close

Enter

Log in using OpenID

「エバーグリーン」の第9回助成先決定!!

embedDownload
平成28
8年12月1
14日
N
No.16−3
310
株 式会社 伊予
予銀行
∼助成
成金を通じて
て環境保護活
活動をお手伝
伝い∼
株式
式会社 伊予
予銀行(頭取 大塚 岩男
男)は、公益信
信託伊予銀行
行環境基金『エ
エバーグリー
ーン』
の運営
営委員会にお
おいて、平成
成 28 年度の 助成先を決定
定し、贈呈式
式を行います
すので、下記
記のと
おりお
お知らせいた
たします。
同基
基金は、助成
成金を通じて
て、愛媛県内 で環境保護活
活動に取り組
組まれている
る多くの方々
々のお
手伝い
いをさせてい
いただくこと
とを目的に、 平成 20 年に「創業 130 周年記念事
事業」の一環
環とし
て設定
定したもので
です。
今回
回は 18 先か
から応募を受
受け、12 先に
に総額 4,700 千円の助成を行います。
。設定以来の
の助成
実績は
は、助成先総
総数 115 先、助成金総額
額 42,084 千円となります
す。
記
〔助成
成内容〕
○先
先
数
12 先
○団
団 体 名
覧ください。
別 紙をご覧
○助
助成総額
4,700 千円
〔贈 呈 式〕
○日
時
平成 28 年 12
1 月 20 日 (火) 10:30 ∼13:0
00
○場
場
所
東京第一ホテル松山
○次
次
第
主催者代表
表挨拶
当行取締役
役頭取
大
大塚
岩男
受託者挨拶
拶
三井住友信
信託銀行松山
山支店長
藤
藤村
健一 様
名誉教授
愛媛大学名
立
立川
涼
当行専務取
取締役
永
永井
一平
2階
コスモ
モゴールド
助成金目録
録・賞状贈呈
運営委員長
長祝辞
様
助成団体紹
紹介
閉式挨拶
以 上
私たちはチャレンジします。みなさまの 笑顔のために。
株式会
会社
伊予
予銀行
N
NEWS REL
ELEASE
愛媛県松山市
愛
市南堀端町 1 番地 〒7
790-8514 T
TEL(089) 941-1141
別 紙
公益信託
伊予銀行環境基金『エバーグリーン』
第9回助成先一覧
平成 28 年度助成先(50 音順)
所在地
名
称
活動計画内容
1
松山市
愛蝶会
絶滅危惧種クロヒカゲモドキの好適生息環境の解明と
生息域外保全
2
西条市
特定非営利活動法人
石鎚森の学校
石鎚森の学校 2016 夏☆ブナの森の自然観察☆ 石鎚森の学校 2017
冬☆石鎚山で氷点下の雪の森の自然観察・雪遊び☆
3
内子町
泉谷地区 棚田を守る会
泉谷棚田環境保全交流事業
4
内子町
内子町 五十崎中央自治会
豊秋河原環境保全事業
5
内子町
特定非営利活動法人
内子未来づくりネットワーク
うちこのまちなか環境改善マップ作成
6
宇和島市
宇和島リユースクラブ
貝絵コンテストを通じたゴミ・CO2 削減と小中学校
生徒・児童の環境・美術教育
7
松山市
えひめ学生森林ボランティア
森林保全活動・耕作放棄地保全活動
8
内子町
特定非営利活動法人
愛媛生態系保全管理
小田深山のミズゴケ類群落調査と保全教室
9
松山市
愛媛大学魚類感染症研究
グループ
愛媛県内のコイヘルペスウイルス病発生のメカニズム解明と予
防法の開発
10
松山市
11
大洲市
長高水族館
長高イングリッシュガーデン
12
今治市
藤原 陽一郎
愛媛県愛南町における車軸藻類調査
特定非営利活動法人 職業開発訓練センタ 里山の環境保全活動を目的とした「竹炭焼き体験
ー 風早の歴史と自然を守る会
教室」の開催
(注)所在地は団体の所在地であり、活動の場所とは合致しない場合があります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
152 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content