close

Enter

Log in using OpenID

インテグレーションソフトの使用方法 Ⅱ.オ

embedDownload
インテグレーションソフトの使用・設定方法
このページではサイバーフォンW、Vトラベラーに共通したドライバである、インテグレー
ションソフトの使用、設定について説明します。
Ⅰ.インテグレーションソフトの使用方法
[1]起動の仕方
[2]VoIPvoiceインテグレーションソフトのステータス
[3]終了の仕方
Ⅱ.オプションの設定
[1]全般 (General Options)
[2]スピーチ設定 (Speech Options)
[3]音声認識のプロパティ設定 (Speech Properties)
ソフトウェアの使用方法
このページでは、VoIPvoiceインテグレーションソフトとスカイプの起動の仕方と終了の仕
方について説明します。
[1]起動の仕方
ポイントその1
1.インテグレーションソフト → 2.スカイプ の順番で起動させるようにします。
インテグレーションソフトが起動すると、スカイプも同時に自動的に起動するよう設定し
ます。
ポイントその2
コンピュータの起動時に自動的にスカイプが起動するように設定している場合は、そ
の設定を解除してください。(解除方法:スカイプメニューの[ツール]をクリック→[設
定]→[詳細]→[コンピュータ起動時−自動的にスカイプを起動]のチェックをはずす)。
VoIPvoiceインテグレーションソフトとスカイプが自動的に起動するよう設定する
(1) タスクトレイのVoIPvoiceアイコンを右クリックして[Options]をクリックします。
soft1-1.jpg
soft1-2.jpg
(2) Optionsの画面が表示されます。[General]タブの Start up にあるメニュー2つにチ
ェックを入れて[OK]を押します。
soft2.jpg
注意: このオプション設定がされていない場合は、必ずVoIPvoiceインテグレーションソ
フトを先に起動させた後にスカイプを手動で起動させる必要があります。
VoIPvoiceインテグレーションソフトを手動で起動する
VoIPvoiceインテグレーションソフトを起動するには、Windowsと同時に起動させる以外に、
手動で起動させる方法があります。
(3) デスクトップ上にあるVoIPvoice Integration のショートカットアイコンから起動させる
か、Windowsのスタートメニューのプログラムの中にあるVoIPvoice Integrationをクリック
します。
soft3.jpg
[2]VoIPvoiceインテグレーションソフトのステータス
VoIPvoiceインテグレーションソフトが起動しているときは、タスクトレイのスカイプアイコン
と共に小さなアイコンが表示されます。
Soft4.jpg
アイコンの色はVoIPvoiceインテグレーションソフトの状態を示します。
Soft5.jpg
VoIPvoice電話機が接続されていません。 USBポートに電話機が接続されて電話
機のLEDランプがつくことを確認してください。
Soft6.jpg
VoIPvoice電話機は接続されていますが、スカイプにアクセスできません。スカイ
プが起動しているかどうか確認してください。
Soft7.jpg
VoIPvoice電話機がオフフックの(受話機があがっている)状態で、スカイプに正し
くアクセスできています。 通話中にも表示されます。
Soft8.jpg
VoIPvoice電話機もスカイプも正しく接続できています。通話中以外のときに表示
されます。
[3]終了の仕方
VoIPvoiceインテグレーションソフトを終了させるには、タスクトレイのVoIPvoiceインテグレ
ーションアイコンを右クリックして[Exit]をクリックします。VoIPvoiceインテグレーションソ
フトが終了します。
Ⅱ.オプションの設定
オプション設定画面を開くには、タスクトレイにあるVoIPvoiceインテグレーションアイコン
を右クリックして[Options]をクリックします。
[1] 全般 (General Options)
オプション設定画面の上にある[General]タブをクリックして画面を開きます。必要な設定
を行った後は、[OK]を押して変更を保存するか[Cancel]を押して何も変更せずに終了し
ます。
Soft9.jpg
[Start VoIPvoice when I start Windows]
このオプションがチェックされている場合、Windowsが起動する際自動的にVoIPvoice イ
ンテグレーションソフトが起動します。チェックを入れておくことをお奨めします。
[Start Skype when I start VoIPvoice]
このオプションがチェックされている場合、VoIPvoice インテグレーションソフトが起動す
る際、自動的にスカイプが起動します。もしチェックがされていない場合は、VoIPvoice イ
ンテグレーションソフトが起動した後、手動でスカイプを起動させる必要があります。チェ
ックを入れておくことをお奨めします。
[Use # button to Dial ]
このオプションはサイバーフォンWとVトラベラーには使用しません。
[Set Defaults]
このボタンを押すと、VoIPvoice インテグレーションソフトの設定を初期値に戻すことがで
きます。
[2]スピーチ設定 (Speech Options)
オプション画面の上にある[Speech]タブをクリックして画面を開きます。
(ボイスダイアリング機能を使用しない場合、設定は不要です。)
必要な設定を行った後は、[OK]を押して変更を保存するか[Cancel]を押して何も変更せ
ずに終了します。
Soft10.jpg
[Speak Caller Name]
このオプションがチェックされている場合、 電話を着信すると電話をかけてきた人の名
前をアナウンスされます。その際、#を押して電話に出るか、受話器を置いて電話を拒
否することができます。
[Speak Online Status]
ここがチェックされている場合、ボイスプロンプトダイアリングを使って電話をかける際、
オンラインかオフラインかがアナウンスされます。
[Check for new Voicemails]
ここがチェックされている場合、新しいボイスメールメッセージがあることをアナウンスで
通知されます。その際、#を押してメッセージを聞くことができます。
[Language Selection]
ボスプロンプトのための言語を、英語、ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア
語、オランダ語、ロシア語、中国語、ポルトガル語から選択することができます。
[Voice Selection]
女性と男性の声から選択することができます。
[Pronounce # As]
電話をかけたり受けたりする際の#をどのように発音するかを設定します。 Hash 、
Pound 、 Sharp の中から選択します。
[Enable Speech Recognition]
このオプションにチェックされている場合、ボイス認識の機能がオンになります。コンタク
トリストに登録してある人に電話をかけようとする際、誰に発信するかを受話機をとおし
て聞かれます。コンタクト相手の名前を言うと発信が始まります。
[3]音声認識のプロパティ設定 (Speech Properties)
音声認識のプロパティウィンドウはマイクロソフトTTSエンジン(Text To Speech、文字を
読み上げるシステム)の使用を可能にします。
音声認識のプロパティを開くには、タスクトレイにあるVoIPvoiceインテグレーションアイコ
ンの上で右クリックし、[Speech options]をクリックするか、コントロールパネルの音声認
識を開きます。
Soft11.jpg
T
[音声合成]タブを開き、[オーディオ出力]ボタンを押します。
[このオーディオ出力デバイスを使用する]にチェックを入れて、VoIPVoice USB Phoneを
選択し[OK]押します。続いて音声認識のプロパティウィンドゥの[適用]を押します。
Soft12.jpg
[音声認識]タブを開きます。このタブではあなたの声が認識されるよう設定することがで
きます。[プロファイルのトレーニング]を押して、表示されるインストラクションに従ってく
ださい。
※Windows上で提供されている音声認識システムは英語のためインストラクションとトレ
ーニングは英語になります。
終了後、[OK]を押すか何も変更しない場合は[Cancel]を押します。
Soft13.jpg
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
173 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content