close

Enter

Log in using OpenID

標準尺 / 基準

embedDownload
測定工具、測定基準器、計測システム
線度器
標準尺 / 基準
Catalog No. 4247 4
標準尺
■用途
標準尺は各種測定機器の校正等、企業における長さのトレーサビ
リティの基準としてご使用いただけます。また、線度器のトレー
サビリティ制度の認定事業者を目指す企業、機関においては、特
定二次標準器としてもご使用いただけます。
検査成績書を標準で添付しています。
■特長
高精度・高品質の目盛を生成するために地下研究棟を備えたスケ
ール専門工場で蓄積したリソグラフィ技術と高い評価技術で製作
しています。長さ基準器(線度器)の最高位のスケールとして位
置付けられます。
■仕様
■外観寸法図
182-501
182-502
HL-250
HL-500
測定長 (mm)
250
500
全長 (mm)
280
530
幅 (mm)
20
30
厚さ (mm)
10
コード No.
全長
符号
厚さ
測定長
�
�
幅
目盛面
�
材質
線膨張係数 /K
厚さ
目盛線幅 (µm)
�
目盛面
�
�
アライメントマーク太さ����
標準尺自動校正装置
1000mm までの金属製及びガラス製標準尺、デジタルスケールの目盛線の
間隔を高精度に測定する装置です。
主な仕様
波長 0.633µm の周波数安定化 He-Ne レーザ
測定対象
金属製及びガラス製標準尺、デジタルスケール
測定長さ
1050mm
最小分解能
約 8nm (λ/80)
0.02 x 10-6
4
1
目盛面の平面度 (µm)
20
0.5+L/1000 L= 任意の 2 線間の長さ (mm)
※ 特別仕様につきましてもご相談に応じます。
※ 検査成績書と JCSS 校正証明書が標準で添付されますが、JCSS 校正証明書にはご使用に
なるお客様の正式名称及び所在地を記載いただくことになっております。
ご注文時にご連絡いただけますようお願いいたします。
目盛線太さ���
長さ標準
アライメントマーク太さ����
20
低膨張ガラス
目盛ピッチ (mm)
精度 (µm)
(20°C)
�
測定精度
(信頼率 95%)
�
目盛線太さ���
±(0.1+L/5000)µm
L= 任意の 2 線間の長さ (mm)
1
基準スケール
検査成績書を標準で添付しています。
■用途
基準スケールは各種測定機器の校正、また上位の校正装置、基準
器とのトレーサビリティ確認にご使用いただけます。投影機、顕
微鏡の裁物台や光学式の測長機等の日常点検、定期点検等にご使
用いただけるスケールです。
■特長
高精度・高品質の目盛を生成するために地下研究棟を備えたスケ
ール専門工場で蓄積したリソグラフィ技術と高い評価技術で製作
目盛線 100X
しています。用途に合わせて各種、各サイズを取り揃えておりま
す。
��
最小目盛ピッチ���
���
���
● HL1
�
���
目盛面
��� ���
�
��
■外観寸法図
全長
測定長
全長
● HL2
目盛面
���
�
���
目盛面
���
�
��
�
�
��
���
���
�
測定長
全長
● HL3
��
�
�
��
���
�
測定長
■仕様
182-511
182-512
182-513
182-514
182-521
182-522
182-523
182-524
182-525
182-531
182-532
182-533
182-534
HL1-50
HL1-100
HL1-150
HL1-200
HL2-100
HL2-200
HL2-300
HL2-400
HL2-500
HL3-250
HL3-500
HL3-750
HL3-1000
測定長 (mm)
50
100
150
200
100
200
300
400
500
250
500
750
1000
全長 (mm)
75
125
175
225
130
230
330
430
530
280
530
780
1030
157,500
194,000
コード No. ※ 1
符号
線膨張係数 /K
8.5 x 10-6
目盛線幅 (µm)
20
50
材質
1.5+2L/1000 L= 任意の 2 線間の長さ (mm)
精度 (µm) (20°C)
標準価格
100
ソーダライムガラス
52,500
60.000
67,500
