close

Enter

Log in using OpenID

2009年 616号~626号 - カトリック福岡司教区

embedDownload
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般の意向︼養成の場としての家庭
︻布教の意向︼キリスト者の一致
︻日本の教会の意向︼中東の平和
そ︑そこに司祭職の輝きを発
揮させる必要があります︒
福岡教区における司祭召命
の育成の成果は︑福岡教区司
祭団の真価のバロメーターで
あると言っても言い過ぎでは
ないでしょう︒召命育成に関
して︑これから福岡教区の司
祭団としての誇りを持ちたい
と思います︒
母親の協力は力と恵み
更 に︑
﹁召命の苗床﹂と呼
ばれる家庭にも呼びかけま
す︒両親︑特に母親は︑自分
の息子が司祭職に招かれた
際︑息子を喜んで神に捧げる
寛大さを持ち︑その召命の旅
に喜んで協力して下さいます
ようにお願いします︒
﹁あなたは女の中で祝福さ
れたかた︒胎内のお子さまも
祝福されています﹂︵ルカ︑1・
︶との聖母マリアの祝福の
体験が︑自分の人生の中で実
感として理解できるようにな
るはずです︵現代の司祭養成︑
参照︶︒
若者よ聴いて下さい
教 皇 様 に 倣 い︑﹁ 若 い 人 た
ちにも呼びかけます︒聖霊の
声にもっと素直になって下さ
い︒教会や人類の大きな期待
があなたがたの心の奥底で響
き ま す よ う に︒ 主 キ リ ス ト
の招きに心を開くことをため
らってはなりません︒そして︑
主の愛のまなざしを感じ︑無
条件に従いなさいと呼びかけ
られたら︑イエスに熱心に応
えて下さい﹂
︵現代の司祭養
成︑ ︶︒
美野島司牧センター
・コース
臨床パストラルケア教育研修
センター
・キッペス
ヨゼフ会
床嶋 藤吾
北九州地区
飯 塚 堤 敏雄
黒崎・天神町
・ベリオン
小 倉 平田 敬
新田原 杉原 寛信
戸 畑 中村 彰
直方・田川
寺浜 亮司
水 巻 竹森 勇
門 司 伊東 成晃
湯 川 平田 三好
行 橋 山元 眞
若 松 鵜野 泰年
パリ外国宣教会北九州支部
・レヌー
佐賀地区
伊万里
・ガッザルディ
鹿島・武雄
・マネルバ
佐 賀 深堀 勝人
多 久
・テムペリーニ
教区民の皆様︑今までのこ
とを繰り返すだけでは︑現状
を超える変化は期待できませ
ん︒これまでの召命育成に対
する皆様のお働きを高く評価
しつつ︑引き続き更なるお祈
り と 犠 牲 を お 願 い 致 し ま す︒
司祭召命の育成のために更
に何ができるか︑何をしない
といけないか︑個人で︑家庭
で︑小教区共同体で︑各団体
実りには痛みのある
犠牲が伴う
82
2009年
司祭召命の育成が最大の優先課題
年頭のご挨拶
派遣されました︒その際︑皆
様からはたくさんのお祈りや
ご支援を頂きました︒改めて
心より感謝申し上げます︒こ
れからも更に聖霊の導きと支
えに強められながら︑皆さま
と共に︑神が望まれる教会共
同体造りを目指して励んで行
きたいと思います︒
司祭召命は優先課題
でも承知されていることであ
り︑実際に︑歴代の司教様方
の御指導のもとに︑教区民が
一丸となって︑司祭召命の育
成に尽力していることは福岡
教 区 民 の 誇 り で も あ り ま す︒
ここに︑今年一年間福岡教区
民が更に全精力を傾けて︑司
祭召命の育成に取り組んで下
さるように︑改めて皆様と一
緒に再認識し︑実践したいと
思い︑ご挨拶を差し上げる次
第です︒
最大の鍵は司祭団に
とばの役務と自分の生活︑奉
仕の精神と復活の真の喜びを
明らかに現す生活のあかしに
よって︑司祭職の重要性と必
要性とを信者に理解させるよ
う心掛けて下さい﹂と要請し
ています︵司祭の役務と生活
に関する教令・ ︶
︒
確かに︑現代社会の中で司
祭が果たすべき務めはあまり
にも多岐に渡っていて︑各種
の難問が山積みであることも
十分に承知しています︒時に
は任務上の多くの義務に追い
回されて︑自己分散の危機に
瀕することも希ではないこと
も 理 解 し て い る つ も り で す︒
﹁精一杯頑張って働いてい
る者に︑これ以上何を要求す
るのか﹂との声も聞こえて来
そうです︒しかし︑だからこ
浦
義孝
・メディナ
泉
類治
サン・スルピス司祭会
牧山 強美
大山 悟
高木 善行
・ベルナール
白浜 満
湯淺 俊治
熊川 幸徳
大神学院 嘉松 宏樹
聖パウロ修道会
永富 久雄
小川 孝志
田中 直
七種 一一
御受難修道会
来住 英俊
鈴木 忠一
内山 恵一
・ガブリエル
鹿山 安広
司祭の家 山頭 原太郎
で 検 討 し︑ 実 践 し て 下 さ い︒
痛みを伴う犠牲が捧げられる
と き︑ 意 識 と 関 心 が 生 ま れ︑
その意識と関心は人を動かす
力になります︒そこに祈りが
バチカンから送られてきた指
伴 う と き に︑ 人 の 動 き が 神
針 に よ る と︑ 典 礼 に お い て︑
に向かい︑神への応答に導か
神の名を﹁ヤーウェ﹂ではな
れます︒幸いに︑福岡教区で
く︑
﹁主﹂と発音するように
は︑家庭や教会で︑また様々
求めている︒その理由は神聖
な機会に︑召命育成のための
四 文 字 の YHWH
は︑ 発 音
お祈りが頻繁に捧げられてい
してはならないというユダヤ
ます︒そのような熱心な祈り
と 犠 牲 の 繰 り 返 し の 努 力 が︑ 教の伝統︑そしてそれを受け
継いだキリスト教の伝統を大
召命の実りと収穫のための豊
切にするというものである▲
かな土壌になると確信してい
私たちは特段何も考えること
ます︒これから司祭を目指そ
なく﹁神﹂と使っているかも
うとしている人々︑現に神学
しれないが︑キリシタンの時
生として司祭を目指している
代︑聖書の神をどう表記する
人々のためにもお祈り下さ
い︒更に︑
現役の司祭のため︑ かは︑宣教師たちも大変苦労
したようである︒例えばザビ
また現役を引退された司祭の
エルは︑
最初﹁神﹂を﹁大日﹂
ためにもお祈り下さい︒これ
と呼んでいたが︑その不適切
までの皆様のお働きに心から
さに気づき︑今度はラテン語
感謝を申し上げながら︑これ
の﹁ 神 ﹂ に あ た る Deus
を
からの皆様の更なるご活躍の
そ の ま ま 表 記 し て﹁ デ ウ ス ﹂
上に︑神様からの豊かな祝福
と呼び変えることにした︒こ
をお祈り致します︒
れにより︑日本古来の神々や
カトリック福岡司教
仏との相違は明らかになった
ドミニコ宮原良治
ものの︑
今度は﹁デウス﹂
が﹁ダ
イウソ﹂と間違えられてしま
う▲その後︑ 世紀の後半に
はすでに﹁天主﹂の使用例が
認められるそうであるが︑カ
トリック教会では︑最近まで
﹁天主﹂という言葉が使われ
ていた︒しかし︑
1959年︑
公教要理の改訂に伴い︑カト
リック教会は正式に﹁神﹂と
用いることとした▲このこと
を 鈴 木 範 久 氏 は︑﹁ 次 第 に カ
トリック教徒の間にも
﹁天主﹂
と﹁神﹂との混同が見られ始
め て い た 結 果 で も あ っ た が︑
﹁天主﹂の言葉を保ち続ける
選択があってもよかったと思
わ れ る ﹂︵ 聖 書 の 日 本 語 ︶ と
言う︒この他にも教会内だけ
で用いられている言葉が︑現
代ではどのような意味にとら
れるか︑また現代日本の社会
の中で適切かなど︑再考して
みる必要があると思う︒
︵M︶
・マッケイ
鳥 栖
馬渡島 田川 清美
呼子・唐津
・ヴィッラ
淳心会 木陰 実
熊本地区
帯 山 川添 猛
菊 池 最頼 巌流
健 軍 青木 悟
崎津・大江 牧山 美好
島 崎
・マルケット
S・ダニエーレ
M・ダ・ロシャ
手 取 牧山 勝美
深堀 敏 司教
玉 名
・マルケット︵管
理者︶
人吉・八代
・ヤングキャンプ
本 渡 浦 俊雄
水 俣
・ホールガン
武蔵ヶ丘
・フィリッピーニ
真命山・霊性交流センター
・ソットコルノラ
16
召命育成のために最大の鍵
を握るのは司祭団です︒その
た め に 教 会 は 各 司 祭 に︑
﹁こ
主のご降誕と
新年のお慶びを申し上げます
教区長
宮 原 良 治 司教
・シアニ
笹 丘 遠山 満
・ドワイヤー
山口 正美
浄水通 田中 重治
大名町 櫻井 尚明
井手 公平
高 宮 戸村 悦夫
片岡 哲夫
茶 山 山田 成章
西 新 森山 信三
箱 崎
・ ジアール
光 丘
・ブルニ
二日市 川上 惣一
本 郷 畠山 七郎
吉 塚 硫黄 隆二
老 司 大山 悟︵管理者︶
イエズス会
福岡修道院
増井 啓
曽根 忠明
M
42
82
1月の意向
福岡地区
教区本部
松井 忠之
田中 重治
司教館付
岩永 義人
渡辺 隆義
山下 正
糸 島 竹内 英次
今 村 岩崎 康彦
大 楠 中村 信哉
大牟田・荒尾 下町 豊重
小 郡
・オカロール
久留米 浦川 務
三村 邦明
古 賀
・ジュード
古川 健一
F
D
D
V
W
L
L
A
T
G M
M
Br.
M
C
A
E
R
F
H
J
Q
Br.Br.Br.
B
Br.
さて︑福岡教区内に待ち構
え て い る 課 題 は 山 積 み で す︒
その中でも︑早急に着手すべ
き緊急の課題として司祭評議
会から答申を頂いたのは︑司
祭召命に対する取り組みで
す︒ 司 祭 召 命 の 育 成 が 最 大
の優先課題であることは誰に
カトリック大名町教会小聖堂
カトリック福岡教区の皆様
(イザヤ 7・14)
11
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 39
発 行 人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-5139
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
P
二〇〇九年の新しい歩みが
始まりました︒
年頭にあたり︑
主イエス・キリストによって︑
父なる神様からの恵みと平和
が皆様の上に豊かにあります
ように︑そして新しい一年が
聖霊に導かれた愛と平和の年
になりますように︑お祈りい
たします︒
昨年は︑計り知れない神の
恵みに導かれて︑福岡教区に
その名はインマヌエルと呼ばれる
第616号
カトリック福岡教区報
2009年1月1日発行
(1)
見 つ け た︒
﹁神を信じること
により殉教すること﹂を︒
日 本 の 教 会 が︑ 神 様 か ら
こ れ を 身 に 付 け な さ い と︑
﹁188福者殉教者﹂という
上着を 月 日にいただい
た︒殉教を通して神のいのち
に深く触れたぬくもりのこも
る上着を︒間違いなくあの雨
風が凌げるはずだ︒
188殉教者列福式を通し
て配られたあの﹁レインコー
ト﹂を大切にし︑毎年7月1
日にどのように似合っている
か見直したい︒
新田原教会主任
杉原 寛信 神父
殉教者が
私に語りかける
﹁彼等こそが証し人 愛の
いた彼らは︑現代のわたした
セ ー ジ ﹂ で︑
﹁家族が揺らぐ
主体でした︒そして︑信者は
ちに何を呼びかけているので
ときは︑いのちも︑そして人 証し人 彼等の灯した証し灯
こ れ を 熱 心 に 学 び︑ 暗 誦 し︑
しょうか︒彼らの多くは名も
生も揺らぎます︒家族の危機 を 永遠に絶やさぬように﹂
また家庭での学びのために書
知られぬ︑小さな一市民でし
は︑いのちの危機である﹂と
き写しました︒その後印刷さ
た︒一人として偉大さを求め
述べていました︒
れるようになったドチリナ・
て︑殉教者になろうとしてい
福者たちは迫害の中で︑よ
キリシタンは︑多くの版を重
なかったのではないでしょう
り強い家族と信徒の絆を私た
ねました︒それは︑聖書︑使
か︒ただ神への燃えるような
ちに示してくれたのです︒彼
徒伝承によって︑明確にされ
愛が︑その慎ましい生き方を
ら は 現 代 に 生 き る 私 た ち に︑
た教会の信仰の全体を示した
殉教へと導いたのです︒
﹁ 家 族 ﹂ の 在 り 方 を︑ 今 一 度
もので︑信者にとって大切な
現代は確かに信教の自由が
見つめ直す機会を与えてくだ
教
えであるからです︒
保障されており︑火あぶりや
さったのではないかと思って
現代︑聖書は多く読まれて
穴つるしなどの刑はありませ
います︒
いますが︑それを正しく理解
ん︒それでも︑別段華々しい
西新教会信徒 岩崎 従子
し︑生活に生かすには︑前提
ことのない自分の生活におい
として︑教義が充分体得され
﹃
わ
っ
か
も
ん
彼等が実践されてきた純粋な
てさえも︑殉教者のように生
ていることが必要です︒現代
ウォーク﹄の証し ﹁ 愛 の 証 し ﹂ ﹁ 信 仰 ﹂ を 深 の信仰教育に︑もっと教義へ
きることは神の恵みによって
=
確かにできるのだ⁝⁝彼らが
長崎の青年が主体となり列 く心に留め︑これから先を歩
の関心が高まって欲しいもの
そう語っているように︑わた
福 式 に 向 け て 準 備 し て き た んでいきたいと思います︒
です︒また切支丹時代は現代
大名町教会信徒 豊嶋 玲
しは思えてくるのです︒
﹃青年列福準備会﹄
︒全国の青
よりも︑もっと教会暦︵典礼
聖心のウルスラ宣教女修道会
年も一緒になり︑約一年間殉
暦︶を大切にしました︒典礼
福
者
と
共
通
の
修練者
岸 里実
教 と い う も の に 思 い を 寄 せ︑
暦に沿って生きることは︑現
記憶を求めて
列福式に向けて様々な取り
存するキリストと共に生きる
信仰という絆が
現代は︑ある意味で恵まれ
組みをしてきました︒その最
ことであり︑その生活自体が
守る家族と教会
後 の 取 り 組 み と な っ た の が︑ た時代と言えます︒聖書をは
証しであるからです︒私たち
福者たちが生きた時代の教 ﹃ わ っ か も ん ウ ォ ー ク ﹄ と 題 じめとする豊富な出版物︑信
が揺るぎなき信仰に導かれる
会は︑最も頼みとしていた宣
した188殉教者列福記念徒 教の自由⁝︒その恵まれた環
のは︑典礼暦を生きることに
教師たちは追放され︑信徒自
歩巡礼︒島原・有馬の地で﹁イ 境の中で︑カトリック信者の
よって実現されるのではない
身で教会を守り︑キリストの
エス様は十字架を担ぎカルワ 数 は 切 支 丹 時 代 と あ ま り 変
で
しょうか︒
教えを伝えていかなければな
リ オ 山 へ 歩 い て 行 き ま し た︒ わっていません︒当時の信仰
古賀教会信徒 井上 元之
りませんでした︒激しい弾圧
私 も 歩 か せ て 下 さ い︒﹂ と 力 教育は︑教義の解説や問答が
の中でも︑彼らは揺らぐこと
強く述べ︑自分の十字架へ向
ルカの書いた使徒言行録
のない信仰をもって︑家族や
かったといわれる少年ディエ
る︵ガラテア1・ 〜 ︶︒
によれば︑回心後のサウロ
信 徒 同 志 の 関 わ り を 強 め て︑ ゴの意志︒それに倣おうと全
私はエルサレムと対局にあ
は︑すぐダマスコで宣教し
福音宣教の務めを果たしたの
国から途中参加を含めおよそ
るアラビアに︑三年間もい
たとある︒だが︑私は︑神
です︒
人の青年が歩きました︒
た
ということに大変興味を
の前でうそをついてい
この福者たちは今︑地上の
コースは雲仙記念聖堂から
持つ︒またステファノの
るのではないと断言し
私たちをどのように眺めてい
列福式会場を目指すというも
殉教によって各地に散っ
たガラテア人の手紙の
るでしょうか︒世界各地では︑ ので全行程 ㎞という道のり
た 信 徒 の 町 で︑ ア ン チ
ほ う を 真 実 と み る︒ そ
人 種 差 別 に よ る 殺 戮 や テ ロ︑ の夜間徒歩巡礼︒道中は十字
オキアは特に盛んであっ
れ に よ る と︑ 回 心 後 す
国内でも無差別殺人︑食品偽
架を担いだり︑ロザリオの祈
た︒エルサレムの教会は︑
ぐ血肉に相談するよう
装︑暴力︑いじめ等︑自己中
りを唱えたりと︑殉教の地を
そのため篤行の人バルナ
な こ と は せ ず︑ ま た エ
心的で悲惨な出来事が︑毎日
巡りながらのかなり激しい足
バをそちらに送った︒バ
ル サ レ ム に 上 っ て︑ 私
のように報道されています︒
の痛みを伴う大変苦しい巡礼
ルナバがタルソにパウロ
より先に使徒として召
今の私たちに欠けているも
でした︒しかし︑歩きながら
を捜しに行き︑共に丸一
された人たちのもとに
の︑失われているものは︑何
本当にいろんな事を考えさせ
年をそこで宣教した︒こ
行 く こ と も せ ず︑ ア ラ
でしょうか︒それは人と人と
られるすばらしい巡礼体験が
の地で弟子たちは︑初め
ビアに退いて︑そこからダ
の﹁ 関 わ り ﹂
︑信頼と対話に
できました︒また全ての青年
て
キ
リ
ス
ト
者
と言われるよ
マスコに戻った︒回心の三
よって﹁絆﹂を強めることだ
が無事に到着でき︑大きな喜
う に な っ た︒
︵使徒 ・
年後エルサレムに上り︑ケ
と思います︒
びの中列福式に与る事が出来
〜
︶
森山 敬三
いつの時代にも︑社会から
た 事 も 最 高 の お 恵 み で し た︒ ファとヤコブに会ったとあ
︵大名町教会信徒︶
無視された人︑取り残された
ガンバッテに代わる言葉がみつからぬ 坂牧春妙
ちょっと
人はいます︒かつて日本司教
一息
機内食 ただ今 飢餓の国の上
深堀正平
団 が﹁ 二 十 一 世 紀 へ の メ ッ
60
58
宣教者パウロの
シルエット④
26
修道女のための8日間の黙想/指導:来住英俊
T E L 092−526−5656
わたしにとっての福者からのメッセージ
188殉教者
という上着
布の覆いが取り払われる
と︑鳩の群れがパッと空へ舞
い上がり︑わたしの眼に福者
たちの肖像画が飛び込んで来
ました︒天を仰ぐ人︑祈って
いる人︑子ども︑老人︑女の
人︑様々なその表情は︑明る
く美しいものでした︒この日︑
この人たちはわたしに命をか
けて愛しぬいた人々への憧れ
を呼び起こしました︒
わたしが殉教の苦しみだけ
を見つめるなら︑自分には殉
教に至るほどの信仰はない⁝
と言って怯み︑勇気を失うで
しょう︒彼らは確かに︑想像
を絶する痛みや苦難に耐えた
人々です︒けれども苦しみな
がらも︑どれほどの喜びに満
た さ れ て い た こ と で し ょ う︒
その顔の輝きに眼を留める
なら︑必ずそこに弱さの中で
働かれる神の御手を見つける
はずです︒それは人間を超え
るところから来る︑無限の愛
か ら も た ら さ れ る も の で す︒
神の御手を信頼し信仰を貫
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
感動的な列福式を終えて一ヵ月あまりが経ちましたが︑この大きな恵
みを次の世代に受け継いでいくために私たちに求められていることは何
か︑福者たちは︑私たちに何を語りかけておられるか︑教区内の皆様に
それぞれのお立場からご寄稿いただきました︒
福者ペトロ岐部カスイと187同志殉教者祝日は毎年7月1日
﹁信仰とはそんなものではな
信仰とはそんな
い﹂が︑私にのしかかってい
ます︒
ものではない
﹁信仰とは理屈ではない﹂
列福式に参加された
と言うことだったのでしょう
方は︑殉教者について
か︒ 溝 部 司 教 の 謝 辞 の と き︑
それぞれの思いをお持
列福式の7日前に帰天された
ちになったことでしょ
結城了悟神父の顔を思い浮か
う︒式が執り行われて
べ ま し た︒ 年 前 の あ る 日︑
いる間︑私は取調べ官 ﹁ 神 父 さ ま︑ 殉 教 者 の 列 福 に
の席にいた沢野忠庵と
奇跡はいりません︒お金がい
ペトロ岐部神父のやり
ります﹂と笑いながら言った
とりを反復していまし
あのお顔を︒学者らしい味の
た︒沢野忠庵とは︑背
あるジョウクでした︒
教したフェレイラ神父
帯
山
教
会主任
のことで︑岐部神父が
川添 猛 神父
帰国した時の日本管区
長 代 行 で し た︒
﹁ペト
ロ︑カスイよ︑たった
一言﹃転ぶ﹄と言えば
天気予報では列福式当日は
よい︒それで命は救わ
雨になりそう︒レインコート
れる︒その後痛悔する
を準備しなければ⁝⁝︒前日
ことも告白することも
に近隣の四つの店を回り探し
出来るではないか﹂
︒ た︒サイズ等ぴったし合うも
﹁冗談は言わないでも
の
はなし︒
らいたい︒信仰とはそ
列福式当日︑会場の司祭控
んなものではない﹂
︒ え室で丁度いい大きさのレイ
ペトロ岐部は司祭に
ンコートが配られ︑それを身
なりたくて︑ゴアから
に付けた︒おかげで雨風が凌
シルクロードを歩いて
げた︒
聖地エルサレムまで巡
188殉教者たち︑人生の
礼し︑ローマの本部に
根本的な雨風を凌ぐ上着を探
直訴して司祭に叙階さ
し続けた人たちであろう︒そ
れた人物です︒岐部神
して﹁キリストへの思いだけ
父が命を賭けてかつて
は 譲 れ な い ﹂︵ レ オ 税 所 七 右
の長上に言い放った
衛門︶あの気持ちは︑ついに
24
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
11
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
4月15日(水)16:00受付から22日(水)朝食後迄
6月 8日(月)16:00受付から15日(月)朝食後迄
9月14日(月)16:00受付から21日(月)朝食後迄
①
②
③
19
19
16
11
18
(2)
第616号
カトリック福岡教区報
2009年1月1日発行
味のない﹁色ガラス﹂⁝︒真
実の愛を誓う場に偽物はふさ
わ し く な い︒ そ こ は﹁ 会 場 ﹂
であって︑とても愛を誓う式
場と呼ばれたものではない︒
結婚式は日ごろから祈りの
場として人が集まる聖堂がふ
さわしい︒神の現存の場には
偽物があってはならない︒こ
の点は︑そこで執り行われる
典礼の際にも気をつけなけれ
ばならないことだと思う︒
わたしたちを取り巻いてい
る社会の諸事情は︑目まぐる
しく変わっているような気が
する︒その中で︑変わらない
もの︑いつの時代でも本当の
普遍的なことがらを見失わな
いようにしたい︒何が大切な
ことなのか︑何が本当のこと
なのかを見極めたいもの︒
結婚の準備の段階でもこの
ようなことを一緒に考えてい
きたい︒今の時代を生き抜く
ために何が﹁一番﹂大切なの
しているからです!
残念ながらこの秋に
な っ て ま た︑ こ の め ぐ み
の家に来られている方々
が200人以上になりま
し た︒ 今 の 全 世 界 経 済 危
機 の 影 響 は︑ 特 に 弱 い 立
場 に お か れ て い る 人 々︑
日雇い労働者などへ厳し
く 及 び ま す︒ こ の 冬︑ 本
当 に 残 念 な こ と で す が︑
私 た ち︑ 司 牧 セ ン タ ー の
役割が増えて来ています︒
九州では大分のキャノ
ン や ソ ニ ー な ど︑ 沢 山 の
人 減 ら し が 行 わ れ︑ マ ス
メディアや新聞でも一面記事
に取り上げられ
るほど社会情勢が厳しいのが
現実です︒
美野島司牧センターに来て
いる日系ペルー人の家族に
も︑この経済危機が影響を与
えています︒約 年間︑日系
ペルー人を受け入れて来た新
宮 に あ る セ メ ン ト 工 場 で も︑
か︒見せかけだけの偽りに満
ちたこの社会の中で︑どこに
本物があるのか︒二人で新し
い人生を歩む上で何が大事な
のか︒本当の幸せはどこにあ
るのか⁝などをじっくりと考
えながら結婚︵式︶の準備を
したいもの︒
教会も伝統を大切にしなが
らも︑普遍的な真理に基づい
て今の時代に光を当て︑本物
と偽物を見分けていく力がほ
しい︒変えなければならない
ことがあれば︑勇気をもって
変える必要もあるだろう︒
近年︑まれにみる経済不況︒
結婚式の費用についても一考
を要するのかもしれない︒昨
年を表す一字は﹁変﹂であっ
た︒﹁変化﹂ではなく︑﹁変な
年﹂の意と思う︒今年は変︵へ
ん︶なことがないようにした
い︒︵完︶
行橋教会主任
山元 眞 神父
一番最初にリストラされる
のは立場の弱い外国人なので
す︒彼らは遠い外国から沢山
の夢を持ち日本に来て︑家族
を呼びよせ︑養う中︑切実な
不安を抱え生活しています︒
この苦しい時こそ︑わたし
たちはお互いに助け合う必要
を感じます︒この危機は同じ
世界︑同じ社会の人間の団結
へのよびかけになります!
今 こ そ キ リ ス ト 者 と し て︑
神様の同じ息子と娘として兄
弟愛を示すべきなのです︒
美野島司牧センターは教会
の門を大きく広げ︑外国籍の
方︑路上生活の方︑薬物依存
症の方など︑誰もが癒しと希
望を見つける場所となってい
ます︒炊き出しの時でも︑ミ
サの時にも沢山の人々が生き
る力を受け取るために当セン
ターに通っています︒この苦
しい時だからこそ︑ここに集
う人たちの生きるエネルギー
に驚きます︒この助け合うこ
との喜びを私たちと共に美野
島司牧センターで味わってみ
15
福岡刑務所の
クリスマス会
誕祭礼拝︒福岡市内の教会か
ら奉仕に訪れたプロテスタン
ト︑カトリックの教誨師7人
が聖書朗読とクリスマスの
メッセージを心を込めて伝え
る︒
﹁闇に住む民は光を見た
⁝︑今日︑あなたがたのため
にメシアが生まれた︒布にく
るまって飼い葉桶の中に寝て
いる乳飲み子︑それがしるし
⁝﹂
︑イエスが身近にと祈り
を込めて説く︒
第二部は︑はなやかな若い
女性の歌とピアノ︒会場が一
30
気に和み︑受刑者の心も和み
はなやぐ︒
﹁時代﹂
〝今はこん
なに悲しくて 涙も枯れ果て
てもう二度と笑顔になれそう
もないけれど⁝〟と歌い出す
と 会 場 は 一 瞬 静 寂︑ こ み 上
げてくる涙を拭う受刑者もス
テージの上から見える︒
最後に﹁きよしこの夜﹂を
全員で合唱︒会場のあちこち
で聞こえる受刑者の﹁アーメ
ン﹂の声を背に私たち教誨師
は受刑者の回心と厚生を祈り
つつ福岡刑務所を去る︒
☆回勅 いのちの福音
教皇
ヨハネ・パウロ二世著
裏辻 洋二 訳
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
月 日︵水︶は福岡刑務
所の恒例のクリスマス会︒こ
こでの受刑者全体は1700
人あまり︒最高年齢は 歳と
聞いた︒100人近くの外国
人受刑者の国籍も中国︑韓国︑
ブラジル︑イランと様々であ
る︒暗い寒い講堂に参集した
受刑者は午前と午後で570
人︒ここの寒さは格別︒
クリスマス会第一部は︑降
中絶︑安楽死︑死刑︑ヒト
胚実験など︑今日いのちを脅
かしている種々の重大な脅威
に具体的に言及し︑人間の生
命の価値とその不可侵性を再
確認した上で︑すべての人の
生命の尊重と保護を訴える前
教皇の回勅︒1996年に初
版が発行された単行本のペト
ロ文庫化です︒
税込定価 735円
◇ ◇ ◇
☆日本カトリック司教協議会
イヤーブック2009
カトリック中央協議会
出版部 著
司教協議会︑各委員会の一
年間の活動を紹介する年次刊
行物︑創刊第2号です︒
今回は︑日本のカトリック
教会にとって大変喜ばしく大
きな行事であるペトロ岐部と
187殉教者列福式の模様
と︑その列福式のために来日
する教皇代理ジョゼ・サライ
バ・マルティンス枢機卿の滞
日の日々を巻頭カラーグラビ
アで紹介します︒
税込定価 1050円
◆どちらもセントポール福岡
または︑サンパウロ福岡で
お求めになれます︒
森山工務店
有限
会社
30
14
28
24
188殉教者列福感謝ミサ小倉で
地で殉教しています︒ともに
列聖を求め︑歩むことができ
ることを願っています︒
列福式︑わたしたちの祈り
は終わるのではなく︑福者と
してわたしたちと同伴し︑歩
んでくださる福者をたたえな
がら︑学び︑倣い︑信仰生活
の支えとして大きな恵みを味
わいながら⁝⁝︒
病院内の聖堂から通夜式場
となった久留米教会へと出発
されるとき︑何百人という医
療 関 係 者 の 方 々 に 見 送 ら れ︑
通夜の参列者は︑多方面から
お別れに駆けつけた方々で教
会 の 中 は 溢 れ る ほ ど で し た︒
神父様の輝くようなお顔を
拝顔した人は︑悲しみよりも
一人ひとりの心に遺してくだ
さった信仰の遺産に感謝せず
にはいられないと思うばかり
でした︒
日はカテドラルで宮原司
教様の司式による葬儀ミサが
行 わ れ ま し た︒ 告 別 式 で は︑
司教様が神父様のお別れの言
葉としてこう仰いました︒﹁今
日をもってマグリン神父様を
天上のミラノ宣教会支部に任
命します︒これからのあなた
の長上は︑イエス様ご自身で
す︒﹂ 主 よ 永 遠 の 安 息 を 神 父
様に与え︑絶えざる光を神父
様の上に照らし給え︒
鳥栖教会信徒 坂田久美子
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
83
去る 月 日 月
( ︶の列福
式で福者に挙げられた福岡教
区 人の殉教者とバルタザル
加賀山半左衛門親子の 人を
たたえ︑ 月 日 日
(︶ 時
半より︑ドミニコ宮原良治司
30
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
殉教者顕彰奉仕会︑賛助会
の方々の奉仕で準備され︑心
温まる集いとなった︒
これから︑取り次ぎととも
に列聖を求め︑祈りながら歩
むことを新たにしたいもので
す︒また︑すでに列福されて
いる日本205福者殉教者の
中の5人の殉教者は︑小倉の
12
天上の人となられたR・マグリン神父様を想う
54
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
28
11
月 日午後4時 分︑聖
マリア病院のホスピスで祈り
と聖歌のうちに神父様は静か
に眠るように天国へ旅立たれ
ました︒ 年に近い司祭生活︑
その大半の 年をこの福岡の
地で司牧されました︒8年前
聖マリア病院のチャプレンと
して就任されてからは︑患者
さんをいつも見舞われ︑ミサ
をたて︑ロザリオを繰り︑ご
自分が車椅子になられても同
じように患者さんに神さまの
愛を伝えておられました︒
﹁チャプレンとしての仕事
にこれ以上の大きな喜びは
ありません︑これは天国的な
仕事︑そしてこの喜びを雪の
聖母のマントの裾に包んでも
らって神の国に送りたい﹂と
おっしゃっていました︒
28
10
11
11
教 司 式 の も と 司 祭︑ 修 道 者︑
信徒など550余人がカト
リック小倉教会に集い︑列福
感謝ミサが捧げられた︒参加
者の中には﹁福岡教区 殉教
者顕彰奉仕会﹂に参加し共に
祈ってくださったバプテスト
教会の牧師の姿もあった︒
ミサの中︑福者 人のシン
ボルとしてローソクが花十字
架を先頭に捧持され︑祭壇の
前に奉納された︒今回から列
福を願うのではなく︑キリス
トのもとに集う郷土の福者と
して︑取り次ぎを願いながら︑
感謝の典礼を捧げることがで
きることになる︒
列福感謝ミサとミサ後の集
いが小倉教会信徒と福岡教区
リカルド・
マグリン神父
12
28
聖堂レストランは今日も超満員
昨年の夏前には︑炊き出し
と衣類をもらうために美野島
のめぐみの家に来られるホー
ムレスの方が少なくなったこ
とを見て︑スタッフはとても
喜びました︒何人かが仕事を
やっと見つけたことの印だと
思ったからです︒私たちは彼
らが社会復帰を目指し︑その
目的を達成するまでの支援を
教会での結婚式を望んで来
られた方が言っていた︒やは
り教会はホテルのチャペルと
は違いますね︒なんか︑祈り
が染み込んでいるような感じ
がします︒本物の教会で式を
挙げたいです⁝︒
ホテルのチャペルで挙式し
たことがある︒どんなにきれ
いなチャペルでもがっかりす
る︒
見かけだけで偽物が多い︒
大理石に似せた壁︒飾られた
造花︒雰囲気を出すための意
26
60
③
教会での結婚式
第616号
カトリック福岡教区報
2009年1月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年1月1日発行
それらはあなたの手の中で一つとなる
案
カトリック教会のカテキズム
日 時:2009年2月22日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
参加費:1回 500円
資 料:カトリック教会のカテキズム
聖パウロに学ぶ神学講座
第 3 回 1月 18 日
〔使徒としてのパウロの心〕 最頼巌流神父
【時間・会場】
各回日曜日 13:30 〜 16:00
会場:カトリック手取教会 信徒会館大ホール
【受講料】全6回= 5000 円/1回= 1000 円
【問合せ】手取教会(℡ 096-352-3030)岸
【主 催】熊本地区神学講座実行委員会
パウロが100倍わかる!
〜パウロが伝える言葉力〜
日 時:3月1日(日) 受付 13:30
場 所:カトリック小倉教会
講 師:鈴木信一神父(聖パウロ修道会司祭)
参加費:500円
主 催:福岡教区聖書委員会
共 催:北九州地区信徒協聖書部会/
教会学校部会
日時:1月 17 日、2月7日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
11
11
14
19
30
◆助祭および司祭叙階式◆
司祭叙階受階者:ヨゼフ十時伸治(小倉)
助祭叙階受階者:ルカ大塚了平(武蔵ケ丘)
日時:2月 11 日 ( 水)11 時
場所:カテドラル大名町カトリック教会
24
31
15
18
18
1
23
15
賀
本
13
14
■第 回典礼・聖歌研修会
︹日時︺3月1日 日(︶ 時半
から︹場所︺カトリック大楠
教会︹内容︺主の復活を迎え
るために︹講師︺深堀純氏︵大
名町教会信徒︶
︹参加費︺感
謝献金
︹問合せ先︺☎092・
541・3730松山
■美野島司牧センター
寒さが厳しくなってきまし
た︒毎週火曜日 時半から炊
き出しボランティアにご協力
をお願い致します︒︹ 問 合 せ
16
15
佐
熊
10
被選任者:
アシジのフランシスコ谷口尚志(大名町)
日 時:2月8日 ( 日)13:00
場 所:カテドラル大名町カトリック教会
1
30
14
12
◆祭壇奉仕者選任式◆
先 ︺ ☎ 0 9 2 4 3 1・ 1 4
・
19 コース・マルセル神父
︹
日時︺1月 日
︵木︶ 時
︹場
所︺カトリック健軍教会︹内
◆
北 九 州
容︺ロザリオと話し合い︹問
■北九州召命を共に祈る会
合せ先︺健軍教会☎096 ・
︹日時︺ 月 日︵木︶ 時か
368・2825青木悟神父
ら 時︹場所︺カトリック小
■熊本結婚準備講座
倉教会聖堂・信徒会館︹内容︺ ︹ 日 時 ︺ 月 日︵ 土 ︶ 〜
叙階式に向けての感謝のミ
月 日 土(︶ 時から 時半︑
サ・ミーティング︹司式︺伊
毎週土曜日全5回︹場所︺カ
東 成 晃 神 父︵ 門 司 教 会 主 任 ︶ ト リ ッ ク 手 取 教 会︹ 参 加 費 ︺
︹問合せ先︺☎093・963・
カ
ップルで一万円︹問合せ先︺
2359江口
☎096・352・3030
■小倉祈りの集い
0
F 96・352・1515
︹日時︺1月 日︵金︶ 時半
から 時︹場所︺カトリック
編集後記
小倉教会信徒会館2階︹指導︺
ガブリエル神父︵御受難修道
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
先︺☎090・3985・5
209松田裕子
11
Br
福岡教区奉仕者選任式・
助祭および司祭叙階式
14
◆
■佐賀祈りの集い
︹日時︺1月 日︵水︶ 時〜
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
ク会館
︹内容︺共に祈る
︹次回︺
1月 日 水(︶ 毎
=月第2と第
4水曜日︒どうぞご参加下さ
い︒
︹問合せ先︺☎0952・
30・8347 吉武
◆
■カトリック看護協会福岡支
部の集い ︹日時︺ 月 日
︵日︶ 時 分から 時
︹場所︺
イエズスの聖心病院会議室
︹問合せ先︺☎096・352・
7181
竹内
■熊本地区召命を共に祈る会
11
カテドラルでのゆるしの秘跡
13
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
1
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:1月8日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロの回心
(使徒言行録9:1…)
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父 / Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
岡
日 時:1月 18 日 ( 日) 15:00 〜 18:00
場 所:カトリック大名町教会
講 話:井手公平神父(大名町教会司祭)
参加費:300円
主 催:川島キヨ子(使徒職の協力者)
問合せ先:鈴木美子(092-715-3606)
17
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
福
…若い女性信徒のため…
30
◇17日(土)
北九州チェナクルム
2月の予定
◇3日(火)〜8日(日) サン・スルピス選任前の黙想会
◇10日(火)〜 11日(水) 聖マリア在俗会黙想会
◇14日(土)〜 15日(日) 山口・島根信者養成研修会
◇23日(月)〜 26日(木) 九州説教者セミナー
*毎週火曜日は「祈りの日」11:00ミサから15:00まで予約無し
で参加できる日帰り黙想!皆さまどうぞいらしてください。
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
1日(木) 神の母聖マリア/世界平和の日
元旦
新年ミサ(カテドラル大名町教会10時)
†C.バスチ〔2002年黒崎教会〕
4日(日) 主の公現
糸島教会堅信式/墓地祝福式
5日(月) 教区邦人司祭新年会
8日(木) 常任司教委員会
召命祈願ミサ(大神学院19:30)
11日(日) 主の洗礼
浄水通教会公式訪問
北九州司祭団・信徒役員懇談会
12日(月) 聖心のウルスラ宣教女修道会誓願式
成人の日
13日(火) 司祭団新年の集いミサ
18日(日) 年間第2主日/鹿島教会公式訪問
キリスト教一致祈祷週間(〜25日)
25日(日) 年間第3主日/「聖パウロの回心」のミサ
カトリック児童福祉の日(献金日)
佐賀教会公式訪問
26日(月) 司祭総会
27日(火) 司祭総会
†R.オーウェンス〔2007年菊池教会〕
31日(土) 聖ヨハネ・ボスコ司祭
†V.マクナリ〔2003年島崎教会〕
2月
1日(日) 年間第4主日
2日(月) 大神学院祭・閉校式
3日(火) 司祭評議会
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
看護ステーション﹁くる
め﹂所長︶
︹参加費︺1
000円︹問合せ先︺℡
092・874・632
1
■召命を共に祈る会
︹日時︺1月 日
︵木︶
︹場
所︺召命の家︹問合せ先︺
浦川務神父︵教区召命担
当司祭・久留米教会主任︶
■在世フランシスコ会集
会︹日時︺1月 日︵日︶
時から︹場所︺高宮フ
ランシスコ会修道院在世
会集会所︹内容︺アシジ
の 聖 フ ラ ン シ ス コ に 倣 っ て︑
福音に生きるために︒ミサと
学習︹指導︺戸村悦夫神父︹問
合せ先︺☎092・843・
5831岩崎
■福岡結婚準備講座
︹日時︺ 月 日︵土︶ 時半
から毎週土曜日全5回︹場所︺
カトリック大名町教会︹参加
費︺カップルで一万円︹参加
条件︺結婚を決めている二人
での参加︹問合せ先︺☎09
2・741・3687
■虹の会
︹日時︺1月 日 土(︶ 時半
︹場所︺カトリック大名町教
会3階︹内容︺子どもを亡く
した親の悲嘆の分ち合いです
︹参加費︺600円︹連絡先︺
☎090・1162・639
5 柴田
信仰と祈りの養成研修会
Sr
1月
(4)
1月のこよみ
会合と催し
◆
・・わたしを母の胎内にあるときから召し出し
てくださった神(ガラテヤ 1・15)
・・
日 時:1月 25 日(日) 14 時
場 所:カトリック大名町教会
講 師:澤田豊成神父(聖パウロ修道会司祭)
参加費:500円
主 催:福岡教区聖書委員会
28
板
30
召命の神秘を生きるパウロ
14
内
■福岡祈りの会
︹日時︺毎週月曜 時から
時 分︹場所︺大名町教会1
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・
聖書の分ち合い︹代表︺ 床
嶋︹問合せ先︺☎092・5
21・2503 蓮尾
■召命祈願ミサ
︹日時︺1月8日︵木︶ 時
分から︹場所︺サン・スルピ
ス大神学院聖堂︹主式︺浦川
務神父︵カトリック久留米教
会主任︶
■福岡ホスピスの会勉強会
︹日時︺1月 日︵日︶ 時か
ら︹場所︺カトリック大名町
教会︹内容︺自宅で家族を看
るということ︹講師︺荒牧初
子さん︵福岡県看護協会訪問
聖パウロに学ぶ
福岡黙想の家ご案内
第616号
50
10
13
皆様に主のご降誕と新年の
お慶びを申し上げます︒この
一年も皆様に支えられなが
ら︑より充実した紙面づくり
に励みたいと思います︒列福
式後︑この大きな喜びを今度
は私たち自身がさらなる実り
とすることが求められていま
す︒そこで﹁福者からのメッ
セージ﹂と題して各方面から
寄稿いただきました︒皆様に
感謝申し上げます︒不況の嵐
が吹き荒れ︑大会社が数百人
規模で解雇を迫る︑そんな厳
しい時代の中で︑美野島司牧
センターの聖堂には溢れるば
かりのホームレスの方々︒私
たちキリスト者は︑こんな社
会の中で何が出来るのか︑何
を 優 先 し︑ ど う 生 き る べ き
か︑飼い葉桶の中でお生まれ
になった幼子イエス様は︑静
かに私たちに語りかけておら
れると思います︒
熱いスープの会ボランティア募集
21
1
19 24
21
2
とりわけ厳しい時期です。今年も大
名町教会の冬場の炊き出しボラン
15 ティアにご協力をお願い致します!
期間=2月6日 ( 金)〜 3 月 13 日 ( 金)
毎週金曜日
時間=
14 時:おにぎり・スープ作り
11
20 時半:配布活動開始
集合場所=カトリック大名町教会
ǵȳȑǦȭᅦ‫ܳޢ‬૙ǻȳǿȸ
ࡄ࠙ࡠࠍ
⍮ࠆᧄ㧒
&8&㨯ߏ⛗
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
ާ㨪ᐕ᦬㐽ᐕ‫ިࠅ޽࡯࠽࡯ࠦ⸳․ޔ‬
㓏⡛ᦠ㨯ାᔃᦠ㨯⡛ੱવ㨯㩁㩢㩆㩊㩧㑐ଥ㨯⛗ᧄ㨯৻⥸ᦠ╬
㓏ኅᐸ⑂ს㨯චሼ᨞㨯㩥㩅㩨㩢㨿㨯ߏ௝㨯ߏ⛗㨯%&㨯&8&╬
༡ᬺ㪔㪈㪇㪑㪇㪇䌾㪈㪏㪑㪇㪇㪆྾ᣨ▵ਛ䈱ᣣᦐᣣ䋪ቯભᣣ㪔ᣣᦐᣣ䍃⑂ᣣ䋪㚢ゞ႐ቢ஻
Ƅᅦ‫ࠊޢ‬ɶ‫ځ‬ғហ‫ק‬ų6'.
12
10
60
1 月 13 日(火)
、司祭団の新年ミ
サがカテドラルにて行われ、30
数人の司祭が参加した。説教の
中で、司教は前教皇の使徒的勧
告「現代の司祭養成」を引用して、
司祭団の労をねぎらい、励まし
た。場所をホールに移して昼食会
が開かれ、なごやかな雰囲気の中
で、司祭たちの会話がはずんだ。
60
福岡教区 司祭の新年会
福岡教区奉仕者選任式・
助祭および司祭叙階式
11
2つのクリスマス
年生の子どもたちがこの山に
登ってきて﹁わたしたちのた
めにもクリスマス会をする
の?﹂と尋ねたことがきっか
けだった︒真命山のスタッフ
たちは︑考えてもいなかった
が︑
﹁もちろん︑しますよ!﹂
と 答 え て し ま っ た︒ そ し て︑
あわててクリスマスの準備を
したのが1987年のクリス
マス会だった︒そのときから
ず っ と︑ 蜻 浦 の 子 ど も 会 と
いっしょに真命山でのクリス
マス会は続いている︒
今 年 は 月 日︵ 火 ︶︑ み
んなで歌の練習から始め︑カ
レ ー ラ イ ス を 食 べ た あ と︑
ローソクをともし︑行列しな
がら暗くなった坂道を本堂
へ向かって行く︒そこに馬小
屋がいつものようにしつらえ
てある︒マリアさまとヨセフ
さまの間には︑馬ぶねに寝て
いる幼子イエズスさまが置か
れ︑馬小屋のまわりには羊飼
いや牛も馬も︑そして少し離
れたところに3人の博士の人
形が置いてある︒その意味を
話したあと︑みんなでクリス
マスの聖歌を歌う︒
おしまいにルカによる福音
書のクリスマスの場面が読ま
れる︒朗読者の両脇で2人の
女の子が聖書をささえ︑また
2人の男の子がローソクを手
に持って立ち聖書を照らして
いる︒最後に聖歌を歌い︑本
堂を出て食堂へ向かう︒そし
てクリスマス・ケーキをみん
なでおいしくいただき︑それ
につづいていっしょに歌と
ゲームを楽しむ︒夜が深まる
頃︑子どもたちを蜻浦のお地
蔵さんの所まで車で送り届け
ると︑そこにはお母さんたち
が子どもたちを待っている︒
﹁どの子もクリスチャンで
はありませんが︑きっと︑み
んなの心に︑いつまでもこの
温かい神の家のぬくもりが
良い思い出として残ることで
しょう︒小さな良い種まきで
し た︒
﹂ と︑ 真 命 山 の フ ラ ン
コ神父は語っている︒
イスラエル・ガザ地区では
ミサイルの応酬からとうとう
戦車が出動し︑地上戦へと投
入した︒何百人にも及ぶ死傷
者のうち︑子どもや女性の数
は相当数に及ぶという︒国連
をはじめとする各国の努力に
よって一日も早い停戦を祈る
のみである▲さて︑年が明け
て 送 ら れ て き た 天 声 人 語 は︑
アフガニスタンで銃弾に倒
れた伊藤和也さんの母︑順子
さんの手記について触れてい
た︒
﹁ 伊 藤 和 也 さ ん は︑ い つ
までたっても享年 歳ですっ
て︒享年って何だ︒我が子伊
藤 和 也 は 今 年 は 歳 に な り︑
来年は 歳になります︒母の
命ある限り︑和也も母も歳を
重 ね て い き ま す︒﹂ と い う 文
章 が 引 用 さ れ︑﹁ 一 粒 の 麦 が
落ちて死ななければ・・﹂と
いう聖句が引かれていた▲世
界人権宣言 周年にあたって
昨年末発表された司教団メッ
セージは言う︒
﹁もし︑個人︑
企業︑国家が利益追求だけに
走り続けるならば︑人間の尊
厳は踏みにじられ︑一層暴力
的で歪められた世界に陥って
いきます︒そこでは︑人間の
尊厳が蹂躙された結果︑悲惨
と絶望のうちにある犠牲者は
容易に暴力に訴える誘惑に駆
られ︑犠牲者が平和の破壊者
と な る の で す︒﹂ ▲ 暴 力 は 憎
悪を生み︑またさらに新たな
暴力を生み出してきたこと
は︑私たちの歴史が語ってい
る︒しかし︑人類はそのこと
をなかなか学ぼうとしない︒
ガサ地区で︑アフガニスタン
で︑そして世界の紛争地域に
おいて奪われていく無辜の命
が︑せめて新たな実を結ぶた
めの一粒の麦となるよう︑ひ
たすらに祈り︑平和を求める
人々が連帯して︑大きな力と
なることを願う︒
︵M︶
31
32
13
11
22
33
60
2月の意向
60
﹁すべての人の人権を大切に﹂
して祈り働きかけていきま
された人の視点が欠けている
教皇様の意向のために祈りましょう
し ょ う︒
﹁ 人 権 の 促 進 は︑ 人
とすれば︑たとえ悪意がない
類愛に導かれた務め﹂であ
としても︑それは﹁ある程度
︻一般の意向︼聖霊に従う教会司牧者
﹁ 諸 国 間︑ 社 会 集 団 間 の
の 人 権 侵 害 は や む を 得 な い ﹂ り︑
︻布教の意向︼アフリカにおける
格差をなくし︑安全保障を強
とする側に立つことになって
平和の促進
︻日本の教会の意向︼最貧国における
化するためのもっとも有効な
しまい︑人権問題の解決には
教育の推進
戦略﹂なのですから︒そして
つ
ながりません︒
皆さん︑すべての人が主体 ﹁ 人 間 の 尊 厳 と 人 権 の 問 題 を
世界人権宣言発布 周年にあたり日本司教団がメッセージ
くことが必要です︒
不可分のものとして尊重して
的に生き︑人間の尊厳にふさ
いくとき︑個人と社会双方の
わしい生活をおくり︑人との
人権の擁護と
善は間違いなく促進﹂される
絆を回復できる社会を実現す
促進への取り組み
でしょう︒ 2008年 月 日
るために︑あらゆる機会を通
1948年 月 日︑第3回国際連合総会は二度にわたる世界大戦において
一人の人に対する人権侵害
おびただしい尊い人命が奪われたことを反省し︑世界人権宣言を採択しました︒
◆祭壇奉仕者選任式◆
この宣言により一人ひとりの人と全ての民族の権利を等しく尊重することこそ︑ は 人 類 全 体 に 対 す る 侵 害 で
被
選
任
者
=
す︒前教皇ヨハネ・パウロ二
平和の基礎であることが確認されたのです︒しかし宣言が採択されてから 年
アシジのフランシスコ谷口尚志神学生
を経た今もなお︑国内外で人権が侵害されています︒この実状に目を向け︑日
世 は こ う 言 わ れ ま し た︒
﹁自
日 時=2月8日 日
(︶ 時
本カトリック司教団は︑世界人権宣言の普遍的価値を再確認するとともに︑あ
分たち自身が全力を傾けない
場 所=カテドラル大名町カトリック教会
らためて人権の尊重を基盤とした社会の構築をめざすよう呼びかけます︒
かぎり︑いかなる人権も決し
て守ることができないという
しかし︑世界人権宣言から
◆助祭および司祭叙階式◆
すべての人を大切 に
ことだけは強調しておきたい
年︑人権の擁護と促進のた
司祭叙階受階者=ヨゼフ十時伸治助祭
と思います︒何らかの基本的
世界人権宣言第1条は﹁す
めに多くの人が努力したにも
助祭叙階受階者=ルカ大塚了平神学生
人権が侵害されたとき︑何の
べての人間は︑生まれながら
かかわらず︑人権が侵害され
日 時=2月 日 水
(︶ 時
対 応 も せ ず に 受 け 流 す な ら︑
にして自由であり︑かつ︑尊
る事件は後を絶たないばかり
場 所=カテドラル大名町カトリック教会
他のすべての人権が危機に陥
厳と権利とについて平等であ
か︑その背景となる問題は深
ります︒ですから︑人権問題
る ﹂ と 述 べ て い ま す︒ こ れ
刻化し︑わたしたち人類は世
真命山諸宗教
については世界的な取り組み
は︑世界のすべての人が誰一
界的規模でこれまでにない新
対話センタ ―
を行い︑人権擁護のために真
人として例外なく︑かけがえ
たな事態に直面しています︒
言︶
︑聖パウロのテトスへの
剣に責任をもってかかわらな
のない人間であるという宣言
﹁もともとすべての人に公
禅寺でのクリスマス
手紙︵キリストとともに生ま
くてはなりません﹂︒
です︒わたしたちは聖書の教
平に配分されるはずの生活手
れるキリスト者の新しい生
さらに人権擁護の責任は個
えによって︑すべての人は神
段とそこから得られるさまざ
活︶が読まれた︒
人のみならず︑国家にも国際
南島原市口之津の玉峰寺
の似姿として造られたもので
まな利益の不平等な配分﹂に
250人以上の参加者は沈
社会にもあります︒教皇ベネ ︵ 曹 洞 宗 ︶ で 月 日︑ ク リ
あ り︑﹁ 人 間 の 尊 厳 は 人 間 社
より︑格差が広がっています︒
黙の中で釈迦の言葉とキリス
ディクト十六世は国家の責任
スマスの祝いが行われた︒
会がつくりだしたものではな
現代世界に蔓延している市
トの言葉を素晴らしい音楽の
に 言 及 し 言 わ れ ま す︒
﹁すべ
中村知見住職の主催で︑真
く︑神によって与えられたも
場原理主義的価値観は︑共通
コメントと共に味わった︒
ての国家は︑自国民を︑人権
命山諸宗教対話センタ ―
ので︑その尊厳に基づく権利
の
善の促進より利益追求を優先
の深刻かつ度重なる侵害から
は誰も侵してはならない普遍
メンバーは今年も招かれて参
する結果︑この格差をいっそ
真命山のクリスマス
守ると同時に︑自然を原因と
的な権利であると信じている
加した︒今年のテーマは︑﹁釈
う広げ︑人権侵害を構造的な
するものであれ︑人間の行動
のです﹂
︒
迦の言葉とキリストの言葉
ものにしています︒この市場
が引き起こすものであれ︑人
〜座禅と祈りのコンサートⅡ
原理主義は環境問題にも深刻
人権は新たな危機 的
道的な危機の結果から守るた
〜﹂
︒まず集まって来た檀家
な影響を及ぼしています︒気
局面を迎えて い ま す
めの本質的な務めを有しま
の方とお客はしばらく座禅を
す﹂︒
組んで︑その後コンサートの
今日の危機的局面を打開す
第一部が演奏された︒
るためには︑そのすべての要
続いて︑釈迦の言葉を東京
因を一つ一つ根気強く取り除
の奈良康明老師︵駒沢大学名
いていく必要があります︒そ
誉教授・元学長︶が唱え︑キ
のためにわたしたちは︑貧し
リストの言葉は︑真命山の院
く弱い立場に追いやられ︑大
長 の フ ラ ン コ 神 父 が 唱 え た︒
切な人間関係を断たれてし
一つひとつの朗読の後に音
今年も真命山のクリスマス
まっている人々︑人間らしい
楽が演奏され︑静かな雰囲気
は蜻浦の子どもたちといっ
生活が損なわれ︑あるいは妨
の中で瞑想が出来た︒
しょに祝われた︒それは︑も
げられている人々の側に立っ
聖書の朗読は︑イザヤ︵キ
う 年もつづいている︒こと
て︑この世界を見ていかなけ
リ ス ト の 誕 生 の 予 言 ︶︑ ヨ ハ
の 初 め は︑ 蜻 浦 の 小 学 校 6
ればなりません︒この小さく
ネ の 福 音︵ 受 肉 の 神 秘 の 宣
17
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 39
発 行 人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-5139
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
候変動に伴う旱ばつや水害ば
かりでなく︑燃料や食糧価格
の急騰︑水資源の民営化など
がこれまでになく広い範囲の
人びと︑中でも貧しい人たち
にいっそうの打撃を与えてい
ます︒
このまま何の対策もたてる
ことなくこの事態を見過ごす
ならば︑生存の危機に陥る貧
困層が拡大するのは目に見え
て い ま す︒ も し︑ 個 人︑ 企
業︑国家が利益追求だけに走
り続けるならば︑人間の尊厳
は踏みにじられ︑一層暴力的
で歪められた世界に陥ってい
きます︒そこでは﹁人間の尊
厳が蹂躙された結果︑悲惨と
絶望のうちにある犠牲者は容
易に暴力に訴える誘惑に駆ら
れ︑犠牲者が平和の破壊者と
なる﹂こともあるのです︒
一刻も早くこれらの状況
を変えなくてはなりません︒
も は や 猶 予 は な い の で す︒
わたしたちは︑﹁個人の利益
追求によって支配される世
界 で は な く︑ 全 人 類 の 共 通
善に対する心づかいによっ
て支配される別の世界﹂を
求 め て い き た い の で す︒ そ
のためには世界がすでに共
有しているはずの大切な基
準︑ す な わ ち 世 界 人 権 宣 言
を 今 一 度 確 認 し︑ あ ら ゆ る
分野で具体的に実現してい
12
第617号
カトリック福岡教区報
2009年2月1日発行
(1)
12
10
12
23
ります︒そして何よりこれま
で異なった養成を受けてきた
神学生たちの間にも︑戸惑い
や混乱が生じるでしょう︒神
学院の制度や養成内容が刷新
され︑そこからよりよい司祭
が輩出されるかどうかは︑司
教団や神学院スタッフだけで
なく︑修道者や信徒︑日本の
教会全体のこれからの︑そし
て永遠の課題であります︒主
の教会の発展のために︑新し
い神学院がその使命を忠実に
果たし続けることができるよ
う︑主の助けを祈り求め︑与
えられる恵みに信頼し感謝し
ながら︑希望をもって﹁日本
カトリック神学院﹂号の船出
に臨みます︒
なお︑現在福岡の大神学院
で行われている召命祈願ミ
サ︑召命の集いなどはそのま
ま継続して行われます︒みな
さまの多数のご参加をお待ち
しております︒また︑神学生
たちの宣教・司牧実習も神学
院近隣の小教区のみなさまの
ご協力を得て︑引き続き行わ
れます︒福岡教区のみなさま
をはじめ︑多くのみなさまの
これからも変わらない︑また
より一層のご支援︑ご協力を
お願い申し上げます︒暖かく︑
また厳しいまなざしで新神学
院をお見守りください︒
福岡サン・スルピス大神学院
院長 牧山強美
サン・スルピス大神学院卒業 最後の司祭
A チョコレートとそば︒
Q 十時さんどんな司祭にな
りたいですか?
A 人との交わりを大切にす
る 司 祭︒ 多 く の 人 々 の お 陰︑
そのつながりで自分が育って
きたので︒またそのつながり
がまた新しい人を育てていく
と思います︒
Q 海外での体験は?
A 2 0 0 0 年 の 大 聖 年︑
ローマで開催されたワール
ド・ユースデイがとても心に
残っています︒数百万ほどの
青年が世界中からローマに集
まったのですが︑これほど青
年がいることに感動しまし
た︒また︑それぞれ悩みや苦
しみを抱えていて︑単なるお
祭りではない︑国が違っても
一つの共同体であり︑それを
結び付けているのがイエス様
だと実感しました︒
Q 好きな聖句
A ﹁隣人を愛しなさい﹂
︒
Q 尊敬する人物は?
