close

Enter

Log in using OpenID

重要な会計方針及び注記事項

embedDownload
1 重要な会計方針
(1) 運営費交付金収益の計上基準
業務のための支出額を限度として収益化する方法(費用進行基準)を採用してお
ります。
(2) 有形固定資産の減価償却の方法
定額法を採用しております。
なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物
15∼50年
構築物
15∼30年
機械及び装置
車両運搬具
器具工具備品
4∼7年
4年
5∼15年
また、特定の償却資産(独立行政法人会計基準第77)の減価償却相当額について
は、損益外減価償却累計額として資本剰余金から控除して表示しております。
(3) 退職手当に係る引当金及び見積り額の計上基準
職員の退職手当については財源措置がなされるため、退職手当に係る引当金は計
上しておりません。
また、行政サービス実施コスト計算書における引当外退職手当増加見積額は、自
己都合退職金要支給額の当期増加額に基づき計上しております。
(4) 行政サービス実施コスト計算書における機会費用の計算方法
・政府出資等の機会費用の計算に使用した利率
平成14年3月末の10年もの国債の利率を参考に1.4%で計算しております。
(5) リース取引の処理
リース料総額が300万円以上のファイナンス・リース取引については、通常の売
買取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
リース料総額が300万円未満のファイナンス・リース取引については、通常の賃
貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
(6) 消費税等の会計処理方法
消費税等の会計処理は、税込方式によっております。
(7) キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手元現金、
預金からなっております。
2 追加情報(独立行政法人移行時の承継資産の評価)
現物出資資産については、不動産鑑定士が鑑定額等により評価を行い、そして、
評価委員が個別法の現物出資の根拠規定に基づき決定した金額で評価しておりま
す。
また、無償譲与資産で当研究所の資産計上基準を満たさないものについては備品
費、物品受贈益をそれぞれ186,923千円計上しております。
3 重要な債務負担行為
重要な債務負担行為はありません。
4 後発事象
重要な後発事象は発生しておりません。
5 セグメント情報
セグメント情報はありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
12 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content