75,000
60,000
75,000
90,000
105,000
120,000
82,500
120,000
※目盛線を標準尺校正装置で値付けした検査成績書が標準で添付されます。
※ 1:コード No. の末尾に「-30」を付けていただくと JCSS 校正証明書が標準添付となります。その時の標準価格は、上記表中の標準価格に 3,000 円プラスとなります。
標準尺・基準スケールの校正方法
● HL、HL1 は目盛センタ部で校正しています。 (A1、A2、…)
● HL2、HL3 は目盛エッジ部(左側)で校正しています。 (B1、B2、…)
●校正のピッチは右表のとおりです。
A1
HL2、HL3 の校正方法
B1
A2
B2
HL、HL1 の校正方法
目盛線
2
符号
校正ピッチ (mm)
HL-250 HL-500
10
HL1-50
HL1-100, HL1-150, HL1-200
5
10
HL2-100
HL2-200, HL2-300, HL2-400, HL2-500
10
20
HL3-250, HL3-500, HL3-750, HL3-1000
25
検査成績書付測定機器について
ミツトヨは精密測定機器の総合メーカとして品質を保証し、安心してお使いいただけますように、
測定機器の出荷時の検査データを記載した「検査成績書」を標準で添付しています。尚、
「検査成績
書」はお客様のご購入期日が特定できませんので「校正証明書」取得用としてはご利用できません。
ご購入いただいた測定機器を校正しその校正に用いた標準器とのトレーサビリティの証明をする
「校正証明書」を有料で発行しますのでお申し付けください。
「検査成績書」
、
「校正証明書」はメーカの高度な測定技術を駆使して開発した専用の検査機を使っ
て「測定の不確かさ」が限りなく小さくなっています。
本社 川崎市高津区坂戸 1-20-1 〒 213-8533
お問い合わせは
東北営業センタ
北関東営業センタ
南関東営業センタ
甲信営業センタ
東海営業センタ
関西営業センタ
西部営業センタ
仙台市若林区卸町東 1-7-30
〒 984-0002
仙台オフィス 電話(022)231-6881
山形オフィス
郡山オフィス 電話(024)931-4331
宇都宮市平松本町 796-1
〒 321-0932
宇都宮オフィス
電話(028)660-6240
日立オフィス
太田オフィス 電話(027)630-0017
伊勢崎オフィス
東松山オフィス
電話(0493)21-7150
さいたまオフィス
川崎市高津区坂戸 1-20-1
〒 213-8533
川崎オフィス 電話(044)813-1611
東京オフィス
八王子オフィス 電話(0426)20-4122
厚木オフィス
富士オフィス 電話(0545)65-7008
諏訪市中洲 582-2
〒 392-0015
諏訪オフィス 電話(0266)53-6414
上田オフィス
安城市住吉町唐池 56-4
〒 466-0072
安城オフィス 電話(0566)98-7070
名古屋オフィス
四日市オフィス 電話(059)350-0361
豊川オフィス
大阪市住之江区南港北 1-4-34
〒 559-0034
大阪オフィス 電話(06)6613-8801
富山オフィス
栗東オフィス 電話(077)552-9408
京都オフィス
神戸オフィス 電話(078)924-4560
岡山オフィス
福岡市博多区博多駅南 4-16-37
〒 812-0016
福岡オフィス 電話(092)411-2911
東広島オフィス
国分オフィス 電話(0995)48-5842
測定工具に関する技術的なお問い合わせは
測定工具ご相談窓口 川崎市高津区坂戸 1-20-1
〒 213-8533
電話(022)231-6881
電話(023)615-4813
ファクス(022)231-6884
秋田オフィス 電話(018)887-3830
電話(028)660-6240
電話(0294)27-7120
電話(0270)21-5471
電話(048)687-1661
電話(044)813-1611
電話(03)3452-0481
電話(046)226-1020
ファクス(028)660-6248
つくばオフィス 電話(029)839-9139
新潟オフィス 電話(025)281-4360
電話(0266)53-6414
電話(0268)26-4531