A 両親です︒
︵即答︶
Q 趣味
A サッカーとマラソン︒
Q やってみたいこと
A 分かち合いのできるま
た︑対話のある共同体を作っ
ていきたい︒また︑家族的な
教会を目指したい︒また︑ゆ
るし合える共同体づくりをし
たい︒
Q 尊敬する両親に一言
A 月並みですが﹁いままで
育ててくれてありがとう﹂︒
Q 教区民に対して
A ﹁ 不 束 者 で す が︑ 暖 か い
目で見守ってください︒いっ
しょに暖かい教会をつくって
いきましょう﹂︒
いなくなり︑緒に就いた神学
校事業も頓挫してしまう︒こ
の時︑一人最後まで予科神学
校を守り︑神学生を指導した
のが平田三郎神父︵スルピス
会員︑後の福岡司教︶だった︒
この時蒔かれた種は戦後3
年目にして教皇庁認可の大神
学校創立として芽を吹く︒
人の神学生の多くは︑戦前戦
中に司祭への道を中断させら
れた人たちであった︒そして
創立直後の困窮の時代︑続く
教会内外の激動︑特に第2バ
チカン公会議とその後の変革
と刷新の時代を経︑最近の召
命減少の時に至るまでその時
時に︑神は必要な養成者︑神
学生を神学院に呼び集め︑い
つくしみ育ててこられた︒木
は成長しつつ毎年確実に豊
か な 実 を つ け︑ こ れ ま で に
260余人の司祭が宣教の場
へと移し換えられていった︒
主は︑4月から新しい道を
歩 む こ と に な る 新 神 学 院 を︑
これまで通り育み育て︑必要
な実りをもたらしてくださる
であろう︒
深堀 純
︵ 大 名 町 教 会 信 徒・ 福 岡 サ
ン・スルピス大神学院講師︶
彼は︑ヤコブのもとからあ
る人びとが来るまでは︑異
邦人と一緒に食事をしてい
るのに︑彼らがやって来
ると︑割礼を受けている
者たちを恐れてしりごみ
し︑ 身 を 引 こ う と し た︒
それにならって他のユダ
ヤ人もこれと同じような
ことをし︑バルナバさえ
も そ れ を 行 な っ た の で︑
パウロはペトロの面前で
これを叱責した︑アンチ
オ キ ヤ 事 件 で あ る︒
︵ガ
ラテヤ2 ・〜 ︶︒
森山 敬三
︵大名町教会信徒︶
坂牧春妙
深堀正平
ミサ
デ
木 下 株 式 会 社
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
カトリック福岡黙想の家
神が必要な恵みをもたらしてくださる
く︑大神学校予科も設立され︑
大神学校の創立もそう遠くな
いと思われた︒しかし︑時は
ちょうど日本の社会を黒雲が
覆い始めた時と重なり︑やが
てカナダ人を含む外国人宣教
師の多くが抑留され︑神学生
も軍隊召集や工場労働などで
パウロは三回︑大伝道旅行
をしている︒第一回はバル
ナバとともにマルコを伴
い︑ キ プ ロ ス 島︑ 小 ア
ジア中部地方まで行っ
た︒ こ の 旅 行 が 契 機 で
エルサレム会議が開か
れ た︒ パ ウ ロ と バ ル ナ
バ は︑ 柱 と 目 さ れ る ヤ
コブとケファとヨハネ
に︑ 割 礼 を 受 け て い な
い人への宣教の許可を
求 め て 同 意 を 受 け た︒
これからペトロは割礼
を受けた人びとに︑自分た
ちは異邦人に宣教すること
となった︒また︑ケファが
ア ン チ オ キ ヤ に 来 た と き︑
裁判員 おしゃべりだけど いいですか
隙だらけの 背中で帰る 家がある
福岡サン・スルピス大神学
院は昨年4月︑創立 年を迎
え た︒ こ の 機 に 記 念 誌 を 刊
行することになり︑2008
年度末の発行を目指して編集
に当たってきた︒資料を読み
関係者に聞き取りをするなど
して先人たちの歩みを辿る中
で︑さまざまの思いが心をめ
ぐった︒それはひと言で言う
な ら︑
﹁ パ ウ ロ は 植 え︑ ア ポ
ロは水を注いだ︒しかし︑成
長させてくださったのは神で
す﹂︵Ⅰコリ3︑6︶というみ
言葉につきる︒
神学院の創立は1948年
であるが︑それに先立つこと
年の前史がある︒1933
年︑時の福岡教区長A.ブル
トン司教の九州に大神学校を
との熱い望みに応えて︑司祭
養成を専門とするスルピス会
︵ 正 式 名 称 は サ ン・ ス ル ピ ス
司祭会︶のカナダ管区より二
人の会員が福岡に派遣されて
きた︒当時︑九州には神の召
命に応えようとする若者も多
ちょっと
一息
70
修道女のための8日間の黙想/指導:来住英俊
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
T E L 092−526−5656
日本カトリック神学院・福岡キャンパスが誕生
行われます︒すなわち︑福
岡では︑神学科の1年生か
ら3年生までが養成を受け
ることになります︒現在の
福岡の大神学院には︑九州・
沖縄の5教区の神学生が在
籍していますが︑来年度か
ら の 福 岡 キ ャ ン パ ス で は︑
日本全 教区の神学生︵神
学科1年から3年生︶が一
緒に養成されることになり
ます︒現在の福岡の大神学
院には 人の神学生がおり
ま す が︑ 4 月 に は 人 程 度
の全国からの神学生が︑福
岡キャンパスでの生活を始
め る 予 定 で す︒ 東 京 キ ャ ン
パスでは︑新入生︵哲学1年
生︶を加えて︑ 数人の神学
生でスタートすることになる
でしょう︒また︑現在の東京・
福岡の両神学院の養成スタッ
フは︑任期を終える司祭︑新
たにスタッフになる司祭もお
りますが︑二つのキャンパス
に振り分けられ︑東京には5
人︑福岡では6人の司祭が養
成の任にあたります︒
ている事は?
A 6年間の神学校生活の中
で︑第1年目につまづきまし
た︒といいますのは︑入学式
の次の日のミサ︑聖体拝領前
に倒れたのです︒︵水にあたっ
たか︑緊張のあまり?︶大学
から直接神学校に入りました
ので︑はじめての共同生活の
中で︑どんな準備が必要なの
か︑また祈り方も知らず︑す
べてが始めての経験でしたの
で︑半年位は眠れない日々が
続きました︒緊張の連続だっ
た の で す︒ ま た 私 は 哲 学 が
苦手だったので︑2年間は辛
かったです︒しかしながら今
思えばあっという間の6年間
だったという気もします︒何
でも語り合える神学生︑仲間
がいるということ︑ともに生
活出来たということが︑大き
な 恵 み で あ り︑ 今 の 自 分 を
救っていると思います︒
Q 最近読んだ本で感動した
本は?
A 相田みつを﹁いのちのバ
トン﹂
︑ フ ァ ム・ デ ィ ン・ ノ
ン﹁ 涙 の 理 由 ﹂
﹁恵みの風に
帆をはって﹂などです︒
Q 好きな食べ物は?
A ケーキと和食です︒
Q 嫌いな食べ物は?
60
新しい時代の
司祭養成へ
2008年度︑福岡サン・
スルピス大神学院は︑創立
周 年 を 迎 え ま し た ︒ こ の 間︑
数知れない多くのみなさまに
支えられ愛されながら︑司祭
養成という使命を遂行して
き ま し た︒ こ の 場 を お 借 り
して心より御礼申し上げま
す︒この大神学院で学び︑司
祭となった者は︑260余人
に 及 び ま す ︒ し か し な が ら︑
2008年度末をもって︑こ
の福岡サン・スルピス大神学
院はその歴史に幕を閉じ︑閉
校する運びとなりました︒
インタビューに応える十時伸治神学生
Q 現在の心境は?
A 叙階一ヶ月前となりかな
り緊張してきました︒しかし︑
神学校のカリキュラムがまだ
すべて終わったわけではない
ので︑実感がわかない部分も
あります︒ミサの実習などが
始まったら本格的に近いと感
じるのだろうと思います︒ま
だ︑自分のうちに起こる出来
事として捉えられていないと
いうのが実感です︒
Q どうして司祭に?
A 小 学 校 5︑6 年 生 頃 に︑
中 村 信 哉 神 父 様 の 叙 階 式 で︑
花束をお渡しする役目をいた
だき︑このミサに与ったのが︑
最初のきっかけです︒この式
で生きる方向性を指し示され
たという気がしました︒
Q 神学校生活で印象に残っ
15
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
25
そもそもどうして合同する
のか︒多方面で︑さまざまな
議論が積み重ねられてきまし
た︒新しい時代の司祭養成に︑
日本の全教区一丸となって取
り組むために︑日本の全司教
様方が合同を決断し︑バチカ
ンの福音宣教省もそれを認可
してくださいました︒新しい
制度︑新しい養成方針での新
しい神学院が始まります︒神
学院の名称や形は変化してい
くでしょう︒しかし︑教会に
司祭が必要である限り︑神学
院は存在し続けます︒時代の
移り変わりとともに︑司祭に
要求される資質も変化してい
くことでしょう︒ 教区それ
ぞれが求める司祭像にも温度
差があるでしょう︒また︑神
学院スタッフと教区の間に
も︑信徒間︑司祭間にも当然
のことながら意見の相違があ
14
60
そして︑2009年4月1
日︑福岡の大神学院と東京カ
トリック神学院は合同し︑新
たに
﹁日本カトリック神学院﹂
が開校します︒現在の福岡の
大神学院の土地・建物は︑
﹁日
本 カ ト リ ッ ク 神 学 院・ 福 岡
キャンパス﹂となります︒そ
のまま司祭養成の場として用
いられます︒ただし︑哲学科
2年間と神学科4年間の計6
年間の司祭養成のコースのう
ち︑哲学2年間と神学科4年
生つまり助祭の養成の3年間
は︑現在の東京カトリック神
学 院︵﹁ 日 本 カ ト リ ッ ク 神 学
院・ 東 京 キ ャ ン パ ス ﹂︶ に て
11
ヴィノ
4月15日(水)16:00受付から22日(水)朝食後迄
6月 8日(月)16:00受付から15日(月)朝食後迄
9月14日(月)16:00受付から21日(月)朝食後迄
①
②
③
宣教者パウロの
シルエット⑤
20
16
16
16
(2)
第617号
カトリック福岡教区報
2009年2月1日発行
聖心のウルスラ宣教女修道会 初誓願式
会場を幼稚園へ移しての祝
賀会は︑ マリア・テレジア
岸里実を囲み︑優しさと快活
な笑いに溢れ﹁この修道会ら
しい﹂と参加者が表現するほ
ど明るい式典となった︒
うと結んだ︒
続いて︑各宗派の代表が祈
りに立ち︑世界中で起こって
いる宗派間の対立︑ガザやイ
スラエルに平和を祈った︒
祈りの集会の後︑ロビーで
の 茶 話 会 で 参 加 者 の 一 人 は︑
﹁キリスト教一致と聞くとそ
れぞれの宗派がその独自性を
失くすことだと考えていた
が︑祈る方法など違っていて
も同じキリスト︑同じ神を信
じる者達なのだと思うと︑そ
の違いはユニークと考えてい
いのではないかと思った︒む
しろ︑平和への行動とか人権
や環境問題など一致した行動
ができる環境を作る方がいい
の で は な い か と 感 じ た︒
﹂と
語った︒
J・ハヤット神父帰天
1月 日︵水︶︑﹁心のとも
し び Y B U︵ 善 き 牧 者 の 運
カタリナ山口ソメ帰天
動 ︶﹂ の 創 立 者 で あ り︑ 東 京
教 区 司 祭 の ジ ェ ー ム ス・ ハ
ヤット神父が肺炎のため帰
天︒享年 歳︒1952年か
らこの運動を始められ半世紀
以上をメディアを通した宣教
に尽くされた︒信徒︑未信徒
を問わず︑多くの人々がラジ
オ︑やがてTVも通して﹁心
のともしび﹂を知ることにな
る功績は大きい︒
J・ハヤット神父
聖母訪問会の カタリナ山
口ソメは︑1月 日︑脳梗塞
のために新田原修道院で帰
天︒享年 歳︒修道者として
年の生涯を捧げた︒
日本カトリック難民移住移動者委員会 船員司牧
19 Sr.
日本基督教団中部教会
説教の担当はカトリック教会
からということで西新教会の
森山信三神父が説教台に上
がった︒森山神父は︑冒頭で
神学院時代の体験を語り︑﹁新
共同訳聖書﹂完成のため心血
を注いだイエール神父のこと
に触れた︒これらの先人たち
の祈りと働きが今日のキリス
ト者一致のために大きく貢献
していることを忘れてはなら
ないと述べた︒また︑テーマ
については︑国と国︑宗教と
宗教を隔てている壁を取り除
くのは人間ではなく︑神のみ
手にあるがゆえに私たち一人
ひとりが命の霊に委ねましょ
﹃ある日の訪船﹄
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
86
96
ければなりません︒また機関
室など一番騒音がひどいとこ
ろで生活している船員は︑静
かにやすむことも出来ず︑す
ぐにでも難聴になりそうな過
酷な条件で働いているのだな
と思えば︑たとえ仕事や家庭
のためとは言え︑彼等が皆日
本経済のために安価な賃金で
働かせられている状態に︑怒
りがこみ上げてきます︒そし
て一人の司牧者として何か彼
等にしてあげられるものはな
いかと反省させられる日でし
た︒
1 度 も 会 っ た こ と も な く︑
また他国の人の死はそれほど
身近なものと思われません
が︑ 危 険 と 隣 り 合 わ せ で 働
く船員によって日本の経済が
成り立っていることを考える
と︑1隻でも多く訪船してす
こしでも恩返しができればと
思いながら﹁船員のための祈
り﹂をして下船しました︒
山口正美神父︵笹丘教会︶
☆イエスさまのお話
クリスティナ・
グディングス 文
ジャン・ルイス
絵
女子パウロ会
訳
ソフ
トな色
合いの
絵 に は︑
その絵
の説明が入り子どもたちの理
解を助けてくれます︒また各
ページに登場人物の名前や各
項のポイントのミニ解説が書
かれていて︑物語だけでなく
関連することからも学ぶこと
が出来ます︒小学低学年から
読める本です︒
女子パウロ会 発行
税込定価 1575円
◇ ◇ ◇
☆ルカ福音書を読む
同伴者イエス
京都教区聖書委員会
聖書講座シリーズ6
サブタイトルは﹁同伴者イ
エス﹂
︒私たちの方からでな
く︑
﹁イエスが私たちに近づ
いてくださり︑歩みを共にし
てくださる﹂ということを主
眼に6人の講師が語る︒
サンパウロ社 発行
税込定価 1470円
◇ ◇ ◇
☆ベルナデッタとロザリオ
アンドレ・ラヴィエ 著
ヌヴェール愛徳修道会 訳
ロザ
リオの
祈りだ
けを知
るルルドの貧しい少女ベルナ
デッタに︑聖母マリアは罪人
である私たちを極みまで愛さ
れた御子イエスの愛と︑御父
のいつくしみを教えられた︒
ドン・ボスコ社 発行
税込定価 1050円
森山工務店
有限
会社
Sr.
74
福岡
いでしょうか﹂と両親を労わ
り︑岸さんへ﹁全てを捧げつ
く さ れ た マ リ ア 様 の 心 境 が︑
今一番分かるのではないで
しょうか﹂と聖別と奉献の生
活について諭された︒
1 月 日︵ 日 ︶
︑福岡市中
央区にある日本基督教団中部
教会で2009年のキリスト
教一致祈祷集会が行われた︒
今年のテーマは﹁それらは
あなたの手の中で一つにな
る ﹂︒ 韓 国 の 呼 び か け で 決 め
られたテーマである︒今年の
してすぐに近くの九大病院に
運ばれたが亡くなったとのこ
とでした︒現在遺体は大学の
安置室で神戸の領事館員の人
によって封印されて︑そのま
まフィリピンに空輸されると
のことです︒
ミッシェル師と私は︑ミサ
後に特に彼が倒れていた部屋
や機関室など聖水をかけて清
めて下船するとき︑彼の荷物
のダンボール数個が一緒に運
びだされたときは︑大変空し
い気持ちで一杯でした︒また︑
持参したロザリオをみんなが
喜んで貰うのを見て大変嬉し
く感じました︒ロザリオがこ
んなに喜ばれるとは思いませ
んでした︒彼等は祈りの必要
性を十分に痛感したと思いま
す︒船員司牧で︑穀物船の訪
船 は 大 変 な 苦 労 が あ り ま す︒
それは仕事中は穀物の粉がそ
こら中飛び回り︑手ぬぐいで
マスクをしないと息ができ
ないほど大変なものです︒そ
の間を抜けて船に乗り込まな
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
18
Sr.
博多港箱崎
埠頭に停泊中
の穀物運搬船
︵ 人のフィ
リピン人乗り組み員︶の船を
訪船しました︒その日は船の
周 り が す こ し あ わ た だ し く︑
船員に聞いたら︑今からミサ
が始まる所だと言うことでし
た︒それで一瞬誰が来ている
のかと思って中に入ってみる
と箱崎教会のミッシエル神父
様でした︒いまから昨日船の
中で脳卒中で急死した機関士
長の弔いのミサをするためで
すと言われたので︑私もこれ
は神様の引き合わせと思い一
緒にミサに参加しました︒食
堂を白いシーツで飾り︑葬儀
の雰囲気で船長以下︑参加で
きる船員は皆参加していまし
たが︑雰囲気は大変︑悲しく︑
重い感じでした︒
故人は年は 歳︑仕事のス
トレスと健康障害から自分の
事務室で急に倒れて︑発見ま
で丸1日あったそうです︒そ
20
一致祈祷の集い
﹁一致と言い表し得ないほ
どの快活さ﹂が本会の特徴と
いう︑殉教者聖ウルスラを守
護者と仰ぐこの修道会は︑創
立の当初からイエズス会の
イグナチオ的霊性の流れの中
で︑祈りと活動を一つのもの
と し て 教 育 事 業︑ 要 理 研 究︑
福祉事業などに従事しながら
観想する修道会である︒
1952年2月5日に中国
を追放された4人のイタリア
人のシスターが︑多くの犠牲
のうちに日本での最初の土台
を福岡の地に据え︑宮崎︑三
重︑東京と発展してきた︒
福岡教区では現在地に本部
修道院︑福岡修道院︑修練院
などがあり︑聖心ウルスラ幼
稚園を運営している︒
宮原良治司教司式のミサに
は久居教会の主任司祭︑イエ
ズス会︑福岡教区司祭などの
共同司式の中で厳粛な初誓願
ミサが行われた︒司教は︑﹁娘
を拉致されたお気持ちではな
Q5 今読みかけの本の
タイトルは?
⁝マルクス・アウレーリ
ウス﹃自省録﹄︵岩波文庫︶
福岡伸一﹃生物と無生物の
あいだ ﹄
︵講談社現代新書︶
アルフレッド・ベスター﹃虎
よ︑ 虎 よ ! ﹄
︵ハヤカワ文
庫SF︶︒
Q6 何か皆さんへメッ
セージを
⁝いつもお祈りいただ
き︑本当にありがとうござ
い ま す︒ こ れ か ら︑ 皆 様
と一緒に過ごす時間がもっ
と増えていくと思いますの
で︑どうぞよろしくお願い
します︒
◆2月8日︵日︶ 時から
谷口尚志さんの祭壇奉仕者
選任式◆2月 日︵水︶
時から十時伸治助祭の司祭
叙階式と大塚了平さんの助
祭叙階式がカテドラルで行
われます︒参加しましょう︒
66
14
祈りの集会の後、ロビーで親しく一致
11
両親の前を灯火を手に誓願式に臨む Sr. 岸
大塚了平神学生
ルカ大塚了平神学生訪問
1月 日︑福岡市南区塩原
に 日 本 の 本 部 修 道 院 を 持 つ︑
聖心のウルスラ宣教女修道会
︵管区長 西川千恵子︶で岸
里実さんの初誓願式が行われ
た︒雪混じりの寒い朝︑彼女
の出身地京都教区の久居教会
から︑ご両親始め親族や友人
が大勢来福︒また︑各地の修
道院から駆けつけた会員のシ
スター方︑
近隣の教会の信徒︑
友人や青年会の有志などが聖
堂を満員にして初誓願ミサが
行われた︒
いっぱいです︒ここまで来ら
れたのも︑神様と応援してく
ださる方々のおかげだと思っ
ています︒
Q2 どのような助祭であ
りたい?
⁝特に生活上の悩みや苦し
みをいやすために奉仕するの
が︑助祭の役目だと思います
ので︑何でも気軽に話しかけ
てもらえるような助祭になり
たいと思います︒
Q 3 司 祭 ま で あ と 一 年︑
何を学びたいですか?
⁝積極的に人と関わってい
くことが苦手なところがある
ので︑もっと心を開いて︑ど
んどん関わっていけるように
なりたいです︒あとは︑祈り
を大切にして︑いつも感謝を
忘れないようにしたいです︒
Q4 最近一番笑ったこと
は?
⁝先日NHKの番組に︑大
神学院の様子が映ったとき︒
13
12
Sr.
11
2月 日︵水︶に助祭叙階
を受ける予定のルカ大塚了平
神学生に現在の心境などを
語っていただきました︒
Q1 助祭のお恵みを頂く直
前の心境は?
⁝とにかく喜びと感謝で
11
第617号
カトリック福岡教区報
2009年2月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年2月1日発行
それらはあなたの手の中で一つとなる
案
福岡黙想の家ご案内
カトリック教会のカテキズム
日 時:2009年2月22日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
参加費:1回 500円
資 料:カトリック教会のカテキズム
聖パウロに学ぶ神学講座
第4回 2月 15 日
〔パウロの宣教の仕方〕 下町豊重神父
【時間・会場】
各回日曜日 13:30 〜 16:00
会場:カトリック手取教会 信徒会館大ホール
【受講料】全6回= 5000 円/1回= 1000 円
【問合せ】手取教会(℡ 096-352-3030)岸
【主 催】熊本地区神学講座実行委員会
パウロが100倍わかる!
〜パウロが伝える言葉力〜
日 時:3月1日(日) 受付 13:30
場 所:カトリック小倉教会
講 師:鈴木信一神父(聖パウロ修道会司祭)
参加費:500円
主 催:福岡教区聖書委員会
共 催:北九州地区信徒協聖書部会/
教会学校部会
米沢の殉教者列福祈念式典と東北巡礼
笹丘教会建設チャリティーコンサート
ソプラノ:岡本峰世さん ( 大名町教会信徒)
オルガン:平田孝子さん ( 大名町教会信徒)
日 時:2月 15 日 ( 日) 11:15 〜 12:15
入場料:自由な献金をお願いします。
場 所:カトリック笹丘教会
主 催:笹丘教会建設委員会
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:2月12日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロの宣教派遣
(使徒言行録13:1…)
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父 / Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:2月7日、2月 21 日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
30
19
15
11
14
Br
18
11
10
50
30
13
10
13
パウロ年 講演会
ӃҘӟ҆޺Ѫ
15
19
12
12
49
北 九 州
25
30
日 時:3月 14 日 14 時〜 16 時半
場 所:カトリック大名町教会
発題者:高見三明大司教 ( 長崎教区)
松浦悟郎司教(大阪教区)
谷 大二司教(さいたま教区)
司 会:宮原良治司教(福岡教区)
参加費:無料
申 込:不要
主 催:日本カトリック社会司教委員会
聖堂・信徒会館
︹内容︺ミサ
︹司
■カトリック看護協会福岡支
式︺伊東成晃神父︵門司教会
部の集い
主任︶
︹問合せ先︺☎093・ ︹日時︺3月8日︵日︶ 時
963・2359江口
分から 時︹場所︺イエズス
■小倉祈りの集い
の聖心病院会議室︹問合せ先︺
︹日時︺2月 日︵金︶ 時半
☎
0
96・352・7181
から 時︹場所︺カトリック
竹内
小倉教会信徒会館2階︹指導︺
ガブリエル神父︵御受難修道
編集後記
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
いよいよ︑今年も新しい司
先︺☎090・3985・5
祭が誕生します︒大きな喜び
209松田裕子
とともに新司祭をお迎えした
いと思います︒叙階の準備最
◆
佐
賀
終段階にある十時神学生には
■佐賀祈りの集い
貴重な時間をいただいて︑イ
︹日時︺2月 日︵水︶ 時〜
ンタビューをさせていただき
ました︒また︑いままでコラ
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
ク会館
︹内容︺共に祈る
︹次回︺ ム の 連 載 が 2︑3 あ り ま し た
が︑4月からは新しい企画を
2月 日 水︶ 毎月第2と第
(
=
検討中です︒例えば︑宣教や
4水曜日︒どうぞご参加下さ
い︒
︹問合せ先︺☎0952・ 召命に関する連載︑あるいは
カテケージスなど︑読者の皆
30・8347 吉武
様の疑問や願いを踏まえて考
◆
熊
本
えたいと思います︒つきまし
てはこの件に関して皆様から
■熊本地区召命を共に祈る会
ご意見をいただければ幸いで
︹日時︺2月 日
︵木︶ 時
︹場
す︒また︑新連載の執筆を司
所︺カトリック健軍教会︹内
祭︑信徒の皆様にお願いいた
容︺ロザリオと話し合い︹問
しますので︑その節は︑よろ
合せ先︺健軍教会☎096
・
しくご協力ください︒
368・2825青木悟神父
11
1日(日) 年間第4主日//八代教会公式訪問
2日(月) 大神学院祭・閉校式
†山川辰幸〔2002年二日市教会〕
3日(火) 司祭評議会
5日(木) 常任司教委員会(東京〜6日)
8日(日) 年間第5主日
祭壇奉仕者選任式(カテドラル大名町教会13時)
9日(月) 福岡地区司祭集会(大神学院)
11日(水) ルルドの聖母/世界病者の日
建国記念日
司祭・助祭叙階式(カテドラル大名町教会11時)
15日(日) 年間第6主日/飯塚教会公式訪問
16日(月) 司教総会(東京〜20日)
22日(日) 年間第7主日
教区信徒協役員懇親会
23日(月) 北九州地区司祭集会
24日(火) 幼稚園園長会/顧問会
25日(水) 灰の水曜日
26日(木) 列福・列聖特別委員会(東京)
今村信徒発見記念日〔1867年〕
3月
1日(日) 四旬節第1主日
久留米信愛女学院卒業式
5日(木) 常任司教委員会(東京)
7日(土) †平田寛〔2002年門司教会〕
8日(日) 四旬節第2主日
鳥栖教会創立記念日(1959年)
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
シンポジウム
15
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
2月のこよみ
会合と催し
全ての人の人権を大切に
◆
とりわけ厳しい時期です。今年もカトリッ
ク大名町教会の冬場の炊き出しボランティア
にご協力をお願い致します!
期 間=2月6日 ( 金)〜 3 月 13 日 ( 金)
毎週金曜日
時 間= 14 時から:おにぎり・スープ作り
20 時半から:配布活動開始
集合場所=カトリック大名町教会ロビー
2月
◇3日(火)〜8日(日) サン・スルピス選任前の黙想会
◇10日(火)〜 11日(水) 聖マリア在俗会黙想会
◇14日(土)〜 15日(日) 山口・島根信者養成研修会
◇23日(月)〜 26日(木) 九州説教者セミナー
*毎週火曜日は「祈りの日」11:00ミサから15:00まで予約無し
で参加できる日帰り黙想!皆さまどうぞいらしてください。
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
■黒崎教会英語ミサ
︹日時︺2月8日︵日︶ 時か
ら ミサ後ティータイム︹場
熱いスープの会ボランティア募集
板
2・843・5831岩崎
◆
福
岡
■第 回典礼・聖歌研修会
︹日時︺3月1日 日(︶ 時半
■福岡祈りの集い
︹日時︺毎週月曜 時から
から︹場所︺カトリック大楠
時 分︹場所︺大名町教会1
教会︹内容︺主の復活を迎え
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・ るために︹講師︺深堀純氏︵大
聖書の分ち合い︹代表︺ 床
名町教会信徒︶
︹参加費︺感
嶋︹問合せ先︺☎092・5
謝献金
︹問合せ先︺☎092・
21・2503 蓮尾
541・3730松山
■召命を共に祈る会
■日本カトリック部落差別人
︹日時︺2月 日︵木︶
︹場所︺ 権委員会2009年春期合宿
一日目︹日時︺3月7日︵土︶
召命の家︹問合せ先︺浦川務
時 分集合︹テーマ︺解放
神父︵教区召命担当司祭・久
所︺カトリック
運動の父 松本治一郎に学ぶ
留米教会主任︶*召命祈願ミ
黒崎教会︹問合
サは4月に予定しています︒ ︹ 集 合 場 所 ︺ 千 代 人 権 の ま ち
せ先︺℡093・
づくり館︵福岡市博多区千代
621・367
■在世フランシスコ会集会
3・ ・ ︹講師︺竹森健二
2
︹ 日 時 ︺ 2 月 日︵ 日 ︶ 時
郎さん︵福岡県人権研究所主
から︹場所︺高宮フランシス
■北九州召命を
任研究員︶
コ会修道院在世会集会所︹内
共に祈る会
二日目︹日時︺3月8日︵日︶ ︹ 日 時 ︺ 3 月
容︺アシジの聖フランシスコ
9時から︹場所︺福岡教区司
に倣って︑福音に生きるため
日︵木︶ 時か
教館5階会議室︹講師︺高森
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
ら︹場所︺カト
健二郎さん︹ミサ︺平賀徹夫
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
リック小倉教会
司教
︵仙台司教区︶
■美野島司牧センター
寒さが厳しくなってきまし
た︒毎週火曜日 時半から炊
き出しボランティアにご協力
をお願い致します︒︹ 問 合 せ
先︺☎092 4
・ 3 1・ 1 4
19 コース・マルセル神父
日 時:5 月 13 日 ( 水)〜 16 日 ( 土)
主 催:阪急交通社
同行司祭:硫黄隆二神父(吉塚教会主任)
申 込:阪急交通社(℡ 03-6745-7377)
締 切:4月 22 日/福岡発着:133,000 円
内
(4)
第617号
27
14
໘ૐ̡1:໩3ै26໘)໘*
̛̛ !ঙঝ!3ૐ̻5ૐ
௘୸̡̛!!!!ਨ‫!ݵࢱݰ‬
৬ધ̡ᆷც௸‫!ڴ‬ఊ࿙
12
聖ペトロ
聖パウロ
13
̈́ౣӃҘӟଲທ‫ͅݵ‬
Sr
17
14
30
日程:3月 20 日(春分の日)
時間:12:00 から
場所:カトリック浄水通教会
参加費:300 円
問合せ:田中重治神父
℡ 092-531-3689
ᆷც௸‫ڴ‬ఊ࿙ᄻ
《講師紹介》
愛媛県出身。
聖パウロ修道会司祭。
1978年7月1日 司祭叙階。
サンパウロ宣教企画編集部。
ଗਹ̡ਨ‫ݰ‬එࣤ௸๊ચ๊௰ࢤࡢ‫!ݵ‬
佐賀教会
15日、10時より鈴木神父様司式のミサ 。
11時10分より、パウロについての講演 。
他教会の方もご遠慮なく、おいでください。
ǵȳȑǦȭᅦ‫ܳޢ‬૙ǻȳǿȸ
ࠗࠛࠬߩ
ᗲࠍ⍮ࠆ
ᧄ㨯㧭㨂̖ ާࠗࠛࠬߩᗲࠍ⍮ࠆ྾ᣨ▵․⸳㩄㨺㩏㨺޽ࠅި
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
㓏⡛ᦠ㨯ାᔃᦠ㨯⡛ੱવ㨯㩁㩢㩆㩊㩧㑐ଥ㨯⛗ᧄ㨯৻⥸ᦠ╬
㓏ኅᐸ⑂ს㨯චሼ᨞㨯㩥㩅㩨㩢㨿㨯ߏ௝㨯ߏ⛗㨯%&㨯&8&╬
༡ᬺ㪔㪈㪇㪑㪇㪇䌾㪈㪏㪑㪇㪇㪆྾ᣨ▵䈱ᣣᦐᣣ䋪ቯભᣣ㪔ᣣᦐᣣ䍃⑂ᣣ䋪㚢ゞ႐ቢ஻
‫⑔ޥ‬ጟᏒਛᄩ඙⿒ဈ
VGNHCZ
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般の意向︼女性の尊厳
11
福岡教区全司祭が総会
44
︻布教の意向︼中国における教会の一致
アメリカの第 代の大統領
としてオバマさんが就任して
1ヵ月以上が経った︒彼の演
説の力強さ︑言葉の力などが
盛んに言われている︒確かに
2004年の民主党大会の演
説を聴いて見ると充分に納得
がいく︒有名なフレーズ﹁リ
ベラルなアメリカも︑保守的
な ア メ リ カ も あ り は し な い︒
あるのはアメリカ合衆国なの
だ︒ 黒 人 の ア メ リ カ も 白 人
のアメリカもラテン系のアメ
リカも︑アジア系のアメリカ
もありはしない︑あるのはア
メリカ合衆国なのだ﹂という
あたりは︑CDを通してであ
るが︑それでも胸が熱くなる
ほどだった︒一説教者として
も︑今後の彼の言葉には大い
に注目していきたいと思う▼
ヘブライ書に﹁神の言葉は生
きており︑力を発揮し︑どん
な両刃の剣よりも鋭い﹂
︵4・
︶とある︒神の言葉に力が
あ る の は︑
﹁それは望むこと
を成し遂げ︑与えられた使命
を 必 ず 果 た す ﹂︵ イ ザ ヤ ・
︶ と 言 わ れ て い る よ う に︑
発せられた言葉が確固たる実
現に裏打ちされているからで
ある︒神の言葉は言葉だけが
宙に浮いてしまう私たちのあ
り方とは異なり︑いつも現実
のものとなるからである︒す
なわちそれは人間を決して裏
切ることはない神の誠実さに
よると言っていいかもしれな
い︒だとすれば︑オバマさん
の言葉に民衆を惹きつけてや
まない力があるのは︑彼の言
葉の裏にある彼の人格︑誠実
さにあると言えるであろう▼
私 た ち が 日 々 発 す る 言 葉 が︑
行動と合致しているか︑言葉
の前にそれを行動に移す覚悟
があるのか︑反省してみるべ
きであろう︒
︵M︶
55
︻日本の教会の意向︼飢餓の克服
ての愛︑霊的生活の役務の実
行などの点から︑司祭団に猛
省を促した︒さらに教区のビ
ジ ョ ン と し て︑
﹁モットーは
﹃み国が来ますように﹄であ
り︑この教区を現状維持のま
ま で い い と は 考 え て い な い︒
むしろ司牧とは︑教会に来ら
れる方だけではなく︑委ねら
れた全信徒であること︑また
宣 教 と は︑ 教 区 内 の 全 人 口
774万人が宣教の対象であ
ることを忘れてはならない﹂
と語った︒
基調講話後︑司祭団は︑召
命について分かち合った︒そ
の中で︑まずは司祭団が一致
して︑自分たちの後継者を真
剣に育てようとする姿勢の大
切さ︑子どもたちや青少年の
育成︑さらに現代のキリスト
者が直面している家庭の問題
の分析の必要性などが挙げら
れた︒翌日は︑分かち合いの
発表︑また司教への質疑応答
と続き︑派遣のミサをもって
総会を終了した︒司祭の召命
について考えることは︑同時
に司祭とは誰か︑司祭は現代
社会から何を求められている
のかなど司祭一人ひとりの意
識改革︑その転換が求められ
ていると言える︒
どもとともにささげるミサ﹂
の 構 想 を し て い た 時︑
﹁楽し
いだけがミサではない﹂と苦
言を呈されたというエピソー
ドを紹介した︒
岩永神父が︑1990年か
ら6年間司牧した小倉教会出
身の十時神父の司祭叙階式
は︑ 帰 天 前 日 の 日 に あ り︑
新司祭の誕生を病床で見届け
て︑御許に旅立たれることと
なった︒
山口ソメ帰天
1月 日︑聖母訪問会のシ
ス タ ー カ タ リ ナ 山 口 ソ メ が︑
新田原修道院にて帰天︒享年
歳︒ 年の修道生活だった︒
12
11
ださい﹂と語り︑会衆には﹁私
は︑これまで両親の後姿を見
て育ってきた︒だからこそ今
の自分がある︒これから司祭
として小さな存在である自分
に何が出来るのか不安がいっ
ぱいある︒こんな私を支えて︑
ともに歩んでください﹂と
語った︒また大塚助祭は﹁自
分にも何か出来ることがある
かと思い︑神学校に入学した
が︑皆様から祈っていただき︑
助けられるばかりだった﹂と
述 べ た︒ 最 後 に︑ 新 司 祭 は︑
両親を前に初めての祝福を与
えた︒
聖堂を埋め尽くした人々
は︑人間の弱さにも関わらず
確 か に 働 か れ る 神︑ そ し て
この教会を導いてくださる聖
霊の現存を実感した叙階式で
谷口尚志神学生
祭壇奉仕者に
1月 日から 日まで︑教
区司祭団の総会が︑ 人の参
加を得て﹁司祭召命﹂をテー
マとして原鶴にて開催され
た︒冒頭基調講話で司教は年
頭に発表したメッセージを受
けて︑司祭召命の育成につい
て︑召命が育たないのはどこ
に原因があるのか︑また召命
を育成するために障害となっ
ているものがあるとすればそ
れは何か︑また神学生が生ま
れるのを待つ姿勢よりも︑積
極的に育てていく姿勢をと
ろうと語った︒また︑召命に
は︑特効薬はないが︑もう一
度司祭団が謙虚に自らを振
り 返 り︑ 司 祭 と は 誰 で あ る
か︑見つめなおすため︑前教
皇の勧告を引用して牧者とし
岩永義人神父帰天
白熱した討議が続いたグループ別分ち合い
12
つづく奉仕者も
︵ 新 田 原 教 会 ︶ は︑ 新 司 祭 は
あ る 日︑
﹁ 僕 は︑ 父 の 跡 は 継
がない︑と言ったが︑立派に
キリストの跡
を継いでくれた﹂という父親
の言葉を紹介
し た︒ ま た︑
母 親 は﹁ 母 と
して半分寂し
い︑ こ こ ま で
毎日心の中で
お別れを言っ
て き た︒ そ
して息子のた
め︑ ま た 受 け
入れてくださ
る司祭団のため︑祈り続けて
来た﹂と語られたことを紹介
し︑会場の涙を誘った︒また
信徒代表として小倉教会の武
田 晴 信 氏 は︑
﹁あなた方が派
遣 さ れ る 世 界 は 病 ん で い る︒
展望が見えず︑混迷している
世界だ︒しかしだからこそ恵
みとチャンスがある﹂と述べ
2人を励ました︒
さらに︑花束贈呈の後︑挨
拶に立った十時神父は︑宮原
司教︑司祭団に﹁このような
自分を受け入れてくださった
ことに感謝しています︒私に
不足している点を暖かく見守
り︑叱咤激励を使い分けてく
54
13
3月の意向
た︒受階者は︑司教︑司祭団
全員による按手を沈黙のうち
に受け︑聖別の祈りによって
新司祭が誕生した︒
新しい祭服に身を包んだ十
時神父は聖香油を受け︑さら
に両親より奉納されたパンと
ぶどう酒を司教の手から受け
叙階式は終了した︒
続いて行われたミサの聖体
拝領では︑中央の司教と新司
祭の前に延々と拝領の列が続
き︑一人ひとりに丁寧に聖体
を授け︑祝福を与える新司祭
の姿が印象的であった︒
祝賀式典で司祭団の歓迎の
挨拶に立った杉原寛信神父
26
2月
日︵木︶
︑
ラウレン
チオ岩永
義人神父
が療養中の新田原病院で帰
天︒ 享 年 歳︒ 葬 儀 ミ サ が︑
宮原司教司式で 日 時半よ
り カ テ ド ラ ル に て 行 わ れ た︒
説教の中で堤敏雄神父︵飯塚
教会︶は︑神父様が遺された
ものは︑そのご人格を通して
神 様 の 暖 か い 心︑ ぬ く も り
だったと述べた︒また告別式
では︑
山元眞神父︵行橋教会︶
が︑助任司祭だった当時︑
﹁子
11
した信徒の深い祈りと聖歌に
包まれて始まった︒十時助祭
による福音の朗読後︑出身教
会の主任司祭によって推薦と
証言を受けた2人は︑まず叙
階される者の約束をし︑次い
で諸聖人の連願と続いた︒受
階者に諸聖人の取次ぎを願う
この場面は︑地上の教会と天
上の教会が一つとなって祈る
厳粛な瞬間である︒そして司
教による按手と聖別の祈りに
よ っ て︑ 大 塚 助 祭 が 誕 生 し︑
続いて司祭叙階の儀へと移っ
あった︒
叙階式に先立つ2月8日
︵日︶︑大名町教会出身の谷口
尚志神学生が祭壇奉仕者に選
任された︒
この選任式の様々な役割に
若者の奉仕が生かされてい
た︒ 侍 者 を は じ め 答 唱 を 先
唱し︑共同祈願︑奉納など大
名町教会ばかりでなく浄水通
教会︑直方教会︑福岡地区の
青年たちと若々しさを感じる
選任式だった︒
宮原良治司教の2009年
年頭の挨拶にもある﹁司祭召
命の育成﹂が息づきはじめる
のを期待させられる式であっ
た︒祝賀会でも多くの子ども
達や各地の青年に囲まれる受
19
69
27
14
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 39
発 行 人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-5139
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
十時伸治司祭・大塚了平助祭の叙階式に1400人
『断食』
挨拶に立つ大塚助祭と十時新司祭
自分のエゴイズムを制する
断 食 は︑ 祈 り や 施 し と 共 に︑
神 と 隣 人 へ の 愛 に 心 を 開 き︑
自主的に何かを節制すること
で 他 人 を 助 け る こ と を 促 す︑
と説かれた教皇は︑この四旬
節に貧しい兄弟たちへの受け
入れの心と関心を養い︑断食
で節約した分を困難におかれ
た人々に分け与えるよう︑小
教区や教会共同体に勧められ
ている︒
74
新司祭・助祭が誕生
16
立春を過ぎたとは言え︑2
月とは思われないような暖
かな陽気に包まれた2月 日
︵水︶
︑ 宮 原 良 治 司 教 着 座 後︑
はじめての叙階式が福岡カテ
ドラル大名町カトリック教会
にて荘厳に行われた︒助祭叙
階者はルカ大塚了平︵武蔵ヶ
丘教会出身︶
︑司祭叙階者は
十時伸治助祭
︵小倉教会出身︶
の2人である︒
叙階式は︑午前 時カテド
ラルの鐘が鳴り響く中︑聖堂
を立錐の余地なく埋め尽く
2009 年四旬節教皇メッセージ
司教からの按手を受ける十時助祭
メッセージを発表された︒ 療 で も な く︑ そ れ は 神 の 御
旨に自分を一致させることを
今年のメッセージで教
妨げるすべてのものに対する
皇 は﹁ 断 食 ﹂ を テ ー マ に
さ れ︑ キ リ ス ト 教 の 断 食 ﹁ 治 療 ﹂ な の で あ る と︑ 教 皇
は述べられた︒
の深い意味とその価値の
そして︑キリスト教的断食
再 発 見 を 通 し て︑ 神 と 隣
は︑
﹁神の御旨を行なう﹂と
人に心を開くよう呼びか
いう﹁真の食べ物﹂を得るこ
けておられる︒
キ リ ス ト 教 の 断 食 と は︑ とを究極の目的とし︑肉体的
な 断 食 は﹁ 神 へ の 飢 え 渇 き ﹂
宗教上のきまりを単に遵守す
へと変容されていくと記され
るという道徳的実践主義で
ている︒
も︑体のケアを目的とした治
Sr.
96
11
教皇ベネディクト
世の2009年度
の 四 旬 節 に 向 け て︑
聖体授与の奉仕をする谷口神学生
第618号
カトリック福岡教区報
2009年3月1日発行
(1)
江口 スズ子
叙階式の慶び
最初の祝福を家族に与える新司祭
サン・スルピス大神学院閉校の日
た全ての人々に感謝の
辞を述べた︒
ミ サ は︑ グ レ ゴ リ オ
聖 歌 が 響 く 中︑ 教 皇 大
使 A・ ボ ッ タ ー リ 大 司
教 を は じ め︑ 長 崎 教 会
管 区 司 教 団︑ 聖 ス ル ピ
ス会総長ロナルド・ウィ
ザ ラ ッ プ 神 父︑ カ ナ ダ
管 区 長︑ 管 区 顧 問︑ ベ
トナム人スルピス会員
2 人︑ こ の 日 の た め に
来 日 し た Z・ イ エ ー ル
神 父︵ カ ナ ダ モ ン ト リ
オール大神学院在住︶
な ど︑ 1 1 0 人 の 司 祭
団によってささげられた︒中
央祭壇を囲む司祭席を全国か
ら参列した卒業生でもある司
祭たちが埋め尽くし︑信徒席
の修道者や信徒と共にこの最
後の日のミサを深い感謝で捧
げた︒
終りにボッターリ大司教
が︑日本語を交えて大神学院
の閉校を宣言し︑4月から神
学生養成は︑日本カトリック
神学院に受け継がれることと
なった︒
坂牧春妙
深堀正平
京からヨーロッパに宣教師
を派遣するようになってい
たかもしれない︒トロアス
から船出して︑マケドニ
ア の ネ ア ポ リ ス に 着 き︑
フィリッピ︑テサロニケ︑
さらにアテネ︑コリント
に行き︑この地に一年半
滞在して宣教した︒ここ
で一テサロニケ信徒への
手 紙 を 書 い た︒ 執 筆 は
五十年で︑新約聖書中の
最古の文である︒その後
エフェソ経由で︑アンキ
オ キ ヤ に 帰 っ た︒
︵使徒言
行録18・1〜23︶
︒
森山 敬三
︵大名町教会信徒︶
新聞は古くなるほど面白い
菜の花の黄に溶けこんでゆく巣立ち
T E L 092−526−5656
司祭評議会教区テーマを﹁司祭召命の育成﹂と
13
ヨゼフ十時伸治司祭叙階の慶びを受けて
神様に深く感謝
これからが
試練の旅立ち
秀幸
が目に留まりました︒その方
が︑叙階の恵みを頂かれた十
時伸治新司祭です︒また聖体
訪問した時︑ロザリオの珠を
繰り︑お祈りなさっていた父
親︑ 私 た ち と と も に 召 命 を
祈ってこられたお母様・・・
神様の呼びかけに素直に応え
られた新司祭︑祈りをもって
お捧げになったご両親︒今日︑
私たちは神様の深い愛に包ま
れ︑ 希 望 で 満 た さ れ ま し た︒
こ れ こ そ︑ 幸 せ の 訪 れ で す︒
司教様に按手された大塚了平
助祭︑十時伸治新司祭︑先輩
の司祭一人ひとりから按手を
受けられた新司祭に感謝と感
動です︒十時神父様からいた
だいた今日のご聖体は︑救い
の格別な味がしました︒慈愛
深いキリストに賛美︒杉原神
父様の﹁新司祭を 秒の拍手
で司祭団に迎えましょう﹂の
呼びかけに 秒間の拍手がカ
テドラルに響きました︒これ
からも召命を祈り続けます︒
北九州召命を祈る会
一息
ちょっと
区のビジョンについて話しが
2008年度第3回司祭評
あった︒その中で︑司教とし
議会が2月3日 火
( 司
) 教館
て の ビ ジ ョ ン は﹁ 神 の み 国
にて開催された︒
の到来・実現﹂であることが
はじめに︑教区の緊急課題
示され︑そのための具体的方
について検討するために司祭
策について︑今後検討し長期
評議会を受けて設立された3
的計画をたてて実施していく
つの小委員会︵司祭召命・生
ことが確認された︒また︑今
活・生涯養成︶から経過報告
年一年の教区のテーマを︑年
がなされた︒その中で︑特に
司 祭 召 命 の 問 題 に つ い て は︑ 頭メッセージで示された通り
既存の活動︑召命に関する祈 ﹁ 司 祭 召 命 の 育 成 ﹂ と す る こ
ととなった︒
願日 召
( 命祈願日・宣教地司
また︑教区宣教司牧評議会
祭育成の日 を継続・大切に
)
の設立についても検討され
し︑司祭も積極的に関与して
いくこととなった︒その上で︑ た︒設置について︑大切なの
は今までの経緯から︑いかに
今後︑教区統一の司祭召命の
小教区や地区とのパイプを持
ための祈りなど︑委員会から
2月2日︵月︶主の奉献の
てるか︑教区の組織として機 祝日︑サン・スルピス大神学
提案される活動に取り組むこ
能できるかであることが確認 院︵牧山強美院長︶で︑サン・
ととなった︒また︑召命担当
された︒今後︑設立に前向き スルピス司祭会来日 周年及
司祭の他に︑神学生の養成を
の立場から︑どのような準備 び同大神学院創立 周年を記
含めた全体的な取り組みの責
のあり方︑機能のさせ方など︑ 念する式典が行われた︒
任者として︑杉原寛信師が新
各 地 区 の 司 祭 団 で 話 し 合 い︑
たに教区養成担当者に任命さ
2009年4月からの日本
次回の司祭評議会で検討する カトリック神学院福岡キャン
れることも発表された︒
こととなった︒
続 い て︑ 宮 原 司 教 か ら 教
パスとしての出発を前に事実
上の︑同神学院としての閉校
も 役 に 立 ち ま す︒ た と え ば︑ 式でもあった︒ミサに先立っ
自死に至る要因としての﹁う て院長牧山強美神父が︑故人
つ病﹂﹁経済的行き詰まり﹂﹁孤 も含めて神学生の養成に関っ
立﹂などの問題に対して︑本
当は対応できる機関や窓口が
第二回伝道旅行では︑宣
あるのに︑追い詰められた人
教の根拠地アンチオキヤか
にはなかなかそれが見えない
ら 出 発 し て︑ シ ラ ス を 伴
からです︒
い︑ の ち に テ モ テ と 共
カリタスジャパンとして
にガラテア地方を通っ
は︑今回の事態のために募金
て︑ ピ テ ィ ニ ア 州 に 入
を行い︑これらの支援活動を
ろ う と し た が︑ イ エ ス
後押しする援助を予定してい
の霊によって禁じられ︑
ます︒
ト ロ ア ス に 行 っ た︒ そ
どうかすべてのカトリック
の 夜︑ 幻 に 一 人 の マ ケ
信者が︑祈り︑献金︑活動な
ド ニ ア 人 が 立 っ て︑ 私
ど︑どのような形であれ︑い
たちを助けてください
のちを守るための働きに参加
と 願 っ た︒ 私 た ち は ひ
してくださいますよう︑切に
ど く 圧 迫 さ れ て︑ 生 き
お願い申し上げます︒
る 望 み さ え 失 っ て い た が︑
2009年1月 日日本カ
す ぐ に 承 諾 し て 出 発 し た︒
トリック司教協議会社会司教
このとき幻を見なかったら
委員会メッセージからの一部
東洋に来ていて︑東京や北
抜粋です︒
対応をしている方が大勢おら
れることを知っています︒そ
の 働 き に 感 謝 す る と と も に︑
さらにより多くの方々がその
活動に参加・協力されるよう
願っています︒
今回の事態は︑わたしたち
カトリック信者だけで解決で
きる事柄ではありません︒本
来︑貧しい人々の最低限の生
活を守る責任は政府や行政機
関にあります︒行政が本来対
応すべきことを速やかに施策
す る よ う に 市 民 と し て 求 め︑
働きかけることは支援のひと
つとなるでしょう︒しかし同
時に︑行政の対応を待ちきれ
ずに︑各地でさまざまな市民
団体がこの問題に対して取り
組みを始めています︒それら
の団体と連携を取り︑それら
の団体に協力することも大切
な働きです︒また︑どこに行
けば相談でき︑適切な支援が
受けられるかという正確な情
報をできるだけ得ておくこと
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
① 3月7日(土)16:00受付〜8日(日)15:00迄
② 3月14日(土)16:00受付〜15日(日)15:00迄
*宿泊・食事代 7500円(資料代・指導料・会場献金)
十時
私が小倉教会に来て間もな
い頃︑祭壇で輝いている少年
教区・小教区・修道会・信徒
の団体で考えていただきたく
このアピールを出すことにし
ました︒
残念ながらいまだに失業者
や路上生活者に対する差別偏
見は根強く残っています︒
今回の派遣切りなどによる
失業者の問題が顕在化する以
前から︑働きたくとも職がな
く路上生活を余儀なくされて
いた人々を﹁怠け者の自己責
任﹂として切り捨てる風潮が
ありました︒しかし︑野宿せ
ざるを得なくなった状況はど
ちらも同じであり︑合わせて
支援しなければなりません︒
⁝中略⁝
すでに各地で︑雇用停止と
なった外国人労働者への支援
や︑ 野 宿 を 余 儀 な く さ れ た
人々のための炊き出し︑夜回
り︑医療・法律相談活動など︑
また派遣切りによって仕事も
住まいも失い︑路頭に迷った
人への緊急避難所提供等々の
四旬節の黙想会/指導:来住英俊
募集中
75
60
感謝申し上げます︒叙階式に
おきましては︑祈りながら今
までの思い出などが走馬灯
のように駆け巡り︑万感の思
いと感激のあまり︑涙のあふ
れた叙階式でした︒これから
が︑試練の旅立ちで
すが︑いつも謙虚な
気持ちを忘れず︑司
教様︑神父様方のご
指導を賜りながら福
音宣教に励み︑司祭
職を全う出来ますよ
うに︑今後は各教区
の皆様と一緒に今後
の召命のために祈り
続けていきたいと思います︒
︵小倉教会信徒︶
ま う 人 が 少 な く あ り ま せ ん︒
ま た︑ 状 況 が 日 々︑ 急 激 に
悪化しているのも特徴的で
す︒ 日 本 各 地 の 野 宿 者 の 数
は 2 0 0 8 年 秋 以 降︑ 増 加
し て い ま す が︑ こ の 事 態 は
2009年に入りさらに深刻
化すると予想されます︒また
日本の自死者は1998年3
月以降︑急増しましたが︑そ
れはまさに多くの企業が経営
破たんした1997年度の年
度末のことでした︒今回の危
機はそのとき以上ではないか
と危惧されています︒これら
の現実はわたしたちキリスト
信者にとっても決して他人事
ではないはずです︒
この緊急事態にあたり︑日
本カトリック司教協議会社会
司教委員会は︑多くの人がい
のちの危機に直面していると
いうことを訴え︑今︑特にそ
の最悪の結果である﹁路上死﹂
と﹁自死﹂を出さないために
わ た し た ち に 何 が で き る か︑
宣教者パウロの
シルエット⑥
この度︑司祭叙階のお恵み
を授けられましたこと︑両親
として神様に深く感謝いたし
ます︒司教様をはじめ︑これ
まで大神学院で養成ください
ました院長様︑神父様方︑ま
た陰でご支援くださったシス
ター方や︑多くの召命の会の
皆様方︑信徒の皆様へ心より
日本のカトリック教
会の皆様へ
2 0 0 8 年 の 後 半︑
アメリカのサブプラ
イムローン問題に端
を 発 し た 金 融 危 機 は︑
世界的な経済危機に
発展してしまいまし
た︒ 日 本 で も 自 動 車
工場をはじめとする
多くの工場や企業で
経営状態の悪化によ
る 減 産・ 事 業 縮 小 が
進 め ら れ︑ 従 業 員 削
減︑ 特 に 大 量 の 派 遣
労働者の派遣切りや
期間労働者の雇い止
め が︑ 連 日 テ レ ビ や
新聞で報じられるよ
う に な っ て い ま す︒
今回の失業者は若い
世 代 の 人 が 多 く︑ 短
期雇用で失業保険の
対象にもならない場
合 も あ り︑ 非 常 に 厳
しい状況に陥ってし
2009 いのちを守るための緊急アピール
(2)
第618号
カトリック福岡教区報
2009年3月1日発行
12
7
森山工務店
有限
会社
30
15
☆日本の教会の歴史
ザビエルからはじまった
結城了悟 著
188殉教者列福運動を初
期から支え︑ 月 日に帰天
された結城了悟神父さまの絶
筆︒学校では教えない日本の
歴史が分かる︒
女子パウロ会 発行
税込定価 1365円
◇ ◇ ◇
☆祈りのセラピー
文 キース・マククレラン
絵 R・W・アリー
訳 目黒 摩天雄
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
人の殉教記念日
と訳されているのが︑わたし
たちが﹁召命﹂と言っている
言葉です︑とパウロの書簡な
どを解説しながら語った︒﹁神
が招くということは︑神が恵
みを与えるということから始
まります﹂
︑﹁先に神が呼びか
け︑人間を巻き込んでいきま
す︒それに人間が応えること
で召命が完成される﹂と︒ま
た︑﹁ 一 人 ひ と り を 選 び 呼 び
出してくださり︑全てを整え
キリストの体の一部としてく
ださることが召命︒キリスト
の体の一部であることは︑一
人 ひ と り が 教 会 の 一 部 で す︒
だ か ら 一 人 ひ と り の 召 命 は︑
全ての人々の救いのための奉
仕です﹂と語った︒また次の
言 葉 は 印 象 的 で あ っ た︒
﹁子
どもたちに﹃将来︑何になり
た い か︑ と 尋 ね る の で は な
く︑時々神様はあなたに何を
求めていると思うか︑どんな
生き方を求めておられると思
うか﹄
と尋ねてみてください﹂
と︒私たちの召命︑つまり神
様の招きについて広く考えさ
せる3時間であった︒
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
17
福者 小笠原玄也一家
30
花岡山と島崎教会で集いと荘厳ミサ
12
11
日々の全ての出来事の中で
神さまとの出会い︑祈りのチ
ャンスが与えられていること
に気付くでしょう︒ユーモア
あふれるエルフ︵妖精︶のイ
ラストが和ませてくれる︒
サンパウロ社 発行
税込定価
735円
◇ ◇ ◇
☆新カトリック大辞典
第4巻
研究社
1996年に第1巻︑そし
て第2巻が1998年︑第3
巻が2002年に発売されて
以来6年目︑最後の出版の運
びとなりました︒これで全4
巻が揃うことになります︒
只今︑予約注文を受けてい
ます︒発売予定 4月 日
価格 1巻 25000円
サンパウロ︑女子パウロの
どちらでも受け付けます︒
23
の私たちの大切な務めではな
いでしょうか︒その事によっ
て︑殉教者たちがキリストの
証人であるという意義が達成
さ れ る の で す︒
﹂ と︑ 参 列 者
に呼びかけた︒
このミサの中で︑地元熊本
出身の邦楽演奏家︑田島永山
氏による尺八の音が︑厳かに
響く中︑殉教者達の遺言書5
通が︑粛々と朗読された︒
この式典に出席していた加
賀山隼人正から 代目︑加賀
山興隆氏︵故人︶の妻︑静子
さ ん は︑
﹁私はクリスチャン
ではありませんが︑この式典
に与り︑命を懸けて信仰を貫
いた先祖をしみじみと偲ぶこ
とができました︒このご先祖
を︑ 誇 り に 思 い ま す︒﹂ と 感
想を述べた︒
語 っ た︒
﹁ キ リ ス ト 者 と は︑
自分で判断し︑決定して自分
で行動し︑責任を取る生き方︑
つまり︑自分がしたいように
生きる生き方を捨て︑神様の
望み︑み旨に沿う生き方を求
め る 者 で す︒ し か し な が ら︑
私たちが例えば﹁召命﹂のた
めに祈る︑つまり神の望みに
沿う生き方を誰かに求めてお
いて︑自分はしたいように生
きているのであれば︑それは
真のキリスト者とは言えな
い︒ましてや本当の意味で召
命を生きていない﹂
と語った︒
また︑新共同訳聖書で﹁招き﹂
19
テーマは宮原司教の年頭の
メッセージを受けて﹁召命の
神秘を生きるパウロ﹂︒
召命というと︑司祭︑修道
者の召命だけを捉えがちだ
が︑ 澤 田 神 父 は 次 の よ う に
父親が︑主の祈りや聖母マリ
アの祈りをすらすらと唱えた
エピソードを紹介した︒そこ
で幼児教育において決まった
祈りを習慣的に唱えることの
必要性を語った︒一方︑型に
はまらない沈黙の祈りを捧げ
ることで神様との対話を感じ
させる方法なども出された︒
何よりも重要なことは︑幼
児︑保護者︑そして教師の宗
教心を養うこと︑また神様の
愛を伝えることが︑カトリッ
ク教育の柱であることが確認
された︒
夏季研修会は 月 日から
日 ま で 唐 津 で 開 催 さ れ る︒
毎年350人ほどのカトリッ
クの幼稚園︑保育園の教師が
参加しているが︑その大多数
が洗礼を受けていない教師で
あることを考えるとき︑この
研修会の開催の意義は大きい
ものがあると言えよう︒
8
荘厳ミサが捧げられ︑信徒約
150人が参列した︒
このミサの説教の中で︑司
教 は︑
﹁ 私 た ち は こ れ ま で︑
この殉教者の方々に対しては
深い尊敬の念を持って︑私た
ち信徒の模範としておりまし
たが︑正式の場で︑その取次
ぎを願い︑お祈りすることは
できませんでした︒しかし今︑
この殉教者 人のお一人おひ
とりの名のもと︑福者として
その御取次ぎを願い︑このミ
サを捧げております︒このこ
とは︑私たちにとって大きな
喜びであります︒これからは︑
この殉教者を︑福者として崇
め︑ 教 会 の 中 だ け で は な く︑
広く一般の社会の人たちとも
分かち合うべきであると考え
ます︒このことが︑これから
雪の舞う寒い日となった
1月 日︑澤田豊成神父︵聖
パウロ会司祭︶によるパウ
ロ年講演会がカテドラルに
て行われた︒
る山元眞神父は︑教師向けに
カトリック教育を理解して
も ら う た め の 映 像 を 作 成 し︑
そ の 中 で︑
﹁ 真 の 教 育 は︑ 人
間の究極の目的の実現のため
で あ る ﹂ や︑
﹁青少年が正し
い良心をもって道徳的価値を
評価し︑それを個人の決断に
より肯定し︑より深く神を知
り︑愛するように励ましを受
ける権利を持つことを宣言す
る﹂など第 バチカン公会議
のキリスト教的教育に関する
宣言などを引用した︒それに
基づいて園長レベルでの分ち
合いが行われた︒映像につい
ては︑カトリック教育の本質
が表されていて教師にとって
も重要な点が指摘されている
と 思 う と い う 意 見 が あ っ た︒
また︑ある園長は︑かつて卒
園した幼稚園に自分の子ども
を入園させるために来園した
福岡教区幼児教育連盟園長会
福岡教区カトリック幼児教
育連盟は︑ 月 日︑司教館
にて園長会を開催した︒今年
は︑ 年に一度の教区内幼稚
園︑保育園教師の研修大会開
催の年であり︑次の世代を担
う子ども達にいかに宗教教育
を行うか︑福音をどう伝える
のか︑討議された︒
夏季研修大会の講師を務め
20
15
17
25
福岡教区聖書委員会がパウロ年講演会
主任マルケット・ダニーロ神
父の司式で﹁祈りの集い﹂が
行われた︒
先 ず︑ マ ル ケ ッ ト 神 父 は︑
﹁ 皆 さ ん︑ 福 者 小 笠 原 玄 也 一
家の人たちは︑どんな心境で
この寒い殉教の朝をお迎えに
なられたのでしょうか・・・︒﹂
と呼びかけた︒未だ︑明けや
らぬ早朝の静けさの中で︑皆︑
心をひとつにし︑この招きの
言葉に耳を傾け︑373年前
の︑この殉教の日に思いを馳
せた︒この集いでは︑夜明け
を告げるかのように次の御言
葉 が 朗 読 さ れ た︒
﹁一粒の麦
は︑地に落ちて死ななければ
一粒のままである︒だが︑死
ねば多くの実を結ぶ・・・﹂︵ヨ
ハネ福音書 章 〜 ︶︒
第二部は︑夜7時 分から︑
島崎教会聖堂にて︑宮原司教
の 司 式 で︑ 主 任 の マ ル ケ ッ
ト神父を始め︑5人の聖ザベ
リオ宣教会司祭の共同司式で
ン﹂︑﹁ゲド戦記/ル・グゥ
イン﹂など︒意味や象徴に
満ちた物語が好きです︒そ
の意味で︑聖書に勝るもの
はありません︒自分でも不
思議なくらい︑夢中になっ
ています︒今︑特に創世記
にはまっています︒
質問⑤ 何かメッセージを
答=神様が用意して下さっ
ている︑﹁わたしだけの道﹂
を探し求めることを恐れな
い で 下 さ い︒ 神 様 に と っ
て︑
﹁遅すぎる﹂というこ
とはありません︒自分の召
命を見出すと︑嬉しくて叫
び出さずにはいられないの
です︒それほど尊いものな
のです!!
