close

Enter

Log in using OpenID

テレビ番組、どうやって見ていますか?~イプソス、テレビの見方に関する

embedDownload
イプソス ニュースレター
2014.5 No.33
テレビ番組、どうやって見ていますか?
~イプソス、テレビの見方に関する調査結果を発表~
イプソスは、日本を含む世界20カ国で実施した、テレビの見方に関する調査の結果を発表しました。
主な調査結果
 20カ国の対象者のうち86%は「テレビ番組をテレビで放送時刻に見る」と回答した
 「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組をPCやラップトップで見る」は全体の27%を占める。
特に35歳以下の層では35%と人気が高い
 日本では45%が「録画機器で録画した番組をテレビで見る」と回答。ストリーミングなどを利用して
テレビ番組を視聴する方法よりも日本ではまだ録画が主流であるようだ
 調査概要
調査実施機関: イプソス
実施時期: 2014年2月4日~18日
(Global @dvisor 調査 第54ウェーブ)
調査手法: オンライン調査
対象国(20カ国):
アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、
ドイツ、イギリス、インド、イタリア、日本、メキシコ、ポーランド、
ロシア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、米国
対象者:
カナダ及び米国では18歳~64歳、その他各国では 16歳~64歳の「テレビを日常的に視聴する」対象者 15,551人
各国1000人以上が回答
*アルゼンチン、メキシコ、ポーランド、ロシア、南アフリカ、韓国、スウェーデン、トルコでは各国500人以上
大多数は従来どおりの方法でテレビを見る
グローバル調査の対象者のうち86%は「テレビ番組をテレビで放送時刻に見る」と回答した。年齢の高い層ほどこ
の傾向が顕著であった (50~64歳=91%、35~49歳=88%、35歳以下=81%)。国別にみると、この従来の方法
で視聴する傾向が高いのは、フランス、スペイン(共に93%)、ドイツ(92%)、トルコ(90%)であった。日本は82%で、
20カ国中14位であった。
インターネットからのダウンロードやストリーミングの利用者が増加中
従来の方法でなければ、どのような方法を利用しているのか。「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組をPCや
ラップトップで見る」(27%)や、「インターネットからのストリーミングを利用してテレビ番組をテレビで見る」(16%)、
「録画機器で録画した番組をテレビで見る」(16%)、「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組をモバイル機器
で見る」(11%)などが最近人気が高まっている視聴方法である。
これらの視聴方法は特に若年層で人気が高まっている。 「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組をPCやラッ
プトップで見る」(35歳以下=35%、35~49歳= 25%、50~64歳= 17%)、 「インターネットからのストリーミングを
利用してテレビ番組をテレビで見る」(35歳以下=20%、 35~49歳=16%、 50~64歳= 11%)、 「ストリーミング
やダウンロードしたテレビ番組をモバイル機器で見る」 (35歳以下=15%、 35~49歳=10%、 50~64歳= 5%)
はいずれも年齢が低いほど人気がある。その中で 「録画機器で録画した番組をテレビで見る」は高年齢層のほう
が利用の割合が高かった( 35歳以下=15%、 35~49歳=16%、 50~64歳=18% )。
国別にみると、 「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組をPCやラップトップで見る」割合が高いのは中国
(52%)、ロシア(43%)、トルコ(42%)で、低いのはフランス(12%)、日本(14%)、イタリア(17%)。 「インターネット
からのストリーミングを利用してテレビ番組をテレビで見る」では、割合が高いのはトルコ(44%)、ロシア(36%)、中
国(33%)で、低いのは日本(3%)、フランス(5%)、ドイツ(5%) 。 「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組を
モバイル機器で見る」 では、割合が高いのは韓国(26%)、中国(25%)、インド(21%)で、低いのはフランス(4%)、
ドイツ(4%)、ロシア(5%) 。日本は6%で利用の割合の低いグループに入る。
日本では、録画機器で録画した番組をテレビで見る方法の利用者が多い。日本の対象者のうち45%がこの方法を
利用すると回答し、これは調査対象国の中でトップであった。次いで米国(40%)、カナダ(32%)で利用の割合が
高く、低いのはロシア(4%)、韓国(5%)、アルゼンチン(6%)であった。
イプソスについて
1975年創業。イプソスはリサーチのプロフェッショナルが経営する世界第3位のグローバル市場調査会社です。
世界86カ国の拠点では、16,000人以上のスタッフが、5,000を越えるクライアントにサービスを提供しています。年間の調査
プロジェクト数は10万件以上、実施インタビュー数は7,000万件以上に上ります。
GreenBook Research Industry Trend Survey 2014で最もイノベイティブなリサーチ会社の第3位に選ばれました。
Ipsos in Japanホームページ: http://www.ipsos.jp/
このニュースリリースについてのお問い合わせ:
山野辺有子
Ipsos in Japan
03 6867 8151
[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
357 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content