close

Enter

Log in using OpenID

情報科学第14回前半 USBメモリの利用 USBメモリとは USBメモリの

embedDownload
USBメモリとは
情報科学 第14回 前半
USBメモリの利用
 USB(Universal Serial Bus: ユニバーサル・シリアル・バ
ス)は、コンピュータと周辺機器を接続する企画です。
 USBポートに接続することで、キーボードやマウス、ハー
ドディスク等の、さまざまな機器を容易に利用すること
ができます。
 よく利用されるUSB機器の中に、USBメモリがあります。
 コンピュータに接続すると、データの保存ができます。
 本資料では、USBメモリにデータを保存する方法を説明
します。
1
USBメモリの接続
表示のされ方
コンピュータのUSBポートに、USBメモリを接続します。
左画像の窓が出るので、「フォルダで開く」を選択します。
何ドライブとして利用できるかは、環境によって異なります。
今回は、Eドライブとして認識されました。
デスクトップの
コンピュータの
「フォルダで開く」を選択
USBメモリに保存されている
ファイルの一覧が表示されます
スタートメニューからの
開き方(1)
スタートメニューからUSBメモリの中身を開く場合は、
「スタートメニュー」→「コンピュータ」を選択します。
リムーバブル
ディスク(E:)
スタートメニューからの
開き方(2)
フォルダが開きますので、
リムーバブルディスクを選択します。
デスクトップの
コンピュータ
をクリック
コンピュータの
リムーバブル
ディスク(E:)
USBメモリの取り外し
ファイル操作
接続したUSBメモリは、他のファイルと同様に扱えます。
たとえば、デスクトップにあるファイルをUSBメモリに
コピーしたい場合は、ファイルをドラッグすればOKです。
リムーバブル
ディスクを表示し
ファイルを
ドラッグ&
ドロップ
USBメモリを取り外すとき、いきなり抜いてはいけません。
以下の手順を踏む必要があります。
デスクトップ右下の
「ハードウェアの安全な取り外し」を右クリック
ここで、外したい機器を選択すると、
「外す準備ができました」というメッセージが出てきます。
MS-Wordからのファイル保存(1)
MS-Wordからのファイル保存(2)
MS-Wordから、USBメモリにファイルを保存してしましょう。
「名前をつけて保存」窓の「フォルダの参照」をクリックする
と、他のフォルダを参照することができます。
ファイルを保存するには、左上の をクリックします。
メニューが出ますので、[名前をつけて保存]をクリックします。
フォルダの参照を
クリック。
MS-Wordからのファイル保存(3)
「デスクトップ」→「コンピュータ」→「リムーバブルディスク」
と辿ることで、USBメモリに保存することができます
リムーバブル
ディスク
おわりに
 USBメモリは軽量で、かつ近年は非常に安価になってお
り、1本持っていると非常に便利です。
 USBメモリは、ハードディスク等に比べて衝撃などに強く、
比較的壊れにくいものですが、それでも壊れるときは壊
れます。
データのバックアップをとることを忘れずに。
 小さいがゆえに、落としやすくもあります。重要なデータ
を無くさないようにしましょう。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
369 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content