*今月は︑1月 日に聖心
のウルスラ宣教女修道会の
初誓願を受けた︑シスター
岸里実さんにインタビュー
させていただきました︒あ
りがとうございました︒
2
15
質問② これまでどのような
準備を過ごし︑またこれから
どのようなことを学ばれるの
ですか
答=修練期の二年を︑ローマ
で過ごす恵みをいただきまし
た︒国籍や世代︑性格の全く
違う人たちとの共同生活でし
た︒この様々な違いが︑わた
しに﹁もっと開かれる﹂こと
を要求しました︒これからも︑
神だけでなく︑人間そのもの
の豊かさについても学びたい
と思っています︒
質問③ 現在のお気持ちを漢
字一字であらわすなら
答=﹁芯﹂自分の心の中心に︑
確固たるものを誓願によって
いただけたから︒
質問④ 好きな映画︑好きな
テレビ番組などあり?⁝
答=映画やテレビより︑本が
好 き な の で 本 を・・・︒﹁ 波
紋/ルイーゼ・リンザー﹂︑﹁夜
の 鳥 / ト ー ル モ ー・ ハ ウ ゲ
2
2009年1月 日︵金︶︑
福者小笠原玄也一家 人の殉
教記念日に当り︑熊本・花岡
山殉教者墓地広場にて︑早朝
5 時 分 よ り︑﹁ 殉 教 者 と と
もに目覚める﹂と題して祈り
の 集 い が 行 わ れ ︑ ま た 同 日︑
夜︑7時 分より︑島崎教会
にて︑宮原良治司教による荘
厳ミサが捧げられた︒
第一部は︑地元の信徒約
人が花岡山に集い︑島崎教会
30
質問① 初誓願とは何ですか
答=主イエスにより近くから
従うために︑福音的勧告を生
きること︑具体的には貞潔・
清貧・従順の誓いを公に立て
共同生活をすることの初めて
の表明を初誓願と言います︒
2
15
50
初誓願を受けて Sr. 岸里実
喜びがこぼれる
Sr. 岸 里実
第618号
カトリック福岡教区報
2009年3月1日発行
(3)
12
24
30 25
カトリック福岡教区報
2009年3月1日発行
み国が
来ますように!
案
福岡黙想の家ご案内
カトリック教会のカテキズム
日 時:2009年3月22日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
参加費:1回 500円
資 料:カトリック教会のカテキズム
聖パウロに学ぶ神学講座
第5回 4月 16 日
〔三位一体の神〕 青木 悟 神父
【時間・会場】
各回日曜日 13:30 〜 16:00
会場:カトリック手取教会 信徒会館大ホール
【受講料】全6回= 5000 円/1回= 1000 円
【問合せ】手取教会(℡ 096-352-3030)岸
【主 催】熊本地区神学講座実行委員会
シンポジウム
全ての人の人権を大切に
日 時:3月 14 日 14 時〜 16 時半
場 所:カトリック大名町教会
発題者:高見三明大司教 ( 長崎教区)
松浦悟郎司教(大阪教区)
谷 大二司教(さいたま教区)
司 会:宮原良治司教(福岡教区)
参加費:無料
申 込:不要
主 催:日本カトリック社会司教委員会
内
板
3月
◇18日(水)
北九州チェナクルム
◇20日(金)〜 21日(土) ポロロッカ合唱団研修
◇23日(月)〜 27日(金) オブレート会会議
◇28日(土)17時〜 29日(日)16時
神の前で生と死を考える集い(指導:Sr.髙木・Fr.来住)
参加費:10.000円
◆4月25日(土)〜 5月1日(金) 藤原直達神父の内観黙想会
参加費:60.000円
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:3月12日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロの宣教における苦難
(2コリント 4:7…)
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父 / Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:3月 21 日、4月4日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
第3回中高生合同ミサ
3月のこよみ
会合と催し
1日(日) 四旬節第1主日
久留米信愛女学院卒業式
5日(木) 常任司教委員会(東京)
7日(土) 部落差別人権委員会全国春期合宿(〜8日)
†平田寛〔2002年門司教会〕
8日(日) 四旬節第2主日
クルシリヨ・ウルトレア(司教館)
14日(土) 人権シンポジウム(カテドラル大名町教会)
15日(日) 四旬節第3主日
行橋教会堅信式
16日(月) 修道女連盟役員会(カテドラル大名町教会)
17日(火) 日本カトリック女性団体連盟理事会(〜19日)
長崎の信徒発見記念日(1866年)
19日(木) 聖ヨゼフ
20日(金) 熊本地区信徒使徒職役員会講話
春分の日
21日(土) ゆるしの秘跡(カトリック大名町教会10:00)
22日(日) 四旬節第4主日
帯山教会堅信式
24日(火) 司教顧問会
25日(水) 神のお告げ
27日(金) 学校法人理事会
29日(日) 四旬節第5主日
天神・黒崎教会堅信式
30日(月) †V.チェリッザ〔2005年唐津教会〕
31日(火) 幼稚園新任教職員辞令交付式・研修会
4月
1日(水) 日本カトリック神学院開校式(東京)
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
12
49
30
50
30
米沢の殉教者列福祈念式典と東北巡礼
13
14
Br
岡
11
福
13
12
は生きること︹講師︺山下一
00円︹申込︺☎0944・ 4水曜日︒どうぞご参加下さ
徹 師︵ 佐 賀 市 海 ぜ ん 寺 住 職 ︶ 5 8・ 5 7 9 3 / [email protected] い︒
︹問合せ先︺☎0952・
︹ 参 加 費 ︺ 一 般 1 0 0 0 円・
30・8347 吉武
/ 日まで
hotmail.co.jp
会員500円︹問合せ先︺福
■大牟田第3回キリスト教講
◆
熊
本
岡ホスピスの会☎092・8
座
74・6321
︹日時︺4月 日 水(︶ 時
■熊本地区召命を共に祈る会
■在世フランシスコ会集会
分 か ら = 毎 週 水 曜 日︹ 場 所 ︺ ︹日時︺3月 日
︵木︶ 時
︹場
カトリック大牟田教会︹参加
所︺カトリック健軍教会︹内
︹ 日 時 ︺ 3 月 日︵ 日 ︶ 時
費︺無料
︹問合せ先︺☎090・ 容︺ロザリオと話し合い︹問
から︹場所︺高宮フランシス
合せ先︺健軍教会☎096 ・
コ会修道院在世会集会所︹内
8221・5293福永
容︺アシジの聖フランシスコ
■
﹁紫苑
﹂のスピリチュ
368・2825青木悟神父
com.
に倣って︑福音に生きるため
アルケア
■カトリック看護協会福岡支
に︒ミサと学習︹指導︺戸村 ︹日時︺4月 日 日(︶ 時か
部の集い
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
ら 時︹場所︺福岡黙想の家 ︹日時︺3月8日︵日︶ 時
2・843・5831岩崎
2階会議室︹お話︺小宮豊氏
分から 時︹場所︺イエズス
︵精神神経科医師︶/来住英
の聖心病院会議室︹問合せ先︺
■召命を共に祈る会
☎096・352・7181
︹日時︺3月 日︵木︶
︹場所︺ 俊神父︵カトリック福岡黙想
の家院長︶
︹参加費︺会場内
竹内
召命の家︹問合せ先︺浦川務
自由献金︵コーヒーとお菓子
神父︵教区召命担当司祭・久
◆
教区外
つき︶︹問合せ先︺☎0940・
留米教会主任︶*召命祈願ミ
サは4月に予定しています︒
◆長崎カトリックセンター
33・2731吉永
*
﹁自死と孤立﹂講演会
■虹の会
■美野島司牧センター
︹日時︺3月 日 土︶ 時半
厳寒の中650人分の準備 ︹日時︺3月8日︵日︶ 時半
(
から 時半︹会場︺長崎カト
が必要です︒毎週火曜日 時
から 時半︹場所︺カトリッ
リ ッ ク セ ン タ ー 浦(上 教 会 そ
半から炊き出しボランティア
ク大名町教会3階︹内容︺子
にご協力をお願い致します︒
どもを亡くした親の悲嘆の分
ば︶
︹講師︺山口和浩氏︵NP
ち合い︹参加費︺600円︹連 ︹問合せ先︺☎092 431・ O 法 人 自 死 遺 族 支 援 ネ ッ ト
・
絡先︺☎090・1162・ 1419 K・マルセル神父
ワーク代表︶
︹主催︺カリタ
スジャパン︹問合せ先︺☎0
6395 柴田須磨子
◆
北 九 州
9 5・ 8 5 6・ 8 6 2 3 fax
■青年黙想会
︹日時︺3月 日 土︶ 時
856・8603カトリック
■
北
九
州
召
命
を
共
に
祈
る
会
(
から 日 日(︶ 時︹テーマ︺ ︹日時︺3月 日︵木︶ 時か
滑石教会
いたむほど︹場所︺カノッサ
ら︹場所︺カトリック小倉教
修 道 女 会 太 牟 田 修 道 院︹ 対
会聖堂・信徒会館
︹内容︺ミサ・
編集後記
象︺男女青年キリスト者︹同
ミーティング︹司式︺伊東成
伴 ︺ 大 田︹ 参 加 費 ︺ 1 5
晃神父︵門司教会主任︶
︹問合
せ先︺☎093・963・2
359江口
■小倉祈りの集い
︹日時︺3月 日︵金︶ 時半
から 時︹場所︺カトリック
小倉教会信徒会館2階︹指導︺
ガブリエル神父︵御受難修道
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
先︺☎090・3985・5
209松田裕子
日 時:5 月 13 日 ( 水)〜 16 日 ( 土)
主 催:阪急交通社
同行司祭:硫黄隆二神父(吉塚教会主任)
申 込:阪急交通社(℡ 03-6745-7377)
締 切:4月 22 日/福岡発着:133,000 円
* 1629 年、米沢の北山原などで 53 人の信者
が殉教しました。純粋で堅固な信仰、家族
の絆を感じる巡礼の旅にご案内します。
◆
■福岡祈りの集い
︹日時︺毎週月曜 時から
時 分︹場所︺大名町教会1
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・
聖書の分ち合い︹代表︺ 床
嶋︹問合せ先︺☎092・5
21・2503 蓮尾
■第 回典礼・聖歌研修会
︹日時︺3月1日 日(︶ 時半
から︹場所︺カトリック大楠
教会︹内容︺主の復活を迎え
るために︹講師︺深堀純氏︵大
名町教会信徒︶
︹参加費︺感
謝献金
︹問合せ先︺☎092・
541・3730松山
■日本カトリック部落差別人
権委員会2009年春期合宿
一日目︹日時︺3月7日︵土︶
時 分集合︹テーマ︺解放
運動の父 松本治一郎に学ぶ
︹集合場所︺千代人権のまち
づくり館︵福岡市博多区千代
3・ ・ ︹講師︺竹森健二
郎さん︵福岡県人権研究所主
任研究員︶
二日目︹日時︺3月8日︵日︶
9時から︹場所︺福岡教区司
教館5階会議室︹講師︺高森
健二郎さん︹ミサ︺平賀徹夫
司教
︵仙台司教区︶
■福岡ホスピスの会勉強会
︹日時︺3月8日 日(︶ 時か
ら︹場所︺カトリック大名町
教会4階︹テーマ︺死ぬこと
日程:3月 20 日(春分の日)
時間:12:00 から
場所:カトリック浄水通教会
企画:福岡地区中高生
参加費:300 円
問合せ:田中重治神父
☎ 092-531-3689
(4)
第618号
Sr
16
29
19
21
16 28
15
5月3日は津和野乙女峠まつり
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
11
25
30
11
賀
10
14
16
15
佐
3
◆
■佐賀祈りの集い
︹日時︺ 月 日︵水︶ 時〜
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
ク会館
︹内容︺共に祈る
︹次回︺
月 日 水(︶ 毎
=月第2と第
3
13
20
27
12
15
26
20
13
14
14
14
10
15
カテドラルが︑叙階式の喜
びにまだ包まれている中︑新
司祭の誕生を待っておられた
かのように翌日に︑岩永神父
様が静かに御許に召されまし
た︒まさに﹁主は与え︑主は
奪う︑主のみ名はほめたたえ
ら れ よ︒﹂ と い っ た 感 が あ り
ます︒新司祭の誕生のみなら
ず︑ウルスラ会では一人のシ
スターが誕生しました︒修道
者も高齢化していく中で︑若
い方々が奉献生活を始められ
るというニュースはとても喜
ばしいことです︒さて︑次号
は︑ 新 年 度 の 始 ま り で あ り︑
新しいコラムも始まる予定で
す︒ご期待とご協力をよろし
くお願い致します︒
Sr
15
17
26
13
14
11
30
ǵȳȑǦȭᅦ‫ܳޢ‬૙ǻȳǿȸ
ࠗࠛࠬߩ
ᗲࠍ⍮ࠆ
ᧄ㨯㧭㨂̖ ާࠗࠛࠬߩᗲࠍ⍮ࠆ྾ᣨ▵․⸳㩄㨺㩏㨺޽ࠅި
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
㓏⡛ᦠ㨯ାᔃᦠ㨯⡛ੱવ㨯㩁㩢㩆㩊㩧㑐ଥ㨯⛗ᧄ㨯৻⥸ᦠ╬
㓏ኅᐸ⑂ს㨯චሼ᨞㨯㩥㩅㩨㩢㨿㨯ߏ௝㨯ߏ⛗㨯%&㨯&8&╬
༡ᬺ㪔㪈㪇㪑㪇㪇䌾㪈㪏㪑㪇㪇㪆྾ᣨ▵䈱ᣣᦐᣣ䋪ቯભᣣ㪔ᣣᦐᣣ䍃⑂ᣣ䋪㚢ゞ႐ቢ஻
‫⑔ޥ‬ጟᏒਛᄩ඙⿒ဈ
VGNHCZ
そう思っています︒子ども
とは違って︑クリスチャンは
﹁ こ の 子 た ち は︑ み ん な
たちの一生に︑ある程度消
この中で 人か 人のはずで
カトリックの家庭の子です
えない価値観を残すことに
す︒
﹂﹁ え︑ 本 当 で す か? で
ね﹂と︑客人の司祭が言わ
なるのですもの︒不謹慎に
も︑どの子も︑まじめに祈っ
れた︒
聞こえるかも知れませんけ
2月 日︑韓国の金寿煥
ているじゃないですか︒﹂
﹁親
キャンパスでは︑300
ど︑これは一種のトロール
枢機卿が帰天された︒金枢
御さんが承知でよこしてくだ
人近い幼稚園
漁業でしょ︒もちろん︑す
機卿は︑軍部による独裁政
さ る の で︑ 神 様 が お い で に
児が整列し
べてが何でも好調という訳
権に抵抗し︑韓国の民主主
なるという前提で︑こういう
て︑神妙に手
ではありませんが︒﹂
﹁それ
義発展のため献身し︑カト
習慣をつけることには問題あ
を合わせ︑朝
に︑小学校︑中高︑大学と
リック信者のみならず︑自
り ま せ ん︒
﹂
﹁ い や あ︑ 驚 い
の祈りが始ま
なると︑また別の問題もあ
由を求めるすべての人々に
た︒こういうことができるん
ろうとしてい
るだろうしね︒その辺も知
尊 敬 さ れ た 人 物 で あ っ た︒
だ︒
﹂﹁日本は非キリスト教国
た︒会議のた
りたいな︒
﹂﹁では︑あちら
▲ 今 か ら ち ょ う ど 年 前︑
ですが︑一般の日本人は宗教
めカナダから
でコーヒーでもお淹れしま
韓国で聖体大会が開催され
心があるし︑良識的な宗教へ
訪日され︑私
すから︑またお話を続けま
た 時 の 演 説 を 読 み 返 し た︒
は好感を持っています︒今の
たちの修道院
せんか︒﹂
﹁ミサは私たちに救いの歴
混乱した価値観の社会で︑確
に止宿された方だが︑初め
シスター 今泉ヒナ子
史を思いださせ︑イエスの
信ある宗教教育は︑喜ばれる
ての日本なので︑私がその
︵コングレガシオン・ド・
過越しの旅に加わらせるの
辺をご案内していた時のこ
んです﹂︒
﹁シスター!これは
ノートルダム 会員︶
で す︒ こ う し て 私 た ち は︑
とだった︒
まさに︑福音宣教のすばらし
救いの共通の記憶︑つまり
﹁ ま さ か! 神 父 様 の お 国
いチャンスだ︒
﹂﹁はい︑私も
あがないと共通の過去を持
つものとして結び合わされ
*浄水通教会主任=リチャー
神父︵日本カトリック神学院
ました﹂
︒ 枢 機 卿 は︑ 演 説
ド・ジゼフスキー神父︵神言
福岡キャンパス養成者︶
冒頭で︑私たちキリスト者
修道会;サバティカル︶
*イエズス会福岡修道院副院
*新任地・担当=名前︵前任
が共有している﹁共通の記
*唐津教会主任・松島教会担
長・泰星学園理事長=外川直
地︶
憶﹂について述べておられ
当・唐津カトリック幼稚園園
見神父︵イエズス会;長束修
○3月8日付
る︒すなわち︑カルワリオ
道院・広島学院︶
*人吉教会主任=マイケル・ 長=スタニスワフ・ポウォム
における出来事と︑現代社
スキ神父︵神言修道会;秋田
オファレル神父︵聖コロンバ
会で生起する出来事はミサ
教会主任︶
◆教区外へ・その他
ン会;日本管区本部︶
という共通の記憶︑記念を
○4月 日付
○4月1日付
○3月 日付
行うことによって結び合わ
*呼子教会・馬渡島教会主任
*日本カトリック神学院東京
*大名町教会協働司祭・西新
さ れ︑ 統 合 さ れ る と い う︒
兼任=浦俊雄神父︵本渡教会
キャンパス養成者=大山悟神
カトリック幼稚園副園長兼任
枢機卿は︑意見や考え方を
主任︶*水巻教会・黒崎教会
父︵サン・スルピス司祭会;
=十時伸治神父︵新司祭︶
異にする人々︑あるいは過
主任兼任=竹森勇神父︵水巻
サン・スルピス大神学院︶
○4月5日付
去と現在を結びつける原動
教会主任︶*大名町教会・光
*イエズス会・東京の修道院
力としての聖体の価値を説
丘教会主任兼任=櫻井尚明神
そ し て︑ わ た し た ち は ひ と
へ=曽根忠明神父︵イエズス
いておられる︒▲さて︑今
父︵大名町教会主任︶*戸畑
りではなく︑キリストが共に
会福岡修道院︶
年も主の過越しを記念する
教会・天神町教会主任兼任=
おられ︑キリストこそがわた
○復活祭後
日が近づいた︒私たちの教
中 村 彰 神 父︵ 戸 畑 教 会 主 任 ︶ * 留 学 イ
したちの今と未来であるなら
( タリア 青
・ 少年教
会︑私たちの信仰生活の源
*大楠教会・老司教会主任兼
ば︑何を恐れることがあろう
育学︶=田中重治神父︵教区
任=中村信哉神父︵大楠教会
かと問われた︒
事 務 局 長・ 浄 水 通 教 会 主 任 ︶ 泉 は ど こ に あ る だ ろ う か︒
もしそれが人間的な部分に
主任︶*大江教会・崎津教会・ *福岡司教館付=田川清美神
イエスはある日︑若きパウ
のみ置かれているのであ
ロ に お 会 い に な っ た よ う に︑ 本渡教会主任兼任=牧山美好
父︵馬渡島教会主任︶*サバ
れ ば︑
﹁古い自分をキリス
神 父︵ 大 江・ 崎 津 教 会 主 任 ︶ ティカル 八王寺本部付 =
皆さん一人ひとりにも会うこ
(
)
トとともに十字架につけ﹂
*大江教会・崎津教会・本渡
とを望んでおられると述べた
ルイ・ベリオン神父︵パリ外
教会協働司祭=井手公平神父
教皇は︑祈り︑み言葉︑典礼
国宣教会・黒崎教会主任・天 ︵ ロ ー マ 6・6︶︑ キ リ ス ト
とともに新しいいのちをい
を通しキリストに近づき︑キ ︵ 大 名 町 教 会 助 任 ︶ * 大 名 町
神町教会管理者︶*サバティ
ただこう︒そして聖体を中
教会協働助祭=大塚了平助祭
リストによって養われた信仰
カル=ジャンピエロ・ブルー
心 に し て︑ 私 た ち の 教 区︑
と希望と愛を︑聖パウロ︑そ
ニ神父︵ミラノ外国宣教会;
対立する世界の国々︑異な
◆修道会・その他施設
して希望の母聖マリアに倣い
光丘教会主任︶*さいたま教
る宗教や思想を持つ人々の
○4月1日付
ながら自分自身の生活を通し
区へ=マルコ・ヴィッラ神父
一致を祈ろう︒ ︵M︶
て 人 々 に 証 し し て い く よ う︑ *日本カトリック神学院福岡 ︵ ミ ラ ノ 外 国 宣 教 会 ; 呼 子 教
キャンパス養成者=中村吾郎
若い信者たちに願われた︒
会主任・唐津教会管理者︶
①
司祭人事
カトリック
学校の窓
10
19
20
16
教皇様の意向のために祈りましょう
律法を熱心に遵守し︑キリス
トの弟子たちを敵として容赦
なく迫害していた若者パウロ
が︑ダマスコ途上での回心の
後︑キリストの証人・宣教者
として生きるようになり︑﹁わ
たしたちは生ける神に希望を
おいている﹂と言うまでに
なったのは︑イエス・キリス
トの中に出会った神の愛に内
側から変容されたためである
と述べた︒
パウロにとって希望とは単
な る 理 想 で も 感 情 で も な く︑
それは生ける神︑復活し︑わ
たしたちと共におられるイエ
ス・ キ リ ス ト に ほ か な ら な
か っ た と 教 皇 は 強 調 さ れ た︒
う よ う に 分 け ら れ て い ま す︒
それは︑人間の成長が︑一定
のリズムや段階を経て進むよ
うに︑信仰も時間をかけて育
ま れ て い く も の だ か ら で す︒
﹁受洗者の信仰のために信者
共 同 体 を 必 要 と し て い ま す︒
一人ひとりの信者が信仰を持
つことが出来るのは︑教会の
信仰があってのことです﹂︵カ
テキズム 1253
︶
︒
確かに私たちと神様との
出 会 い に は︑ 人 と の 出 会 い
があったはずですし︑また今
の自分の信仰は︑教会の中で
育まれたものであることも否
定できない事実でありましょ
う︒ですから︑四旬節は︑タ
テ︵神と私︶の関係と同時に
ヨコ︵私とあなたたち︶の関
係を大切にし︑受洗者が神の
ファミリーの中でいっしょに
育ち合う大切な時です︒受洗
者が受洗後︑教会の中に自分
の役割や場を見出すことが出
来るように共同体全体で配慮
することが不可欠なのです︒
︻一般︼農民と世界の飢餓
︻宣教︼貧しい者の希望のしるしである
キリスト者
︻日本の教会︼神のいつくしみをあかし
する
洗礼の恵みは︑単に受洗者
とキリストの関係だけではあ
りません︒あくまで﹁教会共
同体は︑受洗者が受ける恵み
を開花させ︑固く守ることを
助ける責任の一端を担いま
す ﹂︵ カ テ キ ズ ム 1255
︶と
あるように︑求道者の養成は
決して司祭だけに限られたも
のではなく︑カテキスタをは
じめ︑共同体全体に関わるこ
となのです︒
第2バチカン公会議は︑こ
の時期︑私たちが求道者と共
に歩み︑共同体全体が聖化さ
れることを求めて︑段階的に
分けられた洗礼の準備制度を
復 興 し ま し た︒ そ れ に よ る
と︑入門式に始まる入信の第
1 段 階︵ 求 道 期 ︶
︑洗礼志願
式に始まる第2段階︵洗礼準
備 期 ︶︑ そ し て 復 活 徹 夜 祭 に
行われる入信の秘跡︵第3段
階︶と︑入信直後の期間とい
新しく迎える兄弟姉妹とともに
礼志願者を共同
体に迎えて︑私
たちも信仰の恵
み︑洗礼の恵み
の喜びをともに
する時でもあり
ます︒
だが︑ともす
れば︑今度洗礼
を受ける方々の
名前も顔も知ら
ないということ
が往々にしてあ
ります︒家族は︑
新しい生命が誕
生するという知
らせを受けたなら︑名前は何
にしようか︑衣類をどうする
か等︑彼︵彼女︶を迎えるた
めに準備を始めることでしょ
う︒同様に私たちも神の家族
に新しいメンバーを迎えるの
ですから︑その準備を大切に
したいものです︒
悩む時期であり︑希望の火を
常に心に保つことが必要と述
べている︒
教皇は︑人間や物質の力だ
けでは人が心に求める希望を
保つことはできず︑政治・経
済・科学技術などの力だけで
︶
は︑皆が渇望する大きな希望
を与えることはできないと
し︑その偉大な揺るがぬ希望
とは神以外にあり得ないと強
調している︒
こ う し た 中 で︑
﹁希望の証
人﹂として教皇は使徒聖パウ
ロの生き方を提示︒モーゼの
20
4月の意向
世界青年の
﹁わたしたちは生ける神に
日教皇メッ
希望をおいている﹂︵1テモテ4・
セージから
し︑キリストという真の偉大
な希望に信頼するよう若者た
ちに呼びかけている︒
﹁ 希 望 ﹂ は 人 間 の 生 活︑ ま
たキリスト者の使命の中心に
ある問題であり︑特に現代社
会において非常に必要とされ
皆さんは︑どのよ
うな四旬節をお過ご
しでしょうか︒新し
く教会のメンバー
となる方々と共に
歩んでおられます
か︒祈っておられま
すか︒四旬節は︑洗
10
31
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 39
発 行 人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-5139
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
ているものと教皇は指摘︒
すべての人が希望を必要と
する中で︑特に青年期は︑未
来への理想や計画を育てる一
方で︑自分の存在の意味︑幸
福や苦しみ︑生や死について
自 問 し︑ 学 業 や 就 職 の 問 題︑
家族や友人との関係の構築に
16
4月5日の世界青年の日に
先立ち︑教皇ベネディクト
世のメッセージが発表され
た︒
世界青年の日はカトリック
の若者の祭典で︑毎年﹁受難
の主日﹂
︵枝の主日ともいう︶
に教区レベルで︑さらに毎2
〜3年の間隔で世界レベルの
大会が記念される︒昨年のシ
ドニー大会から︑2011年
のマドリッド大会へ向けての
歩みの中で︑今年の世界青年
の日は﹁わたしたちは生ける
神に希望をおいている﹂
︵1
テ モ テ 4 ・ ︶ を テ ー マ に︑
教区レベルで行われる︒
教皇はこのメッセージを通
10
神の家族として共に育ちあうとき
四旬節
第619号
カトリック福岡教区報
2009年4月1日発行
(1)
﹁虹の会﹂について
20
31
T E L 092−526−5656
3司教 メッセージ﹃人権﹄を熱く語る
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
足もとからの人権
髙見長崎教区大司教
テーマ
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
日本カトリック社会
司教委員会がシンポ
ジウムを開催=福岡
侵害があ
り︑神を
信じると
言いなが
ら人を虐
げたりす
るのは何故だろうか︑今の私
た ち に も そ れ が あ る の で は︑
と投げかけた︒寄留者︑寡婦︑
孤児を苦しめてはならないと
書かれており︑その根本は全
ての人を愛すること︒しかし︑
現実の教会では人の心を傷つ
け る 言 葉 や 態 度 な ど が あ る︒
弱さを持った共同体であるこ
とを認め︑たえず刷新される
べきであると述べた︒
二番目は﹁教会自身の福音
化の課題﹂を松浦司教が語っ
た︒ 大 阪 教 区 に お い て セ ク
シャルハラスメント問題で司
祭が逮捕されるという事態が
起こり︑これを抜きにするこ
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
3月 日︑日本カトリック社会司教委員会 委
( 員長=高見
三明大司教︶の主催でシンポジウムがカテドラル大名町教会
で 開 催 さ れ た︒ テ ー マ は﹁ 足 も と か ら の 人 権 ﹂
︒これは︑昨
年 出 さ れ た 司 教 団 メ ッ セ ー ジ﹁ す べ て の 人 の 人 権 を 大 切 に ﹂
を受けたもの︒シンポジウムは︑髙見三明大司教︵長崎教区︶︑
松浦悟郎司教︵大阪教区︶
︑ 谷 大 二 司 教︵ さ い た ま 教 区 ︶ の
3人の司教が︑200人の参加者を前にそれぞれ人権への思
いを語り︑会場との質疑が活発に行われた︒
害がおこっており︑教会の中
で人権意識を高め︑深め︑広
めていく必要性があるとの思
いからこのメッセージ作成は
スタートしたと話した︒次に︑
石川治子︵社会司教委員会
秘書︶が︑世界人権宣言の成
り立ちを説明し︑司教団メッ
セージを読み上げ︑つづいて︑
宮原良治司教の司会でシンポ
ジウムへと移った︒
一 番 目 は 高 見 大 司 教︒
﹁教
会の現実から見えてきたこと
⁝信仰と人権のつながり﹂を
テーマに旧約時代にも人権
45
15
78
10
10
と は 出 来 な い と の 立 場 か ら︑
回復者たちの叫びである
紹介
足もと︵教会︶の人権を中心 ﹁ い の ち と 人 権 を 守 る た め に
に話した︒
をする機会も勇気もなかなか
共にたたかう仲間になってほ
虹
の
会
は
病
気
や
事
故
そ
の
他
先ず大阪教区での部落問題
与えられません︑世界でたっ
し い ﹂ と の 声 は 祈 り で あ り︑ の理由で大切な子どもを亡く
に関するアンケートをもと
た独りしか存在しない確かに
小さくされた人々も﹁救済の した親 家
(族 の
) 会です︒人
に︑教会の人権意識が一般市
客体でなく︑解放の主体﹂と 生にもう一度﹁こんにちは!﹂ 産んだ私だけの子どもなので
民と同等もしくは低い方であ
す︒現在スタッフは4人です
結んだ︒
を
モ
ッ
ト
ー
に
試
行
錯
誤
し
な
が
ることを明らかにした︒また
が︑全て子どもを喪くした経
会場には︑ハンセン病問題 ら︑ 年前に発足した社会一
セクシャ
験者です︒涙は逝った子ども
やホームレス問題などに日頃
般
に
向
け
た
自
助
グ
ル
ー
プ
で
ルハラス
との心の会話︑埋められない
から取り組んでいる参加者も す︒年6回の定例会︑その内
メントに
人生の穴︑深く刻まれたその
多く見られ﹁励まされた﹂と 1回は能古島への﹁青空のも
ついて教
いう声が聞こえた︒
とで泣いて笑おう﹂
と遠足も︒ 傷が︑重たい心の分かち合い
会の中で
交わりの中で︑話すことは心
ニ
ュ
ー
ズ
レ
タ
ー
は
年
3
回
発
行
は︑①支
をとき離すこと︑隣の人への
■ハンセン病療養所訪問
しています︒愛する人︑特に
配と特権という司祭・信徒の ︹ 日 時 ︺ 4 月 日︵ 水 ︶ 時 子どもを喪くすことは︑やり
労り優しさとなり︑それぞれ
力関係 ②密室の点 ③位階
分現地集合︹場所︺熊本県 場のない悲しみ︑抑鬱︑怒り︑ がスビリチュアルケアの役割
制度や女性差別の点 ④性的
を担っていきます︒
菊池恵楓園︹参加︺無料・昼
恨
み
︑
罪
悪
感
や
後
悔
︑
不
安
か
被害者が声を出しにくい︑な
死んだ我が子は一体何処に
食持参︹問合せ先︺瀬下幸弘 らくる不眠︑集中力低下︑引
どがあるのではないかと述べ
行ってしまったのでしょう⁝
093 622 1290
き
こ
も
り
︑
特
に
身
近
な
人
と
の
F
た︒そして︑被害が問題解決
との問いかけも少なくありま
トラブルと断絶︑子どもの死
につながっていないのは﹁加
せん︒
が
理
由
な
の
に
精
神
科
に
逃
げ
込
シスター木下タキ ︵ショ
害者を許せない自分自身をせ
信仰でケリをつけられない
む
こ
と
も
少
な
く
あ
り
ま
せ
ん
︒
ファイユの幼きイエズス修
める﹂といった教会特有の体
親の悲嘆︑しかし信仰心や宗
子
ど
も
を
喪
く
す
こ
と
は
親
の
道会︶帰天
質が原因の一つとなっている
教を持つ人とそうでない人の
未
来
を
失
す
こ
と
︑
日
を
追
っ
て
傾向が浮かび上がっていると
喪失感からの立ち上がりには
3月 日 時 分︑大腸が 癒される面も確かにあります
も語った︒
ん再発等で熊本のみこころホ が︑ 命 日 前 後 は 勿 論 の こ と︑ 大きな違いがあることも確か
これらは︑教会自身の福音
です︒闇から光へ越えるため
そ
の
子
の
様
々
な
﹁
記
念
日
﹂
に
ス
ピ
ス
で
帰
天
︒
享
年
歳
︒
化が課題であり︑現実と信仰
の︑人間の力を越えた死生観
1958年 月7日の初誓 は 何 年 経 っ て も あ の 日 の ブ
の遊離を克服すること⁝社会
を し っ か り と つ か む こ と は︑
ラ
ッ
ク
ホ
ー
ル
に
迷
い
込
ん
で
し
願
か
ら
余
年
の
修
道
生
活
で
︑
に生きる私たちが︑目の前の
今後の大きな支えとなるで
養護施設で保母として︑また まうのです︒
問題に勇気を持って踏み込む
しょう︒この数年前よりカト
定例会で特に心掛けていま
後半の 年は恵楓園のミサの
ことが信仰を生きることであ
手伝いなどで︑その明るく笑 す の は︑ 個 人 情 報 厳 守 で す︒ リ ッ ク 大 名 町 教 会 を 会 場 に︑
る︑と力強く結んだ︒
虹 の 会 を 開 催 出 来 る こ と は︑
そ
し
て
会
の
進
行
の
な
か
で
我
が
顔
の
絶
え
な
い
シ
ス
タ
ー
と
し
て
三番目の谷司教は︑ハンセ
大きな道しるべになるのでは
慕 わ れ た︒
﹁ 彼 女 ほ ど 多 く の 子を﹁あの子﹂ではなく名前
ン病問題から︑教会が人権に
と期待してやみません︒
で
呼
ぶ
こ
と
に
し
て
い
ま
す
︒
社
見
舞
い
を
受
け
た
人
は
い
な
い
﹂
うとい点を鋭く指摘した︒
柴田須磨子
︵西新教会信徒︶
会の中では逝った子どもの話
と病院では話している︒
らい予防法が廃止された
時︑回復者から﹁教会は私た
邪 説 を 唱 え る 者 が い る か ら︑ ウロはエルサレムの神殿内
第三回伝道旅行も第二
ちに早くから関わってくれ
私が三年間︑あなたがた一人
で逮捕され︑千人隊長︑最
回と大体同じ
た が︑ や っ と 人 間 と し て 認
ひとりに夜も昼も涙を流して
高法院︑ユダヤ総督フェリ
旅 程 で あ る︒
められた時に共に喜んでく
教えてきたことを思い起こし
クス︑二年監禁されて次の
ただ往きには
れなかっ
て︑目を覚ましていなさい︵使
総督フェストゥス︑
ヘロデ・
エフェソに二
た﹂との
徒言行録 ・ ︶と忠告して
アグリッパ二世王の前で弁
年滞在したの
言葉が心
い る︒ エ フ ェ ソ に 寄 ら ず に︑ 明し︑ローマ市民権をもっ
に︑ 帰 り の 航
に引っ掛
マケドニアやアカイア︵ギリ
ていたので︑ローマ皇帝に
路ではトロア
かってい
シャ︶
からの献金を持参して︑ 上訴し︑カイサリアを発っ
スからミレト
たとのこ
エルサレムに帰った︒この期
てローマに︑捕らわれの身
に 行 っ て︑ そ
と︒そして﹁あなたたちの為
間 中︑ 一︑二 コ リ ン ト︑ ガ ラ
として︑連行された︒
こでエフェソ
に﹂との思いが︑する側とさ
テヤ︑ローマの信徒への手紙
森山 敬三
の長老たちを
れる側の共依存関係を生み出
が書かれたと推測される︒パ
︵大名町教会信徒︶
集めて話しをした︒そして
し︑これが人権侵害を見抜け
なくさせてしまう要因でもあ
坂牧春妙
日記帳 二重帳簿に なっている
ちょっと
り︑共依存は司祭と信徒の関
上澄みより 澱みにほんとの 人間味
深堀正平
一息
係にも存在すると語った︒
松浦大阪教区協働司教
谷さいたま教区司教
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
① 4月15日(水)16時受付〜22日(水)朝食まで
② 6月8 日(月)16時受付〜15日(月)朝食まで
*宿泊・食事代・指導料 50.000円 (お問合せください)
29
12
10
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
10
50
20
宣教者パウロの
シルエット⑦
高 見 大 司 教 は 挨 拶 の 中 で︑
教会内外にいろいろと人権侵
︵1︶司祭の﹁務め﹂
とは何か?
20
Sr.
の育成﹂を考えるにあたって
﹁ こ こ に こ う い う〝 務 め 〟
も︑この順序が大切です︒
がある︒もちろん容易な仕事
司祭になるべき︵神が呼ん
ではない︒独身であることも
で お ら れ る ︶ 青 年 が い る か︑ 要求されるし︑一般社会では
あるいは︑私は司祭になるよ
認められないだろう︒しかし︑
うに呼ばれているのか︑とい
キリスト者として︑男一匹生
う問いが最初にあるのではあ
涯 を 賭 け る に 値 す る 仕 事 だ︒
りません︒司祭と呼ばれる人
どうだ︑やってみないか﹂と︑
が果たすことを期待されてい
こちらも気合をこめて呼びか
る﹁務め﹂は何か︑という問
けたいものです︒
いが最初にあるべきです︒
使 徒 言 行 録 は︑ 使 徒 の 務
﹁神が呼ばれた﹂と言いま
め を﹁ 主 の 復 活 の 証 人 に な
すが︑実際に呼びかけるのは
る﹂
︵ 節︶と表現していま
教 会 共 同 体︵ 神 の 民 ︶ で す︒ す︒では︑教会が﹁神の民﹂︑
教会は﹁キリストの体﹂です ﹁ キ リ ス ト の 体 ﹂ と 呼 ば れ る
から︑それを︑﹁神が呼ばれた﹂ にふさわしい共同体であるた
と言ってもいいのです︒
めに︑司祭が果たすべき務め
教会共同体は︑司祭に期待
を︑一言で表現するとどうな
している務めを自分で明確に
るでしょう︒教会の専従職員
できないままに︑青年をその
でしょうか?秘跡の執行者で
職に招くことができるでしょ
しょうか?生き方そのもので
う か︒ そ れ で は︑
﹁独身で教
感化を与える人でしょうか?
会のために働いてくれる︑い
宣教の先頭に立つ人でしょう
い青年はいないかなあ﹂とい
か?あなたなら︑どう言いま
う漠然とした呼びかけになっ
すか︒
てしまいます︒
御受難修道会宗像修道院長
来住神父の奉献生活者のための黙想会
参加者募集中!
来住 英俊
イザヤ
使徒言行録1章に︑イスカ
リオテのユダが十二使徒から
脱落したので補充するという
話があります︒
﹁その務めは︑
ほかの人が引き受けるがよ
い﹂
︵ 節︶
︒ここにある考え
の順序は︑まず果たされるべ
き﹁務め﹂があり︑それを果
たす人が今はいない︒
だから︑
それを引き受ける人が必要だ
と い う も の で す︒﹁ 司 祭 召 命
22
14
(2)
第619号
カトリック福岡教区報
2009年4月1日発行
17
15
トス書︶はこのような時代の
中で書かれており︑初代教会
は真正面からローマ帝国と対
峙することになる︒
教会は︑ローマの社会規範
を 取 り 入 れ︑ あ る 場 合 は 妥
協 し︑ 受 け 入 れ ら れ る 道 を
にパウロの名による書簡には
そのような教会の姿が読み取
れる︒福音を宣べ伝える我々
も︑現代世界が耳を傾けるよ
うな︑また時代のニーズに応
えることができるような︑新
しい証しをすることが求めら
れる︑と語った︒
サとは違った様々な工夫があ
りました︒始まる前の聖堂の
入口で参加者一人ひとりが一
枚の折り紙に︑自分の希望や
決意︑願いなどを書いてボー
ドに貼り︑ミサで奉納しまし
た︒平和の挨拶ではみんなと
握手できるように︑祭壇を囲
み半円になって︑次々と進み
ながらみんなの顔が笑顔でし
た︒ 聖 歌 の 伴 奏 も オ ル ガ ン︑
サックス︑
バイオリン︑
ギター
など小さなオーケストラのよ
うに活躍しました︒
第1回から今回の合同ミサ
は中高生が1から全て企画・
構成をしています︒私たちス
タッフは教会という存在に離
れがちになってしまう中高生
に教会はもっと身近な存在で
あ る こ と を 改 め て 感 じ さ せ︑
合同ミサのような中高生によ
る活動がもっと盛んになるこ
とを願っています︒来年も第
4回合同ミサが企画されるこ
とでしょう︒その時に自らが
進んでスタッフになってみん
なが教会にもっと来てもらう
んだ︑という考えを持った中
高生が増えれば幸いです︒
最後に今回の合同ミサは多
くの方々に支えられて出来た
ものです︒参加してくださっ
たみなさんをはじめ多くの
方々に感謝します︒
☆介護セラピー
文 J・キュベルベック
V・オコナー
R・W・アリー
目黒 摩天雄
絵
訳
介護は価値あるもの︑生き
がいを感じるもの︑でも介護
者はつい自分自身を後回しに
してしまう︒効果のある介護
は︑介護者も自分を大切にし
なければなりません︒
サンパウロ社 発行
税込定価
735円
◇ ◇ ◇
☆パウロの祈り
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
模索する︒パウロの書簡︑特
決意や願いを書いて貼ってね。
通教会で新司祭の十時伸治神
父様を初め︑山元神父様︑寺
浜神父様︑田中神父様を迎え
約 人の信者が参加して行い
ました︒
今年は昨年よりスタッフが
9人と激減し︑準備中の会議
にも他の行事と重なってし
まったりで担当の神父様も不
在という困難な状況が多かっ
たのですが︑その中で青年会
の方々など多くの人に支えら
れスムーズに準備が進み本番
を迎えることが出来ました︒
中高生合同ミサは普段のミ
聖パウロがローマの信徒へ
の 手 紙 の 中 か ら 特 に︑ 信 仰︑
希望︑愛︑感謝︑祈りという
言葉にしぼってまとめられて
います︒パウロと共にどこで
も祈れるミニ本です︒
女子パウロ会 発行
税込定価
630円
◇ ◇ ◇
☆み心の信心のすすめ
ベルナール・デクルー/
クリスチャン・ゴー 著
椿
歌子 編訳
マルグリット・マリーとイ
エ ス の 対 話 を 中 心 に︑
﹁み心
の信心﹂のすすめと︑この信
心を生んだ時代背景を紹介す
る︒ゆるぎない信仰生活への
すすめ︒
ドン・ボスコ社 発行
税込定価
525円
森山工務店
有限
会社
福岡地区中高生企画 第3回合同ミサ
﹃ Passion & Misson
﹄
は 情 熱︑ Mission
Passion
は派遣で情熱を持って派遣さ
れる︑派遣されることには何
かしらの情熱を持っていると
いう意味が込められていま
す︒このことを今回のテーマ
に︑3月 日︑福岡地区中高
生企画第3回合同ミサが浄水
70
パウロ年連続講演北九州小倉教会で
しているのは︑自らの意志で
はない︑あの神が︑私を捕ら
え遣わしたのだ︒呼び出され
この出来事を語らない︒しか
る前の私はユダヤ教徒として
し︑ あ の 劇 的 回 心 を 示 唆 す
の私であり︑召された後の私
る記述は数個所見られる︒例
えば﹁﹃闇から光が輝き出よ﹄ はキリストの弟子としての私
である︒それは︑私たちへの
と命じられた神は︑わたした
ちの心の内に輝いて︑イエス・ 問い︑すなわち人生の主人は
誰か︑自分なのかそれとも神
キリストの御顔に輝く神の栄
なのかという根本的な問いか
光を悟る光を与えてください
ました︒﹂︵2コリント4・6︶ けでもあると言える︒
ま た︑ 現 代 の 学 者 た ち は︑
とパウロが述べるとき︑その
あるパウロの書簡は彼が認
光は︑パウロが受けた光と同
め た 真 正 の 書 簡 と︑ パ ウ ロ
じものであり︑彼を内面から
の名によって書かれた書簡を
創りかえるほどの力をもった
創 造 主 の 働 き で あ る︒ ま た︑ 分けて考えているが︑前者か
ら後者には時代的な開きがあ
ガラテヤ書一章の 節から
る︒すなわちそれぞれの時代
節 の 中 で︑
﹁私﹂がどのよう
な 人 間 で あ っ た の か 述 べ る︒ において︑時代の必要に応え
ど う し よ う も な い 惨 め な 私︑ るためにパウロの教えや伝統
を受け継ぎながらも新しい要
イエスを否定して来た私︑無
素を生み出しながら書かれた
視してきたのみならず︑迫害
とされている︒周知のとおり︑
し続けた私をこれまで自分が
初代教会はローマ帝国によっ
信じ続けた神が︑召し出され
て迫害を受けたわけだが︑一
たのだ︒それまで﹁私が︑私
世紀後半から二世紀初頭に書
が﹂と言っていた彼は︑ 節
では︑主語が﹁私﹂ではなく︑ かれたパウロの名による書簡
彼を﹁召し出された神﹂にな ︵ コ ロ サ イ 書︑ エ フ ェ ソ 書︑
2テサロニケ書︑テモテ︑テ
る︒それは︑自分がいま宣教
13
答えを聞きます︒
それは必要なことだと思
います︒けれど︑信仰から
はじまる︑ミサ︑祈り︑教
会や司祭・修道者︑その他︑
神 様 に 関 係 す る す べ て は︑
その週に一回の心のバラン
スをとるためにあるのでは
ないと感じています︒
雲をつかむような︑精神
的な安定のためだけにある
ものではなく︑もっと確実
にはっきりとあるもの︒生
きていくために必要なもの
と感じています︒
社会人として東京に働き
に行くことになり︑希望に
あふれて︑というよりは不
安の中で︑という方が正直
な気持ちです︒そんな中で
生き抜くエネルギーが欲し
い︒それは信仰からくると
感じています︒
古賀教会信徒 久保亮介
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
13
か? と い う お 話 を 頂 き︑
﹁今
青年たちと何を分かち合える
か?﹂ということを考えまし
た︒その中で浮んできたもの
は︑
﹁一体何のために教会に
行っているのか?﹂というこ
とでした︒
普段の生活の中で︑神様や
教会はなかなか表に出てきま
せん︒日曜日にミサに行くと
いうことも︑仕事場や学校で
は 説 明 し づ ら い こ と で す し︑
何より﹁神様﹂について堂々
と話すということをためらっ
てしまいます︒そのため︑教
会と日常生活が別れてしまっ
た り︑ 教 会 と 日 常 生 活 の 人
間関係が違ったものになりま
す︒少なくとも私の場合︑そ
うなっていると感じていま
す︒青年に﹁何のために教会
へ行くのか?﹂という話を聞
いてみると︑普段の生活との
バランスをとるため︑という
20
2年間、教区信徒協会 う、これからも「信徒協
長を務めさせていただき だより」を毎月掲載して
ましたが、この度任期を いただきたいと思ってい
終えて新主幹の北九州地 ます。
また、福岡教区 75 周
区会長にバトンタッチす
年の記念誌発行が編集作
ることとなりました。
当初は司教不在という 業の途中で頓挫し、皆様
不安な状況でしたが、昨 に多大なご迷惑をおかけ
年、福岡教区の皆が待ち しておりました。記念誌
望んでいたドミニコ宮原 そのものの発行は断念し
良治司教様を喜びのうち ましたが、これまでに各
に迎えることができ、恵 小教区や修道会から寄せ
まれた2年間であったと られた多くの資料をこの
まま眠らせてしまうのは
思います。
司 教 様 を は じ め 司 祭 申し訳なく、信徒協役員
「75 周年資
団、修道会、そして福岡 で協議の末、
」として発
教区信徒使徒職協議会の 料集(仮題)
役員と信徒の皆様の御協 行 す る こ と に な り ま し
力に、この紙面をお借り た。実現までもう少し時
して心から感謝を申し上 間をいただくことになり
ますが、
お許しください。
げます。
これからも新しい会長
この間、信徒協では新
たに教区報の中に「福岡 のもと、福岡教区信徒協
教区信徒協だより」を掲 が神様の豊かなお恵みの
載させていただき、信徒 中で、司教様・担当司祭
協の活動を信徒の皆様に のお導きをいただきなが
発信してきました。役員 ら、信徒の皆様に支えら
だけの信徒協ではなく、 れ、益々発展することを
福岡教区の信徒みんなで 期待しております。
考えて力を出し合えるよ 佐賀信徒協会長 牧山勵
3月
1日カ
トリッ
ク小倉
教会に
て︑聖
パウロ
年聖書
講演会
が開催された︒講師は︑聖パ
ウ ロ 修 道 会 鈴 木 信 一 神 父 で︑
福岡教区内でも各地で連続講
演を続けているが︑今回は北
九州での開催である︒
テーマは﹁パウロが100
倍わかる!⁝パウロが伝える
言葉力﹂
であった︒
会場となっ
た小倉教会には︑聖堂一杯の
信徒がつめかけた︒以下はそ
の講演要旨である︒
﹁ サ ウ ル︑ サ ウ ル な ぜ 私 を
迫害するのか﹂と呼びかけら
れ︑劇的な回心を遂げた聖パ
ウロの回心の記事は︑使徒言
行録に3回にわたって記され
ている︒しかし︑パウロは書
簡の中では︑一度も直接的に
最近の若いもんは一体何を
考えて生きているんでしょう
か?︵笑︶
私はこの4月から東京で働
くことになりました︒福岡で
7年間の大学生活を経ての就
職です︒このご時世の中︑幸
いにも仕事をもらうことがで
きました︒
そんな︑もう東京にいって
しまうという状態の中︑地区
青年黙想会を企画しません
歩
第619号
カトリック福岡教区報
2009年4月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年4月1日発行
み国が 来ますように!
案
福岡黙想の家ご案内
カトリック教会のカテキズム
日 時:2009年5月24日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
参加費:1回 500円
資 料:カトリック教会のカテキズム
聖パウロに学ぶ神学講座
第5回 4月 16 日 13:30 〜 16:00
〔三位一体の神〕 青木 悟 神父
【会場】カトリック手取教会 信徒会館大ホール
【問合せ】手取教会(℡ 096-352-3030)岸
【主 催】熊本地区神学講座実行委員会
第 48 回
クルシリヨ開催
日時:5月2日 ( 土)20 時〜5日(火)15 時
場所:カトリック福岡黙想の家
指導:伊東成晃神父(門司教会主任)
主催:カトリック福岡教区クルシリヨ事務局
*最終日 13 時 30 分より、宮原司教司式ミサ予定
問合せ先:℡ 093-592-0316(戸畑教会 徳永)
「聖霊による信仰生活刷新」セミナー
内
板
4月のこよみ
会合と催し
4月
◇5日(日) ルカ福音書による受難の朗詠
(20時より/鈴木忠一神父)
◇6日(月) レクティオディヴィナ(指導:来住英俊神父)
◇15日(水) 奉献生活者のための黙想会(参加者募集中)
16時受付〜 22日(水)9時まで(指導:来住英俊神父)
◇22日(水) 福岡チェナクルム
◇25日(土)〜5月1日(金)
キリスト者のための内観黙想(参加者募集中)
◇26日(日) 紫苑com. スピリチュアルケア研修会
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:4月23日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロのアテネにおける宣教
(使徒言行録17:16…)
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父 / Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:4月 18 日、5月2日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
(4)
3日(金) 日本カトリック神学院福岡キャンパス開校記念ミサ
†A.アレグリーニ〔2006年ロザリオの園〕
4日(土) †黒川博〔2002年大牟田教会〕
5日(日) 枝の主日
6日(月) 長崎カトリック神学院入学式
7日(火) 聖香油ミサ(カテドラル大名町教会15時)
9日(木) 主の晩餐ミサ(カテドラル大名町教会19時)
10日(金) 聖金曜日(大斎・小斎)
受難の典礼(カテドラル大名町教会19時)
11日(土) 復活徹夜ミサ(カテドラル大名町教会19時)
12日(日) 復活の主日
浄水通教会主任司祭就任式
13日(月) 福岡地区司祭集会(大名町教会11時)
ダルク・司祭団ソフトボール試合
16日(木) 召命祈願ミサ(大神学校19時半)
17日(金) 召命を共に祈る会・講話(手取教会20時)
18日(土) 召命を共に祈る会・ミサ(手取教会6時)
プレ・セミナリスタの集い 16時
19日(日) 復活節第2主日(神のいつくしみの主日)
馬渡島・呼子教会主任司祭就任式
25日(土) 聖マルコ福音記者
26日(日) 復活節第3主日
使徒職の協力者会の集い 講和・ミサ(司教館15時)
27日(月) 司祭団ソフト練習(玉名13時)/教区司祭集会
28日(火) 教区司祭集会(玉名)
29日(水) 修道女連盟 講話・ミサ(カテドラル9時45分)
5月
2日(土) クルシリヨ(黙想の家〜5日)
3日(日) 復活節第4主日/世界召命祈願の日
憲法記念日
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
2階会議室︹お話︺小宮豊氏
せ先︺☎0952・30・8
︵精神神経科医師︶/来住英
347 吉武
俊神父︵カトリック福岡黙想
◆
熊
本
の家院長︶
︹参加費︺会場内
自由献金︵コーヒーとお菓子
■熊本地区召命を共に祈る会
つき︶︹問合せ先︺☎0940・ ︹日時︺4月 日
︵木︶ 時
︹場
所︺カトリック健軍教会︹内
33・2731吉永
容︺ロザリオと話し合い︹問
■福岡結婚準備講座
合せ先︺健軍教会☎096 ・
︹日時︺5月9日︵土︶ 時半
から毎週土曜日全5回︹場所︺ 368・2825青木悟神父
カトリック大名町教会︹参加
■熊本召命を祈る徹夜祈祷会
費︺カップルで一万円︹参加 ︹日時︺4月 日 金(︶から
条件︺結婚を決めている二人
日 土(︶朝ミサまで︹場所︺カ
での参加︹問合せ先︺☎09
トリック手取教会︹問合せ先︺
2・741・3687
健軍教会☎096 3
・ 6 8・
■第4回信仰と祈りの養成研
2825青木悟神父
修会︹日時︺5月 日 日(︶
■熊本結婚準備講座
■在世フランシスコ会集会
時から 時︹場所︺カトリッ ︹ 日 時 ︺ 5 月 9 日︵ 土 ︶ 〜 6
◆
福
岡
ク大名町教会信徒室︹参加費︺ 月6日 土(︶ 時から 時半︑
︹ 日 時 ︺ 4 月 日︵ 日 ︶ 時
300円︹主催︺川島キヨ子
から︹場所︺高宮フランシス
毎週土曜日全5回︹場所︺カ
■大牟田第3回キリスト教講
コ会修道院在世会集会所︹内 ︹問合せ先︺☎092・715・ ト リ ッ ク 手 取 教 会︹ 参 加 費 ︺
座︹日時︺4月 日 水︶ 時
(
カップルで一万円︹問合せ先︺
分から=毎週水曜日︹場所︺ 容︺アシジの聖フランシスコ
3606鈴木美子
に倣って︑福音に生きるため
カトリック大牟田教会︹参加
■美野島司牧センター
☎096・352・3030
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
費︺無料︹内容︺一年を通し
厳寒の中650人分の準備
0
F 96・352・1515
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
て自分・キリスト・共同体と
が必要です︒毎週火曜日 時
編集後記
2・843・5831岩崎
出会っていき︑神さまの賜物
半から炊き出しボランティア
である自分を受け入れ︑人生
にご協力をお願い致します︒
■召命を共に祈る会
桜の開花が︑とても早いこ
を開花するために︹問合せ先︺ ︹日時︺ 月 日︵木︶
︹場所︺ ︹問合せ先︺☎092 4
・31・ の年︑復活祭を待たずに︑桜
は散ってしまいそうです︒さ
召命の家︹問合せ先︺浦川務
1419 K・マルセル神父
☎090・8221・529
て︑教区報は︑新年度に入っ
神父︵教区召命担当司祭・久
3福永
◆
北 九 州
て新しいコラムが始まりまし
留米教会主任︶
■召命祈願ミサ
た︒一面に﹁カトリック学校
︹日時︺4月 日︵木︶ 時
■﹃どうすればいいのでしょ
■北九州召命を共に祈る会
の窓﹂と称して︑コングレガ
分から︹場所︺日本カトリッ
うか﹄
﹁紫苑
﹂のスピリ ︹日時︺5月 日︵木︶ 時か
com.
