close

Enter

Log in using OpenID

2.規制基準等 (1)騒音規制法に基づく規制地域及び規制基準等

embedDownload
2.規制基準等
(1)騒音規制法に基づく規制地域及び規制基準等
○騒音規制法第3条第1項の規定に基づく地域の指定状況(特定工場等の規制地域)
(平成24年3月30日茅野市告示第116号第1関係)
第1種区域
第一種低層住居専用地
域
第2種区域
第一種中高層住居専用
地域 第二種中高層住
居専用地域 第一種住
居地域 第二種住居地
域 準住居地域 湖東
の一部 中大塩の一部
第3種区域
近隣商業地域 商業地
域 準工業地域(湖東
の一部及び中大塩の一
部を除く)
第4種区域
工業地域
(備考)
1 第一種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種
住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域及び工業地域
とは、都市計画法(昭和43年法律第100号)第2章の規定により定められた用途地域をいう。
○特定建設作業に伴って発生する騒音の規制に関する基準に基づく規制区域の指定状況
(特定建設作業の規制区域) (平成24年3月30日茅野市告示第116号第3関係)
区分
地域
第1号区域
(1)第1種区域及び第2種区域
(2)第3種区域及び第4種区域のうち、
学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校、児童福祉法(昭和22年法律
第164号)第7条に規定する保育所、医療法(昭和23年法律第205号)第1条の5第1項
に規定する病院及び同条第2項に規定する診療所のうち患者を入院させるための施設を
有するもの、図書館法(昭和25年法律第118号)第2条第1項に規定する図書館、老人
福祉法(昭和38年法律第133号)第5条の3に規定する特別養護老人ホーム並びに就学前
の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77
号)に規定する幼保連携型認定こども園の敷地の周囲80メートルの区域内
第2号区域
第3種区域及び第4種区域のうち上記以外の区域
○特定建設作業に伴つて発生する騒音の規制に関する基準 (昭和43年11月27日厚生省・建設省告示1号)
別表
1 法第3条第1項の規定により指定された区域のうち、次のいずれかに該当する区域として都道府県知事(市
の区域内の地域については、市長。)が指定した区域
イ 良好な住居の環境を保全するため、特に静穏の保持を必要とする区域であること。
ロ 住居の用に供されているため、静穏の保持を必要とする区域であること。
ハ 住居の用に併せて商業、工業等の用に供されている区域であつて、相当数の住居が集合しているため、騒
音の発生を防止する必要がある区域であること。
ニ 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条に規定
する保育所、医療法(昭和23年法律第205号)第1条の5第1項に規定する病院及び同条第2項に規定する診療所の
うち患者の収容施設を有するもの、図書館法(昭和25年法律第118号)第2条第1項に規定する図書館、老人福祉法
(昭和38年法律第133号)第5条の3に規定する特別養護老人ホーム並びに就学前の子どもに関する教育、保育等の
総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)に規定する幼保連携型認定こども園の敷地の周囲おおむ
ね80メートルの区域内であること。
2 法第3条第1項の規定により指定された地域のうち、前号に掲げる区域以外の区域
○特定建設作業に伴つて発生する騒音の規制に関する基準(昭和46年6月22日厚生省・建設省告示第1号)
項 目
規制基準
騒音の大きさ(測定地)
作業ができない時間
1日における作業時間
同一場所における作業期間
作業ができない日
適用除外
第1号区域
第2号区域
85デシベル
特定建設作業の場所の敷地の境界線における値
午後7時から午前7時
午後10時から午前6時
10時間を超えないこと
14時間を超えないこと
連続して6日を超えないこと
日曜日・休日における作業
作業がその作業を開始した日に終わる場合
(2)振動規制法に基づく規制地域及び規制基準等
○振動規制法第3条第1項の規定に基づく地域の指定状況(特定工場等の規制地域)
(平成24年3月30日茅野市告示第117号第1関係)
第1種区域
第2種区域
第一種低層住居専用地域 第一種中高層住居専用 近隣商業地域 商業地域 準工業地域(湖東の一
地域 第二種中高層住居専用地域 第一種住居地 部及び中大塩の一部を除く) 工業地域
域 第二種住居地域 準住居地域 湖東の一部
中大塩の一部
(備考)
1 第一種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種
住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域及び工業地域
とは、都市計画法(昭和43年法律第100号)第2章の規定により定められた用途地域をいう。
○振動規制法施行規則別表第1付表の規定に基づく規制区域の指定状況(特定建設作業の規制区域)
(平成24年3月30日茅野市告示第117号第3関係)
区分
地域
(1) 第1種区域
(2) 第2種区域のうち、学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校、児
童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条に規定する保育所、医療法(昭和23年法律第205
号)第1条の5第1項に規定する病院及び同条第2項に規定する診療所のうち患者を入
第1号区域
院させるための施設を有するもの、図書館法(昭和25年法律第118号)第2条第1項に規
定する図書館、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第5条の3に規定する特別養護老人
ホーム並びに就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律
(平成18年法律第77号)に規定する幼保連携型認定こども園の敷地の周囲80メートルの区
域内
第2号区域
第2種区域のうち上記以外の区域
○特定建設作業に伴つて発生する振動の規制に関する基準(昭和51年11月10日総理府令第58号別表第1)
項 目
第1号区域
第2号区域
規制基準
75デシベル
振動の大きさ(測定地)
特定建設作業の場所の敷地の境界線における値
作業ができない時間
午後7時から午前7時
午後10時から午前6時
1日における作業時間
10時間を超えないこと
14時間を超えないこと
同一場所における作業期間
連続して6日を超えないこと
作業ができない日
日曜日・休日における作業
適用除外
作業がその作業を開始した日に終わる場合
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
150 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content