close

Enter

Log in using OpenID

プレセッション

embedDownload
プレ・セッション
◎
◎
◎
◎
『移民の記憶 第1部 父たち』上映会
会場:NPOプラザ 1F
日時:6月29日(金) 5:00 開映
入場料:500円
ヤミナ・ベンギギ『移民の記憶』は、これまで周
縁化され、抑圧されてきた在仏マグレブ系移民の
「記憶」をたどるドキュメンタリーです。しかし
それは、「郊外暴動」によって日本でも知られる
ようになった、フランスと北アフリカの関係史を
超えて、植民地主義と近代が強いた人間の「移動」
が、いかなる暴力を伴い、いかなる断絶を生み出
すのかを鋭く浮かび上がらせるものとなってい
ます。本作品は今年1月に東京外国語大学で初上
映され、今回が2回目となります。
(1997年/フランス/160分(日本語字幕) . Canal+ / Bandits)
‹ 各部の上映時間は約50分となります。
‹ 『第2部 母たち』と『第3部 子供たち』は6月30日(土)10:00~(明和高校)で
上映します。
‹ この作品が提示する植民地主義と記憶の問題について7月1日(日)14:55~16:55 に
パネル・セッションを行います。
ヤミナ・ベンギギ
Yamina Benguigu
[プロフィール]
1957 年フランス・リール生れ。在仏アルジェリア移民二世。撮影助手、プロデューサーを経て、現在は映画
監督としてフランスで活躍。代表作『移民の記憶―マグレブの遺産』
(97 年)のほか、
『イスラムの女性』
(94
年)
、『日曜日はアッラーのお気の召すままに』
(01 年)などの作品がある。
<前夜祭>第1部上映終了後に前夜祭を催します
費用:一般 1,500 円、研究職有職者 4,000 円(飲食物は用意しますが、持ち込み歓迎です)
日時・場所:6月29日(金)18 時 30 分~「カンナ家具店」
(名古屋市東区相生町 14-1)
12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
498 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content