close

Enter

Log in using OpenID

日産の生産グローバル化戦略と その要、モノづくり人財育成 市川 博

embedDownload
日産の生産グローバル化戦略と
その要、モノづくり人財育成
ルノー社&日産自動車(株)
アライアンス エキスパート リーダー
⼀億台
震災復興
市川 博
⾃⼰紹介
1982
⽇産⾃動⾞⼊社 九州⼯場に赴任
IE(インダストリアル エンジニアー)、改善塾塾⻑、組⽴基本技能を開発
1989
座間⼯場に異動
改善塾塾⻑
1993
⽇産英国⼯場に出向 (4年間)
現場管理、改善、JIT、QC、TPM等を伝える
1997
2001
2005
2009
2011
2014
本社NPW推進部に帰任
同期⽣産を考案
ルノー社に出向 (4年間)
NPWをルノー⽣産⽅式として展開
本社NPW推進部に帰任
NPW、同期⽣産、現場管理のグローバル展開、GTC校⻑
ルノー⽇産インド⼯場に出向 (2年間)
⼯場建設、採⽤、⼈財育成、NPW、現場管理
本社NPW推進部に帰任、部⻑、エキスパートリーダー、コンサルティングダイレクター
NPW/GKのグローバル展開 ⼈財育成
外部企業コンサルティング
ルノー社 ⽇産⾃動⾞(株) アライアンスグローバルダイレクター
本日のアジェンダ
1. 日産のグローバル展開
2. グローバル人財育成
3. 日本のモノづくりの役割と人財育成
3
⽇産⾃動⾞ 会社概要
(2015年9⽉現在)
設立
1933(昭和8)年12月26日
資本金
6,058億13百万円
従業員数
142,925名
本社
神奈川県横浜市西区高島1-1-1号
(グローバル連結ベース)
 経営会議メンバーの50%は外国⼈
 取締役・執⾏役員の33%は外国⼈
 ⽇本の従業員23,000⼈中2%が外国⼈
(出⾝国:45ヶ国)
FY11
FY12
FY13
FY14
連結売上高 (億円)
94,090
96,296
104,825
113,752
グローバル販売台数
(千台)
4,845
4,914
5,189
5,318
グローバル生産台数
( 千台)
4,797
4,836
5,082
5,061
NISSAN Global HQ
1F ⽇産グローバル本社ギャラリー
日産のGlobalのモノづくり拠点
日産・ルノー合わせて75生産拠点(車両・パワートレイン)に、
Alliance Production Way(APW)として日本のモノづくりを発信
ロシア
英国
スペイン
モロッコ
パキスタン
エジプト
ナイジェリア ケニア
中国
ベトナム
タイ
インド
マレーシア
⽇本
台湾
フィリピン
アメリカ
メキシコ
コロンビア
インドネシア
ブラジル
南アフリカ
⽇産の⼯場
オーストラリア
ルノーの⼯場
アライアンス⼯場
チリ
アルゼンチン
日産のFY11-FY16 中期経営計画
POWE
R
ブランド &
セールスパワー
8%
8%
16年度までの
グローバル市場占有率
安定的な営業利益率
日産のグローバル生産台数
⽇本⽣産 Global ⽣産台数(K Unit/year)
00年度以前:⽣産完成⾞の輸出
01年度以降:ノウハウ(技能・技術)と⼈を育てる訓練⽅法の輸出
中国⽣産
⽇本⽣産⽐率
その他地域⽣産
海外⽣産
欧州⽣産
北⽶⽣産
⽇本⽣産 輸出向け
⽇本⽣産 ⽇本向け
現在、日産車の82%は海外で生産
日産自動車:51の新車を立上げ
NEW
NEW
11年度
NE
W
NEW
6
週間
6
週間
NEW
6
週間
6
週間
16年度
震災復興
アライアンス・⽣産⽅式の導⼊
アライアンス・⽣産⽅式の導⼊
1994~
2000~
NPW
Jan. 2015~
APW
Nissan Production Way
