close

Enter

Log in using OpenID

参加諸規定 ①- 参加条件について -

embedDownload
Executive Diamond Council 2013 RIVIERA MAYA
参 加 諸 規 定 ① - 参加条件について -
「 エグゼクティブ・ダイヤモンド・カウンシル 2013 リビエラ・マヤ 」は、参加者皆様の1年間の努力を労うとともに、日本のトップリーダ
ーの相互交流を深め、ビジネスのますますの充実、発展を目指すことを目的として開催されるものです。
「エグゼクティブ・ダイヤモンド・カウンシル 2013 リビエラ・マヤ」に日本アムウェイのトップリーダーとしてご参加いただく皆様におかれ
ましては、日本アムウェイが定める諸規定を遵守していただくとともに、海外における日本アムウェイの評価をより高めるためにも、
開催地における法律やマナーも遵守いただき、楽しく記念すべき素晴らしいプログラムとなりますようご協力をお願い申し上げ
ます。
参加資格
 対象となる会計年度末(8月31日)現在のディストリビューター登録者に限ります。
 健全なビジネスを遂行していると日本アムウェイが認めた方のみご招待します。
 1名でディストリビューター登録している場合は未登録の配偶者の参加は可能ですが、セミナー開催日 45日前
(2013年3月3日)までに入籍済みであることが条件となります。
 2名でのディストリビューター登録のある方の未登録の配偶者が参加を希望する場合、ディストリビューター登録のある
配偶者との同行に限り参加を認めます。
 多人数登録の場合
A : 多人数登録の場合、登録者のうち2名をセミナー参加対象者とします。
B : 未登録の配偶者が参加を希望する場合、登録のある配偶者との同行に限り認めます。
C : 参加者が2家族以上(例えば親子で、戸籍が別々の場合など)にまたがる場合でも2名1組としての待遇とします。
 資格達成者以外(例えばお子様など)の同行は一切認められません。
※ 航空券(または会社規定金)やホテルのカテゴリーなどについてはすべて、対象となる会計年度実績に基づいて対応
させていただきます。
近年上記ルールに反して、お子様などを伴ってご参加になる方が数多く見受けられます。
他の参加者の皆様に気持ちよくご参加いただくためにも、ルールは遵守くださいますようお願い申し上げます。
参加に伴う義務
下記に記載の参加に伴う義務に反する場合は、参加費用全額を参加者にご負担頂き、帰国後速やかに日本アムウェイに返済し
ていただきます。ご返済がない場合、日本アムウェイは参加者のボーナス等日本アムウェイの一切の債務と相殺することが出来
るものとします。(詳細はダイレクト・ディストリビューター・マニュアルをご参照下さい。)
 日本アムウェイが取り決めたルールに従い、必要な場合は同一行動をおとり下さい。
 開催地での法律やマナーをご理解いただき、トラブルが起きないように、それらを遵守下さい。参加者の故意や過失に
よって日本アムウェイが損害を被るようなことがあったときは、その損害を賠償していただく場合もございますのでご注
意ください。
海外旅行保険について
 インセンティブ旅行開催中の病気・怪我などにつきましては、多額の治療費などが、かかることがございます。
 参加者が他人の身体や器物などに損害を与えた場合、参加者は損害賠償しなければなりません。
 参加者ご自身で、必要に応じて十分な額の海外旅行保険にご加入ください。
≪免責事項≫
1.) 参加者が次に例示するような当社の責めに帰することのできない事由により損害を被られた場合当社は一切の責任を負いま
せん:
① 天災地変、戦乱、暴動、又はこれらのために生じる旅行日程の変更もしくは旅行の中止
② 運送・宿泊機関等のサービス提供の中止、又はこれらのために生じる旅行日程の変更もしくは旅行の中止
③ 官公署の命令、外国の出入国規制、伝染病による隔離又はこれらのために生じる旅行日程の変更もしくは旅行の中止
④ 自由行動中の事故
⑤ 食中毒
⑥ 盗難・詐欺等の犯罪行為
⑦ 運送・宿泊機関等の遅延・不通・スケジュール変更・経路変更等、又はこれらのために生じる旅行日程の変更もしくは
旅行の中止
⑧ その他、当社の責めに帰することのできない事由
2.) 次に挙げる者については、セミナー参加資格達成者の責任において参加するかどうかを判断し、参加申込をしてください。
ただし、別途旅行・航空会社等の規程により参加申込をお断わりする場合がありますが、その場合、当社は一切の責任を負
いませんので、予めご了承ください。
① 慢性疾患をお持ちの方
② 現在健康を損なっている方
③ 妊娠中の方
④ 身体に障害をお持ちの方などで特別の配慮を必要とする方
3.) 次に挙げる費用については、参加者の負担とします。
①
運送・宿泊等のために使用した車両、旅客機、部屋、その他付随する備品等を参加者の故意もしくは過失により破損した
場合
②
パスポート申請・査証(ビザ)等取得にかかる費用、超過手荷物料金、クリーニング代など、日本アムウェイで負担するセ
ミナー費用に含まれない費用
③
その他日本アムウェイの責めに帰することができない事由による費用
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
239 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content