close

Enter

Log in using OpenID

若い世代からシニアまで ポールウォーキングで 理想のスタイルを!!

embedDownload
スタイリッシュに歩いて自立した健康ライフ!
若い世代からシニアまで ポールウォーキングで
理想のスタイルを !!
日本は今、世界に前例のない速さで高齢化が進み、世界最高水準の
高齢化率となり、どの国もこれまで経験したことのない超高齢社会を迎え
ています。世界保健機関
(WHO)
が発表した 2014 年版
「世界保健統計」
によると、2012 年の日本人の男女合わせた平均寿命は 84 歳で、前年に
続き世界最長となりました。
こうした時代背景のなか、アクティブなシニア世代は、自立し健康的な生
活を送ることを理想とし、さまざまなスポーツに取り組んでいます。その代表
格がウォーキングです。ウォーキングのバリエーションの一つとしておすすめ
なのが、見た目もスタイリッシュで、若い世代や女性にも人気急上昇中のポー
ルウォーキングです。
2 本の専用ポールを持って、ノルディックスキーのように歩くボールウォーキ
ングは、通常のウォーキングよりも上半身を積極的に動かすので、さらに運
動効果を高めることができます。その効果は通常のウォーキングの 20 ∼
30%増になるともいわれ、ダイエットにいいだけでなく、メタボやロコモティ
ブシンドローム(運動器症候群)の予防や改善にもつながります。
ポールを使ったウォーキングは、膝や腰への負担が軽減され、転倒予防にもなりますので、足腰に自信のない方にも
おすすめです。年を重ねるごとに筋力の衰えは増していきます。スタイリッシュに筋力を鍛えながらウォーキングを楽しみ、
まさに自立した健康ライフを目指しませんか。
JSWA では、日本ポールウォーキング協会との協力関係のもと、今後の活動の一つにポールウォーキングを取り入れ
ていきます。アクティブな幅広い年代の方々のご参加をお待ちしています。
ポールウォーキングの運動効果
正しい姿勢のまま歩幅も広がり、理想のウォーキングスタイルで「しっかり運動」が可能となります。
ポールを持って歩くと
歩幅が広がり
上半身の筋肉が
動員される
脚(下半身)
の筋肉
の活動も活発に
重心の上下動と体のねじれ動作が加わり
垂直
全身運動に!
エネルギー消費量も
アップ!
平行
シェイプアップ
くびれ効果!
継続的に行うことにより健康アップにつながり、
若返り効果が期待できます。
ポールウォーキングは、軽度の股関節症と診断された方にも安心し
て実践できるエクササイズです。また、代謝を高めるだけでなく、肩
頸腕部の疾患予防や体幹筋群の強化にもつながります。さあ今日か
ら健康づくり第一歩としてウォーキングを始めましょう!
ポールウォーキング考案者・日本ポールウォーキング協会 会長
安藤 邦彦(整形外科専門医・スポーツドクター・医学博士)
13
ポールを持たない状態
ポールを手に持つだけで
悪い姿勢(猫背など)での
ウォーキングは運動消費量
も少なく、効果も半減。
背筋がスッと伸び左右のバ
ランスの撮れた正しい姿勢
に。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
239 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content