close

Enter

Log in using OpenID

平成25年3月期の業績について

embedDownload
業 績についてご報告します
損益の状況
(3行合算/山口銀行+北九州銀行・もみじ銀 行 )
(億円)
3行合算
H24/3期
H25/3期
1,229
309
393
215
1,284
341
457
304
業務粗利益
コア業務純益
経常利益
当期純利益
コア業務純益は、もみじ銀行において、住宅ロ
ーン債権の証券化に伴う譲渡益を計上したこと等
を主因として、前期比32億円増加して341億円と
なりました。
経常利益は、前期比63億円増加して457億円と
なりました。また、当期純利益は、前期比89億円増
加して304億円となりました。
前期比
54
32
63
89
H24/3期
H25/3期
776
229
280
140
775
202
286
179
業務粗利益
コア業務純益
経常利益
当期純利益
総資産
前期比
△1
△27
6
38
山口銀行
もみじ銀行
北九州銀行
平成25年3月期
YMFG
100,000
90,000
30,084
9.3兆円
509
139
170
125
山口銀行
前期比
56
59
57
50
84,647
83,253
79,993
80,000
北九州銀行
もみじ銀行
90,000
70,000
27,625
6,828
7,272
27,910
28,202
48,514
49,172
70,000
60,000
60,000
57,292
54,316
53,006
50,000
0
452
79
113
74
(3行合算)
(億円)
30,872
30,397
80,000
10兆円
8,565
8,328
H25/3期
預金は、金利が低水準で推移するなか、お客さまの多様化するニー
ズにお応えすべく商品やサービスの充実とともに、地域に根ざした着実
な営業展開を進めました結果、期末残高は7兆8,800億円となり、譲渡
性預金と合わせると8兆4,647億円となりました。
個人預金についても、山口銀行と北九州銀行合算では前期末比
1,412億円増加、もみじ銀行は前期末比254億円増加しております。
93,272
91,154
87,581
H24/3期
預 金
( Y MFG連結・山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行)
総資産は、預金の増加を背景として、貸出金及び有価証券と
もに増加したことにより、前期末比2,118億円増加して9兆
3,272億円となりました。
(億円)
(億円)
もみじ銀行
山口銀行+北九州銀行
H23/3期
H24/3期
52,368
50,000
0
H25/3期
※合計金額はYMFG連結総資産で表示しているため、3行合算ではありません。
H23/3期
H24/3期
H25/3期
※預金残高には譲渡性預金が含まれております。
貸出金
(3行合算)
貸出金は、
お取引先の信頼に応えるべく健全な資金需要に積極的姿勢で取組んだ結果、
期末残高は5兆8,199億円となりました。
■貸出金
(億円)
60,000
■中小企業等貸出金残高
山口銀行
もみじ銀行
58,125
57,462
18,931
58,199
山口銀行
もみじ銀行
北九州銀行
1兆6,059億円
18,290
38,531
1兆1,950億円
30,000
32,253
5,824億円
中小企業等向け貸出金残高
0
3兆3,835億円
H23/3期
H24/3期
H25/3期
中小企業等向け貸出比率
58.39%
10,000
山口銀行
10,321
4,642
9,000
総貸出金残高
(国内店)
5兆7,937億円
32,081
(億円)
11,000
7,655
7,231
18,812
50,000
40,000
北九州銀行
■個人ローン残高
もみじ銀行
10,625
1,020
4,776
北九州銀行
10,202
1,206
3,958
8,000
7,000
6,000
5,678
5,000
4,828
4,000
0
H23/3期
H24/3期
5,037
H25/3期
YMFG ディスクロージャー2013 情報誌編
26
山口フィナンシャルグループ
自己資本比率
平成25年3月期 の
(YMFG連結・山口銀行・もみじ銀行・北 九 州 銀 行 )
海外に営業拠点をもつ山口フィナンシャルグループおよび山口銀行は8%以上、
もみじ銀行および北九州銀行は4%以上の確保が
求められていますが、いずれも大きく上回っています。
■YMFG連結
(第一基準)
(%)
自己資本比率
14
12 11.36
■山口銀行
(国際統一基準)
Tier 1 比率
(%)
13.34
14
11.75
11.01
自己資本比率
12.77
9.02
9.52
8
0
H23/3期 H24/3期 H25/3期
(%)
14.38
14
12
自己資本比率
12.96
12.26
13.00
11.18
10
12.89
■もみじ銀行
(国内基準)
Tier 1 比率
12
11.48
■北九州銀行
(国内基準)
Tier 1 比率
14.01
(%)
13.30
11.25
10
8
8
8
0
12.64
12.45
11.20
11.04
12
11.95
10
H23/3期 H24/3期 H25/3期
Tier 1 比率
14
10
0
自己資本比率
H23/3期 H24/3期 H25/3期
0
H24/3期 H25/3期
ント1
ポイ
自 己 資 本 比 率 と は ?
「自己資本」
とは、文字どおり自分のお金のことで、返済する必要のないお金を意味します。例えば、多額の貸出金の回収ができなく
なるというような、予想外の費用や損失が発生し、その損失を収益でカバーしきれないような場合に、
この
「自己資本」
を取り崩して処
理することになります。自己資本比率は、総資産のうち、貸出金などの資産
(リスク・アセット)
に対して、
「自己資本」
がどれくらいある
かを示す指標で、
この水準が高いほど、銀行の健全性は高いと評価されます。
※YMFG連結及び山口銀行は、平成25年3月期から新しい自己資本比率規制
(バーゼル3)
により自己資本比率を算出。もみじ銀行及び北九州銀行は、前期と同様、国内基
準
(バーゼル2)により算出。なお、YMFG連結及び山口銀行については、基準の変更により、前期との単純比較はできません。
※平成25年3月期のYMFG連結、山口銀行及びもみじ銀行は、信用リスク・アセットの算出において、基礎的内部格付手法を採用。平成25年3月期の北九州行及び平成24
年3月期のもみじ銀行、北九州銀行は、標準的手法により算出。
銀行の安全性を評価する
「格付」
お客さまに安心して選んでいただけるためのひ
とつの目安となる、第三者の外部評価が
「格付」
で
す。山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行を傘下に持
つ山口フィナンシャルグループは、格付投資情報
センター
(R&I)
から、信用度について高い評価をい
ただいています。
【格付会社:
(株)格付投資情報センター(R&I)】
AAA
AA+
(株)
山口銀行 A+
(株)
もみじ銀行 A+
AA
AA−
A+
A
A−
ント2
ポイ
格 付 と は ?
格付機関が財務分析・業界分析などを行っ
BBB+
BBB−
BB+
BB
BB−
参考データとなります。当社では
「格付投資
B+
情 報センター( R&I )」に依 頼して格 付を取
B
⋮
て、発行体の信用度を記号で評価すること
27 YMFG ディスクロージャー2013 情報誌編
資本は質・量ともに相応に充実
BBB
をいいます。投資家が投資を行う際などの
得しています。
(株)
山口フィナンシャルグループ A
C
※北九州銀行は、格付を取得しておりません。
(格付の公表:平成25年6月28日)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
393 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content