC に所有されたままになり、アプリケーションで編集することができ
ません。
マッピング
マッピングダイアログで、ソースディメンションとターゲットディメンションの間のマッピングを登録することができます。マッピン
グマトリクスは、以下の列で示されています。
● ソースディメンション:この列には、ソースモデル内のディメンションが表示されます。
● フィルタ値:各列のフィルタを設定して、インポートされるデータの量を制御できます。データ量が非常に大きくなる場合が
あるため、時間ディメンションおよびバージョンディメンションでフィルタして単一のメンバにする必要があります。警告記号
がフィルタアイコンの横にリマインダとして表示されます。バージョンディメンションに対しては、追加のバージョンマッピン
グダイアログが表示されて、BPC カテゴリ名を SAP BusinessObjects Cloud カテゴリ名にマップすることができるように
なります。
● ディメンション名:この列には、ソース列のマップ先である、新しいモデルのディメンションの名前が格納されます。
● ディメンションタイプ:この列には、各ディメンションのタイプが格納されます。一部のディメンションについては自動的にタイ
プが提示されますが、リストから以下のいずれかのオプションを選択することで、タイプを変更または設定できます。
○ 勘定:このディメンションは、組織の勘定構造を表します。このタイプのディメンションは、モデルあたり 1 つのみ保持
できます。
○ 一般:組織ディメンションではない任意タイプのビジネスディメンション。このディメンションとしては、商品、チャネル、
営業員が挙げられます。このタイプのディメンションは、1 つのモデルに複数追加できます。
○ 組織:このディメンションは、事業を推進するビジネスユニットを表します。組織に応じて、これらのビジネスユニットと
なり得るのは機能単位、地理的エンティティ、原価センタなどです。このタイプのディメンションは、モデルあたり 1 つ
のみ保持できます。
○ 時間:モデルに適用する最小期間を指定します。年、四半期、月、または日を指定できます。このタイプのディメンショ
ンは、モデルを登録すると自動的に登録されます。
○ バージョン:これはカテゴリディメンション用です。
○ 符号付データ (値):トランザクションデータにこのタイプを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
71
マッピングが完了したら、インポートを開始できます。インポートが完了したら、モデルを開いてモデルの構造を確認できます。
この時点で、モデルにディメンションを追加できます。ディメンションを追加する場合は、データインポートのデフォルトメンバー
を設定する必要があります。
関連情報
接続 [252 ページ]
SAP BPC システムをインポートするデータ接続の登録 [265 ページ]
3.6.4.1.1
BPC からのモデルのインポート
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) からモデルをインポートするには、ソースモデルを指定して、インポート
されたデータを新しいモデル構造にマップします。
前提条件
● バージョン 10.0 以降の SAP Business Planning and Consolidation, version for SAP NetWeaver (BPC NW) を使
用しており、SAP HANA Cloud Connector がインストールされてオンプレミスで設定されていること。または
● バージョン 10.0 以降の SAP Business Planning and Consolidation, version for Microsoft を使用しており、SAP
HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされてオンプレミスで設定さ
れていること。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
データソースの使用
モデル を選択します。
BPC
を選択します。
3. BPC からモデルをインポートダイアログで、接続のリストから BPC システムを選択します。
新しい接続をその場で登録するには、新規接続を選択して、SAP BPC システムをインポートするデータ接続の登録
[265 ページ]の指示に従います。
4. ソースモデルがアクセス認証情報を必要とする場合は、認証情報ダイアログでユーザ名およびパスワードを入力するよう
要求されます。
5. 環境を選択してから、モデルを選択します。
6. 新規モデルのモデル名を入力してオプションで説明を入力します。
7. 計画タイプモデルに対しては、計画有効化を選択します。
8. このモデルを読込専用にするには、読込専用 (SAP Business Planning and Consolidation 所有) を選択します。
72
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
9. マッピングの編集を選択してマッピングダイアログを開きます。
10. マッピングダイアログで、マッピングマトリクスを次のように設定します。
a. フィルタを設定するには、ソースディメンションのフィルタアイコンを選択してフィルタリングダイアログを開き、フィルタ
リングするメンバーを選択して、OK を選択します。
注記
バージョンと時間ディメンションに対してフィルタを設定して、1 つのメンバのみを選択する必要があります。これは
インポートするデータ量を減らすために必要です。
b. バージョンディメンションに対しては、追加のバージョンマッピングダイアログが表示されて、BPC カテゴリ名を SAP
BusinessObjects Cloud カテゴリ名にマップすることができるようになります。
c. ディメンション名列で、自動的に生成された新しいディメンションの名前を必要に応じて編集することができます。
d. ディメンションのタイプをディメンションタイプリストから選択します。
e. マッピングが完了したら、データマップを選択します。
11. BPC からモデルをインポートダイアログで、インポートを選択します。
新しいモデルがモデラインタフェースで開かれます。
12. モデルを保存します。
3.6.4.2
BPC からのデータのインポートについて
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) からデータをインポートすることで、モデルにデータを移植できます。
BPC からデータをインポートするためのワークフローは以下のとおりです。
1. ソースモデルの情報を指定します。
2. ターゲットモデルの情報を選択します。
3. ソースデータを既存のモデル構造にマップします。
ソースモデル
最初に BPC システムへの接続を選択する必要があります。これは既存の接続であっても、インポート時にその場で登録する
接続であってもかまいません。接続の登録の詳細については、ユーザヘルプの接続セクションを参照してください。
次に、一連のモデルからなる環境を指定して、これらの一連のモデルからインポート対象のモデルを選択します(BPC の用語
では、モデルはキューブであり、キューブはインポートの対象です)。
ターゲットモデル
既存モデルのリストからターゲットモデルを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
73
マッピング
マッピングオプションで、以下のインポートオプションから選択して、モデル内の既存のデータの処理方法を指定する必要があ
ります。
削除と置換
既存のデータを削除して、新しいエントリをターゲットモデルに追加します。その場合、置換範囲チェックボックス
を各ディメンションに使用して、特定のディメンションを更新に含めるか除外することができます。
置換
既存のデータを更新して、新しいエントリをターゲットモデルに追加します。
追加
既存のデータをそのまま保持して、新しいエントリをターゲットモデルに追加します。
ダイアログのディメンションセクションで、ソースデータと既存のモデルディメンションの間のマッピングを登録します。
● ソースディメンション:この列には、ソースモデル内の列が表示されます。
● フィルタ値:各列のフィルタを設定して、インポートされるデータの量を制御できます。データ量が非常に大きくなる場合が
あるため、時間ディメンションおよびバージョンディメンションでフィルタして単一のメンバにする必要があります。警告記号
がフィルタアイコンの横にリマインダとして表示されます。バージョンディメンションに対しては、追加のバージョンマッピン
グダイアログが表示されて、BPC カテゴリ名を SAP BusinessObjects Cloud カテゴリ名にマップすることができるように
なります。
● ディメンション名:この列には、ソース列のマップ先である、新しいモデルのディメンションの名前が格納されます。
● デフォルト値: この列に値を入力することによって、マップされた各メンバのデフォルトを入力することができます。
マッピングが完了したら、インポートを開始できます。インポートが完了すると、確認メッセージが表示されます。
3.6.4.2.1
BPC からのデータのインポート
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) からデータをインポートすることでモデルにデータを移植するには、イン
ポートデータをそのモデル内の対応するディメンションにマップして、既存データの処理方法を指定する必要があります。
前提条件
● バージョン 10.0 以降の SAP Business Planning and Consolidation, version for NetWeaver (BPC NW) を使用して
おり、SAP HANA Cloud Connector がインストールされてオンプレミスで設定されていること。または
● バージョン 10.0 以降の SAP Business Planning and Consolidation, version for Microsoft を使用しており、SAP
HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされてオンプレミスで設定さ
れていること。
手順
1. メインメニューで、
2.
74
モデラ
モデル を選択します。
データのインポートメニューで、BPC からデータをインポートを選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3. BPC からデータをインポートダイアログで、接続のリストから BPC システムを選択します。
新しい接続をその場で登録するには、新規接続を選択して、SAP BPC システムをインポートするデータ接続の登録
[265 ページ]の指示に従います。
4. ソースモデルがアクセス認証情報を必要とする場合は、認証情報ダイアログでユーザ名およびパスワードを入力するよう
要求されます。
5. 環境を選択してから、モデルを選択します。
6. 一覧からターゲットモデルを選択します。
7. ソースデータをモデル構造にマップするには、マッピングの編集を選択してマッピングダイアログを開きます。
8. マッピングオプションセクションで、以下のインポートオプションから選択して、モデル内の既存のデータの処理方法を指
定します。置換およびクリア、置換、追加。
9. ディメンションセクションで、マッピングマトリクスを次のように設定します。
a. 各ソースディメンションに対して、フィルタアイコンを選択してフィルタを設定し、フィルタリングダイアログを開いて、含
めるメンバを選択してから OK を選択します。
注記
バージョンと時間ディメンションに対してフィルタを設定して、1 つのメンバのみを選択する必要があります。これは
インポートするデータ量を減らすために必要です。
b. ディメンション名列で、自動的に生成された新しいディメンションの名前を必要に応じて編集することができます。
c. 必要な場合には、ディメンションに対してデフォルト値を入力します。
d. マッピングが完了したら、データマップを選択します。
10. BPC からモデルをインポートダイアログで、インポートを選択します。
11. モデルを保存します。
3.6.5 BW システムからのモデルのインポート
SAP Businnes Warehouse (BW) システムからモデルをインポートするには、ソースモデルを指定した後、取り込まれるデー
タをモデルのディメンションにどのようにマップするのかを指定します。
前提条件
バージョン 7.4 以降の SAP Business Warehouse (BW) システムを使用しており、SAP HANA Cloud Connector および
SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されていること。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
モデル を選択します。
他のモデルを選択 を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
75
3. データモデルの選択ダイアログで、BW 接続タイプを選択します。
4. 既存の BW 接続を選択するか、新しい接続を確立します。
5. 既存のクエリを選択するか、新しいクエリを登録します。
新しいクエリを登録する場合は、インポートする BW データを選択してから、OK を選択します。
6. モデルが計画有効化であるかどうかを指定し、データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選択します。
7. 新しいモデルのデータをマップしてから、モデル登録を選択します。
関連情報
SAP BW システムをインポートするデータ接続の登録 [266 ページ]
3.6.6 HANA からモデルをインポート
[HANA からモデルをインポート] オプションを使用すると、基になる HANA データベースに接続して、データベースビューをイ
ンポートし、新規のモデルを登録できます。
HANA からビューをインポートするために 2 つのメニューオプション (単一のビューのインポートまたは複数のビューのインポ
ート) を使用できます。これらの各オプションを使用するには、システム管理者が HANA データベースをリモートシステムとし
て設定する必要があります (接続機能)。接続が確立されると、データベース内の HANA ビュー (分析タイプまたは計算タイプ
のビュー) が使用できるようになります。これらのビューをインポートして、分析タイプの新規モデルを登録できます。選択した
ビューごとに、新規モデルが登録されます。1 つのビューのインポートは 1 回しか実行できません。ビューを再インポートする
には、[モデル] リストページから既存のモデルを削除した後で、インポート処理を開始します。
どちらかの HANA からモデルをインポートオプション (ツールバー上の [インポート] メニュー) を選択すると、HANA からイン
ポートできるビューが HANA ビューの選択ダイアログに表示されます。ビューは折りたたみ可能な階層構造で配置されます。
この階層構造をナビゲートして、目的のビューを見つけることができます。検索機能も使用できます。
インポート処理が完了すると、モデルが登録されたことを確認するメッセージが表示されます。たとえば、モデルを詳細に変更
したり、ストーリー内のモデルから出力テーブルを作成したりすることで、新しいモデルを即座に操作できます。
HANA から単一のモデルをインポート
ロケーション情報を含む単一のビューをインポートするときには、インポート処理中にロケーションディメンションをモデルに追
加して、地理空間分析用にデータを修飾することもできます。そのためには、インポートを開始する前にデータ拡張チェックボ
ックスを選択します (次の項を参照)。
76
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
HANA から複数のモデルをインポート
このオプションでは、[ビューの選択] ダイアログのチェックボックスを使用して、複数の項目または階層の分岐を選択すること
ができます。
3.6.7 SuccessFactors からのモデルのインポート
SuccessFactors システムからモデルをインポートするには、ソースモデルを指定した後、取り込まれるデータをモデルのディ
メンションにどのようにマップするのかを指定します。
手順
1. メインメニューで、
モデラ
モデル を選択します。
2. 新規モデルを選択します。
3. SuccessFactors からモデルをインポートを選択します。
4. SuccessFactors 接続を選択するか新規接続登録を選択して新しい接続を登録します。
詳細については、SuccessFactors をインポートするデータ接続の登録 [270 ページ] を参照してください。
5. SuccessFactors クエリを選択するか新規クエリ登録を選択して新しいクエリを登録します。
6. 新規クエリの登録ダイアログで、クエリの名称と説明を入力します。
7. クエリを作成するエンティティを選択して次へを選択します。
ここからデータ要素を選択済データおよびフィルタ領域に移動することによって、このエンティティのクエリを作成できま
す。
8. OK を選択します。
9. 新しくインポートしたデータをレビューしてエラーおよび不整合を修正します。
10. モデル登録を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
77
3.6.8 本稼動データ接続からのモデルの登録
接続されているリモートシステムのデータソースから分析タイプの新しいモデルを自動的に登録するには、新しいモデルペー
ジにあるこのオプションを使用します。
前提条件
このオプションを使用するには、リモートシステムへの接続が必要となります。システム管理者は、SAP BusinessObjects
Cloud の接続メニューオプションを使用して本稼動データ接続を登録します。地理空間分析用のデータはリモートシステムで
SAP HANA Studio を使用してマニュアルで準備する必要があります。
通常、リモートシステムへのアクセスはユーザ ID とパスワードによって保護されます。
手順
1. 本稼動データ接続からのモデルの登録を選択します。
2. 表示されるダイアログのドロップダウンリストから、接続先のシステムを選択します。選択したシステムにアクセスするた
めのユーザ ID とパスワードを入力するよう要求されます。これによって対象システムへの接続が確立され、使用可能な
ビューのリストが読み込まれます。
3. データソースを選択します。ビューのリストは非常に長くなる可能性があるため、検索機能を使用すると、検索対象のソー
スを見つけるのに役立ちます。
4. 登録される新しいモデルの名称と説明を入力して、OK をクリックし開始します。
結果
モデルが登録されたことを通知する確認メッセージが表示されます。新しいモデルはモデルリストで即座に使用できます。
モデルリストでは、データソースの名前がデータリソース列に表示されます。この列のリンクをクリックすると、インポートの詳
細を参照できます。ここでは、実行ボタンを選択して、インポートをいつでも再実行することができます。
注記
地理データを含むモデルをリモート HANA システムからインポートした場合は、一部の地理空間分析機能が自動的に無
効化されます。これらの機能にはマップフィルタやコロプレスレイヤなどがあります。
関連情報
本稼動データ接続 [272 ページ]
78
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
3.6.9 ユニバースからのモデルの登録
SAP BusinessObjects BI プラットフォームユニバースからモデルを登録するには、ソースモデルを指定してから、モデルディ
メンションへのデータのインポート方法を指定します。
前提条件
● SAP HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されているこ
と。
● サポートされるバージョンの SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームを使用すること。サポートさ
れるバージョンについては、システム要件および技術的前提条件 [288 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
データソースの使用
モデル を選択します。
SAP ユニバース を選択します。
3. 既存のユニバース接続を選択するか、新しい接続を確立します。
4. 新しい接続を確立した場合、次に新しいクエリを登録します。
既存の接続を選択した場合、既存のクエリ (編集可能なクエリ) を選択するか、新しいクエリを登録することができます。
○ 既存のクエリを編集するには、次の手順に従います。
1. リストからクエリを選択します。
2. クエリの編集を選択します。
3. 変更を行ってから、次へを選択します。
4. インポートを選択します。
○ または、新しいクエリを登録するには、次の手順に従います。
1. 新規クエリ登録を選択します。
2. クエリの名前を入力します。
3. リストからユニバースを選択するか、ユニバースを名前で検索した後、次へを選択します。
4. ユニバースツリーからデータオブジェクトを選択し、ドラッグまたはダブルクリックして選択済データ領域またはフ
ィルタ領域に追加します。
5. 次へを選択します。
6. ユニバースにプロンプトが含まれている場合は、プロンプトの値を選択します。
7. インポートを選択します。
5. マップ先で、新しいモデルの名前を入力します。
6. モデルが計画有効化であるかどうかを指定し、データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選択します。
7. モデルディメンションの属性タイプを選択してから、モデル登録を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
79
関連情報
ユニバース (UNX) へのデータインポート接続の登録 [267 ページ]
計画モデルと分析モデル [19 ページ]
ファイルからのモデルの登録について [59 ページ]
3.6.10 既存のモデルに対するユニバースデータのインポート
SAP BusinessObjects BI プラットフォームのユニバースのデータを既存のモデルにインポートできます。
前提条件
● SAP HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されているこ
と。
● サポートされるバージョンの SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームを使用すること。サポートさ
れるバージョンについては、システム要件および技術的前提条件 [288 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
モデル を選択します。
ユニバースからデータをインポート を選択します。
3. 既存のユニバース接続を選択するか、新しい接続を確立します。
4. 新しい接続を確立した場合、次に新しいクエリを登録します。
既存の接続を選択した場合、既存のクエリ (編集可能なクエリ) を選択するか、新しいクエリを登録することができます。
○ 既存のクエリを編集するには、次の手順に従います。
1. リストからクエリを選択します。
2. クエリの編集を選択します。
3. 変更を行ってから、次へを選択します。
○ または、新しいクエリを登録するには、次の手順に従います。
1. 新規クエリ登録を選択します。
2. クエリの名前を入力します。
3. リストからユニバースを選択するか、ユニバースを名前で検索した後、次へを選択します。
4. ユニバースツリーからデータオブジェクトを選択し、ドラッグまたはダブルクリックして選択済データ領域またはフ
ィルタ領域に追加します。
5. 次へを選択します。
6. ユニバースにプロンプトが含まれている場合は、プロンプトの値を選択します。
80
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
5. リストからモデルを選択して、インポートを選択します。
6. データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選択します。
7. モデルのデータをマップしてから、マッピングを終了を終了を選択します。
関連情報
ユニバース (UNX) へのデータインポート接続の登録 [267 ページ]
3.6.11 SAP ERP データからのモデルの登録
SAP ERP データからモデルを登録するには、データソースを指定してから、モデルディメンションへのデータのインポート方法
を指定します。
前提条件
● SAP HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されているこ
と。
● サポートされるバージョンの SAP ERP Central Component を使用すること。サポートされるバージョンについては、シス
テム要件および技術的前提条件 [288 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
データソースの使用
モデル を選択します。
SAP ERP
を選択します。
3. 既存の接続を選択するか、新しい接続を確立します。
4. (編集可能な) 既存のクエリを選択するか、新しいクエリを登録します。
○ 既存のクエリを編集するには、次の手順に従います。
1. リストからクエリを選択します。
2. クエリの編集を選択します。
3. 変更を行ってから、次へを選択します。
4. プレビューデータをレビューしてから、完了を選択します。
5. インポートを選択します。
○ または、新しいクエリを登録するには、次の手順に従います。
1. 新規クエリ登録を選択します。
2. クエリの名前を入力します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
81
3. リストから ERP オブジェクトを選択するか、オブジェクトを名前で検索してから、次へを選択します。
4. 利用可能な列リストから列を選択し、選択した列リストに追加してから、次へを選択します。
5. プレビューデータをレビューしてから、完了を選択します。
5. マップ先で、新しいモデルの名前を入力します。
6. データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを指定します。
7. 計画が有効化されていますチェックボックスを使用して、モデルで計画を有効にするかどうかを指定します。
8. 空の ID セルにデフォルト値を入力するかどうかを選択します。
9. モデルディメンションの属性タイプを選択してから、モデル登録を選択します。
関連情報
SAP ERP システムをインポートするデータ接続の登録 [268 ページ]
計画モデルと分析モデル [19 ページ]
ファイルからのモデルの登録について [59 ページ]
3.6.12 既存のモデルに対する SAP ERP データのインポート
SAP ERP のデータを既存のモデルにインポートできます。
前提条件
● SAP HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されているこ
と。
● サポートされるバージョンの SAP ERP Central Component を使用すること。サポートされるバージョンについては、シス
テム要件および技術的前提条件 [288 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
モデル を選択します。
SAP ERP からデータをインポート を選択します。
3. 既存の接続を選択するか、新しい接続を確立します。
4. (編集可能な) 既存のクエリを選択するか、新しいクエリを登録します。
○ 既存のクエリを編集するには、次の手順に従います。
1. リストからクエリを選択します。
82
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
2. クエリの編集を選択します。
3. 変更を行ってから、次へを選択します。
4. プレビューデータをレビューしてから、完了を選択します。
○ または、新しいクエリを登録するには、次の手順に従います。
1. 新規クエリ登録を選択します。
2. クエリの名前を入力します。
3. リストから ERP オブジェクトを選択するか、オブジェクトを名前で検索してから、次へを選択します。
4. 利用可能な列リストから列を選択し、選択した列リストに追加してから、次へを選択します。
5. プレビューデータをレビューしてから、完了を選択します。
5. リストからモデルを選択して、インポートを選択します。
6. データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選択します。
7. 空の ID セルにデフォルト値を入力するかどうかを選択します。
8. モデルのデータをマップしてから、マッピングを終了を終了を選択します。
関連情報
SAP ERP システムをインポートするデータ接続の登録 [268 ページ]
3.6.13 SQL データベースからのモデルの登録
SQL データベースからモデルを登録するには、ソースモデルを指定してから、モデルディメンションへのデータのインポート方
法を指定します。
前提条件
● SAP HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されているこ
と。
● JDBC ドライバがインストールされていること。詳細については、SQL データベースへのデータインポート接続の登録
[271 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューで、
2.
モデラ
データソースの使用
モデル を選択します。
SQL データベース を選択します。
3. 接続タイプを使用します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
83
4. 既存の接続を選択するか、新しい接続を確立します。
5. 新しい接続を確立した場合、次に新しいクエリを登録します。
既存の接続を選択した場合、既存のクエリを選択するか、新しいクエリを登録することができます。
新しいクエリを登録するには、次の手順に従います。
1. 新規クエリ登録を選択します。
2. クエリの名前を入力します。
3. リストからオブジェクトを選択するか、オブジェクトを名前で検索してから、次へを選択します。
4. データツリーからデータオブジェクトを選択し、ドラッグまたはダブルクリックして選択済データ領域またはフィルタ領
域に追加します。
5. 次へを選択します。
6. プレビューデータを確認してから、完了を選択します。
6. モデル名で、新しいモデルの名前を入力します。
7. モデルが計画有効化であるかどうかを指定し、データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選択します。
8. モデルディメンションの属性タイプを選択してから、モデル登録を選択します。
関連情報
SQL データベースへのデータインポート接続の登録 [271 ページ]
計画モデルと分析モデル [19 ページ]
ファイルからのモデルの登録について [59 ページ]
3.6.14 既存のモデルに対する SQL データのインポート
SQL データベースのデータを既存のモデルにインポートできます。
前提条件
● SAP HANA Cloud Connector および SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされ設定されているこ
と。
● JDBC ドライバがインストールされていること。詳細については、SQL データベースへのデータインポート接続の登録
[271 ページ] を参照してください。
手順
1. メインメニューで、
84
モデラ
モデル を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
2.
SQL データベースからデータをインポート を選択します。
3. 既存の接続を選択するか、新しい接続を確立します。
4. 新しい接続を確立した場合、次に新しいクエリを登録します。
既存の接続を選択した場合、既存のクエリを選択するか、新しいクエリを登録することができます。
新しいクエリを登録するには、次の手順に従います。
1. 新規クエリ登録を選択します。
2. クエリの名前を入力します。
3. リストからオブジェクトを選択するか、オブジェクトを名前で検索してから、次へを選択します。
4. データツリーからデータオブジェクトを選択し、ドラッグまたはダブルクリックして選択済データ領域またはフィルタ領
域に追加します。
5. 次へを選択します。
6. プレビューデータを確認してから、完了を選択します。
5. リストからモデルを選択して、インポートを選択します。
6. データの最初の行を列ヘッダとして使用するかどうかを選択します。
7. モデルのデータをマップしてから、マッピングを終了を終了を選択します。
関連情報
SQL データベースへのデータインポート接続の登録 [271 ページ]
3.7
データのエクスポート
モデルを別のシステムで再利用するためにエクスポートすることができます。
モデルを直接 SAP Business Planning and Consolidation (BCP) に、またはシンプルなテキストファイルフォーマットにエク
スポートするオプションが使用可能です。テキストファイルのエクスポートが日次、週次、または月次で自動的に繰り返される
ようスケジュールを設定できます。
関連情報
モデルのファイルへのエクスポート [86 ページ]
データの BPC へのエクスポート [87 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
85
3.7.1 モデルのファイルへのエクスポート
1 回のみか繰り返しスケジュールで、モデルを .csv ファイルにエクスポートすることができます。
コンテキスト
注記
計画モデルと分析モデルの両方をフラット .csv ファイルにエクスポートできます。ただし、HANA ビューに基づく分析モデ
ルをエクスポートすることはできません。
手順
1. モデルタブからモデルを選択して
ファイルとしてモデルをエクスポート
新しい明細表を登録 を選択します。
ファイルとしてモデルをエクスポートダイアログが表示されます。
2. エクスポート詳細セクションで、エクスポートしたモデルを保存するロケーションを選択します。
モデル名ドロップダウンリストから選択したモデルを変更することができます。
3. データ選択セクションで、エクスポートするディメンションを選択し、
(列) を選択して含める個別の列を選択します。
ディメンションの名称変更をすることが可能で、ディメンション名はエクスポートの後連結されて列ヘッダの名称になりま
す。モデルはフラットファイルとしてエクスポートされ、選択された各ディメンション列が順番に一覧表示されます。たとえ
ば、ディメンション Product に ID、ParentID、および Description という名称の列がある場合は次のようにエクス
ポートされます。
表 14:
製品 ID
製品親 ID
製品説明
PRD001
HPRD0001
スポーツシャツ
PRD002
HPRD0002
テニスシューズ
4. スケジュール設定セクションで、モデルをエクスポートする時間を指定します。
○ すぐに 1 回だけエクスポートする場合は、すぐにエクスポートを選択します。
○ 繰り返しのエクスポートスケジュールを定義するには、繰り返しのスケジュール設定を選択します。
繰り返しを設定するときには、スケジュールに名称を登録してエクスポートを行う頻度を決定します。
5. 明細表を選択してエクスポートスケジュールを保存するか、エクスポートを選択してすぐにエクスポートします。
86
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
結果
ファイルとしてモデルをエクスポート
既存の明細表の管理 を選択してすべてのエクスポート明細表を表示しま
す。スケジュールされたエクスポートダイアログから、スケジュールされた最終のエクスポートの時間とステータスを確認するこ
とができると同時に、不要になった既存の明細表を削除することができます。
正常にエクスポートされたモデルは指定したフォルダ下のファイル領域にあります。
3.7.2 データの BPC へのエクスポート
アプリケーションでモデルを更新してから、SAP Business Planning and Consolidation (BPC) システム内のターゲットモデ
ルにエクスポートできます。
アプリケーションは、次の BPC システムへのエクスポートをサポートしています。
● SAP Business Planning and Consolidation 10.0, version for Microsoft Platform (BPC for Microsoft)
● SAP Business Planning and Consolidation 10.1, version for Microsoft Platform
● SAP Business Planning and Consolidation 10.0, version for SAP NetWeaver (BPC for NW)
● SAP Business Planning and Consolidation 10.1, version for SAP NetWeaver
したがってたとえば、BPC からモデルをインポートして、そのモデルで計画活動と更新を実行してから、計画データを BPC 内
の元のモデルにエクスポートして戻すことができます。
インポートの場合と同様に、BPC にエクスポートするためには、システムが BPC と接続するように正しく設定されている必要
があり、接続機能を使用して接続を登録する必要があります。詳細については、Explore Connections を参照してください。
エクスポートのワークフローも、以下のようにインポートのワークフローとよく似ています。
1. ソースモデルの情報を指定します。
2. ターゲットモデルの情報を指定します。
3. ソースデータをターゲットモデル構造にマップします。
ソースモデル情報の指定
既存モデルのリストからソースモデルを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
87
ターゲットモデル情報の指定
最初に BPC システムへの接続を選択する必要があります。これは既存の接続であっても、エクスポート時にその場で登録す
る接続であってもかまいません。接続の登録の詳細については、ユーザヘルプの接続セクションを参照してください。
環境を指定してからインポートするモデルを選択する必要があります。エクスポートの場合は、この情報は、ソースモデルのイ
ンポート時に使用された環境とモデルに基づいてあらかじめ選択されています。
データのマッピング
マッピングダイアログで、ソースモデルデータをターゲットモデルデータにマップします。マッピングマトリクスは、以下の列で示
されています。
● ソースディメンション: この列には、ソースモデル内のディメンションが表示されます。
● フィルタ: 各列のフィルタを設定して、エクスポートされるデータの量を制御できます。時間データとバージョンデータのフィ
ルタは必須です。
● ターゲットディメンジョン: この列では、ソースディメンションにマップするターゲット BPC ディメンションを選択できます。一
致対象はシステムによって自動的に提示されますが、それらは変更可能です。
関連情報
接続 [252 ページ]
3.8
対象地点の登録
対象地点は、地理マップに追加できる一連の地理データであり、モデルに含まれるビジネスデータに基づいて分析されます。
対象地点をモデラに追加します。
対象地点は、以下の内容を表現することができます。
● 場所: 店舗の位置やイベント会場など
● 線: 河川、幹線道路、輸送経路など
● 形状: 営業地域や選挙区など
このデータを地理マップで使用するには、このデータをマップに対象地点レイヤとして追加するか、いずれかの対象地点から
一定の距離にある場所を絞り込むマップフィルタを登録します。
対象地点データは、地理的ディメンションを含む Esri シェープファイルまたは SAP HANA モデルから追加することができま
す。
88
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
注記
SAP BusinessObjects Cloud では有限数の空間参照 ID がサポートされます。不正に表示されるデータまたはエラーメッ
セージを回避するには、シェープファイルで使用される SRID を知る必要があります。一般的に使用可能なツールでシェー
プ識別子を認識できるため、シェープファイルの書式を確定できます。
対象地点データの表示と更新は、モデラページで実行できます。対象地点タブを選択して、対象地点を表示します。このペー
ジでは、対象地点を追加または検索したり、データの有効化スイッチを切り替えて対象地点データをストーリー内で使用できる
ようにするかどうかを設定したり、削除する対象地点を選択したりすることができます。
関連情報
地理データの分析 [160 ページ]
3.8.1 Esri シェープファイルから対象地点データを登録
Esri シェープファイルをアップロードして対象地点データを登録するには、以下の手順に従ってください。
手順
1. メインメニューからモデラを選択した後、対象地点タブを選択します。
2.
(新規) アイコンを選択して、新しい対象地点を追加します。
3. ソースファイルを選択します。
4. アップロードするファイルを選択します。
シェープファイルから SHP ファイルと DBF ファイルを選択する必要があります。また、どちらのファイルにも同じ名前を設
定する必要があります (例: sales_regions.shp と sales_regions.dbf)。
5. データの名前フィールドに、対象地点データを識別する名前を入力します。
6. インポートされるシェープファイルのエンコーディングに対応する空間参照 ID からオプションを選択します。
空間参照 ID の詳細については、SAP ヘルプポータル (help.sap.com) で入手できる SAP HANA 空間参照を参照してく
ださい。
次のオプションがあります。
○ 3857:WGS 84 / Pseudo-Marcator
○ 4326:WGS 84
○ 1000004326:WGS 84 (planar)
7. ツールチップリストから、各対象地点のツールチップテキストが含まれるフィールドを選択します。
8. 登録時に有効化スイッチのオン/オフを切り替えます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
89
この設定をオンにすると、データを地理チャートで使用できます。対象地点のメインページで、この設定を切り替えること
ができます。
9. 登録を選択します。
3.8.2 モデルから対象地点データを登録
SAP HANA 分析モデルまたは計画モデルから対象地点データを登録するには、次の手順に従います。
前提条件
地理的な情報が付加されたディメンションを持つ SAP HANA 分析モデルまたは計画モデルへのアクセス権が必要です。
手順
1. メインメニューからモデラを選択した後、対象地点タブを選択します。
2.
(新規) アイコンを選択して、新しい対象地点を追加します。
3. ソースモデルを選択します。
4. データの名前フィールドに、対象地点データを識別する名前を入力します。
5. ソースモデルリストからソースモデルを選択します。
6. ロケーションディメンションリストから、対象地点データを含むディメンションを選択します。
7. ツールチップリストから、各対象地点のツールチップテキストが含まれるフィールドを選択します。
8. 登録時に有効化スイッチのオン/オフを切り替えます。
この設定をオンにすると、データを地理チャートで使用できます。対象地点のメインページで、この設定を切り替えること
ができます。
9. 登録を選択します。
90
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
モデル
4
割当
割当は、ソースデータに由来する値を複数の値に分割して、ターゲットデータに値を格納するプロセスです。
割当計算は、計画とデータ分析において、以下の洞察を得るために使用できます。
● 費用、収益、収益性のシミュレーション。
● 製品ミックス、自社生産するか外注するか、または販売価格など、経済的な判断に関する情報。
● シンプルな製造プロセスを奨励し、大きな利益率で製品を販売するといった、管理職と従業員のモチベーション。
● 製品の適切な価格決定など、経費の正当化。
● 償還金額の計算。
● 在庫費用などの、収入と資産の評価。
アプリケーションでは、計画モデルの割当プロセスを登録してから、構造化された割当を実行します。展開機能および配分機
能を使用してアドホック割当を実行することもできます。
値は、割り当てられる値を保持しているソースディメンションから、配分された値の一部を受け取る 1 つまたは複数のターゲッ
トディメンションに配分されます。使用する割当方法に応じて上書き、ターゲットディメンションのメンバーのフィルタ、各種の粒
度による加重を追加することで、割当計算をより精密に行うことができます。
割当を適用してストーリー内のテーブルに結果を表示すると、適切なチャートタイプを使用して結果を視覚化することができま
す。
タスク
値の展開 [95 ページ]
値の分配 [98 ページ]
割当ステップの登録 [104 ページ]
割当ルールの登録 [105 ページ]
割当プロセスの実行 [106 ページ]
構造化された割当に使用するプールの登録 [101 ページ]
プールとディメンションのマッピング [102 ページ]
4.1
割当モデル
割当モデルは、特定の基準を満たす計画が有効化されたモデルです。
割当モデルを登録するには、以下を含んでいる計画が有効化されたモデルを登録する必要があります。
● 勘定項目ディメンション。
● カテゴリディメンション。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
91
● 時間ディメンション - 割当には時間ディメンションは不要ですが、割当モデルは時間ディメンションを必要とする計画モデ
ルに基づいているため、割当モデルには時間ディメンションを含める必要があります。
● メンバー ID として # を含む、勘定以外の各ディメンションの未割当のメンバー。このメンバーは、新しいディメンションの
登録時に自動的に登録されます。
割当モデルには、メンバーがプールであるプールディメンションを含めることもできます。割当においては、プールはアカウント
のグループであり、売上原価の表現とビジネスまたは製造組織に割当できるサービスに使用します。費用は通常、部署また
はサービスセンタごとにグループ化されます。たとえば、メンテナンス部署の費用は、費用プールに累積されてから、このサー
ビスを使用する部署間に割り当てられます。計画モデルとプールディメンション登録の詳細については、関連するトピックを参
照してください。
関連情報
構造化された割当に使用するプールの登録 [101 ページ]
計画モデルと分析モデル [19 ページ]
新規モデルを空白から登録 [51 ページ]
ディメンションの登録 [53 ページ]
4.2
割当ロールと権限
アプリケーションで割当権限のあるロールは、モデラロールとビューアロールです。
割当に必要な権限は以下のとおりです。
● 登録: 割当ステップを登録します。
● 読込: ユーザインタフェースでで割当ルールを表示することも含めて、割当で作業するときの必要条件です。
● 更新: 割当ルールの登録、変更、削除を行います。
● 削除: 割当ステップを削除します。
● 実行: 割当ステップを実行します。
プールマッピングに必要な権限は以下のとおりです。
● 登録: プールディメンションを登録します。
● 読込: ストーリーにあるプールマッピングレイアウトへのアクセスなど、プールマッピングを実行するための必要条件です。
● 更新: プールマッピングレイアウトにあるマッピングを変更します。
モデルとは異なり、割当の権限は、個別のモデルにではなく、ロールにバインドされます。これは、割当の権限はすべての割
当ステップに適用されることを意味します。割当ステップと割当ルールを登録してプールマッピングを実行するには、モデラロ
ールが必要です。このロールに適切な権限は次のとおりです。
表 15: モデラの割当権限
権限
登録
読込
更新
割当ステップ
92
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
削除
実行
共有
割当
該当なし
該当なし
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
権限
登録
読込
更新
削除
実行
プールマッピン
共有
割当
該当なし
該当なし
グ
ビューアロールを持っている場合は、割当ステップの表示と実行は行えますが、割当ステップの登録またはプールマッピング
の実行はできません。
表 16: ビューアの割当権限
権限
登録
割当ステップ
いいえ
プールマッピング
いいえ
4.3
読込
いいえ
更新
共有
割当
いいえ
該当なし
該当なし
いいえ
該当なし
該当なし
展開および分配
展開および分配は、テーブル内の単一のソースセルから 1 つまたは複数のターゲットセルに値を割り当てる方法です。これら
の機能により、新しい値の予約と、計画にある既存の値の調整に迅速に対応できます。
展開操作では、ソースセルまで集計されたリーフメンバー全体にソースセルの値が展開されます。展開操作は自動でも手動
でも実行できます。
分配は別のタイプの割当方法であり、ソースメンバーからその兄弟のリーフメンバーに金額を分配して、階層内の値を変更し
ます。
これらの操作は、以下の条件が満たされている場合に実行できます。
● 計画が有効化されたモデルがテーブルの基準になっている。
● ソースセルが式によって計算されていない。
● 自動展開の場合、ソースセルは 1 つ以上のディメンションの集計でなければならない (勘定とバージョンは含まれない)。
手動展開の場合は、SUM 集計が使用される可視ディメンションであることも必要となる。
自動展開
自動展開は、ビューの空白のソースセルに値を入力すると実行され、値は自動的にそのセルのリーフ項目に配分されます。
リーフメンバーを含むディメンションごとに、モデルの作成時に勘定用に設定された集計タイプに基づいてソース値が展開され
ます。集計タイプは以下のいずれかになります。
● SUM:ソース値はリーフメンバー間で均等に分割されます。たとえば、2 つのリーフメンバーのあるセルで 100 万と入力す
ると、リーフメンバーは 50 万ずつ受け取ります。
● AVERAGE:各リーフメンバーはソースセルと同じ値を受け取ります。この場合、リーフメンバーはそれぞれ 100 万ずつ受
け取ります。
● LAST:最後のリーフメンバーはソースセルと同じ額を受け取ります。2 番目のリーフメンバーは 100 万を受け取り、最初
のリーフメンバーは予約未済のままです。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
93
● NONE: 各リーフメンバーはソースセルと同じ値を受け取ります。リーフメンバーはそれぞれ 100 万ずつ受け取ります。
勘定メンバーを子勘定に展開する場合に、ターゲットに別の勘定タイプが設定されていることがあります (収益および資産勘
定や費用および負債と資本勘定など)。この場合は、ソース勘定とは集計方法の異なる勘定であるため、展開を実行しても、
効果が得られません。
集計タイプと符号切替の詳細については、勘定ディメンションの属性項を参照してください。
注記
予約済の値を変更すると、既存の値に基づいて、リーフメンバーが均等に調整されます。このような操作は、自動展開と見
なされません。
手動展開
予約済セルの子メンバーの値を指定する場合は、そのセルの値を手動で展開できます。選択したソースセルで、選択したパ
ースペクティブとレベルに対して展開の加重を設定できます。これらの値は必要に応じて調整されます。ターゲットディメンショ
ンの下位レベルの子またはビュー内の別のディメンションのリーフメンバーに自動展開が適用されます。
分布
手動展開によって値をリーフメンバーに割り当てることができますが、ソースメンバーからその兄弟に金額を分配して、階層内
の値を変更しなければならない場合もあります。値の分配により、販売予測の変更など、新しい情報に応じて計画を容易に調
整することができます。
展開とは異なり、分配では、ソースセルから値を減算し、その結果をターゲットセルに加算します。ソースセルまで集計された
リーフメンバーは均等に減少し、ターゲットセルのリーフメンバーは均等に増加します。
分配は自動展開操作のトリガになることもあります。つまり、予約未済の兄弟メンバーに値を分配すると、その値は該当するタ
ーゲットセルのリーフメンバーに展開されます。
展開のためのディメンションメンバーのフィルタ
展開操作または分配操作を実行する場合に、自動展開で登録されるファクトの数を制御することができます。特に、モデルに
数多くのディメンションが含まれている場合、または数多くのメンバーで構成されたディメンションがモデルに含まれている場
合、各ディメンションのすべてのリーフメンバーにデータを展開する必要はありません。
展開または分配の実行中に、テーブル内のディメンション (ターゲットディメンションは除く) の値を受け取るメンバーは、ソース
セルによって決定されます。テーブルに追加されていないディメンションの場合、データ入力を確認ダイアログからフィルタを適
用できます。次のオプションがあります。
● 視点を使用:ビューに適用されるフィルタで選択されているメンバーに、値が展開されます。たとえば、四半期の売上を計
画するために 2016 の Q4 にフィルタを設定した場合は、値はその範囲外の時間ディメンションのメンバーには展開され
ません。
94
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
● フィルタ絞込:テーブルに追加されていないディメンションの場合、値を受け取るメンバーを選択できます。デフォルトでは、
現在の視点が適用されますが、選択済フィルタダイアログ内のリストからディメンションを選択して、値を受け取る各ディメ
ンションのメンバーを絞り込むことができます。たとえば、時間ディメンションを選択し、2016 年の第 4 四半期を選択解除
して、2016 年の 12 月のみを選択したとします。
視点ですでに適用されているフィルタを絞り込むと、フィルタで除外されたメンバーの予約済の値が変更される場合がありま
す。これは、視点のすべてのディメンションのメンバーの集計値を、これらのメンバーのうち、さらに細かく区分されたメンバー
に展開しているからです。たとえば、時間のフィルタを絞り込んで 2016 年の 12 月に限定すると、2016 年の第 4 四半期のす
べてのターゲットメンバーの値がその月にのみ展開されます。SUM 集計を実行した場合、2016 年の 10 月と 11 月でターゲッ
トメンバーの予約済の値がゼロになります。
注記
予約未済のターゲットメンバーが存在しない分配操作では、自動展開が実行されないため、このダイアログが表示されま
せん。
注記
展開によって影響を受ける項目が多すぎる場合は、次へを選択するとメッセージが表示されます。この場合、選択済フィル
タダイアログで視点を絞り込むかディメンションメンバーをさらにフィルタで除外することができます。
関連情報
勘定ディメンションの属性 [31 ページ]
例: 値の展開 [96 ページ]
4.4
値の展開
前提条件
マニュアルで値を展開するには、計画が有効化されたモデルに基づき、テーブルへのアクセス権が必要となります。
手順
1. テーブル内で、次の条件を満たすソース値を選択します。
○ セルが予約されている。
○ セルが式で計算されていない。
○ セルが 1 つ以上の可視ディメンションの集計である (勘定とバージョンは含まれない)。
2.
展開 を選択して、特定のディメンションとレベルのメンバーに対する加重を手動で指定します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
95
展開ダイアログが表示されます。
3. ターゲットディメンションリストから、加重を指定するディメンションを選択します。
適用したフィルタによって、値がその他のディメンションに自動的に展開されるかどうかが決まります。
使用可能なディメンションには、テーブル内で SUM 集計を使用してソースセルまで集計された可視ディメンションが含ま
れます。勘定ディメンションまたはバージョンディメンションに従って展開することはできません。
(ロールアップ)、
4.
