close

Enter

Log in using OpenID

用語解説 - 坂井市

embedDownload
用語解説
- 33 -
用語解説
総務省ホームページ、総務省情報通信白書平成19年度版、IT用語辞典E-WORD、
YAHOO!辞書、goo辞書より引用し、用語集にまとめました。
索引
用語
用語解説
A
ASP
Application Service Providerの略。ビジネス
用アプリケーションソフトをインターネットを
通じて顧客に提供する事業者を指す。また、当
該事業者がビジネス用アプリケーションソフト
をインターネットを通じて顧客に提供するサー
ビスを「ASPサービス」という。
C
CATV網
光ファイバーにより構成されるネットワーク。
CMS
デジタルコンテンツを扱う際の運用を支援する
ソフトウェアをいう。CMS を導入すると、ユー
ザ側から公開するコンテンツを直接管理できる
ようになるため、管理者の負荷を軽減しコンテ
ンツの迅速な公開が可能となる。また、Web サ
イトの運営における一番のメリットとしては、
ページのデザインや表記の統一が簡易に実現で
きる点が挙げられる。
E
eLTAX
地方税ポータルシステムの呼称で、地方税にお
ける手続きを、インターネットを利用して電子
的に行うシステムをいう。
F
FAQ
よくある問合せに関する質問や回答などをまと
めたQ&A集をいう。
I
ICカード
キャッシュカード大のプラスチック製カードに
極めて薄い半導体集積回路(ICチップ)を埋め込
み、情報を記録できるようにしたカードをいう。
電子マネーやテレホンカードなどに応用されて
いる。磁気カードに比べて100倍近いデータを
記録でき、データの暗号化も可能なため偽造に
も強い。データを読み書きする方式の違いによ
って「接触式」と「非接触式」に分けられる。
- 34 -
I
ICT
情報通信技術。
日本ではIT(Information Technology)が同
義で使われているが、ITに「Communication
(コミュニケーション)」を加えたICTの方が、
国際的には定着している。
ITにC(Communication)が加えられることに
よって、知識やデータといった情報
(Information)を適切に他者に伝達
(Communication)するための技術
(Technology)という、ICT(IT)が本来持つ
役割が強調された表現となる。
IT
直訳は情報技術のこと。
情報を提供/共有/検索/加工/分析など、情
報を取り扱うための情報分野もしくは情報通信
分野の基礎から応用までの技術をいう。
ITガバナンス
企業や組織が、ICTを利活用するにあたり、
目的や戦略を適切に設定し、その効果やリスク
を測定・評価して、理想とするICT利活用を
実現するメカニズムをその組織の中に確立する
ことをいう。
N
NPO
民間非営利組織。行政機関や営利企業とは独立
した組織で、主に保健福祉の増進、社会教育の
推進、まちづくり、文化・芸術・スポーツの振
興、環境保全、人権擁護、国際協力などの分野
で活動を行っている。1998年に特定非営利活
動促進法(NPO法)が施行され、法人格が取得
できるようになった。
O
OA化
会社の事務部門における能率向上のために行わ
れる自動化をいう。特に、パソコン・ファクシ
ミリ・ワード-プロセッサーなどの導入により、
書類の作成・保存・検索・送付などの事務を合
理化することを意味する。
P
PDCAマネジメント
サイクル
PDCAサイクルとは、計画(Plan)を実行(Do)
し、評価(Check)して改善(Act)に結びつ
け、その結果を次の計画に活かすプロセスをい
う。
- 35 -
U
u-Japan政策
「e-Japan戦略」に基づき、2010年までにユ
ビキタスネット社会を実現するために、総務省
が平成16年12月に策定したのが「u-Japan政
策」である。この「u-Japan政策」においては、
「2010年には世界最先端のICT国家として
世界を先導する」ことを目標として①ユビキタ
スネットワークの整備、②ICT利活用の高度
化、③ICT利用環境の整備の三つを基本軸と
して政策を展開することにより「価値創発」型
の社会の実現を目指している。
W
WEB系
WWW(World Wide Web)が正式名称。イン
ターネットやイントラネットで標準的に用いら
れるドキュメントシステムをいう。HTMLとい
