close

Enter

Log in using OpenID

平成 17 年 3 月 9 日 各 位 会 社 名 旭テック株式会社 代表者名 執行役

embedDownload
平成 17 年 3 月 9 日
各 位
会 社 名 旭テック株式会社
代表者名 執行役社長 佐々木 久臣
(コード番号 5606 東証第1部)
問合せ先 常務執行役 吉田 隆夫
(TEL:0537-36-3111)
RHJインターナショナルによる発表について
リップルウッドの日本向けプライベート・エクイティ・ファンドである RHJ インダストリア
ル・パートナーズおよびその関連信託(総称して「RHJ ファンド」といいます。)の資産
及び事業について、これを再編成し、多角的投資を行う持株会社でありベルギー王国ブリ
ュッセルに本社をおく RHJ インターナショナルによる保有とする予定であることが本日発
表されました。かかる資産及び事業とは、主として、当社を含む7社に対する株式持分か
らなります。RHJ ファンドは、関連会社を通じて現在当社の発行済み株式の約 58.4 パーセ
ントを実質的に保有しております。RHJ インターナショナルによると、RHJ ファンドが保
有する当社の上記株式持分の全部が、RHJ ファンドが保有する他の6社の株式持分の全部
と合わせて、RHJ インターナショナルによって保有されることになります。RHJ インター
ナショナルの普通株式は、ユーロネクスト・ブリュッセル証券取引所の市場第一部に上場さ
れる見込みです。詳細については、添付の RHJ インターナショナルによるプレス・リリース
を御覧下さい。
リップルウッドの持株会社であるRHJインターナショナル、
グローバル・オファリングを発表
2005 年 3 月 9 日(東京)−ベルギーのブリュッセルに本店を構える多角的な持株会
社である RHJ インターナショナルは本日、同社の普通株式 12,500,000 株の全世界的な
募集(以下「本件国際募集」)を実施することを発表しました。本件国際募集にかか
る株式は、1 株当たり 17.25 ユーロから 19.25 ユーロの範囲内の価格で売出されます。
本件国際募集に際して売出される普通株式 12,500,000 株のうち、7,810,160 株を上限と
する株式が RHJ インターナショナルにより新株として発行され、4,689,840 株を上限
とする株式が既存株主によって売出されます。本件国際募集の幹事会社は、オーバ
ー・アロットメントが生じた場合には、合計 1,875,000 株を上限とする普通株式を RHJ
インターナショナルから追加的に購入することができます。
中間価格を基準とすると、RHJ インターナショナルは、本件国際募集によりおよそ
142.5 百万ユーロの受取金を取得すると予測しています。さらに、RHJ インターナシ
ョナルの最高経営責任者、一定の取締役その他の投資家は、これとは別途、本件国際
募集と同時に世界的に実施される私募の形式で、およそ 219.8 百万ユーロの新発普通
株式を本件国際募集と同一の 1 株あたり価格で引受ける予定です。
本件国際募集の価格は、2005 年 3 月 23 日頃に決定される予定です。RHJ インター
ナショナルは、その全普通株式をユーロネクスト・ブリュッセル取引所の市場第一部
に上場するための申請を「RHJI」の名称で行いました。
本件国際募集の前提として、リップルウッド・ホールディングス L.L.C.(以下「リ
ップルウッド」)の日本向けプライベート・エクイティ・ファンドである RHJ インダ
ストリアル・パートナーズ L.P.およびこれに関連するいくつかの信託(以下「RHJ フ
ァンド」)の保有資産および事業(主として、旭テック株式会社、コロムビアミュー
ジックエンタテインメント株式会社、株式会社ディーアンドエムホールディングス、
ホンセル・インターナショナル・テクノロジーズ S.A.、ナイルス株式会社、フェニッ
クスリゾート株式会社およびシャクリー・グローバル・グループ株式会社の 7 社に対
する直接または間接的持分からなります。)が再編され、RHJ インターナショナルに
よって保有されることとなります。また、RHJ ファンドはおよそ 72 百万ユーロ相当
の現金その他の資産を RHJ インターナショナルに対して拠出する予定です。
