close

Enter

Log in using OpenID

甲状腺片葉摘出術 - 千葉大学医学部附属病院

embedDownload
 耳鼻咽喉頭頸部外科の甲状腺片葉摘出術を受けられる方へ
◆ 私たちは、入院生活や治療が順調に進むように下記の計画に基づき援助します。
お名前 様 主治医 受持ち看護師 手術当日
手術前日
日付
術前
安静度
制限はありません。
術後1日目
術後2日目
術後3日目
術後4日目
術後5日目
術後6日目
術後7日目
術後
許可があれば、安静は解除され歩く事ができ
るようになります。
ベッド上で安静にしていただきます。足
に血栓予防のポンプがついています。
制限はありません。
歩行する最初は看護師と一緒に歩きます。
活動 排泄
制限はありません。
手術室に向かうまでにトイレを済ませて
おいて下さい。
尿の管が入っています。
尿の管を抜きます。制限はなくなります。
制限はありません。
首下シャワー浴ができます。
入浴できます。
入浴できないため、身体を拭きます。最初は 首下シャワー浴ができる予
看護師と一緒に行ないます。
定です。
清潔 手術前日は、入浴、洗髪、爪切りを行ない、
清潔にしておきます。
手術前日の入浴時間:
シャワー浴・入浴ができる予定です。
介助で洗髪ができます。
食べたり飲んだりはできませんが、朝6時
手術前日の21時からは食べることはできませ
の内服薬は少量のOS-1 (経口補水液)で
ん。
内服して下さい。
食事
検査
手術前日の21時からは水・お茶・ジュースは ただし、麻酔科の指示によって、OS-1
飲めません。かわりにOS-1(経口補水液)を (経口補水液)の飲める時間は変わりま
す。
飲むことはできます。(麻酔科の指示によっ
て、量や飲水可能な時間は異なります。)
□ OS-1(経口補水液) ( )時まで
必要時、手術に必要な検査を行ないます。
(血液検査・胸部レントゲン・心電図)
主治医の診察があります。
処置
朝の診察があります。(9時~の手術の場
合はありません。)
麻酔科の診察を受けます。
朝6時と手術室入室前に検温を行ないます。
点滴を行ないます。(朝8時からの手術の
場合はありません。)
注射
酸素マスクをしています。
酸素のマスクが外れます。
朝の診察があります。
創部に管が入っています。(傷の中に血
液が溜らないようにするための物で
す。)
朝の診察があります。
10時、17時に検温を行ないます。
必要に応じて、頻回に検温を行ないます。
6時、10時、17時に検温を行ないます。
持続的に点滴を行ないます。
点滴があります。
抗生剤を投与します。
創部の管の量が
半分抜糸をし
減れば管が抜け
ます。
ます。
・バスタオル(無地や色の薄いもの)
1枚 □
・T字帯(3階の売店にて販売しています)
1枚 □
・ご家族の方は( )時頃までにお越
し下さい。
残りの部分を抜糸します。
抗生剤を投与します。
食事が取れていれば、点滴は終了となります。
通常の内服薬は、医師の指示があるまで内服
手術前日の寝る前に、下剤を飲んで下さい。
しないで下さい。
麻酔科の指示によっては、胃薬を飲む場合も
通常の内服薬は、医師の指示があるまで
あります。
許可があれば、内服再開となります。
通常の内服薬については、ご説明します。
内服しないで下さい。
痛みがある場合、痛み止めをお渡しします。
通常の内服薬については、ご説明します。
1回使用したら、6時間空けて使用して下さ
い。
・朝起きたら病衣に着替えて下さい。午
・創部に入っている管が引っ張られないよう
・創部に入っている管が引っ張られない
喫煙されている方は禁煙をお願いします。 後の手術の場合は、午前中に点滴が入り
・許可があるまでは、安静にして下さい。
に注意して下さい。
ように注意して下さい。
ます。
・手術室に向かうまでに、病衣、パン
当日使用する病衣・弾性ストッキングをお渡 ツ、弾性ストッキングのみ着用し、それ ・痛みがある時は、看護師に知らせて下
・許可があるまでは、飲食しないで下さい。
しします。
以外の身につけている物は全て外してお
さい。
いて下さい。
手術に必要な物品を用意していただきます。
教育
説明
その他
全粥軟菜食が食べられていれば普通食になる予定です。
必要に応じて採血を行ないます。
10時と17時に検温を行ないます。
内服薬
許可があれば、全粥軟菜が食べられるように
なります。
食べたり飲んだりできません。
【退院について】
退院おめでとうございます!!(退院までの期間は患者さんによ
り異なります。)
・痛みがある時は、痛み止めを飲んで下さ
い。
・創部は抜糸後2~3日は、ぶつけたりこすったりしないで下さ
い。抜糸がまだの方は、抜糸するまで創部に水がかかったり、汚
れた手で触らないようにして下さい。
・創部に入っている管が引っ張られないよう
に注意して下さい。
・口腔内の清潔に気を付けて下さい。
・痛み止めを内服される場合は、飲み過ぎないように注意して下
さい。
・仕事の開始は主治医の許可を得てからにして下さい。
・退院処方がある場合は、薬を受け取ってから退院して下さい。
・定期的な受診が必要です。再来日は必ず受診して下さい。
・異常な自覚症状(創部の腫れ・赤くなる・痛み・熱感・ジクジ
クしたものが出る等)がありましたら、病院に連絡して下さい。
備考
この説明用紙は、治療のおおよその経過をお知らせするものです。状態に応じて予定が変更になることがあります。ご不明な点がございましたら、お気軽におたずねください。
千葉大学医学部附属病院 耳鼻咽喉頭頸部科 2013年10月作成
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
209 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content