シオン・ド・ノートルダム修
ク神学院福岡キャンパス大
チュアルケア
ら︹場所︺カトリック小倉教
道会のシスター今泉ヒナ子に
聖堂︹主式︺浦川務神父︵カト ︹日時︺4月 日 日︶ 時か
会聖堂・信徒会館︹内容︺ロ
(
連載をお願いしました︒少子
リック久留米教会主任︶
ザリオの祈り・ミーティング
ら 時︹場所︺福岡黙想の家
高 齢 化 時 代 の 中 で︑ 学 校 経
︹司式︺伊東成晃神父︵門司教
会主任︶︹問合せ先︺☎093・ 営には厳しいものがあります
が︑カトリック・ミッション
963・2359江口
スクールを長年リードして来
■小倉祈りの集い
られたシスターに福音宣教の
︹日時︺4月 日︵金︶ 時半
場としての学校の役割や展望
から 時︹場所︺カトリック
小倉教会信徒会館2階︹指導︺ について執筆をお願いしまし
た︒また︑三面には︑ご受難
ガブリエル神父︵御受難修道
会司祭の来住英俊神父様には
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡 ﹁ 教 会 共 同 体 を 考 え る ﹂ と 題
して︑司祭︑小教区のあり方︑
先︺☎090・3985・5
宣教︑など教会の課題を幅広
209松田裕子
く扱っていただきます︒ご期
◆
佐
賀
待 下 さ い︒ ま た︑ 5 月 か ら
は︑教区の年間テーマに沿っ
て﹁召命﹂のシリーズも始ま
る予定です︒
①4月 20 日 神の愛
マッケイ師
②4月 27 日 救いのみわざ
森山信三師
③5月 4 日 新しい命
井手公平師
④5月 11 日 聖霊の満たしを受けるために(回心)
オカロール師
⑤ 5 月 18 日 聖霊の満たし
ガブリエル師
マッケイ師
⑥5月 25 日 聖霊のうちでの成長 寺浜亮司師
⑦6月 1 日 キリストへの変容〜派遣ミサ
宮原良治司教と司祭方
会 場:カトリック大名町教会
会 期:4月 20 日 ( 月)〜6月1日 ( 月)
時 間:10:30 〜 12:30(受付 10:00)
参加費:自由献金・初回のみテキスト代
主 催:聖霊による刷新・福岡祈りの集い
問合せ:Br. 床島藤吾 ℡ 080-1737-6130
第619号
15
ご案内
『世界召命祈願の日』によせて
16
15
米沢の殉教者列福祈念式典と東北巡礼
日 時:5 月 13 日 ( 水)〜 16 日 ( 土)
主 催:阪急交通社
同行司祭:硫黄隆二神父(吉塚教会主任)
申 込:阪急交通社(℡ 03-6745-7377)
締 切:4月 22 日/福岡発着:133,000 円
* 1629 年、米沢の北山原などで 53 人の信者
が殉教しました。純粋で堅固な信仰、家族
の絆を感じる巡礼の旅にご案内します。
2009 年福岡教区は、宮原司教様の『年頭
の挨拶』の呼びかけを受け、5 月 3 日(日)
の『世界召命祈願の日』を、教区民が心を一
つにして祈る司祭召命の育成を深める日とい
たします。
19
◆各教会で召命のための共同祈願を捧げ、
『(召
命を求める祈り』を、ミサ後に唱えるなど
して召命の意識を深めましょう。
◆『召命』について信徒間や教会学校で取り
上げ、話し合うこともお勧めします。
◆各教会に小神学校及び大神学校の 2010 年
度入学案内・入学要項をお送りしました。
大神学校の来年(2010 年)度の入学希望者
申込締切りは 6 月末となっております。
*司祭を目指し、神学校入学を希望する青
少年がおられましたら、主任司祭に申し出
てください。
*問合せ:福岡教区司祭召命委員会
14
30
16
4
23
26
19
5月3日は津和野乙女峠まつり
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
14
14
■佐賀祈りの集い
︹日時︺4月 日︵水︶ 時〜
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
ク会館︹内容︺共に祈る︹問合
11
30
22
10
15
18
24
14
17
13
14
18
10
15
19
17
21
11
18
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
16
火
( ︶ に︑ カ テ ド ラ ル 大 名 町
教会で聖香油ミサが行われ
た︒また︑司祭職制定の記念
でもあるこの日︑司祭たちは
右手を挙げ︑叙階の日の約束
な形で吹いてくれているので
はないでしょうか︒どうかこ
の風に強く吹かれ︑より力強
く司祭召命の扉を開いていき
たいものです︒1人で開くよ
りも2人︑3人で︑いえ福岡
教区民全員で開くなら︑ます
ます深く真に心地よい風が吹
き渡るのではないでしょう
か︒今そのときを歩み始めよ
ています︒世界広報の日︵5
月 日︶に当たって︑私たち
は い ま 一 度︑ イ ン タ ー ネ ッ
ト︑ 携 帯 電 話 な ど の メ リ ッ
ト︑デメリットについて考え
てみたいと思います︒例えば
携帯電話は1996年から年
約 一千万台 という驚くべき
ペースで普及を続けてきまし
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般︼召命の促進者としての信徒
︻宣教︼宣教する教会
して︑ 周年が牧山美好神父
︵崎津・大江・本渡教会︶︑熊
川幸徳神父︵聖スルピス司祭
会︶︑増井啓神父︵イエズス会︶
を祝った︒
M神父は︑日本について
何から何まで好奇心いっぱ
いだった︒私も︑この機会
に︑最近のカナダの事情を
知りたいと思った︒
﹁日本のカ
トリック学校
は︑高水準だ
と聞いていま
すが﹂
︒﹁はい︑
そう言えると
思います︒日
本の大都市で
は︑ 一 般 に 子 ど も を 公 立
学校よりも私学にやりたが
る親が多いし︑また︑カト
リック学校は良心的なので
成功しています﹂
︒﹁地方の
会出身︑高校3年生︶︒
ミカエル
髙木英世
︵帯山教
会 出 身︑
中学2年
生︶
︒
ミカエル
萩原直人
︵今村教
会 出 身︑
中学1年
生︶
小神学生紹介
マキシミ
リ ア ノ・
コルベ藤
田 勇 樹
︵直方教
やはり直筆を選ぶのではない
でしょうか︒ある教師は︑子
どもたちが教師と一対一で話
すとき︑眼を見ない子どもが
多 く な っ た と 指 摘 し ま し た︒
対話するということは︑人
格と人格の出会いです︒ネッ
トやメールを通して一方的に
入ってくる情報︑あるいは言
葉は︑人が内面の深いところ
で通じ合うことを妨げる場合
があるのではないでしょう
熊本地区で司牧にあたる聖
ザベリオ宣教会のS・フラン
コ神父は7人の兄弟司祭たち
に囲まれ︑福岡教区で︑特に
真命山で働く喜びを語り︑感
謝を述べた︒
②
う 利 点︑ ま た 家 族 の 中 で も︑
遠く離れた子どもや孫︑単身
赴任のお父さんとのコミュニ
ケーションのための道具して
の 役 割 は 大 き い と 思 い ま す︒
また一方︑相手の顔を見る
必要がなく︑文字だけが伝わ
るため︑どのような表情で語
られたのか︑どのような声の
トーンかなどは当然伝わりま
せん︒大切な人に自分の心の
思 い 打 ち 明 け よ う と す れ ば︑
司祭召命部会担当者紹介
竹内英次神父︵福岡地区︶
浦 川 務 神 父︵ 教 区 召 命 担 当 ︶
牧山美好神父︵熊本地区︶
伊 東 成 晃 神 父︵ 北 九 州 地 区 ︶
杉原寛信神父︵教区養成担当︶
10
︻日本の教会︼観想生活者のあかし
の更新を行った︒
続いて 人の司祭と信徒で
いっぱいになった大聖堂での
荘厳な式の中で︑この年に使
われる3種類の香油が祝別さ
れ︑バルサムの香りが聖堂に
漂った︒
ミサの後︑叙階金祝︑銀祝
を迎える司祭を囲んで祝賀会
が行われた︒
周年は聖ザベリオ宣教会
のS・フランコ神父と聖コロ
ン バ ン 会 の V・ ヤ ン グ キ ャ
ンプ神父︑ 周年が岩崎康彦
神 父︵ 今 村 教 会 ︶
︑大山悟神
父︵ 聖 ス ル ピ ス 司 祭 会 ︶
︑そ
70
25
うとしている私たち一人一人
に︑勇気と犠牲の恵みが与え
ら れ ま す よ う に︒ 部 会 で は︑
この年︑司祭召命育成のため
の様々な活動︑行事を計画し
ています︒皆様の参加︑お祈
り及び神学生養成のための献
金をお願いします︒また︑す
でに各地区で召命祈願の祈り
会︑ミサなども捧げられてい
ます︒多くの皆様が積極的に
関ってくださることを願いま
す︒
司祭召命部会
50
た︒その中でも子どもたちの
携帯電話の所持率は︑小学生
が3割︑中学生が5割︑高校
生が9割に上ります︒携帯電
話で中学生の3人に1人が1
日に 回以上友だちにメール
を送っており︑メールを通し
た友人関係が密接で︑メール
への依存度が高いことが最近
の調査で明らかになりまし
た︒確かにメールは相手の都
合に関係なく送信出来るとい
ら︑いっそう効果的なので
人たちは︑経済的に大変なの
しょう﹂︒
﹁それが︑違うん
ですか﹂︒
﹁現在のところ︑日
ですよ︒例えば︑ケベック
本では政府がかなり私学を助
州の場合だと︑宗教一般に
成してくれていますし︑特に
ついて講義をしてもいいけ
カトリック校の場合︑学費も
良 識 的 だ と 思 い ま す︒ た だ︑ れど︑特定の宗教を教える
ことは厳禁されていて︑今
地方に行くと官尊民卑の傾向
はカトリック学校でも福音
が強くて︑国公立出身者の方
宣教ができないのですよ﹂
︒
が重んじられるとか︑地方自
治体からの扱いが厳しいなど ﹁ そ ん な! 誰 が 決 め ち ゃ っ
たのですか﹂
︒﹁今の州政府
の理由もあって︑カトリック
です﹂︒
﹁へえー︑政府が!
校は大都市と比べて生徒募集
⁝昔の教会の権威主義への
に非常に苦労しています︒そ
反動だとしても︑ちょっと
れでも︑カトリックは良心的
尾を引き過ぎていません
だ︑という認識が行き渡って
︒﹁そうなのです︒実は
い る よ う で す が ﹂︒
﹁ だ か ら︑ か﹂
矛盾しています﹂
︒
強制しない範囲で宗教教育が
シスター 今泉ヒナ子
どこでもできるわけだ﹂
︒﹁カ
ナダはキリスト教国ですか
司祭人事
か︒
これに対して︑顔と顔を合
わせて物語られたことは︑そ
*新任地=名前︵前任地︶
の人の中で︑記憶され︑熟成
○4月 日付
され︑その人の生きる力とな
*馬渡島教会主任=浦俊雄神
ります︒ある哲学者は物語と
父︵本渡教会主任︶
は﹁もろもろの経験を交換す
○4月 日付
る能力それ自体﹂と言ったそ
*呼子教会主任=堤好治神父
うです︒例えば聖書に物語ら
︵
長崎教区上神崎教会主任︶
れている言葉は︑イエスに出
◆修道会・その他施設
会った人々が︑その経験を次
○5月 日付
の世代の人々に伝承するため
*シトー会伊万里の聖母修道
に 残 さ れ ま し た︒﹁ あ な た の
院付=シリル・スメット神父
信 仰 が あ な た を 救 っ た ﹂﹁ も ︵淳心会︶
う泣かなくともよい﹂
﹁あな
◆各種委員会担当司祭
たの罪は赦された﹂
﹁安心し
*司教総代理=川上惣一
て行きなさい﹂これらの一言
*
教区事務局長・会計=松井
があのやさしいイエスの眼差
忠之
しを通して語られたとき︑多
*教区信徒使徒職=平田敬
くの人は︑そこに深い喜びを
*教区典礼=櫻井尚明
感 じ ま し た︒﹁ 私 は 神 様 の 前
*聖書委員会=森山信三
で価値がある︑神様に愛され
*教区青少年=中村彰
て い る︑ 大 切 な 存 在 だ ﹂ と︒ *信仰教育=櫻井尚明
確 か に 福 音 宣 教 す る 教 会 は︑ *召命育成=浦川務
電子メディアを有効に用いる
*神学生養成担当=杉原寛信
べきです︒しかし︑対人に自
*教区広報=森山信三
ら の 全 人 格 を も っ て 物 語 り︑
*
難民移住移動者委員会=
伝えるという方法を忘れては
M・コース
ならないと思うのです︒広報
*諸宗教=S・フランコ
の日を迎えるに当たり︑いま
*エキュメニズム=戸村悦夫
一 度︑ 現 代 の メ デ ア の 功 罪
*正義と平和=中村彰
イ
を的確には把握して福音を伝
*カリタス・ジャパン︵社会
える道具としたいものです︒
福祉︶=中村信哉
19
カトリック
学校の窓
5月の意向
大聖堂に漂う聖香油の香りの中で司祭職制定を記念
聖週間に入った4月7日
コンピューターに入力した
情報︑あるいはデジタルで写
した写真が︑世界中に発信さ
れ得るこの時代︑広報機関の
役割は以前とは大きく異なり
ま す︒ ベ ネ デ ク
世教
イ ト 16
皇が﹁世界広報の日﹂に発表
したメッセージは︑このよう
な時代を踏まえた内容となっ
17
26
10
司祭召命育 成 の 風 が 教 区 内 に
教 皇 ベ ネ デ イ ク ト 世 は︑
今年の6月 日から1年間
を﹁司祭の年﹂と定め︑没後
150年を迎える小教区司祭
の保護聖人である聖ヨハネ・
マリア・ビアンネー司祭を
﹁全
世界の司祭の保護の聖人﹂と
宣 言 さ れ る と い う こ と で す︒
このように私たちの周りに
は︑
司祭召命育成の風が︑
様々
16
世界広報の日によせて
19
兄弟司祭たちと喜びを共にするフランコ神父
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 39
発 行 人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-5139
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
21
第620号
カトリック福岡教区報
2009年5月1日発行
(1)
春 爛 漫︑ ぽ か ぽ か 陽 気 の
中︑ 松 山 道 後 温 泉 を 訪 ね た︒
﹁坊ちゃん﹂の故郷そして正
岡子規に会いにいくためであ
る▲止宿先の門前には子規の
句﹁漱石が来て 虚子が来て
大晦日﹂とあり︑それだけ
で何かうれしくなった︒子規
と漱石は︑ここ松山で同じ家
に下宿していた時代もあった
という︒感慨深いものがあっ
た▲子規は晩年長い間脊椎カ
リエスを患い︑その痛みと闘
い な が ら 執 筆 活 動 を 続 け た︒
亡くなる寸前まで書き綴っ
た﹁病牀六尺﹂という書物の
中にこのようにある︒﹁絶叫︒
号泣︒ますます絶叫する︑ま
すます号泣する︒その苦しみ︑
その痛みなんとも形容するこ
と が 出 来 な い︒・・ 誰 か こ の
苦を助けてくれる者はあるま
い か︒ 誰 か こ の 苦 を 助 け て
く れ る 者 は あ る ま い か︒
﹂痛
み︑苦しみは極みに達してい
る︒そしてこうも書く﹁余は
今まで禅宗のいはゆる悟りと
いう事を誤解していた︒悟り
という事は如何なる場合にも
平気で死ぬる事かと思って居
たのは間違いで︑悟りという
事は如何なる場合にも平気で
生きて居る事であった﹂と▲
マルコ福音書によると︑イエ
スは十字架上で二度にわたっ
て﹁大声で叫ばれた﹂と記し
ている︒私はこのイエスの絶
叫は︑苦難の意味を問い︑叫
びをあげるすべての人々を代
表していたと思う︒そしてそ
の叫びのかなたにイエスが約
束された命への招きでもあっ
たと思う▲子規が︑闇のかな
たに見出したものは死ではな
く︑
﹁生きる﹂ということで
あった︒復活の生命とは︑死
後の生命のみならず︑﹁いま︑
ここ﹂をキリストと共に生き
るということでもある︒M
受洗の喜びを共に分ち合って
﹃宗教﹄という
と︑毎朝﹃ナァ
〜ンマイダァ
〜ブツ﹄とお
経を唱えてい
た祖母を思い
出 し ま す︒ そ
して友人同士
の会話などで
はある意味タ
ブーとされて
いるジャンル︑
というイメー
ジ で し た︒ ま
さか︑石垣島で出会った主人
との結婚でカトリック信者
になるとは夢にも思っていな
かった時代です︒その頃は関
復活徹夜祭に︑カテドラル近郊の各小教区で受洗の恵み
に 与 っ た 人 は︑ 余 人︒ そ の 中 で 大 名 町 教 会︑ 西 新 教 会︑
浄水通教会の受洗者の方に喜びの声を寄せてもらった︒
教会との出会いが結婚だったり︑わが子だったり︑その
中で︑キリストと出会っていったこの人々の声の中に耳を
傾けてみましょう︒
カトリック信者
となって
2年前までの私にとっては
西で救急医として頑張ってい
たときで︑交通事故の現場に
出動したり︑自殺者や繰り返
しやってくる自殺未遂の患者
さ ん を 診 る こ と が 多 く︑
﹃生
と死﹄について自分なりに悩
んでいた時代でした︒また仕
事をして 年︑ 歳を超えて
これからの人生についても考
えることが多くなったときで
もありました︒考えても︑考
えても私のなかで心の柱にな
る も の が な く︑ 解 決 し よ う
もない不安を抱えていまし
た︒あるとき︑夫がカトリッ
ク信者であることを知りまし
た︒子どもができたと知った
とき︑夫から子どもを将来教
会の日曜学校に通わせたいと
サラッといわれました︒たっ
たその一言で私は自然にカト
リックになるんだなと自覚し
たのを覚えています︒初めて
母と夫に教会に連れて行って
もらったときの感動もよく覚
えています︒日曜日の普通の
ミサでしたが︑なんだか心の
奥底に染み渡るものを感じま
した︒結婚講座や聖書勉強会︑
毎週のミサを経験してもっと
カトリックについて知りたく
なり︑濱里の両親の出身地で
ある長崎に連れて行ってもら
い︑ 大 浦 天 主 堂︑ 浦 上 天 主
堂︑二十六聖人の資料館︑そ
して両親それぞれのお墓を参
りました︒カトリック信者に
なってほしいと誰かにいわれ
た覚えはありませんが︑洗礼
までの経過はなんだか私の中
でとっても自然な成り行きで
した︵運命とかそんな大それ
た も の で は な く ︶︒ 今 洗 礼 を
終えて2年前まで見えなかっ
た﹃私のなかの心の柱﹄がい
まはっきりしてきたと実感し
ています︒
ローザ・ミスティカ
濱里彩子︵西新教会︶
洗礼を受けて
小さな信仰の
芽 を 育 て
娘 の 初 聖 体 ク ラ ス も 始 ま り︑ な信仰の大木となりますよう
どっちが早くご聖体を受けら に育ててください︒
れるかと︑二人で競争にもな
イグナチオ 藤野 智寛
り︑ようやくのこと︑先日の
︵大名町教会︶
御復活祭にあわせ︑親子共々
主のお恵みにあずかることが
待ちわびていた
で き た︒
﹁これで我が家もク
洗礼式
リスチャン家族だね﹂と娘は
無邪気に笑い︑妻はここ数年
私が嬉しい時は一緒に喜ん
見たこともないようなキラキ でくれ︑悲しい時は一緒に悲
ラした目で私を見てくれるよ しんでく れる︒
う に な っ た︒ 洗 礼 を 受 け て
困ってる時はそっと良いヒ
もっとも実感したこと︑それ ントをくれ︑落ち込んでいる
は︑私が今まで以上に素敵な と明 るい光で導いてくれる︒
家 族 を 得 ら れ た こ と で あ る︒
神 様 を 何 時 も そ ば に 感 じ︑
神に感謝︒
全く神様の存在を疑うことな
パウロ 野中啓︵西新教会︶ く大人になった私は︑本当に
とても幸せ者︒
小さな頃からそんな私
だったのですが︑何故か﹃洗
礼 ﹄ だ け は︑ ま だ だ っ た の
でした︒
年程前から︑洗礼準備の
勉強は始めていましたが︑私
が病気を発症したために勉強
も中断・再開を繰り返し︑洗
礼も遠のき︑心は落ち込み︑
自分の病気にも戸惑う日々の
中︑母が珍しい癌を発症し命
ローマ行きは航路であっ
た︒ここは古代の航海術を
知る貴重な文献である︒
羅針盤もなく陸地づたい
に 行 っ て︑ ク レ タ 島 か
ら出発しようとしたと
き︑ 激 し い 暴 風 が 吹 い
て︑ 幾 日 間 も︑ 太 陽 も
星 も 見 え ず︑ 助 か る 望
みは全く消えうせよう
としていた︒そのとき︑
パ ウ ロ は 言 っ た︒﹁ 元
気 を 出 し な さ い︒ 船 は
失 う が︑ 皆 さ ん の う ち
誰一人として命を失う
者はないのです︒昨夜︑
天 使 が 私 の そ ば に 立 っ て︑
パウロ︑恐れるな︒あなた
は皇帝の前に出頭しなけれ
ばならない︒神は一緒に航
10
の危機に陥いったりして︑私
達家族にとってこの 年は大
変な時期となり︑洗礼を諦め
そうになった時もありまし
た︒
でも神様は私がどんな事も
ポジティブに乗り越える事が
できるように導いて下さるだ
け で な く︑ 母 の 命 も 完 全 に
救ってくださいました︒そし
て︑私は小ちゃな頃から待ち
わ び て い た 洗 礼 式 を︑ 先 日︑
本 当 に 晴 れ や か な 気 持 ち で︑
一緒に勉強した仲間と共に漸
く迎えることが出来たので
す︒私を此処迄導いて下さっ
た神父様とシスター方︑本当
に 感 謝 の 気 持 ち で 一 杯 で す︒
そして神様 本当にどうも
ありがとう!
幼きイエスのテレーズ
小野由香里︵浄水通教会︶
森山 敬三
︵大名町教会信徒︶
海 し て い る す べ て の 者 を︑
あなたに任せてくださった
のだ︒私に告げられたこと
は︑その通りになると信じ
て い ま す ﹂︒ 船 は マ ル
タ島につき︑全員無事
だった︒それからロー
マ 到 着︒ 使 徒 言 行 録
の 最 後 は︑ パ ウ ロ は 自
費で借りた家に丸三年
住んで︑訪問者のすべ
てに神の国を宣べ伝え
た と あ る︒ そ の 後 の こ
と は︑ 伝 え に よ れ ば︑
六十七年頃︑斬首され
て︑走るべき道を走っ
た︒
10
やれば出来る 言われ続けてやってない 坂牧春妙
パスポート外から日本見てやろう
深堀正平
私は4月 日に︑大名町教
会において洗礼のお恵みにあ
ずかりました︒神は私の罪を
ほろぼし︑私はキリストと共
に罪に死に︑キリストと共に
新しい生命によみがえりまし
た︒キリストの十字架のおか
げで︑私は神の子としていた
だきました︒
けれども私はただ神の子と
していただいただけで︑いま
だ名実共に備わる神の子と
な っ た わ け で は あ り ま せ ん︒
私はただ悔い改めたこと︑た
だ 義 と さ れ た こ と︑ た だ 洗
礼をうけたこと︑これだけを
もって満足してはならないの
です︒
この新しい生命をだいじに
しなければなりません︒これ
からは︑すべてをもって神に
従い︑義に仕える生涯︑罪を
しりぞけ︑真の神の子たる実
りに向って進んでいかねばな
りません︒
しかし︑私は楽観していま
す︒教会には︑私をささえて
下さる信仰の友︑信仰の師が
お り ま す︒ み な さ ま ど う ぞ︑
この小さな信仰の芽が︑大き
ちょっと
一息
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
T E L 092−526−5656
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
◆ 6月 8日(月)16時受付〜15日(月)朝食まで
◆ 9月14 日(月)16時受付〜21日(月)朝食まで
*宿泊・食事代・指導料 50.000円 (お問合せください)
40
︵2︶小教区の司祭
を考える
﹁パパはどうしてアーメ
ン っ て 言 わ な い の?﹂
︒そも
そものきっかけは︑既に幼児
洗礼を受けていた3歳の娘が
言った一言であった︒
結婚した頃︑クリスチャン
である妻からよく﹁あなたと
私は一緒の天国には行けない
のねぇ﹂などと冗談交じりに
言われていたほど信仰には縁
遠い人間であったが︑娘を授
かり︑人の親として︑どうす
れば子どもの幸せを実現する
ことが出来るかをあれこれと
思い悩むようにもなった︒以
前からキリスト教世界に興味
もあり︑結婚時の約束であっ
た﹁神さまのお恵みを子に与
える機会を持たせること﹂を
実践する良い機会だと思った
ので︑娘の言葉に一念発起し
て教会に通いはじめた︒
貴重な休み︵?︶でも早起
き し て ミ サ に 出 か け︑ ま た︑
会社の残業から抜け出して毎
週の聖書勉強会に参加し︑ま
た会社に戻って仕事の続き
をやること早2年︒途中から
来住神父の奉献生活者のための黙想会
参加者募集中!
来住 英俊
イザヤ
洗礼水が荘厳に祝別される
10
30
あるいは﹁司祭らしさ﹂みた
や連携が進むでしょうが︑地
いな〝人柄〟の話になってし
域割りという根本思想は変わ
まうでしょう︒司祭の〝務め〟 らないと思われます︒
を切実に考えるためには︑働
少数の︑しかし多様な信者
く場を具体的に想定する必要
がかなり広い地域に散在して
があります︒
住み︑ミサや会合のために教
まず小教区で働く司祭につ
会に集まってくる︒これが日
いて考えるのは︑教会共同体
本の小教区です︒やりにくい
の基本単位が小教区だからで
ことが多々あるでしょう︒し
す︒もちろん︑補充的な組織
かし︑地域割り以外に︑どん
やグループはいくつも考えら
な 単 位 が あ り え る で し ょ う︒
れ ま す︒
﹁黙想の家﹂もその
考えられるのは︑職場・学校
一つです︒しかし︑基本単位
の単位です︒これには︑共通
としてこれに代われるものは
の現実的な関心事があるとい
︵今のところ︶ないと思いま
うメリットがあります︒しか
す︒小教区は︑現住所による
し︑信者数の少ない日本では︑
地域割りです︒これだと︑メ
基本単位としては実現が困難
ンバーにかなりの多様性があ
です︒
ります︒また︑メンバーが比
教会共同体の基本単位とし
較的安定しています︒キリス
ては小教区しかあるまいと
ト教的共同体にとっては望ま ﹁ 覚 悟 ﹂ を 決 め て︑ そ こ で 働
し い こ と で す︒
﹁小教区制度
く 司 祭 に 期 待 さ れ る〝 務 め 〟
の弊害﹂と言われるのは︑孤
は何かを考えるべきだと思い
立した離れ小島のようなもの
ます︒
であってはならないというこ
御受難修道会宗像修道院長
とです︒これからグループ化
宣教者パウロの
シルエット⑧
(2)
こ の 連 載 で 考 え た い の は︑
小教区で働く司祭のことで
す︒司祭の中には︑大学や高
校で教えることが本業の人も
います︒私のように︑あちこ
ちに出かけて黙想会を指導す
る司祭もいます︒これらを全
部ひっくるめて﹁司祭とは何
か﹂を考えようとすると︑共
通 項 と し て は︑﹁ 秘 跡 を 執 行
で き る ﹂ と い う 〝 権 能 〟 か︑
11
第620号
カトリック福岡教区報
2009年5月1日発行
る中で︑今年度からカトリッ
ク幼稚園に就職した 名の新
任教師が︑真新しいスーツに
身を包んで︑宮原司教から辞
令 を 一 人 ひ と り 受 け 取 っ た︒
司教は︑国によって正式に認
可され教師となった皆さん
は︑ 幼 児 教 育 の プ ロ で あ り︑
その自覚をもって︑子ども達
のために100パーセント役
立ってほしいと述べた︒さら
にカトリックの教えをよく学
び︑子どもたちに伝えてほし
い﹂とも述べた︒
13
新と変遷︑ラテン語を原語と
する聖歌についての解説︑典
礼暦とそれに沿った聖歌︑例
えば︑待降節︑四旬節︑聖週
間などの聖歌︑典礼について
の新しい動きなど幅広く行わ
れている︒
典礼・ミサに造詣深い先生
は参加者の意識を鼓舞し︑典
礼奉仕への実践へと導いてく
ださる︒ここ数年は詩編を通
して神のことばを典礼聖歌に
よって味わっている︒典礼聖
歌の言葉の奥の意味・典礼の
午後から講演した末永憲江
主 任 教 諭︵ 若 松 天 使 園 ︶ は︑
自ら1年目としてカトリック
幼稚園に就職した経験を語
り︑社会人として﹁ほうれん
そう﹂の大切さ︑また言葉遣
いに気をつけるように︑また
教師間の信頼関係の構築する
こ と が 重 要 で あ る と 述 べ た︒
さらに1日を祈りで始め︑祈
り で 終 わ る こ と︑
︑与えられ
た仕事を心を込めて果たすこ
と︑どんな仕事も心を込めて
果たさないなら雑用になるな
ど︑長年の多岐にわたる経験
から新任教師に語りかけ︑感
銘を与えた︒
中の意味を知ることによっ
て︑意識を持ってミサに参加
できるようになる︒
共同体としてのミサ典礼の中
で︑聖歌が神に祈りを捧げる
ものへと繋ぎ︑それを奉仕に
まで繋ぐには︑一人では困難
が多い︒より良い指導者の下︑
適切な指示を受けることが望
ましいと思う︒
参加者の参加の動機はさま
ざま︒男性︑女性の比率は1
対7ぐらい︒年齢もさまざま︒
誰でも参加可能で︑皆勤賞の
参加者も多い︒
☆教会への私の希望
B・ヘーリンク
著
真生館学び合いの会 訳
本書を読むだれもが︑ヘーリ
ンクの教会に対する大きな愛
を感じずにはいられないでし
ょう︒倫理神学のエキスパー
トである著者がゆるしの秘
跡︑司祭への司牧ケア︑エキ
ュメニカルな教派をこえた対
話の必要性などを訴える︒
サンパウロ社
発行
税込定価 1470円
◇ ◇ ◇
☆イエスとマリア
聖性のみなもと
ヘンリ・ナウウェン 著
佐藤 みさほ 訳
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
幼稚園新任教職員辞令交付式・研修会
3月 日︑教区宗教法人立
幼稚園の新任教職員辞令交付
式及び研修会がカテドラルに
て開催された︒福岡教区内
幼稚園から 人の教諭が集ま
18
﹁福岡典礼聖歌研修会﹂五十回を迎える
50
この研修会も今年で 年に
なる︒講師は︑研修会創設当
初から深堀純氏︒大神学院で
司祭養成に携わり長年教鞭を
執ってこられた深堀先生の典
礼に対する熱意︑思い︑人柄
と︑参加者の探究心がこの研
修会の存続の源である︒
研修会は︑聖歌そのものの
指導に加えて︑ミサの構造と
その中での聖歌の役割︑その
重要性︑聖歌の言葉の大切さ︑
さらに第二バチカン公会議前
後のことや︑その後の典礼刷
ナウウェンにとって︑マリア
は自らの手を取ってイエスと
のより深い一致へと導く案内
人である︒
女子パウロ会
発行
税込定価
735円
◇ ◇ ◇
☆徳の飾りよりも
トマス金鍔次兵衛物語
宗任 雅子 著
2008年に列福された
188殉教者の一人︑金鍔次
兵衛神父の波乱に満ちた生
涯︒
迫害の嵐が吹き荒れる中︑
何を見つめ︑何を思い︑なぜ
日本に戻ったのか︒
ドン・ボスコ社 発行
税込定価
735円
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
森山工務店
有限
会社
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
の 力 は 司 祭 の 手 を 聖 化 す る︒
ところが︑神の道を歩く司祭
には心を尽くし︑精神を尽く
し︑力を尽くし︑思いを尽く
して︑神である主や人々を自
分のように愛することも必ず
要する︒司祭叙階の時に約束
したように︑司祭の﹁愛﹂は
教 会 共 同 体 の 助 け の も と に︑
貧しい人︑苦しむ人︑助けを
必要とするすべての人に︑主
の名において︑神のいつくし
みを示すこと︑司教とのきず
の弱さをゆるすため︑人の
中に輝くキリストの姿を熱
心に拝むために︑司祭は神
様の助けを求め次のように
よ く 祈 る︒
﹁いつくしみ深
いイエスよ︒わたしをあな
たのみ心にかなう司祭とし
てください﹂▲フランス革
命の頃のアルスの謙虚な聖
なる主任司祭︑聖ジャン・
マリー・ビアンネーは主任
司祭の守護聖人である︒彼
は聖なる生活とその司牧へ
の熱意によっ
て︑ あ の 小 さ
な村を神のみ
ことばと秘跡
によって生かされた真のキ
リスト教共同体へと変えて
いくことにした︒司祭は聖
ビアンネーのように自らの
手を取ってキリストとのよ
り深い一致と言われる聖性
へと導く案内人である︒﹁黄
金の口﹂ではなくても﹁黄
金の心﹂を持って愛でこの
世を照らす︒
ミラノ外国宣教会司祭
前・呼子教会主任
会い覚悟が決まった︒
出会うことの喜び︑繋が
ることの強さを実感する青
年会活動を通して︑そこで
得た力をそれぞれが︑小教
区や自分のごく近くで生か
していくことができたらい
い と 願 う︒﹁ 色 ん な 人 と 交
流することは︑自分の場所
に戻っての活動のエネル
ギーになると思う﹂︒
最後に皆さんへのメッセー
ジを聞いた︒
福岡地区青年会では様々
な活動に取り組んでいきま
す︑ ど う ぞ お 祈 り 下 さ い︒
また様々な方々とも交流し
ていきたいので︑もし何か
僕たちに出来ることがあっ
た ら 声 を か け て く だ さ い︒
今の私を表す言葉は﹃挑﹄
です︒
豊嶋 仁︵大名町教会︶
17
司祭と聖性
なの中で︑尊敬の心をもって
司教に従うこと︑ご自分を清
いささげものとして御父にさ
さげたキリストに日ごとに固
く 結 ば れ︑ キ リ ス ト と と も
に自分自身を︑人々の救いの
ために神にささげることであ
る︒聖霊の導きのもとに主の
群れを牧する司祭はこの約束
を意識して守り︑聖性への道
を喜んで歩く▲人に福音を絶
え間なく宣べ伝えるため︑人
きたい︑ボランティア活動な
どにも取り組みたい﹂と大き
い︒そんな彼も︑中学生で堅
信を受けた後︑いわゆる教会
離 れ を し て い た︒
﹁教会が嫌
い な の で は な く︑ 関 心 が 薄
かった﹂︒その後︑﹁成人式の
時に教会に来て︑青年の一人
に声をかけられたことが始ま
り で し た ﹂︒ こ う し て な ん と
なく教会へ足が向かうように
なり︑友人ができ︑人との関
わりの中で青年会活動の比重
が 増 え て い く︒
﹁普通の生活
では得られないもの︑違うも
のに出会えるのが教会ですよ
ね﹂︒
地区青年会会長にならない
か︑という打診は少し前から
あっていたが決めかねてい
た︒しかし今年2月に行われ
たNWM︵ネットワークミー
テ ィ ン グ ︶ 京 都 に 参 加 し︑
活躍する全国の青年たちに出
in
教区では﹁福岡教区司
祭召命部会﹂を立ち上げ
司祭召命の育成に取り組
ことになった︒教区報の
紙面では教区内で働く司
祭方の声を紹介する︒
東方教会で最も捧げられる
典 礼 は︑﹁ 黄 金 の
口﹂と呼ばれた聖
ヨハネ・クリゾス
トモの名を取って
﹁ 聖 ヨ ハ ネ・ ク リ ゾ ス ト モ 典
礼﹂と呼ばれている︒優れた
説教の
﹁黄金の口﹂
のモットー
は次のようなものだった︒﹃民
全体を変えていくために︑熱
意に満ちた一人の人間で十分
である﹄
︒この言葉は聖なる
司祭たちを通して働かれるキ
リストの力が︑どれほど効果
的であるかをはっきりと語っ
ている▲キリストの力は司祭
の手を通して働き︑キリスト
挑(いどむ)
尊敬す
る人はマ
ザー・テ
レサ︑今
年︑挑戦
したいことは﹁バンド活動と
作曲﹂と答えたのは︑福岡地
区青年会会長に就任した豊
嶋仁さん 歳︵大名町教会︶︒
二代目となった新会長の夢は
﹁ 福 岡 地 区 だ け で は な く︑ 福
岡教区全体での交流をしてい
22
31
に、情報について関心をも
つ「個人の意識づくり」が
必要ではないかなどが論議
されました。
また、
「75 周年資料集(仮
題)
」が、北九州地区担当
で印刷へ向けて準備されて
います。正式な発行時期は
現段階では報告できません
が、製本された時点で各小
教区、修道会へ発送いたし
ます。発行責任者は教区信
徒協です。
福岡地区では
「社会部会」
が発足、北九州地区では聖
書講座、熊本地区では第5
期神学講座の実施、佐賀地
区では教会学校リーダー養
成研修会などの取り組みが
始まっています。
4 月 19 日 に は 各 地 区 の
役員が集まり「これからの
教区信徒協のあり方を考え
る」話し合いが行われまし
た。
5 月 24 日 に 2009 年 度
第1回代表者会議が開か
れ、これらの課題に向けて
取り組んでいきます。
今年度から主幹地区が北
九州地区へと代わりまし
た。 新 役 員 は 6 月 号 で 正
式にお知らせします。
活動について、
「教区信
徒協が事後報告の単なる連
絡協議会になっていない
か」など活発な意見交換が
行われましたが、今年度は
「情報伝達の機能づくり」
のために具体的にどのよう
な方策を取るのかが一つの
課題となりました。
情報伝達については教区
レベルで全国規模の「シン
ポジウム」
、
「委員会」を開
催する時の窓口となる部門
がないために、案内・通知
が小教区まで行き渡らない
こと、主催者側も、誰に連
絡するのか分からないとい
う問題が提示されました。
さらに、情報は教区報掲
載、小教区宛に郵送されて
いるのに末端まで届いてい
ない現状をいかに浸透させ
るのか、小教区にも窓口、
担当者が必要なのではない
か、インターネットの利用
などの機能づくりと同時
ヴィッラ・
マルコ神父
司 祭
シリーズ
①
第620号
カトリック福岡教区報
2009年5月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年5月1日発行
み国が 来ますように!
カトリック教会のカテキズム
日 時:2009年6月28日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
資 料:カトリック教会のカテキズム
*5月の講座は休講です。
聖パウロに学ぶ神学講座
第5回 5月17日 13:30 〜 16:00
〔福音宣教を考える〕 宮 原 良 治 司教
【会場】カトリック手取教会 信徒会館大ホール
【問合せ】手取教会(℡ 096-352-3030)岸
【主 催】熊本地区神学講座実行委員会
第3回
聖パウロを読む
③
日 時:5月17日 ( 日)15 時
場 所:カトリック大名町教会
テーマ:パウロが受けた福音から
パウロが告げた福音へ
-- パウロ時代の福音理解の多様性 -指 導:鈴木信一神父(聖パウロ会司祭)
主 催:福岡教区聖書委員会
*予告:6月7日 ( 日)「聖パウロを読む④」
「聖霊による信仰生活刷新」セミナー
福岡黙想の家ご案内
内
板
5月
◇2日(土)〜5日(火) 福岡教区クルシリヨ
◇8日(金)
聖公会・聖パウロ教会婦人会の集い
◇11日(月)〜 13日(水) 援助修道会黙想会
◇16日(土)〜 17日(日) 山口・島根地区信徒養成研修会
◇23日(土)
カトリック水巻教会・典礼委員会研修
◇24日(日)〜 29日(金) 聖ザベリオ宣教会黙想会
◇30日(土)
福岡チェナクルム
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
会合と催し
2日(土)
3日(日)
5日(火)
9日(土)
10日(日)
11日(月)
12日(火)
13日(水)
14日(木)
16日(土)
17日(日)
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:5月14日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロのコリントにおける宣教
(使徒言行録18:1…)
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父 / Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:5月 16 日、6月6日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
19日(火)
22日(金)
24日(日)
25日(月)
26日(火)
27日(水)
31日(日)
5月のこよみ
クルシリヨ(黙想の家〜5日)
復活節第4主日/世界召命祈願の日
憲法記念日
クルシリヨ ミサ(黙想の家 11時)
みどりの日
呼子教会信徒会館祝福・落成式
復活節第5主日
西日本司祭団ソフトボール大会(大分)
司教顧問会
教会行政・法制委員会(東京)
教区カトリック幼児教育連盟総会(司教館10時半)
常任司教委員会(東京)
聖マチア使徒/召命祈願ミサ(大神学校19時半)
†ミカエル中濱一男〔2005年浄水通教会・事務局長〕
復活節第6主日/世界広報の日(献金日)
「聖パウロを読む③」講演会(カテドラル14時)
熊本地区神学講座閉校式(手取教会13時半)
行橋教会ミンダナオデー
司祭評議会(司教館10時半)
日カ連大分大会(大分〜21日)
学校法人理事会(司教館15時)
主の昇天/西新教会堅信式
九州地区修道女研修会(大神学院)
†L.グロージャン(2006年八王子本部)
聖フィリッポ・ネリ司祭
宗教法人幼稚園園長会(司教館13時)
長崎教区幼稚園連盟園長研修会・講話(長崎)
聖霊降臨の主日/高宮教会堅信式
アダム荒川殉教記念ミサ(崎津・大江教会)
6月
7日(日) 武蔵ケ丘教会創立25周年ミサ・堅信式/恵楓園ミサ
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
︹日時︺5月 日 日︶ 時か
963・2359江口
(
ら 時︹場所︺カトリック大
■小倉祈りの集い
名町教会信徒室︹参加費︺3 ︹日時︺5月 日︵金︶ 時半
00円︹主催︺川島キヨ子︹問
から 時︹場所︺カトリック
合せ先︺☎092・715・ 小倉教会信徒会館2階︹指導︺
ガブリエル神父︵御受難修道
3606鈴木美子
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
■召命を共に祈る会
︹日時︺5月 日︵木︶
︹場所︺ う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
先︺☎090・3985・5
召命の家︹問合せ先︺浦川務
209松田裕子
神父︵教区召命担当司祭・久
留米教会主任︶
◆
佐
賀
■グレゴリオ聖歌ミサ
■佐賀祈りの集い
︹日時︺5月 日 火(︶ 時か
ら︹場所︺聖クララ寮︵福岡市 ︹日時︺5月 日︵水︶ 時〜
南区塩原︶
︹内容︺聖母マリ
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
アの祝日のためのミサ曲︹問
ク会館
︹内容︺共に祈る
︹次回︺
合せ先︺☎096・380・ 5月 日 水(︶ 毎
=月第2と第
せ先︺☎092・741・3
5686 堺敬子
4水曜日︒どうぞご参加下さ
◆
福
岡
い︒
︹問合せ先︺☎0952・
687大名町教会
■婦人黙想会
30・8347 吉武
︹日時︺5月 日 水(︶ 時か
■福岡結婚準備講座
■召命祈願ミサ
︹日時︺5月9日︵土︶ 時半 ︹日時︺5月 日︵木︶ 時
ら 時︹場所︺カノッサ修道
◆
熊
本
から毎週土曜日全5回︹場所︺ 分から︹場所︺日本カトリッ
女会太牟田修道院︵大牟田市
カトリック大名町教会︹参加
ク神学院福岡キャンパス聖
倉永︶
︹テーマ︺マリアのよ
■熊本地区召命を共に祈る会
費︺カップルで一万円︹参加
堂︹主式︺山添克明神父︵カト
うに︹参加費︺500円︵弁当 ︹日時︺5月 日
︵木︶ 時
︹場
条件︺結婚を決めている二人
リック福江教会助任︶
持参︶
︹同伴︺ 大田︹申込︺ 所︺カトリック健軍教会︹内
での参加︹問合せ先︺☎09
■在世フランシスコ会集会
0944・58・5793/
容︺ロザリオと話し合い︹問
合せ先︺健軍教会☎096 ・
2・741・3687
︹ 日 時 ︺ 5 月 日︵ 日 ︶ 時
[email protected]
■大名町キリスト教講座Ⅲ
から︹場所︺高宮フランシス
■第 回福岡典礼聖歌研修会
368・2825青木悟神父
水曜日コース︹日時︺5月
コ会修道院在世会集会所︹内 ︹日時︺6月 日 日(︶ 時半
■熊本結婚準備講座
容︺アシジの聖フランシスコ
から 時半︹テーマ︺キリス ︹ 日 時 ︺ 5 月 9 日︵ 土 ︶ 〜 6
日 水︶ 時から=毎週水曜
(
に倣って︑福音に生きるため
トを賛美する⁝一般賛歌⁝
月6日 土(︶ 時から 時半︑
日/金曜日コース︹日時︺5
に︒ミサと学習︹指導︺戸村 ︹講師︺深堀純︵大名町教会信
月 日 金(︶ 時 か ら = 毎 金
毎週土曜日全5回︹場所︺カ
徒︶
︹場所︺カトリック笹丘
ト リ ッ ク 手 取 教 会︹ 参 加 費 ︺
曜日*どちらも全 回︹場所︺ 悦夫神父︹問合せ先︺☎09
2・843・5831岩崎
教会︹参加費︺感謝献金︹問合
カップルで一万円︹問合せ先︺
カトリック大名町教会信徒会
せ先︺092・541・37
館︹参加費︺無料︹内容︺キリ
■第4回信仰と祈りの養成
☎096・352・3030
スト共同体との出会い︹問合
研修会︵若い女性信徒のため︶ 30松山
0
F 96・352・1515
■美野島司牧センター
編集後記
ホームレス支援のための炊
き出し等へのご協力をお願い
新緑の美しい聖母月︑私た
します︒ また︑毎週火曜日
ちも信仰を新たにしてこの月
を過ごしましょう︒さて︑パ
時半から炊き出しボランティ
ウロ年が終わり︑6月からは
アも合わせて募集しています︒
︹問合せ先︺☎092 431・ ﹁ 司 祭 の 年 ﹂ と さ れ る そ う で
・
す︒司祭の召命育成を優先課
1419 コース・マルセル
題とした教区としてはタイム
神父
リーだったと思います︒
◆
北 九 州
召命部会の企画で新たに
﹁司祭シリーズ﹂のコラムが
■北九州召命を共に祈る会
始 ま り ま す︒
﹁召命﹂をポイ
︹日時︺5月 日︵木︶ 時か
ントに置いて︑教区内の司祭
ら︹場所︺カトリック小倉教
に執筆していただきます︒多
会聖堂・信徒会館︹内容︺ロ
く の 実 り が あ り ま す よ う に︑
ザリオの祈り・ミーティング
ご案内
ともにマリア様を通して祈り
︹司式︺伊東成晃神父︵門司教
会主任︶︹問合せ先︺☎093・ ましょう︒
③5月 4 日 新しい命
井手公平師
④5月 11 日 聖霊の満たしを受けるために(回心)
オカロール師
⑤ 5 月 18 日 聖霊の満たし
ガブリエル師
マッケイ師
⑥5月 25 日 聖霊のうちでの成長 寺浜亮司師
⑦6月 1 日 キリストへの変容〜派遣ミサ
宮原良治司教と司祭方
会 場:カトリック大名町教会
会 期:4月 20 日 ( 月)〜6月1日 ( 月)
時 間:10:30 〜 12:30(受付 10:00)
参加費:自由献金・初回のみテキスト代
主 催:聖霊による刷新・福岡祈りの集い
問合せ:Br. 床島藤吾 ℡ 080-1737-6130
案
(4)
第620号
『世界召命祈願の日』によせて
15
2009 年福岡教区は、宮原司教様の『年頭
の挨拶』の呼びかけを受け、5 月 3 日(日)
の『世界召命祈願の日』を、教区民が心を一
つにして祈る司祭召命の育成を深める日とい
たします。
19
10
15
2009 年度北九州地区聖書講座
18
メインテーマ:いただきます
〜神のことばを食べる〜
スケジュール
Ⅱ . 日時:5月24日 ( 日)14 時〜 16 時半
場所:カトリック小倉教会
講師:山元 眞 神父(行橋教会主任)
テーマ : 神のことばを食べる…言葉の力
主催:北九州地区信徒協聖書部会/
教区聖書委員会
* 2010 年 1 月 24 日まで、全6回開催します。
30
◆各教会で召命のための共同祈願を捧げ、
『(召
命を求める祈り』を、ミサ後に唱えるなど
して召命の意識を深めましょう。
◆『召命』について信徒間や教会学校で取り
上げ、話し合うこともお勧めします。
◆各教会に小神学校及び大神学校の 2010 年
度入学案内・入学要項をお送りしました。
大神学校の来年(2010 年)度の入学希望者
申込締切りは 6 月末となっております。
*司祭を目指し、神学校入学を希望する青
少年がおられましたら、主任司祭に申し出
てください。
*問合せ:福岡教区司祭召命委員会
16
18
13
14
17
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
19
14
51
15
14
21
Sr.
13
14
27
26
10
11
21
17
15
10
11
27
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
30
15
19
28
13
22
21
11
10
13
16
23
19
催計画︑また現在教区の神学
生3人が在籍する長崎カト
リック神学院の担当者による
訪 問 予 定 な ど が 紹 介 さ れ た︒
今年の優先課題として︑教区
が一つになってこの問題を進
めていくべきだが︑同時に教
区には様々な問題があるの
に︑
﹁召命﹂だけが前面にだ
されていることに対して違和
感がある︑むしろ小教区の刷
新︑信徒の養成が先にあって︑
その実りとして召命が出てく
る の で は な い か と い う 意 見︑
あるいは召命が増えている教
区の一例として︑滞日外国人
や社会的弱者を援助すること
がまず先にあって︑そこに関
わる青少年が自然と召命の道
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般︼対外債務の取り消し
に入っているなどの意見が出
され︑活発な議論が交わされ
た︒さらにこの問題の核心は︑
組 織 や 制 度 の 問 題 で は な く︑
まず小教区で働く司祭一人ひ
とりに問題があるのではない
か︑現場の司祭の姿を見て青
少年はその道を志すのではな
いか︒結論としては︑司祭が
どれほど福音に生きる魅力的
な人物であるかが問われてい
るという貴重な意見で締めく
くった︒
司教からは﹁プレセミ﹂即
ち︑召命を考えている若者に
司教が自ら働きかけて分かち
合う集いをスタートさせてお
り︑この件の理解を求めた︒
次 に﹁ 司 祭 の 生 活 小 委 員
会﹂では︑司祭の老後の家建
設の案が提出された︒召命の
家を改築し︑司祭6人が入所
出来る施設を建設する︒対象
は︑定年︵ 歳︶を迎えた司
祭︵2009年5月現在で
人︶で︑プライベートルーム
と共用スペースを兼ね備えた
施設を計画中である︒
続いて﹁司祭の生涯養成小
委 員 会 ﹂ で は︑ 司 祭 の た め
の生涯養成プログラムが提
案された︒それによると5年
周期で2週間の研修プログラ
ム︑司祭は少なくとも5年ご
とに研修会に参加する︒内容
は︑霊性︑聖書︑典礼︑司牧
宣教など︑豊かなプログラム
となっているが︑2週間にわ
たって教会が不在になること
が可能か︑費用の問題など意
見交換があった︒
午後からの質疑の中で﹁司
祭年﹂開幕に当たって︑6月
日の主日のミサを﹁開幕の
ミサ﹂として各小教区単位で
捧げ︑司祭団としては6月開
催の研修会において開幕のミ
サを捧げることとなった︒
また増え続ける滞日外国人
の司牧について︑各地で行わ
れている外国語のミサの現状
が紹介され︑それに伴う信仰
教 育 の 必 要 性 が 急 務 な こ と︑
またフィリピン宣教師の派遣
についてなどが討議された︒
19
75
12
21
の︑永遠の課題かも知れな
いね﹂︒
﹁人間の成熟度と愚
かさの︑微妙な織物と言う
べきでしょうか︒
とは言え︑
私はあまり複雑に考えない
のです︒人様を動かすこと
はできなくても︑少なくと
も 自 分 が 神 と 教 会 を 愛 し︑
教区や小教区を大事にして
謙虚に行動することが本質
なのですから﹂
︒
コングレガシオン・ド・
ノートルダム 会員
シスター 今泉ヒナ子
いし︑社会的な領域と︑教
会の中での居場所との折り
合いです︒これは時として
デリケートでありえますも
のね﹂︒
﹁世界の教会の歴史
も︑女性の管理職もかなり普
通 に な っ て い ま す︒ た だ し︑
私の場合︑正直に言って︑こ
れは自分に不向きな任務なん
です︒でも︑神様からいただ
いた仕事ですから︑やるから
には楽しくやりたいと思いま
すし︑同時に︑神様が私を道
具にお使いになる邪魔をしな
いためにどうしたらいいか
と︑毎日考え︑祈りながら働
いています﹂
︒﹁名誉や守備範
囲については?﹂
︒﹁性格なの
か︑あまり意識に上りません
ね︒ただ︑この点で私たちは︑
国公立を相手にしなくて済む
代わりに︑カトリック教会の
中で注意していたいと思うの
です︒学校が守るべき法的な
も と︑ 希 望 に も 満 ち て い る
が︑戸惑いや不協和音も聞こ
えてくる︒だからこそ︑老い
も若きも一堂に会し︑自由な
意見を出し合った事は︑ひと
つの前進であったような気が
する︒教会はいつの時代も決
して一枚岩であったわけでは
ない︒いつも異論反論様々な
意見があったのだ︒これから
も焦らず︑諦めず司祭団皆で
切磋琢磨し合いながら︑神の
み国の成長のため奉仕してい
きたいと思う︒
西日本司祭団ソフトボール大会
らベテランの司祭まで本当に
自由な発言が飛び交い︑今ま
でになく有意義な集いであっ
た︒あまりにも会議が多すぎ
て 苦 慮 し て い る と い う 意 見︑
典礼や結婚のことなどをもっ
と学び︑互いに高め合いたい
という意見も出された︒中で
もご高齢の司祭から新しい典
礼︑司牧方法などを学び身に
つけたいという意欲的な発言
は︑一同の心を奮起させる一
言 で あ っ た︒ 現 在 司 祭 団 は︑
新しい司教を迎え︑新体制の
福岡優勝!
広島合同チームの3チーム
人が対戦した︒最初に行われ
た大分対高松・広島合同チー
ムの対戦は︑予想に反して合
同チームが勝ち︑大会初の1
勝をおさめた︒
午後からの福岡対大分の試
合では︑速球投手高野治選手
︵ 大 分 教 会 ︶ を︑ 宮 原 司 教 を
中心とした強力打線で福岡が
打ち崩し︑8点差をひっくり
返して逆転勝ちした︒福岡の
初夏を思わせるような気温
2試合目︑合同チームとの対
となった五月晴れの 日︑恒
戦では︑連投の森山信三選手
例の西日本司祭団ソフトボー
ル大会が大分のスポーツ交流 ︵ 西 新 教 会 ︶ の 力 投 で 優 勝 を
飾り︑竹森勇監督︵水巻・黒
広場で開催された︒
今年は︑福岡︑大分︑高松・ 崎教会︶の体が宙に舞った︒
40
︻宣教︼暴力が支配する地域での教会
り組みが確かに行われますよ
うに︒この機会にわたしの深
い尊敬の念を新たにし︑皆様
の幸運をお祈りします︒
﹁ シ ス タ ー は︑ 自 分 が こ
ういう大きな学校の責任者
であることを︑どう感じて
いますか﹂と︑M神父が訊
ねた︒
﹁あら本当
に︒もし私が
修道者でな
か っ た ら︑ こ
ういう職務
についている
こ と な ど︑ 絶
対になかった
でしょうから
ね﹂
︒
﹁ 日 本 の 女 性 と し て︑
この地位にあることは﹂
︒
﹁ 現 在︑ 機 会 均 等 は 日 本 の
男女も法的に保障されてい
て︑ 欧 米 ほ ど で は な く て
カトリック
学校の窓
去る4月 日・ 日︑全教
区司祭を対象にした研修会が
玉名で行われた︒ 日目は司
祭の老後についての話し合
い︒2日目は玉名教会におい
て︑ 今 後 の 集 会 そ の も の に
ついて︑参加者一人ひとりが
皆発言し︑開催を年何回にす
るか︑どのようなテーマを取
り上げてほしいかなどに関し
て意見を交換した︒新司祭か
28
1
6月の意向
2009
6.19
︻日本の教会︼聖体と貧しい人への奉仕
2010
6.19
教区邦人司祭集会
日時:6 月 28 日
14 時
場所:カテドラル
大名町教会
テーマ﹁キリストの司祭職への忠実﹂
コリント ・ ︶に主は︑全
教会のいのちの源であり︑頂
点である感謝の祭儀と分かち
がたく結ばれている司祭職を
制定することを望まれまし
た︒従ってこの1年は︑司祭
職と一人ひとりの司祭の美と
重要性を新たに発見する年と
なります︒そしてこのことを
すべての聖なる神の民︑すな
わち男女修道者︑キリスト者
の家庭︑苦境にある人々︑そ
してとりわけ真の情熱と絶え
間ない忠誠をもって生きると
いう偉大な理想を求める若者
に知らせましょう︒
教皇が﹁司祭年﹂のテーマ
を﹁キリストの司祭職への忠
実﹂とされたことは︑恩恵の
完全な卓越性を示していま
す︒
﹁わたしたちが愛するの
は︑神がまずわたしたちを愛
してくださったからです﹂︵1
「パウロ年」
閉幕感謝ミサ
﹁司祭年﹂開幕
19
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 39
発 行 人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-5139
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
ヨハネ4・ ︶そして同時に
このタイトルは︑常に心から
無償の愛に従うことも示して
います︒現代において愛は﹁忠
実﹂となることを思い起こし
て い る の で す︒
︵中略︶司祭
年ははなばなしい行事という
よりは︑むしろ生きる機会と
なることを心に留めておく必
要があります︒それは︑自ら
の独自のアイデンティティを
喜びをもって再発見すること
による内的刷新と︑自らの司
祭団がもつ兄弟性と︑自らの
司教との秘跡的関係によるも
のです︒従って︑ほとんどの
取り組みは︑各々の教会所属
区域と司祭が所属する組織内
で地域レベルで行われるで
しょう︒
皆 様 の 司 教 会 議 に お い て︑
司祭年を実り多く熱心に祝う
ように促すあらゆる適切な取
③
27
司祭年開幕に当たり︑教皇
庁聖職者省は︑
クラウディオ・
フンメス枢機卿の名により以
下のようなメッセージ
︵抜粋︶
を4月3日付けで発表した︒
教 皇 ベ ネ デ ィ ク ト 世 は︑
﹁キリストのみ心の祭日﹂で
ある6月 日から2010年
6月 日までを特別に﹁司祭
年﹂とすることを発表しまし
た︒それは︑司祭職が円滑に
行われるために特に必要とさ
れる司祭の霊的完成への努力
を促すためです︒
この日は
﹁ア
ル ス の 聖 な る 司 祭 ﹂ で あ り︑
キリストの群れに仕える牧者
の模範である聖ヨハネ・マリ
ア・ビアンネの没後150周
年 に あ た り ま す ︒ 司 祭 年 は︑
感謝の心をもって主のみ業を
もう一度観想し直すよい機会
です︒
﹁引き渡される夜﹂
︵1
司祭評議会開催
†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††
19
2 0 0 9 年 度︑ 第
1回の司祭評議会が
5月 日司教館にて
開 催 さ れ た︒ 冒 頭︑
司教は着座後2年目
を迎えるに当たって︑
協力者である司祭団
に謝意を述べ︑﹁教区
の活性化に向け一致
して歩んで行こう﹂
と挨拶した︒
次 い で︑ 各 委 員 会
の 報 告 に 移 っ た︒ ま
ず 召 命 部 会 か ら︑ 5
月3日の召命祈願日
の取り組みについて
分 か ち 合 い︑ 今 後 も
青少年を対象とした
黙想会や練成会の開
11
11
第621号
カトリック福岡教区報
2009年6月1日発行
(1)
ある友人の司祭は新しく赴
任した教会で︑まず全ての信
徒の家庭訪問をしたそうであ
る︒ こ の こ と を 聞 い た と き︑
自分も司祭として︑やるべき
だと心のどこかで思いながら
も実行に移したことがなかっ
たため﹁やっぱり訪問を実行
している司祭がいるんだ﹂と
いう驚きと感動を覚えた▲
﹁ミサに来なさい﹂
﹁入門講座
に︑聖書講座に⁝﹂と言いつ
つ︑自分からは教会を出よう
としない︒福音書を読むとイ
エスは決して一つの場所にと
どまることなく︑次から次へ
と移動され人々に出会い︑癒
し︑言葉をかけていかれたこ
とが分かる▲ところで︑幼少
期の頃を思い返すと︑たくさ
んの信徒が自宅に来られてロ
ザリオ会などが盛んに行われ
て い た こ と を 記 憶 し て い る︒
今は車社会になり生活が便利
になった反面︑人々との関わ
りは薄くなり信仰を同じくす
る者が交わる機会も本当に少
なくなった気がする︒立派な
聖堂などなかったキリスト教
草創期において︑人々はやは
り 各 々 の 家 庭 に 集 い︑ 祈 り︑
パンを割き︑分かち合ってい
た︒私たちはもう一度このよ
うな血の通った人と人とのつ
ながりを大切にする共同体作
りが必要なのではないかと思
うのである▲社会における人
間関係が希薄になればなるほ
ど︑教会もその影響を受けざ
るをえない︒しかし︑一般の
人が初めて教会に足を運んだ
とき︑通常の社会と何ら変わ
ることのないコミュニティで
あれば誰が魅力を感じるであ
ろうか︒ここには他にない暖
かさ︑寛容さ︑そして何より
もキリストが教えた愛が溢れ
ているとき︑真に意味のある
教会と言えるのであろう︒M
思っています︒こちらでも分
ち合いをすすめていきたいと
思 っ て い ま す︒
﹂と司牧への
意気込みを語っている︒
唐津教会に新潟
教区秋田教会か
らスタン神父
唐津教会の主任司祭に着任
したポウォムスキ・スタニス
ラオ神父は︑神言修道会の司
祭で︑3月まで新潟教区の秋
田教会で司牧に従事されてい
た︒
﹁ミサを中心として家庭的
な雰囲気にあふれた共同体づ
くりをしたい︒教会や幼稚園
の施設もかなり老朽化してい
るので︑信徒の皆様ともよく
話し合って︑検討していきた
い︒司牧については︑子ども
たちを大切に育てて︑この小
教区から司祭を出せるようが
んばりたい︒スタン神父と呼
んでください﹂と︑電話イン
タビューに答えてくれた︒
POLOMSKI
Stanislaw 神父
的に使えるのは司祭であるこ
とが多いからです︒その条件
を 満 た す 信 徒 が 出 現 す れ ば︑
その人に委ねてもいいので
す︒むしろ委ねていくように
すべきでしょう︒
つまり︑一人の信者として
の働きと︑彼が﹁司祭である
がゆえに﹂負っている務めは
区別して考えるとよいと思い
ます︒主任司祭である自分が︑
信者の働き手である自分を使
うのです︒このような区別は
作為的なものには違いありま
せん︒しかし︑﹁信徒の時代﹂
を実現するには︑この区別は
有益だと思います︒
御受難修道会宗像修道院長
2008年福岡教区現勢
教区司祭数: 人
小神学生数:3人
宣教会・修道会司祭数: 人 大神学生数:2人
修道士数:4人 修道女数:397人︵以上は信徒数外︶
43
ちょっと
一息
坂牧春妙
深堀正平
れたことです︒次いで︑五百
か ら︑ 使 徒 た ち の 中 で も
人以上もの兄弟たちに
一 番 小 さ な 者 で あ り︑ 使
同 時 に 現 れ ま し た︒ そ
徒と呼ばれる値打ちのな
のうち何人かは既に眠
い者です︒神の恵みによっ
り に つ い た に し ろ︑ 大
て 今 日 の 私 が あ る の で す︒
部 分 は 今 な お 生 き 残 っ ︵一コリント 15
・3〜9︶︒
て い ま す︒ 次 い で︑ ヤ
この文を最後に置いたの
コ ブ に 現 れ︑ そ の 後 す
は︑福音書に先立つ二十年
べ て の 使 徒 に 現 れ︑ そ
以上も前の︑復活に関する
し て 最 後 に︑ 月 足 ら ず
最古の文献だからである︒
で生まれたような私に
森山 敬三
も 現 れ ま し た︒ 私 は︑
︵大名町教会信徒︶
神の教会を迫害したのです
ご意見欄 裏まで書いて 無視される
流されておく 満ち潮は きっと来る
最も大切なこととして
私があなたがたに伝
え た の は︑ 私 も 受 け
たものです︒
す な わ ち︑ キ リ ス ト
が︑ 聖 書 に 書 い て あ
る と お り︑ 私 た ち の
罪のために死んだこ
と︑ 葬 ら れ た こ と︑
ま た︑ 聖 書 に 書 い て
あるとおり三日目に
復活したこと︑ケファ
に現れ︑その後十二人に現
*****************************************************************************
38
T E L 092−526−5656
﹃福岡教区は初めて︒どうぞよろしく﹄
2009年4月の福岡教区内の司祭異動で7つの
小教区が新しく主任司祭を迎えた︒休暇を取られる
司祭のために兼任で司牧される司祭方を迎えた教会
もあるが︑今年は︑名古屋教区︑新潟教区︑長崎教
区 か ら 主 任 司 祭 を 迎 え る こ と に な っ た 教 会 も あ る︒
修道会などの異動で着任された司祭も数人いらっ
しゃるが︑今回︑小教区に他教区から着任された3
人の司祭を紹介する︒
呼子教会に
長崎教区から
堤好治神父
セバスチャン堤好治神父は
今年の3月まで長崎教区の平
戸地区にある上神崎教会の主
任司祭として司牧され︑4月
から呼子の教会の主任司祭と
して着任した︒
﹁ 私 は 韓 国 で︑ 聖 書 の 分 ち
合いをリードする勉強をして
来ました︒韓国でカトリック
信徒の数が増える一つの理由
は︑信徒が盛んにみ言葉の分
ち合いをやっているからだと
セバスチャン
堤 好治 神父
の体﹂︑﹁神の民﹂の名にふさ
いという現状があるからで
わ し い 共 同 体 と な る た め に︑ す︒宣教は共同体の任務であ
一粒の麦となって地に落ちる
り︑司祭の務めは宣教に貢献
こと︒数回に分けて︑少しず
できる信者︵共同体︶を育て
つ説明していきます︒
ることにあります︒
司 祭 の︑
﹁司祭としての﹂
そして︑司祭もキリスト信
働 き の 対 象 は﹁ 信 者 共 同 体 ﹂ 者であり︑共同体の一員であ
です︒では︑教会外の社会と
ることを忘れてはなりませ
の関わりはどうなるのか?宣
ん︒それも︑キリスト教的訓
教 そ の も の は﹁ 信 者 共 同 体 ﹂ 練を最もよく受けている信者
全体の責任です︒司祭の務め ︵ の は ず ︶ で す︒ 善 き キ リ ス
は︑信者共同体が宣教的な意
ト信者がすべきことは︑司祭
識を持つように育てることで ︵ と な っ た キ リ ス ト 信 者 ︶ も
す︒たしかに要理教育は司祭
するのは当然です︒司祭が要
が担当することが多いでしょ
理教育を担当することが多い
う︒また︑社会との関わりに
の は︑ 小 教 区 共 同 体 の 中 で︑
おいても︑司祭が先頭に立た
その仕事をするための教育を
なければならないこともある
受けているのは司祭だけであ
でしょう︒しかし︑それはま
る場合が多いからです︒ある
だ信徒がそこまで熟していな
いは︑そのために時間を優先
木 下 株 式 会 社
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
ミサ
デ
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
カトリック福岡黙想の家
浄水通教会に
神言修道会の
リチャード神父
シゼフスキー・リチャード
神父は名古屋教区愛知県知多
市の長浦教会で主任司祭を務
め︑1年間のサバティカルの
あと︑福岡教区の浄水通教会
へ主任司祭として着任︒
﹁新しい土地に来ることは︑
色々な意味でチャレンジがあ
ります︒今後ともチャレンジ
精神を忘れずに︑宣教師とし
ても新たなチャレンジをして
いきたい︒
﹂と話している︒
︵ 3︶﹁ キ リ ス ト の 体 ﹂ を
育てる
こ の 連 載 で 考 え た い の は︑
小教区で働く司祭の務め︵役
割︶を︑次のように表現して
みたいと思います︒そこに属
す る 信 者 た ち が︑﹁ キ リ ス ト
『祈りの学校』ー他人のために祈るー
参加者募集中!