(ドリルダウン)、および
(リーフレベルに設定) ボタンを使用して、加重を指定するレベルを設
定します。
同じ名前のターゲットメンバーが複数存在する場合は (時間ディメンションの第 1 四半期など)、これらのメンバーを親で
グループ分けして区別します。
リーフレベルで加重を指定しない限り、自動展開によって値がリーフメンバーに割り当てられます。
5. ターゲットメンバーに対して展開の加重を設定します。
ターゲットセルに値が設定されている場合、これらの値は加重列に表示されます。値を上書きするには、新しい加重を入
力するか、
(選択したセルを選択加重として使用) を選択して、ビューから値を選択します。
予約未済のセルに展開するには、予約未済のメンバーの表示を有効にします。
加重は比率を表し、メンバーに割り当てられる実績値を意味しない点に注意してください。プレビュー列には、入力した加
重に基づくメンバーの最終的な値とパーセンテージが表示されます。
6. 展開の適用を選択します。
7. データ入力を確認ダイアログで、自動展開から値を受け取るディメンションメンバーにフィルタを適用する方法を選択しま
す。
展開操作にフィルタを適用する方法の詳細については、展開および分配の概要項の展開および分配する値へのフィルタ
の適用を参照してください。
8. フィルタ絞込を選択した場合は、テーブルに追加されていないディメンションのいずれかをディメンションリストから選択し
た後、展開中に値を受け取るメンバーを選択します。必要に応じて、その他のディメンションに対してこのステップを繰り返
し、OK をクリックします。
指定した加重に従って、ソース値がターゲットセルに展開されます。ターゲットセルのリーフメンバーと展開操作に含まれ
るその他のディメンションメンバーには、値が自動的に展開されます。
4.5
例: 値の展開
自動展開と手動展開を使用する方法の簡単な例を以下の項で示します。
前提条件
操作対象のバージョンのみが表示されるように、テーブルで、カテゴリディメンションにフィルタを設定しました。また、テーブル
に追加されていないディメンションの視点に、未割当のメンバーのみが表示されるように、フィルタを設定します。
96
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
コンテキスト
会社では新製品であるサッカーシューズの販売を始めようとしています。このシューズの予想売上を示すストーリーを作成し、
予想される販売数量の数字を北米領域にある 2 つの原価センタに展開しようとしています。値の分布は、ランニングシューズ
の既存の売上実績に基づいて加重する予定です。次のデータを使用して、テーブルをストーリーに追加します。
表 17:
A
B
1
メジャー
2
カテゴリ
3
バージョン
4
原価センタ
C
D
E
F
北米 >
米国
カナダ
ヨーロッパ >
5
勘定科目
製品
6
販売数量
履物
24,200
12,800
11,400
306,600
7
テニスシューズ
8,600
4,800
3,800
63,500
8
ランニングシュー
15,600
8,000
7,600
114,300
-
-
-
128,800
ズ
9
サッカーシューズ
手順
1. 予測された販売数量の数字を入力するには、サッカーシューズ製品に適切なセル (テーブル内の C9) を選択して、値を
入力します。この場合、29,000 と入力します。
データ入力を確認ダイアログが表示されます。
2. この売上予測を使用していないディメンションメンバーをすでフィルタで除外しているため、視点を使用を選択します。この
ダイアログを表示しない設定を有効にし、次へを選択します。
値を入力したセルは黄色で強調表示されます。29,000 という値は、米国とカナダの原価センタ間で平等に配分されま
す。原価センタ用のセル (D9 と E9) は黄色で強調表示されており、それぞれに 14,500 という値が格納されています。
履物、米国、カナダの販売数量の合計も更新され、対応するセル (C6、D6、E6) も強調表示されます。
3. サッカーシューズの販売数量の値の展開をランニングシューズの販売数量の値に基づいて調整する必要があります。こ
の調整を行うには、販売数量の値 (C9 セルの 29,000) を選択し、
値割当
展開 を選択します。
展開ダイアログが開きます。提案された展開先は、米国とカナダにある 2 つの原価センタです。
4. 販売数量の値の展開をランニングシューズの販売数量の値に従って加重する場合があります。この加重を行うには、最
初の米国メンバーに対する加重を選択し、次に
(選択したセルを選択加重として使用) を選択してから、テーブルで
D8 と E8 を選びます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
97
セルの値が加重列にコピーされます。プレビュー列には、調整後の販売数量の値と、合計の 29,000 という数字に対す
る割合が表示されます。
5. 新しい展開を適用するには、展開の適用を選択します。
展開が現在の視点に適用されます。新しい販売数量の値である 14, 872 と 14, 128 が米国とカナダのセル (D9 と E9)
に表示されます。
4.6
値の分配
前提条件
値を分配するには、ストーリー内で計画が有効化されたモデルに基づき、テーブルへのアクセス権が必要となります。
手順
1. テーブル内で、次の条件を満たすソース値を選択します。
○ セルが予約されている。
○ セルが式で計算されていない。
○ セルで 1 つ以上の可視ディメンションの同じ階層レベルに兄弟メンバーが存在する (勘定とバージョンは含まれな
い)。
2.
分配 を選択します。
3. 分配ダイアログで、再分配するディメンションをターゲットディメンションリストから選択します。
4. まだ値のないメンバーに分配するには、予約未済のメンバーを選択します。
5. 必要に応じて、
(ロールアップ)、
(ドリルダウン)、および
(リーフレベルに設定) ボタンを使用してレベルを変更し
ます。
ソースメンバーの兄弟、またはその兄弟の子に値を分配することができます。
同じ名前のターゲットメンバーが複数存在する場合は (時間ディメンションの第 1 四半期など)、これらのメンバーを親で
グループ分けして区別します。
6. ターゲットメンバーごとに、ソースメンバーから分配する金額を入力します。
ダイアログには各メンバーに分配する合計金額のパーセンテージと、分配後のターゲットメンバー値のプレビューが表示
されます。
7. 分配を選択します。
予約未済のセルに値を分配した場合は、データ入力を確認ダイアログが表示されます。
8. 予約未済のセルから自動的に展開された値を受け取るディメンションメンバーにフィルタを適用する方法を選択します。
操作にフィルタを適用する方法の詳細については、展開および分配項の展開および分配する値へのフィルタの適用を参
照してください。
98
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
9. フィルタ絞込を選択した場合は、テーブルに追加されていないディメンションのいずれかをディメンションリストから選択し
た後、値を受け取るメンバーを選択します。必要に応じて、その他のディメンションに対してこのステップを繰り返し、OK を
クリックします。
指定した値の分だけターゲットセルが増加し、ソースセルの値が小さくなります。ソースセルまで集計されたセルまたは予
約済のターゲットセルが均等に調整されます。
4.7
例: 予約未済のセルへの値の分配
以下の項では、予約未済のセルをターゲットとする分配機能の使用方法の例を示します。
この例では、販売数量の SUM 集計を使用して、北米向けに販売された既存の数量から、現在予約未済の中南米にデータを
分配することで計画を調整しようとします。
表 18:
A
B
1
勘定
販売数量
2
製品
履物 >
3
ResponsibilityCen
C
D
テニスシューズ
ランニングシューズ
E
サッカーシューズ
tre
4
すべての会社 >
350,900
81,100
145,500
124,300
5
HQ
-
-
-
-
6
北米
48,800
17,600
31,200
-
7
中南米 >
-
-
-
-
メキシコ -
-
-
-
302,100
63,500
114,300
124,300
10
ドイツ 170,100
38,100
63,500
68,500
11
イタリア 132,000
25,400
50,800
55,800
8
9
EMEA >
北米の履物の値 (B6 セル)を選択し、
値割当
分配 を選択します。
分配ダイアログで、ターゲットディメンションとして ResponsibilityCenter を選択します。
北米と同じレベルで、ターゲットメンバーとして HQ、中南米、EMEA を選択することもできます。国まで 1 レベルドリルダウン
すると、HQ (国レベルに子がないため)、メキシコ、ドイツ、イタリアに分配することができます。
中南米に対して 6,000 を入力し、分配を選択します。予約未済のセルに分配すると、データ入力を確認ダイアログが表示さ
れます。設定した視点を使用することも、絞り込むこともできます。選択は、このビューで表示されないディメンションにのみ影
響します。分配後、次のデータがテーブルに表示されます (太字は変更された値)。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
99
表 19:
A
B
1
勘定
販売数量
2
製品
履物 >
3
ResponsibilityCen
C
D
E
テニスシューズ
ランニングシューズ
サッカーシューズ
tre
4
すべての会社 >
350,900
80,936
143,664
126,300
5
HQ
-
-
-
-
6
北米
42,800
15,436
27,364
-
7
中南米 >
6,000
2,000
2,000
2,000
メキシコ 6,000
2,000
2,000
2,000
302,100
63,500
114,300
124,300
10
ドイツ 170,100
38,100
63,500
68,500
11
イタリア 132,000
25,400
50,800
55,800
8
9
EMEA >
この結果、北米から 6,000 の販売数量が引かれ、中南米に追加されます。値は、中南米とメキシコのさまざまなタイプの履
物の予約未済セルに等分に展開され、北米のテニスシューズとランニングシューズの既存の値に基づいて均等に減少しま
す。
全体的な販売数量は同じままで、分配のみが変更されます。
テニスシューズとランニングシューズのみに展開を制限する場合、製品ディメンションをテーブルから削除し、データ入力を確
認ダイアログでそのディメンションのフィルタを絞り込むことで行うことができます。テニスシューズとランニングシューズのみを
選択した場合、両方のメンバーは 3,000 の数量を受け取り、サッカーシューズは予約未済のままとなります。
4.8
構造化された割当
構造化された割当では、ドライバまたは直接割当によって値をソースディメンションからターゲットディメンションに分配するた
めのステップとルールを使用する割当プロセスを登録します。
割当モデルを登録し、任意でプールディメンションを追加した後、次のタスクを使用し、割当モデル用の割当プロセスを構築し
て実行します。
100
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
タスク
割当ステップの登録 [104 ページ]
割当ルールの登録 [105 ページ]
構造化された割当に使用するプールの登録 [101 ページ]
プールとディメンションのマッピング [102 ページ]
割当プロセスの実行 [106 ページ]
関連情報
割当モデル [91 ページ]
ディメンションの登録 [53 ページ]
4.9
構造化された割当に使用するプールの登録
割当モデルでは、必要に応じて、費用をグループ化するためにプールを登録できます。プールはプールディメンションのメンバ
ーであるため、ターゲットディメンションに割り当てられる値を含んだソースディメンションになります。
ディメンションを登録したら、割当を行う費用または値のグループ (サービス、人事、物流など) を表すプールディメンションのメ
ンバーを登録します。モデルに対して複数のプールを登録できますが、モデル間でプールディメンションを共有することはでき
ません。プールはそれぞれのモデルに固有のものです。
プールによって費用をグループ化するには、ディメンションと費用に関連するディメンションメンバーを特定のプールにマッピン
グする必要があります。たとえば、IT サービスのコスト用にプールを登録した場合、IT スタッフの賃金や設備交換の費用など
を表すディメンションにこれをマッピングすることが考えられます。プールにマッピングされるディメンションは、プールディメンシ
ョンを登録するときに指定します。デフォルトでは、勘定ディメンションは常にマップされたディメンションです。
ストーリー領域でテーブルを操作するときは、プールマッピングと呼ばれる特殊なレイアウトを使用して、ディメンションをプー
ルにマッピングします。プールマッピングのレイアウトには、行軸上にマッピングされるディメンションとして選択したすべてのデ
ィメンションが、プールディメンションとともに自動的に含まれるため、ディメンションを拡張し、適切な粒度で費用をプールにマ
ッピングすることができます。たとえば、プールディメンションを登録した際に、原価センタディメンションと製品ディメンションを
マッピングされるディメンションとして選択したとします。これは、プールマッピングレイアウトには、テーブルの行軸上に勘定
(デフォルト)、原価センタ、製品の各ディメンションがあることを意味しています。すべての製品に対するすべての原価センタの
売上原価勘定を単一のプールにマッピングすることができ、よりきめ細かいマッピングを行う場合は、単一の倉庫に対する単
一の製品の売上原価を原価プールにマッピングすることもできます。
すべてのディメンションメンバーをプールにマッピングする必要はありません。プールにマッピングを行わない場合は、プール
ディメンションのデフォルトのメンバーである未割当 (UNASSIGNED) をメンバーに割り当てることができます。
プールマッピングレイアウトでは、新規プールをその場で登録することもできます。
注意
割当モデルにおいて、プールはオプションです。プールディメンションではないソースディメンションを使用して割当ステップ
を登録できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
101
関連情報
プールとディメンションのマッピング [102 ページ]
4.10 プールとディメンションのマッピング
ストーリーページ内のテーブルからプールのマッピングを実行する場合は、プールマッピングと呼ばれる特殊なレイアウトを使
用します。
コンテキスト
数多くのメンバーが含まれるプールディメンションを使用してモデルを登録したとします。このプールディメンションの登録時に
は、デフォルトの勘定ディメンションに加えていくつかのマッピングされたディメンションを選択しました。ここで、勘定とディメン
ションを別のプールにマッピングする必要が生じた場合、次の操作を行います。
手順
1. ストーリーで、プールをマッピングするモデルに基づくテーブルがあるページを開きます。
2. デザイナパネルで、レイアウトタブを選択します。
3. レイアウトタブで、プールマッピングを選択します。
4. モデルに複数のプールディメンションがある場合は、プールディメンションの選択ダイアログでマッピング対象のディメンシ
ョンを選択して、OK を選択します。
行軸上に最初に勘定が配置され、その次にその他のマッピングされたディメンション、その後にプールディメンションという
順にレイアウトが変更されます。列軸上に表示されるのはカテゴリディメンションだけです。
5. 必要に応じて、プールにマッピングする項目を配置するために、マッピングされた勘定やディメンションの階層を展開しま
す。次に、配置した項目をプールセルでダブルクリックします。
プール名が表示されたドロップダウンメニューが表示されます。
6. メニューからプールを選択するには、プール名の入力を始めると自動的に提示される一致する名称からプールを選択し
ます。あるいは、現在のプール名を削除してすべてのプールをメニューに表示してから、プールを選択します。
7. 新しいプールを登録するには、プールセルをダブルクリックして、新しいプール名を入力し、Enter キーを押します。
入力した名称で新しいプールを登録するかどうかを確認するダイアログが表示されます。
8. 新しいプールを登録するには、登録を選択します。
9. プールのマッピングが完了するまでステップ 5 とステップ 6 を繰り返し、必要な場合はステップ 7 ~ 8 を繰り返します。
102
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
4.11 割当プロセス、割当ステップ、割当ルール
計画が有効化された各モデルに対して、割当ウィンドウで複数の割当プロセスを登録したり、割当ステップと割当ルールを追
加することで各プロセスを定義したりすることができます。
割当プロセスは、単一のステップ、または一連のステップで構成できます。テーブルのデータに対して割当ステップを実行する
には、そのテーブルでプロセスを実行します。
割当ステップは、1 つのソースディメンション (費用のプールなど) の値をターゲットディメンションのメンバー間にどのように配
分するかを全体的に決定します(複数のターゲットディメンションを設定できます)。
ステップへの割当は割当ルールによって管理されます。割当ルールは、ソースディメンションのメンバーの値を、ドライバを使
用してターゲットディメンションのメンバーに割り当てるように指定します。ドライバは、一定の期間にわたって費用に影響を及
ぼす原因となるアクティビティまたはボリュームのレベルなどの変数です。つまり、アクティビティまたはボリュームのレベルが
変化すると、経費全体のレベルが変化するような原因と結果の関係があるものです。たとえば、ヘッドカウントのドライバは給
与に影響を及ぼし、床面積が変化すると賃貸料に影響を及ぼします。また、直接割当オプションを選択することもできます。こ
のオプションは、すべてのソースメンバーの値を単一のターゲットメンバーに割り当てます。
割当ステップの操作
プロセスの一部として割当ステップを登録するか、ステップを登録してから後でプロセスに追加することができます。
割当ステップを登録するには、配分を行う値を保持するソースディメンションを指定する必要があります。次に、配分された値
を受け取るターゲットディメンションを指定します。上書きディメンションを指定することもできます。これにより、割当ルールの
上書きを登録できるようになります。上書きは、一般的な設定よりもより詳細な割当ルールを設定したものです。たとえば、す
べての原価センタの交通費を収益ドライバを使用してすべての製品に割り当てるが、米国の原価センタについてだけは交通
費を単一の製品であるノートパソコンに割り当てるという例外 (上書き) がある割当ルールを登録できます。
注記
割当ルールは、登録された順にではなく、より詳細なものから順に実行されます。
割当ステップのソースおよびターゲットと同じディメンションを使用することができます。この場合、値はソースメンバーから同じ
ディメンション階層の 1 つ以上のメンバーへの再割当が行われます。たとえば、再割当を使用して、ソフトウェア部門にすでに
割り当てられている費用を取得して、それを使用したサポートの数に応じて組織内のすべての部門への再割当を行うことがで
きます。これはコスト配賦の相互方式と呼ばれます。元の値の一部は、ソースメンバーへの割当を戻すことが可能なため、ス
テップの反復実行を選択して、さらに費用を削減することができます。
割当ステップには、参照ディメンションも指定できます。参照ディメンションを指定すると、すべての参照ディメンションの中でフ
ァクトが一致する加重のみが割当に使用されるため、割当において、より粒度の細かい加重が可能になります。デフォルトで
は参照ディメンションとして扱われる時間ディメンションを指定することを考慮してください。割当では、時間によって細分された
参照値を使用します。たとえば、ヘッドカウントドライバを使用して給与がすべての原価センタに割り当てられており、時間が
月単位の粒度を保持しているとします。このことは、月ごとに指定されるヘッドカウントに基づいて、給与費用を月単位のレベ
ルにさらに細分できることを表しています。
最後に、一部の勘定を割当ステップから除外する場合もあります。たとえば、ドライバ勘定を変更しないままですべての財務
勘定の値を割り当てる場合があります。この場合、勘定によるフィルタ機能を使用して財務勘定のみを選択することができま
す。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
103
ルールのステップへの追加
割当ステップの登録が完了したら、新しいステップに割当ルールの追加を始めることができます。割当ルールを登録するに
は、ソースディメンションのメンバーを選択し、ドライバを選択してから (または直接割当で) ターゲットディメンションのメンバー
または複数のメンバーを選択します。上書きディメンションを追加している場合は、上書きを追加できます。
既存の割当は、ステップウィンドウページにある標準的なアイコンを使用して、削除、コピー、編集を行うことができます。
プロセスの操作
ステップの登録時に、ステップ登録ペインで割当プロセス全体を視覚化することができます。このペインは、
(詳細) を選択
して表示と非表示を切り替えることができます。ステップの順序を並べ替えるには、割当プロセスページのタブバーで、ステッ
プを選択してドラッグします。また、同じモデルに基づいて既存のステップをプロセスにロードすることができます。
一連の複数ステップを登録すると、複雑な割当を実行できます。たとえば、プールから別のプロジェクトや製品に費用を割り当
て、それらのディメンションからさらに別の地域の責任センタに費用を割り当てる場合などです。
割当プロセスが完了して保存されると、テーブルを開いてプロセスを実行できるようになります。
関連情報
割当ステップの登録 [104 ページ]
割当ルールの登録 [105 ページ]
4.12 割当ステップの登録
ソースディメンションから 1 つ以上のターゲットディメンションに値を配分する割当ステップを登録します。
コンテキスト
計画が有効なモデルを登録しました。対応する割当プロセスに割当ステップを登録するには、以下の操作を行います。
手順
1. ナビゲーションメニューで、割当を選択します。
104
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
計画が有効なモデルのすべての割当ステップは、割当プロセスウィンドウにリストで表示されます。各モデルで複数のプ
ロセスを保持することができます。割当ステップタブには、登録済みのすべてのステップが表示されます。
2. 新しいステップを開きます。
○ 割当プロセスにステップを登録するには、タブバーまたはステップ概要タブで、適切なプロセスを開いてステップ登録
アイコン (+ 記号) を選択します。
○ ステップを割当プロセスに追加せずに登録する場合は、割当ステップタブを選択し、新規ステップの登録 (+ 記号) を
選択します。この場合、ステップの登録ダイアログで対応するモデルを指定する必要があります。作業が終了する
と、割当ステップにステップを追加することができます。
3. ステップ登録ダイアログで、ステップの名称とオプションの説明を入力します。必要に応じて、ステップのモデルを指定しま
す。
4. ソースセクションで、リストからソースディメンションを選択します。
5. ディメンションの上書きを追加する場合は、追加アイコン (+ 記号) を選択し、ディメンションの上書きリストからディメンショ
ンを選択します。
6. ターゲットセクションで、リストからターゲットディメンションを選択します。
7. 複数のターゲットディメンションを追加する場合は、追加アイコン (+ 記号) を選択し、ターゲットディメンションリストから追
加するディメンションを選択します。必要な数のターゲットが追加されるまで、この手順を繰り返してください。
8. ソースまたは上書き、およびターゲットと同じディメンションを選択した場合は、ステップの反復の数を指定します。これに
より割当プロセスでステップを複数回実行することができます。これは同じディメンション中のメンバーに値を割り当てると
きに役立ちます。
たとえば、サポート時間に基づいてサポート部門からすべての部門にコストを割り当てる場合、サポート時間の自己使用
のために、一部のコストがサポート部門に戻されます。この割当プロセスを複数回繰り返すと、サポート部門に戻されるコ
ストが無視可能なレベルまで減少します。このプロセスはコスト配賦の相互方式と呼ばれます。
9. 参照ディメンションを追加するには、オプション表示を選択し、参照ディメンションリストからディメンションを選択します。別
のディメンションを追加するためのリストの横にある新規参照ディメンションの追加アイコン (+ 記号) 選択します。
10. 必要に応じて、オプション表示を選択してフィルタの設定を選択し、ステップを適用する勘定をフィルタします。その後、割
当ステップに含める勘定ディメンションのメンバーを選択します。
11. 登録を選択します。
割当プロセスにステップを登録した場合は、割当プロセスのウィンドウに、新しいステップがタブとして開かれます。このタ
ブは、ルールのソース、上書き、ドライバ、ターゲットを表示する列によって整列されます。
割当ステップページからステップを登録した場合は、割当プロセスを開いてステップをロードし、そのステップのルールを
設定することができます。
4.13 割当ルールの登録
割当ルールは、ソースディメンション、メンバー、ドライバ、ターゲットディメンションを指定して登録します。
コンテキスト
割当ステップの登録が完了したら、次に割当ステップのための割当ルールを登録します。割当では、モデルの割当プロセスが
すでに開かれているはずです。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
105
手順
1. 割当プロセスウィンドウで、割当ルールを登録する割当ステップをタブバーから選択します。
ステップロードを選択して、同じモデルに基づく既存のステップをタブバーに追加することもできます。
2. 割当ステップタブで、タブの右上隅にある新規割当ルールの登録アイコン (+ 記号) を選択します。
3. 割当ルールの登録ダイアログで、ソースメンバー、ドライバ、1 つ以上のターゲットメンバーを選択します。
ドライバとして直接割当を選択する場合は、ターゲットメンバーは 1 つだけ選択します。ソースメンバーの値はすべてター
ゲットメンバーに割り当てられます。
選択した内容は、選択された割当ルールセクションにリストで表示されます。
4. 上書きを登録する場合に、ステップに対して上書きディメンションを選択済みであるときは、ソース列で上書きを展開し、
上書きディメンションのメンバーを選択します。
ルールは上書きディメンションのメンバーにのみ適用されます。
たとえば、勘定から製品ディメンションに費用を割り当てる場合、原価センタを上書きディメンションとして追加できます。こ
の場合、交通費を含む 1 つのルールをソースメンバーとして、収益をドライバとして、すべての製品をターゲットとして登録
することができます。2 番目のルールでは、交通費をソースメンバーとして、北米の原価センタを上書きメンバーとして使
用し、費用をノートパソコンメンバーに直接割り当てることができます。この場合、最初のルールは北米への交通費に影
響しません。代わりに、すべての費用がノートパソコンに割り当てられます。
5. 登録を選択します。
新しいルールが割当ステップのタブに表示されるようになります。
6. 割当ルールの保存を選択します。
結果
新しいルールに割当ステップが含まれました。引き続きステップにルールを追加したり、既存のルールを選択してコピー、編
集、はたは削除を行うことができます。
4.14 割当プロセスの実行
割当ステップは、テーブルを含むストーリーページで実行します。
コンテキスト
モデルの割当プロセスの登録が完了したので、次に割当プロセスを実行します。
106
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
手順
1. ストーリーで、割当を実行するモデルに基づくテーブルを追加します。
2.
割当実行 を選択します。
3. 割当実行ダイアログで、実行する割当プロセスを選択し、バージョンリストからバージョンを選択します。
選択されたプロセスが、このバージョンで実行されます。また、バージョン名を入力して新しい非公開バージョンを登録す
ることもできます。
注記
このリリースでは、共有の非公開バージョンに対する割当プロセスの実行がサポートされていません。
4. 新しい非公開バージョンの名前を割当実行ダイアログに入力した場合は、公開バージョンの選択ダイアログが表示され
ます。非公開バージョンの基になっている公開バージョンを選択します。
5. 割当範囲の確認ダイアログで、割当の影響を受けるメンバーのフィルタ方法を選択します。
○ 視点を使用:現在ビューに適用されているフィルタが使用され、割当ステップの範囲が制限されます。
○ フィルタ絞込:テーブルに追加されていないディメンションの場合、割当に含めるメンバーを選択できます。デフォルト
では現在の視点が適用されますが、選択済フィルタダイアログのリストからディメンションを選択して、フィルタ対象の
メンバーを選択することができます。
○ フィルタなし:モデルで使用可能なすべてのメンバーに対して割当が実行されます。
このダイアログを表示しないを選択すると、現在のレポートビューで割当プロセスを実行するたびに同じ選択を適用する
ことができます。
割当の結果を表示するようにレイアウトが更新されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
割当
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
107
5
バリュードライバツリー (ベータ機能)
バリュードライバツリーは、さまざまなシナリオに基づいた予算管理と予測や、日々のビジネス上の意思決定を行うためのツ
ールです。
バリュードライバツリーは、さまざまなノードを有向グラフでリンクさせることで、特定の係数に対する変更が KPI にどのように
影響する可能性があるかを示します。
たとえば、単純なバリューツリードライバーで、さまざまな勘定における売上の前年比 (YOY) 成長の変更が、現在および将来
の全体的な売上にどのように影響するかを示すことができます。
そのため、バリュードライバツリーにより、さまざまな組織やさまざまなレベルの意思決定者を連携させ、共通の全体目標にビ
ジネスを集中させることができます。
SAP BusinessObjects Cloud では、バリュードライバツリーはさまざまなノードタイプで構成されており、モデルからデータを
取り込み、そのデータに対して計算を実行することができます。バリュードライバツリーは、モデラのセクションで作成できま
す。これより、テーブル内のモデルデータを同時に表示したり更新したりすることもできます。バリュードライバツリーが完成す
ると、分析用にストーリーに追加することができます。たとえば、同じモデルに基づいたバリュードライバツリーとテーブルをス
トーリーページに追加することができます。さまざまなシナリオをシミュレートする場合、バリュードライバツリーが表示するバー
ジョンを選択し、テーブルで値を変更した後にその値を再計算することができます。
タスク
バリュードライバツリーの登録 [109 ページ]
バリュードライバツリーの管理 [113 ページ]
関連情報
キャンバス [122 ページ]
108
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
バリュードライバツリー (ベータ機能)
5.1
バリュードライバツリーの登録
バリュードライバツリーをモデラで登録するには、基本モデルと時間範囲を指定した後、モデルからデータを取り込むためのノ
ードを追加し、データに対して計算を実行し、計算結果をモデルに返します。
前提条件
開始する前に、バリュードライバツリーを操作するための権限 (Modeler ロールなど) を割り当てられている必要があります。
手順
1.
2.
モデラ
バリュードライバツリー (ベータ)
を選択します。
(バリュードライバツリーの登録) を選択します。
3. バリュードライバツリーの登録ダイアログで、ツリーの一意の名前を入力し、使用するデータが含まれる基礎のモデルを
選択します。
基礎のモデルリストでは計画モデルのみを使用できます。
4. 登録を選択します。
新しいバリュードライバツリーの時間とモデルタブが表示されます。バリュードライバツリーの期間をこのパネルで設定で
きます。現在のリリースでは、デフォルトの計算期間およびデフォルトの表示期間の使用可能なオプションは年のみで
す。
5. デフォルトの計算開始日とデフォルトの計算終了日を選択します。
これらの日付は、ツリーで計算されるノード値の年数を設定します。これらの日付は、基礎のモデルで設定されている開
始日および終了日の間である必要があります。
6. 設定したデフォルトの計算日内で、デフォルトの表示開始日とデフォルトの表示終了日を選択します。
これらの日付は、ストーリーにバリュードライバツリーを追加したときに表示されるノード値の年数を設定します。
7. 計算タブを選択します。
ここで、ノードを登録し、モデルおよびその他のノードとそのノードの関係を設定することで、バリュードライバツリーを構築
することができます。
デザイナパネルでは、ノード詳細ビューで、選択したノードを設定したり、ノードリストビューですべてのノードの表示、検
索、並べ替えを行ったりすることができます。
デフォルトでは、バリュードライバツリーは 1 つのブランクノードとともに登録されます。このノードの操作を開始し、バリュ
ードライバツリーを設定することができます。
8. ノードを選択し、ノード詳細パネルで一意の名前を入力してノードを設定します。
値を分析しやすくするため、名前にノード値の単位記号を含めてください。
9. ノード詳細パネルでノードタイプを選択し、入力と出力を設定します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
バリュードライバツリー (ベータ機能)
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
109
ヒント
このページからはモデルデータにアクセスしづらいため、別のブラウザウィンドウを使用してモデルに基づいてテーブ
ルを表示すると、目的の勘定メンバーやディメンションメンバーを選択しやすくなります。
表 20: ノードの設定
ノードタイプ
説明
データソース
データソースノードはモデルからのデータを ソース:ノードのソース値を提供する勘定を
提供します。他のノードでは、計算の基準
としてデータソースノードを使用することが
できます。
オプション
選択します。
デフォルトでは、すべてのノードディメンショ
ンメンバーが含まれますが、特定のメンバ
ーのみを含める場合、1 つ以上のディメン
ションにフィルタを設定できます。
YOY (前年比)
YOY ノードは基準値と成長率ドライバを使
基準:最初の年の基準値を提供するノー
用して勘定の年次値を計算し、モデル内の ド。設定するドライバに応じて、後続の年で
勘定に対してそのデータを出力します。
たとえば、2015 年の売上データを含む勘
大きくなります。現在のリリースでは、基準
は YOY ノード自体に設定されます。
定と、YOY 売上成長率を含む勘定がある
ドライバタイプ:適用する YOY 計算の種
場合、YOY ノードを使用して、2016 年とそ
類。このリリースでは、成長率のみを使用
れ以降の年の売上を予測することができま できます。
す。
ドライバ:計算の成長率データを提供するノ
ード。たとえば、Software License Sales
の YOY ノードを作成した場合、ドライバとし
て Software Licenses YOY Growth の
Data Source ノードを使用できます。
ドライバのノードを設定していない場合、新
規ノードを選択し、キャンバスに入力ノード
を追加して設定することができます。
出力:各年の YOY ノード計算の結果が保
存される勘定。したがって、この勘定は、後
続の年を計算するための基準値も提供し
ます。たとえば、ソフトウェアライセンス販売
のノードは、出力としてソフトウェアライセン
ス販売の勘定を使用します。
この勘定はリーフメンバーでなくてはなら
ず、すべてのディメンションで SUM 集計を
使用する必要があります。
110
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
バリュードライバツリー (ベータ機能)
ノードタイプ
説明
オプション
結合
結合ノードは、2 つ以上のノードの集計を
入力:ノードがまとめて集計されます。
作成します。
選択して別の入力を追加します。
たとえば、入力として Software Sales ノー
結合ノードの親と祖先も、入力の 1 つとして
ドと Hardware Sales ノードを使用する
使用することはできません。
Overall Sales という結合ノードを作成する
ことができます。
を
入力ノードを設定していない場合、新規ノ
ードを選択し、キャンバスに入力ノードを追
加して設定することができます。
簡易計算ノードでは、2 つの入力ノードを使 演算子:計算の種類 (加算、減算、乗算、除
簡易計算
用して基本算術計算を実行できます。
算) を設定する演算子を選択します。
たとえば、年ごとの平均契約金額 (ACV)
入力:計算のために 2 つの入力を設定しま
を計算するには、契約金額合計 (TCV) 勘
す。各入力について、ノードを選択します。
定と ACV/TCV 比率勘定を掛け合わせま
す。簡易計算ノードを使用してこの計算を
実行し、特定の製品または販売地域に従
って計算結果をフィルタすることができま
減算と除算の場合は、式に記述する場合と
同じ順序で入力を設定します。
出力:計算結果が保存されるリーフ勘定。
す。
10. 必要に応じて、ノードの勘定データにフィルタを適用することができます。ノード詳細パネルのフィルタの横にある
アイ
コンを選択します。
選択されたフィルタダイアログでは、勘定、時間、バージョン以外の各ディメンションのメンバーを選択することができま
す。
たとえば、特定の地域の売上データのみを確認する場合、勘定データに地域によるフィルタを適用することができます。
特定の製品のデータを確認する場合、製品ディメンションのメンバーにフィルタを適用することができます。
フィルタが適用されたノードを、結合ノードまたは計算ノードの入力として使用するときには、フィルタが適用されたメンバ
ーの共通部分が保持されます。つまり、メンバーがすべての入力ノードでフィルタによって除外される場合、そのメンバー
はノードから完全に除外されます。それ以外の場合、そのメンバのデータはノードのすべてのアカウントに含まれます。
11. ノードのデータを表示するには、
(データのリロード) を選択します。
設定が完了している各ノードには、予約済データを含むバリュードライバツリーの時間範囲で各年の値が表示されます。
ダッシュ文字 (-) は未確定データを表します。
12. 重要なノードを強調表示するか異るタイプのノードを識別するために、各ノードに一意のヘッダカラーを設定できます。ノ
ードを選択し、デザイナパネルの書式設定を選択します。ノードの色一覧から色を選択してノードヘッダに適用します。
色つきのノードを選択して、
(ノードスタイルペインティング) を選択し、次に色づけしたい別のノードを選択することに
よって、すばやく同じ色の別のノードを書式設定することができます。
13. 新しいノードを追加するには、
(ノードの追加) を選択します。
14. ステップ 8 ~ 13 を繰り返して後続のノードを設定し、バリュードライバツリーを作成します。
ツリーを作成するときには、ページをクリック & ドラッグしマウスホイールを使用してズームすることによって、ナビゲート
できます。デフォルトでは、バリュードライバツリーのマップが左下隅に表示されます。バリュードライバツリーの表示を変
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
バリュードライバツリー (ベータ機能)
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
111
更するには、マップ内で選択した領域をドラッグします。マップの境界をドラッグして、画面上でのマップの位置を変更する
こともできます。
15. ノードを削除するには、ノードを選択してから
(削除) を選択します。
16. キャンバスの左上隅でバージョン名を選択し、表示されるデータのバージョンを指定することもできます。デフォルトのバ
ージョンは実績です。
モデルで値を追加したり編集したりする場合は、検索を選択してテーブルのモデルデータを表示します。詳細について
は、バリュードライバツリーのモデルデータの検索 [112 ページ] を参照してください。
17.