う言語で文書の論理構造や見栄えを記述し、文
書の中に画像や音声など文字以外のデータや、
他の文書の位置(ハイパーリンク)を埋め込むこ
とができる。
ア
安心安全情報ネットワーク
システム
防犯や災害などに関する緊急情報(安全安心情
報)を、携帯電話やパソコンに電子メールでいち
早く登録者に提供するシステムをいう。
ウ
ウェブアクセシビリティ
情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程
度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。
特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人に
とって、どの程度利用しやすいかという意味で
使われることが多い。
エ
エコポイント
ごみ減量、省エネ、省資源などに配慮した地域
の環境保全に貢献する行為を行った人に対して
ポイントを与え、金券として使えたり、一定の
点数で品物と交換できたりする。
エコマネー
ボランティア活動などお金では表わしにくい価
値を住民同士で交換する時に使う地域通貨の一
種のことで、一般的にある特定の地域でのみ流
通するなどの特徴を持っています。住民同士の
交流を深め、地域コミュニティを活性化させる
試みとして、近年、日本でも、急速な広がりを
見せている。
- 36 -
オ
オープン系システム
様々なメーカーのソフトウェアやハードウェア
を組み合わせて構築されたコンピュータシステ
ムをいう。
ク
空間データ
座標や地名・住所など空間的な位置(場所)と
直接的または間接的に関連づけられるデータを
いう。「地理情報」ともいう。地図以外にも台
帳類、統計資料類、航空写真、音声データなど
場所に関わる情報を含んでいれば空間情報とな
る。
グループウエアシステム
庁内LANを活用して情報共有やコミュニケー
ションの効率化をはかり、グループによる協調
作業を支援するソフトウェアをいう。主な機能
としては、掲示板、会議室予約、備品予約、ス
ケジュール管理などがある。
ケ
健康まちづくりガイドブック
坂井市ホームページ上で歩数計による健康づく
りに参加することで、歩数計の記録、生活・食
事についての問診履歴を確認できるシステム。
コ
コミュニティビジネス
地域課題をビジネスの手法で解決する活動など
共益を目指し、地域の中で行政、企業、金融機
関、大学、NPO、住民など様々なセクターと
協力して地域と共に発展、成長していくことを
いう。
コンテンツ
内容、中身という意味の英単語。メディアが記
録・伝送し、人間が観賞するひとまとまりの情
報で、映像や画像、音楽、文章、あるいはそれ
らの組み合わせを意味することが多い。
コンビニ収納
地方自治体が、地方税や国民健康保険料などの
公金収納を、従来の金融機関や自治体の窓口な
どに限られた収納窓口を拡大し、コンビニエン
スストアで行うことを可能にすることにより、
納付者の支払い可能な場所や時間が広がり、利
便性を高めることができる。
- 37 -
コールセンター
企業の中で、顧客への電話対応を専門に行う部
署のこと。特に消費財メーカーや通信販売事業
者などが設けている、一般消費者からの問い合
わせ受付窓口となる大規模な電話応対センター
をいう。最近では、電話だけに限らず、メール
やFAXなど複数のメディアにも対応した自治
体コンタクトセンターの設立が相次いでいる。
証明書自動交付機
銀行などのATM(現金自動預払機)と同じよう
に、カードを入れて暗証番号を入力することで
証明書を簡単に受け取ることが出来る機械をい
う。利用するには住民カード、もしくは住基カ
ードを取得し、自動交付機用の暗証番号を登録
する必要がある。
情報セキュリティポリシー
組織内のセキュリティに関する基本的な方針や
行動指針をいう。
情報リテラシー
インターネットやパソコンなどを利用して、情
報やデータを活用するための能力・知識をいう。
チ
地域SNS
Social Networking Service の略。
登録した会員相互のつながりをサポートする機
能が特徴の、コミュニティ型のWebサイトのこ
と。
地域SNSとは、パソコンや携帯電話を利用し
て、日常的にサイト内の日記や電子掲示板を利
用したり、行政情報、地域情報などを入手した
りすることができる地域向けの交流・情報提供
サービスで、地域に住む・働く・関心のある人々
