close

Enter

Log in using OpenID

2011年02月号 No.81 - 国立病院機構 仙台医療センター

embedDownload
NEWS
NEWS
శ Ļ‫݉ڕ‬
9RO
N.H.O Sendai Medical Center
平成23年1月14日(金)、
大崎八幡宮で開催された
「どんと祭・裸参り」に参拝してまいりました。
写真は、裸参りと参拝の様子です。
基本理念
人に喜んでもらえるよう
みんなでこの病院を良くしよう
基本方針
1.人を大切にする
2.安全・良質な医療の提供
3.高度総合医療の提供
4.地域医療への貢献と連携
5.国際レベルでの医療・研究協力
6.情操豊かな職員を育む
7.継続的な質の改善を目指す
8.健全な病院運営
●平成 22 年度 功労者表彰式 …………………………………………… 2
関連記事p02
●平成 22 年度 スペシャリストナース育成のための研修会
呼吸理学療法講習会 リハビリテーション科主催
………… 3
● NEWS 東西南北 ………………………………………………………… 4
●1月管理診療会議報告/地域医療連携室だより
関連記事p03
………………… 5
● FiSH パネルコンテスト発表!/ご意見箱から …………………… 6
●職員の輪/我が家のアイドル/私のペット/
人事異動/行事予定
…………………… 7
●外来診療担当医表 ……………………………………………………… 8
関連記事p04
平成22年度
功労者表彰式
個人、団体 13 組表彰
平成 23 年1月 13 日 ( 木 )、メルパルク仙台に於いて仙台医療センター顕彰規程に基づく功労者表彰式が“新年のつどい”に併せて
行われました。この表彰は当院の文化・経営面並びに患者サービス等の向上を図ることを目的に平成 16 年から実施しているもので、
今年で 6 年目を迎え、院内外から個人、団体を含め 13 組の方々が受彰しました。
また、功労者表彰式後には、FiSH パネルコンテスト表彰式も行われ、最優秀賞に輝いた救命救急センター(2年連続)などが表彰
されました。
今年は来賓や職員など約 200 名が集まり新年と受彰者の祝福をしていました。 (文責 広報企画委員)
平成 22 年度功労者表彰
氏 名
所属
団体・個人
宮城教育大図書ボランティア
院外
団体 土曜日の図書貸し出し活動について貢献された。
東北大学大学院医学系研究科
肢体不自由学分野
院外
団体
医療情報システム準備室
院内
新病院情報システムの導入に関して各部門からの意見・要望の
団体 取りまとめを行うとともに導入事例病院の視察など病院情報シ
ステムの導入に貢献された。
形成外科
形成外科
21’平 均 患 者 数 に 対 し て 約 4 倍、手 術 件 数 も 11 月 末 現 在
団体 129 件増(200.8%)となっており、当院診療科の注目株であ
る。経営的な貢献も非常に高いことから。
長期にわたりリハビリ対象患者様の診察やリスク管理、嚥下評価
などご尽力いただいており、当院の医療の質の向上に貢献された。
湯村恵里子
院外
個人 二人は、毎月化学療法患者の脱毛対策講習会「おしゃれ講習会」
等にボランティアとして参加されています。当院で化学療法を
受ける患者に対し非常に多大な貢献をされています。湯村さん
個人 は5年、瀬戸さんは2∼3年続けていただいています。
岩橋 真弓
院外
個人
院外
化学療法中の患者さん用の帽子を手作りし寄附して頂いてま
個人
す。患者さん方に大好評です。
瀬戸真由美
門間百合子
理 由
院外
2Fのいこいのコーナーで図書の貸し出し管理を行い、さらに
コーナーの季節感あふれる装飾で楽しませてくださっています。
研修医に対して熱心な指導にあたり、研修医からの評判もよ
く、当院の円滑な臨床研修の運営に貢献された。
本藏 賢治
総合診療科 個人
小山三恵子
「とは?講座」を毎月開催し、自ら講師を務めTQM推進に取り
TQM推進室 個人 組んでくれた。受講後のアンケートでも評価は良好で、職員の