(保存) を選択します。
結果
ストーリーにバリュードライバツリーを追加して、モデル内のさまざまなバージョンのノード値を分析することができます。
注記
今後のリリースでは、消費タブでバリュードライバツリーの表示をカスタマイズして、ストーリー内で表示しやすくすることが
できるようになる予定です。現在のリリースでは、これらの機能はまだ使用できません。ツリーは、計算タブで設定したよう
に表示されます。
関連情報
キャンバス [122 ページ]
5.2
バリュードライバツリーのモデルデータの検索
バリュードライバツリーを作成するときは、検索ビューを使用して、テーブルビュー内のモデルデータを操作します。
ノード値を追加したり編集したりする場合は、計算タブまたは消費タブで検索を選択します。検索ビューでは、画面が、バリュ
ードライバツリーノードと、モデルデータのあるテーブルに分割されます。
ノードが選択されていない場合、テーブルには、デフォルトの計算期間またはデフォルトの表示期間のいずれかに含まれる、
各年のモデルの勘定が表示されます。カテゴリディメンションも、バリュードライバツリーに表示されているのと同じバージョン
でフィルタされます。
ノードを選択すると、関連する勘定値が表示されます。ノードのソース勘定または出力勘定が行に表示されます。結合ノード
の場合は、各入力ノードの勘定が行に追加されます。
ノードが他のディメンションでフィルタされている場合、これらのディメンションの選択されているメンバーがテーブルの行に追
加されます。
112
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
バリュードライバツリー (ベータ機能)
ストーリー内のテーブルと同様に、テーブルのセルに入力することによって、予約済の値を更新したり、新しい値を登録したり
することができます。モデルデータに対するこういった変更は、データをリロードを選択するとバリュードライバツリーに反映さ
れます。
5.3
バリュードライバツリーの管理
モデラ
バリュードライバツリー (ベータ) を選択して、アクセスできるバリュードライバツリーのリストを表示して管
理できます。
バリュードライバツリーの名前を選択し、表示して編集します。
次のオプションも使用できます。
表 21:
オプション
説明
バリュードライバツリーの名前を検索します。
(検索)
新しいバリュードライバツリーを追加します。
(バリュードライバツリーの登録)
同じモデルに基づいていて同じノードを含む、選択したバリュードライ
(バリュードライバツリーのコピー)
バツリーのコピーを作成します。
選択したバリュードライバツリーを削除します。
(バリュードライバツリーの削除)
選択したバリュードライバツリーの名前または説明を変更します。
(バリュードライバツリーの編集)
ツリー内のノードを変更するには、メインリストでツリーの名前を選択
します。
バリュードライバツリーのリストを更新します。
(リストのリロード)
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
バリュードライバツリー (ベータ機能)
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
113
6
ストーリー
ストーリーは、チャート、ビジュアライゼーション、テキスト、画像、ピクトグラムを使用してデータを説明するプレゼンテーション
形式の文書です。ストーリーを登録するか開くと、ページ、セクション、要素の追加と編集を実行できます。
ストーリーに対して次のようなタスクを実行できます。
タスク
詳細
データの探索
データの概要 [118 ページ]
チャート、テキスト、画像、またはピクトグラムの追加
キャンバス [122 ページ]
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用 [201 ページ]
ストーリーの書式設定
ページの書式設定 [206 ページ]
チャート内のメジャーおよびディメンジョンの並べ替え
メジャーとディメンジョンの並べ替え [143 ページ]
チャートのデータ要素のフィルタリングまたは除外
チャートフィルタ [145 ページ]
チャート内の階層データのドリルスルー
階層データのドリルアップ/ドリルダウン [146 ページ]
ディスカッションへのストーリーの追加
ストーリーのコラボレーション [216 ページ]
PDF に対するストーリーのエクスポート
PDF へのエクスポート [215 ページ]
タスク
ストーリー管理 [115 ページ]
データの概要 [118 ページ]
キャンバス [122 ページ]
テーブル [174 ページ]
関連情報
ストーリーページ [198 ページ]
114
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.1
ストーリー管理
ストーリーは、ストーリーエリアの最初のページで管理できます。ここでストーリーを開き、登録、編集、共有できます。
タスク
新しいストーリーの登録 [115 ページ]
ストーリーの編集 [116 ページ]
ストーリーのコピー [117 ページ]
ストーリーの共有 [117 ページ]
関連情報
ストーリー [114 ページ]
6.1.1 新しいストーリーの登録
新規ストーリーを登録ウィンドウでは、一連の簡単なステップで新しいストーリーを登録できます。
コンテキスト
このウィンドウには、登録した他のストーリーも表示されます。適切なお気に入りに追加アイコン (スター) を選択することで、
どのストーリーがお気に入りであるのかを示すことができます。
手順
1. ストーリーページで、
(新規) を選択します。
新規ストーリーを登録ウィンドウが表示されます。
2. ストーリーのパスを指定します。公開、非公開、またはチームを選択できます。
注記
公開ストーリーはすべてのユーザに表示されます。非公開ストーリーは登録者と、ストーリーを共有するように選択さ
れたユーザに対して表示されます。チームのすべてのメンバーにストーリーを表示するようにすることもできます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
115
3. ストーリーの一意の名称を入力します。
注記
有効な文字は、英数字とアンダースコアです。名称の最初と最後以外の場所であるならば、スペースも使用できます。
4. オプションで説明を入力します。
5. 登録を選択します。
ストーリーが登録されました。データをインポートしページを追加して、ストーリーの処理を開始します。
6. データをインポートしてストーリーで使用します。CSV ファイルまたは Excel ファイルでデータを取り込むことができます。
注記
後の段階でデータビュータブからデータを追加することができます。
7. 1 つ以上のページをストーリーに追加します。
ストーリーページは空白のキャンバスまたはグリッドにすることができます。テーブルやチャートのレイアウトを設定する場
合は空白のキャンバスを追加し、シート上で数値や式を処理する場合はグリッドを追加します。 新しいキャンバスをペー
ジに追加するときには、候補のデータとデータセットが左のパネルに表示されます。データに最も関係のあるビジュアライ
ゼーションを即座に作成して表示するには、候補のデータとデータセットのいずれかを選択します。
次のステップ
注記
ストーリーを登録する別の方法として、CSV ファイルまたは Excel ファイルをホーム画面にドラッグする方法、またはデータ
ビューメニューから新しいデータの追加を選択した後、ファイルのインポートを選択する方法があります。この方法でストー
リーを登録した場合、モデラページには表示されない組込モデルがストーリーに含まれます。
6.1.2 ストーリーの編集
コンテキスト
ストーリーの編集 ダイアログでは、ストーリーの名称と説明を変更できます。
116
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
手順
1. 次のいずれかを実行します。
○ ストーリー管理ウィンドウで、ストーリーのチェックボックスを選択し、編集ウィンドウにアクセスします。
○ ストーリーで、設定 メニューの 編集 を選択します。
2. 名称、説明、またはその両方で変更を行います。
3. 変更を確認します。
6.1.3 ストーリーのコピー
コンテキスト
ストーリーにコピーコマンドを使用すると、ストーリー全体 (すべてのコンテンツ) を新しいストーリーにコピーできます。
手順
1. ストーリー管理ウィンドウで、コピーするストーリーのチェックボックスをオンにして、選択したストーリーをコピーアイコンを
選択します。
2. ストーリーにコピー ダイアログで、新しいストーリーを 公開 するか、非公開 にするかを指定します。
3. ストーリーの一意の名称を入力します。
注記
有効な文字は、英数字とアンダースコアです。名称の最初と最後以外の場所であるならば、スペースも使用できます。
4. オプションで説明を入力します。
5. 設定を保存します。
6.1.4 ストーリーの共有
コンテキスト
共通設定の変更ダイアログにアクセスして、自分のストーリーを共有可能にするユーザを指定します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
117
手順
1. 次のいずれかを実行します。
○ ストーリー管理ウィンドウで、共有するストーリーのチェックボックスを選択し、選択したストーリーを共有 アイコンを選
択します。
○ ストーリーのナビゲーションパネル上部にある 共有 オプションを選択します。
2. 表示されるダイアログで、すべてのユーザと共有することを示すオプションを選択または選択解除するか、ユーザのリスト
にアクセスして、特定の個人を選択または選択解除します。
3. 選択が完了したら、設定を保存します。
6.2
データの概要
データのストーリーの登録を開始するには、エクスプローラでフィルタとチャートを使用します。
エクスプローラにデータがファセットビューで表示され、このビューを操作してストーリーページのチャートを生成することができ
ます。上部のペインでメジャーとディメンションを選択すると、下部のペインにあるビジュアライゼーションがリアルタイムで更新
されます。
個々のメンバーを選択して、ディメンションにフィルタを適用できます。この後すぐ、ビジュアライゼーションが変化し、フィルタ適
用後の結果が表示されます。
このデータ概要モードのほかに、データ操作モードを使用することもできます。データ操作モードでは、メジャーにする列とディ
メンションにする列の指定など、単純なデータ準備を実行できます。
注記
データ操作モードを使用できるのは、Excel ファイルをホーム画面にドラッグしてデータを取得した場合、またはデータビュ
ーメニューから新しいデータの追加を選択した後にファイルのインポートを選択してデータを取得した場合に限られます。
6.2.1 エクスプローラへのアクセス
エクスプローラにアクセスして、データのストーリーの登録を開始することができます。
手順
1. SAP BusinessObjects Cloud のホーム画面から、データの概要を選択します。
注記
チャートなどのオブジェクトをホーム画面に固定すると、データの概要ショートカットが表示されなくなります。この場合
は、ステップ 2 に記載された代替手段のいずれかを使用して、エクスプローラにアクセスします。
118
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
2. 既存のデータを選択して既存モデルからデータを追加するか、ファイルのインポートを選択してソースファイルからデータ
をインポートするか、Google ドライブに接続を選択して Google ドライブに保存したファイルからデータをインポートしま
す。
新しいストーリーが登録され、データがエクスプローラに表示されます。
エクスプローラにアクセスするための代替手段を以下に示します。
○ メインメニューからストーリーを選択した後、既存のストーリーを開くか、新規のストーリーを登録します。ストーリーで
作業している間はいつでも、データビューを選択してエクスプローラを開き、ページを選択してストーリーページに戻
ることができます。
○ Excel ファイルをホーム画面にドラッグして、最もよく使用する項目を表示オプションを選択します。新しいストーリー
に含まれるデータがエクスプローラに表示されます。
○ Excel ファイルをホーム画面にドラッグして、データセットの準備オプションを選択します。データがデータ操作モード
(
) でエクスプローラに表示されます。データを準備したら、データ概要モード (
) に切り替えることができます。
エクスプローラでデータがファセットビューに表示され、そのビューの下がビジュアライゼーション領域になります。エクス
プローラの初期ビューには、データの表示/非表示リストで選択されたディメンションと、ストーリーのビジュアライゼーショ
ンに含まれる他のディメンションが表示されます。新しいストーリーを登録している場合は、メジャーのみが初期ビューに
表示されます。ディメンションをエクスプローラに追加するには、
(ディメンション追加) または
(ディメンジョンの表
示または非表示) を選択します。
3. ファセットパネルでメジャーとディメンションを選択してビジュアライゼーションに追加するか、または個々のメンバーを選択
してディメンションをフィルタします。
ディメンションメンバーを検索して見つけることができます。ファセットパネルでディメンション名にマウスポインタを合わせ
てから、
(検索) を選択して検索バーを表示します。注記: ファセットパネルでの検索は、日付タイプのディメンションで
はサポートされません。
ファセットパネルでは、メンバーに関する追加情報も表示できます。ファセットパネルでディメンション名にマウスポインタを
合わせ、
(別のインタラクションにアクセス) アイコンを選択してから、メジャーの表示を選択します。
○ 分析ビューデータセットの場合、回数を選択して、メンバーがディメンションに表示される回数を選択できます。また
は、リストからメジャーを選択し、各ディメンションのメジャーの合計を表示することもできます。
○ 計画モデルの場合、勘定を選択し、各ディメンションメンバーの選択されたメジャーの合計を表示します。
回数または合計を表示する場合、その情報でディメンションをソートすることもできます。ファセットパネルでディメンション
名にマウスポインタを合わせ、
(別のインタラクションにアクセス) アイコンを選択してから、大きい順にソートまたは小
さい順にソートを選択します。
注記
フラットディメンションのみをソートできます。階層ディメンション (計画モデルに属するディメンションや、分析ビューデー
タセットで定義される階層ディメンションなど) のディメンション値をソートすることはサポートされていません。
メンバーの選択で、メンバーをビジュアライゼーションに含めるか、除外するかを選択することができます。デフォルトで
は、選択されたメンバーはビジュアライゼーションに含まれますが、除外する場合、ファセットパネルでディメンション名に
マウスポインタを合わせ、
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
(別のインタラクションにアクセス) アイコンを選択してから、除外を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
119
4. 推奨されるビジュアライゼーションタイプが適切でない場合、データでサポートされる任意のタイプに変更することができ
ます。ビジュアライゼーションに問題がない場合は、そのビジュアライゼーションをストーリー内のページにコピーできま
す。
ビジュアライゼーション設定を消去して再開する場合、ビジュアライゼーション領域で
アイコンを選択し、チャートの消
去を選択します。すべてのメジャー、ディメンション、およびメンバーの選択が解除され、ソート順が昇順にソートにリセット
され、フィルタ選択モードが含むにリセットされます。ただし、非表示のディメンションはすべて非表示のままとなります。
5. データ準備を実行する場合は、データ操作モード (
) に切り替えます。
○ データ操作モードで変更を行う場合、データ概要モード (
) で行った以前の選択はクリアされます。
○ データ操作モードは、データファイルをホーム画面にドラッグ (最もよく使用する項目を表示またはデータセットの準
備ワークフローを使用) して取得したデータセット、またはデータの追加ダイアログでファイルのインポートを選択して
取得したデータセットのみで使用できます。
6.2.2 ガイド付マシンディスカバリ
ガイド付マシンディスカバリは、データを統計モデルにマッピングすることで生成される 3 つの結果であり、データセット内にあ
る列の間の新しい関係または未知の関係を見つけるために使用されます。
SAP BusinessObjects Cloud では、ユーザが実行するよう選択したマシンディスカバリの形式に応じて、異なる統計技法が
使用されます。たとえば、データセット内のメジャーまたはディメンションに対してディスカバリを実行するように選択して、ディ
スカバリのフォーカスに対するインフルエンサ、各インフルエンサ間の相互関係、主要メンバーまたは値範囲を確定することが
できます。また、ガイド付分析では、重要な関係や洞察的な関係がデータに存在しない場合に、アラートが発行されます。
ディスカバリは、ストーリーを操作するユーザによって主導されます。特定のディメンションまたはメジャーを分析から除外した
り、特定のディメンションメンバーにフォーカスを当てたり、インフルエンサの一覧から関係を表示したりすることができます。結
果は新しいページまたは既存のページに貼り付けできます。組織内でインサイトを共有することで、アクションを実行できま
す。
6.2.2.1
マシンディスカバリの実行
マシンディスカバリを実行すると、ストーリーのデータセット内にある特定のディメンションまたはメジャーに対する基礎変数の
影響を把握できます。
前提条件
マシンディスカバリを実行するには、予測アナリストのロールとライセンスが必要です。
120
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
コンテキスト
探索するデータセットを含むストーリーを登録するか開いた後で、マシンディスカバリを開始します。
手順
1. 新しいストーリーを登録するか開いて、ディスカバリの実行対象とするデータセットを追加します。
2. データビューで
(新規マシンディスカバリ) タブを選択します。
使用可能なすべてのメジャー列とディメンション列がデータビューに表示されます。
特定の列 (メジャーまたはディメンション) をディスカバリの対象から除外できます。データセットから除外する列のエントリ
を強調表示して、対応するボックスの選択を解除します。ディスカバリ分析に含まれないすべての列は、取り消し線が入
ったテキストとして表示されます。
3. ディスカバリの実行対象とする 1 つのディメンションまたはメジャーを選択します。
ディスカバリは開始時点のデータから実行され、データが変わっても、自動的には再実行されません。
○ メジャーを選択した場合は、右側のパネルの実行ボタンを選択します。
○ ディメンションを選択した場合は、[分類グループ] ダイアログが表示され、ディメンションのすべてのメンバーがその
他のグループ列の下に列挙されます。ディスカバリの焦点とするすべてのメンバーを [ターゲットグループ] 列にドラ
ッグし、OK を選択して続行します。右側のパネルの実行ボタンを選択します。
ディスカバリが十分なクォリティとみなされる場合は、主要なインフルエンサのリストが (最大から最小の順にランク付けさ
れて) 表示されます。ディスカバリのインサイトクォリティが不十分または低いとみなされる場合は、警告メッセージが表示
されます。データビューに戻って、ディスカバリの実行対象とする別のディメンションまたはメジャーを選択するか、あるい
は現在のディスカバリの結果を引き続き表示することができます。
4. 表示されたインフルエンサのリストから 1 つまたは 2 つのエントリを選択し、回帰分析または分類分析の結果を示すチャ
ートを表示します。
1 つのインフルエンサのみを選択した場合は、チャートが更新され、選択したインフルエンサと分析されたメジャーまたは
ディメンションとの間の関係に関する情報が表示されます。2 つのインフルエンサを選択した場合は、最初に選択したイン
フルエンサの情報が上部のチャートに表示され、2 つのインフルエンサの組合せに関する情報が下部の 2 つのチャート
に表示されます。
結果
ディスカバリ結果の分析が完了したら、ディスカバリのチャートを既存のキャンバスページまたは新しいキャンバスページにコ
ピー & ペーストできます。
注記
ディスカバリから既存のページまたは新しいページにコピー & ペーストされたすべてのチャートは、参照専用モードになり、
編集または変更することはできません。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
121
6.3
キャンバス
キャンバスは、データを探索したり表示したりできる柔軟な領域です。追加メニューでは、ストーリーのキャンバスページにタイ
ルを追加できます。タイルとは、チャート、ビジュアライゼーション、テキスト、画像、ピクトグラムなどです。ストーリーをよく表す
ために、キャンバスの周囲でタイルの移動やサイズ変更を実行できます。
表 22:
タイル
用途
チャート
モデルから新しいチャートを登録す
る、ストーリーに保存されたチャート
を選択する、またはギャラリーからス
トーリーへチャートを追加することが
できます。
固定されたビジュ
ストーリーに固定されたビジュアライ
アライゼーション
ゼーションを追加できます。
テーブル
表形式ビューで表示される選択モデ
ルから、整理されたデータ表示を追
加することができます。
地理マップ
ビジネスデータにオーバーレイされ
た地理マップをストーリーに追加し
て、地理空間分析を実行することが
できます。
画像
使用できる画像を選択するか、また
はユーザのコンピュータから新しい
画像をアップロードできます。
.jpg、.jpeg、.png、また
は .gif ファイルを追加するには、
ローカル画像
追加
を選択し
ます。
ピクトグラム
テーマ別に分類された図形、アイコ
ン、シンボルを追加するか、またはユ
ーザのコンピュータから新しいピクト
グラムをアップロードできます。
テキスト
コメントまたは関連する情報を記述
するために、ストーリーにテキストブ
ロックを追加できます。
122
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
タイル
用途
RSS リーダ
RSS リーダをストーリーに追加する
と、データやビジュアライゼーションと
ともに RSS フィードから関連記事を
表示できます。
入力コントロール
選択チェックボックスまたはラジオボ
タンを使用して、ストーリーにフィルタ
値を追加できます。
バリュードライバツ
予測、予算管理、意思決定を行う際
リー (ベータ)
に役立つように、ストーリーにバリュ
ードライバツリーを追加できます。
タスク
地理データの分析 [160 ページ]
カスタムピクトグラムのアップロード [167 ページ]
ストーリーへの動的テキストの追加 [167 ページ]
RSS リーダの追加 [168 ページ]
リンク済みディメンションの登録 [198 ページ]
リンク済みディメンションの編集 [200 ページ]
ストーリーフィルタとページフィルタ [200 ページ]
適切なチャートタイプの選択 [124 ページ]
チャートまたはデータの検査 [205 ページ]
デザイナパネル [206 ページ]
ページの書式設定 [206 ページ]
タイルの書式設定 [207 ページ]
グループの登録と書式設定 [210 ページ]
別のページ、ストーリー、または外部 URL へのリンク [170 ページ]
チャートのスケーリング [171 ページ]
リンクされた分析の登録 [172 ページ]
ストーリーのプレビュー [215 ページ]
PDF へのエクスポート [215 ページ]
関連情報
チャート [124 ページ]
テーブル [174 ページ]
バリュードライバツリー [173 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
123
6.3.1 チャート
キャンバスページでチャートを登録するには、デザイナパネルのビルダタブを使用します。
チャートのデータはチャートの登録時に選択したモデルに基づいています。ビルダタブでは、チャートタイプを選択してから、チ
ャートに表示するメジャーとディメンションを指定できます。チャートの構造の定義が完了したら、参照明細またはフィルタをチ
ャートに追加できます。
カラーパレットをカスタマイズすることもできます。ビルダタブで、カラーピッカーの下矢印を選択してから、パレット追加を選択
します。新規パレット登録ダイアログで、カラーセレクタを選択してから、パレット用のカスタム色を定義します。最大 9 個のカ
スタムカラーセレクタを管理できます。カスタムカラーパレットはストーリー内の複数のチャートで再利用できます。
タスク
適切なチャートタイプの選択 [124 ページ]
チャートフィルタ [145 ページ]
6.3.1.1
適切なチャートタイプの選択
分析に最適なチャートタイプを見つけます。
前提条件:キャンバスへの空のチャートの追加
ストーリーにチャートを追加するには、次の手順を実行します。
1. ストーリーを起動したら、キャンバスの追加を選択します。
2. キャンバスにオブジェクトを追加が表示されたら、チャートを選択します。
3. 既存のデータソースを選択してから、OK をクリックします。
ビルダタブのチャート構造セクションからチャートタイプを選択できるようになりました。
適切なチャートタイプの選択
一部のチャートタイプでは、特定の数のメジャーまたはディメンジョンが必要で、誤ったパラメータを使用していると、機能する
ことも正しい結果を返すこともありません。たとえば、テーブルチャートでは、値領域に少なくとも 1 つのメジャーが必要です。
また、吹き出しチャートでは、3 つの各パラメータに少なくとも 1 つのメジャーが必要です。
124
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
表 23: 各種の分析で使用されるチャート
分析方法
候補チャートタイプ
比較
●
値の相違を比較したり、カテゴリで分類され
●
縦棒と折れ線の組合せ
たメジャー間を単純に比較して示します。
●
積上縦棒と折れ線の組
比較チャート [126 ページ]のパラメータを参
照してください。
棒/縦棒
使用例
●
棒/縦棒チャートを使用して、国別の売上の相違を比較
します。
●
積上棒/縦棒チャートを使用して、少なくとも 3 つのデ
合せ
ータ系列 (例: 2013 年、2014 年、2015 年の売上) を
●
積上棒/縦棒
表します。各データ系列は、単一の棒に積み上げられ
●
ウォーターフォール
た色によって表されます。
●
ウォーターフォールチャートを使用して、一連の中間増
加値または中間減少値によって初期値がどのような影
響を受けるかを理解します。
初期値と最終値はベースラインに追加された列によっ
て表されるのに対して、中間値は浮動列によって表さ
れます。列は、色分けされて、増加値、減少値、合計値
を示します。
トレンド
●
面
●
データ値 (特に年単位など時間に基づくディ
●
折れ線
ツ、中国、イタリアなど) について、売上合計に対する比
メンジョンについて) のトレンドを示すか、ま
●
トレンド時系列
率を表示します。
●
たはデータの推移と可能性のあるパターン
面チャートを使用して、特定の数の地域 (カナダ、ドイ
折れ線チャートを使用して、数年の範囲にわたり、ある
製品の売上のトレンドを表示します。
について示します。
トレンドチャート [126 ページ]のパラメータを
参照してください。
分布
●
ボックスプロット
複数のグループ間またはデータセット間の分
●
ヒートマップ
布を示します。
●
レーダー
●
ツリーマップ
相関
●
吹き出し
複数の値の間の関係を示すか、複数のメジ
●
クラスタバブル
ャー値を比較します。
●
分布チャート [126 ページ]のパラメータを参
●
ボックスプロットチャートを使用して、地理的地域別の年
間売上の要約を示した後、各国別の売上の分布と範囲
を示すボックスをプロロットします。
●
レーダーチャートを使用して、暦年内の各部門の売上
を表示します。
照してください。
たとえば、2 つのメジャー間の相関を示すこ
●
吹き出しチャートを使用して、特定の地域で販売された
製品の数を表示します。吹き出しが大きいほど、その地
域で販売された製品の数が多くなります。
散布図
●
散布図チャートを使用し、トレンドを確定するために広
範囲のデータを表示します。
とで、最初のメジャーが 2 番目のメジャーに
及ぼす影響について知ることができます。
相関チャート [128 ページ]のパラメータを参
照してください。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
125
分析方法
候補チャートタイプ
使用例
KPI
●
ビュレット
●
以前に定義した KPI をチャートに表示しま
●
数値ポイント
パーセントなど、その他のオプション
●
ドーナツチャート
その他のチャート [129 ページ]のパラメータ
●
マリメッコ
の割合 (%)、または全体に対する比率値が表示されま
を参照してください。
●
円チャート
す。
●
テーブル
ビュレットチャートを使用して、四半期における組織の
収益実績を表示します。
す。
KPI チャート [129 ページ]のパラメータを参
照してください。
●
円チャートとドーナツチャートには、全体に対する部分
凡例には、割合 (%) と合計値が表示されます。
●
マリメッコチャートでは、可変の高さと可変の列幅を使
用してデータを表します。
●
テーブルチャートタイプは、少ない数のデータポイントの
みを使用できます。数多くのデータポイントを使用する
必要がある場合は、代わりにストーリーページ上にテー
ブルを作成してください。テーブルの詳細については、
テーブル [174 ページ]を参照してください。
比較チャートのパラメータ
次の表に、特定のチャートタイプに最小限 (1+) または最大限 (1) 必要なメジャーまたはディメンション、および任意 (0+) のパ
ラメータと適用不可 (NA) のパラメータの区別を示します。
表 24: 棒/縦棒チャートまたはウォーターフォールチャート
メジャーまたはディメンシ
パラメータ
棒/縦棒
積上棒/縦棒
ウォーターフォール
メジャー
メジャー
1+
1+
1+
ディメンション
ディメンション
0+
1+
0+
色
0+
1+
0+
トレリス
0+
0+
NA
ョン
表 25: 比較チャートのパラメータ
2 番目の軸を使用しない場合、折れ線情報は表示されません。
メジャーまたはディメンション
パラメータ
縦棒と折れ線の組合せ
積上縦棒と折れ線の組合せ
メジャー
列Y軸
1+
1+
行Y軸
0+
0+
126
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
メジャーまたはディメンション
パラメータ
縦棒と折れ線の組合せ
積上縦棒と折れ線の組合せ
ディメンション
ディメンション
1+
1+
色
0+
0+
トレリス
0+
0+
チャートの概要 [124 ページ]に戻ります。
トレンドチャートのパラメータ
次の表に、特定のチャートタイプに最小限 (1+) または最大限 (1) 必要なメジャーまたはディメンション、および任意 (0+) のパ
ラメータと適用不可 (NA) のパラメータの区別を示します。
表 26: 面チャートまたは折れ線チャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
面
折れ線
メジャー
メジャー
1+
NA
左Y軸
NA
1+
右Y軸
NA
0+
ディメンション
0+
1+
色
0+
0+
トレリス
0+
0+
ディメンション
表 27: トレンド時系列
メジャーまたはディメンション
パラメータ
トレンド時系列
メジャー
メジャー
1+
ディメンション
時間
1+
色
0+
チャートの概要 [124 ページ]に戻ります。
分布チャートのパラメータ
次の表に、特定のチャートタイプに最小限 (1+) または最大限 (1) 必要なメジャーまたはディメンション、および任意 (0+) のパ
ラメータと適用不可 (NA) のパラメータの区別を示します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
127
表 28: ボックスプロットまたはレーダーチャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
ボックスプロット
レーダー
メジャー
メジャー
1+
1+
ディメンション
集約レベル
1+
NA
ディメンション
0+
1+
色
0+
1+
トレリス
0+
0+
表 29: ヒートマップチャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
ヒートマップ
メジャー
色
1+
ディメンション
X軸
1+
Y軸
0+
トレリス
0+
メジャーまたはディメンション
パラメータ
ツリーマップ
メジャー
サイズ
1
ディメンション
ラベル
1
トレリス
0+
表 30: ツリーマップチャート
チャートの概要 [124 ページ]に戻ります。
相関チャートのパラメータ
次の表に、特定のチャートタイプに最小限 (1+) または最大限 (1) 必要なメジャーまたはディメンション、および任意 (0+) のパ
ラメータと適用不可 (NA) のパラメータの区別を示します。
表 31: 吹き出しチャートと散布図チャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
吹き出し
散布図
メジャー
X軸
1
1
Y軸
1
1
128
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
メジャーまたはディメンション
ディメンション
パラメータ
吹き出し
散布図
サイズ
1
NA
ディメンション
0+
1+
色
0+
0+
トレリス
0+
0+
表 32: クラスタバブルチャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
クラスタバブル
メジャー
メジャー
1
ディメンション
ディメンション
1
色
1
トレリス
0+
チャートの概要 [124 ページ]に戻ります。
KPI チャートのパラメータ
次の表に、特定のチャートタイプに最小限 (1+) または最大限 (1) 必要なメジャーまたはディメンション、および任意 (0+) のパ
ラメータと適用不可 (NA) のパラメータの区別を示します。
表 33: KPI チャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
ビュレット
数値ポイント
メジャー
メジャー
1+
1+
ディメンション
ディメンション
1+
NA
色
0+
NA
トレリス
NA
0+
チャートの概要 [124 ページ]に戻ります。
その他のチャートのパラメータ
次の表に、特定のチャートタイプに最小限 (1+) または最大限 (1) 必要なメジャーまたはディメンション、および任意 (0+) のパ
ラメータと適用不可 (NA) のパラメータの区別を示します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
129
表 34: ドーナツチャートまたは円チャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
ドーナツ
円
メジャー
メジャー
1
1
ディメンション
色
1+
1+
トレリス
0+
0+
表 35: マリメッコチャート
メジャーまたはディメンション
パラメータ
マリメッコ
メジャー
メジャー
1+
ディメンション
ディメンション
1
色
0+
トレリス
0+
メジャーまたはディメンション
パラメータ
テーブル
メジャー
メジャー
1+
ディメンション
行
0+
列
0+
色
0+
表 36: テーブルチャート
チャートの概要 [124 ページ]に戻ります。
関連情報
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
6.3.1.2
メジャーとディメンションの選択
チャートタイプを選択した後、チャートの各領域に表示するメジャーとディメンションを選択します。メジャーとディメンションは、
チャートの登録時に選択したモデルのデータに基づいて選択します。
チャートに対して複数のメジャーと複数のディメンジョンを選択できます。メジャーまたはディメンションが階層の一部であるとき
は、ディメンションを展開して、その子ディメンションを選択できます。メジャーとディメンジョンにフィルタを適用することもできま
す。ビルダタブで選択を行うのに連動して、チャートが更新されます。
130
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
メジャー入力コントロール
メジャー入力コントロールを使用して、表示時にチャートに表示されるメジャーを変更します。チャートに変更を行ったり、チャ
ートビルダを使用したりする必要はありません。
1. チャートタイプを選択します。
2. メジャーパラメータからメジャー選択を選択し、クリックしてメジャー入力コントロールを登録を選択します。
3. ダイアログで、入力コントロールに追加するメジャーを選択します。
すべてのメンバーを選択すると、すべてのメンバーが入力コントロールに追加されます。任意のメンバー階層で最上位ノ
ードを選択すると、そのノードと下位のノードのすべてのメンバーが入力コントロールに追加されます。
4. (任意) 入力コントロールの名称を指定します。
5. 完了したら、OK を選択します。
メジャー入力コントロールがキャンバスに追加されます。コントロールから任意のメジャーを選択することができ、チャートが自
動的に更新されます。
注記
チャートタイプで負の値が許可されておらず、負の値が含まれるメジャーを選択した場合、チャートが更新されず、警告が
表示されます。
関連情報
適切なチャートタイプの選択 [124 ページ]
6.3.1.3
チャートでのディメンション情報の表示
チャートに、ディメンションの説明、ID、ID および説明を表示します。
コンテキスト
ディメンション情報の表示方法を変更すると、対応する軸ラベル、凡例、またはツールヒントが更新されます。更新された表示
は、チャートタイプを変更しても保持されます。
チャートからディメンションを削除すると、情報の表示はデフォルト設定に戻ります。
手順
1. チャートを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
131
2. デザイナパネルで、ビルダタブを開きます。
3. 目的のディメンションラベルにカーソルを移動してから、
(表示形式) をクリックします。
4. 次のいずれかのオプションを選択します。
○ 説明
○ ID
○ ID および説明
結果
チャート内のラベルとツールヒント情報が更新されます。
6.3.1.4
計算エディタ
計算エディタでは、チャートで使用する計算を登録できます。
計算メジャー、制限メジャー、差異、および集計などの、いくつかの計算タイプがサポートされます。
計算では入力コントロールを使用できます。入力コントロールは計算に対して可変の入力を提供するため、元のデータまたは
式を変更しなくても、計算の結果に影響を与えることができます。たとえば、税率の増加 (1%、2%、3% など) の影響を表示
できます。入力コントロールをキャンバスに追加した後で、入力コントロールの書式を設定できます。
タスク
計算メジャーの登録 [133 ページ]
制限メジャーの登録 [135 ページ]
差異の計算 [137 ページ]
集計の登録 [139 ページ]
計算の編集 [141 ページ]
計算の書式設定 [142 ページ]
132
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.1.4.1
計算メジャーの登録
計算エディタを使用して、計算メジャーを登録できます。
前提条件
チャートが選択されている必要があります。
コンテキスト
計算メジャーでは、データに対して数学演算とブール演算を実行できます。たとえば、計算メジャーを使用すると、20% の売
上増加が利益に与える影響をチャートで表現できます。
手順
1. 計算エディタを開きます。エディタにアクセスするには 2 つの方法があります。
○ ビルダタブで、
メジャーの選択または別のメジャーの追加
○ 構造の横にあるビルダタブで、
計算
クリックして新規計算を登録 を選択します。
(データの追加) を選択し、計算の下のリストで、クリックして新規計算を登録を選
択します。
注記
チャートタイプまたはモデルで計算を実行できない場合は、新規計算を登録するオプションが表示されないことがあり
ます。
計算エディタが表示されます。
2. 計算の名前を入力します。
3. 式の編集領域に式を入力します。
式関数リストのオプションを選択することで、プリセット関数、条件、演算子を追加できます。既存の入力コントロールは利
用可能オブジェクトリストに表示され、式に追加できます。式エディタではオートコンプリートと、次のショートカットがサポ
ートされます。
○ [ - すべてのメジャーを返します。
○ # - すべての計算を返します。
○ @ - すべての入力コントロールを返します。
4. (任意) 入力コントロールを登録します。
a. 入力コントロールで新規登録を選択します。
b. 入力コントロールの名前を入力します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
133
c. 既存のディメンションまたは静的一覧を選択します。
表 37:
オプション
説明
既存のディメンション
モデルを選択し、ディメンションを選択してから、クリックして値
を追加を選択します。
使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメン
バーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべてのメン
バーが制限メジャーに適用されます。
(検索) を使用して、
特定の値を見つけることができます。検索アイコンの側のリスト
を展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照で
きます。
(任意) トークンコントロールセクションで、表示者によるフィルタ
変更を許可を選択し、入力コントロールで表示者が単一選択ま
たは複数選択のどちらを行うことができるかを選択します。
クリックして値を追加を選択します。カスタム LOV の値を選択
静的一覧
ダイアログが表示されます。
カスタムメンバー領域に値を追加し、選択メンバーの更新を選
択してから、設定を選択します。
d. OK を選択します。
登録した入力コントロールが利用可能オブジェクトに表示されます。
e. 入力コントロールを選択して式に追加します。
5. フォーマットを選択して、式が有効であるかどうかを確認します。
6. OK を選択します。
結果
入力した式に基づいて、メジャーが登録されます。式で入力コントロールを使用している場合は、入力コントロールがキャンバ
スに表示されます。
キャンバス上で、入力コントロールは
(式) アイコンで示されます。アイコンにマウスポインタを合わせると、入力コントロー
ルに関連するすべての計算が表示されます。デフォルトでは、入力コントロールはトークンモードで表示されます。トークンモ
ードでは、ドロップダウンリストから入力値を選択できます。入力コントロールはウィジェットモードに展開できます。ウィジェット
モードでは、個々の値の横にラジオボタンが表示されます。
関連情報
計算エディタ [132 ページ]
134
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
制限メジャーの登録 [135 ページ]
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
6.3.1.4.2
制限メジャーの登録
計算エディタを使用して、制限メジャーを登録できます。
前提条件
チャートが選択されている必要があります。
注記
制限メジャーは、一定値や詳細計算からは登録できません。
コンテキスト
制限メジャーでは、メジャー内の選択した値のみを使用できます。同じチャート内で単一の値を他の複数の値と比較する場合
などは、制限メジャーが有用になります。たとえば、オーストラリアのすべての予算を記録したメジャーを登録して、他の諸国
の予算とオーストラリアの予算を並列比較することができます。
手順
1. 計算エディタを開きます。エディタにアクセスするには 2 つの方法があります。
○ ビルダタブで、
メジャーの選択または別のメジャーの追加
○ 構造の横にあるビルダタブで、
計算
クリックして新規計算を登録 を選択します。
(データの追加) を選択し、計算の下のリストで、クリックして新規計算を登録を選
択します。
注記
チャートタイプまたはモデルで計算を実行できない場合は、新規計算を登録するオプションが表示されないことがあり
ます。
計算エディタが表示されます。
2. リストから制限メジャーを選択します。
3. 制限メジャーの名前を入力します。
4. (任意) 一定の選択を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
135
一定の選択が無効化されている場合、制限メジャーの値は、チャート、ページ、ストーリーフィルタ、およびカテゴリ軸の値
によって影響を受けます。これはデフォルト設定です。
一定の選択が有効化されている場合、制限メジャーの値は計算エディタで指定した値によって決定され、一定になりま
す。複数の異なる値と単一の値を比較する場合は、一定の選択を有効化するほうが有用です。たとえば、2012 年の売
上高に対して制限メジャーを登録した後、同じチャート内で他のすべての年の売上高と 2012 年の売上高を比較できま
す。
注記
一定の選択が有効化されている場合でも、プロンプトは考慮されます。
5. メジャーセクションで、リストからメジャーを選択します。
6. ディメンションセクションで、集計を適用する 1 つまたは複数のディメンションを選択します。
(追加) を使用して、新しいディメンションを追加します。
7. 各ディメンションの横にあるディメンション値または入力コントロールで、クリックして値を選択を選択した後、リストからオ
プションを選択します。
オプション
説明
メンバー別 使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメンバーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべて
に選択
のメンバーが制限メジャーに適用されます。
(検索) を使用して、特定の値を見つけることができます。検索アイコンの
側のリストを展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照できます。
選択したメンバーは選択メンバーリストに表示されます。
範囲別に
選択
範囲の開始値と終了値を入力します。別の範囲を制限メジャーに追加するには、新しい範囲の追加を選択します。
注記
このオプションは、ディメンションの値が数値または日付に基づく場合にのみ表示されます。ディメンションが日付に基
づく場合は、表示されるスライダから、四半期、月、または年を選択することもできます。
新しい計
入力コントロール名を入力してから、クリックして値を追加を選択します。
算入力コン
トロールを 使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメンバーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべて
登録
のメンバーが制限メジャーに適用されます。
(検索) を使用して、特定の値を見つけることができます。検索アイコンの
側のリストを展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照できます。
(任意) トークンコントロールセクションで、表示者によるフィルタ変更を許可を選択し、入力コントロールで表示者が単一
選択または複数選択のどちらを行うことができるかを選択します。
8. OK を選択します。
結果
選択したメンバーのみを含むメジャーが登録されます。登録した入力コントロールはキャンバスに表示され、入力コントロール
の計算エディタに列挙されます。入力コントロールは計算メジャーでも使用できます。
136
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
キャンバス上で、入力コントロールは
(式) アイコンで示されます。アイコンにマウスポインタを合わせると、入力コントロー
ルに関連するすべての計算が表示されます。デフォルトでは、入力コントロールはトークンモードで表示されます。トークンモ
ードでは、ドロップダウンリストから入力値を選択できます。入力コントロールはウィジェットモードに展開できます。ウィジェット
モードでは、個々の値の横にラジオボタンが表示されます。
関連情報
計算エディタ [132 ページ]
計算メジャーの登録 [133 ページ]
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
6.3.1.4.3
差異の計算
2 つの期間におけるメジャー間の差異を確定できます。
前提条件
チャートが選択されている必要があります。チャートのデータソースに時間ディメンションが存在する必要があります。
コンテキスト
差分集計では、開始日付と目標日付との間の差異が、開始日付の前または後の指定した数の期間から計算されて表示され
ます。たとえば、2015 年 2 月の売上と、その 6 ヶ月前の売上を比較できます。
手順
1. 計算エディタを開きます。エディタにアクセスするには 2 つの方法があります。
○ ビルダタブで、
メジャーの選択または別のメジャーの追加
○ 構造の横にあるビルダタブで、
計算
クリックして新規計算を登録 を選択します。
(データの追加) を選択し、計算の下のリストで、クリックして新規計算を登録を選
択します。
注記
チャートタイプまたはモデルで計算を実行できない場合は、新規計算を登録するオプションが表示されないことがあり
ます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
137
計算エディタが表示されます。
2. リストから差分を選択します。
3. 計算の名前を入力します。
4. メジャーセクションで、リストからメジャーを選択します。
5. 現在の値または入力コントロールセクションで、時間値の選択を選択し、リストからオプションを選択します。
オプション
説明
メンバー別に
選択
使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメンバーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべ
てのメンバーが制限メジャーに適用されます。
(検索) を使用して、特定の値を見つけることができます。検索アイ
コンの側のリストを展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照できます。
選択したメンバーは選択メンバーリストに表示されます。
新しい計算入
力コントロー
ルを登録
入力コントロール名を入力してから、クリックして値を追加を選択します。
使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメンバーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべ
てのメンバーが制限メジャーに適用されます。
(検索) を使用して、特定の値を見つけることができます。検索アイ
コンの側のリストを展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照できます。
(任意) トークンコントロールセクションで、表示者によるフィルタ変更を許可を選択し、入力コントロールで表示者が単
一選択または複数選択のどちらを行うことができるかを選択します。
この値は差分を計算するための開始日付として使用されます。
6. 差分セクションで、前または後を選択します。
前を選択した場合は、開始日付と過去の期間との差異が計算されます。後を選択した場合は、開始日付と将来の期間と
の差異が計算されます。
7. N 期間セクションに、期間を入力します。
期間は離散値でなければなりません。これは開始日付の前または後の期間数であり、値の比較対象となります。この期
間はデータソースに含まれる時間粒度のうち、現在の日付の最小時間粒度です。たとえば、期間として年、四半期、月を
指定できます。
注記
サポートされている最小の期間は月です。
8. 任意: 割合として計算を選択します。
a. 次で除算セクションで、基準値または N 期間の値を選択します。
基準値は開始日付におけるメジャーの値です。N 期間の値は目標日付におけるメジャーの値です。
関連情報
計算エディタ [132 ページ]
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
138
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.1.4.4
集計の登録
計算エディタを使用して、集計を登録できます。
前提条件
チャートが選択されている必要があります。データソースにキー数値が含まれている必要があります。
注記
● 集計がサポートされているのは、ローカル SAP HANA モデルのみです。リモート接続はサポートされていません。
● 既存の集計を使用して別の集計を登録することはできません。
コンテキスト
計算は、合計、計数、平均などの集計から登録することもできます。集計の登録時には、どのような場合に集計が適用される
かと、集計を適用するために必要な条件を選択することもできます。たとえば、店舗が特定の製品を取り扱うときに、店舗ごと
の販売数をカウントする集計を登録することができます。
手順
1. 計算エディタを開きます。エディタにアクセスするには 2 つの方法があります。
○ ビルダタブで、
メジャーの選択または別のメジャーの追加
○ 構造の横にあるビルダタブで、
計算
クリックして新規計算を登録 を選択します。
(データの追加) を選択し、計算の下のリストで、クリックして新規計算を登録を選
択します。
注記
チャートタイプまたはモデルで計算を実行できない場合は、新規計算を登録するオプションが表示されないことがあり
ます。
計算エディタが表示されます。
2. リストから集計を選択します。
3. 集計名を入力します。
4. 集計タイプを選択します。
次の集計タイプがサポートされています。
○ 合計: 選択したすべてのディメンションの合計です。
○ 数: 選択したディメンションの数です。値が空のディメンションはカウントされません。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
139
○ 数ディメンション: 選択したディメンションの数です。値が空のディメンションがカウントされます。
○ 平均: 選択したディメンション値の平均です。
○ 最小: 選択したディメンションに含まれる最小値です。
○ 最大: 選択したディメンションに含まれる最大値です。
5. メジャーセクションで、リストからメジャーを選択します。
注記
数ディメンションではメジャーを選択する必要はありません。
6. 集計ディメンションセクションで、集計を割り当てる 1 つまたは複数のディメンションを選択します。
(追加) を使用して、新しいディメンションを追加します。
7. (任意) 条件付き集計を使用を選択します。
条件付き集計を使用すると、どのような場合に集計が適用されるかと、集計を適用するために必要な条件を指定すること
ができます。
注記
条件付き集計は数ディメンションには適用できません。
a. 集計する場合セクションで、ディメンションに条件のメジャー値がある、またはディメンションに条件のメジャー値がな
いを選択します。
b. 条件セクションのディメンションで、条件を割り当てる 1 つまたは複数のディメンションを選択します。
(追加) を使用して、新しいディメンションを追加します。
c. 各ディメンションの横にあるディメンション値または入力コントロールで、クリックして値を選択を選択した後、リストか
らオプションを選択します。
表 38:
オプション
メンバー別に選択
説明
使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメン
バーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべてのメン
バーが制限メジャーに適用されます。
(検索) を使用して、
特定の値を見つけることができます。検索アイコンの側のリスト
を展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照で
きます。
選択したメンバーは選択メンバーリストに表示されます。
140
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
オプション
説明
新しい計算入力コントロールを登録
入力コントロール名を入力してから、クリックして値を追加を選
択します。
使用可能なメンバーのリストから値を選択します。選択したメン
バーを除外を選択すると、選択したメンバーを除くすべてのメン
バーが集計の条件で使用されます。
(検索) を使用して、特
定の値を見つけることができます。検索アイコンの側のリストを
展開すると、メンバーの説明、ID と説明、または ID を参照でき
ます。
(任意) トークンコントロールセクションで、表示者によるフィルタ
変更を許可を選択し、入力コントロールで表示者が単一選択ま
たは複数選択のどちらを行うことができるかを選択します。
8. OK を選択します。
関連情報
計算エディタ [132 ページ]
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
6.3.1.4.5
計算の編集
計算メジャーと制限メジャーを編集できます。
前提条件
計算が存在する必要があります。
手順
1. ビルダタブで、計算にマウスポインタを合わせて、
(計算編集) を選択します。
計算エディタが表示されます。
2. 計算メジャーで使用される式または制限メジャーで使用されるディメンションを変更します。
3. OK を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
141
結果
編集の結果を反映するようにチャートが更新されます。
関連情報
計算エディタ [132 ページ]
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
6.3.1.4.6
計算の書式設定
計算の結果の書式を設定できます。
前提条件
選択したチャートに計算を追加する必要があります。
手順
1. ビルダタブで、計算にマウスポインタを合わせて、
(書式オプション編集) を選択します。
書式オプションダイアログが表示されます。
2. 計算で使用する単位、小数点、スケールを変更します。
3. OK を選択します。
関連情報
計算エディタ [132 ページ]
メジャーとディメンションの選択 [130 ページ]
142
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.1.5
メジャーとディメンジョンの並べ替え
チャート内のメジャーおよびディメンジョンは、昇順または降順に並べ替えることができます。
手順
1. 並べ替えは次のいずれかの方法で設定します。
○ キャンバスページで、チャートを選択してから、
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
○ エクスプローラで、チャートの
(並べ替えオプション) アイコンを選択します。
アイコンを選択し、並べ替えを選択します。
アイコンを選択し、並べ替えを選択します。
2. 並べ替えるメジャーまたはディメンジョンを選択し、並べ替え方向を指定します。
3. チャートに含まれていないメジャーを並べ替えるには、詳細な並べ替えを選択した後、リストからメジャーを選択します。
6.3.1.5.1
グルーピングのブレーク
カテゴリ軸に複数のディメンションがある場合は、グルーピングのブレークを使用してグルーピングの順序を無視し、ディメンシ
ョンとメジャーの並べ替え方法を変更できます。
(並べ替えオプション)
グルーピングのブレークを有効化または無効化するには、チャートを選択してから、
グルーピ
ングのブレーク を選択します。
例
次のメジャーとディメンションを持つ損益モデルがあります。
タイプ
名前
ディメンション
製品
ディメンション
地域
メジャー
損益計算書
[グルーピングのブレーク] オプションを無効にして製品で並べ替え (A-Z)
地域
製品
損益計算書 (百万単位)
ニューヨーク州
基本
0.63
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
143
地域
製品
損益計算書 (百万単位)
ニューヨーク州
ジュース
16.97
ニューヨーク州
ソフトドリンク
16.14
オハイオ
基本
0.06
オハイオ
ジュース
2.22
オハイオ
ソフトドリンク
1.69
ペンシルベニア
基本
0.25
ペンシルベニア
ジュース
5.94
ペンシルベニア
ソフトドリンク
7.24
[グルーピングのブレーク] オプションを有効にして製品で並べ替え (A-Z)
地域
製品
損益計算書 (百万単位)
ニューヨーク州
基本
0.63
オハイオ
基本
0.06
ペンシルベニア
基本
0.25
ニューヨーク州
ジュース
16.97
オハイオ
ジュース
2.22
ペンシルベニア
ジュース
5.94
ニューヨーク州
ソフトドリンク
16.14
オハイオ
ソフトドリンク
1.69
ペンシルベニア
ソフトドリンク
7.24
6.3.1.6
トレリスチャート
トレリスチャートは、複数の小さいチャートを比較のために 1 つのグリッドに表示したものです。個々の小さいチャートは、セク
ション内の 1 つの項目を表します。たとえば、地域別の売上を比較する棒チャートを作成した後で、<国>ディメンションをトレリ
スに追加すると、複数の小さいチャートが表示されます。個々の小さいチャートには、1 つの国の地域別の売上が表示されま
す。
144
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
トレリスチャートを作成するには、ビルダタブのトレリス領域にディメンションを追加します。
6.3.1.7
チャートフィルタ
チャートで特定のデータに注目するために、関係のないデータ要素の除外、またはデータ要素のフィルタリングができます。チ
ャートでメンバーを直接選択するか、リストからメンバーを選択することでフィルタを適用できます。チャートフィルタは、チャート
内に表示されているデータに対してのみ適用されます。ストーリーのすべてのチャートにフィルタを適用するには、ストーリーフ
ィルタを使用します。
手順
1. チャートでメンバーを直接選択してフィルタを適用するには、除外またはフィルタリングするデータ要素を選択します。
チャートを最大化することで、要素を選択しやすくすることができます。
ヒント
データ要素のグループの周囲で四角を描くようにマウスをドラッグすると、グループを選択できます。
2. 表示されたツールヒントで、選択されたデータ要素をフィルタリングまたは選択されたデータ要素を除外を選択します。
3. リストからメンバーを選択してフィルタを適用するには、デザイナパネルでビルダタブを開きます。
4. フィルタ領域で、フィルタ追加を選択し、フィルタを適用するディメンションを選択してからメンバーを選択します。
選択したメンバーが右側の選択メンバーリストに表示されます。
検索機能を使用して必要なメンバーを見つけることができます。選択されたメンバーの横にあるレンチアイコンを選択し、
ワイルドカードメンバーの追加を選択して、入力する文字列と一致する名前のメンバーを追加することもできます。
注記
○ ワイルドカードフィルタは階層ディメンション (計画モデル、親子階層ディメンションを持つ分析モデルなど) では動
作しません。ワイルドカードメンバーの追加オプションは、ディメンションが階層でない場合にのみ使用できます。
○ ワイルドカードフィルタは、文字列ベースのディメンションにのみ適用できます。ワイルドカードメンバーの追加オプ
ションは、文字列以外のディメンション (数値ディメンションや日付ディメンションなど) では使用できません。
日付ディメンションなどの特定のタイプのディメンションにフィルタを適用している場合、範囲でフィルタを適用することもで
きます (日付ディメンションを選択し、範囲によるフィルタオプションを選択します)。ビルダタブのカテゴリ領域から直接、ま
たはフィルタ領域でディメンション名を入力し、サフィクスが “(Range)” のエントリを選択することで、日付ディメンションに
フィルタを適用することもできます。
5. チャートの表示者が、定義したフィルタ値のリストから有効なフィルタ値を指定できるようにするかどうかを選択します。1
つのフィルタ値を許可するか、複数のフィルタ値を許可するかを選択できます。
表示者がフィルタ値を指定できるようにすると、表示者は各フィルタ値 (複数選択オプションを選択した場合) のオンとオフ
を切り替えるか、1 つのフィルタ値 (単一選択オプション) を選択することができます。
6. OK を選択してフィルタを登録します。
フィルタは、チャートの上部、およびビルダタブのフィルタ領域に表示されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
145
関連情報
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用 [201 ページ]
チャートフィルタ値の変更 [146 ページ]
6.3.1.7.1
チャートフィルタ値の変更
フィルタを含むチャートを表示する場合、フィルタ値を変更することができます。
コンテキスト
チャートの登録者は、チャートの表示者がフィルタ値を変更できるかどうかを指定できます。
手順
1. チャートを表示した状態で、チャートの上部のフィルタバーから既存のチャートフィルタを選択します。
2. チャートの登録者が複数のフィルタ値の選択を許可している場合、フィルタ値のオンとオフを切り替えることができます。
チャートの登録者が 1 つのみのフィルタ値の選択を許可している場合、チャートに適用するフィルタ値を選択することがで
きます。
関連情報
チャートフィルタ [145 ページ]
6.3.1.8
階層データのドリルアップ/ドリルダウン
チャートに階層ディメンジョンが含まれる場合は、異なるレベルにあるデータを詳細に調べるためにドリルアップ/ドリルダウン
を行えます。
コンテキスト
チャートに複数の階層ディメンジョンが含まれている場合は、ドリル対象とするディメンジョンを選択できます。
146
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
手順
1. チャート内のエリア、または軸上のラベルを選択します。
たとえば、棒チャートにある 1 つまたは複数の棒を選択できます。
チャート内で選択されたエリアは強調表示されます。
2. 表示されるメニューで、
(ドリルダウン ...) または
(ドリルアップ ...) を選択します。
選択したエリアに複数の階層ディメンジョンが含まれている場合は、ドリル対象とするディメンジョンを選択できます。
6.3.1.9
ウォーターフォールチャートのドリルスルー
ウォーターフォールチャートに階層値が含まれている場合は、異なるレベルにあるデータを詳細に調べるために、チャートを展
開または圧縮できます。
手順
1. チャート内のエリア、または軸上のラベルを選択します。
チャート内で選択されたエリアは強調表示されます。
2. 表示されるメニューで、
(勘定展開) または
(勘定圧縮) を選択します。
6.3.1.10 データをランク別にフィルタリング
データをランク別にフィルタリングすると、チャートのデータ要素を大きい値または小さい値に従って、指定した数に絞り込むこ
とができます。
手順
ランクは次のいずれかの方法で登録します。
○ キャンバスページで、チャートを選択してから、上位 N オプションの選択アイコンを選択します。
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
○ エクスプローラで、チャートの
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
アイコンを選択し、上位 N を選択します。
アイコンを選択し、上位 N を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
147
6.3.1.11 差異の追加
メジャーの複数のバージョン間の差を示す (たとえば、売上げの予想値と実績値の差を示す) には、チャートに差異を追加し
ます。
手順
1. 差異は次のいずれかの方法で追加します。
○ キャンバスページで、デザイナタブを開き、ドロップダウンリストからビルダを選択します。差異領域で、差異の追加を
選択します。
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
○ エクスプローラで、チャートの
アイコンを選択し、
アイコンを選択し、
差異
差異
差異の追加 を選択します。
差異の追加 を選択します。
2. 差異を数値またはパーセントのどちらかで表示するか、またはその両方で表示するかを選択します。
3. 差異を計算する対象のメジャーとバージョンを選択します。
4. デフォルトでは、正の差異は緑で表示され、負の差異は赤で表示されます。この色付けを反転するには、色反転を選択し
ます。
5. 差異計算の設定を調整または削除できます。
○ キャンバスページで、デザイナタブを開き、ドロップダウンリストからビルダを選択します。差異領域で、差異計算をポ
イントし、鉛筆アイコンを選択して設定を変更します。
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
アイコンを選択し、
差異
差異の編集 を選択します。
6.3.1.12 参照明細
重要な値 (会社の製品の平均価格と最高価格など) をチャートに表示するために、参照明細を定義できます。
固定値および動的値の 2 種類の参照明細を使用できます。固定値参照明細は特定の参照値とともに登録され、チャートの
データを変更 (たとえば、データをフィルタリング) しても変化しません。動的値参照明細は、フィルタ、ランク付け、並べ替えを
チャートに適用すると更新されます。
参照明細を追加するとき、参照明細の上下の背景領域に色を塗ることができます。
チャートタイプを変更すると、参照明細が更新されます。
148
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.1.12.1 参照明細の追加
手順
1. 参照明細は次のいずれかの方法で追加します。
○ キャンバスページで、デザイナタブを開き、ドロップダウンリストからビルダを選択します。参照明細領域で、参照明細
の追加を選択します。
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
○ エクスプローラで、チャートの
アイコンを選択し、参照明細を選択します。
アイコンを選択し、参照明細を選択します。
2. 固定参照明細または動的参照明細のどちらかを選択します。
○ 固定参照明細の場合は、参照明細の値とラベルを入力します。
○ 動的参照明細の場合は、参照明細の基礎となるパラメータを選択し、参照明細のラベルを入力します。
3. 参照明細の上下 (または左右) の背景領域を色付けする場合は、上および下カラーピッカーで色を選択します。
2 つの参照明細が同じ背景領域を別々の色に設定しようとした場合は、最初に登録された参照明細が優先されます。
4. 上位 N フィルタをチャートに適用したときに、動的参照明細を追加する場合、上位 N オプションをフィルタとして参照明細
に適用するかどうかを選択できます。
たとえば、上位 5 ランキングを適用したときに、平均集計に動的参照明細を追加する場合、参照明細によってすべての
値を平均するのか、上位 5 個の値のみを平均するのかを選択できます。
結果
OK を選択して、参照明細をチャートに追加します。参照明細にマウスポインタを合わせると、明細に関する詳細を参照できま
す。
6.3.1.13 チャート要素を非表示にする
一部のチャート要素 (タイトルや凡例など) を非表示にすることができます。
手順
次のいずれかの方法で表示/非表示リストを開きます。
○ キャンバスページで、チャートを選択してから、
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
○ エクスプローラで、チャートの
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
(追加アクション) を選択し、表示/非表示を選択します。
アイコンを選択し、表示/非表示を選択します。
アイコンを選択し、表示/非表示を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
149
6.3.1.14 チャートの回転
一部のタイプのチャート (棒グラフや縦棒チャートなど) は回転できます。
手順
チャートの方向は次のどちらかの方法で変更します。
○ キャンバスページで、デザイナタブを開き、ドロップダウンリストから書式設定を選択して、チャート方向の設定を変更しま
す。
○ グリッドページの下部の検査パネルで、
○ エクスプローラで、チャートの
アイコンを選択し、方向の変更を選択します。
アイコンを選択し、方向の変更を選択します。
6.3.1.15 チャートの拡大
チャートの特定の領域を一時的に拡大できます。
手順
1. ポインタをドラッグし、チャートの領域の周囲に長方形を描きます。
2. 表示されるポップアップメニューで、
(拡大) を選択します。
3. 元のサイズに戻すには、チャートのタイトルの下にある
(縮小) を選択します。
6.3.1.16 混合チャートの登録
複数のモデルのデータを使用してチャートを登録できます。
前提条件
リンク済みディメンションを登録する必要があります。
150
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
手順
1. リンク済みディメンションを持つモデルを使用するチャートを登録します。
注記
リンク済みディメンションのリストを表示するには、
(ディメンションのリンク) アイコンを選択します。
2. ビルダタブで、プライマリモデルからメジャーおよび/またはディメンションを選択します。少なくとも 1 つのリンク済みディメ
ンションを選択する必要があります。
データソースリストでは、プライマリモデルがデフォルトで選択されています。プライマリモデルはチャートの登録に使用さ
れるモデルです。
リンク済みディメンションには
(リンク) アイコンが付きます。
3. データソースで、セカンダリモデルをリストから選択します。
リンク済みモデルのみが表示されます。
4. (任意) 新しい結合タイプをリストから選択します。3 つのオプションがあります。
○ すべてのプライマリデータ - プライマリモデルのすべてのデータ、およびセカンダリモデルの対応するデータをチャー
トに表示します。
○ すべてのデータ - プライマリモデルとセカンダリモデルのすべてのデータをチャートに表示します。
○ 交差するデータのみ - リンク済みデータのみをチャートに表示します。
5. 追加のメジャーまたはディメンションを選択します。
プライマリモデルに属するメジャーとディメンションは青い点で示されます。
6. チャートで使用するすべてのモデルについて、ステップ 3 ~ 5 を繰り返します。
結果
プライマリモデルとセカンダリモデルのデータがチャートに表示されます。セカンダリモデルに複数の一致がある場合は、一致
の数を示す数値がチャートに表示されます。チャートのすべての値を表示するには、ディメンション値を展開を選択します。複
数の一致が発生するのは、セカンダリモデルのディメンションのうち、最初のモデルにリンクされていないディメンションを追加
した場合のみです。
関連情報
リンク済みディメンションの登録 [198 ページ]
リンクされた分析の登録 [172 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
151
6.3.1.17 軸範囲のマニュアル設定
チャートの軸範囲を手動で変更できます。
コンテキスト
次のチャートタイプで軸範囲を変更できます。
● 棒/縦棒
● 縦棒と折れ線の組合せ
● 積上棒/縦棒
● 面
● 折れ線
● ボックスプロット
● 吹き出し
● 散布図
● ウォーターフォール
手順
1. チャートを選択します。
2. 次のどちらかを選択します。
○ データビューページで、
○ ストーリーページで、
(追加アクション)
(追加アクション)
軸の編集 を選択します。
軸の編集 を選択します。
3. 最小値と最大値を入力します。
4. 適用を選択します。
結果
指定した軸範囲内での結果がチャートに表示されます。
6.3.1.18 軸の一部省略
軸の一部省略を適用すると、チャートに異常値を容易に表示できます。
軸の一部省略は次のチャートタイプに追加できます。
152
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
● 棒/縦棒
● ウォーターフォール
軸の一部省略を使用するときには、覚えておくべき考慮事項がいくつかあります。
● 軸の範囲が手動で設定されているときは、軸の一部省略を使用できない場合があります。
軸の一部省略を設定してから軸の範囲を編集すると、軸の一部省略が削除される場合があります。
● ドリル状態については選択が保持されます。
● 1 つのチャートで使用できる軸の一部省略は 1 つだけです。
6.3.1.18.1 軸の一部省略の追加
コンテキスト
軸の一部省略は次のチャートタイプに追加できます。
● 棒/縦棒
● ウォーターフォール
手順
1. チャート内でメジャーを選択します。
2.