SPR
Systeme de Production Renualt
Alliance Production
Way
9
APW (Alliance Production Way)
競争⼒のあるQCTをグローバルで実現する⽣産⽅式が必要
2つの「限りない」
(1)限りないお客さまへの同期
(2)限りない課題の顕在化と改⾰
APW(日)
10
本日のアジェンダ
1. 日産のグローバル展開
2. グローバル人財育成
3. 日本のモノづくりの役割と人財育成
11
⽇産のモノづくりのDNA
1.
2.
3.
4.
5.
Everything Start from 5S 5Sが起点
Standardization 標準化
Operator can think & Improve 作業者が考え改善
Cooperation & Teamwork 協働とチームワーク
Human Resource development ⼈財育成
⽣産のグローバル化に向けた4G戦略
⽣産試作
基礎体⼒向上
Global
Training
Center
グローバル⼈財育成
・追浜⼯場 :⾞両
・横浜⼯場 : PT
試作品質向上
⽴上げ⽀援
Global
Package
Design
Center
Global
Production
Engineering
Center
荷姿設計の伝授
⽇本での集中新⾞試作
・本牧
量産⽴上げ
Global
Launching
Expert
新⾞⽴上げ指導の仕組化
・座間
・追浜
13
マスタートレーナー制度による人財育成
19名(2015/8現在)
GTC
グローバルマスタートレーナー
1,223名(2015/8現在)
マスタートレーナー
海外工場
RTC
リージョナルトレーナー
(リージョナルトレーニングセンター)
作業者
マスタートレーナーを活用して、海外工場が自律的に“人財“を育成
従来から直接指導に比べ
20倍
のスピードで育成
本日のアジェンダ
1. 日産のグローバル展開
2. グローバル人財育成
3. 日本のモノづくりの役割と人財育成
15
グローバル生産戦略における各マザー工場の役割
<関東リージョン>
(追浜/横浜/座間)
•EVの開発拠点
•新技術・新工法立上げ&グローバル展開拠点
•グローバル新車・新パワートレインの
生産準備
<栃木・いわきリージョン
>
•グローバル品質の仕組み
(INFINITI品質)
<九州リージョン
九州>
•LCC部品を最大限に活かした総原価競争力リーダー拠点
日本のモノづくりの役割
1.モノづくり革新をリードすること
2.グローバル拠点への技術的・人的支援
3.高精度・高度技術・高技能なモノづくり
17
内製工場 組立ラインの進化 ーものの流れー
顔出し率100%
(~’02)
ストライクゾーン
(~’05)
KIT供給
(’06~)
部品の選択・識別の改善
18
内製工場 組立ラインの進化 ーものの流れー
顔出し率100%
(~’02)
ストライクゾーン
(~’05)
KIT供給
(’06~)
部品を取る歩行の削減
19
内製工場 組立ラインの進化 ーものの流れー
顔出し率100%
(~’02)
ストライクゾーン
(~’05)
KIT供給
(’06~)
車両一台毎の部品を作業者の手元へ供給することで、部品選択や運搬などの
付加価値のない作業を省き、品質を作り込む付加価値作業へ集中できる。
20
iFA (integrated Factory Automation)
モノの流れの整流化+安価な自動化
安価な自動化の導入
*からくり=知恵を絞った自動化
モノの流れに着目することで
淀みなく清々と流れる状態にする =ムダがない状態
integrated
(融合)






