close

Enter

Log in using OpenID

大東小学校6年生は9月17,18日に広島県に修旅 行に行ってきました

embedDownload
大東小学校6年生は9月17,18日に広島県に修旅
行に行ってきました!今回、紹介するのは平和公園です。平和公園には建物などがたくさんありました。
まず、初めに、「原爆ドーム」へ行きました。ここは、世界遺産に登録されています。もともとの名
前は、
「広島県産業奨励館」という名前でした。その他、
「原爆の子の像」という原爆症と診断された佐々
木禎子さんの像があります。つるを折れば自分の病気は治ると信じ続けた禎子さんは、12歳というみ
じかい命で亡くなってしまったのです。禎子さんが折ったつるは、原爆資料館に展示してあります。
平和の鐘には国境のない世界地図が描かれていました。そして、その鐘を鳴らすと、心にとてもひび
くような音でした。 それから、原爆で亡くなられた方の慰霊碑がありました。そこで私たちはもくと
うをしました。原爆というあの爆弾が、一瞬にして人々の命をなくしてしまったんだと私は改めて思い
ました。
さて、私達は、平和公園におられる外国人さんにインタビューしました。初めは緊張して、なかなか
話しかけることができなかったけど、だんだん話しかけることができてきました。そして、笑顔で写真
をとってくれたときは、本当にうれしかったです!あと、サインもしてくださいました。言葉は通じな
くても、気持ちは伝わるんだなぁと修学旅行をとうしてわかりました。
私達の班は、6人の人にインタビューできました。いろんな国の人がおられました。どこの国の人も、
みんな優しい方でした。英語が通じないときもあったけど、なんとかそれも班のみんなでのりこえるこ
とができました。
私達は、語り部さんという方に原爆の恐ろしさを語ってもらいました。私達がお話を聞いたのは、幸
元さんというかたです。幸元さんは小学生のころに被爆されました。目の前で、さっきまで生きていた
人が死んでいくのがとてもつらかったそうです。そして、もうひとつの悲しい出来事は、目の前で、な
きがらを燃やすということです。友達や家族やいろんな人とさよならもいえずにお別れなんてどんなに
つらいことでしょう。
この話をしてくださった幸元さんは、
「生きていることを喜んで、いろんな人に優しくしてください」
といわれました。
語り部さんから教えてもらったことを次の世代の人に伝えていけたらいいと思います。本当は、思い
出したくもないこともあったと思いますが幸元さんは私たちのために原爆の恐ろしさを語ってくださ
いました。そして、平和のありがたさも教えてくださいました。
平和公園には、平和のシンボルのハトがたくさんいました。いっしょに、写真をとったりしている人も
いました。私は、あんなに近くで本物のハトを見たことはありませんでした。けど平和公園で本物のハ
トを見ることができてよかったです!なかなか間近で見ることはできないと思うので、とってもいい機
会になりました。
ぜひみなさんも平和公園に行ったらハトを見てみてください★
私たちは、総合の時間や、休み時間などにつるを折っていました。それは、佐々木禎子さんにつるで何
か作品をつくって禎子さんに送ろうということでした。私達の班は日の丸をつくりました。ちょっとつ
るがたりなかったりしたけど、いい作品ができました。それを禎子さんの像があるところにおそなえし
ました。ほかの学校やいっぱんの人などがつくった作品もたくさんありました。どれもすごくきもちが
こもっているなぁと思いました。
とても大きな作品もあれば、ちょっと小さめの作品もありました。千羽づるをおっておそなえしてい
る人もいました。 どれもとってもすごかったです♪
私はこの日初めてでもないけど平和公園に行って、はじめてみる物もあったし、一回みたことがある
のもありました。一番見たことがあったのは、「原爆ドーム」です。皆さんも知っていますか?テレビ
や新聞で見てもその悲惨さは伝わってきますが、実物を結構近くで見ると、もっと悲惨さが伝わってき
ます。そして、原爆の恐ろしさをとても強く感じました。
私はほとんど初めてみるものばかりだったのでいい経験というか、勉強に役立つようなことがたくさ
ん見つけられたのでよかったと思っています。あと、外国人さんにインタビューして思ったことは、自
分から進んで声をかけられるようにがんばりたいと思いました。あの時は、班のみんながいたので声を
かけることができたけど今度は自分から声をかけられるようにすることを目標にしてがんばりたいと
思いました。こういう「目標」をもてたのでよかったと思います。なので、これからの生活でその目標
にたどりつけられるようにがんばりたいと思いました。
今日この平和公園に行っていろんなことを知れたと思います。もちろん、原爆の恐ろしさも幸元さん
のお話を聞いたり、平和公園を歩き回ったりしてわかったこともありました。それと平和公園だけでな
く、広島にはほかにも原爆の恐ろしさをおしえてくれるようなものがたくさんありました。なので私に
とっていい勉強になったし、班のみんなともより仲良くなれたと思います。最高の2日間だったので、
またいきたいなぁとよくおもいます☆★
この2日間で、私たち6年生はいろんなことを学びました。いろんな困難もありましたが、それを班
のみんなや6年生のみんなでのりこえました。そういう大切さを改めて知ることができてよかったです。
多分、ほとんどの6年生は、楽しかったなぁと思っていると思います♪
たった2日間でとても楽しいことなど今振り返ってみるととてもいい思い出です。最初は班のみんな
とかとちょっとは話したことはあったけどあんまり話したことのない人ともたくさんおしゃべりでき
たのでとてもうれしかったです。
とてもいい思い出です!
これで平和公園ガイドを終わります。
それでは!
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
203 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content