(軸の一部省略を適用) を選択します。
結果
軸の一部省略がチャートに追加されます。軸の一部省略を削除するには、メジャーを選択してから、
(軸の一部省略を無
効化) をクリックします。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
153
6.3.1.19 2 つのデータポイント間の差異の表示
チャート内で 2 つのデータポイントを選択し、それらのデータポイントの値の差異を即座に確認できます。たとえば、前年比の
比率増減を比較したり、2 つのバージョン間のデルタを確認したりすることができます。
コンテキスト
この機能は、棒/縦棒チャートまたは縦棒と折れ線の組合せチャートに適用されます。
選択された 2 番目の列は矢印で示されます。値は数値と比率の両方で表示されます。垂直チャートでは、選択された列の右
側にデルタグラフィックと値が表示されます。水平チャートでは、選択された棒の下にデルタグラフィックが表示され、選択され
た 2 番目の棒に値が表示されます。
表 39: 2 つのデータポイント間のデルタ
2 番目の列または棒の高さ
正または負のデルタ
高い
正
低い
負
手順
1. チャート内で、1 つの棒または列を選択します。
2. カーソルを別の棒または列に移動して、その棒または列を選択します。
結果
2 つの列の間に直線が描かれ、差異が表示されます。
ヒント
アクションメニューによって結果が隠される場合は、軸上の空白部分にカーソルを移動してクリックします。こうすると、アク
ションメニューが非表示になります。
154
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.1.20 複数のチャートでのディメンションの色の同期
ストーリー内の 1 つのチャートのカラーパレットを変更すると、同じ色ディメンションを持つ他のチャートもすべて更新されます。
これは、色の単一ディメンションを持つチャートに適用されます。
色の同期のオプション:
● 複数のチャートでの色の同期 [155 ページ]
● 色の同期解除 [155 ページ]
● 色の割当 [156 ページ]
複数のチャートでの色の同期
1 つのチャートのカラーパレットを変更した後、ストーリー内の残りのチャートの色を更新することができます。
1. いずれかのチャートを選択します。
2. デザイナパネルで、ビルダタブを開きます。
3. 色ディメンションを見つけて、
(色の同期) を選択します。
チャートが同期されると、アイコンが青に変わります。
色の同期解除
同じ色ディメンションのチャートを同期すると、そのストーリー内のすべてのチャートで同じカラーパレットが使用されます。
一部のチャートに異なるカラーパレットを使用する場合は、色ディメンションを変更するか、次のようにします。
1. いずれかのチャートを選択します。
2. デザイナパネルで、ビルダタブを開きます。
3. 色ディメンションを見つけ、
(色の同期) を選択し、色の同期解除を選択します。
チャートが同期されなくなり、アイコンが黒になります。色ディメンションは別のパレットで更新できます。
ヒント
チャートごとに異なる初期カラーパレットを選択している場合は、チャートを切り替え、別のパレットに同期することができま
す。たとえば、吹き出しチャートには虹色パレットを選択し、散布図チャートにはブルーシェイドパレットを選択している場合
は、次のようにします。
1. 吹き出しチャートを選択し、
(色の同期) を選択します。
両方のチャートが虹色の色ディメンションになります。
2.
(色の同期) を選択し、色の同期解除を選択します。
3. 吹き出しチャートを選択し、
(色の同期) を選択します。
両方のチャートがブルーシェイドの色ディメンションになります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
155
個別値に対する色の割当
新しいカラーパレットを選択するか、色ディメンション内の 1 つまたは複数のメンバーの色を変更することができます。
1. 該当するチャートを選択します。
2. デザイナパネルで、ビルダタブを開きます。
3. 色ディメンションを見つけて、
(色の同期) を選択した後、色の割当または割り当てられた色の編集を選択します。
4. 目的のディメンションメンバーを見つけ、そのメンバーに対して新しい色を選択します。
5. 変更が完了したら、追加を選択します。
ディメンションメンバーの色は、そのディメンションを [色] パラメータで使用するすべてのチャートで変更されます。
6.3.1.21 ツールヒントへの別のメジャーとディメンジョンの追加
チャートに存在しないメジャーとディメンジョンのツールヒントに情報を追加することができます。
コンテキスト
チャートの登録に使用されるメジャーとディメンションの数を制限するが、引き続きすべてのメジャーとディメンションのデータ要
素の詳細を表示できるようにしたいという場合があります。ツールヒントのメジャーおよびツールヒントのディメンションから別
のメジャーとディメンションを選択します。
手順
1. チャートを選択します。
2. デザイナパネルで、ビルダタブを開きます。
3. ツールヒントのメジャーが見つかるまで下にスクロールします。
4. メジャー選択を選択し、メジャーを選択します。
5. ツールヒントのディメンションで、ディメンション選択を選択し、ディメンションを選択します。
結果
データ要素にカーソルを移動すると、選択したすべてのメジャーとディメンションに関する情報がツールヒントに表示されます。
156
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.2 条件付き書式設定
カスタム書式設定オプションを使用して、ある地域の売上の不振などの情報を強調表示します。
条件付き書式設定には、モデルおよびストーリー内のしきい値、ストーリー内の割り当て済みの色など、いくつかのオプション
があります。
タスク
ストーリーで定義したしきい値の登録 [157 ページ]
チャートでのしきい値の使用 [158 ページ]
ディメンションメンバーに対する色の割当 [159 ページ]
関連情報
複数のチャートでのディメンションの色の同期 [155 ページ]
モデルでのしきい値の定義 [34 ページ]
6.3.2.1
ストーリーで定義したしきい値の登録
しきい値または範囲を定義し、その情報をチャートに表示します。
前提条件
しきい値を登録するには、ストーリーページ上にいる必要があります。
デザイナ
条件付き書式設定 を選択します。
コンテキスト
しきい値は情報に関する視覚的な手掛かりを示すために使用します。それにより、良好に動作している領域と、改善を要する
領域を容易に識別できます。
次のラベルと色を持つ 3 つのデフォルト範囲があります。
● OK: 緑
● 警告: オレンジ
● 重要: 赤
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
157
任意の数の範囲を使用できます。ラベル名と色は変更できます。
範囲の値を入力すると、その値がパネルの下部の線上に表示されます。範囲の値には、千単位、百万単位などを示す文字
が含まれます。
範囲が 1 つのみである場合、上限と下限の両方を指定する必要はありません。複数の範囲を追加する場合、上限または下
限のどちらかを空白のままにすることができます。
手順
1. 必要に応じて、定義済のストーリーを展開します。
2. クリックしてしきい値を追加を選択します。
新規しきい値の登録パネルが開き、モデル、メジャー、および 1 つの範囲オプションが表示されます。
3. モデルを選択します。
4. メジャーを選択します。
5. 範囲で、範囲の下限と上限を指定します。
上限と下限の値を入力するときに、値が範囲外になる場合は、警告が表示されます。たとえば、下限を上限より大きくす
ることはできません。
6. 別の範囲を追加するには、
(新しい範囲の追加) を選択します。
7. 範囲の追加が完了したら、追加を選択します。
関連情報
条件付き書式設定 [157 ページ]
6.3.2.2
チャートでのしきい値の使用
しきい値をチャートに追加します。
前提条件
しきい値を登録します。詳細については、ストーリーで定義したしきい値の登録 [157 ページ] を参照してください。
158
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
手順
1. ストーリー内で、チャートを選択します。
2. ビルダパネルの色で、ディメンションまたはしきい値の選択を選択します。
3. しきい値セクションで、目的のしきい値を選択します。
結果
しきい値がチャートに適用されます。しきい値にカーソルを合わせると、ツールヒントにしきい値の名前と範囲が表示されま
す。
関連情報
条件付き書式設定 [157 ページ]
6.3.2.3
ディメンションメンバーに対する色の割当
ディメンションメンバーに特定の色を割り当てるには、条件付き書式設定を使用します。
前提条件
ディメンションメンバーに色を割り当てるには、ストーリーページ上にいる必要があります。
デザイナ
条件付き書式設定
を選択します。
ビルダパネルからも、色を割り当てることができます。詳細については、複数のチャートでのディメンションの色の同期 [155 ペ
ージ] を参照してください。
コンテキスト
特定のディメンションメンバーに色が割り当てられると、チャートのカラーパレットに対する変更がその色によって上書きされま
す。色が割り当てられていないメンバーは、カラーパレットの更新時に色を変更します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
159
手順
1. 必要に応じて、定義済のストーリーを展開します。
2. クリックして色を割当を選択します。
割当済の色パネルが開き、モデル、ディメンション、およびディメンションメンバーが表示されます。
3. モデルを選択します。
4. ディメンションを選択します。
5. ディメンションメンバーで、色オプションを選択して色を変更します。
メンバーに色を割り当てない場合は、チェックボックスをクリアします。そのメンバーでは、チャートビルダのカラーパレット
が使用されます。
6. 色の割当が完了したら、追加を選択します。
6.3.3 地理データの分析
SAP BusinessObjects Cloud および SAP HANA Spatial テクノロジを使用すると、地形図、衛星画像、地名、幹線道路など
の詳細な地理情報を含む地理マップにビジネスデータをオーバーレイすることができます。
地理マップには、異なるタイプのデータからなる複数のレイヤが存在して、モデルのメジャーおよびディメンションを可視化する
か、地図上の重要な場所、領域およびルートにマークすることができます。
これらのレイヤの組み合わせと、空間データのフィルタリングツールを使用することにより、様々な地理分析が実行可能になり
ます。例:
● 設定した KPI に対する販売領域の実績の、簡単な視覚的概要を提供。
● 病院に近い薬局など、公共的な需要のタイプまたは近隣サービスのタイプを持つ小売店の場所を特定。
● マップに販売担当地域や選挙区などのカスタム定義領域をオーバーレイ。
● コロプレスマップまたはヒートマップとしてデータ分布を表示。
地理階層
地理マップ内でレベルをスキップし、各レイヤに独自のラベルを設定することで、ナビゲーションパスをカスタマイズできます。
一般的な管理境界によって定義される地理階層は汎用的ではありません。次の表に、階層のデフォルトラベルおよび同等な
ラベルを示します。
デフォルトラベル
同等なラベル
国
国
地域
州または都道府県
サブ地域 1
所在地、国、または部署
160
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
デフォルトラベル
同等なラベル
サブ地域 2
市区町村、地区、行政区、または地方自治体
メジャーのしきい値
地理マップには次の 2 種類のしきい値を表示できます。
● 指定したメジャーに対してモデルで定義されているしきい値。これらのしきい値はモデラで指定されます。
● ストーリーに対して定義されているしきい値。
注記
地理マップでは、モデルに対して定義されているしきい値よりも、ストーリーで定義されているしきい値が優先されま
す。
6.3.3.1
地理マップの登録
他のチャートタイプと同様に、地理マップをストーリーキャンバスに追加することができます。
前提条件
バブルレイヤ、コロプレスレイヤ、またはヒートマップレイヤに対してモデルからデータを追加するには、少なくとも 1 つのロケ
ーションディメンションがモデルに含まれている必要があります。
コンテキスト
バブルレイヤ、コロプレスレイヤ、またはヒートマップレイヤでメジャーを指定するときには、次のオプションを使用できます。
● モデルで現在定義されているメジャー (計算メジャーを含む):
● 計算エディタを使用して、新しい計算メジャーを登録できます。詳細については、計算メジャーの登録 [133 ページ] を参
照してください。
● 地理マップ内で各メジャーを切り替えるために、メジャー入力コントロールを地理マップに追加することもできます。メジャ
ー入力コントロールの作成については、メジャーとディメンションの選択 [130 ページ] を参照してください。
対象地点 (POI) レイヤまたは機能レイヤを地理マップに追加するときに、モデルは不要です。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
161
手順
1.
(追加)
地理マップ を選択します。
地理マップがキャンバスに追加され、デザイナパネルにビルダタブが表示されます。
2. ベースマップリストから、Esri ArcGIS でホストされるマップのビジュアルスタイルを選択します。
たとえば、ストリートベースマップによって、都市の近隣を明確に可視化できる一方で、明るい灰色のベースマップはシン
プルで、明瞭な見た目です。
3.
(レイヤ追加) を選択して、マップにレイヤを追加します。
5 個のレイヤタイプを使用できます。
162
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
表 40:
レイヤタイプ
バブルレイヤ:
ステップ
1.
レイヤの元になるモデルを選択するには、データソースで
マップのモデルからメジャーとディメンションを可視化します。
(編集) を選択します。
2. ロケーションディメンションリストから、可視化しようとするディ
メンションを選択します。
3. バブルの色のもとのメジャー選択を使用して、バブルの色を
メジャーに割り当てます。
4. パレットの範囲の数値を選択します。これにより、KPI 値の数
が設定されます。
5. 値を指定して、パレットの各色の KPI 範囲を設定します。
範囲リストの横のスイッチを使用して、KPI 値をパーセンテー
ジまたは絶対値で表示します。パレットの順序を逆にするに
は、
(切替) アイコンを使用します。
6. 必要に応じて、バブルの不透明度を調整して、ベースマップ
またはその他のレイヤが表示されるようにします。
7. バブルのサイズのもとのメジャー選択を使用して、バブルの
サイズをメジャーに割り当てます。
注記
数多くのロケーションのレンダリングをサポートするため
に、バブルレイヤのデフォルトでは、すべての個別ポイン
トではなくクラスタを表示するように設定されています。ク
ラスタリングを有効化または無効化するには、ロケーショ
ンクラスタの隣のスイッチを使用します。データポイントの
クラスタリングを開始する時期を指定するには、最大表示
ポイントの値を使用します。マップ内のクラスタの不透明
度を調整するか、クラスタの特定の色をパレットリストか
ら選択することもできます。
8. 地理マップでしきい値を管理するには、デザイナパネルで、メ
ジャーの右側の
アイコンを選択します。すべてのしきい
値を削除するには、
しきい値表示
なし
に移動しま
す。表示するしきい値のタイプを指定するには、
表示
モデル
または
しきい値表示
しきい値
ストーリー
に
移動します。しきい値を変更するには、範囲編集またはすべ
てのしきい値を表示を選択します。
注記
しきい値を地理マップに表示しないことを選択した場合は、レ
イヤに指定されたバブルの色パレットによって、しきい値で指
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
163
レイヤタイプ
ステップ
定されたパレットが上書きされます。パレットに対する変更は
マップの凡例に反映されます。
POI (Point Of Interest) レイヤ:
1.
POI データを使用して、組織の販売領域などの地図上の場所ま
たは領域、または分析にとって重要な特別イベントの場所にマー
クします。
ロケーションディメンションリストから、可視化しようとする
POI データを選択します。
モデラページに POI データが追加されます。
2. パレットリストから色を選択します。
3. 地理的な位置について、マーカを選択し、スケールスライダ
を使用して地理マップ上のマーカのサイズを設定します。
注記
これらのオプションは形や線を表示する POI データでは
使用できません。
注記
現在のマーカアイコンを変更するには、タイプの隣の矢
印を選択します。使用可能なすべてのオプションを表示
するには、その他を選択します。カスタムマーカも作成で
きます。カスタムマーカの下の [追加] (プラス記号) を選
択し、SVG パスの入力を選択してアイコンの SVG パスを
直接入力するか、SVG ファイルのアップロードを選択して
アイコンを含むファイルをロードします。
4. 必要に応じて、レイヤの不透明度を調整します。
ヒートマップレイヤ:
マップ上のデータ密度に基づいてメジャーを可視化します。
1.
レイヤの元になるモデルを選択するには、データソースで
(編集) を選択します。
2. ロケーションディメンションリストから、可視化しようとするディ
メンションを選択します。
3. メジャー選択リストからメジャーを選択して、マップ上のデー
タポイントの色分けに使用する値を決定します。
4. パレットリストから色を選択します。
5. 必要に応じて、ぼかし半径値を調整します。
この設定によって、各ポイントのサイズと、他のポイントとの
重なり度合いが決まります。パーセンテージ値を大きくする
と、ぼかし半径が大きくなります。
6. 必要に応じて、レイヤの不透明度を調整します。
7. パレットの範囲の数値を選択します。
これにより、KPI 値の数が設定されます。値を指定して、パレ
ットの各色の KPI 範囲を設定します。範囲リストの横のスイ
ッチを使用して、KPI 値をパーセンテージまたは絶対値で表
示します。
164
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
レイヤタイプ
ステップ
1.
コロプレスレイヤ:
レイヤの元になるモデルを選択するには、データソースで
マップ上の地理階層に影を付けることで、メジャーとディメンション
を可視化します。
(編集) を選択します。
2. ロケーションディメンションリストから、可視化しようとするディ
メンションを選択します。
3. メジャー選択リストからメジャーを選択して、マップの色分け
に使用する値を決定します。
4. パレットリストから色を選択します。
スワップアイコンを使用してパレット順序を反転します。
5. 必要に応じて、レイヤの不透明度を調整します。
6. パレットの範囲の数値を選択します。
7. 値を指定して、パレットの各色の KPI 範囲を設定します。
範囲リストの横のスイッチを使用して、KPI 値をパーセンテー
ジまたは絶対値で表示します。
マップに表示される地理階層をナビゲートするには、レイヤ
パネルの
(階層) アイコンを使用します。レイヤ階層の編
集ダイアログでは、レベルをスキップし、各レイヤに独自のラ
ベルを設定することで、ナビゲーションパスをカスタマイズで
きます。
現在の地理図形の上または下にあるレイヤをドリルするに
は、
(ドリルアップ) アイコンまたは
(ドリルダウン) アイ
コンを選択します。1 つの地域をドリルすると、他の地域から
すべてのデータが除外されます。また、ドリルパスの一部分
を削除するには、ロケーションフィルタトークンから目的の部
分を削除します。
1.
機能レイヤ:
公開 Esri ArcGIS web サービスを使用して、地図上の位置また
は領域をマークします。
サービス URL 項目で、一般的に使用可能な Esri ArcGIS
機能レイヤを入力します。機能レイヤの点や形がマップに追
加されます。
2. 必要に応じて、レイヤの不透明度を調整します。
注記
モデルを地理マップに追加すると、そのモデルは以降に登録するレイヤのデフォルトモデルとして使用されます。特定
のバブルレイヤ、コロプレスレイヤ、またはヒートマップレイヤのデータソースはいつでも変更できます。データソースを
変更するには、データソースのもとで対応する
(編集) アイコンを選択します。特定のレイヤのデータソースとしてモ
デルなしオプションを選択すると、そのレイヤにはデータポイントが表示されません。
4. レイヤの横のレイヤ非表示アイコンを選択して、レイヤの可視性を切り替えます。
5. バブルレイヤの特定のデータポイントに表示されるデータをカスタマイズするには、レイアウト.. の右側の
アイコンを選
択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
165
○ 地理マップの特定のデータポイントにマウスポインタを合わせたときに表示される情報を指定するには、ツールヒント
の情報を選択します。メジャーとディメンションのリストから選択する場合、計算メジャーまたはメジャー入力コントロー
ルを作成する場合は、表示されたツールヒントの情報項目を使用します。
○ 地理マップのポイントに関する情報テーブルにデータを入力するには、ツールヒントのチャートを選択します。メジャー
とディメンションのリストから選択して、OK をクリックします。
6. デフォルトでは、地理マップの凡例には各バブルレイヤのメジャーについての情報と、各 POI レイヤのディメンションが表
示されます。凡例を設定するには、バブルレイヤについて、
設定
凡例更新 を選択します。各メジャーまたはディメ
ンションを、公開または非公開に設定することができます。
7. 必要に応じて、マップデータをフィルタします。
○ 多角形フィルタ: 地理マップの左メニューの多角形フィルタを選択するか、アイコンの上にカーソルを置いて、円形ま
たは四角形のフィルタツールを選択します。その後、地図上の必要なデータ点の周りに形を描きます。
点を選択しドラッグして、フィルタの形を変更します。
地理マップビルダでは、 (キャンセル) アイコンを選択してフィルタを削除するか、形の不透明度を減らすことができ
ます。
○ マップフィルタ: POI から特定の距離内にあるデータ点または特定の距離を超えるデータ点を見つけます。地理マッ
プビルダで、フィルタ追加を表す + アイコンを選択します。マップフィルタ登録ダイアログで、フィルタタイプから距離を
選択します。表示対象の地理階層を選択し、演算子リストから範囲内または範囲外を選択します。距離を入力し、数
量単位を選択します。最後に、POI を参照場所として指定します。
○ マップフィルタ: POI と交わるデータ点、または POI と交わらないデータ点を表示します。地理マップビルダで、フィル
タ追加を表す + アイコンを選択します。マップフィルタ登録ダイアログで、フィルタタイプから共通部分を選択します。
表示対象の地理階層を選択し、演算子リストから交わるまたは交わらないを選択します。最後に、POI を参照場所と
して指定します。
○ マップフィルタ: コロプレスレイヤを使用するときには、マップ内の図形を選択し、
(フィルタ) アイコンを選択して、
選択した領域の外部のデータポイントを削除します。また、ドリルパスの一部分を削除するには、ロケーションフィル
タトークンから目的の部分を削除します。
○ ストーリーフィルタ: ページまたはストーリーに適用したいずれのフィルタも、地理マップのデータをフィルタします。ま
た、地理マップからストーリーフィルタを適用することもできます。デザイナペインの書式タブで、地理マッププロパティ
セクションのフィルタをストーリーに適用設定をオンにします。
8. マップ左側のツールを使用してパンとズームを調整します。
ホームアイコンを選択して現在のデータ点に基づいてビューを自動調整します。
関連情報
条件付き書式設定 [157 ページ]
ストーリーで定義したしきい値の登録 [157 ページ]
モデルでのしきい値の定義 [34 ページ]
166
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.4 カスタムピクトグラムのアップロード
ベクトルグラフィックをストーリーに追加するには、あらかじめグラフィックをアップロードしておく必要があります。
手順
1. 上部ナビゲーションパネルからピクトグラムを選択します。
2.
(ピクトグラムのアップロード) アイコンを選択します。
3. 追加するベクトルグラフィックファイルを選択して、開く を選択します。
ファイルは XML エンコーディングされた SVG ファイルである必要があります。
6.3.5 ストーリーへの動的テキストの追加
コンテキスト
書式設定パネルからテキストボックスに動的テキストを追加することができます。動的テキストは、ソース入力コントロールま
たはフィルタの値に基づいて、自動的に更新されます。
手順
1. ストーリー内のテキストボックスを選択します。
2. 書式設定パネルの動的テキストセクションから、トークンの挿入を選択します。
動的テキストは次のソースから追加できます。
○ 現在のページの入力コントロール
○ 計算入力コントロール
○ メジャー入力コントロール
○ ストーリーフィルタ
3. 表示する値の数を指定します。たとえば、指定した入力コントロールに最初の 10 個の値を表示する場合は、10 と入力し
ます。
動的テキストボックスに表示されない入力コントロールのメンバーの数は、括弧内に示されます。たとえば、入力コントロ
ールに 15 個のメンバーがあり、最初の 10 個のみを表示するように選択した場合は、入力コントロールにさらに 5 個のメ
ンバーがあることが示されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
167
結果
ストーリーに動的テキストが追加されました。動的テキストは、ソース入力コントロールの値に基づいて更新されます。
6.3.6 RSS リーダの追加
RSS リーダをストーリーに追加し、データやビジュアライゼーションとともに RSS フィードから関連記事を表示します。
手順
1. ストーリーページのツールバーから
RSS リーダ を選択します。
ブランクの RSS リーダがキャンバスに追加されます。
2. RSS リーダを選択した状態で、デザイナパネルに移動してビルダタブを選択します。
3. RSS フィードの管理セクションで、URL を RSS フィードに追加します。
表 41: 例
タイトル
URL
SAP Community Network
http://scn.sap.com/community/feeds/
allcontent
注記
RSS 2.0 フィードのみがサポートされます。
結果
キャンバス上の RSS リーダには、公開された RSS フィードから最新結果が表示されます。表示内容は
を選択して更新で
きます。
168
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
次のステップ
RSS リーダをカスタマイズするには、ビルダタブのプロパティセクションでオプションを設定します。
表 42:
オプション
説明
記事のバッチロード数
1 ページに表示する記事の数を指定します。前ボタンと次ボタンを使
用して、ページを切り替えできます。
タイムスタンプを表示
記事が公開された時間の表示/非表示を切り替えます。
タイトル表示
記事タイトルの表示/非表示を切り替えます。
長い記事を切り詰め
記事の短いプレビューのみを表示する場合に選択します。記事を展
開して全体を表示するには、さらに表示を選択します。
記事タイトルへのハイパーリンクを許可
このオプションを選択した場合、記事タイトルをクリックすると、記事
内容を表示する別のブラウザウィンドウが開きます。
書式設定タブでは、記事を表示するときのフォントと色も変更できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
169
6.3.7 別のページ、ストーリー、または外部 URL へのリンク
別のストーリーまたはページ、あるいは外部 URL に対するハイパーリンクを追加できます。
手順
1. キャンバスページで、リンク元の画像、チャート、ピクトグラム、テキストを選択します。
2. デザイナパネルを開き、ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
3. ハイパーリンクセクションで、リンクの宛先を選択します。
○ 外部 URL: 外部 Web ページの URL を入力します。チャートのデータを Web ページに渡す場合は、表示されるディ
メンションピッカーから 1 つ以上のディメンションを選択し、そのディメンションを URL に挿入します。
○ ページ: 現在のストーリー内のページを選択します。
○ ストーリー: 別のストーリーからページを選択します。
4. 宛先のページまたは URL を新しいブラウザウィンドウで開く場合は、新規ウィンドウで開くチェックボックスを選択します。
注: リンクの宛先が同じストーリー内の別のページである場合は、ハイパーリンクがたどられるときに、同じブラウザウィン
ドウ内で宛先ページに切り替わります。
5. ハイパーリンクがたどられるときに、選択したディメンションをフィルタとして宛先ページに渡す場合には、選択したディメン
ションをフィルタとして適用チェックボックスを選択します。
6. ハイパーリンクをたどるには、次のいずれかを実行します。
注: ストーリー編集権限を持っている場合は、最初にプレゼンテーションモードに切り替えます。
○ ハイパーリンクを含む画像、ピクトグラム、またはテキストを選択します。宛先のページまたは URL が開きます。
○ ハイパーリンクがチャート内にある場合は、チャート内のデータを選択します。たとえば、棒チャート内の 1 つまたは
複数の棒を選択します。次に、表示されるハイパーリンクを選択します。
ハイパーリンクの宛先が外部 URL である場合は、データポイントを 1 つだけ (棒チャート内の 1 つの棒などを) 選択
してから、ハイパーリンクを選択します。そのデータポイントで表されるディメンションが宛先の Web ページに渡され
ます。
ハイパーリンクの宛先が別のストーリーページである場合は、宛先のページが開きます。選択したディメンションをフ
ィルタとして適用オプションが選択された状態でリンクが定義された場合は、選択したディメンションが一時的なストー
リーフィルタとして適用されます。ハイパーリンクのソースページに戻って、一時的なストーリーフィルタを削除するに
は、そのフィルタを選択してから前のページに戻るを選択します。
170
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.3.8 チャートのスケーリング
ストーリー内の複数のチャートが同じメジャーを含む場合、メジャー値はさまざまなチャートで異なってスケーリングされる場合
があり、比較しづらくなることがあります。チャートをスケーリングすることで、メジャーが複数のチャートで同じスケールになる
ようにすることができます。
コンテキスト
注記
● チャートのスケーリングはストーリー内のすべてのページに適用されますが、スケール係数は各ページで個別に計算
されるため、スケーリングは異なるページの同じメジャーに対して異なる場合があります。
● 他のチャートのデータよりもはるかに大きいデータがチャートに含まれる場合などは、チャートをスケーリングから除外
して、他のチャートを小さく表示するようにすることができます。
手順
1. スケーリングするチャートが含まれるストーリーを開き、デザイナパネルを選択します。
2. ドロップダウンリストからチャートのスケーリングを選択します。
3. スケーリングするメジャーを選択します。
ストーリー内の影響を受けるチャートは、自動的に再スケーリングされます。
注記
メジャーが軸スケーリングルールに含まれている場合、そのメジャーを別の軸スケーリングルールに含めることはでき
ません。
4. チャートをスケーリングしたら、スケーリング済チャートの棒の幅を一定のサイズに設定することができます。これを行うに
は、デザイナパネルのチャートのスケーリングで、作成した軸スケーリングルールにマウスポインタを合わせ、
棒
幅の固定 を選択します。
設定する棒幅をピクセル数で入力します。デフォルトの幅に戻すには、入力した数値を削除します。
競合する棒幅が定義されると、軸の最初のメジャーの幅ルールが全体チャートに適用されます。
軸スケーリングルールが削除されると、関連付けられている棒幅の設定も削除され、棒幅はデフォルトサイズに戻されま
す。
5. チャートをスケーリングから除外するには、チャートを選択してドロップダウンリストから書式設定を選択し、スケーリング
の中断をオンに設定します。
6. スケーリング対象のメジャーを変更するには、スケーリング済メジャーリストでメジャーにマウスポインタを合わせ、
(ス
ケーリング済メジャーの編集) を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
171
7. メジャーのスケーリングを削除するには、スケーリング済メジャーリストでメジャーにマウスポインタを合わせ、
(スケー
リング済メジャーの削除) を選択します。
6.3.9 リンクされた分析の登録
階層データをドリルスルーするか、ストーリー内の複数のチャートを同時に更新するフィルタを作成するには、リンクされた分
析を登録します。
コンテキスト
リンクされた分析では、1 つのチャート内の階層データをドリルスルーするか、またはフィルタを作成するときに、分析に含まれ
る他のチャートに同じフィルタが適用されます。フィルタによって他のチャートを更新するためには、分析内のチャートが同じモ
デルに基づいているか、リンクされたディメンションがソースモデルに含まれている必要があります。
手順
1. ストーリー内のチャートを選択します。
2. デザイナパネルのドロップダウンメニューから、リンクされた分析を選択します。
3. チャートインタラクションオプションを選択します。
○ このチャート (デフォルトオプション): このチャートの階層データのドリルスルーとフィルタリングを行うと、このチャート
のみが更新されます。
○ リンク済チャート設定: このチャートの階層データのドリルスルーとフィルタリングを行うと、同じモデルを使用するか、
このチャートのモデルにリンクされたディメンションを使用して、設定内のすべてのチャートが更新されます。選択した
データ要素で他のチャートをフィルタリングするには、データ要素選択でフィルタリングオプションを使用します。
○ ストーリー全体: このチャートの階層データのドリルスルーとフィルタリングを行うと、同じモデルを使用するか、このチ
ャートのモデルにリンクされたディメンションを使用して、ストーリー内のすべてのチャートが更新されます。
4. チャートを除外することで、リンク済チャート設定を定義します。
デフォルトでは、ストーリー内のすべてのチャートがリンク済チャート設定に含められます。チャートを除外するには、チャ
ートを選択して、このチャートを設定に含めるオプションの選択を解除します。
除外したチャートは、リンク済チャート設定領域から除外するチャート領域に移動されます。
結果
リンクされた分析が登録されます。このチャートの階層データのドリルスルーとフィルタリングを行うと、選択したチャートインタ
ラクションオプションに基づいて、他のチャートが同時に更新されます。
172
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
注記
● リンクされた分析内のチャートが、リンクされたディメンションを持つモデルに基づいている場合、リンクされたディメン
ションの ID がすべて同じでなければなりません。そうでないと、リンクされたチャートは 1 つのチャート内のフィルタに
よって更新されません。
● リンクされた分析内のチャートが、リンクされたディメンションを持つモデルに基づいている場合、1 つのチャート内のデ
ータをドリルスルーすると、リンクされたすべてのチャートにフィルタが適用されますが、表示されるデータのレベルは
変更されません。
● 現在のところ、テーブルチャートおよびウォーターフォールチャート (ウォーターフォールチャート内のデータを展開また
は縮小しても、リンクされたチャートに表示されるデータのレベルは更新されません) では、リンクされた分析がサポー
トされません。
関連情報
チャートフィルタ [145 ページ]
階層データのドリルアップ/ドリルダウン [146 ページ]
リンク済みディメンションの登録 [198 ページ]
6.3.10 バリュードライバツリー
予測、予算管理、意思決定を行う際に役立つように、ストーリーのキャンバスページにバリュードライバツリーを追加します。
キャンバスページで
バリュードライバツリー (ベータ)
を選択して、キャンバスにバリュードライバツリーを追加しま
す。
デザイナパネルのシミュレーションを選択し、バリュードライバツリーに表示するバージョンを選択してから、計算の実行を選択
することで、バリュードライバツリーを使用してさまざまなシナリオをシミュレーションすることができます。
ストーリーにバージョンを表示するテーブルも追加している場合、テーブルの値を更新し、再度計算の実行を選択してバリュー
ドライバツリーを更新することができます。
ツリーをナビゲートするには、タイルをクリックしてドラッグし、マウスホイールを使用してズームします。デフォルトでは、バリュ
ードライバツリーのマップが左下隅に表示されます。バリュードライバツリーの表示を変更するには、マップ内で選択した領域
をドラッグします。マップの境界をドラッグして、タイル上でのマップの位置を変更することもできます。
関連情報
バリュードライバツリー (ベータ機能) [108 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
173
6.4
テーブル
テーブルは、データの表示および分析で使用できます。テーブルは、ストーリーのキャンバスまたはグリッドページのいずれか
に追加されます。
モデルに基づくテーブルでは、モデルタイプ (計画モデル、分析モデル、またはリモート HANA システムに基づくモデル) に応
じて、複数の機能とオプションを利用できます。各モデルタイプでサポートされる機能とオプションのみが表示されます。たとえ
ば、レイアウトは計画タイプのモデルに基づくストーリーのみで利用できます。
ページタイプ:キャンバスまたはグリッド?
