close

Enter

Log in using OpenID

日本耐酸壜工業株式会社

embedDownload
グリーンプラン・パートナーシップ事業(1号事業) 概要説明
1.事業概要
実 施 主 体
日本耐酸壜工業株式会社 九州工場
共 同 実 施 者
実 施 場 所
福岡県田川市
推
田川市、福岡県
薦
者
2.事業内容
事 業 名 称
田川市製造業における化石燃料起源CO2削減事業
導 入 設 備
ガラス溶解炉、LNGサテライト
26年度補助金
交 付 希 望 額
5,000千円(実施設計)
実施予定期間
事業実施後の
CO2削減効果(見込)
平成26~27年度
ガラスビン製造の主要設備であるガラス溶解炉を従来
の重油のみのものからガスアトマイズ燃焼方式(天然ガス
と重油の混焼)を採用した高効率仕様に更新することで省
エネとCO2削減を図る。
天然ガスはLNGサテライト方式により気化ガスの圧力を
活かしてガスアトマイズに必要な圧力で供給される。
事 業 内 容
なお、本事業の対象であるガラス溶解炉(蓄熱式タンク
窯)は、国内のガラス工場44事業所で約100窯使用されて
おり、天然ガス化が進みつつあるものの、以前約半数の
窯でC重油等が使用されている。本事業は、特に都市ガ
ス配管のない地域での導入モデルとなるものである。
平成28年度 2,756 CO2‐t/年
L
N
G
LNGサテライト
ガラス溶解炉
3.地域への普及方針等
普 及 方 針
本事業をモデル事業として位置づけ、企業、関係団体、行政機関で構成する「田川市省エネルギー推進会議(仮称)」を通じ、密なる連携のもとで普及
促進を図る。同社は、本推進会議において、本事業を通じて蓄積される蒸気利用技術、廃熱利用技術、エネルギーマネジメントノウハウ、LNGサテラ
イト設備の運営ノウハウ、事業性評価等の提供・指導を行う。また県の「福岡県省エネルギー推進会議」とも連携を図る。日本耐酸瓶としても、本事業
での実績をもとに本社工場を含む他の炉に展開予定。
副 次 的 効 果
・NOx及びSOxの低減。
・工場見学を通じて地域の環境教育・環境学習に貢献できる。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
110 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content