close

Enter

Log in using OpenID

見付天神裸祭 いわた俳句大会「公開句会」 ウミガメの放流

embedDownload
9月19日・20日 熱い男の血が騒ぐ
見付天神裸祭
見付地区伝統の祭典で、国の重要無形民俗
ご たい
文化財に指定されている見付天神裸祭の御大
さい
祭が行われました。
御大祭が行われる前の9月10日㈭には、地
元の城山中学校の生徒が、郷土の伝統文化へ
さんしゃ
すうけい
の理解を深めるため、見付三社氏子崇敬者会
を中心とする皆さんから指導を受け、裸祭で
使用する腰みの作りを行いました。
御大祭3日前の16日㈬には、福田海岸(福
はま ご り
田公園南側)で心身を清める「浜垢離」が行
われました。神事の後、氏子が海に入り、遠
州灘の荒波の中で心身を清めました。
19日㈯の午後9時から男衆が見付宿場通り
てい だん
を練り進み、午後11時からは各梯 団 (集
や な ひ め
団)が矢奈比売神社(見付天神)に堂入りし
て「鬼おどり」が繰り広げられました。勇壮
な鬼おどりを一目見ようと、大勢の観光客が
詰め掛け、熱気は最高潮に達しました。
日付が変わって午前0時30分には、宿場通
と ぎょ
り周辺の灯火が一斉に消され「渡御(おわた
り)」が始まると、暗闇と静寂の中、荘厳な
雰囲気に包まれました。
▲見付天神に堂入りし、勇壮な鬼おどりを見せる男衆
▲腰みのを作る城山中学校の生徒
▲福田海岸で心身を清める氏子たち
9月20日 合併10周年を記念して初開催
いわた俳句大会「公開句会」
俳句を通じて磐田の魅力を新たに発見してもらお
うと、いわた俳句大会「公開句会」が、ワークピア
磐田で開催されました。
し じゅ
う だ
紫綬褒章を受章した宇多喜代子さんなど、全国的
に活躍している俳人6人は、前日の夜に見付天神裸
祭を観覧して創作した句を披露し、互いに意見交換
しました。6人は、公開句会の参加者から投句された
171句の中から入賞作品を選句。特選の作者には、6
人の先生から直筆の句が手渡されました。
▲選者の先生たちと記念撮影する特選の受賞者
9月4日 元気で帰って来てね
ウミガメの放流
▲ウミガメさん、大きくなって元気で帰って来てね
自分たちが住んでいる地域の福田海岸を大切にし
て、ウミガメに興味を持ってもらおうと、福田中幼
稚園の園児56人が、NPO法人サンクチュアリの職員
からウミガメや環境について話を聞いた後、ウミガ
メの放流を行いました。
園児たちは、ウミガメを放流すると「いってらっ
しゃーい」、「元気で帰って来てね」、「頑張れー!」
と大きな声を出して、大海原に旅立っていくウミガ
メをいつまでも見守っていました。
平成27年10月号
28
9月14日 ヘリコプターから空中消火訓練
合同火災対応訓練
磐田市消防署では、火災
が多発する季節を前に、林
野火災対応訓練を実施して
います。ことしは、広範囲
に延焼拡大したことを想定
し、県企業局西部事務所と
浜松市消防局消防航空隊の
協力を得て、寺谷浄水場の
工業用貯水池を利用した消
火活動、ヘリコプターによ
る空中消火訓練と給水訓練を実施しました。
空中消火訓練では、ヘリコプターが高さ約30㍍
から400㍑の水を放水しました。
8月25日 子どもたちから多方面の提言
磐田市子ども議会
合併10周年を記
念して、7年ぶりに
子ども議会が市議
会議場で開催され、
市内の小中学生代
表34人が議員役を
務めました。
今回の子ども議会は、子どもたちが市の行政に
質問する形式ではなく、将来の磐田市や地域、学
校などをイメージし、学府(中学校区)ごとに提
言をする形式で行われました。
子どもたちは、多文化共生、観光振興、駅周辺
整備などについて、提言を行いました。
9月21日 いつまでもお元気で
市内最高齢祝い訪問
▲105歳の鈴木新市さん ▲107歳の柗島松枝さん
まつ しま まつ え
敬老の日に、市内女性最高齢で107歳の柗 島 松 枝
さん(大久保)、男性最高齢で105歳の鈴木新市さん
はるよし
(池田)を加藤治吉市議会議長と粟倉義弘健康福祉部
長が訪問し、記念品や花束を手渡しました。
2人ともとても元気で、長生きや健康の秘けつを聞く
と、鈴木さんは「自分でできることは、何でも自分
でします」と元気に話し、柗島さんは「普段から健
康には気をつけていて、間食はしません。毎日日記
をつけています」と笑顔で話しました。
9月19日 大きいザリガニが釣れたよ
緑の教室
9月19日 地域の活動拠点として
竜洋体育センター完成記念式典
10月1日 ㈭ か ら
供用開始された竜
洋体育センターの
完 成 記 念 式 典 が9
月19日㈯に行われ
ました。
老朽化した竜洋
体育センターと竜洋老人福祉センターの再整備に
向けて、地元関係者と市が検討を重ね、両施設の
機能を引き継ぐ新しい施設の建設が、平成26年11
月から進められてきました。
渡部市長は「この施設を子どもからお年寄りま
で、大事に使ってほしい」と話しました。
29
平成27年10月号
▲ザリガニが釣れてとてもうれしそう
植物や生き物を観察することを通して緑を愛し、
自然や環境に関心を持ってもらおうと、竜洋昆虫自
然観察公園で「緑の教室」が行われました。
市内の小学1・2年生とその保護者約80人が、秋の
植物観察やザリガニ釣りを行いました。ほとんどの
子どもたちはザリガニ釣りをするのは初めてでした
が、慣れてくると何匹も釣る子もいました。小学2年
た け る
生の磯部壮 琉君は「大きいザリガニが釣れてよかっ
たです」とうれしそうに話しました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
878 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content