キャンバスとグリッドページでは、テーブルに対して異なる機能がサポートされます。
● モデル:キャンバスページ上では、テーブルが基礎のモデルと統合されます。
グリッドページ上では、テーブルをモデルに関連付けできますが、データをマニュアルで入力または貼付できるアドホック
テーブルを作成することもできます。
● 位置設定:キャンバスページ上では、他のタイルの場合と同様に、テーブルを自由に移動できます。
グリッドページ上では、テーブルの上または左に行と列を追加することによって、テーブルの位置を変更できます。
● 入力タスク:テーブルから入力タスクを作成するには、キャンパスページ上にテーブルを作成する必要があります。
テーブルのデザイン
テーブルをストーリーに追加すると、データグリッドが作成され、モデルのカテゴリと基本ディメンションがグリッドの軸に沿って
配置されます。この基本レイアウトはデザイナツールを使用して変更できます。
ビルダを使用してテーブルの行と列に入れるメジャーとディメンションを選択し、書式設定ツールを使用してプレゼンテーション
を強化します。
テーブル内で選択したデータ領域に基づいてチャートとビジュアライゼーションを作成するには、検査パネルを使用します。
タスク
テーブルの登録 [175 ページ]
テーブルの変更 [176 ページ]
グリッドの書式設定 [178 ページ]
テーブルの操作 [179 ページ]
累計フィルタ (年次累計) [181 ページ]
集計 [182 ページ]
セル値のコピーとペースト [182 ページ]
セル参照 [184 ページ]
174
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
数式バー [184 ページ]
入力タスクについて [185 ページ]
入力タスクの登録 [186 ページ]
割り当てられた入力タスクの取り扱い [187 ページ]
承認者: 返された入力タスクの取り扱い [188 ページ]
バージョン管理について [189 ページ]
バージョンの登録 [190 ページ]
バージョンの公開 [191 ページ]
非公開バージョンの共有 [192 ページ]
主要業績評価指標 (KPI) [192 ページ]
KPI の登録 [193 ページ]
KPI のチャート表示 [194 ページ]
KPI の編集 [195 ページ]
カットオーバー日の設定 [197 ページ]
関連情報
ストーリー [114 ページ]
6.4.1 テーブルの登録
ストーリーキャンバスまたはグリッドページにテーブルを追加できます。
前提条件
任意の既存モデルに基づくテーブルを登録できます。リモートの本稼動データに基づくモデルは、管理者が接続機能を使用し
て登録する接続に応じて異なります。
手順
1. テーブルをストーリーに追加します。
○ キャンバスで、
(追加)
○ グリッドページで、
(追加) を選択します。
テーブル を選択します。
2. 利用できるオプションのいずれかを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
175
○ 既存のモデルが選択された状態で、テーブルの基礎になるモデルを選択します。
○ テンプレートに基づいて計画モデルを登録するには、グリッドページでテンプレートから登録を選択します。
○ データを手入力できる空白のグリッドタイルを登録するには、キャンバスページでモデルなしを選択します。
選択したモデルのデータから、またはテンプレートで設定したアカウントに基づいて、テーブルが生成されます。
3. ビルダタブを使用して、行と列に含めるディメンションを選択します。
6.4.2 テーブルの変更
テーブルの標準デザインはビルダタブで変更できます。
ビルダタブには次のセクションが表示されます。
データソース
データソースがこの領域に表示されます。
テーブル構造
テーブルの登録に使用されるすべてのディメンションがこの領域に表示されます。
(軸スワップ) を選択して、行と列を入れ
替えることができます。行と列に新しいディメンションを追加することもできます。
ディメンションにマウスポインタを合わせて ... を選択すると、次の操作を実行できます。
●
(フィルタ) フィルタを追加または変更します。
●
(属性) テーブルに表示する属性を選択します。
●
(未確定データ) 未確定データを表示するか、非表示にします。未確定データを非表示にすると、グリッドのセルのう
ち、データを含むセルのみが表示されます。
●
(合計を表示) ディメンション値の合計を表示します。
注記
サポートされるのは数値ディメンションのみです。階層ディメンションはサポートされません。
フィルタ
テーブルに適用されたフィルタの一覧がタブのフィルタセクションに表示されます。基礎となるモデルで時間ディメンションのカ
テゴリと期間を使用している場合は、その情報がフィルタ一覧に表示されます。この情報は削除できません。手作業で適用し
176
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
たフィルタは、フィルタの隣の
(キャンセル) アイコンを選択して削除できます。一覧の下部にあるフィルタ追加テキストを選
択すると、別のフィルタを追加できます。
通常、(選択したメンバーのみが表示されるように) フィルタは制限フィルタとして適用されますが、メンバーの選択時に選択し
たメンバーを除外を指定することで、フィルタを排他的に適用することもできます。後者の場合、選択したメンバーを除くすべて
のメンバーが表示されます。選択した任意のメンバーに対して
(非表示に設定) スイッチを設定することで、より詳細なレ
ベルで、フィルタ選択内の個々のアイテムを除外できます。選択済フィルタダイアログでは、選択したメンバーが 2 つの別個の
グループ (選択メンバーおよび非表示メンバー) に表示されます。
現時点では、排他フィルタを適用する場合、特定の機能が制限されることに留意してください。たとえば、空の (未確定) セル
に値を入力できません。排他フィルタと互換性のない機能 (展開、割当、分配など) を使用しようとすると、警告メッセージが表
示されます。その機能を使用可能にするには、排他フィルタを削除します。
時間ディメンションに対するフィルタ
時間ディメンションにフィルタを適用するために複数のオプションを使用できます。
● メンバーによるフィルタ: このオプションは、チェックボックスを使用して階層の個々のメンバーを選択または除外する標準
フィルタと基本的に同じです。
● 範囲によるフィルタ: このオプションを使用すると、(基礎のモデルで定義された時間粒度に応じて) 年、四半期、または月
に基づく期間を定義し、日付の範囲をフィルタとして適用できます。これにより、選択した期間の詳細のみが表示されま
す。複数の時間範囲フィルタを定義し、それらのフィルタをまとめて適用することもできます。この手法を使用すると、たと
えば、年の最初の 2 カ月を 3 年の期間にわたって比較できます。そのためには、3 年間の 1 ~ 2 月を 3 つの別個の範
囲として定義します。これらの範囲を単一のフィルタとして適用すると、選択した期間を除くすべての期間が除外されま
す。
フリーおよび固定
構築と書式設定は 2 つの異なる作業です。ビルダタブでフリーまたは固定を選択することで、別個の作業モードを使用できま
す。
● ディメンションモードで作業し、テーブルの構造を変更するには、フリーを選択します。
● 書式設定モードで作業するには、固定を選択します。こうするとディメンションが固定され、テーブルに書式設定を適用で
きます。
関連情報
ストーリーフィルタとページフィルタ [200 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
177
6.4.3 グリッドの書式設定
テーブル周囲のグリッドの書式を設定できます。
コンテキスト
注記
書式設定は自動生成されたテーブル周囲のグリッド内のセルのみに適用され、テーブルには直接適用されません。
手順
1. テーブルを選択します。
2. ビルダタブで、固定を選択します。
3. 書式設定タブを選択します。
4. テーブル外部の空のセルを選択します。
次の書式設定オプションを使用できます。
表 43:
書式設定オプション
フォント
書式設定
セル
178
説明
○
サイズ
○
色
○
タイプ
○
フェイス
○
配置
○
プレーンテキスト
○
数値 - 小数点以下桁数を変更可能
○
比率 - 小数点以下桁数を変更可能
○
通貨 - 小数点以下桁数と記号を変更可能
○
継承 - 直前のセル書式を適用
○
セルの結合
○
塗りつぶしの色
○
行の追加
○
列の追加
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
書式設定オプション
説明
スタイル
デフォルトでは、標準がすべてのセルに適用されます。新しいスタイルを登録するには、
(スタイルの追
加) を選択し、スタイルの名前を入力してから、フォントと背景のオプションを選択します。スタイルが保存さ
れると、現在のグリッド内のセル、またはストーリー内にある他のグリッド内のセルにスタイルを適用できま
す。
6.4.4 テーブルの操作
テーブルの登録が完了すると、テーブル内のデータを操作するために、グリッドツールバーで複数の機能を利用できます。
グリッドツールバーは動的であり、テーブルがアクティブであるときのみ表示されます。グリッドツールバーにはテーブルを管
理するための 2 つの標準オプションがあります。1 つはページからアクティブなテーブルを削除する
はアクティブなテーブルをホーム画面に固定する
(削除) であり、もう 1 つ
(ホームに固定) です。その他の機能については下記で詳しく説明しま
す。
計画モデルの編集
計画タイプのモデルに基づくテーブルについては、ストーリー内部から元のモデルを編集し、変更を保存してモデルを更新で
きます。ツールバーの
(計画モデルの編集) を選択して、モデルの編集ダイアログを開きます。このダイアログには、モデ
ルに含まれるディメンションとメンバーの概要が表示され、変更を行うための複数のオプションがあります。
ディメンションにメンバーを追加するか、ディメンションからメンバーを削除できます。そのためには、最初に、ディメンションのメ
ンバーリスト内の項目をクリックします。2 つの新しいオプションが表示されます。ディメンションからメンバーを削除するための
オプションと、'ここに入力' という新しいプロンプトテキストです。選択したメンバーを削除するか、モデルに追加する新しい勘
定メンバーの名前でプロンプトを上書きすることができます。どちらの場合も、OK でダイアログを閉じたときに、変更がモデル
に恒久的に適用されます。
期間の粒度を変更するか、計画の開始日と終了日を変更することで、モデルの時間ディメンションを変更できます。計画カテ
ゴリの頻度とモデルの予測設定を変更することもできます。ただし、これらの変更はモデルの既存のデータと互換性がない場
合があることに注意してください。その場合、モデルのデータが全消去されて、モデルの所有権が現在のユーザに譲渡される
ことを警告する確認プロンプトが表示されます。
上位 N
指定した数の上位/下位メンバーを選択するために、
(上位 N) フィルタをテーブルの列に適用できます。このアイコンは、
データの該当の列が選択された場合のみ有効になります。アイコンをクリックして、上位 N を登録ダイアログを開きます。モー
ド (上位または下位) を選択し、値の数 (つまり、このフィルタで選択して並べ替える項目の数) を入力します。フィルタを適用
する勘定 (列) を選択し、登録でダイアログを閉じてフィルタをグリッドに適用します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
179
上位 N フィルタが適用されると、どの列がフィルタリングされているのかを示すテキストがグリッドの隅に表示されます。フィル
タを削除するための
(クリア) アイコンもグリッドの隅で使用できます。
フィルタが適用されたとき、グリッドに表示されるコンテンツはデータの基礎構造に応じて異なります。もっとも単純な場合、選
択されていないすべてのデータ行が非表示になります。グリッド内のデータが階層的であるか集約されている場合は、他の従
属行が表示されます。
セルのロック
グリッドの個々のセルが更新されるのを防止するために、選択した 1 つ以上のセルにセルのロックを適用できます。
そのためには、ロックするセルを選択して、ツールバーの
(セルのロック) アイコンを選択します。ロックされたセルには、ロッ
クされていることを視覚的に示す灰色の影が付きます。また、ツールバーのアイコンは閉じた鍵に変わります。セルのロックを
解除するには、ロックアイコンを再度クリックします。
ストーリーのメインツールバーの読込専用機能ではセル値の上書きが防止されますが、セルのロック機能では集計によって
生じるセル値更新も防止されることに留意してください。したがって、ロック機能を使用すると、階層の兄弟ノード間に値を再配
分できます。
例
階層の親ノード Employee Expense に 3 つの子ノード(Salaries、Bonus、Training) があります。Employee Expense ノ
ードをロックして Salaries セルの値を増加させると、給与 (Salaries セル) の増加の帳尻を合わせて Employee Expense
ノードの合計を同じ値に維持するために、Bonus セルと Training セルの値が自動的に減少します。
ドリル
通常、データは折りたたみ可能な階層で編成および表示されます。階層の個々の分岐を手作業でドリルスルーしなくてもすむ
ように、
(ドリル) を使用し、現在表示可能なレベルの数を管理します。ドリルを選択し、ドリル状態を設定ダイアログを開き
ます。
複数のディメンションがテーブルに存在する場合は、開くディメンションを指定するために、ディメンションドロップダウンリストか
ら目的のディメンションを選択できます。開かれる階層レベルの数を指定するには、ドリルレベルの値を設定します。すべての
階層レベルを折りたたむには、ゼロを入力します。階層の深さに応じて、他の適切な値を入力できます。
式
テーブルでは事前定義済の式も使用できます。 テーブルのヘッダ領域で、右側の次に使用可能な列に式を入力します。カー
ソルをセル内に配置し、
/
アイコンを使用して数式バーを有効にします。数式バーに入力を開始すると、ドロップダウン
リストに候補の値が表示されます。式の入力が完了すると、計算値を含む新しい列が既存のデータ列に追加されます。
入力した式をサポートするために、適切なディメンションをテーブルに追加するよう留意してください。
180
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
関連情報
数式バー [184 ページ]
6.4.4.1
累計フィルタ (年次累計)
新しい列 (または行) をテーブルに追加して、年次累計 (YTD)、四半期累計 (QTD)、および月次累計 (MTD) の累計値を表
示することができます。
この機能は、時間ディメンションとメジャーディメンションの使用に依存します。モデルに基づくすべてのテーブルでは、[ビル
ダ] パネルでメジャーをフィルタとして常に使用できます。次の図に、実用的なシナリオを示します。
最初に時間ディメンションをテーブルに追加します。この図では、時間ディメンションが行として追加され、月を表示するために
階層が開かれています。そのため、期間が左側の列として表示されています。
次にメジャーディメンションをテーブルに追加します。メジャーディメンションが追加されると、必要なメジャーフィルタを選択でき
るようになります。選択した各フィルタについて、新しい列がテーブルに追加されます。
メジャーディメンションがテーブルに追加されなかった場合は、テーブル全体に適用される単一のメジャーフィルタのみを選択
することができます。
図の赤いハイライトは、YTD と QTD の両方で累計がどのように機能するのかという比較を示しています。各列の期間の値
は、期間合計がサマリ合計に等しくなるまで、月単位で累計されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
181
6.4.4.2
集計
通常、テーブル内の値は階層に沿って集計されますが、例外が必要となる場合もあります。
階層内の値の集計は、モデラ内の各勘定メンバーに適用される集計タイプ設定によって決定されます。一般的に、値は高い
レベルの合計に対して集計されます。
集計なし
場合によっては、集計値を単純化することができないことがあります。異なる通貨を使用している場合や、値が互いに互換性
のない異なる単位で示されている場合などが該当します。このような場合には、親セルが空として表示されることや、共通の
値がセルに表示されてもそれが単純集計ではないことがあります (詳細については、集計タイプ NONE を参照してください)。
これらのセルを識別できるように、セルには斜線が引かれ、データを説明するヘルプメッセージが表示されます。説明を表示
するには、セルの横にある通知記号を選択します。
分析タイプのモデルにおける集計
分析タイプのモデルでは、階層内にある高いレベルのノードに対して値を予約することも可能です (これは計画タイプのモデ
ルでは不可能です)。その場合、ノードには、予約された値の合計に、子ノードの値の合計を加算した値が表示されます。
例
値 30 が親ノード Sales Expense に対して予約されました。テーブルのセルに表示される値は 50 です。この値には 2 つ
の子勘定の合計が含まれています。
Sales Expenses 50
- Travel Expenses 10
- Other Expenses 10
6.4.5 セル値のコピーとペースト
テーブルとグリッドでは、集計値、値のリーフメンバーの基礎分布、および式のコピーとペーストを実行できるほか、セル間の
参照を登録することもできます。
データはテーブルとグリッドの内部またはテーブルとグリッドの間でコピーできます。また、Excel スプレッドシートなどの外部ソ
ースからデータをコピーすることもできます。
テーブルでは、データ入力を受取できるセルにデータをペーストできます。式によって計算されるセルにはデータをペーストで
きません。
182
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
テーブル内のデータのコピー
テーブル内のデータをコピーするときには、2 種類のペースト操作 (ソース分布のコピーとペースト、またはターゲット分布の保
持) があります。
ソース値をコピーするとき、視点内にあるソース値の各リーフメンバーの値もコピーされます。デフォルトでは、可能な場合、こ
れらのすべての値がペーストされます。
たとえば、Q1 メンバーをコピーして、同じバージョンの Q2 にペーストできます。月レベルでは、1 月の値が 4 月にコピーされ、
2 月の値が 5 月にコピーされ、3 月の値が 6 月にコピーされます。
次の条件が満たされる場合、ソース分布をコピー/ペーストできます。
● 単一のセルのみに対してペーストしている。
● ソースとターゲットのセルが同じバージョンに属している。
● 同じレベルの 2 つの期間 (12 月と 1 月など) でコピーしている。または、2 つの異なるリーフメンバー間 (一人の販売管理
者から別の販売管理者など) でコピーしている。
● カテゴリディメンションが行または列に追加される。
● コピーしたソースセルを表示できる。
これらの条件が満たされない場合は、代わりに集計値をペーストするように要求されます。その場合の動作は、値をセルに入
力するときと同じです。リーフメンバー間にコピーされる値の分布は、それらのメンバー間の既存の比率によって決定されま
す。また、未確定セルにペーストする場合は、自動展開によって値の分布が決定されます。ソースセルのリーフメンバーの集
計値のみがコピーされます。
使用するペースト操作を指定する場合は、
特殊ペースト (CTRL+SHIFT+V)
を選択できます。次に、ソース分布
をコピーまたはターゲット分布を保持を選択し、選択したオプションを今後の特殊ペースト操作のデフォルトとして設定できま
す。
複数の値のコピーとペースト
選択したセル値の長方形グループをテーブル内の複数のセルにコピー/ペーストすることもできます。その場合、セル値はソ
ース分布なしでペーストされます。
宛先セルは、予約済みの値、予約されていない値、それら両方の値の組合せにすることができます。複数の別々の勘定で同
じ集計タイプを使用している場合は、宛先セルが別々の勘定に属していてもかまいません。
同じディメンションの複数のレベルにペーストする場合、宛先セル内の子メンバーのみに値がペーストされ、親メンバーのセル
は集計によって計算されます。たとえば、第 1 四半期、1 月、2 月、3 月の値を含む領域にペーストする場合、コピーされる値
によって 1 月、2 月、3 月のみが更新されます。第 1 四半期の新しい値は、各月の値を集計することによって計算されます。
テーブル内に複数のディメンションがある場合、ディメンションメンバーの一部の組合せはターゲット領域として無効になりま
す。たとえば、Product Group (製品グループ) および Geography (地域) という 2 つのディメンションが行に追加されたテー
ブルを考えてみます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
183
表 44:
A
B
C
1
地域
アメリカ
2
製品グループ
携帯電話
ノートパソコン
携帯電話
ノートパソコン
販売数量
-
-
-
-
3
勘定
D
E
F
カナダ
この例で、有効なターゲット領域は、カナダおよびアメリカの携帯電話とノートパソコン (セル C3~F3) です。これは 2 つのデ
ィメンションのデカルト積と呼ばれます。
ただし、これら 4 つのセルのうち 3 つのセルからなるグループにはペーストできません。たとえば、アメリカの携帯電話とノート
パソコン、およびカナダの携帯電話からなるグループ (C3~E3) にはペーストできません。このようなグループについては、値
を個別にコピー/ペーストできます。
6.4.6 セル参照
テーブル内のセルをコピーして、テーブルに属さないグリッド内のセルにペーストすると、セル参照が登録されます。
セル参照は 2 つのセルをリンクさせて、それらのセルが常に同じ値を持つようにします。1 つのセルを変更すると、もう 1 つの
セルにも同じ変更が適用されます。
セル参照を表示するには、
表示/非表示 を選択します。テーブル内で参照を持つセルが強調表示されます。セル
間のリンクを解除するには、グリッド内の参照セルを選択して、
参照を削除 を選択します。
テーブルに表示されなくなったセルをグリッド内のセルが参照している場合は、# 文字が表示されます。
6.4.7 数式バー
勘定ディメンションのメンバーの値を計算するには、式を使用します。セル内のテキスト値の表示と、セルに適用される式の表
示を切り替えるには、勘定を選択した後、数式バー内のアイコン (
または
) を選択します。
注記
これと同じ機能をモデラでも使用できます。
式を追加するには、セルを選択してから、数式バーにカーソルを置きます。数式テキストの入力を開始します。グリッドから一
致の候補が自動的に表示されます。適切な候補を選択して式を完成させることができます。他の勘定への参照を計算に使う
ことができます。
次の算術関数も使用できます。
184
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
式
説明
Abs()
数値の絶対値 (符号なし数値) を返します。
Average()
引数の平均 (算術平均) を返します。例: =average(b8,c8,d8)
Ceil()
最も近い整数または最も近い有意倍数に数値を切り上げます。
Floor()
最も近い整数または最も近い有意倍数に数値を切り下げます。
Max()
値の集合のうち最大値を返します。
Min()
値の集合のうち最小値を返します。
Rnd()
最も近い整数に数値を切り捨てまたは切り上げします。
Round()
指定した桁数に数値を四捨五入します。例: =round(b2,3) - 小数点以下 3 桁に四捨五入
Sum()
指定された引数を合計します。
6.4.8 入力タスクについて
テーブルでは、同僚にデータの提供を要求する入力タスクを登録できます。
入力タスクを登録するには、次の条件を満たすテーブルが必要です。
● グリッドページではなくキャンバスページに作成されたクロスタブ。
● 計画モデルを使用する。
● 組織ディメンションを持つ。
● 1 つの有効な非公開バージョンを持つ。
モデルに複数の通貨がある場合は、次のタスク条件も考慮する必要があります。
● 登録する非公開バージョンでソースバージョンと同じ通貨が使用される。
● タスクを登録する人物が初期通貨でデータを表示する。
● 担当者が担当する組織の通貨でデータを表示する。
● 担当者に、通貨がソースバージョンに一致する入力タスクのみを割り当てることができる。通貨ごとに異なるタスクを登録
する必要がある。
関連情報
入力タスクの登録 [186 ページ]
割り当てられた入力タスクの取り扱い [187 ページ]
承認者: 返された入力タスクの取り扱い [188 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
185
6.4.8.1
入力タスクの登録
同僚からデータを収集する入力タスクを登録します。
前提条件
入力タスクを登録するには、少なくとも 1 つの有効な非公開バージョンを持つテーブルが必要です。また、モデルに複数の通
貨がある場合、入力タスクの登録時に使用できる通貨は 1 つだけです。
手順
1. テーブルのオプションから、
(入力タスク登録) を選択します。
入力タスク登録ダイアログが開きます。
2. ダイアログで、タスクの名前を入力します。
3. (任意) 説明を入力します。
4. 期日を設定するために、
5. タスクを割り当てるために、
カレンダを選択します。
(割当先を選択) を選択します。
組織から割当先を選択ダイアログでは、利用可能な組織領域が、それらを担当する人々の名前とともに一覧表示されま
す。
6. 選択ダイアログで、データを収集する領域を選択してから、設定を選択します。
情報タスクは、選択した領域に対する責任者としてリストされたユーザに割り当てられます。
注記
入力タスクを登録する人物を同時に担当者として割り当てることはできません。
7. 登録を選択して割り当てを行い、タスクダイアログに戻ります。
8. (任意) タスクのリマインダを作成します。
a.
(リマインダ追加) を選択します。
b. リマインダの設定ダイアログで、リマインダが送信される期日までの日数を指定します。
c. 担当者の上司をリマインダに含めるかどうかを指定します。
d. アプリケーション内の通知に加え、電子メールのリマインダを送信するかどうかを指定します。
e. 設定を選択します。
9. 登録を選択します。
186
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
結果
入力フォームが開きます。自分がタスクの承認者として設定されます。担当者とステータスを展開すると、タスクのステータス
を表示できます。
関連情報
入力タスクについて [185 ページ]
割り当てられた入力タスクの取り扱い [187 ページ]
承認者: 返された入力タスクの取り扱い [188 ページ]
6.4.8.2
割り当てられた入力タスクの取り扱い
タスクが割り当てられた場合、タスクを処理したり、完了のマークを付ける前に、タスクを受諾する必要があります。
コンテキスト
自分に割り当てられた入力タスクについて通知を受け取りました。ユーザはそのタスクを処理するのか、または却下するのか
を選択できます。どちらの場合も、承認者が満足しないと、承認者は追加作業のためにタスクをユーザに送り返すことができ
ます。
ユーザがタスクを却下した場合、承認者はそのタスクからユーザを免除できます。その場合、ユーザはタスク詳細にアクセス
できなくなります。
手順
1. タスクパネルにアクセスするには、次のいずれかを実行します。
○ 通知を開き、タスクを選択します。
○
主要
イベント の順に選択し、イベントカレンダでタスクを選択します。
イベントウィンドウの右側に入力タスクのためのパネルが表示されます。リンクセクション内のリンクを介して、入力フ
ォームを開くことができます。ただし、この時点ではデータを入力することができません。
入力タスクのストーリーが表示されます。タスクを受諾するまでは、タスクのすべてのデータを参照できません。
2. タスクを受諾または却下します。
オプション
説明
タスクの受諾を選択
タスクのすべてのデータを参照できるようになります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
187
オプション
説明
1.
テーブルのデータを編集するか、他の変更を行います。
2. タスクの処理が完了したら、完了を選択します。
メッセージが承認者に送信されます。
タスクの却下を選択
メッセージが承認者に送信されます。
承認者はタスクを再開して、ユーザにタスクを送り返すことができます。
結果
タスクが完了すると、最終詳細を照会できます。
関連情報
承認者: 返された入力タスクの取り扱い [188 ページ]
6.4.8.3
承認者: 返された入力タスクの取り扱い
入力タスクの登録者 (承認者) は、入力タスクがどのように返されるかに応じて、入力タスクに完了のマークを付けるか、他の
フィードバックを提供できます。
入力タスクは、そのタスクが割り当てられたユーザ (担当者) によって処理されるか、または却下されます。どちらの場合も、タ
スクは承認者に返され、承認者が次のいずれかの方法でタスクを完了させます。
担当者が入力タスクを受諾した場合
担当者が入力タスクを完了した後、承認者はその旨の通知を受け取ります。
1. 入力タスクにアクセスするために、通知を開いて目的の通知を選択します。
2. 担当者からのフィードバックを表示するために、次を実行します。
1. 担当者とステータスを展開し、担当者を特定します。
2. 結果を確認したら、承認を選択します。
担当者のステータスが完了に変化します。
フィードバックが不正確または不完全であると判断した場合は、フィードバックを拒否できます。入力タスクは担当者に送り返
されます。
188
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
担当者が入力タスクを却下した場合
担当者は入力タスクを却下することもできます。その場合、承認者は入力タスクからその担当者を免除するか、またはタスク
を再開し、応答を求めるために担当者にタスクを送り返すことができます。
承認者が担当者を免除した場合、ステータスは却下に変わり、担当者は入力タスクの詳細を照会する権限を失います。
入力タスクの完了
承認または免除によって、すべての担当者からの入力を処理したら、入力タスク完了を選択してタスクを終了します。
6.4.9 バージョン管理について
バージョン管理機能を使用すると、さまざまなバージョンのデータを登録/コピーし、それらを誰に表示するのかを制御できま
す。
バージョン管理 (
) では、テーブル内で既存のカテゴリを使用して、新しい非公開バージョンを登録できます。また、新しい
公開バージョンを登録するときに、カテゴリを変更できます。
使用できるカテゴリは次のとおりです。
● 実績
● 予算
● 計画
● 予測
● ローリングフォーキャスト
バージョンとは、カテゴリ内の 1 つ以上の仮定によって示唆されるデータ一式を意味します。カテゴリは、異なる仮定に基づい
て、複数のバージョンを含むことができます。たとえば、"予算" というカテゴリは、オプティミスティックバージョンとベースライン
バージョンを含むことができます。バージョン管理を使用すれば、特定のカテゴリ内でバージョンを作成できます。
注記
実績カテゴリには、実績という名前の公開バージョンを 1 つだけ含めることができます。このカテゴリは複数の非公開バー
ジョンを持つことができます。
バージョンに誰がアクセスできるかを制御するには、バージョンを非公開、公開、または共有に設定します。
● 公開バージョンはキューブ (データベース内のローモデルデータ) 内に格納されます。このデータへのアクセスはキューブ
とデータ権限によって制御されますが、それ以外のデータはすべてのユーザに対して表示されます。
● 非公開バージョンは、モデルの登録者または所有者にしか表示されません。これらのバージョンを使用することで、他の
人の目に触れさせることなく、計画値を変更したりシミュレーションしたりできます。非公開バージョンを公開するときは、
公開バージョンに昇格させて、非公開バージョンをドロップさせます。バージョンを同僚と共有することもできます。
公開バージョンと非公開バージョンは、モデルの 1 つのデータビューに結合されます。これらのバージョンのサブセットをフィル
タ処理して表示することもできます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
189
関連情報
バージョンの登録 [190 ページ]
バージョンの公開 [191 ページ]
6.4.9.1
バージョンの登録
新しいバージョンを登録するには、既存のバージョンを非公開バージョンにコピーします。次に、その非公開バージョンに必要
な変更を加えて公開し、公開バージョンにします。
コンテキスト
コピー機能は、ストーリーの
(バージョン管理) オプションで使用できます。
手順
1. テーブルを選択します。
2.
(バージョン管理) で、コピーするバージョンを見つけ、
(コピー) を選択します。
3. 非公開バージョンにコピーダイアログで、バージョンの名前を入力し、OK を選択します。
新しいバージョンがテーブルに追加されます。これで、必要に応じてバージョンを調整できるようになります。
関連情報
バージョン管理について [189 ページ]
バージョンの公開 [191 ページ]
190
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.4.9.2
バージョンの公開
公開機能を使用すると、非公開バージョンを公開バージョンにするか、公開バージョンを編集することができます。
コンテキスト
公開機能は、ストーリーの
(バージョン管理) オプションで使用できます。
手順
1. テーブルを選択します。
2.
(バージョン管理) で、公開したいバージョンを見つけ、
(公開) を選択します。
非公開バージョンを公開するか、適用した変更を公開バージョンに公開することができます。
3. バージョンの公開ダイアログには、次の 2 つの選択肢があります。
○ 新しい公開バージョンを登録するには、新バージョンとして公開を選択します。
カテゴリ (たとえば予測など) を選択し、新しいバージョンの名前を入力し、OK を選択します。
○ 更新内容を公開バージョンに公開するには、既存のバージョンを更新を選択します。
更新内容を公開バージョンに公開する場合は、編集したバージョンと同じバージョンのみを選択できます。バージョン
を選択し、OK を選択します。
新しいバージョンを公開することを選択した場合、そのバージョンはバージョン管理メニューの選択したカテゴリに表示さ
れます。既存のバージョンを更新することを選択した場合、バージョンが更新されます。非公開バージョンを公開した場
合、元の非公開バージョンはバージョン管理メニューに表示されなくなります。
関連情報
バージョン管理について [189 ページ]
バージョンの登録 [190 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
191
6.4.9.3
非公開バージョンの共有
テーブルの非公開バージョンを他のユーザと共有できます。バージョンを読込専用にするのか、他のユーザによる編集を許可
するのかを選択できます。
手順
1. 共有する非公開バージョンを持つテーブルを選択します。
2.
(バージョン管理)で、目的の非公開バージョンを見つけ、
(非公開バージョンの共有) を選択してから、読込専用
または読込および書込を選択します。
3. 表示されるダイアログで、ユーザを選択してから OK を選択します。
結果
非公開バージョンが共有され、通知が送信されます。ユーザはデータを変更できるようになります。
6.4.10 主要業績評価指標 (KPI)
主要業績評価指標 (KPI) は、ある種の成功測定基準です。
KPI を登録するときには、値のステータスを示すために、しきい値を定義します。たとえば、OK、警告、重要の各ステータスを
示す範囲を設定できます。登録した KPI は定期的に評価されます。ステータスが悪化しているセルがあると、通知センターに
アラートが届きます。
テーブル内の値を選択することで、KPI を定義できます。勘定ディメンションのメンバー (損益モデルの純収益など) は、KPI で
使用できます。
関連情報
テーブルの登録 [175 ページ]
192
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.4.10.1 KPI の登録
テーブル内で選択したメジャーから KPI を登録できます。
前提条件
ストーリーにテーブルが含まれている必要があります。
手順
1. テーブルで、1 つ以上のセルを選択します。
2.
(KPI 登録) を選択します。
KPI 編集ダイアログが表示されます。
3. KPI インターバルを作成します。
a. レベルを選択します (OK、警告、重要)。
b. しきい値を入力します。
上限と下限のしきい値を入力するか、単に 1 つのしきい値を入力することができます。
c. 適切な演算子 (未満 (<)、または以下 (≤)) を選択します。
d. (任意) KPI の名前を入力します。
4. 変更適用を選択します。
結果
KPI が登録されます。テーブルでは、緑色のチェックマークによって、値が OK ステータスの KPI であることが示されます。黄
色のダイアモンドは警告ステータスを示します。赤の三角形は重要ステータスを示します。デザイナパネルの KPI タブで、す
べての KPI を表示または編集できます。
関連情報
テーブルの登録 [175 ページ]
KPI のチャート表示 [194 ページ]
KPI の編集 [195 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
193
6.4.10.2 KPI のチャート表示
KPI をチャートに表示して、チャートをストーリーに追加できます。
前提条件
ストーリーに KPI のあるテーブルが含まれている必要があります。
手順
1. テーブル内のセルを選択します。チャートに表示する KPI が 1 つ以上のセルに含まれている必要があります。
2. 検査パネルを開きます。
自動的に生成されたチャートが表示されます。
3. KPI をサポートするチャートタイプをチャート一覧から選択します。
チャート内の KPI 値にマウスポインタを合わせると、KPI の現在のステータスが示されます。
4. (任意) チャートをストーリーに追加します。
a.
(コピー) を選択します。
b. 既存のページ、または新しいキャンバスページにチャートをコピーします。
注記
チャートをコピーすると、チャートの登録に使用された KPI は変更できなくなります。
関連情報
テーブルの登録 [175 ページ]
194
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.4.10.3 KPI の編集
KPI 一覧タブで KPI を編集できます。
前提条件
ストーリーに KPI のあるテーブルが含まれている必要があります。
手順
1. デザイナパネルで、KPI 一覧タブを選択します。
定義されたすべての KPI の一覧が表示されます。
2.
(KPI 編集) を選択します。
KPI 編集ダイアログが表示されます。
3. KPI の名前、しきい値、または演算子を編集します。KPI しきい値を削除するには、
(削除) を選択します。
4. 変更適用を選択します。
6.4.11 Predictive 時系列予測
ストーリーグリッド内のデータに対して Predictive 時系列予測を実行できます。
Predictive 時系列予測では、履歴データに対してアルゴリズムを実行し、計画モデル内にある特定のメジャーの将来の値を
予測します。予測された値は、後ほど計画プロセスで使用できます。予測は選択した特定のメジャーのみに適用されますが、
履歴データを含むセルに対して予測を実行した場合は、予約済データが上書きされます。バージョン内の他のデータは影響を
受けません。
Predictive 時系列予測を実行するときには、予測に使用する時間範囲と、履歴データとして使用する過去の期間を指定でき
ます。
現在のところ、下記に対しては Predictive 時系列予測を実行できません。
● 計算メジャー
● 公開バージョン
● 式
● 混合データセット
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
195
6.4.11.1 Predictive 時系列予測の実行
計画モデルのデータを使用し、ストーリーグリッド内の単一のセルに対して時系列予測を実行できます。
前提条件
Predictive 時系列予測を実行するには、計画権限と計画ライセンスが必要です。
コンテキスト
Predictive 時系列予測を実行するときには、データの非公開バージョンを操作していることを確認してください。
手順
1. 新しいストーリーを作成するか、既存のストーリーを開いて、計画モデルをストーリーグリッドに追加します。
○ 時間ディメンションが列として存在していない場合は、ビルダパネルで、時間ディメンションを追加します。
2. グリッド内にあり、非公開バージョンに属する編集可能な単一のセルをデータビューから選択して、
(予測) アイコンを
選択します。
Predictive 予測設定ダイアログが表示されます。
3. 予測のもとで、予測する期間を指定します。
予測単位の値は、Predictive 予測で使用できる時間粒度を示します。この値は、モデルで使用できる最小の粒度と一致
します。予測に関するその他の設定を表示するには、より多くのオプションを表示を選択します。過去期間の開始点を使
用は、Predictive 予測計算の開始点を指定します。参照期間は、予測するコンテキストに対する最後の予約済データの
日付を指定します。
4. Predictive 予測を実行する準備ができたら、プレビューを選択します。
時系列予測は、Predictive 予測のプレビューダイアログに表示されます。プレビューでは、過去の実績値とともに予測値
がグラフおよびテーブル行として表示されます。グラフの信頼区間の上限と下限も示されます。テーブル行には、ストーリ
ーグリッドに追加される予測値が示されます。
5. ストーリーグリッドに予測値を入力するには、OK を選択します。
予測値がグリッドに追加されたことを示すメッセージが表示されます。
196
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
6.4.12 カットオーバー日の設定
テーブル内で実績データと予測データを区別するには、予測またはローリングフォーキャストレイアウトに対してカットオーバ
ー日を設定します。
前提条件
ストーリー内のテーブルには、予測バージョンまたはローリングフォーキャストバージョンがあります。バージョンがない場合
は、バージョン管理を使用して作成することができます。詳細については、バージョン管理について [189 ページ] を参照してく
ださい。
デザイナパネルで、レイアウトタブを選択し、予測またはローリングフォーキャストを選択します。
手順
1. テーブルから、
(新規) を選択し、カットオーバー日の設定を選択します。
2. カットオーバー日の設定ダイアログで、以下のオプションのいずれかを選択します。
○ 特定の日付: 「MMM D(D), YYYY」形式で日付を入力 (Apr 25, 2015 または May 4, 2016) するか、カレンダーから
日付を選びます。
○ 現在の日付:デフォルトで選択されています。
○ 最後の予約済実績:これは、実績バージョンに対してデータを入力した最後の日付を意味します。
一般的に、現在の日付以降のカットオーバー日を入力することはできません。しかし、最後の予約済実績オプションを選
択した場合で、モデル内のデータが現在の日付よりも後の日付に関するものであるとき、例外として扱われ、将来に対し
てカットオーバー日が設定されます。
3. 設定を選択します。
結果
テーブルに、カットオーバー日の色やパターンを変更する行が表示されています。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
197
6.5
ストーリーページ
データの探索や表示を容易にするために、複数のページをストーリーに追加できます。
ストーリーページは空白のキャンバスまたはグリッドにすることができます。テーブルやチャートのレイアウトを設定する場合
は空白のキャンバスを使用し、シート上で数値や式を操作する場合はグリッドを使用します。
ページタブバーでは、ページのドロップダウンメニューを選択して、そのページの削除、名称変更、移動、非表示設定を行うこ
とができます。
ページを移動するには、目的の場所にタブをドラッグ & ドロップします。または、ドロップダウンメニューから左移動または右移
動を選択し、どちらかの方向に 1 レベル分、ページを移動します。
ページを非表示にすると、編集権限を持つユーザのみにページが表示されますが、プレゼンテーションモードでは表示されま
せん。ページを非表示にするには、ページのドロップダウンメニューから非表示に設定を選択します。ページを非表示にする
と、ページ名に取り消し線が入ります。そのため、ページが非表示に設定されたかどうかを判断できます。非表示にしたペー
ジを再表示するには、ページのドロップダウンメニューから表示に設定を選択します。
6.6
リンク済みディメンションの登録
複数のモデル内のディメンション間にリンクを登録できます。
コンテキスト
リンク済みディメンションを使用すると、複数のモデルからデータを表示する混合チャートを作成できます。
また、リンク済みディメンションを使用すると、リンク済みデータを含むすべてのチャートを同時に更新するフィルタも登録でき
ます。リンク済みディメンションに対するフィルタは、ストーリー、ページ、リンクされた分析のレベルで使用できます。
注記
● ディメンションの ID は、リンク先のディメンションの ID に一致する必要があります。
● チャートフィルタは単一のチャートのみに適用されるため、リンク済みディメンションには影響を与えません。
● 1 つのモデルに適用されるフィルタを別のモデルに対する有意のフィルタに変換するときの制限のために、一部のディ
メンションリンクでは、すべてのチャートにフィルタが適用されない結果になる可能性があります。
手順
1. [ディメンションのリンク] ダイアログを開きます。このダイアログにアクセスするには 2 つの方法があります。
○ メニューバーから
198
(ディメンションのリンク) を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
注記
ストーリーで使用されるすべてのリンク済みディメンションが列挙されます。新しいリンクを登録するには、新規モ
デルリンクの開始を選択します。
○ チャートを選択します。ビルダタブで、データソースリストを展開します。
(ディメンションのリンク) を選択します。
ディメンションのリンクダイアログが表示されます。
2. ストーリーに含まれるモデルのリストからモデルを選択するか、モデル追加を選択してアクセス可能なモデルを検索しま
す。
3. 1 つ以上のディメンションを選択します。
注記
ディメンションにマウスポインタを合わせると、ディメンションの値をプレビューできます。
4. 2 番目のモデルを選択し、1 つ以上のディメンションを選択します。
注記
ディメンションの ID は、リンク先のディメンションの ID に一致する必要があります。そうでない場合、フィルタを登録し
たときに、情報が返されません。
5. 設定を選択します。
結果
リンク済みディメンションがダイアログに表示されます。
関連情報
リンク済みディメンションの編集 [200 ページ]
混合チャートの登録 [150 ページ]
リンクされた分析の登録 [172 ページ]
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用 [201 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
199
6.7
リンク済みディメンションの編集
リンク済みディメンションを編集できます。
手順
1. メニューバーから
(ディメンションのリンク) を選択します。
ディメンションのリンクダイアログが表示されます。ストーリーに追加されたすべてのリンク済みディメンションが列挙され
ます。
2. リンク済みディメンションを選択し、リンクの側にある
(リンク編集) アイコンを選択します。
3. 使用されるモデルまたはディメンションを変更してから、設定を選択します。
結果
リンク済みディメンションを含むすべてのチャートが同時に更新されます。ビルダパネルでは、リンク済みディメンションが
(リンク) アイコンで示されます。
関連情報
リンク済みディメンションの登録 [198 ページ]
混合チャートの登録 [150 ページ]
リンクされた分析の登録 [172 ページ]
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用 [201 ページ]
6.8
ストーリーフィルタとページフィルタ
分析の範囲を限定するには、ストーリーフィルタとページフィルタを使用します。
ストーリーフィルタを使用すると、ストーリー内で同じモデルに基づくすべてのチャートにフィルタを適用できます。ページフィル
タはストーリーフィルタと同じですが、ストーリー内の単一のページのみに適用されます。
1 つのフィルタを 1 つのチャートに適用することもできます。関連リンクを参照してください。
200
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
注記
ページフィルタとストーリーフィルタは、ストーリーに少なくとも 1 つのチャートを追加した後のみ有効になります。
複数のフィルタの効果
ストーリーフィルタまたはページフィルタに対する変更は、同じストーリー内または同じページ上の関連するフィルタに影響を与
えます。
たとえば、ページフィルタの値を変更すると、同じページ上の関連するページフィルタがすべて自動的に更新されます。同じペ
ージ上に Country (国) フィルタと Region (地域) フィルタの両方があるときに、Country (国) フィルタの値を All (すべて) か
ら Sweden (スウェーデン) に変更した場合、Region (地域) フィルタはスウェーデンの地域のみを表示するように更新されま
す。その他の地域名はすべて非表示になります。非表示の値を表示するには、無効値を表示を選択します。
ストーリーフィルタに対する変更は、同じストーリー内の他のストーリーフィルタと、同じストーリー内の全ページ上のページフィ
ルタに影響を与えます。
注記
次のフィルタは、他のフィルタの変更による影響を受けません。
● 範囲フィルタ
● ハイパーリンクフィルタ
● マルチディメンションフィルタ (ディメンションの組合せに適用されるフィルタ)
関連情報
チャートフィルタ [145 ページ]
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用 [201 ページ]
別のページ、ストーリー、または外部 URL へのリンク [170 ページ]
6.8.1 ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用
前提条件
ページフィルタとストーリーフィルタは、ストーリーに少なくとも 1 つのチャートを追加した後のみ有効になります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
201
手順
1. フィルタは次のいずれかの方法で適用します。
○ ストーリーフィルタの場合は、上部ナビゲーションパネルにある
ーションパネルで、
(ストーリーフィルタ) を選択します。結果のナビゲ
(ストーリーフィルタ追加) アイコンを選択します。
○ ページフィルタの場合は、上部ナビゲーションパネルにある
入力コントロール を選択します。
2. フィルタの対象とするディメンションをリストから選択します。他のデータセットのディメンションに基づいてフィルタを登録す
るには、現在のデータセットの名称を選択し、使用できるデータセットのリストを表示してから、対象のデータセット名を選
択します。
注記
日付ディメンションなどの特定のディメンションには、リストからメンバーを選択するか、範囲を選択することでフィルタを
適用できます。メンバーを選択してフィルタを適用するには、メンバーによるフィルタオプションを選択します。範囲を選
択することでディメンションにフィルタを適用するには、範囲によるフィルタオプションを選択します。
3. フィルタに関する表示情報を変更するには、
を選択して利用可能メンバーメニューを展開し、内容説明表示オプション
のいずれかを選択します。
○ 説明
○ ID
○ ID および説明
ディメンション情報の表示方法を変更すると、対応するツールヒントが更新されます。
4. データを持たないディメンションメンバーを表示するには、未確定オプションをオンに設定します。
未確定オプションがオフである場合は、データを持つメンバーのみが表示されます。たとえば、通貨ディメンションをフィル
タリングするときに、ユーロと米ドルのメンバーのみにデータが存在する場合、残りの通貨メンバーは表示されません。
5. フィルタ設定ダイアログの利用可能メンバー領域で、フィルタを適用するメンバーの横にあるチェックボックスを選択しま
す。
検索機能を使用して、必要なメンバーを見つけることができます。ディメンションのすべてのメンバーを自動的に選択する
場合はすべてのメンバーを選択し、選択したメンバーを除外する場合は選択したメンバーを除外チェックボックスを選択し
ます。
注記
階層内のメンバーノードを選択すると、すべての子ノードが自動的に選択されます。
6. 選択したメンバー領域に表示されるメンバーが正しいことを確認します。
7. 範囲を選択することで特定のディメンションにフィルタを適用するには、メンバーによるフィルタではなく範囲によるフィルタ
オプションを選択します。
フィルタ範囲は次のように設定します。
○ 値の範囲ではなく範囲内の個別値をストーリーの表示者に指定させる場合は、複数選択リストを展開して、個別値ス
ライダを選択します。
○ 範囲バー上のスライダをドラッグするか、ドロップダウンリストから終了点を選択して、範囲の終了点を選択します。
追加の範囲を定義する場合は、新しい範囲の追加を選択します。複数の範囲を定義する場合は、個別値スライダを
使用できないことに注意してください。
202
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
○ 個別値スライダの場合、選択する終了点は、ストーリーの表示者がページフィルタまたは入力コントロールを使
用して選択できる最大値と最小値を表します。
○ それ以外の場合、選択する終了点は、ストーリーの表示者がページフィルタまたは入力コントロールで参照する
初期範囲を表します。ユーザはページフィルタまたは入力コントロールを使用して範囲を再定義できます。
注記
デフォルトでは、最初に定義した終了点の間の範囲のみをページフィルタまたは入力コントロールで選択できま
す。範囲スライダ全体の表示を選択すると、表示者は定義した初期範囲の外部の領域を選択できるようになりま
す。
○ データセットの先頭または末尾に範囲を拡張するとき、データを最新表示にしたときに開始値と終了値が変わる場合
でも、離散値ではなく開始または終了を選択します。
○ 日付ディメンションの場合は、粒度 (年や月など) も定義します。
8. ストーリーの表示者が、定義したフィルタ値のリストから有効なフィルタ値を指定できるようにするかどうかを選択します。
指定できるようにするフィルタ値として、1 つのフィルタ値、複数のフィルタ値、または階層の複数のフィルタ値を選択でき
ます。
表示者がフィルタ値を指定できるようにすると、表示者は各フィルタ値のオンとオフを切り替えるか (複数選択オプション
または複数の選択階層オプションを選択した場合)、1 つのフィルタ値を選択することができます (単一選択オプションを選
択した場合)。複数の選択階層オプションを使用すると、特定のディメンションメンバーの子ノードを選択できます。
9. OK を選択してフィルタを登録します。
10. ページフィルタを登録した場合は、そのページフィルタのサイズを変更して入力コントロールに変換できます。
ユーザがさまざまなフィルタ設定をテストできるように、入力コントロールには、チェックボックスまたはラジオボタンが付い
たフィルタ値が表示されます。
関連情報
チャートフィルタ [145 ページ]
ストーリーフィルタとページフィルタの値の変更 [204 ページ]
6.8.2 ストーリーフィルタをページフィルタに変換
1 つのストーリーページ上のチャートのみにフィルタを適用する場合は、ストーリーフィルタをページフィルタに変換します。
コンテキスト
ストーリーフィルタを登録した後、ツールバーの下のフィルタバーにストーリーフィルタが表示されます。キャンバスページ上で
ストーリーフィルタをページフィルタに変換できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
203
手順
1. キャンバスページを開いた状態で、フィルタバーからストーリーフィルタを選択します。
2. ページにコントロールを追加を選択します。
新しいフィルタがキャンバスページ上のオブジェクトとして表示されます。フィルタオブジェクトを選択してサイジングハンド
ルをドラッグすることで、フィルタオブジェクトのサイズを変更できます。フィルタオブジェクトを拡大すると、そのフィルタオ
ブジェクトがフィルタ値の選択に使用できる入力コントロールになります。
たとえば、表示者がフィルタ値を変更でき、複数のフィルタ値が許可されるようにフィルタが設定されている場合は、チェッ
クボックスとともにフィルタ値がリストに表示されるように、ページ上のフィルタオブジェクトを拡大できます。こうすると、チ
ェックボックスのオン/オフを切り替えることで、フィルタ値を変更できます。
6.8.3 ページフィルタをストーリーフィルタに変換
ストーリー内のすべてのページにフィルタを適用する場合は、ページフィルタをストーリーフィルタに変換できます。
手順
ページフィルタを 2 回選択し、フィルタバーにコントロールを追加を選択します。
6.8.4 ストーリーフィルタとページフィルタの値の変更
フィルタを含むストーリーを表示するときに、フィルタ値を変更することができます。
コンテキスト
ストーリーの登録者は、ストーリーの表示者がフィルタ値を変更できるかどうかを指定できます。フィルタ値の変更が表示者に
許可されていない場合、次の手順は適用されません。
手順
1. ストーリーを開いた状態で、ツールバーの下のフィルタバーから既存のストーリーフィルタを選択するか、キャンバスペー
ジ上のページフィルタを選択します。
フィルタ値が表示されます。
注:ページフィルタが入力コントロールになるように拡大されている場合は、入力コントロールにフィルタ値が表示されま
す。
204
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
2. フィルタ値を次のように変更します。
○ メンバーフィルタ (リストからメンバーを選択することで定義されたフィルタ):
ストーリーの登録者が複数のフィルタ値の選択を許可している場合、フィルタ値のオンとオフを切り替えることができ
ます。ストーリーの登録者が 1 つのみのフィルタ値の選択を許可している場合、適用するフィルタ値を選択することが
できます。値のリストの上にある
(検索) を選択することで、メンバー名を検索することもできます。
