close

Enter

Log in using OpenID

「伝統的な言語文化」に親しむ導入期の古典指導

embedDownload
国語科教育に関する研究Ⅲ
「伝統的な言語文化」に親しむ導入期の古典指導
-身近な文語教材を用いた授業実践-
研究員
◆
研究にあたって
1
古典教育の課題
藤岡
文彦
基礎となる力が身に付く!
興味・関心・意欲が高まる!
(生 徒 の声 ・ 各種 調 査結 果 )
伝統的な言語文化を尊重し、親しむ態度を育
てることの重要性
(学習指導要領)
2
研究の目標
高校古典学習の導入期に、身近な文語教材「こ
とのはベーシック(古典編)」(以下、「ことのは」
という)を用いた授業を行い、古典に対する興
味・関心・意欲や基礎となる力を高めることに
より、生徒の日常生活とつながる伝統的な言語
文化に親しむ態度を育てる。
◆◆
1
研究の内容
「ことのは」の概要
古典が分かる!
古典を好きになる!
2
「ことのは」の二つのシリーズ
第一次
「有名な文語表現」シリーズ
□誰もが知っている文語表現を五つに分類
◇琵琶湖周航の歌
易
◇ことわざ・故事成語
◇童謡・唱歌・詩
◇和歌・俳句
難
◇その他
滋賀県総合教育センター研究紀要 第53集 要旨集(2010)
第二次
「近江の古典」シリーズ
4
生徒の変容-事前調査と事後調査の結果-
古典の勉強が
楽しい! 好きになった!
□滋賀県の郷土作品を四つの地域に分類
◇湖東 ◇湖西
◇湖南 ◇湖北
☆「ことのは」を使った学習を通して、古典に
対する苦手意識が軽減し、古典学習を好き、
分かる、役に立つと答える生徒が増えた。
3
「ことのは」による学習の積み上げの成果
身近な場所を題材に
文語で和歌・俳句等を創作できた!
5
他教科や日常生活などへの広がり
伝統的美意識や
豊かな情緒、感性が磨かれた!
☆「ことのは」 文語の
日記
を使った学習
を通して、地域の歴史
に気付き、その感動を
文語で表現した。文語
表現の学習が、生徒の
伝統的美意識や情緒、
感性を育んでいった。
◆◆◆
成果と課題
1 成果
○「ことのは」を使った学習活動を積み重ねるこ
とにより、古典に対する興味・関心・意欲や
基礎となる力を高めることができた。
○「ことのは」を使った学習活動を積み重ねるこ
とにより、伝統的な言語文化に親しむ態度を
育てることができた。
☆生徒は、興味・関心・意欲や基礎となる力を
高め、文語で和歌・俳句等を創作できた。
2 課題
○本研究に基づいて、他学年や他校種において、
伝統的な言語文化に親しむ態度を育てる学習
活動の在り方を探る研究が必要である。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
30
File Size
4 052 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content