生産現場と物流の融合
工場とサプライヤーの融合
IT と現場の融合
IT と設計・生産準備との融合
設備づくりと生産の融合
プロセスの融合
21
iFAとは
【従来】
【キット供給】
モノの流れを1本化
(1動線・1荷姿)
・部品の選択、識別
・部品を取りに行く歩行
・空容器の返却
組立作業者の
ムダを集約し、
顕在化させる
“安価な自動化”が実現
・AGV(無人搬送台車)化
・容器の自動移載装置(からくり)
22
海外拠点への発信
英国
サンダーランド工場
米国
スペイン
スマーナ工場
関連
会社
バルセロナ工場
中国
花都工場
海外拠点へノウハウを発信しグローバルの工場の競争力を向上
23
Expansion - Best Practiceを共有できる仕組み
・ グローバルでBPを共有できるツールを有し, 常に進化を
させ, 限りないBP追求を目指している。
BPのレベル
新BP
(拠点C)
進化
新BP
(拠点B)
BP
進化
限りないBPの
追求
(拠点A)
BPの共有
時間軸
24
日本のモノづくりの役割
1.モノづくり革新をリードすること
2.グローバル拠点への技術的・人的支援
3.高精度・高度技術・高技能なモノづくり
25
新工場プロジェクトの課題
新工場建設ラッシュ ⇒ リソース(人材)、新興国、短期
標準化、マネジメントツール、組織が必要
標準化された生産設備 ⇒Alliance Integrated Manufacturing System
マネジメントツール ⇒ New Plant Preparation Standards
組織
⇒ 新工場準備部
26
新工場準備プロセスマネジメント
NPPS 約7,000ステップ (計画⇒立ち上げ)
新工場準備に必要な全機能のアイテム
工場
建設
土地
確保
生産
管理
現場管理
APW
生産
設備
購買
物流
経理
人財採用
教育
法務
サプ
ライヤー
情報
システム
人事
総務
27
日本のモノづくりの役割
1.モノづくり革新をリードすること
2.グローバル拠点への技術的・人的支援
3.高精度・高度技術・高技能なモノづくり
28
高精度・高度技術・高技能なものづくり
 高性能車、高級車の生産
 電気自動車(EV)の短期間での立ち上げ
高性能・高品質なクルマづくりへの対応
日産リーフと搭載バッテリー生産の立上げ
高技能者の匠の技を活かし、
高性能車・高級車生産に対応
開発・実験などが近いことを活用
29
29
日本のモノづくりの役割
1.モノづくり革新をリードすること
2.グローバル拠点への技術的・人的支援
3.高精度・高度技術・高技能なモノづくり
30
⼈財育成への想い(⽇本⼒)
日本のモノづくり力・現場力の
強さの原点
年功序列(先輩・後輩)
画一性(多様性でなく)
和(チームワーク)
日本力
終身雇用(会社に対する忠誠心、継続)
⽇産⽣産⽅式に⼟台となる⼈づくり
モノづくりの基本は⼈づくりから
⼈材
可能性の
ある素材
分岐点
(社会⼈)
⼈財
会社の価値を⾼める⼈
⼈在
ただ会社にいる⼈
⼈罪
会社にマイナスを
与える⼈
⼈財育成:教育は⼈財をつくるための投資
教育の柱
・⼈間性
・専⾨技能
・管理スキル
⇒ 規律、リーダーシップ、⼈間関係
⇒ 職種固有技能・知識
⇒ 管理技術、標準化スキル
⽇産⾃動⾞の⼈財ビジョン
<求める⼈財>
グローバルで戦える、“和魂多才”型の⼈財
⽇産⾃動⾞が求める⼈財
和 魂
多才
主体性、チームワーク、実⾏⼒
グローバル、ダイバーシティー
柔軟な対応⼒をもって何事にも主体的に取
り組み、⾼いチームワークで、確実に最後ま
でやり切る。
事実/データに基づいたロジカルな思考で、多
様性を尊重しながらもリーダーシップを以って、
あらゆる環境においても成果を出し続ける。
コアバリュー
グローバル
ビジネススキル
現場⼒
NISSAN WAY
ダイバーシティ
カスタマーフォーカス
マーケティング
経理財務
コミュニケーション
英語、V-up
チームワーク
⽬標達成意識
柔軟性・実⾏性
EM/QM
必要なコアスキル・能⼒
⽇産教育センター
第七研修館
体育館
日産ビジネスカレッジ
日産横浜自動車大学校
第一研修館
第二研修館
第三研修館
正
門
東館
中央館
西
館
北
館
34
インド工場立ち上げでの新たな気付き
既に準備していたトレーニング
今回新たに気づき追加したトレーニング
能力
オンラインジョブトレーニング
オフラインジョブトレーニング
GTC/RTC
基本技能訓練
御免なさい
しばらく
基点の違いに
気付きませんでした
極々基本的な、動作、
心構え、行動指針を学ぶ
道場訓練
時間
経験の無い方には
極々基本的な訓練が必要
新興国での退職率
自動車製造業
1. 人を大切にしてくれる
2. 人を育ててくれる
3. 一貫した思想 : 日産ウェイ-NPW
Nissan
23%
21%
モチベーションは世界一高い
⇒低い退職率
(業界平均より-10%)
12%
5%
4%
1%
他新興国拠点A
他新興国拠点B
直接員
インド チェンナイ
SHIFT_the future
日産のモノづくりを世界に
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
3 985 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content