○ 範囲フィルタ (値の範囲を選択することで定義されたフィルタ):
ストーリーの登録者が複数のフィルタ値の選択を許可している場合、チェックボックスを使用するか、範囲バーの範
囲を選択/選択解除することで、フィルタ範囲のオンとオフを切り替えできます。ストーリーの登録者が 1 つのみのフ
ィルタ値の選択を許可している場合、適用するフィルタ範囲を選択することができます (複数の範囲が定義されてい
る場合)。編集権限を持っている場合、またはフィルタが入力コントロールに変換されている場合は、範囲を再定義す
ることもできます。
注記
表示/非表示メニューから、入力コントロール、ストーリーフィルタ、またはページフィルタの以下の要素を表示または
非表示にすることができます。
○ すべてのオプションを選択
○ アイコン
○ タイトル
関連情報
ストーリーフィルタまたはページフィルタの適用 [201 ページ]
6.9
チャートまたはデータの検査
チャートの背後のデータを検査するか、選択したデータに基づくチャートを表示できます。
ストーリーを設計するときに、検査パネルを開いてデータとチャートを探索できます。
● チャートを選択します。チャートを形成するデータが検査パネルに表示されます。データポイントを選択するか、データポ
イントの周囲に長方形をドラッグすることで、チャートにフィルタを適用した場合は、選択したデータのみが検査パネルに
表示されます。
● テーブルを選択するか、テーブル内のセルを選択します。テーブル内で選択したデータに基づくビジュアライゼーションが
検査パネルに表示されます。ビジュアライゼーションのタイプを変更したり、
アイコンを選択して並べ替えやランク付け
などの操作を適用したりすることもできます。
セルの選択時にチャートを更新するには、
(ビジュアライゼーション自動同期化) を有効化します (アイコンを再度選択する
と、このオプションを無効化できます)。
ビジュアライゼーション自動同期化オプションが無効な場合、
(ビジュアライゼーション同期化) を選択し、マニュアルでチャ
ートを更新します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
205
検査パネルからチャートとテーブルを保存するには、最初にそれらをストーリーページにコピーします。
6.10 デザイナパネル
デザイナパネルでは、ビルダパネルにアクセスして、チャートの登録、ページとタイルの書式設定、チャートのスケーリング、リ
ンク分析の登録を行うことができます。
次の表に、デザイナパネルから実行できるタスクの詳細を示します。
表 45:
タスク
詳細
チャートの登録
チャート [124 ページ]
ストーリーの書式設定
ページの書式設定 [206 ページ]
チャートのスケーリング チャートのスケーリング [171 ページ]
6.11 ページの書式設定
ストーリー内にあるページの全般的な外観の書式を設定できます。
手順
1. 書式を設定するストーリーのページを開き、上部ナビゲーションパネルにあるデザイナパネルを選択します。
2. ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
3. 必要に応じてページ書式設定オプションを選択します。
表 46:
206
書式設定オプション
説明
背景色
ページの背景色を選択します。
グリッドの表示
ページにグリッド線を表示する場合はオン、グリッド線を表示しない場合はオフを選択します。
ページサイズ固定
ページ幅をピクセル単位で入力する場合は、オンを選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
関連情報
タイルの書式設定 [207 ページ]
グループの登録と書式設定 [210 ページ]
6.12 タイルの書式設定
ストーリー内にあるタイルの外観の書式を設定できます。
手順
1. ページ上のタイルを選択します。
2. ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
選択したタイルタイプで利用できるオプションが書式設定パネルに表示されます。一部のユーザが利用できないオプショ
ンがいくつかあります。
3. 必要に応じてタイル書式設定オプションを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
207
表 47:
タイルタイプ
チャート
書式設定オプション
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
配置:キャンバス上のチャートの順序を変更します。
利用できるオプション:
○
○
(背面へ移動)
○
(最後面へ移動)
○
(前面へ移動)
○
(最前面へ移動)
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
○
(追加アクション) メニューに追加されます。
チャートプロパティ:
チャートが選択されたときに利用できるオプション:
○
適用されたチャートスケーリングルールにチャートが従うかどうかを選択します。
○
ラベルのフォントとサイズを選択します。
○
すべてのチャートラベルを表示するのか、ラベルが重複するタイミングを検出して一部のラベル
のみを表示するのかを選択します。
○
必要な場合はチャートを回転します。
棒チャートまたはウォーターフォールチャートのデータ要素が選択されたときに利用できるオプション:
○
要素の塗りつぶしの色を選択します。
チャートの凡例が選択されたときに利用できるオプション:
○
○
チャートに対して凡例をどのように配置するのかを選択します。
○
線または他のチャート要素を塗りつぶす色を選択します。
フォント:
チャートが選択されたときに利用できるオプション:
○
テキスト選択の変更を軸ラベル、データラベル、または凡例のみに適用するのか、またはすべて
○
フォント、サイズ、および色を選択します。
○
スタイルを選択します。
のテキストラベルに適用するのかを選択します。
○
ハイパーリンク:このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
固定されたビジュアライ
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
ゼーション
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
テーブル
(追加アクション) メニューに追加されます。
○
チャートプロパティ:ラベルのフォントとサイズを選択します。
○
ハイパーリンク:このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
フォント:フォントのサイズ、色、タイプ、およびテキスト行端揃えを指定します。
○
書式設定:数値を表にどのように表示するのかを選択します。
○
セル:セルの結合または分割、個々のセルへの塗りつぶし色の適用、新しい行または列の追加を行い
ます。
208
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
タイルタイプ
地理マップ
書式設定オプション
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
地理マッププロパティ:フィルタを適用するかどうかを選択します。
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
画像
ルームで使用されるときに、これらは
○
(追加アクション) メニューに追加されます。
(追加アクション) メニューに追加されます。
画像プロパティ:画像の拡大/縮小を処理する方法を選択します。
○
含む:画像のアスペクト比を維持したまま、画像全体がフレームに含まれます。
○
カバー:画像はフレーム全体をカバー、または埋めるようにアスペクト比を維持したまま拡大/縮
○
拡大:フレーム全体に合うように画像全体が拡大されます。
○
パン:フレームの水平方向に合わせて画像が拡大/縮小されます。画像の下部がトリミングされる
小されます。画像の一部がトリミングされることがあります。
ことがあります。
ピクトグラム
○
ハイパーリンク:このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
テキスト
クロック
ピクトグラムのプロパティ:ピクトグラムの塗りつぶしの色と線の色を選択します。
○
ハイパーリンク:このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
テキストプロパティ:
○
フォントのスタイル、サイズ、色を選択します。
○
段落の行端揃えを選択します。
○
箇条書きまたは記番号付きのリストをテキストに追加します。
○
ハイパーリンク:このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
○
RSS リーダ
(追加アクション) メニューに追加されます。
クロックプロパティ:
○
会社ロゴを表示します。
○
日付と時刻の表示書式を選択します。
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
○
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
(追加アクション) メニューに追加されます。
○
(追加アクション) メニューに追加されます。
Rss プロパティ:
○
タイトルとテキストの色を選択します。
○
フォントのサイズ、タイプ、スタイルを選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
209
タイルタイプ
入力コントロール
書式設定オプション
○
色:入力コントロールのヘッダとコンテンツのテキストの色、および背景の色を選択します。
○
フォントスタイル:入力コントロールのヘッダとコンテンツのテキストのフォントを選択します。
○
選択:入力コントロールの選択リスト (チェックボックスまたはラジオボタン) の色を選択します。
○
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
バリュードライバツリー
(追加アクション) メニューに追加されます。
○
背景色:タイルの背景色を選択します。
○
配置:キャンバス上のバリュードライバツリーの順序を変更します。
利用できるオプション:
○
○
(背面へ移動)
○
(最後面へ移動)
○
(前面へ移動)
○
(最前面へ移動)
ウィジェット:タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
○
(追加アクション) メニューに追加されます。
ヘッダ:バリュードライバツリー内のノードを選択して、このオプションを表示し、ノードの色リストから色
を選択して、ノードのヘッダの色を変更します。
関連情報
ページの書式設定 [206 ページ]
グループの登録と書式設定 [210 ページ]
6.13 グループの登録と書式設定
ストーリー内でグループの登録と書式設定を行うことができます。
コンテキスト
グループを登録すると、ページレイアウトを登録するときの柔軟性が高まります。
グループが選択されている場合、グループを単一のタイルとして取り扱うことができます。たとえば、2 つのチャートと、会社ロ
ゴから 1 つのグループを登録した後、そのグループをキャンバス上の別の位置に移動できます。書式設定はグループに適用
できます。グループをキャンバスの前面または背面に移動することもできます。
210
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
注記
グループはキャンバス上の他のタイルまたはグループに重ねることができます。
グループの登録後でも、書式設定をグループ内の個々のタイルに適用できます。また、グループ内の 1 つのタイルの位置、
サイズ、配置も変更できます。
注記
グループはフィルタに影響を与えません。
手順
1. CTRL を押しながら複数のタイルをクリックするか、複数のタイルをマーキー選択してから、
(グループ化) を選択し
ます。
2. ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
3. 書式設定オプションをグループに適用します。
表 48:
書式設定オプション
説明
背景色
グループの背景色を選択します。
オーダー項目
グループの前面から背面にグループを移動します。
利用できるオプション:
○
(背面へ移動)
○
(最後面へ移動)
○
(前面へ移動)
○
(最前面へ移動)
4. グループ内のタイルを選択し、必要に応じてアクションを適用します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
211
表 49:
アクション
説明
オーダー項目
グループの前面から背面にタイルの位置を変更します。
利用できるオプション:
配置
○
(背面へ移動)
○
(最後面へ移動)
○
(前面へ移動)
○
(最前面へ移動)
グループ内のタイルの配置を変更します。
利用できるオプション:
(複製)
○
(左揃え)
○
(中央揃え)
○
(右揃え)
○
(上揃え)
○
(上下中央揃え)
○
(下揃え)
選択したタイルの複製を作成します。
注記
複製は元のタイルの上に表示されます。両方のタイルを表示するためには、新しいタイルのサイズと位
置を変更する必要があります。
(展開)
サイズと位置
グループコンテナ全体にタイルを展開します。
グループコンテナ内のタイルのサイズと位置を変更するために、座標を追加します。
○
W: タイルの幅 (ピクセル単位)
○
H: タイルの高さ (ピクセル単位)
○
X: タイルの水平位置 (ピクセル単位)
○
Y: タイルの垂直位置 (ピクセル単位)
○
ɑ: 回転角度
5. 必要に応じて、タイルタイプに固有の追加書式設定オプションを適用します。
212
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
表 50:
タイルタイプ
チャート
書式設定オプション
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
チャートプロパティ:
ルームで使用されるときに、これらは
(追加アクション) メニューに追加されます。
チャートが選択されたときに利用できるオプション:
○
適用されたチャートスケーリングルールにチャートが従うかどうかを選択します。
○
ラベルのフォントとサイズを選択します。
○
すべてのチャートラベルを表示するのか、ラベルが重複するタイミングを検出して一部のラベル
のみを表示するのかを選択します。
○
必要な場合はチャートを回転します。
棒チャートまたはウォーターフォールチャートのデータ要素が選択されたときに利用できるオプション:
○
要素の塗りつぶしの色を選択します。
チャートの凡例が選択されたときに利用できるオプション:
○
○
チャートに対して凡例をどのように配置するのかを選択します。
○
線または他のチャート要素を塗りつぶす色を選択します。
フォント:
チャートが選択されたときに利用できるオプション:
○
テキスト選択の変更を軸ラベル、データラベル、または凡例のみに適用するのか、またはすべて
のテキストラベルに適用するのかを選択します。
○
フォント、サイズ、および色を選択します。
○
スタイルを選択します。
○
ハイパーリンク: このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
固定されたビジュアライ
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
ゼーション
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
チャートプロパティ: ラベルのフォントとサイズを選択します。
○
ハイパーリンク: このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
フォント: フォントのサイズ、色、タイプ、およびテキスト行端揃えを指定します。
○
書式設定: 数値を表にどのように表示するのかを選択します。
○
セル: セルの結合または分割、個々のセルへの塗りつぶし色の適用、新しい行または列の追加を行
ルームで使用されるときに、これらは
テーブル
(追加アクション) メニューに追加されます。
います。
地理マップ
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
○
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
(追加アクション) メニューに追加されます。
地理マッププロパティ: フィルタを適用するかどうかを選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
213
タイルタイプ
画像
書式設定オプション
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
画像プロパティ: 画像の拡大/縮小を処理する方法を選択します。
ルームで使用されるときに、これらは
○
○
(追加アクション) メニューに追加されます。
含む: 画像のアスペクト比を維持したまま、画像全体がフレームに含まれます。
カバー: 画像はフレーム全体をカバー、または埋めるようにアスペクト比を維持したまま拡大/縮
小されます。画像の一部がトリミングされることがあります。
○
○
拡大: フレーム全体に合うように画像全体が拡大されます。
パン: フレームの水平方向に合わせて画像が拡大/縮小されます。画像の下部がトリミングされ
ることがあります。
ピクトグラム
○
ハイパーリンク: このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
ピクトグラムのプロパティ: ピクトグラムの塗りつぶしの色と線の色を選択します。
○
ハイパーリンク: このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
テキストプロパティ:
ルームで使用されるときに、これらは
テキスト
クロック
○
フォントのスタイル、サイズ、色を選択します。
○
段落の行端揃えを選択します。
○
箇条書きまたは記番号付きのリストをテキストに追加します。
○
ハイパーリンク: このタイルから別のストーリー、ページ、または外部 URL にリンクします。
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
クロックプロパティ:
ルームで使用されるときに、これらは
RSS リーダ
会社ロゴを表示します。
○
日付と時刻の表示書式を選択します。
○
背景色: タイルの背景色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
○
Rss プロパティ:
(追加アクション) メニューに追加されます。
○
タイトルとテキストの色を選択します。
○
フォントのサイズ、タイプ、スタイルを選択します。
○
色: 入力コントロールのヘッダとコンテンツのテキストの色、および背景の色を選択します。
○
フォントスタイル: 入力コントロールのヘッダとコンテンツのテキストのフォントを選択します。
○
選択: 入力コントロールの選択リスト (チェックボックスまたはラジオボタン) の色を選択します。
○
ウィジェット: タイルのデータ探索とナビゲーションターゲットを選択します。ストーリーがデジタルボード
ルームで使用されるときに、これらは
214
(追加アクション) メニューに追加されます。
○
ルームで使用されるときに、これらは
入力コントロール
(追加アクション) メニューに追加されます。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
(追加アクション) メニューに追加されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
結果
グループが登録され、書式設定が適用されます。グループを削除するには、グループを選択してから
(グループ化解除)
を選択します。
関連情報
ページの書式設定 [206 ページ]
タイルの書式設定 [207 ページ]
6.14 ストーリーのプレビュー
ストーリーをプレゼンテーションモードで表示し、エンドユーザにどのように見えるのかを確認します。
ストーリーの設計時にはいつでも、プレゼンテーションビューに切り替えて、ストーリーのプレゼンテーション時、または表示権
限のみを持つユーザがストーリーを表示するときに、ストーリーがどのように見えるのかを確認できます。
プレゼンテーションビューモードをオンにするには、プレゼンテーションボタンを選択します。ストーリーはツールバーなしで全
画面表示されます。プレゼンテーションビューを終了するには、ページセレクタバーの上部にマウスポインタを合わせて、プレ
ゼンテーションボタンを再度選択します。
6.15 PDF へのエクスポート
ストーリーを PDF ファイルにエクスポートできます。
手順
1. ストーリーを開いて、ツールバーからファイルとして保存を選択します。
2. ファイルの形式リストから PDF を選択します。
3. エクスポートするページを選択します。
ストーリーのフィルタ設定を含む付録も選択できます。
4. ストーリーにグリッドページが含まれている場合、グリッドをページに分割するかどうかを選択します。
5. OK を選択してから、ファイル名と場所を指定します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
215
結果
注記
● PDF ファイルのページのサイズは、アプリケーションでストーリーページに表示されるコンテンツによって決まります。
PDF ファイルを紙に印刷する場合は、PDF 表示ソフトウェアのスケールオプションの使用が必要になる可能性があり
ます。
● PDF ファイルには、ストーリーページをエクスポートするときにストーリーページに表示されるとおりの内容が示されま
す。したがって、ストーリー内のチャートがスクロール可能である場合、それらのチャートの可視部分のみが PDF ファ
イルに含まれます。
6.16 ストーリーのコラボレーション
ストーリーにディスカッションを登録することにより、ストーリーでコラボレーションを使用できます。
ストーリーにディスカッションを登録するには、ナビゲーションパネルで
共有
新規ディスカッション を選択します。ディス
カッションのタイトルと説明はストーリーの名称を使用して自動的に生成されます。参加者を選択してから、登録を選択してデ
ィスカッションを登録します。
ストーリーをホーム画面に固定するには、ナビゲーションパネルでホーム画面に固定アイコンを選択します。
ストーリーがホーム画面に固定されている場合、ストーリータイルには最初のビジュアライゼーションのみが表示されます。タ
イルの設定を選択した後、<ストーリー名>に移動を選択してストーリーを編集します。
注記
ストーリーはホーム画面に固定できますが、ホーム画面を他のユーザと共有することはできません。
216
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ストーリー
7
デジタルボードルーム
デジタルボードルームは、ストーリーとアジェンダ項目を結合することで、リアルタイム、対話型のボードルームプレゼンテーシ
ョンを設計する場所です。
タスク
デジタルボードルームのストーリーの準備 [219 ページ]
アジェンダの作成と編集 [220 ページ]
関連情報
デジタルボードルームついて [217 ページ]
7.1
デジタルボードルームついて
経営会議を変革するために、デジタルボードルームを使用します。実際のデータに基づいて静的プレゼンテーションや古い情
報を対話型ディスカッションで置き換えることで、事実に基づく意思決定を行い、ビジネスを推進できます。
デジタルボードルームを使用して、下記を実現できます。
● 任意の時点で台本の内外に容易にジャンプできる柔軟なプレゼンテーションを作成する。
● 有効なデータを直接探索して関係を検出し、詳細を調査することで、質問への回答を見つける。
デジタルボードルーム領域では、次のタスクを実行できます。
表 51:
タスク
詳細
新規アジェンダの登録
(新規アジェンダ) を選択して、アジェンダの名前を入力します。
ボードルームモードでのアジェ
アジェンダを選択して、
ンダの開始
(ボードルーム) を選択します。
既存のアジェンダの編集
アジェンダを選択して、
(アジェンダ編集) を選択します。
アジェンダを選択して、
(アジェンダ削除) を選択します。
アジェンダの削除
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デジタルボードルーム
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
217
タスク
詳細
他のユーザとアジェンダを共
有してボードルームモードで表 アジェンダを選択して、
示
(アジェンダ共有) を選択します。
注記
アジェンダを共有する相手にも、アジェンダからリンクされたストーリーを表示する権限が必要です。スト
ーリー領域からストーリーを共有するか、複数のストーリーに対する読込アクセス権限をファイル領域
から一度に割り当てます。
ストーリーに対するデータ探索 ストーリー領域のデザイナパネルでストーリーを作成するときに、ウィジェットオプションを設定します。
とナビゲーションの追加
ボードルームモード
ボードルームモードは、タッチ機能を備えた 3 画面表示用に最適化されています。単一画面デバイスを使用して、プレゼンテ
ーションの 3 つのビューを切り替えることもできます。
注記
デジタルボードルームは、タッチディスプレイと非タッチディスプレイの両方で使用できます。システム要件および技術的前
提条件 [288 ページ] で、ハードウェア要件とソフトウェア要件を確認してください。
中央の画面が開始点であり、プレゼンテーションのすべてのアジェンダ項目が列挙されます。アジェンダ項目によってプレゼン
テーションが複数のパーツに分解されるため、別々のプレゼンタがそれぞれ独自のストーリーやデータを持つ特定のトピック
を担当できます。
218
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デジタルボードルーム
関連情報
デジタルボードルームのストーリーの準備 [219 ページ]
アジェンダの作成と編集 [220 ページ]
7.2
デジタルボードルームのストーリーの準備
ストーリーをボードルームアジェンダに追加する前に、アプリケーションのストーリー領域に移動し、デジタルボードルームの表
示とナビゲーションを最適化します。
ストーリーページの書式設定
デジタルボードルームに表示する各ストーリーページの最適なサイズは、幅が 1920 px です。ページサイズを設定するには、
次のようにします。
1. デザイナパネルを開き、ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
2. ページサイズ固定をオン に設定し、幅を 1920 px に設定します。
3. 最も近いグリッドに合わせるを選択します。
データ操作の有効化
デジタルボードルームでストーリータイルのプレゼンテーション中に、
(追加アクション) メニューからエクスプローラを起動
できます。エクスプローラでは、データを詳しく分析するために、メジャー、ディメンション、チャートタイプを変更できます。
エクスプローラを有効にするには、次のようにします。
1. デザイナパネルを開き、ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
2. ウィジェットセクションで、エクスプローラで開くを選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デジタルボードルーム
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
219
ナビゲーションリンクの追加
デジタルボードルームでは、3 つの画面に異なるストーリーページを表示できます。ストーリーページが 4 ページ以上ある場
合は、
(追加アクション) メニューから、4 ページ目以降や、まったく異なるアジェンダサブ項目にナビゲートすることができ
ます。
ナビゲーションリンクを追加するには、次のようにします。
1. デザイナパネルを開き、ドロップダウンリストから書式設定を選択します。
2. ウィジェットセクションで、ナビゲート先を選択します。
3. ナビゲーション対象ダイアログで、ナビゲーションオプションを選択します。
○ アジェンダサブ項目へのリンクを作成する場合は、アジェンダサブ項目にナビゲートを選択します。
○ それ以外の場合は、このオプションの選択を解除し、ボードルームモードでリンクによって表示される 3 つの画面に
ストーリーページを割り当てます。
ストーリータイルによって現在表示されているアジェンダとはまったく異なるアジェンダを選択できます。単一画面表示の表示
動作を設定することもできます。
関連情報
アジェンダの作成と編集 [220 ページ]
デジタルボードルームついて [217 ページ]
7.3
アジェンダの作成と編集
ミーティング情報やアジェンダ項目を追加し、ナビゲーション構造内のページとしてストーリーをリンクすることで、ボードルーム
プレゼンテーション用のアジェンダを設計します。
デジタルボードルーム領域で、
(新規アジェンダ) 選択して新規アジェンダを作成するか、既存のアジェンダを選択して
(アジェンダ編集) を選択します。
220
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デジタルボードルーム
アジェンダの設計
プレゼンテーションのパーツとフローは、アジェンダをどのように設計するかによって決定されます。アジェンダは、プレゼンテ
ーションを複数の異なるトピックに分解する 1 つ以上のアジェンダ項目で構成されます。編集可能なアジェンダ要素は次のと
おりです。
1. 全体のタイトル、日付、プレゼンテーションの場所を入力します。
2. 最初のアジェンダ項目のタイトルとサブタイトルを入力します。
3. 最初のアジェンダ項目の概要サマリとして使用するストーリーページを選択します。この概要は左側の概要画面に読み
込まれます。
4. プレゼンタの名前、職務役割、最初のアジェンダ項目の予定時刻を入力します。
5. 追加のストーリーページを 3 画面表示に割り当てるために、サブ項目をアジェンダ項目に追加します。新しいサブ項目を
追加するには、
6.
(新規) を選択します。
(新規) を選択して、新しいアジェンダ項目を追加します。
アジェンダ項目とアジェンダサブ項目の順序は、それらの項目を新しい位置にドラッグすることで変更できます。設定 (
)ダ
イアログを使用すると、プレゼンテーション全体の背景を薄いテーマまたは濃いテーマに変更することもできます。
編集中にプレゼンテーションをテストするには、
(保存) で変更を保存し、
(ボードルーム) でボードルームモードを開始
します。
アジェンダサブ項目の追加
アジェンダ項目に新しいサブ項目を追加するときには、アジェンダサブ項目ダイアログが表示されます。このダイアログでは、
ビジュアライゼーションやデータを表示するために、ボードルームモードの 3 つの画面にストーリーページを割り当てることが
できます。
● 概要画面 - 左側の画面。サブ項目を的確に要約するストーリーページ (データのサマリ表示を提供するビジュアライゼー
ションなど) を割り当てます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デジタルボードルーム
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
221
● コンテンツ画面 - 中央の画面。サブ項目のディスカッションの要点を示すストーリーページを割り当てます。
● コンテキスト画面 - 右側の画面。コンテンツ画面のデータのコンテキストを示すストーリーページを割り当て、詳細にドリル
ダウンできるようにします。
プレゼンテーションの自然なフローを実現するために、アジェンダは左から右に設計します。割り当てたストーリーページを変
更するには、
(リンク) を選択します。
関連情報
デジタルボードルームのストーリーの準備 [219 ページ]
デジタルボードルームついて [217 ページ]
222
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デジタルボードルーム
8
ファイル
ストーリー、入力フォーム、ボードルームアジェンダ、他のコンテンツ (アップロードしたファイルなど) をファイルエリアから編成
します。
ファイルは、公開、共有、チーム、非公開、お気に入り (お気に入りとして選択された項目はソースリストだけでなくお気に入り
リストにも表示されます) のいずれかのビューカテゴリに、リストとして表示されます。入力フォームは別個のビューで使用でき
ます。
タスク
ファイルのアップロード [223 ページ]
ファイルの共有 [224 ページ]
権限の割当 [224 ページ]
ファイルの管理 [225 ページ]
8.1
ファイルのアップロード
自分のコンピュータから SAP BusinessObjects Cloud にファイルをアップロードできます。
前提条件
ファイルをアップロードするには、ファイル領域の公開ビューまたは非公開ビューにいる必要があります。
手順
1. ツールバーで
(ファイルアップロード) を選択します。
2. ソースファイルの選択を選択して、ファイルシステムにあるファイルを参照し、ファイルを見つけてファイルアップロードを選
択します。
ファイルが正常にアップロードされると確認メッセージが表示され、新しいファイルがリスト内に表示されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ファイル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
223
8.2
ファイルの共有
他のユーザまたはチームとファイルを共有できます。
手順
1. ファイルを選択し、
共有 を選択します。
2. 文書共有設定ダイアログで、すべてのユーザとの共有、または選択したユーザおよびチームとの共有のどちらかを指定
します。次に、OK を選択します。
共有されたファイルは、自分の共有リストと、共有相手のユーザの同じリストに表示されます。
関連情報
権限の割当 [224 ページ]
8.3
権限の割当
ファイルまたはフォルダに対して特定の権限を設定し、それらの権限を他のユーザまたはチームに適用できます。
コンテキスト
ファイルへの公開アクセスは初期状態では読込専用アクセスになっています。アクセス権が変更されない限り、ファイルを変
更できるのは所有者に限られます。作成したリソースに対しては次の権限を付与できます。
● フルアクセス (他のすべての権限を含みます)
● 読込アクセス
● 更新アクセス
● 削除アクセス
● また、フォルダには次の作成権限を適用できます。
○ 新規ドキュメント
○ 新規フォルダ
注記
フォルダに対するアクセス権は、サブフォルダとファイルに伝播できます。
224
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ファイル
手順
1. ファイルを選択し、
権限の割当 を選択します。
2. 権限の割当ダイアログで、このファイルに付与するアクセス権を、すべてのユーザに対して設定するのか、選択したユー
ザとチームに対して設定するのかを指定します。次に割当を選択します。
次のステップ
ファイルエリアでは、すべてのユーザに非公開フォルダが用意されています。非公開フォルダ内のファイルには、他のユーザ
はアクセスできません。これらのファイルは最初に共有する必要があります。ファイルを共有するには、ファイルを選択して
共有 を選択します。
注記
ファイルを共有した相手のユーザが、そのファイルをさらに共有することはできません。
関連情報
ファイルの共有 [224 ページ]
8.4
ファイルの管理
ストーリー、入力フォーム、ボードルームアジェンダ、他のコンテンツ (アップロードしたファイルなど) を編成します。
ファイル管理機能 (ツールバーまたは
(管理) メニューから使用可能) には、次の機能があります。
● ファイルを編成するためにフォルダを作成
● ファイルの移動、コピー、削除、名称の変更
● お気に入りリストの更新
ファイルを整理するためにフォルダを使用
ツールバーの新規フォルダアイコンを選択すると、公開エリアまたは非公開エリアのどちらかにフォルダを登録できます。
フォルダにはファイルに対するのと同じ方法で権限を割り当てることができます。フォルダの場合は、選択したユーザに対し
て、フォルダ内に新しい文書と新しいサブフォルダを登録できるかどうかも決定できます。設定をフォルダのコンテンツに適用
するチェックボックス (サブフォルダと文書に適用) も使用できます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ファイル
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
225
ファイルをフォルダに移動またはコピー
ファイルをフォルダに追加するには、コピー (ツールバーのアイコン) または移動 (管理メニューのオプション) を使用します。
コピーでも移動でも処理は同じです。コピー先/移動先ダイアログに階層内で使用できるすべてのフォルダが表示されます。
階層の中から目的のフォルダを選択して、コピーを選択します。
コピーと移動の違いは、コピーは元のファイルのコピーが追加して登録されるのに対して、移動では元の場所から元のファイ
ルが削除されることにあります。
コピー/移動先の場所に同じ名称のファイルがすでに存在している場合は、警告が表示されます。この場合、対象のファイル
を上書きするか、処理をキャンセルして管理メニューの名称変更オプションを選択するかを選択できます。
お気に入り
お気に入り列のスターを選択するだけで、ファイルを直接お気に入りリストに追加 (またはリストから削除) できます。ファイル
の横にあるスターが選択 (黒色) されていると、このファイルはお気に入りリストにも表示されます。
あるいは、チェックボックスを使用してファイルを選択してから、ドロップダウンの管理メニューからお気に入りへの追加/削除
を選択することでも、同じことを行えます。
ファイルの削除
ファイルリストで 1 つ以上のファイルを選択した場合、ツールバーの削除オプションは、ファイルに定義されているアクセス権
に応じてアクティブになります。
ファイルまたはフォルダを削除するには、リストで 1 つ以上の項目を選択してから、ツールバーの削除アイコンをクリックするだ
けです。削除を選択すると、このアクションの確認を求める警告ダイアログが表示されます。
関連情報
ファイルのアップロード [223 ページ]
ファイルの共有 [224 ページ]
権限の割当 [224 ページ]
226
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
ファイル
9
イベント
イベントを登録し、カレンダで監視できるタスクを割り当てることで、プロジェクトを管理します。
プロジェクトを容易に管理するために、下記を実行できます。
● プロセスとイベントカテゴリに基づくイベントの登録
● タスクの登録、ユーザに対するタスクの割当、および期日の設定
● コラボレーションパネル (
● 時間パネル (
) を使用した同僚とのイベントおよびタスクに関するディスカッション
) を使用した進捗状況の監視
イベントのインポートとエクスポートを行って、他のアプリケーションとイベントを同期することもできます。
タスク
イベントの作成 [227 ページ]
タスクの作成 [228 ページ]
イベントのインポート [231 ページ]
イベントのエクスポート [231 ページ]
関連情報
イベントとタスクの監視 [229 ページ]
9.1
イベントの作成
計画カレンダでイベントを作成し、関連するアクティビティを処理するユーザを選択します。
コンテキスト
注記
イベント - アクションメニューで、色分けされたイベントの追加カテゴリおよびプロセスを定義することができます。各カテゴリ
内で、任意の数のユーザ定義プロセスを作成することができます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
イベント
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
227
手順
1. 新規ツールバーボタン (+ 記号) を選択し、新規イベントを選択します。
2. カテゴリを選択し、必要に応じてイベントのプロセスを選択します。
3. ユーザ選択機能を使用して、イベント全体で必要となるすべての担当者を選択します。
これで、タスクの作成時にこのユーザグループのユーザを個別タスクに割り当てることが可能になります。デフォルトで
は、イベントの所有者は、このイベントを作成するユーザです。これを後で変更することにより、通知が作成者ではなく正
しいユーザ (実際のタスクの所有者) に送信されるようにすることができます。
4. アプリケーション内の既存のオブジェクト (ストーリーやファイルなど) に対してイベントからリンクを追加することができま
す。
5. イベントに対して (指定した期日に関連して) リマインダを設定することにより、まだ完了していないタスクに割り当てられ
たすべてのユーザに通知メッセージを送信することができます。
9.2
タスクの作成
イベントごとにタスクを作成し、タスクにユーザを割り当てます。
コンテキスト
イベントにタスクを直接追加するには、関連タスク (+ 記号) を選択するか、新規ツールバーボタン (+ 記号) を選択し、新規タ
スクを選択します。
手順
1. タスクに 1 つ以上のユーザを割り当てます。
タスクに割り当てるユーザは、最初は担当者 (タスクを完了する責任を持つユーザ) で、必要に応じて 2 番目にレビュー
担当者と最終レビュー担当者に割り当てます
2. イベントの場合と同様に、既存のオブジェクトにリンクを追加したり、タスクに対してリマインダを設定することもできます。
228
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
イベント
9.3
イベントとタスクの監視
イベントとタスクの進捗状況をカレンダで監視したり、単一のプロセスに関するすべてのイベントを示す時系列を表示したりす
ることができます。
ワークフロー
ワークフロー機能は対話型です。
1. タスクの所有者がタスクを割当ユーザに割り当てると、割当ユーザは通知を受信します。
2. 割当ユーザはタスクを受諾 (または拒否) する必要があります。
3. 作業が完了したら、割当ユーザは完了をクリックします。これにより、タスクのステータスが更新され、レビュー担当者とし
て割り当てられたユーザまたはイベントの所有者のどちらか適切な方に対して追加の通知が送信されます。
監視
イベントとタスクは次の 2 つのどちらかの形式で表示することができます。
● カレンダビュー (表形式)
● 単一のプロセスに属するすべてのイベントとタスクを対象とした線形プレビュー (時系列)
タスクのステータスは簡単に識別することができます。
● 進行中のタスクは、中身が空の円として画面に表示されます。
● 完了したタスクは、中身が詰まった円として表示されます。
フィルタの使用
フィルタ機能を使用して、表示される情報の量を削減することができます。フィルタは以下に対して使用することができます。
● イベント
● タスク
● ロール (作成者、割当ユーザ、レビュー担当者、承認者)
● カテゴリおよびプロセス
フィルタは、カレンダビューと時系列ビューの両方に適用されます。
時系列の設定
時系列に表示される情報の量を設定する方法は、以下のとおりです。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
イベント
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
229
1. 時系列を選択し、時系列を表示可能にしてから、時系列編集を選択します。
2. 表示する日数を設定し、表示するカテゴリを選択します。
9.4
リマインダの調査
タスクに割り当てられたユーザに自動的に送信されるリマインダ通知を作成することができます。リマインダは、アプリケーショ
ン内のメッセージとして、またはユーザの電子メールアドレスに送信される電子メールとして送信されます。
リマインダのタイプ:
● イベントリマインダ
● タスクリマインダ
● 即時リマインダ
リマインダは、期日から前の日数として指定した日付に送信され、画面上の通知またはメッセージ、あるいはその両方として
送信することができます (ユーザの電子メールアドレスがユーザ管理で定義されている必要があります)。
9.5
イベントおよびタスクのためのコラボレーション
計画において同僚とコラボレーションするためのオプションは多数あります。たとえば、コントリビュータのグループ内で計画に
ついてディスカッションしたり、同僚とチャットしたり、グループと共有するためにリソースをアップロードすることができます。
ディスカッション
イベントでコラボレーション機能を使用するには、最初に、イベント内のグループでのディスカッションボタンを選択します。また
は、コラボレーションボタンを選択して既存のディスカッションに参加します。このボタンを選択すると、コラボレーションパネル
が表示されるか、このパネルがすでに表示されている場合は非表示にします。
チャット
コラボレーションパネルが開いている場合、オープンディスカッションの 1 つにドリルダウンし、チャットを使用してディスカッショ
ンに参加することができます。チャット参加の履歴はイベントとともに保持されます。
添付ファイルの共有
チャットに参加する以外にも、新規メニューに用意されているオプションを使用して、ファイル (すでにアップロードされているフ
ァイルやローカルに保存されているファイル) をディスカッションに添付することができます。
230
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
イベント
コラボレーションの管理
コラボレーションでは、コラボレーションの管理メニューのオプションを使用することもできます。このメニューでは、ディスカッシ
ョンの個々の参加者と (チャットを使用して) 直接通信できるだけでなく、ディスカッションに追加されている任意の関連コンテ
ンツにアクセスすることができます。
9.6
イベントのインポート
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) アプリケーションからビジネスプロセスフローイベント (ステップ) をイン
ポートすることができます。
前提条件
これを行うには、ソース BPC システムへのアクセス権を持つとともに、インポートプロセスの開始時にこのアプリケーションに
ログインする必要があります。
手順
1. ツールバーの BPF インポートを選択し、BPC システムを選択し、アプリケーションにログインします。
2. 必要な環境、モデル、および BPF 情報を選択し、インポートを選択し、インポートプロセスを開始します。
9.7
イベントのエクスポート
イベントをエクスポートするには、以下の手順に従います。
コンテキスト
イベントをカレンダ交換形式 (iCalendar) でエクスポートすることができます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
イベント
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
231
手順
イベントを選択し、ツールバーのエクスポートボタンをクリックします。
結果
これにより、イベントがダウンロードされ、ローカルのダウンロードディレクトリにファイルとして保存されます。iCalendar
(*.ics) 形式で保存され、メールを介して他の同僚に送信したり、他のカレンダアプリケーションで再使用できるようになりま
す。
232
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
イベント
10 セキュリティ
このセクションでは、SAP BusinessObjects Cloud のユーザ管理、ロール、およびセキュリティに関する情報を参照できま
す。
SAP BusinessObjects Cloud のシステム管理者は、ユーザを登録し、事前定義済みのロールまたは新たに登録したロール
にユーザを割り当てます。ユーザとロールに関連する更新タスクを実行したり、アクティビティとデータを監視したりすることも
できます。
タスク:
ユーザ [233 ページ]
ロールの作成 [238 ページ]
申請の承認 [242 ページ]
データ変更 [244 ページ]
アクティビティ [246 ページ]
関連情報
標準アプリケーションロール [239 ページ]
アクティビティレベルでの権限 [241 ページ]
10.1 ユーザ
このセクションでは、SAP BusinessObjects Cloud におけるユーザの登録と操作に関する情報を参照できます。
SAP BusinessObjects Cloud のシステム管理者は、ユーザレコードの登録と削除を行います。CSV ファイルを使用して、別
のシステムからユーザデータをインポートすることもできます。同様に、SAP BusinessObjects Cloud のユーザデータを
CSV ファイルにエクスポートできます。
タスク:
ユーザの作成 [234 ページ]
ユーザの削除 [235 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
233
ユーザのインポート [236 ページ]
ユーザのエクスポート [236 ページ]
10.1.1 ユーザの作成
システム管理者は、チームのすべてのユーザを作成し、SAP BusinessObjects Cloud を操作するために必要なロールをこ
れらのユーザに割り当てる必要があります。
コンテキスト
注記
SAP BusinessObjects Cloud の事前定義済のアプリケーションロールをユーザに割り当てることができます。これらのロ
ールがビジネスケースに適していない場合は、自社専用の新しいロールを作成することができます。ビジネスユーザを作
成する前に、新しいロールを作成する必要はありません。また、SAP BusinessObjects Cloud のロールページで、ユーザ
にロールを割り当てることもできます。
手順
1. ユーザ管理エリアのユーザページで、
(新規) を選択し、ユーザ管理テーブルに新しい行を追加します。
2. 一意のユーザ ID を入力します。
使用可能な文字は、大文字、数字、下線、ハッシュマーク、アンパサンドのみです。ユーザ ID にスペースは使用できませ
ん。最大長は 127 文字です。
3. ユーザ名の詳細情報を入力します。
ユーザ名を入力しない場合、ユーザ名としてユーザ ID が使用されます。
4. ユーザが通知を電子メールで受信できるように、電子メールアドレスを入力します。
5. ユーザによるアクセス権の変更要求を承認する管理者を選択します。
6. すべての詳細情報を入力したら、ツールバーから
(保存) を選択します。
新しいユーザの初期パスワードを入力する必要があるため、パスワードの設定ダイアログが自動的に開きます。
7. ユーザの新しいパスワードを入力し、入力内容を確認します。
パスワードは 8 文字以上であるとともに、大文字、小文字、数字がそれぞれ少なくとも 1 文字は含まれる必要がありま
す。
8.
(パスワードの設定) を選択します。
電子メールアドレスを追加した場合は、新しいユーザのログインアドレス、ユーザ名と初期パスワードが記載された [よう
こそ] 電子メールが自動的に送信されます。
234
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
注記
SAP BusinessObjects Cloud でロールを割り当てない場合、必要最小限の権限がユーザに割り当てられます。ユー
ザはログインして、必要な権限をすべて付与する別のロールを要求することができます。ロールを変更するセルフサー
ビス要求は、ユーザの管理者に電子メールで送信されます。管理者は要求を承認して処理します。
関連情報
ユーザの削除 [235 ページ]
ユーザのインポート [236 ページ]
ユーザのエクスポート [236 ページ]
ロールの作成 [238 ページ]
申請の承認 [242 ページ]
10.1.2 ユーザの削除
管理者は不要になったユーザ ID を削除できます。
手順
1. ユーザ管理テーブルで、テーブルの左端の列にあるユーザ番号をクリックして、削除対象のユーザ ID を選択します。
これによって行全体が選択されます。
2. ツールバーから
(削除) を選択します。
この操作によってユーザの残りの個人コンテンツが削除されることを注意喚起する確認プロンプトが表示されます。管理
者は、ユーザ ID を削除する前に、必要な個人データが保存またはエクスポートされたことを確認する必要があります。
3. OK を選択して続行し、ユーザをシステムから削除します。
各ユーザの許可されたストレージ制限内の個人コンテンツが削除されるのは、ユーザが削除される時点に限られます。
ただし、管理者は公開ファイルを削除する権限を持っています。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
235
10.1.3 ユーザのインポート
他のシステム内のユーザデータを同期化するには、ユーザデータを CSV ファイルでインポートします。
前提条件
インポートするユーザデータが CSV ファイルに格納されている必要があります。
手順
1. ユーザ管理エリアのユーザページで、
(ユーザのインポート) を選択します。
2. ユーザのインポートダイアログで、ソースファイルの選択を選択し、CSV ファイルをアップロードします。
3. マッピングの定義を選択し、CSV ファイル内のユーザデータのフィールドをユーザ管理内のフィールドに割り当てます。
4. ソースをターゲットにマッピングダイアログで、ヘッダ、行セパレータ、デリミタ、およびテキスト識別子に適したエントリを選
択します。
5. マッピング済データのプレビューを確認します。マッピングが正しい場合、マッピングの定義を選択します。
6. ユーザのインポートダイアログで、インポートを選択し、定義されたマッピングに応じて CSV ファイルをアップロードしま
す。
結果
CSV ファイル内のすべてのユーザデータがユーザ管理テーブルにインポートされます。
10.1.4 ユーザのエクスポート
SAP BusinessObjects Cloud のユーザデータを他のシステムと同期化するには、データを CSV ファイルにエクスポートしま
す。
手順
ユーザ管理エリアのユーザページで、
236
(エクスポート) を選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
結果
すべてのユーザデータが CSV ファイルにエクスポートされ、そのファイルがブラウザのデフォルトのダウンロードフォルダに自
動的にダウンロードされます。
10.1.5 Mapping SAML Attributes to Users
You can map existing SAML user or group attributes to SAP BusinessObjects Cloud user profiles.
Context
The following SAML attributes can be mapped to SAP BusinessObjects Cloud:
● First Name
● Last Name
● Display Name
● Job Title
● Mobile
● Phone
● E-Mail
● Functional Area
● Office Location
● Language
● Date Formatting
● Number Formatting
Note
The option to map SAML attributes appears only if you use SAML authentication to log onto SAP
BusinessObjects Cloud.
Procedure
1. On the User page of the user management area, select
(Map SAML User Properties).
The Map SAML Attributes dialog appears.
2. Select a SAML Attribute.
The list of SAML attributes is populated with up to three available mappings. Expand the drop-down list
beside the selected attribute to change it.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
237
If you are connecting to a remote SAP HANA system, you can click X properties found and all SAML attributes
detected will be added to the list automatically.
3. Select
(New Mapping Definition) to add additional SAML Attributes if necessary.
4. Select a Target Property for each SAML attribute.
5. Select Save.
10.2 ロールの作成
提供された SAP BusinessObjects Cloud の標準アプリケーションロールをユーザに割り当てることができます。これらのロ
ールがビジネスケースに適していない場合は、ビジネスニーズを満たす個別ロールを作成するためのテンプレートとして、こ
れらのロールを使用することができます。
コンテキスト
注記
ユーザ管理エリアのユーザページおよびロールページでユーザにロールを割り当てることができます。ユーザを先に作成
するか、ロールを先に作成するかは関係ありません。
手順
1. ユーザ管理エリアのロールページで、
(新規) を選択し、ロール管理テーブルに新しい行を追加します。
2. 新しいロールの作成ダイアログで、ロールに対して一意の名前を入力し、OK を選択します。
注記
ロール名に空白を使用することはできません。
ロールが作成され、新しいページが表示されます。
次に、ビジネスオブジェクトタイプのすべてのオブジェクトに対して、または既存のすべてのビジネスオブジェクトに対して
個別に、すべてのアクティビティについて新しいロールの権限を定義します。たとえば、すべてのデータ変更ログを読み込
むことが許可されたユーザを定義するには、データ変更ログ行の読込列でインジケータを設定します。権限は既存のす
べてのログに自動的に渡されます。
3. 特定のデータ変更ログのみの読込がユーザに許可されるよう定義するには、矢印を選択してログノードを展開してから、
特定のログ行の読込列でインジケータを設定します。
選択したログを読み込む権限のみが付与されます。
4. 標準ロールに基づいて権限を定義するには、
238
(テンプレートの選択) を選択し、ロールを選択します。
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
選択したロールの権限が新しいロールにコピーされます。権限はビジネスニーズを十分満たすようになるまで簡単に追加
および削除することができます。
5. 新しいロールが割り当てられるユーザがすでに作成されている場合は、
(ロールの割当) を選択し、ユーザへのロー
ルの割当ダイアログで 1 人以上のユーザを選択し、OK を選択します。
6.
