close

Enter

Log in using OpenID

ML610Q461/462/463 Reference Board ユーザーズ マニュアル

embedDownload
FJBL610Q461/462/463RB-01
LAPIS セミコンダクタ株式会社
2013 年 2 月発行(1版)
ML610Q461/462/463 Reference Board ユーザーズ マニュアル
本ボードは、お客様の目的に応じて必要な部品等を搭載して頂くことによって、ML610Q461/ML610Q462/ML610Q463 の動作をお試し頂くため
のものです。
本ボードに、LAPIS セミコンダクタ製品 uEASE オンチップ・デバッグ・エミュレータを接続の上、uEASE に同梱のソフトウェア開発環境のお試し
版をご利用頂くことで、ソフトウェアの開発、デバッグ、Flash ROM 書き込みを行うことができます。また、本ボードに外部電源を接続することによ
り、uEASE を接続することなく、単独で使用することもできます。
本ボードを使用するにあたっては、以下の内容をご理解・ご留意の上、ご利用下さい。
① 本ボードの特長
・ ML610Q461、ML610Q462 または ML610Q463 を搭載
・ フラッシュ ROM プログラミングとオンチップ・デバッグが可能 (TEST1_N、TEST0 端子を使用)
・ マイコンの端子を、周辺ボード用のスルーホールに配置した高い拡張性
・ 動作電源の選択が可能(uEASE または周辺ボード)
・ マイコンの動作確認と評価のために必要な部品を実装するパッドを用意
② 本ボードのハードウェア仕様
各搭載部品の具体的接続関係については、回路図を参照して下さい。
搭載マイコン
・U1: ML610Q461、ML610Q462 または ML610Q463(本ボードの半田面のシールで表示)
・X1、C4、C5: 32.768KHz 発振子およびコンデンサ
搭載部品
・PWR: 入力電源切り替え用ジャンパ(3pin ピンヘッダとショートピン)
・CNUE: オンチップ・デバッグ・エミュレータ接続用コネクタ (14pin コネクタ)
・C1、C7、C9、C11: 電源用コンデンサ
部品実装用パッド
・CNU1-CNU4: 周辺ボード用コネクタ・パッド(34pin x 4 個、2.54mm ピッチ)
・IN0、CS0、RCT0、RT0、RS0、CVR0、IN1、CS1、RS1、RT1、CVR1:
RC発振型 ADC 用部品の取り付けパッド
その他の有用なパッド
・C12、C13、C14:LCD バイアス電源設定用コンデンサ
・SP1、SP2、SP3、SP4:LCD 使用/未使用切り替え用パッド
・DVDD、GND、RCM
動作電圧
・ +1.25V ~ +3.6V
外形寸法
・ 71.12 x 60.96 mm
③部品配置
CNUE
CNU3
PWR
CNU2
CNU4
U1
X1
CNU1
Page1
FJBL610Q461/462/463RB-01
LAPIS セミコンダクタ株式会社
2013 年 2 月発行(1版)
④ご使用上の注意
(1) 本書に記載された内容は、製品改善及び技術改良等により将来予告なしに変更することがあります。
したがって、ご使用の際には、その情報が最新のものであることをご確認下さい。
(2) 本ボードのご使用に際しましては、ML610Q461/462/463 および uEASE のマニュアルをよく読み、内容をご理解の上ご利用下さい。
(3) 本ボードには ES 品の ML610Q461/462/463 が搭載されている場合があります。
電気的特性等の最終確認は、量産品ならびにお客様の量産ボード上でご確認下さい。
(4) 本ボードに関するサポートはお受けしておりません。初期不良の場合に限り交換いたします。
(5) PWR ジャンパを USR 側に設定して uEASE を接続した場合、uEASE を起動した後に周辺ボードの電源をオンにして下さい。
また、周辺ボードの電源をオフにした後に uEASE を停止して下さい。
(6) PWR ジャンパを uE 側に設定した場合、uEASE の電源供給能力は +3.3V/100mA(UVDD_O ピン)です 。
(7) 本ボードは裏面にパターンがあるため、導電性のある部材に載せて使用した場合、ショートして動作異常を起こす可能性があります。
絶縁性のある部材に載せて使用頂くか、必要に応じて 裏面パターンが接触しないように、保護シートを貼り付けて頂くか、足を取り付け
て頂くようお願いします。
(8) RC-ADC0 を使用する場合
本ボード上の IN0~RT0 のパターンを使用し、CNU1 経由で C、R、センサを接続しない場合は、下記の手順で加工して下さい。
(a) IN0、CS0、RCT0、RS0、RT0、CVR0 にパーツを実装して下さい。
CVR0 には、0Ωのジャンパ抵抗、またはジャンパ配線を接続して下さい。
上記(9)の加工については、【加工例】を参照して下さい。
(9) RC-ADC1 を使用する場合
本ボード上の IN1~RT1 のパターンを使用し、CNU1 経由で C、R、センサを接続しない場合は、下記の手順で加工して下さい。
(a) IN1、CS1、RS1、RT1、CVR1 にパーツを実装して下さい。
CVR1 には、0Ωのジャンパ抵抗、またはジャンパ配線を接続して下さい。
上記(10)の加工については、【加工例】を参照して下さい。
(10)LCD を使用する場合
LCD パネルの仕様にあわせて C12、C13、C14、SP1、SP2、SP4 を設定してください。
C12
SP1
C13
SP2
C14
SP4
1/2 バイアス
未実装
Short
0.1uF capacitor
Open
Open
Short
1/3 バイアス(default)
0.1uF capacitor
Open
未実装
Short
0.1uF capacitor
Open
(11) 本ボードに実装済み部品のシルク名称
U1, CNUE, PWR, X1, C1, C4, C5, C7, C9, C11, C20
(12) 本ボードに実装されていない部品のシルク名称
CNU1, CNU2, CNU3, CNU4, IN0, CS0, RCT0, RT0, RS0, CVR0, IN1, CS1, RCT1, RT1, RS1, CVR1, SP1 SP2, SP3, SP4,SP5,
SP6, SP7, SP8, SP40, SP41, SP42, SP43, SP44, C12, C13, C14, C18, C19
Page2
FJBL610Q461/462/463RB-01
LAPIS セミコンダクタ株式会社
2013 年 2 月発行(1版)
Jumper
SP40
CS0
CVR1
SP41
SP8
RT0-1
752
Jumper
SP42
SP6
Thermistor
CS1
SP43
SP7
RS0
203
203
SP44
RS1
SP5
CVR0
Thermistor
RC-ADC0
RC-ADC1
【加工例】
⑤ 本ボード参考回路図
次頁以降に本リファレンスボードの参考回路図および基板寸法図を示します。
Page3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
469 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content