TQMに対する理解を深めることに貢献された。
畠山 カヨ
TQMに関する講演会、セミナー、勉強会等に積極的に参加さ
臨床検査科 個人 れた。自身のTQMに関する理解を深めるとともに部門の部
下、仲間に伝達するなどしてTQM推進に貢献された。
千田 信之
消化器科
個人
治験及び各種臨床研究等にも積極的に参加され当院での安定的
な治験、臨床研究の実施に関して貢献された。
砂山 有
管理課
個人
毎月、庶務入口に樹脂ねんどで素敵なねんど細工を作り、職場
を一段と華やかにするなどの貢献をされた。
個人賞:千田 信之総合内科部長
誠にありがとうございます。
患者さんも含めて治験に関与した
皆様に深謝いたします。
団体賞:医療情報システム準備室
今回このような
賞をいただき、大変光栄です。
今後これまで以上に各部門の皆様にご協力を
お願いすることがあるかと思いますが
来年 1 月システム本稼働に向けて、
頑張っていきますのでご協力の程
宜しくお願いします。
FiSH パネルコンテスト優勝:救命救急センター
フィッシュの
4つの心得で頑張りました。
来年も3連覇を目指して頑張りますので楽しみに
していてください。
平成 22 年度
スペシャリストナース育成のための研修会
19 名全員合格!
平成 20 年度に医療安全全国共同行動に参加し、輸液ポンプの安全管
理に向けて、看護師と臨床工学技士が連携を図りながら活動を開始しま
した。昨年からアクシデント防止を目的とし、輸液ポンプ・シリンジポ
ンプの操作・点検に対して精通したナースを育成する研修を始めました
(輸液ポンプスペシャリストナース育成のための研修)
。今年も各病棟か
ら 1 ∼ 2 名の看護師が DVD を観て学習し、難しい筆記試験と実技試験
に臨みました。結果、みごと 19 名全員が合格しました。今後もスペ
シャリストナースを育成し、ポンプの安全管理につなげていこうと考え
ています。
呼 吸理学療法講習会
リハビリテーション科主催
12 月7日(火)呼吸器、呼吸器外科の病棟となる東6階病棟の看護師さんを対
象に、リハビリテーション科主催の呼吸理学療法の講習会を開催しました。内容
は体表解剖についての講義聴診の方法、呼吸介助の実技でした。
リハビリはどういう事を施行しているのかを理解していただけたとともに、実
際の看護の現場でも活かせる内容だった
との感想が聞かれました。予定時間を大
幅に過ぎてしまいましたが、皆さん最後
まで熱心に参加していただきました。
今後も希望があれば開催可能ですの
で、お気軽にリハビリスタッフまで声を
お掛けください。
(文責 リハビリテーション科
理学療法士 須田 綾子)
றভ఑ළ
統率力を持って!
仕事始め式
平成 23 年1月4日、16 時から大会議室で「仕事
始め式」が行われました。和田院長からは「今年は基
本的な事をしっかりと確実にやりとげ、一緒に頑張り
ましょう。今年もよろしくお願いします。
」と新年の
挨拶がありました。続いて「今年も職員一丸となっ
て、統率力を持って1年間頑張りましょう。
」と齋藤
副院長による乾杯がありました。
職員の皆さんは、笑顔で「今年もよろしく!頑張り
ましょう!」と新年の挨拶を兼ねながら誓い合ってい
ました。
(文責 広報企画委員)
大崎八幡宮目指して
どんと祭!裸参り
1月 14 日 ( 金 )、医師、臨床研修医、看護
師、お世話係などを合わせて 28 名が代表し
て大崎八幡宮どんと祭へ裸参りをしてまいり
ました。雪が舞い散る大変肌寒い日でした
が、28 名は 16 時に大会議室で職員が見守
る中、出陣式を行った後、気合を入れて病院
を出発しました。大崎八幡宮へは 17 時 30
分に着き、職員の皆さんの今年1年の活躍、
無病息災を願って「祈願」していただきまし
た。その後 28 名は「御神火」を1周して冷
えた体を「神様の火」で暖めていただき、心
も体も1年間過ごす力を授かったようです。
お疲れ様でした。 (文責 広報企画委員)
心のこもったコンサート!