(設定) を選択し、設定ダイアログで次のオプションを定義します。
オプション
説明
セルフサービスの
有効化
このオプションを有効化すると、任意のビジネスユーザがロール申請ダイアログでこのロールを自分自身で申請
できます。
デフォルトロール
として使用
このオプションを有効化すると、ロールがロール申請ダイアログで自動的に選択されます。
フルデータアクセ
ス
このオプションを有効化すると、モデルのデータアクセスの定義方法とは関係なく、このロールを割り当てられた
任意のユーザが任意のモデルのすべてのデータを表示することができます。
推奨事項
フルデータアクセス権は慎重に、選択したユーザに対してのみ付与してください。
7. どのタイプのユーザがロール申請を承認するかを決定します。
○ マネージャ: ロールを申請するユーザのマネージャとして割り当てられたユーザは、申請を承認する必要がありま
す。
注記
マネージャは、ユーザ管理エリアのユーザページでユーザに割り当てられます。
○ 他のユーザ: ダイアログから選択された特定のユーザは、申請を承認する必要があります。
関連情報
標準アプリケーションロール [239 ページ]
アクティビティレベルでの権限 [241 ページ]
ユーザの作成 [234 ページ]
申請の承認 [242 ページ]
10.3 標準アプリケーションロール
SAP BusinessObjects Cloud には、複数の標準アプリケーションロールが用意されています。
標準アプリケーションロールを直接エンドユーザに割り当てるか、別のビジネスニーズがある場合は、新しいロールを定義す
るテンプレートとしてそれらを使用することができます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
239
表 52: 標準ロール
ロール
説明
Admin
計画管理者:全権限
SAP BusinessObjects Cloud で使用可能なすべてのタスク権限が含まれます。通常、ユーザとロールを設
定したり、システムの移送を実行するためにシステム管理者に割り当てられます。
Modeler
計画モデラ:モデリング権限
モデルとディメンションを管理するために必要なすべての権限が含まれます。通常、モデルとディメンションを
登録および変更するユーザに割り当てられます。
Planner Reporter
プランナレポータ:計画権限とレポート権限
収益計画などの計画アクティビティを実行するために必要なすべての権限が含まれます。通常、計画と予算
管理を実行するユーザに割り当てられます。
Viewer
計画ビューア:読込権限
読込専用権限が含まれます。通常、データの読込のみが許可されたユーザに割り当てられます。
BI Admin
ビジネスインテリジェンス管理者:全権限
計画関連を除く全タスクの権限を含みます。通常、ユーザとロールを設定するために BI システム管理者に割
り当てられます。
BI Content Creator
ビジネスインテリジェンスコンテンツ登録者:権限の登録および更新
計画に関連のないモデルとディメンションを管理するために必要なすべての権限が含まれます。通常、非計画
モデルとディメンションを登録および変更するユーザに割り当てられます。
BI Content Viewer
ビジネスインテリジェンスビューア:読込権限
非計画データに対する読込専用権限が含まれます。通常、データの読込のみが許可されたユーザに割り当て
られます。
HCP Content Creator
HANA Cloud Platform 登録者:登録権限および更新権限
計画に関連のないモデルとディメンションを管理するために必要なすべての権限が含まれます。通常、非計画
モデルとディメンションを登録および変更するユーザに割り当てられます。
注記
HCP ロールでは、データソースとして SAP HANA Cloud Platform (HCP) にのみアクセスできます。
HCP Content Viewer
HANA Cloud Platform ビューア:読込権限
非計画データに対する読込専用権限が含まれます。通常、データの読込のみが許可されたユーザに割り当て
られます。
注記
HCP ロールでは、データソースとして SAP HANA Cloud Platform (HCP) にのみアクセスできます。
240
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
ロール
説明
Predictive Analyst
予測アナリスト:自動ディスカバリ権限
計画に関連のないモデルとディメンションを管理するために必要なすべての権限が含まれます。通常、非計画
モデルとディメンションを登録および変更するユーザに割り当てられます。また、ガイド付マシンディスカバリワ
ークフローに対するユーザアクセスを許可します。
関連情報
ロールの作成 [238 ページ]
ユーザの作成 [234 ページ]
10.4 アクティビティレベルでの権限
特定のビジネスオブジェクトに対するアクティビティを制御することができます。
ユーザ管理でロールを登録するとき、管理者は、すべてのビジネスオブジェクトに対してアクティビティレベルで権限を定義し
ます。ユーザを登録またはインポートすると、ロール割当を介してアクティビティ権限がユーザに間接的に付与されます。
表 53:
オブジェクト
アクティビティ
説明
ディメンション
登録/読込/更新/削除
ディメンションの登録、読込、更新、および削除
更新
ディメンション内のメンバーの更新
登録/読込/更新/削除
ディメンションの登録、読込、更新、および削除
更新
通貨換算時のメンバーの更新
登録/読込/更新/削除
モデルの登録、読込、更新、および削除
更新
モデルへのトランザクションデータのインポート
登録/読込/更新/削除
モデルの登録、読込、更新、および削除
実行
KPI の計算
共有
他のユーザとの KPI の共有
ロール
登録/読込/更新/削除
ロールの登録、読込、更新、および削除
ユーザ
登録/読込/更新/削除
ユーザの登録、読込、更新、および削除
アクティビティログ
読込/削除
アクティビティログデータの読込と削除
データ変更ログ
読込/削除
指定したモデルのデータ変更ログの読込と削除
通貨換算
モデル
KPI
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
241
オブジェクト
アクティビティ
説明
ライフサイクル
更新
コンテンツライフサイクルの管理 (インポート、エクスポート、移送)
イベントカテゴリ
読込/更新
イベントカテゴリの読込/変更
外部接続
読込
外部システムへの接続
更新
外部システムへの接続の管理
関連情報
ユーザの作成 [234 ページ]
ロールの作成 [238 ページ]
アクティビティ [246 ページ]
標準アプリケーションロール [239 ページ]
10.5 申請の承認
システム管理のコストを削減するために、SAP BusinessObjects Cloud では、すべてのユーザが不足ロールを簡単に申請
することができます。すると、適切な権限を持つ別のユーザが申請されたロール割当を承認します。
前提条件
● ビジネスユーザが追加ロールの申請を送信しました。
● 申請を承認する権限を持つシステム管理者またはユーザが申請を受け取りました。
注記
この承認者はロールの設定で定義され、次のいずれかのユーザにすることができます。
○ ユーザ管理エリアで割り当てられたビジネスユーザのマネージャ
○ ユーザ管理エリアで定義されているとおりにユーザデータを変更する権限を持つ任意のユーザ
手順
承認者として、次の手順を実行します。
1. ロール割当が申請されたことが通知されたら、メインメニューから
242
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
ユーザ
依頼 を選択します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
2. 次のいずれかを実行します。
○ リクエストを承認するには、ユーザ ID を選択し、承認を選択します。表示された情報メッセージを確認すると、申請し
たロールがユーザに即時割り当てられます。
○ 申請を却下するには、ユーザ ID を選択し、却下を選択します。表示されたダイアログで、申請を却下した理由を入
力することができます。
関連情報
ロールの作成 [238 ページ]
ユーザプロファイル [8 ページ]
10.6 ユーザパスワードの登録と変更
ユーザ管理領域で、管理者はユーザの初期パスワードの登録、ユーザがパスワードを忘れた場合のパスワードの変更を行う
ことができます。
コンテキスト
パスワードを変更するには、2 つの方法があります。管理者はユーザリスト内のユーザのパスワードを変更でき、ユーザはユ
ーザプロファイルでパスワードを変更できます。次のタスクでは、管理者がパスワードの登録または変更を行う方法を示しま
す。
注記
ユーザが SAML アイデンティティプロバイダ (IdP) または SAP クラウド ID を使用して接続している場合、ユーザリスト内
でパスワード変更機能を使用できません。SAML 経由で接続するユーザは、ユーザプロファイルダイアログを使用して自
分のパスワードを変更する必要があります。
手順
1. ユーザページで、ユーザリスト内の 1 つ以上の行を選択します。
2.
(パスワードの設定) を選択します。
注記
選択した一人以上のユーザが SAML IdP または SAP クラウド ID を使用している場合、パスワードの設定アイコンは
無効になります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
243
3. パスワードを入力して、入力内容を確認します。
パスワードは少なくとも 8 文字であるとともに、大文字、小文字、数字がそれぞれ少なくとも 1 文字は含まれる必要があり
ます。
4. パスワードの設定を選択します。
ユーザの有効な電子メールアドレスが存在する場合、ユーザ名と新しいパスワードを記載した電子メールがユーザに自
動的に送信されます。
関連情報
ユーザプロファイル [8 ページ]
10.7 データ変更
モデルの設定ダイアログでデータ監査設定を有効にした後は、SAP BusinessObjects Cloud によって、そのモデルのトラン
ザクションデータに対するすべての変更がログに記録されます。
監査範囲
データ監査を有効にしている任意のモデル内のトランザクションデータに対するすべての変更がデータ監査ログに記録されま
す。データが非公開バージョンから公開されたときに、監査データがログに記録されます。公開されたバージョン内のすべて
の変更されたセルが監査されます。それぞれの変更されたセルの監査情報には、以下が含まれます。
● 変更の日時
● 変更を加えたユーザ
● 元の値
● 新しい値
監査レポート
任意のデータ領域でのすべてのデータ変更を表示するための多次元レポートを作成できます。そのデータ領域に集計済ノー
ドが含まれている場合は、システムによってこのレポート内で集計が実行されます。
このレポートを表示するには、データ変更ログに対する読込権限を付与するロールに自身のユーザ ID が割り当てられている
必要があります。
244
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
関連情報
データ変更のダウンロードと削除 [245 ページ]
10.8 データ変更のダウンロードと削除
データ変更ログのサイズを削減するために、モデルに対するデータ変更ログの全部または一部分を最初に CSV ファイルとし
てダウンロードした後、それらのログエントリをシステムから削除することができます。
前提条件
該当のモデルに対するデータ変更ログの読込権限と削除権限を持っている必要があります。
手順
1.
ユーザ
データ変更 を選択します。
2. モデル選択リストから、モデルを選択します。
3.
(ダウンロードオプション) を選択します。
4. データ変更のダウンロードダイアログで、ダウンロード用のファイル名を名前項目に入力します。
5. 開始日付と終了日付を指定して、ダウンロードを選択します。
指定した日付範囲内の行が CSV ファイルとしてダウンロードされます。各ファイル内の最大行数は 75,000 行です。
6. モデルに対するデータ変更ログを削除するには、
(削除オプション) アイコンを選択します。
7. データ変更の削除ダイアログで、期間を選択します。
8. 特定範囲を選択した場合は、開始日付と終了日付を指定します。
ダウンロードした範囲と同じ範囲を削除することをお奨めします。
9. 削除を選択します。
指定した期間におけるモデルに対するデータ変更ログがシステムから削除されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
245
10.9 アクティビティ
SAP BusinessObjects Cloud では、モデルの変更など、ユーザがビジネスオブジェクトに対して実行するすべてのアクティビ
ティがログに記録されます。
オブジェクト別の監視対象アクティビティのリスト
表 54:
監視対象オブジェクト
監視対象アクティビティ
モデル
作成/更新/削除
通貨
作成/更新/削除
ディメンション
作成/更新/削除
KPI
作成/更新/削除/共有
ロール
作成/更新/削除/割当
ユーザ
作成/更新/削除/割当
ファイル/フォルダ
作成/更新/削除/共有
ストーリー
作成/更新/削除
入力スケジュール
作成/更新/削除/共有
ディスカッション
作成/更新/削除
ユーザ設定
変更
システム接続
作成/削除
また、SAP BusinessObjects Cloud では、以下の状況下で失敗したオブジェクトの作成、削除、および変更試行も記録され
ます。
● 権限の欠如
● 許可されていないか無効な変更
監査レベル
グローバルパラメータ sap.fpa.services.audit.Level によって監査のレベルを設定することもできます。以下の表で適切な値
を見つけてください。
表 55:
監査レベル
説明
1
オブジェクトに対して成功した変更のみを記録
246
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
監査レベル
説明
0
オブジェクトに対して成功した変更およびオブジェクトに対して認可さ
れていない変更試行を記録
-1
オブジェクトに対して成功した変更およびオブジェクトに対して認可ま
たは許可されていない変更試行を記録
-2 (デフォルト)
オブジェクトに対して成功した変更およびオブジェクトに対して失敗し
た変更試行を記録
監査レポート
SAP BusinessObjects Cloud Web クライアントで監査対象アクティビティを選択して表示するレポートを作成することができ
ます。
レポートを表示するには、アクティビティログに対する読込権限を付与するロールに自分のユーザ ID が割り当てられている必
要があります。
関連情報
アクティビティデータのダウンロードと削除 [247 ページ]
10.10 アクティビティデータのダウンロードと削除
アクティビティページの行数には最大制限があります。アクティビティログの削除権限を持つユーザは、ログデータのダウンロ
ードと削除を行うことで、ログのサイズを管理できます。
コンテキスト
アクティビティログのサイズが制限に近づいた場合、削除権限を持つユーザは、電子メールとアラート通知を受け取ります。ロ
グのサイズが制限に近づき続けると、さらにアラートが送信されます。
アクティビティログのサイズが制限に達すると、最終通知が送信され、ログのサイズが制限を下回るように、最も古い行がシス
テムから削除されます。
ログのサイズを削減するために、ログの全部または一部分を最初に CSV ファイルとしてダウンロードした後、それらのログエ
ントリをシステムから削除することができます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
247
手順
1.
ユーザ
アクティビティ を選択します。
また、電子メール通知内のリンクからアクティビティページを直接開くこともできます。
2. ダウンロード対象のアクティビティをフィルタする場合は、
(フィルタ) を選択します。
3. フィルタ設定ダイアログで、適用するフィルタを選択し、各フィルタの値を指定します。
タイムスタンプフィルタは、アクティビティのダウンロードダイアログの設定によって上書きされます。
ヒント
アクティビティログのフィルタリングは、トラブルシューティングデータを収集するときには有用ですが、通常、アクティビ
ティログデータのアーカイブには不要です。
4. フィルタを削除するには、フィルタ設定ダイアログで初期フィルタにリセットを選択します。
5.
(ダウンロードオプション) を選択します。
6. アクティビティのダウンロードダイアログで、ダウンロード用のファイル名を名前項目に入力します。
7. 開始日付と終了日付を指定して、ダウンロードを選択します。
指定したフィルタと日付範囲内の行が CSV ファイルとしてダウンロードされます。各ファイル内の最大行数は 75,000 行
です。
8. アクティビティデータを削除するには、
(削除オプション) アイコンを選択します。
9. アクティビティの削除ダイアログで、期間を選択します。
10. 特定範囲を選択した場合は、開始日付と終了日付を指定します。
ダウンロードした範囲と同じ範囲を削除することをお奨めします。アクティビティページで適用したフィルタは削除操作には
適用されないことに注意してください。
11. 削除を選択します。
指定した期間内のすべてのアクティビティデータがシステムから削除されます。
248
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
セキュリティ
11
デプロイメント
デプロイメントでは、コンテンツのエクスポートとインポートを登録して管理できます。
次をエクスポートできます。
● パースペクティブ
● モデル
● 通貨
● ロール
● KPI
● バリュードライバツリー
● ファイルリソース - フォルダおよびファイル
サーバ上のローカルファイルまたは配信ユニットにエクスポートし、そこから他のシステムが移送を実行できます。
ローカルファイルまたはシステムからコンテンツをアプリケーションにインポートできます。
デプロイメントでコンテンツをインポートまたはエクスポートするときは、ユニットまたは配信ユニットとしてインポートやエクスポ
ートの詳細に名前をつけ、保存してください。ユニットは、ステータス、開始時間、および終了時間といった詳細とともに、イン
ポートおよびエクスポートウィンドウに表示されます。これにより、ユーザはインポートやエクスポートの履歴を検証し、管理で
きます。たとえば、配信ユニットを開いて、どのコンテンツ (パースペクティブなど) がインポートまたはエクスポートされたかを
把握できます。ユニットは何度も開いたり使用したりできるほか、必要に応じて詳細を修正したり、再インポート/再エクスポー
トしたりできます。
デプロイメントを実行するには、デプロイメントの更新権限を持つロールが割り当てられている必要があります。
警告
エクスポートを使用してコンテンツをアーカイブすることは推奨されません。コンテンツは、コンテンツをエクスポートしたアプ
リケーションと同じバージョンまたはそれ以降のアプリケーションにのみインポートできます。再度システムをアップグレード
すると、そのコンテンツをインポートできません。
タスク
エクスポートの登録 [250 ページ]
インポートの登録 [251 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デプロイメント
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
249
11.1
エクスポートの登録
エクスポートユニットを登録するには、エクスポートする項目を選択し、エクスポートに名前をつけ、エクスポート先を選択し、エ
クスポートを実行します。
手順
1. エクスポートウィンドウで、新規 (+ 記号) アイコンを選択します。
新規ウィンドウが開きます。左側のペインのノードには、エクスポート可能なコンテンツが表示されます。これには、ディメ
ンション、モデル、通貨、ロール、KPI、バリュードライバツリー、およびファイルリソースが含まれます。
注記
コンテンツ間に依存関係がある場合、依存するコンテンツが自動的に選択されます。依存するコンテンツの選択は解
除可能です。
2. 左側のペインで、エクスポートしたいコンテンツを選択します。
すべての項目を選択するには、すべて選択チェックボックスを選択します。項目を検索するには、検索ボックスに検索語
句を入力し、検索 (拡大鏡) アイコンをクリックします。
エクスポートのために選択された項目が右側のペインに表示されます。
3. 選択した項目のデータをエクスポートしたい場合は、右側のペインに表示されている項目のデータチェックボックスを選択
します。
ディメンションはマスターデータを、モデルはトランザクションデータ、通貨は通貨データを持ちます。
4. エクスポートを選択します。
5. エクスポートダイアログで、ローカルファイルへのエクスポートまたは移送のためのエクスポートを選択します。
6. エクスポートユニットの名前を入力して、OK を選択します。
ウィンドウの名前は新規から、先ほどユニットにつけた名前に変更され、ウィンドウ上部のプログレスバーにはエクスポー
トの進捗状況が表示されます。
結果
完了すると、エクスポートユニットの履歴が、メインのエクスポートウィンドウのユニット履歴のリストに表示されます。特定のユ
ニットを開いて以前の設定を変更し、そのユニットを再度エクスポートできます。
250
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デプロイメント
11.2
インポートの登録
インポートを登録するには、アップロードするファイルを選択し、選択のプレビューと確認をしてから、インポートのための項目
やオプションを確定し、インポートを開始します。
手順
1. インポートウィンドウで、アップロードを選択します。
2. アップロードダイアログで、ローカルファイルからのアップロードを選択し、ソースファイルの選択を選択して、アップロード
するファイルを検索します。
3. OK を選択します。
4. プレビューダイアログで、ファイルがアップロード対象かどうかを確認してから、アップロードを選択します。
新規ウィンドウが開き、アップロードのコンテンツが表示されます。たとえば、KPI アップロードは影響されたディメンショ
ン、モデル、およびストーリーに関するデータを含みます。
5. 必要に応じて、表示されたコンテンツのチェックボックスを選択または選択解除してインポートを修正します。
6. オプションアイコンを選択して、インポートのオプションを選択します。
オプションダイアログでは、次を選択できます。
○ 既存オブジェクト更新
○ データのみインポートします
○ 依存オブジェクトをドロップしてください
7. OK をクリックして、オプションを設定します。
8. インポートをクリックして、インポートを開始します。
ウィンドウの名前は新規から、先ほどユニットにつけた名前に変更され、ウィンドウ上部のプログレスバーにはインポート
の進捗状況が表示されます。インポートユニットの履歴もまた、メインのインポートウィンドウのユニットのリスト内に表示
されます。
結果
完了すると、インポートユニットの履歴が、メインのインポートウィンドウのユニット履歴のリストに表示されます。特定のユニッ
トを開いて以前の設定を変更し、そのユニットを再度インポートできます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
デプロイメント
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
251
12
接続
SAP BusinessObjects Cloud とリモートシステムの間の接続を登録できます。
接続では、リモートシステムへの接続の登録と管理を行えます。データを SAP BusinessObjects Cloud にインポートするた
めの接続を登録することや、リモート SAP HANA システムへの本稼動データ接続を登録することができます。リモートシステ
ムからのデータインポートのスケジュールを設定することもできます。
図 1: リモートシステムへの接続
タスク
SAP HANA Cloud Connector のインストール [255 ページ]
SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェント [259 ページ]
SAP BPC システムをインポートするデータ接続の登録 [265 ページ]
252
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
SAP BW システムをインポートするデータ接続の登録 [266 ページ]
ユニバース (UNX) へのデータインポート接続の登録 [267 ページ]
SAP ERP システムをインポートするデータ接続の登録 [268 ページ]
Salesforce (SFDC) へのデータインポート接続の登録 [269 ページ]
SuccessFactors をインポートするデータ接続の登録 [270 ページ]
Apache HTTP サーバを経由した SAP HANA または SAP HCP に対する本稼動データ接続の登録 [274 ページ]
SAP Web ディスパッチャを経由した SAP HANA または SAP HCP に対する本稼動データ接続の登録 [278 ページ]
インポートのスケジュール設定 [282 ページ]
関連情報
データ接続のインポート [253 ページ]
本稼動データ接続 [272 ページ]
データのインポート [57 ページ]
12.1
データ接続のインポート
SAP BusinessObjects Cloud によるデータ取得が可能になるように、リモートシステムへの接続を登録できます。
以下のシステムタイプに対するデータインポート接続を登録するには、設定が必要です。
● SAP Business Planning and Consolidation (BPC)
● SAP Business Warehouse (BW)
● SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
● SAP Enterprise Resource Planning (ERP)
● Salesforce.com (SFDC)
● SuccessFactors
● SQL
注記
ローカルファイルシステム、すなわち Google ドライブからデータをインポートすることもできますが、接続設定は不要です。
以下のワークフローは、SAP BusinessObjects Cloud でほとんどのデータインポート接続を設定する方法を説明したもので
す。
1. SAP HANA Cloud Connector をインストールします。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントをインストールします。
3. SAP BW MS および SAP ERP の場合: SAP Java Cloud Connector (JCO) をインストールします。
4. SAP HANA Cloud Connector を設定します。
5. SAP BusinessObjects Cloud エージェントを設定します。
6. SAP BusinessObjects Cloud でデータインポート接続を登録します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
253
注記
SuccessFactors および SFDC への接続では、SAP HANA Cloud Connector や SAP BusinessObjects Cloud エージ
ェントのインストールや設定は不要です。
注記
SAP BPC for Netweaver への接続では、SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストールや設定は不要です。
図 2: データインポート接続
タスク
SAP HANA Cloud Connector のインストール [255 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ]
SAP Java Connector (JCO) のインストール [262 ページ]
SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ]
254
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
SAP BW システムをインポートするデータ接続の登録 [266 ページ]
ユニバース (UNX) へのデータインポート接続の登録 [267 ページ]
SAP ERP システムをインポートするデータ接続の登録 [268 ページ]
Salesforce (SFDC) へのデータインポート接続の登録 [269 ページ]
SuccessFactors をインポートするデータ接続の登録 [270 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの更新 [264 ページ]
12.1.1 SAP HANA Cloud Connector のインストール
データ取得が可能になるようにするための SAP HANA Cloud Connector のインストール方法。
前提条件
ターゲットの SAP HANA Cloud Platform (HCP) システム上のアカウントが必要です。アカウント名、ランドスケープホスト、S
ユーザの認証情報を把握する必要があります。この情報を入手するには、SAP BusinessObjects Cloud 管理者に問い合わ
せるか、インシデント
チケットを登録します。
コンテキスト
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) システム、SAP Business Warehouse (BW) システム、SAP
BusinessObjects Business Intelligence Universe (UNX)、または SAP Enterprise Reporting Platform (ERP) システム
に対するデータインポート接続を登録するには、SAP HANA Cloud Connector を設定する必要があります。
手順
1. 既存の SAP JVM をダウンロードするか、見つけます。
SAP JVM のサポートされているバージョンについては、SAP HANA Cloud Connector の前提条件を参照してください。
SAP JVM はここからダウンロードできます。
2. SAP HCC がインストールされてるサーバ上で SAP JVM を抽出し、フォルダの場所を書き留めます。
たとえば、ファイルを C:¥SAP JVM¥sapjvm_8 に解凍します。
3. オンプレミスで SAP HANA Cloud Connector をインストールします。
SAP HANA Cloud Connector はここからダウンロードできます。インストール時に、SAP JVM フォルダを指定する必要
があります。
注記
インストール後、SAP HANA Cloud Connector を起動するオプションを選択するようにします。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
255
4. 初期設定を実行します。
初期設定ダイアログでは、以下の情報を使用します。
○ ランドスケープホスト: <Your SAP BusinessObjects Cloud tenant>
○ アカウント名: <Your SAP HCP account name>
○ ユーザ: <S-USER username>
○ パスワード: <S-USER password>
○ HTTPS プロキシ: プロキシを介してインターネットにアクセスする場合は、プロキシホストとポート番号を指定します。
プロキシを使用しない場合は、空白のままにしておきます。
5. 接続情報領域で、接続されていることを確認します。接続を開始するには、接続ボタンを選択する必要があります。
次のステップ
SAP BPC MS、SAP BW、SAP UNX、または SAP ERP に接続するには、SAP BusinessObjects Cloud エージェントもイン
ストールして設定する必要があります。詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェント [259 ページ] を参照し
てください。
SAP BPC NW に接続するには、 SAP HANA Cloud Connector を設定する必要があります。詳細については、SAP HANA
Cloud Connector の設定 [256 ページ] を参照してください。
関連情報
SAP BusinessObjects Cloud エージェント [259 ページ]
データ接続のインポート [253 ページ]
SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ]
12.1.2 SAP HANA Cloud Connector の設定
SAP BusinessObjects Cloud で動作するための SAP HANA Cloud Connector の設定方法。
前提条件
1. SAP HANA Cloud Connector がインストールされていること。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のイン
ストール [255 ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされていること。詳細については、SAP BusinessObjects
Cloud エージェントのインストール [260 ページ] を参照してください。
256
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
注記
SAP BPC NW を除くすべてのデータインポート接続で必要です。
3. (SAP BW 接続および SAP ERP 接続の場合): SAP JCO がインストールされていること。詳細については、SAP Java
Connector (JCO) のインストール [262 ページ] を参照してください。
コンテキスト
データインポート接続を有効にするには、SAP BusinessObjects Cloud システム、すべてのリモートシステム、SAP HANA
Cloud Connector の管理者ページにマッピングを追加する必要があります。設定の追加情報については、HTTP のアクセス
制御を設定を参照してください。
手順
1. SAP HANA Cloud Connector の管理者ページ: https://<HCC HOST>:8433 を開き、ログオンします。
注記
<HCC HOST> は、SAP HANA Cloud Connector がインストールされているシステムのホスト名に置き換えてくださ
い。
2.
アクセス制御
追加 を選択します。
3. バックエンドタイプの一覧から、その他の SAP システムを選択します。
4. プロトコルの一覧で、HTTP を選択します。
注記
SAP BusinessObjects Cloud が配置されている Apache Tomcat インスタンスで SSL が設定されている場合は、
HTTPS を選択します。
5. SAP BusinessObjects Cloud エージェントが実行されている Tomcat サーバの内部ホスト名と内部ポート番号を入力し
ます。
注記
デフォルトの Tomcat ポートは 8080 で、デフォルトの HTTPS ポートは 8443 です。
6. (任意) 使用する仮想ホスト名と仮想ポートを入力します。
デフォルトの仮想ホストと仮想ポートは、ステップ 5 で指定した内部ホストと内部ポートです。ホスト名とポート名は変更で
きるため、内部ホスト名と内部ポートは公開されません。仮想ホスト名と仮想ポートが使用されるのは、SAP
BusinessObjects Cloud エージェントを設定している場合です。
7. プリンシパルタイプの一覧で、なしを選択します。
8. (任意) システムの内容説明を追加します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
257
9. 内部ホストの可用性をチェックを選択し、完了を選択します。
システムは仮想ホストの一覧に表示されます。
10. システムを選択します。
11. アクセス可能なリソース領域で、追加を選択します。
12. URL パスを /C4A_AGENT/ に設定します。
13. パスとすべてのサブパスを選択し、保存を選択します。
仮想ホストの横にあるステータスが緑色で表示されます。
14. 仮想システムの内部システムへのマッピングで、追加を選択します。
15. 接続を登録するリモートシステムの情報を入力します。
SAP BPC NW の場合:
○ 仮想ホストと内部ホスト = <BPC NW のホスト名>
○ 仮想ポートと内部ポート = <BPC NW のポート>
○ URL パス = /sap/bpc
○ アクセスポリシー = パスとすべてのサブパス
SAP BPC MS、SAP ERP、SAP BW、または SAP UNX の場合:
○ 仮想ホストと内部ホスト = <Apache Tomcat 7 のホスト名>
○ 仮想ポートと内部ポート = <Apache Tomcat 7 のポート>
○ URL パス = /C4A_AGENT/
○ アクセスポリシー = パスとすべてのサブパス
16. 追加するすべてのシステムについて、ステップ 14 ~ 15 を繰り返します。
例
次のステップ
SAP BPC for Netweaver を除くすべての接続について、SAP BusinessObjects Cloud エージェントを設定する必要があり
ます。詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ] を参照してください。
258
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
関連情報
SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ]
12.1.3 SAP BusinessObjects Cloud エージェント
SAP BusinessObjects Cloud、オンプレミスアクセスエージェント (SAP BusinessObjects Cloud エージェント) は接続コン
ポーネントです。
SAP BusinessObjects Cloud エージェントは、次の目的で使用されるオンプレミスデータ接続コンポーネントです。
● SAP Business Planning and Consolidation, version for Microsoft Platform (BPC MS) からのデータ接続のインポ
ート
● SAP Business Warehouse (BW) からのデータ接続のインポート
● SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームからのデータ接続のインポート
● SAP ERP からのデータ接続のインポート
タスク
SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの更新 [264 ページ]
関連情報
接続 [252 ページ]
データ接続のインポート [253 ページ]
SAP HANA Cloud Connector のインストール [255 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
259
12.1.3.1 SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール
インポートデータ接続を機能させるために、SAP BusinessObjects Cloud エージェントをインストールする必要があります。
前提条件
● Apache Tomcat 7 以降がインストールされていること。詳細については、Apache Tomcat の設定
を参照してくださ
い。
● Java Standard Edition Runtime Environment (JRE) バージョン 7 以降がインストールされている必要があります。
● SAP HANA Cloud Connector がインストールされていること。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のイン
ストール [255 ページ] を参照してください。
コンテキスト
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) for Netweaver システム、SAP Business Warehouse (BW) システ
ム、SAP BusinessObjects Business Intelligence Universe (UNX)、または SAP Enterprise Reporting Platform (ERP)
システムに対するデータインポート接続を登録するには、SAP HANA Cloud Connector を設定する必要があります。
注記
SAP BusinessObjects Cloud の頻繁な更新に従って、SAP BusinessObejcts Cloud エージェントも更新する必要があり
ます。既存の本稼動アプリケーションサーバに影響を与えないように、SAP BusinessObejcts Cloud エージェントの配置
用に別のアプリケーションサーバを設定することをお奨めします。Tomcat をインストールし、SAP BusinessObejcts
Cloud エージェントを SAP HANA Cloud Connector がインストールされているのと同じマシンに配置することができます。
詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェントの更新 [264 ページ] を参照してください。
手順
1. SAP BusinessObjects Cloud エージェントを SAP Support Portal からダウンロードします。
SAP BusinessObjects Cloud エージェントは、ダウンロードカタログの参照
ページで提供されています。SAP クラウド
ソリューションを選択し、SAP BOBJ CLOUD AGENT をダウンロードします。
2. ダウンロードしたファイルを解凍して、WAR ファイルの名前を C4A_AGENT.war に変更します。
3. パッケージを抽出し、ファイル C4A_AGENT.war を Tomcat ディレクトリにコピーします。
Tomcat を再起動すると、SAP BusinessObjects Cloud エージェントが自動的に配置されます。詳細については、
Tomcat Web アプリケーションの配置
を参照してください。
注記
Tomcat Web Application Manager を使用して WAR ファイルを配置する予定である場合は、C:¥Program
Files¥Apache Software Foundation¥Tomcat 7.0¥webapps¥manager¥WEB-INF¥ の web.xml を更
260
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
新し、<max-file-size> および <max-request-size> を 52428800 より大きい制限値に変更する必要があり
ます。
4. SAP BusinessObjects Cloud エージェントのユーザを登録し、そのユーザに Services ロールを割り当てます。
ユーザを登録するには、Tomcat の conf ディレクトリの tomcat-users.xml ファイルに次の行を追加します。
<role rolename="Services"/>
<user username="CloudAgent" password="Welcome1" roles="Services"/>
注記
CloudAgent は SAPbusinessObjects Cloud エージェントのユーザ名に置き換え、Welcome1 はユーザのパスワ
ードに置き換えてください。
SAP BusinessObjects Cloud への接続を設定するために、ユーザ信用証明書が後で必要になります。ユーザの登録方
法とロールの割当方法の詳細については、マネージャアプリケーションアクセスの設定
を参照してください。
5. tomcat-users.xml ファイルを保存します。
6. 設定を有効にするには、Tomcat アプリケーションサーバを再起動します。
注記
SAP BW または SAP ERP への接続を登録する場合は、SAP JCO をインストールしてから、Tomcat アプリケーショ
ンサーバを再起動することをお奨めします。詳細については、SAP Java Connector (JCO) のインストール [262 ペ
ージ] を参照してください。
7. (任意) インストールが成功したかどうかをテストするために、次の URL をブラウザで開きます。http://[Host]:
[Port]/C4A_AGENT/service/api/epm/bw
設定が成功した場合は、次のメッセージが表示されるはずです。
200
次のステップ
SAP BW または SAP ERP に接続するためには、SAP Java Connector をインストールする必要があります。詳細について
は、SAP Java Connector (JCO) のインストール [262 ページ] を参照してください。
他の接続のためには、SAP HANA Cloud Connector を設定する必要があります。詳細については、SAP HANA Cloud
Connector の設定 [256 ページ] を参照してください。
関連情報
SAP BusinessObjects Cloud エージェント [259 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの更新 [264 ページ]
データ接続のインポート [253 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
261
12.1.3.2 SAP Java Connector (JCO) のインストール
SAP BusinessObjects Cloud エージェント経由での SAP Business Warehouse (BW) および SAP Enterprise Reporting
Platform (ERP) の接続を有効にするための、SAP JCO のインストール方法。
前提条件
1. SAP HANA Cloud Connector がインストールされていること。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のイン
ストール [255 ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされていること。詳細については、SAP BusinessObjects
Cloud エージェントのインストール [260 ページ] を参照してください。
注記
SAP BPC NW を除くすべてのデータインポート接続で必要です。
手順
1. SAP Java Connector (SAP JCO)、バージョン 3.0.12 以降をダウンロードします。
SAP JCO は、SAP ソフトウェアダウンロードセンタ
SAP ソフトウェアダウンロードセンタで提供されています。Java
connector を検索し、該当するオペレーティングシステム用の 64 ビット Java コネクタをダウンロードします。
注記
ダウンロードする SAP JCO のバージョンがオンプレミス SAP システムと互換性のあることを確認する必要がありま
す。
2. 以下のいずれかの場所にファイルをコピーします。
○ Windows サーバ上で、sapjco3.jar ファイルと sapjco3.dll ファイルを Apache Tomcat の lib フォルダに
入れます。
○ Linux サーバ上で、sapjco3.jar および libsapjco3.dll を Apache Tomcat の lib フォルダに入れます。
次のステップ
SAP HANA Cloud Connector を設定する必要があります。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256
ページ] を参照してください。
262
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
12.1.3.3 SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定
SAP BusinessObjects Cloud での SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定方法。
前提条件
1. SAP HANA Cloud Connector がインストールされていること。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のイン
ストール [255 ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされていること。詳細については、SAP BusinessObjects
Cloud エージェントのインストール [260 ページ] を参照してください。
注記
SAP BPC NW を除くすべてのインポートデータ接続で必要です。
3. (SAP BW 接続および SAP ERP 接続の場合):SAP JCO がインストールされていること。詳細については、SAP Java
Connector (JCO) のインストール [262 ページ] を参照してください。
4. SAP HANA Cloud Connector が設定されていること。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256
ページ] を参照してください。
手順
1. 管理者アカウントを使用して SAP BusinessObjects Cloud にログインします。
2.
システム
管理
SAP BusinessObjects Cloud エージェント に移動します。
3. 次の情報を入力します。
○ ホスト: SAP HANA Cloud Connector の設定時に指定した仮想ホスト。詳細については、SAP HANA Cloud
Connector の設定 [256 ページ] を参照してください。
○ ポート: SAP HANA Cloud Connector の設定時に指定した仮想ポート。詳細については、SAP HANA Cloud
Connector の設定 [256 ページ] を参照してください。
○ ユーザ名: tomcat-users.xml ファイルで指定した、SAP BusinessObjects Cloud エージェントのユーザ名。詳
細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ] を参照してください。
○ パスワード: tomcat-users.xml ファイルで指定した、SAP BusinessObjects Cloud エージェントのパスワード。
詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ] を参照してください。
4. 接続を保存します。
次のステップ
オンプレミスシステムへの接続を設定する必要があります。設定が必要なシステムの一覧については、データ接続のインポー
ト [253 ページ] を参照してください。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
263
関連情報
SAP BusinessObjects Cloud エージェント [259 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの更新 [264 ページ]
データ接続のインポート [253 ページ]
12.1.3.4 SAP BusinessObjects Cloud エージェントの更新
SAP BusinessObjects Cloud エージェントを更新する方法。
前提条件
● Apache Tomcat 7 以降がインストールされていること。詳細については、Apache Tomcat の設定
を参照してくださ
い。
● Java Standard Edition Runtime Environment (JRE) バージョン 7 以降がインストールされている必要があります。
手順
1. Apache Tomcat で実行されている既存の SAP BusinessObjects Cloud エージェントの配置を解除します。
2. Apache Tomcat でコンテンツの配置を解除できない場合、次の操作を実行します。
a. Tomcat を停止します。
b. ¥Apache Software Foundation¥Tomcat 7.0¥webapps¥C4A_AGENT¥ とそのサブフォルダおよびファイ
ルを削除します。
c. Tomcat を再起動します。
3. SAP BusinessObjects Cloud エージェントを SAP Support Portal からダウンロードします。ダウンロードしたファイルを
解凍して、WAR ファイルの名前を C4A_AGENT.war に変更します。
SAP BusinessObjects Cloud エージェントは、ダウンロードカタログの参照
ページで提供されています。SAP クラウド
ソリューションを選択し、SAP BOBJ CLOUD AGENT をダウンロードします。
4. ダウンロードしたファイルを解凍して、WAR ファイルの名前を C4A_AGENT.war に変更します。
5. パッケージを抽出し、ファイル C4A_AGENT.war を Tomcat ディレクトリにコピーします。
Tomcat を再起動すると、SAP BusinessObjects Cloud エージェントが自動的に配置されます。詳細については、
Tomcat Web アプリケーションの配置
を参照してください。
6. 設定を有効にするには、Tomcat アプリケーションサーバを再起動します。
264
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
注記
SAP BW または SAP ERP に対しても接続を登録する場合は、SAP JCO をインストールしてから、Tomcat アプリケ
ーションサーバを再起動することをお奨めします。詳細については、SAP Java Connector (JCO) のインストール
[262 ページ] を参照してください。
関連情報
SAP BusinessObjects Cloud エージェント [259 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール [260 ページ]
データ接続のインポート [253 ページ]
12.1.4 SAP BPC システムをインポートするデータ接続の登録
SAP Business Planning and Consolidation (BPC) システムからデータとモデルをインポートするための接続を登録できま
す。
前提条件
SAP BPC for SAP NetWeaver、バージョン 10.0 SP12 以降、または 10.1 SP2 以降に接続するには、以下のタスクを完了し
ておきます。
1. SAP HANA Cloud Connector のインストール。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のインストール [255
ページ] を参照してください。
2. SAP HANA Cloud Connector の設定。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ] を参照
してください。
SAP BPC for Microsoft Platform、バージョン 10.0 SP12 以降、または 10.1 SP2 以降に接続するには、以下のタスクを完
了しておきます。
1. SAP HANA Cloud Connector のインストール。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のインストール [255
ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール。詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェン
トのインストール [260 ページ] を参照してください。
3. SAP HANA Cloud Connector の設定。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ] を参照
してください。
4. SAP BusinessObjects Cloud での SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定。詳細については、SAP
BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ] を参照してください。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
265
手順
1. 接続画面で、
データ接続をインポート
BPC
を選択します。
2. 新規 BPC 接続ダイアログで、次の情報を入力します。
a. 接続の名称と説明を入力します。
b. 接続情報セクションで、システムタイプ、ホスト名、ポートを入力します。
c. 信用証明書セクションで、BPC システムのユーザ ID とパスワードを入力します。
3. 登録を選択します。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
関連情報
BPC からのインポートについて [70 ページ]
12.1.5 SAP BW システムをインポートするデータ接続の登録
SAP Business Warehouse (BW) システムからモデルをインポートするための接続の登録方法。
前提条件
SAP BW システム、バージョン 7.4 SP13 以降に接続していること。
以下の設定タスクを完了しておきます。
1. SAP HANA Cloud Connector のインストール。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のインストール [255
ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントがインストールされていること。詳細については、SAP BusinessObjects
Cloud エージェントのインストール [260 ページ] を参照してください。
3. SAP JCO がインストールされていること。詳細については、SAP Java Connector (JCO) のインストール [262 ページ]
を参照してください。
4. SAP HANA Cloud Connector が設定されていること。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256
ページ] を参照してください。
5. SAP BusinessObjects Cloud で SAP BusinessObjects Cloud エージェントが設定されていること。詳細については、
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ] を参照してください。
266
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
手順
1. 接続画面で、
データ接続をインポート
BW
を選択します。
2. 新規 BW 接続ダイアログで、次の情報を入力します。
a. 接続の名称と説明を入力します。
b. 接続情報セクションで、システムタイプ、ホスト名、ポートを入力します。
c. 信用証明書セクションで、BW システムのユーザ ID とパスワードを入力します。
3. 登録を選択します。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
関連情報
BW システムからのモデルのインポート [75 ページ]
12.1.6 ユニバース (UNX) へのデータインポート接続の登録
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームユニバース (UNX) をインポートするための接続を登録でき
ます。
前提条件
サポートされるバージョンの SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームに接続していること。サポートさ
れるバージョンについては、システム要件および技術的前提条件 [288 ページ] を参照してください。
以下の設定タスクを完了しておきます。
1. SAP HANA Cloud Connector のインストール。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のインストール [255
ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール。詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェン
トのインストール [260 ページ] を参照してください。
3. SAP HANA Cloud Connector の設定。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ] を参照
してください。
4. SAP BusinessObjects Cloud で SAP BusinessObjects Cloud エージェントが設定されていること。詳細については、
SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ] を参照してください。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
267
手順
1. 接続画面で、
データ接続をインポート
ユニバース を選択します。
2. 接続の詳細を入力します。
○ システム名には、Central Management Server の名前とポート:cms_machinename(:cms_port) を入力しま
す。例: my_cms.my_company:6400
○ 適切な認証タイプ(Enterprise、LDAP、Windows AD、または SAP) を選択します。
3. 登録を選択します。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
関連情報
ユニバースからのモデルの登録 [79 ページ]
12.1.7 SAP ERP システムをインポートするデータ接続の登録
SAP ERP システムからデータをインポートするための接続を登録できます。
前提条件
サポートされるバージョンの SAP ERP Central Component を使用すること。サポートされるバージョンについては、システム
要件および技術的前提条件 [288 ページ] を参照してください。
以下の設定タスクを完了しておきます。
1. SAP HANA Cloud Connector のインストール。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のインストール [255
ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール。詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェン
トのインストール [260 ページ] を参照してください。
3. SAP JCO のインストール。詳細については、SAP Java Connector (JCO) のインストール [262 ページ] を参照してくだ
さい。
4. SAP HANA Cloud Connector の設定。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ] を参照
してください。
5. SAP BusinessObjects Cloud での SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定。詳細については、SAP
BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ] を参照してください。
268
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
手順
1. 接続画面で、
データ接続をインポート
SAP ERP
を選択します。
2. 接続の詳細とログイン認証情報を入力します。
メッセージサーバに接続している場合、SAP BusinessObjects Cloud エージェントが配置されているコンピュータの
“services” ファイルの設定が必要になることがあります。IT 部門で次の手順を実行します。
1. 接続しているメッセージサーバのポート番号の SAP BASIS 管理者に連絡します。自分が SAP BASIS 管理者であ
る場合、SAP システムにログオンして SMMS トランザクションを使用することで、メッセージサーバ名とポート番号を
確認できます。メッセージサーバモニタには、メッセージサーバとそのポート番号が表示されています。例:Message
(3601)。
2. 次のディレクトリにある “services” ファイルを編集します。
C:¥Windows¥system32¥drivers¥etc¥services
3. 次のメッセージサーバエントリを追加します。
sapms<SID> <Port Number>/tcp #SAP System Message Server Port
たとえば、SAP メッセージサーバの <SID> が R79 でポート番号が 3601 の場合、services ファイルに追加されるエ
ントリは次のようになります。
sapmsR79 3601/tcp #SAP System Message Server Port
メッセージサーバエントリがすでに追加されている場合は、ポート番号が正しいことを確認してください。
4. ファイルを保存します。
3. 登録を選択します。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
関連情報
SAP ERP データからのモデルの登録 [81 ページ]
既存のモデルに対する SAP ERP データのインポート [82 ページ]
12.1.8 Salesforce (SFDC) へのデータインポート接続の登録
salesforce.com (SFDC) からデータをインポートするための接続を登録できます。
前提条件
SFDC から SAP BusinessObjects Cloud にデータをインポートするためには、有効な SFDC アカウントが必要です。認証と
承認に OAuth を使用する場合は、OAuth 接続を有効化するために SFDC を正しく設定する必要があります。詳細について
は、OAuth 2.0 on Force
のマニュアルを参照してください。マルチテナント環境の場合、OAuth クライアントコールバック
URL は、https://<FPA_SERVER_HOST>/sap/fpa/services/rest/fpa/dae?
action=getOAuthToken&tenant=<Tenant ID>
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
269
それ以外の場合、OAuth クライアントコールバック URL は、https://<FPA_SERVER_HOST>/sap/fpa/services/
rest/fpa/dae
手順
1. 接続画面で、
データ接続をインポート
Salesforce コネクタ を選択します。
2. Salesforce コネクタダイアログで、次を実行します。
a. 接続の名前を入力します。
b. 設定する認証の種類を選択します。
Salesforce コネクタには、基本認証および OAuth2 認証の 2 種類の認証があります。
c. 設定する認証の種類に必要な情報を入力します。
○ 基本認証を設定するには、SFDC アカウントのユーザ名とパスワードを入力します。
○ OAuth2 認証を設定するには、OAuth の URL、クライアント ID、およびクライアントシークレットを入力します。
OAuth の URL のデフォルト値は https://login.salesforce.com/services/oauth2/authorize で
す。クライアント ID とクライアントシークレットは、SFDC 設定ページで参照できます。
3. OK を選択します。
OAuth2 認証の設定を選択した場合は、画面の指示に従って接続の登録を完了させます。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
12.1.9 SuccessFactors をインポートするデータ接続の登録
SuccessFactors からモデルをインポートするための接続を登録できます。
前提条件
SuccessFactors から SAP BusinessObjects Cloud にデータをインポートするためには、有効な SuccessFactors アカウン
トが必要です。接続を有効化するために SuccessFactors を正しく設定する必要もあります。詳細については、HCM Suite
OData API ドキュメントのトピック:OAuth クライアントアプリケーションの登録および API エンドポイント URL を参照してくださ
い。
手順
1. 接続画面で、
データ接続をインポート
SuccessFactors
を選択します。
2. 新規 SuccessFactors 接続ダイアログで、次の情報を入力します。
270
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
a. 接続の名前を入力します。
b. SuccessFactors の設定時に発行されるサービス URL を入力します。
サービス URL は、接続しているデータセンターに基づいており、SuccessFactors のドキュメントで説明されていま
す。
c. データのインポート元となるユーザの SuccessFactors ユーザ ID を入力します。
d. SuccessFactors への接続に使用されるクライアント ID を入力します。
これは、登録中に SuccessFactors によって提供される Oauth クライアントアプリケーション ID です。
e. SuccessFactors の登録処理中に生成される秘密鍵を入力します。
提供された証明書をダウンロードしたら、このフィールドに秘密鍵をペーストします。
f. SuccessFactors によって使用される会社 ID を入力します。
3. 登録を選択します。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
関連情報
SuccessFactors からのモデルのインポート [77 ページ]
12.1.10 SQL データベースへのデータインポート接続の登録
SQL データベースからデータをインポートするための接続を登録できます。
前提条件
以下の設定タスクを完了しておきます。
1. SAP HANA Cloud Connector のインストール。詳細については、SAP HANA Cloud Connector のインストール [255
ページ] を参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud エージェントのインストール。詳細については、SAP BusinessObjects Cloud エージェン
トのインストール [260 ページ] を参照してください。
3. SAP HANA Cloud Connector の設定。詳細については、SAP HANA Cloud Connector の設定 [256 ページ] を参照
してください。
4. SAP BusinessObjects Cloud での SAP BusinessObjects Cloud エージェントの設定。詳細については、SAP
BusinessObjects Cloud エージェントの設定 [263 ページ] を参照してください。
5. JDBC ドライバのインストール。JDBC ドライバがインストールされていない場合は、次の手順に従います。
1. 接続先のデータベースの JDBC ドライバをダウンロードしてインストールします。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
271
2. 使用する JDBC ドライバのパスを指定する .properties ファイルを作成し、SAP BusinessObjects Cloud エー
ジェントがインストールされているファイルシステムに配置します。プロパティファイル名を指定することができます。フ
ァイルの例:
#MS SQL Server 2008=
#MS SQL Server 2012=
#MS SQL Server 2014=
#MySQL 5=
3. 接続先のデータベースの行をコメント解除し、ドライバのパスをプロパティ値として入力することによっ
て、.properties ファイルを変更します。ドライバに複数の .jar ファイルが必要な場合は、パスをセミコロンで区
切ります。
注記
プロパティファイルのデータベース名は、この例に示す名前と同じである必要があります。
4. Java オプション -DSAP_CLOUD_AGENT_PROPERTIES_PATH または環境変数
SAP_CLOUD_AGENT_PROPERTIES_PATH のいずれかを使用して、プロパティファイルまでの (プロパティファイル
を含む) 完全パスを指定することによって、SAP BusinessObjects Cloud エージェントを再起動します。パスの例:
C:¥<full path to file>¥DriverConfig.properties.