電話(0566)98-7070
電話(052)741-0382
電話(0533)86-6327
電話(06)6613-8801
電話(076)491-3782
電話(075)604-0328
電話(086)242-5625
電話(092)411-2911
電話(082)427-1161
ファクス(0266)58-1830
甲府オフィス 電話(055)221-8002
ファクス(0566)98-6761
小牧オフィス 電話(0568)74-7261
浜松オフィス 電話(053)464-1451
ファクス(06)6613-8817
小松オフィス 電話(0761)23-0862
天理オフィス 電話(074)363-3670
高松オフィス 電話(087)869-7606
ファクス(092)473-1470
熊本オフィス 電話(096)386-8211
電話(044)822-5151
ファクス(044)813-1610
ファクス(044)813-1610
千葉オフィス 電話(043)207-6181
藤沢オフィス 電話(0466)42-5367
M3 Solution Center…商品の実演を通して最新の計測技術をご提案しています。事前に弊社営業センタにご連絡ください。
UTSUNOMIYA
宇都宮市下栗町 2200
〒 321-0932
電話(028)660-6240
ファクス(028)660-6248
TOKYO
川崎市高津区坂戸 1-20-1
〒 213-8533
電話(044)813-1611
ファクス(044)813-1610
SUWA
諏訪市中洲 582-2
〒 392-0015
電話(0266)53-6414
ファクス(0266)58-1830
ANJO
安城市住吉町唐池 56-4
〒 446-0072
電話(0566)98-7070
ファクス(0566)98-6761
OSAKA
大阪市住之江区南港北 1-4-34
〒 559-0034
電話(06)6613-8801
ファクス(06)6613-8817
HIROSHIMA
呉市広古新開 6-8-20
〒 737-0112
お問い合わせは M3 Solution Center FUKUOKA までお願いします。
FUKUOKA
福岡市博多区博多駅南 4-16-37
〒 812-0016
電話(092)411-2911
ファクス(092)473-1470
※ M3 Solution Center の M3(エムキューブ)は Mitutoyo, Measurement, Metrology の 3 つの M を表しています。 計測技術者養成機関…各種のコースが開催されています。詳細は弊社営業センタにご連絡ください。
ミツトヨ計測学院
川崎市高津区坂戸 1-20-1
〒 213-8533
電話(044)822-4124
ファクス(044)822-4000
ホームページ
http://www.mitutoyo.co.jp
弊社商品は外国為替及び外国貿易法の規制貨物等に該当
いたします。
リスト該当商品を輸出される場合、または日本国外へ持
ち出す場合には日本政府の輸出許可が必要となります。
また、キャッチオール該当商品の場合も、ご購入後に輸
出される場合はアフターサービスに支障を来すこともあ
ります。
いずれの場合でも、ご不明な内容につきましては最寄り
の弊社営業センタに必ずお問い合わせください。
お求めは当店で̶
●外観・仕様などは商品改良のために、一部変更することがありますのでご了承ください。
●本カタログに掲載されている価格、仕様は 2007 年 3 月現在のものです。
●掲載しております標準価格には消費税は含まれておりません。
●弊社商品は外国為替及び外国貿易法の規制貨物等に該当いたします。
リスト該当商品を輸出される場合、または日本国外へ持ち出す場合には日本政府の輸出許可が必要となります。
また、キャッチオール該当商品の場合も、ご購入後に輸出される場合はアフターサービスに支障を来すこともあります。
いずれの場合でも、ご不明な内容につきましては最寄りの弊社営業センタに必ずお問い合わせください。
4
061 0703 C-(Wz)NE109
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
739 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content