リップルウッドの最高経営責任者であるティモシー・C・コリンズは、RHJ インタ
ーナショナルの最高経営責任者に就任する予定です。RHJ インターナショナルは、東
京における活動基盤を通じて、同社が魅力を感じる業界内の企業を買収・運営し、ま
た日本における既存事業をさらに育成、強化することに精力を注ぐ多角的持株会社と
なります。RHJ インターナショナルは、ベルギーで最初に普通株式を上場することを
選択しました。なぜなら、ベルギーには、国際的に認知された証券取引所があり、ま
た同国はグローバルに活動する多角的な持株会社が拠点を置くことができる欧州の
中心に位置するからです。RHJ インターナショナルが RHJ ファンドの保有資産およ
び事業を公開会社に再編することを決定したのは、存続期間に制限のない公開会社と
することにより、プライベート・エクイティ・ファンドでは一般に得ることのできな
い多くの機会を有効に活用することが可能になるとの考えによるものです。具体的に
は、RHJ インターナショナルは、ある特定の期間内に事業を売却することを要求され
ず、またはそもそも事業を売却すること自体を要求されないため、長期的な営業成績
に注力することが可能になります。
本件国際募集はベルギーその他の国の機関投資家に対する私募によるものです。米
国内においてまたは米国人に対しては、普通株式は、(1)適格機関投資家(米国証券法
規則 144A において定義されます)でありかつ(2)適格投資家(米国 1940 年投資会社
法および関連規則において定義されます)である者に対して、制限預託株式の形式で、
募集・売出される予定です。
(ご注意)
今回の募集にかかる普通株式は、日本の証券取引法に基づく届出がなされておらず、また今後もなされる予定は
ありません。したがって、日本の証券取引法上の届出義務が免除される場合、およびその他適用ある日本の法令
に従う場合を除き、当該普通株式は、直接であると間接であるとを問わず、日本において、または日本の居住者
に対して、もしくは日本の居住者のために募集または売出しをすることができず、また直接であると間接である
とを問わず、日本において、または日本の居住者に対して、もしくは日本の居住者のために再募集または再売出
しを行う目的で、その他の者に対して募集または売出しをすることもできません。ここでいう、「日本の居住者」
とは、日本法に基づいて設立された法人その他の団体を含め、日本に居住する者をいいます。本プレスリリース
は、日本における普通株式の募集・売出しまたは購入の勧誘を行うためのものではなく、またこれにあたると解
釈してはなりません。
本プレスリリースは、RHJ インターナショナルの普通株式その他のいかなる有価証券についても、米国内におい
て取得の申込みを行うものではありません。普通株式の募集・売出しを含め、RHJ インターナショナルの有価証
券は、米国の証券関連法令に基づいて届出がされたものでなければ、かかる法令の下で届出義務が免除される場
合を除き、米国において募集または売出しを行うことはできません。本プレスリリースに記載された RHJ インタ
ーナショナルの募集・売出しは、米国の証券関連法令に基づく届出がなされておらず、また今後もなされる予定
はありません。したがって、かかる有価証券の募集・売出しは届出義務が免除される取引においてのみ行うこと
ができます。
ユーロネクスト・ブリュッセル取引所の市場第一部に普通株式が上場されるまでは、ベルギーにおいて普通株式
の公募は行われません。普通株式のユーロネクスト・ブリュッセル取引所の市場第一部への上場には関連規制当
局及び市場当局の承認が条件となりますが、そのいずれも未だ取得されておりません。ベルギーにおいては、同
市場第一部への上場以前には、自己の勘定で 250,000 ユーロ超の普通株式を取得する投資家に対する場合を除き、
普通株式を個人又は法人に対して直接的にも間接的にも売出し、販売し、譲渡しまたは引渡すことはできません。
本プレスリリースは、ベルギーにおける販売の申込みまたは購入の勧誘を構成するものではなく、またそのよう
に解釈されてはなりません。
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
15 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content