のためのコミュニケーションや情報共有を行う
ための便利な機能を持っている。
テ
デジタルアーカイブ
有形・無形の文化資産をデジタル画像に保存す
ることにより、文化財の貴重な情報を劣化させ
ることなく保管し、後世に正確に伝えるととも
に、いつでも再生・復元ができるようにするこ
とをいう。
デジタルディバイド
パソコンやインターネットなどに関する情報技
術の習得度の違いから、入手できる情報に差異
が生じる、あるいは生活水準や収入に格差が生
じることをいう。
シ
- 38 -
テ
デジタルミュージアム
近年、進展が著しいデジタル技術やネットワー
ク技術を活用することで、失われつつある地域
文化を保存・継承し、地域の博物館などの文化
施設を地域文化の情報蓄積・発信拠点と位置付
けることをいう。
電子決裁
従来紙文書に押印を行っていた決裁や承認行為
を電子化することをいう。代理・代決・後閲・
差戻し・引戻し・取消し・決裁ルートの変更な
ど、様々な行政の決裁業務に対応できる。
電子政府
電子市役所
コンピュータやネットワークなどのITを行政
のあらゆる分野に活用することにより、住民、
企業の事務などに係る負担軽減や利便性の向
上、行政事務の簡素・効率化を図り、効果的な
政府・自治体を実現しようとすることをいう。
ト
統合型GIS
デジタル化された地図(地形)データと、統計デー
タや位置の持つ属性情報などの位置に関連した
データとを統合的に扱う情報システム。地図デ
ータと他のデータを相互に関連づけたデータベ
ースと、それらの情報の検索や解析、表示など
を行なうソフトウェアから構成される。データ
は地図上に表示されるので、解析対象の分布や
密度、配置などを視覚的に把握することができ
る。
ハ
ハザードマップ
大雨によって河川などが増水し、水があふれた
場合の浸水予測結果に基づいて、区域内で予想
される浸水範囲とその程度や各地域の避難所な
どを示した地図をいう。
パブリックコメント
市の基本的な政策案の策定に当たり、事前に内
容を公表して住民から意見を募集し、それを考
慮して政策の意思決定とするとともに、提出さ
れた意見とそれに対する市の考え方を公表する
一連の手続をいう。
- 39 -
フ
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いに関して企業や団体などが
定める方針のこと。情報収集を行う者が利用者
に対し、個人情報をどのように取得し、どのよ
うな目的・用途に利用するのか、またその管理
方法や、管轄部門の問い合わせ先を明文化して
まとめたもの。
文書管理システム
庁内の情報共有を促進するために紙文書及び電
子文書を一元管理し、収受、起案、供覧、施行、
保存、廃棄などといった文書のライフサイクル
に沿った処理を行うシステムをいう。
ホストコンピュータ
ホストコンピュータはネットワークの中心とな
る大型のコンピュータで、その高い処理能力で
各種サービスに必要な処理のほとんどを行う。
単にホストと略して呼ばれることが多く、むし
ろそのほうが一般的である。
ポータルサイト
インターネットの入り口となるウェブサイトの
こと。検索エンジンやリンク集を核として、多
種多様な情報の提供、ブラウザから利用できる
メールサービス、電子掲示板など、利用者がイ
ンターネットで必要とする機能を有するサイト
をいう。
マ
マルチペイメント
ネットワーク
マルチペイメントネットワークとは多くの金融
機関と収納機関を結び、24時間いつでもどこ
でも公共料金などの各種料金をパソコン、携帯
電話、ATMなどで支払えるようにするために
作られたネットワークをいう。
ユ
ユビキタスネット社会
ユビキタスの語源はラテン語で、いたるところ
に存在する(遍在)という意味。インターネッ
トなどの情報ネットワークに、いつでも、どこ
からでもアクセスできる環境を指し、ユビキタ
スが普及すると、場所にとらわれない働き方や
娯楽が実現出来るようになる。
ワ
ワンストップサービス
複数の行政サービスを1つの窓口で受けること
ができる機能をいう。これにより住民が申請届
出などの手続きで複数の窓口に出向く手間や労
力を軽減する効果がある。
ホ
- 40 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
327 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content