ドロップス・♪( ムジカ )・ポッケ
12 月 24 日、クリスマスイブの
日にドトール前ホールで「ドロップ
ス・♪・ポッケ」の皆さんによる「ボ
ランティアクリスマスコンサート」
が行われました。
「讃美歌メドレー」
「アベマリア」
「星に願いを」
「赤鼻のトナカイ」
「ジ
ングルベル」
「きよしこの夜」など
クリスマスにちなんでの曲を中心
に誰もが知っている曲で、口ずさみながら、まるでクリスマス会をし
ているような気分、雰囲気の中、
親しみやすいコンサートとなりま
した。
ドロップスの皆さんは、当院で
は初めてのコンサートでしたが、
とても暖かい、心のこもったコン
サートでした。
(文責 広報企画委員)
女性専用病棟
診療科・病棟 変更
平成 22 年 12 月1日から診療科の病棟変更を行いました。
「女性専用病棟」の設置や各診療科の病棟を変更することにより、当
院で療養する患者さんが、少しでも快適な入院生活を送られるよう病室
移動を行いました。
西4階病棟の女性専用病棟は、患者さん方に大変好評です。
(文責 広報企画委員)
病棟
変更後
東3階病棟
泌尿器科・神経内科・腫瘍内科
泌尿器科・婦人科
乳腺外科・婦人科・消化器科
外科・乳腺外科・
西4階病棟
(女性専用病棟)
変更前
腫瘍内科・歯科
東4階病棟
外科
外科・呼吸器外科
東6階病棟
呼吸器科・呼吸器外科・歯科
呼吸器科・神経内科
1月 管理診療会議報告
(平成 23 年1月 13 日開催)
◇院長挨拶◇
1.病院評価について
で開催され、当院からも職員が参加する。
病院評価は経営評価42点、医療評価92点で「AA」評価となり、500床以上旧病
4.どんと祭
院で4位から1位になった。診療収入の増により23年度は増員も認められた。
1月 14 日(金)大崎八幡宮で行われる「どんと祭」に当院から約 30 名の職員が
今後とも協力をお願いする。
病院を代表して参加する。16 時から大会議室で出発式を行うので多数の職員に
2.BFH 認定記念講演会の開催について
参加していただきたい。
「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を昨年夏に受けることが出来た。認定を記念
5.功労者表彰について
して、1月 29 日(土)に記念講演会、意見交換会をメトロポリタン仙台で開催
本年度の功労者表彰については、審査委員会で審議の結果決定した。
する。当院の BFH 認定施設として取り組み発表もあるので、多数の職員が参加
1月 13 日 19 時からフィッシュパネルコンテスト表彰、病院新年会を兼ねて表
されるようお願いしたい。
彰式を行うが、選考から漏れた団体、個人についても、昨年の活躍に感謝の意
を表したい。
3.日本医学会総会について
国立病院機構矢﨑理事長が会頭を努める日本医学会総会が4月8日から東京
◇審議・報告議題◇
4.久保 瀧哉 事務部長
1.田所 慶一 副院長
①ISO 第1回更新審査について
2月23日∼25日まで外部審査が行われるので、関係者はよろしくお願いする。
②院内委員会・各種会議の見直しについて
3月 18 日までに各委員会で検討作業をお願いしている。委員会の統合・改廃の
案も併せて検討していただきたい。
③災害医療研修ついて
1月 26 日机上シュミレーション、27 日トリアージ訓練を実施するので、関係
者はよろしくお願いする。
④DPC 調査票について
DPC調査票は、半年分をいままで報告していたが、通年の報告に改正となった。
⑤ご意見・ご要望について
接遇やクレームの投書も目立った。駐車場については1件のみだが、病院裏の
仙台市の道路拡張工事が始まれば、今後も厳しい状況となるので、引き続き検
