close

Enter

Log in using OpenID

intra-mart EX申請システム version.7.2 事前チェック

embedDownload
IM EX申請システム ver7.2
事前チェックシート
2015/12/22
株式会社NTTデータイントラマート
改訂履歴
版
初版
第二版
第三版
第三版
第四版
日付
2011/2/28
2012/11/16
2014/4/18
2014/4/18
2015/12/22
内容
環境シートのIEの設定について説明を追記しました。
環境シートおよび制限事項シートにExcel2013について説明を追記しました。
環境シートおよび制限事項シートよりExcel2003の説明を除外しました。
環境シートおよび制限事項シートにInternetExplorerについて説明を追記しました。
★この資料はIM EX申請システムを導入するにあたっての事前確認事項をまとめたチェックシートです。
このシートを利用して、EX申請システムの動作条件、利用条件、制限事項などの確認にご利用ください。
★シートは次の3つに分かれています。
シート1:チェックシート表紙
シート2:環境チェックシート
シート3:制限事項シート
★このチェックシートは、IM EX申請システム Ver.7.2に対応しています。
★製品付属のリリースノートおよびマニュアルとチェックシートの内容に齟齬がある場合は、リリースノートおよびマニュアルの内容を優先するものとします。
★チェックシートに記載されていない内容は、必ず製品付属のリリースノートまたはマニュアルを確認してください。
1.環境
No
1 サーバ
区分
2 クライアント
チェック内容
動作環境を満たしていること。
(OS、DB、intra-mart、Excel)
3 クライアント
動作環境を満たしていること。
(OS、IE、Excel)
ActiveXコントロールのインストールが可能なこと。
3 クライアント
ActiveXコントロールをActiveXToolよりインストールする場合。
4 クライアント
お客様にてMicrosoft Excelのマクロを追加・修正された場合。
5 クライアント
6 クライアント
Microsoft Internet Explorerの設定が以下のとおりであること、または、以
下のとおり変更できること。
・[ツール]-[インターネットオプション]の「全般」で「設定」を選択し、
「ページを表示するごとに確認する(E)」もしくは「自動的に確認する(A)」
を選択(IE6の場合)
・[ツール]-[インターネットオプション]の「全般」で「閲覧の履歴」の「設
定」を選択し、「Webサイトを表示するたびに確認する(E)」もしくは「自動
的に確認する(A)」を選択(IE7・IE8・IE9・IE10・IE11の場合)
【以下、[ツール]-[インターネットオプション]の「セキュリティ」で「信頼
済サイト」を選択した後の指定】
・「サイト」にintra-martのURLを指定
・「保護モードを有効にする」を選択解除(Windows Vista・7・8の場合)
・「レベルのカスタマイズ」で[ActiveXコントロールとプラグイン][ActiveXコントロールとプラグインの実行]に「有効にする」を指定
・「レベルのカスタマイズ」で[ファイルのダウンロード]を「有効にする」
を指定
・「レベルのカスタマイズ」で[ファイルのダウンロード時に自動的にダイア
ログを表示]を「有効にする」を指定(Microsoft Excelワークシートのファ
イルの種類の編集で「ダウンロード後に開く確認をする」が指定されている
場合)
・「レベルのカスタマイズ」で[ActiveXコントロールとプラグイン]-[署名済
みActiveXコントロールのダウンロード]に「ダイアログを表示する」または
「有効にする」を指定
エクスプローラの設定が以下のとおりである、または、以下のとおりに変更
できること。
・[ツール]-[フォルダオプション]-[ファイルの種類]にて拡張子「XLS」
の「同じウィンドウで開く」を選択
補足
チェック
動作環境については、製品付属のリリースノートをご参照ください。
PDF変換オプション、PDF変換押印オプションを利用しない場合、サーバに
□
Microsoft Excelは必要ありません。
動作環境については、製品付属のリリースノートをご参照ください。
□
Microsoft Internet Explorer以外のブラウザは利用できません。
インストールにあたっては、OSの管理者権限を持ったユーザで操作する必要
があります。
ActiveXコントロールは、EX申請システムを最初に利用するとき及びバージョ
□
ンアップやパッチ提供によりActiveXコントロールが新しくなったときに自動
でインストールされますが、インストール後はOSの管理者権限を持ったユー
ザでなくても利用できます。
インストールにあたっては、OSの管理者権限を持ったユーザで操作する必要
があります。
ActiveXToolを利用する場合、Windowsインストーラ3.1と.NETFramework3.5の