手順
1. モデラで、新しい SQL データベースモデルを登録するか、既存の SQL データベースモデルにデータをインポートすると
きには、新規接続登録を選択します。
2. 接続の詳細とログイン認証情報を入力します。
3. 登録を選択します。
接続画面の接続リストに新しい接続が追加されます。
関連情報
SQL データベースからのモデルの登録 [83 ページ]
既存のモデルに対する SQL データのインポート [84 ページ]
12.2 本稼動データ接続
オンプレミスの SAP HANA システムまたは SAP HANA Cloud Platform (HCP) に対する本稼動データ接続を登録できま
す。
SAP BusinessObjects Cloud では、リモートシステムのデータソースからモデルを登録し、登録したモデルに基づいてストー
リーを構築し、データを複製しないでオンライン分析を実行できます。セキュリティまたはプライバシの理由からデータをクラウ
ドに移動できないシナリオでは、この機能を通じて SAP BusinessObjects Cloud を使用できます。同一生成元ポリシー
272
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
(SOP) のため、SAP BusinessObjects Cloud の Web クライアントはリモートシステムに直接接続できません。外部プロキシ
または SAP BusinessObjects Cloud サービスを通じて、リモート接続を確立する必要があります。
リモートの SAP HANA システムまたは SAP HCP に対する本稼動データ接続のみ登録できます。
図 3: 本稼動データ接続
注記
本稼動データ接続を使用するデータソースでは、次の機能がサポートされません。
● モデル内
○ プランニング機能
○ 複雑な式 (LOOKUP、CAGR、SMA、YoY など) による追加メジャーの定義
○ デフォルト値のないパラメータを持つモデルを開くこと
○ 例外集計列集計ディメンションを使用したメジャーの追加
● ストーリー内
○ リモートモデルに基づくクロスタブ分析の使用
○ 値ヘルプビューを持つパラメータに関する値ヘルプ
○ ストーリーウィジェット内のリモート HANA ビューの親子階層
○ コロプレスチャートレイヤの表示
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
273
○ 集計計算
● 地理空間機能
タスク
Apache HTTP サーバを経由した SAP HANA または SAP HCP に対する本稼動データ接続の登録 [274 ページ]
SAP Web ディスパッチャを経由した SAP HANA または SAP HCP に対する本稼動データ接続の登録 [278 ページ]
関連情報
接続 [252 ページ]
本稼動データ接続からのモデルの登録 [78 ページ]
12.2.1 Apache HTTP サーバを経由した SAP HANA または SAP HCP
に対する本稼動データ接続の登録
SAP HANA Cloud Platform (HCP) システムまたはオンプレミスの SAP HANA システムを SAP BusinessObjects Cloud
に接続するには、HTTP サーバをインストールし、リバースプロキシとして設定するか、またはイントラネット内の既存のサー
バを同じ目的で使用する必要があります。
前提条件
● SAP HANA SPS10 リビジョン 102.2 以降と SAP HANA Info Access (InA) サービスバージョン 4.10.0 以降、または上
記の要件に準拠した SAP HANA 上で稼働する HCP システムを使用している。
● 選択した HTTP サーバを同じネットワークにインストールしており、オンプレミスのシステムとして設定している。この例で
は、Apache HTTP サーバを使用しています。
● SAP HANA Info Access サービスをシステムで有効にしている。
● 適切な認証情報 (INA_USER) を使用して SAP HANA Info Access ユーザを登録している。
注記
SAP HANA Info Access サービスおよびユーザを設定する方法の詳細については、SAP HANA Info Access ツー
ルキット、API、およびサービスのインストールを参照してください。
274
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
手順
1. SAP BusinessObjects Cloud バックエンドのパスルールを設定します。
a. %Apache_Home%¥conf¥httpd.conf を開き、次のルールをファイルの末尾に追加した後、Apache サービスを
再起動して変更内容を有効にします。
コード構文
ProxyPass /sap/ https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:[Port]/sap/
ProxyPassReverse /sap/ https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:
[Port]/sap/
注記
リモートシステムが HTTPS にしか対応していない場合は、HTTPS 経由でも SAP BusinessObjects Cloud にア
クセスできるように設定し、HTTPS ディスパッチャルールを更新する必要があります。SAP HANA の開発環境で
使用される HTTPS のデフォルトポートは 43<インスタンス番号> です。それ以外の場合は、HTTP を使用できま
す。
b. 次の URL を開いて、ルールが正しく設定されているかどうかをテストすることができます。SAP BusinessObjects
Cloud が表示されるはずです。
http(s)://[Apache Web Host]:[Apache Web Port]/sap/fpa/ui
2. リモートシステムのパスルールを設定します。
a. %Apache_Home%¥conf¥httpd.conf を開き、次のルールをファイルの末尾に追加した後、Apache サービスを
再起動して変更内容を有効にします。
コード構文
ProxyPass /[PATH]/ https://[Remote System Host]:[Port]/
ProxyPassReverse /[PATH]/ https://[Remote System Host]:[Port]/
b. 次の URL を開いて、リモートシステムのディスパッチャルールが正しく動作するかどうかをテストすることができま
す。JSON レスポンスが表示された場合は、ルールが正しく設定されています。
http(s)://[Apache Web Host]:[Apache Web Port]/[PATH]/sap/bc/ina/service/v2/
GetServerInfo
3. SAML SSO のルートルールを設定する場合は、次の手順に従います。
a. リバースプロキシを設定します。そのためには、%Apache_Home%¥conf¥httpd.conf を開き、次のルールをファ
イルの末尾に追加した後、Apache サービスを再起動して変更内容を有効にします。
コード構文
ProxyPass /sap/ https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:[Port]/sap/
ProxyPassReverse /sap/ https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:
[Port]/sap/
<Location /sap/>
ProxyPassReverse /sap/
</Location>
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
275
注記
この設定では、SAP HANA XS SAML Logon からの相対パスリダイレクトがサポートされます。
1 つのテナントのみが特定のアイデンティティプロバイダにバインドされている場合は、次のルールも追加する必要が
あります。
コード構文
ProxyPass /t/[Tenant ID] https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:
[Port]/t/[Tenant ID]
ProxyPassReverse /t/[Tenant ID] https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:
[Port]/t/[Tenant ID]
b. リモート SAP HANA システムのルールを設定します。
コード構文
ProxyPass /[PATH]/ https://[Remote System Host]:[Port]/
ProxyPassReverse /[PATH]/ https://[Remote System Host]:[Port]/
<Location /[PATH]/>
ProxyPassReverse /
ProxyPassReverseCookiePath /sap/hana/xs/saml /[PATH]/sap/hana/xs/saml
</Location>
注記
この設定では、HANA XS SAML Logon からの相対パスリダイレクトと SAML セッションがサポートされます。
c. SAML アイデンティティプロバイダのルールを追加します。
ADFS がアイデンティティプロバイダである場合は、次を追加します。
コード構文
ProxyPass /adfs/ https://[Your ADFS Server]/adfs/
ProxyPassReverse /adfs/ https://[Your ADFS Server]/adfs/
<Location /adfs/>
ProxyHTMLEnable on
ProxyHTMLURLMap https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:[Port]/
sap /sap
ProxyHTMLURLMap https://[Remote Server]:[Port]/[PATH]
</Location>
SAP Cloud Identity Server がアイデンティティプロバイダである場合は、次を追加します。
コード構文
ProxyAddHeaders off
ProxyPassReverseCookieDomain [SAP Cloud Identity Server] [Your Reversed
Proxy Host Name]
ProxyPass /saml2/ https://[SAP Cloud Identity Server]:443/saml2/
ProxyPassReverse /saml2/ https://[SAP Cloud Identity Server]:443/saml2/
<Location /saml2/>
ProxyHTMLEnable on
276
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
SetOutputFilter proxy-html
ProxyHTMLCharsetOut *
RequestHeader unset Accept-Encoding
ProxyHTMLURLMap https://[SAP BusinessObjects Cloud Server]:[Port]/
sap /sap
ProxyHTMLURLMap https://[Remote Server]:[Port] /[PATH]
</Location>
ProxyPass /universalui/ https://[SAP Cloud Identity Server]:443/
universalui/
ProxyPassReverse /universalui/ https://[SAP Cloud Identity Server]:443/
universalui/
4. リモートシステムを SAP BusinessObjects Cloud に追加します。
a. SAP BusinessObjects Cloud にログインして、
HANA
接続
接続数
接続追加
本稼動データ接続
SAP
に移動します。
b. 新規接続登録ダイアログで、新規接続の名前を入力します (この名前は後で変更できません)。
c. 接続タイプはパスです。
d. システムタイプは HANA です。
サポートされる最小のシステムバージョンの一覧がユーザインタフェースに表示されます。
e. パス接頭辞項目に、上記で定義した /[PATH] の値を入力します (例: /BWA)。
f. リモートシステムの信用証明書を入力します。または、Single Sign-On を使用している場合は、信用証明書が必要
ですチェックボックスの選択を解除します。
注記
リモートシステムへの接続を登録した後、リモートシステムからモデルを登録する前に、ログオフしてから再度ログ
オンする必要があります。
5. リモートシステムからモデルを登録します。
a. SAP BusinessObjects Cloud で、モデラにナビゲートします。
b. モデラで、新規モデルアイコンを選択した後、SAP HANA からモデルをインポートを選択します。または、複数のモデ
ルをインポートする場合は、データインポートアイコンを選択し、ドロップダウンメニューで HANA から複数のモデルを
インポートを選択します。
c. 表示されるダイアログで、リモートシステムとデータソースを選択します。
注記
リモートビューからモデルを登録する際、選択可能な SAP HANA ビューのリストには技術名称のみが表示されま
す。ラベル (存在する場合) による検索が可能で、ラベルがない場合は技術名称で検索できます。
d. 新規モデルセクションで、新しいモデルの名前と説明を入力します (名前を後から変更することはできません)。
e. OK を選択してモデルを生成します。
新しく登録されたモデルがリストに表示されます。これで、ストーリーのデータソースとして、このモデルを使用できます。
注記
基になる SAP HANA ビューでモデル化されたメジャー定義、説明、数量単位/通貨、集計タイプなどは、モデラには表
示されませんが、基になる SAP HANA ビューから選択され、必要に応じてストーリーで使用されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
277
関連情報
本稼動データ接続 [272 ページ]
本稼動データ接続からのモデルの登録 [78 ページ]
12.2.2 SAP Web ディスパッチャを経由した SAP HANA または SAP
HCP に対する本稼動データ接続の登録
ここでは、SAP Web ディスパッチャを外部リバースプロキシとして使用し、リモートシステム (SAP HANA Cloud Platform な
ど) を SAP BusinessObjects Cloud に接続する方法を説明します。
前提条件
● SAP HANA SPS10 リビジョン 102.2 以降と SAP HANA Info Access (InA) サービスバージョン 4.10.0 以降、または上
記の要件に準拠した SAP HANA 上で稼働する HCP システムを使用している。
● SAP HANA Info Access サービスをシステム上で有効にしている。
● 適切な認証情報 (INA_USER) を使用して SAP HANA Info Access ユーザを登録している。
注記
SAP HANA Info Access サービスおよびユーザを設定する方法の詳細については、SAP HANA Info Access ツー
ルキット、API、およびサービスのインストールを参照してください。
手順
1. SAP Web ディスパッチャをインストールします。
注記
インストール方法の詳細については、SAP Web ディスパッチャインストールガイド
Web ディスパッチャのインストール
を参照してください。また、SAP
も参照してください。
2. SAP BusinessObjects Cloud バックエンドのパスルールを設定します。
a. SAP Web ディスパッチャにデフォルトプロファイルを登録する必要があります。そうするには、sapwebdisp bootstrap を実行するか、下記の内容例に従ってテキストファイルを作成します。ファイルの内容は必要に応じて
変更できます。
注記
すべての例では、角括弧内の値を独自の値で置き換える必要があります。
278
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
ソースコード
SAPSYSTEM = 66
DIR_EXECUTABLE = .
DIR_INSTANCE = .
rdisp/mshost = binmain
ms/http_port = 8081
wdisp/auto_refresh = 120
wdisp/max_servers = 100
wdisp/HTTPS/dest_logon_group = HTTPS
wdisp/HTTPS/max_client_ip_entries = 100000
wdisp/HTTPS/sticky_mask = 255.255.255.0
icm/server_port_0 = PROT=HTTP,PORT=[SAP Web Dispatcher Port]
icm/server_port_1 = PROT=HTTPS,PORT=[SAP Web Dispatcher Port]
icm/min_threads = 20
icm/max_threads = 40
icm/max_conn = 500
mpi/total_size_MB = 100
mpi/buffer_size = 65536
b. /sap 要求を SAP BusinessObjects Cloud システムにリダイレクトするために、次のルールをプロファイルに追加し
ます。
出力コード
wdisp/system_0 = SID=C4A, EXTSRV=http://[SAP BusinessObjects Cloud Host]:
[SAP BusinessObjects Cloud Port], SRCSRV=*:[SAP Web Dispatcher Port],
SRCURL=/sap, PROXY=[Web Proxy if Needed]
c. まだ存在しない場合は、sapwebdisp.exe と同じディレクトリ内にファイル Filter_Rules.txt を作成します。
d. 次の内容をプロファイルに追加します。
サンプルコード
icm/HTTP/mod_0 = PREFIX=/,FILE=./Filter_Rules.txt
e. 次の内容を Filter_Rules.txt に追加します。
サンプルコード
if %{SID} = C4A
begin
SetHeader HOST [SAP BusinessObjects Cloud Host]
SetResponseHeader HOST [SAP Web Dispatcher Host]:[Port]
RegIRewriteResponseHeader LOCATION https://[SAP BusinessObjects Cloud
Host]:[Port](.*) https://[SAP Web Dispatcher Host]:[Port]$1
end
注記
これらのルールは、SAP BusinessObjects Cloud からの応答を正しく書き直すために必要です。
3. リモートシステムのパスルールを設定します。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
279
注記
すべての例では、角括弧で囲まれた内容を実際の値で置き換える必要があります。
a. リモート要求に関する次のルールをプロファイルに追加します。
サンプルコード
wdisp/system_1 = SID=REM, EXTSRV=http://[Remote System Host]:[Port],
SRCSRV=*:[SAP Web Dispatcher Port], SRCURL=/[PATH]
b. 前のステップの設定によってリモート URL にパスが付加されるため、URL への変更を元に戻すためのルールが必
要になります。次の内容をプロファイルに追加します。
サンプルコード
icm/HTTP/mod_0 = PREFIX=/,FILE=./Filter_Rules.txt
c. まだ存在しない場合は、sapwebdisp.exe と同じディレクトリ内にファイル Filter_Rules.txt を作成します。
d. 次の内容をファイルに追加して、ファイルを保存します。
サンプルコード
if %{SID} = REM
begin
SetHeader clientProtocol HTTP
RegRewriteUrl ^/[PATH](.*) /$1
end
注記
必要な場合は、HTTPS も追加します。このルールでは、URL 内で /[PATH] の前後にあるすべての部分をル
ート "/" (InA Service の常駐場所) に書き直します。この書き直しを行わないと、/[PATH]/sap/... にある
URL へのアクセスが試みられます。IF 文を使用して、このルールを指定した SID のみに適用できます。
4. SSL 証明書を設定します。
注記
このステップは、特に HCP などのシステムに HTTPS を配信するために必要です。
a. 配信先とするシステムから証明書をダウンロードします。HTTPS URL へのアクセスに使用した任意のブラウザから
証明書をエクスポートできます。
b. SAP Web ディスパッチャのキーストアに証明書をインストールします。必要に応じてパス名とファイル名を変更しま
す。
サンプルコード
sapgenpse maintain_pk -a C:¥Users¥administrator¥Desktop¥neoCA.cer –p C:
¥webdispatcher¥sec¥SAPSSLC.pse
sapgenpse maintain_pk -a C:¥Users¥administrator¥Desktop¥neoCA.cer –p C:
¥webdispatcher¥sec¥SAPSSLA.pse
280
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
c. SSL を使用するようにディスパッチャを設定します。次の内容をプロファイルに追加し、必要に応じてパスを変更しま
す。
サンプルコード
ssl/ssl_lib=C:¥webdispatcher
ssl/client_pse=C:¥webdispatcher¥sec¥SAPSSLC.pse
ssl/server_pse=C:¥webdispatcher¥sec¥SAPSSLS.pse
ssl/client_pse=C:¥webdispatcher¥sec¥SAPSSLA.pse
wdisp/ssl_encrypt=1
wdisp/ssl_auth=0
注記
詳細については、証明書要求応答のインポートを参照してください。
5. SAP Web ディスパッチャでシングルサインオン (SSO) を使用する場合は、次の追加ステップを実行する必要がありま
す。
注記
角括弧で囲まれたすべての値を実際の値で置き換えてください。
a. 行 icm/HTTP/mod_0 = PREFIX=/,FILE=./FilterRules.txt を主要な設定ファイル (通常は C:
¥webdisp¥sapwebdisp.pfl) に追加します。
b. 少なくとも 1 つのセキュアポートが SAP Web ディスパッチャの主要な設定ファイル内に次の形式で記述されているこ
とを確認します。icm/server_port_1 = PROT=HTTPS,PORT=[Secure Port]
c. SAML 2.0 をサポートするアイデンティティプロバイダ (SAP Cloud Identity など) が設定され、そのプロバイダが
SAP によって SAP BusinessObjects Cloud アカウントに追加されていることを確認します。
d. SAP Web ディスパッチャの主要な設定ファイルで指定された場所から FilterRules.txt ファイルを開き、SAP
BusinessObjects Cloud サーバに対するリダイレクトを次のどちらかの形式で追加します。
○ SAP BusinessObjects Cloud マルチテナントモード:RegIRedirectUrl /[Path Name]/(.*) https://[SAP
BusinessObjects Cloud Server]:4300/t/[Tenant Name]$1
○ SAP BusinessObjects Cloud シングルテナントモード:RegIRedirectUrl /[Path Name]/(.*) https://[SAP
BusinessObjects Cloud Server]:4300/sap/fpa/ui$1
e. https://[SAP Web Dispatcher Server]:[Secure Port]/[Path Name] を開くと、シングルサインオンを通じて自動
的にログインし、SAP BusinessObjects Cloud のようこそページが表示されるはずです。
結果
次の URL を使用して、ルールが正しく設定されたかどうかをテストできます。
● http(s)://[SAP Web Dispatcher Host]:[SAP Web Dispatcher Port]/sap/fpa/ui/ を開くと、SAP
BusinessObjects Cloud が表示されます。
● http(s)://[SAP Web Dispatcher Host]:[SAP Web Dispatcher Port]/[PATH]/sap/bc/ina/
service/v2/GetServerInfo を開くと、JSON レスポンスが表示されます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
281
関連情報
本稼動データ接続 [272 ページ]
本稼動データ接続からのモデルの登録 [78 ページ]
12.3 インポートのスケジュール設定
データのインポートのスケジュールを設定することができます。
コンテキスト
スケジュール設定をサポートしているデータソースは、以下のとおりです。
● SAP Business Planning and Consolidation (BPC)
● SAP Business Warehouse (BW)
● SuccessFactors HCM Suite
● SFDC ユーザ事前定義済データセットまたはエンティティベースモデル
● SAP BusinessObjects BI プラットフォームユニバース (UNX) クエリ
● SAP ERP Central Component (SAP ECC)
手順
1. メインメニューで接続を選択してから、インポートステータスタブに進みます。
2. スケジュールされたインポートを選択して開きます。
3. 次の接続タイプについては、クエリの編集を選択してクエリ (パラメータ値を含む) を変更できます。
○ SAP Business Warehouse (BW)
○ SuccessFactors HCM Suite
○ SAP BusinessObjects BI プラットフォームユニバース (UNX) クエリ
4. スケジュール設定で、次のオプションのうちいずれかを選択します。
スケジュール設定オプション
説明
なし
確定後に、インポートが 1 回だけ実行されます。
1回
事前に選択した時刻に、インポートが 1 回だけ実行されます。
繰り返し
反復パターンに基づいてインポートが実行されます。反復パター
ンだけでなく、開始日時と終了日時も選択できます。
282
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
関連情報
接続 [252 ページ]
データのインポート [57 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
接続
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
283
13
システム
システム管理者はシステム機能を使用して管理と監視を行い、システムログ内のシステムイベントとエラーの詳細を読み取り
ます。
システムの管理/監視機能を使用するには、システム情報の読取と更新を行う管理者権限が必要です。
タスク:
モニタ [284 ページ]
管理 [286 ページ]
13.1
モニタ
システムモニタには、システム管理者が監視する必要がある用途とパフォーマンスに関する主要なエリアの概要が、複数の
対話型ダッシュボードスタイルで表示されます。
モニタ情報によってシステムの現在の状態が示されるほか、昨年中の指定期間における履歴情報も提供されます。システム
モニタには、トレース可能なすべてのイベントとエラーの詳細を示すトレース (システムログ) もあります。
4 つの別々のタブページで、これらのモニタ機能を利用できます。
● 概要
● メモリ別のシステム用途
● ユーザ別のシステム用途
● トレース
概要
このタブページには、基本的なシステム情報と、メモリ用途の円グラフが表示されます。また、各種メトリクス (使用中のライセ
ンス、アクティブなユーザの数、ログインの数) に関する数値が表示されます。用途はユーザタイプ (Planning、Analytics、
Business Intelligence、HANA Cloud Platform など) に基づいて分析されます。ユーザタイプを選択して、チャートで関連デ
ータを強調表示することができます。
1 ヶ月から 1 年の範囲のズームレベルを選択するか、スライディングスケール機能を使用することで、表示対象のデータの期
間を指定できます。
284
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム
メモリ別のシステム用途
このタブページには、メモリ用途を MB 単位で示す 2 つのチャート (モデル別のメモリ用途およびユーザ別のメモリ用途) が表
示されます。
マウスポインタをチャート詳細に合わせることで、データの詳細を容易に読み取りできます。また、並べ替えボタンを使用して、
データの順序を変更できます。
ユーザ別のシステム用途
このタブページには、各ユーザに関するメトリクス (トランザクション数、MB 単位のストレージ用途) が表示されます。個々の
ユーザアカウントに対してサーバのストレージ領域が割り当てられて管理される場合、管理者は各ユーザのレベルをここで視
覚的にチェックできます。
各列のヘッダのドロップダウンメニューを使用して、このタブページの列に並べ替えとフィルタを適用できます。
トレース
システム管理者は、どのようなレベルのエラーメッセージをログに記録するのかを決定するほか (
システム
管理 のシス
テム設定トレースレベルを参照)、ログファイルを保持する期間を設定しますが、ログファイルは数多くのページに拡張する可
能性があります。そのため、ログファイルを操作するには、検索機能とフィルタ機能が非常に便利なツールになります。また、
検索対象の情報を容易に見つけられるように、列ヘッダで並べ替え機能を使用して、画面のほとんどの列を並べ替えることが
できます。
検索機能はユーザ名、コンポーネント、メッセージの各列にフィルタを適用し、入力した検索文字列に合致する項目のみを画
面に表示します。
フィルタ機能では日付の範囲を入力し、一定の期間に属するログエントリのみを選択できます。
次のデータ列を使用できます。
表 56: トレース列
名前
説明
タイムスタンプ
各メッセージの日付と時刻。
トレースレベル
ログメッセージは重大度レベルに基づいて分類され、システム管理者はどのレベルのメッセージが表示されるのかを
設定できます。通常、エラー (トレースレベル 4) のみが表示されます。
ユーザ名
この列では、メッセージを生成したユーザアカウントの ID が示されます。
コンポーネント
該当する場合、技術コンポーネント名がここに示されます。
メッセージ
エラーメッセージのテキスト。メッセージテキストが切り詰められている場合は、メッセージにマウスポインタを合わせ
て、ツールヒントのテキストを読み取ります。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
285
名前
説明
スタック
スタックリンクテキストをクリックすると、スタックメッセージのテキストがポップアップウィンドウに表示されます。
詳細
エラーに関する追加情報がここに表示される場合があります。
ログファイルは最大 350,000 行のデータに制限されています。この制限を守るために、最も古いログエントリが削除されま
す。
削除アイコンを選択して、ログエントリをマニュアルで削除することもできます。システムトレースをクリアダイアログでは、すべ
てのログエントリを削除するのか、指定した期間より古いエントリを削除するのかを選択できます。
13.2 管理
アプリケーションの一般的なパラメータの設定、および SAP BusinessObjects Cloud とインタフェースをとる外部システムと
の接続の設定を行うには、システム管理機能を使用します。
管理タブのページは次のとおりです。
● SAP BusinessObjects Cloud エージェント - クラウドサーバに接続するためのパラメータを入力するには、このページを
使用します。
● システム設定 - さまざまな設定を定義するには、このページを使用します。
● リモートシステム - リモートシステムへの接続を管理するには、このページを使用します。
SAP BusinessObjects Cloud エージェント接続
SAP BusinessObjects Cloud エージェントを設定するために、ホスト、ポート、ユーザ名とパスワードに関するパラメータ値を
入力します。
システム設定
アプリケーションの一部の機能には、ここでオン/オフを切り替えできるオプション設定があります。バックエンド管理目的の他
の設定もここで指定できます。
トレースレベルの設定では、システムログ内のどのメッセージをモニタトレース機能 (
システム
モニタ ) で表示するのか
を指定します。エラーメッセージは重大度に基づき、次のレベルを使用して分類されます。デバッグ (1)、情報 (2)、警告 (3)、
エラー (4)、重大 (5)。
286
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム
関連情報
接続 [252 ページ]
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
287
14 システム要件および技術的前提条件
SAP BusinessObjects Cloud は完全に Web ベースの製品です。特定の要件を満たすシステムとインターネット接続が必要
です。ここに示す要件は現在のリリースに関するものです。
クライアントソフトウェアの要件
表 57:
クライアントソフトウェア
バージョン
デスクトップブラウザ
Google Chrome
追加情報
Google は Chrome ブラウザに対して継続
的な更新をリリースしています。更新がリリ
ースされるたびに、SAP は最新バージョンの
完全なテストとサポートのために最大限の努
力を払います。ただし、OEM 専用のブラウザ
に欠陥が見つかった場合、あらゆる状況下
で修正を保証できるわけではありません。特
定のバージョンに関する質問 (特定のバージ
ョンのサポート可否など) がある場合は、サ
ポートケースを記入してください。
詳細なシステム要件については、Web ブラ
ウザのドキュメンテーションを参照してくださ
い。
オペレーティングシステム
Microsoft Windows Vista
SAP BusinessObjects Cloud は特定のオ
Microsoft Windows 7
ペレーティングシステムに依存しません。す
べての機能に Web ブラウザを通じてアクセ
Microsoft Windows 8+
スできます。
Apple Mac OS X Lion (10.7) 以降
詳細なシステム要件については、オペレーテ
ィングシステムのドキュメンテーションを参照
してください。
追加のソフトウェア
288
Adobe Acrobat Reader 9 以降
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム要件および技術的前提条件
クライアント設定の要件
表 58:
クライアント設定
ネットワーク帯域幅
設定
追加情報
推奨される接続速度: 500 ~ 800 kbit/s 以 一般的に、SAP BusinessObjects Cloud は
上
インターネットサーフィンに必要とされる帯域
幅を超える帯域幅は必要としません。すべて
のアプリケーションモジュールは、大きいグラ
フィックファイルを最小限使用できる速度と応
答性に基づいて設計されています。
画面解像度
XGA 1024x768 (ハイカラー) 以上
推奨される最小限のキャッシュサイズ
250 MB
SAP BusinessObjects Cloud は Web 2.0
アプリケーションです。画像ファイルなどの静
的コンテンツのためにアプリケーションでは
ブラウザキャッシュが頻繁に使用されるた
め、ブラウザキャッシュを使用可能にすること
をお奨めします。キャッシュをクリアすると、
削除されたファイルが再度ダウンロードされ
て次回の使用のためにキャッシュされるま
で、ブラウザのパフォーマンスは向上しませ
ん。
より新しい Web ページを有効化する必要が
あります。
HTTP 1.1
有効化
JavaScript
有効化
クッキー
認証を行う場合は、Web ブラウザセッション
のクッキー (非永続) を有効化します。
ポップアップウィンドウ
SAP BusinessObjects Cloud からのポップ
アップウィンドウを許可します。
モバイルの要件
表 59:
ハードウェア/ソフトウェア
サポート対象
デバイス
iOS 8.4 以降で動作するデバイスについては iPhone のみ
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム要件および技術的前提条件
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
289
データ接続 - インポート
表 60:
サポート対象
バージョン
SAP Business Warehouse
7.4 SP13 以降
SAP Business Planning and Consolidation - Microsoft
10.0 SP12 以降の SP
Platform
SAP Business Planning and Consolidation - NetWeaver
10.1 SP2 以降の SP
10.0 SP12 以降の SP
10.1 SP2 以降の SP
SAP Business Objects Enterprise Universe (UNX)
4.1 SP05 以降の SP
4.2 SP02 ビルド 1985
SAP Enterprise Resource Planning (ERP)
6.0 EHP 07 SPS 04
Microsoft Excel (XLSX のみ)*
2007 以降
カンマ区切りファイル (CSV)*
ユニコードファイルフォーマット
Google ドライブ; Microsoft Excel (XLSX)、カンマ区切りファイル
サポート
(CSV) および Google シート
Salesforce
サポート
*最大ファイルサイズ:40MB
データ接続 - ライブ
表 61:
サポート対象
リモート接続
SAP HANA
SPS10 - リビジョン 102.2 以降および SAP HANA Info Access
Service (InA) バージョン 4.10.0 以降
290
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム要件および技術的前提条件
本稼動データ接続用のリバースプロキシ
表 62:
サポート対象
SAP Web Dispatcher 7.48.0
Apache HTTP Server 2.4.x
SAP BusinessObjects Cloud エージェント
表 63:
要件
Apache Tomcat 7.0 以降
JRE 7
SAP Java Connector 3.0.13
SAP Digital Boardroom
表 64: タッチ画面を使用するための最小要件
画面
サイズが 32" ~ 75" の Samsung 画面 (例: 32" Samsung
DM32E、48" Samsung DM48E、55" Samsung DM55E)
Samsung Touch Overlay
必要; 画面サイズに一致するもの (例: CY-TD32LDAH、CYTD48LDAH、CY-TD55LDAH)
グラフィックカード
AMD Fire Pro W4100 + ATI Catalyst Driver
オペレーティングシステム
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8+
ソフトウェア
MagicIWB 3.0 - 画面ごとに 1 ライセンス
最新の Chrome ブラウザ
表 65: 非タッチ画面を使用するための最小要件
画面
1920x1080p の画面解像度をサポートする画面ハードウェアを提供
する任意のベンダー
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム要件および技術的前提条件
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
291
グラフィックカード
3 つのデジタル画面にわたって単一の投影デスクトップエクスペリエ
ンスをサポートできる任意のベンダーグラフィックカード
ソフトウェア
292
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
最新の Chrome ブラウザ
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
システム要件および技術的前提条件
15
用語集
重要な用語の定義を以下に示します。
用語
定義
勘定
アカウントとドライバの定義をカプセル化した特殊なディメンション。勘定は計画タイプモデルの主な焦点で
す。
勘定 (Accounts) ディメンションのメンバーの 1 つであるアカウント (account) は、収益またはヘッドカウント
などのメジャーです (優先語句: メンバー)。
数量
モデル共通部分の数値。
集計
テーブルの複数の行または列のデータの合計。
属性
ID または所有者など、ディメンションメンバーの特性。属性は、グリッドに表示できます。
監査
メインデータと調整の管理に使用できるさまざまなデータソースを表すディメンション。監査ディメンションは、
計算、および入力データを分離するレポート連結モデルの計算およびビジネスルールで使用できます。
コラボレーシ 同僚とのビジネスコンテンツのディスカッション、情報の共有、リアルタイムチャットでのタスクの登録を可能に
ョン
するインスタントメッセージングツール。コラボレーションを使用すると、リンクされたビジネスコンテンツに基づ
く意思決定が容易になります。
コメント
コラボレーションツールにおいて、ディスカッションへの参加者によって追加されたテキスト。テキストはリアル
タイムでディスカッションスレッドに投稿されます。
通貨換算
有効なレートを使用して、換算元の通貨から換算先の通貨へ金額を変換することです。
デジタルボ
ードルーム
リアルタイム、対話型のボードルームプレゼンテーションで、ストーリーとアジェンダ項目を結合できます。
ディメンショ
ン
モデルの分析基準 (製品別や地理的地域別など) を定義した情報の内訳。
ディスカッシ
ョン
ストーリーなど、特定のビジネスコンテンツへリンクすることができる投稿のコレクション。さらに、ディスカッシ
ョンスレッドは、通知、タスク、ビジネスコンテンツへのリンクを含めることができます。
イベント
プロセスにおけるマイルストーン (中間目標点)。
イベントカテ
ゴリ
イベントの特性を定義します。イベントカテゴリは色分けされており、名称があります。
入力フォー
ム
同僚からデータを収集するためにユーザによって登録されるサマリシート。入力が有効になったセルによって
識別されます。入力フォームを登録すると、選択したユーザに対して入力タスクがトリガされます。ユーザは、
入力タスクから入力フォームを開いて、要求された情報を入力することで、タスクを完了します。ユーザはタス
ク内から入力が完了したことを示します。
主要業績評
価指標
(KPI)
成功の度合いを示す指標の 1 つ。損益モデルの純収益など勘定ディメンションのメンバーのそれぞれに対し
KPI 範囲
KPI のビジュアライゼーションまたはしきい値を確認するときの範囲または程度。KPI 範囲は、モデルの各デ
て、メジャーのための特定のしきい値が定義されています。
ィメンションに対して以下の情報を持ちます。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
用語集
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
293
用語
定義
● 粒度 - 階層レベル
● フィルタ - ディメンションメンバーのサブセット (フランス、2015 など)
KPI しきい値 各セルの範囲と比較するための 1 つ以上の静的な値。例:
● < 10%
● < 5 FTE, < 15 FTE
● < $100, $100 - $200, >$200
KPI に対して複数のしきい値を定義できます。たとえば、基になるアカウントに対して、OK、警告、危険の各レ
ベルを定義します。
KPI しきい値 連続する KPI しきい値間の幅を示す値。
間隔
ロック
たとえば展開中に個別の値、またはデータ領域全体、エンティティ、時間、バージョンの組合せなどのデータ
を変更できないようにするアクション。
メンバー
勘定に含まれる会計管理エンティティ
モデル
ディメンション、メジャー、およびストーリーの基礎として使用されるルールのビジネスビューを表しています。
モデルには、次の 2 種類があります。単一の勘定に特化した計画モデルと、分析モデルです。
通知
● アプリケーションがオブジェクトの現在の状態を示すために発するアラート、警告、またはエラーメッセー
ジ。
● コラボレーションプロセス、タスク、またはイベントで行われたアクションについての情報。
パースペクテ ディメンションを参照してください。'パースペクティブ' という用語は、SAP BusinessObjects Cloud では使用
ィブ
されなくなりました。
プロセス
イベントのグループ。
リマインダ
期日までにタスクを完了していない割当ユーザ全員に送信される通知。リマインダは、割当ユーザの上司に
対しても電子メールとして送信できます。
レビュー担当 割り当てられたユーザによって完了に設定されたタスクのレビューを行う人。
者
シナリオ
シナリオは複数のモデルを横断して構成されます。シナリオは特定のモデルの特定のバージョンを組合わせ
ます。たとえば、ベストケースシナリオは、収益モデルのオプティミスティックバージョン、経費モデルのフラット
バージョン、ヘッドカウントモデルの生産性向上バージョンから構成されます。
ストーリー
チャート、ビジュアライゼーション、テキスト、画像、ピクトグラムを使用してデータを説明するプレゼンテーショ
ン形式の文書。
テーブル
ストーリーにおいて、テーブルは 2 次元表形式ビューによるデータ表現であり、通常はソースモデルに関係し
ています (ただし、モデルから完全に独立した基本テーブルも可能です)。
タイル
コンテナ内に配置でき、テキスト、画像、およびチャートなどのビジュアライゼーションを表示するために使用
される四角形の UI 要素。
時間
データを格納する期間 (週、年、四半期、またはカスタムの期間など) を含んだディメンション。
バージョン
カテゴリ内の 1 つ以上の仮定によって示唆されるデータ一式。カテゴリは、異なる仮定に基づいて、複数のバ
ージョンを含むことができます。たとえば、予算というカテゴリには、オプティミスティックバージョンとベースラ
インバージョンを含むことができます。
294
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
用語集
重要免責事項および法的情報
コードサンプル
この文書に含まれるソフトウェアコード及び / 又はコードライン / 文字列 (「コード」) はすべてサンプルとしてのみ提供されるものであり、本稼動システム環境で使用することが目的ではあり
ません。「コード」は、特定のコードの構文及び表現規則を分かりやすく説明及び視覚化することのみを目的としています。SAP は、この文書に記載される「コード」の正確性及び完全性の
保証を行いません。更に、SAP は、「コード」の使用により発生したエラー又は損害が SAP の故意又は重大な過失が原因で発生させたものでない限り、そのエラー又は損害に対して一切
責任を負いません。
アクセシビリティ
この SAP 文書に含まれる情報は、公開日現在のアクセシビリティ基準に関する SAP の最新の見解を表明するものであり、ソフトウェア製品のアクセシビリティ機能の確実な提供方法に関
する拘束力のあるガイドラインとして意図されるものではありません。SAP は、この文書に関する一切の責任を明確に放棄するものです。ただし、この免責事項は、SAP の意図的な違法行
為または重大な過失による場合は、適用されません。さらに、この文書により SAP の直接的または間接的な契約上の義務が発生することは一切ありません。
ジェンダーニュートラルな表現
SAP 文書では、可能な限りジェンダーニュートラルな表現を使用しています。文脈により、文書の読者は「あなた」と直接的な呼ばれ方をされたり、ジェンダーニュートラルな名詞 (例: 「販売
員」又は「勤務日数」) で表現されます。ただし、男女両方を指すとき、三人称単数形の使用が避けられない又はジェンダーニュートラルな名詞が存在しない場合、SAP はその名詞又は代
名詞の男性形を使用する権利を有します。これは、文書を分かりやすくするためです。
インターネットハイパーリンク
SAP 文書にはインターネットへのハイパーリンクが含まれる場合があります。これらのハイパーリンクは、関連情報を見いだすヒントを提供することが目的です。SAP は、この関連情報の可
用性や正確性又はこの情報が特定の目的に役立つことの保証は行いません。SAP は、関連情報の使用により発生した損害が、SAP の重大な過失又は意図的な違法行為が原因で発生
したものでない限り、その損害に対して一切責任を負いません。すべてのリンクは、透明性を目的に分類されています (http://help.sap.com/disclaimer を参照)。
SAP BusinessObjects Cloud ヘルプ
重要免責事項および法的情報
CUSTOMER
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
295
go.sap.com/registration/
contact.html
© 2016 SAP SE or an SAP affiliate company.All rights reserved.
本書のいかなる部分も、SAP SE 又は SAP の関連会社の明示的な許可な
くして、いかなる形式でも、いかなる目的にも複製又は伝送することはでき
ません。本書に記載された情報は、予告なしに変更されることがあります。
SAP SE 及びその頒布業者によって販売される一部のソフトウェア製品に
は、他のソフトウェアベンダーの専有ソフトウェアコンポーネントが含まれて
います。製品仕様は、国ごとに変わる場合があります。
これらの文書は、いかなる種類の表明又は保証もなしで、情報提供のみを
目的として、SAP SE 又はその関連会社によって提供され、SAP 又はその
関連会社は、これら文書に関する誤記脱落等の過失に対する責任を負うも
のではありません。SAP 又はその関連会社の製品及びサービスに対する
唯一の保証は、当該製品及びサービスに伴う明示的保証がある場合に、
これに規定されたものに限られます。本書のいかなる記述も、追加の保証
となるものではありません。
本書に記載される SAP 及びその他の SAP の製品やサービス、並びにそ
れらの個々のロゴは、ドイツ及びその他の国における SAP SE (又は SAP
の関連会社)の商標若しくは登録商標です。本書に記載されたその他すべ
ての製品およびサービス名は、それぞれの企業の商標です。
商標に関する詳細の情報や通知については、http://www.sap.com/
corporate-en/legal/copyright/index.epx をご覧ください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
9 587 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content