討していきたい。
看護・医師部門に未受講者が残っている。受講できない場合は、業績評価運用
リーダーなどが講師となり実施する予定。
②時間外勤務について
時間外勤務の命令は事前命令、事後確認が必要である。労使協定は昨年3月 31
日に締結しているが、職場長は改めて内容確認のうえ協定に定める範囲内での
命令をするようお願いする。
③宿泊施設の紹介について
新たにホテルグリーンパレスから宿泊割引の申し入れがあり、総合案内にパンフ
レットと紹介カードを置いているので、利用される方への案内方お願いしたい。
5.橋場 美紀 経営企画室長・菊地 正子 専門職
①平成 22 年 11 月分月次決算及び評価会における討議事項について
②査定状況について
③外来カルテ未納状況について
④クリティカルパス実施状況について
2.齋藤 泰紀 副院長
①新病院情報システムについて
新病院情報システムの入札では、日本 IBM がベンダーとして内定した。今後、
運用に向けて具体的な詰めを行うことになるのでご協力をお願いする。
②改善活動に係る発表会について
6.各種委員会の報告について
7.その他
菊池 喜博 呼吸器科部長
QC 以外の活動についても医療安全などで取り組んでいる活動内容を3月上旬に
発表会を行う予定でいる。
①後期内部監査の結果について
前回の内部監査と比較すると不適合、観察・注意の数が減少傾向にあり、一方、
改善課題が多くなってきている。各部門の指摘内容について改善方よろしくお
3.海瀬 和郎 統括診療部長
①共同指導について
昨年6月から共同指導を想定して準備してきた。今後も、無理のない範囲で継続し
てやって対応していきたい。
願いしたい。
諏江 裕 薬剤科長
②病棟からの返納薬について
病棟からの注射薬、内服・外用薬の返納が多くなっており、時間外の払出しで
②健康診断について
X線写真は、840 人中 99%が受診した。残り1%の方には直接連絡するので、
受診するよう指導していただきたい。
地域医療
連携室
だより
①業績評価被評価者研修について
被評価者研修は、9回終了時点で 80%が受講した。
は緊急性の少ない職員分の処方が増加してきている。時間外に 100 件以上の処
方もあり時間が遅くなるなると2人の薬剤師では、対応が困難となってくるの
で、職員分は 19 時頃までに薬を取りに来るようお願いする。
(文責 庶務班長 二本柳 浩)
日頃から地域医療連携室の運営にご理解とご協力を頂きありがとうございます。
今回は、益々、地域医療連携室を活用していただければと思い、地域医療連携室の役割について、お知らせさ
せていただきます。
役割として、医療費などの経済的問題の支援、社会福祉制度、公費負担の申請等についての説明、また退院調
整も含めて他施設、医療機関への紹介があります。
がん相談支援としては、がんの情報提供や在宅支援、緩和ケア病棟に関する説明や紹介、緩和ケア外来の予約
も行います。
他の医療機関と細やかな連携を図り、患者さんが安心して退院、または
転院できるよう支援させていただきますので、気軽にお声掛け下さい。
返書状況についてお知らせいたします。11 月分はグラフの通りでした。
皆さまのご協力の下返書
率が上がってきておりま
す。時 節 柄 あ わ た だ し い
毎 日 で す が、返 書 作 成 を
よろしくお願いいたしま
す。
(文責 地域医療連携係長
高橋 美鈴)
FiSH
ǷdzȒ
ǙȚǬǟǮ
ค๰«
2 回 FiSH パ ル コ ン テ ス ト」の 結 果 が、1 月 13 日
救命救急センター(2 年連続) ( 木「第) に行われた
「功労者表彰式」で発表され、
「救命救急セ
優
!