コンポーネントが必要です。
□
クライアント端末にインストールされていない場合、コンポーネントの自動
インストールが開始されますが、インストールに時間を要するため、事前に
インストールされていることを推奨いたします。
マクロを実行可能とするたためにいずれかの対処が必要な場合があります。
・マクロセキュリティの設定を変更する
Excel2007の場合-「すべてのマクロを有効にする」
Excel2010の場合-「すべてのマクロを有効にする」
Excel2013の場合-「すべてのマクロを有効にする」
・お客様にてマクロにデジタル署名を追加する
EX申請システムの入力様式テンプレートには、あらかじめデジタル署名を付
与しております。
□
□
□
[3/5]
1.環境
No
区分
チェック内容
補足
チェック
※その他、詳細については、必ず製品付属のリリースノートをご確認ください。
※会社名、製品名及びサービス名などはそれぞれ各社の商標又は登録商標です。
[4/5]
2.制限事項など
No
区分
1 データベース
2 データベース
項目
補足
本製品以外にて作成したデータベースのテーブルを更新することはできませ
ん。
データベースがSQL Serverの場合、テーブル名・カラム名は全て物理名での
表示となります。
ビジネスプロセスワークフロー及びIM-WorkFlowは利用できません。
ドキュメントワークフローのみ利用できます。
Microsoft Excelは拡張子(.xlsx)の形式は利用できません。
Microsoft Excelは拡張子(.xls)のファイルのみ利用できます。
3 ワークフロー
5 Excelファイル
(入力様式・出力様式)
6 Excelファイル
作成する様式の保存形式がEX申請システムを利用するクライアント端末と異 様式は下記の形式にて保存してください。
(入力様式・出力様式) なる場合、正常に動作しません。
Microsoft Excel 2007の場合: Excel 97-2003 ブック(*.xls)
Microsoft Excel 2010の場合: Excel 97-2003 ブック(*.xls)
Microsoft Excel 2013の場合: Excel 97-2003 ブック(*.xls)
7 Excelファイル
オブジェクト(画像・グラフ・テキストボックスなど)は利用できません。 入力様式の添付ファイルとしてであれば利用できます。
(入力様式・出力様式)
8 Excelファイル
ピボットテーブル、フィルタは利用できません。
ピボットテーブル、フィルタを利用する場合は、入力様式または出力様式を
(入力様式・出力様式)
一旦ローカルにダウンロードしてください。
9 Excelファイル
名前定義、数式等に日本語は利用できません。
(入力様式・出力様式)
10 Excelファイル
入力規則のリストが設定されたセルを選択したままシステムに登録できませ 様式登録時は、入力規則のリストが設定されていないセルを自動的に選択し
(入力様式・出力様式) ん。
ます。
11 Excelファイル
入力規則のリストの「元の値」にセルの参照式は利用できません。
(入力様式・出力様式)
12 Excelファイル
採番設定もしくは承認情報出力設定で指定した項目を参照するセル内計算式
(入力様式・出力様式) は利用できません。
13 Excelファイル
Excelの制限を越えて利用することはできません。
詳細はMicrosoft Excelのヘルプ「Excel の仕様および制限」を参照してくだ
(入力様式・出力様式)
さい。
14 Excelファイル
Excelの全ての機能(VBAマクロを含む)の動作を保証したものではありませ
(入力様式・出力様式) ん。
事前に検証が必要です。
15 Excelマクロ
マクロの関数名・名前定義・数式等に日本語は利用できません。
16 Excelマクロ
17
18
20
21
仕様
仕様
環境
環境
22 既知の障害
独自のマクロを追加する場合、標準モジュールのオブジェクト名称の頭文字
は大文字でないと利用できません。
入力様式及び出力様式を登録するカテゴリは最大5階層までです。
入力様式に添付できるファイルは最大10ファイルまでです。
携帯電話、PDAでは利用できません。
国際化対応を行う場合、あらかじめ多言語用のメッセージプロパティファイ 多言語用のメッセージプロパティファイルをオプションとして購入可能で
ルを作成する必要があります。
す。
Excelファイル(入力様式・出力様式)のセル内に不要な半角スペースが設定
される場合があります。
チェック
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
※その他、詳細については、必ず製品付属のリリースノートをご確認ください。
※会社名、製品名及びサービス名などはそれぞれ各社の商標又は登録商標です。
[5/5]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
102 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content