close

Enter

Log in using OpenID

フィンエアーカーゴ プレスリリース 中央ヨーロッパの輸送力を拡充

embedDownload
No.08-07
フィンエアーカーゴ プレスリリース
2008 年 6 月 19 日号
中央ヨーロッパの輸送力を拡充
フィンエアーカーゴはアジア路線からの接続強化を図るために、ヘルシンキと中央ヨーロッパを結ぶ定期ロード・フ
ィーダー・サービス(以下 RFS)の拡充に取り組んでいます。新規デスティネーションとして、アムステルダム、バル
セロナ、バーゼル、ベルリン、ブリュッセル、ブダペスト、フランクフルト、ハンブルグ、リスボン、リュブリアナ、ルクセ
ンブルグ、ロンドン、マドリッド、ミラノ、ミュールーズ、ミュンヘン、パリ、プラハ、ローマ、バレンシア、ウィーン、チュ
ーリッヒの計 22 都市が加わり、RFS を大幅に強化しました。
フィンランド航空のペルティ・メロ 日本・韓国地区 貨物営業総支配人は次のようにコメントしています。
「RFS 拡充によりヘルシンキ以遠のネットワーク、輸送力ともに向上し、日本の皆様にもさらに効率性、利便性に
富んだ商品提案ができるようになりました。日本から 9 時間 30 分でヘルシンキに到着したカーゴの多くは、ご希望
に合わせてヨーロッパ各地へのフライトまたは RFS に同日接続が可能となります。」
フィンエアーカーゴは現在、ヘルシンキとヨーロッパを結ぶ RFS 接続を週 150 便以上展開しています。
フィンランド航空、ヘルシンキ-ソウル線就航開始
本年で創立 85 周年を迎えるフィンランド航空は、アジア就航 11 都市目となるヘルシンキ-ソウル線の運航を開始
しました。新路線は、アジア主要空港の一つであるソウル・仁川(インチョン)国際空港へエアバス A340-300E 型
機による週 5 便の直行運航となります。
創立 85 周年を記念して、レトロデザインの特別塗装機を運航
本年 11 月に創立 85 周年を迎えるフィンランド航空は、1950 年代の主力機材であったコンベア機の塗装デザイン
を再現した「レトロ機材」を 7 月下旬より運航します。
特別塗装機に使用されるのはエアバス A319 型機。メタリックシルバーの胴体側面にブルーのストライプ
と ”FINNISH AIRLINES” のロゴが描かれたレトロなデザインが施されます。また、客室乗務員も 1950 年代の制
服を着用し、当時の機内を意識したサービスやエンターテイメントを提供する予定です。
このレトロ機材は、フィンランド国内路線やヨーロッパ路線をはじめ、本年就航 60 周年を迎えるヘルシンキ-アム
ステルダム線などの記念フライトとしても投入されます。
◇◇この件に関するお問い合わせ先◇◇
株式会社 スカイ 加藤/長尾
Tel: 03-3545-6187 Fax: 03-3545-8756
e-mail: [email protected]
フィンランド航空
日本・韓国地区 貨物営業総支配人
ペルティ・メロ
Tel: 03-3222-1693 Fax: 03-3222-6808
e-mail: [email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
91 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content