ヴィノ
6月16日(土)11時開始〜7日(日)13時まで
*会費:1泊4食/4,350円(通常の半額)
この機会に是非ご参加ください!
◆
宣教者パウロの
シルエット完
STRZYZEWSKI
Ryszard 神父
来住 英俊
イザヤ
(2)
第621号
カトリック福岡教区報
2009年6月1日発行
召命と家庭
時間を必要としていることに
気が付きました︒
教会の中に私と同じような
想いで日々の振り返りをした
いという方がいるのではない
か と思い︑同時にその様な
方々のお役に立てればと︑光
の集いをさせて頂いていま
す︒皆様も暗やみを包む光の
あたたかみを実感なさってみ
ませんか?
この集いは決して﹁若いモ
ン﹂だけの集まりではありま
せん︒振り返りをして自分自
身を見つめ直す時間が欲しい
方︑ぜひどなたでも構いませ
ん!
﹁父と子と聖霊のみ名に
よ っ て︑ ア ー メ ン︒
﹂この次
に神さまにお捧げしている皆
様のお祈りは︑どなたのため
のお祈りですか?
山本 晃大︵西新教会︶
回クルシリヨ開催
膝をつき合わせて分かりやす
くお話しくださった︒講義を
聴いてのまとめや発表︑ポス
ター作成も例年になくレベル
の高いものであったように思
う︒そして最後の夜は︑恒例
の﹁クルシリヨ劇場﹂で大い
に盛り上がった︒クルシリヨ
はここ数年︑参加者の減少に
頭を痛めているが︑かつては
大神学生の参加が多く︑ここ
でも召命の減少が影を落とし
ていると言えるであろう︒し
かしクルシリヨは元来﹁信徒
練 成 会 ﹂ と 言 う べ き も の で︑
純粋に信徒の参加だけで盛り
上がるべきであろう︒そうい
う意味では︑神学生の減った
今︑真に信徒だけを対象にし
たクルシリヨになりつつある
のかもしれない︒今年は久し
ぶりに司教様の派遣の祝福も
いただいたし︑スタッフにも
若 い 顔 が ち ら ほ ら 見 ら れ た︒
少ないながらも神の導きによ
り︑新しいスタートを切った
ような気がする︒これからも
スタッフ一丸となって︑努力
を 重 ね て い き た い︒ 最 後 に︑
開催にあたって霊的花束やご
寄付︑ご支援くださった多く
の方々に心より感謝申し上げ
たい︒誠にありがとうござい
ました︒
光を自分の内に実感できる﹂
と語った︒
その後︑訪問者全員で﹁君
は愛されるために生まれた﹂
を合唱した︒手拍子で応える
受刑者の人もいて温かい一時
を送ることができた︒
参加者の荒巻さんは﹁この
訪 問 を 通 し て わ た し も 罪 人︑
人からは赦されないかもしれ
ないが︑
神は赦してくださる︒
その神の愛と信頼を裏切らな
い生き方が罪を償う方法では
ないかと思う﹂と語った︒
☆パウロの福音
カルロ・マリア・
マルティーニ 著
佐久間 勤 訳
黙想書
で す︒ ど
の黙想に
もテーマ
にそって聖パウロの手紙︑使
徒言行録が縦横無尽に引用さ
れ て お り︑ 豊 か さ を 感 じ る︒
さらに一つのテーマの黙想が
パウロの思想の奥深さを感じ
させてくれると同時に︑読者
への問いかけ︑回心を呼びか
けている︒
女子パウロ会
発行
税込定価 1470円
◇
◇
◇
☆お誕生日おめでとう
セラピー
L・エンジェルハート 文
R・W・アリー 絵
目黒 魔天雄 訳
本書は︑
誕生日の
多くの面
を探りま
す︒過去を振り返る気持ちか
ら︑現在を味わい感謝する心
と未来に希望を抱くところま
で⁝︒
サンパウロ社
発行
税込定価
735円
◇
◇
◇
☆ペトロ岐部と187殉教者
歴史・巡礼ガイド
カトリック生活編集部 編
188
人の福者
を 家 族︑
使 徒 職︑
司祭の三部構成でそれぞれの
立場からいのちをかけて愛を
証ししたキリシタンたちをグ
ラビア一杯で紹介︒
ドン・ボスコ社 発行
税込定価
735円
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
第
今年も爽
やかな五
月晴れの
も と︑ 第
回クル
シリヨが
開催され
た︒ 参 加
者は7名
と少数で
はあった
が︑ 数 年
ぶりに司教様のご出席も賜
り︑実り多いものであったと
思う︒しかも司教様自ら講義
を1コマ担当され︑参加者と
武蔵ケ丘教会
1603年に弾圧され殉教し
たヨハネ原主水の話をしなが
ら﹁過去に罪を犯したあなた
にも将来がある︒行ったこと
を認め︑償いながらこれから
の人生を見直すことができ
る﹂とメッセージを伝えた︒
また武蔵ケ丘教会の井手祥
子さんは﹁神さまの力を受け
入れ︑心を開き︑人の道を日々
選び続けるなら︑どのような
状況にあっても希望と安心の
復活祭に刑務所を訪問して
4 月 日 の 復 活 の 土 曜 日︑
武蔵ケ丘カトリック教会をは
じ め︑ プ ロ テ ス タ ン ト を 含
む3団体で熊本刑務所を訪問
した︒約130人の男性受刑
者を前にして一瞬たじろいだ
が︑この数ヶ月間︑受刑者を
励まそうと毎週練習を重ねて
きたことを思った︒
同行したレナト神父︵武蔵
ケ丘教会主任︶は︑迫害者か
ら改宗したパウロの話︑また
ミンダナオディ
ていないと言う希望だったと
行橋教会﹁Mの会﹂ 涙ながらに語った︒そしてよ
うやく皆さんの人のため︑平
バザーやコンサートである︒
和のために祈る姿にふれ︑祝
子どもと共に捧げるミサか
福をいただいて癒されました
ら始まり︑一時帰国している
と感謝の言葉を述べた︒
図書館設立者の松居友さんか
ミサ後に幼稚園の一室に
ら︑日本からの寄付や奨学金︑
里親支援によって行われてい ﹁ミンダナオルーム﹂を設け︑
﹁地球のステージ﹂
る 様 々 な ボ ラ ン テ ィ ア 活 動︑ 桑山さんは
と題して世界各地の紛争地や
その自主的に支え合う様子が
被災地での子どもたちの心的
映像で紹介された︒
治療などの様子を映像やスラ
また︑今年1月に空爆下の
イド写真を投影しながらライ
ガザで緊急医療活動を行いパ
ブ音楽と語りで紹介した︒貧
レスチナの人々に勇気を与え
困 と は 何 か︑ 平 和 と は 何 か︑
た山形の精神科医︑桑山紀彦
ボランティアとは何か︑人間
さんも参加︒桑山さんはイン
が互いに思いやり︑つながっ
ターネットを通じ︑戦場で苦
ていることの大切さと︑伝え
しむ人々のために身も知らぬ
ることの重要性に目を向け考
行橋教会の皆さんが祈ってく
え行動する一日となった︒
れていたことは︑見捨てられ
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
森山工務店
有限
会社
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
48
5月 日︑行橋教会有志で
発足したミンダナオ支援﹁M
の会﹂の呼びかけで﹁ミンダ
ナオデイ﹂が開かれた︒フィ
リピン・ミンダナオ島の紛争
で難民となったイスラムの
人々や貧困に苦しむ先住民族
の人々の自立支援を行う﹁ミ
ンダナオ子ども図書館﹂の活
動を紹介し︑支援資金を作る
図書館設立者の松井友さん
はマザー・テレサでした︒彼
で し た︒ た だ︑﹁ 尊 く︑ 善 い
女の生涯を一言に集約するな
こと﹂への道を歩む喜びと不
らば﹁世の最も貧しい者の友
安があの時︑交錯していまし
となったもう一人のキリス
た︒もちろん︑神学生として
ト﹂といえるかもしれません︒
の歩みにおいて﹁司祭への召
わたしたちを魅了してやま
命とは何か?﹂を事ある毎に
ない彼女の生涯は何処から来
問い続けましたが︑手にした
たのでしょうか?
答えは﹁神様からの招きであ
彼女の両親は周囲の貧し
り︑ 恵 み ﹂ で し た︒ そ し て︑
く︑困窮した隣人への愛に満
この答えは幼い頃より目に
ちた人だったそうです︒です
し︑耳にした信仰者の生き様
から︑彼女は幼い頃より︑貧
から得たものでした︒
﹁子ども達が愛することと︑ しい人を身近に感じ︑奉仕す
る事のすばらし
さをその両親の
姿を見ながら学
召命における家庭の役割について び︑成長しまし
た︒彼女の隣人
愛の原点は幼い頃より身近に
目にした両親の姿にあったの
です︒
召命という大切なこの課題
に取り組むためには︑召命が
家庭より生まれること︑そし
てその信仰生活の実りとして
与えられ︑育まれ成長してい
くということを再認識いたし
ましょう︒
30
48
18
17
司 祭
シリーズ
②
動
祈ることを学ぶのに最もふさ
わ し い 場 が 家 庭 で あ り︑ 家
庭で父母の姿から学ぶので
す︒家庭が崩壊したり︑不和
になったりすれば︑多くの子
は愛と祈りを知らずに育ちま
す︒ 家 庭 崩 壊 が 進 ん だ 国 は︑
やがて多くの困難な問題を抱
え る こ と に な る で し ょ う︒
﹂
とわたしたちに家庭が持って
いる役割を教えて下さったの
に一度︑第三火曜日の夜7時
分から︑西新教会の聖堂に
於いて︻光の集い︼という祈
りの集いをさせて頂いていま
す︒
主に〝沈黙〟と〝聖歌〟を
中心に︑静かに祈るというシ
ンプルなスタイルで︑ろうそ
くの光を見つめながら﹁自分
自身を振り返り見つめ直す時
間に﹂と︑行なっています︒
主 日 の ミ サ の 共 同 祈 願 や︑
各祈願では﹁○○さんが⁝で
あ り ま す よ う に ﹂ や︑
﹁○○
な方々が⁝でありますよう
に﹂と自分以外の人々のた
めに神さまにお捧げしている
祈りが多いと思います︒その
ようなお祈りはとても大切な
事だと思います︒しかし考え
ると︑自分自身を見つめ︑振
り返りを行なうような祈りの
時間がミサの中では案外少な
く︑また自分でもそのような
!?
ペトロ浦川務神父
わたしたちが日々の生活の
なかで何度となく唱えている
祈りに﹁主の祈り﹂や﹁聖母
マリアへの祈り﹂
があります︒
私はこれらの祈りを意識して
覚えた記憶がありません︒気
づいた時にはこ
れらの祈りを唱
えていました︒
小さな子ども
たちは︑耳に入
る言葉が記憶に残り︑やがて
記憶に留められた言葉を祈り
となって唱えるようになりま
す︒両親の祈りの言葉がわた
し の 祈 り に も な っ た の で す︒
わたしにとっての司祭への
召命も主の祈りと同じような
ものでした︒小神学校に入学
が決まった時︑まだ﹁司祭へ
の召命﹂がどのようなもので
あるかを理解できていません
12
皆さんはじめまして!私は
先日 歳を迎えました︒人間
としても信仰の面にしても未
熟ではありますが︻とにかく
考えてみたことは悩む前に動
け!︼を自分のモットーに生
活しています︒やってみない
と分からないこともあると思
うからです︒昨年 月より月
20
第621号
カトリック福岡教区報
2009年6月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年6月1日発行
み国が 来ますように!
みこころの月
福岡黙想の家ご案内
カトリック教会のカテキズム
日 時:2009年7月26日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
資 料:カトリック教会のカテキズム
*6月の講座は休講です。
第4回
案
内
板
日 時:6月7日 ( 日)1 4時
場 所:カトリック大名町教会
テーマ:スライドと共に味わう
パウロの世界
-- パウロが宣教したヘレニズムの世界 -指 導:鈴木信一神父(聖パウロ会司祭)
主 催:福岡教区聖書委員会
6月
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて
2009 年度北九州地区聖書講座
メインテーマ:いただきます
〜神のことばを食べる〜
スケジュール
Ⅲ . 日時:7月26日 ( 日)14 時〜 16 時半
場所:カトリック行橋教会
講師:山元 眞 神父(行橋教会主任)
テーマ : 新約聖書の言葉の味
主催:北九州地区信徒協聖書部会/
教区聖書委員会
* 2010 年 1 月 24 日まで、全6回開催します。
あっちこっちミサ
6月のこよみ
会合と催し
◇1日(月) 〜3日(水) 御受難修道会共同体の日
◇6日(土) 〜7日(日) 黙想の家後援会・『黙総会』&『総会』
◇8日(月) 〜 15日(月) 奉献生活者の為の黙想会(参加者募集中)
指導:来住英俊神父
◇20日(土)
福岡チェナクルム
◇21日(日) 〜 22日(月) 聖マリア在俗会黙想
◇27日(土)
北九州クリスチャンの集い
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
聖パウロを読む
(4)
第621号
レクツィオ ディヴィーナ
時:6月11日
(木)10時〜 15時半
容:聖パウロの旅
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父/ Sr. マリア デ・ジョルジ
*個人やグループでの黙想会や研修会も歓迎いたします。
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
・日
・内
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:6月 20 日、7月4日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
7日(日) 三位一体の主日
武蔵ケ丘教会創立25周年ミサ・堅信式/恵楓園ミサ
†P.ダイヤモンド〔2006年本渡教会〕
8日(月) 北九州地区司祭の集い
9日(火) 司教顧問会
11日(木) 召命祈願ミサ(神学校19時半)
12日(金) †ラウレンチオ岩永義人〔2008年今村教会〕
13日(土) 召命徹夜祈祷会(カテドラル大名町教会)
14日(日) キリストの聖体の主日
島崎教会創立50周年と聖体行列
新田原教会聖体大会
15日(月) 司教総会(〜20日)
19日(金) イエスのみ心
20日(土) 聖母のみ心
21日(日) 年間第12主日
荒尾教会創立50周年記念ミサ
†ドミニコ深堀仙右衛門司教〔1985年第3代教区長〕
22日(月) 列聖列福特別委員会(大名町教会)
23日(火) 司祭研修会(〜25日)
24日(水) 洗礼者聖ヨハネの誕生
28日(日) 年間第13主日/聖ペトロ使徒座への献金
聖パウロ年閉幕ミサ(カテドラル14時)
29日(月) 聖ペトロ・聖パウロ使徒
日本カトリック児童施設協会大会開幕
30日(火) 2010年度大神学院入学願書締切日
7月
1日(水) 福者ペトロ岐部司祭と187殉教者
全国カトリック保育連盟研修会(〜3日)
3日(金) 聖トマ使徒
5日(日) 年間第14主日
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
◆
■福岡祈りの会
︹日時︺毎週月曜 時から
時 分︹場所︺大名町教会1
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・
聖書の分かちあい︹代表︺
床嶋︹問合せ︺☎092・5
21・2503蓮尾
■召命祈願ミサ
︹日時︺6月 日︵木︶ 時
分から︹場所︺日本カトリッ
ク神学院福岡キャンパス大聖
堂︹主式︺岩下裕志神父︵カト
リック浦上教会助任︶☎09
2・871・4943神学院
■召命徹夜祈祷会
︹日時︺6月 日 土(︶ 時の
ミ サ か ら 日 日(︶ 7 時 の ミ
サまで︹場所︺カテドラル大
名町教会︹問合せ先︺福岡教
区召命担当=浦川務神父︵久
留米教会主任︶☎0942・
32・8011
■在世フランシスコ会集会
︹ 日 時 ︺ 6 月 日︵ 日 ︶ 時
から︹場所︺高宮フランシス
コ会修道院在世会集会所︹内
容︺アシジの聖フランシスコ
に倣って︑福音に生きるため
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
2・843・5831岩崎
■第5回信仰と祈りの養成
研修会︵若い女性信徒のため︶
︹日時︺6月 日 日(︶ 時か
あっちこっちミサとは⇒全国あっち
こっちで同じ日時、同じ典礼を皆が捧
げるミサです。過去、02、04、06 年
と開催され、今回は全国 12 地区 14 団
体が参加します。普段分かれて活動し
ている青年たちが「離れていても同じ
信仰で繋がっている」ことを感じ、一
致の恵を喜び合うミサです。
30
11
これまでに私たちが見落としてきた数々の出会い、こ
れも大きな神さまからの恵であることに感謝したい。ま
た今回のあっちこっちミサが多くの人の出会いの場にな
りますように。
15
19
14
19
30
Br
岡
テーマ:出会いは救い
11
13
21
福
14
21
12
ら 時︹場所︺カトリック大
名町教会信徒室︹講話︺大塚
了平助祭︹参加費︺300円
︹主催︺川島キヨ子︵使徒職の
協力者︶︹問合せ先︺☎092・
715・3606鈴木美子
■召命を共に祈る会
︹日時︺6月 日︵木︶ 時
分から︹場所︺召命の家︹問合
せ先︺浦川務神父︵教区召命
担当司祭・久留米教会主任︶
■青年黙想会
︹日時︺6月 日 土(︶ 時か
ら 日 日(︶ 時まで︹場所︺
カノッサ修道女会太牟田修道
院︵大牟田市倉永︶
︹テーマ︺
よわさこそ︹対象︺青年キリ
スト者と求道者︹同伴︺ 大
田
︹参加費︺1500円
︹申込︺
☎0944・58・5793
/
[email protected]
大田
■第 回福岡典礼聖歌研修会
︹日時︺6月 日 日(︶ 時半
から 時半︹テーマ︺キリス
トを賛美する⁝一般賛歌⁝
︹講師︺深堀純︵大名町教会信
徒︶
︹場所︺カトリック笹丘
教会︹参加費︺感謝献金︹問合
せ先︺☎092・541・3
730松山
■虹の会
︹日時︺7月 日 土(︶ 時半
から 時半︹場所︺カトリッ
ク大名町教会3階︹内容︺子
どもを亡くした親の悲嘆の分
日
時:6月 21 日 13:30 受付
14:00 聖歌の練習
15:00 ミサ
福岡会場:泰星学園(福岡市中央区動物園となり)
対
象:どなたでも/洗礼を受けていない中高
生の方など。大歓迎!!
参 加 費:中高生 100 円 ・大人 300 円(茶話会代)
問 合 せ:[email protected]
(古木英祐/光丘教会)
Sr.
16
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
11
21
13
13
18
28
51
15
Sr.
16 27
18
20
14
30
ち合い︹参加費︺600円︹連
◆
熊
本
絡先︺☎090・1162・
6395 柴田須磨子
■熊本地区召命を共に祈る会
︹日時︺6月 日
︵木︶ 時
︹場
■福岡ホスピスの会勉強会
所︺カトリック健軍教会︹内
︹日時︺7月 日 日︶ 時か
(
容︺ロザリオと話し合い︹問
ら 時まで︹場所︺カトリッ
合せ先︺健軍教会☎096 ・
ク大名町教会︹テーマ︺病む
人とのコミュニケーション
368・2825青木悟神父
︹講師︺野島一彦教授︵九州大
■カトリック看護協会福岡支
学人間環境学研究院 人間科
部の集い
学部門 臨床心理学︶
︹参加費︺ ︹日時︺7月 日︵日︶ 時
一般1000円/会員500
分から 時︹場所︺イエズス
円︹問合せ先︺福岡ホスピス
の聖心病院会議室︹問合せ先︺
の会☎092・874・63
☎096・352・7181
竹内
21
■美野島司牧センター
編集後記
ホームレス支援のための炊
き出し等へのご協力をお願い
﹁パウロ年﹂を終えて︑
﹁司
します︒ また︑毎週火曜日
祭年﹂が始まります︒司祭に
ついて考える年であれば︑信
時半から炊き出しボランティ
徒や修道者は関係ないという
アも合わせて募集しています︒
︹問合せ先︺☎092 4
・31・ ことではありません︒様々な
神の招きの中で︑司祭も一つ
1419 コース・マルセル
の召命です︒あくまで︑教会
神父
全体の活動の中で︑司祭職と
◆
北 九 州
いう役務について考えていく
べきでしょう︒この恵みの年
■北九州召命を共に祈る会
を﹁神様からの招き﹂という
︹日時︺6月5日︵金︶ 時か
大 き な 視 点 か ら と ら え る 時︑
ら︹場所︺カトリック新田原
教会聖堂・テレジア館︹内容︺ 司祭ではない圧倒的な数の信
徒の皆さんにとっても︑意味
ミサ・十字架の道行・ミーティ
のある年になるのではないで
ング︹司式・指導︺杉原寛信
しょうか︒パウロ年のコラム
神父︵新田原教会主任︶
︹問合
は森山敬三さんが1年間︑担
せ先︺☎093・963・2
当してくださいました︒感謝
359江口
いたします︒また教区教勢の
■小倉祈りの集い
中 で︑ 紙 面 の 都 合 上︑
﹁求道
︹日時︺6月 日︵金︶ 時半
者﹂の欄が掲載出来ませんで
から 時︹場所︺カトリック
小倉教会信徒会館2階︹指導︺ した︒また今回この数から見
えてくることについて評価が
ガブリエル神父︵御受難修道
なされていませんが︑皆様に
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
お委ねいたします︒
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
教区報の編集に携わって1
先︺☎090・3985・5
年が過ぎました︒充実した紙
209松田裕子
面︑少しでも皆様にとって意
◆
佐
賀
味のある紙面にしたいと励ん
でおりますが︑どの程度教区
■佐賀祈りの集い
報が読まれているのか︑気に
︹日時︺6月 日︵水︶ 時〜
か か る と こ ろ で も あ り ま す︒
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
ク会館
︹内容︺共に祈る
︹次回︺ 率 直 な ご 意 見︑ ご 要 望 を い
ただけると幸いです︒皆様の
6月 日 水(︶ 毎
=月第2と第
4水曜日︒どうぞご参加下さ ﹁ 声 ﹂ も 出 来 る 限 り 掲 載 し た
い︒
︹問合せ先︺☎0952・ いと考えていますので︑よろ
しくお願いいたします︒
30・8347 吉武
11
24
30
16
15
10
26
10
13
12
14
10
10
Sr
17
12
18
14
11
30
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
16
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般︼中東のキリスト者
︻宣教︼人類の和解
50
︻日本の教会︼休暇と心身の回復
5月 日︵日︶︑富岡城跡︵天
草市苓北町︶において福者ア
ダム荒川殉教記念ミサが行わ
れ︑400人あまりが集まっ
た︒アダム荒川を記念し︑富
岡でミサをささげるのは今回
が初めて︒
17
50
に当たり︑この主日の大切さ
に つ い て 力 説 さ れ た︒ こ の
説教は当教会が創立以来 年
間︑この主日を特別な日とし︑
毎年欠かさず聖体行列を行っ
てきたことの意義を説き明か
してくれるものであり︑島崎
教会の 周年にふさわしいも
のであった︒
第二部では来賓の祝辞︑第
三 部 で 聖 体 行 列 が 行 わ れ た︒
当教会で創立以来︑欠かさ
ず行われてきた聖体行列が
回目の今年もすばらしい天候
に恵まれたことに感謝しなが
ら行列は行われた︒教区の司
教によってご聖体が顕示さ
れ︑行列が行われたのは︑今
回が最初であった︒
記念式典に参列した一信徒
は︑﹁ 昨 年 月︑ 周 年 記 念
11
とを感謝し︑郷土の殉教者へ
の思いを深めるために︑毎年
地区内の殉教地のひとつで記
念行事を行うことにしてい
る︒折しも天草の三小教区︵大
江︑﨑津︑本渡︶がアダム荒
川の殉教記念ミサを発案し計
画を進めていたところ︑今年
はこの行事を地区全体として
開催することになった︒
15
熊本市
は︑創立から2005年まで︑
年間に亘り︑聖コロンバン
会によって行われた︒この間︑
初代ドリー神父から数え︑歴
代 8 人 の 主 任 司 祭 に よ っ て︑
司牧・宣教活動が行われてき
た︒現在は︑ザベリオ宣教会
に移り︑主任司祭は︑ダニー
ロ・マルケット神父︑信徒数
は約300人︒
記 念 式 典 は︑ 第 一 部 で 周
年記念感謝の荘厳ミサが捧げ
られた︒このミサは︑宮原司
教の司式のもと︑ザベリオ宣
教会管区長︑主任司祭等︑司
祭7名の共同司式で行われ
た︒ミサの説教の中で司教は︑
まず︑キリストの聖体の主日
50
熊本地区では︑昨年188
殉教者列福の恵みを受けたこ
祭 や 修 道 者 の 高 齢 化︑ お
洞察なのでしょうね﹂
︒
﹁﹃今はひどい時代だと言
金とモノ中心の価値観とい
﹁かつて︑秩序と安定があっ
われているけれども︑今ほ
う︑ナイナイづくしの中で
た 古 き よ き 時 代 に は︑
﹃この
どいい時代はない﹄と言わ
路 線 で 行 き さ え す れ ば 安 全 ﹄ 頑張っています︒でも︑人
れたのは︑マルティーニ枢
それぞれの顔が違うよう
辻井伸行さんが︑世界的な
機卿でしたかしら﹂
︒﹁ あ︑ み た い な も の が あ っ て︑ 楽
に︑学校も︑置かれた場と
ピアノコンクールで優勝した
だったけれど︑今は何でも自
シスターもあ
というニュースは暗いニュー
分 で 見 つ け て い か な く て は︑ か︑歴史とか︑すべての点
れを読んだ
で 全 部 違 う も の で す か ら︑
スばかりが続く昨今︑わたし
という世界だね﹂
︒﹁裸で︑聖
の だ ね︒
﹃四
よそ様の学校から学ぶこと
たちに大きな光を与えてくれ
霊の前に一人で放り出された
世紀の教父時
は多々あっても︑結局人ま
た▲受賞の時︑お母様は︑
﹁わ
みたいな︒⁝でも︑相手が聖
代以上に豊か
ね で は 解 決 が 出 来 ま せ ん︒
たしの子どもに生まれてくれ
霊なのですから︑怖くないは
な神学の時代
それぞれの学校が︑自分で
てありがとう﹂と語った︒当
だ﹄とかね﹂
︒ ず で す よ ね ﹂︒﹁ 日 本 の カ ト
対決し︑祈っていく他あり
たり前のことだと思うが︑こ
リック学校で働くに当たって
﹁一見︑シッ
︒﹁分かった︒祈り
の言葉が新鮮に響いた方も多
も︑その孤独を感じますか﹂︒ ません﹂
チャカメッ
で応援するよ﹂
︒
いのではないか︒生後︑視覚
﹁ お 察 し の 通 り で す︑ 神 父
チャカな世界でも︑信仰の
障害があることが分かったと
様︒カトリック学校同士が結
うちによく目を据えるとす
シスター 今泉ヒナ子
き︑母は﹁絶望の淵に立たさ
束して︑研修会をしたり︑提
ごいものが見えてくる︑と
︵CND︶
れ︑深い谷底に落されたよう
い う の が︑ 本 当 に 勉 強 し︑ 案 を 出 し 合 っ た り し な が ら︑
なショックを受けた﹂と言う︒
不安な世界経済︑少子化︑司
本当に深く祈っている人の
にもかかわらず︑子どもの才
能にいち早く気づいて立ち上
を前に︑島崎の 人の殉教者
司教団︑裁判員制度に公式見解を発表
がっていく母︒伸行さんは言
が 列 福 さ れ ま し た︒ 今 日 は︑
う﹁花火に行っても︑心の中
とても良い天候となり︑創立
で 色 と り ど り の 花 火 が 開 く︒
司教団は︑裁判員制度につ
は
カ
ト
リ
ッ
ク
信
徒
だ
か
ら
︑
政
以来 回目の行列を行うこと
母のおかげで︑何でも心の目
いての公式見解を6月 日付
治的なことに関わらないと
ができました︒ここに︑私達
で見られるようになった︒不
けで発表した︒それによると
か
︑
あ
る
い
は
逆
に
教
会
の
教
え
の教会への︑神の慈しみの御
自 由 は あ り ま せ ん︒﹂ と 言 い
を無視して裁判員として振舞
手を見る思いがいたします︒
﹂ キリスト者は﹁福音の精神に
きる▲先日︑小学生に親の恩︑
導かれて︑地上の義務を忠実
う
と
い
う
姿
勢
で
あ
る
︒
す
で
に
と感慨深く語った︒
師の恩を忘れない人になりま
に果たすべき﹂
︵﹃現代世界憲
信徒として︑裁判員の候補者
しょうという話をした︒ある
を寄せる川添猛神父︵帯山教
章﹄ 番参照︶という観点か
と
し
て
選
出
さ
れ
た
人
も
あ
る
こ
子が﹁恩って何ですか﹂と尋
会主任︶が行った︒川添神父
ら﹁各自がそれぞれの良心に
とを考えると︑わたしたちの
ねた︒恩を分からない子ども
は︑天草赴任時代に彼に関す
従って対応すべきである﹂と
身
近
な
社
会
の
問
題
と
し
て
︑
こ
た ち が 増 え て い る と す れ ば︑
る記録をたどり︑ゆかりの地
さ れ て い る︒ し か し な が ら︑ の制度について理解を深める
どうしてその子が︑人様に恩
を 訪 ね な が ら︑ い つ の 日 か︑ 信徒が実際に裁判員に任命を
と
と
も
に
教
会
の
教
え
を
も
併
行
を施すことが出来ようか︒確
彼が信仰のあかしをたてた
受けた場合︑不安やためらい
して学ぶ必要があろう︒
かに恩は売ったり着せたりす
この地でミサをささげること
が起こり得る︒その際は︑司
一
方
︑
聖
職
者
︑
修
道
者
︑
使
るものではない︒一生懸命生
ができたらとの思いを持ち続
牧者に相談した上で︑教会の
徒的生活の会の会員に対し
きているときに相手に自然と
けてきたことを話し︑﹁今日︑ 教えに注意を払いながら︑自
て
は
︑
教
会
法
第
2
8
5
条
第
伝わるものであろう︒それが
こうして多くの人と共にミサ
分の役割を引き受けることが
3項﹁聖職者は︑国家権力の
子どもたちに伝わっていない
をささげることができる喜び
すすめられる︒
さらに教会は︑
行
使
へ
の
参
与
を
伴
う
公
職
を
受
としたら︑私たちの人として
を感謝したい﹂と感慨深い様 ﹃ カ ト リ ッ ク 教 会 の カ テ キ ズ
諾することは禁じられる﹂の
の様々な関係がどこか問い直
子だった︒
ム ﹄︵
番︶及び司教団
規
定
に
従
い
︑
﹁
聖
職
者
︑
修
道
2267
さなければならないのかもし
天 草 の 3 つ の 小 教 区︵ 大
メッセージ﹃いのちへのまな
者︑使徒的生活の会の会員が
れない▲﹁わたしの子どもに
江︑﨑津︑本渡︶が力を合わ
ざし﹄の中で︑死刑廃止の方
裁
判
員
の
候
補
者
と
し
て
通
知
さ
生まれてくれてありがとう﹂
せて︑初めてのアダム荒川殉
向 を 明 確 に 支 持 し て い る が︑ れた場合は︑原則として調査
父なる神は子である私たちに
教記念ミサを実現した︒殉教
それ故﹁死刑判決に関与する
票
・
質
問
票
に
辞
退
す
る
こ
と
を
このように言って下さる︒で
者と同じ心で︑神と人を愛す
かもしれないなどの理由から
明記して提出すること︑また
あれば︑私たちはその神の思
る喜びを味わうことができた
良心的に拒否したい︑という
辞
退
し
た
に
も
か
か
わ
ら
ず
選
任
いに応える生き方がしたいも
ように思う︒今はわたしたち
方 の 立 場 を も 尊 重 し ま す︒
﹂ された場合は︑過料を支払い
のである︒イエスの心の奥底
と共に歩んでくれる殉教者に
とされている︒
不
参
加
と
す
る
こ
と
を
勧
め
る
︒
﹂
に も こ の み 声 が 響 い て い た︒
励まされて︑この体験をこれ
すなわち︑信徒として︑こ
とされている︒
﹁ こ れ は わ た し の 愛 す る 子︑
からの信仰生活につなげてい
の問題に関わるとき2つの極
これに聞け﹂と︒M
きたい︒
端を避ける必要がある︒自分
43
カトリック
学校の窓
7月の意向
福者アダム荒川殉教祈念ミサ
45
周年を祝う
市 の 西 部 を 小 教 区 と し︑ 誕
生 し た︒ こ の 地 に は︑ 既 に
1 8 9 8 年︑ 熊
本に於ける最初
の 宣 教 師︑ ジ ャ
ン マ リ ー・ コ ー
ル神父とマリア
の宣教者フラン
シスコ修道会の
シスター達の努
力 に よ っ て︑ 救
ライ事業が開始
さ れ て お り︑ 当
小教区の誕生
は︑ こ こ に 起 因
している︒
島崎教会の司牧
50
当日は地元天草やアダム荒
川のふるさとである島原をは
じめ︑熊本地区︑そして長崎
教 区 各 地 か ら 信 徒︑ 修 道 者︑
司祭が集まった︒遠くは東京
上野毛教会からの参加もあっ
た︒
ミサは熊本地区長牧山勝美
神父の司式で行われ︑ほかに
人 の 司 祭 が 共 同 司 式 し た︒
説教はアダム荒川に熱い思い
④
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 6-28
発
行
人
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-4059
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
﹃司祭年﹄が始まりました︒
﹃司祭召命の育成﹄を最優
先課題として取り組んで
いる福岡教区民にとって︑
大きなお恵み計らいです︒
教皇様のご意向とご期待
に お 応 え で き る よ う に︑
全世界のキリスト信者と
心 を 合 わ せ て︑ こ の 1 年
間を有意義に過ごしたいと思
います﹂と記している︒司祭
年が今年の聖ヨハネ・マリア・
ビアンネ神父没後150年を
記念するものであることが教
皇から宣言されている︒
各小教区では 日の主日の
ミ サ の 中 で︑ 司 祭 団 と し て
は 日の司祭研修会中のミサ
で︑
﹃司祭年﹄の開始を祈念
した︒
25
50
島崎教会創立
19
50
50
6月 日︵日︶
﹁キリストの聖体の主日﹂
︑島崎教会︵主任
=マルケット神父︶は︑創立 周年を迎え荘厳な記念式典を
行った︒宮原良治司教を迎えた式典には︑地元及び各方面よ
り︑司祭・修道者・信徒︑約300人が参列︑喜びを共にした︒
「キリストの司祭職への忠実」
31
14
島崎教会︵熊本市島崎︶は︑
1 9 5 9 年 3 月 8 日︑ 熊 本
司祭年(2009.6.19 〜 2010.6.19)開幕
†††††††††††††††††††††††††
ドミニコ宮原
良 治 司 教 は︑ 福
岡教区司祭団に
宛てたメッセー
ジの中で﹁司祭
の年﹂開始に寄
せ て と し て﹁ ベ
ネディクト 世
教皇様の制定
により︑いよい
よ6月 日から
13
50
21
第622号
カトリック福岡教区報
2009年7月1日発行
(1)
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
T E L 092−526−5656
スリランカは平和になったの?
+主の平和
宮原司教様へ
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
ありませんが︑ミサやお祈り
の中で恩返しできたらと思っ
ています︒これからもどうぞ
よ ろ し く お 願 い い た し ま す︒
清々しい季節ではあります
が︑油断して風邪をひかれる
方も多いと聞きます︒どうぞ
お身体にはくれぐれもお気を
つけてお過ごしください︒マ
リア様のご保護がありますよ
うに︒感謝のうちに︒
神学生代表中学1年
萩原 直人︵今村教会︶
る体験は素晴らしかった︒私
たちは聖霊に触れ︑満たして
いただき︑悔い改め︑いやさ
れ︑解放されて大きな愛︑喜
び︑平安をいただいた︒主の
現存に圧倒され涙した毎日の
ミ サ や 沈 黙 の 聖 体 礼 拝 で は︑
多民族でありながらもカト
リックは普遍であるので︑皆
が一致できるという素晴らし
い 恵 み を 実 感 し︑ 感 謝 し た︒
最後の日に一般公開された野
外ミサでは︑約5万人という
大群衆に驚かされた︒一人ひ
とりに聖体を配りに行かれる
司祭の姿に涙し︑こんなに多
くの人々とキリストにおいて
一 致 出 来 る こ と に 感 動 し た︒
父 な る 神 は 愛︑ イ エ ス は 愛︑
聖霊は愛︑私は愛︑あなたも
愛であることを実感し︑愛の
火だるま状態になり帰国︒こ
のいただいた愛の火を消すこ
となくまわりの人々に笑顔で
もって伝えたい︑
燃やしたい︑
暖 め て あ げ た い と 熱 望 す る︒
私が生まれてきたのは神と人
とを愛するためだ!とはっき
りわかったのだから︒
主に賛美!アレルヤ!
内藤さとみ︵西新教会︶
日︵申込締切日︶
◇新聞送付期間
2009年9月6日付から
4週間
◇新聞送付先
直接ご自宅へお届けします
※ 現在新聞をご購読いただ
いている方は︑恐れ入ります
が︑申込はがきをお友達︑親
族の方にお勧めいただきます
ようお願いいたします︒
カトリック新聞社
営業部 購読係
〒 135-8585
東京都江東区
潮見2ー ー
☎= 03-5632-4432
渥= 03-5632-7030
坂牧春妙
深堀正平
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
聖霊刷新国際
大会に参加して
聖霊刷新の国際大会が行わ
れた韓国︑コトンネは神の愛
の火が燃えさかり︑その愛を
実 践 し て い た︒ 貧 し い 人 々
に格別の援助を行う修道者
300人︑賛助会員100万
人を抱える聖霊刷新の大きな
共同体という偉大な実りを結
ん で い た︒ 国 際 大 会 は 世 界
ヶ国から約1000人の参
加 者 で︑ 枢 機 卿︑ 司 教 人︑
司祭 人以上も中におられ感
激した︒種々の民族︑異なる
言語の老若男女が一つになっ
て手を挙げて賛美の歌を熱唱
し︑異語で祈り︑神をたたえ
12
から 万人にのぼります︒さ
らに 万以上の人がまだ難民
となってしまいました︒この
ような状態では︑自分の国で
平和に暮らせないということ
で︑ 外 国 に 逃 げ て し ま っ た
人々も多数にのぼります︒こ
の人達もある意味で難民では
ないでしょうか︒
的で闘いますが︑時間がたつ
とともに︑政治的な事が絡み
合い︑沢山の人を︑それも民
族も無関係に︑彼らと反対の
意見を持っているというだけ
で 人 々 を 殺 し て し ま い ま す︒
このLTTEというテログ
ループはアルカイダのような
強力なグループでした︒
自爆という恐ろしいものを
世 界 に 紹 介 し た グ ル ー プ で︑
沢山の女性がそれの犠牲とな
りました︒スリランカの大統
領一人を殺し︑一人を怪我さ
せ︑インドの首相RAJIV
E Gandi をも殺して
しまいました︒多くの政治家︑
一般人が︑自爆の犠牲となり
ました︒またテロリストが解
放されたとき︑情報の漏洩を
防ぐため︑SAYANIDE
という毒を自分の首に下げて
毒を飲んで自殺するというこ
とも行い︑その数は数え切れ
ないぐらいです︒
青葉
若 葉 が︑
目に美
しい好
季を迎
えまし
た︒いかがお過ごしでしょう
か︒私たちは試験も終わって
一段落し︑少しだけホッとし
ているところです︒今日はい
つもお世話になっている方々
へのお礼の手紙を書かせてい
ただいています︒先日は︑私
たちのためたくさんのアイ
ス︑ピザをいただき︑ありが
とうございます︒心から感謝
申し上げます︒こうして私た
ちのことを支えてくださる
方々がいるということを心強
く思いながらこれからも司祭
を目指し︑精一杯頑張ってい
こうと思います︒今の私たち
には︑何もお返しするものが
りました︒このキャンペーン
は︑一人でも多く信徒の皆様
方に︑今のカトリック新聞を
知っていただくことを目的と
しております︒この機会に是
非︑直接手にとってお読みい
ただきますようお願いいたし
ます︒
カトリック新聞普及にご支
援︑ご協力を賜りますようお
願い申し上げます︒
◇申込方法
教会備え付け申込はがきに
必 要 事 項 を ご 記 入 い た だ き︑
ご投函ください︵切手は不要
です︶
◇申込期間
2009年6月 日〜8月
50
なぜ戦争が始まったか?
どうやって終わったのか?
戦争の始まり︒
1948年の独立のため
に︑タミル人とシンハラ人が
一緒に戦いましたが︑新政府
の % を シ ン ハ ラ 人 が 占 め︑
タミル人が差別されたこと
で内戦が始まります︒タミル
人の自由のためにLTTEと
いうグループが政府と戦うこ
とで︑また武器を持って戦う
ことでテログループになりま
す︒ こ の グ ル ー プ は 当 初 は︑
タミル人の権利回復という目
18
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
48
球場の 半分沸かす ホームラン
暗証番号の四ケタに入れておく老後
ー典礼音楽の豊かさを求めてー
典礼音楽研修会
31
10
スリランカで行われていた
戦争は内戦です︒スリランカ
は美しい島国で︑1948年
イ ギ リ ス か ら 独 立 し て︑ タ
ミ ル 人︑ シ ン ハ ラ 人 と い う
二つの民族が︑平和に暮らし
ていました︒独立後︑この二
つの民族間に政治的な問題が
起こりました︒1975年あ
た り か ら︑ 政 府 に 反 対 す る︑
L T T E ︵
Liberation
︶とい
Tamil Tiger Elam
うテロのグループがタミル人
の中で生まれます︒あれから
年間続けられた内戦が国を
荒廃させてしまいました︒
経済的に落ち︑モラルが落
ち︑沢山の大事な人が犠牲と
なりました︒北の方では多く
の若者が︑将来を失い︑子ど
もには父親がない国となって
しまいました︒この期間︑内
戦だけで亡くなった人は 万
こ の 度︑ カ ト
リック新聞社で
は︑福岡教区・宮
原良治司教様のご
承 認 を い た だ き︑
福岡教区の全教会
で︑
﹁4週間無料
試読キャンペー
ン﹂を展開させて
いただくことにな
ちょっと
一息
29
皆さんは︑ニュースでスリ
ランカの戦争が終わったとい
うことをお聞きになったと思
います︒
スリランカのことを全く知
らない方は︑スリランカに戦
争があったの?いつからでし
たか?どういう戦争ですか?
と尋ねられますが︑スリラン
カはどこにありますか?とい
う質問さえありました︒そこ
で︑
戦闘が終結したとはいえ︑
決して平和が来たとは言えな
い状況にある私の国の現代の
ことを書こうと思います︒
新しい大統領のもとで3年
前からテロ撲滅ということ
で︑また恐ろしい戦闘が始ま
りました︒戦争はスリランカ
の東から北の方まで広がって
いましたが︑その始まりは東
からテロリストを探して殺害
し︑最後に2009年5月
日︑テロのリーダーを殺害す
ることによって戦争が終わっ
たと宣言しました︒
本当に戦争が終わったの
ではなく︑ 年あまり権力者
だったテロのリーダーを殺害
しただけです︒戦争が終わっ
たと皆安心し︑政府と軍隊が
お祝いしていますが︑ 万あ
まりの難民になっている人た
ちの立場をだれが考えてくれ
るでしょうか︒もちろん政府
も︑国民も国の発展のために
心掛けるということで︑また
違う意味の戦争が始まってい
ることだと思います︒
30
ピリスプッレ・ジュード神父
オブレート会司祭
古賀教会主任
10
︵4︶司祭は共同体を
ん︒そして︑意見が真っ向
から対立している複数の信
者の話を聴く場合は︑もっ
と難しくなります︒二人に
直接話し合ってもらおうと
しても︑うまく行かないこ
とが多いので︑それぞれの
話を別に聴くこともありま
す︒AさんはBさんを論難
し︑BさんはAさんを論難
す る︒ ど ち ら も 一 理 は あ
る︒そのそれぞれを受容的
に聴きながら︑一緒にやっ
ていく道をみつけようとす
ると︑板ばさみ状態でフラ
フラになります︒
し か し︑ た ぶ ん そ こ に
小教区のリーダーである
司祭の大事な役割があるの
でしょう︒主任司祭の役割
は︑小教区メンバーの個人
の霊的成長を助けることだ
けでなく︑共同体としての
成長を図ることにあるから
です︒
御受難修道会
宗像修道院長
1923 年 の 創 刊 か ら 4000 号
を迎えた記念のロゴ!
34
るという意味のような気がし
ます︒しかし︑司祭が人の話
を聴くのには︑もう一つの局
面があります︒それは教会︵小
教区︶運営について様々な意
見を持っている人の話を聴く
ということです︒私の経験で
は︑こちらの方がずっと難し
い︒
問題を抱えている人の話を
聴くことも︑もちろん容易で
はありません︒時間はかかる
し︑自分は具体的な援助手段
を持っていないことが多いの
で︑ただ聴いているのは辛い︒
しかし︑話される問題につい
て自分は第三者ですから︑善
意 と 忍 耐 が あ れ ば︑
﹁受容的
傾聴﹂はそれなりにはできま
す︒
一方︑共同体︵小教区︶運
営 に 関 す る 話 を 聴 く 場 合 は︑
司祭は第三者ではなく︑当事
者の一人です︒自分自身の意
見がある場合︑自分が非難さ
れていると感じる場合︑そう
簡単には受容的に聴けませ
10
育てる
叙階式の季節になると︑新
司祭の抱負がカトリック新聞
や 教 会 報 に 載 り ま す︒﹁ 人 の
話をよく聴く司祭でありた
い﹂という抱負を述べる人が
多いように思えます︒話をよ
く聴いてくれる人は少ないの
で︑好感を持って読まれるよ
うです︒
と こ ろ で︑﹁ 誰 ﹂ の 話 を 聴
くのでしょう︒自分の問題を
抱えている人の話に耳を傾け
『カトリック新聞・4週間無料試読
キャンペーン』展開のお知らせ
ヴィノ
7月27日(月)16:00開始〜29日(水)15:00終了
講師:新垣壬敏(作曲家、東京純心女子大学特任教授)
【費用】全日程完全参加の場合 18000円
◆
35
30 12
78
PEIRISPULLE
Jude Canisius 神父
来住 英俊
イザヤ
(2)
第622号
カトリック福岡教区報
2009年7月1日発行
るためにわたしは本気でやっ
ています﹂︒
その後︑ツルデル神父さま
の補習を余儀なくされ︑授業
にあずかり︑無事に哲学科に
上 が る こ と が 出 来 ま し た が︑
進級できたこと︑また8年と
いう大神学校生活を続けるこ
とが出来たのは養成者であ
り︑教授であったツルデル神
父さまとその言葉のお陰であ
ると思っています︒
もちろん神学生が司祭にな
るためには本人
の 努 力 や 祈 り︑
司祭になりたい
という気持ち
と︑信徒の方々
の祈りが必要です︒それと同
時に司祭として生きていくた
めに必要なものを与えてくれ
る先輩の神父さま方の指導に
従うことも大切です︒わたし
もこんな自分のために一生懸
命になってくれている人がい
るんだと気づいた時に中途半
端 だ っ た 気 持 ち が 固 ま っ た︑
そんな気もします︒
糸島教会主任司祭
た︒青年たちが﹁メール出し
ますから﹂と口々に声を掛け
るのを聞いて︑﹁時代は変わっ
たね︒距離感が違う﹂という
声が聞こえた︒
﹁祈りで支えてください﹂
と言って旅立った田中神父の
イタリアでの勉強は﹁青少年
教育学﹂︑4年間の予定︒
田中重治神父ローマに留学
福岡教区長宮原良治司教の
命を受け︑教区事務局長・浄
水通教会主任を兼務してい
た田中重治神父が5月 日
金
( ︶︑イタリアへ出発した︒
これまで福岡地区の青年担
当だったこともあり︑福岡空
港には早朝にもかかわらず
人あまりの青年が駆けつけ
旧ザビエル聖堂︑その美しさ再び
て様々の面で再生に関
わ っ て い る 人 た ち︑ 近
隣の方々など約150
人 が 参 列︒ 上 棟 式 は︑
福岡黙想の家院長の来
住英俊神父︵御受難会︶
の 司 式 で 行 わ れ︑ 聖 水
と献香による祝別の後︑
郡 山 司 教︑ N P O 法 人
文化財保存工学研究室
の土田充義理事長が来
住神父とともに軒桁を
締める儀を行った︒
2006年 月の敷
地 祝 別 式︑ 翌 年 4 月 の
起 工 式 以 来︑ 地 元 の 小
中学生はじめ多くのボラン
ティア︵因みに2008年度
は延べ1140人︶の参加に
よって作業が進められ︑この
日を迎えた︒屋根と壁は木の
部 材 が 見 事 に 組 み 合 わ さ れ︑
聖堂正面と側面の入口にはか
つての石段と石柱が再びはめ
こまれ︑想像以上の大きさに
圧倒される︒これで全工事の
4 割 が 完 成 し た こ と に な り︑
2年後の2011年4月7日
聖フランシスコ・ザビエルの
誕生日の献堂式を目指して新
たな歩みが始まる︒
﹁ 7 月 に は 屋 根 瓦 を︑ 8 月
中 に 八 角 形 の 塔 を 上 げ ま す︒
美しい骨組みの姿は 月から
は 見 れ な く な り ま す︒ 是 非︑
木造の素晴らしさを多くの方
に見ていただきたいです﹂と
土田理事長は話している︒
再生プロジェクトでは︑作
業ボランティアおよび資金面
の協力︑再生への思いと祈り
による協力を待っています︒
郵 便 振 替 口 座 番 号 =
01720・1・44311
加入者名=NPO法人文化財
保存工学研究室
問合せ= 092-811-1407
土田 充義
12
☆あけぼの
女子パウロ会
発行
定価・送別
300円
年間・送共 3600円
◇
◇
◇
☆家庭の友
サンパウロ社
発行
定価・送別
300円
年間・送共 4000円
◇
◇
◇
☆カトリック生活
ドン・ボスコ社 発行
定価・送別 286円
年間・送共 3300円
◇
◇
◇
☆聖母の騎士
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
15
6月 日︑宗像市・福岡黙
想の家に再建中の旧ザビエル
聖堂の上棟式が行われ︑かつ
ての美しい姿がその一端を現
した︒
式には︑鹿児島より郡山健
次郎司教はじめ 人と︑聖堂
再生プロジェクトチームとし
聖母の騎士社 発行
定価・送別
147円
年間・送共 2520円
◇
◇
◇
子育て︑介護︑癒し︑老後︑
教 育︑ 信 仰︑ 教 会︑ 社 会 の
テーマなど︑信仰者の目︑キ
リストの目で伝えてくれるカ
トリックの月刊誌です︒家庭
に一冊の購読をおすすめしま
す︒新しく受洗された方︑結
婚された方へのプレゼントに
も最適でしょう︒
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
森山工務店
有限
会社
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
﹁神学生と養成者﹂
10
20
渥 03-3700-3427(申込は渥で)
妨げる別のもののために時間
を使っているからストレスを
感 じ た り︑ 時 間 が 足 り な い︑
自由がないと嘆いたりしたの
かも知れません︒
そんな不安と不満を腹に抱
えていたわたしが︑大神学校
に入ってしばらくした頃︑ツ
ルデル神父さまのラテン語の
授業がとても苦痛で3度ほど
仮病を使って休んだ時があり
ました︒おそらく理解できな
い言語を見るだけで嫌になっ
ていたのでしょうが︑さすが
に温和な神父さまも私のこの
態度に怒ったのか私を呼び出
し︑﹁ な ぜ 来 な い?﹂ と 顔 を
赤くして問いただします︒
わたしも特に理由が言える
わけでもなく黙っていますと
神父さまが言われました︒﹁わ
たしの授業がそんなにつまら
ないのか︒どうしたら来てく
れるのか︒あなたが司祭にな
まり﹁出会いは救い﹂という
テーマでミサを捧げた︒お友
達に連れられミサに参列した
大学一年生の女性は﹁出会い
は素晴らしいという神父様の
お話に共感した﹂と話し︑ま
た要理勉強中の 代の女性は
﹁聖歌も雰囲気も楽しかった︒
気軽に来られる感じでお友達
も誘い易い﹂と話す︒
青年会の娘と参加したご夫
妻も﹁人との出会いの中で神
さまに出会っていくのは素晴
らしいですね︒これからもお
互いの世代に関心を持ち分か
ち合っていきたい﹂と話して
くれた︒
﹁ 遠 く に 居 る 人 を 思 い︑ 近
くに居る人をより大切に﹂と
いう願いの込められたあっち
こっちミサは︑参列した一人
からはじまる優しさのリレー
だ︒これからの広がりにも注
目していきたい︒
20
田中神父の見送りに集った若者と
8月 8日
わたしは神学校を卒業して
年ほどになりますが︑司祭
になってからというもの積極
的に神学校に近づこうとして
いません︒福岡地区の召命担
当にもなりましたので︑いつ
までもそういう
わけにはいきま
せんが︑神学校
で長く生活して
いたこと︑その
在学期間の辛さが原因なのか
なと考えます︒悩み多き年頃
に︑祈りと勉強に明け暮れる
毎日はストレスを抱える日々
でした︒しかしその祈り︑勉
強こそは司祭を目指す神学生
に必要なものであり︑その時
間を確保するために朝早く起
きること︑夜はほどほどの時
間に休むことは当たり前のこ
とです︒むしろ祈り︑勉強を
サを体験してほしい﹂と希望
し準備を進めてきた︒
﹁パンフレットの言葉など
教会が初めての人にもわかる
ようスタッフと工夫した﹂と
代表を務めた古木英祐さん
︵光丘教会︶は話す︒
一緒に
動く仲間
はほとん
どが 代
後半から
代前半
の新青年
世代︒中
高生や友
人へと声
を か け
た︒こう
して開催
当日会場
となった
泰星高校
の講堂には 人を超す人が集
80
10
講義内容と講師
講義科目
担当者
倫理神学概論
牧山 強美
宗教概論
阿部 仲麻呂
哲学概論Ⅰ
谷 隆一郎
神学的人間論Ⅱ
大山 悟
聖書学概論
B・クアン
旧約聖書Ⅰ
和田 幹男
新約聖書Ⅰ
川原 昭如
生命と性の倫理
中村 倫明
霊性神学Ⅰ(基礎)白浜 満
評価と反省
Sr. 木澤
病者の塗油
白浜 満
日 程
7 月 30 日
7 月 31 日
8月 1日
8月 2日
8月 3 日
8月 4 日
8月 5日
8月 6日
8月 7日
10 月以降はこの美しい木組みを見ることはできない
*全科目を受講または、特定科目だけを受講のい
ずれも受講できます。
受講費:全科目 25000 円/1科目 3000 円
宿泊費:1泊 5000 円3食付(宿泊は女性のみ)
◆問合せは、神学校ではなく直接研修センターへ
お願いします。申込については受講希望の科目
を明記して Fax でお願いします。宿泊の希望も
センターの方へ申し込んでください。
◆受講費・宿泊費とも当日の受付で支払いをお願
い致します。
13
夏期神学講座及び臨床パストラルケア
哲学・神学養成講座 開講のご案内
50
7月 30 日(木)午前 9 時から
8月 8 日(土)午後 2 時まで
場 所:日本カトリック神学院福岡キャンパス
(福岡市城南区松山 1-1-1 ℡ 092-871-4943)
問合せ・申込先:158-95 東京都世田谷区瀬田
1-28-2 NPO 法人臨床パストラル教育研
究センター本部事務所 ☎ 03-3700-3425
時
日
10
﹁あっちこっちミサ=全国
あちこちで︑同じ時刻︑同じ
典礼︑同じテーマで捧げるミ
サ﹂は今回で4回目︒福岡も
開催地のひとつとして︑全国
あちこちの仲間と共にミサを
準備してきた︒福岡のスタッ
フは﹁洗礼を受けていない方
に参加してもらいたい﹂
﹁ミ
20
ミカエル竹内英次神父
司 祭
シリーズ
③
第4回 あっちこっちミサ
第622号
カトリック福岡教区報
2009年7月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年7月1日発行
み国が 来ますように!