勝
ンター」が 2 年連続で優勝の栄冠に輝きました。22 職場が参加した今回は、総計 631 票の投票がありました。甲乙つけが
たいすばらしい作品ばかりのため、投票も票が割れたようです。その中で、救命救急センターは 111 票を獲得しました。
62 票の東3階病棟が昨年に引き続いての準優勝となりました。59 票を獲得した小児病棟は第3位となり初の受賞となり
ました。特別賞には、西5階病棟と西4階病棟がそれぞれ選ばれました。
優勝 救命救急センター【111 票】
準優勝 東3階病棟【62 票】
第3位 小児病棟【59 票】
特別賞 (みんなでモチベーション上賞)
特別賞 (我が家の自慢で賞)
西5階病棟
西4階病棟
ご 意 見 箱 か ら
面 会
ご意見・ご要望
病院長からの回答
面会のマナーについて一言。
この度は、貴重なご意見、ありがとうございました。
病気の治療のために、大勢の患者さんが入院しているこ
とを、面会に来られる皆さんにご理解いただくような、ポ
スター掲示など考えていきます。
また、多人数の面会は、エレベーターホールや食堂のご
利用をおすすめして、配慮してまいります。
今後とも忌憚のないご意見を、よろしくお願いします。
クラスメートでしょうか、大人数
でお見舞いに来ていて、大声や歌声
が不快だった。きちんと注意をして
ほしい。
感 謝
ご意見・ご要望
病院長からの回答
昨年 12 月に受診し、今回は入院し
暖かいお褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。
また、お元気になられて退院のご様子、何よりのことと存
じ上げます。
「人に喜んでもらえるよう、みんなでこの病院を良くしよ
う」という基本理念の下、日々努めておりますが、このよ
うな暖かいお言葉をいただきますと、大変励みになります。
今後とも来院される皆様に喜んでいただけるよう、職員
一同、思いを新たに励んでまいります。
たが、職員の皆様の親切かつ明るい
応対に感謝。入院中は気も楽に過ご
すことができた。
皆様、本当にありがとう。
षІ
ƞ
໫
७ ƭ
ǩ
我が 家の
の
ƿ
ʲ
঒ ৘ ༇
Dz
Ȕ
Ǎ
Nj
看護助産学校教員
菅原由香里
読書が大好きな菅
原さん。自宅には図
཮
ི ຼ
ƭ
ǩ の巻
アイドル No.7 菊地家
書館くらいの本がた
Ǯ
ơ
Ǯ
くさんあるそうです。特に歴史の本が大
好きで、「歴女です」と話してくれまし
た。日本の歴史書は殆ど読んでしまった
ようで現在は中国の歴史にはまっている
そうで現在は「楊令伝」に夢中とのこと。
菅原さんは「特に陰で努力をしていた女
性が好きで読んでいます」と歴史の話を
すると目を輝かしながら、話が止まらな
くなりそうでした。
(リポーター 広報委員)
NEXT
次回は
母子医療センター助産師の
齋藤あきつ
さんです。
紹介理由
始めて教員になった時、学
級委員長を引き受けてくれた
り、頼りになった教え子です。
長 女「瑞 生 ( み ず き )」と 長 男「鎮 ( ま も
る )」です。写真は 11 月に長女の七五三へ
塩竃神社へ行ったときのものです。私が七
五三で着た着物を纏ってこの日ばかりは静
かに歩く長女でした。
職員の皆さんのお子さん、お孫さんを紹介しています。
職員の皆さんの「ペット・自慢・趣味・宝物・夢」を紹介
写 真 と 簡 単 な コ メ ン ト を 添 え て 広 報 委 員 伊 藤(内 線
しております。写真と簡単なコメントを添えて広報委員伊
2104)までご連絡ください。
藤(内線 2104)までご連絡ください。
人 事 異 動