案
福岡黙想の家ご案内
カトリック教会のカテキズム
日
場
講
資
時:2009年7月26日(日)15:00
所:カテドラル大名町教会
師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
料:カトリック教会のカテキズム
2009 年度北九州地区聖書講座
メインテーマ:いただきます
〜神のことばを食べる〜
日時:7月26日 ( 日)14 時〜 16 時半
場所:カトリック行橋教会
講師:山元 眞 神父(行橋教会主任)
テーマ : 新約聖書の言葉の味
主催:北九州地区信徒協聖書部会/
教区聖書委員会
* 2010 年 1 月 24 日まで、全6回開催します。
日本カトリック平和旬間
◆福岡地区
・インターナショナルミサ(カテドラル 14 時)
◆第9回北九州地区平和の集い
テーマ:伝えよう、子どもたちへ、いのちの尊さを
・午前:各小教区で平和ミサ
・午後:カトリック小倉教会 13 時から
・献金:いのちを守るための緊急募金
(カリタスジャパン)
この夏、若ものプログラム
日 程:2009 年8月 13 日(木)〜 18 日(火)
テーマ:『話し合おう、神のもとで』
対 象:18 歳〜 25 歳 この交流に理解のある方
参加費:12,000円+旅費
主 催:日本カトリック中央協「青少年司牧部門」
企 画:東京教会管区(担当:福島一基神父)
*参加希望者は、福島一基神父まで
☎03・3417・5211(成城教会)
◆ FYCC7に参加しよう!
テーマ:
『一緒におうちへ帰ろう』
日 時:8月 21 日(金)〜 23 日(日)
場 所:日本カトリック神学院福岡キャンパス
参加費:4500円(兄弟割引あり)
対 象:福岡県内の中学生・高校生
問合せ先:e-mail:[email protected]
☎ 092 − 741− 3687(大名町教会:十時神父)
代 表:豊嶋 玲(大名町教会)
主 催:福岡地区青年会
◆福岡教区夏期召命学校
7月
1日(水)
3日(金)
5日(日)
6日(月)
9日(木)
12日(日)
16日(木)
◇4日(土) 〜5日(日) 山口・島根信者養成研修会
◇6日(月) 〜7日(火) 召命を共に祈る会黙想
◇10日(金) 〜 12日(日) 第一回オランテ黙想の集い
◇10日(金) 〜 16日(木) キリスト者のための内観黙想会
◇18日(土)
福岡チェナクルム
◇18日(土) 〜 19日(日) 神の前で生と死を考える集い(第二回)
◇20日(月)〜 23日(木) 産業医科大学・医学概論セミナー
◇25日(土)〜 26日(日) 池田教会・典礼研修会
◇27日(月)〜 29日(水) 典礼音楽研修会(講師:新垣壬敏)
◇31日(金)〜 8/9日(日) 福音の光修道会黙想
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
19日(日)
20日(月)
22日(水)
25日(土)
26日(日)
29日(水)
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて
レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:7月9日
(木)10時〜 15時半
・内 容:キリストの使徒であるパウロ
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父/ Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:7月 18 日、8月1日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
奥村アヤ子さんのお話を聞く会
日 時:7月 26 日(日)11 時から
場 所:カトリック久留米教会聖母幼稚園ホール
お 話:「原爆で一瞬にしてひとりぼっちになっ
てしまった」と言う、奥村アヤ子さん(被
爆語り部=城山教会信徒)
参加費:無料
主 催:憲法9条を世界の宝に・ピース9の会
連絡先:☎ 0942 ・ 47・1044 井手順子
福者ペトロ岐部司祭と187殉教者
聖トマ使徒
年間第14主日/光丘教会堅信式
召命を共に祈る会黙想(黙想の家〜7日)
召命祈願ミサ(大神学院19:30)
年間第15主日/戸畑教会堅信式
カルメル山の聖母/ 福岡教区創立記念日(1927年)
女子カルメル会ミサ聖祭
年間第16主日/健軍教会堅信式
海の日
マグダラの聖マリア
聖ヤコブ使徒
年間第17主日
聖マルタ
†T.グローガン〔2004年美野島教会〕
8月
2日(日)
4日(火)
5日(水)
6日(木)
7日(金)
年間第18主日/馬渡島教会堅信式
聖ヨハネ・マリア・ビアンネ司祭
†ペトロ平田三郎司教〔2007年第4代教区長〕
主のご変容/日本カトリック平和旬間(〜15日)
ドミニコ宮原司教霊名の祝い(カテドラル11時)
†J・P ラベル〔2004年サン・スルピス司祭会〕
8日(土) 聖ドミニコ司祭
9日(日) 年間第19主日
平和の集い
*ゴチック文字は、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
福岡和田墓地清掃日
和田墓地納骨式・追悼式
日 時:7月 12 日(日)
9:00 から
ミ サ:11:00
予備日:7月 26 日
納骨ミサ:8月 13 日 14 時
追悼ミサ:8月 15 日 14 時
(岩永義人神父様納骨式)
納骨堂開放日:第2日曜日
12:00 〜 15:00
*福岡教区納骨堂管理委員会
30
16
11
11
13
19
30
Br
12
16
28
16
11
14
12
19
14
14
30
11
22
30
15
24
10
13
10
Sr
編集後記
今月号に︑修道女連盟の総
会の記事を載せる予定でした
が︑裁判員制度に対する司教
団メッセージが発表されたた
めに︑
掲載出来ませんでした︒
関係の皆様にお詫び申し上げ
ます︒また︑ジュード神父様
にスリランカの現況について
寄稿していただきました︒内
戦の背景には︑民族の問題が
あるということですが︑この
戦いで多くの人が傷つき︑家
を 失 い ま し た︒ 平 和 が ど れ
ほど大きな恵みか︑また平和
は私たち一人ひとりの努力に
よって築かれるものであるこ
とを再認識いたしました︒
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
7月のこよみ
会合と催し
ホームレス支援のための炊
◆
熊
本
き出し等へのご協力をお願い
します︒ また︑毎週火曜日
■熊本地区召命を共に祈る会
時半から炊き出しボランティ ︹日時︺7月 日
︵木︶ 時
︹場
アも合わせて募集しています︒
所︺カトリック健軍教会︹内
︹問合せ先︺☎092 431・ 容︺ロザリオと話し合い︹問
・
合せ先︺健軍教会☎096 ・
1419 コース・マルセル
神父
368・2825青木悟神父
■カトリック看護協会福岡支
◆
北 九 州
部の集い
■北九州召命を共に祈る会
︹日時︺7月 日︵日︶ 時
分から 時︹場所︺イエズス
︹日時︺7月9日︵木︶9時半
の聖心病院会議室︹問合せ先︺
から︹場所︺カトリック水巻
教会
︹内容︺ミサ
︹司式・指導︺ ☎096・352・7181
竹内
伊東成晃神父︵門司教会主任︶
︹問合せ先︺☎093・963・
◆
その他
2359江口
■小倉祈りの集い
■カトリック難民移住移動者
︹日時︺7月 日︵金︶ 時半
委員会全国研修会
から 時︹場所︺カトリック ︹日時︺ 月 日︵月︶ 時半
小倉教会信徒会館2階︹指導︺ 受付〜 日︵水︶ 時︹場所︺
ガブリエル神父︵御受難修道
福岡カテドラル・カトリック
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
大名町教会︹テーマ︺
﹁きかん
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
ね︑みらんね︑しゃべらんね﹂
先︺☎090・3985・5 ︹ 対 象 ︺ 難 民 移 住 移 動 者 に 関
209松田裕子
わっている司祭︑修道者︑信
徒︑支援に関心のある信者の
◆
佐
賀
方々︹スケジュール︺ 日目
=谷司教講話・井上幸雄氏講
話/2日目=ミサ後現地研修
/ 3 日 目 = 分 科 会︑ 全 体 会︑
全国担当者会議︹申込先︺委
員会より各教会に8月中に申
込書が届きますので︑ご記入
の上︑お申込み下さい︒
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
板
■佐賀祈りの集い
︹日時︺7月8日︵水︶ 時〜
時 分
︹場所︺佐賀カトリッ
ク会館
︹内容︺共に祈る
︹次回︺
7月 日 水(︶ 毎
=月第2と第
4水曜日︒どうぞご参加下さ
い︒
︹問合せ先︺☎0952・
30・8347 吉武
テーマ:
「私たちの教会、私たちが教会」
日 時:2009年8月 18 日 ( 火)〜 20 日 ( 木)
18 日 ( 火)10 時大名町教会集合して出発
場 所:カトリック新田原教会
対象者:小学4年生から中学 3 年男子(30 人)
参加費:1500円/申込締切:8月2日 ( 日)
申込・問合せ先:浦川神父(☎ 0942-32-8011
久留米教会)
*目的:自分たち一人ひとりが教会の一員であることを
意識して、教会で自分に出来ること、神さまから任
せられている使命について考える。それを通してさ
まざまな召命、司祭召命、修道者の召命、使徒の
召命についても考えていく。
内
ク大名町教会3階︹内容︺子
◆
福
岡
どもを亡くした親の悲嘆の分
ち合い︹参加費︺600円︹連
■福岡祈りの会
絡先︺☎090・1162・
︹日時︺毎週月曜 時から
時 分︹場所︺大名町教会1
6395 柴田須磨子
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・ ■福岡ホスピスの会勉強会
聖書の分かちあい︹代表︺
︹日時︺7月 日 日(︶ 時か
床嶋︹問合せ︺☎092・5
ら 時まで︹場所︺カトリッ
21・2503蓮尾
ク大名町教会︹テーマ︺病む
■召命祈願ミサ
人とのコミュニケーション
︹日時︺7月9日︵木︶ 時
︹講師︺野島一彦教授︵九州大
分から︹場所︺日本カトリッ
学人間環境学研究院 臨床心
ク神学院福岡キャンパス大聖
理学︶
︹参加費︺一般千円/
堂︹主式︺十時伸治神父︵カト
会員500円︹問合せ先︺☎
リック大名町教会助任︶☎0
092・874・6321
92・871・4943神学
■在世フランシスコ会集会
院
︹ 日 時 ︺ 7 月 日︵ 日 ︶ 時
から︹場所︺高宮フランシス
■虹の会
コ会修道院在世会集会所︹内
︹日時︺7月 日 土︶ 時半
(
容︺アシジの聖フランシスコ
から 時半︹場所︺カトリッ
に倣って︑福音に生きるため
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
2・843・5831岩崎
■召命を共に祈る会
︹日時︺7月 日︵木︶ 時
分から︹場所︺召命の家︹問合
せ先︺浦川務神父︵教区召命
担当司祭・久留米教会主任︶
■グレゴリオ聖歌を歌う会
︹日時︺7月 日 火(︶ 時か
ら︹場所︺聖クララ寮︵福岡市
南区塩原︶︹内容︺聖体礼拝
︹問
合せ先︺096・380・5
686 堺
■美野島司牧センター
◆第 15 回カトリック日韓学生交流会
(4)
第622号
28 10
17
26
12
16
12
14
11
18
1
30
6月 日から
34
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般︼難民と移住移動者
人が研修
カナダ人で︑日本が初め
てというM神父は︑まだま
だ熱心な質問を続けてき
た︒
﹁日本のカトリック学校
が︑良心的で︑
概して一定の
レベルを維持
していること
は︑わかった
よ︒それから︑
それぞれの学
校が︑困難な
状況の中を全
力で踏ん張っているようす
も︑つかめた︒こうした学
校が︑日本の社会でどうい
う貢献をしていると言える
のかな﹂︒
﹁ わ あ︑ 大 き な ご 質 問!
司職を生きる︒キリストはさ
らにもう一つの祭司職に私た
ちを招かれた︒すなわち︑教
会共同体を支える者として使
徒たちを派遣され︑彼らの後
継者が司教︑司祭と呼ばれる
ようになる︒この新約の祭司
は︑教会共同体に﹁対峙﹂し
た働きだけではなく︑共同体
の代表として﹁教会共同体と
ともに歩む﹂という働きがあ
ることを示唆した︒最後に司
祭は︑第2バチカン公会議以
前は︑ミサの中で︑いけにえ
であるキリストを捧げる者と
いう観点から理解されていた
が︑同公会議は派遣という新
たな観点から捉えられている
ことを指摘し︑司教と司祭の
まず︑今の日本のカトリック
学校は︑いろいろな意味でそ
れぞれの地域に影響を持つ人
たちを育てていると思いま
す︒ 中 国 の こ と わ ざ で︑
﹃国
家百年の計﹄
というのですが︑
もちろん息の長い話です﹂
︒
﹁我々の生きている間に結
果 を 見 な く て も ね ﹂︒
﹁ は い︒
それで︑この人たちに︑福音
的な価値観を持ってもらうこ
とが︑私たちの最終的な狙い
と願いだと思います﹂
︒
﹁福音的価値観については︑
まず︑それに触れさせること
だろうね﹂︒
﹁そうです︒それ
と︑理論武装の支えも︒⁝で
も︑それらすべてのベースと
し て︑ 学 校 が 子 ど も た ち に
とって︑来るのがうれしい場
であることが肝要です︒甘
やかすとか︑お楽しみを揃
える︑ということとは違い
ます︒高い学力を目指して
いる子たちには︑満足の得
られる質の教育︒受験戦争
で失敗して︑屈辱をなめて
きた子たちには︑自分のレ
ベ ル の ま ま 受 け 入 れ ら れ︑
大事に育ててもらえる場﹂︒
﹁ ど の 子 も︑ こ こ に 来 て
よかったと思ってくれるな
ら︑そここそが福音の場に
なるね﹂
︒﹁在学中に全員に
そう感じてもらうのは無理
でも︑卒業してからしみじ
みと実感してくれるように
と願っています﹂
︒
シスター 今泉ヒナ子
︵CND︶
隠すことなく神様に委ねた
時︑解放されたと語った︒
また︑カテドラル大名町教
会の大塚了平助祭は︑家庭や
自分の回りに一切キリスト教
の雰囲気のない状況からどの
ように神の道に入ることに
な っ た の か を 淡 々 と 語 っ た︒
韓国に留学をしていた大学
時代に下宿先の家族を通して
カトリックに出会い︑
受洗し︑
帰国後︑青年会活動を通して
司祭への道を歩むことになっ
一致さらに司祭団としての一
た︒いよいよ神学校に入ると
致が求められていることを強
決まった時も︑家族に反対さ
調した︒
れ︑理解してもらえなかった
次に︑行橋教会主任の山元
と
いう体験を語った︒
眞神父が基調講演として︑司
その後︑司祭と信徒の協力
牧の観点から﹁司祭と信徒の
などについてグループに分か
協力関係﹂について語った︒
れて分かち合いを行った︒
山元神父は自らの小教区を
教区内で働く司祭たちが理
紹 介 し な が ら︑ 司 祭 と 信 徒︑ 解を深め合うチャンスでもあ
司祭と司祭の対話の重要性を
る恒例の懇親会では︑各修道
話した︒
会︑宣教会︑各国の歌などが
また︑今回の研修会で一同
余興として披露され︑なごや
に感銘を与えたのは2人の司
かな雰囲気で2日目を終え
祭の召命体験であった︒
た
︒
天草地区3教会の協力司祭
最終日は︑司祭団としての
である井手公平神父は︑自ら
﹁
司 祭 年 ﹂ 開 幕 の ミ サ が︑ 宮
の挫折や失敗を通して召命の
原司教を中心に全員の共同司
道に導かれたこと︑また自分
式で行われ︑3日間の日程を
の中にある弱さや醜さを包み
終えた︒
最近電車や地下鉄に乗って
思うことがある︒ 年ほど前
にはなかった光景である︒そ
れは︑自分が乗っている車両
に座っている人々のほとんど
が︑ケイタイを見ていて︑雑
誌や小説を読んでいる人をあ
まり見かけないということ▲
彼らは︑友人とメールを交換
しているのかもしれない︑あ
るいは大事な商談をしてい
る の か も し れ な い︒ あ る い
はインターネットに接続して
何らかの情報を得ているので
あろう︒いずれにせよ︑彼ら
は電子上の何者かと交信して
いる︒誰かと面と向かって話
しているわけではない︒そん
な形でコミュニケーションし
ているときは︑ある種の緊張
や︑相手に対する気遣いはそ
れほど必要ではない︒キーを
自らの思いに従ってたたくと
いう機械的な作業で済ますこ
とができる▲しかし︑ここで
ちょっと考えて見る︒顔を見
るわけでもない︑声を聞いて
いるわけでもない︑どんな仕
草や振舞いかを見ることもな
く︑ただ無機質な電子文字だ
けで人々がコミュニケーショ
ンし︑それがすべてになった
と き︑ 何 が 起 こ る の だ ろ う︒
相手が直面していることに対
する共感︑あるいは同情︑相
手の思い等を推し量ることが
できるだろうか︒つまり︑自
分が情報を受けて処理するば
かりではなく︑自らそれぞれ
の事象について考え︑判断し︑
行動するということが少なく
な る の で は な い か ▲ 現 代 は︑
意志伝達が完結するプロセス
が限りなく短絡化してはいな
いか︒そこには︑相手の苦悩
に寄り添うとか︑一緒に悩む
などということが意味のない
ものになる︒時々ケイタイを
置いて生きてみませんか︒M
10
︻宣教︼迫害され差別されるキリスト者
当日の記念のミサでは︑よ
き時代を思い出してかハンカ
チで目を押さえる人が数人い
た︒宮原司教の労わりと励ま
しの言葉に一同感謝し︑これ
からの教会作りに一層燃え立
つことを祈念した︒祝賀会で
は︑
旧友を温める場面があり︑
明光学園のクワイヤチャイム
が演奏で出席者を和ませ︑下
町神父の腹話術と歌が披露さ
れ︑楽しい雰囲気でひと時を
過ごした︒ 周年の時には教
会はどう様変わりしているの
だろうか︒
竹内英次神父︑そして今福岡
教区の下町豊重神父が八代目
として舵を切っている︒信徒
はそれぞれの司祭の宣教司牧
のよき協力者として苦楽を共
にして来た︒炭鉱の閉山も久
しく︑町並みも寂しさを隠せ
ない昨今であるが︑聖堂や司
祭館は尚も健在であり︑この
年の歴史を刻んでいる︒
︻日本の教会︼完全な核廃絶の実現
日まで︑唐
﹁召命と司祭職﹂で司祭
きであった︒この日の聖堂と
司祭館の落成式には当時の荒
尾市長など多方面から多くの
関係者が参集したと記録され
ている︒
司牧は聖コロンバン会に委
ねられ︑初代主任司祭として
モ ロ ニ ー 神 父 が 任 に 当 っ た︒
文字通り炭鉱の町の教会とし
てスタートしたが︑様々な社
会状況などで宣教は困難を呈
した︒モロニー神父は司牧の
傍ら︑近隣のカノッサ修道会
や明光学園との交流や不明の
信 徒 探 索 に 日 々 を 費 や し た︒
二代目のベーカー神父︵聖コ
ロンバン会︶の時には炭鉱爆
発があり︑被災者慰問に尽力
した︒三代目はオマーラ神父︑
四代目にドイル神父︑五代目
はオマホニー神父︑六代目で
ミラノ会のスカットロン神父
になり︑七代目は長崎教区の
荒尾教 会 創 立 周 年 を 祝 う
カ ト
リック荒
尾教会︵現
教会委員
長杉野サ
ヨ子︶は
1959
年︵ 昭 和
年︶4
月 日に
故ドミニ
コ深堀仙
右衛門司
教により
創設され
た︒
当時の
聖堂は木
造平屋建
てで畳敷
50
津ロイヤルホテルを会場に福
岡教区で働く司祭のための研
修会が開催された︒
今年のテーマは﹁召命と司
祭職﹂である︒
最初の基調講演に立った聖
ザベリオ宣教会のS・フラン
コ 神 父 は︑
﹁司祭職を理解す
るための鍵は︑イエス・キリ
ストである﹂と語った︒
キリストは私たち人類のた
めにご自分の血を流すことに
よって神と私たちを結び付け
られ︑唯一の祭司職を果たさ
れ た が︑ 信 徒 も 神 を 賛 美 し︑
祈 り︑ 人 々 を 神 へ と 導 く 時︑
教会共同体全体としてこの祭
⑤
テーマ:
「私たちの教会、私たちが教会」
日 時:8月 18 日 ( 火)
〜 20 日 ( 木)
18 日 10 時に大名町教会に集合
場 所:カトリック新田原教会
対象者:小学 4 年生から
中学 3 年生の男子 (30 人)
参加費:1500円
持参する物:ロザリオ・洗面道具・
バスタオル・上履き・健
康保険証の写し・長袖の
スウェット上下・懐中電
灯・ハイキング用帽子と
運動靴など
*着替えは多めに持ってきてくだ
さい。
申込・問合せ先:浦川務神父
(☎ 0942-32-8011 久留米教会)
カトリック
学校の窓
夏季召命学校
8月の意向
25
50
6月 日 日
︑
カトリック荒尾教会︵下町豊重主任司祭︶は︑
(︶
教 会 創 立 周 年 を 記 念 し た︒ 近 く に あ っ た 三 池 炭 鉱 に 働 く 信
徒の増加に伴ない大牟田教会から分離する形で荒尾の地に信
徒数 人の聖ヨゼフに捧げられた教会が献堂された︒
14
75
50
29
パウロ年閉幕ミサが︑6月
日 時からカテドラルにて
行われた︒ミサの説教で︑宮
原 良 治 司 教 は︑
﹁教区はこの
年︑パウロから豊かな恵みの
風をいただいて︑新たな船出
をした︒パウロ年は教区の今
後の進むべき方向性に大きな
示唆を与えてくれた︒さらに
聖パウロが︑復活したキリス
ト と 出 会 い 回 心 し た よ う に︑
神との出会い︑交わりこれが
真の回心につながる︒パウロ
がその当時の社会と教会をつ
なぐ橋渡しをしたように︑私
たちも日々回心し︑現代社会
と教会あるいは神様をつなぐ
架け橋になろう﹂と語った︒
28
50
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 6-28
行
人
発
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-4059
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
23
21
45
†††††††††††††††††††††††††
「パウロ年」を感謝と共に閉幕
第623号
カトリック福岡教区報
2009年8月1日発行
(1)
︵5︶司祭は共同体を
育てる
1 9 8 8 年 の ナ イ ス 以 来︑
教会の中で﹁分かち合い﹂は
かなり根付きました︒分かち
合いで大事なことは︑まず相
手が何を言いたいのかを傾聴
することです︒自分が発言す
るときも︑反論する言い方は
は差し控えます︒このことの
重要性が理解されるように
なったのはとてもよいことで
す︒
その反面︑教会の中で﹁議
論﹂することが難しくなった
ように思います︒日本の社会
全体がそうなのですが︑場の
調和的雰囲気を大事にするあ
ま り︑ 議 論 を 避 け る よ う に
なっています︒しかし︑分か
ち合い︵傾聴︶だけで共同体
は発展できません︒今やって
いることを続けていくだけな
らともかく︑状況を考えて方
向を大きく変えようとする場
合︑﹁ 私 は そ う 思 わ な い︑ な
ぜならば﹂と反論することも
必要になります︒相手の感情
を傷つけないことがいつも最
優先されると︑活力ある共同
体は望めません︒
今 は 分 か ち 合 う 場 な の か︑
議論する場なのかを区別すべ
きです︒そして︑議論の場で
は︑私たちはもっとタフにな
るべきでしょう︒
一方︑議論になると︑強い
語調で発言する人が場を支配
しがちです︒これは避けなけ
ればなりません︒会社なら﹁激
しい議論も仕事のうち﹂とい
う共通理解があるし︑上に行
こうとする人はそれなりの覚
悟もしていると考えていいで
しょう︒しかし︑教会では激
しい話し合いに慣れていない
人が多いし︑役員をすること
も珍しくありません︒
この問題は二つ分けて考
える必要があります︒一つ
は︑教会の未来に関心を持
つ数人の信者がたまたま個
人的に話す場合です︒こう
いう場では︑互いに相手を
見ながら︑議論モードで話
してよいかどうか判断す
るしかないでしょう︒親し
い 人 同 士 な ら︑
﹁今日は議
論モードで話させてくださ
い﹂と了解を求めてもいい
かもしれません︒
もう一つは﹁会議﹂です
が︑この場合は︑司会者の
役割が大事です︒
それは次回︒
御受難修道会
宗像修道院長
はなく︑この人に司祭になっ
てほしいと思う人のことを思
い浮かべながら祈ることが大
切︒召命は神様からの呼びか
坂牧春妙
呼びかけるのは︑周りの司祭
や修道者︑家族であることが
多いので︑この人は司祭に向
いているのでは?と思う人が
いたら積極的に声をかけるこ
とが大切と話されました︒
また浦川神父様は︑ご自分
の召命︑司祭になったきっか
けについて話されました︒
今回の黙想会を終えて︑召
命のためには︑祈りと積極的
に呼びかけを行うことが大切
だと認識しました︒
福岡教区に豊かな司祭・修
道 者 の お 恵 み が あ る よ う に︑
皆で祈り︑
呼びかけましょう︒
木下翔︵求道者︶
留守電にエッと何度もきき返す
深堀正平
けであるが︑実際にその人に
つき合いのうまさどこかにかくし味
7月6日と7日︑宗像市の
福岡黙想の家で福岡︑
北九州︑
久留米︑熊本から約 人が参
加して﹁召命を共に祈る﹂黙
想会が行われました︒黙想の
家の来住英俊神父様︑教区召
命担当の浦川務神父様による
講話︑十字架の道行︑召命の
ための祈り︑ミサが行われま
した︒
来 住 神 父 様 は 講 話 の 中 で︑
司祭が不足しているから祈
る︑誰でもいいから司祭にな
るように祈るという祈り方で
ちょっと
一息
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
T E L 092−526−5656
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
9月14日(月)16:00受付 〜21日(月)朝食後終了
現代の教会と奉献生活(修道生活)を考えます。
【費用】指導料込みで 50000円/指導:来住英俊神父
◆
奉献生活者のための黙想会
参加者募集中
来住 英俊
イザヤ
(2)
第623号
カトリック福岡教区報
2009年8月1日発行
20
30
計4回のミサ︑平日も朝と夕
方の2回ミサがあり︑これは
どこの教会もほぼ同じみたい
です︒こうしないと︑信者が
集まりきれないわけです︒
このような教会を 歳を超
えた主任神父様が一人で司牧
しています︒よく言われるよ
うに︑イタリアも再宣教が必
要︑つまり教会離れが少し進
んでいるのも事実で︑ミサに
あずかる人の少なさを感じま
す︒そのような中︑自分は高
齢だとか泣き言一ついわずエ
ネルギッシュに働く神父様を
みて︑日本での自分の働きを
見つめ直させられています︒
イタリアでも司祭召命が減
少しているのも事実です︒ペ
ルージアが属す
るウンブリア州
の司教協議会に
は︑ 人 口 約 万
人 に 対 し︑ 教 区
で働く司祭養成のための大神
学校は一つだけ︑神学生は現
在 人位だとか︒召命の減少︑
司祭職の尊厳とその役割の見
直しは福岡教区︑日本の教会
だけでなく︑先進諸国共通の
課題だと言われるのが理解で
きます︒
パウロ 田中重治神父
80
81
さらに﹁来日後︑お金の工
面のため︑古着を世界中から
集めてきたが︑それが当時飛
ぶように売れ︑その収益で聖
パウロの出版や放送事業が開
設出来たが︑それで当時は聖
パウロ会ならぬ﹃ボロ会﹄と
呼ばれていた﹂など︑戦前戦
後の混乱期を生き抜いて来た
会について︑終始微笑ましい
エピソードとともに語った︒
また︑場所を移して修道院
の3階で行われた祝賀会で
は︑共労者会のメンバーによ
る聖歌のメドレー︑またお祝
いに駆けつけた大神学生によ
るプロ顔負けの歌の披露など
もあり︑なごやかに聖パウロ
の祝日を祝った︒
﹁もっと早くに青年活動し
ていればよかった〜﹂と語る
のは︑今春大学を卒業し社会
人になったばかりのマリア・
アスンプタ平野恵さん︒
昨年の四旬節に行われた地
区青年黙想会で教会の青年た
ちと出会い︑その後は中高生
キ ャ ン プ︵ F Y C C ︶︑ N W
M︵ネットワークミーティン
グ︶︑WYD inJAPAN
と内
外の青年活動へ積極的に参加
し た︒
﹁ 私 に と っ て 信 仰 は︑
いろんなことに挑戦できる
という確信で︑失敗しても自
分の益になると信じられる﹂︒
その大きな瞳はいつも好奇
心でいっぱいだ︒
そんな恵さんも中高生時代
は教会よりも︑部活や友達と
過 ご す 時 間 を 優 先 し て い た︒
こうして大学へと進み︑この
時プロテスタントの牧師を通
じてキリスト教諸派の青年た
ちと共に聖書の勉強をする機
会に出会った︒この体験が
﹁神
様って何だろう﹂と考える
きっかけとなり︑プロテスタ
ントの青年たちとの交流を通
保育施設長研修会開催
して講話が行われた︒
司教は︑
﹁日本の社会を変えてもらい
たい︑神さまの望む心︑計画
に添うような社会になっても
らいたい︑そのために必要な
人間作りが保育園の最大の使
命︑役割です﹂と語った︒
2日目は︑一日を通してカ
トリックの精神を生きる︑﹁共
同体作りと戦略計画﹂⁝協働
者と共に生きる使命のために
⁝をテーマに︑シスター古木
涼 子︵ 宮 崎 カ リ タ ス 会 会 員 ︶
によるプランニングワーク
ショップが行われた︒命令型
から参加型へ︒一人ひとりみ
んな違い︑その違いは多様性
であり︑豊かさであると思え
るように自分を訓練する必要
がある︒ヴィジョン 夢
( の
)
ない保育園は堕落するだけと
いう話を聞いた後︑ヴィジョ
ン・ミッションの作成を行い︑
いくつかの質問に対しての自
分の答えを出しながら︑各グ
ループでそれについて分かち
その霊性と深い日本理解に
よって生涯を日本での宣教に
捧げたホイヴェルス神父︒そ
の珠玉の数々の言葉︑その人
柄に出会える1冊︒
ドン・ボスコ社
発行
税込定価
693円
各教区や修道会から講師を招
いて行われた聖書講座から六
講座を抜粋して収録しまし
た︒聖書の勉強のヒントにな
れば幸いです︒
サンパウロ社
発行
税込定価 1470円
◇
◇
◇
☆心だけは永遠
ヘルマン・ホイヴェルス
神父の言葉
土居健郎・森田明 編著
マザー・テレサの言葉は︑と
ても単純で︑ある時は驚くほ
ど き び し い も の も あ り ま す︒
しかし︑その言葉は読む人の
心に深い感動を与え︑その人
の生き方さえ変えてしまう力
を持っています︒
女子パウロ会
発行
税込定価 1260円
◇
◇
◇
☆ヨハネ福音書を読む
聖書シリーズ7
京都司教区聖書委員会
して﹁自分と同じカトリック
の青年にも会ってみたい﹂と
希望するようになった︒
現在の恵さんは来年2月に
予 定 さ れ て い る﹁ N W M in
福岡﹂の準備スタッフとして
活 躍 中︒﹃ 召 命 と 感 謝 ﹄ と い
☆マザーテレサ100の言葉
うテーマをスタッフ同士で何
ヴォルフガング・
度も分かち合い︑深めてきた︒
バーダー 著
今はこの内容をNWMで福
山本文子 訳
岡を訪れる全国の青年に︑ど
のように広め︑
分かち合うか︑
の段階にきている︒
自分の今を漢字に例えるな
ら﹃色﹄と答えた恵さん︒
﹁色
んなこと︑色んな人︑色んな
自分に出会いたい︒そして自
分の色を見つけたら︑それを
みんなにあげられる大人にな
りたい﹂
︒そんな彼女の一番
近い将来の夢は﹁自分の小教
区の中高生会を盛り上げてい
くことです!﹂
と笑顔で話す︒
笹丘教会 青年信徒
合いを行った︒カトリックと
は?神さまとは?自分達の言
葉で職員同志︑分かち合いを
することの大切さを改めて感
じさせられた︒
3 日 目︑﹁ こ う の と り の ゆ
りかご﹂〜いのちへの思い〜
と題して態本慈恵病院理事長
の蓮田太二先生と看護部長の
田尻由貴子師の講演を聞い
た︒これまでの多くの事例か
ら︑
﹁いのち﹂に対する思い
の深さを強く感じるものだっ
た︒
相談で救われる命があり︑
事前相談こそが﹁こうのとり
のゆりかご﹂の本来の目的で
ある︒様々な不幸な事情で出
会った人が蓮田先生や田尻師
のまさに命をかけたケアのお
かげで幸せな出会いに変わる
ことのすばらしさが参加者皆
に伝わった︒
この3日間の学びで︑カト
リックの保育園とはという大
きなテーマに対して参加者そ
れぞれが︑自分なりの進み方
の方向性を示された思いだっ
たのではなかろうか︒
森山工務店
有限
会社
色
7 月 1 日 〜 3 日︑ JAL
リ
ゾートシーホークホテル福岡
︵ 早 良 区 ︶ に 於 い て︑ 日 本 カ
トリック保育施設協会全国施
設長研修会が九州ブロックの
担当で開催された︒
﹁神さまからの愛﹂〜カト
リック保育園の使命〜をテー
マに︑東北から九州まで 人
が一同に会し︑3日間有意義
な 学 び を 行 う こ と が で き た︒
1日目は︑宮原良治司教に
よるミサ︑そして﹁カトリッ
ク保育園にのぞむこと﹂と題
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
20
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
史的・様々な事情がある
のも事実でしょうが︒で
も︑ 一 番 の 理 由 は︑ そ
れだけ信者がいるからで
す︒カトリック信者が全
人口の1%にも満たない
日本と違い︑イタリアは
%が信者です︒ペルー
ジアの町が一つの教区
で︑ の小教区がありま
すが︑町の人口は 万人
以上です︒となると︑こ
れでも教会が足りないの
ではと感じます︒この感
覚の違いに︑まず気づか
されました︒イタリアの人に
とっては︑信者がそんなに少
ない世界が想像できないそう
です︒
周年
60
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
15
一つの小教区で今お世話に
なっていますが︑ここは︑ペ
ルージアで2番目くらいに信
者 が 多 い ら し く︑ 信 者 数 は
1万人を超えているんだと
か!しかし︑信者数に比べる
と︑ 聖 堂 は 小 さ く 感 じ ま す︒
そのためか︑主日は土曜日夜
と日曜日午前2回と夕方の合
60
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
25
ウロ共労者会のメンバーをは
じ め 近 隣 の 司 祭︑ 修 道 者 も
多数集い︑その喜びを分かち
合った︒
始めに聖堂にて聖体賛美式
が行われ︑説教の中で︑鈴木
信一神父︵パウロ会︶は︑﹁ちょ
うど 年前︑かつての小笹の
修道院開設のため︑戦後で荒
れ果てていた土地を米軍のブ
ルドーザーを借りて整地し
た︒しかしそのブルドーザー
は実は︑サン・スルピス大神
学院が借りていたもので︑神
学院に向かっていたブルドー
ザーを全部︑途中小笹に止め
て一日で整地させてしまっ
た ﹂ と ユ ー モ ラ ス に 述 べ た︒
聖パウロ会︑福岡開設
75
平 野 恵 さん
99
イタリア語勉強中の司祭たち(前列右大分教区の平田神父)
95
﹁ペルージアから﹂
小教区と教区の仕事に走り
回っていた日常から一変︑イ
タリア語を学ぶ学生生活に
なって2ヶ月以上が経過しま
し た︒ イ タ リ
ア語は全然上
達しませんが︑
カトリックの
中心国の信仰
の姿を観察するという︑ある
意味お恵みの時を過ごしてい
ます︒
イ タ リ ア で ま ず 驚 く の が︑
街中至る所に教会があること
です︒今住んでいるペルージ
アの町にも︑窓から見渡すだ
けで両手で足りないくらいの
教会が見えます︒確かに︑歴
司 祭
シリーズ
⑤
今年で︑来日 周年︑福岡
教区開設 周年を迎えた聖パ
ウ ロ 会 で は ︑ 去 る 6 月 日︑
赤坂のサン・パウロにて聖パ
60
第623号
カトリック福岡教区報
2009年8月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年8月1日発行
み国が 来ますように!
福岡黙想の家ご案内
8月・9月
◇31日(金) 〜9日(日) 福音の光修道会黙想
◇10日(月) 〜 17日(月) ショファイユの幼きイエズス修道会黙想
◇17日(月) 〜 23日(日) サレジオ会黙想
◇25日(火) 〜 26日(水) 明治学園職員黙想会
◇29日(土)
福岡チェナクルム
◇30日(日)
紫苑com.スピリチュアル研修会
◇30日(日) 〜4日(金) オブレート会黙想
9月
◇7日(月)〜 12日(土) レデンプトール会黙想
◇14日(月)〜 21日(月) 奉献生活者のための黙想会
(来住神父指導)
◇19日(土)〜 20日(日) 聖マリア在俗会黙想
◇21日(月)〜 22日(火) 九州アシュラム修養会
◇26日(土)
福岡チェナクルム
〒811-4155
福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて
レクツィオ ディヴィーナ
・日 時:9月10日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロの書簡 Ⅰ
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父/ Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
日
場
講
資
次
時:2009年9月27日(日)15:00
所:カテドラル大名町教会
師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
料:カトリック教会のカテキズム
回:10月25日(日)15:00
2009 年度北九州地区聖書講座
メインテーマ:いただきます
〜神のことばを食べる〜
日 時:10 月 11 日 ( 日)14 時〜 16 時半
場 所:カトリック戸畑教会
講 師:森山信三神父(西新教会主任)
主 催:北九州地区信徒協聖書部会/
教区聖書委員会
日本カトリック平和旬間
◆福岡地区
例年のカテドラルでの平和集会は行われな
い。各小教区で独自の平和旬間を記念する。
◆第9回北九州地区平和の集い
テーマ:伝えよう、子どもたちへ、いのちの尊さを
・午 前:各小教区で平和ミサ
・午 後:カトリック小倉教会 13 時から
*子どもと大人が平和を共に祈るひとと
きを持てるように、子どもたちが参加
できるよう工夫をお願いします。
・献 金:いのちを守るための緊急募金
(カリタスジャパン)
・主 催:平和の集い実行委員会
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
内
板
2日(日)
3日(月)
4日(火)
5日(水)
年間第18主日/馬渡島教会堅信式
福岡地区司祭集会(吉塚教会)
聖ヨハネ・マリア・ビアンネ司祭
広島平和祈願祭ミサ
†ペトロ平田三郎司教〔2007年第4代教区長〕
6日(木) 主のご変容/日本カトリック平和旬間(〜15日)
平田三郎司教命日ミサ(浄水通教会7:00)
7日(金) ドミニコ宮原司教霊名の祝い(カテドラル11時)
†J・P ラベル〔2004年サン・スルピス司祭会〕
8日(土) 聖ドミニコ司祭
9日(日) 年間第19主日/北九州地区平和の集い
教皇庁諸宗教評議会議長懇談会(長崎)
長崎平和祈願祭ミサ
15日(土) 聖母の被昇天
岩永義人神父納骨式(和田墓地14時)
16日(日) 年間第20主日/北九州墓地ミサ
18日(火) 教区召命学校/†堤要吉〔2002年浄水通教会〕
19日(水) 福岡教区幼児教育連盟研修会(唐津:〜20日)
20日(木) †L.デシャンブ〔2001年八王寺〕
†D.グリフィン〔2001年玉名教会〕
21日(金) FYCC7(大神学校:〜23日)
22日(土) キリシタン研究会(健軍教会)
23日(日) 年間第21主日/
北イタリア宣教師家族訪問(〜31日)
27日(木) 福岡地区婦人会感謝ミサ(カテドラル)
29日(土) 洗礼者聖ヨハネの殉教/聖アウグスチノ祭(笹丘)
30日(日) 年間第22主日/†J.ガイヤール〔2007年八王寺〕
*ゴチック文字は、司教日程
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:9月5日、9月 19 日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
9月のこよみ
会合と催し
1日(火)
2日(水)
3日(木)
4日(金)
6日(日)
8日(火)
10日(木)
12日(土)
13日(日)
17日(木)
20日(日)
21日(月)
22日(火)
23日(水)
25日(金)
27日(日)
28日(月)
福岡地区婦人会研修会
教会行政法制委員会(東京)
常任司教委員会
長崎教会管区司教司祭代表者会議(長崎)
年間第23主日/新田原教会訪問(召命講話)
†牧山重光〔2005年門司港教会〕
聖マリアの誕生/司祭評議会(司教館)
日本205福者殉教者
†J.バーク〔2000年崎津教会〕
†A.セトアイン〔2003年泰星学園〕
年間第24主日
南粕谷教会創立50周年ミサ・堅信式
マドンナ会講話(大名町教会)
年間第25主日/浄水通教会堅信式
聖マタイ使徒福音記者
敬老の日
熊本地区リーダー研修会(根子岳山荘〜22日)
青年黙想会(大神学院:〜23日)
国民の休日
†J.バイヨ〔2004年光丘教会〕
秋分の日
函館トラピスト修道会大修道院長叙階式
福岡教区カトリック学校理事長校長研修会(熊本)
年間第26主日/世界難民移住移動者の日(献金日)
茶山教会堅信式
聖トマス西と15殉教者
朝祷会
聖ミカエル・聖ラファエル・聖ガブリエル
29日(火)
10月
2日(金) 初金曜ミサ(浄水通教会10時)
4日(日) 年間第27主日/若松教会堅信式
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
福岡教区和田墓地納骨式・追悼式
納骨ミサ:8月 13 日 14 時
追悼ミサ:8月 15 日 14 時(岩永義人神父様納骨式)
納骨堂開放日:第2日曜日 12 時〜 15 時(8月は変更)
*福岡教区納骨堂管理委員会
この夏、若ものプログラム
30
◆ FYCC7に参加しよう!
テーマ:
『一緒におうちへ帰ろう』
日 時:8月 21 日(金)〜 23 日(日)
場 所:日本カトリック神学院福岡キャンパス
参加費:4500円(兄弟割引あり)
対 象:福岡県内の中学生・高校生
18
問合せ先:e-mail:[email protected]
☎ 092 − 741− 3687(大名町教会:十時神父)
代 表:豊嶋 玲(大名町教会)
主 催:福岡地区青年会
30
11
14
Br
◆福岡教区青年黙想会
テーマ:
「司祭のよろこび」
日 時:2009年9月 22 日 ( 火)13:00
〜 23 日 ( 水)昼食後
場 所:カトリック神学院福岡キャンパス
対象者:18 歳から 40 歳の司祭・修道者の召命
を考える青年男子
参加費:2000 円
申込・問合せ先:
浦川神父(☎ 0942-32-8011 久留米教会)
皆様︑日食はごらんになれ
ましたか︒歴史的な時でした
ね︒動物や小動物は私たちよ
り敏感に自然の移り変わりや
異変を感じるものなのです
ね︒また︑どんなに科学が発
達しても神様が造られた自然
の前に人間は無力であるとい
うことも実感しました︒
さて︑
衆議院選挙が始まります︒私
たちの国は︑どのような方向
に向かうのか︒それは︑有権
者である私たち一人ひとりの
選択にかかっています︒神の
導きを祈りながら︑この国の
政治をしっかりと見守ってい
きたいものです︒来月号はお
休みです︒どうぞよき休みを
過ごされますように︒
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
案
から毎週土曜日全5回︹場所︺ 悦夫神父︹問合せ先︺☎09
◆
福
岡
◆
佐
賀
カトリック大名町教会︹参加
2・843・5831岩崎
費︺カップルで一万円︹参加
■福岡祈りの会
■第 回福岡典礼聖歌研修会
■佐賀祈りの集い
条件︺結婚を決めている二人 ︹日時︺9月 日 日(︶ 時半 ︹日時︺8月 日︵土︶ 時〜
︹日時︺毎週月曜 時から
での参加︹問合せ先︺☎09 ︹ テ ー マ ︺ 詩 編 で め ぐ る 司 祭
時 分︹場所︺大名町教会1
時︹場所︺佐賀カトリック
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・ 2・741・3687
年︹講師︺深堀純︵大名町教会
会館
︹内容︺ミサと祈り
︹次回︺
聖書の分かちあい︹代表︺
信徒︶
︹場所︺カトリック光
9月 日 土︶ 毎月第3土曜
■虹の会
(
=
床嶋︹問合せ︺☎092・5 ︹日時︺9月 日 土(︶ 時半
丘教会︹参加費︺感謝献金︹問
日︒どうぞご参加下さい︒
︹問
21・2503蓮尾
合せ先︺☎092・541・ 合せ先︺☎0952・30・
から 時半︹場所︺カトリッ
■
﹁紫苑 com.
3730松山
8347 吉武
ク大名町教会3階︹内容︺子
﹂心のセミナー
■美野島司牧センター
どもを亡くした親の悲嘆の分
︹日時︺8月 日 日(︶ 時か
◆
熊
本
ホームレス支援のための毎
ち合い︹参加費︺600円︹連
ら︹場所︺福岡黙想の家2階
絡先︺☎090・1162・ 週火曜日 時半から炊き出し
■熊本結婚準備講座
会議室︹お話︺小宮豊氏︵精神
等へのご協力をお願いします︒ ︹ 日 時 ︺ 9 月 5 日︵ 土 ︶ 〜
神経科医師︶/来住英俊神
6395 柴田須磨子
父︵カトリック福岡黙想の家
■在世フランシスコ会集会
︹問合せ先︺☎092 431・ 月3日 土(︶ 時から 時半︑
・
院長︶
︹ 参 加 費 ︺ 会 場 内 自 由 ︹ 日 時 ︺ 9 月 日︵ 日 ︶ 時
1419 コース・マルセル
毎週土曜日全5回︹場所︺カ
献金︵コーヒーとお菓子つき︶ から︹場所︺高宮フランシス
ト リ ッ ク 手 取 教 会︹ 参 加 費 ︺
神父
︹問合せ先︺☎0940・33・ コ会修道院在世会集会所︹内
カップルで一万円︹問合せ先︺
◆
北 九 州
容︺アシジの聖フランシスコ
2731吉永
☎096・352・3030
に倣って︑福音に生きるため
■福岡結婚準備講座
■小倉祈りの集い
0
F 96・352・1515
に︒ミサと学習︹指導︺戸村 ︹日時︺8月 日︵金︶ 時半
︹日時︺9月5日︵土︶ 時半
■カトリック看護協会福岡支
から 時︹場所︺カトリック
部の集い
小倉教会信徒会館2階︹指導︺ ︹日時︺9月 日︵日︶ 時
ガブリエル神父︵御受難修道
分から 時︹場所︺聖マリア
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
病院︵久留米︶会議室︹問合せ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
先︺☎096・352・71
先︺☎090・3985・5
81
竹内
209松田裕子
■熊本地区召命を共に祈る会
︹日時︺9月 日
︵木︶ 時
︹場
■北九州召命を共に祈る会
所︺カトリック健軍教会︹内
︹日時︺9月 日︵木︶ 時か
容︺ロザリオと話し合い︹問
ら︹場所︺カトリック小倉教
合せ先︺健軍教会☎096 ・
会
︹内容︺召命御ミサ及びミー
ティング︹司式・指導︺伊東
368・2825青木悟神父
成晃神父︵門司教会主任︶
︹問
編集後記
合せ先︺☎093・963・
2359江口
カトリック教会のカテキズム
8月のこよみ
(4)
第623号
12
16
19
20
13
14
52
15
10
10
21
27
14
13
13
12
Sr
19
17
17
13
11
14
30
19
29
21
10
10
11
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般︼日曜日と感謝の祭儀
に携わることに対する感謝の
言葉が一同からあふれる研修
会となった︒夕食の懇親会で
元生徒を教職員が温かく迎
え︑時にはお茶をいただきな
がら︑近況を報告し合い談に
興じます︒在校時とは違って︑
休暇のたびに顔を見せてくれ
る者もいます︒
この夏は新築移転した校舎
への興味関心が強かったので
しょうか︑多くの卒業生が立
ち寄ってくれました︒名前や
部活動での活躍を覚えている
こと︑進路先を案じているこ
とが伝わると︑嬉しいようで
す︒このように︑どこへ行っ
ても︑何をしていても︑いつ
になっても︑自分のことを家
族のように︑あるいはそれ以
上に思って︑祈りで支えられ
は︑とび入りの歌手やエンタ
テーナーも現れて︑大いに盛
り上がった︒
ていることの喜びを実感で
きることが︑ミッションス
クールの良さでしょう︒
縁あって﹁呼び集められ
たもの﹂が学園に学び︑仲
良く過ごし︑同窓会で再会
し ま す︒ 家 族 的 な 雰 囲 気
を 保 ち な が ら︑ 特 に 創 立
100周年を迎える今年
は︑高齢の方から卒業した
ばかりの 歳までの顔が揃
います︒年輪の刻まれた深
い微笑みを湛えた顔︑若く
て美しい笑顔が︑懐かしさ
と後輩への思いを運んで来
てくれます︒
八代白百合学園高等学校
シスター・谷口 貞女
8月 日に亡くなった韓国
の金大中元大統領の葬儀がソ
ウルの大聖堂で行われ︑チョ
ン枢機卿が元大統領を賞賛し
たことがカトリック新聞でも
報 じ ら れ た︒︵ 9 月 6 日 付 ︶
▲金元大統領は︑1980年
の軍事クーデターにより︑軍
法会議で死刑の判決を受け
た︒ 二 年 以 上 に わ た る 獄 中
生活中に家族に宛てた 通
に及ぶ書簡が出版されてい
る︒彼はこんなことを書いて
い る︒
﹁どれだけ多くの聖職
者や信者たちが︑自分の人間
的な弱さや信仰上の疑問を他
人に見せることを恐れ︑自分
を欠けることのない信仰者と
して示さねばならないという
脅迫感のもとに生きているこ
とでしょう︒﹂
﹁私たちは完全
であるためにクリスチャンに
なったのではなく︑不完全で
あるため神により頼むように
な っ た の で す︒
﹂▲彼がこの
ような言葉を書き残した理由
は︑民主化運動の指導者であ
り な が ら︑ 何 度 も 捕 ら え ら
れ︑苦しめられ︑徹底的に抑
圧されたゆえであろう︒そし
て︑その自らの境遇をゲッセ
マネと十字架のイエスに重ね
たときにこのような言葉が生
まれた︒そして彼自ら弱さを
知るが故に立派な指導者たり
得た︒▲今回の衆議院総選挙
は︑ 民 主 党 の 歴 史 的 大 勝 で
あった︒多くの国民が︑政界
に新しい風を望んだ︒力によ
る政治︑利権のつきまとうよ
うな政治ではなく︑力のない
者︑弱き者が尊重される政治
が 行 わ れ る こ と を 祈 り た い︒
そのためには︑議員自らが民
衆の叫びを代弁し︑自ら弱き
を知る者であってほしいと願
う︒同時に私たち信仰者にも
同じ姿勢が求められるであろ
う︒
M
18
︻宣教︼宣教の精神
教区幼児教育連盟
新型インフルエンザの流
行を恐れながらの2学期の
始業は︑全体集会ではなく
ク ラ ス ご と に な り ま し た︒
長期休暇明けの生徒の顔
は︑大変重要で
す︒毎日が作り
上げる顔︑表情
に生徒の心が見
え隠れしますの
で︑ で き れ ば︑
一人ひとりの顔
を見たかったの
ですが︒
ところで︑私立学校の良
さの一つに︑卒業後に友人
と学校を訪れる楽しみがあ
ります︒母校に立ち寄った
第 回教職員研修大会
レーザー神父は︑スカボロ宣
教会であったが︑その後︑数
名の邦人司祭︑そして現在は
オブレート会が司牧に当たっ
ている︒炭鉱の盛衰など激動
の社会情勢を経て︑現在は都
市化が進み︑人口も増えてい
るこの地域において︑信徒が
一つになってさらに100年
目に向かい︑地域のために大
きく貢献する共同体が期待さ
れる︒
︻日本の教会︼日本における
福音宣教の推進
ことになり︑ようやく一人前
となった︒
聖堂には鐘楼もあり︑澄ん
だ鐘の音が聞こえていた︒一
時 期 信 徒 数 が 減 り︑ 2・3 家
族にまで減少した時期もあっ
た︒
転入者や受洗者も少しずつ
増え︑神さまのなさることの
不思議さを実感した︒次第に
古い聖堂のいたみが目立つよ
うになり︑壁が落ち︑敷居が
ゆがむなど︑その都度修理を
しながら新しい教会を目指す
ようになった︒話し合いを重
ね︑資金を積み立てることに
なり︑バザーや廃品回収を始
め た︒ 一 時 は 福 引 券 売 る 等︑
随分他教会の方々にもご協力
いただき︑営々と続けた資金
蓄積の結果︑松永司教様の認
可をいただき︑1994年現
聖堂が完成した︒
南粕屋教会初代主任司祭フ
南粕屋教会創立 周年を祝う
12
塚小教区と︑宇美と
志免には︑まだ巡回
教会でもない伝道所
的な聖堂があり︑神
父様は大忙しであっ
た︒志免は一信徒の
自宅︑宇美は宇美八
幡宮の宮司さんの持
ち 家 を 借 り て い た︒
数年後︑近所の民家
を買い上げ︑教会と
して深堀仙右衛門司
教の祝別で献堂され
た︒その頃︑教会維
持費の負担義務はな
く︑ 司 祭 や 教 会 役
員 の 寄 付 で 運 営 さ れ て い た︒
1・2 年 後︑ 信 徒 も 負 担 す る
00人が参加し︑平和活動に
取り組むグループの出店や子
どもの広場は大にぎわい︒
聖堂では平和トークや祈り
が催された︒
中でも︑6人の青年たちに
よる戦前︑戦中の筑豊強制連
行の歴史に触れ学んだことの
発 表 は︑ 実 に み ご と な も の
だった︒
歴史的事実から目を背けず
受 け 止 め た 青 年 た ち の 姿 は︑
多くの人たちに感動と希望を
与 え て く れ た︒ 頼 も し い 青
年たちに万雷の拍手が沸き起
こった︒
また大映像による﹁燃え続
ける原爆の火﹂も心に残る素
晴らしいものだった︒
8 月 日 は︑ 各 地 の カ ト
リック墓地で追悼式や納骨式
が行われた︒
福岡地区の和田墓地では今
年2月 日に帰天されたラウ
レンシオ岩永義人神父や数人
の信徒の納骨式も行われ︑司
式者の声も聞こえないほどの
豪雨の中に300余人が参
列︑故人を偲んだ︒
30
50
9月 日︑吉塚教会︵硫黄隆二主任司祭︶の巡回教会︑南
粕屋教会が創立 周年を盛大に祝った︒当日は宮原良治司教︑
近隣の司祭団の臨席のもと︑ 人が堅信の秘跡を受け︑喜び
に花を添えた︒1983年移転新築を決意して建設委員会を
発足させてから 年目の1994年 月 日︑志免教会が南
粕屋教会として誕生した︒
昭和 年代初期︑吉塚地区
近 辺 に は︑ 本 教 会 で あ る 吉
例年︑平和旬間中に北九州
教 会 は 平 和 の 集 い を 行 う︒
今 年 の テ ー マ は﹁ 伝 え よ
う子どもたちへ︑いのちの尊
さを﹂
︒会場の小倉教会には︑
人の子どもたちを含む約5
18
15
12
50
11
††††††††††††††††††††††††††††††††††††††
30
カトリック
学校の窓
しかし︑生きることをゆるさ
れずにこの世に生まれてくる
小 さ な 生 命 も あ る︒
﹂と言わ
れ︑助産師として何千に及ぶ
赤ちゃんを取り上げて来た経
験から︑普通に生まれるとい
う こ と が あ た り 前 で は な く︑
どれほど尊く感謝すべきこと
であるかを語った︒
ま た︑﹁ よ く︑ 子 ど も た ち
が変わったと言われる︒ 年
前と人間は何も変わってい
ない︒変わったのは︑大人と
大人が作り上げた社会だ﹂と
カトリック福岡司教区幼児
言われ︑子どもたちに母親が
教育連盟は︑第 回教職員研
作ったものをきちんと食べさ
修大会を8月 日から 日ま
せること︑いわゆる﹁食﹂の
で︑唐津シーサイドホテルに
大切さを力説された︒
て360人の教職員を集めて
2日目に講師として立った
開催した︒
山元神父は︑カトリック=﹁普
今 回 の テ ー マ は︑
﹁生きよ
遍﹂の意味について具体例や
う︑神さまの愛の中で〜神さ
映像を使って︑分かりやすく
ま と い つ も 一 緒 〜︒ 講 師 は︑ 語った︒
内 田 美 智 子 師︵ 助 産 師・﹁ い
参 加 者 に は︑
﹁幼稚園教諭
のちをいただく﹂の執筆者︶︑ という仕事の尊さを改めて実
山 元 眞 神 父︵ 行 橋 教 会 主 任 ︶ 感 し ま し た ﹂ と い う も の や︑
﹁ 生 き て い る こ と は︑ 生 か さ
が務めた︒
れていること︑そのことにひ
内田師は︑生の反対は死で
など︑
は な く︑
﹁ 生 ま れ な い こ と ﹂ たすら感謝したいです﹂
と 定 義 さ れ︑
﹁ 子 ど も は 皆︑ 生を受けている事の感謝︑ま
生 き る た め に 生 ま れ て く る︒ た小さい﹁生﹂の成長の援助
帰天した岩永義人神父
和田墓地へ納骨
10月の意向
などを司祭団の地区レベルで
協議し︑立ち上げに向けて時
間をかけて歩んでいくことが
確認された︒
最後に司教から︑長崎管区
の 司 祭 年 の 取 り 組 み と し て︑
叙階後間もない司祭︑同時に
年︑ 年のキャリアの司祭
の生涯養成コースが検討され
ていること︑また滞日外国人
の宣教司牧のためフィリピン
か ら サ ン ト ス 神 父︵ 神 言 会 ︶
が 近 く 来 日 し︑ 召 命 の 家 を
拠点として教区内の司牧に携
わっていただくこと︑また韓
国から2人ほど神学生の候補
者を受け入れる予定であるこ
となどが紹介された︒
30
16
現在福岡地区青年会は活発
に活動しているが︑彼らから
直接召命が生まれないのはな
ぜか︑青年たちに司祭職を勧
めるばかりではなく︑まず彼
らの考え︑思い︑興味にじっ
く り 耳 を 傾 け る 必 要 が あ る︑
ま た︑ 合 同 後 の 神 学 生 に
は︑所属の司祭や司教が社会
問題に熱心で︑司牧者が真剣
に社会と向き合っている姿が
召命につながっていることを
考慮し︑司祭たちの真摯な姿
が要求されているという指摘
もあった︒
また︑宣教司牧評議会の立
ち上げの件では︑教区全体の
位置づけ︑規約の問題︑目的
20
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 6-28
行
人
発
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-4059
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
20
希望をくれた青年たち
13
80
26
19
13
30
9月8日 火
︑第
(︶
2回司祭評議会が行わ
れた︒
2009年度は教区
の最優先課題として召
命があげられている
が︑まずは召命部会か
らこれまでの取り組み
の報告があった︒
小中高生そして︑青
年のレベルでの錬成会
や 黙 想 会 が 企 画 さ れ︑
一 定 の 成 果 が あ っ た︒
次年度も教区として
は︑召命︑特に青少年
の司牧を中心に据えて
取り組んでいくことが
確認された︒
司 祭 評 議 会
26
第624号
カトリック福岡教区報
2009年10月1日発行
(1)
年夏季召命学校
﹁わたしたちの教会
わたしたちが教会﹂
ジージが帰天しました︒この
ことなどがあって︑4月に洗
礼と初聖体を受けました︒7
月からまだ立っているだけだ
けど侍者をしています︒
新田原教会では︑とう着す
るとすぐにみなさんがはく手
でむかえてくれました︒そし
て︑ 朝 と 夕 方 に﹃ あ め の き
さき﹄が流れていてすてき
で し た︒ 今 年 の 召 命 学 校 の
テ ー マ は︑
﹁わたしたちの教
会︑わたしたちが教会﹂でし
た︒①自分の思っている教会
とは?︑②自分たちは教会に
なにをしてきたか︑③ほかの
人はなにをしているか︑どん
な 人 が い る か︑ ④ 神 父 様 は︑
どんな人か︑⑤司祭にできて
わたしたちにできないことと
は︑の順に書いたり話し合っ
たりしました︒この話し合い
でぼくはこれからもっとみん
なのために働いていきたいと
思いました︒まずは侍者とし
てできることを増やしていき
たいです︒
食事を作ってくれたり︑新
田原産のおいしい野菜や果物
をたくさん持ってきてくだ
さった方々︑ありがとうござ
います︒召命学校に参加した
ことは︑ぼくにとってとても
いい経験になりました︒
その後︑みんなで近くの川ま
︵笹丘教会 5年生︶ で遊びに行きました︒川はとっ
ても冷たくて楽しかったです︒
﹁司祭になる﹂決心を
教 会に帰って来てミサについ
新たにできた夏
て学 び︑ミサの大切さなど改
めて実感しました︒その後修
萩原 直人
道院に行きました︒ここでは
最初とても召命学校に行く
神 学 生一人ひとりのために祈
のは緊張して︑ドキドキしま
る人がついてく ださっている
した︒でも︑新田原教会に着
と聞いて︑これからの心のは
い て レ ク リ エ ー シ ョ ン の 時︑ げみになりました︒
色んな人達と関わって仲良く
とうとう︑最終日が来まし
なれました︒この後は︑聖堂
た︒今までやってきた作業を
に行って宮原司教様の﹁太郎
発表します︒ぼくは︑発表の
君の請求書﹂という話を聞き
ました︒心に残るいい話でし
﹁お家に帰ろう﹂って
た︒次にみんなで作業をしま
FYCCが言ってくれた
した︒この作業では︑
﹁私たち
の教会︑私たちが教会﹂とい
小浜 和貴
うことをテーマとして各班で
考えました︒夕 食後︑ビアン
8月 日から 日までFY
ネ神父についてお話を聞きま
CCに参加しました︒
した︒ビアンネ神父は勉強が
最 初のレクレーションで
出来ず︑神学校を退学したと
は︑近くの小学校の体育館を
聞いて︑ぼくもしっかりせね
借り︑汗びっしょりになるま
ばと思いました︒貧しいのに︑ で体を動かしました︒体験学
カリスや祭服にお金をいっぱ
習では﹁おうちに帰ろう﹂と
いつぎこむなんて︑ぼくが司
いうテーマで学習を進めて行
祭になってもできないなと思
きました︒この﹁おうち﹂と
いました︒また︑食 事が少な
言うのは教会の事で︑中高生
すぎてとても真似できないな︑ の参加者に︑最初神父様が
と思いました︒二日目は︑新
分ほどお話をしてくださいま
田 原 教 会 のミ サ に あ ず か り︑ した︒
﹁一歩踏み出して教会に
21
23
もしれない︒ここに司 祭の
役割がある︒まだ個人的な
信望がない若輩であっても︑
司祭なら﹁○○さん︑
ちょっ
と黙って﹂と言っても︑そ
れほどの抵抗を引き起こさ
ないだろう︵たぶん︶
︒この
意味での司祭の﹁ 権威﹂は
カトリック教会の財産であ
る︒大いに活用 すべきであ
る︒もちろんその反 面︑教
区司祭を育てる大神学校で
は︑司祭養成 プログラムの
一つとして︑司 会の技 術 を
研修してほしい︒とは言え︑
司祭は司会をしているだけ
でいいのか?それが次の問
題である︒
御受難修道会
宗像修道院長
時﹁これからの教会のために
できること﹂で︑ぼくは︑司
祭になってミサをする︑その
ために神学校を辞めないと言
いました︒ぼくは︑この言葉
を忘れないようにしていきた
いです︒ぼくは︑ここで学ん
だことを忘れず︑そして新田
原教会でよくしてくれた人達
や︑信者の人への感謝のこと
を忘れずこれからも神学生と
してがんばっていこうと思い
ました︒
︵南山中学 1年生︶
和
ション︑食事の時間︑自由時
間を通してだんだん仲間と仲
良くなり︑とても楽しい3日
間を共に過ごすことができま
した︒最終日には︑皆が別れ
を惜しみました︒仲間との出
会い︑これもFYCCの素晴
らしさです︒僕はこのような
素晴らしい出会いを与えて下
さった神さまに感謝していま
す︒ こ の 出 会 い を 大 切 に し︑
この友情の輪を切らさないよ
うにしたいと思います︒
︵笹丘教会 高校2年生︶
平
上大川 冨士男
る必要がある︒まずは︑両手
を広げる︑その手の届く範囲
から始めることである︒お互
いに相手を必要とし︑隣人が
互いに思いをこめて︑
憎しみ︑
争いを究明して
﹁愛があるか﹂
を 確 認 す る︒﹁ 愛 さ れ る た め
に愛するか﹂
﹁愛したから愛
される﹂か︑事によっては意
味は違ってくる︒
人をゆるすにも順序があ
る︒相手が謝罪したからゆる
す︑謝罪しないからゆるせな
い︒これは復讐に対する復讐
の原理につながる︒復讐は神
の仕事である︒それゆえ︑復
讐は神に委ねる︒復讐の悪循
環を打ち破り︑和解への道を
開くことである︒
﹁なぜ正しい人が苦しむの
か﹂というヨブの嘆きの叫び
に対して神は何一つ語りはし
ない︒多くの例をあげて︑自
然の中に表れる神の英知と力
を述べるだけである︒
私 た ち は ど う で あ ろ う か︒
聞 く 耳 は あ る の か︒ た と え
あっても神の意図することを
理 解 で き る で あ ろ う か︒ 理
解するためには︑私たちは良
心の声を日々養っていなけれ
ばならない︒良心とは神が人
間の心に宿り︑人間を正しく
導き考えさせる源である︒善
悪 の 選 択 も こ こ に 起 因 す る︒
よって︑平和の原点もここに
ある︒
︵戸畑教会 信徒︶
前高松教区長
ヨゼフ深堀敏司教帰天
9月
日 時
分︑腎臓
ガンのた
め熊本の
イエズス
の聖心ホスピス︵ショファイ
ユの幼きイエズス修道会︶で
帰天︒享年 歳︒
福岡教区報初代編集長︒
ママまでがボクを裏切る注射針
深堀正平
坂牧春妙
戦 争 が な い︑ 争 い が な い︑
だから平和であると考える昨
今 の 感 覚 は︑ 狭 義 的 で あ る︒
もう少し広義に思いを巡らし
た時︑家庭︑職場︑学校︑町︑
教会などから平和を築く努力
をすることが肝要であると理
解される︒
平和を築くことは︑人間が
なさねばならない仕事であ
り︑同時に神からの恵みでも
ある︒少数の人々が他の人々
を武力によって抑圧して得ら
れた平和でも︑支配者たちの
強制によって作られた平和で
も な い︒ 人 間 一 人 ひ と り が︑
心からの交わりのうちに認め
合った結果生じた平和でなけ
ればならない︒
﹃ 平 和 ﹄ と い う 語 は︑ イ ス
ラエル人にとっては︑すべて
のよいものの総括を意味して
いた︒満たされた日々︑人々
の心の一致による喜び︑神と
の調和︑そこから生まれる夢
と希望の未来全てが平和とい
う一語にまとめられている︒
現代に生きる私たちは︑単
に受身で平和を待つのではな
く︑積極的に構築する努力を
しなければならない︒そのた
めに身近なところから心がけ
ちょっと
もう卒寿まだ開けてない玉手箱
行ってみなさい︒きっとそこ
にあなたを必 要 と する人がい
る﹂
︒神父様のこの言葉は僕の
心に染み渡りました︒
講 話 の 後 の 分 ち 合 い で は︑
僕の教会に対する見方が大き
く変わりました︒僕は今まで
はただ何となく教会に行って
いました︒しかし︑体験学習
を通して︑これからは誰かに
喜びを与えられるような人と
して教会に行きたいと思うよ
うになったのです︒そして2
日目の夜︑全員が集って︑発
表会が行われました︒発表の
形は様々でしたが︑ほとんど
の班は劇をしていました︒ど
こ の 班 も 面 白 く︑ 何 か し ら
のメッセージが伝わってきた
発表でした︒今回僕は最初仲
間づくりができるか不安でし
た︒と言うのは︑僕は自分一
人では知らない人に話しかけ
る事ができないほど人見知り
だからです︒しかし︑
レクレー
一息
木 下 株 式 会 社
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
T E L 092−526−5656
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
ミサ
デ
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
カトリック福岡黙想の家
小林 郁人
﹁ 召 命 学 校 に 行 か な い ?﹂
と教会で一緒に侍者をしてい
る子からさそわれました︒こ
んなさそいにはいつもなやむ
ぼくも︑すぐに﹁行く!﹂と
言いました︒
ぼくは︑この7ヶ月の間に
い ろ ん な こ と が あ り ま し た︒
去年の 月に大好きな長崎の
晰な頭脳だけでなく︑気力が
必要だからである︒現在の日
本では︑会議中に人の話を遮
ることは︑非常に攻撃的なこ
とと感じられる︒だから︑ほ
とんどの司会者は発言者に話
したいだけ話させて︑終わっ
たら﹁他にどなたか?﹂と尋
ね る だ け で あ る︒
﹁○○さん
はもうだいぶ話されましたか
ら︑今度は他の方にも話して
もらいましょう﹂︑﹁△△さん︑
その話は別のテーマになりま
すね﹂とか︑コントロールす
ることをしない︒
このコントロールは信徒同
士では難しい︒信徒が発言者
を遮って︑それでも抵 抗を引
き 起こさないのは︑衆 目 が一
致して聖人と認める人だけか
神の前で生と死を考える集い
参加者募集中
11
教会の会議を
向上させたい︵6︶
﹁会議﹂によって意見を集約
することが必要である︒
しかし︑会議は難しい︒時
間がかかるわりに大したこと
ができないという欲求不満を
多くの人が感じている︒私の
考えるところ︑最も重要なの
は司会者︵進行係︶の技量で
ある︒にもかかわらず︑現状
は司会者がほとんど機能して
いないのではないか︒司会者
の役割は︑まず論点の交通整
理 で あ る︒ 次 に︑
﹁話しすぎ
る人﹂︑﹁脇道にそれる人﹂を
抑 え︑
﹁話さない人﹂に話し
てもらうことである︒
﹁論点の整理﹂ができる司
会者はある程度いる︒しかし︑
第二の仕事ができる司会者は
非 常 に 少 な い︒ こ れ に は 明
27 24
09
自由な﹁分かち合い﹂だけ
では︑教会の未来を切り開い
ていくことはできない︒共同
体 の 方 向 を 定 め る た め に は︑
15
2009 年夏季召命学校参加者
来住 英俊
イザヤ
ヴィノ
11月2日(月)夕食18:00 〜3日(火)
指導:Sr.髙木慶子/Fr.来住英俊
会費:10,000円(一泊三食・指導料・資料)
◆
84
(2)
第624号
カトリック福岡教区報
2009年10月1日発行
30
☆﹁巡礼の歌﹂
︵CD︶
リュート奏者︑つのだたか
しを中心に結成して約二十年
になるアンサンブル・エクレ
ジアの六年ぶりの新作︒スペ
インの黒い聖母で知られるモ
ンセラート修道院や︑聖ヤコ
ブの墓所に建てられているサ
ンチャゴ・デ・コンポステー
ラ大聖堂などへの巡礼は︑今
も世界中の人々が訪れる憧れ
の巡礼の道です︒スペインの
巡 礼 地 に 伝 わ る い の り の 歌︑
巡礼の歌を通して︑巡礼のさ
まざまな表情と雰囲気を伝え
てくれます︒
女子パウロ会
発行
税込定価 3150円
◇
◇
◇
☆永井隆博士の思想を語る
永井隆博士生誕百周年の
記念講演会録
山内清海 著
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
地区の司牧に従事してきたミ
ラノ外国宣教会の司祭方の姉
妹などを訪問した︒
帰国した司教は﹁イタリア
と日本では︑確かに遠いです
ね︒ご家族の心配が痛いほど
分かり︑ただ深く感謝するば
かりでした﹂と語った︒
最終日には留学中の田中重
治 神 父 も 合 流︑﹁ 司 教 様 の 訪
問は︑とても良い旅だったと
思います﹂という現地からの
メールが届いている︒
専門家たちがボランティアの
形 で 研 究 に 取 り 組 む︒ 日︑
島崎教会で行われた発会式で
は︑名誉顧問の宮原司教の祝
辞のあと記念講演に移り︑上
智大学史学科の川村信三准教
授 が﹁ キ リ シ タ ン・ ベ ル ト︑
高瀬の重要性﹂
と題して講演︑
宣教師たちが府内︵大分︶〜
口之津︵長崎︶を結ぶ宣教活
動の拠点として戦国時代︑大
友 宗 麟 の 貿 易 港 高 瀬︵ 玉 名 ︶
は極めて重要な所だった﹂と
語った︒地域のキリシタン史
研究の盛り上げにカトリック
教会が一役買った形となった
が︑社会に開かれた教会︑こ
れまでの個々の研究から︑専
門家の連携による研究へと発
展するこれからの熊本地区の
キリシタン研究に︑それは大
きな弾みとなった︒
22
宮原良治司教は8月下
旬︑ イ タ リ ア に 聖 ザ ベ リ
オ 宣 教 会︑ ミ ラ ノ 外 国 宣
教会の司祭たちの家族を
訪 問 す る 旅 を し た︒ 休 暇
で一足先にイタリアに帰
国していた聖ザベリオ宣
教会のレナト神父︵武蔵ヶ
丘 教 会 主 任 ︶ の 手 は ず で︑
レナト神父や最頼神父︵菊
池 教 会 主 任 ︶︑ フ ラ ン コ 神
父︵真命山︶の家族を初め︑
年以上にわたって佐賀
熊本キリシタン史研究会が発足
﹁熊本キリシタン史研究会﹂
︵今村克彦会長︶が会員 人
で 発 足︑ 事 務 局 を 島 崎 教 会
︵主任司祭ダニーロ・マルケッ
ト︶内におき︑マルケット神
父も役員に︑又︑福岡教区の
宮原良治司教も名誉顧問に就
任︑キリシタン研究を通して
社会と教会との交流が進んで
いる︒同会のメンバーは大学
の講師や博物館の研究員︑一
般の歴史研究者が殆どで︑カ
トリック信徒は4人︑中には
名刹の副住職の名も見られ
る︒同会ではこれから天草や
小西行長関連の遺跡︑宣教師
たちが足繁く往来したと言わ
れる県北の﹁キリシタンベル
ト地帯﹂などを中心に︑文献
史学︑考古学︑民俗学などの
32
か あ る 時︑ 分 か ち 合 っ た り︑
愚痴を聞いてくれ︑慰め励ま
してくれる兄弟司祭たちがい
る︒彼の兄であり︑よき友に
なれていなかった自分を恥ず
かしいと思った︒
私たち司祭は決して一人で
生きているわけでもなく︑ま
た完全な者でもない︒弱さを
持つ人間だからこそ︑神の助
けと人の助けが必要なのであ
る︒司教は司祭を叙階する時︑
﹁司祭と司祭団﹂
という家族・兄弟の一員とな
るのである︒一人で司祭館に
住 む こ と の 多 い 教 区 司 祭 は︑
孤独に陥ることなく︑悩み・
苦しみ︑喜び・楽しみも兄弟
である司祭たちとともに分か
ち合い︑支え励ましあい︑力
づけられるものでなければな
らない︒このことを特に︑前
教区長・松永司教様逝去後の
司教空位期間に︑深く感じさ
せられた︒兄弟司祭たちから
励 ま さ れ︑ 手 を 差 し 伸
べられ支えられながら
歩んでいくことが出来
た︒ 心 か ら 感 謝 し て い
る︒
あ の 後 輩 司 祭 に も 私 に も︑
今春少し年の離れた弟司祭が
誕生した︒大切に関わりたい
と思っている︒そして︑その
末っ子にさらに年の近い弟が
生まれ続けて欲しいと願って
いる︒身近でいつも支えあえ
るように︒
二日市教会主任司祭
昨年の列福者188人の中
で︑殉教者 人を数える熊本
県では︑列福式以来キリシタ
ン史に県民の関心が高まって
いるが︑この程︑熊本県内の
学識経験者や研究者を集めた
元サンスルピス大神学院の
院長を経て︑現在︑長崎純心
大学教授である山内清海神父
の 著 書︒
﹁永井隆博士﹂の中
か ら︑﹁ 原 爆 投 下 は 神 の 摂 理
である﹂などの問題点にあ
えて焦点をあてたもの︒カト
リック司祭の立場から永井隆
の著作などを考察し的確に答
えている︒
ゆるり書房発行
サンパウロ社取り扱い
税込定価 1200円
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
森山工務店
有限
会社
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
50
た︒限られた時間での分かち
7 月 日︑
﹁第6回宣教の
合いであったが︑それぞれの
在り方を考える集い﹂がカト
グループで充分に共感の持て
リック大名町教会で開催され
る集いが行われた︒
た︒テーマは﹁分かち合う生
リピーター参加者の一人は
き 方 へ の 招 き ﹂︒ 午 前 中 は 片
柳神父の﹁わたしはあなたを ﹁ 前 回 ま で と 違 う 雰 囲 気 で︑
わたしには教会の一員を感じ
忘れない〜マザーテレサのこ
ころ〜﹂を通して分かち合い︒ させられる一日でした︒だれ
もが教会の一員としての自分
午後は﹁福音が生きて伝わる
を分かち合えたのではないか
ために﹂を題材に分かち合い
と思います︒また︑聞いた側
を行った︒
も共感することが多く︑自分
会を重ねる毎にリピーター
だけの問題と思っていたこと
も多く︑参加者に何か一つ役
割 を 持 っ て も ら う を 基 本 に︑ も分ち合うことで随分解放さ
れました︒﹂という声だった︒
最初の寸劇も会場から︑分か
実行委員の創意工夫が生か
ち合いのファシリテーターの
される一日となった︒
役割など︑全員参加で行われ
20
全
「 能の父よ︑あなたに仕え
ることを望むこの人を司祭団
に加え︑すべてを聖とする霊
を新たに注いでください と
」
唱えられる︒
洗礼によって神の子とな
り︑教会共同体・神の家族の
一員となるように︑叙階の秘
蹟によってキリストの司祭と
なり︑司教を父とし︑司祭団
に熱心だった︒3年程前に五
イ!﹂と語るのは︑今夏行わ
島巡礼に参加︒この時受けた
れたFYCC7︵第7回福岡
ユ ー ス カ ト リ ッ ク キ ャ ン プ ︶ 殉 教 者 の 信 仰 に 衝 撃 を 受 け︑
の代表を務めた豊嶋玲 あき ﹁ こ の 信 仰 を 絶 や し て は い け
(
ない﹂と教会に再び通い始め
ら さ
) ん︒
る︒こうした教会を離れてい
﹃参加者一人ひとりが笑顔
た期間を惜しいと思うと同時
になっていく日々︑来年も絶
に︑この気持ちを大切にした
対参加したいという言葉︑そ
いとも語る︒
して準備期間を含めた多くの
自 分 に と っ て 信 仰 は﹁ 財
人の支え﹄を全身に受け︑こ
産﹂であり︑それは何かを繋
れは神さまの力︑魔法だと言
ぐ﹃糸﹄のように感じている︒
い切る︒
殉教者から今の自分に︑そ
多くの仲間たちと春先から
して自分と中高生や仲間た
準備の時間を積み上げてきた
ち︑人と人を繋げる糸︑受け
FYCC7︒不安や問題は多
継ぐ財産︒難しい話ではなく︑
かったが︑困難なことに埋没
現在の自分が動いている力の
せずその先にあるはずの参加
源が神さまにあるという確信
者の笑顔をいつも忘れないよ
がそう思わせる︒
うに︑という司祭の言葉を胸
今の自分を漢字で表すと
に仲間たちと一緒にまい進し
て き た︒ そ し て 修 道 者︑ 調 ﹃楽﹄︒新しい人々に出会う楽
しみ︑新しいFYCCに出会
理スタッフ︑青年たちなどと
う楽しみ︒分かち合い︑繋ぐ
共に 人の中高生参加者を迎
信仰をこれからも楽しんでい
え︑8月の神学校で熱い3日
きたい︒
間を過ごした︒
ステファノ 豊嶋 玲
自分自身の中高生時代は教
︵大名町教会 青年信徒︶
会を離れ︑バスケや音楽活動
41
司教、宣教師の家族を訪問
第6回宣教の在り方を考える集い
「分かち合う生き方への招き」
もう少し早く相談すれば
「
よかった 後
」 輩 司 祭 は︑ 話
し 終 え た 後 こ う 語 っ た︒ 私
自身も 遠
「 慮なく相談して
くれればよかったのに と
」
言いなが
ら︑ 自 分
が門戸を
開いてい
るつもりでも︑後輩の側はそ
う受け取れなかったようであ
る︒自分にとっては弟のつも
りでいたのだが︑年が離れて
おり︑弟の側から見れば︑兄
とは思えなかったのかもしれ
な い︒ さ ら に そ の 際 神
「父
様はいいですね︒同級生や身
近な先輩たちがいらっしゃっ
て と
」 も 語 っ た︒ 私 は︑ 何
司 祭
シリーズ
⑥
トレードマークの長髪スタ
イルに︑いつものギターを抱
え︑ 普 段 の 穏 や か な 表 情 に
パッと笑顔を広げながら﹁F
Y C C は 魔 法︑ こ れ は ス ゴ
27
川上惣一神父
楽
第624号
カトリック福岡教区報
2009年10月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年10月1日発行
み国が 来ますように!
案
カトリック教会のカテキズム
日
場
講
資
次
福岡黙想の家ご案内
時:2009年10月25日(日)15:00
所:カテドラル大名町教会
師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
料:カトリック教会のカテキズム
回:10月25日(日)15:00
メインテーマ:いただきます
〜神のことばを食べる〜
日 時:10 月 11 日 ( 日)14 時〜 16 時半
場 所:カトリック戸畑教会
講 師:森山信三神父(西新教会主任)
主 催:北九州地区信徒協聖書部会/
教区聖書委員会
10月
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて
レクツィオ ディヴィーナ
時:10月8日
(木)10時〜 15時半
容:聖パウロの書簡 2
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父/ Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
・日
・内
テーマ:聖書とは?
講 師:雨宮慧神父(東京教区司祭)
福岡会場
日時:11 月 14 日(土) 19:00 〜 21:00
場所:カトリック大名町教会
北九州会場
日時:11 月 15 日 ( 日) 14:00 〜 16:00
場所:カトリック小倉教会
主 催:福岡教区聖書委員会
カテドラルでのゆるしの秘跡
日時:10 月 17 日、11 月7日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
聖パウロ修道会
福岡教区納骨堂委員会
聖霊による刷新九州地区集会
日 時:10 月 10 日(土)16 時〜 12 日(月)15 時
会 場:福岡黙想の家(宗像)
指 導:マッケイ神父(鳥栖教会主任)
参加費:15000 円
問合せ先:090-8664-3168(中本)/ 093-671-2219
日本カトリック難民移住移動者委員会
◆長崎教会管区 外国人信徒セミナー
30
10
10
18
18
11
40
14
14
Br
12
10
29
14
27
14
13
11
8
23
14
13
広報担当者の集い
聖歌隊募集
◆各小教区宛てに、教区事務所から
インフルエンザへの対応のマニア
ルが送られています。正しい対応
をお願いします。
日時:11 月8日(日)
14 時から
場所:カトリック大名町教会
対象:各小教区広報担当者
小教区報編集者
*当日、最新の小教区報を 20
部くらいお持ちください。
目
的:ザビエル聖堂完成に向けて
練習日時:10 月 17 日 ( 土)
毎月第3土曜日
13:00 〜 16:00
練 習 場:福岡黙想の家入口のログハ
ウス(福音の会)
事 務 局:☎ 0940-33-5423 橋本富美
お知らせ
カトリック玉名教会にFAX新設
渥0968・57・9955
容︺ロザリオと話し合い︹問
合せ先︺健軍教会☎096 ・
368・2825青木悟神父
編集後記
今月号は︑先月がお休みで
したので︑夏休み中の行事な
どを掲載しております︒子ど
もたちや青年たちの活躍は本
当に教会の希望︑力です︒政
治の世界では政権が交代しま
した︒教会の中でも︑常に刷
新︑新しさを求めて歩んでい
きたいものです︒
新型インフルエンザ対応
コース・マルセル
10
北 九 州
賀
本
10
佐
熊
11
10
1419
神父
15
10
15
◆
12
11
■小倉祈りの集い
︹日時︺ 月 日︵金︶ 時半
から 時︹場所︺カトリック
小倉教会信徒会館2階︹指導︺
ガブリエル神父︵御受難修道
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
先︺☎090・3985・5
209松田裕子
■北九州召命を共に祈る会
︹日時︺ 月 日︵木︶ 時か
ら︹場所︺カトリック小倉教
会
︹内容︺ロザリオとミーティ
ング︹司式・指導︺伊東成晃
神父︵門司教会主任︶
︹問合せ
先︺☎093・963・23
59江口
11
11
◆
10
■佐賀祈りの集い
︹日時︺ 月3日︵土︶ 時〜
時︹場所︺佐賀カトリック
会館
︹内容︺ミサと祈り
︹次回︺
月7日 土(︶ 毎
=月第1土曜
日︒どうぞご参加下さい︒
︹問
合せ先︺☎0952・30・
8347 吉武
◆
■熊本地区召命を共に祈る会
︹日時︺ 月 日
︵木︶ 時
︹場
所︺カトリック健軍教会︹内
程:2009 年 11 月 23 日(月)
9時 30 分〜 16 時 30 分ころ
場 所:カトリック大名町教会
参加費:無料
メインテーマ:
Sharing Cultures in Christ
〜 through songs and dancing 〜
キリストのうちに分かち合いましょう
〜歌と踊りを通して〜
申込み締切:11 月8日(日)
申込先:美野島司牧センター(岩本光弘)
Fax:092-431-5709
問合せ先:☎ 0973-22-3350(日田教会 Fr. 川口)
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
11月
1日(日) 諸聖人の祭日/小郡教会堅信式
2日(月) 死者の日
各カトリック幼稚園願書受付
3日(火) 召命の集い(カトリック神学院福岡キャンパス)
4日(水) 教会行政法制委員会
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
16
10
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
4日(日) 年間第27主日/若松教会堅信式
5日(月) 福岡地区司祭集会(糸島教会11時)
7日(水) ロザリオの聖母
†J.ノーリス〔2007年八代教会〕
8日(木) 召命祈願ミサ(大神学院19時半)
常任司教委員会
9日(金) 特別臨時司教委員会
†K.オマホニ〔2003年荒尾教会〕
10日(土) †E.ハトリック〔2007年笹丘教会〕
11日(日) 年間第28主日/湯川教会堅信式
12日(月) 体育の日
13日(火) 日カ連理事会(広島〜15日)
16日(金) †フランソワ徳山登〔2000年門司港教会〕
17日(土) 長崎カトリック神学院体験入学
18日(日) 年間第29主日/水巻教会堅信式
世界宣教の日(献金)/島崎教会聖テレジア祭
大楠教会バザー
19日(月) 十字架の聖パウロ
教区邦人司祭黙想会(黙想の家〜23日)
25日(日) 年間第30主日/筑後地区聖体大会(今村)
南粕屋教会・西新教会・高宮教会バザー
26日(月) 難民移住移動者委員会全国リーダー研修会
27日(火) †H.キニュ〔2004年天神町教会〕
28日(水) 聖シモン・聖ユダ使徒
難民移住移動者委員会全国リーダー研修会・ミサ
30日(金) 八代白百合学園創立100周年ミサ
16
◆和田墓地清掃日
10 月 25 日 9時〜
◆死者のためのミサ
11 月8日 14 時
*和田墓地は8月・11 月を除いて
第2日曜日 12 時から 15 時まで
納骨堂開放している。
E-mail:[email protected]
10月のこよみ
会合と催し
了平助祭
︵大名町教会︶
︹場所︺
◆
福
岡
カトリック大名町教会信徒室
︹お茶代︺300円︹主催︺川
■福岡祈りの会
島キヨ子︵使徒職の協力者︹問
︹日時︺毎週月曜 時から
合せ先︺☎092・715・
時 分︹場所︺大名町教会1
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・ 3606鈴木美子
■グレゴリオ聖歌を歌う会
聖書の分かちあい︹代表︺
床嶋︹問合せ︺☎092・5 ︹日時︺ 月 日︵火︶ 時か
ら︹場所︺聖クララ寮︵南区塩
21・2503蓮尾
原︶
︹内容︺聖体礼拝︹問合せ
■在世フランシスコ会集会
先︺☎096・380・56
︹ 日 時 ︺ 月 日︵ 日 ︶ 時
から︹場所︺高宮フランシス
86 堺
コ会修道院在世会集会所︹内
■虹の会
容︺アシジの聖フランシスコ ︹日時︺ 月 日 土(︶ 時半
に倣って︑福音に生きるため
から 時半︹場所︺カトリッ
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
ク大名町教会3階︹内容︺子
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
どもを亡くした親の悲嘆の分
2・843・5831岩崎
ち合い︹参加費︺600円︹連
絡先︺☎090・1162・
■第6回信仰と祈りの養成研
修の集い
6395 柴田須磨子
︹日時︺ 月 日 日(︶ 時か
■
﹁紫苑 com.
﹂心のセミナー
ら 時半︹対象︺ 歳頃まで ︹日時︺ 月 日 日(︶ 時か
の独身女性信徒︹講師︺大塚
ら︹場所︺福岡黙想の家カト
リック案内所︹テーマ︺人間
存在と祈り ︹お話︺小宮豊
氏︵精神神経科医師︶/来住
英俊神父︵カトリック福岡黙
想の家院長︶
︹参加費︺会場
内自由献金︵コーヒーとお菓
子つき︶
︹問合せ先︺☎09
40・33・2731吉永
■美野島司牧センター
ホームレス支援のための毎
週火曜日 時半から炊き出し
等へのご協力をお願いします︒
︹問合せ先︺☎092 4
・31・
テーマ:わたしについて 来なさい!
時:2009 年 10 月 17 日 ( 土 )13 時 か ら
18 日 ( 日)13 時まで
場 所:聖パウロ修道会・若葉修道院
(東京都新宿区若葉 1-5)
対 象:自分の生涯の道を探している 18 〜 35 歳
までの独身男性
参加費:3000 円
問合せ先:☎ 03-3351-5257(Br. 髙木進)
日
日
板
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
聖書週間特別講演会
青 年 召命黙想会
内
◇3日(土)
福岡チェナクルム
◇10日(土) 〜 12日(月) 聖霊刷新・九州地区集会
◇19日(月) 〜 23日(金) 福岡教区・邦人司祭黙想会
◇24日(土) 〜 25日(日) 福岡雙葉学園職員研修・黙想会
◇29日(木) 〜 31日(土) 防府カトリック教会 黙想会
◇31日(土)〜 11/1(日) A.P.ジャパン 集会
11月
◇2日(月)〜3日(火) 神の前で生と死を考える集い
≪Sr.髙木慶子/Fr.来住英俊≫
〒811-4155 福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
2009 年度北九州地区聖書講座
(4)
第624号
教皇様の意向のために祈りましょう
11月の意向
2009年
﹁イエスにお目にかかりたいのです﹂教
区司祭黙
想会︶開催
︵ヨハネ ・
24
12
宗像の福岡黙想の家︵御受難会︶で 月 日から 日まで
開催された福岡教区の邦人司祭黙想会は 人の司祭が参加し
て行われた︒カルメル会の中山博道神父の霊的講話︑ 日に
は久留米の聖マリア病院の協力で希望者の健康診断も行わ
れ︑心身ともに新たにされ各小教区へ赴いていった︒
19
20
12
19
会 ︶ は︑ 教 会 の 歴 史︑
聖書をひもときなが
ら︑あるいは専門の霊
性神学の立場から今
後教会及び司祭が歩
むべき方向について
語 っ た︒ 例 え ば 現 代
は︑物質主義︑世俗主
義が横行し︑教会もそ
の 影 響 を 受 け て い る︒
ここで言う世俗主義
と は︑ 人 生 を 現 世 的
な レ ベ ル だ け で 捉 え︑
超越性︑神的なものを
認めない立場のこと
で あ る が︑ こ の 立 場
は︑ 聖 書 で は 例 え ば︑
エリヤの時代すなわち国家ぐ
るみで神に背を向けた時代に
9月の連休中の 日 日
(︶
から 日 火
( ︶まで熊本の高
森町にある﹁ペンション根子
岳山想﹂で︑福岡教区信仰教
育委員会︵担当=青木悟健軍
教会主任神父︶主催の﹁第二
回キリスト教講座リーダー研
修会﹂が行われた︒
2006年から2007年
に宗像の黙想の家で行われた
第一回目の研修会に参加した
メ ン バ ー は︑ そ の 後 す ぐ に︑
それぞれの教会で講座を開講
してきている︒このメンバー
がそれぞれの教会で講座を開
く 中 で︑ 様 々 な 問 題 に ぶ つ
が聞こえてくると楽しくな
は祈っているとは思うのです
ミッションスクールが他
ります︒生徒たちが思わず
が︑学校生活で教えられてい
の高校と一番違うのは︑﹁祈
︻一般︼創られたものへの配慮
聖 歌 を 口 ず さ ん で し ま う︑
り ﹂ で し ょ う︒ 朝 に 夕 に︑ くうちに︑確かな祈りの味わ
︻宣教︼神の名が平和をもたらすこと
これは学校に慣れたことの
いを体験的に知ることができ
行事や公の式で︑あるいは
ます︒自分のための祈りから︑ 目安かもしれません︒歌い
昼食の前にも
︻日本の教会︼死者のために祈る
やすいメロディーは生徒た
次第に友人や教師︑家庭に広
歌うことで必
ちの心を惹きつけ︑宗教の
がり︑飢餓に苦しむ子ども達
ず祈ります︒
や︑ 災 害 に 苦 し む 人 の た め︑ 授 業 の は じ め に 歌 う こ と
幼稚園児が
沌中で神は語り始める︒その
病気の方や︑
高齢者といった︑ が︑より楽しくなります︒
小さな手を合
ような様相の中でみ言葉を聴
︶
月 は﹁ 死 者 の た め に ﹂
出会ったことも顔も知らない
わせて先生の
く
と
き
︑
自
分
が
開
か
れ
︑
変
え
祈りますが︑それは亡くな
誰かのために祈ることを覚え
後に続けて可
ら れ て い っ た 体 験 が あ っ た︒
られた方にご挨拶するよう
ていきます︒幸せを願い︑感
愛い祈りをさ
似ている︒それに対抗したエ
現代もいろいろな意味で困難
謝 を 表 す こ と︑ ま た﹁ 誰 か ﹂ なものでしょう︒祈りで互
さ げ る︑ 教 職
リヤは︑迫害を受けるが︑
﹁静
を伴う時代であるが︑時代を
いが近く感じられれば︑大
を思い起こす作業は︑深い思
員が一つの心で始める会議
か に さ さ や く 声 ﹂︵ 列 王 記 上
見据えて創造的に生きていく
変有り難いことです︒
いやりの心であり︑愛するこ
で祈る︑のはとても大事な
・
を
) 聞いて神と出会う︒ ことの大切さを語った︒司祭
八代白百合学園高等学校
とだと思います︒
こ と で す︒ お そ ら く﹁ 祈
すなわち︑現代においても神
は︑どのような状況において
シスター・谷口 貞女
歌は祈りです︒校内で聖歌
る﹂ことを知らなくても人
の声︑そのメッセージは︑声
もまず︑イエスとの交わりを
高にではなく︑聴こうとする
深めることを再認識させた︒
者のみに静かに語られるので
3日間の日程の流れは︑自 ﹁ キ リ ス ト と 本 当 に 出 会 う 体
キリスト教講座リーダー研修会開催
験﹂をすることである︒
ある︒司祭は︑仕事に振り回
己紹介・問題提起の検討・オ
実行委員会では今後︑より
されたりあるいは︑埋没する
カロール神父︵キリスト教講
よい研修会が開催されるよ
ことなく時にはじっくりと時
かり︑フォローアップ研
座九州地区責任者=小郡教会
う︑
開催時期︑
場所︑
宿泊施設︑
間 を か け て イ エ ス を 見 つ め︑
修が必要ではないかとの
主任︶
の講座・三組のメンバー
対象者など︑今回の反省を踏
キリストのみ顔を観想する必
気づきが今回の企画に繋
による実際の講座・グリフィ
まえ︑内容も検討中である︒
要 性 が あ る と 語 っ た︒ ま た︑
がった︒その中で今回の
ン講座の目標の確認などがプ
最終日︑参加者全員が福岡
聖書は︑いわゆるバビロン捕
受講者は︑司祭3人︑助
ログラムされ︑宮原司教主式
教区長︑信仰育成委員会発行
囚期に多くの重要な書物が成
祭1人︑信徒 人︑2日
の派遣ミサの後︑一人ひとり
の修了証を手に新たな道に再
立するが︑神や神殿を喪失し
目 に は 宮 原 司 教 も 参 加︑ に今回の修了証が主催者の青
派遣された︒
たこの時期も現代と重なると
計 人がこの研修に取り
木神父から手渡された︒
ころがある︒現代︑私たちは
組んだ︒
講座の実演に参加したメン
熊本地区における﹁キリス
これまで築いてきたシステム
この﹃キリスト教講座﹄ バーは︑司祭︑助祭︑信徒の
ト教講座リーダー養成﹂の
などが崩壊していく体験をし
は︑1975年に聖コロ
壁を取り去り︑一人の人とし
導 入 に は︑ 当 時 の 熊 本 地 区
て い る が︑ 捕 囚 期 も 同 様 で
ンバン会司牧委員会︵担
て分かち合う体験︑また抱え
信徒使徒職協議会司牧部を中
あった︒闇や︑深淵そして混
当=グリフィン神父︶に
ている問題を皆で検討するな
心に︑司牧に関して司祭依存
よって開発され︑熊本地
ど︑真剣にしかも和やかに取
型の教会にあって︑司祭の老
区では︑すでに 数年前
り組んでいた︒オカロール神
齢化︑司祭召命の減少という
から信徒による求道者養
父の聖霊について︑特に聖霊
現実の中で受洗後の信徒の成
成のプログラムとして実践さ
の恵みについての話は︑リー
長︑また信徒自身の成熟のた
れている︒同時に養成者とな
ダー自身の霊的成長のために
めに必要なプログラムとして
る信徒のリーダー養成も行わ
力強い講話であった︒
1996年ころから取り組み
れてきた︒
宮原司教は派遣ミサの中で
が始まっていた︒
このような経緯から︑今回 ﹁ 教 会 の 真 髄 は 福 音 宣 教︑ こ
も青木神父指導のもとに熊本
れがなければ教会はない﹂﹁講
キリスト教講座の基本的な
地区が事務局を担当︒対象者
座は︑ノンクリスチャン︑ク
を︑主に現在講座を実施して
リスチャン︑自分自身のため﹂ 枠組みは︑先ず﹁自分との出
会 い ﹂ で︑ 自 分 へ の 気 づ き︑
いる教会の担当者に絞り︑討 ﹁ 時 代 に 応 じ た 新 し い 表 現 方
議資料として︑現行の思い・ 法でやってください﹂と語り︑ 回 心 の 呼 び か け が 中 心 に な
る︒次いで﹁キリストとの出
反省・問題提起など︑事前に
参加者に大きな励ましを与え
会い﹂は徹底したキリストの
アンケートによる調査が行わ
た︒
愛に導かれる︒最後が﹁教会
れた︒アンケート調査はより
このワークショップは︑講
との出会い﹂で共同体が紹介
充実した研修のための準備
座をうまくやる技術を学ぶと
され︑受洗者への招きが自然
だったが︑その返信には再会
いうより︑参加者自身の自己
な形で行われることになる︒
を喜ぶ期待感が溢れていた︒
研鑽︑つまり︑自己を発見し
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 6-28
行
人
発
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-4059
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
21
19
23
22
10
33
キリスト教は、死を前にした人が穏やかに、で
きることなら喜びをもってそれに向き合うことが
できるように助けようとします。
「アダムによってすべての人が死ぬことになっ
た」(Ⅰコリ 15 ・ 22)とあるように、神は人を死
に定められた者としては創造されませんでしたが、
人祖の罪の結果、人は死に支配される者となりまし
た。こうして死は人にとって忌むべきもの、でき
ることなら避けたいものとなってしまったのです。
ところで福音書には死を前にして苦しむイエスの
姿があります。十字架につけられたイエスの姿は
実際に苦しむ姿です。だからといってイエスは不
本意に十字架上で亡くなったわけではありません。
その姿が真に示すのは、「多くの人の身代金として
自分の命を捧げるため」(マルコ 10 ・ 45)にこの世
に来られたイエス・キリストが神の愛を多くの人々
に伝え、かれらを神の方に向かわせることに最後
まで忠実であったということです。
またイエス・キリストは十字架上で殺されたまま
ではなく、三日後に復活して「死者の中から最初に
生まれた者」
(コロ 1 ・ 18)となられました。つまり、
人間的な死を超える新しい命に生きる道を示して
くださったのです。そして自分を信じ従ってくる
者を同じような命へ招いてくださっているのです。
このようにイエス・キリストによって、人の死は「滅
びではなく、新たないのちへの門」となり、キリ
スト教は人の死を肯定的に捉えることができるの
です。
今回の講師を務められた中
山 博 道 神 父︵ カ ル メ ル 修 道
死者の月
死について
カトリック
学校の窓
第二回キリスト教講座リーダー養成の修了者
第625号
カトリック福岡教区報
2009年11月1日発行
(1)
22
20
信仰教育
委員会
11
死 者 の 月 に 入 っ た︒ 西 洋
で は 古 く か ら﹁ Memento
﹂すなわち︑﹁人間死す
Mori
べき者であることを覚えよ﹂
と言われて︑死について考え
ることは大切なこととされ
た︒しかし︑日本では死は忌
むべきもの︑穢れと捉えられ
てきた面もあり︑死について
の感覚は大いに違っていると
思われる▼動物は︑死につい
て考えない︒人間は絶えず意
味 を 問 う︒ 何 故 生 き る の か︑
何故苦しむのか︑そして何故
死ぬのか︒人間は物事の意味
を問い︑答えを求める▼﹁精
神的苦悩は︑他人に打ち明け
ることによって軽くなる︒な
ぜであろうか︒聞いてくれる
相 手 の 理 解 や 愛 情 に 触 れ て︑
励ましや慰めを受けるという
こともあろう︒しかし︑何よ
りも苦しみの感情を概念化
し︑言葉にするということが︑
苦悩と自己との間に距離を作
る か ら で は な か ろ う か ﹂︵ 神
谷 美 恵 子﹁ 生 き が い に つ い
て﹂︶
︒確かに概念化すること
によって︑いままでぼんやり
としていたことが︑明確にな
る と い う こ と は 納 得 が い く︒
言葉にすることによって苦し
みや死と距離が出来るという
発想はちょっと新鮮であった
▼教会の中で︑自分の悩みや
苦しみについてフランクに語
り合える場は︑どれほどある
のだろうか︒教会は︑今を生
きている人々︑困難な問題に
直 面 し て い る 人 々 に と っ て︑
それに応える姿勢が求められ
ると思うのである︒死者の月︑
亡くなられた方々のために祈
ると同時に︑私たちの生そし
て死について語り合う時を持
ちたいものである︒M
とした社会に生きるわたした
ちにとって︑同じ信仰を持ち
同じ方向に向かって歩んでい
く存在がいるのはとっても大
切であり︑また︑心強いもの
です︒日々の生活では︑様々
なことに振り回され︑大切な
も の を 失 い そ う に な っ た り︑
心がすさんでいきそうにもな
ります︒しかしここに来れば︑
なぜか分からないが自然と笑
顔になれるし︑心が癒される
気がしました︒また︑ここに
は︑同じ考えをもつたくさん
の仲間がいるので︑一緒に過
ごし︑話をし︑悩み︑歩むこ
とがとても楽しく充実してい
ました︒その日々の中で︑自
分も成長させられたな︑様々
な方から学ばせてもらったな
と思います︒自分は一人でな
いという原点をしっかり教え
られた場でした︒
富上幸恵さん
第一の職場なので本当に生
活の中心になっています︒好
きでやっていることなので仕
事休みの日曜祝日の予定がす
べて埋まってしまっても逆に
幸せを感じます︒ちょっと疲
れて休んでもみんな温かく見
守って待っていてくださるの
で心にゆとりが持てます︒
ココがリアルな職場と違う
ところですね︒
一緒に祈れる仲間がそばに
い る︒﹃ 主 は 皆 さ ん と 共 に ﹄
という言葉がよく似合う会だ
と思います︒
薬真寺綾乃さん
私にとって﹃福岡地区青年
会 ﹄ と は︑ 出 会 い の 場 で す︒
様 々 な 体 験 と 祈 り を 通 し て︑
仲間と出会い︑教会と神さま
に再会しました︒たくさんの
笑い︑涙︑悩み︑喜び︑悲し
みを共に分かち合える存在
ができました︒そして︑その
出会いを通して︑人との関わ
り方︑物の見方︑考え方︑選
び方⁝生きるうえで大切な知
恵をいただいています︒生き
方が大きく変わったと思いま
す︒私は︑自分の楽しさばか
りを追いかけてきました︒今
もそういうところは大いにあ
りますが︑それだけでは得ら
れないものがあることを知り
ま し た︒ 普 遍 な 神 へ の 信 仰︑
神を介してつながっていく人
とのきずな︒私にとって一生
大切にしていきたいものばか
りです︒
現在の福岡地区青年会会長
は大名町教会の豊嶋仁さん︒
﹁この歴史を次の世代の青年
に も 繋 い で 行 き た い で す︒
﹂
と彼は語っている︑
■ひつじ団予定
*チューサー学習会=
月 日 火
(︶
*黙想会=
月 日 日
( ︶午後
*会場=いずれもカテドラル
坂牧春妙
深堀正平
『待降節の黙想会』ご案内
T E L 092−526−5656
福岡地区青年会に出会う
に入会した青年がいます︒あ
え て 司 祭 召 命 と 問 わ れ る と︑
何事も自分の将来を考えると
き﹁あこがれ﹂が大事だと思
います︒わたしはあこがれる
教師に出会いましたから︒
編集室から
薬真寺健臣さん
福岡地区青年会は私にとっ
て第一の職場です︒
青年会は私のタレントをフ
ルに使い神様の道具として働
ける場所なのです︒なのであ
る意味神様は社長︒オフィス
は教会︒私を必要としている
所に派遣してくださいます
し︑お恵みをたくさんくださ
います︒働けば働くほど出会
いがありお恵みに気付かせて
くださいます︒
青年それぞれのタレントを
出し合い何かを作り上げる喜
びは大きいです︒
カーナビが事故にかまわず行けという
自分にとっては︑信仰養成
の場であり︑成長の場であり︑
癒しの場でした︒今の︑混沌
ちょっと
落ち葉一枚一枚辞世持っている
聖堂/洋個室(洗面トイレ付)/冷暖房/浴室シャワー室/障害者用トイレ/エレベーター
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
① 12月12日(土)〜13日(日)《染野治雄神父指導》
② 12月19日(土)〜20日(日)《来住英俊神父指導》
時間:①②共に、16時受付〜翌日15時まで
会費:7500円(一泊三食代)
最近︑あちこちで﹁福岡の青年は元気ですね﹂という声を
聞くことがある︒そこで設立3年目を迎えるという﹁福岡地
区青年会︵会長=豊嶋仁さん︶﹂の有志に集まってもらった︒
参加してくれた青年は社会人と学生の8人︒青年会に関わっ
て9年のベテランから地区青年会が設立してからの新メン
バーもいる︒彼らの間には経験の壁も︑小教区の壁もない︒
地区青年会の設立にさかのぼること6年前︑有志の会とし
てスタートした青年達の集まりはどのように歩んできたの
か︑関わりのきっかけやその魅力などを語ってもらった︒
た︒今年7回目でした︒
﹁有志の会﹂として歩む中
で︑困難だったことは=いろ
いろありますが一つは指導者
の 不 在 で し た︒ 司 祭 か シ ス
ター︑または教会のことを正
しく教えてくださる相談役の
ような人が欲しいと思ってい
ました︒そんな霊的渇望が信
仰養成係になり地区青年会の
中に﹃ひつじ団﹄という霊的
学びの会をつくりました︒
﹁ひつじ団﹂はどんなこと
をしてるの=ロザリオの祈り
や聖書を読んでの分かち合
い︒紹介していただいた神父
様に講話をお願いしたり︑典
礼の勉強︑黙想会もします︒
これだけの集まりの中から
司祭召命が少ないという声が
ありますが=アウグスチノ会
般に教会の中でも人間関係は
希薄になっていると思われる
が︑彼らの中では︑このよう
な互いの信頼の絆で結ばれて
いる︒さらに彼らの絆は小教
区という小さな単位を簡単に
飛び越えて︑超教区さらに世
界へとつながっている事にも
驚きを覚える︒第三は︑養成
である︒どちらの小教区でも
建 物 が 老 朽 化 し︑ 築 ○ ○ 年︑
あ る い は 創 立 周 年 と か で︑
しばしば建物改築新築を計画
している声を聞く︒勿論各家
庭の金銭的負担も少なくない
はずだ︒しかし︑人を育てる
ために沢山のお金を使うとい
うことはあまり聞かない︒青
年たちは自分たちの後継者を
育てるためにもう 年
8 前か
ら︑毎年中高生のためのキャ
ンプを入念に計画し︑実行し
て来た︒このキャンプには部
活に塾にと忙しいはずの中高
生たちが︑あっという間に募
集定員を上回るほど申込をす
る︒最後に﹁霊的な渇望﹂で
ある︒彼らは︑特別の指導者
もなく︑自分たちでみ言葉を
分かち合い︑教会の歴史を学
び︑神学を学び︑霊性を高め
合 っ て 来 た︒ 3 年 前 か ら 始
ま っ た﹁ チ ュ ー サ ー﹂
︵火曜
日 と 木 曜 日 の 研 究 会 ︶ に は︑
今でも 名以上の地区の若者
が集まってくる︒
私たちの教会共同体に欠け
ているもの︑あるいは忘れら
れていることについて彼らは
気づかせてくれていないだろ
うか︒彼らの声にもっと真剣
に耳を傾けてみたい︒
50
後 日︑ 参 加 し て く れ
た青年から感想が送ら
れ て き た︒ 3 人 の 思 い
を紹介する︒
10
一息
10
今回彼らが語ってくれたこ
とは︑現代の教会に対する問
題提起を多く含んでおり︑ま
たそれにとどまらず︑彼らが
﹁教会﹂を自ら築いているこ
とにある種の驚きと感銘を受
けた︒彼らの話しからテーマ
をいくつか取り出すとするな
ら ば︑ 第 一 の テ ー マ は︑
﹁共
同体﹂である︒教会は神の民︑
神の家族と言われる︒しかし︑
どれほどの小教区がお互い支
え合い︑生かし合う共同体に
なっているだろうか︒彼らは
言う︒﹁ここに︵地区青年会︶
集まってくる人は︑みんなや
さしい︑会社で疲れてもここ
に居場所や安らぎあって︑こ
こに戻ってくるとホッとす
る﹂と︒こんな教会︑今どれ
ほ ど だ ろ う か︒ 第 二 は﹁ 絆 ﹂
である︒彼らは言う﹁私たち
は互いを絶対見捨てないとい
う信頼感で結ばれている﹂そ
う言い切った青年がいた︒一
の訓練をすれば︑正議長で
ある司祭が発言するときだ
け議事を裁くことは不可能
ではないと思う︒
私は欧米流の会議文化を
あ る 程 度 知 っ て い る の で︑
こ う い う 提 言 を し て み た︒
机上の論議と見えるかも
しれない︒しかし︑重大な
決定をしなければならない
場 合︑ 純 日 本 風 の メ リ ハ
リのない会議では意見を集
約しにくいことは確かであ
る︒数人がしっかりしたノ
ウハウを持っていれば︑欧
米式の会議の良い点をある
程度は取り入れることもで
きるのではないか︒
御受難修道会
宗像修道院長
22
クミーティング︑あっちこっ
ちミサ︑九州青年キャンプそ
して︑FYCCなどに参加し︑
そこで出会った人々との関り
の線上です︒でも︑いろんな
集いに参加しながら︑だんだ
ん自分の小教区の大切さにも
気づきました︒だからほとん
どの青年が︑自分の小教区で
は教会学校などにも関わって
います︒
FYCCなどをやろうと考
えたきっかけは=WYDやN
W M な ど に 参 加 し て︑
﹃自分
たちも何かやりたい﹄と話し
合った時︑年齢が一番近い中
高生のために︑教会離れと言
われる彼らに﹃このゆびとま
れ 教会でもっと友だちつく
ろう﹄と呼びかけて始めまし
参加者に平等に発言させるこ
である︒大事な会議で︑議長
とが容易になるだろう︒もと
が同時に強力な発言者でもあ
も と︑ 司 祭 の 役 割 の 一 つ は
ることは良くない︒自分の発
言 に 対 す る 否 定 的 な リ ア ク ﹁共同体のコーディネーター﹂
である︒これが前回の提言で
ションを︑自分で議長として
あった︒
的確に裁くことは難しいから
司祭が議長をすることのメ
である︒これは決してささい
リット︑デメリットをどう考
なことではない︒今は司祭が
えるべきだろうか︒私の知る
議長をしない方が普通だと思
ア メ リ カ 流 の 会 議 方 式 で は︑
うが︑それは司祭が最も積極
正議長の他に︑仮議長を置く︒
的な発言者であることが多い
正議長が自分の発言をすると
からである︒
き だ け 仮 議 長 が 進 行 を 裁 き︑
一方︑信徒同士では遠慮が
それが一しきり終われば︑ま
あ っ て︑ 会 議 の 流 れ を 強 く
た 元 の 議 長 に 戻 る の で あ る︒
コントロールすることは難
小 教 区 の 会 議 で も︑ や っ
しい︒そこで︑議事進行の基
てやれなくもないのではない
本的な技術があれば︑司祭が
か︒信徒が会議全体を通して
議長を務めることの利点もあ
議長として流れをコントロー
る︒司祭としての権威がある
の で︑ 脱 線 発 言 を 抑 え た り︑ ルするのは難しくても︑多少
11
みなさんの青年会との出会
いは=︵WYD︶ワールドユー
スデイ︑︵NWM︶ネットワー
誰が
議長をするか︵7︶
ここでいう会議とは︑連絡
や実務的調整中心のものでは
なく︑小教区の方向を変える
ような大事な決定をする会議
11
来住 英俊
イザヤ
(2)
第625号
カトリック福岡教区報
2009年11月1日発行
な り 青 年 た ち だ け で は な く︑
国際結婚をして以前から行橋
近郊に住む外国籍の人々とも
連絡を取り合い 人から 人
の人々が集うようになってき
た︒3年ほど前からは︑幼児
洗礼や初聖体など秘跡の依頼
や教会学校︑教会行事への参
加︑ ま た︑ 主 日 の ミ サ 後 の
コーヒータイムでも教会共同
体の中に自然な雰囲気でうち
とけてきている︒特に︑この
日のミサは多くの外国籍の人
たちを意識した典礼が捧げら
れた︒今年はフィリピン︑マ
レーシア︑アメリカなどから
来日し行橋市近郊で働く人々
が 共 に 祈 り︑ 山 元 眞 神 父 に
よって3組のフィリピン籍の
母親の家庭の子どもたちと1
組の日本人家庭の子どもの幼
児洗礼式がミサの中で執り行
われた︒約 人のフィリピン
青年たちがリードする英語で
の聖歌のプレゼントや受洗し
た子どもたちへ教会信者代表
フィリピン人同士だけでは
から記念品も贈られた︒また
なく日本の社会の人と自然
新たに企業実習生として働く
な付き合いができることが
ために来日してきた青年たち
子どもや︑特に外国籍を持
も教会共同体の皆さんに紹介
つ妻のためにはいいことな
された︒教会に集う事が言葉
のだと思います︒多くの人
も習慣も違う外国籍の方たち
と接する場に出たがらない
の癒しであり︑違う企業や慣
妻も教会にだけは行きたい
れない環境の中で生活する者
と言うので︑できる限り連
同士の情報交換の場ともなっ
れてきたいと思いますと話
ている︒3年間の企業実習を
した︒難民となった方こそ
終えて帰国する青年たちが教
い な か っ た け れ ど︑ 移 住︑
会やコミュニティとの繋がり
移動して慣れない生活環境
を後輩たちに確実に引き継い
の中で生きる人々がともに
できている︒洗礼の恵みをい
集い︑喜び︑子どもたちを
ただいた子どもたちのために
受け入れ洗礼をお祝いでき
フィリピンママたちの手作り
たことは︑ご家族だけでは
料理と︑お菓子︑ジュースな
なく教会共同体としても素
どが沢山持ち寄られ︑日本人
晴らしいお恵みだと思いま
のお父さんたちが作った子ど
す︒また日本の教会独自の
もたちの顔写真入りのお祝い ﹁ 教 会 籍 ﹂ と 言 う 考 え 方 の
ボードも飾られミサ後は楽し
ない外国籍の方たちに︑教
いパーティーとなった︒受洗
会としてサポートできる何
願いの用紙には一人の赤ちゃ
らかの管理も必要だと改め
んに沢山の代親が名を連ねた
て考えさせられました︒
ものも一緒に提出されるな
ど︑ お 国 柄 の 違 い も 見 ら れ
た︒ 一 人 の 子 ど も の 父 親 は︑
講演会のご案内
◇泰星学園では創立記
念の式典に合わせて左
記の講演会を実施する
こ と に い た し ま し た︒
カトリック信徒でもあ
る講師の桜井哲夫氏の
生 き 様 に つ い て︑ 広 く
皆さまにご紹介いたし
た く︑ ご 案 内 申 し 上 げ
ます︒
☆マザー・テレサ
100の言葉
ヴォルフガング・
バーダー 編
山本文子 訳
ひとりの
女性の言
葉︑それ
は口より
も行為をとおして︑手と目で
語られた言葉です︒それは満
たされた︑勇気ある︑そして
ひたむきな生涯を語ります︒
女子パウロ会発行
税込定価 1260円
◇
◇
◇
☆沈黙の存在
教会における女性の役割
エルジビェタ・アダミャク著
田村和子︑
A・シュチェフラ訳
﹁女性と
はどのよ
うな存在
なのか﹂
女性神学者が︑あえて逆説的
なタイトルで︑現代女性の行
き方を提起している︒
サンパウロ社発行
税込定価 1260円
◇
◇
◇
☆サムライたちの殉教
新潟教区﹃サムライたち
の殉教﹄編纂委員会/編
神保亮/絵・筒井義之
/文・千原通明/訳
﹁ここで
死ぬ者は
信仰の
ために生
命を捨て
る 身 分 の 高 い 者 で あ る か ら︑
み ん な 土 下 座 す る よ う に ﹂︒
雪降りしきる米沢の地で︑信
仰を証しするために散った
人の殉教録︒
ドン・ボスコ社発行
税込定価 2100円
53
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
森山工務店
有限
会社
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
世界難民移住移動者の日に
インターナショナルミサ
9月 日﹁世界難民移住移
動者の日﹂行橋教会に於い
て︑日本語︑英語︑タガログ
語によるインターナショナル
ミサが行われた︒行橋市近郊
には企業実習生として来日し
働くフィリピン青年たちが増
え︑4年ほど前から2ヶ月に
1回︑定期的に主日の午後3
時から英語ミサが行われてい
る︒現在ではフィリピン青年
たちのコミュニティが中心と
第5回マリアン・フェスティバル
えたかと言うことであった︒
この集会には︑現在9つの
聖母マリア像のグループがあ
る熊本市内と︑武蔵ヶ丘︑菊
池のグループも参加した︒
残念ながら︑遠方のグルー
プである︑人吉︑水俣︑八代︑
松橋︑天草︑小国︑玉名地区
は参加できなかった︒
みんなが楽しみにしている
抽選会は︑2009年 月
日に福岡カトリック大名町教
会で開催される︑外国人セミ
ナー出席のために使用するバ
スの借り上げ費用の補助を目
的として行われた︒
参加者から=フェスティバル
に参加して︑今年のテーマ〝マ
リア様のように誠実に〟と同
じように︑わたし達は皆︑誠
実で確固たる信念のままで生
きていることに︑気づかされ
ます︒
23
60
と︑ 親 交 を 深 め こ と に あ る︒
1年間︑それぞれの地区で
聖母マリア像を各家庭に廻
し︑ロザリオの祈りが捧げら
れる︒各地区を巡ったそのマ
リア像を︑この日に持ち寄る
ことで各グループ間の出会い
が行われる︒
今年のプログラムは︑可児
夫妻の家から島崎カトリック
教会まで︑聖母マリア像を先
頭にした行列から始まった︒
来賓演説者のデニー神父
︵ザベリオ会会員でインドネ
シアから来日︶のユーモア溢
れる話に︑集まった聴衆は笑
いに包まれた︒
しかし︑何よりもデニー神
父が分かち合ってくれた話
は︑ 神 父 の 両 親 が ど れ ほ ど︑
子どもの頃から彼の信仰と聖
母マリアへの信心に影響を与
11
行橋
教会
90
熊本
地区
30
﹁召命と神学生﹂
牧します︒一回だけでもいい
から︑ぜひ自分の教会に誘っ
てみてください︒
去年︑天草で行われた熊本
地区のサマーキャンプに二人
の神学生︑谷口さんと大塚さ
んと一人の修道女︵シスター
二田︶も参加しました︒子ど
もたちにとってこの3人︑つ
ま り 聖 職 者 と 一 緒 に 生 活 し︑
殉教者のことを学び︑同じ食
卓を囲み︑同じグラウンドで
遊び︑同じ祭壇で祈ったりし
たことが︑どのような講演会
よりも召命の魅力︑その喜び
を伝えたにちがいないと思い
ます︒なぜなら子どもたちは
召命者に直接に触れ︑肌で感
じたからです︒
今︑この場を借りて︑神学
生︑司祭の召命を考えている
青少年に呼びかけ︑募集した
いことがあります︒1日︑一
緒に大神学校で過ごしてみま
せんか︒ミサ︑サッカー︑分
か ち 合 い︑ と に か く 一 緒 に︒
召 命 に 関 し て︑ 祈 り と 共 に︑
出会い︑触れあい︑分かち合
いは欠かせないものです︒こ
とわざどおり﹁百聞は一見に
如 か ず ﹂︒ 私 た ち の 模 範 で あ
り︑よき牧者であるイエス様
の ア プ ロ ー チ で し ょ う︒
﹁来
て︑見なさい︑そうすればわ
かる︒﹂︵ヨハネ1・ ︶
︵武蔵ケ丘教会主任司祭︶
それぞれの家庭を巡った聖母マリア像と共に
F . レナト神父
今年の5月3日︑全小教区
に配布された﹁司祭と修道者
のための祈り﹂を︑皆さん唱
えたでしょう︒でも︑常に召
命のために祈っている人は
﹁一回だけでも召命者に出会
えたら︑なおさら熱心に祈っ
ていくだろう﹂と希望し︑考
えたことはありませんか︒
武蔵ヶ丘共同体の皆さんが
体験してきたことを報告しま
す︒この数年私たちは司祭の
道を歩いてきた大塚助祭を身
近に見守りました︒助祭叙階
を神様に心から感謝し︑3月
日 時間の聖体礼拝賛美式
をしました︒彼は︑大神学校
から帰る度に報告に来て︑日
曜日共にミサを捧げ︑特に彼
の説教を聞けたことは︑多く
の信徒達にとって助祭のデ
ビューを見る初めての経験で
した︒その面で教区の多くの
皆さんは︑毎年司牧実習のた
めに︑神学生を迎える福岡市
内の教会の信者をうらやまし
がるでしょう︒
でもご存じのように︑大塚
助祭は大名町教会で一年間司
21
司 祭
シリーズ
⑦
12
滞日外国人信徒の司牧のために
サントス・ホセ・リサール神父
39
任した︒浄水通の召命の家
に居住しながら教区内の外
国籍信徒の相談やゆるしの
秘蹟など司牧中心の働きに
なる︒
1948年 月 日生れ︒
1974年6月 日叙階︒
℡092・522・2311
21 19
27
2009年9月 日︵月︶︑
第5回マリアン・フェスティ
バル︵ロザリオの聖母のお祭
り︶が島崎カトリック教会で
開催された︒
この集会の目的は︑日頃か
らロザリオを通して祈ること
期日:11 月4日 ( 水)
開場:12 時 30 分
式典・講演会:12 時 45 分〜
14 時 15 分
講師:桜井哲夫氏
(詩人・元ハンセン病療養者)
演題:
「私の詩と信仰」
場所:福岡市民会館大ホール(天神6)
費用:無料
問合せ先:泰星学園 ( ☎ 092-712-7181)
20
福岡教区内の特に外国人
信徒の司牧のために︑神言
修道会のサントス神父が着
11
第625号
カトリック福岡教区報
2009年11月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年11月1日発行
み国が 来ますように!