非常勤業務技術員
蝦 名 春 香 (西2 階病棟)
用
〃
非常勤業務技術員
大 友 美由紀 (東6階病棟)
〃
非常勤業務技術員
太 田 夏 美 (西5階病棟)
12 月 15 日付
勤務配置換
看
護
師
松 田 かおる (東4階病棟→東6階病棟)
〃
看
護
師
宮 川 久 美 (東6階病棟→西5階病棟)
〃
看
護
師
菅 原 由 美 (西6階病棟→ 外来)
〃
看
護
師
横 山 かおり (外来→ 東4階病棟)
〃
看
護
師
髙 橋 寛 名 (東5階病棟→西5階病棟)
〃
看
護
師
笠 松 愛 実 (西5階病棟→東5階病棟)
12 月 16 日付
採
用
非常勤業務技術員
笹 木 里 江 (南6階病棟)
12 月 22 日付
臨時的任用
診療放射線技師
宇 井 繁 (放射線科)
12 月 31 日付
辞
職
心臓血管外科医師
吉 岡 一 朗
1 月 1 日付
採
皮膚科医師
目々澤 愛 (東北大学病院から)
〃
用
心臓血管外科医師
藤 川 拓 也 (東北厚生年金病院から)
〃
非常勤看護師
小 野 千 春 (西5 階病棟)
入 院
外 来
558.3
959.5
(前年同月) 551.9
929.8
実績数
増減数
計
若 山 幸 代 (東3階病棟)
▲ ▲ ▲ ▲
非常勤業務技術員
区 分
6.4
29.7
累
採
3日㈭ 如月の会
5日㈯ 東北エイズ /HIV 臨床カンファレンス
8日㈫ ISO9000 セミナー伝達研修会
9日㈬ TQM ランチョンセミナー
15日㈫ メンタルヘルス相談日
メンタルヘルス研修会
17日㈭ 看護研究発表会
22日㈫ 治験感謝状贈呈式
23日㈬ ISO 審査 25 日まで
26日㈯ 第6回がん市民医学講座
月
12 月 13 日付
平成 23 年1月【一日平均患者数】
当
職
2月の主な行事
▲ ▲ ▲ ▲ ▲
12 月 3 日付
辞
名前は「ロコ」。2歳になったばかりの男の子です。
特技はジャンプ。大好きなオモチャを狙って、垂直
跳びはもちろん、回転ジャンプもお手のものです。
そんなロコも散歩は苦手。一歩外に出るとシッポは
下がり、あらゆる音に反応しビビリになります。早
く家に帰りたくて仕方ありません。でも何よりも一
番ビビっているのは「パパ」かもしれません。なんと
いっても絶対服従ですから・・・。
(医事室 小関 綾子)
年 間 計 画 数 575.0
920.0
実績数
578.0
945.5
増減数
3.0
25.5
仙台医療センター
2011 年2月号
81
発 行/独立行政法人国立病院機構
Vol.
仙台医療センター
◆ 発行責任者/副院長 田 所 慶 一
◎〒983−8520 仙台市宮城野区宮城野2
−8−8
◎ 電話:022−293−1111 ◎ FAX:022−291−8114
◎ URL:http://www.snh.go.jp
◆
編集後記
小学生の頃、いわゆる「運動おんち」で走るのは遅い
し、水泳も逆上がりもできず、体育の時間が何よりも嫌
いだった。いまだにカナヅチだが、逆上がりはコツさえ
掴めばできるような気がして、一度試してみたいとずっ
と思っている。ただ、近所の公園には鉄棒がないので、
夜中に小学校のグランドでやるしかなく、その姿を想像
するとなんだか恥ずかしくて、いまだに試せずにいる。
あまり体力が衰えないうちにチャレンジしたいのだが・・・
(M)
平成 23 年2月1日現在 管理者:和田 裕一
外来診療担当医表
診 療 科
総 合
曜
新
診 療 科 再
新
血液内科
再
内
科
腫
瘍
内
日
月
患 山下 りか
来 海瀬 和郎
患 横山 寿行
来 猪股美津恵(目黒 邦昭)