案
カトリック教会のカテキズム
福岡黙想の家ご案内
内
板
11月
◇2日(月)〜3日(火) 神の前で生と死を考える集い
◇4日(水)
福岡チェナクルム
◇5日(木)〜7日(土) マッケイ神父様の黙想会
◇8日(日)〜 14日(土) サレジオ会黙想
◇14日(土)〜 15日(日) 山口・島根地区信徒養成研修会
◇16日(月)〜 22日(日) キリスト者のための内観黙想会
◇22日(日)〜 23日(月) 聖マリア在俗会黙想
◇25日(水)〜 26日(木) 北九州レジオ黙想会
◇27日(金)〜 29日(日) ゆふの会
◇28日(土)
読書会
(ドストエフスキーの謎解き)
◇30日(月)〜 12 /2日(水) 御受難修道会共同体の日
日 時:2010年1月24日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
資 料:カトリック教会のカテキズム
聖書週間特別講演会
テーマ:聖書とは?
講 師:雨宮慧神父(東京教区司祭)
福岡会場
日時:11 月 14 日(土) 19:00 〜 21:00
場所:カトリック大名町教会
北九州会場
日時:11 月 15 日 ( 日) 14:00 〜 16:00
場所:カトリック小倉教会
主 催:福岡教区聖書委員会
〒811-4155
福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて/レクツィオディヴィーナ
・日 時:11月19日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロの逮捕
(使徒言行録21:27)
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父/ Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
レジオ・マリア福岡クリア
創立60周年記念ミサ
日 時:11 月 15 日(日) 14 時
主 式:ドミニコ宮原良治司教
会 場:カテドラル大名町教会
*どなたでも参加できます。お待ちしています。
召命の集い
カテドラルでのゆるしの秘跡
テーマ:
日時:10 月 17 日、11 月7日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
日 時:2009 年 11 月3日 ( 火)9時半受付
場 所:日本カトリック神学院福岡キャンパス
*日本カトリック神学院になってから初めての召命
の集いです。大勢の参加をお待ちします。
ウルトレアとアガペの集い
日
場
内
30
16
11
11
15
14
◆長崎教会管区 外国人信徒セミナー
日
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
月はポカポカ陽気が続い
て秋の気配をあまり感じない
うちに 月を迎えました︒先
日は青年達に集まっていただ
き︑貴重なお話を伺うことが
出来ました︒ひたむきに信仰
を求め︑互いの出会いを深め
る彼らの姿勢に頭が下がる思
いがしました︒青年たちに感
謝 で す︒ ま た︑ 先 月 号 か ら︑
1面のコラムをシスター今泉
に代って︑シスター谷口にお
願いしています︒お二人のシ
スターに感謝とともに教育の
現場でのご活躍をお祈り申し
上げます︒
10
編集後記
11
13
14
Br
12
11
12
11
11
29
24
14
11
12
11
19
11
新型インフルエンザ対応
◆各小教区宛てに、教区事務所から
インフルエンザへの対応のマニア
ルが送られています。正しい対応
をお願いします。
◆教会の対応として、いまほとんど
の教会の聖水盤には、聖水を入が
入れられていません。
社会医療法人 雪の聖母会
聖マリア病院
医科・歯科臨床研修指定病院
地域医療支援病院
救命救急センター
総合周産期医療センター
がん診療連携拠点病院
地域災害拠点病院
*入院基本料(一般病棟7:1)
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
◆死者のためのミサ
11 月8日 14 時
宮原司教司式
*和田墓地は8月・11 月を
除いて第2日曜日 12 時か ら
15 時まで納骨堂を開放 して
います。
一緒に働きませんか?
=募集=
医師・看護師・医療技術職
〒830-8543
福岡県久留米市津福本町422
TEL0942-35-3322(代表)
FAX0942-34-3115
http://www.st-mary-med.or.jp
11
12
10
スペイン巡礼のご案内
団長:中村彰神父(戸畑教会主任司祭)
日時:2010 年2月 22 日 ( 月)から
3月3日 ( 水)
内容:ヤコボ・デ・コンポステーラ
サクラダファミリア、ザビエル城等
費用:369,800 円/締切:11 月末日
問合・申込先:
阪急交通社(☎ 092-761-8833)
14
16
11
20
10
Sr.
︹日時︺ 月 日︵金︶ 時半
から 時︹場所︺カトリック
小倉教会信徒会館2階︹指導︺
ガブリエル神父︵御受難修道
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
先︺☎090・3985・5
程:2009 年 11 月 23 日(月)
9時 30 分〜 16 時 30 分ころ
場 所:カトリック大名町教会
参加費:無料
メインテーマ:
Sharing Cultures in Christ
〜 through songs and dancing 〜
キリストのうちに分かち合いましょう
〜歌と踊りを通して〜
申込み締切:11 月8日(日)
申込先:美野島司牧センター(岩本光弘)
Fax:092-431-5709
(日田教会 Fr. 川口)
問合せ先:☎ 0973-22-3350
福岡教区納骨堂委員会
11
10
日本カトリック難民移住移動者委員会
1日(日) 諸聖人の祭日/小郡教会堅信式
故ヨゼフ深堀敏司教追悼式(手取教会14:30)
各カトリック幼稚園願書受付
2日(月) 死者の日
3日(火) 召命の集い(カトリック神学院福岡キャンパス)
4日(水) 教会行政法制委員会
5日(木) 常任司教委員会
8日(日) 年間第32主日/古賀教会バザー
和田墓地ミサ(14時)/佐賀不動山殉教祈念ミサ
†M.マッコンネル〔2005年手取教会〕
9日(月) ラテラン教会の献堂
10日(火) 司祭評議会(司教館10時)/顧問会
14日(土) 聖書週間特別講演会(カテドラル19時)
15日(日) 年間第33主日/聖書週間(〜22日)
聖書週間特別講演会(小倉教会14時)
レジオ・マリエ60周年記念(カテドラル14時)
16日(月) †浦口均〔2007年老司教会〕
18日(水) 門司教会創立記念日
21日(土) 聖母マリアの奉献
22日(日) 王であるキリスト/笹丘教会堅信式/勤労感謝の日
23日(月) 長崎教会管区外国人セミナー(カテドラル13時)
26日(木) †R.マグリン〔2008年聖マリア病院〕
27日(金) 行橋教会創立記念日
†M.C.ハイメ〔2003年トラピスチン〕
29日(日) 待降節第1主日
ウルトレアとアガペの集い
30日(月) 聖アンデレ使徒/†春山勝美〔2007年高宮教会〕
教区司祭集会(〜12月1日まで)
12月
3日(木) 聖フランシスコ・ザビエル/常任司教委員会
4日(金) ザベリオ祭ミサ(島崎教会19時)
6日(日) 待降節第2主日/宣教地司祭育成の日(献金)
8日(火) 無原罪の聖マリア
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
2・843・5831岩崎
■婦人黙想会﹃みのるころ﹄
︹日時︺ 月 日 金(︶ 時か
ら 時︹場所︺カノッサ修道
女会太牟田修道院︹同伴︺
大田︹参加費︺500円︵昼食
持参︶︹問合せ・申込先︺カノッ
時:11 月 29 日 ( 日) 15 時〜 18 時
所:カテドラル大名町教会
容:ウルトレア/みことばの祭儀
司教講話/アガペ/親睦会
参加費:3000円
申込先:福岡教区クルシリヨ事務局 徳永
FAX :093-371-2988
*各小教区宛てに申込用紙を送付しています
ので、できるだけまとめて FAX してください。
11月のこよみ
会合と催し
209松田裕子
サ 会 Sr.
大 田 ☎ 0 9 4 4・ 5
8・ 5 7 9 3 / E-Mail:sis. ■北九州召命を共に祈る会
︹日時︺ 月 日︵木︶ 時か
[email protected]
ら︹場所︺カトリック北九州
■グレゴリオ聖歌を歌う会
湯川納骨堂︹内容︺パリミッ
︹日時︺ 月 日︵火︶ 時か
◆
福
岡
ション会の司祭の為のごミサ
ら︹場所︺聖クララ寮︵南区塩
原︶
︹内容︺死者ミサ︹問合せ
■福岡祈りの会
死(者︶
︹司式・指導︺伊東成
先︺☎096・380・56
︹日時︺毎週月曜 時から
晃神父︵門司教会主任︶
︹問合
時 分︹場所︺大名町教会1
せ先︺☎093・963・2
86 堺
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・ ■
359江口
﹁紫苑 com.
﹂心のセミナー
聖書の分かちあい︹代表︺
︹日時︺ 月 日 日(︶ 時か
◆
佐
賀
床嶋︹問合せ︺☎092・5
ら︹場所︺福岡黙想の家カト
21・2503蓮尾
■佐賀祈りの集い
リック案内所︹テーマ︺人間
■虹の会
存 在 と 祈 り ︹ お 話 ︺ 小 宮 豊 ︹日時︺ 月7日︵土︶ 時〜
︹日時︺ 月 日 土(︶ 時半
氏︵精神神経科医師︶/来住
時︹場所︺佐賀カトリック
英俊神父︵カトリック福岡黙
会館
︹内容︺ミサと祈り
︹次回︺
から 時半︹場所︺カトリッ
想の家院長︶
︹参加費︺会場
月4日 土(︶ 毎
ク大名町教会3階︹内容︺子
=月第1土曜
内自由献金︵コーヒーとお菓
どもを亡くした親の悲嘆の分
日︒どうぞご参加下さい︒
︹問
子つき︶
︹問合せ先︺☎09
ち合い︹参加費︺600円︹連
合せ先︺☎0952・30・
絡先︺☎090・1162・ 40・33・2731吉永
8347 吉武
6395 柴田須磨子
■美野島司牧センター
◆
熊
本
ホームレス支援のための毎
■在世フランシスコ会集会
週火曜日 時半から炊き出し
︹ 日 時 ︺ 月 日︵ 日 ︶ 時
■熊本地区召命を共に祈る会
等へのご協力をお願いします︒ ︹日時︺ 月 日
から︹場所︺高宮フランシス
︵木︶ 時
︹場
コ会修道院在世会集会所︹内 ︹問合せ先︺☎092 4
・31・ 所︺カトリック健軍教会︹内
容︺アシジの聖フランシスコ
容︺ロザリオと話し合い︹問
1419 M・コース神父
に倣って︑福音に生きるため
合せ先︺健軍教会☎096 ・
◆
北 九 州
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
368・2825青木悟神父
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
■小倉祈りの集い
ふみ出そう はじめの一歩
〜イエスさまが呼んでるよ!〜
(4)
第625号
15
11
27
13
広報担当者の集い
日時:11 月8日(日)
14 時から
場所:カトリック大名町教会
対象:各小教区広報担当者
小教区報編集者
*当日、最新の小教区報を 20
部くらいお持ちください。
第3回司祭評議会を開催
司祭召命の育成・各種委員会の整備など検討
教皇様の意向のために祈りましょう
︻一般︼子どもに対する尊敬
︻宣教︼世の光であるキリスト
︻日本の教会︼エイズ患者への奉仕
持つように︑また司祭老後の
家の建設の問題︑また宣教司
牧評議会の立ち上げの具体案
についても各地区司祭集会で
話し合い︑次回の司祭評議会
に提出するよう要請した︒
12 10
また司教からは︑聖公会信
徒の団体としての受け入れに
ついて︵カトリック新聞 月
1 日 付 参 照 ︶ 説 明 が あ っ た︒
この決定については各地区の
司祭集会でも話し合う時間を
84
10
12月の意向
11
故ヨゼフ深堀敏司教の福岡教区追悼祈念祭
30
福岡教区司祭評議会が 月 日 火
( ︶に開催され︑
人の評議員が参加し︑来年度も引き続き﹁召命の
育成﹂への取り組みを継続していくことを確認した︒
教区広報委員会の呼びかけ
で︑ 月8日 日
( 午
) 後2時
より︑カトリック大名町教会
において︑広報担当者の集い
が開かれた︒福岡・北九州及
び佐賀・熊本地区の各小教区
の広報担当者 人が︑それぞ
れの小教区報を持ち寄り広報
活動の現状を報告した︒
小教区報は週報︑月報︑年
数回︑定期発行と様々な形式
で発行されているが︑休刊中
の小教区もある︒メンバーは
1〜5人︒孤軍奮闘の小教区
もあるが︑原稿は各部会から
上がってくるという力強い小
教区もある︒リレー方式で信
徒以外の人も含めて﹁平和へ
の手記﹂を連載している小教
区︑ ヤ ル 気 の あ る 子 育 て 中
の人たちで編集している小教
32
く包みこむと作品が完成す
る〟というものです︒未完
成の意味もわかり︑これこ
そがクリスマスのメッセー
ジだと感激しました︒自分
の手にとってこのほほ笑み
を見るだけで︑心が洗われ
ます︒憎しみや︑妬み︑悪
意といった言葉とは無縁の
純 粋 で 無 垢 な ほ ほ 笑 み は︑
美しい心を取り戻すのに時
間はかかりません︒温かい
心の通う人間としてこの世
に お 生 ま れ に な っ た 方 を︑
多くの人に知らせたいと思
います︒
八代白百合学園高等学校
シスター・谷口 貞女
教区広報
委員会
ポーランドから
アルビン神父
手取教会に協働司祭
区︑子どもたちに焦点を当て
た小教区︑英語版を付けた小
教区などもあり︑
﹁共にある﹂
福音宣教をめざしている様子
が各地から紹介された︒
また︑教区広報活動のネッ
トワーク作りをめざして各地
区広報担当の窓口が指名さ
れ︑ヨコのつながりと同時に
教区広報部との関わりを強化
していくことが確認された︒
さらにインターネットの時
代︑ホームページの立ち上げ
に関連して著作権の問題な
ど︑活発な意見交換がなされ
た︒最後に教区報は︑創刊
年を数えるが︑そのすべての
紙面を電子化し︑閲覧可能と
なったことが報告された︒
連帯とネットワーク作りを目指して
り︑福音書の主な場面がステ
ミッションスクールの待
ンドグラスで表現されていま
降 節 は︑ 生 徒 や 教 職 員 に
す︒大天使ガブリエルのお告
とって大変楽しみなもので
す︒ 朝 礼 の 聖 歌 が 変 わ り︑ げ︑マリアのエリザベット訪
問︑ご降誕と3人の博士︑十
クリスマス用
の 朗 読 が あ り︑ 字架上のイエス︑悲嘆にくれ
るマリアと弟子たち︑空の墓︑
校内の各所に
﹁ 幼 子 イ エ ス ﹂ エマオの旅人︑聖霊降臨が何
とも柔らかい色調で優しく描
の誕生を待つ
かれております︒登校すると
心が準備され
ま す︒ 赤 や 緑︑ 最初に目にする福音書︑これ
が卒業まで毎日刻まれていく
金や銀︑といっ
ことに意味があるのです︒そ
たクリスマス
のステンドグラスの制作者
カラーを目にし︑心をうき
が︑先日私に﹁未完成のイエ
うきさせて本当のクリスマ
ス ﹂ の 像 を く だ さ い ま し た︒
スを理解していきます︒
白百合学園のエントラン 〝 ほ ほ 笑 ん で 眠 っ て い る 幼 子
は︑私の両の手のひらで温か
スには広いスペースがあ
52
宮原良治司教認可
福岡司教区本部
発 行 所
福 岡 市 中 央 区 浄 水 通 6-28
行
人
発
カトリック福岡司教区
森 山 信 三
編 集 人
TEL
092-522-4059
FAX
092-523-2152
振 替 口 座 01760-6-20729
カトリック福岡司教区
定価 一部 60 円
9月 日︑熊本のイエズス
の聖心ホスピスで帰天した前
高松教区長ヨゼフ深堀敏司教
11
11
教 育 に 力 を 入 れ る こ と︑ ま
た︑これからの教会のために
信徒のリーダー養成が急務で
あり︑そのために司祭・信徒
が協力して生き生きとした共
同体作りを目指すことが話し
合われ︑その具体策を次回の
評議会に持ち寄ることが確認
された︒
続いては教区役務︵各種委
員会︶担当のあり方について
話し合われた︒各担当者間の
意志の疎通を促進させるこ
と︑担当司祭間の集まりを持
つことなどが確認され︑また
各担当者が来年度の活動計画
とその予算などを︑来年1月
中の司祭総会にて報告するこ
とになった︒
ミサの後︑晩年を過ごした
内坪井修道院院長で聖心ホス
ピスで最期まで司教を支えて
きた 泉キリ江は﹁本ものの
キリスト者の最後に立ちあわ
せていただいた気持ちです︒
﹂
と追悼の辞をのべた︒
平 田 悠 貴 子 さ ん︵ 手 取 教 会 ︶
=この手取教会が改修されて
きれいになったことを喜んで
いらっしゃいました︒ある夕
方︑日課の散歩で聖堂の周囲
を歩きながら白く浮き上がっ
た十字架を見上げ︑茶目っ気
のある目をクルクルさせなが
ら﹁神の栄光ここにありだね﹂
とおっしゃいました︒いつも︑
些細なこと︑わずかなことに
も神様の光をあてて話してく
ださる方でした︒いつも笑顔
で優しい方という印象です︒
福岡教区報森山信三編集長=
福岡教区報の昭和 年の創刊
号から昭和 年249号まで
初代の編集長を勤められてお
り︑いまも特に創立や献堂記
念など歴史を振り返るたび
に︑その克明な編集に驚かさ
れ︑また参考資料として貴重
な材料になっています︒
故深堀司教は1924年
月8日生まれ︒1951年
月 日司祭叙階︒1977年
9月 日司教叙階︒
享年 歳︒
55
1955年3月4日生れの
ポーランドの教区司祭︒手取
教会︵牧山勝美主任司祭︶で
協働司祭として司牧する︒
DLUGOSZ
ALBIN
WACLAW 神父
司教館で開催された司祭評
議会ではまず︑2009年度
の教区の優先課題として﹁召
命 の 育 成 ﹂ が 掲 げ ら れ た が︑
召命部会の 年間の取り組み
で様々な良い芽も出てきてい
ることを受け︑2010年度
もこの課題に継続して取り組
んでいくことになった︒
今 後 の 取 り 組 に つ い て は︑
焦点の絞り込み︑具体策の話
し合いが行われた︒
①司祭の育成︵生涯教育︶に
ついて︑司祭相互の交わりを
より深めるために︑司祭とし
ての悩みや恵みを話し合う場
を作る︒②信徒の育成につい
て︑信徒と司祭の意志の疎通
を図る場を作る︒若者の信仰
の﹁福岡教区追悼祈念祭﹂
が︑ 月1日諸聖人の祝
日にカトリック手取教会
で行われた︒
ドミニコ宮原良治司教
主式での追悼祈念ミサに
は深堀司教が司教叙階ま
で司牧していた帯山教会
や引退後の5年間を過ご
した手取教会の信徒︑療
養生活を送ったショファ
イユの幼きイエズス修道
会内坪井修道院のシス
ター︑近隣の司祭方など
200余人が参列した︒
追悼のミサの中で宮原
司教は深堀司教が亡くなる3
日前︑付き添う兄弟に託した
祈り﹁神様に捧げた生命です
か ら︑ 勝 手 に 執 着 し な い で︑
神様から与えられた生命をす
べて捧げることができますよ
う に ﹂ に ふ れ︑
﹁あっぱれと
申 し 上 げ た い︒ わ た し た ち
は自己に執着するもの︑どこ
まで離脱できるか︑司祭の闘
いでもあります﹂
︒ ま た﹁ 教
区司祭だった者が︑教皇様の
任命を受け︑知らない土地で
ある別の教区の司教を受諾す
ることは自己からの離脱︑キ
リストに従う者の覚悟が必要
だったろう﹂と労い︑最後に
﹁福岡教区の歴代の司教様方
と天国で楽しい語らいをして
いらっしゃるでしょう︒わた
したちも再会を望みながら祈
りましょう﹂と結んだ︒
11
カトリック
学校の窓
Sr.
22
23
1
待降節は、幼な子イエスさ
まの到来を準備する季節です
が、教会は厳密には次のよう
に言っています。「待降節は
二重の意味を持つ。それはま
ず、神の子の第 1 の来臨を追
憶する降誕の祭典のための準
備期間であり、また同時に、
その追憶を通して、終末にお
けるキリストの第 2 の来臨の
待望へと心を向ける期間でも
ある。この 2 つの理由から、
待降節は愛と喜びに包まれた
待望の時であることが明らかになってくる」
(典礼暦
年に関する一般原則 39)。ですから、私たちはキリス
トの 2 つの来臨を大きな希望を持って準備するときな
のです。待降節中のミサの第 1 朗読は、ほとんどイザ
ヤ書からとられますが、それはこの書がインマヌエル
と名付けられた幼な子の誕生を預言し、メシアの預言
が至るところに見られ、さらにイエスによって何度も
引用されたからです。同時に、人間のあらゆる苦悩や
不条理、矛盾にも関わらず、希望のメッセージを発し
続けたイザヤに私たちも心を合わせるためでしょう。
ですから、この期間、とくにイザヤ書を読み、その中
に隠された愛と希望そして心の深いところのから出て
くる喜びを体験しましょう。また、第 3 主日はその日
の典礼に因んで「喜びの日曜日」と呼ばれ、典礼の色
も待降節の色である紫ではなく、ばら色の祭服を用い
ることが出来ます。教会の典礼暦を大切にして、この
恵みの期間を過ごしましょう。
24
13
節
降
待
第626号
カトリック福岡教区報
2009年12月1日発行
(1)
博多の禅僧で仙厓という人が
いる︒ユーモアに溢れた禅画
を数多く残している︒例えば
蛙が座っている絵を描いてそ
の横に﹁座禅して人が佛にな
るならハ﹂と書く︒ユーモア
があるばかりでなく︑風刺や
鋭い警句とも言える▲ユーモ
アは︑もともとラテン語のフ
モールすなわち体液という言
葉から来たそうである︒であ
れば︑人間が生きていく上で︑
ユーモアはなくてはならない
ものということになる︒余裕
やゆとりのないところ︑ギス
ギスした日々の中にユーモア
は生まれない︒また︑ユーモ
アは人を楽しくさせ︑雰囲気
を和ませ︑会話をスムーズに
させるという意味で︑自分の
ためと言うよりは︑他者を気
遣う隣人愛の行為とも言える
かもしれない︒ユーモアなど
無用である︑生きて行く上で
絶対的なものではないと考え
る人もあろう︒しかし︑私た
ちは考えてみると︑無駄なこ
と︑無用なことに結構時間を
使っているのではないか︒の
みならず︑無用だと考えられ
ていることをして︑かえって
自分のバランスを取っている
ということもあるのではない
か︒私たちは︑効率性や有用
性︑生産性そんなものばかり
を追及して来たけれども︑ふ
と立ち止まって︑ボーッとす
る︑無為な時を過ごす︑そん
な時間の中にひらめきや新し
さが潜んでいるかもしれない
▲﹁神が人となられた﹂ここ
に現代人が追い求めてきた価
値観は見られない︒なぜ?そ
れにどんな意味があるか︑そ
のことは有用かなどと問われ
ても答え難い︒私はこの受肉
の神秘の中に神のユーモアが
含まれているではないかと一
人思っているのである︒M
73
T E L 092−526−5656
いいか︑という点です︒
公立の場合は研修制度があ
りますが︑私学には確立した
ものがありませんから︑それ
を学院内で確立することの難
しさを感じます︒
2009『待降節の黙想会』ご案内
今︑ 特 に 力 を 入 れ て 取 り
今の時代は︑文化と文化の
交流︑融合を通して新しい文
化が生れるそんな時代だと思
います︒国として相手を見る
というより︑人対人との文化
を認め合えるようなそんな教
育を考えています︒子どもた
ち に 将 来 行 っ て ほ し い 国 は︑
欧米ではなくアジア︒東アジ
アで何が出来るか︑そんな意
味でもNPO団体やその他の
公的機関との連携も大切にし
て歩んでいます︒
今最も直面しておられる
課題は何ですか︒
カトリック学校と教会の
関 係 に つ い て︑ そ の 連 携︑
教会に対する要望など
坂牧春妙
教会の子どもたちが学校を
選ぶときにどんな視点で選
ん で い る で し ょ う か︒ 自 分
の将来の生活を安定させるた
めにはどんな道を歩むべきか
という視点は持っていると思
います︒例えば学校として名
前が通っているとか︑進学率
や就職率が高いとか︑そのよ
うな世間的な視点だけで選ぶ
のではなく︑どこに入学すれ
ば︑教会が教えている福音の
精神で人生を歩めるか︑そん
な観点からも学校選びをする
よう︑保護者や神父様方にお
願いしたいと思います︒公立
では︑心の教育といわれます
が︑道徳教育だけでは出来ま
せんと言っているのです︒私
学の使命はそこにあると思い
ます︒カトリックの学校説明
会に子どもとともに積極的に
参加されて︑まずは聴いてほ
しいと思います︒
大林︵雙葉︶
宗教がバックボーンにある
学校は︑やはり強いと思いま
す︒毎日祈りから始まり︑祈
りによって終わる生活を3
年︑
6年続けるわけですから︒
公立では実質ないに等しい心
の教育はカトリック校ならで
はだと思います︒
それは大学に入るためだけ
の生き方ではなく︑常に生涯
の生き方を視野に入れている
のですから︒
水谷 泰
( 星︶
私の兄弟は全員カトリック
学 校 に 通 い ま し た︒ そ れ は︑
親 が 自 分 が 信 徒 で あ る 以 上︑
絶対に自分の子どもはカト
リックの学校に入れたいとい
う信念があったからです︒
お子様に一本筋の通った生
き方を歩ませるためにも︑ま
ず保護者の皆様がカトリック
校に子どもを入れようという
強い信念を持ってほしいと思
います︒
敬称を略させて頂ました︒
駐車禁止 走り続ける ほかはない
深堀正平
水谷︵泰星︶
教師のための宗教の研修
は︑教区全体合同でやったら
どうかという提案をしていま
す︒イエズス会の司祭がせっ
かくおられるので︑この方々
にご協力いただいたり︑ある
いは教区内の司祭や︑神学校
の司祭にも協力願えればわざ
わざ東京からお呼びする必要
もなくなります︒各学校の建
学の精神は異なっても同じカ
トリックの姉妹校と言う考え
方で︑互いに研究し︑共有で
きるのではないでしょうか︒
また︑カトリックの子弟や︑
外国籍の子どもたちにもカト
リック学校にということは出
来ないだろうか︒そのために
は例えば教会で奨学金の制度
など整備されれば︑それも可
能になるのではないでしょう
か︒
大林︵雙葉︶
教会とタイアップした教員
の た め の 養 成 塾 を 望 み ま す︒
小教区とカトリック学校の連
携がもう少し明確になればい
いと思います︒
山田︵海星︶
ちょっと
猿の手が 壺から抜けぬ 笑えるか
大林︵雙葉︶
やはりまず少子化による生
徒募集の問題です︒近県に新
設校の計画などもあり︑今の
生徒数を維持出来るかどうか
危機感を持ちます︒入学して
来た子どもにとにかく最大限
のことをし︑実績を積み上げ
ることだと思っています︒
水谷︵泰星︶
教員として︑神から任され
た子として︑どんな子にも寄
り添い︑いつもベストを尽く
して関わってあげたいと思っ
ています︒福岡は公立が強い
地域ですから︑私立に良い生
徒を集めることには苦労しま
す︒イエズス会の教育のねら
いは︑宗教に基づき︑社会に
おけるリーダーとなり得る優
秀な人材の育成にありますか
ら︑そこをどのように達成す
るかに苦労します︒
山田︵海星︶
4つあります︒第1に生徒
募集︑第2に将来は修道会が
去っていかれるであろうこ
と︑3つ目は卒業した子ども
についてです︒すなわち︑卒
業後にどんな人生を歩んでい
るか︑人生において困ったと
きに私どもに出来ることはど
んなことか︑4点目は教師力
をつけるためにはどうしたら
山田耕司校長
一息
〒810-0016
福岡市中央区平和3丁目1-5
組んでいることと学校の
特色などについて
水谷︵泰星︶
神様の眼差しから離れてし
まわないこと︑そのような教
育をすることが大切だと考え
ています︒少子化になって学
校経営は非常に大変な時代で
す︒勿論︑学園としては︑レ
ベルの高い子どもを望むわけ
ですが︑そのためには何でも
いいと言うわけではないと思
います︒基準はいつも神様の
目線にあります︒
また︑イエズス会はいま東
南アジアに目を向けています
が︑当校もアジアに向けた取
り組みを始めています︒
大林︵雙葉︶
当校が︑伝統として大切に
してきたものを単に残すとい
う発想ではなく︑むしろ強化
するという考え方が必要だと
思 い ま す︒ 例 え ば︑ 当 校 は︑
年来︑シスターを中心とし
て︑生活面でも厳しい躾がな
されてきました︒しかし︑シ
スター方も少なくなり︑高齢
化する中で︑人間として大切
な 面 が 疎 か に な る こ と な く︑
今まで以上に重要視される教
育の育成が大切だと思いま
す︒この学校に預ければ間違
いないという保護者の信頼を
裏切らないためにも︑変えて
はならないものをむしろ強化
することが大切だと思ってい
ます︒
山田︵海星︶
高校の各学年一クラスは留
学コースですが︑オーストラ
リアやカナダに留学し︑そこ
で単位を取れるというシステ
ムをとっています︒
木 下 株 式 会 社
カトリック福岡黙想の家
カ ト リ ッ ク の ご 葬 儀
スイートタイプ(赤)(白)
いま︑カトリック学校は
対する聖書講座なども充実し
ています︒
山田︵海星︶
本校は︑ 年前に当時の深
堀仙右衛門司教様の熱望に
よって生まれた学校です︒
私どもの修道会はフランシ
スコ会系の修道会で︑明治
年より熊本でハンセン病の患
者さんのために尽力しており
ました︒ですから︑学校自体
は︑教育啓発を専門とする会
と若干方向が異なり︑スター
ト時点から進学校というスタ
ンスだけではなく︑幅の広い
生徒層から通学しやすい環境
をつくるという点を大切にし
てきました︒
子どもたち自身がキャンパ
ス生活の中で神と出会える
ためにどのような環境をつ
くられるか︑その意味で大き
な自然の中に手のひらサイズ
の学園をという理念で高校は
学年3クラス︑小学校は1ク
ラスという規模を守り続けて
います︒私は︑全校児童生徒
400余人︑子どもたちの顔
も 名 前 も す べ て 一 致 し ま す︒
また︑子どもたちは私に気軽
にキャンパス内で声をかけて
くれますが︑そのような子の
中には課題をもっている子ど
もがいます︒そこで︑小学校
の宗教の時間は︑担任とシス
ターがいっしょに授業をする
ことによって︑日常生活と宗
教とがつながるようにしてい
ます︒また︑高校では︑困難
な家庭環境を抱えている生徒
もいます︒私自身もすべての
生徒についてのカルテを持っ
ており︑生徒たちと一緒に歩
んで行きます︒先生たちの組
織的努力により︑例えば入学
当初 人の不登校の子がいた
とすれば︑卒業の時は 人は
大 学 に 行 く よ う に な り ま す︒
このように課題を抱えてい
る子ども︑経済的な事情で教
育を受けることが難しい子ど
もたちにもその機会を与える
ことが本校の建学の精神だと
考えています︒
水谷繁夫校長
福岡市内にある3つのミッションスクールの校長先生方に
集まっていただき︑ミッションスクールとしての教育方針や
教会との関わりなどについて話してもらった︒男子校でイエ
ズス会経営の泰星学園から水谷繁夫校長︑女子校で幼きイエ
ス会を設立母体とする福岡雙葉学園の大林興一校長︑女子校
でマリアの宣教者フランシスコ修道会が経営する福岡海星女
子学院高等学校の山田耕司校長の3人に福岡教区報編集長の
森山信三神父が話を伺った︒
最 初 に︑ 教 育 方 針 も 含 め
勿 論 で す︒ で す か ら 現 在 は︑
教育課程の改革と︑本校が今
まで大切にしてきた宗教︑品
位というこの二本立てで歩ん
で い る と こ ろ で す︒ さ ら に︑
コミュニケーション能力︑す
な わ ち︑ 語 学 力 の み な ら ず︑
人を説得できる能力の育成に
も力を入れております︒
水谷︵泰星︶
本校は︑ 年の歴史の中で
学校経営が︑マリア会から福
岡 教 区 へ︑ さ ら に 1 9 8 3
年 に イ エ ズ ス 会 に 移 管 さ れ︑
6ヵ年一貫教育校として始ま
ることになりました︒
教育の柱は勿論︑イエズス
会創設者の一人であるロヨラ
の イ グ ナ チ オ の 精 神﹁ man
﹂すなわち︑他者
for others
のために生きる人を育てると
いうことです︒日本にある同
じイエズス会経営の学校4校
が︑この精神を推進し︑共有
するために委員会を作り︑教
員のための研修や︑倫理宗教
者の研修など合同で行ってい
ます︒生徒には︑イエズス会
の召命チームによるライフオ
リエンテーションプログラム
や︑合同のボランティア活動
があります︒本校では姉妹校
である上智大学と教育の内容
を共有していくために上智の
先生が来て︑高3向けにレベ
ル の 高 い 授 業 を 展 開︒ ま た︑
上智の国際性を活かして東南
アジアとの連携をするような
取り組みもあり︑すでに生徒
も参加しています︒
ま た︑ 学 園 内 に 司 祭 が 数 人
いますから︑生徒や保護者に
50
互助会制度もご利用できます。
お問い合せは
ご用命
ミサ
デ
ヴィノ
①12月5日(土)16:30開始〜6日(日)15:00迄 《来住神父指導》
②12月9日(水)10:00開始〜15:00迄
《来住神父指導》
③12月12日(土)16:30開始〜13日(日)15:00迄《染野神父指導》
④12月16日(水)16:30開始〜17日(木)15:00迄《来住神父指導》
⑤12月19日(土)16:30開始〜20日(日)15:00迄《来住神父指導
■会費:①③④⑤ 7500円(一泊三食代)・②1500円(昼食代、他)
福岡市南区大楠2丁目4番8号
〒815-0082
カトリック御受難修道会・宗像修道院
811-4155 福岡県宗像市名残1056 Tel 0940-32-3222・Fax 0940-32-3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜ fmokuso/index.htm
て学校のご紹介を
大林︵雙葉︶
本校は︑昨年創立 周年を
機 に︑
﹁ global citizen
﹂を
キーワードとして﹁神の恵み
に感謝し︑地球社会の一員と
して自覚して生きる人を育て
る﹂を教育目標に定め︑心の
教育︑品位の教育を打ち出し
ました︒
大林興一校長
ある会合で﹁雙葉はまだ宗
教だけでいくんですか﹂と言
われたことがあります︒しっ
かりとした学力をつけて社会
に通用するだけではなく︑貢
献できる女性を育てることは
75
(2)
第626号
カトリック福岡教区報
2009年12月1日発行
20
50
10
31
て︑司教団が行った日雇労働
者が多い大阪の西成区での体
験学習から﹁この時代だから
こそ十戒を読み直す必要があ
ると思い︑話をさせていただ
く﹂と断って︑﹁現代の労働者︑
特に移住労働者は出エジプト
でのイスラエルの人々と同じ
状況にあると思う︒﹂と語り︑
﹁モーセの十戒は民を解放す
るためのビジョン︒イエスは
こ の 十 戒 を 完 成 さ せ た ﹂ と︑
聖書の言葉に触れながら︑い
ま教会が小さくされている
人々へ向かうべき心を示唆し
2つのグループに分かれての
現地学習で一方は︑大村入国
管理センターを訪問︑強制退
去処分を受けた外国人の収容
施設を見学した︒
もう一方は︑先の戦争中朝
鮮半島から強制連行され過酷
な労働を強いられた筑豊の炭
坑施設を訪ねた︒
最 終 日 の﹁ し ゃ べ ら ん ね ﹂
では︑2日間を振り返り︑こ
れまでに関わってきた活動に
ついて分かち合いが行われ
た︒ 2 ヶ 所 の 見 学 か ら﹁ 自
分の役割︑立場だけで関って
いないで︑教会外でも同じ関
りをしている人たちとの連携
を痛感した﹂という声が大き
かった︒
最後に宮原司教主式のミサ
が行われ︑3日にわたる研修
会が感謝のうちに終了した︒
M
森山工務店
有限
会社
た︒
次 に︑ N G O 九 州 ネ ッ ト
ワークの井上幸雄氏が︑外国
人移住労働者への支援活動
と︑そのこどもたちの現状に
ついて報告し︑日本国憲法の
精神︑特に前文に照らして物
事に対応していくことの大切
さを指摘した︒
2 日 目﹁ み ら ん ね ﹂ で は︑
☆クリスマスに贈る
100の言葉
アルフレート・
ハルトル 編
里野泰昭 訳
古今
の思想
家・神
秘家た
ちのク
リスマスの観想から生まれた
味わい深い言葉集︒
女子パウロ会発行
税込定価 1260円
◇
◇
◇
☆ハッピーハッピー
クリスマス
丸山明子 文・絵
よろこ
びを物に
求めるの
で は な
く︑見え
ないもの
に求めることをもっと大切に
しようというメッセージを
持った絵本です︒
サンパウロ社発行
税込定価 1050円
◇
◇
◇
☆いのち輝く
クリスマス
クリスマ
スにまつわ
る心あたた
まる読み物
のほか写真
や名画・イラストなど︑クリ
スマスの本当の意味を深めた
い方におすすめの小冊子︒
ドン・ボスコ社発行
税込定価
158円
◇
◇
◇
年末年始休業のお知らせ
サンパウロ福岡宣教センター
・ 月 日から1月4日まで
セントポール FUKUOKA
・ 月 日から1月3日まで
総合建築業
福岡プライマリケア訪問看護ステーション
レジオ・マリエ 福岡クリア創立 周年を祝う
60
建築の事なら何でもお気軽にご相談ください
﹁きかんね︑みらんね︑しゃべらんね﹂
難民移住移動者委員会 全国研修会 福岡
28
﹁召命のよろこび﹂
月 日から 日までの3
日間カテドラル大名町教会で
日本カトリック難民移住移動
者委員会全国研修会が開催さ
れた︒九州各地から100人
あまりが参加した︒
初日﹁きかんね﹂で現地責
任者の ・コース神父︑福岡
教区長の宮原良治司教の歓迎
のあいさつで始まった︒続い
て担当司教の谷大二司教︵さ
いたま教区長︶が基調講演に
立 ち︑﹃ い ま︑ モ ー ゼ の 十 戒
を読み直す〜難民︑移住︑移
動 者 の 視 座 か ら 〜﹄ と 題 し
月3日︑恒例の﹁召
命の集い﹂が︑日本カト
リック神学院福岡キャ
ンパスとなって第1回目
﹁ふみ出そう はじめの
一歩〜イエスさまが呼ん
でるよ!﹂をテーマに行
われた︒インフルエンザ
の影響などで出足は少な
かったが︑青空の下でミ
サ︑神学生の劇︑館内で
は作品展が行われた︒
因みに︑今年の院長賞
は行橋教会・豊津教会︒
60
60
ジオは古くて役立たないの
か︑今日の傾向として刷新の
名のもとに古いものの中にあ
る本質的なものまで捨ててし
まう危険性には心すべきであ
ると鋭く指摘された︒
続いてレジオの九州本部の
長崎レジアの指導司祭 ・ヒ
ルデン神父は聖母マリアの心
を心として働くレジオの活動
を述べられ聖母マリアへの信
心を強調された︒
この後︑福岡クリアの初代
会長森山敬三氏の乾杯の音頭
で祝賀の宴が始まり︑大阪セ
ナートス︑長崎レジア︑熊本
クリア︑北九州クリアの各会
長から温かい声援のことばが
あった︒
福岡教区のレジオ・マリエ
は現在︑福岡クリアのもとに
高宮・光丘・笹丘・佐賀・鳥
栖が︑北九州クリアは黒崎・
門司︑熊本クリアに手取・島
崎・健軍・人吉の各プレシディ
ウムが属し活動している︒
福岡クリア創立 周年の機
に会員一同福音宣教のため一
層の努力を重ねて働く決意を
新たにした一日であった︒
福岡市早良区四箇1丁目15番28号
☎(092)811−7265
TEL 092-761-8800
福岡プライマリケア株式会社 代表 : エリザベト熊谷
http://www.iruka-japan.com/
との間を︑そして人と神との
間を旅していく︒よろこびに
よって︑人が輝く様を目の当
たりにしながら︒特に苦しむ
人がよろこびをたやさず︑感
謝のうちに過ごしている様を
見たとき︑その偉大さに驚か
される︒よろこびは︑苦しみ
によってかき消されず︑むし
ろ︑苦しみを乗り越えさせる
力の源となっているからだ︒
弱く貧しい人間でありつづ
け な が ら︑ そ の 小 さ さ ゆ え
に︑ 神 が ご 自 分 の 道 具 と し
て選び︑この世界に遣わそう
としてくださる︑司祭︒自ら
も心を持って︑神の心のなか
を︑そして人々の間を歩んで
いく︒神のよろこびがこだま
する方に向かって︒神の恵み
が︑誰かに触れ︑その心をよ
ろこびで満たしていく神秘の
出来事を︑すぐ傍らで見つめ
る司祭︒司祭の召命は︑ほん
とうにありがたい︑神の招き
であると感じる︒
よ ろ こ び が あ る と こ ろ に︑
いのちの光は輝く︒
天草地区三教会主任司祭
15
森山新太郎
ヨゼフ
春日市上白水 5-11-102 092-517-6313
代表取締役 マルガリタ・マリア 吉田由利子
〒810-0044福岡市中央区六本松4丁目9番4号
・一般住宅(新築・改築工事)
・鉄骨工事
・RC工事
自宅で療養されている方、在宅で看取りたい
方 、 精神障害の方など 、 病気について、介護
方法について専門的指導や援助が必要な方は
ご相談ください 。
費用は医療 、 介護保険でのご利用になります。
㈱ジャパン・スマイルか
よろこんだ顔は明るい︒よ
ろこんでいる人の声は弾んで
いる︒よろこびはその人を豊
かにし︑気づかぬうちにまわ
りの人を幸せにする︒よろこ
びとは︑そういうものだ︒
間柄を生きる者であるわた
したちが互いに喜びを伝え合
えたら︑きっと世界はちがっ
たものになるだろう︒父と子
と聖霊の愛の交わり︑満ちあ
ふれるよろこびにあずかるよ
うに︑わたしたちはこの神に
似せてつくられた︒わたした
ちは愛を生きるように召され
ている︒神のよろこびを心に
受けて︑みずからもよろこび
の灯を燃やすことができる︒
司祭は︑関わりの中でよろ
こびを伝え︑愛を生きる者と
された人間の召命に仕えなが
ら生きていく︒自分もよろこ
びで誰かを照らしながら︑ま
た 照 ら さ れ な が ら︑ 人 と 人
月 日︵日︶午後2時か
らカテドラル大名町教会で福
岡クリアの 周年記念ミサが
宮 原 司 教 主 式 で 6 人 の 司 祭︑
100余人の信徒が参加して
行われた︒
宮原良治司教は︑説教の中
でレジオ活動の拠り所である
マリアさまの心の積極的な強
さについても説かれた︒
ミサ後の祝賀会では日本の
レジオの総本部である大阪セ
ナートスの指導司祭昌川信雄
神父が︑伝統的カトリック信
仰の真髄が生きている筈のレ
11
26
M
in
を 相 対 化 す る た め に も よ い︒
なお︑議題もプリントを参加
者に配布するだけでなく︑前
の黒板に書き出した方がよ
い︒
私は修道会のために会議術
をいろいろと研究してきた
が︑なかなか本の通りに行く
ものではない︒しかし︑今す
ぐ取り入れることのできるア
イデアもいろいろ提示されて
いる︒心ある信者は会議術を
研究すべきである︒板書に関
し て は︑
﹃ファシリテーショ
ン・ グ ラ フ ィ ッ ク ﹄
︵日本経
済出版社︶という面白い本が
ある︒帯には﹁議論を描けば
会議が変る!﹂とある︒
御受難修道会
宗像修道院長
29
10
ので︑つい強い語調になると
い う 事 情 も あ ろ う︒ し か し︑
こ う い う 発 言 が 飛 び 交 う と︑
一見活気があるように見える
かもしれないが︑おとなしい
人が発言しにくい雰囲気を
作ってしまう︒団塊の世代の
人は要注意である︒
コツは︑自分の意見を当面
の相手に投げつけるのではな
く︑真ん中にあるテーブルの
上 に そ っ と 乗 せ る︒ そ れ を
﹁皆と一緒に眺める﹂という
イメージである︒それを現実
化するために︑ちょっとした
ことでも出た意見を黒板に書
くようにすることは有益であ
る︒意見を発言者から独立し
て考えやすいからである︒強
く 響 き が ち な﹁ 司 祭 の 見 解 ﹂
29
黒板に書く︵8︶
活力は︑決めるべきときに勇
気を持って物事を決めること
ができるかにもかかってい
る︒このままではやっていけ
ないことが薄々分かっていな
がら現状維持を続ける共同体
は︑暖かい優しい言葉が交わ
されていても︑本当の意味で
活気のあるものになれないだ
ろう︒そして︑会議の結論は
ともかく︑手続きは皆が納得
できるものでなければならな
い︒青年が教会に集まるかど
うかもこれと関係があるよう
に思う︒
教会に限らず︑会議の席上
でよく見られる光景は︑相手
に石つぶてを投げつけるよう
に発言する人である︒公の場
で発言するのは気力を要する
12
11
司 祭
シリーズ
⑧
教 会 共 同 体 を 考 え る の に︑
﹁会議﹂の話に深入りするこ
とを奇異に思う人もあるかも
しれない︒しかし︑共同体の
12
召命の集いに1110人
牧山美好神父
来住英俊
イザヤ
第626号
カトリック福岡教区報
2009年12月1日発行
(3)
カトリック福岡教区報
2009年12月1日発行
み国が 来ますように!
案
カトリック教会のカテキズム
福岡黙想の家ご案内
日 時:2010年1月24日(日)15:00
場 所:カテドラル大名町教会
講 師:櫻井尚明神父(大名町教会主任)
資 料:カトリック教会のカテキズム
2009年度北九州地区聖書講座
メインテーマ:いただきます
〜神のことばを食べる〜
日 時:2010 年1月 24 日(日)14 時から
場 所:カトリック小倉教会
講 師:L.ベリオン神父(パリ外国宣教会)
参加費:無料
主 催:北九州地区信徒協・聖書部会
2010 年福岡地区聖書講座
日時 2010 年 1 月 17 日(日) 14:00 〜 16:00
場所 カテドラル大名町教会
講師 森山 信三神父(西新教会)
参加費 500 円 旧新約聖書をご持参下さい。
主催 福岡地区信徒使徒職協議会 聖書典礼部会
内
板
12月
◇2日(水)
宗像市民クリスマス・合同祈祷会
◇5日(土)〜6日(日) 待降節の黙想会①
(来住神父指導)
◇9日(水)
待降節日帰り黙想会②
◇12日(土)〜 13日(日) 待降節の黙想会③
(染野神父指導)
◇16日(水)〜 17日(木) 待降節の黙想会④
(来住神父指導)
◇19日(土)
福岡チェナクルム
◇19日(土)〜 20日(日) 待降節の黙想会⑤
(来住神父指導)
◇26日(土)〜 1/4日(月) 長崎純心聖母会黙想
*待降節・1年の締め括りを静かに宗像黙想の家で!
*1月5日
(火)〜9日
(土) 休館です。
〒811-4155
福岡県宗像市名残1056
☎0940・32・3222 渥32・3385
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/˜fmokuso/index.htm
真命山諸宗教対話・霊性交流センター
※祈りの集い
年間テーマ:聖パウロについて/レクツィオディヴィーナ
・日 時:12月10日
(木)10時〜 15時半
・内 容:聖パウロの殉教
指
導:フランコ・ソットコルノラ神父
(真命山院長)
ダニエレ サルツィ・サルトリ神父
園田善昭神父/ Sr. マリア デ・ジョルジ
問合せ先:真命山諸宗教対話・霊性交流センター
☎0968・85・3100 渥0968・85・3186 ・玉名郡和水町蜻浦
1391-7・E-mail [email protected]
カテドラルでのゆるしの秘跡
第 62 回福岡市民クリスマス
Christmas to ALL!
日時:12 月 19 日、1月 16 日 第1・第3土曜日 10 時〜 12 時
場所:カトリック大名町教会小聖堂
*基本的に第 1 ・第 3 土曜日。変更の場合もあります。
会合と催し
6日(日)
7日(月)
8日(火)
9日(水)
10日(木)
12日(土)
13日(日)
14日(月)
15日(火)
20日(日)
12月のこよみ
待降節第2主日/宣教地司祭育成の日(献金)
司教顧問会(14:30)
無原罪の聖マリア
常任司教委員会
日本教会の方向性に関する検討チーム会合
召命祈願ミサ(神学院19:30)
†M.コーフィールド〔2001年島崎教会〕
待降節第3主日
十字架の聖ヨハネ
†J.モラハン〔2002年水俣教会〕
日本カトリック神学院運営委員会(福岡キャンパス)
待降節第4主日
美野島司牧センター堅信式
天皇誕生日
降誕祭夜半のミサ(カテドラル21:30)
主のご降誕
聖ステファノ殉教者
聖家族
幼子殉教者
大晦日
23日(水)
24日(木)
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
31日(木)
1月
1日(金) 神の母聖マリア/世界平和の日
新年のミサ(カテドラル10:00)
†C.バスチ〔2002年黒崎教会〕
3日(日) 主の公現
7日(木) カトリック中央協議会予算委員会
10日(日) 主の洗礼
11日(月) 成人の日
14日(木) 召命祈願ミサ(神学院19:30)
常任司教委員会
*ゴチックは、司教日程
*司祭の命日は2000年以降からお載せしています。
元旦
30
20
Sr.
12
12
16 19
20
17
14
14
30
Br
岡
20
12
込 先 ︺ カ ノ ッ サ 会 大 田 ☎ ︹日時︺ 月 日︵金︶ 時半 ︹日時︺1月 日︵土︶から2
0 9 4 4・ 5 8・ 5 7 9 3
から 時︹場所︺カトリック
月 日︵土︶ 時から 時半
/
小倉教会信徒会館2階︹指導︺ 毎 週 土 曜 日 の 全 5 回︹ 場 所 ︺
E-Mail:[email protected]
ガブリエル神父︵御受難修道
カトリック手取教会︹参加費︺
co.jp
会︶
︹内容︺
﹃みことばを味わ
カップルで一万円︹問合せ先︺
■グレゴリオ聖歌を歌う会
う﹄賛美と感謝の祈り︹連絡
☎096・352・3030
︹日時︺ 月 日︵火︶ 時か
先︺☎090・3985・5
渥096・352・1515
ら︹場所︺聖クララ寮︵南区塩
209松田裕子
■カトリック看護協会福岡支
原︶
︹ 内 容 ︺ 聖 体 礼 拝・ ご 降
部の集まり
誕︹問合せ先︺☎096・3
■北九州召命を共に祈る会
80・5686 堺敬子
︹日時︺1月 日︵木︶ 時か ︹ 日 時 ︺ 1 月 日 日( ︶
■福岡結婚準備講座
ら 時︹場所︺カトリック小
時 半︹ 場 所 ︺ イ エ ズ ス の
︹日時︺1月 日︵土︶から2
倉教会聖堂︹内容︺新年のご
聖 心 病 院︹ 問 合 せ 先 ︺ ☎
月 日︵土︶ 時半から 時
ミ サ︑ ミ ー テ ィ ン グ︹ 司 式・ 096・352・7181
迄の全5回︹場所︺カトリッ
指導︺伊東成晃神父︵門司教
竹内
ク大名町教会︹参加費︺カッ
会主任︶︹問合せ先︺☎093・
プルで一万円︹問合せ先︺☎
963・2359江口
092・741・3687
* 月は休会します︒
*原則︑お二人での参加が必
◆
佐
賀
要です︒ご相談ください︒
■虹の会
■佐賀祈りの集い
︹日時︺1月 日 土(︶ 時半 ︹日時︺ 月5日︵土︶ 時〜
から 時半︹場所︺カトリッ
時︹場所︺佐賀カトリック
ク大名町教会3階︹内容︺子
会館
︹内容︺ミサと祈り
︹次回︺
どもを亡くした親の悲嘆の分
月 日 土(︶ 毎
=月第1土曜
ち合い︹参加費︺600円︹連
日︒どうぞご参加下さい︒
︹問
絡先︺☎090・1162・ 合せ先︺☎0952・30・
8347 吉武
6395 柴田須磨子
■美野島司牧センター
◆
熊
本
ホームレス支援のための毎
週火曜日 時半から炊き出し
■熊本地区召命を共に祈る会
等へのご協力をお願いします︒ ︹日時︺ 月 日
︵木︶ 時
︹場
︹問合せ先︺☎092 4
・31・ 所︺カトリック健軍教会︹内
容︺ロザリオと話し合い︹問
1419 M・コース神父
編集後記
合せ先︺健軍教会☎096 ・
◆
北 九 州
368・2825青木悟神父
■熊本結婚準備講座
■小倉祈りの集い
◆日時:2010 年1月 23 日(土)
13:00 〜 17:00
◆場所:福岡黙想の家2階会議室
◆指導:新垣壬敏氏
◆曲目:ザビエル賛歌
フランシスコ・ザビエル ミサ曲など
◆会費:2000円
◆問合せ先:聖歌隊(ザビエル合唱団)
0940-33-5423 橋本富美
*毎月第3土曜日 13 時から練習しています。
福
12
11
ザビエル聖堂の再生を願って!
◆
■福岡祈りの会
︹日時︺毎週月曜 時から
時 分︹場所︺大名町教会1
階
︹内容︺賛美と感謝の祈り・
聖書の分かちあい︹代表︺
床嶋︹問合せ︺☎092・5
21・2503蓮尾
■福岡召命を共に祈る会
︹日時︺ 月 日 木(︶ 時
分から︹場所︺福岡召命の家
︹ 内 容 ︺ ロ ザ リ オ の 祈 り・ ク
リスマス会をしますので︑出
席される方は1000円相当
のプレゼントを準備してきて
く だ さ い︒
︹問合せ先︺☎0
92・921・4532山口
紀子*ご一緒に召命のために
祈りませんか?
■在世フランシスコ会集会
︹ 日 時 ︺ 月 日︵ 日 ︶ 時
から︹場所︺高宮フランシス
コ会修道院在世会集会所︹内
容︺アシジの聖フランシスコ
に倣って︑福音に生きるため
に︒ミサと学習︹指導︺戸村
悦夫神父︹問合せ先︺☎09
2・843・5831岩崎
■青年黙想会
︹日時︺ 月 日 土(︶ 時か
ら 日︵日︶ 時︹場所︺カ
ノッサ修道女会太牟田修道院
︹テーマ︺近づくのは︑神︹同
伴︺ 大田︹参加費︺150
0円︵昼食持参︶
︹問合せ・申
Christmas Concert Live
時:12 月7日(月)
18 時 開場/ 18 時 30 分 開演
場 所:福岡市民会館大ホール(福岡市天神5)
入場料:無料
メッセージ:「Holy Christmas とは?」
陣内大蔵 牧師(日本基督教団東美教会)
主 催:福岡市民クリスマス実行委員会
☎ 092-871-2505 (事務局)
日
(4)
第626号
13
16
12
10
23
18
22
16
Sr.
2010 年 キリスト教一致祈祷週間
13
1月 18 日 ( 月)〜1月 25 日 ( 月)
テーマ
あなたがたはこれらのことの証人となる
1
( ルカ 24:48)
祈祷会
日 時:2010年1月 24 日 ( 火) 19:00
場 所:カテドラル大名町教会
*どなたでも参加できます。大勢の参加を
期待します。
12
17
15
1
17
10
14
22
14
13
先月号一面の司祭黙想会の
記事の中で︑司祭黙想会指導
司祭の名前が﹁中山博道神父﹂
となっていましたが︑正しく
は﹁中川博道神父﹂の誤りで
した︒お詫びして訂正させて
いただきます︒また︑今月号
は︑福岡市内のカトリック学
校 の 校 長 先 生 を お 招 き し て︑
座談会形式で︑お話しを伺い
ました︒カトリックの学校と
教会がもっと連携し︑その結
びつきを深める必要性を実感
い た し ま し た︒ ま た︑
﹁カト
リック学校の窓﹂では︑3回
にわたってシスター谷口貞女
に寄稿していただきましたこ
と を 感 謝 い た し ま す︒ 皆 様︑
どうぞよき主の降誕と新年を
お迎え下さい︒
修道会の名称変更のお知らせ
20
宮崎カリタス修道会は 2009 年 10 月に第 13
回総会を開催し、会のカリスマを適切に表す
修道会の名称を検討し、11 月4日付けでロー
マ聖座より正式名称の変更を認可されました
のでここにお知らせいたします。
新名称:「イエスのカリタス修道女会」
(Suore della Carita di Gesu)
日本管区管区長 橋口暁子
10
聖マリア病院
総合周産期医療センター
がん診療連携拠点病院
地域災害拠点病院
*入院基本料(一般病棟7:1)
〒830-8543
福岡県久留米市津福本町422
TEL0942-35-3322(代表)
FAX0942-34-3115
http://www.st-mary-med.or.jp
19
21
Sr
医科・歯科臨床研修指定病院
地域医療支援病院
救命救急センター
一緒に働きませんか?
=募集=
医師・看護師・医療技術職
12
12
社会医療法人 雪の聖母会
〒830-1224 三井郡大刀洗町鵜木67−3
T E L 0942−77−3199
代表者 ペトロ 平 田
清
21
16
11
福岡教区広報室アドレス
E-mail:[email protected]
12
11
14
23
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
301
File Size
12 011 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content