⑤ 伊藤 俊広
科 鈴木 貴夫
緩和ケア外来
精 神 科
新
患
循環器科
小 児 科
―
―
高橋 通規
―
菊池 孝
(交替制)
―
―
岡崎 伸郎
―
―
―
―
武田 朋樹
菊池 喜博
―
田所 慶一
菊池 孝
―
鈴木 靖士
成川 孝一
―
菊地 正
三木 祐
田所 慶一
岡崎 伸郎
(交替制)
―
―
泉山 典子
三木 祐
―
田所 慶一
―
―
成川 孝一
鈴木 靖士
笹森 寛
菊池 喜博
―
千田 信之
木村 憲治 /岩渕 正広
/髙橋 亮一/高野 幸司
眞野 浩/野口 謙治
/菅原かおり
田邊 暢一 /泡渕 賢
/塩塚かおり/小野寺基之
阿子島裕倫/山尾 陽子
/只野 敏浩
再
来
①
野口 謙治
田邊 暢一
千田 信之
木村 憲治
高橋 広喜
再
来
②
岩渕 正広
山尾 陽子/髙橋 亮一
/菅原かおり
杉村美華子
眞野 浩
阿子島裕倫/泡渕 賢
/塩塚かおり
新
再
午
午
午
患 山口 展寛/尾上 紀子
来 篠崎 毅
前 ① 貴田岡節子
前 ② 田澤 雄作
前 ③ 柳田 紀之
篠崎 毅
篠崎 毅
田澤 雄作
箕浦 貴則
柏原 彩曜
石塚 豪
田中 光昭
貴田岡節子
田澤 雄作
柳田 紀之
篠崎 毅
篠崎 毅
田澤 雄作
箕浦 貴則
柏原 彩曜
篠崎 毅 ○/○ 隔週交替
篠崎 毅 紹介及び救急患者以外は予約制
貴田岡節子
田澤 雄作
神経外来(久保田) 予防接種
専門外来(中江・渡邉)
心の外来(田澤)/慢性疾患外来
(貴田岡)/専門外来(中江)
1ヶ月健診
後
武田 和憲
再
来
齋藤 一也
乳腺 午
外来 午
前
後
形
外
形
成
外
齋藤 俊博
菊地 秀/島村 弘宗
岩本 一亜/成島 陽一 手島 伸/原田 昭彦
午後の診察は全て予約制です。
武田 和憲
手島 伸/成島 陽一
―
島村 弘宗/
遠藤文庫/湯目 玄
渡邉 隆紀 渡邉 隆紀/田中 歩
―
渡邉 隆紀/田中 歩
―
渡邉 隆紀 渡邉 隆紀/田中 歩
―
渡邉 隆紀/田中 歩
―
火・木曜日 午後3時 30 分からエコー
伊勢福修司
高橋 康平
伊勢福修司
小川 真司
伊勢福修司
吉田 秀一
小川 真司
吉田 秀一
高橋 康平
斉藤 揚三 脊椎外来(火・木)、金曜日月2回乳児股関節あり
科
(交替)
(交替)
(交替)
(交替)
(交替)
―
―
―
―
装具
科 鳥谷部荘八/牛尾 茂子
―
鳥谷部荘八/牛尾 茂子
―
牛尾 茂子 大学医師
患
宇都宮昭裕
上之原広司
西村 真実
江面 正幸/鈴木 晋介
外
再
来
江面 正幸/西村 真実
宇都宮昭裕
鈴木 晋介
上之原広司
櫻井 芳明/鈴木 晋介 江面 正幸/西村 真実
―
羽隅 透/川村 昌輝
―
―
―
吉田 茂彦
―
―
―
千葉由美代
和田 裕一
―
櫻井 雅浩
櫻井 雅浩
―
黒澤 昌啓/目々澤 愛
飯澤 理
吉川 和行/神山 佳展
千葉由美代
小澤 信義
早坂 篤 他
外
小
来
児
皮 膚 科
泌
産
尿
婦 人 科
眼
耳
科
鼻
外
新
再
外
外
病
器
科 齋藤 泰紀/星 史彦
江面 正幸
齋藤 泰紀/羽隅 透
星 史彦/川村 昌輝
新
再
患
―
櫻井 雅浩
来
―
髙橋 麻子
科 吉田 茂彦
―
来 黒澤 昌啓/目々澤 愛 飯澤 理
棟 飯澤 理 黒澤 昌啓/目々澤 愛
科 武弓 俊一 吉川 和行/松浦 忍
科 千葉由美代
明城 光三
患
交替制
早坂 島 他
来 島 崇 他 朝野 晃 他
午
前
野呂 充
野呂 充
野呂 充
野呂 充
野呂 充
菊地 未来/針谷 春菜 菊地 未来/針谷 春菜 菊地 未来/針谷 春菜 菊地 未来/針谷 春菜 菊地 未来/針谷 春菜
後
野呂 充
菊地 未来/針谷 春菜
科
橋本 省
渡邊 健一/天野 雅紀
午
咽
放射線科 新
(治療 ) 再
(診断) 再
歯 科・ 新
口腔外科 再
喉
○/○ 隔週交替
水曜新患は第1・3・5島村、第2・4菊地
金曜新患は第1・3・5手島、第2・4成島
新
器
○/○ 隔週交替
心の外来(田澤)/慢性疾患外来
(貴田岡)/専門外来(渡邊)
脳 神 経
心臓血管
慢性疾患外来(貴田岡)/消化器
外来(箕浦)/専門外来(柏原)
患
吸
水曜日の再来は予約制
水曜日午後 海外旅行外来 2時から4時まで
高橋 広喜/杉村美華子
/吉田はるか
整
呼
新患のみ 予約制
○/○ 隔週交替
②
新
科
原則院内紹介のみ(月・金)
原則地域医療連携室を通じた紹介のみ(火)
患
特 殊 外 来
外科
新患のみ、診療時間(14:00 〜 16:00)
予約制(地域医療連携室内 がん相談支援センターまで)
但し、院内からの予約は緩和ケア医又は専従看護師へ
新
午
外科
火
水
木
金
備 考
本蔵 賢治
海瀬 和郎
新妻さつき
高橋 通規
高橋 通規
山下 りか
海瀬 和郎 大学医師(交替制)
目黒 邦昭/猪股美津恵 猪股美津恵/横山 寿行 藤原実名美/横山 寿行 伊藤 俊広/猪股美津恵
藤原実名美
伊藤 俊広
目黒 邦昭
横山 寿行
―
―
佐藤 功/山本 善彦
―
特殊外来 木曜日は第1・4佐藤、第2・3・5山本
安田 勝洋
鈴木 貴夫
鈴木 貴夫
安田 勝洋 新患は午後に予約してください。火・金曜日は午前のみ
―
再
来
―
小児センター
―
新
患 鈴木 靖士/成川 孝一
神経内科
再
来 林 徹生
新
患 菊地 正
呼吸器科
再
来 三木 祐
海 外 旅 行 外 来
―
新 患 ① 千田 信之
消化器科
受 付 時 間…… 8時 00 分から 11 時まで
(新患は 10 時 30 分、放射線科新患は 10 時迄)
診 療 時 間…… 8時 30 分から 17 時 15 分まで
(都合により開始時間が遅れることがあります。)
※土・日曜・祝日は休診
―
菊地 未来/針谷 春菜
―
交替制(新患のみ)
橋本 省
中目亜矢子/天野 雅紀
渡邊 健一 中目亜矢子/齋藤 大輔
患
―
奈良崎覚太朗
来 奈良崎覚太朗
―
来 栗原 紀子
佐藤 明弘
患 仁木 孝行
山口 泰
来 山口 泰
山口 泰
―
―
栗原 紀子
山口 泰
仁木 孝行
新患診察の開始時刻は10時過ぎてからです
木曜(午前中)前半江面・後半鈴木(晋)が診察
火曜 鈴木(晋) 脊椎脊髄外来
木曜午後 鈴木(晋)完全予約制
金曜日は新患のみ
―
―
吉田 茂彦
飯澤 理
黒澤 昌啓/目々澤 愛
吉川 和行/松浦 忍
千葉由美代
大井 嗣和/遠藤 絋 金曜日新患は第1・3・4・5大井、第2遠藤
小澤 島 他 再来は複数医師による交替制「院内往診は火・木のみ」
水曜日院内紹介は受付しません(Dr. 2名のため)
午後は完全予約制
野呂 充
菊地 未来/針谷 春菜 水曜日○/○隔週交替
担当交替制
再来は完全予約制
奈良崎覚太朗
―
火・水曜日の新患は完全予約制
―
―
月曜日の再来は放射線治療中の方のみ
佐藤 明弘
佐藤 明弘 血管撮影・IVR 依頼は力丸
山口 泰 山口 泰/仁木 孝行 木曜日は手術日
―
山口 泰/仁木 孝行 再来は予約制
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
65
File Size
9 195 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content